教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中村 正治

ナカムラ マサハル

化学研究所 附属元素科学国際研究センター 教授

中村 正治
list
    Last Updated :2022/10/02

    基本情報

    協力講座

    • 工学研究科, 物質エネルギー化学専攻 物質変換科学講座, 教授

    学位

    • 博士(理学)(東京工業大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京工業大学, 大学院理工学研究科化学専攻修士課程, Department of Chemistry, 修了
    • 東京工業大学, 大学院理工学研究科化学専攻博士課程, Department of Chemistry, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東京理科大学, 理学部第一部応用化学科, Department of Applied Chemistry, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      東京都立西高等学校, とうきょうとりつにしこうとうがっこう

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/10/02

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        次世代有機合成化学の開拓(炭素資源・金属資源の活用,機能性有機分子の創製と効率合成)有機分子変換科学・元素科学に基づく有機反応化学・超分子触媒の創製と精密有機合成への応用
      • 研究概要

        新たな機能や反応性を持つ有機金属化合物による次世代合成化学の開拓」を目標に、人類の未来を支えるような新反応や新物質を創り出すべく,有機合成化学の最先端課題を設定し,取り組んでいます。

      研究分野

      • ナノテク・材料, 有機合成化学

      論文

      • Iron-Catalyzed Chemoselective C−N Coupling Reaction: A Protecting-Group-Free Amination of Aryl Halides Bearing Amino or Hydroxy Groups
        Aoki, Y.; Toyoda, T.; Kawasaki, H.; Takaya, H.; Sharma, A.K.; Morokuma, K.; Nakamura, M.
        Asian Journal of Organic Chemistry, 2020年03月, 査読有り
      • Metalated Amino Acids and Peptides: Programmable Metal Array Fabrication and Application to Supramolecular Catalyst
        Takaya, H.; Isozaki, K.; Yoshida, R.; Shanoh, T.; Yasuda, N.; Nakamura, M.
        Advances in Bioorganometallic Chemistry, 2018年, 査読有り
      • Iron-catalysed enantioselective carbometalation of azabicycloalkenes
        Laksmikanta Adak; Masayoshi Jin; Shota Saito; Tatsuya Kawabata; Takuma Itoh; Shingo Ito; Akhilesh K. Sharma; Nicholas J. Gower; Paul Cogswell; Jan Geldsetzer; Hikaru Takaya; Katsuhiro Isozaki; Masaharu Nakamura
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2021年07月
      • Gold Nanocluster Functionalized with Peptide Dendron Thiolates: Acceleration of the Photocatalytic Oxidation of an Amino Alcohol in a Supramolecular Reaction Field
        Katsuhiro Isozaki; Ryo Ueno; Kosuke Ishibashi; Genta Nakano; Haozhi Yin; Kenta Iseri; Masanori Sakamoto; Hikaru Takaya; Toshiharu Teranishi; Masaharu Nakamura
        ACS Catalysis, 2021年11月05日
      • Development of P- and N-Chirogenic Ligands Based on Chiral Induction from a Phosphorus Donor to a Nitrogen Donor in Palladium Complexes
        Takahiro Iwamoto; Yoshiyuki Mizuhata; Norihiro Tokitoh; Masaharu Nakamura
        Organometallics, 2020年05月26日, 査読有り, 責任著者
      • Regio- and stereoselective synthesis of 1,4-enynes by iron-catalysed Suzuki–Miyaura coupling of propargyl electrophiles under ligand-free conditions
        Ryosuke Agata; Siming Lu; Hiroshi Matsuda; Katsuhiro Isozaki; Masaharu Nakamura
        Organic & Biomolecular Chemistry, 2020年, 査読有り, 責任著者
      • Iron-Catalysed Enantioselective Suzuki–Miyaura Coupling of Racemic Alkyl Bromides
        Iwamoto, T; Okuzono, C; Adak, L; Jin, M; Nakamura, M
        Chem. Commun., 2019年, 査読有り
      • Iron-catalyzed Alkyl–Alkyl Negishi Coupling of Organoaluminum Reagents
        Agata, R; Kawamura, S; Isozaki, K; Nakamura, M
        Chem. Lett., 2019年, 査読有り
      • Iron-Catalyzed Cross Coupling of Aryl Chlorides with Alkyl Grignard Reagents: Synthetic Scope and FeII/FeIV Mechanism Supported by X-ray Absorption Spectroscopy and Density Functional Theory Calculations
        Agata, R; Takaya, H; Matsuda, H; Nakatani, N; Takeuchi, K; Iwamoto, T; Hatakeyama, T; Nakamura, M
        Bull. Chem. Soc. Jpn., 2019年, 査読有り
      • Ligand-Free Iron-Catalyzed C–F Amination of Diarylamines: A One-Pot Regioselective Synthesis of Diaryl Dihydrophenazines
        Aoki, Y; O’Brien, H. M; Kawasaki, H; Takaya, H; Nakamura, M
        Org. Lett., 2019年01月, 査読有り
      • Robust Surface Plasmon Resonance Chips for Repetitive and Accurate Analysis of Lignin–Peptide Interactions
        Isozaki, K; Shimoaka, T; Oshiro, S; Yamaguchi, A; Pincella, F; Ueno, R; Hasegawa, T; Watanabe, T; Takaya, H; Nakamura, M
        ACS Omega, 2018年07月, 査読有り
      • DFT and AFIR Study on the Mechanism and the Origin of Enantioselectivity in Iron-Catalyzed Cross-Coupling Reactions
        Akhilesh K. Sharma; W. M. C. Sameera; Masayoshi Jin; Laksmikanta Adak; Chiemi Okuzono; Takahiro Iwamoto; Masako Kato; Masaharu Nakamura; Keiji Morokuma
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2017年11月, 査読有り
      • Iron-Catalyzed anti-Selective Carbosilylation of Internal Alkynes
        Takahiro Iwamoto; Tatsushi Nishikori; Naohisa Nakagawa; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2017年10月, 査読有り
      • Synthesis of Aryl C-Glycosides via Iron-Catalyzed Cross Coupling of Halosugars: Stereoselective Anomeric Arylation of Glycosyl Radicals
        Laksmikanta Adak; Shintaro Kawamura; Gabriel Toma; Toshio Takenaka; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Akihiro Orita; Ho C. Li; Tony K. M. Shing; Masaharu Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2017年08月, 査読有り
      • Iron-catalyzed Methylation of Arylboron Compounds with Iodomethane
        Sho Nakajima; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2017年05月, 査読有り
      • Synthesis and Structural Analysis of Ruthenium-bound Norvaline Peptides
        Hikaru Takaya; Tomoya Yokoi; Ryota Yoshida; Katsuhiro Isozaki; Toru Kawakami; Toshio Takenaka; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2017年05月, 査読有り
      • Synthesis and Applications of (ONOPincer)Ruthenium-Complex-Bound Norvalines
        Katsuhiro Isozaki; Tomoya Yokoi; Ryota Yoshida; Kazuki Ogata; Daisuke Hashizume; Nobuhiro Yasuda; Koichiro Sadakane; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2016年04月, 査読有り
      • Discovery of 12-mer peptides that bind to wood lignin
        Asako Yamaguchi; Katsuhiro Isozaki; Masaharu Nakamura; Hikaru Takaya; Takashi Watanabe
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年02月, 査読有り
      • Synchrotron X-ray Absorption Spectroscopy and Solution-Phase Structure of Organoiron Catalysts
        Takaya, H; Nakajima, S; Nakamura, M
        CHEMISTRY $ CHEMICAL INDUSTRY,69,391-393, 2016年, 査読有り
      • ONO-pincer ruthenium complex-bound norvaline for efficient catalytic oxidation of methoxybenzenes with hydrogen peroxide
        Ryota Yoshida; Katsuhiro Isozaki; Tomoya Yokoi; Nobuhiro Yasuda; Koichiro Sadakane; Takahiro Iwamoto; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2016年, 査読有り
      • Iron-Catalyzed Enantioselective Cross-Coupling Reactions of α-Chloroesters with Aryl Grignard Reagents
        M. Jin; L. Adak; M. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 2015年06月, 査読有り
      • Synthesis of 2,7-disubstituted 5,10-diaryl-5,10-dihydrophenazines via iron-catalyzed intramolecular ring-closing C-H amination
        Aoki, Y.; Imayoshi, R.; Hatakeyama, T.; Takaya, H.; Nakamuraa, M.
        Heterocycles, 2015年, 査読有り, 招待有り
      • Investigation of organoiron catalysis in Kumada-Tamao-Corriu-type cross-coupling reaction assisted by solution-phase X-ray absorption spectroscopy
        Takaya, H.; Nakajima, S.; Nakagawa, N.; Isozaki, K.; Iwamoto, T.; Imayoshi, R.; Gower, N.J.; Adak, L.; Hatakeyama, T.; Honma, T.; Takagaki, M.; Sunada, Y.; Nagashima, H.; Hashizume, D.; Takahashi, O.; Nakamura, M.
        Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2015年, 査読有り
      • Iron-catalyzed diboration and carboboration of alkynes
        Nakagawa, N.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.
        Chemistry - A European Journal, 2015年, 査読有り
      • Iron-catalyzed Suzuki-Miyaura coupling reaction of unactivated alkyl halides with lithium alkynylborates
        Nakagawa, N.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.
        Chemistry Letters, 2015年, 査読有り
      • Iron Fluoride/N-Heterocyclic Carbene Catalyzed Cross Coupling_ between Deactivated Aryl Chlorides and Alkyl Grignard Reagents with or without β-Hydrogens
        R. Agata; T. Iwamoto; N. Nakagawa; K. Isozak; T. Hatakeyama; H. Takaya; M. Nakamura
        Synthesis, 2015年, 査読有り, 招待有り
      • Regio- and stereoselective multisubstituted olefin synthesis via hydro/carboalumination of alkynes and subsequent iron-catalysed cross-coupling reaction with alkyl halides
