教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

今中 雄一

イマナカ ユウイチ

医学研究科 社会健康医学系専攻健康管理学講座医療経済学 教授

今中 雄一
list
    Last Updated :2022/06/24

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    学位

    • 公衆衛生学修士(ミシガン大学)
    • 博士(医学)(東京大学)
    • 学術博士(ミシガン大学)

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/24

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ① 医療の質と経済性の可視化・評価と向上、② 医療提供システムの評価と向上、③ 国や地域における健康状態・医療資源・医療の質の分布とそのメカニズム

      研究キーワード

      • 医療経済
      • 医療経営
      • 医療政策
      • Health Economics
      • Health Policy
      • Healthcare Management

      研究分野

      • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学

      論文

      • Paraplegia After Open Surgical Repair Versus Thoracic Endovascular Aortic Repair for Thoracic Aortic Disease: A Retrospective Analysis of Japanese Administrative Data.
        Takeshi Umegaki; Susumu Kunisawa; Kota Nishimoto; Yasufumi Nakajima; Takahiko Kamibayashi; Yuichi Imanaka
        Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia, 2021年07月30日
      • COVID-19 Impact on the Japanese Healthcare System and Comparison of its Countermeasures With South Korea and Taiwan
        Jung-ho Shin; Huei-Ru Lin; Yuichi Imanaka
        IJQHC Communications, 2021年07月09日
      • The impact of the COVID-19 epidemic on hospital admissions for alcohol-related liver disease and pancreatitis in Japan.
        Itoshima H; Shin J; Takada D; Morishita T; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Scientific Reports, 2021年, 査読有り
      • Optimising antimicrobial use in humans ? review of current evidence and an interdisciplinary consensus on key priorities for research.
        Charani E; McKee M; Ahmad R; Balasegaram M; Bonaconsa C; Merrett GB; Busse R; Carter V; Castro-Sanchez E; Franklin BD; Georgiou P; Hill-Cawthorne K; Hope W; Imanaka Y; Kambugu A; Leather AJ; Mbamalu O; McLeod M; Mendelson M; Mpundu M; Rawson TM; Ricciardi W; Rodriguez-Manzano J; Singh S; Tsioutis C; Uchea C; Zhu N; Holmes AH.
        Lancet Regional Health Europe, 2021年, 査読有り
      • Impact of the COVID-19 pandemic on asthma exacerbations in children: a multi-center survey using an administrative database in Japan.
        Seiko Bun; Kenji Kishimoto; Jung-ho Shin; Takanobu Maekawa; Daisuke Takada; Tetsuji Morishita; Susumu Kunisawa; Yuichi Imanaka.
        Allergology International, 2021年, 査読有り
      • 新型コロナウイルス感染症の医療システムへの影響と対策・政策の日韓台比較
        愼重虎; 林慧茹; 今中雄一
        社会保険旬報, 2021年, 査読有り
      • Stages of a transtheoretical model as predictors for the decline of estimated glomerular filtration rate: a retrospective cohort study.
        Takada D; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Journal of Epidemiology, 2021年, 査読有り
      • Impact of the early stage of the coronavirus disease 2019 pandemic on surgical volume in Japan.
        Okuno T; Takada D; Shin J; Morishita T; Itoshima H; Kunisawa S; Imanaka Y.
        British Journal of Surgery, 2021年, 査読有り
      • Effects of periodontal management for patients with type 2 diabetes on healthcare expenditure, hospitalization, and worsening of diabetes: an observational study using medical, dental, and pharmacy claims data in Japan.
        Shin J; Takada D; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Journal of Clinical Periodontology, 2021年, 査読有り
      • Intra-operative autologous blood donation for cardiovascular surgeries in Japan: a retrospective cohort study.
        Okuno T; Kunisawa S; Fushimi K; Imanaka Y.
        PLOS ONE, 2021年, 査読有り
      • Nationwide multicenter questionnaire surveys on countermeasures against antimicrobial resistance and infections in hospitals.
        Shin J; Mizuno S; Okuno T; Itoshima H; Sasaki N; KunisawaS; Kaku M; Yoshida M; Gu Y; Morii D; Shibayama K; Ohmagari N; Imanaka Y.
        BMC Infectious Diseases, 2021年, 査読有り
      • Trends, Treatment Approaches, and In-Hospital mortality for Acute Coronary Syndrome in Japan During the Coronavirus Disease 2019 Pandemic.
        Morishita T; Takada D; Shin J; Higuchi T; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2021年, 査読有り
      • Surgical volume reduction and announcement of triage during the 1st wave of the covid-19 pandemic in Japan: a cohort study using interrupted time series analysis.
        Okuno T; Takada D; Shin J; Morishita T; Itoshima H; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Surgery Today, 2021年, 査読有り
      • Early impact of school closure and social distancing for COVID-19 on the number of inpatients with childhood non-COVID-19 acute infections in Japan.
        Kishimoto K; Bun S; Shin J; Takada D; Morishita T; Kunisawa S; Imanaka Y.
        European Journal of Pediatrics, 2021年, 査読有り
      • Hospitalization of mild cases of community-acquired pneumonia decreased more than severe cases during the COVID-19 pandemic.
        Nagano H; Takada D; Shin J; Morishita T; Kunisawa S; Imanaka Y.
        International Journal of Infectious Diseases, 2021年, 査読有り
      • Trajectories of end-of-life medical and long-term care expenditures for older adults in Japan: retrospective longitudinal study using a large-scale linked database of medical and long-term care claims.
        Teraoka E; Kunisawa S; Imanaka Y.
        BMC Geriatrics, 2021年, 査読有り
      • Developing and validating a multivariable prediction model for in-hospital mortality of pneumonia with advanced chronic kidney disease patients: a retrospective analysis using a nationwide database in Japan.
        Daisuke Takada; Susumu Kunisawa; Takeshi Matsubara; Kiyohide Fushimi; Motoko Yanagita; Yuichi Imanaka
        Clinical and experimental nephrology, 2020年04月15日, 査読有り
      • 日本における医療の費用効果分析・費用便益分析の実態:36年間の推移
        弘田義人; 六車耕平; 今中雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2020年, 査読有り
      • 要介護データを用いた二次医療圏レベルの健康寿命(平均自立期間)の算出および関連要因の探索
        内藤優美; 後藤悦; 林慧茹; 原広司; 佐々木典子; 今中雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2020年, 査読有り
      • Economic impact of antimicrobial-resistant bacteria outbreaks on Japanese hospitals.
        Morii D; Tomono K; Imanaka Y.
        American Journal of Infection Control, 2020年, 査読有り
      • The epidemiology and volume-outcome relationship of extracorporeal membrane oxygenation for respiratory failure in Japan: A retrospective observational study using a national administrative database.
        Muguruma K; Kunisawa S; Fushimi K; Imanaka Y.
        Acute Medicine & Surgery, 2020年, 査読有り
      • Effectiveness of combined antithrombin and thrombomodulin therapy on in-hospital mortality in mechanically ventilated septic patients with disseminated intravascular coagulation.
        Umegaki T; Kunisawa S; Nishimoto K; Kamibayashi T; Imanaka Y.
        Scientific Reports, 2020年, 査読有り
      • Association between clinic physician workforce and avoidable readmission: a retrospective database research.
        Hirota Y; Kunisawa S; Fushimi K; Imanaka Y.
        BMC Health Services Research, 2020年, 査読有り
      • Factors associated with high-dose antipsychotic prescriptions in outpatients with schizophrenia: An analysis of claims data from a Japanese prefecture.
        Takahashi T; Otsubo T; Kunisawa S; Sasaki N; Imanaka Y.
        Neuropsychopharmacology Reports, 2020年, 査読有り
      • A qualitative study on knowledge, perception, and practice related to non-communicable diseases in relation to happiness among rural and urban residents in Bhutan.
        Kohori-Segawa H; Dorji C; Dorji K; Wangdi U; Dema C; Dorji Y; Musumari PM; Techasrivichien T; Sugimoto-Watanabe SP; Sakamoto R; Ono-Kihara M; Kihara M; Imanaka Y.
        PLOS ONE, 2020年, 査読有り
      • Prediction Model for Prolonged Length of Stay in Patients with Community-Acquired Pneumonia Based on Japanese Administrative Data.
        Uematsu H; Yamashita K; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Respiratory Investigation, 2020年, 査読有り
      • New outcome-specific comorbidity scores excelled in predicting in-hospital mortality and healthcare charges in administrative databases.
        Shin J; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Journal of Clinical Epidemiology, 2020年, 査読有り
      • Transformational improvement in quality care and health systems: the next decade.
        Braithwaite J; Vincent C; Garcia-Elorrio E; Imanaka Y; Nicklin W; Sodzi-Tettey S; Bates D.
        BMC Medicine, 2020年, 査読有り
      • Preferences in end of life care substantially differ between the Netherlands and Japan.
        Groenewoud S; Sasaki N; Westert GP; Imanaka Y.
        Medicine., 2020年, 査読有り
      • Code-sharing in cost-of-illness calculations: an application to antibiotic-resistant bloodstream infections.
        Naylor NR; Yamashita K; Iwami M; Kunisawa S; Mizuno S; Castro-Sanchez E; Imanaka Y; Ahmad R; Holmes A.
        Frontiers in Public Health, 2020年, 査読有り
      • Factors affecting the use of clinical practice guidelines by hospital physicians : the interplay of IT infrastructure and physician attitudes.
        Sasaki N; Yamaguchi N; Okumura A; Yoshida M; Sugawara H; Shin J; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Implementation Science, 2020年, 査読有り
      • Impact of rehabilitation start time on functional outcomes after stroke.
        Otokita S*; Uematsu H*; Kunisawa S; Sasaki N; Fushimi K; Imanaka Y.
        Journal of Rehabilitation Medicine, 2020年, 査読有り
      • Economic impact of the first wave of the COVID-19 pandemic on acute care hospitals in Japan.
        Shin J; Takada D; Morishita T; Lin H; Bun S; Teraoka E; Okuno T; Itoshima H; Nagano H; Kishimoto K; Segawa H; Asami Y; Higuchi T; Minato K; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Plos One, 2020年, 査読有り
      • 臨床研究医をとり巻く状況 8年間の進展と残された課題 京都大学臨床研究者養成コース修了生の調査から
        岡林 里枝; 池之上 辰義; 小川 雄右; 佐々木 典子; 竹内 正人; 渡辺 範雄; 高橋 由光; 山本 洋介; 石見 拓; 古川 壽亮; 川上 浩司; 今中 雄一; 中山 健夫; 川村 孝; 福原 俊一
        Gノート, 2019年12月, 査読有り
      • Classification tree model of the personal economic burden of dementia care by related factors of both people with dementia and caregivers in Japan: a cross-sectional online survey.
        Takayo Nakabe; Noriko Sasaki; Hironori Uematsu; Susumu Kunisawa; Anders Wimo; Yuichi Imanaka
        BMJ open, 2019年07月09日, 査読有り
      • Does hospital information technology infrastructure promote the implementation of clinical practice guidelines? A multicentre observational study of Japanese hospitals.
        Sasaki N; Yamaguchi N; Okumura A; Yoshida M; Sugawara H; Imanaka Y
        BMJ open, 2019年06月, 査読有り
      • Previously-initiated hemodialysis as prognostic factor for in-hospital mortality in pneumonia patients with stage 5 chronic kidney disease: Retrospective database study of Japanese hospitals
        Daisuke Takada; Susumu Kunisawa; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2019年02月28日, 査読有り
      • DPCデータを用いた医療の質の地域比較
        國澤進; 今中雄一
        社会保険旬報, 2019年, 査読有り
      • Impact of the Hospitalist System in Japan on the Quality of Care and Healthcare Economics.
        Hamada O; Tsutsumi T; Miki A; Fukui T; Shimokawa T; Imanaka Y.
        Internal Medicine, 2019年, 査読有り
      • A challenge to all. A primer on inter-country differences of high-need, high-cost patients.
        Tanke MAC; Feyman Y; Bernal-Delgado E; Deeny SR; Imanaka Y; Jeurissen P; Lange L; Pimperl A; Sasaki N; Schull M; Wammes J; Wodchis WP; Meyer GS.
        Plos One, 2019年, 査読有り
      • Effects of preoperative oral management by dentists on postoperative outcomes following esophagectomy: Multilevel propensity score matching and weighting analyses using the Japanese inpatient database.
        Shin J; Kunisawa S; Fushimi K; Imanaka Y.
        Medicine, 2019年, 査読有り
      • Impact of oral voriconazole during chemotherapy for acute myeloid leukemia and myelodysplastic syndrome: a Japanese nationwide retrospective cohort study.
        Tsutsumi I; Kunisawa S; Yoshida C; Seki M; Komeno T; Fushimi K; Morita S; Imanaka Y.
        Int J Clin Oncol, 2019年, 査読有り
      • Analysis of concordance with antiemetic guidelines in pediatric, adolescent, and young adult patients with cancer using a large‐scale administrative database.
        Bun S; Kunisawa S; Sasaki N; Fushimi K; Matsumoto K; Yamatani A; Imanaka Y.
        Cancer Medicine, 2019年, 査読有り
      • Effects of copayment in long-term care insurance on long-term care and medical care expenditure.
        Lin H; Imanaka Y.
        JAMDA, 2019年, 査読有り
      • Public needs for information disclosure on healthcare performance: Different determinants between Japan and the Netherlands.
        Sasaki N; Groenewoud S; Kunisawa S; Westert G; Imanaka Y.
        Medicine, 2019年, 査読有り
      • Visualizing Organizational Culture in Old People's Homes and Hospitals in Japan: Human Interaction in the IoT Era.
        Koji Hara; Takayo Nakabe; Toshiya Naka; Masayuki Tanaka; Yuichi Imanaka
        2019年, 査読有り
      • Effect of methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan.
        Hironori Uematsu; Kazuto Yamashita; Seiko Mizuno; Susumu Kunisawa; Keigo Shibayama; Yuichi Imanaka
        American journal of infection control, 2018年10月, 査読有り
      • Development of a risk score for the prediction of incident dementia in older adults using a frailty index and health checkup data: The JAGES longitudinal study.
        Huei-Ru Lin; Taishi Tsuji; Katsunori Kondo; Yuichi Imanaka
        Preventive Medicine, 2018年07月, 査読有り
      • The impact of low body mass index on postoperative outcomes in pancreatectomy patients: a retrospective analysis of Japanese administrative data
        Takeshi Umegaki; Susumu Kunisawa; Masaya Kotsuka; So Yamaki; Takahiko Kamibayashi; Yuichi Imanaka
        Journal of Anesthesia, 2018年06月23日, 査読有り
      • The personal cost of dementia care in Japan: A comparative analysis of residence types.
        Takayo Nakabe; Noriko Sasaki; Hironori Uematsu; Susumu Kunisawa; Anders Wimo; Yuichi Imanaka
        International journal of geriatric psychiatry, 2018年06月12日
      • Comparison of In-hospital Outcomes Between Transcatheter and Surgical Aortic Valve Replacement in Patients with Aortic Valve Stenosis: A Retrospective Cohort Study Using Administrative Data.
        Umegaki T; Kunisawa S; Nakajima Y; Kamibayashi T; Fushimi K; Imanaka Y
        Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia, 2018年06月, 査読有り
      • Are pension types associated with happiness in Japanese older people?: JAGES Cross-sectional study
        Ichiro Sasaki; Katsunori Kondo; Naoki Kondo; Jun Aida; Hiroshi Ichikawa; Takashi Kusumi; Naoya Sueishi; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2018年05月, 査読有り
      • Do pharmacists have the most potential for patient safety in Japan? Learning from a 2010 nationwide survey
        Hirose Masahiro; Nishimura Nobuhiro; Kumakura Shiyunichi; Telloyan John Arthur; Igawa Mikio; Fukuda Haruhisa; Imanaka Yuichi
        Journal of Hospital Administration, 2018年04月25日, 査読有り
      • 電子診療報酬データの多角的解析
        衛藤亮太; 松原靖子; 山下和人; 國澤 進; 今中雄一; 櫻井 保志
        DEIM, 2018年, 査読有り
      • 「脳卒中を含む循環器病の診療情報の収集のためのシステムの開発に関する研究」班
        佐藤祥一郎; 園田和隆; 吉村壮平; 宮崎雄一; 松尾龍; 三浦克之; 今中雄一; 磯部光章; 斎藤能彦; 興梠貴英; 西村邦宏; 安田聡; 小川久雄; 北園孝成; 飯原弘二; 峰松一夫; 日本医療研究開発機
        脳卒中, 2018年, 査読有り
      • Cost-effectiveness of Second-Line Endocrine Therapies in Postmenopausal Women with Hormone Receptor?positive and Human Epidermal Growth Factor Receptor 2?negative Metastatic Breast Cancer in Japan.
        Lertjanyakun V; Chaiyakunapruk N; Kunisawa S; Imanaka Y.
        PharmacoEconomics, 2018年, 査読有り
      • Comparison of national strategies to reduce methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) infections in Japan and England.
        Mizuno S; Iwami M; Kunisawa S; Naylor N; Yamashita K; Kyratsis Y; Meads G; Otter JA; Holmes A; Imanaka Y; Ahmad R.
        The Journal of Hospital Infection, 2018年, 査読有り
      • Future Projection of the Physician Workforce and Its Geographic Equity in Japan: A Cohort-Component Model.
        Hara K; Kunisawa S; Sasaki N; Imanaka Y.
        BMJ Open, 2018年, 査読有り
      • Epidemiology of mechanically ventilated patients treated in ICU and non-ICU settings in Japan: a retrospective database study.
        Iwashita Y; Yamashita K; Ikai H; Sanui M; Imai H; Imanaka Y; JSEPTIC.
        Critical Care, 2018年, 査読有り
      • Comparison of surgical and conservative treatment outcomes for type A aortic dissection in elderly patients.
        Aoyama T; Kunisawa S; Fushimi K; Sawa T; Imanaka Y.
        Journal of Cardiothoracic Surgery, 2018年, 査読有り
      • Effects of night-time and weekend admissions on in-hospital mortality in acute myocardial infarction patients in Japan
        Seiko Mizuno; Susumu Kunisawa; Noriko Sasaki; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        PLoS ONE, 2018年01月01日, 査読有り
      • Examining changes in the equity of physician distribution in Japan: A specialty-specific longitudinal study
        Koji Hara; Susumu Kunisawa; Noriko Sasaki; Yuichi Imanaka
        BMJ Open, 2018年01月01日, 査読有り
      • 臨床研究医を取り巻く状況:8年間の進展と残された課題―京都大学臨床研究者養成コース修了生の調査から―
        岡林 里枝; 池之上 辰義; 小川 雄右; 佐々木 典子; 竹内 正人; 渡辺 範雄; 高橋 由光; 山本 洋介; 石見 拓; 古川 壽亮; 川上 浩司; 今中 雄一; 中山 健夫; 川村 孝; 福原 俊一
        医学教育, 2018年, 査読有り
      • Erratum to: Early diagnosis of pancreatic necrosis based on perfusion CT to predict the severity of acute pancreatitis (Journal of Gastroenterology, (2017), 52, 10, (1130-1139), 10.1007/s00535-017-1330-5)
        Yoshihisa Tsuji; Naoki Takahashi; Hiroyoshi Isoda; Koji Koizumi; Sho Koyasu; Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka; Shujiro Yazumi; Masanori Asada; Yoshihiro Nishikawa; Hiroshi Yamamoto; Osamu Kikuchi; Tsukasa Yoshida; Tetsuro Inokuma; Shinji Katsushima; Naoki Esaka; Akihiro Okano; Chiharu Kawanami; Nobuyuki Kakiuchi; Masahiro Shiokawa; Yuzo Kodama; Ichiro Moriyama; Takafumi Kajitani; Yoshikazu Kinoshita; Tsutomu Chiba
        Journal of Gastroenterology, 2017年10月01日, 査読有り
      • Early diagnosis of pancreatic necrosis based on perfusion CT to predict the severity of acute pancreatitis
        Yoshihisa Tsuji; Naoki Takahashi; Hiroyoshi Isoda; Koji Koizumi; Sho Koyasu; Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka; Shujiro Yazumi; Masanori Asada; Yoshihiro Nishikawa; Hiroshi Yamamoto; Osamu Kikuchi; Tsukasa Yoshida; Tetsuro Inokuma; Shinji Katsushima; Naoki Esaka; Akihiro Okano; Chiharu Kawanami; Nobuyuki Kakiuchi; Masahiro Shiokawa; Yuzo Kodama; Ichiro Moriyama; Takafumi Kajitani; Yoshikazu Kinoshita; Tsutomu Chiba
        Journal of gastroenterology, 2017年10月01日, 査読有り
      • Survival analysis of increases in care needs associated with dementia and living alone among older long-term care service users in Japan
        Huei-Ru Lin; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        BMC GERIATRICS, 2017年08月, 査読有り
      • Analysis of the evidence‐practice gap to facilitate proper medical care for the elderly: investigation, using databases, of utilization measures for National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB)
        NAKAYAMA Takeo; IMANAKA Yuichi; OKUNO Yasushi; KATO Genta; KURODA Tomohiro; GOTO Rei; GOTO Rei; TANAKA Shiro; TAMURA Hiroshi; FUKUHARA Shunichi; FUKUMA Shingo; MUTO Manabu; YANAGITA Motoko; YAMAMOTO Yosuke
        Environmental Health and Preventive Medicine (Web), 2017年06月, 査読有り
      • Prediction of pneumonia hospitalization in adults using health checkup data
        Hironori Uematsu; Kazuto Yamashita; Susumu Kunisawa; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2017年06月, 査読有り
      • Estimating the disease burden of methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan: Retrospective database study of Japanese hospitals
        Hironori Uematsu; Kazuto Yamashita; Susumu Kunisawa; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2017年06月, 査読有り
      • Differences between determinants of in-hospital mortality and hospitalisation costs for patients with acute heart failure: a nationwide observational study from Japan
        Noriko Sasaki; Susumu Kunisawa; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        BMJ OPEN, 2017年03月, 査読有り
      • Examining sufficiency and equity in the geographic distribution of physicians in Japan: a longitudinal study
        Koji Hara; Tetsuya Otsubo; Susumu Kunisawa; Yuichi Imanaka
        BMJ OPEN, 2017年03月, 査読有り
      • In Reply: Sedation choices and mortality: a well-defined tandem?
        Kenshi Hayashida; Masaji Nishimura; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF ANESTHESIA, 2017年02月, 査読有り
      • 肺癌周術期における呼吸リハビリテーションと術後肺炎との関連-DPCデータに基づいた分析-
        佐藤雅子; 佐々木典子; 國澤進; 今中雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2017年, 査読有り
      • 深層学習を用いた電子カルテ医療情報の多角的解析
        衛藤亮太; 松原靖子; 山下和人; 國澤 進; 今中雄一; 櫻井 保志
        情報処理学会データベースシステム研究会, 2017年, 査読有り
      • Impact of drain insertion after perforated peptic ulcer repair in a Japanese nationwide database analysis.
        Okumura K; Hida K; Kunisawa S; Nishigori T; Hosogi H; Sakai Y; Imanaka Y.
        World Journal of Surgery, 2017年, 査読有り
      • Patient safety activity under the social insurance medical fee schedule in Japan: An overview of the 2010 nationwide survey.
        Hirose M; Kawamura T; Igawa M; Imanaka Y.
        Journal of Patient Safety, 2017年, 査読有り
      • マルチタスク学習による集中治療室入室患者のリスクモデル構築
        則 のぞみ; 鹿島 久嗣; 山下 和人; 猪飼 宏; 今中 雄一
        電子情報通信学会論文誌和文, 2017年, 査読有り
      • Analysis of the evidence-practice gap to facilitate proper medical care for the elderly: investigation, using databases, of utilization measures for National Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan (NDB)
        Takeo Nakayama; Yuichi Imanaka; Yasushi Okuno; Genta Kato; Tomohiro Kuroda; Rei Goto; Shiro Tanaka; Hiroshi Tamura; Shunichi Fukuhara; Shingo Fukuma; Manabu Muto; Motoko Yanagita; Yosuke Yamamoto
        ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE, 2017年, 査読有り
      • Learning implicit tasks for patient-specific risk modeling in ICU.
        N. Nori; H. Kashima; K. Yamashita; S. Kunisawa; Y. Imanaka
        Proceedings of the 31st AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI), 2017年, 査読有り
      • Asymptomatic C-reactive protein elevation in neutropenic children
        Shiro Sugiura; Tsuyoshi Ito; Norihisa Koyama; Noriko Sasaki; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        PEDIATRICS INTERNATIONAL, 2017年01月, 査読有り
      • The economic burden of methicillin-resistant Staphylococcus aureus in community-onset pneumonia inpatients
        Hironori Uematsu; Kazuto Yamashita; Susumu Kunisawa; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        AMERICAN JOURNAL OF INFECTION CONTROL, 2016年12月, 査読有り
      • VARIATION OF DATA SOURCE USED FOR BASELINE POPULATION AND FOR NATURAL COURSE OF ALZHEIMER'S DISEASE PROGRESSION IN MODEL-BASED ECONOMIC EVALUATION OF TREATMENT OF AD
        Lerjanyakun, V; S. Kunisawa; Y. Imanaka
        VALUE IN HEALTH, 2016年11月, 査読有り
      • Reducing Length of Hospital Stay Does Not Increase Readmission Rates in Early-Stage Gastric, Colon, and Lung Cancer Surgical Cases in Japanese Acute Care Hospitals
        Susumu Kunisawa; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2016年11月, 査読有り
      • HOSPITAL INFORMATION TECHNOLOGY INFRASTRUCTURE AFFECTS QUALITY OF CARE
        N. Sasaki; A. Okumura; N. Yamaguchi; Y. Imanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2016年10月, 査読有り
      • In-hospital mortality and treatment patterns in acute myocardial infarction patients admitted during national cardiology meeting dates
        Seiko Mizuno; Susumu Kunisawa; Noriko Sasaki; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 2016年10月, 査読有り
      • The relationship between sedative drug utilization and outcomes in critically ill patients undergoing mechanical ventilation
        Kenshi Hayashida; Takeshi Umegaki; Hiroshi Ikai; Genki Murakami; Masaji Nishimura; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF ANESTHESIA, 2016年10月, 査読有り
      • The determinants of long-term care expenditure and their interactions
        Huei-Ru Lin; Tetsuya Otsubo; Noriko Sasaki; Yuichi Imanaka
        International Journal of Healthcare Management, 2016年10月01日, 査読有り
      • Impact of weekend admission on in-hospital mortality in severe community-acquired pneumonia patients in Japan
        Hironori Uematsu; Susumu Kunisawa; Kazuto Yamashita; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        RESPIROLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Effect of the number of request calls on the time from call to hospital arrival: a cross-sectional study of an ambulance record database in Nara prefecture, Japan
        Nao Hanaki; Kazuto Yamashita; Susumu Kunisawa; Yuichi Imanaka
        BMJ OPEN, 2016年, 査読有り
      • The clinical application of medical science research: investment and duration.
        N. Hanaki; S. Sengoku; Y. Imanaka; K. Kawakami
        Journal of Translational Science, 2016年, 査読有り
      • Variations in Healthcare Spending and Quality among Institutions. In Medical Practice Variations/Health Services Research.
        T. Otsubo; Y. Imanaka; T. Morishima; N. Sasaki; S. Park; J. Lee
        Springer, 2016年, 査読有り
      • A COMPARISON OF CLASSIFICATION AND REGRESSION TREES AND LOGISTIC REGRESSION FOR PREDICTING DEATH OF OLDER LONG-TERM CARE USERS IN JAPAN
        H. Lin; N. Sasaki; S. Kunisawa; T. Otsubo; Y. Imanaka
        VALUE IN HEALTH, 2015年11月
      • Input-output analysis on the economic impact of medical care in Japan
        Go Yamada; Yuichi Imanaka
        ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE, 2015年09月, 査読有り
      • Simultaneous modeling of multiple diseases for mortality prediction in acute hospital care
        Nozomi Nori; Hisashi Kashima; Kazuto Yamashita; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        Proceedings of the ACM SIGKDD International Conference on Knowledge Discovery and Data Mining, 2015年08月10日, 査読有り
      • The Impact of Patient Profiles and Procedures on Hospitalization Costs through Length of Stay in Community-Acquired Pneumonia Patients Based on a Japanese Administrative Database
        Hironori Uematsu; Susumu Kunisawa; Kazuto Yamashita; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2015年04月, 査読有り
      • The Effects of Dementia and Long-Term Care Services on the Deterioration of Care-needs Levels of the Elderly in Japan (vol 94, pg e525, 2015)
        H-R Lin; T. Otsubo; Y. Imanaka
        MEDICINE, 2015年03月, 査読有り
      • The effect of centralization of health care services on travel time and its equality
        Daisuke Kobayashi; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        HEALTH POLICY, 2015年03月, 査読有り
      • The Effects of Dementia and Long-Term Care Services on the Deterioration of Care- needs Levels of the Elderly in Japan
        Huei-Ru Lin; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        MEDICINE, 2015年02月, 査読有り
      • Organizational culture affecting quality of care: guideline adherence in perioperative antibiotic use
        Naoto Ukawa; Masayuki Tanaka; Toshitaka Morishima; Yuichi Imanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2015年02月, 査読有り
      • 栄養サポートチーム加算の現状と課題-管理栄養士とNSTの業務実態を踏まえた全国多施設の診療報酬請求データ分析-
        佐藤礼子; 國澤進; 佐々木典子; 猪飼宏; 今中雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2015年, 査読有り
      • 臨床指標の算出定義と算出値の検討 国立病院機構臨床評価指標と医療の質指標ポータルサイトにおける指標値の相違
        本橋隆子; 小林美亜; 中寺昌也; 國澤進; 今中雄一; 伏見清秀
        日本医療・病院管理学会誌, 2015年, 査読有り
      • Regional Variations in In-hospital Mortality, Care Processes, and Spending in Acute Ischemic Stroke Patients in Japan
        Tetsuya Otsubo; Etsu Goto; Toshitaka Morishima; Hiroshi Ikai; Chiaki Yokota; Kazuo Minematsu; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 2015年01月, 査読有り
      • CURRENT PRACTICE OF MECHANICALLY VENTILATED PATIENTS TREATED OUTSIDE THE ICU IN JAPAN
        Yoshiaki Iwashita; Kazuto Yamashita; Masamitsu Sanui; Hiroshi Imai; Yuichi Imanaka
        CRITICAL CARE MEDICINE, 2014年12月, 査読有り
      • Development of a risk-adjusted in-hospital mortality prediction model for community-acquired pneumonia: a retrospective analysis using a Japanese administrative database
        Hironori Uematsu; Susumu Kunisawa; Noriko Sasaki; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        BMC PULMONARY MEDICINE, 2014年12月, 査読有り
      • 統合失調症外来患者における抗精神病薬大量処方の関連因子 広域レセプトデータの活用.
        落合英伸; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一
        日本医療・病院管理学会誌., 2014年10月, 査読有り
      • Trends in hospital performance in acute myocardial infarction care: a retrospective longitudinal study in Japan
        Naoto Ukawa; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2014年10月, 査読有り
      • Can Experience Improve Hospital Management?
        Haruhisa Fukuda; Kazuhide Okuma; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2014年09月, 査読有り
      • Visualizing variations in organizational safety culture across an inter-hospital multifaceted workforce
        Hiroe Kobuse; Toshitaka Morishima; Masayuki Tanaka; Genki Murakami; Masahiro Hirose; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2014年06月, 査読有り
      • Survival analyses of postoperative lung cancer patients: an investigation using Japanese administrative data
        Susumu Kunisawa; Kazuto Yamashita; Hiroshi Ikai; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        SPRINGERPLUS, 2014年05月, 査読有り
      • Factors Associated with the Administration of Tissue Plasminogen Activator for Acute Ischemic Stroke
        Susumu Kunisawa; Daisuke Kobayashi; Jason Lee; Tetsuya Otsubo; Hiroshi Ikai; Chiaki Yokota; Kazuo Minematsu; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES, 2014年04月, 査読有り
      • Association of healthcare expenditures with aggressive versus palliative care for cancer patients at the end of life: a cross-sectional study using claims data in Japan
        Toshitaka Morishima; Jason Lee; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2014年02月, 査読有り
      • 医療安全文化醸成度とLag timeとの関連性に関する検討
        津田佳彦; 廣瀬昌博; 塚本篤; 樋口由美子; 江上廣一; 本田順一; 島弘志; 今中雄一
        看護管理, 2014年, 査読有り
      • The relationship between the number of cardiologists and clinical practice patterns in acute heart failure ― A cross-sectional observational study.
        Noriko Sasaki; Susumu Kunisawa; Tetsuya Otsubo; Hiroshi Ikai; Kiyohide Fushimi; Yoshio Yasumura; Takeshi Kimura; Yuichi Imanaka
        BMJ Open, 2014年, 査読有り
      • Factors affecting regional variations in hospitalization expenditures of elderly residents in Japan
        Etsu Goto; Jason Lee; Noriko Sasaki; Yuichi Imanaka
        Journal of Public Health (Germany), 2014年, 査読有り
      • Decentralization and centralization of healthcare resources: Investigating the associations of hospital competition and number of cardiologists per hospital with mortality and resource utilization in Japan
        Sungchul Park; Jason Lee; Hiroshi Ikai; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        HEALTH POLICY, 2013年11月, 査読有り
      • Widening disparity in the geographic distribution of pediatricians in Japan
        Hiromasa Sasaki; Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka
        HUMAN RESOURCES FOR HEALTH, 2013年11月, 査読有り
      • Association of Geographical Factors With Administration of Tissue Plasminogen Activator for Acute Ischemic Stroke
        Susumu Kunisawa; Toshitaka Morishima; Naoto Ukawa; Hiroshi Ikai; Tetsuya Otsubo; Koichi B. Ishikawa; Chiaki Yokota; Kazuo Minematsu; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION, 2013年10月, 査読有り
      • The number of cardiologists, case volume, and in-hospital mortality in acute myocardial infarction patients
        Sungchul Park; Noriko Sasaki; Toshitaka Morishima; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY, 2013年10月, 査読有り
      • Development and Validation of an Acute Heart Failure-Specific Mortality Predictive Model Based on Administrative Data
        Noriko Sasaki; Jason Lee; Sungchul Park; Takeshi Umegaki; Susumu Kunisawa; Tetsuya Otsubo; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        CANADIAN JOURNAL OF CARDIOLOGY, 2013年09月, 査読有り
      • Quality of care and in-hospital resource use in acute myocardial infarction: Evidence from Japan
        Sungchul Park; Jason Lee; Hiroshi Ikai; Tetsuya Otsubo; Naoto Ukawa; Yuichi Imanaka
        HEALTH POLICY, 2013年08月, 査読有り
      • An in-hospital mortality equation for mechanically ventilated patients in intensive care units
        Takeshi Umegaki; Masaji Nishimura; Kimitaka Tajimi; Kiyohide Fushimi; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF ANESTHESIA, 2013年08月, 査読有り
      • Factors associated with prolonged length of hospital stay of elderly patients in acute care hospitals in Japan: A multilevel analysis of patients with femoral neck fracture
        Takako Motohashi; Hironori Hamada; Jason Lee; Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka
        HEALTH POLICY, 2013年06月, 査読有り
      • Cost-effectiveness analysis of omalizumab for the treatment of severe asthma in Japan and the value of responder prediction methods based on a multinational trial
        Toshitaka Morishima; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        Value in Health Regional Issues, 2013年05月, 査読有り
      • The association between health care spending and quality of care for stroke patients in Japan
        Jason Lee; Toshitaka Morishima; Sungchul Park; Tetsuya Otsubo; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF HEALTH SERVICES RESEARCH & POLICY, 2013年04月, 査読有り
      • Development of efficiency indicators of operating room management for multi-institutional comparisons
        Masayuki Tanaka; Jason Lee; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        Journal of Evaluation in Clinical Practice, 2013年04月, 査読有り
      • Physician adherence to asthma treatment guidelines in Japan: focus on inhaled corticosteroids
        Toshitaka Morishima; Tetsuya Otsubo; Etsu Gotou; Daisuke Kobayashi; Jason Lee; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2013年04月, 査読有り
      • Effect of certified training facilities for intensive care specialists on mortality in Japan
        Kazuto Yamashita; Hiroshi Ikai; Masaji Nishimura; Kiyohide Fushimi; Yuichi Imanaka
        CRITICAL CARE AND RESUSCITATION, 2013年03月, 査読有り
      • Impact of hospital case volume on quality of end-of-life care in terminal cancer patients
        Toshitaka Morishima; Jason Lee; Tetsuya Otsubo; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        Journal of Palliative Medicine, 2013年02月01日, 査読有り
      • Burden of Household Environmental Tobacco Smoke on Medical Expenditure for Japanese Women: A Population-Based Cohort Study
        Toshitaka Morishima; Yuichi Imanaka; Tetsuya Otsubo; Kenshi Hayashida; Takashi Watanabe; Ichiro Tsuji
        JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY, 2013年01月, 査読有り
      • Derivation and Validation of In-Hospital Mortality Prediction Models in Ischaemic Stroke Patients Using Administrative Data
        Jason Lee; Toshitaka Morishima; Susumu Kunisawa; Noriko Sasaki; Tetsuya Otsubo; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        CEREBROVASCULAR DISEASES, 2013年, 査読有り
      • インシデントに起因する追加的医療費算出の試み
        江上廣一; 廣瀬昌博; 津田佳彦; 大濱京子; 本田順一; 島弘志; 今中雄一
        病院, 2013年, 査読有り
      • インシデントレポートからみた臨床研修病院における転倒・転落事例の臨床疫学的側面
        江上廣一; 廣瀬昌博; 津田佳彦; 大濱京子; 本田順一; 島弘志; 中林愛恵; 福田治久; 今中雄一; 小林祥泰
        日本医療・病院管理学会誌, 2012年11月, 査読有り
      • Effects of the per diem prospective payment system with DRG-like grouping system (DPC/PDPS) on resource usage and healthcare quality in Japan
        Hironori Hamada; Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka
        HEALTH POLICY, 2012年10月, 査読有り
      • 薬剤管理指導業務実施状況における病院間差の関連要因 診療報酬請求データを活用した解析.
        松永京子; 猪飼宏; 國澤進; 大坪徹也; 今中雄一
        日本医療・病院管理学会誌., 2012年10月, 査読有り
      • THE ROLE OF PHARMACIST FOR PATIENT SAFETY: A NATIONWIDE SURVEY ON PATIENT SAFETY MANAGEMENT SYSTEM
        M. Hirose; H. Fukuda; Y. Imanaka; Y. Tsuda; K. Egami; J. Honda; H. Shima
        VALUE IN HEALTH, 2012年06月
      • Impact of postgraduate education on physician practice for community-acquired pneumonia
        Hiroshi Ikai; Takeshi Morimoto; Takuro Shimbo; Yuichi Imanaka; Kaoru Koike
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2012年04月, 査読有り
      • Incidence and Prevention of Postoperative Venous Thromboembolism: Are They Meaningful Quality Indicators in Japanese Health Care Settings?
        Susumu Kunisawa; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        WORLD JOURNAL OF SURGERY, 2012年02月, 査読有り
      • 患者の安全と医療の質。トピック:II。医療の質の測定と改善; 2.DPCデータに基づく医療の質の指標と改善
        Y. Imanaka
        Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine, 2012年
      • 喫煙者と非喫煙者の生涯医療費
        K. Hayashida; G. Murakami; Y. Takahashi; I. Tsuji; Y. Imanaka
        Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, 2012年
      • 医療提供システム評価の再入院率
        T. Otsubo; Y. Imanaka
        Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, 2012年
      • 【健康増進・地域医療・医療費適正化計画とデータ活用~生活習慣病の予防・治療システムの戦略的構築へ~】医療システムにおける評価指標としての再入院率
        大坪徹也; 今中雄一
        日本衛生学雑誌, 2012年, 査読有り
      • Erratum: Incidence and prevention of postoperative venous thromboembolism: Are they meaningful quality indicators in Japanese health care settings? (World Journal of Surgery DOI: 10.1007/s00268-011-1229-x)
        S. Kunisawa; H. Ikai; Y. Imanaka
        World Journal of Surgery, 2012年, 査読有り
      • Evaluation of resource allocation and supply-demand balance in clinical practice with high-cost technologies
        Tetsuya Otsubo; Yuichi Imanaka; Jason Lee; Kenshi Hayashida
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2011年12月, 査読有り
      • Costs of hospital-acquired infection and transferability of the estimates: a systematic review
        H. Fukuda; J. Lee; Y. Imanaka
        INFECTION, 2011年06月, 査読有り
      • 社会と健康を科学するパブリックヘルス データに基づく地域医療政策・病院政策(その2)
        猪飼 宏; 今中 雄一
        日本公衆衛生雑誌, 2011年06月, 査読有り
      • データに基づく地域医療政策・病院政策(その2)
        大坪徹也; 今中雄一
        日本公衆衛生雑誌, 2011年05月
      • Validation of a novel method to identify healthcare-associated infections
        J. Lee; Y. Imanaka; M. Sekimoto; H. Nishikawa; H. Ikai; T. Motohashi
        JOURNAL OF HOSPITAL INFECTION, 2011年04月, 査読有り
      • The impact of acute organ dysfunction on patients' mortality with severe sepsis
        Takeshi Umegaki; Hiroshi Ikai; Yuichi Imanaka
        Journal of Anaesthesiology Clinical Pharmacology, 2011年04月, 査読有り
      • 手術室運用の効率性指標の検討と多施設間比較
        田中 将之; 猪飼 宏; 今中 雄一
        日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology, 2011年02月28日
      • Impact of intensive care unit physician on care processes of patients with severe sepsis in teaching hospitals
        Takeshi Umegaki; Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka
        Journal of Anesthesia and Clinical Research, 2011年02月, 査読有り
      • Variations in analytical methodology for estimating costs of hospital-acquired infections: a systematic review
        H. Fukuda; J. Lee; Y. Imanaka
        JOURNAL OF HOSPITAL INFECTION, 2011年02月, 査読有り
      • Healthcare-associated infections in acute ischaemic stroke patients from 36 Japanese hospitals: risk-adjusted economic and clinical outcomes
        Jason Lee; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Hiroshi Ikai; Tetsuya Otsubo
        INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE, 2011年02月, 査読有り
      • 心臓病の医療経済学:実践パターン、償還および費用
        H. Ikai; Y. Imanaka
        日本臨床, 2011年
      • 社会と健康を科学するパブリックヘルス(6)「データに基づく地域医療政策・病院政策(その1)」
        T. Otsubo; Y. Imanaka
        [Nihon kōshū eisei zasshi] Japanese journal of public health, 2011年
      • インシデントレポート・医事管理データによる転倒・転落に起因する追加的医療費算出の試み
        江上廣一; 廣瀬昌博; 竹村匡正; 岡本和也; 津田佳彦; 大濱京子; 本田順一; 島弘志; 今中雄一; 吉原博幸
        日本医療・病院管理学会誌, 2011年, 査読有り
      • タイムスタディとDPCデータを用いた産婦人科診療の業務量把握
        濱田啓義; 関本美穂; 今中雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2011年, 査読有り
      • 日本集中治療医学会新生児小児集中治療委員会
        志馬伸朗; 梅垣岳志; 関本美穂; 今中雄一
        日本集中治療医学会雑誌, 2011年, 査読有り
      • ICUの人員配置と運営方針が予後に与える影響について
        西村匡司; 多治見公高; 竹田晋浩; 小谷透; 鶴田良介; 長谷川隆一; 福岡敏雄; 今中雄一; 林田賢史; 村上玄樹; 松田晋哉; 日本集中治療医学会ICU機能評価委員会
        日本集中治療医学会雑誌, 2011年, 査読有り
      • A comparative analysis of incident reporting lag times in academic medical centres in Japan and the USA
        S. E. Regenbogen; M. Hirose; Y. Imanaka; E-H Oh; H. Fukuda; A. A. Gawande; T. Takemura; H. Yoshihara
        QUALITY & SAFETY IN HEALTH CARE, 2010年12月, 査読有り
      • Verification Bias in Assessment of the Utility of MRI in the Diagnosis of Cruciate Ligament Tears
        Haruo Nishikawa; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Hiroshi Ikai
        AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 2010年11月, 査読有り
      • VALIDATING THE ACCURACY OF A NOVEL METHOD FOR IDENTIFYING HEALTH CARE-ASSOCIATED INFECTIONS
        J. Lee; Y. Imanaka; M. Sekimoto; H. Nishikawa; H. Ikai; T. Motohashi
        VALUE IN HEALTH, 2010年11月, 査読有り
      • Current anticoagulation therapy for sepsis-induced disseminated intravascular coagulation in Japan: results of a multicenter study using administrative data
        UMEGAKI Takeshi; SEKIMOTO Miho; IKAI Hiroshi; IMANAKA Yuichi
        J Jpn Soc Intensive Care Med 2010;17:555〜559., 2010年10月01日, 査読有り
      • Antimicrobial prescription patterns for children hospitalized with pneumonia and compliance to guidelines in Japan: a multicenter study
        Hiromasa Sasaki; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Jason Lee; Tetsuya Otsubo
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2010年10月, 査読有り
      • An outcome prediction model for adult intensive care
        Takeshi Umegaki; Miho Sekimoto; Kenshi Hayashida; Yuichi Imanaka
        CRITICAL CARE AND RESUSCITATION, 2010年06月, 査読有り
      • Patient perceived priorities between technical skills and interpersonal skills: their influence on correlates of patient satisfaction
        Genki Murakami; Yuichi Imanaka; Hiroe Kobuse; Jason Lee; Etsu Goto
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2010年06月, 査読有り
      • Risk-adjusted assessment of incidence and quantity of blood use in acute-care hospitals in Japan: an analysis using administrative data
        M. Sekimoto; Y. Imanaka; T. Shirai; H. Sasaki; T. Komeno; J. Lee; K. Yoshihara; E. Ashihara; T. Maekawa
        VOX SANGUINIS, 2010年05月, 査読有り
      • Impact of system-level activities and reporting design on the number of incident reports for patient safety
        H. Fukuda; Y. Imanaka; M. Hirose; K. Hayashida
        QUALITY & SAFETY IN HEALTH CARE, 2010年04月, 査読有り
      • Injury Severity Score, Resource Use, and Outcome for Trauma Patients Within a Japanese Administrative Database
        Kazuaki Kuwabara; Shinya Matsuda; Yuichi Imanaka; Kiyohide Fushimi; Hideki Hashimoto; Koichi B. Ishikawa; Hiromasa Horiguchi; Kenshi Hayashida; Kenji Fujimori; Shunya Ikeda; Hideo Yasunaga
        JOURNAL OF TRAUMA-INJURY INFECTION AND CRITICAL CARE, 2010年02月, 査読有り
      • Risk-adjusted increases in medical resource utilization associated with health care-associated infections in gastrectomy patients
        Jason Lee; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Tatsuro Ishizaki; Kenshi Hayashida; Hiroshi Ikai; Tetsuya Otsubo
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2010年02月, 査読有り
      • Difference in lifetime medical expenditures between male smokers and non-smokers
        Kenshi Hayashida; Yuichi Imanaka; Genki Murakami; Yuko Takahashi; Masato Nagai; Shinichi Kuriyama; Ichiro Tsuji
        HEALTH POLICY, 2010年01月, 査読有り
      • 医療の質,コスト,アクセス,そして満足度 医療制度づくりと HSR
        Y. Imanaka
        [Nippon kōshū eisei zasshi] Japanese journal of public health, 2010年
      • 【急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン】急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン ガイドラインが診療に与える効果の検証について 2004年から2009年におけるわが国の急性胆嚢炎の診療パターンの変化
        関本美穂; 大隈和英; 今中雄一; 吉田雅博; 平田公一; 真弓俊彦; 高田忠敬
        日本腹部救急医学会雑誌, 2010年, 査読有り
      • 重回帰分析を用いた病院毎の血液製剤使用量の予測モデルとその評価
        関本美穂; 今中雄一; 吉原桂一; 米野琢哉; 白井貴子; ジェイスン・リー; 佐々木弘真
        日本輸血細胞治療学会誌, 2010年, 査読有り
      • rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法の承認後4年間の全国における実施状況調査 地域格差の克服に向けて
        岡田靖; 峰松一夫; 小川彰; 今中雄一; 関本美穂; 端和夫; 山口武典
        脳卒中, 2010年, 査読有り
      • Macro and micro costing of atherosclerosis-related diseases in the Japanese health care system.
        Imanaka Y.
        Atherosclerosis., 2010年, 査読有り
      • 臨床研究医の現状:診療現場で臨床研究を実施するための課題――京都大学臨床研究者養成コース(MCRコース)の履修生の実態調査から見えてきたこと――
        有村保次; 西田俊彦; 南 麻弥; 横山葉子; 三品浩基; 山崎 新; 石崎達郎; 川上浩司; 中山健夫; 今中雄一; 川村 孝; 福原俊一
        医学教育, 2010年, 査読有り
      • Influence of Verification Bias on the Assessment of MRI in the Diagnosis of Meniscal Tear
        Haruo Nishikawa; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Kenshi Hayashida; Hiroshi Ikai
        AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY, 2009年12月, 査読有り
      • THE INFLUENCE OF ECONOMIC INCENTIVES AND REGULATORY FACTORS ON THE ADOPTION OF TREATMENT TECHNOLOGIES: A CASE STUDY OF TECHNOLOGIES USED TO TREAT HEART ATTACKS
        Bech M; cl; Imanaka Y
        HEALTH ECONOMICS, 2009年10月, 査読有り
      • Primary chemotherapy patterns for ovarian cancer treatment in Japan
        Takako Shirai; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Tatsuro Ishizaki
        JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, 2009年10月, 査読有り
      • Change in clinical practice after publication of guidelines on breast cancer treatment
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka; Tatsuro Ishizaki; Kazuhide Okuma; Takako Shirai
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2009年10月, 査読有り
      • Economic evaluations of maintaining patient safety systems in teaching hospitals (vol 88, pg 381, 2008)
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka; Masahiro Hirose; Kenshi Hayashida
        HEALTH POLICY, 2009年09月, 査読有り
      • Factors associated with system-level activities for patient safety and infection control (vol 89, pg 26, 2009)
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka; Masahiro Hirose; Kenshi Hayashida
        HEALTH POLICY, 2009年09月
      • Development and analysis of a nationwide cost database of acute-care hospitals in Japan
        Kenshi Hayashida; Yuichi Imanaka; Tetsuya Otsubo; Kazuaki Kuwabara; Kohicih B. Ishikawa; Kiyohide Fushimi; Hideki Hashimoto; Hideo Yasunaga; Hiromasa Horiguchi; Makoto Anan; Kenji Fujimori; Shunya Ikeda; Shinya Matsuda
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2009年08月, 査読有り
      • Lung cancer incidence in middle-aged men estimated by low-dose computed tomography screening
        Takeshi Nojo; Yuichi Imanaka; Tatsuro Ishizaki; Miho Sekimoto; Masahito Yoshino; Takashi Kurosawa; Hidemasa Takao; Kuni Ohtomo
        LUNG CANCER, 2009年07月, 査読有り
      • Assessment of transparency of cost estimates in economic evaluations of patient safety programmes
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2009年06月, 査読有り
      • Work stress and workload of full-time anesthesiologists in acute care hospitals in Japan
        Kazuyoshi Kawasaki; Miho Sekimoto; Tatsuro Ishizaki; Yuichi Imanaka
        JOURNAL OF ANESTHESIA, 2009年05月, 査読有り
      • The subjective incremental cost of informed consent and documentation in hospital care: a multicentre questionnaire survey in Japan
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka; Hiroe Kobuse; Kenshi Hayashida; Genki Murakami
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2009年04月, 査読有り
      • Factors affecting performance of hospital infection control in Japan
        Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka; Hiroyoshi Kobayashi; Takashi Okubo; Junko Kizu; Hiroe Kobuse; Hanako Mihara; Noriaki Tsuji; Ayumi Yamaguchi
        AMERICAN JOURNAL OF INFECTION CONTROL, 2009年03月, 査読有り
      • Factors associated with system-level activities for patient safety and infection control
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka; Masahiro Hirose; Kenshi Hayashida
        HEALTH POLICY, 2009年01月, 査読有り
      • Validation of a theory-based costing methodology through simulation in a virtual hospital: Towards a standardized model of patient-level costing with two-dimensional components.
        Imanaka Y; Hayashida K; Nakatani I; Kuwabara K.
        The Proceedings of 4th World Congress of International. Health Economics Association., 2009年, 査読有り
      • Active life expectancy based on activities of daily living for older people living in a rural community in Japan.
        Ishizaki T; Yoshida H; Kumagai S; Watanabe S; Shinkai S; Suzuki T; Shibata H; Imanaka Y.
        Geriatrics and Gerontology International, 2009年, 査読有り
      • Economic evaluations of maintaining patient safety systems in teaching hospitals
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka; Masahiro Hirose; Kenshi Hayashida
        HEALTH POLICY, 2008年12月, 査読有り
      • 自治体病院の医業収支推移に関する規模別要因分析
        大坪徹也; 今中雄一
        日本公衆衛生雑誌, 2008年11月, 査読有り
      • Management patterns and healthcare costs for hospitalized patients with cerebral infarction
        Miho Sekimoto; Chieko Kakutani; Isao Inoue; Tatsuro Ishizaki; Kenshi Hayashida; Yuichi Imanaka
        HEALTH POLICY, 2008年10月, 査読有り
      • Cost of hospital-wide activities to improve patient safety and infection control: A multi-centre study in Japan
        Haruhisa Fukuda; Yuichi Imanaka; Kenshi Hayashida
        HEALTH POLICY, 2008年07月, 査読有り
      • Association between patient age and hospitalization resource use in a teaching hospital in Japan
        Tatsuro Ishizaki; Yuichi Imanaka; Eun-Hwan Oh; Miho Sekimoto; Kenshi Hayashida; Hiroe Kobuse
        HEALTH POLICY, 2008年07月, 査読有り
      • Comparisons of risk-adjusted clinical outcomes for patients with aneurysmal subarachnoid haemorrhage across eight teaching hospitals in Japan
        Tatsuro Ishizaki; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Haruhisa Fukuda; Hanako Mihara
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2008年06月, 査読有り
      • Cost of open versus laparoscopic appendectomy
        K. Kuwabara; Y. Imanaka; S. Matsuda; K. Fushimi; H. Hashimoto; K. B. Ishikawa; H. Horiguchi; K. Hayashida; K. Fujimor
        CLINICA TERAPEUTICA, 2008年05月, 査読有り
      • The association of the number of comorbidities and complications with length of stay, hospital mortality and LOS high outlier, based on administrative data
        Kazuaki Kuwabara; Yuichi Imanaka; Shinya Matsuda; Kiyohide Fushimi; Hideki Hashimoto; Koichi B. Ishikawa; Hiromasa Horiguchi; Kenshi Hayashida; Kenji Fujimori
        Environmental Health and Preventive Medicine, 2008年05月, 査読有り
      • Change in the use of breast conserving surgery before and after guideline publication in Japan
        H. Fukuda; Y. Imanaka; T. Ishizaki
        VALUE IN HEALTH, 2008年05月
      • Evaluation of the impact of patient safety activities on the number of voluntary incident reports at teaching hospitals in Japan
        H. Fukuda; Y. Imanaka; M. Hirose; K. Hayashida
        VALUE IN HEALTH, 2008年05月
      • Impact of hospital accreditation on infection control programs in teaching hospitals in Japan
        Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka; Hiroyoshi Kobayashi; Takashi Okubo; Junko Kizu; Hiroe Kobuse; Hanako Mihara; Noriaki Tsuji; Ayumi Yamaguchi
        AMERICAN JOURNAL OF INFECTION CONTROL, 2008年04月, 査読有り
      • 臨床研修病院における医療安全システムの構築状況に関する研究
        福田治久; 今中雄一; 廣瀬昌博; 林田賢史
        日本医療・病院管理学会誌, 2008年04月, 査読有り
      • Impact of age and procedure on resource use for patients with ischemic heart disease
        Kazuaki Kuwabara; Yuichi Imanaka; Shinya Matsuda; Kiyohide Fushimi; Hideki Hashimoto; Koichi B. Ishikawa; Hiromasa Horiguchie; Kenshi Hayashida; Kenji Fujimori
        HEALTH POLICY, 2008年02月, 査読有り
      • The effect of age and procedure on resource use for patients with cerebrovascular disease
        Kazuaki Kuwabara; Shinya Matsuda; Yuichi Imanaka; Kiyohide Fushimi; Hideki Hashimoto; Koichi Ishikawa
        JOURNAL OF HEALTH SERVICES RESEARCH & POLICY, 2008年01月, 査読有り
      • 勤務医の労働環境実態と医療安全
        原田佳明; 垰田和史; 鶴田一郎; 今中雄一
        病院管理学会誌, 2008年, 査読有り
      • 2006年度輸血関連総括アンケート調査報告 輸血管理体制、輸血療法委員会および血液の適正使用推進に関する調査
        高橋孝喜; 稲葉頌一; 半田誠; 坂本久浩; 比留間潔; 河原和夫; 松崎道男; 窪田良次; 程原佳子; 今中雄一; 大塚節子; 紀野修一; 高松純樹; 佐川公矯; 厚生労働科学「血液新法に伴う輸血管理体制と安全管理・適正使用マネジメントシステムの構築」研究班
        日本輸血細胞治療学会誌, 2008年, 査読有り
      • Evaluation of acute myocardial infarction in-hospital mortality using a risk-adjustment model based on Japanese administrative data
        K. Hayashida; Y. Imanaka; M. Sekimoto; H. Kobuse; H. Fukuda
        JOURNAL OF INTERNATIONAL MEDICAL RESEARCH, 2007年09月, 査読有り
      • Meta-analysis comparing clinical effectiveness of drug-eluting stents, bare metal stents and coronary artery bypass surgery.
        Oh EH; Imanaka Y; Hayashida K; Kobuse H
        International journal of evidence-based healthcare, 2007年09月, 査読有り
      • Evidence-based medicine and evidence-based guidelines
        Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka
        PANCREAS, 2007年07月, 査読有り
      • Risk adjusted resource utilization for ami patients treated in Japanese hospitals
        Edward Evans; Yuichi Imanaka; Miho Sekimoto; Tatsuro Ishizaki; Kenshi Hayashida; Haruhisa Fukuda; Eun-Hwan Oh
        HEALTH ECONOMICS, 2007年04月, 査読有り
      • Functional mapping of hospitals by diagnosis-dominant case-mix analysis
        Kiyohide Fushimi; Hideki Hashimoto; Yuichi Imanaka; Kazuaki Kuwabara; Hiromasa Horiguchi; Kohichi B. Ishikawa; Shinya Matsuda
        BMC HEALTH SERVICES RESEARCH, 2007年04月, 査読有り
      • Lag time in an incident reporting system at a university hospital in Japan
        Masahiro Hirose; Scott E. Regenbogen; Stuart Lipsitz; Yuichi Imanaka; Tatsuro Ishizaki; Miho Sekimoto; Eun-Hwan Oh; Atul A. Gawande
        QUALITY & SAFETY IN HEALTH CARE, 2007年04月, 査読有り
      • 感染制御に係るコストとコスト計算の質の評価
        福田治久; 今中雄一
        病院管理, 2007年04月, 査読有り
      • Measuring hospital-wide activity volume for patient safety and infection control: A multi-centre study in Japan
        Kenshi Hayashida; Yuichi Imanaka; Haruhisa Fukuda
        BMC Health Services Research, 2007年, 査読有り
      • 2005年度輸血関連総括アンケート調査報告 輸血管理体制、輸血療法委員会および血液の適正使用推進に関する調査
        高橋孝喜; 稲葉頌一; 半田誠; 坂本久浩; 比留間潔; 河原和夫; 松崎道男; 窪田良次; 程原佳子; 今中雄一; 大塚節子; 紀野修一; 高松純樹; 佐川公矯; 厚生労働科学「血液新法に伴う輸血管理体制と安全管理・適正使用マネジメントシステムの構築」研究班
        日本輸血細胞治療学会誌, 2007年, 査読有り
      • OECD Study of Cross-national Differences in the Treatment, Costs and Outcomes of Ischaemic Heart Disease (OECD Health Working Papers NO.3) - Annex 1: Tables & Charts.
        Pierre Moise; Stephane Jacobzone; the ARD-IHD Experts Group; incl; Imanaka Y
        OECD, 2007年, 招待有り
      • OECD Study of Cross-National Differences in the Treatment, Costs and Outcomes of Ischaemic Heart Disease (OECD Health Working Papers NO.3)
        Pierre Moise; Stephane Jacobzone and the ARD-IHD Experts Group [incl. Imanaka Y; Ishizaki T; Ogawa T]
        OECD, 2007年, 査読有り
      • Profiling of resource use variation among six diseases treated at 82 Japanese special functioning hospitals, based on administrative data
        Kazuaki Kuwabara; Yuichi Imanaka; Shinya Matsuda; Kiyohide Fushimi; Hideki Hashimoto; Koichi B. Ishikawa; Hiromasa Horiguchi
        HEALTH POLICY, 2006年10月, 査読有り
      • Why are physicians not persuaded by scientific evidence? A grounded theory interview study
        Miho Sekimoto; Yuichi Imanaka; Nobuko Kitano; Tatsuro Ishizaki; Osamu Takahashi
        BMC HEALTH SERVICES RESEARCH, 2006年07月, 査読有り
      • Quality and productive efficiency in simple laceration treatment
        K Kuwabara; Y Imanaka; T Ishizaki
        JOURNAL OF EVALUATION IN CLINICAL PRACTICE, 2006年04月, 査読有り
      • Impact of treatment policies on patient outcomes and resource utilization in acute cholecystitis in Japanese hospitals
        M Sekimoto; Y Imanaka; M Hirose; T Ishizaki; G Murakami; Y Fukata
        BMC HEALTH SERVICES RESEARCH, 2006年03月, 査読有り
      • Self-rated health and social role as predictors for 6-year total mortality among a non-disabled older Japanese population
        T Ishizaki; Kai, I; Y Imanaka
        ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS, 2006年01月, 査読有り
      • Effects of cognitive function on functional decline among community-dwelling non-disabled older Japanese
        T Ishizaki; H Yoshida; T Suzuki; S Watanabe; N Niino; K Ihara; H Kim; Y Fujiwara; S Shinkai; Y Imanaka
        ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS, 2006年01月, 査読有り
      • 臨床研修指定病院における病院感染制御の取り組みの実態調査
        小林寛伊; 大久保憲; 木津純子; 藤井昭; 朝野和典; 尾家重治; 賀来満夫; 三宅寿美; 新井春代; 坂本史衣; 辻典明; 山口亜弓; 小伏寛枝; 関本美穂; 三原華子; 今中雄一
        環境感染, 2006年, 査読有り
      • 2004年度輸血関連総括アンケート調査報告 輸血部門の管理体制および輸血療法委員会に関する調査
        高橋孝喜; 稲葉頌一; 半田誠; 坂本久浩; 比留間潔; 河原和夫; 松崎道男; 窪田良次; 程原佳子; 今中雄一; 大塚節子; 紀野修一; 高松純樹; 佐川公矯; 厚生労働科学「血液新法に伴う輸血管理体制と安全管理・適正使用マネジメントシステムの構築」研究班
        日本輸血学会雑誌, 2006年, 査読有り
      • OECD Study of Cross-national Differences in the Treatment, Costs and Outcomes of Ischaemic Heart Disease (OECD Health Working Papers NO.3) - Annex 2: Charts.
        Pierre Moise; Stephane Jacobzone; the ARD-IHD Experts Group; incl; Imanaka Y
        OECD, 2006年, 査読有り
      • 救急現場のコスト問題を考える: 感染制御とコスト
        福田治久; 今中雄一
        Emergency Care, 2006年, 招待有り
      • Inequity in the price of physician activity across surgical procedures
        K Hayashida; Y Imanaka
        HEALTH POLICY, 2005年09月, 査読有り
      • Profiling hospital performance of laparoscopic cholecystectomy based on the administrative data of four teaching hospitals in Japan
        M Hirose; Y Imanaka; T Ishizaki; M Sekimoto; Y Harada; K Kuwabara; K Hayashida; EH Oh; E Evans
        WORLD JOURNAL OF SURGERY, 2005年04月, 査読有り
      • Determinants of the diffusion of computed tomography and magnetic resonance imaging
        Eun-Hwan Oh; Yuichi Imanaka; Edward Evans
        International Journal of Technology Assessment in Health Care, 2005年, 査読有り
      • [要修正]
        K. Kuwabara; Y. Imanaka
        Nippon Geka Gakkai zasshi, 2005年, 査読有り
      • Practice variation in perioperative antibiotic use in Japan
        M Sekimoto; Y Imanaka; E Evans; T Ishizaki; M Hirose; K Hayashida; T Fukui
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2004年10月, 査読有り
      • Estimation of the impact of providing outpatients with information about SARS infection control on their intention of outpatient visit
        T Ishizaki; Y Imanaka; M Hirose; K Hayashida; M Kizu; A Inoue; S Sugie
        HEALTH POLICY, 2004年09月, 査読有り
      • Association of hospital resource use with comorbidity status and patient age among hip fracture patients in Japan
        T Ishizaki; Y Imanaka; E Oh; K Kuwabara; M Hirose; K Hayashida; Y Harada
        HEALTH POLICY, 2004年08月, 査読有り
      • The effect of aging on functional decline among older Japanese living in a community: a 5-year longitudinal data analysis
        T Ishizaki; Kai, I; Y Kobayashi; Y Matsuyama; Y Imanaka
        AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH, 2004年06月, 査読有り
      • [要修正]
        Miho Sekimoto; Atsushi Asai; Motoki Ohnishi; Etsuyo Nishigaki; Tsuguya Fukui; Takuro Shimbo; Yuichi Imanaka
        BMC Family Practice, 2004年03月01日, 査読有り
      • 病院機能評価の事業化の成果と適用された評価項目体系の検討
        大道久(日本大学医学部社会医学講座医療管理学部門); 梅里良正; 橋本廸生; 中野夕香里; 長谷川友紀; 今中雄一; 伊藤弘人; 寺崎仁; 福田敬; 内田卿子; 上林三郎; 菅原浩幸; 岩崎榮
        病院管理, 2004年, 査読有り
      • 高齢者の医療資源消費に関する非高齢者との比較研究
        石崎達郎(京都大学大学院医学研究科医療経済学分野); 今中雄一
        大和証券ヘルス財団研究業績集27号 Page114-119, 2004年, 査読有り
      • Stroke Care in OECD Countries: A Comparison of Treatment, Costs and Outcomes in 17 Countries (OECD Health Working Papers NO.5)
        Lynelle Moon; Pierre Moise; Stephane Jacobzone and the ARD-Stroke Experts Group [incl. Imanaka Y; Ishizaki T; Ogawa T]
        OECD, 2004年, 査読有り
      • How can we improve the quality of health care in Japan? Learning from JCQHC Hospital Accreditation
        M Hirose; Y Imanaka; T Ishizaki; E Evans
        HEALTH POLICY, 2003年10月, 査読有り
      • What we have misunderstood of the high rate of out-of-pocket payments in health care systems
        E Oh; Y Imanaka; T Ishizaki
        VALUE IN HEALTH, 2003年05月
      • 患者別および診断群分類別原価計算の標準的方法論の開発とその意義
        今中雄一
        季刊社会保障研究, 2003年, 査読有り
      • Casemix refinement by extracting and integrating multi-dimensional severity information from routine data.
        Imanaka.Y.
        Casemix Quarterly, 2003年, 査読有り
      • Differences in technological change around the world: Evidence from heart attack care.
        The Technological Change in Health Care Research Network [incl. Imanaka Y].
        Health Affairs, 2003年, 査読有り
      • Hospitals within healthcare systems: Their capacity to meet the needs of populations - Western Pacific Region.
        WHO Study WPRO Expert Group (Imanaka Y as the principal investigator for the Western Pacific Region).
        WHO, 2003年, 査読有り
      • OECD study of cross-national differences in the treatment, costs and outcomes of breast cancer.
        Jee-Hughes M; Jacobzone S with the OECD study collaborative expert group [incl. Imanaka Y].
        OECD, 2003年, 査読有り
      • Economic evaluation of female hormone replacement therapy for osteoporosis and fractures in aged women.
        Akamizu T; Nakao K; Imanaka Y.
        Japanese Journal of Health Economics and Policy, 2003年, 査読有り
      • Influence of length of stay on patient satisfaction with hospital care in Japan
        J Tokunaga; Y Imanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2002年12月, 査読有り
      • A first look at variations in use of breast conserving surgery at five teaching hospitals in Japan
        T Ishizaki; Y Imanaka; M Hirose; K Kuwabara; T Ogawa; Y Harada
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2002年10月, 査読有り
      • Functional transitions and active life expectancy for older Japanese living in a community
        T Ishizaki; Kai, I; Y Kobayashi; Y Imanaka
        ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS, 2002年09月, 査読有り
      • Is bacillus Calmette-Guerin revaccination necessary for Japanese children?
        M Rahman; M Sekimoto; K Hira; H Koyama; Y Imanaka; T Fukui
        PREVENTIVE MEDICINE, 2002年07月, 査読有り
      • 介護サービス従事者の職務満足と顧客満足の関連
        波多野浩道; 徳永淳也; 今中雄一
        大和証券ヘルス財団研究業績集25号 Page179-184, 2002年, 査読有り
      • 訪問看護における職務満足と顧客満足の多軸的な関連
        徳永淳也; 今中雄一; 波多野浩道; 信友浩一
        医療経済研究, 2001年, 査読有り
      • Effects of patient demands on satisfaction with Japanese hospital care
        J Tokunaga; Y Imanaka; K Nobutomo
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 2000年10月, 査読有り
      • 医療経済学から見たDay Surgery
        Y. Imanaka
        Nippon Geka Gakkai zasshi, 2000年
      • Direction of quality improvement activities of health care organizations in Japan
        H Ito; S Iwasaki; Y Nakano; Y Imanaka; H Kawakita
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR QUALITY IN HEALTH CARE, 1998年08月
      • Unexpected costs of bereavement grief in Japan: Patterns of increased use of medical, pharmaceutical and financial services.
        Becker CB; Taniyama Y; Kondo-Arita M; Sasaki N; Yamada S; Yamamoto K.
        OMEGA - Journal of Death and Dying, 2021年, 査読有り
      • Gender with marital status, cultural differences, and vulnerability to hypertension: Findings from the national survey for noncommunicable disease risk factors and mental health using WHO STEPS in Bhutan.
        Hiromi Kohori Segawa; Hironori Uematsu; Nidup Dorji; Ugyen Wangdi; Chencho Dorjee; Pemba Yangchen; Susumu Kunisawa; Ryota Sakamoto; Yuichi Imanaka
        PLOS ONE, 2021年, 査読有り
      • Individual and nationwide costs for cancer care during the first year after diagnosis among children, adolescents, and young adults in Japan.
        Kishimoto K; Kunisawa S; Fushimi K; Imanaka Y.
        JCO Oncology Practice, 2021年, 査読有り
      • Nurse Practitioner's Geriatric Practice in Japanese Postacute Care Setting.
        Mukai T; Tsutsumi T; Takaishi E; Hamada O; Sasaki S; Shimokawa T; Imanaka Y.
        The Journal for Nurse Practitioners, 2021年, 査読有り
      • Impact of the Clinical Trials Act on noncommercial clinical research in Japan: An interrupted time-series analysis.
        Tsutsumi I; Tsutsumi Y; Yoshida C; Komeno T; Imanaka Y.
        Journal of Epidemiology, 2021年, 査読有り
      • Medium-term impact of the epidemic of the coronavirus disease 2019 on the practice of percutaneous coronary interventions in Japan.
        Watanabe S; Shin J; Morishita T; Takada D; Kunisawa S; Imanaka Y.
        Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2021年, 査読有り
      • Physical restraint of dementia patients in acute care hospitals during the COVID-19 pandemic: A cohort analysis in Japan.
        Okuno T; Itoshima H; Shin J; Morishita T; Kunisawa S; Imanaka I.
        PLOS ONE, 2021年, 査読有り
      • Effects of the COVID-19 pandemic on heart failure hospitalizations in Japan: interrupted Time Series Analysis.
        Morishita T; Takada D; Shin J; Higuchi T; Kunisawa S; Fushimi K; Imanaka Y.
        ESC Heart Failure, 2021年, 査読有り
      • Hospitalization for ischemic stroke was affected more in independent cases than in dependent cases during the COVID-19 pandemic: an interrupted time series analysis.
        Nagano H; Shin J; Morishita T; Takada D; Kunisawa S; Fushimi K; Imanaka Y.
        PLOS ONE, 2021年, 査読有り

      MISC

      • 新型コロナウイルス感染症流行と病院診療報酬についての検討―QIP参加病院のDPCデータを用いた影響の評価―
        寺岡英美; 愼重虎; 國澤進; 今中雄一.
        社会保険旬報, 2021年
      • 京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻の人材育成の一考察
        今中雄一
        公衆衛生, 2021年
      • 高齢者の年間医療費集中度と医療費総額上位者の診療内容―レセプトデータによる記述調査
        佐々木典子; 國澤進; 今中雄一.
        保健医療科学, 2021年
      • 多職種・部門横断プロジェクトチームによる組織文化向上への取り組み
        関澤 正; 大野 達也; 田中 将之; 原 広司; 中部 貴央; 今中 雄一
        日本医療マネジメント学会雑誌 = The journal of the Japan Society for Health Care Management, 2020年03月
      • ニーズに応え、組織力を高め地域とともに医療をつくる(巻頭インタビュー 聞き手:TKC医会研 代表幹事 海来美鶴、広報委員会 委員 大田篤敬)
        今中雄一
        TKC医業経営情報, 2020年
      • 超高齢社会日本の医療モデルの構築
        今中雄一
        BIO Clinica, 2020年
      • 公衆衛生と認定専門家制度
        今中雄一
        公衆衛生, 2020年
      • 【超高齢社会への対応】超高齢社会日本の医療モデルの構築
        今中雄一
        BIO Clinica, 2020年
      • 健康医療介護の未来づくり 社会的協働
        今中雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2020年
      • 介護職員の職務満足と組織文化・職場環境との関係
        原 広司; 中部 貴央; 今中 雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2019年10月, 査読有り
      • 介護事業所における組織文化の構造に関する検討
        中部 貴央; 原 広司; 今中 雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2019年10月, 査読有り
      • 介護サービス利用者のQOL・精神的健康状態への関連要因の探索(第1報)
        中部 貴央; 原 広司; 今中 雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月, 査読有り
      • 介護サービス利用者のサービス満足および精神的健康と職員の組織文化との関連(第2報)
        原 広司; 中部 貴央; 今中 雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2019年10月, 査読有り
      • 【20年後の医療】逼迫する財源と医療の質向上
        今中雄一
        アニムス, 2019年
      • 介護施設種別・職種別の組織文化の把握および勤務継続意欲への関連要因の検討
        中部 貴央; 原 広司; 今中 雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2018年10月, 査読有り
      • 介護施設職員と病院職員の組織文化および業務・職場環境の比較 自記式質問紙を用いた横断研究
        原 広司; 中部 貴央; 今中 雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2018年10月, 査読有り
      • ビッグデータ解析力と現場力?医療システムに取り組む能力の開発
        今中雄一
        公衆衛生, 2018年
      • 【病院マネジメント職に求められるもの】事例 日本医療経営機構の医療経営人材育成プログラム 幹部の経営力強化と経営企画スタッフの育成
        今中雄一
        病院, 2018年
      • 公衆衛生の専門家認定制度の価値とさらなる展開の潜在力
        今中雄一
        保健の科学, 2017年
      • 社会医学系専門医制度の構築過程と展望
        今中雄一
        産業医学レビュー, 2017年
      • 医療介護制度改革の構想:可視化、投資シフトと社会的協働
        今中雄一
        遠藤久夫・今中雄一共同編集長.医療経済学会10周年記念誌;医療経済学会, 2016年
      • 急性期病院職員に在宅医療に関心をもたせる方策 魅力発信経営プロジェクトによる多職種協働
        清水和也; 川嶋剛史; 渡辺一良; 芳尾邦子; 谷川敬二; 田中将之; 今中雄一
        癌と化学療法, 2016年
      • NDBオープンデータを活用する NDBオープンデータを研究利用に活用する 医療技術(CT、MRI、PET)の利用に関する国際比較
        満武巨裕; 大江和彦; 今中雄一
        社会保険旬報, 2016年
      • 【経済学からみたこれからの医療】医療における質・効率性・公平性の向上を目指して
        今中雄一
        病院, 2015年
      • レセプト情報・特定健診等情報データベースの利活用の促進環境に関する研究
        今中雄一; 加藤源太; 猪飼宏; 佐々木典子; 國澤進; 大坪徹也
        レセプト情報・特定健診等情報データベースの利活用に関する研究 平成26年度 総括・分担研究報告書, 2015年
      • 感染制御と医療経済-院内感染の原価計算
        田中将之; 今中雄一
        感染対策NEWS, 2014年08月
      • 混合診療と医療改革―新制度 広くデータ評価を
        今中雄一
        経済教室 日本経済新聞, 2014年07月25日
      • 感染制御と医療経済―医療関連感染にかかるコスト
        森島敏隆; 今中雄一
        感染対策NEWS, 2014年06月, 招待有り
      • 可視化に基づく医療システム改革:拠点化と連携の再設計
        今中雄一
        野村ヘルスケア・サポート&アドバイザリー Healthcare Note(公共・公益法人レポート・シリーズ), 2014年
      • 病院の感染制御・医療安全活動に必要な資源とコスト
        宇川直人; 今中雄一
        丸石製薬株式会社 感染対策NEWS, 2014年
      • 術後感染の同定と多施設比較
        佐々木典子; 今中雄一
        丸石製薬株式会社 感染対策NEWS, 2014年
      • 臨床的側面および経済的側面からみた医療関連感染の追加費用
        宇川直人; 今中雄一
        丸石製薬株式会社 感染対策NEWS, 2014年
      • 感染制御システムの評価
        佐々木典子; 今中雄一
        丸石製薬株式会社 感染対策NEWS, 2014年
      • 脳梗塞t-PA治療の経済評価と均てん化施策
        今中雄一
        脳と循環, 2014年
      • 精神療法のクオリティコントロールについて
        菊地俊暁; 今中雄一; 堀越勝; 宗未来; 牛島洋
        認知療法研究, 2014年
      • 【rt-PA血栓溶解療法とその周辺治療】脳梗塞t-PA治療の経済評価と均てん化施策
        今中雄一
        脳と循環, 2014年
      • 京都府国民健康保険および後期高齢者医療保険外来レセプトデータを用いた向精神薬処方の現状分析
        落合 英伸; 大坪 徹也; 猪飼 宏; 今中 雄一
        日本社会精神医学会雑誌, 2013年08月
      • 組織風土と医療経営
        今中雄一
        野村ヘルスケア・サポート&アドバイザリー Healthcare Note(公共・公益法人レポート・シリーズ), 2013年
      • 病院の拠点化・集中化がアクセス時間やその公正に及ぼす影響
        小林大介; 大坪徹也; 今中雄一
        日本衛生学雑誌, 2012年02月17日
      • 保健医療計画・医療費適正化計画等,政策づくりへのデータ活用:予防・治療システムの戦略的構築へ
        Y. Imanaka; S. Tokudome
        Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, 2012年, 査読有り
      • 医療の質の評価・公表推進事業の成果 医療の質の評価・公表推進に係わるDPCデータの可能性と課題
        今中雄一
        日本病院会雑誌, 2012年
      • 病院組織文化と患者満足度との関連:多施設ベンチマーキング・データに基づく解析
        田中将之; 宇川直人; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一
        医療情報学連合大会論文集, 2011年11月20日
      • 疾病別患者移動時間分析から見た医療提供体制の地域差
        小林大介; 大坪徹也; 今中雄一
        医療情報学連合大会論文集, 2011年11月20日
      • 国民健康保険世帯保険料の将来推計
        後藤悦; 大坪徹也; 濱田啓義; 森島敏隆; 小林大介; 今中雄一
        地域医療, 2011年07月
      • Quality Indicator:米国の動向
        今中雄一
        米国の動向. 医薬ジャーナル, 2011年
      • 【冠動脈疾患(上)-診断と治療の進歩-】特論 心疾患の医療経済 診療パターン、診療報酬、そしてコスト
        猪飼宏; 今中雄一
        日本臨床, 2011年
      • 【診療の質指標(QI)の動向と実際】Quality Indicator 米国の動向
        今中雄一
        医薬ジャーナル, 2011年
      • 患者移動分析に基づく疾病別医療圏の考察
        小林大介; 大坪徹也; 後藤悦; 森島敏隆; 濱田啓義; 今中雄一
        医療情報学連合大会論文集, 2010年11月19日
      • ケースミックスを考慮した新鮮凍結血漿およびアルブミン製剤使用量の評価
        関本 美穂; 今中 雄一; 吉原 桂一; 白井 貴子; 佐々木 弘真; 米野 琢哉; リー ジェイスン; 芦原 英司; 前川 平
        日本輸血細胞治療学会誌 = Japanese journal of transfusion and cell therapy, 2010年10月30日, 査読有り
      • 医療職のキャリアと安全文化醸成、医療安全教育に関する検討
        村上 玄樹; 久保田 聡; 綿貫 貴大; 田中 将之; 鹿嶋 小緒里; 烏帽子田 彰; 今中 雄一
        日本医療・病院管理学会誌, 2010年09月
      • 心不全診療における費用の構造
        猪飼宏; 大坪徹也; 林田賢史; 今中雄一
        日本心臓病学会誌, 2010年08月14日
      • わが国集中治療室の現状調査 : 松田班調査結果報告
        ICU機能評価委員会; 今中 雄一; 林田 賢史; 村上 玄樹; 松田 晋哉
        日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine, 2010年04月01日, 査読有り
      • DPCデータを用いた医療の質評価
        猪飼宏; 今中雄一
        医薬ジャーナル, 2010年
      • Determinants of ratio of charge to cost based on a patient classification cost database: the case of percutaneous coronary intervention and gastrectomy
        Otsubo T; Imanaka Y; Lee J; Hayashida K; Matsuda S
        25th PCSI Conference, Fukuoka, Japan, 2009年11月, 査読有り
      • 主要診断群からみた救急医療における入院患者の収益性の実態
        大坪 徹也; 今中 雄一; 松田 晋哉
        日本医療・病院管理学会誌, 2009年09月
      • 感染対策と病院機能評価
        今中雄一
        INFECTION CONTROL, 2009年
      • 【ICTとしておさえておきたい論点・要点2009】感染対策と病院機能評価
        今中雄一
        INFECTION CONTROL, 2009年
      • 包括払い方式が医療経済及び医療提供体制に及ぼす影響に関する研究 包括支払い方式における調整係数と医療機関の診療機能および医療資源消費との関連
        今中雄一; 松田晋哉; 関本美穂; 林田賢史; 足立峻吾; 大隈和英; 大坪徹也; 田中将之; LEE Jason; 濱田啓義; 本橋隆子
        包括払い方式が医療経済及び医療提供体制に及ぼす影響に関する研究 平成20年度 総括報告書, 2009年
      • 包括払い方式が医療経済及び医療提供体制に及ぼす影響に関する研究 医療計画で重視される診療パフォーマンスのDPCデータを用いた可視化に関する研究
        今中雄一; 松田晋哉; 関本美穂; 林田賢史; 足立峻吾; 大隈和英; 大坪徹也; 田中将之; LEE Jason; 濱田啓義; 本橋隆子
        包括払い方式が医療経済及び医療提供体制に及ぼす影響に関する研究 平成20年度 総括報告書, 2009年
      • 国保加入者における健診結果と5年後医療費との関係
        村上玄樹; 今中雄一; 林田賢史; 石崎達郎
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2008年10月15日
      • 病院収支に及ぼす医師の勤務継続性の影響
        大坪 徹也; 林田 賢史; 今中 雄一
        日本医療・病院管理学会誌 = Journal of the Japan Society for Healthcare administration, 2008年10月01日
      • 病院感染対策専従者の配置が対策活動の普及に与えるインパクトの推定
        福田治久; 今中雄一; 廣瀬昌博; 林田賢史
        環境感染, 2008年01月16日
      • 韓国の診療報酬制度の現状 わが国におけるEDIシステム導入の課題
        烏帽子田彰; 呉銀煥; 今中雄一
        社会保険旬報, 2008年
      • 韓国の診療報酬請求の現状 わが国におけるEDIシステム導入の課題(その2)
        今中雄一; 呉銀煥; 烏帽子田彰
        社会保険旬報, 2008年
      • 韓国の診療報酬請求の現状 わが国における診療報酬請求オンライン化の課題 (その3)
        烏帽子田彰; 林譲也; 林好孝; 今中雄一
        社会保険旬報, 2008年
      • Supply-demand balance and diffusion of high-cost medical devices in Japan: an estimation based on casemix classification
        Otsubo T; Hayashida K; Imanaka Y
        23rd Patient Classification Systems International Conference, Venice, Italy, 2007年11月, 査読有り
      • 長浜市個別健康支援プログラムの取り組み 1.事業の概要と参加継続率
        勅使河原弘美; 氏縄優子; 清水厚子; 石崎達郎; 林田賢史; 今中雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2007年10月15日
      • 長浜市個別健康支援プログラムの取り組み 2.プログラム実施前後の検査値の変化
        氏縄優子; 勅使河原弘美; 清水厚子; 石崎達郎; 林田賢史; 今中雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2007年10月15日
      • 安全管理活動の投入資源に関連する施設要因の検証
        福田 治久; 今中 雄一; 廣瀬 昌博; 林田 賢史
        病院管理, 2007年09月01日
      • 安全管理および感染制御に要するコスト : 全国大規模研究
        今中 雄一; 福田 治久; 廣瀬 昌博; 林田 賢史
        病院管理, 2007年09月01日
      • 都道府県別高額医療機器の需給バランスと導入傾向に関する一考察
        大坪 徹也; 林田 賢史; 今中 雄一
        病院管理, 2007年09月01日
      • 診断群分類データベースによる外傷患者の質評価 Injury Severity Score(ISS)とアウトカムとの関連
        桑原 一彰; 松田 晋哉; 今中 雄一; 伏見 清秀; 橋本 英樹; 石川 光一; 堀口 裕正; 藤森 研司; 林田 賢史; 池田 俊也
        日本救急医学会雑誌, 2007年08月
      • 質保証の持続と実質的に役立つ活動:内部評価(監査)から外部評価へ(その3)
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2007年
      • 医療安全のための医療費-品質原価の実証研究
        今中雄一
        日本医師会雑誌, 2007年
      • 診断群分類を活用した医療サービスのコスト推計に関する研究報告 コスト調査のための方法論の検討 診断群分類データによる診療活動のプロセス・アウトカム・コスト・機能等の指標化とそれらの多施設間比較に関する研究
        今中雄一; 林田賢史; 福田治久; 関本美穂; 村上玄樹; 大坪徹也; 深田雄志; 廣瀬昌博; 石崎達郎
        診断群分類を活用した医療サービスのコスト推計に関する研究報告 平成18年度 研究報告書 総括報告書, 2007年
      • 診断群分類を活用した医療サービスのコスト推計に関する研究 コスト調査のための方法論の検討 診断群分類データによる診療活動のプロセス・アウトカム・コスト・機能等の指標化とそれらの多施設間比較に関する研究
        今中雄一; 林田賢史; 福田治久; 関本美穂; 村上玄樹; 大坪徹也; 深田雄志; 廣瀬昌博; 石崎達郎
        診断群分類を活用した医療サービスのコスト推計に関する研究報告 平成16-18年度 総括報告書, 2007年
      • 説明と同意および記録作成に要するコストの推計 患者本位の医療の基盤整備に向けて
        福田 治久; 小伏 寛枝; 村上 玄樹; 林田 賢史; 今中 雄一
        医療の質・安全学会誌, 2006年11月
      • 入院患者の医療資源消費に関する研究
        石崎達郎; 林田賢史; 今中雄一
        日本公衆衛生学会総会抄録集, 2006年10月15日
      • 医療安全(安全管理・感染制御)対策に係るコスト分析:多施設横断研究
        福田治久; 林田賢史; 今中雄一
        病院管理, 2006年08月
      • DPCを利用した地域医療の評価 : 地域疾病構造と医療機能の可視化
        伏見 清秀; 石川 光一; 橋本 英樹; 堀口 祐正; 今中 雄一; 桑原 一彰; 林田 賢史; 松田 晋哉
        病院管理, 2006年08月01日
      • がん診療の機能評価(2)
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2006年
      • 医療の質・安全のためのコストの可視化
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2006年
      • 診療報酬制度と病院機能評価
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2006年
      • 質保証の持続と実質的に役立つ活動:内部評価(監査)から外部評価へ
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2006年
      • 質保証の持続と実質的に役立つ活動:内部評価(監査)から外部評価へ(その2)
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2006年
      • 「急性膵炎診療のガイドライン」をめぐって:EBM(Evidence-based medicine)とエビデンスに基づいた診療ガイドライン
        関本美穂; 今中雄一
        膵臓, 2006年
      • 病院感染制御の経済性
        今中雄一
        今日の感染症, 2006年
      • 医療経済と感染制御:安全原価と説明責任
        今中雄一
        医学のあゆみ, 2006年
      • 京都大学社会健康医学系専攻における臨床研究者養成コース(MCR)の概要
        中山 健夫; 福原 俊一; 今中 雄一; 白川 太郎; 小杉 眞司; 川村 孝; 石崎 達郎; 森田 智視; 東 尚弘; 安藤 昌彦
        医学教育, 2005年07月
      • 医療の質に関わる調査研究データ
        今中雄一
        日本医師会雑誌, 2005年
      • 病院における感染制御-質改善への組織的取り組みとその支援
        小伏寛枝; 辻典明; 今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2005年
      • 医療評価と感染制御
        今中雄一
        感染と消毒, 2005年
      • 院内感染による経済的損失および予防活動に関する費用分析
        福田治久; 今中雄一
        医療マネジメント学会雑誌, 2005年
      • 診断群分類導入政策における医療原価計算の意義と展開
        今中雄一
        EBMジャーナル, 2005年
      • 医療安全のための具体的な目標設定
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2005年
      • 患者安全指標
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2005年
      • 質評価に基づく診療報酬
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2005年
      • がん診療の臨床指標
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2005年
      • がん診療の機能評価(1)
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2005年
      • 外科医の技術料について考える―外科のあるべき診療報酬体系(医師の立場から)
        桑原一彰; 今中雄一
        日本外科学会雑誌, 2005年
      • 医師の労働と原価・診療報酬
        林田賢史; 今中雄一
        病院, 2005年
      • エビデンス時代の医療改革 診断群分類導入政策における医療原価計算の意義と展開
        今中雄一
        EBMジャーナル, 2005年
      • 【病院機能評価Ver.5.0受審のポイント】病院機能評価Ver.5.0への改定のねらいと今後の展望
        辻典明; 今中雄一
        看護部長通信3巻2号 Page5-12, 2005年
      • 医療機能評価と感染制御
        今中雄一
        感染と消毒, 2005年
      • 感染制御活動の経済性の評価
        福田治久; 今中雄一
        感染制御, 2005年, 招待有り
      • 感染制御の経済: 感染のコストと予防への投資
        福田治久; 今中雄一
        臨床検査, 2005年, 招待有り
      • 医療機能評価体系と各種品質モデル
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2004年
      • 医療の質と安全確保のためのケア・プロセスと組織
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2004年
      • 医療の質と安全確保のためのケア・プロセスの評価
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2004年
      • 病院感染対策のシステムとプロセス
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2004年
      • ケア・プロセスにおける安全確保と説明・同意
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2004年
      • 患者安全に向けた世界協調:WHOの挑戦
        辻典明; 今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2004年
      • DPCとこれからの医療―DPCの精緻化作業
        桑原一彰; 今中雄一; 松田晋哉
        社会保険旬報, 2004年
      • 病院機能評価における感染対策
        今中雄一
        UNIZON, 2004年
      • 患者別・診断群分類別の原価計算と医療経営
        今中雄一
        病院, 2004年
      • 慢性期入院医療への診療報酬包括化導入
        石崎達郎; 今中雄一
        月刊保険医療, 2004年
      • 根本原因分析の系統的方法
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2003年
      • 医療評価と情報公開
        今中雄一
        自治体学研究, 2003年
      • 医療の質と経済性の情報化
        今中雄一
        病院管理, 2003年
      • どのようにして医療の質、麻酔の質を評価するか
        今中雄一
        Journal of Anesthesiology, 2003年
      • 診療の質の指標化
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2003年
      • 診療の質の指標化(2)
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2003年
      • 診断群分類・包括評価と医療評価
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2003年
      • 症例数と治療成績との関係:エビデンスとその落とし穴
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2003年
      • 在宅ケアにおける患者(家族)と医療者の満足度―在宅ケアにおける医療の質と満足度―
        今中雄一
        日在医会誌, 2003年
      • 医療機能評価方法のゆくえ
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2003年
      • 座談会医療の質と安全管理
        永井良三; 武藤正樹; 今中雄一; 大西真; 北村聖
        内科, 2003年
      • 日本版『試行診断群分類』-とくに臨床からの視点から1
        桑原一彰; 松田晋哉; 今中雄一; 他
        病院, 2003年
      • 日本版『試行診断群分類』-とくに臨床からの視点から2
        桑原一彰; 松田晋哉; 今中雄一; 他
        病院, 2003年
      • ホスピス・緩和ケアと病院機能評価
        今中雄一
        ターミナルケア, 2003年
      • クリティカルパスと診療プロセス管理
        今中雄一
        整形外科, 2003年
      • 日本版「診断群分類」 医療現場の視点から(1)
        桑原一彰; 松田晋哉; 今中雄一; 伏見清秀; 橋本英樹; 石川光一; 堀口裕正; 阿南誠; 佐々木徳明; 上田京子
        病院, 2003年
      • 日本版診断群分類 医療現場の視点から(2)
        桑原一彰; 松田晋哉; 今中雄一; 伏見清秀; 橋本英樹; 石川光一; 堀口裕正; 阿南誠; 佐々木徳明; 上田京子
        病院, 2003年
      • A Global Study on E χperiences in Hospital Sector Reform: The performance of hospitals under changing socio-economic conditions.
        Imanaka Y
        Geneva: World Health Organization. February 2003. (Imanaka Y as the principal investigator for the "Western Pacific Region), 2003年, 査読有り
      • The association of comorbidity with hospital use among hip fracture patients in Japan
        T Ishizaki; Y Imanaka; E Oh
        GERONTOLOGIST, 2002年10月
      • 医療における安全確保体制の確立・向上:評価体系の概要
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2002年
      • 医療における安全確保体制の向上:事故の原因分析と対策
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2002年
      • 医療の質の概念-その概念と評価方法-医療の質の概念
        今中雄一; 岩崎榮
        EBMジャーナル, 2002年
      • 医療機能評価の国際情勢
        今中雄一; 小伏寛枝
        月刊薬事, 2002年
      • 患者の安全確保についてー医療における安全確保―:誤認の防止策とエビデンス(Ⅰ)
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2002年
      • 患者の安全確保についてー医療における安全確保―:誤認の防止策とエビデンス(II)
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2002年
      • 患者の安全確保についてー医療における安全確保―:ハイリスク領域の分析と対策:事故やインシデントの未然防止のために
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2002年
      • 患者の安全確保についてー医療における安全確保―ハイリスク領域の分析と対策:臨床プロセスへの分析的アプローチ
        今中雄一
        日本医療機能評価機構ニュースレター, 2002年
      • 病院勤務医から見た小児医療の問題点
        原田佳明
        大阪保険医雑誌, 2002年
      • 【EBMは本当に医療の質を向上させているか】医療の質 その概念と評価方法
        今中雄一 岩崎榮
        EBMジャーナル, 2002年
      • 【病院機能評価と薬剤師】医療機能評価の国際情勢
        今中雄一; 小伏寛枝
        薬事, 2002年
      • 組織としての患者安全確保の評価体系の構築
        今中雄一
        薬の知識, 2001年
      • 医療経済的観点から見た高齢者医療:費用効果分析を中心に
        石崎達郎; 今中雄一
        治療, 2001年
      • クリニカルパスの有効性と経済性
        桑原一彰; 原田佳明; 今中雄一
        医学のあゆみ, 2001年
      • 【医療機関の患者安全管理 薬剤師が担う役割】組織としての患者安全確保の評価体系を構築
        今中雄一
        薬の知識, 2001年
      • 【高齢者診療実践マニュアル】高齢者医療の問題点と対策 医療経済的視点から見た高齢者医療:費用効果分析を中心に
        石崎達郎; 今中雄一
        治療, 2001年
      • 健康関連データベースの構造化と連結:戦略的な医療保健福祉システム構築へ向けて
        今中雄一
        海外社会保障研究, 2000年
      • 診療各科におけるクリティカルパスの現状と問題点 クリティカルパスの基本概念と医療における進化
        今中雄一
        共済医報, 2000年
      • 【Day Surgery】医療経済学から見たDay Surgery
        今中雄一
        日本外科学会雑誌, 2000年
      • 卒前医学教育におけるコミュニケーション技法の体験学習が卒後の臨床活動に及ぼす効果
        石崎 達郎; 今中 雄一; 岡本 章寛; 奥山 尚; 釜野 安昭; 木内 貴弘; 後藤 敏; 谷川 武; 中山 健夫; 本荘 哲; 水嶋 春朔; 村上 典子
        イガク キョウイク, 1998年

      講演・口頭発表等

      • 利用者調査から捉えた医療紛争相談センターの支援手続の意義と課題.
        中部貴央
        第11回医療コンフリクト・マネジメント学会, 2022年
      • 介護職員の職務満足度および精神的健康状態の経時的変化と関連要因の検討
        中部貴央; 原広司; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 介護サービス利用者におけるQOLスコアの経年変化
        原広司; 中部貴央; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 冠動脈カテーテルインターベンションの実施への新型コロナウイルス感染症の流行の影響
        渡邊周介; 愼重虎; 髙田大輔; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • COVID-19パンデミック下の介護施設から急性期病院への入院の分割時系列解析
        林慧茹; 瀬川裕美; 愼重虎; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • デイサービス利用者と家族介護者のQOL、介護負担感との関連
        中部貴央; 原広司; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 新型コロナウイルス感染症第1波が高齢者脆弱性骨折に与えた影響
        湊健太; 愼重虎; 奥野琢也; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 未就学児と同居している女性のCovid-19による精神的健康状態と日常生活への影響
        瀬川裕美; 愼重虎; 中部貴央; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 全国諸地域の健康余命の関連因子:認知症高齢者の生活自立度を用いた健康余命の解析
        吉川美佳子; 後藤悦; 愼重虎; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 認知症高齢者の日常生活自立度を用いた健康余命の全国諸地域での算出
        後藤悦; 愼重虎; 中部貴央; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 介護事業所の組織文化と利用者QOLの経年変化との関連
        原広司; 中部貴央; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 新型コロナウイルス感染症?院患者へのステロイド処?の推移
        樋口拓哉; 愼重?; 高田大輔; 今中雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 包括的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)施策・政策のフレームワーク構築へ.
        今中 雄一.
        第80回日本公衆衛生学会総会, 2021年
      • 包括なCOVID-19施策・政策のフレームワークと提案
        今中雄一.
        日本計画行政学会第44回全国大会, 2021年
      • 認知症グループホーム利用の地域差.
        岡田理沙; 後藤悦; 愼重虎; 佐々木典子; 今中雄一.
        第59回日本医療・病院管理学会学術総会, 2021年
      • ネットワーク分析を用いた急性期脳梗塞患者の転院に関する経路の可視化と経年変化
        寺田伊織; 愼重虎; 今中雄一.
        第59回日本医療・病院管理学会学術総会, 2021年
      • 高齢患者における心臓血管手術前のベンゾジアゼピン系睡眠導入剤内服と術後せん妄との関連:DPCデータを用いた分析
        森佳奈恵; 愼重虎; 伏見清秀; 今中雄一.
        第59回日本医療・病院管理学会学術総会, 2021年
      • 日本公衆衛生学会認定専門家について
        今中雄一.
        第59回日本医療・病院管理学会学術総会, 2021年
      • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の日本におけるがん診療への影響:大規模DPCデータの分割時系列分析
        糸島尚; 愼重虎; 國澤進; 今中雄一.
        医療経済学会第16回研究大会, 2021年
      • Hospitalization for ischemic stroke was affected more in independent cases than in dependent cases during the COVID-19 pandemic: an interrupted time series analysis
        長野広之; 愼重虎; 森下哲司; 髙田大輔; 國澤進; 伏見清秀; 今中雄一.
        医療経済学会第16回研究大会, 2021年
      • 全医師に必要な社会医学的素養:医師育成における展開と社会医学系専門医
        今中雄一.
        第53回医学教育学会大会, 2021年
      • 「医療の質指標」の活用-病院そして地域医療システム
        今中雄一.
        第71回日本病院学会, 2021年
      • 手術インフォームドコンセントの役割:リスクに患者とともに対峙する
        木下裕光; 錦織達人; 錦織達人; 中部貴央; 下池典広; 佐藤恵子; 今中雄一; 小濱和貴; 松村由美.
        第121回日本外科学会定期学術集会, 2021年
      • ビッグデータに基づく脳卒中の地域医療システム再構築の推進
        今中雄一.
        第46回日本脳卒中学会学術集会, 2021年
      • 急性期病院における新型コロナウイルス 感染症の経済的影響
        愼重虎; 髙田大輔; 今中雄一.
        第31回日本疫学会学術総会, 2021年
      • 社会医学系専門医制度現状と資格更新について
        今中雄一.
        第40回医療情報学連合大会(第21回日本医療情報学会学術大会), 2020年
      • 健康(Well-Being)志向の社会システム設計・再構築へ(Design & Restructure Social System for Well-Being)
        今中雄一.
        第2回 超高齢化社会の課題を解決するための国際会議(The 2nd Nikkei Super Active Ageing Society Conference), 2020年
      • 健康医療介護の未来づくり:社会的協働
        今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 患者満足度の自然言語処理における感情分析モデルの有効性の検証と判定
        山田和輝; 原広司; 津田博史; 田中将之; 中部貴央; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 従事産業による腎機能低下リスク:健診受診者大規模データ解析
        髙田大輔; 入谷智子; 菊野朗; 國澤進; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 急性心筋梗塞患者におけるPCI実施割合の地域差とその関連要因:NDBを用いた分析
        愼重虎; 佐々木典子; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 精神的健康状態と自殺企図の要因~ブータン王国第三次国民総幸福量調査より~
        瀬川裕美; 坂本龍太; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 若手医師の診療ガイドライン活用の関連要因―教育、電子媒体への嗜好と病院IT環境
        佐々木典子; 吉田雅博; 山口直人; 奥村晃子; 菅原浩幸; 愼重虎; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 機械学習を用いた医療・介護・健診・所得からの個人将来要介護度予測に関する研究
        林慧茹; 亀山悟; 高柳智美; 池田(園田)紫乃; 高橋新; 一原直昭; 宮田裕章; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 免疫化学療法時の固形腫瘍患者へのB 型肝炎ウイルスのスクリーニングと再活性化の検討:自治体レセプトデータ解析
        糸島 尚; 愼 重虎; 國澤 進; 今中 雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 介護事業所における職員の精神的健康状態と利用者のQOL、組織文化との関連
        中部貴央; 原広司; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • COVID-19蔓延によるデイサービスの長期欠席が運動機能とADLに及ぼす影響
        原広司; 後藤悦; 佐伯みか; 村田和男; 田中紀雄; 森剛士; 齋藤正行; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 通所リハビリテーションにおけるTimed Up & Go維持改善の要因分析
        後藤悦; 原広司; 佐伯みか; 森剛志; 斉藤正行; 今中雄一.
        第79回日本公衆衛生学会総会, 2020年
      • 健康医療介護の質・効率・公正の可視化とシステム再構築:レセプト情報等大規模データベースの解析と活用
        今中雄一.
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • もうすぐ始まりそうな医療・病院管理学会の「専門家」制度をともに考える
        今中雄一(コーディネーター&発表者).
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • 満足度調査の自然言語処理による患者が注目する領域の同定
        山田和輝; 原広司; 津田博史; 田中将之; 中部貴央; 今中雄一.
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • 抗菌薬の院内使用基準が市中肺炎患者の診療ガイドライン推奨抗菌薬の選択に及ぼす影響、およびその抗菌薬選択がアウトカムに及ぼす影響
        愼重虎; 佐々木典子; 國澤進; 今中雄一.
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • 人工知能による介護・医療・健診・税賦課データを用いた個人の将来介護費と医療費の予測モデル開発
        林慧茹; 亀山悟; 高柳智美; 今中雄一.
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • NDBを用いた地域医療システムの質指標の算出
        愼重虎; 佐々木典子; 國澤進; 今中雄一.
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • 肝硬変を伴う上部消化管出血患者への予防的抗菌薬の効果:DPCデータ分析
        糸島 尚; 愼 重虎; 佐々木 典子; 國澤 進; 今中 雄一.
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • 介護事業所におけるクライシスマネジメントへの意識と組織文化との関連
        中部貴央; 原広司; 今中雄一.
        第58回日本医療・病院管理学会学術総会, 2020年
      • 2型糖尿病患者における歯周疾患の管理が医療費、入院、重症化に及ぼす影響
        愼重虎; 國澤進; 今中雄一.
        医療経済学会第15回研究大会, 2020年
      • 行動変容のstageの高さはその後の腎機能低下のリスク低下と関連する
        髙田大輔; 入谷智子; 菊野朗; 國澤進; 今中雄一.
        第63回日本腎臓学会学術総会, 2020年
      • ブータン王国内の高血圧リスクの背景要因分析検討:Bhutan-Non Communicable Diseases Risk Factors: STEPS Survey Bhutan 2014を用いて
        瀬川裕美; Chencho D; Nidup D; Ugyen W; Pemba Y; 上松弘典; 國澤進; 坂本龍太; 愼重虎; 今中雄一.
        第34回日本国際保健医療学会, 2019年
      • 実装の科学・技術と診療ガイドライン
        佐々木典子; 今中雄一.
        第39回医療情報学連合大会, 2019年
      • 医療紛争における裁判外紛争解決(ADR)での相談前置のあり方―相談利用者ならびに相談委員への調査結果から―日本医事法学会第49回研究大会: 福岡, 2019年11月16日-11月17日
        中部貴央; 竹内治.
        日本医事法学会第49回研究大会, 2019年
      • 地域枠を考慮した都道府県別医師数の将来推計
        鈴木竣平; 原広司; 烏帽子田彰; 今中雄一.
        第57回日本医療・病院管理学会, 2019年
      • 介護事業所における組織文化の構造に関する検討
        中部貴央; 原広司; 今中雄一.
        第57回日本医療・病院管理学会学術総会, 2019年
      • 介護職員の職務満足と組織文化・職場環境との関係
        原広司; 中部貴央; 今中雄一.
        第57回日本医療・病院管理学会, 2019年
      • 『術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン』の遵守に影響を及ぼす病院診療科レベルの要因の検討 -調査票調査とDPCデータを用いた分析-
        愼重虎; 佐々木典子; 國澤進; 弘田義人; 今中雄一.
        第57回日本医療・病院管理学会学術総会, 2019年
      • 介護サービス利用の組合せによる、深層学習を用いた要介護度変化の予測モデル構築
        林慧茹; 瀬川裕美; 今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • CABGにおける予防抗菌薬投与のガイドラインの推奨自体の相違とSSI発症との関連
        愼重虎; 佐々木典子; 今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • 和歌山県の医療機能評価(第2報):「県独自の基準」の作成
        後藤悦; 小野美樹; 野尻孝子; 中山健夫,今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • 和歌山県の医療機能評価(第1報):「地域性を考慮した定量的な基準」の導入にむけて
        小野美樹; 後藤悦; 野尻孝子; 中山健夫,今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • ブータン王国のNCD-STEPS-Surveyを用いた、健康行動に関わる背景要因の検討
        瀬川裕美; Chencho D; Nidup D; Ugyen W; Pemba Y; 坂本龍太; 愼重虎; 今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • 介護サービス利用者のサービス満足および精神的健康と職員の組織文化との関連(第2報)
        原広司; 中部貴央; 今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • 介護サービス利用者のQOL・精神的健康状態への関連要因の探索(第1報)
        中部貴央; 原広司; 今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • 機械学習やスパースモデリングなどの統計的手法による肺炎院内死亡予測精度の違い
        髙田大輔; 伏見清秀; 今中雄一.
        第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年
      • 臨床研究法が日本の臨床研究に及ぼす影響:分割時系列分析
        堤育代; 三浦由希子; 関正則; 吉田近思; 米野琢哉; 今中雄一.
        第81回日本血液学会学術集会, 2019年
      • 院内死亡、医療費および在院日数の予測におけるCharlson、Elixhauser、combination併存疾患指数の算出とその活用方法の比較:DPCデータを用いた研究
        愼重虎; 國澤進; 今中雄一.
        医療経済学会第14回研究大会, 2019年
      • 透析患者の肺炎院内死亡における予後予測因子としてのBMI
        髙田大輔; 國澤進; 伏見清秀; 今中雄一.
        第64回日本透析医学会学術集会・総会, 2019年
      • CKD stage5/5D期患者におけるA-DROPに変わる肺炎院内死亡予測モデルの作成と検証
        髙田大輔; 國澤進; 松原雄; 柳田素子; 伏見清秀; 今中雄一.
        第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年
      • 歯科医師による術前口腔管理が食道がん術後のアウトカムに及ぼす影響:傾向スコア分析
        愼重虎; 國澤進; 伏見清秀; 今中雄一.
        第73回日本食道学会学術集会, 2019年
      • 医療・病院管理におけるコンピテンシーの枠組み構築の試み2
        原広司; 髙田大輔; 内藤優美; 田中将之; 池田俊也; 寺崎仁; 上條由美; 廣瀬昌博; 白髪昌世; 川渕孝一; 緒方泰子; 勝山貴美子; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 介護施設職員と病院職員の組織文化および業務・職場環境の比較―自記式質問紙を用いた横断研究―
        原広司; 中部貴央; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 医療・病院管理におけるコンピテンシーの枠組み構築の試み1
        内藤優美; 髙田大輔; 原広司; 田中将之; 池田俊也; 寺崎仁; 上條由美; 廣瀬昌博; 白髪昌世; 川渕孝一; 緒方泰子; 勝山貴美子; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会, 2018年
      • 介護施設別・職種別の組織文化の把握および勤務継続意欲への関連要因の検討
        中部貴央; 原広司; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 小児がん患者を対象とした化学療法誘発性悪心・嘔吐に対する支持療法の調査
        文靖子; 佐々木典子; 伏見清秀; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 高齢者末期腎不全患者の肺炎入院における院内死亡に関するリスク因子の検討
        髙田大輔; 伏見清秀; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 高齢者の年間医療費の特徴に関する検討
        佐々木典子、今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 高齢者の回避可能な再入院についてのリスク調整アウトカムを用いた病院間比較
        弘田義人; 伏見清秀; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 脳卒中発症後のリハビリテーション介入のタイミングが患者転帰に及ぼす影響
        音喜多智; 上松弘典; 佐々木典子; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会学術総会, 2018年
      • 日本における高齢者のStanford A型大動脈解離の現状と治療方針によるアウトカムの違い:DPCデータを用いて
        青山武司; 今中雄一.
        第56回日本医療・病院管理学会, 2018年
      • 高齢者におけるStanford A型急性大動脈解離の術後転帰
        青山武司; 今中雄一.
        第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年
      • わが国の重症呼吸不全患者への体外式膜型人工肺 (ECMO)施行の集約化の効果の検討
        六車耕平; 伏見清秀; 今中雄一.
        第77回日本公衆衛生学会, 2018年
      • 末期腎不全患者の肺炎入院における院内死亡に関する慢性維持透析の効果
        髙田大輔; 伏見清秀; 今中雄一.
        第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年
      • 腎機能低下が年間医療費に与える影響:健診受診者大規模データ解析
        入谷智子; 髙田大輔; 菊野朗; 今中雄一.
        第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年
      • 認知症のケアにおける介護離職・介護休業と抑うつ度との関連
        中部貴央; 佐々木典子; 荒井由美子; 今中雄一.
        第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年
      • Determinants of long-term care expenditure: a multi-level panel data analysis
        Lin HR; Imanaka Y.
        第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年
      • 医師の人口ピラミッドと地域間移動率を考慮した医師数地域間格差の将来推計
        原広司; 今中雄一.
        第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年
      • 周術期口腔機能管理が食道・胃がん術後アウトカムに及ぼす影響
        愼重虎; 國澤進; 伏見清秀; 今中雄一.
        第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年
      • 健康・医療・介護の質・経済-地域システムの可視化から向上・再構築へ
        今中雄一.
        第4回持続可能な社会保障制度の構築に向けた会議(全国知事会), 2018年
      • 介護保険自己負担上昇が個人レベルの総介護費用とサービス利用に及ばす影響
        Lin HR; Kunisawa S; Imanaka Y.
        医療経済学会第13回研究大会, 2018年
      • 地域別の医師の数と高齢化に関する将来予測: コホート要因モデル
        原広司; 今中雄一.
        医療経済学会第13回研究大会, 2018年
      • 周術期口腔機能管理が食道がん術後アウトカムに及ぼす影響に関する研究 ―DPCデータを用いたマルチレベル傾向スコア分析―
        愼重虎; 國澤進; 伏見清秀; 今中雄一.
        医療経済学会第13回研究大会, 2018年
      • 介護保険自己負担上昇が個人レベルの総介護費用とサービス利用に及ばす影響
        Lin HR; Kunisawa S; Imanaka Y.
        医療経済学会第13回研究大会, 2018年
      • 高齢者の回避可能な再入院の関連因子の検討
        弘田義人; 國澤進; 伏見清秀; 今中雄一.
        医療経済学会第13回研究大会, 2018年
      • 高齢者における終末期医療介護費の検討 ―医療介護レセプトデータによる死亡前24ヶ月間の費用の解析―
        寺岡英美; 國澤進; 今中雄一.
        医療経済学会第13回研究大会, 2018年
      • 小児・思春期若年成人(AYA)世代に発症したがん患者の化学療法誘発性悪心・嘔吐に対する支持療法の調査
        文靖子; 國澤進; 伏見清秀; 石川洋一; 今中雄一.
        第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年
      • 薬剤耐性・アウトブレイクとコスト
        今中雄一. 森井大一; 上松宏典; 水野聖子; 吉田眞規子; 山下和人; 國澤進; 佐々木典子; 柴山恵吾; 賀来満夫.
        第33回日本環境感染学会総会・学術集会, 2018年
      • 認知症介護におけるインフォーマルケアと介護負担感との関係
        中部貴央; 佐々木典子; 荒井由美子; 今中雄一.
        第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年
      • 二次医療圏別前期高齢者医療費の要因構造
        後藤悦; 今中雄一.
        第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年
      • 人口構造の変化を考慮した診療科別医師数の地域間格差~複数の格差指標を用いた検証~
        原広司; 今中雄一.
        第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年
      • 統合失調症外来患者における抗精神病薬大量処方の要因
        高橋達一郎; 大坪徹也; 今中雄一.
        第76回日本公衆衛生学会, 2017年
      • 在宅医療における入院の予測モデルの開発―医療・介護レセプトデータを用いた研究―
        寺岡英美; 大坪徹也; 國澤進; 佐々木典子; 今中雄一.
        第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年
      • Impact of newly diagnosed conditions on medical and long-term care expenditures
        林慧茹; 國澤進; 佐々木典子; 今中雄一.
        第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年
      • 病院の救急車受入表示の実態:奈良県の救急搬送記録を用いた横断研究
        花木奈央; 山下和人; 國澤進; 今中雄一.
        第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年
      • 奈良県の救急搬送時迅速化の取り組みの地域への影響:奈良県の救急搬送記録を用いた横断研究
        花木奈央; 山下和人; 國澤進; 今中雄一.
        第45回日本救急医学会総会・学術集会, 2017年
      • 医療管理におけるコンピテンシーの枠組みの整理
        今中雄一. 池田俊也; 寺崎仁; 上条由美; 廣瀬昌博; 白髪昌世; 緒方泰子; 原広司; 田中将之; 大野達也.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • 診療所と病院の医師による診療ガイドライン,医療の質指標の活用状況および情報検索環境の実態調査
        佐々木典子; 奥村晃子; 菅原浩幸; 吉田雅博; 山口直人; 今中雄一.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • 認知症介護における小規模多機能型居宅介護の利用と介護負担
        中部貴央; 上松弘典; 佐々木典子; 國澤進; 荒井由美子; 今中雄一.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • 統合失調症外来患者の抗精神病薬多剤処方の要因
        高橋達一郎; 大坪徹也; 國澤進; 今中雄一.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • 二次医療圏ごとの人口構造を考慮した医師数の需給バランス~地域間格差と経年変化~
        原広司; 今中雄一.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • 介護サービスの利用状況を考慮した疾患発症が高齢者の死亡に及ぼす影響
        林慧茹; 後藤悦; 國澤進; 今中雄一.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • 医療の質や費用における地域ごとの指標の情報共有・公表のありかたに関する意識調査
        國澤進; 佐々木典子; 今中雄一.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • 社会医学系専門医と医療政策・マネジメント
        今中雄一今中 雄一; 有賀 徹; 寺崎 仁; 上條 由美; 廣瀬 昌博; 坂元 昇.
        第55回日本医療・病院管理学会学術総会, 2017年
      • Cost-effectiveness of Exemestane+Everolimus and Toremifene compared to Exemestane Alone as Second-Line Therapies in Postmenopausal Hormone Receptor?positive and Human Epidermal Growth Factor Receptor 2?negative Metastatic Breast Cancer in Japan
        Lertjanyakun V; Kunisawa S; Imanaka Y.
        医療経済学会第12回研究大会, 2017年
      • 超高齢社会における診療科別医師数の地域間格差の推移
        原広司; 今中雄一.
        医療経済学会第12回研究大会, 2017年
      • 地域包括ケア病棟の可視化と潜在力
        今中雄一.
        第3回地域包括ケア病棟研究大会, 2017年
      • 病院への収容要請電話回数が救急搬送時間に与える影響について:奈良県の救急搬送記録を用いた横断研究
        花木奈央; 山下和人; 國澤進; 今中雄一.
        第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会, 2017年
      • 特定健康診査データを用いた肺炎発症予測と肺炎球菌ワクチンの適正分配
        上松弘典; 山下和人; 大坪徹也; 國澤進、今中雄一.
        第36回医療情報学連合大会(第17回日本医療情報学会学術大会), 2016年
      • Analysis of Assistive Technology Use among users with and without Dementia
        林慧茹; 大坪徹也; 今中雄一.
        第75回日本公衆衛生学会総会, 2016年
      • 京都府国民健康保険および後期高齢者医療保険外来レセプトデータを用いた統合失調症外来患者の抗精神病薬薬剤数と大量処方との関係
        落合英伸; 大坪徹也; 髙橋達一郎; 今中雄一.
        第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 2016年
      • 京都府の在宅医療提供体制における地域差と医療機関毎の機能評価
        寺岡英美; 今中雄一. 大坪徹也; 國澤進; 佐々木典子.
        第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 2016年
      • 認知症の人の介護に関する負担の可視化:インフォーマルケアコストと金銭的負担
        中部貴央; 佐々木典子; 上松弘典; 國澤進; 今中雄一.
        第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 2016年
      • 介護保険利用者の認知症有無と介護サービス利用の関連
        林慧茹; 後藤悦; 國澤進; 大坪徹也; 今中雄一.
        第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 2016年
      • 医療の質や費用における地域ごとの指標の情報共有・公表のありかた ~地域の医療にかかわる行政・保険者・医療団体等の意識調査
        國澤進; 佐々木典子; 大坪徹也; 今中雄一.
        第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 2016年
      • 入院外院内処方ならびに院外処方に伴う後発医薬品の数量シェアとその関連要因
        大坪徹也; 今中雄一.
        第54回日本医療・病院管理学会学術総会, 2016年
      • 学会期間における急性心筋梗塞の治療内容と予後
        水野聖子; 國澤進; 佐々木典子; 伏見清秀; 今中雄一.
        医療経済学会第11回研究大会, 2016年
      • 超高齢社会における医師数の地域間格差の推移
        原広司; 今中雄一.
        医療経済学会第11回研究大会, 2016年
      • 保健医療システム再構築に向けたEvidence-Based Policy:インデックス,エビデンスと制度・政策
        今中雄一.
        第86回日本衛生学会学術総会, 2016年
      • DPC参加病院における救急医療再入院率と平均在院日数~胃癌、大腸癌、肺癌切除術症例の検討
        國澤進; 伏見清秀; 今中雄一.
        第116回日本外科学会定期学術集会, 2016年
      • DPCを含むBig data総括の見地から
        山下和人; 猪飼宏; 國澤進; 今中雄一.
        第39回日本脳神経外傷学会, 2016年
      • 大学院における健康医療介護政策の講義体系
        後藤悦; 田中将之; 佐々木典子; 大坪徹也; 國澤進; 今中雄一.
        第53回日本医療・病院管理学会学術総会, 2015年
      • 研修医の情報検索行動と病院のIT環境-全国多施設調査
        佐々木典子; 奥村晃子; 吉田雅博; 山口直人; 今中雄一.
        第53回日本医療・病院管理学会学術総会, 2015年
      • 医療システム再構築に向けたEvidence-Based Policy-Scoping Reviewによる検討
        今中雄一. 佐々木典子; 國澤進; 大坪徹也; 田中将之.
        第53回日本医療・病院管理学会学術総会, 2015年
      • 日本における頭部外傷管理における頭蓋内圧測定の現状 ~DPCデータからの解析~(シンポジウム)第74回日本脳神経外科学会学術総会:札幌, 2015年10月14-16日
        末廣栄一; 山下和人; 藤山雄一; 小泉博靖; 猪飼宏; 鈴木倫保; 今中雄一.
        第74回日本脳神経外科学会学術総会, 2015年
      • 地域包括ケアシステムの達成状況と地域性との関連に関する実証的研究
        原広司; 黒木淳; 今中雄一.
        医療経済学会第10回研究大会, 2015年
      • 市中肺炎における、入院日数遷延化予測モデルの開発と検証: 医療経済学会 第10回研究大会: 京都, 2015年9月6日
        上松弘典; 國澤進; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第10回研究大会, 2015年
      • Prediction of Long-Term Care Expenditure Increase among Elderly with Dementia Using Decision Tree Modeling
        林慧茹; 大坪徹也; 佐々木典子; 今中雄一.
        医療経済学会第10回研究大会, 2015年
      • 虚血性心疾患・心不全における医療資源利用量の評価とCCPMの考え方
        猪飼宏; 佐々木典子; 今中雄一.
        第79回日本循環器学会学術集会 委員会セッション(健保対策委員会), 2015年
      • 重症頭部外傷患者の管理における頭蓋内圧測定の効果 ~DPCデータからの解析~
        末廣栄一; 山下和人; 藤山雄一; 小泉博靖; 猪飼宏; 鈴木倫保; 今中雄一.
        第38回日本脳神経外傷学会, 2015年
      • DPCデータからみた頭部外傷診療における頭蓋内圧センサー留置の影響
        末廣栄一; 山下和人; 藤山雄一; 小泉博靖; 猪飼宏; 鈴木倫保; 今中雄一.
        第20回日本脳神経外科救急学会, 2015年
      • DPCデータから見た、深部静脈血栓症・肺塞栓症の抗凝固療法における薬剤選択の経済的影響
        山下和人; 猪飼宏; 今中雄一.
        第34回医療情報学連合大会(第15回日本医療情報学会学術大会), 2014年
      • DPCデータから見た、国内での肝細胞がんの治療における肝動脈化学塞栓術(TACE)使用の現状
        猪飼宏; 山下和人; 今中雄一.
        第34回医療情報学連合大会(第15回日本医療情報学会学術大会), 2014年
      • 質の可視化から地域システムの協創へ
        今中雄一.
        第15回介護保険推進全国サミットinくまもと, 2014年
      • DPC, NDBデータを用いた医療の質の評価
        猪飼宏; 今中雄一.
        第52回日本医療・病院管理学会学術総会, 2014年
      • Administrative Dataを用いた肺炎における最適な死亡予測モデルの構築と評価
        上松弘典; 國澤進; 佐々木典子; 猪飼宏; 今中雄一.
        第52回日本医療・病院管理学会学術総会, 2014年
      • 認知症を考慮した自地域外での介護サービス使用と介護費用の関係の研究
        林慧茹; 山下和人; 佐々木典子; 猪飼宏; 今中雄一.
        第52回日本医療・病院管理学会学術総会, 2014年
      • 医療・介護レセプトデータによる認知症ケアの把握
        國澤進; 林慧茹; 猪飼宏; 大坪徹也; 佐々木典子; 下妻晃二郎; 今中雄一.
        第52回日本医療・病院管理学会学術総会, 2014年
      • 病院機能評価による認定の有無は、患者アウトカムに影響するか?―急性心不全症例のリスク調整死亡率に関する検討
        佐々木典子; 猪飼宏; 山口直人; 今中雄一.
        第52回日本医療・病院管理学会学術総会, 2014年
      • The relationship between dementia diagnosis and long-term care expenditures
        林慧茹; 大坪徹也; 今中雄一.
        医療経済学会第9回研究大会, 2014年
      • レセプト・ナショナルデータベース(NDB)に基づく入院医療費関連要因の分析:地域格差、保険者格差の検討
        後藤悦; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第9回研究大会, 2014年
      • アウトカム指標とその実例:QIPにおけるリスク医療の質の指標としてのリスク調整死亡率
        國澤進; 佐々木典子; 猪飼宏; 今中雄一.
        第64回日本病院学会, 2014年
      • 多軸的なCCPに基づく新たなDPC分類構築方法の開発 -心不全ならびに関連心疾患における検討-
        猪飼宏; 佐々木典子; 今中雄一. 伏見清秀.
        第17回日本心不全学会学術集会, 2013年
      • 肺動脈性肺高血圧症の症例数に応じた施設群間処方パターンの相違―DPCデータを用いた稀少疾患医療提供内容分析
        佐々木典子; 國澤進; 猪飼宏; 今中雄一.
        第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会), 2013年
      • 補助金の減少が市町村国保の保険料に及ぼす影響のシミュレーション
        後藤悦; 大坪徹也; 今中雄一.
        第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会), 2013年
      • 入院患者移動に基づく県境を越えうる疾病別医療圏の分析:レセプトのナショナルデータベースを用いて
        小林大介; 大坪徹也; 今中雄一.
        第33回医療情報学連合大会(第14回日本医療情報学会学術大会), 2013年
      • DPCデータを用いた、肝細胞癌・大腸癌の治療解析~化学療法レジメン解析・生存解析~
        國澤進; 山下和人; 猪飼宏; 今中雄一.
        第72回日本公衆衛生学会総会, 2013年
      • 我が国の滲出型加齢黄斑変性症治療の現状分析
        猪飼宏; 朴声哲; 今中雄一.
        第72回日本公衆衛生学会総会, 2013年
      • 組織文化と職務、病院特性の関係に関するマルチレベル分析
        宇川直人; 田中将之; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • 外来患者における抗精神病薬大量処方の関連因子
        落合英伸; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • DPCにおける多軸的なCCPに基づく分類構築方法の開発―循環器疾患(急性心不全・不整脈・弁膜症)における検討
        佐々木典子; 國澤進; 猪飼宏; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • 在院日数が短い病院では医療従事者の業務負担感が大きいのか?―多施設大規模質問紙調査とDPCデータの解析―
        森島敏隆; 田中将之; 宇川直人; 猪飼宏; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • Administrative Dataを用いた肺癌術後生存解析 ~DPCデータの潜在的可能性~
        國澤進; 山下和人; 猪飼宏; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • 脳梗塞患者集団における機能別医療・介護資源消費推移の可視化
        大坪徹也; 國澤進; 森島敏隆; 佐々木典子; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • (ランチョンセミナー)事例紹介:医療ビッグデータの高速処理 SQL Server 2012とSSD Storageを中心に
        猪飼宏.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • DPCの意義と活用の展開
        猪飼宏; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • 全国網羅的なレセプト情報の有効活用に資するデータベース基盤の課題と設計
        猪飼宏; 大坪徹也; 今中雄一.
        第51回日本医療・病院管理学会学術総会, 2013年
      • 組織文化と抗菌薬使用に関する医療の質、病院特性の関係についての考察
        宇川直人; 田中将之; 今中雄一.
        医療経済学会第8回研究大会, 2013年
      • The number of cardiologists, case volume and in-hospital mortality for acute myocardial infarction
        朴声哲; 佐々木典子; 森島敏隆; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第8回研究大会, 2013年
      • 急性心不全症例における院内死亡率と入院医療費の決定要因の相違
        佐々木典子; 國澤進; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第8回研究大会, 2013年
      • ICU入室患者の入院医療費に影響を与える因子についての検討
        山下和人; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第8回研究大会, 2013年
      • Organizational culture and its relationship with hospital management: a multicenter questionnaire survey and administrative data
        森島敏隆; 田中将之; 宇川直人; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第8回研究大会, 2013年
      • 我が国の滲出型加齢黄斑変性症治療の現状
        猪飼宏; 田村宏; 今中雄一.
        第83回日本衛生学会学術総会, 2013年
      • 急性期病院における肺高血圧症薬物治療の現状
        猪飼宏; 今中雄一.
        第83回日本衛生学会学術総会, 2013年
      • 京都府国民健康保険および後期高齢者医療保険外来レセプトデータを用いた向精神薬処方の現状分析
        落合英伸; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        第32回日本社会精神医学会, 2013年
      • 脳梗塞における入院機能別コストテーブルの開発:医療資源消費把握におけるポピュレーションアプローチ
        大坪徹也; 森島敏隆; 佐々木典子; Jason Lee; 今中雄一.
        第32回医療情報学連合大会(第13回日本医療情報学会学術大会), 2012年
      • 急性期医療機関の非弁膜症性心房細動患者における心血管イベント予防の現状と主要疾患発生リスク
        猪飼宏; Briere Jean-Baptiste; 今中雄一.
        第32回医療情報学連合大会(第13回日本医療情報学会学術大会), 2012年
      • 医師の男女別・専門別の地域分布の実態と影響
        猪飼宏; 大坪徹也.
        日本医療・病院管理学会第309回例会, 2012年
      • 保健医療計画とデータ活用(2)
        大坪徹也; 今中雄一.
        平成24年度 公衆衛生活動の遂行能力向上セミナー, 2012年
      • 医療計画に向けた臨床・行政・大学の協同によるエビデンス構築-山口県萩の事例-
        大坪徹也; 中田祐広; 後藤悦; 福田吉治; 今中雄一.
        第71回日本公衆衛生学会総会, 2012年
      • 病院人材の職場への定着意欲と組織文化との関連
        田中将之; Park Sungchul; 森島敏隆; 猪飼宏; 今中雄一.
        第50回日本医療・病院管理学会, 2012年
      • 脳梗塞患者集団における機能別医療資源消費推移の可視化
        大坪徹也; 國澤進; 佐々木典子; 森島敏隆; 今中雄一.
        第50回日本医療・病院管理学会学術総会, 2012年
      • 糖尿病管理ターゲット集団の進行度に基づく地域プロファイリング
        朴声哲; 大坪徹也; 今中雄一.
        第50回日本医療・病院管理学会学術総会, 2012年
      • 在宅医療が癌患者の終末期医療費に与える影響の検証―京都府の診療報酬明細書データベースを用いた実証研究―
        森島敏隆; 大坪徹也; 今中雄一.
        第50回日本医療・病院管理学会学術総会, 2012年
      • 急性心不全患者の院内死亡予測モデル開発とリスク調整死亡率の病院間比較
        佐々木典子; 國澤進; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        第50回日本医療・病院管理学会学術総会, 2012年
      • Quality of Care and Hospital Spending in Acute Myocardial Infarction: Evidence from Japan
        Sungchul Park; Jason Lee; 猪飼宏; 大坪徹也; 宇川直人; 今中雄一.
        医療経済学会第7回研究大会, 2012年
      • 拠点病院への患者の集中がアクセス時間とその不平等に及ぼす影響の評価
        小林大介; 大坪徹也; 今中雄一.
        医療経済学会第7回研究大会, 2012年
      • Impact of hospital case volume on quality of end-of-life care among cancer patients: a cross-sectional study using claims data
        森島敏隆; Jason Lee; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第7回研究大会, 2012年
      • Regional Variations in Spending and Quality in Ischemic Stroke Patients
        ジェイスン・リー; 森島敏隆; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第7回研究大会, 2012年
      • 医療・介護システムの評価と計画―京都府あんしん医療制度プロジェクトの成果と可能性
        大坪徹也; 今中雄一.
        第82回日本衛生学会学術総会, 2012年
      • ジェネリック医薬品の使用状況解析―新しい指標の提案
        國澤進; ジェイスン・リー; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        第82回日本衛生学会学術総会, 2012年
      • 診療報酬から見た病院薬剤師の業務量:その可能性と課題
        松永京子; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        第82回日本衛生学会学術総会, 2012年
      • 病院の拠点化・集中化がアクセス時間やその公正に及ぼす影響
        小林大介; 大坪徹也; 今中雄一.
        第82回日本衛生学会学術総会, 2012年
      • Clinical Profiles of Hospitalized Acute Heart Failure Patients Using DPC Administrative Database
        佐々木典子; 國澤進; 猪飼宏; 今中雄一.
        第76回日本循環器学会学術集会 委員会セッション(健保対策委員会), 2012年
      • 日本理学療法士協会「提案型管理者育成を目指したワークショップ」:東京, 2012年2月11日-12日
        本橋隆子.
        日本理学療法士協会「提案型管理者育成を目指したワークショップ」, 2012年
      • 急性期病院における漢方製剤の処方状況に関する検討
        濱田啓義; 猪飼宏; 今中雄一.
        第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会), 2011年
      • 急性心筋梗塞・心不全における臨床指標値の経年的変化の多施設分析
        宇川直人; 猪飼宏; 今中雄一.
        第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会), 2011年
      • 病院組織文化と患者満足度との関連:多施設ベンチマーキング・データに基づく解析
        田中将之; 宇川直人; 大坪徹也; 猪飼宏; 今中雄一.
        第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会), 2011年
      • 疾病別患者移動時間分析から見た医療提供体制の地域差
        小林大介; 大坪徹也; 今中雄一.
        第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会), 2011年
      • 都道府県別歯科医師数が歯科医療費に及ぼす影響の検討
        宇川直人; 大坪徹也; 今中雄一.
        第70回日本公衆衛生学会総会, 2011年
      • 急性心筋梗塞診療の質と病院の競合状態および症例数との関係
        Sungchul Park、Jason Lee、宇川直人、國澤進、大坪徹也、猪飼宏、今中雄一.
        医療経済学会第6回研究大会, 2011年
      • Cost-effectiveness analysis of omalizumab for the treatment of severe asthma: results from a randomized controlled trial in Japan and the value of responder prediction methods
        森島敏隆; 猪飼宏; 今中雄一.
        医療経済学会第6回研究大会, 2011年
      • 時間外受診、高度医療機関受診に関するWTP調査
        濱田啓義; 関本美穂; 今中雄一. 安川文朗.
        第49回日本医療・病院管理学会学術総会, 2011年
      • 臨床指標の公表・非公表に関する病院特性の検討
        宇川直人; 猪飼宏; 今中雄一.
        第49回日本医療・病院管理学会学術総会, 2011年
      • 平均在院日数を用いた病院の効率性を表す指数の検討
        國澤進; 猪飼宏; 今中雄一.
        第49回日本医療・病院管理学会学術総会, 2011年
      • 医療の質の評価・公表推進に係わるDPCデータの可能性と課題
        今中雄一. 猪飼宏.
        第61回日本病院学会, 2011年
      • 医療療養病床における利用実態の把握と必要病床数の推計方法に関する検討
        大坪徹也; 今中雄一. ジェイスン・リー; 森島敏隆.
        第19回日本慢性期医療学会札幌大会, 2011年
      • 2004年から2009年における,わが国の急性胆管炎の診療パターンの変化についての検証~DPCデータを用いた,診療ガイドライン刊行前後の急性胆管炎の診療形態の変化~
        大隈和英; 関本美穂; 今中雄一.
        第111回日本外科学会総, 2011年
      • 集中治療医が影響を及ぼす診療プロセスについての検討
        梅垣岳志; 今中雄一.
        第38回日本集中治療医学会学術集会, 2011年
      • 患者移動分析に基づく疾病別医療圏の考察
        小林大介,大坪徹也,後藤悦,森島敏隆,濱田啓義,今中雄一.
        第30回医療情報学連合大会(第11回日本医療情報学会学術大会), 2010年
      • レセプトから見た非小細胞肺癌(NSCLC)の1st line化学療法のレジメンの実施割合
        森島敏隆; 今中雄一.
        第51回日本肺癌学会総会, 2010年
      • 周術期の予防的抗菌薬投与日数に関する手術領域別・多施設横断的分析
        宇川直人,猪飼宏,Jason Lee,國澤進,今中雄一.
        第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年
      • 急性期病院における脳梗塞患者の転院割合に関連する診療提供体制と地域の医療・介護資源の検討
        本橋隆子,関本美穂,今中雄一.
        第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年
      • DPCデータを地域医療計画にどう活かすか 医療技術普及の地域間格差
        猪飼宏.
        第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年
      • 急性期循環器系疾患における診療圏から医療圏への接近
        大坪徹也; 今中雄一.
        第48回日本医療・病院管理学会学術総会, 2010年
      • 国民健康保険世帯保険料の将来推計
        後藤悦; 大坪徹也; 濱田啓義; 森島敏隆; 小林大介; 今中雄一.
        第50回 全国国保地域医療学会, 2010年
      • 手術室運営における効率性に関する評価指標の検討
        田中将之; 猪飼宏; 今中雄一.
        第32回日本手術医学会総会, 2010年
      • 心不全診療における費用の構造 入院DPCデータを用いた原価計算から分かること
        猪飼宏; 大坪徹也; 林田賢史; 今中雄一.
        第58回日本心臓病学会学術集会, 2010年
      • 救急車搬送時間における地域差に関する要因の分析
        大坪徹也; 今中雄一.
        医療経済学会第5回研究大会, 2010年
      • 二次医療圏における小児科医増減の要因分析
        佐々木弘真; 大坪徹也; 今中雄一.
        医療経済学会第5回研究大会, 2010年
      • 腹部大動脈瘤切除術の集積と在院日数の関連性に関する検討
        福田治久; 大隈和英; 今中雄一.
        医療経済学会第5回研究大会, 2010年
      • The QIP Expert Group for Clinical Evaluation
        ジェイスン・リー; 今中雄一. 関本美穂; 西川治央; 猪飼宏; 本橋隆子
        医療経済学会第5回研究大会, 2010年
      • 集中治療室の組織モデルに基づく診療プロセス・アウトカムの検討(Impact of Intensive Care organization on Care Processes and Outcomes of Patients with Severe Sepsis)
        梅垣岳志; 関本美穂; 今中雄一.
        日本麻酔科学会 第57回学術集会, 2010年
      • An Outcome Prediction Model for Adult Intensive Care
        梅垣岳志; 関本美穂; 林田賢史; 今中雄一.
        第37回日本集中治療医学会学術集会, 2010年
      • ヘルスサービス研究
        今中雄一.
        第20回日本疫学会学術総会, 2010年
      • インフルエンザ予防接種の費用対効果分析にまつわる方法論的課題
        猪飼宏.
        第29回医療情報学連合大会, 2009年
      • 韓国における診療報酬審査制度の現状と課題について 第3報
        今中雄一. 村上玄樹; 林田賢史; 烏帽子田彰.
        第68回日本公衆衛生学会総会, 2009年
      • 韓国における診療報酬審査制度の現状と課題について 第2報
        烏帽子田彰; 村上玄樹; 林田賢史; 今中雄一.
        第68回日本公衆衛生学会総会, 2009年
      • 韓国における診療報酬審査制度の現状と課題について 第1報
        村上玄樹; 林田賢史; 今中雄一. 王紅兵; 烏帽子田彰.
        第68回日本公衆衛生学会総会, 2009年
      • 妊娠・分娩にかかる個人および社会全体の費用の検討
        濱田啓義; 猪飼宏; 関本美穂; 今中雄一.
        第47回日本医療・病院管理学会学術総会, 2009年
      • 主要診断群からみた救急医療における入院患者の収益性の実態
        大坪徹也; 今中雄一. 松田晋哉.
        第47回日本医療・病院管理学会学術総会, 2009年
      • 腹部・胸部大動脈瘤切除術における施設別手術件数と術後アウトカムの関連性
        福田治久,大隈和英,今中雄一.
        第47回日本医療・病院管理学会学術総会, 2009年
      • 手術室運営評価モデルを用いた多施設間比較
        田中将之; 関本美穂; 今中雄一.
        第31回日本手術医学会総会, 2009年
      • 日米の医療マネジメントの内容と方法の比較
        田中将之; 足立峻吾; 濱田啓義; 猪飼宏; 林田賢史; 今中雄一.
        第41回日本医学教育学会, 2009年
      • 日本の40病院における脳梗塞患者の医療関連感染について -発生率とリスク調整アウトカム
        ジェイスン・リー; 今中雄一. 関本美穂; 林田賢史; 猪飼宏.
        医療経済学会第4回研究大会, 2009年
      • 終末期における入院医療:疾患・診療パターンと医療費
        関本美穂; 今中雄一.
        医療経済学会第4回研究大会, 2009年
      • 高齢者における大腿骨頚部骨折の在院日数に及ぼす因子―QIPデータを用いた解析―
        本橋隆子; 関本美穂; 今中雄一.
        第44回日本理学療法学術大会, 2009年
      • DPCに基づく包括支払い制度導入後の乳癌治療への影響と変化
        大隈和英; 福田治久; 関本美穂; 猪飼宏; 濱田啓義; 今中雄一.
        第109回日本外科学会学術集会総会, 2009年
      • 脳梗塞患者の在院日数に及ぼす因子─QIP(Quality Indicator/Improvement Project)データを用いた解析─
        本橋隆子; 関本美穂; 今中雄一.
        第34回日本脳卒中学会総会, 2009年
      • 急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン:ガイドラインが診療に与える効果の検証について
        関本美穂; 今中雄一.
        第45回日本腹部救急医学会総会, 2009年
      • 大規模個票データを用いた診療パターンの分析
        関本美穂; 今中雄一.
        「大規模個票データを使った医療データの分析・統計分析手法」に関する国際シンポジュウム, 2009年
      • 病院感染による追加的コスト推定値の透明性・正確性に関する評価
        福田治久; Jason Lee; 今中雄一.
        第24回環境感染学会, 2009年
      • 多施設DPCデータに基づくDIC治療の現状
        梅垣岳志; 関本美穂; 猪飼宏; 今中雄一.
        第36回日本集中治療医学会学術集会, 2009年
      • Closed ICUとOpen ICU ―その定義とICUの診療体制が診療プロセス・患者アウトカム・医療資源消費に与える影響について
        関本美穂; 梅垣岳志; 今中雄一.
        第36回日本集中治療医学会学術集会, 2009年
      • 年代別に見たインフルエンザ予防接種への公費補助に関する費用分析
        猪飼宏; 大坪徹也; Jason Lee; 林田賢史; 今中雄一.
        第28回医療情報学連合大会, 2008年
      • 医療安全のための職員研修の実施状況と医療安全専従者の配置状況の関連性
        福田治久; 今中雄一.
        第3回医療の質・安全学会, 2008年
      • DPCデータに基づく成人市中肺炎診療の病院間比較
        猪飼宏; 関本美穂; 今中雄一.
        第46回日本医療・病院管理学会学術総会, 2008年
      • 乳房温存術後放射線治療の診療パターン:外来および入院医療に関する多施設横断研究
        福田治久; 大隈和英; 今中雄一.
        第46回日本医療・病院管理学会, 2008年
      • 病院安全文化の構造モデルの職種別分析
        村上玄樹; 伊藤岳之; 佐々木恵; 林田賢史; 今中雄一.
        第46回日本医療・病院管理学会学術総会, 2008年
      • 病院収支に及ぼす医師の勤務継続性の影響
        大坪徹也; 林田賢史; 今中雄一.
        第46回日本医療・病院管理学会学術総会, 2008年
      • DPCデータを用いた病院評価 -集中治療室(ICU)の利用患者属性とパフォーマンスに関する研究-
        林田賢史; 今中雄一. 松田晋哉.
        第46回日本医療・病院管理学会学術総会, 2008年
      • DPCデータを用いた病院評価 -包括支払い方式下での医療の原価の実態-
        今中雄一. 林田賢史; 松田晋哉.
        第46回日本医療・病院管理学会学術総会, 2008年
      • 国保加入者における健診結果と5年後医療費との関係
        村上玄樹; 今中雄一. 林田賢史; 石崎達郎.
        第67回日本公衆衛生学会, 2008年
      • 全国自治体病院における医師の継続勤務率の分析
        大坪徹也; 林田賢史; 今中雄一.
        第47回全国自治体病院学会, 2008年
      • Comparing quality of care and medical resource utilization before and after implementation of DPC (Diagnosis Procedure Combination)-based perdiem payment system in Japan
        関本美穂; 今中雄一.
        医療経済学会第3回研究大会, 2008年
      • 産業連関分析を用いた医療の経済波及効果の推計
        山田剛; 今中雄一.
        医療経済学会第3回研究大会, 2008年
      • 医師労働市場についての考察:「医師の分布は制御可能か」
        佐々木弘真; 今中雄一. 関本美穂; 大坪徹也.
        医療経済学会第3回研究大会, 2008年
      • 院内医療安全システムの維持・確保に向けた予防・評価コストの関連要因
        福田治久; 今中雄一.
        医療経済学会第3回研究大会, 2008年
      • 二次医療圏の老人医療と社会経済因子との関係
        後藤悦; 大坪徹也; 今中雄一.
        医療経済学会第3回研究大会, 2008年
      • Risk-adjusted increases in medical resource utilization associated with healthcare-acquired infections in gastrectomy patients
        ジェイスン・リー、今中雄一. 関本美穂、石崎達郎、林田賢史、猪飼宏、大坪徹也
        医療経済学会第3回研究大会, 2008年
      • QIP Ovarian Cancer Expert Group
        白井貴子; 関本美穂; 石崎達郎; 今中雄一.
        第44回日本婦人科腫瘍学会, 2008年
      • 病院感染対策専従者の配置が対策活動の普及に与えるインパクトの推定
        福田治久; 今中雄一. 廣瀬昌博; 林田賢史.
        第23回環境感染学会, 2008年
      • 病院感染管理におけるインフラストラクチャー・活動度・パフォーマンスの関係
        関本美穂; 今中雄一.
        第2回横幹連合コンファレンス, 2007年
      • 病院安全文化の構造モデルの分析
        村上玄樹; 小伏寛枝; 後藤悦; 佐々木恵; 林田賢史; 今中雄一.
        第2回医療の質・安全学会, 2007年
      • インシデント報告運用システムが報告件数に及ぼす効果
        福田治久; 廣瀬昌博; 林田賢史; 今中雄一.
        第2回医療の質・安全学会, 2007年
      • 臨床研修病院における医療安全活動の展開
        福田治久; 廣瀬昌博; 林田賢史; 今中雄一.
        第2回医療の質・安全学会, 2007年
      • 集中治療室(ICU)の診療体制と診療パフォーマンス
        林田賢史.
        第2回医療の質・安全学会, 2007年
      • 都道府県別高額医療機器の需給バランスと導入傾向に関する一考察
        大坪徹也; 林田賢史; 今中雄一.
        第45回日本医療・病院管理学会, 2007年
      • 安全管理活動の投入資源に関連する施設要因の検証
        福田治久; 今中雄一. 廣瀬昌博; 林田賢史.
        第45回日本医療・病院管理学会, 2007年
      • 入院満足度、患者特性および重要感の関係
        村上玄樹; 小伏寛枝; 佐々木恵; 林田賢史; 今中雄一.
        第45回日本医療・病院管理学会, 2007年
      • 集中治療室(ICU)の機能評価に関する検討-患者重症度の施設間バラツキの分析-
        林田賢史; 今中雄一. 桑原一彰; 他.
        第45回日本医療・病院管理学会, 2007年
      • 安全管理および感染制御に要するコスト:全国大規模研究
        今中雄一. 福田治久; 廣瀬昌博; 林田賢史.
        第45回日本医療・病院管理学会, 2007年
      • 長浜市個別健康支援プログラムの取り組み 2
        氏縄優子; 勅使河原弘美; 清水厚子; 石崎達郎; 林田賢史; 今中雄一.
        第66回日本公衆衛生学会, 2007年
      • 長浜市個別健康支援プログラム「ながはまメタボリックやっつけ隊!」の取り組み 1
        勅使河原弘美; 氏縄優子; 清水厚子; 石崎達郎; 林田賢史; 今中雄一.
        第66回日本公衆衛生学会, 2007年
      • 自治体病院のパネルデータを用いた財務管理効果の検証
        大坪徹也; 林田賢史; 今中雄一.
        医療経済学会第2回研究大会, 2007年
      • 主観的健康度の加齢変化;縦断データ分析による検討
        石崎達郎; 吉田英世; 鈴木隆雄; 今中雄一.
        第49回日本老年社会科学会大会, 2007年
      • 診断群分類の原価把握とそれに伴う収支分析、業務量分析、機能評価
        林田賢史.
        第11回日本医療情報学会春季学術大会, 2007年
      • 日本の麻酔科医業務状況に関する調査(第2報)
        川崎一良; 関本美穂; 石崎達郎; 今中雄一.
        日本麻酔科学会 第54回学術集会, 2007年
      • 重症急性膵炎の臨床研究にまつわる諸問題
        関本美穂.
        第107回日本外科学会学術集会総会, 2007年
      • 改訂された「急性膵炎の診療ガイドライン」 ガイドライン再版に向けて: ガイドラインの持つ意味
        関本美穂.
        第43回日本腹部救急医学会総会, 2007年
      • 小児医療費の問題点と提言
        今中雄一.
        第1回日本小児医療政策研究会, 2007年
      • 説明と同意および記録作成に要するコストの推計: 患者本位の医療の基盤整備に向けて
        福田治久; 小伏寛枝; 村上玄樹; 林田賢史; 今中雄一.
        第1回医療の質・安全学会, 2006年
      • 患者による病院医療評価の関連要因に関する研究
        村上玄樹; 小伏寛枝; 今中雄一.
        第1回医療の質・安全学会, 2006年
      • 仕事の負担感の差異による安全文化と医療安全確保の取り組み状況の関連
        小伏寛枝; 村上玄樹; 今中雄一.
        第1回医療の質・安全学会, 2006年
      • 原価を推計できるクリニカルパス・デザイン・システム
        今中雄一.
        第7回日本クリニカルパス学会, 2006年
      • 入院患者の医療資源消費に関する研究
        石崎達郎; 今中雄一.
        第65回日本公衆衛生学会, 2006年
      • DPCを利用した地域医療の評価:地域疾病構造と医療機能の可視化
        伏見清秀; 石川光一; 橋本英樹; 堀口裕正; 今中雄一.桑原一彰; 林田賢史; 松田晋哉.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • DPCを活用した臨床研究の可能性に関する検討
        松田晋哉; 石川光一; 伏見清秀; 橋本英樹; 堀口裕正; 桑原一彰; 今中雄一. 林田賢史; 阿南誠.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 診断群分類の持つ医療管理学的特徴を可視化する手法に関する研究
        石川光一; 伏見清秀; 橋本英樹; 堀口裕正; 桑原一彰; 林田賢史; 今中雄一. 阿南誠; 松田晋哉.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 各医療機関におけるがん診療提供体制の実態
        山口亜弓; 辻典明; 関本美穂; 三原華子; 今中雄一. 土屋了介; 坪井栄孝.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 日本版診断群分類支払い制度下での病院機能の変化
        橋本英樹; 堀口裕正; 石川光一; 伏見清秀; 桑原一彰; 林田賢史; 阿南誠; 今中雄一. 松田晋哉.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 診断群分類支払い制度下における資源病名と処置の組み合わせについての分析
        堀口裕正; 橋本英樹; 阿南誠; 桑原一彰; 今中雄一. 林田賢史; 石川光一; 伏見清秀; 松田晋哉.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 医療安全(安全管理・感染制御)対策に係るコスト分析: 多施設横断研究
        福田治久; 林田賢史. 今中雄一.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 病院組織の安全文化の評価および医療安全確保の取組み状況との関連
        小伏寛枝; 村上玄樹; 今中雄一.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 入院患者の医師、看護師への要望と患者満足度との関係
        村上玄樹; 小伏寛枝; 今中雄一.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 診断群分類を活用した多施設の診療のパフォーマンス指標(臨床評価指標)に関する研究
        林田賢史; 今中雄一. 桑原一彰; 松田晋哉; 橋本英樹; 堀口裕正; 伏見清秀; 石川光一; 阿南誠.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 医療安全(安全管理・感染制御)対策に係るコスト把握のためのフレームワークの構築
        今中雄一. 福田治久; 林田賢史.
        第44回日本医療・病院管理学会, 2006年
      • 卵巣癌入院TJ療法における診療プロセスの施設間比較
        白井貴子; 関本美穂; 石崎達郎; 今中雄一.
        第44回日本癌治療学会, 2006年
      • 医療安全のコストとエビデンス
        林田賢史.
        第104回日本社会情報学会 定例研究会, 2006年
      • 「急性膵炎診療のガイドライン」をめぐって EBMとエビデンスに基づいた診療ガイドライン
        関本美穂; 今中雄一. 高田忠敬; 吉田雅博; 真弓俊彦; 平田公一; 広田昌彦; 木村康利; 川原田嘉文; 小泉勝; 伊佐地秀司; 武田和憲:
        第37回日本膵臓学会大会, 2006年
      • 下肢および下腹部手術における麻酔法選択と患者アウトカムの病院間比較
        関本美穂; 今中雄一.
        日本麻酔科学会 第53回学術集会, 2006年
      • 日本の麻酔科医業務状況に関する調査(第1報)
        川崎一良; 関本美穂; 石崎達郎; 今中雄一.
        日本麻酔科学会 第53回学術集会, 2006年
      • パネルディスカッション「高齢者胆道炎に対する治療方針」
        関本美穂,三浦文彦(座長).
        第42回腹部救急医学会総会, 2006年
      • 病院機能評価における感染制御: 医療の質と経済性のマネジメント
        今中雄一.
        第21回環境感染学会, 2006年
      • 「外科診療におけるDPC/PPSの問題点と今後の対応」実施までの経緯とその目的
        今中雄一.
        第67回日本臨床外科学会総会, 2005年
      • 認定病院からの医療事故報告の受け入れと事故防止に向けた活用について
        大道久; 矢野真; 米井昭智; 長谷川剛; 橋本廸生; 寺崎仁; 寺井美峰子; 今中雄一. 菅原浩幸; 遠矢雅史.
        第43回日本医療・病院管理学会, 2005年
      • 患者の安心と質の高い療養環境―医療機能評価結果から―
        一戸真子; 辻典明; 今中雄一. 大道久; 岩崎榮; 橋本廸生; 梅里良正; 上林三郎; 益田啓作; 戸根経夫; 竹内あい; 菅原浩幸; 遠矢雅史; 小伏寛枝; 大貫麻輝江; 馬塚美穂子; 日原亜子.
        第43回日本医療・病院管理学会, 2005年
      • 院内感染による経済的損失および予防活動に関する費用分析
        福田治久; 今中雄一.
        第7回医療マネジメント学会学術総会, 2005年
      • 「介護保険・介護サービス」
        石崎達郎.座長
        第47回日本老年社会科学会大会, 2005年
      • 入院患者の医療資源の消費に関する研究:高齢患者と非高齢患者との比較
        石崎達郎; 今中雄一. 呉銀煥.
        第47回日本老年社会科学会大会, 2005年
      • 「日本の血液透析患者におけるうつ病過少診断の可能性について-DOPPS2より」
        三原華子; 福原俊一; J.Albert; R.Pisoni; 秋澤忠男; 秋葉隆; 斎藤明; 浅野泰; F.Port; 黒川清.
        第15回日本疫学会学術総会, 2005年
      • 「社会・介護<3>」
        石崎達郎.座長
        第15回日本疫学会学術総会, 2005年
      • なぜ科学的根拠に基づく診療ガイドラインは、医師の診療を変化させることができないのか‐質的研究‐
        関本美穂,北野信子,石崎達郎,今中雄一.
        第11回ヘルスリサーチフォーラム, 2004年
      • 米国退役軍人病院および国立大学病院における患者安全対策に関する比較調査
        廣瀬昌博; 今中雄一. 足立芳子; 桑原安江.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 研修医におけるインシデントの要因に関する研究
        廣瀬昌博; 足立芳子; 今中雄一. 桑原安江.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 職種による患者安全文化の変化に関する研究―インシデントレポート報告制度における管理者意識の重要性―
        足立芳子; 廣瀬昌博; 桑原安江; 今中雄一.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 第42回日本病院管理学会学術総会: 熊本, 2004年11月5-6日
        竹内あい; 一戸真子; 伊藤弘人; 今中雄一. 梅里良正; 大道久; 大貫麻輝江; 上林三郎; 菅原浩幸; 鈴木眞弓; 日原亜子; 馬塚美穂子; 橋本廸生.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 認定病院患者安全推進協議会における患者安全推進活動の現況報告―医療用ガスに関する提言を中心に―
        遠矢雅史; 大道久; 橋本廸生; 石川澄; 一戸真子; 今中雄一. 梅里良正; 菅原浩幸; 寺井美峰子; 寺崎仁; 長谷川剛; 矢野真; 米井昭智.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 認定病院における医療事故の報告と今後の認定の運用について
        大道久; 梅里良正; 寺崎仁; 今中雄一. 橋本廸生; 菅原浩幸; 遠矢雅史; 岩崎榮.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 経営組織体としての病院の特徴と医療機能評価
        一戸真子; 竹内あい; 橋本廸生; 今中雄一. 大道久; 梅里良正; 上林三郎; 益田啓作; 菅原浩幸; 遠矢雅史; 大貫麻輝江; 小伏寛枝; 馬塚美穂子; 日原亜子.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 認定病院における医療記録の記載の現状と活用状況に関する研究
        寺崎仁; 前田幸宏; 梅里良正; 大道久; 石川澄; 今中雄一.長谷川剛; 遠矢雅史; 伊藤治雄; 横山容子.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • 医療記録を安全な医療の基盤とすべきではないか―日本医療機能評価機構・認定病院患者安全推進協議会・医療記録部会の考え方―
        石川澄; 大道久; 梅里良正; 寺崎仁; 遠矢雅史; 秋山剛; 阿部眞澄; 今中雄一. 岡田好一; 北村龍彦; 倉部直子; 重田イサ子; 鳥羽克子; 三宅裕子.
        第42回日本医療・病院管理学会, 2004年
      • ワークショップ5「救急医療における医療費包括化をめぐる諸問題」
        桑原一彰.
        第32回日本救急医学会総会・学術集会, 2004年
      • 胆道炎のEvidenceはあるのか?-既出のガイドライン検討とEvidenceの多寡-
        名郷直樹; 福井次矢; 酒井達也; 今中雄一. 関本美穂.
        第40回日本胆道学会学術集会, 2004年
      • 心臓病診療における原価と診療報酬・DPC包括評価
        今中雄一.
        第52回日本心臓病学会学術集会, 2004年
      • 包括医療(DPC), 最近の医療制度、今後5年間の見通し
        桑原一彰.
        第59回日本消化器外科学会総会, 2004年
      • 医療安全の組織システム
        今中雄一.
        日本機械学会 ROBOMEC04, 2004年
      • 外来患者の新型肺炎SARSに関する意識や受療行動に対する情報提供の影響
        石崎達郎; 今中雄一. 木津 稔; 井上彰浩; 杉江進.
        第14回日本疫学会学術総会, 2004年
      • 投薬(与薬)事故防止に関する活動報告~認定病院患者安全推進協議会の活動より~
        遠矢雅史; 石川澄; 今中雄一. 池内彩; 梅里良正; 狩俣一郎; 上林三郎; 菅原浩幸; 鈴木多門; 寺崎仁; 橋本廸生; 浜田裕二; 林田亜美子; 前田幸宏; 渡部直洋; 大道久.
        第41回日本医療・病院管理学会, 2003年
      • 認定病院患者安全推進協議会における医療事故情報の共有
        大道久; 梅里良正; 寺崎仁; 今中雄一. 石川澄; 橋本廸生; 遠矢雅史; 菅原浩幸.
        第41回日本医療・病院管理学会, 2003年
      • ホスピス緩和ケア病棟と医療機能評価
        今中雄一.
        全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会, 2003年
      • 【座長】ワークショップ:日帰り手術が可能な疾患とその問題点
        今中雄一.
        第103回日本外科学会定期学術集会, 2003年
      • 医療の質の測定
        今中雄一.
        社団法人日本麻酔科学会議第50回学術集会, 2003年
      • 満足度一般-医療の質と経済性における鍵
        今中雄一.
        第5回日本在宅医学会大会:, 2003年
      • 臨床外科育成のためのマッチングプログラムの必要性
        廣瀬昌博; 今中雄一.
        第64回日本臨床外科学会総会, 2002年
      • 病院機能評価事業の現況と課題
        菅原浩幸; 今中雄一. 小野隆明; 岩崎榮; 梅里良正; 大貫麻輝江; 大道久; 上林三郎; 竹内あい; 遠矢雅史; 橋本廸生; 馬塚美穂子.
        第39回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 医療の安全確保と病院機能評価(第Ⅱ報):自己評価調査にみる現状と課題
        遠矢雅史; 菅原浩幸; 小野隆明; 伊賀六一; 大道久; 今中雄一.
        第39回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 医療の安全確保と病院機能評価(第1報):評価体系の構築
        今中雄一. 小伏寛枝; 廣瀬昌博; 遠矢雅史; 小野隆明; 菅原浩幸; 内田卿子; 上林三郎; 児玉安司; 武田裕子; 寺崎仁; 冨田信也; 橋本廸生; 梅里良正; 大道久; 伊賀六一.
        第39回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 病院機能評価における新評価項目体系について
        大道久; 梅里良正; 今中雄一. 福田敬; 橋本廸生; 伊藤弘人; 寺崎仁; 長谷川友紀; 菅原浩幸; 遠矢雅史.
        第39回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 認定病院医療事故関連情報提供書の様式と情報管理体制の検討
        遠矢雅史; 石川澄; 今中雄一. 岩田和則; 梅里良正; 上林三郎; 菅原浩幸; 橋本廸生; 寺崎仁; 池内彩; 狩俣一郎; 大道久.
        第40回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 患者安全推進に向けた医療事故関連情報の集積と活用
        大道久; 梅里良正; 寺崎仁; 今中雄一. 石川澄; 橋本廸生; 遠矢雅史; 菅原浩幸.
        第40回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 病院機能評価結果からみる小規模・複合病院の現況と課題
        菅原浩幸; 今中雄一. 一戸真子; 小野隆明; 岩﨑榮; 梅里良正; 大貫麻輝江; 大道久; 上林三郎; 竹内あい; 遠矢雅史; 橋本廸生; 馬塚美穂子.
        第40回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 病院機能評価事業の現況と課題(2001年度)
        馬塚美穂子; 一戸真子; 今中雄一. 岩﨑榮; 梅里良正; 大貫麻輝江; 大道久; 小野隆明; 上林三郎; 菅原浩幸; 竹内あい; 遠矢雅史; 橋本廸生.
        第40回日本医療・病院管理学会, 2002年
      • 卒後臨床研修必修化に向けた消化器病学会(外科会)へ
        廣瀬昌博; 今中雄一.
        第57回日本消化器外科学会総会, 2002年
      • 患者の安全確保作業部会検討報告と患者の安全の評価について
        今中雄一.
        第5回医療機能評価フォーラム, 2002年
      • 診療ガイドラインの果たす役割と電子的診療情報の影響
        今中雄一.
        第21回医療情報連合大会(オーガナイズドセッション:情報システムにおける診療ガイドラインの活用),, 2001年
      • 医療機関の安全確保システム設計
        今中雄一.
        第30回日本医療福祉設備学会, 2001年
      • 医療の情報の標準化
        今中雄一.
        中国・四国部会第42回学術大会講演, 2001年
      • クリティカルパスの基本概念と医療における進化(シンポジウム:診療各科におけるクリティカルパスの現状と問題点) 第48回共済医学会,福岡,1999年10月20-21日抄録:共済医報,49(2):p
        今中雄一.
        第48回共済医学会, 1999年
      • Healthcare Cooperation Network Constructed Using Patient Claims Data in Japan.
        Ohki Y; Ikeda Y; Kunisawa S; Iamanaka Y
        The 10th International Conference on Complex Networks and their Applications, 2021年09月, The International Conference on Complex Networks and their Applications
      • Healthcare Accreditation and Quality Issues in Japan.
        Consultation on the Health Care Quality Improvement Network in the Asia-Pacific Region, 2012年11月, WHO and OECD
      • Determinants of quality, cost and access variation in cerebral and cardiovascular care.
        Wennberg International Collaborative, 2012年09月, The Dartmouth Institute for Health Policy and Clinical Practice
      • Practice Variation among Providers and Regions in Japan: Status, Cause and Policy
        Wennberg International Collaborative, 2011年09月, The Dartmouth Institute for Health Policy and Clinical Practice
      • Transforming COVID-19 Impact into Resilient & "Symbiotic" Health System and Healthy Society.
        Imanaka Y.
        in "Post ISQua Highlight”International Webinar by Taiwan Healthcare Quality Association., 2021年, Taiwan Healthcare Quality Association
      • Physical restraint of dementia patients in acute care hospitals during the COVID-19 pandemic: A cohort analysis in Japan. The 80th Annual
        Okuno T, Shin J, Itoshima H, Imanaka Y.
        The 80th Annual Meeting of Japanese Society of Public Health,, 2021年, Japanese Society of Public Health
      • Quantitative Evaluation of Broad-Spectrum Antibiotic Use at Hospital Level.
        Khatoun A, Shin J, Sasaki Noriko, Imanaka Y.
        The 80th Annual Meeting of Japanese Society of Public Health,, 2021年, Japanese Society of Public Health
      • COVID-19 impact on Japan healthcare system & suggestions of strategic framework for resilient societies.
        Imanaka Y.
        an invited lecture in "Bridging Japan-UK Online Symposium 2022: Reviewing the pandemic responses in Japan, UK and the rest of the world", 2022年, Nagasaki University School of Tropical Medicine and Global Health
      • Data-driven Planning for Healthy Cities. [Keynote Speaker]
        Imanaka Y.
        The 9th Global Conference of the Alliance for Healthy Cities., 2021年, The Global Conference of the Alliance for Healthy Cities.
      • COVID-19 impact on Japan healthcare system & Comparison of COVID-19 policy and measures among Taiwan, South Korea and Japan.
        Imanaka Y.
        In the Academy's Symposium: Lessons from Around the World from the COVID Pandemic for the Healthcare System. 10th of July 2021. ISQua's 37th International Conference 2021,, 2021年, ISQua
      • High intensity end-of-life care in pediatrics, adolescent and young adult (AYA) patients with cancer using an administrative database.
        Bun S, Kunisawa S, Sasaki N, Matsumoto K, Yamatani A, Imanaka Y.
        European Society for Medical Oncology,, 2019年, European Society for Medical Oncology
      • Non communicable disease prevention and happiness measures in Bhutan Mixed Methods International Research Association: MMIRA and Japan Society for Mixed Methods Research.
        Kohori-Segawa H,Dorji C, Dorji N, Wangdi U, Yangchen P, Sakamoto R, Imanaka Y.
        JSMMR 3rd Asia regional conference,, 2019年, MMIRA and Japan Society for Mixed Methods Research.
      • How much healthcare resource should be allocated per person under the sustainable insurance system?: Qualitative review from medical, economic, and ethical perspectives.
        Nakabe T, Imanaka Y.
        25th World Asscoiation for Medical Law. Tokyo,, 2019年, Waseda University
      • Visualizing organizational culture in old people’s homes and hospitals in Japan: Human interaction in the IoT era.
        Hara K, Nakabe T, Naka T, Tanaka M, Imanaka Y.
        HCI international 2019,, 2019年
      • Trajectory of End-of-Life Medical and Long-Term Care Costs in Japanese Elderly: Analysis of a Large-Scale Linked Claims Database.
        Teraoka E, Imanaka Y. Kunisawa S.
        WONCA APR Conference 2019,, 2019年
      • A qualitative study on knowledge, perception and practice related to Non-Communicable Diseases in relation to Happiness among rural and urban residents in Bhutan.
        Kohori-Segawa H, Chencho D, Kunzang D, Ugyen W, Chimi D, Yankha D, Patou M, Teeranee T, Sonia Pilar S, Sakamoto R, Kihara Ono-M, Kihara M, Imanaka Y.
        The18th Science Council of Asia Conference“Role of Science for Society: Strategies towards SDGs in Asia”, 2018年
      • End of Life Care in Bhutan in the context of rapid social changes and the cultural value of happiness.
        Kohori-Segawa H, Chencho D, Kunzang D, Ugyen W, Chimi D, Yankha D, Patou M, Teeranee T, Sonia Pilar S, Sakamoto R, Imanaka Y, Ono-Kihara M, Kihara M.
        The 33rd Congress of Japan Association for International Health., 2018年
      • The concordance with antiemetic guideline for pediatric, adolescent and young adult (AYA) patients with cancer using a large-scale administrative database.
        Bun S, Kunisawa S, Sasaki N, Fushimi K, Matsumoto K, Yamatani A, Imanaka Y.
        The ESMO 2018 Congress:, 2018年
      • Predicting mortality based on the database combining health and long-term care: An indicator of quality in community integrated care systems.
        Lin HR, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 35th International Conference,, 2018年
      • Differences in the use of information technology infrastructure and clinical practice guidelines for evidence-based practice among physician subgroups.
        Sasaki N, Okumura A., Yamaguchi N, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 35th International Conference,, 2018年
      • Impact of oral voriconazole as prophylaxis during intensive chemotherapy for adult patients with acute myeloid leukemia: a retrospective cohort study using real world data of Japanese administrative database.
        Tsutsumi I, Yoshida C, Seki M, Komeno T,Kunisawa S, Fushimi K, Imanaka Y.
        59th ASH Annual Meeting and Exposition,, 2017年
      • Cost-effectiveness of Second-line Endocrine Therapies in Postmenopausal Hormone Receptor-positive and Human Epidermal Growth Factor Receptor 2-negative Metastatic Breast Cancer in Japan.
        Lertjanyakun V, Chaiyakunapruk N, Kunisawa S, Imanaka Y.
        2017 Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers,, 2017年
      • International comparison of organized activities to promote practice guideline implementation.
        Sasaki N, Okumura A, Yamaguchi N, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 34th International Conference,, 2017年
      • A Cross Country Comparison of Characteristics and Health Care Use of High-Cost Patients.
        Tanke M,Feyman Y, Meyer GS, Jha A, Schull M, Wodchis W, Steventon A, Barker I, Deeny S, Jeurissen P, Wammes J, Pimperl A, Schulte T,Lange L, Groene O, Berna-Delgado E, Sasaki N, Imanaka Y. Kunisawa S.
        Wennberg International Collaborative Fall Research Meeting,, 2017年
      • Informal care cost and out-of-pocket payment to support people with dementia: their micro-level determinants in a large sample survey in Japan.
        Nakabe T, Sasaki N, Uematsu H, Kunisawa S, Wimo A, Imanaka Y.
        32nd International Conference of Alzheimer’s Disease International,, 2017年
      • Disease Burden of Antimicrobial-Resistant Infections in Japanese Inpatients.
        Uematsu H, Kazuto Y, Kunisawa S, Fushimi K, Imanaka Y.
        2016 Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers,, 2016年
      • