教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

高須 清誠

タカス キヨセイ

薬学研究科 薬科学専攻薬品創製化学講座 教授

高須 清誠
list
    Last Updated :2022/08/11

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    所属学協会

    • 自 2008年, 至 現在
      近畿化学協会
    • 自 2005年
      日本ケミカルバイオロジー学会
    • 日本化学会
    • アメリカ化学会
    • 日本薬学会
    • 国際複素環化学会
    • 有機合成化学協会
    • 日本プロセス化学会

    学位

    • 修士(薬学)(京都大学)
    • 博士(薬学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科博士後期課程(薬品作用制御システム専攻), 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 薬学部製薬化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      洛星高等学校, らくせいこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2011年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院薬学研究科, 教授
    • 自 2007年05月, 至 2011年03月
      京都大学, 大学院薬学研究科, 准教授
    • 自 2005年04月, 至 2007年04月
      東北大学, 大学院薬学研究科, 講師
    • 自 1999年04月, 至 2005年03月
      東北大学, 大学院薬学研究科, 助手
    • 自 1998年04月, 至 1999年03月
      東北大学, 薬学部, 助手
    • 自 1997年04月, 至 1998年03月
      日本学術振興会 特別研究員(DC)
    • 自 1996年10月, 至 1997年10月
      カンザス州立大学, 化学科, 訪問研究員

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/11

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        有機化学、合成化学
        1.マルチタスク触媒による単行程高次分子変換反応の開発
        2.刺激応答により機能発現する人工低分子の設計
        3.生理活性天然化合物の全合成
        4.小員環、スピロ環の化学
      • 研究概要

        医薬品や医用材料の多くは有機分子であり、新しい医薬品や材料の開発には新規化合物の創製が必須です。化学反応を駆使して分子を自在に組み立てられることは有機合成化学者の特権です。その特権を最大限に活かすためには、「どのような物質を創るかを考える発想力」、「どのような方法で合成するかを考える論理力」、「どのように使えば効果的かを考える解析力」の醸成が大変重要となります(図1)。薬品合成化学分野では、生命科学に貢献する新しい反応及び分子構造の発見と発明を目指し、日々研究を行なっています。

      研究キーワード

      • 生物有機化学
      • 構造化学
      • 不斉化学
      • 分子設計
      • 連続反応
      • 有機合成

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学
      • ナノテク・材料, 生体化学
      • ナノテク・材料, 機能物性化学
      • ナノテク・材料, 有機合成化学
      • ライフサイエンス, 生物有機化学
      • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学