        Shintaro Kawamura; Ryosuke Agata; Masaharu Nakamura
        Organic Chemistry Frontiers, 2015年, 査読有り, 招待有り
      • Construction of a highly distorted benzene ring in a double helicene
        Hashimoto, S.; Nakatsuka, S.; Nakamura, M.; Hatakeyama, T.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2014年, 査読有り
      • Triplet-energy control of polycyclic aromatic hydrocarbons by BN replacement: Development of ambipolar host materials for phosphorescent organic light-emitting diodes
        Hashimoto, S.; Ikuta, T.; Shiren, K.; Nakatsuka, S.; Ni, J.; Nakamura, M.; Hatakeyama, T.
        Chemistry of Materials, 2014年, 査読有り
      • Synthesis of Novel C-2 and C-1 Symmetric CHIRAPHOS Derivatives and Their Application in Palladium-catalyzed Miyaura-Michael Reaction
        Masayoshi Ji; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2013年09月, 査読有り
      • Synthesis, Structure, and Function of PCP Pincer Transition-Metal-Complex-Bound Norvaline Derivatives
        Hikaru Takaya; Takashi Iwaya; Kazuki Ogata; Katsuhiro Isozaki; Tomoya Yokoi; Ryota Yoshida; Nobuhiro Yasuda; Hirofumi Seike; Toshio Takenaka; Masaharu Nakamura
        SYNLETT, 2013年09月, 査読有り
      • Synthesis and Self-Assembly of NCN-Pincer Pd-Complex-Bound Norvalines
        Kazuki Ogata; Daisuke Sasano; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Ryota Yoshida; Toshio Takenaka; Hirofumi Seike; Tetsuya Ogawa; Hiroki Kurata; Nobuhiro Yasuda; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2013年09月, 査読有り
      • Ligand-controlled iron-catalyzed cross coupling of benzylic chlorides with aryl Grignard reagents
        Shintaro Kawamura; Masaharu Nakamura
        Chemistry Letters, 2013年, 査読有り
      • Dimerization Reactions of 2-Bromo-3,5,6-Trimethyl-1,4-Benzoquinone
        Shuhei Azuma; Motohiro Ota; Akito Ishida; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura; Takahiro Sasamori; Norihiro Tokitoh; Kouji Kuramochi; Kazunori Tsubaki
        Chemistry Letters, 2013年, 査読有り
      • DFT study of a 5-endo-trig-type cyclization of 3-alkenoic acids by using Pd-spiro-bis(isoxazoline) as catalyst: Importance of the rigid spiro framework for both selectivity and reactivity
        Gabr, R.K.; Hatakeyama, T.; Takenaka, K.; Takizawa, S.; Okada, Y.; Nakamura, M.; Sasai, H.
        Chemistry - A European Journal, 2013年, 査読有り
      • Platinum electrodeposition in porous silicon: The influence of surface solvation effects on a chemical reaction in a nanospace
        Kazuhiro Fukami; Ryo Koda; Tetsuo Sakka; Tomoko Urata; Ken Ichi Amano; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura; Yukio Ogata; Masahiro Kinoshita
        Chemical Physics Letters, 2012年07月23日, 査読有り
      • Pd-complex-bound Amino Acid-based Supramolecular Gel Catalyst for Intramolecular Addition-Cyclization of Alkynoic Acids in Water
        Kazuki Ogata; Daisuke Sasano; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Hirofumi Seike; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2012年05月, 査読有り
      • Synthesis and Supramolecular Association of NCN-Pincer Pd-Complex-bound Norvaline Derivatives toward Fabrication of Controlled Metal Array
        Kazuki Ogata; Daisuke Sasano; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Hirofumi Seike; Nobuhiro Yasuda; Tetsuya Ogawa; Hiroki Kurata; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2012年02月, 査読有り
      • Iron-catalyzed aromatic amination for nonsymmetrical triarylamine synthesis
        Hatakeyama, T.; Imayoshi, R.; Yoshimoto, Y.; Ghorai, S.K.; Jin, M.; Takaya, H.; Norisuye, K.; Sohrin, Y.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2012年, 査読有り
      • Azaboradibenzo[6]helicene: Carrier inversion induced by helical homochirality
        Hatakeyama, T.; Hashimoto, S.; Oba, T.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2012年, 査読有り
      • Metal array fabrication through self-assembly of Pt-complex-bound amino acids
        Katsuhiro Isozaki; Kazuki Ogata; Yusuke Haga; Daisuke Sasano; Tetsuya Ogawa; Hiroki Kurata; Masaharu Nakamura; Takeshi Naota; Hikaru Takaya
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2012年, 査読有り
      • Iron promoted conjugate addition: Implication of the six-centered mechanism based on the isolation of the iron-enolate intermediate
        Noda, D.; Sunada, Y.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.; Nagashima, H.
        Chemical Communications, 2012年, 査読有り
      • Alkadienyl and alkenyl itaconic acids (ceriporic acids G and H) from the selective white-rot fungus Ceriporiopsis subvermispora: a new class of metabolites initiating ligninolytic lipid peroxidation
        Hiroshi Nishimura; Midori Sasaki; Hirofumi Seike; Masaharu Nakamura; Takashi Watanabe
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2012年, 査読有り
      • Iron-catalysed cross-coupling of halohydrins with aryl aluminium reagents: a protecting-group-free strategy attaining remarkable rate enhancement and diastereoinduction
        Shintaro Kawamura; Tatsuya Kawabata; Kentaro Ishizuka; Masaharu Nakamura
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2012年, 査読有り
      • Iron-catalyzed alkyl-alkyl Suzuki-Miyaura coupling
        Hatakeyama, T.; Hashimoto, T.; Kathriarachchi, K.K.A.D.S.; Zenmyo, T.; Seike, H.; Nakamura, M.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2012年, 査読有り
      • Stereospecific cross-coupling between alkenylboronates and alkyl halides catalyzed by iron-bisphosphine complexes
        Hashimoto, T.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.
        Journal of Organic Chemistry, 2012年, 査読有り
      • Cross-coupling of non-activated chloroalkanes with aryl grignard reagents in the presence of iron/N-heterocyclic carbene catalysts
        Ghorai, S.K.; Jin, M.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.
        Organic Letters, 2012年, 査読有り
      • Iron-catalyzed chemoselective cross-coupling of α-bromocarboxylic acid derivatives with aryl grignard reagents
        M. Jin; M. Nakamura
        Chemistry Letters, 2011年09月, 査読有り
      • Kumadatamaocorriu coupling of alkyl halides catalyzed by an ironbisphosphine complex
        Hatakeyama, T.; Fujiwara, Y.-I.; Okada, Y.; Itoh, T.; Hashimoto, T.; Kawamura, S.; Ogata, K.; Takaya, H.; Nakamura, M.
        Chemistry Letters, 2011年, 査読有り
      • Diastereoselective Carbometalation of Oxa- and Azabicyclic Alkenes under Iron Catalysis
        Shingo Ito; Takuma Itoh; Masaharu Nakamura
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2011年, 査読有り
      • Tuning chemoselectivity in iron-catalyzed sonogashira-type reactions using a bisphosphine ligand with peripheral steric bulk: Selective alkynylation of nonactivated alkyl halides
        Hatakeyama, T.; Okada, Y.; Yoshimoto, Y.; Nakamura, M.
        Angewandte Chemie - International Edition, 2011年, 査読有り
      • Tandem phospha-friedel-crafts reaction toward curved π-conjugated frameworks with a phosphorus ring junction
        T. Hatakeyama; S. Hashimoto; M. Nakamura
        Organic Letters, 2011年, 査読有り
      • Synthesis of BN-fused polycyclic aromatics via tandem intramolecular electrophilic arene borylation
        Hatakeyama, T.; Hashimoto, S.; Seki, S.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2011年, 査読有り
      • Nickel-catalyzed alkenylative cross-coupling reaction of alkyl sulfides
        Ishizuka, K.; Seike, H.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2010年, 査読有り
      • The first iron-catalysed aluminium-variant Negishi coupling: critical effect of co-existing salts on the dynamic equilibrium of arylaluminium species and their reactivity
        Shintaro Kawamura; Kentaro Ishizuka; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2010年, 査読有り
      • Transition-metal-free electrophilic amination between aryl grignard reagents and N-chloroamines
        Hatakeyama, T.; Yoshimoto, Y.; Ghorai, S.K.; Nakamura, M.
        Organic Letters, 2010年, 査読有り
      • Iron-catalyzed Suzuki-Miyaura coupling of alkyl halides
        Hatakeyama, T.; Hashimoto, T.; Kondo, Y.; Fujiwara, Y.; Seike, H.; Takaya, H.; Tamada, Y.; Ono, T.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2010年, 査読有り
