教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

金子 周司

カネコ シユウジ

薬学研究科 薬学専攻病態機能解析学講座 教授

金子 周司
list
    Last Updated :2022/08/15

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    所属学協会

    • 日本生理学会
    • 北米神経科学協会 Society for Neuroscience
    • 日本神経科学学会
    • 日本薬学会
    • 日本薬理学会

    学位

    • 薬学修士(京都大学)
    • 薬学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院薬学研究科修士課程, 修了
    • 京都大学, 大学院薬学研究科博士後期課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 薬学部薬学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      長野県 長野高等学校, ながのこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2004年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院薬学研究科, 教授
    • 自 1992年07月, 至 2004年03月
      京都大学, 大学院薬学研究科, 助教授
    • 自 2004年
      Professor, Department of Molecular Pharmacology
    • 自 1988年05月, 至 1992年07月
      京都大学, 薬学部, 助手
    • 自 1992年
      Associate Professor Graduate School of Pharmaceutial
    • 自 1985年04月, 至 1988年05月
      富山医科薬科大学, 和研薬研究所, 助手
    • 自 1985年, 至 1988年
      Assistant Professor. Institute for WAKAN-YAKU
    • Sceiences. Kyoto University
    • University
    • (Oriental Medicine) Toyama Medical and Pharmaceutial

    プロフィール

    • プロフィール

      1958年3月長野県長野市生まれ

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/15

      研究

      研究キーワード

      • オントロジ
      • シソーラス
      • 電子カルテ
      • 自発事象セルフレポート
      • リアルワールドデータ
      • ライフサイエンス辞書
      • イオンチャネル創薬
      • 神経細胞死
      • 鎮痛薬
      • TRPチャネル
      • アフリカツメガエル卵母細胞
      • カルシウムチャネル
      • Life science dictionary
      • TRP channel
      • Xenopus oocytes
      • calcium channel

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系衛生、生物化学
      • 情報通信, 生命、健康、医療情報学
      • ライフサイエンス, 薬理学
      • ライフサイエンス, 薬理学