      論文

      • 23 ラジカル転位環化反応を利用した(-)-perhydrohistrionicotoxinの全合成(口頭発表の部)
        我妻 弘基; 大学 明広; 藤谷 学; 岡野 健太郎; 高須 清誠; 徳山 英利
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2012年09月01日
      • P-51 (+)-trans-Dihydronarciclasineの全合成(ポスター発表の部)
        茂木 雄三; Mohamed Magdi A.; 高須 清誠; 山田 健一; 富岡 清
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2012年09月01日
      • P-210 TOWARD A RAPID SYNTHESIS OF STRUCTURALLY STRAINED TERPENOIDS BY A CATALYTIC MULTI-COMPONENT REACTION
        Takasu Kiyosei; Inanaga Kazato; Ishii Takayuki; Ihara Masataka
        International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 2006年07月23日
      • P-59 Paesslerin Aの合成研究 : 触媒的多成分連続環化反応の開発と応用(ポスター発表の部)
        高須 清誠; 稲永 風人; 石井 崇之; 永尾 聰; 井原 正隆
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2005年09月15日
      • 95(P-24) 多成分反応による実用的シクロブタン合成法の開発と天然物合成への応用(ポスター発表の部)
        稲永 風人; 高須 清誠; 井原 正隆
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2004年10月01日
      • Lewis Acid-Catalyzed Diastereoselective Domino Reaction of Ene-Ynamide with Trimethylsilyl Cyanide to Construct Spiroindolines.
        Yousuke Yamaoka; Daisuke Yamasaki; Daigo Kajiwara; Makiko Shinozaki; Ken-Ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        Organic letters, 2022年06月10日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Enhanced Molecular Recognition through Substrate–Additive Complex Formation in N-Heterocyclic-Carbene-Catalyzed Kinetic Resolution of α-Hydroxythioamides
        Yinli Wang; Akiho Yamauchi; Keiji Hashimoto; Tatsuya Fujiwara; Tsubasa Inokuma; Yuta Mitani; Koichi Ute; Satoru Kuwano; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada
        ACS Catalysis, 2022年05月06日, 査読有り, 責任著者
      • Intramolecular Propargylic Ene Reaction of Benzyne en Route to Highly Functionalized Allenes and Allenamides
        Tsukasa Tawatari; Ritsuki Kato; Kiyosei Takasu; Hiroshi Takikawa
        Synthesis, 2022年04月14日, 査読有り, 責任著者
      • Total Synthesis of Cryptopleurine and Its Analogues
        Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Takuro Yamakawa; Kaito Tateishi
        Synthesis, 2022年01月04日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Catalytic Substrate-Selective Silylation of Primary Alcohols via Remote Functional-Group Discrimination.
        Hisashi Hashimoto; Yoshihiro Ueda; Kiyosei Takasu; Takeo Kawabata
        Angewandte Chemie (International ed. in English), 2022年04月25日, 査読有り
      • AI-Driven Synthetic Route Design Incorporated with Retrosynthesis Knowledge
        Shoichi Ishida; Kei Terayama; Ryosuke Kojima; Kiyosei Takasu; Yasushi Okuno
        Journal of Chemical Information and Modeling, 2022年03月28日, 査読有り
      • 2-(Chlorodiisopropylsilyl)-6-(trimethylsilyl)phenyl triflate: a modified platform for intramolecular benzyne cycloadditions
        Tsukasa Tawatari; Kiyosei Takasu; Hiroshi Takikawa
        Chemical Communications, 2021年, 査読有り, 責任著者
      • Oxidative β-Cleavage of Fused Cyclobutanols Leading to Hydrofuran-Fused Polycyclic Aromatic Compounds
        Hayate Kinouchi; Kazuma Sugimoto; Yousuke Yamaoka; Hiroshi Takikawa; Kiyosei Takasu
        The Journal of Organic Chemistry, 2021年09月17日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • The rationale for stereoinduction in conjugate addition to alkylidenemalonates bearing a menthol-derived chiral auxiliary
        Ken-ichi Yamada; Shinichi Fujiwara; Tsubasa Inokuma; Masayuki Sugano; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        Tetrahedron, 2021年07月, 査読有り, 責任著者
      • Mechanistic Support for Intramolecular Migrative Cyclization of Propargyl Sulfones Provided by Catalytic Asymmetric Induction with a Chiral Counter Cation Strategy
        Kohta Yamasaki; Akiho Yamauchi; Tsubasa Inokuma; Yasunori Miyakawa; Yinli Wang; Raphaël Oriez; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Naonobu Tanaka; Yoshiki Kashiwada; Ken‐ichi Yamada
        Asian Journal of Organic Chemistry, 2021年05月10日, 査読有り
      • Synthesis of Lactone-Fused Cyclopropanes by Ring Contractive α-Ketol Rearrangement of Ketal-Fused Cyclobutanones
        Kiyosei Takasu; Koichi Shigenaga; Kazuma Shimoda; Hiroshi Takikawa; Yousuke Yamaoka
        HETEROCYCLES, 2021年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Total Synthesis of (−)-Sigillin A: A Polychlorinated and Polyoxygenated Natural Product
        Yousuke Yamaoka; Takamori Nakayama; Shota Kawai; Kiyosei Takasu
        Organic Letters, 2020年10月02日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • CompRet: a comprehensive recommendation framework for chemical synthesis planning with algorithmic enumeration.
        Ryosuke Shibukawa; Shoichi Ishida; Kazuki Yoshizoe; Kunihiro Wasa; Kiyosei Takasu; Yasushi Okuno; Kei Terayama; Koji Tsuda
        Journal of cheminformatics, 2020年09月01日, 査読有り
      • Helical Nanographenes Embedded with Contiguous Azulene Units
        Naoki Ogawa; Yousuke Yamaoka; Hiroshi Takikawa; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        Journal of the American Chemical Society, 2020年08月05日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis of Dibenzoxazonines by Domino [2+2] Cycloaddition—4π Electrocyclic Ring Opening Reaction of Cyclic Imines with Ynamides
        Kiyosei Takasu; Masaki Tsutsumi; Tomohiro Ito; Hiroshi Takikawa; Yousuke Yamaoka
        HETEROCYCLES, 2020年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Prediction and Interpretable Visualization of Retrosynthetic Reactions Using Graph Convolutional Networks
        Shoichi Ishida; Kei Terayama; Ryosuke Kojima; Kiyosei Takasu; Yasushi Okuno
        Journal of Chemical Information and Modeling, 2019年12月23日, 査読有り
      • オキサプロペランを用いる多環式スピロ化合物の合成法開発
        小川直希; 山岡庸介; 瀧川紘; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2019年09月20日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Total Syntheses of Allelopathic 4-Oxyprotoilludanes, Melleolides, and Echinocidins
        Kazuma Shimoda; Yousuke Yamaoka; Dongeun Yoo; Ken-ichi Yamada; Hiroshi Takikawa; Kiyosei Takasu
        The Journal of Organic Chemistry, 2019年09月06日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis of Functionalized Medium‐Sized trans ‐Cycloalkenes by 4π Electrocyclic Ring Opening/Alkylation Sequence
        Tomohiro Ito; Masaki Tsutsumi; Ken‐ichi Yamada; Hiroshi Takikawa; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        Angewandte Chemie International Edition, 2019年08月19日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Rapid Assembly of Protoilludane Skeleton through Tandem Catalysis: Total Synthesis of Paesslerin A and Its Structural Revision
        Yuzo Mogi; Kazato Inanaga; Hidetoshi Tokuyama; Masataka Ihara; Yousuke Yamaoka; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        Organic Letters, 2019年06月07日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Asymmetric Formal Synthesis of (+)-Catharanthine via Desymmetrization of Isoquinuclidine
        Masato Kono; Shingo Harada; Tomoyuki Nozaki; Yoshinori Hashimoto; Shun-ichi Murata; Harald Gröger; Yusuke Kuroda; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu; Yasumasa Hamada; Tetsuhiro Nemoto
        Organic Letters, 2019年05月17日, 査読有り
      • Optical resolution via catalytic generation of chiral auxiliary
        Hiroki Kiyama; Tsubasa Inokuma; Yusuke Kuroda; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada
        Tetrahedron Letters, 2019年01月, 査読有り, 責任著者
      • Silyl enol etherification by a Tf2NH/amine co-catalytic system for minimizing hazardous waste generation
        Kei Kurahashi; Yousuke Yamaoka; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        Reaction Chemistry & Engineering, 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis and Properties of Tribenzocarbazoles via an Acid-Promoted Retro (2+2)-Cycloaddition of Azapropellanes
        Naoki Ogawa; Yousuke Yamaoka; Hiroshi Takikawa; Kazunori Tsubaki; Kiyosei Takasu
        The Journal of Organic Chemistry, 2018年08月03日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Total Synthesis of Phenanthroquinolizidine Alkaloid Cryptopleurine and Phenanthroindolizidine Alkaloid Tylophorine
        Kiyosei Takasu; Yousuke Yamaoka; Marie Taniguchi; Ken-ichi Yamada
        HETEROCYCLES, 2018年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis of Azaheterocycles and Related Molecules by Tf2NH-Catalyzed Cycloadditions
        Kiyosei Takasu; Naoya Shindo
        HETEROCYCLES, 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Asymmetric Substitution Reactions Catalyzed by a Chiral Phosphoric Acid
        Yusuke Kuroda; Shingo Harada; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, 2018年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis and biological evaluation of steroidal derivatives bearing a small ring as vitamin D receptor agonists
        Norihito Arichi; Shinichi Fujiwara; Michiyasu Ishizawa; Makoto Makishima; Duy H. Hua; Ken-ichi Yamada; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2017年08月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Synthesis of multi-substituted cyclobutenes: Cyclic strategy for [2 + 2] cycloaddition of ketene silyl acetals with propiolates
        Yamaoka Y; Ueda M; Yamashita T; Shimoda K; Yamada K.-I; Takasu K
        Tetrahedron Letters, 2017年07月, 査読有り
      • Synthesis of π-Extended Fluoranthenes via a KHMDS-Promoted Anionic-Radical Reaction Cascade
        Naoki Ogawa; Yousuke Yamaoka; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        Organic Letters, 2017年06月16日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Site-selective benzoin-type cyclization of unsymmetrical dialdoses catalyzed by N-heterocyclic carbenes for divergent cyclitol synthesis
        Bubwoong Kang; Yinli Wang; Satoru Kuwano; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada
        Chemical Communications, 2017年, 査読有り, 責任著者
      • Phosphine-Promoted Migrative Cyclization of Sulfonylalkynol and Sulfonylalkynamide for the Synthesis of Oxa- and Azacycles
        Ken-ichi Yamada; Yinli Wang; Raphaël Oriez; Shougun Ou; Yasunori Miyakawa; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        HETEROCYCLES, 2017年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Total Synthesis of (-)-Histrionicotoxin through a Stereoselective Radical Translocation-Cyclization Reaction
        Manabu Sato; Hiroki Azuma; Akihiro Daigaku; Sota Sato; Kiyosei Takasu; Kentaro Okano; Hidetoshi Tokuyama
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2017年01月, 査読有り
      • Use of a Catalytic Chiral Leaving Group for Asymmetric Substitutions at sp3 -Hybridized Carbon Atoms: Kinetic Resolution of β-Amino Alcohols by p-Methoxybenzylation.
        Kuroda Y; Harada S; Oonishi A; Kiyama H; Yamaoka Y; Yamada KI; Takasu K
        Angewandte Chemie (International ed. in English), 2016年10月, 査読有り
      • Desymmetrization of acid anhydride with asymmetric esterification catalyzed by chiral phosphoric acid
        Ken-ichi Yamada; Akinori Oonishi; Yusuke Kuroda; Shingo Harada; Hiroki Kiyama; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        TETRAHEDRON LETTERS, 2016年09月, 査読有り
      • π-Delocalized Lipophilic Cations as New Candidates for Antimalarial, Antitrypanosomal and Antileishmanial Agents: Synthesis, Evaluation of Antiprotozoal Potency, and Insight into Their Action Mechanisms.
        Takasu K
        Chemical & pharmaceutical bulletin, 2016年07月, 査読有り
      • Synthesis of Multisubstituted Silyloxy-based Donor-Acceptor Cyclobutanes by an Acid-Catalyzed [2+2] Cycloaddition
        Kiyosei Takasu
        ISRAEL JOURNAL OF CHEMISTRY, 2016年06月, 査読有り
      • Striking Difference between Succinimidomethyl and Phthalimidomethyl Radicals in Conjugate Addition to Alkylidenemalonate Initiated by Dimethylzinc
        Ken-ichi Yamada; Yusuke Matsumoto; Shintaro Fujii; Takehito Konishi; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2016年05月, 査読有り
      • Oxa- and Azacycle Formation via Migrative Cyclization of Sulfonylalkynol and Sulfonylalkynamide with N-Heterocyclic Carbene
        Yinli Wang; Raphael Oriez; Satoru Kuwano; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2016年03月, 査読有り
      • Asymmetric Total Synthesis of Tylophorine through a Formal [2+2] Cycloaddition Followed by Migrative Ring Opening of a Cyclobutane
        Yousuke Yamaoka; Marie Taniguchi; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        SYNTHESIS-STUTTGART, 2015年09月, 査読有り
      • An Arylative Ring Expansion Cascade of Fused Cyclobutenes via Short-Lived Intermediates with Planar Chirality
        Norihito Arichi; Ken-ichi Yamada; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        Journal of the American Chemical Society, 2015年08月05日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Organocatalytic Activation of the Leaving Group in the Intramolecular Asymmetric S(N)2 ' Reaction