      • Iron-catalysed Suzuki coupling? A cautionary tale
        Robin B. Bedford; Masaharu Nakamura; Nicholas J. Gower; Mairi F. Haddow; Mark A. Hall; Michael Huwe; Tohru Hashimoto; Rukeme A. Okopie
        TETRAHEDRON LETTERS, 2009年11月, 査読有り
      • Iron-Catalyzed Cross-Coupling of Alkyl Sulfonates with Arylzinc Reagents
        Shingo Ito; Yu-ichi Fujiwara; Eiichi Nakamura; Masaharu Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 2009年10月, 査読有り
      • threo-2-(2,6-Dimethoxyphenoxy)-1-(4-ethoxy-3-methoxyphenyl)propane-1,3-diol
        Kentaro Ishizuka; Daisuke Ando; Takashi Watanabe; Masaharu Nakamura
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION E-STRUCTURE REPORTS ONLINE, 2009年06月, 査読有り
      • Indium-catalyzed [1 + n] annulation reaction between β-ketoester and αω-diyne
        H. Tsuji; I. Tanaka; K. Endo; K.-I. Yamagata; M. Nakamura; E. Nakamura
        Organic Letters, 2009年04月, 査読有り
      • Iron-catalyzed negishi coupling toward an effective olefin synthesis
        Hatakeyama, T.; Nakagawa, N.; Nakamura, M.
        Organic Letters, 2009年, 査読有り
      • Synthesis of ethyl 2-ethanoyl-2-methyl-3-phenylbut-3-enoate
        T. Fujimoto; K. Endo; M. Nakamura; E. Nakamura; M. Webster; J.A. Ragan
        Organic Syntheses, 2009年, 査読有り
      • Effect of TMEDA on iron-catalyzed coupling reactions of ArMgX with alkyl halides
        Noda, D.; Sunada, Y.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.; Nagashima, H.
        Journal of the American Chemical Society, 2009年, 査読有り
      • Iron-catalysed fluoroaromatic coupling reactions under catalytic modulation with 1,2-bis(diphenylphosphino)benzene
        Hatakeyama, T.; Kondo, Y.; Fujiwara, Y.-I.; Takaya, H.; Ito, S.; Nakamura, E.; Nakamura, M.
        Chemical Communications, 2009年, 査読有り
      • Construction of optically active multimetallic systems of rhodium(I), palladium(II), and ruthenium(II) with a P-chiral tetraphosphine ligand
        Keiji Yashio; Masatoshi Kawahata; Hiroshi Danjo; Kentaro Yamaguchi; Masaharu Nakamura; Tsuneo Imamoto
        JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY, 2009年01月, 査読有り
      • Highly selective biaryl cross-coupling reactions between aryl halides and aryl Grignard reagents: A new catalyst combination of N-heterocyclic carbenes and iron, cobalt, and nickel fluorides
        Hatakeyama, T.; Hashimoto, S.; Ishizuka, K.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2009年, 査読有り
      • Efficient Formation of Ring Structures Utilizing Multisite Activation by Indium Catalysis
        Yoshimitsu Itoh; Hayato Tsuji; Ken-ichi Yamagata; Kohei Endo; Iku Tanaka; Masaharu Nakamura; Eiichi Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2008年12月, 査読有り
      • Construction of a chiral quaternary carbon center by indium-catalyzed asymmetric α-alkenylation of β-ketoesters
        T. Fujimoto; K. Endo; H. Tsuji; M. Nakamura; E. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 2008年04月, 査読有り
      • Stereoselective synthesis of trisubstituted E-iodoalkenes by indium-catalyzed syn-addition of 1,3-dicarbonyl compounds to 1-iodoalkynes
        Hayato Tsuji; Taisuke Fujimoto; Kohei Endo; Masaharu Nakamura; Eiichi Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 2008年03月, 査読有り
      • Iron-catalyzed enyne cross-coupling reaction
        Hatakeyama, T.; Yoshimoto, Y.; Gabriel, T.; Nakamura, M.
        Organic Letters, 2008年, 査読有り
      • Diastereoselective addition of zincated hydrazones to alkenylboronates and stereospecific trapping of boron/zinc bimetallic intermediates by carbon electrophiles
        Hatakeyama, T.; Nakamura, M.; Nakamura, E.
        Journal of the American Chemical Society, 2008年, 査読有り
      • Regioselective α-alkylation of ketones with alkyl chlorides and fluorides via highly nucleophilic magnesium enamides
        T. Hatakeyama; S. Ito; H. Yamane; M. Nakamura; E. Nakamura
        Tetrahedron, 2007年, 査読有り
      • Iron-catalyzed selective biaryl coupling: Remarkable suppression of homocoupling by the fluoride anion
        Hatakeyama, T.; Nakamura, M.
        Journal of the American Chemical Society, 2007年, 査読有り
      • Indium-catalyzed 2-alkenylation of 1,3-dicarbonyl compounds with unactivated alkynes
        Endo, K.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M.; Nakamura, E.
        Journal of the American Chemical Society, 2007年, 査読有り
      • Indium-catalyzed cycloisomerization of ω-alkynyl-β-ketoesters into six- to fifteen-membered rings
        H. Tsuji; K.-I. Yamagata; Y. Itoh; K. Endo; M. Nakamura; E. Nakamura
        Angewandte Chemie - International Edition, 2007年, 査読有り
      • 2,3-Disubstituted benzofuran and indole by copper-mediated C-C bond extension reaction of 3-zinciobenzoheterole
        Masaharu Nakamura; Laurean Ilies; Saika Otsubo; Eiichi Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 2006年06月, 査読有り
      • 3-Zinciobenzofuran and 3-zincioindole: Versatile tools for the construction of conjugated structures containing multiple benzoheterole units
        M Nakamura; L Ilies; S Otsubo; E Nakamura
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2006年, 査読有り
      • A modular approach to α-arylated carbonyl compounds via indium tris(bistriflylamide)-catalyzed regioselective addition of β-ketoesters to 1,3-diynes
        M. Nakamura; K. Endo; E. Nakamura
        Advanced Synthesis and Catalysis, 2005年10月, 査読有り
      • Iron-catalyzed chemoselective cross-coupling of primary and secondary alkyl halides with arylzinc reagents
        M Nakamura; S Ito; K Matsuo; E Nakamura
        SYNLETT, 2005年07月, 査読有り
      • Indium triflate-catalyzed vinylation of β-ketoesters with acetylene gas
        M. Nakamura; K. Endo; E. Nakamura
        Organic Letters, 2005年07月, 査読有り
      • Alkylation of magnesium enamide with alkyl chlorides and fluorides
        Hatakeyama, T.; Ito, S.; Nakamura, M.; Nakamura, E.
        Journal of the American Chemical Society, 2005年, 査読有り
      • Synthesis of chiral α-fluoroketones through catalytic enantioselective decarboxylation
        M. Nakamura; A. Hajra; K. Endo; E. Nakamura
        Angewandte Chemie - International Edition, 2005年, 査読有り
      • Stereoselective synthesis of tetra-substituted olefins via addition of zinc enolates to unactivated alkynes
        M Nakamura; T Fujimoto; K Endo; E Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 2004年12月, 査読有り
      • Mechanism and ligand-transfer selectivity of 1,2-addition of organozincate complexes to aldehyde
        M Uchiyama; S Nakamura; T Ohwada; M Nakamura; E Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2004年09月, 査読有り
      • Zn(II)/amine-catalyzed coupling reaction of alkylidenemalonates with propargyl alcohol: A one-pot synthesis of methylenetetrahydrofurans
        M Nakamura; CG Liang; E Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 2004年06月, 査読有り
      • Iron-catalyzed cross-coupling of primary and secondary alkyl halides with aryl Grignard reagents
        M Nakamura; K Matsuo; S Ito; B Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2004年03月, 査読有り
      • Sequential coupling of zincated hydrazone, alkenylboronate, and electrophile that creates several contiguous stereogenic centers
        Nakamura, M.; Hatakeyama, T.; Hara, K.; Fukudome, H.; Nakamura, E.
        Journal of the American Chemical Society, 2004年, 査読有り
      • α-alkylation of ketones by addition of zinc enamides to unactivated olefins
        M. Nakamura; T. Hatakeyama; E. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 2004年, 査読有り
      • Indium-catalyzed addition of active methylene compounds to 1-alkynes
        M Nakamura; K Endo; B Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2003年10月, 査読有り
      • Iron-catalyzed regio- and stereoselective ring opening of [2.2.1]- and [3-2.1]oxabicyclic alkenes with a Grignard reagent
        M Nakamura; K Matsuo; T Inoue; E Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 2003年04月, 査読有り
      • Reaction pathways of the Simmons-Smith reaction
        M Nakamura; A Hirai; E Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2003年02月, 査読有り