      論文

      • Orai2 channel regulates prostaglandin E2 production in TNFα/IL1α-stimulated astrocytes.
        Hiroki Nakajima; Sayaka Fujita; Masashi Kakae; Kazuki Nagayasu; Masatsugu Oh-Hora; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        Glia, 2022年09月
      • Autism Spectrum Disorder Model Mice Induced by Prenatal Exposure to Valproic Acid Exhibit Enhanced Empathy-Like Behavior via Oxytocinergic Signaling.
        Kaito Takayama; Shota Tobori; Chihiro Andoh; Masashi Kakae; Masako Hagiwara; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Yukio Ago; Shuji Kaneko
        Biological & pharmaceutical bulletin, 2022年
      • Characterization of Radioiodinated Diaryl Oxadiazole Derivatives as SPECT Probes for Detection of Myelin in Multiple Sclerosis
        Hiroyuki Watanabe; Rinka Maekawa; Shimpei Iikuni; Masashi Kakae; Nagisa Matsuo; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko; Masahiro Ono
        ACS Chemical Neuroscience, 2022年02月02日
      • 正中縫線核セロトニン神経-脚間核経路の報酬制御における役割の解明
        河合 洋幸; 永井 佑茉; 好田 匡志; 西谷 直也; 永安 一樹; 白川 久志; 金子 周司
        日本薬理学会年会要旨集, 2021年
      • PET CMRO2 measurement in cerebrovascular disease mice with spontaneous respiration of 15O-gas
        Takashi Temma; Makoto Yamazaki; Jun Miyanohara; Hisashi Shirakawa; Naoya Kondo; Kazuhiro Koshino; Shuji Kaneko; Hidehiro Iida
        JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE, 2016年05月, 査読有り
      • 新規ヒト尿酸排出トランスポーターURATv1による尿酸輸送の電気生理学的解析
        安西 尚彦; Promsuk Jutabha; 金子 周司; 櫻井 裕之
        痛風と核酸代謝 = Gout and nucleic acid metabolism, 2010年07月01日
      • The regulatory effect of oxaliplatin on human TRPA1 cold sensitivity
        Miyake Takahito; Nakamura Saki; Zhao Meng; So Kanako; Inoue Keisuke; Numata Tomohiro; Takahashi Nobuaki; Shirakawa Hisashi; Mori Yasuo; Nakagawa Takayuki; Kaneko Shuji
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2017年03月, 査読有り
      • Involvement of TRPA1 activation through distinct modifications in oxaliplatin-induced acute peripheral neuropathy
        Nakamura Saki; Miyake Takahito; Zhao Meng; Hamano Satoshi; Inoue Keisuke; Takahashi Nobuaki; Numata Tomohiro; Shirakawa Hisashi; Mori Yasuo; Nakagawa Takayuki; Kaneko Shuji
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2015年07月, 査読有り
      • Claustrum mediates bidirectional and reversible control of stress-induced anxiety responses.
        Misaki Niu; Atsushi Kasai; Masato Tanuma; Kaoru Seiriki; Hisato Igarashi; Takahiro Kuwaki; Kazuki Nagayasu; Keita Miyaji; Hiroki Ueno; Wataru Tanabe; Kei Seo; Rei Yokoyama; Jin Ohkubo; Yukio Ago; Misuzu Hayashida; Ken-Ichi Inoue; Masahiko Takada; Shun Yamaguchi; Takanobu Nakazawa; Shuji Kaneko; Hiroyuki Okuno; Akihiro Yamanaka; Hitoshi Hashimoto
        Science advances, 2022年03月18日
      • A selective serotonin reuptake inhibitor ameliorates obsessive–compulsive disorder-like perseverative behavior by attenuating 5-HT2C receptor signaling in the orbitofrontal cortex
        Hikari Hatakama; Nozomi Asaoka; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        Neuropharmacology, 2022年03月
      • 膀胱炎症性疼痛におけるTransient receptor potential(TRP)A1チャネルの役割 ノックアウトマウスを用いた検討
        亀井 潤; 相澤 直樹; 中川 貴之; 金子 周司; 本間 之夫; 井川 靖彦
        日本泌尿器科学会総会, 2017年04月
      • Drug Repurposing Prediction and Validation From Clinical Big Data for the Effective Treatment of Interstitial Lung Disease.
        Soni Siswanto; Hiroki Yamamoto; Haruka Furuta; Mone Kobayashi; Takuya Nagashima; Gen Kayanuma; Kazuki Nagayasu; Yumiko Imai; Shuji Kaneko
        Frontiers in pharmacology, 2021年
      • MrgprB4 in trigeminal neurons expressing TRPA1 modulates unpleasant sensations.
        Shota Tobori; Haruka Hiyama; Takahito Miyake; Yuichi Yano; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Yasuo Mori; Shuji Kaneko
        Journal of Pharmacological Sciences, 2021年08月, 査読有り
      • Striatal TRPV1 activation by acetaminophen ameliorates dopamine D2 receptor antagonist-induced orofacial dyskinesia.
        Koki Nagaoka; Takuya Nagashima; Nozomi Asaoka; Hiroki Yamamoto; Chihiro Toda; Gen Kayanuma; Soni Siswanto; Yasuhiro Funahashi; Keisuke Kuroda; Kozo Kaibuchi; Yasuo Mori; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        JCI insight, 2021年05月24日, 査読有り
      • NOX1/NADPH Oxidase Promotes Synaptic Facilitation Induced by Repeated D2 Receptor Stimulation: Involvement in Behavioral Repetition.
        Nozomi Asaoka; Masakazu Ibi; Hikari Hatakama; Koki Nagaoka; Kazumi Iwata; Misaki Matsumoto; Masato Katsuyama; Shuji Kaneko; Chihiro Yabe-Nishimura
        The Journal of Neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience, 2021年03月24日, 査読有り
      • Transient Receptor Potential Melastatin 3 Is Functionally Expressed in Oligodendrocyte Precursor Cells and Is Upregulated in Ischemic Demyelinated Lesions.
        Kana Ohashi; Koji Shibasaki; Hayaki Nakazawa; Ryotaro Kunimasa; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        Biological & Pharmaceutical Bulletin, 2021年, 査読有り
      • The characteristic response of domestic cats to plant iridoids allows them to gain chemical defense against mosquitoes.
        Reiko Uenoyama; Tamako Miyazaki; Jane L Hurst; Robert J Beynon; Masaatsu Adachi; Takanobu Murooka; Ibuki Onoda; Yu Miyazawa; Rieko Katayama; Tetsuro Yamashita; Shuji Kaneko; Toshio Nishikawa; Masao Miyazaki
        Science Advances, 2021年01月, 査読有り
      • Prediction of pharmacological activities from chemical structures with graph convolutional neural networks
        Sakai M; Nagayasu K; Shibui N; Andoh C; Takayama K; Shirakawa H; Kaneko S
        Scientific Reports, 2021年01月, 査読有り
      • Lacking transient receptor potential melastatin 2 attenuates lipopolysaccharide-induced bladder inflammation and its associated hypersensitivity in mice.
        Jun Kamei; Naoki Aizawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Tetsuya Fujimura; Yukio Homma; Haruki Kume; Yasuhiko Igawa
        International Journal of Urology, 2021年01月, 査読有り
      • Synthesis and biological evaluation of radioiodinated 3-phenylcoumarin derivatives targeting myelin in multiple sclerosis.
        Hiroyuki Watanabe; Shiori Sakai; Shimpei Iikuni; Yoichi Shimizu; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko; Masahiro Ono
        Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2020年12月15日, 査読有り
      • 多発性硬化症の画像診断を目的としたミエリン標的SPECTイメージングプローブの開発
        渡邊 裕之; 左海 汐梨; 志水 陽一; 飯國 慎平; 白川 久志; 金子 周司; 小野 正博
        核医学, 2020年10月
      • Protective effects of Nrf2-ARE activator on dopaminergic neuronal loss in Parkinson disease model mice: Possible involvement of heme oxygenase-1.
        Yuri Inose; Yasuhiko Izumi; Yuki Takada-Takatori; Akinori Akaike; Yutaka Koyama; Shuji Kaneko; Toshiaki Kume
        Neuroscience Letters, 2020年09月25日, 査読有り
      • Transient receptor potential vanilloid 4 agonist GSK1016790A improves neurological outcomes after intracerebral hemorrhage in mice.
        Yasunori Asao; Shota Tobori; Masashi Kakae; Kazuki Nagayasu; Koji Shibasaki; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2020年08月27日, 査読有り
      • Acute restraint stress augments the rewarding memory of cocaine through activation of α1 adrenoceptors in the medial prefrontal cortex of mice.
        Shintaro Wada; Junko Yanagida; Hitoki Sasase; Tong Zhang; Xueting Li; Hironori Kamii; Masaki Domoto; Satoshi Deyama; Eiichi Hinoi; Akihiro Yamanaka; Naoya Nishitani; Kazuki Nagayasu; Shuji Kaneko; Masabumi Minami; Katsuyuki Kaneda
        Neuropharmacology, 2020年04月, 査読有り
      • The Role of Dorsal Raphe Serotonin Neurons in the Balance between Reward and Aversion.
        Yuma Nagai; Kaito Takayama; Naoya Nishitani; Chihiro Andoh; Masashi Koda; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Kazuki Nagayasu; Akihiro Yamanaka; Shuji Kaneko
        International Journal of Molecular Sciences, 2020年03月21日, 査読有り
      • 光遺伝学的計測と操作を用いた報酬関連行動における正中縫線核セロトニン神経の役割の解明
        河合 洋幸; 永井 佑茉; 好田 匡志; 永安 一樹; 白川 久志; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • 慢性脳低灌流による認知機能低下への反応性アストロサイトの関与
        抱 将史; 森嶋 美沙; 戸堀 翔太; 永安 一樹; 白川 久志; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • 多発性硬化症の診断を目的としたミエリン標的核医学分子イメージングプローブの開発
        前川 鈴香; 渡邊 裕之; 飯國 慎平; 志水 陽一; 松尾 凪紗; 白川 久志; 金子 周司; 小野 正博
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • 急性社会的敗北ストレス負荷によるコカイン欲求行動増強におけるノルアドレナリンおよびドパミン伝達の役割
        李 雪てい; 柳田 淳子; 初 金玲; 本野 芽衣; 出山 諭司; 山中 章弘; 西谷 直也; 永安 一樹; 金子 周司; 金田 勝幸
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • 急性社会的敗北ストレス負荷によるコカイン欲求行動増強におけるノルアドレナリンおよびドパミン伝達の役割
        李 雪てい; 柳田 淳子; 初 金玲; 本野 芽衣; 出山 諭司; 山中 章弘; 西谷 直也; 永安 一樹; 金子 周司; 金田 勝幸
        日本薬学会年会要旨集, 2020年03月
      • Drug Repositioning and Target Finding Based on Clinical Evidence.
        Shuji Kaneko; Takuya Nagashima
        Biological & Pharmaceutical Bulletin, 2020年, 査読有り
      • Glutamatergic neurons in the medial prefrontal cortex mediate the formation and retrieval of cocaine-associated memories in mice.
        Tong Zhang; Junko Yanagida; Hironori Kamii; Shintaro Wada; Masaki Domoto; Hitoki Sasase; Satoshi Deyama; Takeshi Takarada; Eiichi Hinoi; Kenji Sakimura; Akihiro Yamanaka; Takashi Maejima; Michihiro Mieda; Takeshi Sakurai; Naoya Nishitani; Kazuki Nagayasu; Shuji Kaneko; Masabumi Minami; Katsuyuki Kaneda
        Addiction Biology, 2020年01月, 査読有り
      • Myelin Oligodendrocyte Glycoprotein 35-55 (MOG 35-55)-induced Experimental Autoimmune Encephalomyelitis: A Model of Chronic Multiple Sclerosis.
        Sakie Miyamura; Nagisa Matsuo; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        Bio-protocol, 2019年12月20日
      • Identification of neuron-type specific promoters in monkey genome and their functional validation in mice.
        Yuma Nagai; Naoya Nishitani; Masaharu Yasuda; Yasumasa Ueda; Yuto Fukui; Chihiro Andoh; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Ken-Ichi Inoue; Kazuki Nagayasu; Sergey Kasparov; Kae Nakamura; Shuji Kaneko
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2019年10月22日, 査読有り
      • CRISPR/Cas9-mediated in vivo gene editing reveals that neuronal 5-HT1A receptors in the dorsal raphe nucleus contribute to body temperature regulation in mice.
        Naoya Nishitani; Yu Ohmura; Kazuki Nagayasu; Norihiro Shibui; Shuji Kaneko; Akiko Ohashi; Takayuki Yoshida; Akihiro Yamanaka; Mitsuhiro Yoshioka
        Brain Research, 2019年09月15日, 査読有り
      • Depletion of microglia ameliorates white matter injury and cognitive impairment in a mouse chronic cerebral hypoperfusion model.
        Masashi Kakae; Shota Tobori; Misa Morishima; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2019年07月05日, 査読有り
      • Effects of the synthetic cannabinoid 5F-AMB on anxiety and recognition memory in mice.
        Ito S; Deyama S; Domoto M; Zhang T; Sasase H; Fukao A; Esaki H; Hinoi E; Kaneko S; Kaneda K
        Psychopharmacology, 2019年07月, 査読有り
      • Pathophysiological Role of TRPM2 in Age-Related Cognitive Impairment in Mice.
        Masashi Kakae; Jun Miyanohara; Misa Morishima; Kazuki Nagayasu; Yasuo Mori; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        Neuroscience, 2019年06月01日, 査読有り
      • Manipulation of dorsal raphe serotonergic neurons modulates active coping to inescapable stress and anxiety-related behaviors in mice and rats.
        Naoya Nishitani; Kazuki Nagayasu; Nozomi Asaoka; Mayumi Yamashiro; Chihiro Andoh; Yuma Nagai; Haruko Kinoshita; Hiroyuki Kawai; Norihiro Shibui; Beihui Liu; James Hewinson; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Hitoshi Hashimoto; Sergey Kasparov; Shuji Kaneko
        Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 2019年03月, 査読有り
      • TRPM2 confers susceptibility to social stress but is essential for behavioral flexibility
        Andoh, C.; Nishitani, N.; Hashimoto, E.; Nagai, Y.; Takao, K.; Miyakawa, T.; Nakagawa, T.; Mori, Y.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Kaneko, S.
        Brain Research, 2019年, 査読有り
      • An Adenosine A2A Receptor Antagonist Improves Multiple Symptoms of Repeated Quinpirole-Induced Psychosis.
        Asaoka N; Nishitani N; Kinoshita H; Nagai Y; Hatakama H; Nagayasu K; Shirakawa H; Nakagawa T; Kaneko S
        eNeuro, 2019年01月, 査読有り
      • Attenuated lipopolysaccharide-induced inflammatory bladder hypersensitivity in mice deficient of transient receptor potential ankilin1.
        Jun Kamei; Naoki Aizawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Haruki Kume; Yukio Homma; Yasuhiko Igawa
        Scientific Reports, 2018年10月23日, 査読有り
      • ONO-8590580, a Novel GABAAα5 Negative Allosteric Modulator Enhances Long-Term Potentiation and Improves Cognitive Deficits in Preclinical Models.
        Kawaharada S; Nakanishi M; Nakanishi N; Hazama K; Higashino M; Yasuhiro T; Lewis A; Clark GS; Chambers MS; Maidment SA; Katsumata S; Kaneko S
        Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 2018年07月, 査読有り
      • 多角的視点から膜タンパク質機能とその創薬への応用を探究する 強迫性障害モデル動物の作成と治療ターゲット探索
        浅岡 希美; 西谷 直也; 木ノ下 晴子; 永井 佑茉; 永安 一樹; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2018年03月
      • TRPA1 sensitization during diabetic vascular impairment contributes to cold hypersensitivity in a mouse model of painful diabetic peripheral neuropathy.
        Hiyama H; Yano Y; So K; Imai S; Nagayasu K; Shirakawa H; Nakagawa T; Kaneko S
        Molecular Pain, 2018年, 査読有り
      • TRPM2 channel aggravates CNS inflammation and cognitive impairment via activation of microglia in chronic cerebral hypoperfusion
        Miyanohara, J.; Kakae, M.; Nagayasu, K.; Nakagawa, T.; Mori, Y.; Arai, K.; Shirakawa, H.; Kaneko, S.
        Journal of Neuroscience, 2018年, 査読有り
      • The Crotalaria juncea metal transporter CjNRAMP1 has a high Fe uptake activity, even in an environment with high Cd contamination.
        Nakanishi-Masuno T; Shitan N; Sugiyama A; Takanashi K; Inaba S; Kaneko S; Yazaki K
        International Journal of Phytoremediation, 2018年, 査読有り
      • Neurotropin inhibits neuronal activity through potentiation of sustained Kvcurrents in primary cultured DRG neurons
        Kawai, H.; Asaoka, N.; Miyake, T.; Nagayasu, K.; Nakagawa, T.; Shirakawa, H.; Kaneko, S.
        Journal of Pharmacological Sciences, 2018年, 査読有り
      • Ketamine-induced prefrontal serotonin release is mediated by cholinergic neurons in the pedunculopontine tegmental nucleus
        Kinoshita, H.; Nishitani, N.; Nagai, Y.; Andoh, C.; Asaoka, N.; Kawai, H.; Shibui, N.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        International Journal of Neuropsychopharmacology, 2018年, 査読有り
      • TRPV4 is functionally expressed in oligodendrocyte precursor cells and increases their proliferation
        Ohashi, K.; Deyashiki, A.; Miyake, T.; Nagayasu, K.; Shibasaki, K.; Shirakawa, H.; Kaneko, S.
        Pflugers Archiv European Journal of Physiology, 2018年, 査読有り
      • The synthetic cannabinoid 5F-AMB changes the balance between excitation and inhibition of layer V pyramidal neurons in the mouse medial prefrontal cortex
        Domoto, M.; Sasase, H.; Wada, S.; Ito, S.; Deyama, S.; Hinoi, E.; Kaneko, S.; Kaneda, K.
        Psychopharmacology, 2018年, 査読有り
      • The impact of mouse strain-specific spatial and temporal immune responses on the progression of neuropathic pain
        Isami, K.; Imai, S.; Sukeishi, A.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Brain, Behavior, and Immunity, 2018年, 査読有り
      • TRPM2 exacerbates central nervous system inflammation in experimental autoimmune encephalomyelitis by increasing production of CXCL2 chemokines
        Tsutsui, M.; Hirase, R.; Miyamura, S.; Nagayasu, K.; Nakagawa, T.; Mori, Y.; Shirakawa, H.; Kaneko, S.
        Journal of Neuroscience, 2018年, 査読有り
      • Activation of GABAergic neurons in the nucleus accumbens mediates the expression of cocaine-associated memory
        Zhang, T.; Deyama, S.; Domoto, M.; Wada, S.; Yanagida, J.; Sasase, H.; Hinoi, E.; Nishitani, N.; Nagayasu, K.; Kaneko, S.; Kaneda, K.
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2018年, 査読有り
      • Physiological and pathophysiological roles of transient receptor potential channels in microglia-related CNS inflammatory diseases
        Shirakawa, H.; Kaneko, S.
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2018年, 査読有り
      • Corpus Search in Life Science Dictionary (LSD) as a Tool for Writing Scientific Papers
        Takeshi Kawamoto; Nobuyuki Fujita; Hiroshi Ohtake; Shuji Kaneko
        NU Ideas, 2017年12月, 査読有り
      • ラットにおいて光遺伝学的操作を可能とする神経種特異的ウイルスベクターを用いたセロトニン神経機能の解析
        西谷 直也; 浅岡 希美; 木ノ下 晴子; 河合 洋幸; 澁井 紀宏; 永安 一樹; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2017年09月
      • 有害事象FAERSデータベースの網羅的解析によるドラッグ・リポジショニング
        長島 卓也; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2017年03月
      • Pharmacological approach for elucidating the role of dorsal raphe serotonin neurons in mood/emotion regulation
        Nagayasu, K.; Kaneko, S.
        Folia Pharmacologica Japonica, 2017年, 査読有り
      • Tremor dominant Kyoto (Trdk) rats carry a missense mutation in the gene encoding the SK2 subunit of small-conductance Ca2+-activated K+channel
        Kuramoto, T.; Yokoe, M.; Kunisawa, N.; Ohashi, K.; Miyake, T.; Higuchi, Y.; Yoshimi, K.; Mashimo, T.; Tanaka, M.; Kuwamura, M.; Kaneko, S.; Shimizu, S.; Serikawa, T.; Ohno, Y.
        Brain Research, 2017年, 査読有り
      • Differential effects of taxanes and platinum derivatives on cultured Schwann cells
        Satoshi Imai; Madoka Koyanagi; Ziauddin Azimi; Yui Nakazato; Mayuna Matsumoto; Takashi Ogihara; Atsushi Yonezawa; Tomohiro Omura; Shunsaku Nakagawa; Shuji Wakatsuki; Toshiyuki Araki; Shuji Kaneko; Takayuki Nakagawa; Kazuo Matsubara
        Sci Rep, 2017年, 査読有り
      • Chronic antidepressant potentiates spontaneous activity of dorsal raphe serotonergic neurons by decreasing GABABreceptor-mediated inhibition of L-type calcium channels
        Asaoka, N.; Nishitani, N.; Kinoshita, H.; Kawai, H.; Shibui, N.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Scientific Reports, 2017年, 査読有り
      • Roles of transient receptor potential ankyrin 1 in oxaliplatin-induced peripheral neuropathy
        Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 2017年, 査読有り
      • Taxanes and platinum derivatives impair Schwann cells via distinct mechanisms
        Imai, S.; Koyanagi, M.; Azimi, Z.; Nakazato, Y.; Matsumoto, M.; Ogihara, T.; Yonezawa, A.; Omura, T.; Nakagawa, S.; Wakatsuki, S.; Araki, T.; Kaneko, S.; Nakagawa, T.; Matsubara, K.
        Scientific Reports, 2017年, 査読有り
      • Distinct mechanism of cysteine oxidation-dependent activation and cold sensitization of human transient receptor potential ankyrin 1 channel by high and low oxaliplatin
        Miyake, T.; Nakamura, S.; Meng, Z.; Hamano, S.; Inoue, K.; Numata, T.; Takahashi, N.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Mori, Y.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Frontiers in Physiology, 2017年, 査読有り
      • Pathophysiological role of transient receptor potential ankyrin 1 in a mouse long-lasting cystitis model induced by an intravesical injection of hydrogen peroxide
        Oyama, S.; Dogishi, K.; Kodera, M.; Kakae, M.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Frontiers in Physiology, 2017年, 査読有り
      • TRP channels in the brain: What are they there for?
        Sawamura, S.; Shirakawa, H.; Nakagawa, T.; Mori, Y.; Kaneko, S.
        Neurobiology of TRP Channels, 2017年, 査読有り
      • Competent Route to Unsymmetric Dimer Architectures: Total Syntheses of (−)-Lycodine and (−)-Complanadines A and B, and Evaluation of Their Neurite Outgrowth Activities
        Zhao L; Tsukano C; Kwon E; Shirakawa H; Kaneko S; Takemoto Y; Hirama M
        Chemistry - A European Journal, 2017年, 査読有り
      • Colchicine alleviates acute postoperative pain but delays wound repair in mice: Roles of neutrophils and macrophages
        Sukeishi, A.; Isami, K.; Hiyama, H.; Imai, S.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Molecular Pain, 2017年, 査読有り
      • Sequential PET estimation of cerebral oxygen metabolism with spontaneous respiration of15O-gas in mice with bilateral common carotid artery stenosis
        Temma, T.; Yamazaki, M.; Miyanohara, J.; Shirakawa, H.; Kondo, N.; Koshino, K.; Kaneko, S.; Iida, H.
        Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism, 2017年, 査読有り
      • A rat long‐lasting cystitis model induced by intravesical injection of hydrogen peroxide
        Koji Dogishi; Ken Okamoto; Tsuyoshi Majima; Shizuka Konishi-Shiotsu; Takashi Homan; Mizuki Kodera; Shohei Oyama; Tatsuya Oyama; Hisashi Shirakawa; Naoki Yoshimura; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        Physiological Reports, 2017年, 査読有り
      • Sphingosine-1-phosphate induces Ca2+signaling and CXCL1 release via TRPC6 channel in astrocytes
        Shirakawa, H.; Katsumoto, R.; Iida, S.; Miyake, T.; Higuchi, T.; Nagashima, T.; Nagayasu, K.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        GLIA, 2017年, 査読有り
      • Motor vehicle collisions caused by the ‘super-strength’ synthetic cannabinoids, MAM-2201, 5F-PB-22, 5F-AB-PINACA, 5F-AMB and 5F-ADB in Japan experienced from 2012 to 2014
        Shuji Kaneko
        Forensic Toxicology, 2017年, 査読有り
      • 新規白質イメージングプローブ18F-PQ6を用いた多発性硬化症モデルマウスのインビボPET/MRI病態解析
        天滿 敬; 圓見 純一郎; 平瀬 僚; 白川 久志; 吉村 優志; 小野 正博; 金子 周司; 佐治 英郎; 飯田 秀博
        核医学, 2016年10月
      • クエチアピンによる高血糖のビタミンDによる軽減 データマイニングによる仮説導出から実験による分子メカニズムの解明まで(Prevention of quetiapine-induced hyperglycaemia by vitamin D: a data mining prediction followed by experimental exploration of the molecular mechanism)
        金子 周司; 長島 卓也; 白川 久志; 中川 貴之
        日本神経精神薬理学会年会プログラム・抄録集, 2016年07月
      • Sedative effects of inhaled essential oil components of traditional fragrance Pogostemon cablin leaves and their structure-activity relationships
        Ken Ito; Yasuko Akahoshi; Michiho Ito; Shuji Kaneko
        Journal of Traditional and Complementary Medicine, 2016年04月01日, 査読有り
      • ビッグデータを活用した医薬品有害事象の低減と分子メカニズムの解明
        長島 卓也; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • Reactive oxygen species signaling in the regulation of microglial functions - TRP channel-mediated novel mechanisms of microglial activation.
        Takahito Miyake; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2016年01月
      • A new designer drug 5F-ADB activates midbrain dopaminergic neurons but not serotonergic neurons
        Asaoka, N.; Kawai, H.; Nishitani, N.; Kinoshita, H.; Shibui, N.; Nagayasu, K.; Shirakawa, H.; Kaneko, S.
        Journal of Toxicological Sciences, 2016年, 査読有り
      • Prevention of antipsychotic-induced hyperglycaemia by Vitamin D: A data mining prediction followed by experimental exploration of the molecular mechanism
        Nagashima, T.; Shirakawa, H.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Scientific Reports, 2016年, 査読有り
      • Hypoxia-induced sensitisation of TRPA1 in painful dysesthesia evoked by transient hindlimb ischemia/reperfusion in mice
        So, K.; Tei, Y.; Zhao, M.; Miyake, T.; Hiyama, H.; Shirakawa, H.; Imai, S.; Mori, Y.; Nakagawa, T.; Matsubara, K.; Kaneko, S.
        Scientific Reports, 2016年, 査読有り
      • Cold sensitivity of TRPA1 is unveiled by the prolyl hydroxylation blockade-induced sensitization to ROS
        Miyake, T.; Nakamura, S.; Zhao, M.; So, K.; Inoue, K.; Numata, T.; Takahashi, N.; Shirakawa, H.; Mori, Y.; Nakagawa, T.; Kaneko, S.
        Nature Communications, 2016年, 査読有り
      • Long-lasting pain-related behaviors in mouse chronic cystitis model induced by a single intravesical injection of hydrogen peroxide
        Koji Dogishi; Mizuki Kodera; Shohei Oyama; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2015年12月, 査読有り
      • A pathophysiological role of TRPV1 in ischemic injury after transient focal cerebral ischemia in mice
        Jun Miyanohara; Hisashi Shirakawa; Kazuaki Sanpei; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2015年11月, 査読有り
      • Activation of Mitochondrial Transient Receptor Potential Vanilloid 1 Channel Contributes to Microglial Migration
        Takahito Miyake; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        GLIA, 2015年10月, 査読有り
      • Thermosensitive Ion Channel Activation in Single Neuronal Cells by Using Surface-Engineered Plasmonic Nanoparticles
        Hirotaka Nakatsuji; Tomohiro Numata; Nobuhiro Morone; Shuji Kaneko; Yasuo Mori; Hiroshi Imahori; Tatsuya Murakami
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2015年09月, 査読有り
      • Olanzapine augments the effect of selective serotonin reuptake inhibitors by suppressing GABAergic inhibition via antagonism of 5-HT6 receptors in the dorsal raphe nucleus
        Nozomi Asaoka; Kazuki Nagayasu; Naoya Nishitani; Mayumi Yamashiro; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        NEUROPHARMACOLOGY, 2015年08月, 査読有り
      • Role of the 5-HT4 receptor in chronic fluoxetine treatment-induced neurogenic activity and granule cell dematuration in the dentate gyrus
        Yuki Imoto; Toshihiko Kira; Mamiko Sukeno; Naoya Nishitani; Kazuki Nagayasu; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Katsunori Kobayashi; Eri Segi-Nishida
        MOLECULAR BRAIN, 2015年05月, 査読有り
      • Inhibition of histone deacetylases enhances the function of serotoninergic neurons in organotypic raphe slice cultures
        Nozomi Asaoka; Kazuki Nagayasu; Naoya Nishitani; Mayumi Yamashiro; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2015年04月, 査読有り
      • Distinct action of the α-glucosidase inhibitor miglitol on SGLT3, enteroendocrine cells, and GLP1 secretion.
        Lee EY; Kaneko S; Jutabha P; Zhang X; Seino S; Jomori T; Anzai N; Miki T
        Journal of Endocrinology, 2015年03月, 査読有り
      • Involvement of TRPM2 in a wide range of inflammatory and neuropathic pain mouse models
        Kanako So; Kayo Haraguchi; Kayoko Asakura; Koichi Isami; Shinya Sakimoto; Hisashi Shirakawa; Yasuo Mori; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2015年03月, 査読有り
      • 神経障害性疼痛とミクログリアのTRPM2受容体
        勇 昂一; 中川貴之; 金子周司
        Clinical Neuroscience, 2015年
      • 縫線核脳切片培養系の特徴と向精神薬によるセロトニン神経機能変化の作用解析
        中川貴之; 永安一樹; 金子周司
        日本神経精神薬理学雑誌, 2015年, 査読有り, 招待有り
      • ケタミンは縫線核AMPA受容体及びニコチン性アセチルコリン受容体を介して前頭前皮質5-HT遊離を引き起こす
        西谷 直也; 永安 一樹; 浅岡 希美; 山城 茉弓; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2014年11月
      • 【脳内炎症の制御を基盤とした脳血管疾患の新規治療戦略】免疫系細胞の異常活性化による脳虚血傷害の病態進展 ミクログリア/マクロファージのiNOS発現におけるTRPM2の役割
        白川 久志; 崎元 伸哉; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2014年09月
      • 過酸化水素膀胱内注入による有痛性慢性膀胱炎モデルの作製と評価
        土岸 広治; 小寺 みずき; 尾山 翔平; 寳満 隆; 白川 久志; 尾山 達哉; 中川 貴之; 金子 周司
        日本排尿機能学会誌, 2014年09月
      • Raphe AMPA receptors and nicotinic acetylcholine receptors mediate ketamine-induced serotonin release in the rat prefrontal cortex
        Naoya Nishitani; Kazuki Nagayasu; Nozomi Asaoka; Mayumi Yamashiro; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 2014年08月, 査読有り
      • 過酸化水素膀胱内注入による有痛性慢性膀胱炎モデルの作製と評価
        土岸 広治; 寳満 隆; 小寺 みずき; 都築 徹教; 白川 久志; 尾山 達哉; 中川 貴之; 金子 周司
        PAIN RESEARCH, 2014年06月
      • Inhalation Administration of Valerena-4,7(11)-diene from Nardostachys chinensis Roots Ameliorates Restraint Stress-Induced Changes in Murine Behavior and Stress-Related Factors
        Hiroaki Takemoto; Yuka Omameuda; Michiho Ito; Tatsuo Fukuda; Shuji Kaneko; Akinori Akaike; Yoshinori Kobayashi
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2014年06月, 査読有り
      • Control of Intermale Aggression by Medial Prefrontal Cortex Activation in the Mouse
        Aki Takahashi; Kazuki Nagayasu; Naoya Nishitani; Shuji Kaneko; Tsuyoshi Koide
        PLOS ONE, 2014年04月, 査読有り
      • Pharmacological Characterization of Standard Analgesics on Oxaliplatin-Induced Acute Cold Hypersensitivity in Mice
        Meng Zhao; Saki Nakamura; Takahito Miyake; Kanako So; Hisashi Shirakawa; Shogo Tokuyama; Minoru Narita; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2014年04月, 査読有り
      • 慢性及び難治性疼痛発症機序の解明と創薬に向けて 神経障害性疼痛における免疫系細胞に発現するtransient receptor potential melastatin 2チャネルの役割
        中川 貴之; 勇 昂一; 原口 佳代; 宗 可奈子; 朝倉 佳代子; 白川 久志; 金子 周司
        薬学雑誌, 2014年03月
      • Preventive and alleviative effect of tramadol on neuropathic pain in rats: roles of α₂-adrenoceptors and spinal astrocytes.
        Sakakiyama M; Maeda S; Isami K; Asakura K; So K; Shirakawa H; Nakagawa T; Kaneko S
        Journal of Pharmacological Sciences, 2014年02月, 査読有り
      • TRPM2 contributes to LPS/IFNγ-induced production of nitric oxide via the p38/JNK pathway in microglia
        T. Miyake; H. Shirakawa; A. Kusano; S. Sakimoto; M. Konno; T. Nakagawa; Y. Mori; S. Kaneko
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2014年02月, 査読有り
      • 末梢神経損傷により中枢移行する免疫系細胞と神経障害性疼痛の関連
        中川 貴之; 白川 久志; 金子 周司
        遺伝子医学MOOK(メディカルドゥ), 2014年, 査読有り
      • Effective concentration-based serum pharmacodynamics for antifungal azoles in a murine model of disseminated Candida albicans infection
        Katsuyuki Maki; Shuji Kaneko
        European Journal of Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 2013年12月, 査読有り
      • 【神経精神疾患における脳内環境破綻の分子基盤】神経障害性疼痛と末梢免疫系細胞の中枢移行 末梢神経損傷により脊髄内浸潤する免疫系細胞と神経障害性疼痛の関わり TRPM2チャネルの役割
        中川 貴之; 勇 昂一; 原口 佳代; 宗 可奈子; 朝倉 佳代子; 白川 久志; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2013年11月
      • Chronic effects of antidepressants on serotonin release in rat raphe slice cultures: high potency of milnacipran in the augmentation of serotonin release
        Kazuki Nagayasu; Maiko Kitaichi; Naoya Nishitani; Nozomi Asaoka; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 2013年11月, 査読有り
      • 光遺伝学的手法を用いた背側縫線核セロトニン神経の特異的刺激による行動学的変化
        西谷 直也; 永安 一樹; 浅岡 希美; 山城 茉弓; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2013年10月
      • セロトニン神経における光遺伝学的解析を可能とするレンチウイルスベクターの開発
        永安 一樹; 浅岡 希美; 西谷 直也; 山城 茉弓; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2013年10月
      • 過酸化水素膀胱内注入による新規慢性膀胱炎モデルの構築
        土岸 広治; 寳満 隆; 都築 徹教; 白川 久志; 尾山 達哉; 中川 貴之; 金子 周司
        日本排尿機能学会誌, 2013年09月
      • Involvement of TRPM2 in Peripheral Nerve Injury-Induced Infiltration of Peripheral Immune Cells into the Spinal Cord in Mouse Neuropathic Pain Model
        Kouichi Isami; Kayo Haraguchi; Kanako So; Kayoko Asakura; Hisashi Shirakawa; Yasuo Mori; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        PLOS ONE, 2013年07月, 査読有り
      • Transient Receptor Potential Canonical 3 Inhibitor Pyr3 Improves Outcomes and Attenuates Astrogliosis After Intracerebral Hemorrhage in Mice
        Masaya Munakata; Hisashi Shirakawa; Kazuki Nagayasu; Jun Miyanohara; Takahito Miyake; Takayuki Nakagawa; Hiroshi Katsuki; Shuji Kaneko
        STROKE, 2013年07月, 査読有り
      • Neurovascular Unitにおけるミクログリアの多様な役割 ~神経機能に対する積極的な調節とその善悪二面性~
        白川久志; 中川貴之; 金子周司
        実験医学, 2013年, 査読有り, 招待有り
      • グリア細胞におけるMAPキナーゼ
        白川久志; 中川貴之; 金子周司
        Clinical Neuroscience, 2013年, 招待有り
      • Slc1 glutamate transporters and diseases: Psychiatric diseases and pathological pain
        Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        Current Molecular Pharmacology, 2013年, 査読有り
      • A novel mouse model of chronic inflammatory and overactive bladder by a single intravesical injection of hydrogen peroxide
        T. Homan; T. Tsuzuki; K. Dogishi; H. Shirakawa; T. Oyama; T. Nakagawa; S. Kaneko
        Journal of Pharmacological Sciences, 2013年, 査読有り
      • Yokukansan inhibits morphine tolerance and physical dependence in mice: The role of α2A-adrenoceptor
        T. Nakagawa; K. Nagayasu; N. Nishitani; H. Shirakawa; K. Sekiguchi; Y. Ikarashi; Y. Kase; S. Kaneko
        Neuroscience, 2012年12月, 査読有り
      • 抗うつ薬およびトラマドールの神経障害性疼痛改善作用におけるアストロサイトの役割
        榊山 実; 前田 早苗; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2012年10月
      • 抗精神薬の縫線核培養切片への処置はセロトニンの遊離を引き起こす
        永安 一樹; 北市 麻衣子; 浅岡 希美; 西谷 直也; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2012年10月
      • Acute cold hypersensitivity characteristically induced by oxaliplatin is caused by the enhanced responsiveness of TRPA1 in mice
        Meng Zhao; Kouichi Isami; Saki Nakamura; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        MOLECULAR PAIN, 2012年07月, 査読有り
      • Stimulation of transient receptor potential vanilloid 4 channel suppresses abnormal activation of microglia induced by lipopolysaccharide
        Masakazu Konno; Hisashi Shirakawa; Shota Iida; Shinya Sakimoto; Ikkei Matsutani; Takahito Miyake; Keiko Kageyama; Takayuki Nakagawa; Koji Shibasaki; Shuji Kaneko
        GLIA, 2012年05月, 査読有り
      • マウス脳内出血モデルにおけるTRPC3阻害薬の作用
        宗像 将也; 白川 久志; 崎元 伸哉; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2012年03月
      • TRPV4開口刺激は細胞膜の脱分極を介してミクログリア活性化を抑制する
        白川 久志; 金野 真和; 三宅 崇仁; 飯田 将太; 中川 貴之; 柴崎 貢志; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2012年03月
      • TRPM2 Contributes to Inflammatory and Neuropathic Pain through the Aggravation of Pronociceptive Inflammatory Responses in Mice
        Kayo Haraguchi; Ai Kawamoto; Kouichi Isami; Sanae Maeda; Ayaka Kusano; Kayoko Asakura; Hisashi Shirakawa; Yasuo Mori; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2012年03月, 査読有り
      • Kcna1-mutant rats dominantly display myokymia, neuromyotonia and spontaneous epileptic seizures.
        Saeko Ishida; Yu Sakamoto; Takeshi Nishio; Stéphanie Baulac; Mitsuru Kuwamura; Yukihiro Ohno; Akiko Takizawa; Shuji Kaneko; Tadao Serikawa; Tomoji Mashimo
        Brain Research, 2012年01月, 査読有り
      • 炎症性および神経障害性疼痛におけるTRPM2の役割
        中川 貴之; 金子周司
        医学のあゆみ, 2012年, 招待有り
      • 脳疾患におけるアストロサイトを標的とした創薬 −脳内出血に伴う神経機能障害に着目して−
        白川久志; 中川貴之; 金子周司
        遺伝子医学MOOK(メディカルドゥ), 2012年, 査読有り, 招待有り
      • Kcna1-mutant rats dominantly display myokymia, neuromyotonia and spontaneous epileptic seizures
        Saeko Ishida; Yu Sakamoto; Takeshi Nishio; Stephanie Baulac; Mitsuru Kuwamura; Yukihiro Ohno; Akiko Takizawa; Shuji Kaneko; Tadao Serikawa; Tomoji Mashimo
        BRAIN RESEARCH, 2012年01月, 査読有り
      • Calumin, a Ca2+-binding protein on the endoplasmic reticulum, alters the ion permeability of Ca2+ release-activated Ca2+ (CRAC) channels
        Masakazu Konno; Hisashi Shirakawa; Takahito Miyake; Shinya Sakimoto; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2012年01月, 査読有り
      • Involvement of NOX1/NADPH Oxidase in Morphine-Induced Analgesia and Tolerance
        Masakazu Ibi; Kuniharu Matsuno; Misaki Matsumoto; Mika Sasaki; Takayuki Nakagawa; Masato Katsuyama; Kazumi Iwata; Jia Zhang; Shuji Kaneko; Chihiro Yabe-Nishimura
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2011年12月, 査読有り
      • 抗うつ薬持続処置が縫線核培養切片での5-HT遊離に与える影響
        北市 麻衣子; 永安 一樹; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2011年10月
      • 縫線核培養切片を用いた抗うつ薬持続処置が5-HT遊離に与える影響の比較解析
        北市 麻衣子; 永安 一樹; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2011年10月
      • TRPA1 underlies a sensing mechanism for O-2
        Nobuaki Takahashi; Tomoyuki Kuwaki; Shigeki Kiyonaka; Tomohiro Numata; Daisuke Kozai; Yusuke Mizuno; Shinichiro Yamamoto; Shinji Naito; Ellen Knevels; Peter Carmeliet; Toru Oga; Shuji Kaneko; Seiji Suga; Toshiki Nokami; Jun-ichi Yoshida; Yasuo Mori
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2011年10月, 査読有り
      • TRPA1 underlies a sensing mechanism for O-2
        Nobuaki Takahashi; Tomoyuki Kuwaki; Shigeki Kiyonaka; Tomohiro Numata; Daisuke Kozai; Yusuke Mizuno; Shinichiro Yamamoto; Shinji Naito; Ellen Knevels; Peter Carmeliet; Toru Oga; Shuji Kaneko; Seiji Suga; Toshiki Nokami; Jun-ichi Yoshida; Yasuo Mori
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2011年10月, 査読有り
      • Repeated Exposure to Methamphetamine, Cocaine or Morphine Induces Augmentation of Dopamine Release in Rat Mesocorticolimbic Slice Co-Cultures
        Takayuki Nakagawa; Yuichi Suzuki; Kazuki Nagayasu; Maiko Kitaichi; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        PLOS ONE, 2011年09月, 査読有り
      • モルヒネ身体依存形成に対する抑肝散および構成生薬の抑制作用とそのメカニズム
        中川 貴之; 白川 久志; 関口 協二; 五十嵐 康; 加瀬 義夫; 金子 周司
        日本アルコール・薬物医学会雑誌, 2011年08月
      • 抗うつ薬持続処置によるセロトニン遊離増強におけるAMPA受容体の関与
        更田 宏史; 永安 一樹; 北市 麻衣子; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2011年03月
      • リポ多糖誘発ミクログリア異常活性化に対するTRPV4開口刺激による抑制作用
        金野 真和; 白川 久志; 飯田 将太; 柴崎 貢志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年03月
      • モルヒネ身体依存形成に対する抑肝散の抑制作用とそのメカニズム
        中川 貴之; 白川 久志; 関口 恊二; 五十嵐 康; 加瀬 義夫; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年03月
      • TRPチャネルの新しい活性調節機構 TRPチャネルによる脳内グリア細胞の新しい活性調節機構
        白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年03月
      • Spinal Astrocytes as Therapeutic Targets for Pathological Pain
        Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2010年12月, 査読有り
      • Utility of organotypic raphe slice cultures to investigate the effects of sustained exposure to selective 5-HT reuptake inhibitors on 5-HT release
        Kazuki Nagayasu; Yumi Yatani; Maiko Kitaichi; Yutaka Kitagawa; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2010年12月, 査読有り
      • Human Sodium Phosphate Transporter 4 (hNPT4/SLC17A3) as a Common Renal Secretory Pathway for Drugs and Urate
        Promsuk Jutabha; Naohiko Anzai; Kenichiro Kitamura; Atsuo Taniguchi; Shuji Kaneko; Kunimasa Yan; Hideomi Yamada; Hidetaka Shimada; Toru Kimura; Tomohisa Katada; Toshiyuki Fukutomi; Kimio Tomita; Wako Urano; Hisashi Yamanaka; George Seki; Toshiro Fujita; Yoshinori Moriyama; Akira Yamada; Shunya Uchida; Michael F. Wempe; Hitoshi Endou; Hiroyuki Sakurai
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年11月, 査読有り
      • 抗うつ薬の縫線核培養切片への持続処置はAMPA受容体依存的な開口放出によるセロトニンの遊離を増強する
        永安 一樹; 北市 麻衣子; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2010年09月
      • Transient Receptor Potential Canonical 3 (TRPC3) Mediates Thrombin-Induced Astrocyte Activation and Upregulates Its Own Expression in Cortical Astrocytes
        Hisashi Shirakawa; Shinya Sakimoto; Kenji Nakao; Aiko Sugishita; Masakazu Konno; Shota Iida; Ayaka Kusano; Emina Hashimoto; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2010年09月, 査読有り
      • Roles of β- and α2-adrenoceptors within the central nucleus of the amygdala in the visceral pain-induced aversion in rats
        S. Deyama; A. Takishita; S. Tanimoto; S. Ide; T. Nakagawa; M. Satoh; M. Minami
        Journal of Pharmacological Sciences, 2010年09月, 査読有り
      • アストロサイト異常活性化におけるTRPC1の病態生理学的重要性(Pathophysiological implication of TRPC1 in thrombin-induced astrocyte activation)
        白川 久志; 金野 真和; 崎元 伸哉; 草野 綾香; 飯田 将太; 橋本 恵美奈; 中川 貴之; 金子 周司
        神経化学, 2010年08月
      • Sustained Exposure to 3,4-Methylenedioxymethamphetamine Induces the Augmentation of Exocytotic Serotonin Release in Rat Organotypic Raphe Slice Cultures
        Kazuki Nagayasu; Maiko Kitaichi; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2010年06月, 査読有り
      • 小胞体ストア感受性チャネル(SOC)機能に対する小胞体Ca2+結合タンパク質caluminの関与
        金野 真和; 白川 久志; 中川 貴之; 竹島 浩; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2010年03月
      • カルシウムシグナリング研究の最前線 電位非依存性カルシウムチャネルの様々な生理・病理機能 脳内グリア細胞におけるtransient receptor potential channelの病態生理的役割
        白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        薬学雑誌, 2010年03月
      • 生体防御機構におけるイオンチャネル機能研究の新展開と創薬 脳内防御を担うミクログリアの活性化制御におけるTRPチャネルの役割
        白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2010年03月
      • 縫線核セロトニン神経含有中脳冠状切片におけるSSRI持続処置によるセロトニン遊離増強現象のメカニズム
        中川 貴之; 永安 一樹; 八谷 有美; 北市 麻衣子; 白川 久志; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2010年03月
      • The Involvement of Aldose Reductase in Alterations to Neurotrophin Receptors and Neuronal Cytoskeletal Protein mRNA Levels in the Dorsal Root Ganglion of Streptozotocin-Induced Diabetic Rats
        Yukinori Shimoshige; Ryugo Enomoto; Toshiaki Aoki; Nobuya Matsuoka; Shuji Kaneko
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2010年01月, 査読有り
      • Identification of a Novel Planarian G-Protein-Coupled Receptor That Responds to Serotonin in Xenopus laevis Oocytes
        Kaneyasu Nishimura; Kazuhiro Unemura; Jun Tsushima; Yosuke Yamauchi; Jun Otomo; Takashi Taniguchi; Shuji Kaneko; Kiyokazu Agata; Yoshihisa Kitamura
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2009年10月, 査読有り
      • Reciprocal regulation of ATPγS-induced monocyte chemoattractant protein-1 production by ERK and p38 MAP kinasesin rat corticostriatal slice cultures
        T. Katayama; M. Ito; S. Kaneko; M. Satoh; T. Uehara; M. Minami
        Journal of Neuroscience Research, 2009年05月, 査読有り
      • 活性化ミクログリアにおけるTRPV4の病態生理学的役割
        松谷 一慶; 金野 真和; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2009年03月
      • TRPM2ノックアウトマウスの網羅的行動解析
        山口 健太郎; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2009年03月
      • カルシウムシグナリング研究の最前線 電位非依存性カルシウムチャネルの様々な生理・病理機能 脳内グリア細胞におけるTRPチャネルの病態生理的役割
        白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2009年03月
      • Role of enhanced noradrenergic transmission within the ventral bed nucleus of the stria terminalis in visceral pain-induced aversion in rats
        Satoshi Deyama; Takahiro Katayama; Naoto Kondoh; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Taku Yamaguchi; Mitsuhiro Yoshioka; Masabumi Minami
        BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 2009年02月, 査読有り
      • TRPV1 stimulation triggers apoptotic cell death of rat cortical neurons
        Hisashi Shirakawa; Tomoko Yamaoka; Kazuaki Sanpei; Hirotoshi Sasaoka; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年12月, 査読有り
      • Gene transfer of GLT-1, a glial glutamate transporter, into the spinal cord by recombinant adenovirus attenuates inflammatory and neuropathic pain in rats
        Sanae Maeda; Ai Kawamoto; Yumi Yatani; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        MOLECULAR PAIN, 2008年12月, 査読有り
      • Mechanisms of substrate transport-induced clustering of a glial glutamate transporter GLT-1 in astroglial-neuronal cultures
        Takayuki Nakagawa; Yasuto Otsubo; Yumi Yatani; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2008年11月, 査読有り
      • Dibutyryl cyclic AMP induces differentiation of human neuroblastoma SH-SY5Y cells into a noradrenergic phenotype
        Toshiaki Kume; Yuka Kawato; Fumitaka Osakada; Yasuhiko Izumi; Hiroshi Katsuki; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Tetsuhiro Niidome; Yuki Takada-Takatori; Akinori Akaike
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2008年10月, 査読有り
      • NO介在性interferon-γシグナルの減弱を伴うアトピーモデルマウス由来ケラチノサイトクローン
        天野 博夫; 岡田 和幸; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2008年09月
      • Reactive oxygen species derived from NOX1/NADPH oxidase enhance inflammatory pain
        Masakazu Ibi; Kuniharu Matsuno; Dai Shiba; Masato Katsuyama; Kazumi Iwata; Tomoko Kakehi; Takayuki Nakagawa; Kazunori Sango; Yasuhito Shirai; Takahiko Yokoyama; Shuji Kaneko; Naoaki Saito; Chihiro Yabe-Nishimura
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2008年09月, 査読有り
      • Augmentation of serotonin release by sustained exposure to MDMA and methamphetamine in rat organotypic mesencephalic slice cultures containing raphe serotonergic neurons
        Megumi Higuchi; Yuichi Suzuki; Yumi Yatani; Yutaka Kitagawa; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2008年09月, 査読有り
      • Ca(2+) mobilization mediated by transient receptor potential canonical 3 is associated with thrombin-induced morphological changes in 1321N1 human astrocytoma cells
        Kenji Nakao; Hisashi Shirakawa; Aiko Sugishita; Ikkei Matsutani; Tetsuhiro Niidome; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008年09月, 査読有り
      • Activation of the β-adrenoceptor-protein kinase A signaling pathway within the ventral bed nucleus of the stria terminalis mediates the negative affective component of pain in rats
        S. Deyama; T. Katayama; A. Ohno; T. Nakagawa; S. Kaneko; T. Yamaguchi; M. Yoshioka; M. Minami
        Journal of Neuroscience, 2008年07月, 査読有り
      • TRPM2-mediated Ca(2+) influx induces chemokine production in monocytes that aggravates inflammatory neutrophil infiltration
        Shinichiro Yamamoto; Shunichi Shimizu; Shigeki Kiyonaka; Nobuaki Takahashi; Teruaki Wajima; Yuji Hara; Takaharu Negoro; Toshihito Hiroi; Yuji Kiuchi; Takaharu Okada; Shuji Kaneko; Ingo Lange; Andrea Fleig; Reinhold Penner; Miyuki Nishi; Hiroshi Takeshima; Yasuo Mori
        NATURE MEDICINE, 2008年07月, 査読有り
      • Differential contribution of spinal mitogen-activated protein kinases to the phase of long-lasting allodynia evoked by intrathecal administration of ATP in rats
        Takayuki Nakagawa; Kayo Wakamatsu; Sanae Maeda; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 2008年06月, 査読有り
      • アストロサイトにおけるthrombin誘発形態変化およびTRPC3発現誘導の解析
        杉下 亜維子; 中尾 賢治; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2008年03月
      • 脳切片培養系を用いた依存性薬物の精神神経毒性評価 ー薬物依存のin vitro研究ー
        中川貴之; 金子周司
        日本アルコール・薬物医学会雑誌, 2008年, 査読有り, 招待有り
      • Neuropsychotoxicity of abused drugs: Molecular and neural mechanisms of neuropsychotoxicity induced by methamphetamine, 3,4-methylenedioxymethamphetamine (Ecstasy), and 5-methoxy-N,N-diisopropyltryptamine (Foxy)
        Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2008年01月, 査読有り
      • Acceleration of serotonin transporter transport-associated current by 3,4-methylenedioxymethanphetamine (MDMA) under acidic conditions
        Yosuke Yamauchi; Takaya Uumi; Kazuhiro Unemura; Yoshie Uenishi; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2007年11月, 査読有り
      • Increased Ca2+ channel currents in cerebellar Purkinje cells of the ataxic groggy rat
        K. Tanaka; H. Shirakawa; K. Okada; M. Konno; T. Nakagawa; T. Serikawa; S. Kaneko
        Neuroscience Letters, 2007年10月16日, 査読有り
      • Increased Ca2+ channel currents in cerebellar Purkinje cells of the ataxic groggy rat
        Kenta Tanaka; Hisashi Shirakawa; Kazuyuki Okada; Masakazu Konno; Takayuki Nakagawa; Tadao Serikawa; Shuji Kaneko
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2007年10月, 査読有り
      • Inhibition of glutamatergic transmission by morphine in the basolateral amygdaloid nucleus reduces pain-induced aversion
        Satoshi Deyama; Junki Yamamoto; Taiichi Machida; Sachi TaniMoto; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Masamichi Satoh; Masabumi Minami
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年10月, 査読有り
      • Intrathecal administration of atp produces long-lasting allodynia in rats: Differential mechanisms in the phase of the induction and maintenance
        T. Nakagawa; K. Wakamatsu; N. Zhang; S. Maeda; M. Minami; M. Satoh; S. Kaneka
        NEUROSCIENCE, 2007年06月, 査読有り
      • Ca2+ transport activity of scallop divalent metal transporter at the concentration of seawater level
        Masaya Takagi; Junko Takiya; Kenji Nakao; Syuji Kaneko; Haruhiko Toyohara
        FISHERIES SCIENCE, 2007年06月, 査読有り
      • 創薬のターゲットとしてのイオンチャネル TRPチャネルと神経細胞死(Ion channels as potential drug targets TRP channels and neuronal death)
        白川 久志; 山岡 とも子; 赤池 昭紀; 金子 周司
        日本薬学会年会要旨集, 2007年03月
      • 培養大脳皮質ニューロンに発現するTRPV1の活性化は神経細胞死を惹起する
        山岡 とも子; 白川 久志; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2007年02月
      • Groggyラット由来変異型Cav2.1チャネルの電気生理学的特性の検討
        田中 健太; 白川 久志; 岡田 和幸; 徳田 智子; 芹川 忠夫; 中川 貴之; 金子 周司
        日本薬理学雑誌, 2007年02月
      • The ataxic groggy rat has a missense mutation in the P/Q-type voltage-gated Ca2+ channel α1A subunit gene and exhibits absence seizures
        S. Tokuda; T. Kuramoto; K. Tanaka; S. Kaneko; I.K. Takeuchi; M. Sasa; T. Serikawa
        Brain Research, 2007年02月, 査読有り
      • Involvement of the bed nucleus of the stria terminalis in the negative affective component of visceral and somatic pain in rats
        Satoshi Deyama; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Takashi Uehara; Masabumi Minami
        BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 2007年01月, 査読有り
      • Characterization of the tritium-labeled analog of L-threo-β- benzyloxyaspartate binding to glutamate transporters
        K. Shimamoto; Y. Otsubo; Y. Shigeri; Y. Yasuda-Kamatani; M. Satoh; S. Kaneko; T. Nakagawa
        Molecular Pharmacology, 2007年01月, 査読有り
      • Serofendic acid, a neuroprotective substance derived from fetal calf serum, inhibits mitochondrial membrane depolarization and caspase-3 activation
        Toshiaki Kume; Ryota Taguchi; Hiroshi Katsuki; Masaharu Akao; Hachiro Sugimoto; Shuji Kaneko; Akinori Akaike
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2006年08月, 査読有り
      • Heterologous expression of a mammalian ABC transporter in plant and its application to phytoremediation (vol 61, pg 491, 2006)
        Kazufumi Yazaki; Nao Yamanaka; Tsugumi Masuno; Satoshi Konagai; Nobukazu Shitan; Shuji Kaneko; Kazumitsu Ueda; Fumihiko Sato
        PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 2006年08月, 査読有り
      • Inhibitory role of supraspinal P2X(3)/P2X(2/3) subtypes on nociception in rats
        Masato Fukui; Takayuki Nakagawa; Masabumi Minami; Masamichi Satoh; Shuji Kaneko
        MOLECULAR PAIN, 2006年06月, 査読有り
      • Heterologous expression of a mammalian ABC transporter in plant and its application to phytoremediation
        Kazufumi Yazaki; Nao Yamanaka; Tsugumi Masuno; Satoshi Konagai; Shuji Kaneko; Kazumitsu Ueda; Fumihiko Sato
        PLANT MOLECULAR BIOLOGY, 2006年06月, 査読有り
      • A critical role of TRPM2 in neuronal cell death hy hydrogen peroxide
        S Kaneko; S Kawakami; Y Hara; M Wakamori; E Itoh; T Minami; Y Takada; T Kume; H Katsuki; Y Mori; A Akaike
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2006年05月, 査読有り
      • Aminoglutethimide prevents excitotoxic and ischemic injuries in cortical neurons
        H Shirakawa; H Katsuki; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2006年04月, 査読有り
      • MDMAによるセロトニン放出および神経毒性発現の分子機序
        中川貴之; 金子周司
        医学のあゆみ, 2006年, 招待有り
      • Gene transfer of GLT-1, a glutamate transporter, into the nucleus accumbens shell attenuates methamphetamine- and morphine-induced conditioned place preference in rats
        M Fujio; T Nakagawa; Y Sekiya; T Ozawa; Y Suzuki; M Minami; M Satoh; S Kaneko
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2005年12月, 査読有り
      • Facilitative effect of a glutamate transporter inhibitor (2S,3S)-3-{3-[4-(trifluoromethyl)benzoylamino]benzyloxy}aspartate on the expression of methamphetamine-induced behavioral sensitization in rats
        M Fujio; T Nakagawa; Y Suzuki; M Satoh; S Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2005年12月, 査読有り
      • Inhibition of TRPC5 channels by Ca2+-binding protein 1 in Xenopus oocytes
        M Kinoshita-Kawada; JS Tang; R Xiao; S Kaneko; JK Foskett; MX Zhu
        PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 2005年08月, 査読有り
      • Scallop DMT functions as a Ca2+ transporter
        H Toyohara; S Yamamoto; M Hosoi; M Takagi; Hayashi, I; K Nakao; S Kaneko
        FEBS LETTERS, 2005年05月, 査読有り
      • Pregnenolone sulphate attenuates AMPA cytotoxicity on rat cortical neurons
        H Shirakawa; H Katsuki; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2005年05月, 査読有り
      • Pain modulation by spinal and supraspinal P2 purinoceptors
        Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko; Masamichi Satoh
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2005年, 査読有り
      • Involvement of the bed nucleus of the stria terminalis activated by the central nucleus of the amygdala in the negative affective component of morphine withdrawal in rats
        T Nakagawa; R Yamamoto; M Fujio; Y Suzuki; M Minami; M Satoh; S Kaneko
        NEUROSCIENCE, 2005年, 査読有り
      • ニューロアクティブステロイドによる興奮性神経毒性に対する制御
        白川 久志; 香月 博志; 久米 利明; 金子 周司; 赤池 昭紀
        日本薬理学雑誌, 2004年11月
      • α-Tocotrienol provides the most potent neuroprotection among vitamin E analogs on cultured striatal neurons
        F. Osakada; A. Hashino; T. Kume; H. Katsuki; S. Kaneko; A. Akaike
        Neuropharmacology, 2004年11月, 査読有り
      • Mechanisms of oxygen glucose deprivation-induced glutamate release from cerebrocortical slice cultures
        S Fujimoto; H Katsuki; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2004年10月, 査読有り
      • Modulation of Ca2+ channel currents by a novel antidementia drug N-(4-acetyl-1-piperazinyl)-p-fluorobenzamide monohydrate (FK960) in rat hippocampal neurons
        F Wang; N Matsuoka; S Mutoh; S Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2004年01月, 査読有り
      • Dopamine is involved in selectivity of dopaminergic neuronal death by rotenone
        N Sakka; H Sawada; Y Izumi; T Kume; H Katsuki; S Kaneko; S Shimohama; A Akaike
        NEUROREPORT, 2003年12月, 査読有り
      • Dopamine is involved in selectivity of dopaminergic neuronal death by rotenone
        N Sakka; H Sawada; Y Izumi; T Kume; H Katsuki; S Kaneko; S Shimohama; A Akaike
        NEUROREPORT, 2003年12月, 査読有り
      • Lipopolysaccharide-induced dopaminergic cell death in rat midbrain slice cultures: role of inducible nitric oxide synthase and protection by indomethacin
        H Shibata; H Katsuki; M Nishiwaki; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2003年09月, 査読有り
      • Serofendic acid prevents acute glutamate neurotoxicity in cultured cortical neurons
        R Taguchi; H Nishikawa; T Kume; T Terauchi; S Kaneko; H Katsuki; M Yonaga; H Sugimoto; A Akaike
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2003年09月, 査読有り
      • Lipopolysaccharide-induced dopaminergic cell death in rat midbrain slice cultures: role of inducible nitric oxide synthase and protection by indomethacin
        H Shibata; H Katsuki; M Nishiwaki; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2003年09月, 査読有り
      • Nicotinic acetylcholine receptor-mediated neuroprotection by donepezil against glutamate neurotoxicity in rat cortical neurons
        Y Takada; A Yonezawa; T Kume; H Katsuki; S Kaneko; H Sugimoto; A Akaike
        JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 2003年08月, 査読有り
      • N-methyl-D-aspartate receptors contribute to the maintenance of dopaminergic neurons in rat midbrain slice cultures
        H Katsuki; H Shibata; C Takenaka; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2003年05月, 査読有り
      • Neuroprotective effects of α-tocopherol on oxidative stress in rat striatal cultures
        F. Osakada; A. Hashino; T. Kume; H. Katsuki; S. Kaneko; A. Akaike
        European Journal of Pharmacology, 2003年03月, 査読有り
      • Alternative splicing of Cav2 genes and their functional significance
        Shuji Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 2003年, 査読有り
      • Development of a genre-specific electronic dictionary and automatic gloss-embedding system
        金子 周司
        Asialex, 445-449, 2003年, 査読有り
      • Life Science Dictionary: a versatile electronic database of medical and biological terms
        金子 周司
        Asialex, 434-439, 2003年, 査読有り
      • Modulation of Ca2+ channel currents by a novel anti-dementia drug FK960 in rat hippocampal neurons.
        金子 周司
        J.Pharmacol.Exp.Ther.,308,120-126, 2003年, 査読有り
      • Antagonism of NMDA receptors by σ receptor ligands attenuates chemical ischemia-induced neuronal death in vitro
        T. Kume; H. Nishikawa; R. Taguchi; A. Hashino; H. Katsuki; S. Kaneko; M. Minami; M. Satoh; A. Akaike
        European Journal of Pharmacology, 2002年11月, 査読有り
      • Regulation of N-methyl-D-aspartate cytotoxicity by neuroactive steroids in rat cortical neurons
        H Shirakawa; H Katsuki; T Kume; S Kaneko; J Ito; A Akaike
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2002年11月, 査読有り
      • Possible coupling of prostaglandin E receptor EP1 to TRP5 expressed in Xenopus laevis oocytes
        H Tabata; S Tanaka; Y Sugimoto; H Kanki; S Kaneko; A Ichikawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2002年11月, 査読有り
      • ウシ胎仔血清由来新規神経保護活性物質の作用
        田口 良太; 久米 利明; 白川 久志; 森 弘樹; 小坂田 文隆; 香月 博志; 金子 周司; 赤池 昭紀; 浅井 直樹; 真野 成康; 寺内 太朗; 浅川 直樹; 世永 雅弘; 西澤 幸夫; 杉本 八郎
        日本薬学会年会要旨集, 2002年03月
      • Adenosine 5′-triphosphate inhibits slow depolarization induced by repetitive dorsal root stimulation via P2Y purinoceptors in substantia gelatinosa neurons of the adult rat spinal cord slices with the dorsal root attached
        K. Yoshida; T. Nakagawa; S. Kaneko; A. Akaike; M. Satoh
        Neuroscience Letters, 2002年03月, 査読有り
      • G-protein-mediated regulation of P/Q-type calcium channels by alpha(2) and beta adrenergic receptors exogenously expressed in Xenopus oocytes
        S Kaneko; M Kinoshita; M Kanadzu; A Akaike; M Satoh
        CATECHOLAMINE RESEARCH: FROM MOLECULAR INSIGHTS TO CLINICAL MEDICINE, 2002年, 査読有り
      • Identification and characterization of novel human Cav2.2 (α1B calcium channel variants lacking the synaptic protein interaction site
        Kaneko S; Cooper C.B; Nishioka N; Yamasaki H; Suzuki A; Jarvis S.E; Akaike A; Satoh M; Zamponi G.W
        Journal of Neuroscience, 2002年01月, 査読有り
      • Identification and characterization of novel human Cav2.2 (α1B calcium channel variants lacking the synaptic protein interaction site
        S. Kaneko; C.B. Cooper; N. Nishioka; H. Yamasaki; A. Suzuki; S.E. Jarvis; A. Akaike; M. Satoh; G.W. Zamponi
        Journal of Neuroscience, 2002年01月, 査読有り
      • Activation of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor is essential for the opening of mouse TRP5 channels
        H Kanki; M Kinoshita; A Akaike; M Satoh; Y Mori; S Kaneko
        MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2001年11月, 査読有り
      • Activation of inositol 1,4,5-trisphosphate receptor is essential for the opening of mouse TRP5 channels
        H Kanki; M Kinoshita; A Akaike; M Satoh; Y Mori; S Kaneko
        MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2001年11月, 査読有り
      • NMDA誘発神経毒性及びホールセル電流に対するneuroactive steroidの作用
        白川 久志; 香月 博志; 田口 良太; 篠原 温美; 久米 利明; 金子 周司; 伊藤 壽一; 赤池 昭紀
        神経化学, 2001年09月
      • Binding of Gαo N Terminus Is Responsible for the Voltage-resistant Inhibition of α1A (P/Q-type, Ca v2.1) Ca2+ Channels
        M. Kinoshita; T. Nukada; T. Asano; Y. Mori; A. Akaike; M. Satoh; S. Kaneko
        Journal of Biological Chemistry, 2001年08月, 査読有り
      • Protective effects of 1α,25-(OH)2D3 against the neurotoxicity of glutamate and reactive oxygen species in mesencephalic culture
        M. Ibi; H. Sawada; M. Nakanishi; T. Kume; H. Katsuki; S. Kaneko; S. Shimohama; A. Akaike
        Neuropharmacology, 2001年05月, 査読有り
      • Requirement of neural activity for the maintenance of dopaminergic neurons in rat midbrain slice cultures
        H Katsuki; C Takenaka; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2001年03月, 査読有り
      • Superoxide dismutase activity in organotypic midbrain-striatum co-cultures is associated with resistance of dopaminergic neurons to excitotoxicity
        H Katsuki; M Tomita; C Takenaka; H Shirakawa; S Shimazu; M Ibi; T Kume; S Kaneko; A Akaike
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 2001年03月, 査読有り
      • Positive regulation of capacitative Ca2+ entry by intracellular Ca2+ in Xenopus oocytes expressing rat TRP4
        M Kinoshita; A Akaike; M Satoh; S Kaneko
        CELL CALCIUM, 2000年09月, 査読有り
      • Involvement of direct inhibition of NMDA receptors in the effects of σ- receptor ligands on glutamate neurotoxicity in vitro
        H. Nishikawa; A. Hashino; T. Kume; H. Katsuki; S. Kaneko; A. Akaike
        European Journal of Pharmacology, 2000年09月, 査読有り
      • σ Receptor ligands attenuate N-methyl-D-aspartate cytotoxicity in dopaminergic neurons of mesencephalic slice cultures
        S. Shimazu; H. Katsuki; C. Takenaka; M. Tomita; T. Kume; S. Kaneko; A. Akaike
        European Journal of Pharmacology, 2000年01月, 査読有り
      • p75-mediated neuroprotection by NGF against glutamate cytotoxicity in cortical cultures
        T Kume; H Nishikawa; H Tomioka; H Katsuki; A Akaike; S Kaneko; T Maeda; T Kihara; S Shimohama
        BRAIN RESEARCH, 2000年01月, 査読有り
      • Receptor-mediated modulation of voltage-dependent Ca2+ channels via heterotrimeric G-proteins in neurons
        S Kaneko; A Akaike; M Satoh
        JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1999年12月, 査読有り
      • Some physiological and pharmacological properties of slow depolarization of substantia gelatinosa neurons by repetitive stimulation of C-fibers of dorsal root in adult rat spinal cord slices with dorsal root attached
        K Mizukami; S Kounomi; S Kaneko; M Satoh
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1999年10月, 査読有り
      • Depletion of intracellular glutathione increases susceptibility to nitric oxide in mesencephalic dopaminergic neurons
        M Ibi; H Sawada; T Kume; H Katsuki; S Kaneko; S Shimohama; A Akaike
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1999年10月, 査読有り
      • Apoptotic DNA fragmentation and upregulation of Bax induced by transient ischemia of the rat retina
        K Kaneda; S Kashii; T Kurosawa; S Kaneko; A Akaike; Y Honda; M Minami; M Satoh
        BRAIN RESEARCH, 1999年01月, 査読有り
      • Inhibitory effects of bifemelane on brain Ca2+ channel subtypes expressed in Xenopus oocytes
        M Kinoshita; S Kaneko; T Yasuno; N Yada; A Akaike; M Satoh
        JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1998年09月, 査読有り
      • Intracellular Ca2+ store-operated influx of Ca2+ through TRP-R, a rat homolog of TRP, expressed in Xenopus oocytes
        Y Tomita; S Kaneko; M Funayama; H Kondo; M Satoh; A Akaike
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1998年06月, 査読有り
      • Inhibition by [Arg(8)]-vasopressin of long term potentiation in guinea pig hippocampal slice
        E Sakurai; T Maeda; S Kaneko; A Akaike; M Satoh
        JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1998年05月, 査読有り
      • Involvement of dendritic adhesion molecule telencephalin in hippocampal long-term potentiation
        E Sakurai; T Hashikawa; Y Yoshihara; S Kaneko; M Satoh; K Mori
        NEUROREPORT, 1998年03月, 査読有り
      • Involvement of dendritic adhesion molecule telencephalin in hippocampal long-term potentiation
        E Sakurai; T Hashikawa; Y Yoshihara; S Kaneko; M Satoh; K Mori
        NEUROREPORT, 1998年03月, 査読有り
      • Differential regulation of N- and Q-type Ca2+ channels by cyclic nucleotides and G-proteins
        S Kaneko; A Akaike; M Satoh
        LIFE SCIENCES, 1998年03月, 査読有り
      • Protective effect of MKC-231, a novel high affinity choline uptake enhancer, on glutamate cytotoxicity in cultured cortical neurons
        A Akaike; T Maeda; S Kaneko; Y Tamura
        JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1998年02月, 査読有り
      • Bifemelane protects cultured cortical neurons against N-methyl-D-aspartate receptor-mediated glutamate cytotoxicity
        A. Akaike; T. Maeda; T. Kume; S. Kaneko
        Japanese Journal of Pharmacology, 1998年, 査読有り
      • Cut-open recording techniques
        S Kaneko; A Akaike; M Satoh
        ION CHANNELS, PT B, 1998年, 査読有り
      • Protective effect of neurotrophin against glutamate neurotoxicity in coritcal cultures.
        Toshiaki Kume; Hiroshi Katsukim; Akinori Akaike; Shuji Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 1998年, 査読有り
      • 'Cut-open' method: A new method for Xenopus oocytes that enables intracellular perfusion and stable current recording
        Shuji Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 1998年, 査読有り
      • Nicotinic α7 receptors protect against glutamate neurotoxicity and neuronal ischemic damage
        S. Shimohama; D.L. Greenwald; D.H. Shafron; A. Akaika; T. Maeda; S. Kaneko; J. Kimura; C.E. Simpkins; A.L. Day; E.M. Meyer
        Brain Research, 1998年01月, 査読有り
      • Nicotine protects cultured cortical neurons against glutamate-induced cytotoxicity via α7-neuronal receptors and neuronal CNS receptors
        S. Kaneko; T. Maeda; T. Kume; H. Kochiyama; A. Akaike; S. Shimohama; J. Kimura
        Brain Research, 1997年08月08日, 査読有り
      • 薬理学の新しい研究領域: ファルマインフォマティックス
        辻本豪三; 野口照久; 伊倉光彦; 水島洋; 金子周司; 田中利男
        日本薬理学雑誌, 1997年07月, 査読有り
      • Inhibition of Ca2+ channel current by μ- and κ-opioid receptors coexpressed in Xenopus oocytes: Desensitization dependence on Ca2+ channel α1 subunits
        S. Kaneko; N. Yada; K. Fukuda; M. Kikuwaka; A. Akaike; M. Satoh
        British Journal of Pharmacology, 1997年06月, 査読有り
      • BDNF prevents NO mediated glutamate cytotoxicity in cultured cortical neurons
        T Kume; H Kouchiyama; S Kaneko; T Maeda; S Kaneko; A Akaike; S Shimohama; T Kihara; J Kimura; K Wada; S Koizumi
        BRAIN RESEARCH, 1997年05月, 査読有り
      • Ether extract of fetal calf serum protects cultured rat cortical neurons against glutamate cytotoxicity
        T Kume; H Kohchiyama; H Nishikawa; T Maeda; S Kaneko; A Akaike; N Noda; T Fujita
        JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1997年04月, 査読有り
      • Ether extract of fetal calf serum protects cultured rat cortical neurons against glutamate cytotoxicity
        T Kume; H Kohchiyama; H Nishikawa; T Maeda; S Kaneko; A Akaike; N Noda; T Fujita
        JAPANESE JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1997年04月, 査読有り
      • Effects of B vitamins on glutamate-induced neurotoxicity in retinal cultures
        K Kaneda; M Kikuchi; S Kashii; Y Honda; T Maeda; S Kaneko; A Akaike
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 1997年03月, 査読有り
      • Direct evidence for increase in excitatory amino acids release during mossy fiber LTP in rat hippocampal slices as revealed by the patch sensor methods
        T Maeda; S Kaneko; A Akaike; M Satoh
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1997年03月, 査読有り
      • Cognitive enhancers and hippocampal long-term potentiation in vitro
        S Kaneko; T Maeda; M Satoh
        BEHAVIOURAL BRAIN RESEARCH, 1997年02月, 査読有り
      • Involvement of M(2) receptor in an enhancement of long-term potentiation by carbachol in Schaffer collateral-CA1 synapses of hippocampal slices
        Y Shimoshige; T Maeda; S Kaneko; A Akaike; M Satoh
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 1997年02月, 査読有り
      • L-DOPA neurotoxicity is mediated by glutamate release in cultured rat striatal neurons
        T. Maeda; N.-N. Cheng; T. Kume; S. Kaneko; H. Kouchiyama; A. Akaike; M. Ueda; M. Satoh; Y. Goshima; Y. Misu
        Brain Research, 1997年, 査読有り
      • Opioid receptors
        M. Minami; S. Kaneko; M. Satoh
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1997年, 査読有り
      • オピオイド受容体
        金子 周司
        蛋白質核酸酵素,42/,335-342, 1997年, 査読有り
      • Opioid receptor
        金子 周司
        ,42/,335-342, 1997年, 査読有り
      • JJPホームページ開設1年間の利用実績
        金子 周司
        日薬理誌, 1997年, 査読有り
      • Cyclic AMP-dependent modulation of N- and Q-type Ca2+ channels expressed in Xenopus oocytes
        K Fukuda; S Kaneko; N Yada; M Kikuwaka; A Akaike; M Satoh
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1996年10月, 査読有り
      • 研究・教育に活かせるインターネット資源
        金子 周司
        日本薬理学雑誌, 1996年08月01日, 査読有り
      • Galanin inhibits long-term potentiation at Schaffer collateral-CA1 synapses in guinea-pig hippocampal slices
        E Sakurai; T Maeda; S Kaneko; A Akaike; M Satoh
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1996年07月, 査読有り
      • ネットワークでの文献検索
        金子 周司
        化学と生物, 1996年04月25日, 査読有り
      • 電子辞書作成プロジェクトと英語教育の接点
        大武博; ポールスヌークス; 久保田章; 金子周司; 鵜川義弘; 竹内浩昭; 竹腰正隆; 藤田信之
        『中部地区英語教育学会紀要』, 1996年04月01日
      • Differential neurotoxicity induced by L-DOPA and dopamine in cultured striatal neurons
        N.-N. Cheng; T. Maeda; T. Kume; S. Kaneko; H. Kochiyama; A. Akaike; Y. Goshima; Y. Misu
        Brain Research, 1996年, 査読有り
      • JJPホームベージの開設と最近の電子図書館事情
        金子 周司
        日薬理誌, 1996年, 査読有り
      • インターネット3種の神器:総論
        金子 周司
        実験医学, 1996年, 査読有り
      • 卵母細胞翻訳系を用いたレセプター・イオンチャネルの機能解析
        金子 周司
        日本薬理学雑誌, 1995年10月01日, 査読有り
      • PATCH SENSOR DETECTION OF GLUTAMATE RELEASE EVOKED BY A SINGLE ELECTRICAL SHOCK
        T MAEDA; Y SHIMOSHIGE; K MIZUKAMI; S SHIMOHAMA; S KANEKO; A AKAIKE; M SATOH
        NEURON, 1995年08月, 査読有り
      • Different rate of desensitization in the multiple signaling pathways of opioid receptor
        Shuji Kaneko; Nobumichi Yada; Kei Adachi; Akinori Akaike; Masamichi Satoh
        Folia Pharmacologica Japonica, 1995年, 査読有り
      • Analysis of receptor-ion channel functions in Xenopus oocyte translation system
        Shuji Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 1995年, 査読有り
      • ライフサイエンス辞書2の制作と公開
        金子 周司
        日本コンピュータサイエンス学会誌,Vol.2,No.2,135-142, 1995年, 査読有り
      • ライフサイエンスのための英和変換ツール
        金子 周司
        日本コンピュータサイエンス学会誌,Vol.2,No.1,41-45, 1995年, 査読有り
      • Diversity of intracellular signaling from opioid receptors
        金子 周司
        ,174/,192-193, 1995年, 査読有り
      • Ca<sup>2+</sup> channel inhibition by κ opioid receptors expressed in xenopus oocytes
        Kaneko S; Fukuda K; Yada N; Akaike A; Mori Y; Satoh M
        NeuroReport, 1994年12月, 査読有り
      • Ca2 channel inhibition by κ opioid receptors expressed in Xenopus oocytes
        S. Kaneko; K. Fukuda; N. Yada; A. Akaike; Y. Mori; M. Satoh
        NeuroReport, 1994年12月, 査読有り
      • Mobilization of intracellular Ca2+ and stimulation of cyclic AMP production by κ opioid receptors expressed in Xenopus oocytes
        S. Kaneko; S. Nakamura; K. Adachi; A. Akaike; M. Satoh
        Molecular Brain Research, 1994年12月, 査読有り
      • PROSTAGLANDIN E(2) PROTECTS CULTURED CORTICAL-NEURONS AGAINST N-METHYL-D-ASPARTATE RECEPTOR-MEDIATED GLUTAMATE CYTOTOXICITY
        A AKAIKE; S KANEKO; Y TAMURA; N NAKATA; H SHIOMI; F USHIKUBI; S NARUMIYA
        BRAIN RESEARCH, 1994年11月, 査読有り
      • ROLES OF ENDOGENOUS CHOLINERGIC NEURONS IN THE INDUCTION OF LONG-TERM POTENTIATION AT HIPPOCAMPAL MESSY FIBER SYNAPSES
        T MAEDA; S KANEKO; M SATOH
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 1994年07月, 査読有り
      • FUNCTIONAL EXPRESSION OF CA2+-MOBILIZING OPIOID RECEPTORS IN XENOPUS-OOCYTES INJECTED WITH RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        S KANEKO; J YUASA; H TAKAHASHI; M SATOH
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 1994年03月, 査読有り
      • Potentiation of α-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole propionic acid (AMPA)-selective glutamate receptor function by a nootropic drug, idebenone
        Nakamura S; Kaneko S; Satoh M
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 1994年01月, 査読有り
      • Potentiation of α-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole propionic acid (AMPA)-selective glutamate receptor function by a nootropic drug, idebenone
        S. Nakamura; S. Kaneko; M. Satoh
        Biological and Pharmaceutical Bulletin, 1994年01月, 査読有り
      • INHIBITORY INFLUENCE VIA 5-HT3 RECEPTORS ON THE INDUCTION OF LTP IN MOSSY FIBER-CA3 SYSTEM OF GUINEA-PIG HIPPOCAMPAL SLICES
        T MAEDA; S KANEKO; M SATOH
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 1994年01月, 査読有り
      • フリーウェアのライフサイエンス学術用語辞書を作った理由
        金子 周司
        Japanese Journal of Computer Science, 1994年, 査読有り
      • Involvement of postsynaptic G-proteins in hippocampal long-term potentiation
        Masamichi Satoh; Shuji Kaneko
        Reviews in the Neurosciences, 1994年, 査読有り
      • CLONING AND EXPRESSION OF A CDNA FOR THE RAT KAPPA-OPIOID RECEPTOR
        M MINAMI; T TOYA; Y KATAO; K MAEKAWA; S NAKAMURA; T ONOGI; S KANEKO; M SATOH
        FEBS LETTERS, 1993年08月, 査読有り
      • BIDIRECTIONAL MODULATION OF LONG-TERM POTENTIATION BY CARBACHOL VIA M(1) AND M(2) MUSCARINIC RECEPTORS IN GUINEA-PIG HIPPOCAMPAL MOSSY FIBER-CA3 SYNAPSES
        T MAEDA; S KANEKO; M SATOH
        BRAIN RESEARCH, 1993年08月, 査読有り
      • A VACCINIA VIRUS VECTOR FOR EFFICIENTLY INTRODUCING INTO HIPPOCAMPAL SLICES
        M OZAKI; K MATSUMURA; S KANEKO; M SATOH; Y WATANABE; T AOYAMA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1993年06月, 査読有り
      • INVOLVEMENT OF POSTSYNAPTIC G-PROTEINS IN HIPPOCAMPAL LONG-TERM POTENTIATION
        H KATSUKI; S KANEKO; M SATOH
        BRAIN RESEARCH, 1992年05月, 査読有り
      • An Introduction to Macintosh Online-softwares for Biomedical Researchers. Using DataThief for The Reconstruction of Graphs and Traces From Papers.
        金子周司
        細胞工学, 1992年05月, 査読有り
      • EXPRESSION OF RENAL ORGANIC CATION TRANSPORTER IN XENOPUS-LAEVIS OOCYTES
        R HORI; M HIRAI; T KATSURA; M TAKANO; M YASUHARA; S KANEKO; M SATOH
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 1992年04月, 査読有り
      • EXPRESSION OF RENAL ORGANIC CATION TRANSPORTER IN XENOPUS-LAEVIS OOCYTES
        R HORI; M HIRAI; T KATSURA; M TAKANO; M YASUHARA; S KANEKO; M SATOH
        BIOCHEMICAL JOURNAL, 1992年04月, 査読有り
      • METABOTROPIC RESPONSES TO ACETYLCHOLINE AND SEROTONIN OF XENOPUS OOCYTES INJECTED WITH RAT-BRAIN MESSENGER-RNA ARE TRANSDUCED BY DIFFERENT G-PROTEIN SUBTYPES
        S KANEKO; H TAKAHASHI; M SATOH
        FEBS LETTERS, 1992年03月, 査読有り
      • 脳機能改善薬のCa2+流入抑制作用
        金子 周司
        医学のあゆみ,161/2,134, 1992年, 査読有り
      • Voltage-dependent calcium channels in neurons
        金子 周司
        ,10/6, 1992年, 査読有り
      • 神経の電位依存性Ca^<2+>チャネル
        金子 周司
        実験医学, 1992年, 査読有り
      • SEPARATE MECHANISMS OF LONG-TERM POTENTIATION IN 2 INPUT SYSTEMS TO CA3 PYRAMIDAL NEURONS OF RAT HIPPOCAMPAL SLICES AS REVEALED BY THE WHOLE-CELL PATCH-CLAMP TECHNIQUE
        H KATSUKI; S KANEKO; A TAJIMA; M SATOH
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 1991年11月, 査読有り
      • Computer communication for biomedical researchers 1. What can we do with it?
        金子周司
        細胞工学, 1991年10月, 査読有り
      • Computer communication for biomedical researchers 1. What can we do with it?
        金子周司
        細胞工学, 1991年10月, 査読有り
      • A FACILITATORY ROLE OF ENDOGENOUS SOMATOSTATIN IN LONG-TERM POTENTIATION OF THE MOSSY FIBER-CA3 SYSTEM IN GUINEA-PIG HIPPOCAMPUS
        N MATSUOKA; S KANEKO; M SATOH
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1991年08月, 査読有り
      • SOMATOSTATIN AUGMENTS LONG-TERM POTENTIATION OF THE MOSSY FIBER-CA3 SYSTEM IN GUINEA-PIG HIPPOCAMPAL SLICES
        N MATSUOKA; S KANEKO; M SATOH
        BRAIN RESEARCH, 1991年07月, 査読有り
      • EFFECTS OF SEVERAL CEREBROPROTECTIVE DRUGS ON NMDA CHANNEL FUNCTION - EVALUATION USING XENOPUS OOCYTES AND [H-3] MK-801 BINDING
        S KANEKO; M SUGIMURA; T INOUE; M SATOH
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY-MOLECULAR PHARMACOLOGY SECTION, 1991年06月, 査読有り
      • THE USE OF XENOPUS OOCYTES IN A MOLECULAR PHARMACOLOGICAL STUDY OF NMDA RECEPTORS
        S KANEKO; M SATOH
        NMDA RECEPTOR RELATED AGENTS : BIOCHEMISTRY, PHARMACOLOGY AND BEHAVIOR, 1991年, 査読有り
      • Caチャンネルの分子生物学的研究
        金子周司; 佐藤公道
        治療学, 1990年11月, 査読有り
      • INTERSPECIES DIFFERENCES IN THE POPULATION OF MULTIPLE GLUTAMATE RECEPTORS EXPRESSED IN XENOPUS OOCYTES AFTER INJECTION OF GUINEA-PIG, MOUSE AND RAT FOREBRAIN MESSENGER-RNAS
        S KANEKO; M SUGIMURA; M SATOH
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1990年09月, 査読有り
      • THE USE OF XENOPUS OOCYTES TO EVALUATE DRUGS AFFECTING BRAIN CA2+ CHANNELS - EFFECTS OF BIFEMELANE AND SEVERAL NOOTROPIC AGENTS
        S KANEKO; H TAKAHASHI; M SATOH
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY-MOLECULAR PHARMACOLOGY SECTION, 1990年07月, 査読有り
      • DIFFERENT DRUG-SUSCEPTIBILITIES OF LONG-TERM POTENTIATION IN 3 INPUT SYSTEMS TO THE CA3 REGION OF THE GUINEA-PIG HIPPOCAMPUS INVITRO
        K ISHIHARA; H KATSUKI; M SUGIMURA; S KANEKO; M SATOH
        NEUROPHARMACOLOGY, 1990年05月, 査読有り
      • A LONG-LASTING POTENTIATION OF CALMODULIN-MEDIATED CHLORIDE CHANNEL ACTIVITY WITHOUT A MEDIATION OF PROTEIN KINASE-C IN XENOPUS OOCYTES INJECTED WITH RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        S KANEKO; E DOI; H WATANABE; Y NOMURA
        CELL CALCIUM, 1990年04月, 査読有り
      • ANTINOCICEPTIVE ACTIVITY OF INTRACISTERNALLY AND INTRATHECALLY ADMINISTERED EPTAZOCINE, A NOVEL ANALGESIC, IN MICE
        M AOKI; S KANEKO; H WATANABE
        METHODS AND FINDINGS IN EXPERIMENTAL AND CLINICAL PHARMACOLOGY, 1990年01月, 査読有り
      • THE TRANSMEMBRANE SIGNALING MECHANISM OF SEROTONIN-EVOKED INWARD CURRENT RESPONSES IN XENOPUS OOCYTES INJECTED WITH RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        Y NOMURA; M TOHDA; S KANEKO; K KATO; S YAMAGISHI; H SUGIYAMA
        PHYSIOLOGY AND PHARMACOLOGY OF TRANSMEMBRANE SIGNALLING, 1989年, 査読有り
      • BIOCHEMICAL-CHANGES RELATED TO AGING IN THE SENESCENCE-ACCELERATED MOUSE
        Y NOMURA; BX WANG; SB QI; T NAMBA; S KANEKO
        EXPERIMENTAL GERONTOLOGY, 1989年, 査読有り
      • Constituents of the pilote antler of Cervus nippon var. mantchuricus
        M. Hattori; X.-W. Yang; S. Kaneko; Y. Nomura; T. Namba
        Japanese Journal of Pharmacognosy, 1989年, 査読有り
      • STIMULATING EFFECT OF DEER ANTLER EXTRACT ON PROTEIN-SYNTHESIS IN SENESCENCE-ACCELERATED MICE INVIVO
        BX WANG; XH ZHAO; SB QI; XW YANG; SJ KANEKO; M HATTORI; T NAMBA; Y NOMURA
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1988年07月, 査読有り
      • EFFECTS OF REPEATED ADMINISTRATION OF DEER ANTLER EXTRACT ON BIOCHEMICAL-CHANGES RELATED TO AGING IN SENESCENCE-ACCELERATED MICE
        BX WANG; XH ZHAO; SB QI; SJ KANEKO; M HATTORI; T NAMBA; Y NOMURA
        CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 1988年07月, 査読有り
      • PHORBOL ESTER INHIBITION OF CURRENT RESPONSES AND SIMULTANEOUS PROTEIN-PHOSPHORYLATION IN XENOPUS OOCYTE INJECTED WITH BRAIN MESSENGER-RNA
        K KATO; S KANEKO; Y NOMURA
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1988年03月, 査読有り
      • HABENULAR LESION ATTENUATES METHAMPHETAMINE-INDUCED INHIBITION OF DOPAMINE NEURONAL-ACTIVITY IN THE SUBSTANTIA NIGRA PARS COMPACTA OF RATS
        K SASAKI; H SUDA; H WATANABE; S KANEKO; Y NOMURA; H NISHINO; T ONO
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1988年03月, 査読有り
      • ROLES OF PROTEIN-KINASES IN NEUROTRANSMITTER RESPONSES IN XENOPUS OOCYTES INJECTED WITH RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        ITO, I; C HIRONO; S YAMAGISHI; Y NOMURA; S KANEKO; H SUGIYAMA
        JOURNAL OF CELLULAR PHYSIOLOGY, 1988年01月, 査読有り
      • GTP-BINDING PROTEINS GI AND GO TRANSPLANTED ONTO XENOPUS OOCYTE BY RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        S KANEKO; K KATO; S YAMAGISHI; H SUGIYAMA; Y NOMURA
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 1987年12月, 査読有り
      • GTP-BINDING PROTEINS GI AND GO TRANSPLANTED ONTO XENOPUS OOCYTE BY RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        S KANEKO; K KATO; S YAMAGISHI; H SUGIYAMA; Y NOMURA
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 1987年12月, 査読有り
      • CYCLIC-AMP FACILITATES SLOW-INACTIVATING CA-2+ CHANNEL CURRENTS EXPRESSED BY XENOPUS OOCYTE AFTER INJECTION OF RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        S KANEKO; Y NOMURA
        NEUROSCIENCE LETTERS, 1987年12月, 査読有り
      • Inositol phosphate formation and chloride current responses induced by acetylcholine and serotonin through GTP-binding proteins in Xenopus oocyte after injection of rat brain messenger RNA
        Yasuyuki Nomura; Shuji Kaneko; Ken-ichi Kato; Shun-ichi Yamagishi; Hiroyuki Sugiyama
        Brain Research, 1987年07月, 査読有り
      • INOSITOL PHOSPHATE FORMATION AND CHLORIDE CURRENT RESPONSES INDUCED BY ACETYLCHOLINE AND SEROTONIN THROUGH GTP-BINDING PROTEINS IN XENOPUS OOCYTE AFTER INJECTION OF RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        Y NOMURA; S KANEKO; K KATO; S YAMAGISHI; H SUGIYAMA
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 1987年07月, 査読有り
      • INOSITOL PHOSPHATE FORMATION AND CHLORIDE CURRENT RESPONSES INDUCED BY ACETYLCHOLINE AND SEROTONIN THROUGH GTP-BINDING PROTEINS IN XENOPUS OOCYTE AFTER INJECTION OF RAT-BRAIN MESSENGER-RNA
        Y NOMURA; S KANEKO; K KATO; S YAMAGISHI; H SUGIYAMA
        MOLECULAR BRAIN RESEARCH, 1987年07月, 査読有り
      • Studies on Peptides. CL.12) Syntheses of [D-His2]-Analogs of Enkephalin and Adrenorphin and Several [D-Arg2]enkephalin Analogs
        Susumu Funakoshi; Naoto Kosuga; Jian-Ping Xu; Haruaki Yajima; Shigeki Tamura; Shuji Kaneko; Masamichi Satoh; Hiroshi Takagi; Minoru Kubota; Wei Li
        Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 1987年, 査読有り
      • INTRACEREBROVENTRICULAR ADMINISTRATION OF ANGIOTENSIN-II ATTENUATES MORPHINE-INDUCED ANALGESIA IN MICE
        S KANEKO; A MORI; S TAMURA; M SATOH; H TAKAGI
        NEUROPHARMACOLOGY, 1985年11月, 査読有り
      • NORADRENERGIC INHIBITION OF THE RELEASE OF SUBSTANCE-P FROM THE PRIMARY AFFERENTS IN THE RABBIT SPINAL DORSAL HORN
        Y KURAISHI; N HIROTA; Y SATO; S KANEKO; M SATOH; H TAKAGI
        BRAIN RESEARCH, 1985年, 査読有り
      • PURIFICATION AND IDENTIFICATION OF ENDOGENOUS ANTI-OPIOID SUBSTANCES FROM BOVINE BRAIN
        S KANEKO; S TAMURA; H TAKAGI
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1985年, 査読有り
      • OPIOID ACTIVITY OF ENKEPHALIN ANALOGS CONTAINING THE KYOTORPHIN-RELATED STRUCTURE IN THE N-TERMINUS
        H AMANO; Y MORIMOTO; S KANEKO; H TAKAGI
        NEUROPHARMACOLOGY, 1984年, 査読有り

      MISC

      • 中枢性P2プリン受容体による痛みの調節 (生体機能と創薬シンポジウム2005--疾病に関わる生体分子と治療薬) -- (シンポジウム1 神経系疾患にかかわる機能分子--基礎から創薬の可能性まで)
        中川 貴之; 金子 周司; 佐藤 公道
        薬学雑誌, 2005年09月08日
      • ニューロン傷害によるアストロサイト活性化機構に関する検討
        久米 利明; 神谷 明裕; 片山 貴博; 岡村 敏行; 金子 周司; 赤池 昭紀; 南 雅文
        バイオイメージング, 2006年10月31日
      • 中枢型アセチルコリンエステラーゼ阻害薬による大脳皮質ニコチン受容体のアップレギュレーション
        杉本 充弘; 米澤 淳; 高田 悠記; 久米 利明; 香月 博志; 金子 周司; 杉本 八郎; 赤池 昭紀
        日本薬学会年会要旨集, 2004年03月
      • 培養大脳皮質細胞のグルタミン酸神経毒性に対するシグマリガンドの作用
        西川 弘之; 久米 利明; 香月 博志; 金子 周司; 赤池 昭紀
        日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 1999年12月25日
      • 培養中脳神経細胞におけるグルタミン酸神経毒性に対するブロモクリプチンの保護作用
        衣斐 督和; 久米 利明; 香月 博志; 金子 周司; 赤池 昭紀; 澤田 秀幸; 下濱 俊; 木村 淳
        日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology, 1998年12月25日
      • 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化
        辻 光貴; 今井 哲司; 宮山 大; 西谷 直也; 米澤 淳; 大村 友博; 中川 俊作; 中川 貴之; 金子 周司; 松原 和夫
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • 社会的敗北ストレス誘発うつ病モデルにおけるブロチゾラム誘発睡眠作用の効力変化
        辻 光貴; 今井 哲司; 宮山 大; 西谷 直也; 米澤 淳; 大村 友博; 中川 俊作; 中川 貴之; 金子 周司; 松原 和夫
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • コカイン関連記憶の獲得および想起における内側前頭前野グルタミン酸作動性ニューロンの役割
        Zhang Tong; 上居 寛典; 柳田 淳子; 和田 進太郎; 堂本 将輝; 出山 諭司; 宝田 剛志; 檜井 栄一; 崎村 建司; 山中 章弘; 前島 隆司; 三枝 理博; 櫻井 武; 西谷 直也; 永安 一樹; 金子 周司; 南 雅文; 金田 勝幸
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2018年11月
      • 危険ドラッグ5F-AMBによるマウスの行動異常の神経メカニズム
        堂本将輝; 伊藤志穂; 笹瀬人暉; 矢口立真; 和田進太郎; 出山諭司; 檜山栄一; 金子周司; 金田勝幸
        日本薬理学雑誌, 2019年
      • オピオイド受容体 (脳における情報伝達--神経機能素子と素過程) -- (興奮の伝導と伝達 神経伝達物質受容体)
        南 雅文; 金子 周司; 佐藤 公道
        蛋白質核酸酵素, 1997年02月
      • セロトニン神経伝達の亢進は悲観的な意思決定を改善した
        安藤千紘; 西谷直也; 西谷直也; 高山海都; 澁井紀宏; 永安一樹; 白川久志; 金子周司
        日本薬理学雑誌, 2020年
      • 中枢性疾患の非自律性神経機能障害におけるグリア細胞TRPチャネル
        白川久志; 金子周司
        日本生化学会大会(Web), 2020年
      • TRPV4開口はミクログリアの活性化状態を抗炎症型へ分極させる
        桑田沙織; 富澤恵里; 三宅崇仁; 永安一樹; 白川久志; 金子周司
        日本薬理学雑誌, 2020年
      • 嗜好/嫌悪の調節における背側縫線核セロトニン神経の役割の解明
        永井佑茉; 高山海都; 安藤千紘; 永安一樹; 白川久志; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • ミクログリアにおいてTRPV4開口はLPS誘発IL10産生を促進し抗炎症型へ分極させる
        白川久志; 富澤恵里; 桑田沙織; 永安一樹; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • 強迫性障害の治療標的としての5-HT2C受容体の可能性
        幡鎌輝; 浅岡希美; 浅岡希美; 永安一樹; 白川久志; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • 中枢神経疾患および炎症反応におけるミクログリアの中心的な役割
        白川久志; 永安一樹; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2019年
      • 神経・グリア細胞におけるTRPCチャネルの生理学的・病態生理学的重要性
        白川久志; 金子周司
        医学のあゆみ, 2019年
      • 認知機能障害における脳内ミクログリアの役割
        白川久志; 金子周司
        血管, 2019年
      • ノイロトロピンは持続性Kv電流増加を介してDRGニューロンの活動を抑制する
        河合洋幸; 浅岡希美; 三宅崇仁; 永安一樹; 中川貴之; 白川久志; 金子周司
        Pain Research, 2018年
      • オリゴデンドロサイト前駆細胞におけるTRPV4開口は増殖を促進する
        大橋佳奈; 出屋敷綾音; 三宅崇仁; 永安一樹; 柴崎貢志; 白川久志; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2018年
      • TRPM2活性化を介したマクロファージからのCXCL2産生が多発性硬化症の病態を増悪させる
        白川久志; 平瀬僚; 筒井真人; 宮村咲映; 永安一樹; 金子周司
        日本薬理学雑誌, 2018年
      • 1型糖尿病モデルで生じる感覚異常に対する血流障害およびTRPA1の関与
        緋山遥; 宗可奈子; 矢野佑一; 永安一樹; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2017年
      • マウス慢性脳低灌流モデルにおけるTRPM2の病態生理学的役割
        宮之原遵; 抱将史; 永安一樹; 森泰生; 白川久志; 金子周司
        生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2017年
      • TRPV4刺激はマウス脳内出血モデルにおける神経機能障害を改善する
        白川久志; 浅尾靖仁; 抱将史; 永安一樹; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2017年
      • 炎症性中枢疾患と単球系細胞TRPチャネル
        白川久志; 永安一樹; 金子周司
        生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2017年
      • 糖尿病性神経障害モデルでの感覚異常と血流障害およびTRPA1の関与
        緋山遥; 宗可奈子; 矢野佑一; 永安一樹; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        Pain Research, 2017年
      • TRPM2を介したケモカインCXCL2産生が多発性硬化症の増悪に関与する
        平瀬僚; 筒井真人; 永安一樹; 白川久志; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2017年
      • グリア細胞・免疫細胞TRPチャネルの病態生理学的役割と中枢性脱髄疾患克服への応用
        白川久志; 永安一樹; 中川貴之; 金子周司
        生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演要旨集, 2017年
      • ミクログリアにおいてTRPV4の開口はLPS誘発IL10産生を促進する
        富澤恵里; 三宅崇仁; 永安一樹; 白川久志; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2017年
      • マウス脳内出血モデルにおけるTRPV4刺激による病態改善作用
        浅尾靖仁; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2016年
      • 過酸化水素誘発膀胱炎モデルにおけるTRPA1の病態生理学的役割
        尾山翔平; 土岸広治; 小寺みずき; 永安一樹; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2016年
      • 危険ドラッグ5F-ADBのドパミン・セロトニン神経活動に対する作用
        浅岡希美; 河合洋幸; 西谷直也; 木ノ下晴子; 澁井紀宏; 永安一樹; 白川久志; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2016年
      • オリゴデンドロサイト前駆細胞の増殖および分化におけるTRPV4の生理的役割
        出屋敷綾音; 三宅崇仁; 永安一樹; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2016年
      • TRPM2は免疫・グリア細胞の活性化を介して炎症性および神経障害性疼痛を増悪する
        金子周司; 白川久志; 中川貴之
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2016年
      • 新規白質イメージングプローブ18F-PQ6を用いた多発性硬化症モデルマウスのインビボPET/MRI病態解析
        天満敬; 圓見純一郎; 平瀬僚; 白川久志; 吉村優志; 小野正博; 金子周司; 佐治英郎; 飯田秀博
        核医学(Web), 2016年
      • Utility of organotypic raphe slice cultures to investigate the effects of psychotropic drugs on the function of serotoninergic neurons
        Takayuki Nakagawa; Kazuki Nagayasu; Shuji Kaneko
        JAPANESE JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY, 2015年04月, 査読有り
      • 多発性硬化症におけるTRPM2チャネルの病態生理学的役割
        筒井真人; 平瀬遼; 白川久志; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2015年
      • がん化学療法により誘発される知覚異常・しびれにおけるTRPA1の役割に関する研究
        中川貴之; 中川貴之; 金子周司; 白川久志; 森泰生
        ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 2 医学 食品科学編, 2015年
      • オキサリプラチン誘発急性末梢神経におけるTRPA1の関与
        三宅崇仁; 中村彩希; 趙萌; 浜野智; 井上圭亮; 沼田朋大; 高橋重成; 白川久志; 森泰生; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2015年
      • アストロサイトにおけるS1P誘発応答へのTRPC6チャネルの関与
        白川久志; 勝本るみ; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2015年
      • しびれ動物モデルの構築とその発症機序の解析
        宗可奈子; ZHAO Meng; 鄭有奈; 白川久志; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2015年
      • [Cognitive Function and Calcium. Structures and functions of Ca(2 +) -permeable channels].
        Kaneko S
        Clinical calcium, 2015年, 査読有り
      • [New therapeutic strategies for cerebrovascular diseases based on the control of intra-cerebral inflammation].
        Katsuki H; Kaneko S
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2014年09月, 査読有り
      • [Pathophysiology of immune cells during the progression of cerebral ischemic injury - involvement of TRPM2-mediated induction of iNOS in microglia/macrophage].
        Shirakawa H; Sakimoto S; Nakagawa T; Kaneko S
        Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica, 2014年09月, 査読有り
      • Roles of Transient Receptor Potential Melastatin 2 Expressed on Immune Cells in Neuropathic Pain
        Takayuki Nakagawa; Koichi Isami; Kayo Haraguchi; Kanako So; Kayoko Asakura; Hisashi Shirakawa; Shuji Kaneko
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2014年03月, 査読有り
      • ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬の持続処置が縫線核セロトニン神経に与える影響
        浅岡希美; 永安一樹; 永安一樹; 永安一樹; 西谷直也; 山城茉弓; 白川久志; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集, 2014年
      • セロトニン神経特異的レンチウイルスベクターの開発と光遺伝学的解析への応用
        永安一樹; 永安一樹; 西谷直也; 浅岡希美; 山城茉弓; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2014年
      • アストロサイトにおけるS1P誘発細胞応答へのTRPC6の寄与
        勝本るみ; 白川久志; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2014年
      • ミクログリア/マクロファージにおけるTRPM2を介したNO産生が脳虚血傷害の増悪に寄与する
        白川久志; 崎元伸哉; 三宅崇仁; 宮之原遵; 筒井真人; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2014年
      • TRPV1刺激によるミトコンドリア脱分極を介したミクログリアの遊走
        三宅崇仁; 白川久志; 西谷直也; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2014年
      • がん化学療法により誘発される知覚異常・しびれにおけるTRPA1の役割に関する研究
        中川貴之; 金子周司; 白川久志; 森泰生
        ソルト・サイエンス研究財団助成研究報告集 2 医学 食品科学編, 2014年
      • オキサリプラチン誘発急性末梢神経障害の発症機構の解析:レドックス感受性TRPA1の関与
        中川貴之; 中川貴之; 趙萌; 中村彩希; 三宅崇仁; 宗可奈子; 白川久志; 金子周司; 松原和夫
        日本医療薬学会年会講演要旨集, 2014年
      • オキサリプラチンによるTRPA1活性化機構における活性酸素種の関与
        三宅崇仁; 趙萌; 中村彩希; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2013年
      • 神経障害性疼痛における免疫系細胞に発現するTRPM2チャネルの役割
        中川貴之; 勇昂一; 原口佳代; 朝倉佳代子; 宗可奈子; 白川久志; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • TRPC3阻害薬はマウス脳内出血モデルにおける神経機能障害を改善する
        白川久志; 宗像将也; 宮之原遵; 三宅崇仁; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2013年
      • 末梢神経障害性疼痛における骨髄由来免疫系細胞の脊髄内浸潤とTRPM2の役割
        勇昂一; 原口佳代; 朝倉佳代子; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2013年
      • 脳虚血再灌流傷害におけるTRPV1の病態生理学的役割
        宮之原遵; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2013年
      • TRPM2遺伝子欠損マウスを用いた各種疼痛モデルでの評価
        朝倉佳代子; 宗加奈子; 勇昂一; 原口佳代; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        Pain Research, 2013年
      • 抗がん剤オキサリプラチンによるROSを介したTRPA1活性化
        ZHAO Meng; 三宅崇仁; 中村彩希; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        Pain Research, 2013年
      • マウス後肢末梢血流障害/再灌流によるしびれ様動物モデルの作製とその発症機構の検討
        宗可奈子; 趙萌; 中村彩希; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2013年
      • Involvement of spinally-infiltrated immune cells in peripheral nerve injury-induced neuropathic pain: Roles of TRPM2
        T. Nakagawa; K. Isami; K. Haraguchi; K. So; K. Asakura; H. Shirakawa; S. Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 2013年, 査読有り
      • Roles of trpa1 in acute peripheral neuropathy characteristically induced by oxaliplatin
        T. Nakagawa; M. Zhao; H. Shirakawa; S. Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 2013年, 査読有り
      • Finding Specific Medical Terms Using the Life Science Dictionary for MedNLP.
        Shuji Kaneko; Nobuyuki Fujita; Hiroshi Ohtake
        Proceedings of the 10th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies, NTCIR-10, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, June 18-21, 2013, 2013年, 査読有り
      • Finding Every Medical Term by Life Science Dictionary for MedNLP.
        Shuji Kaneko; Nobuyuki Fujita; Hiroshi Ohtake
        The First Workshop on Natural Language Processing for Medical and Healthcare Fields@IJCNLP 2013, Nagoya, Japan, October 14-18, 2013, 2013年, 査読有り
      • The Role of TRPM2 channel in inflammatory and neuropathic pain
        金子周司
        Neuroscience2012(the 42th Annual Meeting of the Society for Neuroscience), 2012年10月, 査読有り
      • TRPM2 Contributes to Inflammatory and Neuropathic Pain through the Aggravation of Pronociceptive Inflammatory Responses in Mice
        Kayo Haraguchi; Ai Kawamoto; Kouichi Isami; Sanae Maeda; Ayaka Kusano; Kayoko Asakura; Hisashi Shirakawa; Yasuo Mori; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2012年03月, 査読有り
      • 脳内出血後神経障害を軽減するためのアストロサイトTRPC3活性制御
        金子周司
        第89回日本生理学会大会, 2012年03月, 査読有り
      • マウス自家血注入による出血性脳機能障害に対するTRPC3阻害薬の寛解作用
        宗像将也; 白川久志; 崎元伸哉; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2012年
      • TRPV4開口刺激は細胞膜の脱分極を介してミクログリア活性化を抑制する
        白川久志; 金野真和; 三宅崇仁; 飯田将太; 中川貴之; 柴崎貢志; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集, 2012年
      • 抗がん剤誘発末梢神経障害のメカニズム解明およびその対策に向けた多施設共同研究の可能性
        中川貴之; 趙萌; 白川久志; 金子周司; 徳山尚吾; 成田年
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2012年
      • Roles of TRPM2 in the inflammatory and neuropathic pain
        Shuji Kaneko; Kayo Haraguchi; Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2012年, 査読有り
      • 抗うつ薬持続処置が縫線核培養切片での5-HT遊離に与える影響
        北市麻衣子; 永安一樹; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2011年
      • TRPチャネルによる脳内グリア細胞の新しい活性調節機構
        白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • オキサリプラチンに特徴的な急性末梢神経障害におけるTRPA1の関与
        中川貴之; 趙萌; 白川久志; 金子周司
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2011年
      • マウス脳内出血モデルにおけるTRPC3阻害薬の作用
        宗像将也; 白川久志; 崎元伸哉; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2011年
      • リポ多糖誘発ミクログリア異常活性化に対するTRPV4開口刺激による抑制作用
        金野真和; 白川久志; 飯田将太; 柴崎貢志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集, 2011年
      • TRPA1チャネルが担う生体における新しいO2 セン サー機構
        Nobuaki Takahashi; Tomoyuki Kuwaki; Shigeki Kiyonaka; Tomohiro Numata; Daisuke Kozai; Yusuke Mizuno; Shinichiro Yamamoto; Shinji Naito; Ellen Knevels; Peter Carmeliet; Toru Oga; Shuji Kaneko; Seiji Suga; Toshiki Nokami; Jun-ichi Yoshida; Yasuo Mori
        ライフサイエンス新着論文レビュー 高橋重成 一森泰生 (京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻分子生物化学分野) TRPA1 underlies a sensing mechanism for O2. first lifesc fenoedb. j)/archives/5598, 2011年, 査読有り
      • An automated electrophysiological system for the measurement of transporter/channel activities
        S. Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 2011年, 査読有り
      • Mutations in renal drug efflux transporter hOATv1 cause hyperuricemia
        Promsuk Jutabha; Naohiko Anzai; Kenichiro Kitamura; Atsuo Taniguchi; Shuji Kaneko; Hideomi Yamada; Wako Urano; George Seki; Hitoshi Endou; Hiroyuki Sakurai
        FASEB JOURNAL, 2010年04月
      • 生命科学知識の連想検索における提示語の最適化
        金子周司; 藤田信之; 鵜川義弘
        言語処理学会年次大会発表論文集, 2010年03月08日, 査読有り
      • Pathophysiological Roles of Transient Receptor Potential Channels in Glial Cells
        Hisashi Shirakawa; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        YAKUGAKU ZASSHI-JOURNAL OF THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN, 2010年03月, 査読有り
      • 脳内防御を担うミクログリアの活性化制御におけるTRPチャネルの役割
        白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集, 2010年
      • 縫線核セロトニン神経含有中脳冠状切片におけるSSRI持続処置によるセロトニン遊離増強現象のメカニズム
        中川貴之; 永安一樹; 八谷有美; 北市麻衣子; 白川久志; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集, 2010年
      • ライフサイエンス辞書からクリニカルインフォマティクスへー臨床テキストからの知識発見に向けてー
        金子 周司
        情報管理, 53(9), 473-479, 2010年, 査読有り
      • English assistance with corpus analysis - Dictionary, thesaurus, collocations
        H. Ohtake; N. Fujita; T. Kawamoto; Y. Ugawa; B. Morren; H. Takeuchi; M. Takekoshi; S. Kaneko
        Proceedings of the IADIS International Conference e-Learning 2010, Part of the IADIS Multi Conference on Computer Science and Information Systems 2010, MCCSIS 2010, 2010年, 査読有り
      • Webブラウザで英語を翻訳するマウスオーバー辞書の開発
        金子 周司
        日本薬学会第130年会 岡山, 2010年, 査読有り
      • 日本語によるゲノム情報の検索と理解を助けるポータルの開発
        金子 周司
        応用ゲノム特定研究班会議, 2010年, 査読有り
      • 小胞体ストア感受性チャネル(SOC)機能に対する小胞体Ca2+結合タンパク質caluminの関与
        金野真和; 白川久志; 中川貴之; 竹島浩; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2009年
      • セロトニントランスポーターを介した基質輸送および放出の分子メカニズムの解析
        上西良泳; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2009年
      • 脳内グリア細胞におけるTRPチャネルの病態生理的役割
        白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集, 2009年
      • 慢性疼痛における非選択的カチオンチャネルTRPM2の役割
        河本愛; 前田早苗; 原口佳代; 草野綾香; 白川久志; 中川貴之; 森泰生; 金子周司
        日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集, 2009年
      • 薬物有害事象AERSの医薬品名解決と薬物分類および化合物構造からの検索システム
        金子 周司
        日本薬学会第129年会 京都, 2009年, 査読有り
      • Collocational analysis of life science English (5) Lists of common collocates of act, action, activate, activation, active, activity
        金子 周司
        Studia humana et naturalia, 2008年12月, 査読有り
      • 医学用語シソーラスに基づく効率的医療情報検索システムの開発
        金子周司; 鵜川義弘; 大武博; 河本健; 竹内浩昭; 竹腰正隆; 天野博夫; 藤田信之
        医療情報学連合大会論文集, 2008年11月22日, 査読有り
      • Reactive oxygen species derived from NOX1/NADPH oxidase enhance inflammatory pain
        Masakazu Ibi; Kuniharu Matsuno; Dai Shiba; Masato Katsuyama; Kazumi Iwata; Tomoko Kakehi; Takayuki Nakagawa; Kazunori Sango; Yasuhito Shirai; Takahiko Yokoyama; Shuji Kaneko; Naoaki Saito; Chihiro Yabe-Nishimura
        JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2008年09月, 査読有り
      • 活性化ミクログリアにおけるTRPV4の病態生理学的役割
        松谷一慶; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学会近畿部会プログラム・要旨集, 2008年
      • グリア型グルタミン酸トランスポーターGLT-1のエンドサイトーシスの分子機構
        中川貴之; 大坪泰斗; 八谷有美; 白川久志; 金子周司
        生体機能と創薬シンポジウム要旨集, 2008年
      • アストロサイトにおけるthrombin誘発形態変化およびTRPC3発現誘導の解析
        杉下亜維子; 中尾賢治; 白川久志; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学雑誌, 2008年
      • In vitro assessment of neuropsychotoxicity of abused drugs using organotypic slice cultures
        T. Nakagawa; S. Kaneko
        Nihon Arukōru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence, 2008年, 査読有り
      • Neuropsychotoxicity of abused drugs: Clinical and basic research and drug development: Preface
        Kiyofumi Yamada; Shuji Kaneko
        JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 2008年01月, 査読有り
      • 医薬品名称の同義語解決による有害事象データベースAERSの情報活用
        金子 周司
        第18回医療薬学会年会 札幌, 2008年, 査読有り
      • 国内外の医療用医薬品名を網羅する同義語辞書の制作
        金子 周司
        第11回日本医薬品情報学会学術大会 東京, 2008年, 査読有り
      • 医薬品名の同義語辞書と自動分類タガーの開発
        金子 周司
        日本薬学会第128年会 横浜, 2008年, 査読有り
      • Collocational Analysis of Life Science English (4) : Lists of common collocates of affinity, aim, difference, growth, importance, knowledge, observation, understanding
        金子 周司
        Studia humana et naturalia, 2007年12月, 査読有り
      • 疼痛誘発不快情動反応における分界条床核内protein kinase Aの役割
        出山諭司; 出山諭司; 片山貴博; 中川貴之; 金子周司; 山口拓; 吉岡充弘; 南雅文
        日本生物学的精神医学会プログラム・講演抄録, 2007年
      • Groggyラット由来変異型Cav2.1チャネルの電気生理学的特性の検討
        田中健太; 白川久志; 岡田和幸; 徳田智子; 芹川忠夫; 中川貴之; 金子周司
        日本薬理学雑誌, 2007年
      • 分子薬理学的知識を記述する新たな三項関係データベースの開発
        金子 周司
        第27回医療情報学会連合大会 神戸, 2007年, 査読有り
      • Collocational Analysis of Life Science English (3) : Lists of common collocates of addition, analysis, hypothesis, identification, level, production, risk
        金子 周司
        Studia humana et naturalia, 2006年12月, 査読有り
      • MDMAによるセロトニン放出および神経毒性発現の分子機序 (あゆみ 薬物依存の神経科学--違法ドラッグと覚せい剤による神経精神毒性)
        中川 貴之; 金子 周司
        医学のあゆみ, 2006年06月24日
      • 医薬品安全性に関する文献情報自動抽出システムの考案
        金子 周司
        第26回医療情報学連合大会 札幌, 2006年, 査読有り
      • 文献情報の解析に基づく対訳シソーラスの評価
        金子 周司
        医療情報学会春期学術大会シンポジウム 神戸, 2006年, 査読有り
      • Life Science Dictionary: statistical and collocational analyses of life science English
        金子 周司
        20th IUBMB International Congress of Biochem. and Mol. Biol. and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, 2006年, 査読有り
      • ライフサイエンス辞書から生命科学オントロジーへ
        金子周司; 鵜川義弘; 大武博; 河本健; 竹内浩昭; 竹腰正隆; 藤田信之
        情報知識学会誌, 2005年10月29日, 査読有り
      • Introduction: Current status, characteristics, and problems of ion channel drug discovery
        S. Kaneko
        Folia Pharmacologica Japonica, 2005年, 査読有り
      • Collocational analysis of life science English(2): Lists of common collocates of carry, confer, contribute, detect, elucidate, give, know, obtain, raise, understand
        金子 周司
        Studia Humana et Naturalia No.39, 19-53, 2005年, 査読有り
      • Collocational Analysis of Life Science English (1) : Lists of common collocates of possibility, probability, implication, involvement, absence, presence, evidence
        金子 周司
        Studia humana et naturalia, 2004年12月20日, 査読有り
      • インターネット利用による電子英文情報の即時教材化システムの開発とその教育利用
        大武博; 河本健; 竹腰正隆; 国村正子; MORREN B; 竹内浩昭; 鵜川義弘; 藤田信之; 金子周司
        情報処理学会研究報告, 2004年11月26日, 査読有り
      • Isolation of a diterpenoid substance with potent neuroprotective activity from fetal calf serum
        T Kume; N Asai; H Nishikawa; N Mano; T Terauchi; R Taguchi; H Shirakawa; F Osakada; H Mori; N Asakawa; M Yonaga; Y Nishizawa; H Sugimoto; S Shimohama; H Katsuki; S Kaneko; A Akaike
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2002年03月, 査読有り
      • Factors regulating survival and death of midbrain dopamine neurons
        H. Katsuki; T. Kume; S. Kaneko; A. Akaike
        Folia Pharmacologica Japonica, 1999年, 査読有り

      書籍等出版物

      • ライフサイエンス必須英和・和英辞典 改訂第3版
        金子 周司
        羊土社, 2010年, 査読無し
      • 薬理学―薬学教育モデル・コアカリキュラム準拠 (ベーシック薬学教科書シリーズ)
        金子 周司, 編者(編著者)
        化学同人, 2009年05月, 査読無し
      • ライフサイエンス必須英和辞典
        金子 周司
        羊土社, 2005年, 査読無し
      • ライフサイエンス辞書―医学・生物学のための絶対使える電子辞書
        金子 周司, 単著
        羊土社, 2001年08月, 査読無し
      • 改訂ライフサイエンス辞書
        金子 周司
        羊土社, 2001年, 査読無し
      • ライフサイエンス必須英単語
        金子 周司; 金子 周司; 大武 博, 共編者(共編著者)
        羊土社, 2000年03月, 査読無し
      • 医学インターネット〈2〉 (一歩進んだMacintosh)
        法橋 尚宏; 山本 隆一; 金子 周司, 共編者(共編著者)
        南江堂, 1998年09月, 査読無し
      • Cut-open recording techniques
        金子 周司
        Methods in Enzymology "Ion channels",293/,319, 1998年, 査読無し
      • ライフサイエンス用語データベースとは,他9編
        金子 周司
        「医学・生物学のためのライフサイエンス辞書3.1スーパーブック」,ライフサイエンス用語データベース作成グループ編,羊土社,/,3-23,46-51,115-129,156-170, 1997年, 査読無し
      • Cyberspace neuroscience
        金子 周司
        ,/,128-131, 1997年, 査読無し
      • サイバースペース神経科学
        金子 周司
        AERA Mook「頭脳学のみかた」,/,128-131, 1997年, 査読無し
      • インターネット文献検索,他4編
        金子 周司
        「ザ・インターネット 医学・生物学研究のためのパーフェクトガイドwith Macintosh & Windows」,鵜川義弘・水島 洋・金子周司編,羊土社,/,84-90,93-101,105-115,116-121,146-153, 1996年, 査読無し
      • 薬剤情報検索システム,他5編
        金子 周司
        「医師・医療関係者のためのソフトウェアガイド」,法橋尚宏編,中山書店,/,24-29,86-87,98-101, 1996年, 査読無し
      • 電子図書館,他13編,別冊 医学のあゆみ
        金子 周司
        「研究室でのパソコン活用術」,編集・日本コンピュータサイエンス学会,医歯薬出版,/,2-13,14-32,74-78,105-122,193-236, 1996年, 査読無し
      • 医学インターネット (一歩進んだMacintosh)
        法橋 尚宏; 金子 周司; 山本 隆一, 共編者(共編著者)
        南江堂, 1995年10月, 査読無し
      • 論文作成Macintoshリファレンス―医学生命医学
        金子 周司, 編者(編著者)
        羊土社, 1995年06月, 査読無し
      • The Macintosh reference for technical writing for medical and life scientific researchers
        金子 周司
        Youdo-sha,, 1995年, 査読無し
      • 記憶とLTP-NO
        金子 周司
        「NOと病態・治療」,/,110-121, 1995年, 査読無し
      • 医学・生命科学論文作成Macintosh リファレンス (編著)
        金子 周司
        羊土社,, 1995年, 査読無し
      • Memory, LTP, and NO,
        金子 周司
        ,/,110-121, 1995年, 査読無し
      • 学術情報網への接続
        金子 周司
        「マッキントッシュとインターネット」,鵜川義弘・水島洋編,羊土社,/,24-26,66-72,143-150, 1995年, 査読無し
      • 電子図書館,他2編
        金子 周司
        「一歩進んだMacintosh4」,法橋尚宏・山本隆一・金子周司編,南江堂,/,43-47,86-91,104-113, 1995年, 査読無し
      • ライフサイエンス辞書,他2編
        金子 周司
        「一歩進んだMacintosh3」,法橋尚宏・吉原博幸編,南江堂,/,102-109,128-133, 1994年, 査読無し
      • 一歩進んだMacintosh.医学・生物学のためのソフトウェア集1(共著)
        金子 周司
        南江堂,, 1993年, 査読無し
      • 医学・理学系のためのAT互換機活用法(共著)
        金子 周司
        秀潤社,, 1993年, 査読無し
      • The Xenopus oocyte expression system : Detection of the functions of membrane proteins by electrophysiological methods
        金子 周司
        ,, 1992年, 査読無し
      • アフリカツメガエル卵母細胞発現系:電位固定法による膜蛋白発現の検出
        金子 周司
        厚生社,, 1992年, 査読無し
      • 医学・分子生物学研究のためのマッキントッシュ・ハンドブック(共著)
        金子 周司
        羊土社,, 1992年, 査読無し
      • The use of xenopus oocytes in a molecular Pharmacological study of NMDA receptors
        金子 周司
        NMDA receptor Related Agents, NPP Books,, 1991年, 査読無し
      • The transmembrane signalling mechanism of serotonin-evoked inward current responses in xenopus oocytes injected with rat brain mRNA
        金子 周司
        Physiology and Pharmacology of Transmembrane Signalling,, 1989年, 査読無し

      Works(作品等)

      • 京都大学薬学部の研究内容等を紹介するWWWサーバの運営
        自 1996年, 至 2003年
      • ライフサイエンス辞書プロジェクト
        自 1993年, 至 2003年
      • ヒト脳に存在するCa2+チャネルに関する研究
        自 1998年, 至 2001年
      • Studies on Ca2+ channels in the human brain
        自 1998年, 至 2001年
      • Trpチャネルの開口制御機構に関する研究
        自 1998年, 至 2000年
      • Study on the opening mechanisms of TRP channels
        自 1998年, 至 2000年
      • Management of WWW server fors Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University and Department of Neuropharmacology(http : //www. pharm. kyoto-u. ac. jp/)
        自 1996年, 至 2000年
      • Life science dictionary(http : //lsd. pharm. kyoto-u. ac. jp /)
        自 1994年, 至 2000年
      • 日本薬理学会における学術誌(日本薬理学雑誌,Japanese Jpurnal of Pharmacology)抄録のWWWサーバ構築とインターネット上への公開
        自 1996年, 至 1997年
      • Establishment of WWW server for Japanese Journal of Pharmacology(http : //wwwsoc. nacsis. ac. jp/tjps/)
        自 1996年, 至 1997年
      • 日本薬学会における年会一般講演WWW受付システムの構築
        自 1997年
      • Establishment of WWW server for the Annual Meeting of Japanese Pharmaceutical Society(http : //www. pharm. or. jp/)
        自 1997年
      • Electric dictionaries for lifescience terms
        自 1993年
      • Internationalization of Bio-Net
        自 1992年

      受賞

      • 1995年
        日本薬理学会学術奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 末梢神経障害予防/治療薬の開発に向けたトランスレーショナルリサーチ
        基盤研究(B)
        小区分47040:薬理学関連
        京都大学
        中川 貴之
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        末梢神経障害;トランスレーショナルリサーチ;感覚障害;シュワン細胞;予防/治療薬開発
      • リアルワールドデータの解析に基づく副作用機序の解明と疾患治療標的の発見
        基盤研究(A)
        中区分47:薬学およびその関連分野
        京都大学
        金子 周司
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        リアルワールドデータ;有害事象;ドラッグリポジショニング;レセプト;AI創薬
      • 実臨床データを基盤とする薬物作用解析の国際研究拠点形成
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分47:薬学およびその関連分野
        京都大学
        金子 周司
        自 2018年10月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        臨床ビッグデータ;深層学習;電子カルテ;薬物依存;有害事象;ビッグデータ;医療情報;オントロジ
      • 化学物質の薬効・副作用発現を予測するプラットフォームの確立
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        京都大学
        金子 周司
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        親和性予測;人工知能;セロトニントランスポータ;DeepChem;グラフ畳み込みニューラルネットワーク;深層学習;生理活性予測;化学構造;薬理作用;モデルフリー;機械学習
      • 有害事象ビッグデータの解析に基づく末梢神経障害メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        金子 周司
        自 2017年07月18日, 至 2020年03月31日, 完了
        有害事象;FAERS;レセプト;電子カルテ;有害事象データベース
      • がん化学療法誘発末梢神経障害の発症機構解析と予防/治療薬の探索
        基盤研究(B)
        京都大学
        中川 貴之
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        薬理学;医療薬学;抗がん剤誘発末梢神経障害;シュワン細胞;有害事象ビッグデータ;ドラッグリポジショニング;ガレクチン-3;スクリーニング;有害事象ビッグデータ解析;ドラッグ・リポジショニング
      • LPAシグナル制御薬の慢性疼痛診断・治療基盤研究
        基盤研究(A)
        京都大学;長崎大学
        植田 弘師
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        線維筋痛症;神経障害性疼痛;リゾホスファチジン酸;脳画像解析;創薬;慢性疼痛;質量顕微鏡;PET解析;eRNA-CAGE解析;痛みメモリー;in vivoイメージング;Centralized Pain;Empathy;LPA受容体;脳卒中後慢性疼痛;Imaging MS解析
      • 細胞体セロトニン遊離を選択的に阻害する遺伝学的ツールの開発と神経回路創薬への応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        永安 一樹
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ウイルスベクター;セロトニン;光遺伝学
      • 意思決定に関与するセロトニン投射系の同定と薬理学的制御
        基盤研究(B)
        京都大学
        金子 周司
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        セロトニン;ウイルスベクター;うつ病;強迫性障害;精神疾患;ドパミン;意思決定;光遺伝学;神経薬理学
      • 危険ドラッグの神経メカニズムに関する研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        金子 周司
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        薬物依存;薬剤感受性
      • がん化学療法における分子標的薬誘発手足症候群の治療薬提言に向けた発症機序の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        松原 和夫
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        抗がん剤副作用;手足症候群;分子標的薬;ヒト皮膚ケラチノサイト;マウスモデル
      • しびれ動物モデルでの感覚神経線維特異的評価系の確立とその発症機序の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        中川 貴之
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        しびれ;感覚神経;末梢神経障害;オキサリプラチン;末梢血流障害;TRPA1;糖尿病性神経障害;MrgprB4;薬理学;痛み;MRGPRB4;TRPチャネル;感覚鈍磨;神経線維
      • 医歯薬学研究発表のための日本人支援環境の構築
        基盤研究(C)
        広島大学
        河本 健
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        英語論文;コーパス;Move解析;論文執筆支援;医学論文;生命科学論文;研究発表;論文作成;論文英語;ムーブ;研究論文;国際発信;医学英語
      • 活性酸素感受性TRPチャネルによる痛み・しびれの発生および慢性化機構の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        中川 貴之
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        TRPチャネル;活性酸素種;痛み;しびれ;オキサリプラチン;TRPA1;TRPM2;慢性膀胱炎;薬理学;感覚神経;末梢神経障害;末梢血流障害;疼痛;グリア細胞;抗がん剤誘発末梢神経障害;シュワン細胞;ミクログリア;抗がん剤末梢神経障害
      • 細胞特異的逆行性ウイルスベクターを用いた衝動性セロトニン神経回路網の解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        金子 周司
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        セロトニン;行動解析;パッチクランプ;チャネルロドプシン;ハロロドプシン
      • しびれ動物モデルの確立とその発症機序の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        中川 貴之
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        しびれ;疼痛;動物モデル;感覚神経;TRPA1;オキサリプラチン;虚血再灌流;低酸素;末梢神経障害;末梢血流障害;等津;活性酸素種;虚血/再灌流
      • カチオンチャネル制御によるミクログリア活性化調節機構の解明と病態応用
        基盤研究(C)
        京都大学
        白川 久志
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        ミクログリア;TRPV1;TRPM2;遊走;一酸化窒素;活性酸素種;脳虚血傷害;多発性硬化症;脳内炎症;ミトコンドリア;MAPキナーゼ;エンドバニロイド;カプサイシン;古典的活性化;TRPチャネル;Ca2+シグナリング;NADPHオキシダーゼ
      • 細胞内小器官イオン膜輸送の新しい機能解析法
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        金子 周司
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        イオン輸送;トランスポータ;細胞内小器官;シナプス小胞;自己組織化単分子層;電気生理学
      • 医歯薬学分野における英語論文執筆と口頭発表のための定型表現の計量的分析
        基盤研究(C)
        福井県立大学
        大武 博
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ライフサイエンス英語;コーパス;コンコーダンス;口演英語;論文英語
      • 神経変性疾患におけるTRP分子群の病態生理学的役割
        基盤研究(B)
        京都大学
        金子 周司
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        TRPチャネル;グリア細胞;神経変性疾患;脳内炎症;カチオン輸送;慢性疼痛;慢性膀胱炎
      • 免疫/グリア細胞に発現するTRPチャネル群の慢性疼痛における役割の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        中川 貴之
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        疼痛の発生・増強機序;神経障害性疼痛;TRP チャネル;TRPM2;免疫系細胞;グリア細胞;脊髄;中枢性感作;慢性疼痛;ミクログリア;マクロファージ;神経炎症応答;TRPC3;アストロサイト;TRPV4
      • 脂質メディエーターによるアストロサイト機能制御におけるTRPチャネルの役割
        若手研究(B)
        京都大学
        白川 久志
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        脂質メディエーター;スフィンゴシン-1-リン酸 (S1P);アストロサイト;TRPチャネル;TRPC3;細胞内カルシウム動態;形態変化;CXCL1;S1P;ケモカイン;カルシウム動態;スフィンゴシン-1ーリン酸;アラキドン酸;Ca2+動態
      • 脳細胞の興奮・活性化状態を制御するTRPVチャネルの新たな病態生理学的役割の解析
        若手研究(B)
        京都大学
        白川 久志
        完了
        ミクログリア;TRPチャネル;TRPV4;カリウムチャネル;電気生理学;細胞内カルシウム動態;TNF-α;中枢神経変性疾患;脱分極;外向き整流性K^+チャネル;脳虚血傷害;カルシウム動熊;神経細胞
      • 細胞内小器官トランスポータの新しい機能解析法の開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        金子 周司
        完了
        solid-supported membrane;シナプス小胞;ミトコンドリア;トランスポータ;小胞体
      • トリップチャネルの神経・グリア連関における病態生理的役割の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        TRPチャネル;TRPV4;TRPC3;TRPM2;アストロサイト;ミクログリア;細胞内カルシウム動態;中枢神経変性疾患;中枢系神経;グリア細胞;カルシウム;神経変性疾患;オリゴデンドロサイト;中枢神経系;カルシウム動態;神経細胞
      • 日本語によるゲノム情報の検索と理解を助けるポータルの開発
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        金子 周司
        完了
        ゲノム情報;情報検索;シソーラス;連想検索;ポータル
      • 神経変性を引き起こす金属イオン輸送の破綻に関する研究
        萌芽研究
        京都大学
        金子 周司
        完了
        神経変性;鉄イオン;金属輸送体;Xenopus卵母細胞;元素分析
      • 医学関連英語論文作成支援のための共起表現研究
        基盤研究(C)
        福井県立大学
        大武 博
        完了
        医学教育学;医学英語;英文コーパス;共起表現;英語論文作成;インターネット;英文コーバス
      • ニューロンの生死を決定づけるカチオンチャネルの機能に関する研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        イオンチャネル;TRPチャネル;神経細胞死;中枢神経変性疾患;脳虚血傷害;カルシウムイオン;アストロサイト;グリア細胞
      • ゲノム科学の教育推進と社会還元を目的とした日本語オントロジーの構築
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        金子 周司
        完了
        オントロジー;シソーラス;ゲノム科学;電子辞書;コーパス;用語法;専門用語
      • 英文コーパスを利用した医学関連英語論文作成支援システムの開発
        基盤研究(C)
        京都府立医科大学
        大武 博
        完了
        英文コーパス;共起表現;英文用例;英文作成支援;生命科学;インターネット, English Corpus;English Research Papers;English Concordance;English Collocation;Medical Science;Internet;Life Science
      • 神経細胞に発現するTRPファミリー分子の表現型と機能に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        TRPC5;TRPC4;TRPM2;siRNA;Xenopus卵母細胞;初代培養ニューロン;大脳皮質;過酸化水素;ADPリボース;受容体活性化型カチオンチャネル;Ca^<2+>流入;RNA干渉法;TRPチャネル;活性酸素;神経細胞死;カルシウム;ラジカルストレス;RNAi, TRPC5;TRPC4;TRPM2;siRNA;Xenopus oocytes;primary culture neuron;cerebral cortex;hydrogen peroxide
      • 科学英語論文の作成を支援するWWWシステムの開発
        基盤研究(C)
        京都府立医科大学
        大武 博
        完了
        英文コーパス;英文作成支援;英文用例;共起表現;生命科学;インターネット, English Corpus;English Research Papers;English Concordance;English Collocation;Life Science;Internet
      • 治療薬ターゲットとしての神経型カルシウムチャネルドメインの機能解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        カルシウムチャネル;電位依存性;TRP;アルツハイマー病;選択的スプライシング;Xenopus卵母細胞;慢性疼痛;神経細胞死;TRPチャネル;アンチセンスDNA;免疫染色;RT-PCR;初代培養ニューロン;不活性化;アフリカツメガエル卵母細胞;スプライシングバリアント;GTP結合タンパク;FK960;PMP-D2;ペプチド毒, calcium channels;voltage-dependent;TRP;Alzheimer's disease;alternative splicing;Xenopus oocytes;neuropathic pain;neuronal death
      • 異なる2種類のカルシウムチャネルファミリーの神経系における役割に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        カルシウムチャネル;電位依存性;TRP;ストア感受性;受容体活性化型;Xenopus卵母細胞;大脳皮質ニューロン;Fura-2蛍光;trp;卵母細胞;HEK細胞;大脳皮質;Fura-2, calcium channels;voltage-dependent;TRP;store-operated;receptor-activated;Xenopus oocytes;cerebral neurons;Fura-2 fluorescence
      • 線条体由来非蛋白性物質によるドーパミンニューロン死の制御
        特定領域研究(A)
        京都大学
        赤池 昭紀
        完了
        一酸化窒素;エステラジオール;グルタミン酸;神経毒性;神経保護;線条体;ドーパミン;パーキンソン病
      • 神経カルシウムチャネルの調節機構に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        カルシウムチャネル;卵母細胞;HEK細胞;オピオイド受容体;脊髄後角;GTP結合タンパク質;C線維;TRPチャネル;セロトニン受容体;GABA受容体;カルシウム チャネル;リン酸化;一次感覚神経;神経終末, Calcium channel;Xenopus oocytes;HEK cell;opioid receptor;spinal dorsal horn;GTP-binding protein;C fiber;TRP channel
      • 線条体由来非蛋白性物質によるドーパミンニューロン死の制御
        重点領域研究
        京都大学
        赤池 昭紀
        完了
        牛胎仔血清;ドパミンニューロン;グルタミン酸;神経細胞死;線条体;大脳皮質;一酸化窒素;黒質
      • オピオイドレセプターの多様な細胞内情報伝達系に関する研究
        一般研究(C)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        オピオイド受容体;ホスホリパーゼC;カルシウムチャネル;サイクリックAMP;GTP結合タンパク質;リン酸化;CFTR;脱感作
      • インターネットにおける電子辞書利用システムの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        インターネット;電子辞書;学術用語;ライフサイエンス;機械翻訳;データベース;WWW;用例, Internet;Electric Dictionary;Terminology;Life Science;Machine Translation;Database;World Wide Web;Usage
      • 分子プローブを用いた痛覚情報伝達・制御系の可視化および定量化のための新手法の確立
        基盤研究(A)
        京都大学
        佐藤 公道
        完了
        インジツハイブリダイゼーション;mRNA;二重染色;オピオイド受容体;痛覚情報伝達;ジゴキシゲニン;画像解析, in situ hybridization;mRNA;double staining;opioid receptor;pain;digoxigenin;image analysis
      • オピオイドレセプターの細胞内情報伝達系に関する研究
        奨励研究(A)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        オピオイドレセプター;シグナルトランスダクション;cyclic AMP;CFTR;イノシトールリン脂質;GTP結合タンパク質;アフリカツメガエル;卵母細胞
      • グルタミン酸レセプター発現細胞を用いた海馬長期増強現象のシナプス前調節機構の解明
        奨励研究(A)
        京都大学
        金子 周司
        完了
        グルタミン酸レセプター;アフリカツメガエル;卵母細胞;AMPAレセプター;海馬;長期増強;LTP;シナプス前調節
      • ヒト脳で有効なカルシウム拮抗薬の分子薬理学的探索方法の確率
        試験研究(B)
        京都大学
        佐藤 公道
        完了
        ヒト脳;カルシウムチャネル;カルシウム拮抗薬;アフリカツメガエル;卵母細胞;cDNA;分子クローニング;βサブユニット;Ca^<2+>;電位依存性;アフリカツメガエル卵母細胞;cDNAクローニング, human brain;Ca channel;Ca blocker;Xenopus laevis;oocytes;cDNA;molecular cloning;beta subunit
      • 情報伝達におけるGTP結合蛋白の役割に関する卵母細胞を用いた分子神経生物学的研究
        一般研究(B)
        京都大学
        佐藤 公道
        完了
        ムスカリンレセプター;セロトニンレセプター;GTP結合タンパク;ホスホリパーゼC;アフリカツメガエル卵母細胞;細胞内情報伝達;アンチセンスDNA;オピオイドレセプター;ムスカリンレセプタ-;セロトニンレセプタ-;ホスホリパ-ゼC;ラット脳, Xenopus oocyte;mRNA;antisense DNA;G-protein;GTP-binding;muscarinic receptor;serotonin receptor;hybrid arrest

      外部資金:その他

      • カルシウムチャネルの受容体調節機構に関する研究
      • 神経系のイオンチャネルに関する研究
      • ライフサイエンス学術用語のデータベース構築
      • テキストマイニングによる薬物有害事象の自動抽出を目的としたオントロジー構築とシステム開発
        厚生労働科学研究費補助金(医療安全・医療技術評価総合研究事業)
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日
        金子周司
      list
        Last Updated :2022/08/15

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬医療薬科学概論
          8105, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床薬学総論
          B355, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究概論
          6002, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          国試連絡用
          B997, 通年, 薬学部, 0
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅱ
          6202, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究演習Ⅰ
          6104, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤病態機能解析学演習
          2308, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬理学I
          C305, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習[生体機能解析学]
          B809, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          21COE化学講義3(理)
          8001, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬理学1(総論・末梢薬理)
          A305, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬医療薬科学概論
          1028, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          実務実習
          B998, 通年, 薬学部, 0
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅰ
          6201, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究特論Ⅲ
          6007, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬理学II
          C307, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          「薬の世界」入門
          U129, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究実験Ⅲ
          6203, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床薬学特論
          6004, 後期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬理学3(中枢神経薬理)
          A307, 後期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤医療薬科学実験技術
          1208, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤病態機能解析学実験
          3208, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究演習Ⅱ
          6105, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床薬学概論
          6001, 前期不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生理学2(分子生理学)
          A302, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          共用試験関係
          B999, 通年, 薬学部, 0
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学研究演習Ⅲ
          6106, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(生体機能解析学)
          D139, 通年, 薬学部, 10
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基盤病態機能解析学実習
          4208, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          特別実習(生体機能解析学)
          8139, 通年, 薬学部, 6
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          機能形態学
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬物治療学
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤医療薬科学特論Ⅱ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          先端薬学論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療実務事前学習
          後期前期, 薬学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生体機能薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生体機能薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基盤生体機能薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          情報探索入門(A群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先端薬学論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生体機能薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生体機能薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基盤生体機能薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          情報探索入門(A群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          機能形態学
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          臨床薬学特論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          薬物治療学
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬物治療学
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習[分子微生物学]
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤医療薬科学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生体機能薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生体機能薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基盤生体機能薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          臨床薬学特論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          前期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          博士後期課程特論
          後期集中, 薬学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          学術情報リテラシー入門
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          先端医療SGD演習
          前期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習[分子微生物学]
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実習〔実践臨床薬学〕
          通年, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学演習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実験
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基盤病態機能解析学実習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          臨床薬学特論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          学術情報リテラシー入門
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤医療薬科学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実験
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学演習
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          大学図書館の活用と情報探索
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習〔実践臨床薬学〕
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学倫理・概論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          地域医療薬学1
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          大学図書館の活用と情報探索
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床薬学特論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          地域医療薬学1
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤医療薬科学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          大学図書館の活用と情報探索
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床開発技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          国試連絡用
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地域医療薬学1
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          大学図書館の活用と情報探索
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学特論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          後期前期, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          薬理学1(総論・末梢薬理)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          国試連絡用
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤医療薬科学特論II
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大学図書館の活用と情報探索
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実務実習
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床開発技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究実験Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅲ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅱ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究演習Ⅰ
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学研究特論Ⅲ
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬物治療学1
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬理学II
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬理学I
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬理学1(総論・末梢薬理)
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          国試連絡用
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大学図書館の活用と情報探索
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実務実習(病3薬2)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実務実習(病2薬1)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実務実習(病4薬3)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学特論
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験III(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験II(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究実験I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習III(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習II(秋入学用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究演習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学研究特論III
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬理学I【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬理学II【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬理学1(総論・末梢薬理)
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          共用試験関係
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬医療薬科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          国試連絡用
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤医療薬科学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤医療薬科学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤病態機能解析学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤病態機能解析学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤病態機能解析学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大学図書館の活用と情報探索
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実務実習(薬2病3)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実務実習(薬1病2)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実務実習(薬3病4)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(生体機能解析学)【H30以降入学者用】
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習[生体機能解析学]
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          特別実習(生体機能解析学)
          通年, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生理学2(分子生理学)
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床薬学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床薬学総論
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          「薬の世界」入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究実験I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究演習III
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究演習II
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究演習I
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学研究特論III
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬理学I【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬理学II【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬理学3(中枢神経薬理)
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬理学1(総論・末梢薬理)
          後期, 薬学部

        博士学位審査

        • C-type natriuretic peptide facilitates autonomous Ca2+ entry in growth plate chondrocytes for stimulating bone growth (C型ナトリウム利尿ペプチドは自発的なCa2+流入を介して骨伸長を促進する)
          宮﨑 侑, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 情動行動を司る背側縫線核セロトニン神経の役割に関する研究
          永井 佑茉, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • 脳タンパク質凝集体を標的とした核医学分子イメージングプローブの開発に関する研究
          貝出 翔, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 臨床ビッグデータ解析と薬理学的実証を用いたドパミンD2受容体遮断薬誘発多動性障害抑制法の創出
          長岡 巧樹, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • 化学構造式から受容体親和性を予測する機械学習モデルの構築とヒト有害事象の予測への応用
          酒井 幸, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • 報酬および疼痛制御を担う神経機構に関する研究
          河合 洋幸, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Development of graph-based artificial intelligence techniques for knowledge discovery from gene networks (遺伝子ネットワークからの知識発見に資するグラフベースAI技術の開発)
          田中 良尚, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • 慢性疼痛に関与するLPA合成酵素の役割とその阻害薬探索に関する研究
          田中 景吾, 薬学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Reverse translational research to investigate the mechanisms underlying insomnia with depression and to develop an algorithm for selecting hypnotics (うつ病に併発する不眠症の発症機序解明および睡眠薬選択のアルゴリズム構築をめざしたリバーストランスレーショナル研究)
          重面 雄紀, 薬学研究科, 副査
          2022年03月23日
        list
          Last Updated :2022/08/15

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2008年04月01日, 至 2009年03月31日
            オープンキャンパス委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2011年03月31日
            学生部委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            学生生活委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            京都大学奨学金返還免除候補者選考委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            国際教育プログラム委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            国際教育プログラム委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            国際教育プログラム委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            国際教育プログラム委員会委員 4号委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2017年05月01日, 至 2019年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2016年05月01日, 至 2017年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 統計教育特別部会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 統計特別部会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 データ科学部会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 データ科学部会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            統合薬学教育開発副センター長
          • 自 2012年06月15日, 至 2016年03月31日
            薬学研究科副研究科長
          • 自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学研究科薬学専攻長
          • 自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬学部薬学科長
          • 自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            建物・設備・機器管理運営委員会 副委員長
          • 自 2012年04月01日, 至 2019年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2019年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2019年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日
            薬用植物園管理委員会 委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2023年03月31日
            統合薬学教育開発センター運営委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2023年03月31日
            情報システム委員会 委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            実務実習委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            実務実習委員会 委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            予算委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2019年03月31日
            予算委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日
            兼業審査・利益相反審査委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2020年03月31日
            ホームページ広報委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            寄附講座「ナノバイオ医薬創成科学講座」運営委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            革新的ナノバイオ医薬研究拠点運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            学生委員 委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            図書委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日
            教務委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            就職委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日
            情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            将来計画委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            予算委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            自己評価等調査検討委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            実務実習委員会 委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            薬用植物園管理委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            エネルギー管理委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際交流委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            寄附講座検討委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/08/15

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2018年04月, 至 2020年03月
              理事, 日本薬理学会
            • 自 2012年04月, 至 2016年03月
              理事, 日本薬理学会
            • 自 2013年04月, 至 2015年03月
              理事, 日本薬学会

            ページ上部へ戻る