        Yusuke Kuroda; Shingo Harada; Akinori Oonishi; Yousuke Yamaoka; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2015年07月, 査読有り
      • Contiguous radical pivaloyloxymethylation-directed C(sp(3))-H iodination of N-tosyl cycloalkanecarbaldimine
        Shintaro Fujii; Mayu Nakano; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada; Kiyoshi Tomioka
        TETRAHEDRON LETTERS, 2015年06月, 査読有り
      • Hydrostannylation-cross-coupling strategy for the stereoselective synthesis of alkylidenemalonates and related α,β-unsaturated esters
        Fujiwara S; Cadou R; Yamaoka Y; Takasu K; Yamada K.-I
        European Journal of Organic Chemistry, 2015年02月, 査読有り
      • Synthetic studies toward penitrem E: enantiocontrolled construction of B-E rings
        Yu Yoshii; Takanori Otsu; Norihiko Hosokawa; Kiyosei Takasu; Kentaro Okano; Hidetoshi Tokuyama
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2015年, 査読有り
      • Synthesis of steroidal derivatives bearing a small ring using a catalytic [2+2] cycloaddition and a ring-contraction rearrangement
        Norihito Arichi; Kenji Hata; Yoshiji Takemoto; Ken-ichi Yamada; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        TETRAHEDRON, 2015年01月, 査読有り
      • N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Benzoin Strategy for Divergent Synthesis of Cyclitol Derivatives from Alditols
        Bubwoong Kang; Toshiaki Sutou; Yinli Wang; Satoru Kuwano; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada
        ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS, 2015年01月, 査読有り
      • Synthetic studies toward penitrem E: enantiocontrolled construction of B-E rings
        Yu Yoshii; Takanori Otsu; Norihiko Hosokawa; Kiyosei Takasu; Kentaro Okano; Hidetoshi Tokuyama
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2015年, 査読有り
      • Development of a Brønsted acid-promoted arene-ynamide cyclization toward the total syntheses of marinoquinolines A and C and aplidiopsamine A.
        Yamaoka Y; Yoshida T; Shinozaki M; Yamada K; Takasu K
        The Journal of organic chemistry, 2015年01月, 査読有り
      • Stereocontrolled total synthesis and biological evaluation of (-)- and (+)-petrosin and its derivatives
        Hiroki Toya; Takahito Satoh; Kentaro Okano; Kiyosei Takasu; Masataka Ihara; Atsushi Takahashi; Haruo Tanaka; Hidetoshi Tokuyama
        TETRAHEDRON, 2014年10月, 査読有り
      • Radical Aminomethylation of Imines
        Shintaro Fujii; Takehito Konishi; Yusuke Matsumoto; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2014年09月, 査読有り
      • Auto-tandem Catalysis of Triflic Imide in Organic Synthesis
        Kiyosei Takasu
        JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 2014年07月, 査読有り
      • Equilibration of the [2+2] Cycloaddition of Silyl Enol Ethers Catalyzed by Ethylaluminium Dichloride: Diastereoselectivity Switch in the Synthesis of Fused Cyclobutanes
        Kenji Hata; Norihito Arichi; Yousuke Yamaoka; Ken-ichi Yamada; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2014年06月, 査読有り
      • Catalytic [2+2] Cycloaddition of Silyl Enol Ethers
        Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses, 2014年02月10日, 査読有り
      • Synthesis of Functionalized Polycyclic Aromatic Compounds via a Formal [2+2]-Cycloaddition
        Yuuki Nagamoto; Yousuke Yamaoka; Shun Fujimura; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        ORGANIC LETTERS, 2014年02月, 査読有り
      • Kinetic Resolution of Secondary Alcohols Catalyzed by Chiral Phosphoric Acids
        Shingo Harada; Satoru Kuwano; Yousuke Yamaoka; Ken-ichi Yamada; Kiyosei Takasu
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2013年09月, 査読有り
      • Enhanced Rate and Selectivity by Carboxylate Salt as a Basic Cocatalyst in Chiral N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Asymmetric Acylation of Secondary Alcohols
        Satoru Kuwano; Shingo Harada; Bubwoong Kang; Raphael Oriez; Yousuke Yamaoka; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2013年08月, 査読有り
      • Synthesis of 2,3,4,5-tetra-substituted pyrroles via a base-promoted double Michael reaction of oxime-enoates with nitroolefins
        Yusuke Kuroda; Kazuto Imaizumi; Ken-Ichi Yamada; Yosuke Yamaoka; Kiyosei Takasu
        Tetrahedron Letters, 2013年07月31日, 査読有り
      • Heterogeneous Reactions
        Kiyosei Takasu
        Microreactors in Organic Chemistry and Catalysis: Second Edition, 2013年04月04日, 査読有り
      • PH-sensitive DNA cleaving agents: In situ activation by ring contraction of benzo-fused cyclobutanols
        Yuuki Nagamoto; Akira Hattori; Hideaki Kakeya; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        Chemical Communications, 2013年04月04日, 査読有り
      • Critical profiles of chiral diether-mediated asymmetric conjugate aminolithiation of enoate with lithium amide as a key to the total synthesis of (-)-kopsinine
        Shingo Harada; Takeo Sakai; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada; Yasutomo Yamamoto; Kiyoshi Tomioka
        TETRAHEDRON, 2013年04月, 査読有り
      • Selective synthesis of polysubstituted dihydroquinolines and α,β-unsaturated amidines by a catalytic reaction of ynamides with ketimines
        Kuroda Y; Shindoh N; Takemoto Y; Takasu K
        Synthesis (Germany), 2013年, 査読有り
      • Study of ring-opening reaction of spiro[52]octenes with aqueous hydrohalic acid: Substituent effect on the regioselectivity
        Yuuki Nagamoto; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        Synlett, 2013年, 査読有り
      • Total Synthesis of (+)-trans-Dihydronarciclasine Utilizing Asymmetric Conjugate Addition
        Ken-ichi Yamada; Yuzo Mogi; Magdi A. Mohamed; Kiyosei Takasu; Kiyoshi Tomioka
        ORGANIC LETTERS, 2012年12月, 査読有り
      • Total Synthesis of (-)-Kopsinine by an Asymmetric One-Pot [N+2+3] Cyclization
        Shingo Harada; Takeo Sakai; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada; Yasutomo Yamamoto; Kiyoshi Tomioka
        CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL, 2012年10月, 査読有り
      • General Entry to Asymmetric One-Pot [N+2+n] Cyclization for the Synthesis of Three- to Seven-Membered Azacycloalkanes
        Shingo Harada; Takeo Sakai; Kiyosei Takasu; Ken-ichi Yamada; Yasutomo Yamamoto; Kiyoshi Tomioka
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2012年09月, 査読有り
      • Facile isomerization of silyl enol ethers catalyzed by triflic imide and its application to one-pot isomerization-(2+2) cycloaddition
        Kazato Inanaga; Yu Ogawa; Yuuki Nagamoto; Akihiro Daigaku; Hidetoshi Tokuyama; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2012年04月, 査読有り
      • Room-Temperature, Acid-Catalyzed [2+2] Cycloadditions: Suppression of Side Reactions by using a Flow Microreactor System
        Kei Kurahashi; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        CHEMSUSCHEM, 2012年02月, 査読有り
      • Thiourea,N-[3,5-BIS(TRIFLUOROMETHYL)PHENYL] -N-[(1R,2R)-2- (DIMETHYLAMINO)CYCLOHEXYL]-
        Takasu, K; Takemoto, Y
        e-EROS, 2012年, 招待有り
      • Gold(I)-Catalyzed Polycyclizations of Polyenyne-Type Anilines Based on Hydroamination and Consecutive Hydroarylation Cascade
        Kimio Hirano; Yusuke Inaba; Kiyosei Takasu; Shinya Oishi; Yoshiji Takemoto; Nobutaka Fujii; Hiroald Ohno
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2011年11月, 査読有り
      • Formal (3+3) Cycloaddition of Silyl Enol Ethers Catalyzed by Trifric Imide: Domino Michael Addition-Claisen Condensation Accompanied with Isomerization of Silyl Enol Ethers
        Takumi Azuma; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2011年09月, 査読有り
      • Catalyst-Controlled Torquoselectivity Switch in the 4 pi Ring-Opening Reaction of 2-Amino-2-azetines Giving beta-Substituted alpha,beta-Unsaturated Amidines
        Naoya Shindoh; Kazuo Kitaura; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年06月, 査読有り
      • UNPRECEDENTED SYNTHESIS OF N,N-DIVINYLAMINES BY Tf2NH-CATALYZED REACTION OF YNAMIDE WITH KETIMINE
        Naoya Shindoh; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        HETEROCYCLES, 2011年03月, 査読有り
      • Catalytic Asymmetric Synthesis of Both Enantiomers of 4-Substituted 1,4-Dihydropyridines with the Use of Bifunctional Thiourea-Ammonium Salts Bearing Different Counterions
        Kohzo Yoshida; Tsubasa Inokuma; Kiyosei Takasu; Yoshiji Takemoto
        MOLECULES, 2010年11月, 査読有り
      • Synthesis and Properties of Chiral Thioureas Bearing an Additional Function at a Remote Position Tethered by a 1,5-Disubstituted Triazole
        Kiyosei Takasu; Takumi Azuma; Iderbat Enkhtaivan; Yoshiji Takemoto
        MOLECULES, 2010年11月, 査読有り
      • Enantioselective Total Synthesis of (-)- and (+)-Petrosin
        Hiroki Toya; Kentaro Okano; Kiyosei Takasu; Masataka Ihara; Atsushi Takahashi; Haruo Tanaka; Hidetoshi Tokuyama
        ORGANIC LETTERS, 2010年11月, 査読有り
      • Brønsted acid-thiourea co-catalysis: Asymmetric synthesis of functionalized 1,4-dihydropyridines from β-enamino esters and α,β-unsaturated aldehydes
        Yoshida K; Inokuma T; Takasu K; Takemoto Y
        Synlett, 2010年07月, 査読有り
      • Synthesis of trifunctional thioureas bearing 1,5-disubstituted triazole tether by Ru-catalyzed Huisgen cycloaddition
        Kiyosei Takasu; Takumi Azuma; Yoshiji Takemoto
        TETRAHEDRON LETTERS, 2010年05月, 査読有り
      • Total synthesis of (±)-lepadiformine a via radical translocation-cyclization reaction
        Fujitani M; Tsuchiya M; Okano K; Takasu K; Ihara M; Tokuyama H
        Synlett, 2010年03月, 査読有り
      • Selective accumulation of rhodacyanine in plasmodial mitochondria is related to the growth inhibition of malaria parasites
        Daiki Morisaki; Hye-Sook Kim; Hiroshi Inoue; Hiroki Terauchi; Shusuke Kuge; Akira Naganuma; Yusuke Wataya; Hidetoshi Tokuyama; Masataka Ihara; Kiyosei Takasu
        CHEMICAL SCIENCE, 2010年, 査読有り
      • Auto-tandem catalysis: facile synthesis of substituted alkylidenecyclohexanones by domino (4+2) cycloaddition-elimination reaction
        Kiyosei Takasu; Toru Tanaka; Takumi Azuma; Yoshiji Takemoto
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2010年, 査読有り
      • Stereocontrolled Synthesis of Spiro[n.2]alkenes by Ring Contraction of Fused-Cyclobutanols
        Kiyosei Takasu; Yuuki Nagamoto; Yoshiji Takemoto
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2010年, 査読有り
      • Fluorinated Rhodacyanine (SJL-01) Possessing High Efficacy for Visceral Leishmaniasis (VL)
        Mei Yang; Chika Arai; Abu Bakar Md; Jun Lu; Jian-Feng Ge; Khanitha Pudhom; Kiyosei Takasu; Kazuki Kasai; Marcel Kaiser; Reto Brun; Vanessa Yardley; Isamu Itoh; Masataka Ihara
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2010年01月, 査読有り
      • Thieme Chemistry Journal Awardees - Where Are They Now? Triflic Imide Catalyzed Cycloaddition Reactions
        Kiyosei Takasu
        SYNLETT, 2009年07月, 査読有り
      • Hydroxyl group-directed organocatalytic asymmetric michael addition of α,β-unsaturated ketones with alkenylboronic acids
        Inokuma T; Takasu K; Sakaeda T; Takemoto Y
        Organic Letters, 2009年06月, 査読有り
      • Asymmetric Synthesis of 4-Substituted 2,6-Dioxopiperidine-3-carbonitrile by Using Thiourea-Catalyzed Asymmetric Michael Addition
        Yoshiji Takemoto; Tsubasa Inokuma; Yuuki Nagamoto; Shota Sakamoto; Hideto Miyabe; Kiyosei Takasu
        HETEROCYCLES, 2009年, 査読有り, 最終著者
      • Triflic imide catalyzed [3+2] cycloaddition of aldimines with α,α-dimethylallylsilane
        Shindoh N; Tokuyama H; Takemoto Y; Takasu K
        Heterocycles, 2009年01月, 査読有り
      • Auto-Tandem Catalysis: A Single Catalyst Activating Mechanistically Distinct Reactions in a Single Reactor
        Naoya Shindoh; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2009年, 査読有り
      • Atropisomerism of α,β-unsaturated amidines: Stereoselective synthesis by catalytic cascade reaction and optical resolution
        Shindoh N; Takemoto Y; Takasu K
        Chemistry - A European Journal, 2009年, 査読有り
      • Thiourea-catalyzed asymmetric formal [3+2] cycloaddition of azomethine ylides with nitroolefins
        Jianwu Xie; Kohzo Yoshida; Kiyosei Takasu; Yoshiji Takemoto
        TETRAHEDRON LETTERS, 2008年11月, 査読有り
      • Auto-tandem catalysis in the synthesis of substituted quinolines from aldimines and electron-rich olefins: Cascade Povarov-hydrogen-transfer reaction
        Naoya Shindoh; Hidetoshi Tokuyama; Yoshiji Takemoto; Kiyosei Takasu
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2008年10月, 査読有り
      • (2+2) cycloaddition reaction of alkyl enol ethers with acrylates by in situ generated silyl triflic imide catalyst
        Kiyosei Takasu; Yuta Miyakawa; Masataka Ihara; Hidetoshi Tokuyama
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2008年08月, 査読有り