      • Enantioselective synthesis of α-substituted ketones by asymmetric addition of chiral zinc enamides to 1-alkenes
        M. Nakamura; T. Hatakeyama; K. Hara; E. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 2003年, 査読有り
      • Synthesis and [3+2] cycloaddition of a 1,1-dialkoxy-2-methylenecyclopropane: 6,6-dimethyl-1-methylene-4,8-dioxaspiro[2.5]octane and cis-5-(5,5-dimethyl-1,3-dioxan-2-ylidene)hexahydro-1(2h)-pentalen-2-one: [(4,8-dioxaspiro[2.5]octane, 6,6-dimethyl-1-methylene-)]
        Masaharu Nakamura; Xiao Qun Wang; Masahiko Isaka; Shigeru Yamago; Eiichi Nakamura; Jimmy Wu; Edward J. J. Grabowski
        Organic Syntheses, 2003年, 査読有り
      • Synthesis and [3+2] Cycloaddition of 2,2-Dialkoxy-1-methylenecyclopropane: 6,6-Dimethyl-1-methylene- 4,8-dioxaspiro[2.5]octane
        Nakamura, M; Wang, X.-Q; Isaka, M; Yamago, S; Nakamura, E
        Org. Synth., 2003年, 査読有り
      • Carbozincation of dipolar trimethylenemethane. A new route to functionalized organozinc reagents
        M Nakamura; N Yoshikai; E Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2002年02月, 査読有り
      • [2+2]-Cycloaddition reaction of styrene derivatives using an Fe(III) salt catalyst
        H Ohara; T Itoh; M Nakamura; E Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2001年07月, 査読有り
      • Synthesis of substituted cyclopropanone acetals by carbometallation and its oxidative cleavage with manganese(IV) oxide and lead(IV) oxide
        M Nakamura; T Inoue; E Nakamura
        JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY, 2001年04月, 査読有り
      • Regioselective allylzincation of alkenylboronate
        Nakamura, M.; Hara, K.; Hatakeyama, T.; Nakamura, E.
        Organic Letters, 2001年, 査読有り
      • [3+3] cycloaddition reaction of dipolar trimethylenemethane with active methylene compound
        M Nakamura; N Yoshikai; M Toganoh; E Nakamura
        SYNLETT, 2001年, 査読有り
      • Mechanism of addition of allylmetal to vinylmetal. dichotomy between metallo-ene reaction and metalla-Claisen rearrangement
        A Hirai; M Nakamura; E Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2000年12月, 査読有り
      • Asymmetric construction of quaternary carbon centers by regio- and enantiocontrolled allylzincation
        M Nakamura; T Inoue; A Sato; E Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 2000年07月, 査読有り
      • Intramolecular [3+2]cycloaddition reaction of dipolar trimethylenemethane
        M Nakamura; M Toganoh; XQ Wang; S Yamago; E Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 2000年06月, 査読有り
      • Correlation of reactivities of organocuprate(I) and zincate(II) with d-orbital energies of ate complexes
        S Mori; A Hirai; M Nakamura; E Nakamura
        TETRAHEDRON, 2000年04月, 査読有り
      • Iron-catalyzed olefin carbometalation [15]
        M. Nakamura; A. Hirai; E. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 2000年02月, 査読有り
      • Fe(III)-catalyzed radical cyclization of cyclopropanone thioacetal
        H Ohara; K Kudo; T Itoh; M Nakamura; E Nakamura
        HETEROCYCLES, 2000年02月, 査読有り
      • One-pot synthesis of pyrroles through carbometalation reaction of zincated hydrazone with vinylstannane
        M Nakamura; K Hara; G Sakata; E Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 1999年11月, 査読有り
      • Cycloaddition reactions of trimethylenemethane radical cation generated from methylenecyclopropanone thioacetal
        M Nakamura; M Toganoh; H Ohara; E Nakamura
        ORGANIC LETTERS, 1999年07月, 査読有り
      • Synergetic dimetallic effects in Gaudemar/Normant coupling between allylzinc and vinyl grignard reagents [11]
        A. Hirai; M. Nakamura; E. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 1999年, 査読有り
      • Olefin carbometalation with (alkoxy)allylic lithium and zinc reagents. Four-centered vs six-centered mechanism of allylmetalation reaction
        K Kubota; S Mori; M Nakamura; E Nakamura
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1998年12月, 査読有り
      • Theoretical studies on cyclopropanation reaction with lithium and zinc carbenoids
        A Hirai; M Nakamura; E Nakamura
        CHEMISTRY LETTERS, 1998年09月, 査読有り
      • Preparative routes to organozinc reagents used for organic synthesis
        M Nakamura; E Nakamura
        JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 1998年08月, 査読有り
      • Thermal hetero[3+2] cycloaddition of dipolar trimethylenemethane to O-alkyloximes. Straightforward synthetic routes to substituted pyrrolidines and prolines
        S Yamago; M Nakamura; XQ Wang; M Yanagawa; S Tokumitsu; E Nakamura
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 1998年03月, 査読有り
      • Theoretical studies on lewis acid acceleration in Simmons-Smith reaction [20]
        E. Nakamura; A. Hirai; M. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 1998年, 査読有り
      • Enantioselective addition of allylzinc reagent to alkynyl ketones [21]
        M. Nakamura; A. Hirai; M. Sogi; E. Nakamura
        Journal of the American Chemical Society, 1998年, 査読有り
      • Theoretical studies on the addition of polymetallic lithium organocuprate clusters to acetylene. Cooperative effects of metals in a trap-and-bite reaction pathway
        E Nakamura; S Mori; M Nakamura; K Morokuma
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1997年05月, 査読有り
      • Open dimer participation in chelation controlled addition of methyllithium dimer to α-and β-alkoxy aldehydes
        S. Mori; B.H. Kim; M. Nakamura; E. Nakamura
        Chemistry Letters, 1997年, 査読有り
      • Resistive Effects on the Critical Pressure Gradient for the Resistive Interchange Modes in Heliotron-E
        H.Zushi, Y,Suzuki; M.Hosotubo; Y.Nakamura; M.Wakatani; F.Sano; K.Kondo; T.Mizuuchi; M.Nakasuga; S.Besshou; H.Okada; K.Nagasaki; C.Christou; Y.Kurimoto; H.Funaba; T.Hamada; T.Kinosita; T.Obiki; S.Kado; K.Muraoka; S.Sudo; K.Ida; B.J.Peterson; V.Yu.Sergeev; K.V.Khlopenkov; V.V.Chechkin; V.S.Voitsenya
        AE Research Report, No.16(1996), 1996年, 査読有り
      • Enantioselective Allylzincation of Cyclic Aldimines in the Presence of Anionic Bis-oxazoline Ligand
        Nakamura, M; Hirai, A; Nakamura, E
        J. Am. Chem. Soc., 1996年, 査読有り
      • Theoretical studies on chelation-controlled carbonyl addition. Me2Mg addition to α- and β-alkoxy ketones and aldehydes
        S. Mori; M. Nakamura; E. Nakamura; N. Koga; K. Morokuma
        Journal of the American Chemical Society, 1995年05月, 査読有り
      • CARBOMETALATION OF CYCLOPROPENE - LIGAND-INDUCED ENANTIOSELECTIVE ALLYLZINCATION
        M NAKAMURA; M ARAI; E NAKAMURA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1995年01月, 査読有り
      • THEORETICAL-STUDIES OF NUCLEOPHILIC ADDITIONS OF MONOMERIC AND DIMERIC ORGANOMETALLICS
        M NAKAMURA; E NAKAMURA; N KOGA; K MOROKUMA
        JOURNAL OF THE CHEMICAL SOCIETY-FARADAY TRANSACTIONS, 1994年06月, 査読有り
      • [1+2] AND [3+2] CYCLOADDITION REACTIONS OF VINYLCARBENES WITH C-60
        H TOKUYAMA; M NAKAMURA; E NAKAMURA
        TETRAHEDRON LETTERS, 1993年11月, 査読有り
      • THEORETICAL-STUDIES ON THE REACTION OF SOLVATED METHYLLITHIUM OPEN DIMER WITH ALDEHYDE
        M NAKAMURA; E NAKAMURA; N KOGA; K MOROKUMA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1993年11月, 査読有り
      • SINGLE-ELECTRON TRANSFER PATHWAY IN THE [3+2] CYCLOADDITION OF DIPOLAR TRIMETHYLENEMETHANE WITH OLEFINS
        S YAMAGO; S EJIRI; M NAKAMURA; E NAKAMURA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1993年06月, 査読有り
      • LIGAND CONTROL IN THE STEREOSELECTIVE ALLYLZINCATION OF CYCLOPROPENES
        K KUBOTA; M NAKAMURA; M ISAKA; E NAKAMURA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1993年06月, 査読有り
      • THEORETICAL-STUDIES ON CARBOMETALATION OF CYCLOPROPENE - TRANSITION STRUCTURES OF ADDITION OF ME-, MELI, MECU, AND ME2CU- AND ORIGIN OF THE HIGH REACTIVITY OF THE STRAINED DOUBLE-BOND
        E NAKAMURA; M NAKAMURA; Y MIYACHI; N KOGA; K MOROKUMA
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1993年01月, 査読有り
      • Iron-catalyzed Alkyl–Alkyl Negishi Coupling of Organoaluminum Reagents
        中村 正治
        Chem. Lett., 査読有り

      MISC

      • 鉄族元素触媒によるクロスカップリング反応
        畠山 琢次; 中村 正治
        化学工業, 2011年04月
      • 鉄触媒クロスカップリング反応への展開 (2010年度ノーベル賞) -- (化学賞)
        畠山 琢次; 中村 正治
        科学, 2011年01月
      • 木質バイオマスの選択的分解反応のためのリグニン認識ペプチドの開発
        中谷祐也; 中谷祐也; 高谷光; 高谷光; 林一広; 中田栄司; 森井孝; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • DFT-XASによる鉄触媒エチレンオリゴマー化反応機構研究:MAOによるビスイミンピリジル鉄触媒の活性化機構
        高谷光; 高谷光; 相田冬樹; 本間徹生; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • ニッケル触媒を用いるアリールアミン類の位置選択的C-Hアリール化反応
        川崎皓斗; 川崎皓斗; 青木雄真; 青木雄真; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2020年
      • 低原子価コバルト触媒によるC-H結合活性化反応の反応機構研究
        吉戒直彦; LEE Pin Sheng; XU Wengang; 中村正治; 岩本貴寛; 磯崎勝弘; 仲嶋翔; 吉田亮太; 高谷光
        SPring-8/SACLA利用研究成果集(Web), 2020年
      • スルホニルアミド鉄錯体触媒によるリグニンの酸化分解
        社納貴文; 社納貴文; 高谷光; 高谷光; 伊藤正人; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • 非ヘム鉄アミド錯体触媒による芳香族アルコール類の酸化反応
        社納貴文; 社納貴文; 高谷光; 高谷光; 伊藤正人; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • 鉄触媒を用いるジアリールアミンの官能基選択的N-アリール化反応
        豊田貴大; 豊田貴大; 青木雄真; 青木雄真; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2018年
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの光触媒作用
        上野亮; 磯崎勝弘; 石橋幸典; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 鉄触媒タンデムC-Fアミノ化反応によるジヒドロフェナジン類のワンポット合成
        青木雄真; O’BRIEN Harry; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 鉄触媒を用いるジアリールアミンの官能基選択的N-アリール化反応
        青木雄真; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • ルテニウム錯体結合リグニン親和性ペプチドを触媒とする酸化的リグニン分解
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 渡邊隆司; 西村裕志; 大城理志; 片平正人; 近藤敬子; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • 鉄触媒不斉カップリング反応を用いたα-アリールプロピオン酸誘導体の立体選択的合成
        奥園智絵美; 奥園智絵美; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 岩本貴寛; ADAK Laksmikanta; ADAK Laksmikanta; 神将吉; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • リグニンの資源化を目指したルテニウム結合型ペプチド人工酵素の創製
        高谷光; 吉田亮太; 吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 横井友哉; 社納貴文; 社納貴文; 西村裕志; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司; 中村正治
        高分子学会予稿集(CD-ROM), 2017年
      • リグニン固定化自己組織化単分子膜を利用したSPRセンサーの開発
        磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 下赤卓史; 大城理志; 山口亜佐子; PINCELLA Francesca; PINCELLA Francesca; 上野亮; 上野亮; 長谷川健; 渡辺隆司; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2017年
      • ペプチドデンドロンチオラート修飾金クラスターの合成と光触媒特性
        上野亮; 磯崎勝弘; 石橋幸典; 高谷光; 中村正治; 上野亮; 磯崎勝弘; 石橋幸典; 高谷光; 中村正治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2017年
      • フッ化鉄/NHC触媒系を用いた芳香族塩化物とアルキルGrignard反応剤とのクロスカップリング反応と放射光X線吸収微細構造解析による反応機構解析
        縣亮介; 岩本貴寛; 岩本貴寛; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年
      • 鉄触媒を用いたα-ハロエステルとアリールホウ素反応剤との不斉クロスカップリング反応
        奥園智絵美; 岩本貴寛; 岩本貴寛; ADAK Laksmikanta; 神将吉; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2016年
      • 鉄触媒を用いた新規なC-Hアミノ化反応による芳香族アミン類の合成
        青木雄真; 今吉隆治; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2014年
      • Iron-Catalyzed Cross-Coupling Reactions
        Nakamura, E; Hatakeyama, T; Ito, S; Ishizuka, K; Ilies, L; Nakamura, M
        Org. React., 2014年
      • 鉄ホスフィン錯体触媒によるクロスカップリングの反応機構:X線吸収分光による溶液中化学種の同定と構造解析
        高谷光; 畠山琢次; 為則雄祐; 橋本徹; 今吉隆治; 中川尚久; 藤原優一; 河村伸太郎; 中村正治
        錯体化学会討論会講演要旨集, 2012年
      • 貴金属ナノ粒子を充填したミクロ多孔質シリコンによる光エネルギー変換
        深見一弘; 深見一弘; 高谷光; 作花哲夫; 作花哲夫; 中村正治; 尾形幸生
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2012年
      • Cross-Coupling Reactions Catalyzed by Iron Group Metals and N-Heterocyclic Carbenes via Nonconventional Reaction Mechanisms
        Hatakeyama, T; Ishizuka, K; Nakamura, M
        J. Synth. Org., Chem. Jpn., 2011年
      • NHC-Rh二核錯体触媒を用いるカルボニル化合物の水素移動型還元反応
        福井貞之; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • N,N’位にピリジル基を有する飽和型NHC配位子を有するRh二核錯体の合成
        福井貞之; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • アルケニルホウ素化合物とハロゲン化アルキルとの鉄触媒クロスカップリング反応
        橋本徹; 清家弘史; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • 湾曲型π電子系を有するナフトペリレン誘導体の合成
        大場剛士; 橋本士雄磨; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2010年
      • 白金結合型ノルバリンの合成およびその自己組織化特性
        笹野大輔; 清家弘史; 高谷光; 中村正治
        日本化学会講演予稿集, 2009年
      • 嵩高いジホスフィン配位子を有する鉄錯体を触媒とするクロスカップリング反応
        藤原優一; 畠山琢次; 高谷光; 中村正治
        錯体化学討論会講演要旨集, 2008年
      • Indium-catalyzed addition of carbon units to acetylenes: Development of a new C-C bond formation toward exploitation of chemical resources
        M Nakamura
        PURE AND APPLIED CHEMISTRY, 2006年02月
      • マイクロ波照射による反応の迅速化
        徳山英利; 中村正治
        有機合成化学協会誌, 2005年
      • Cyclopropenpne Acetals-synthesis and Reactions
        Nakamura, M; Isobe, H; Nakamura E
        Chem. Rev., 2003年

      講演・口頭発表等

      • Exploring synthetic opportunities of iron catalysis in sustainable chemistry
        Masaharu Nakamura
        The 3rd IRCCS - The 2nd Reaction Infography Joint International Symposium: “Reaction Imaging Meets Materials Science”, 2020年02月01日, 招待有り
      • 鉄触媒の可能性を精密有機合成に求めて
        中村正治
        第45回反応と合成の進歩シンポジウム, 2019年10月28日, 招待有り
      • Exploring Synthetic Opportunities of Iron Catalysis in Sustainable Chemistry
        中村 正治
        International Conference on Emerging Trends in Chemistry, 2019年07月14日, 招待有り
      • Dreaming up World-Changing Catalyst: Utilization of Iron and Wood in Organic Synthesis
        NAKAMURA Masaharu
        Core-to-Core and GTR Symposium on Elements Function for Transformative Catalysis and Materials, 2019年02月07日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Oxidative C–H Amination of Diaryl Amines for the Synthesis of Hole Transfer Materials
        NAKAMURA Masaharu
        The International Symposium onThe International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2018 (C&FC2018)), 2018年12月13日, 招待有り
      • 化学資源を活用する有機合成化学の開拓―鉄と森で豊かな社会を-
        中村 正治
        日本化学会第98春季年会, 2018年03月21日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Oxidative C-H Amination of Diaryl Amines for the Synthesis of Hole Transport Materials
        NAKAMURA Masaharu
        International CLS Forum, 2018年03月03日, 招待有り
      • 化学資源を活用する有機合成化学の開拓
        中村 正治
        有機合成化学協会近畿支部有機合成2月セミナー, 2018年02月05日, 招待有り
      • ron-Catalyzed Oxidative Amination via Bimetallic Mechanism
        NAKAMURA Masaharu
        Core-to-Core Joint Symposium, Queen's University, Kyoto University, Munster University, Nagoya University, 2018年02月02日, 招待有り
      • 化学資源を活用する有機合成化学の開拓
        中村 正治
        統合物質創製化学研究推進機構第3回国内シンポジウム, 2017年10月30日, 招待有り
      • 化学資源を活用する有機合成化学の開拓
        中村 正治
        H29有機合成化学協会北陸セミナー, 2017年10月07日, 招待有り
      • Stereoselective Trapping of Alkyl Radicals under Iron Catalysis
        NAKAMURA Masaharu
        Nordic/Kyoto OMCOS, 2017年06月23日, 招待有り
      • Studies on Selective Synthetic Organic Reactions Catalyzed by Iron
        NAKAMURA Masaharu
        日本化学会第97春季年会, 2017年03月, 招待有り
      • 化学資源を活用する精密有機合成反応の開拓
        中村 正治
        平成28年度有機合成化学研究所講演会, 2016年11月22日, 招待有り
      • Organometallic Carbon–Carbon and Carbon–Heteroatom Bond Forming Reactions Controlled by Iron Catalysts
        NAKAMURA Masaharu
        2016 Base Metal Catalysis Symposium, 2016年09月02日, 招待有り
      • Enantioselective Cross-Coupling and Some Related Reactions under Iron Catalysis
        NAKAMURA Masaharu
        2016 JST–NTU Joint Seminar on Sustainable Synthesis and Catalysis, 2016年08月03日, 招待有り
      • 鉄触媒精密カップリング反応:「使える反応」を目指して
        中村 正治
        塩野義製薬プロセス研究所講演会, 2016年07月12日, 招待有り
      • Enantioselective Carbometalation/Ring-Opening Reactions of Oxa- and Azabicyclic Alkenes under Iron Catalysis
        NAKAMURA Masaharu
        Core-to-Core Joint Symposium, 2016年06月28日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Diborylation, Carboborylation, and Carbosilylation of Alkynes
        NAKAMURA Masaharu
        BORAM2016, 2016年06月27日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Selective Cross-Coupling and Some Related Reactions
        NAKAMURA Masaharu
        MSD Organic Synthesis Seminar, 2016年06月06日, 招待有り
      • 鉄触媒精密C-CおよびC-Nカップリング反応の開発 ―未活用化学資源の高度利用を目指して―
        中村 正治
        横浜国立大学理工学部講演会, 2016年02月08日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed C_H Amination of Aniline Derivatives
        M.Nakamura; R. Imayoshi; H. Takaya; Y. Aoki; T. Hatakeyama
        Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis: OMCOS18, 2015年06月28日
      • ron-Catalyzed C_H Amination of Aniline Derivatives
        M.Nakamura; R. Imayoshi; H. Takaya; Y. Aoki; T. Hatakeyama
        The Ninth International Symposium on Integrated Synthesis(ISIS9), 2014年11月14日, 招待有り
      • 鉄触媒による炭素—炭素および炭素—ヘテロ元素結合生成反応
        中村 正治
        近畿化学協会ヘテロ原子部会へ伊勢26年度第2回懇話会, 2014年11月08日, 招待有り
      • 鉄触媒精密カップリング反応
        中村 正治
        中外製薬有機合成化学セミナー, 2014年11月05日, 招待有り
      • Controlled Cross-Coupling Reactions with Iron-Bisphosphine Catalysts
        M. Nakamura
        The 41st International Conference on Coordination Chemistry, 2014年07月21日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Aromatic Amination and Related Coupling Reactions
        M. Nakamura
        The 17th Joint Symposium of Core-to-Core/IRTG Programs on Elements Function for Transformative Catalysis and Materials, 2014年06月12日, 招待有り
      • クロスカップリング反応
        中村 正治
        近畿化学協会有機金属化学セミナー, 2014年06月06日, 招待有り
      • 鉄触媒精密クロスカップリング反応
        中村 正治
        日本化学会九州支部セミナー, 2014年04月16日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Aromatic Amination and Related Coupling Reactions
        M. Nakamura
        7th CaRLa Winter School 2014, 2014年02月22日, 招待有り
      • Controlled Cross-Coupling Reactions Under Iron-Catalysis: New Mechanism, Reactivity and Selectivity
        M. Nakamura
        7th CaRLa Winter School 2014, 2014年02月22日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Aromatic Amination
        M. Nakamura
        International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals (C&FC) 2013, 2013年12月01日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Aromatic Amination and a Few More Relatives
        M. Nakamura
        The 16th Japan-Korea Seminar on Organic Chemistry, 2013年09月27日, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Aromatic Amination
        M. Nakamura
        The 15th Asian Chemical Congress, 2013年08月18日, 招待有り
      • Selective Iron-Catalysts for Controlled Organic Synthesis
        M. Nakamura
        The 1st Bristol-Kyoto Symposium, 2013年01月10日, 招待有り
      • C–C and C–N Cross Coupling Reactions Under High-Oxidation-State Iron Catalys
        Asian Core Program Lectureship Tour Seminars, 2012年11月30日, Taipei, ROC
      • Stereoselective C—C Bond Formations under Iron-Catalysis
        M. Nakamura
        Optically Active Compound Symposium, 2012年09月12日, Tokyo, 招待有り
      • Selective Cross-Coupling Reactions Catalyzed by Iron-Bisphosphine Complexes
        M. Nakamura
        International Symposium for Advance Chemical Science (ISACS) 7, 2012年06月13日, Edinburgh, UK, 招待有り
      • Development of Metal-Catalyzed C–C Bond Forming Reactions: An example of interplay of computational modeling and experiment
        M. Nakamura
        JST International Symposium on Multi-scale Simulation of Condensed-phase Reacting Systems (MSCRS2012), 2012年05月10日, Nagoya, 招待有り
      • Development of Metal-Catalyzed C_C Bond Forming Reactions: an example of interplay of computational modeling and experiment
        M. Nakamura
        International Symposium on Multi-scale Simulation of Condensed-phase Reacting Systems (MSCRS2012), 2012年03月10日, 招待有り
      • Spinning Iron Off in Organic Synthetic Reaction: A New Aspect of Cross-Coupling Reactions
        M. Nakamura
        The Chinese University of Hong Kong Visiting Scholar Symposium, 2011年05月05日, Hong Kong, 招待有り
      • New Development of The Negishi and Suzuki-Miyaura Reactions under Iron Catalysis
        M. Nakamura
        The Chinese University of Hong Kong Organic Chemistry Seminar, 2011年05月03日, Hong Kong, 招待有り
      • Iron-catalyzed cross-coupling reaction: an effective method of alkylating various organometallic reagents
        M. Nakamura
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 2010年12月17日, Honolulu, Hawaii, USA, 招待有り
      • Controlled Cross-Coupling Reactions under Iron-Catalysis: New Mechanism, Reactivity and Selectivity
        M. Nakamura
        ICR-Chiang Mai University Bilateral Symposium, 2010年12月02日, Chiang Mai, Thailand, 招待有り
      • Stereoselective C–C Bond Formation under Iron-Catalysis
        M. Nakamura
        Japan-Taiwan Joint Symposium on Innovative Synthesis for New Materials Chemistry, 2010年10月04日, Uji, Kyoto, Japan, 招待有り
      • Enantioselective C–C Bond Formation under Iron-Catalysis
        M. Nakamura
        6th Asian-European Symposium on Metal Mediated Efficient Reactions, 2010年06月08日, Singapore, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Enantioselective Carbometalation/Ring-Opening Reaction of Oxabicycloalkenes
        M. Nakamura
        BIT’s 1st Annual World Congress of Catalytic Asymmetric Synthesis, 2010年05月21日, Beijing China,, 招待有り
      • Selective Cross-Coupling Reactions under Iron Catalysis
        M. Nakamura
        The 3rd International Conference on Joint Project of Chemical Synthesis Core Research Institutions, 2010年01月07日, Nagoya, 招待有り
      • 鉄触媒による精密炭素ー炭素結合生成反応の開発・空想10年
        東京工業大学理学研究流動機構シンポジウム「元素化学の可能性」, 2009年12月04日, 東京
      • 鉄族元素を触媒とするクロスカップリング反応の新展開
        日本農薬学会農薬デザイン研究会, 2009年11月27日, 京都
      • 鉄および鉄族元素触媒による高選択的ビアリールカップリング
        社団法人石油学会触媒シンポジウム, 2009年11月24日, 東京
      • クロスカップリング反応における鉄族元素触媒の新展開
        第37回オルガノメタリックセミナー<最先端分子性機能触媒反応>, 2009年11月19日, 名古屋
      • 鉄触媒を用いた精密クロスカップリング反応の最近の進展
        東ソークロスカップリングセミナー, 2009年11月02日, 山口
      • Iron-Catalyzed Suzuki-Miyaura Coupling Reaction
        The 14th Japan-Korea Symposium on Organic Chemistry, 2009年10月25日, Shizuoka
      • 鉄触媒による精密クロスカップリング反応
        日本プロセス学会2009サマーシンポジウム, 2009年07月16日, 東京
      • 鉄触媒による炭素—炭素結合生成反応の精密制御
        高分子同友会セミナー, 2009年04月16日, 東京
      • 鉄触媒を活用する精密炭素-炭素結合生成反応
        日本化学会第89春季年会「第一遷移元素ー触媒作用の新展開」シンポジウム, 2009年03月28日, 東京
      • Controlling Iron-Catalysis in Selective Carbon-Carbon Bond Formations
        M. Nakamura
        The 3rd International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOA-3), 2008年09月23日, Hangzhou, China, 招待有り
      • Controlling the Iron Catalysis in Cross-Coupling and Some Related Reactions
        M. Nakamura
        The 9th Youngnam-Kinki Joint Symposium on Organometallic Chemistry, 2008年01月25日, Kyoto, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Kumada-Tamao-Corriu and Negishi Coupling Reactions
        M. Nakamura
        International Symposium on Catalyst and Fine Chemicals 2007 (C&FC2011), 2007年12月17日, Singapore, 招待有り
      • Iron-Catalyzed Tamao and Negishi Coupling Reactions
        M. Nakamura
        The 99th National Meeting of the Korean Chemical Society, 2007年04月18日, Seoul, Korea, 招待有り
      • 「レアメタル」を用いないクロスカップリング反応
        中村 正治
        近畿化学協会有機金属部会2006年度第4回例会, 2007年02月01日, 近畿化学協会有機金属部会, 招待有り
      • 鉄触媒を用いる新規炭素—炭素結合生成反応
        中村 正治
        第21回(財)有機合成化学研究所 講演会, 2006年11月29日, (財)有機合成化学研究所, 招待有り
      • 金属複合系反応剤の設計と反応開発
        中村 正治
        特定領域研究「元素相乗系化合物の化学」第一回公開シンポジウム, 2006年11月13日, 招待有り
      • 未来に備える有機合成−新反応で地球の資源を大切に−
        中村 正治
        第13回京都大学化学研究所公開講演, 2006年10月15日, 京都大学化学研究所, 招待有り
      • 鉄触媒によるハロアルカン類の交差カップリング反応
        中村 正治
        触媒化学討論会, 2006年09月26日, 招待有り
      • 化学資源活用型の新規合成反応の開発
        中村 正治
        日本薬学会東海支部特別講演会・静岡県立大学講演会, 2006年09月22日, 招待有り
      • レアメタルを使わないクロスカップリング反応:化学資源活用型の有機合成にむけて
        中村 正治
        日本薬学会東北支部有機化学若手研究者セミナー, 2006年09月16日, 招待有り
      • 化学資源の活用を目指した新規炭素ー炭素結合生成反応の開発
        中村 正治
        有機反応懇談会, 2006年08月03日, 招待有り
      • 塩化アルキル類の鉄触媒による高度分子変換
        中村 正治
        特定領域研究「炭素資源の高度分子変換」第一回公開シンポジウム, 2006年06月22日, 招待有り
      • 炭素と炭素をつなげる新反応:化学資源の活用を念頭に置いた有機合成反応の開発研究
        中村 正治
        大阪府立大学白鷺セミナー, 2006年06月08日, 大阪府立大学, 招待有り
      • 化学資源の活用を目指した有機合成反応の探求
        中村 正治
        京都大学分子工学コロキウム, 2006年05月12日, 招待有り
      • 金属化合物を触媒とする反応 19・3・7 「鉄」
        中村正治; 畠山琢次; 今吉隆治; 仲嶋 翔
        有機合成化学実験法ハンドブック, 丸善, 2015年, 査読無し
      • 第11, 12族金属化合物
        河村伸太郎; 中川尚久; 中村正治
        有機合成化学実験法ハンドブック, 丸善, 2014年, 査読無し
      • 鉄触媒による不活性ハロゲン化アルキル類の鈴木–宮浦カップリング反応
        中村正治; 仲嶋 翔; 橋本 徹; 畠山琢次
        触媒の設計・反応制御 事例集, pp617–622, 技術情報協会編, 2013年, 査読無し
      • Grignard反応
        橋本徹; 清家弘史; 中村正治
        トップドラッグから学ぶ創薬化学, 第II部1章, p. 115, 東京化学同人, 2012年, 査読無し
      • 有機銅反応剤(共役付加)
        河村伸太郎; 清家弘史; 中村正治
        トップドラッグから学ぶ創薬化学, 第II部7章, p. 122, 東京化学同人, 2012年, 査読無し
      • 均一系鉄触媒による炭素—炭素結合生成反応
        中村 正治畠山琢次; 中村正治
        CSJカレントヴュー 未来を拓く元素戦略,Part II, 1章, pp. 28–38, 2012年, 査読無し
      • Williamsonエーテル合成
        橋本士雄磨; 清家弘史; 中村正治, トップドラッグから学ぶ創薬化学, 第II部34章, p. 156
        トップドラッグから学ぶ創薬化学, 第II部34章, p. 156, 東京化学同人, 2012年, 査読無し
      • グリニャールクロスカップリング反応
        畠山琢次; 中村正治
        触媒調製ハンドブック, pp. 325–335. 株式会社エヌ・ティー・エス出版, 2011年, 査読無し
      • 鉄触媒クロスカップリング反応
        清家弘史; 中村正治, クロスカップリング反応 基礎と産業応用, pp. 191–209. シーエムシー出版
        2010年, 査読無し
      • 鉄触媒クロスカップリング反応の進展と展望
        清家弘史; 中村正治
        日本初ブロックバスターを目指して -創薬研究の最前線-. pp. 191–209. シーエムシー出版, 2010年, 査読無し
      • Metal Catalyzed Arylation of Nonactivated Alkyl (Pseudo)Halides via Cross-Coupling Reactions
        Itoh, S; Nakamura, M
        Modern Arylation Methods, Lutz Ackermann, Ed. Chapter 5, 2009年, 査読無し
      • 鉄触媒を用いるクロスカップリング反応の最近の進展
        清家弘史; 中村正治
        触媒年鑑:触媒技術の動向と展望 2009. pp. 28–38. 触媒学会, 2009年, 査読無し

      産業財産権

      • 特開2017-165722, 特願2017-044968, 非対称ビス(1,2−ジアリールアミノ)ベンゼン類及びその製造方法
        中村 正治; 高谷 光; 畠山 琢次; 鈴木 毅; 今吉 隆治; 青木 雄真; 萩原 秀樹; 曽我 真一
      • 特開2017-145243, 特願2017-023576, フェノール誘導体の製造方法
        渡辺 隆司; 中村 正治; 高谷 光; 福田 健治; 下平 晴記
      • 特開2017-145244, 特願2017-023577, フェノール誘導体の製造方法
        渡辺 隆司; 中村 正治; 高谷 光; 勝山 勇; 福田 健治
      • 特開5819534, 特願2014-535578, 有機電界発光素子用材料、有機電界発光素子、表示装置、及び照明装置
        小野 洋平; 枝連 一志; 生田 利昭; 倪 静萍; 松下 武司; 畠山 琢次; 中村 正治; 橋本 士雄磨
      • 特開2015-216380, 特願2015-105422, 有機電界発光素子用材料、有機電界発光素子、表示装置、及び照明装置
        小野 洋平; 枝連 一志; 生田 利昭; 倪 静萍; 松下 武司; 畠山 琢次; 中村 正治; 橋本; 士雄磨小野; 枝連 一志; 生田 利昭; 倪 静萍; 松下 武司; 畠山 琢次; 中村 正治; 橋本 士雄磨
      • 特開6298424, 特願2015-105421, 有機電界発光素子用材料、有機電界発光素子、表示装置、及び照明装置
        小野 洋平; 枝連 一志; 生田 利昭; 倪 静萍; 松下 武司; 畠山 琢次; 中村 正治; 橋本 士雄磨
      • 特開5744176, 特願2013-503640, 多環芳香族化合物
        畠山 琢次; 中村 正治; 橋本 士雄磨
      • WO 2012/121398 A1, PCT/JP2012/056206, 多環芳香族化合物
        畠山琢次; 中村正治; 橋本士雄磨
      • 特開5955034, 特願2012-046272, ビスホスフィン化合物、及びビスホスフィン化合物を配位子とする遷移金属触媒、並びにこれらの製造方法
        中村 正治; 畠山 琢次; 橋本 徹; 仲嶋 翔; 中川 尚久
      • 特開2013-180991, 特願2012-046272, ビスホスフィン化合物、及びビスホスフィン化合物を配位子とする遷移金属触媒、並びにこれらの製造方法
        中村正治; 畠山琢次; 橋本徹; 仲嶋翔; 中川尚久
      • 特開5615261, 特願2011-503815, 多環芳香族化合物
        畠山 琢次; 橋本 士雄磨; 中村 正治
      • 特開5777106, 特願2011-230600, アリールアミン類の製造方法
        中村 正治; 畠山 琢次; 曽我 真一
      • 特開5622573, 特願2010-518946, クロスカップリング反応用触媒、及びこれを用いた芳香族化合物の製造方法
        中村 正治; 畠山 琢次; 藤原 優一
      • 特開2010-209017, 特願2009-058274, 芳香族アミン化合物の製造方法
        中村 正治; 畠山 琢次; 吉本 祐也
      • 特開2010-209017, 特願2009-058274, 芳香族アミン化合物の製造方法
        中村正治; 畠山琢次; 吉本祐也
      • WO 2010/104047 A1, PCT/JP2010/053818, 多環芳香族化合物
        畠山琢次; 中村正治; 橋本士雄磨
      • 特開5614985, 特願2009-503968, 触媒組成物及びそれを用いたクロスカップリング化合物の製造方法
        中村 正治; 畠山 琢次
      • WO 2010/001640 A1, PCT/JP2009/054588, クロスカップリング反応用触媒,及びこれを用いた芳香族化合物の製造方法
        中村正治; 畠山琢次; 藤原優一
      • 特開5156510, 特願2008-179891, 触媒組成物及びそれを用いたクロスカップリング化合物の製造方法
        中村 正治; 畠山 琢次; 江口 久雄; 箭野 裕一
      • WO 2009/008447 A1, PCT/JP2009/054588, 触媒組成物及びそれを用いたクロスカップリング化合物の製造方法
        中村正治; 畠山琢次; 江口久雄; 箭野裕一
      • WO 2008/111414 A1, PCT/JP2008/053751, 触媒組成物及びそれを用いたクロスカップリング化合物の製造方法
        中村正治; 畠山琢次
      • 特開2008-214199, 特願2007-049731, 鉄触媒による芳香族化合物の製造方法
        中村正治; 伊藤慎庫; 藤田敦子
      • 特開2006-046968, 特願2004-224663, 低温フローNMR測定方法および低温フロー迅速インジェクションNMR
        中村正治; 高瀬俊和; 江口恵二
      • 特開2005-225846, 特願2004-039078, カルボニル化合物の製造方法
        中村正治; 中村栄一
      • WO2005/075384, 特願2005-517836, 芳香族化合物の製造方法
        中村正治; 松尾敬子; 伊藤慎庫; 中村栄一
      • 特開2005-097193, 特願2003-333802, βジカルボニル化合物の製法
        中村正治; 遠藤恆平; 中村栄一

      受賞

      • 2020年02月19日
        有機合成化学協会, 有機合成化学協会企業冠賞
      • 2017年03月
        日本化学会, 日本化学会第34回学術賞
      • 2005年11月
        萬有生命科学振興財団, Banyu young chemist award
      • 2006年10月
        JSPS Asian CORE Program Project Committee, Asian Core Program Lectureship Award (Hong Kong)
      • 2001年03月
        日本化学会, 日本化学会第50回進歩賞
      • 2005年
        有機合成化学協会(藤沢薬品), 有機合成化学協会研究企画賞
      • 2006年
        JSPS Asian CORE Program Project Committee, Asian Core Program Lectureship Award (China)
      • 2006年
        萬有生命科学振興財団, Banyu Young Chemist Award 2006

      外部資金:その他

      • レアメタルを凌駕する鉄触媒による精密有機合成化学の開拓
        最先端・次世代研究開発支援プログラム
        自 2010年, 至 2013年
        中村 正治
      • 低原子価コバルト触媒によるC-H結合活性化反応の反応機構研究 (平成26年度分)
        二国間交流事業共同研究・セミナー
        自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
        中村 正治
      • 低原子価コバルト触媒によるC-H結合活性化反応の反応機構研究 (平成27年度分)
        二国間交流事業共同研究・セミナー
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        中村 正治
      • 不飽和炭化水素を活用する精密合成反応
        科学技術振興機構さきがけ研究
        至 2006年03月31日
        代表
      list
        Last Updated :2022/10/02

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分子機能と複合・集積機能
          H404, 前期, 工学研究科, 1.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学I(先端化学)
          7411, 後期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機金属化学1
          H041, 前期, 工学研究科, 1.5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質変換化学
          H222, 前期, 工学研究科, 1.5
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          有機化学I(工業基礎化学)[T15・T18]
          後期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          有機化学I(工業基礎化学)[T16・T17]
          後期, 工学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          有機金属化学1
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          有機金属化学1
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          環境生物・物質化学
          前期, 地球環境学舎
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          有機金属化学1
          前期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          環境生物・物質化学
          前期, 地球環境学舎
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          有機金属化学1
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          環境生物・物質化学
          前期, 地球環境学舎
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          環境生物・物質化学
          前期, 地球環境学舎
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          有機金属化学1
          前期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          環境生物・物質化学
          前期, 地球環境学舎
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機金属化学1
          前期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学I(工業基礎化学)
          後期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子機能と複合・集積機能
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学I(工業基礎化学)[工化1・工化3]
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学I(工業基礎化学)[工化2・工化4]
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機金属化学1
          前期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子機能と複合・集積機能
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学I(先端化学)[工化1・工化3]
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学I(先端化学)[工化2・工化4]
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質変換化学
          前期, 工学研究科

        博士学位審査

        • Development of Iron-Catalyzed Enantioselective Carbon-Carbon Bond Forming Reactions for Efficient Access to Bioactive Compounds and Their Derivatives (鉄触媒によるエナンチオ選択的炭素-炭素結合形成反応の開発と、生理活性物質および類縁体合成への応用)
          神 将吉, 工学研究科, 主査
          2021年11月24日

        非常勤講師

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学Ⅰ(先端化学)、特別研究
          後期30時間、通年52時間, 工学部
        list
          Last Updated :2022/10/02

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            全学共通教育システム委員会基礎教育専門委員会化学部会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2010年03月31日
            大学入試センター試験実施委員会 委員(代理委員)
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            全学共通教育システム委員会基礎教育専門委員会化学部会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            全学共通教育システム委員会基礎教育専門委員会化学部会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所附属元素科学国際研究センター長
          • 自 2013年06月01日, 至 2014年05月31日
            国際高等教育院企画評価専門委員会化学部会 委員
          • 自 2014年06月01日, 至 2015年04月30日
            国際高等教育院企画評価専門委員会化学部会 委員
          • 自 2015年05月01日, 至 2018年03月31日
            国際高等教育院企画評価専門委員会化学部会 委員
          • 自 2016年12月01日, 至 2018年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            元素科学国際研究センター センター長

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年07月01日, 至 2022年06月30日
            オープンイノベーション機構共同研究実施等審査会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            化学研究所産学連携委員会委員
          • 自 2007年04月18日, 至 2009年03月31日
            環境保全センター運営委員会 委員(有機部会)
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            化学研究所設備運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所ゲノムネット推進室運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所自己点検評価委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所広報委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所産学連携委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治地区運営会議 構成員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治地区部局長会議 構成員
          • 自 2016年04月01日
            宇治キャンパス危機管理委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            宇治地区総合環境安全管理センター運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所産学連携委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会 委員
          • 自 2017年01月01日, 至 2017年12月31日
            宇治キャンパス公開2017実行委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会 委員長
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            宇治地区総合環境安全管理センター運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会 委員長
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所産学連携委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会 委員長
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所産学連携委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            化学研究所情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所産学連携委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所将来問題・研究活性化委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            宇治地区総合環境安全管理センター運営委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所安全衛生委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所産学連携委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所設備運営委員会委員

          ページ上部へ戻る