      • Cascade and multicomponent reactions towards rapid synthesis of highly functionalized cyclobutanes
        Kiyosei Takasu
        JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN, 2008年06月, 査読有り
      • Catalytic multicomponent cycloaddition assembling three different substances to form highly substituted bicyclo[4.2.0]octanes
        Kiyosei Takasu; Kazato Inanaga; Masataka Ihara
        TETRAHEDRON LETTERS, 2008年06月, 査読有り
      • Cascade and one-pot processes providing substituted quinolines from aldimines and allylsilanes: auto-tandem catalysis of triflic imide
        Naoya Shindoh; Hidetoshi Tokuyama; Kiyosel Takasu
        TETRAHEDRON LETTERS, 2007年07月, 査読有り
      • Synthesis and antimalarial property of orally active phenoxazinium salts
        Kiyosei Takasu; Tsubasa Shimogama; Chie Satoh; Marcel Kaiser; Reto Brun; Masataka Ihara
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2007年05月, 査読有り
      • Synthesis of three classes of rhodacyanine dyes and evaluation of their in vitro and in vivo antimalarial activity
        Khanitha Pudhom; Kazuki Kasai; Hiroki Terauchi; Hiroshi Inoue; Marcel Kaiser; Reto Brun; Masataka Ihara; Kiyosei Takasu
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2006年12月, 査読有り
      • Catalytic imino Diels-Alder reaction by triflic imide and its application to one-pot synthesis from three components
        Kiyosei Takasu; Naoya Shindoh; Hidetoshi Tokuyama; Masataka Ihara
        TETRAHEDRON, 2006年12月, 査読有り
      • Construction of highly-functionalized cyclopentanes from silyl enol ethers and activated cyclopropanes by [3+2] cycloaddition catalyzed by triflic imide
        Kiyosei Takasu; Satoshi Nagao; Masataka Ihara
        ADVANCED SYNTHESIS & CATALYSIS, 2006年11月, 査読有り
      • Cyclobutane ring formation by triflic imide catalyzed [2+2]-cycloaddition of allylsilanes
        Kiyosei Takasu; Norihiko Hosokawa; Kazato Inanaga; Masataka Ihara
        Tetrahedron Letters, 2006年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and Antimalarial Efficacy of Aza-Fused Rhodacyanines in Vitro and in the P. berghei Mouse Model
        Kiyosei Takasu; Khanitha Pudhom; Marcel Kaiser; Reto Brun; Masataka Ihara
        Journal of Medicinal Chemistry, 2006年07月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Trifluoromethanesulfonimide-Catalyzed (2 + 2)-Cycloaddition of Silyl Enol Ethers with α,β-Unsaturated Esters: 1-(tert-Butyldimethylsiloxy)-8-(Methoxycarbonyl)-6-Methylbicyclo[4.2.0]Octane
        Kiyosei Takasu; Takayuki Ishii; Kazato Inanaga
        Organic Syntheses, 2006年11月27日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Syntheses and Biological Activities of Structurally Stiff Rhodacyanines as Novel Antimalarial Candidates
        Takasu Kiyosei; Morisaki Daiki; Kaiser Marcel
        Heterocycles, 2005年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Synthesis and Evaluation of β-Carbolinium Cations as New Antimalarial Agents Based on π-Delocalized Lipophilic Cation (DLC) Hypothesis
        Kiyosei Takasu; Tsubasa Shimogama; Chalerm Saiin; Hye-Sook Kim; Yusuke Wataya; Reto Brun; Masataka Ihara
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2005年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Convenient Synthesis of Substituted Piperidinones from α,β-Unsaturated Amides:  Formal Synthesis of Deplancheine, Tacamonine, and Paroxetine
        Kiyosei Takasu; Naoko Nishida; Akiko Tomimura; Masataka Ihara
        The Journal of Organic Chemistry, 2005年05月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A Practical Catalytic Method for Preparing Highly Substituted Cyclobutanes and Cyclobutenes
        Kazato Inanaga; Kiyosei Takasu; Masataka Ihara
        Journal of the American Chemical Society, 2005年03月01日, 査読有り, 責任著者
      • Synthesis of medium-sized cyclic γ-haloketones by radical mediated ring-opening reaction of Lewis acid catalyzed (2+2)-cycloaddition products
        Kiyosei Takasu; Satoshi Nagao; Masataka Ihara
        Tetrahedron Letters, 2005年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Antileishmanial Activities of Rhodacyanine Dyes
        Masataka Ihara; Kiyosei Takasu; Hiroki Terauchi; Hiroshi Inoue; Marii Takahashi; Setsuko Sekita
        HETEROCYCLES, 2004年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 1-Aza-2-siloxybutadiene: Structure and Synthetic Application as a Piperidinone Synthon
        Kiyosei Takasu; Masataka Ihara; Naoko Nishida
        Synthesis, 2004年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Palladium-Catalyzed Hydroamidation Reaction of Enones
        Kiyosei Takasu; Masataka Ihara; Naoko Nishida
        Synlett, 2004年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • pi-delocalized beta-carbolinium cations as potential antimalarials
        K Takasu; T Shimogama; C Saiin; HS Kim; Y Wataya; M Ihara
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 2004年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Rapid Assembly of Polycyclic Substances by a Multicomponent Cascade (4 + 2)−(2 + 2) Cycloadditions:  Total Synthesis of the Proposed Structure of Paesslerin A
        Kazato Inanaga; Kiyosei Takasu; Masataka Ihara
        Journal of the American Chemical Society, 2004年02月01日, 査読有り, 責任著者
      • An auxiliary induced asymmetric synthesis of functionalized cyclobutanes by means of catalytic (2+2)-cycloaddition reaction
        Kiyosei Takasu; Satoshi Nagao; Megumi Ueno; Masataka Ihara
        Tetrahedron, 2004年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Catalytic (2 + 2)-Cycloaddition Reactions of Silyl Enol Ethers. A Convenient and Stereoselective Method for Cyclobutane Ring Formation
        Kiyosei Takasu; Megumi Ueno; Kazato Inanaga; Masataka Ihara
        The Journal of Organic Chemistry, 2004年01月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A direct entry to substituted piperidinones from α,β-unsaturated amides by means of aza double Michael reaction
        Kiyosei Takasu; Naoko Nishida; Masataka Ihara
        Tetrahedron Letters, 2003年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • New Stereoselective Entry to Azaspirocyclic Nucleus of Halichlorine and Pinnaic Acids by Radical Translocation/Cyclization Reaction
        Kiyosei Takasu; Hiroshi Ohsato; Masataka Ihara
        Organic Letters, 2003年08月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Parallel Synthesis of Antimalarial Rhodacyanine Dyes by the Combination of Three Components in One Pot
        Kiyosei Takasu; Hiroki Terauchi; Hiroshi Inoue; Hye-Sook Kim; Yusuke Wataya; Masataka Ihara
        Journal of Combinatorial Chemistry, 2003年05月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Asymmetric intramolecular aza-Michael reaction using environmentally friendly organocatalysis
        K Takasu; S Maiti; M Ihara
        HETEROCYCLES, 2003年01月, 査読有り
      • Propylparaben: Physical Characteristics
        Marcellino Rudyanto; Masataka Ihara; Kiyosei Takasu; Masahiro Yoshida; Hadi Poerwono; I Ketut Sudiana; Gunawan Indrayanto; Harry G Brittain
        Profiles of Drug Substances, Excipients and Related Methodology, 2003年, 査読有り
      • Novel intramolecular [4+1] and [4+2] annulation reactions employing cascade radical cyclizations
        K Takasu; H Ohsato; J Kuroyanagi; M Ihara
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2002年08月, 査読有り
      • Unusual regioselective intramolecular Diels-Alder reaction forming tricyclo[4.3.1.0(3,7)]decane system
        K Takasu; S Mizutani; M Ihara
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2002年05月, 査読有り
      • Rhodacyanine dyes as antimalarials. 1. Preliminary evaluation of their activity and toxicity
        K Takasu; H Inoue; HS Kim; M Suzuki; T Shishido; Y Wataya; M Ihara
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2002年02月, 査読有り
      • Cascade radical cyclization of polyolefinic vinyl iodides: comparison between 5-exo and 6-endo cyclization of vinyl radicals
        S Maiti; K Takasu; A Katsumata; J Kuroyanagi; M Ihara
        ARKIVOC, 2002年, 査読有り
      • Development of boomerang-type intramolecular cascade reactions and application to natural product synthesis
        K Takasu
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2001年12月, 査読有り
      • Asymmetric synthesis of tricyclic-cyclobutane by means of enantioselective deprotonation and intramolecular Michael-aldol reaction
        K Takasu; K Misawa; M Ihara
        TETRAHEDRON LETTERS, 2001年11月, 査読有り
      • Facile and stereoselective access to nonracemic tricyclic cyclobutanes by asymmetric intramolecular Michael-aldol reaction: Thermodynamic equilibrium and activation by iodonium ion
        K Takasu; M Ueno; M Ihara
        JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 2001年06月, 査読有り
      • Conformation of 1,4-dineopentyl-2,5-cis-diphenylpiperazine and its diammonium salts: Remarkable change in conformation depending upon the counter anion
        K Takasu; K Tanaka; K Fuji
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2001年05月, 査読有り
      • Facile and selective formation of a linear-triquinane skeleton by a rationally designed round trip radical reaction
        K Takasu; S Maiti; A Katsumata; M Ihara
        TETRAHEDRON LETTERS, 2001年03月, 査読有り
      • Synthesis of a novel artemisinin analogue having potent antimalarial activity
        K Takasu; R Katagiri; Y Tanaka; M Toyota; HS Kim; Y Wataya; M Ihara
        HETEROCYCLES, 2001年02月, 査読有り
      • Conformational difference between mono- and diprotonated cis-2,5-diphenylpiperazinium salts in the solid state
        K Takasu; H Miyamoto; K Tanaka; T Taga; M Bando; K Fuji
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2000年12月, 査読有り
      • Novel intramolecular (4+1) and (4+2) annulations of halopolyenes by cascade radical reaction
        K Takasu; J Kuroyanagi; M Ihara
        ORGANIC LETTERS, 2000年11月, 査読有り
      • Palladium-mediated ring closure reactions. Facile syntheses of enantiopure bicyclic and tricyclic alkenones
        DH Hua; K Takasu; XD Huang; GS Millward; Y Chen; JM Fan
        TETRAHEDRON, 2000年09月, 査読有り
      • Total synthesis of (±)-culmorin and (±)-longiborneol: An efficient construction of tricyclo[6.3.0.03,9]undecan-10-one by intramolecular double Michael addition
        Takasu K; Mizutani S; Noguchi M; Makita K; Ihara M
        Journal of Organic Chemistry, 2000年06月, 査読有り
      • Auxiliary induced asymmetric Michael-aldol reaction under kinetic and thermodynamic conditions
        K Takasu; M Ueno; M Ihara
        TETRAHEDRON LETTERS, 2000年03月, 査読有り
      • Chiral amine-silyl triflate complex mediated asymmetric intramolecular Michael-aldol reaction via a novel enantioselective enol silylation process
        K Takasu; K Misawa; M Yamada; Y Furuta; T Taniguchi; M Ihara
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2000年, 査読有り
      • 6-endo,6-endo,6-exo cascade cyclization starting from vinyl radical; construction of a dodecahydrophenanthrene system
        K Takasu; J Kuroyanagi; A Katsumata; M Ihara
        TETRAHEDRON LETTERS, 1999年08月, 査読有り
      • Stereocontrolled total synthesis of (±)-culmorin via the intramolecular double Michael addition
        Takasu K; Mizutani S; Noguchi M; Makita K; Ihara M
        Organic Letters, 1999年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 5-exo,5-exo cascade cyclizations of halo-olefins by environmentally friendly reaction using indirect electrolysis
        A Katsumata; K Takasu; M Ihara
        HETEROCYCLES, 1999年04月, 査読有り
      • Facile Construction of the Tricyclo[5.2.1.01,5]decane Ring System by Intramolecular Double Michael Reaction:  Highly Stereocontrolled Total Synthesis of (±)-8,14-Cedranediol and (±)-8,14-Cedranoxide
        Masataka Ihara; Kei Makita; Kiyosei Takasu
        The Journal of Organic Chemistry, 1999年02月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Chiral sulfur-containing 1,2-disubstituted ferrocenes
        NM Lagneau; Y Chen; PM Robben; HS Sin; K Takasu; JS Chen; PD Robinson; DH Hua
        TETRAHEDRON, 1998年06月, 査読有り
      • Nonenzymatic kinetic resolution of racemic alcohols through an ''induced fit'' process
        T Kawabata; M Nagato; K Takasu; K Fuji
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1997年04月, 査読有り
      • Polyaza macrocycles containing the piperazine ring as a semi-flexible moiety
        Kaoru Fuji; Kiyosei Takasu; Hisashi Miyamoto; Kiyoshi Tanaka; Tooru Taga
        Tetrahedron Letters, 1996年09月, 査読有り
      • Chiral recognition of amino acid derivatives by 1,1′-binaphthalene-8,8′-diol
        Kawabata T; Kuroda A; Nakata E; Takasu K; Fuji K
        Tetrahedron Letters, 1996年06月, 査読有り
      • Facile synthesis of optically active cis-2,5-diphenyl-1,4-diazabicyclo[2.2.2]octane
        Kaoru Fuji; Kiyoshi Tanaka; Kiyosei Takasu; Tooru Taga
        Tetrahedron: Asymmetry, 1996年06月, 査読有り

      MISC

      • β-カルボリンを基盤とする抗マラリア活性物質の開発研究 (第14回天然薬物の開発と応用シンポジウム 講演要旨集) -- (一般講演 天然資源と医薬品開発1)
        下釜 翼; 高須 清誠; 金 惠淑
        薬学雑誌, 2003年11月06日
      • イミノチオ尿素を用いた有機ホウ酸試薬の不斉共役付加反応の開発
        猪熊翼; 高須清誠; 竹本佳司
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2008年10月17日
      • ニューノーマル時代に向かって
        高須清誠
        東京生化学研究会60周年記念誌, 2022年03月, 招待有り
      • 研究助成金は研究者の大きな活力
        高須清誠
        内藤財団時報, 2021年, 招待有り
      • 連続アズレン環をもつキラルナノグラフェン-新反応により実現した精密合成
        小川直希; 高須清誠
        化学, 2021年, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • Intelligent Living Cell(iL-Cell)~究極の個別化医療の実現~
        樋口ゆり子; 松下智直; 高須清誠; 内田智士
        日本生体医工学会大会プログラム・抄録集(Web), 2021年
      • 分子ひずみを持つ中員環の化学
        高須清誠; 有地法人
        ファルマシア(Web), 2021年
      • 特異な生物機能を有する高エネルギー分子の設計と開発
        高須清誠
        上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM), 2021年
      • 薬学研究科独自の給付型奨学金「藤多仁生奨学金」の設立
        高須清誠
        京大薬友会誌, 2020年11月, 招待有り
      • こんなことを伝えたい!語りたい!
        高須清誠
        京都大学案内2020知と自由への誘い, 2020年08月, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • 研究室紹介「高須清誠研究室(京大院薬)」
        高須清誠
        Organometallic News, 2020年08月, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • 第27回国際複素環化学会議(京都)の開催について
        高須清誠
        ファルマシア, 2020年02月, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Preface to Heterocycles Issue Honoring the 80th Birthday of Professor Kaoru Fuji
        Kiyosei Takasu
        HETEROCYCLES, 2020年, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • 2018 年度に実施した京都大学薬学部の3つの大きな教育制度改革
        高須 清誠
        京大薬友会誌, 2018年11月
      • 藤多哲朗先生を偲んで
        高須 清誠
        京大薬友会誌, 2017年11月
      • 「へんてこりん」Driven Research
        高須 清誠
        薬奨ニュース[(公財)薬学研究奨励財団], 2016年, 招待有り
      • 薬学会賞受賞 川端猛夫氏の業績
        高須 清誠
        ファルマシア, 2017年
      • 新規熱帯感染症治療を指向した低pH応答型タンパク修飾分子の開発
        高須清誠
        東京生化学研究会助成研究報告集, 2016年09月30日
      • 小員環の新奇反応を活用した多環芳香族アルカロイドの短段階合成と創薬展開
        高須清誠
        倉田奨励金研究報告, 2015年10月20日
      • 外部刺激に応答して伸縮する水素結合駆動型分子集合体の創製
        高須清誠
        マツダ財団研究報告書(科学技術振興関係), 2015年06月
      • 新規熱帯感染症治療を指向した低pH応答型タンパク修飾分子の開発 (平成25年度研究助成金受領報告) -- (感染症克服に向けた創薬化学)
        高須 清誠
        東京生化学研究会助成研究報告集, 2015年
      • In situ活性化に基づくpH応答型抗腫瘍活性化合物および蛍光プローブの創製
        高須清誠
        第一三共生命科学研究振興財団研究報告集, 2014年10月10日
      • 骨粗鬆症治療薬創製を志向したビタミンD3誘導体の立体化学分岐的合成法の開発
        高須清誠
        医科学応用研究財団研究報告(CD-ROM), 2014年02月
      • 空間集積反応による生理活性物質の迅速合成
        高須清誠
        上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM), 2013年12月10日
      • 骨粗鬆症治療薬創製を志向したビタミンD₃誘導体の立体化学分岐的合成法の開発
        高須 清誠
        医科学応用研究財団研究報告, 2012年
      • 軸性不斉をもつアミジンの触媒的不斉合成法の開発とキラル合成素子としての活用
        高須清誠
        薬学研究の進歩, 2011年03月01日
      • 生体のがん細胞だけを直接蛍光で光らせる 臨床応用に向けたイメージング法の開発
        高須清誠
        化学, 2009年05月01日
      • 医薬資源としての四員環物質の実用的合成
        高須清誠
        上原記念生命科学財団研究報告集, 2006年11月14日
      • 天然物をリードとする抗薬剤耐性マラリア薬の分子設計:原虫オルガネラを標的とした新たなアプローチ
        高須清誠
        東京生化学研究会助成研究報告集, 2004年03月31日
      • 抗マラリア薬 大学での創薬研究
        井原正隆、高須清誠、寺内広毅
        Med. Chem. News, 2004年
      • 天然物をリードとする抗薬剤耐性マラリア薬の分子設計:原虫オルガネラを標的とした新たなアプローチ (平成14年度研究奨励金受領報告) -- (研究課題 天然由来生理活性物質研究の新展開)
        高須 清誠
        東京生化学研究会助成研究報告集, 2003年
      • キラルワールド創造の謎を解く
        高須 清誠
        ファルマシア, 1999年09月01日
      • Kinetic Resolution of Racemic Alcohols by a New Nuclecophilic Catalyst
        ICR Annual Raport, 1998年

      講演・口頭発表等

      • ABC多剤排出トランスポーター薬物複合体のX線結晶構造解析
        水沼諒; 小田島圭; 三和空知; 潘東青; 瀧川紘; 中津亨; 中津亨; 高須清誠; 加藤博章; 加藤博章
        生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 2021年
      • イナミドへの連続付加を用いたスピロインドリン合成
        山岡庸介; 山崎大資; 梶原大悟; 瀧川紘; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • 親和性標識によるP糖タンパク質CmABCB1の基質結合部位の多様性の解析
        小田島圭; PAN Dongqing; 三和空知; 水沼諒; 瀧川紘; 高須清誠; 加藤博章; 加藤博章
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • 抗ウイルス活性ネオリグナン(+)-ヘリソリンの全合成
        瀧川紘; 大山侃志; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • Cryptopleurine誘導体の全合成とその活性評価
        山岡庸介; 山川拓朗; 服部明; 瀧川紘; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • スルホニルアルキノールの触媒的不斉環化転移反応の開発
        山崎航太; 山内映穂; 宮川泰典; 猪熊翼; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • リチウムイノラートとα,β-不飽和エステルの(2+2)環化付加
        小堀友規子; 植田幹; 瀧川紘; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2019年
      • イナミドの連続環化反応を利用した多環性キノリンの合成
        山崎大資; 山岡庸介; 瀧川紘; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2019年
      • 触媒的不斉補助基形成を基盤とするアルコール類の光学分割
        山田健一; 木山大樹; 猪熊翼; 黒田悠介; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2019年
      • 抗ウイルス性物質ツビンゲンシンBの合成研究
        瀧川紘; 小川泰輝; 西井新; 山岡庸介; 鈴木啓介; 高須清誠
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2019年
      • 多成分連続反応を利用する抗腫瘍活性テルペンPaesslerin Aの全合成
        茂木雄三; 稲永風人; 石井崇之; 徳山英利; 井原正隆; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        天然有機化合物討論会講演要旨集(Web), 2014年
      • ラジカル転位環化反応を用いるアザスピロ環の不斉構築を基盤としたHistrionicotoxinの合成研究
        岡野健太郎; 我妻弘基; 佐藤学; 大学明広; 高須清誠; 徳山英利
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2014年
      • 脱離基の活性化に基づく触媒的分子内不斉SN2’反応の開発
        黒田悠介; 原田慎吾; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2014年
      • アルキリデンマロネートおよび類縁体のE/Z選択的な合成法の開発
        藤原慎一; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        日本プロセス化学会サマーシンポジウム講演要旨集, 2014年
      • (-)-Penitrem Eの合成研究
        大津隆則; 吉井優; 細川法彦; 高須清誠; 岡野健太郎; 徳山英利
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2014年
      • 脱離基の活性化に基づく触媒的分子内不斉SN2’反応の開発
        黒田悠介; 原田慎吾; 山田健一; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • キラルリン酸触媒によるσ対称酸無水物の非対称化
        山岡庸介; 大西亨典; 原田慎吾; 黒田悠介; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • ラジカル転位環化反応を用いたHistrionicotoxin類の合成研究
        我妻弘基; 佐藤学; 大学明広; 高須清誠; 岡野健太郎; 徳山英利
        シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2014年
      • 縮環シクロブタノールの環縮小転位を利用したtylophorine類の合成
        谷口麻里枝; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        複素環化学討論会講演要旨集, 2014年
      • 縮環シクロブタノールを経る多環芳香族化合物の合成と反応機構
        山岡庸介; 藤村駿; 永本祐樹; 山田健一; 高須清誠
        基礎有機化学討論会要旨集, 2014年
      • 2-アシル-2’-アルケニルビアリールの形式的[2+2]環化付加の反応機構に関する研究
        山岡庸介; 藤村駿; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • 多成分連続反応を利用するプロトイルダン類の合成研究
        茂木雄三; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • 縮環シクロブタノールを鍵中間体とするtylophorine類の合成研究
        谷口麻里枝; 山田健一; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • NHCを用いるスルホニルアルキノールのスルホニル基転位を伴う環状エーテル形成反応
        王胤力; 山田健一; ORIEZ Raphaeel; 王昌群; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • イナミドを用いた効率的中員環合成法の開発
        山岡庸介; 武内菜央; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • 膜タンパク質変性作用の少ない可溶化剤の開発
        林田幸一; 茂木雄三; 山岡庸介; 高須清誠; 矢野義明; 松崎勝巳
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • 水素結合を利用するキノン/ヒドロキノン類の構造変化に関する研究
        高須清誠; 西野渉; 山岡庸介; 山田健一
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • キラルN-アルコキシカルボニルイミンを用いる光学活性N-メチルアミン合成法の開発
        山田健一; 八谷太樹; 藤井晋太郎; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • ジアルドースの立体選択的ベンゾイン環化による光学活性シクリトール類の合成
        姜法雄; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2013年
      • 反応集積化によるプロトイルダン類の合成研究
        茂木雄三; 稲永風人; 石井崇之; 徳山英利; 井原正隆; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 2013年
      • D環側鎖の配座制御を志向した小員環を有するステロイド類の合成
        有地法人; 畑健二; 山田健一; 山岡庸介; 高須清誠
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2013年
      • アミノメチルラジカルのイミンへの付加反応
        藤井晋太郎; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        複素環化学討論会講演要旨集, 2013年
      • 触媒的アシル化によるcis-アリールシクロヘキサノールの速度論的光学分割
        原田慎吾; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        日本プロセス化学会サマーシンポジウム講演要旨集, 2013年
      • D環側鎖の配座制御を志向した小員環を有するエストロン誘導体の合成
        有地法人; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • カルボン酸の添加によるキラルNHC触媒を用いる第2級アルコールの速度論的光学分割の反応加速と選択性向上
        鍬野哲; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • シクロブタノール形成反応を利用する多環芳香族炭化水素の合成
        高須清誠; 永本祐樹; 岸田明日美; 山田健一; 山岡庸介
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • イナミドを基質をした多置換キノリン合成法の開発
        黒田悠介; 進藤直哉; 竹本佳司; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • イナミドを用いたキノリン骨格の効率的合成法の開発と天然物合成への応用
        山岡庸介; 吉田琢紘; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • クロスカップリング反応を用いるE/Z選択的アルキリデンマロネート類合成法の開発
        山田健一; 藤原慎一; 山岡庸介; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • キラルブレンステッド酸触媒を用いたアシル化による第二級アルコールの速度論的光学分割
        原田慎吾; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • キラルリン酸による触媒的アシル化:アルコールの速度論的光学分割
        原田慎吾; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2013年
      • NHC触媒を用いるジオール及びアミノアルコール類の速度論的光学分割
        鍬野哲; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集, 2013年
      • 環縮小転位反応の応用;pH依存型新規DNAアルキル化剤の創製
        永本祐樹; 竹本佳司; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • (+)-trans-Dihydronarciclasineの全合成
        茂木雄三; MOHAMEDA Magdi A.; 高須清誠; 山田健一; 富岡清
        天然有機化合物討論会講演要旨集(Web), 2012年
      • ラジカル転位環化反応を利用した(-)-perhydrohistrionicotoxinの全合成
        我妻弘基; 大学明広; 藤谷学; 岡野健太郎; 高須清誠; 徳山英利
        天然有機化合物討論会講演要旨集(Web), 2012年
      • 不斉アザマイケル付加-アルキル化-環化連続反応による含窒素複素環の合成
        原田慎吾; 山田健一; 高須清誠; 富岡清
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • 不斉転写型ラジカル転位環化反応を利用した(-)-HTXの合成研究
        我妻弘基; 大学明広; 高須清誠; 岡野健太郎; 徳山英利
        万有生命科学振興国際交流財団仙台シンポジウム, 2012年
      • アリールリチウムの不斉共役付加を鍵工程とするtrans-Dihydronarciclasineの合成
        茂木雄三; MOHAMED Magdi A.; 高須清誠; 山田健一; 富岡清
        次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集, 2012年
      • 小員環の反応性を利用した低pH応答DNA切断分子の設計と合成
        高須清誠
        日本化学会講演予稿集, 2012年
      • 連続的8π-6π電子環状反応による多環性シクロブタノールの合成
        岸田明日美; 永本祐樹; 竹本佳司; 山岡庸介; 山田健一; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • 不斉転写型ラジカル転位環化反応を利用した(-)-Histrionicotoxinの合成研究
        我妻弘基; 大学明広; 高須清誠; 岡野健太郎; 徳山英利
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2012年
      • ラジカル転位環化反応を利用した(-)-Histrionicotoxinの合成研究
        我妻弘基; 大学明広; 岡野健太郎; 高須清誠; 徳山英利
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • アルキリデンマロネートのオキシメチル化反応の制御
        山田健一; 小西健人; 仲野真由; 山岡庸介; 高須清誠; 山本康友; 富岡清
        有機合成化学セミナー講演予稿集, 2012年
      • 対称ジアルデヒドの分子内不斉ベンゾイン縮合と光学活性シクリトール類合成への応用
        姜法雄; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        有機合成化学セミナー講演予稿集, 2012年
      • 新規連続的8π-6π電子環状反応を利用した多環性縮環シクロブタノールの構築と多環芳香族化合物合成への応用
        永本祐樹; 岸田明日美; 山岡庸介; 竹本佳司; 高須清誠
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2012年
      • イナミドを用いた多環性キノリン合成法の開発
        山岡庸介; 吉田琢紘; 山田健一; 高須清誠
        複素環化学討論会講演要旨集, 2012年
      • 連続的8π-6π電子環状反応を利用する多環性シクロブタノールの立体制御合成
        山岡庸介; 岸田明日美; 永本祐樹; 山田健一; 竹本佳司; 高須清誠
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2012年
      • キラルNHC触媒を用いる第2級アルコールの速度論的光学分割の開発
        鍬野哲; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2012年
      • Petrosinの不斉全合成および抗HIV活性に関する構造活性相関研究
        佐藤喬仁; 戸谷博希; 岡野健太郎; 高須清誠; 井原正隆; 高橋淳; 田中晴雄; 徳山英利
        日本薬学会東北支部大会講演要旨集, 2012年
      • 不斉アザマイケル付加-アルキル化-環化連続反応による含窒素複素環の合成
        原田慎吾; 山田健一; 高須清誠; 山本康友; 富岡清
        日本プロセス化学会サマーシンポジウム講演要旨集, 2012年
      • Petrosinの不斉全合成および抗HIV活性に関する構造活性相関研究
        佐藤喬仁; 戸谷博希; 岡野健太郎; 高須清誠; 井原正隆; 高橋淳; 田中晴雄; 徳山英利
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • Penitrem Eの合成研究
        吉井優; 大津隆則; 岡野健太郎; 細川法彦; 高須清誠; 徳山英利
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • NHC触媒による第一級アルキルアルデヒドの選択的アミド化,エステル化,及び酸化反応
        鍬野哲; 高須清誠; 山田健一
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • C2対称ジアルデヒドのベンゾイン縮合による光学活性シクリトール類の合成
        姜法雄; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • α-アミノアルキルラジカルのイミンへの付加反応の開発
        藤井晋太郎; 山岡庸介; 高須清誠; 山田健一
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • 配座固定されたD環側鎖をもつステロイド誘導体の立体制御合成
        畑健二; 竹本佳司; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • NHC-Catalyzed Chemoselective Amidation of Amines with Aliphaticaldehydes
        Satoru Kuwano; Ken-ich Yamada; Kiyosei Takasu
        5th ChemComm International Symposium, 2011年05月16日
      • [2+2]環化付加と環縮小転位を利用した立体分岐的ステロイドD環側鎖修飾法の開発
        畑健二; 竹本佳司; 高須清誠
        有機合成シンポジウム講演要旨集, 2011年
      • 触媒制御での4π電子環状反応における回転選択性の逆転
        高須清誠; 進藤直哉; 北浦和夫; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • 転位を伴う連続的置換反応と含水反応条件への適用
        永本祐樹; 竹本佳司; 高須清誠
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • 平衡を利用した多置換シクロブタンのジアステレオ選択的合成
        高須清誠; 畑健二; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • 含水条件での連続反応を利用したpH依存型新規DNAアルキル化剤の設計
        永本祐樹; 服部明; 掛谷秀昭; 竹本佳司; 高須清誠
        次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集, 2011年
      • アリルシランを用いる触媒的シリルエノールエーテル化反応の開発
        倉橋慧; 竹本佳司; 高須清誠
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2011年
      • 触媒制御での4π電子環状反応における回転選択性の逆転:不飽和アミジンの立体選択的合成
        高須清誠
        化学系学協会東北大会プログラムおよび講演予稿集, 2011年
      • インアミドを用いた多置換キノリンの新規合成法の開発
        高須清誠; 黒田悠介; 竹本佳司
        複素環化学討論会講演要旨集, 2011年
      • NHC触媒によるα-非分岐アルデヒドの選択的アミド化,エステル化,及び酸化反応
        山田健一; 鍬野哲; 高須清誠
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2011年
      • NHC触媒によるα-非分岐アルデヒドの選択的アミド化,エステル化,及び酸化反応とN,O選択性
        鍬野哲; 高須清誠; 山田健一
        複素環化学討論会講演要旨集, 2011年
      • (-)-および(+)-petrosinの全合成
        戸谷博希; 岡野健太郎; 高須清誠; 井原正隆; 高橋淳; 田中晴雄; 徳山英利
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • シリルエノールエーテルの再生を利用した形式的[3+3]環化付加とclovaneの合成研究
        高須清誠; 東巧; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • 触媒的連続反応による多置換キノリンの新規合成法
        高須清誠; 黒田悠介; 進藤直哉; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • イルジン類をモチーフとしたアルキル化剤の創製研究(II);スピロ型シクロプロパンの位置選択的開環反応
        永本祐樹; 竹本佳司; 高須清誠
        メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集, 2010年
      • (-)および(+)-Petrosinの全合成
        戸谷博希; 岡野健太郎; 高橋淳; 田中晴雄; 高須清誠; 井原正隆; 徳山英利
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2010年
      • (-)および(+)-Petrosinの全合成
        戸谷博希; 岡野健太郎; 高橋淳; 田中晴雄; 高須清誠; 井原正隆; 徳山英利
        複素環化学討論会講演要旨集, 2010年
      • 4π電子環状反応による2-アゼチンの開環における触媒制御による回転選択性の逆転
        進藤直哉; 竹本佳司; 高須清誠
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2010年
      • 廃棄物の少ない触媒的シリルエノールエーテル化反応の開発
        高須清誠; 倉橋慧; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2010年
      • ルテニウム触媒によるHuisgen反応を利用するキラルチオウレアの官能基修飾
        高須清誠; 東巧; 竹本佳司
        日本薬学会年会要旨集, 2010年
      • 触媒的Michael-aldol反応によるシクロブタン環の構築
        高須清誠; 上野恵; 井原正隆
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2001年
      • 触媒的Michael-aldol反応による四員環構築反応と立体制御
        高須清誠; 上野恵; 井原正隆
        香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集, 2001年
      • ブーメラン型連続的ラジカル反応の設計
        高須清誠
        日本薬学会年会要旨集, 2001年
      • DLC理論に基づくロダシアニン色素の抗マラリア活性 (IV) コンビナトリアル合成によるライブラリー構築
        高須清誠; 伊上博史; 金恵淑; 綿矢有佑; 井原正隆
        日本薬学会年会要旨集, 2001年
      • ルイス酸触媒による分子内Michael-aldol反応
        上野恵; 高須清誠; 井原正隆
        日本薬学会年会要旨集, 2001年
      • 分子内不斉Michael-Aldol反応の開発 多連続不斉中心を有する三環性シクロブタン化合物の一挙構築
        高須清誠; 見沢慶子; 上野恵; 井原正隆
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 2000年
      • γ-置換シクロペンテノン及びシクロヘキセノン誘導体の分子内二重ミカエル反応
        水谷清香; 高須清誠; 井原正隆
        日本薬学会年会要旨集, 2000年
      • 抗マラリア活性ロダシアニン系色素の創製研究
        高須清誠; 伊上博史; 井原正隆; KIM H-S; 綿矢有佑; 宍戸忠夫
        メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集, 2000年
      • 外部不斉源にキラルアミンを用いる不斉分子内Michael-Aldol反応 (II)
        見沢慶子; 高須清誠; 井原正隆
        日本薬学会年会要旨集, 2000年
      • アルテミシニン類縁体の合成と抗マラリア活性
        高須清誠; 片桐留理子; 田中優子; 井原正隆; 金恵淑; 綿矢有佑
        日本薬学会年会要旨集, 2000年
      • DLC理論に基づくロダシアニン系色素の抗マラリア活性
        高須清誠; 井原正隆; 綿矢有佑; 鈴木真; 宍戸忠夫; KIM H-S
        メディシナルケミストリーシンポジウム・日本薬学会医薬化学部会年会講演要旨集, 1999年
      • Induced fit機能を持つ不斉求核触媒 アミノアルコール類の速度論的光学分割
        川端猛夫; 長戸稔; 高須清誠; 冨士薫
        日本薬学会年会要旨集, 1997年
      • Induced fit機能を持つ不斉求核触媒 2級アルコールの速度論的光学分割
        川端猛夫; 長戸稔; 高須清誠; 山本健策; 冨士薫
        反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 1997年
      • ピペラジンを構成単位とする新規大環状ポリアミンの合成とその性質
        冨士薫; 田中圭; 宮本寿; 高須清誠; 多賀徹; 三輪嘉尚
        日本薬学会年会要旨集, 1995年03月29日
      • cis-2,5-Diphenylpiperazine誘導体とそのコンフォメーション
        高須清誠
        京都大学化学研究所研究発表会, 1995年02月23日
      • 不斉プロトン源としてのキラルピペラジン塩酸塩とそのコンフォメーション
        冨士薫; 田中圭; 宮本寿; 高須清誠; 多賀徹; 三輪嘉尚
        日本薬学会年会要旨集, 1995年03月29日

      書籍等出版物

      • フローマイクロ合成の最新動向
        高須清誠, 共著, ファインケミカル合成プロセス(pp. 102-110)
        シーエムシー出版, 2021年08月
      • スタンダード薬学シリーズII-8薬学研究
        日本薬学会編; 藤多哲朗; 高須清誠著, 共著, pp 36-44
        東京化学同人, 2017年09月29日, 査読無し
      • くすりをつくる研究者の仕事 : 薬のタネ探しから私たちに届くまで
        高須清誠(京都大学大学院薬学研究科編), 共著, pp 35-62
        化学同人, 2017年03月
      • スタンダード薬学シリーズII -3化学系薬学III.自然が生み出す薬物
        伊藤喬; 石崎幸; 石塚忠男; 木内文之; 橘高敦; 高須清誠; 供田洋; 森田博史, 共著
        東京化学同人, 2015年09月28日, 査読無し
      • スタンダード薬学シリーズII -3化学系薬学II.生体分子・医薬品の化学による理解
        伊藤喬; 石崎幸; 石塚忠男; 橘高敦; 高須清誠, 共訳
        東京化学同人, 2015年03月26日, 査読無し
      • スタンダード薬学シリーズII-3化学系薬学I.化学物質の性質と反応
        伊藤喬; 石崎幸; 石塚忠男; 橘高敦; 高須清誠; 編; 高須清誠著, 共訳, pp 2-14
        東京化学同人, 2015年02月20日, 査読無し
      • ウォーレン有機合成 : 逆合成からのアプローチ
        Warren Stuart G; Wyatt Paul; 金井 求; 木越 英夫; 高須 清誠; 松永 茂樹; 柴崎 正勝; 橋本 俊一, 共訳
        東京化学同人, 2014年04月01日, 査読無し
      • Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses (ed. by N. Nishiwaki)
        Yamaoka, Y; Takasu, K, 共訳, pp 115-134
        Wiley, 2014年, 査読無し
      • Microreactors in Organic Chemistry and Catalysis, 2nd edition (ed by Wirth, T.)
        Takasu, K, 共訳, pp 151-196
        Wiley, 2013年, 査読無し
      • Science of Synthesis (Multicomponent Reactions)
        Takasu, K, 共訳, pp 195-210
        Thieme, 2013年, 査読無し
      • Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis
        Takasu, K; Takemoto, Y, 共訳, pp 1-4
        Wiley, 2012年, 査読無し
      • ナノバイオ技術と創薬研究(佐治英郎ら編)
        高須清誠, 共著, pp 72-77
        メディカルドゥ, 2012年, 査読無し
      • 使える! 有機合成反応241 実践ガイド(丸岡啓二, 野?京子, 石井康敬, 大寺純蔵, 富岡清編)
        高須清誠, 共著, pp 184-185
        化学同人, 2010年, 査読無し
      • 天然物の全合成 : 2000~2008(日本)
        高須清誠; 井原正隆, 共著, paesslerin A (p.165)
        化学同人, 2009年06月

      産業財産権

      • WO2011-108661, JP2011054945, シリルエノールエーテル類の製造法
        高須 清誠; 竹本 佳司; 倉橋 慧
      • 特許第4553355号, 特開2006-104116, 特願2004-292002, トリパノソーマ原虫寄生感染症の予防又は治療用医薬組成物
        井原 正隆; 高須 清誠; プドホム カニッター; 北口 博司; 川上 雅之; 佐藤 幸蔵
      • 特許第4553354号, 特開2006-104115, 特願2004-291996, 抗トリパノソーマ剤
        井原 正隆; 高須 清誠; プドホム カニッター; 北口 博司; 川上 雅之; 佐藤 幸蔵
      • 特許第3987944号, 特開2007-119488, 特願2007-006271, 多置換シクロブタン及び多置換シクロブテン化合物の製造方法
        高須 清誠; 井原 正隆; 稲永 風人
      • 特許第3987942号, 特願2006-529195, 多置換シクロブタン及び多置換シクロブテン化合物の製造方法
        高須 清誠; 井原 正隆; 稲永 風人
      • 特開2007-119488, 特願2007-006271, 多置換シクロブタン及び多置換シクロブテン化合物の製造方法
        高須 清誠; 井原 正隆; 稲永 風人
      • 特許第3904505号, 特開2004-144526, 特願2002-307611, マラリア感染診断剤及びマラリア原虫染色剤
        井原 正隆; 高須 清誠; 綿矢 有佑; 金 惠淑
      • 特許第3904364号, 特開2001-247575, 特願2000-058736, 抗マラリア活性を有する新規化合物
        井原 正隆; 高須 清誠; 綿矢 有佑; 金 惠淑
      • WO2006-137258, JP2006311198, アザロダシアニン化合物を有効成分として含有する医薬組成物
        井原 正隆; 高須 清誠; プドホム カニッター; 川上 雅之; 北口 博司; 佐藤 幸藏
      • WO2006-087935, JP2006302017, フェノキサジニウム化合物を活性成分として含有する医薬組成物
        井原 正隆; 高須 清誠; 川上 雅之; 北口 博司; 佐藤 幸藏
      • 特開2006-104115, 特願2004-291996, 抗トリパノソーマ剤
        井原 正隆; 高須 清誠; プドホム カニッター; 北口 博司; 川上 雅之; 佐藤 幸蔵
      • 特開2006-104116, 特願2004-292002, 原虫寄生感染症の予防又は治療用医薬組成物
        井原 正隆; 高須 清誠; プドホム カニッター; 北口 博司; 川上 雅之; 佐藤 幸蔵
      • 特開2006-067867, 特願2004-253824, マラリア増殖阻害に関与するタンパク質
        井原 正隆; 高須 清誠
      • WO2006-009119, JP2005013177, 多置換シクロブタン及び多置換シクロブテン化合物の製造方法
        高須 清誠; 井原 正隆; 稲永 風人
      • 特開2005-075785, 特願2003-309318, ピペリジン誘導体及びその製造方法
        井原 正隆; 高須 清誠; 西田 直子
      • 特開2004-331545, 特願2003-128454, 抗リーシュマニア剤
        井原 正隆; 高須 清誠; 寺内 広毅; 関田 節子; 高橋 真理衣
      • 特開2004-144526, 特願2002-307611, マラリア感染診断剤及びマラリア原虫染色剤
        井原 正隆; 高須 清誠; 綿矢 有佑; 金 惠淑
      • 特開2004-137271, 特願2003-334453, メロシアニン系色素化合物及びロダシアニン系色素化合物のコンビナトリアル製造方法
        高須 清誠; 井原 正隆; 寺内 広毅
      • 特開2003-034641, 特願2001-220579, ロダシアニン系色素化合物を含有する抗マラリア剤
        井原 正隆; 高須 清誠; 伊上 博史; 綿矢 有佑; 金 恵淑
      • 特開2003-034640, 特願2001-220578, 四環性複素化合物を含有する抗マラリア剤
        井原 正隆; 高須 清誠; 伊上 博史; 綿矢 有佑; 金 恵淑
      • 特開2003-034642, 特願2001-220577, ロダシアニン色素化合物を含有する抗マラリア剤
        井原 正隆; 高須 清誠; 伊上 博史; 綿矢 有佑; 金 恵淑
      • 特開2001-247575, 特願2000-058736, 抗マラリア活性を有する新規化合物
        井原 正隆; 高須 清誠; 綿矢 有佑; 金 惠淑
      • マラリア感染診断剤およびマラリア原虫染色剤
      • リーシュマニア治療剤

      受賞

      • 2000年
        日本薬学会東北支部, 日本薬学会東北支部奨励賞
      • 2001年
        有機合成化学協会, 有機合成化学協会研究企画賞(藤沢薬品工業研究企画賞)
      • 2003年
        天然物化学談話会, 天然物化学談話会奨励賞
      • 2005年
        有機合成化学協会, 有機合成化学奨励賞
      • 2006年
        インテリジェント・コスモス財団, インテリジェント・コスモス奨励賞
      • 2007年
        日本薬学会, 日本薬学会奨励賞
      • 2007年
        日本化学会, 日本化学会 若い世代の特別講演賞
      • 2008年
        Thiem Verlag, Thieme Chemistry Journal AwardThieme Chemistry Journal Award
      • 2018年11月04日
        13-ICCEOCA, Lectureship Award

      外部資金:科学研究費補助金

      • 異なるエッジ構造をあわせもつナノグラフェンのボトムアップ合成と機能開拓
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分33:有機化学およびその関連分野
        京都大学
        高須 清誠
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        グラフェンナノリボン;アズレン;ボトムアップ合成;物性解析
      • 多成分連続反応のデジタル精密制御
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        高須 清誠
        自 2021年09月10日, 至 2026年03月31日, 交付
        有機合成;多成分反応;深層学習;機械学習;フロー反応
      • 分極構造をもつアズレン縮環グラフェンナノリボンの合成と物性評価
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分33:有機化学およびその関連分野
        京都大学
        高須 清誠
        自 2019年06月28日, 至 2021年03月31日, 完了
        多環芳香族炭化水素;精密有機合成;アズレン;蛍光;ナノグラフェン;グラフェンナノリボン;ボトムアップ合成;スピロ環;物性;キラリティ;遷移金属触媒反応;会合状態;電子状態;有機材料
      • 小員環および中員環のひずみを活用した生物機能性分子の設計と評価
        基盤研究(B)
        小区分47010:薬系化学および創薬科学関連
        京都大学
        高須 清誠
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        炭素四員環;生理活性物質;中員環;ひずみ分子;刺激応答型分子;ひずみ化合物;C-C結合開裂;酸化;多環芳香族化合物;分子ひずみ;面性不斉
      • 反応集積に基づく抗腫瘍活性トリテルペン類の短行程合成
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        京都大学
        高須 清誠
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        中分子;天然物合成;生物活性;グラフェンナノリボン;フロー反応;テルペン;生理活性物質;集積反応;ひずみ分子;ひずみ化合物;連続反応;フロー合成;中分子テルペン
      • 電子環状反応を基盤とする多置換中員環の立体制御合成と生物活性分子創製
        基盤研究(B)
        京都大学
        高須 清誠
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        分子ひずみ;中員環化合物;小員環化合物;医薬候補化合物;有機材料;反応開発;シクロブタン;シクロブテン;キラリティ;生理活性天然物;中員環;面性不斉;シクロプロパン;シクロブタノン;ヘリセン;新規反応;小員環;電子環状反応;不斉合成;生物活性分子
      • 分子ひずみをもつ抗腫瘍活性トリテルペンの短工程合成
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        高須 清誠
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        生物活性天然物;分子ひずみ;フロー合成;多連続反応;中分子合成;シクロブタン;フロー反応;中分子;反応集積;環化付加;連続反応;生物活性中分子;全合成;集積反応;レートステージ官能基化
      • M1アミノペプチダーゼ機能異常と自己免疫疾患病態の分子機構
        基盤研究(B)
        帝京平成大学
        辻本 雅文
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        M1アミノペプチダーゼ;小胞体アミノペプチダーゼ;ノックアウトマウス;一酸化窒素;ERAP1;アルギニン;Toll-様受容体;MyD88;カルモジュリン
      • 分子ひずみの付与と解消を機軸とする新規分子変換法の開発と生理活性物質創製
        基盤研究(B)
        京都大学
        高須 清誠
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        有機合成;分子ひずみ;シクロブタン;中員環;天然物合成;機能性分子;反応開発;シクロブテン;生物活性天然物;不斉合成;四員環炭化水素;小員環;合成化学;触媒反応
      • 酸化還元刺激に応答してマクロな運動出力ができる分子マシンの創製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高須 清誠
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        分子マシン;コンホメーション;可逆性;キノン;ヒドロキノン;酸化還元;構造変化;アミド結合;水素結合;分子スイッチ;アミド
      • マルチタスク触媒を用いる集積反応の開発と生理活性物質の合成
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        高須 清誠
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        マルチタスク触媒;連続反応;多成分反応;反応集積;天然物合成;セスキテルペン;集積反応;生理活性テルペン;酸触媒
      • 二段階活性化型の高精度タンパク標識プローブの精密設計と機能評価
        若手研究(B)
        京都大学
        高須 清誠
        完了
        ケミカルバイオロジー;有機合成化学;生体高分子;化学修飾;DNA切断活性;シクロブタン;pH応答;DNA;アルキル化剤;標識プローブ;低分子化合物;環境応答型分子;シクロブタノール;転位反応
      • タンデム触媒系を用いた単行程高度分子変換法の開発と生理活性物質合成への応用
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        高須 清誠
        完了
        連続反応;集積型合成;生理活性物質;シリルエノールエーテル;トリフリックイミド;多置換環状化合物;pH応答性機能性分子
      • ブレンステッド酸・塩基複合触媒を活用した不斉合成反応の開発
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        竹本 佳司
        完了
        有機触媒;多機能触媒;触媒的不斉合成;連続反応;ブレンステッド酸;共役付加反応;アルケニルホウ酸;複素環;チオウレア;β-アミノ酸誘導体;Mannich反応;Petasis反応;ジヒドロキノリン;Tf2NH;Dields-Alder反応;脱水素反応
      • シクロブタンを構造素子とする創薬リード物質の迅速合成
        特定領域研究
        理工系
        京都大学;東北大学
        高須 清誠
        完了
        シクロブタン;生理活性物質;多成分反応;連続反応;立体選択的合成;多環構造;迅速合成;有機酸触媒;(2+2)-環化付加反応;全合成;官能基
      • 有機酸触媒による多置換環状物質の実践的合成
        若手研究(B)
        東北大学
        高須 清誠
        完了
        有機酸触媒;多置換環状化合物;環境低負荷反応;多成分反応;複素環;tandem catalysis;迅速合成;多置換環状物質;天然物合成;シクロブタン
      • 多環構造の触媒的構築法を活用する重要生理活性分子の効率的製造
        基盤研究(B)
        星薬科大学;東北大学
        井原 正隆
        完了
        カスケード反応;多環状有機化合物;生理活性化合物;立体選択的合成;有機合成反応;イオン反応;遷移金属触媒反応;ラジカル反応;多連続反応;多環化合物;有機合成;遷移金属触媒;極性反応;ペリ環状反応;薬理活性化合物;選択的合成, Cascade Reaction;Polycyclic Compound;Biologically Active Compound;Stereoselective Synthesis;Organic Synthesis;Polar Reaction;Transition Metal Catalyzed Reaction;Radical Reaction
      • 高性能マラリア診断薬の開発
        萌芽研究
        東北大学
        井原 正隆
        完了
        マラリア;薬剤耐性;診断薬;ロダシアニン;アフィニティ・クロマトグラフィー;親和性タンパク;熱帯病;化学療法剤
      • 多元的連続反応を活用する薬理活性物質の効率合成
        基盤研究(B)
        東北大学
        井原 正隆
        完了
        有機合成;生理活性物質;天然有機化合物;多環状化合物;グリーン・ケミストリー;選択的合成;不斉合成;テルペン;多連続反応;ペリ環状反応;生理活性化合物;極性反応;ラジカル反応;遷移金属触媒反応, Cascade Reaction;Asymmetric Synthesis;Stereo Chemistry;Transition Metal Catalyzed Reaction;Bioactive Compounds;Cascade Radical Cyclisation;Neuroprotective Lead Compound;Fixation of Carbon Dioxide
      • 反応中間体を動的に制御する触媒的分子間連続反応の開発と生理活性物質合成への展開
        若手研究(B)
        東北大学
        高須 清誠
        完了
        連続反応;共役付加反応;生理活性物質;シクロブタン化合物;ピペリドン化合物;ハイドロアミデーション;スピロ環;立体選択的合成;医薬品合成;アルカロイド;テルペン;新反応;ルイス酸;効率合成
      • 抗多剤耐性マラリア薬の開発研究;原虫ミトコンドリアを標的とする新戦略
        萌芽研究
        東北大学
        井原 正隆
        完了
        マラリア;医薬品開発;有機合成;ロダシアニン;コンビナトリアル合成;原虫オルガネラ;特異的集積;アフィニティラベル;抗マラリア薬;ロダシアニン色素;構造活性相関;オルガネラ特異的;誘導体合成;アフィニティ標識化合物;ケミカルバイオロジー
      • 触媒的不斉多連続反応の確立と生理活性天然物の全合成
        基盤研究(B)
        東北大学
        井原 正隆
        完了
        カスケード反応;不斉合成;立体化学;遷移金属触媒反応;生理活性化合物;分子内ダブルミカエル反応;分子内ミカエル・アルドール反応;炭酸ガス固定;キラルアミン;ルイス酸;連続反応;多環状化合物;パラジウム触媒;生理活性天然物, Cascade Reaction;Asymmetric Synthesis;Stereo Chemistry;Transition Metal Catalysed Reaction;Bioactive Compounds;Intramolecular Double Michael Reaction;Intramolecular Michael-Aedol Reaction;Fixation of Carbon Dioxide
      • ブーメラン型多連続反応の高効率化と環境低負荷型電解法への応用
        奨励研究(A)
        東北大学
        高須 清誠
        完了
        連続反応;位置選択的反応;立体選択的反応;ルイス酸触媒;シクロブタン環;反応機構解析;生理活性物質の効率合成;多環性化合物;分子内連続反応;反応設計;連続的イオン反応;連続的ラジカル反応;生理活性天然物の効率的構築
      • デジタル化による高度精密有機合成の新展開
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        九州大学
        大嶋 孝志
        自 2021年09月10日, 至 2026年03月31日, 交付
        有機合成化学;情報科学;デジタル化;自動化;データベース
      list
        Last Updated :2022/08/11

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品創製化学実験
          3201, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基礎創薬研究
          C502, 後期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学概論
          8102, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(薬品合成化学)
          D130, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論B
          C319, 後期前半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究特論Ⅰ
          6005, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          早期専門研究体験
          C504, 前期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学特論B
          8204, 後期不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学概論
          1026, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤精密有機合成化学実習
          4209, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤精密有機合成化学演習
          2309, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤有機化学特論II
          1210, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          「薬の世界」入門
          U129, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論G
          C324, 前期後半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論D
          C321, 前期後半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          21COE化学講義3(理)
          8001, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤有機化学実験技術
          1205, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          早期専門研究体験
          C504, 後期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究SGD演習
          C501, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品創製化学演習
          2301, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学II
          C012, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          専門研究導入演習B
          C506, 後期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤薬品創製化学実習
          4201, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          専門研究導入演習A
          C505, 後期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論E
          C322, 後期前半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          有機化学2
          A012, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論A
          C318, 前期後半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤精密有機合成化学実験
          3209, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(薬品合成化学)
          8130, 通年, 薬学部, 6
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基礎臨床研究
          C503, 後期, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論C
          C320, 後期後半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬リード探索技術
          1111, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論F
          C323, 後期前半, 薬学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習[薬品合成化学]
          B801, 通年, 薬学部, 10
        • 基礎有機化学B(全学)
        • ポケットゼミ(全学)
        • 薬学専門実習(薬学部)
        • 基礎有機化学特論(大学院)
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基礎有機化学B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          有機化学II(有機構造論)
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          くすりの化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤有機化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤有機化学特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬学専門実習II
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬学専門実習2
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基礎有機化学B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          有機化学II(有機構造論)
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤有機化学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎有機化学A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          くすりの化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤有機化学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎有機化学A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          くすりの化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          くすりの化学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤有機化学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎有機化学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤有機化学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎有機化学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          創薬有機化学エクササイズ2
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤有機化学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品創製化学実習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品創製化学実験
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品創製化学演習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎有機化学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          有機化学2
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬リード探索技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤有機化学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品創製化学実習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品創製化学実験
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品創製化学演習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          有機化学2
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論A
          前期後半, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論B
          後期前半, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論C
          後期後半, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論E
          後期前半, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床疾病論G
          前期後半, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医薬品開発プロジェクト演習I
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤有機化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤有機化学特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品創製化学実習
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品創製化学実験
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品創製化学演習
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎創薬研究
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎臨床研究
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          早期専門研究体験
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          早期専門研究体験
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学II
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          有機化学2
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論A
          前期後半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論B
          後期前半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論C
          後期後半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論E
          後期前半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床疾病論G
          前期後半, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬リード探索技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤有機化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤有機化学特論Ⅱ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学実習(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学実験(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤薬品創製化学演習 (秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎創薬研究
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎臨床研究
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          専門研究導入演習A
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          専門研究導入演習B
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          早期専門研究体験
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          早期専門研究体験
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学II【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          有機化学2
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論A
          前期後半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論B
          後期前半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論C
          後期後半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論E
          後期前半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床疾病論G
          前期後半, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究特論I
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤有機化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤有機化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤有機化学特論Ⅰ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤精密有機合成化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤精密有機合成化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤精密有機合成化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品創製化学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品創製化学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤薬品創製化学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎創薬研究
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎臨床研究
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          専門研究導入演習A
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          専門研究導入演習B
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          早期専門研究体験
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          早期専門研究体験
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学II【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          有機化学2
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(薬品合成化学) 【H30以降入学者用】
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習[薬品合成化学]
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(薬品合成化学)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論A
          前期後半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論B
          後期前半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論C
          後期後半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論D
          前期後半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論E
          後期前半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論F
          後期前半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床疾病論G
          前期後半, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究特論I
          後期不定, 薬学研究科

        博士学位審査

        • 触媒制御による化学およびエナンチオ選択的水酸基シリル化に関する研究:立体障害に依らない反応制御
          橋本 悠, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • ピラゾール骨格を有する新規低酸素誘導因子HIF-1阻害剤の開発研究
          酒井 麻利奈, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 微生物代謝産物サッカロスリオリドBに着想を得たプロドラッグ化に関する研究
          竹中 慧, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Synthetic Studies of Amide-functionalized Helicene-like Molecules (アミド基を持つヘリセン様分子の合成研究)
          XING YONGNING, 薬学研究科, 副査
          2021年05月24日
        list
          Last Updated :2022/08/11

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 化学部会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会受入れ小委員会 委員
          • ジュニアキャンパス検討委員会
          • 化学物質管理委員会
          • 有機廃液検討委員会
          • 自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日
            ジュニアキャンパス実施検討会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            ジュニアキャンパス実施検討会
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            オープンキャンパス委員会 委員
          • 自 2014年10月01日
            大学評価委員会点検・評価実行委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            京都大学教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            京都大学教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2013年07月19日, 至 2016年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 人文・社会科学系部会2 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            入学試験企画・研究専門委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            教務電算管理運営委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            低温物質化学研究センター協議員会協議員
          • 自 2018年01月31日, 至 2020年01月30日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 化学部会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会派遣小委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            薬科学科長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際交流委員会 委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            薬学部構内実験排水系管理委員会 委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            環境・安全衛生委員会 委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            建物・設備・機器管理運営委員会 副委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            就職委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            学生委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            学生委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            情報システム委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            共用試験委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2023年03月31日
            元素分析研究施設運営委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2017年03月31日
            図書委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            教務委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日
            教務委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2022年03月31日
            自己評価等調査検討委員会委員長
          • 自 2015年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際交流委員会委員長
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            建物・設備・共通機器委員会副委員長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            教務委員会 委員長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            学生便覧編集委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            予算委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            薬用植物園管理委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            兼業審査・利益相反審査委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            iSAL薬学運営委員会 副委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            建物・設備・機器管理運営委員会副委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            教務委員会 副委員長
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            図書委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/08/11

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2020年04月, 至 現在
              役員(会計担当), 日本薬学会化学系薬学部会
            • 自 2017年02月, 至 2019年02月
              監事, 有機合成化学協会関西支部
            • 自 2017年04月, 至 2019年01月
              100周年記念事業実行委員会, 近畿化学協会
            • 自 2016年02月, 至 2017年02月
              副支部長, 有機合成化学協会関西支部
            • 自 2013年04月, 至 現在
              代議員, 日本薬学会
            • 自 2012年04月, 至 現在
              事業企画委員, 近畿化学協会
            • 自 2012年04月, 至 2017年03月
              幹事, 有機合成化学協会関西支部
            • 自 2014年04月, 至 2016年03月
              幹事(会計幹事), 日本薬学会近畿支部
            • 自 2012年06月, 至 2014年03月
              委員, 日本薬学会 薬学教育モデル・コアカリキュラム改訂に関する調査研究チーム
            • 自 2009年04月, 至 2011年03月
              編集協力委員, 有機合成化学協会
            • 自 2008年01月, 至 2010年12月
              企画コアメンバー, 近畿化学協会若手フォーラム
            • 自 2008年04月, 至 2009年03月
              役員[シンポジウム担当], 日本薬学会化学系薬学部会
            • 自 2006年04月, 至 2007年03月
              常任幹事, 有機合成化学協会東北支部
            • 自 2005年04月, 至 2006年03月
              常任幹事・庶務担当, 有機合成化学協会東北・北海道支部
            • 自 2005年03月
              組織委員, 日本薬学会年会シンポジウム「有機合成の若い力」
            • 自 2002年10月, 至 2004年05月
              庶務, 日仏医薬精密化学会議
            • 自 2002年04月, 至 2009年03月
              世話人, 次世代を担う有機化学シンポジウム
            • 自 1999年04月, 至 2007年03月
              アシスタントエディター, Heterocycles誌 Natural Products Database

            ページ上部へ戻る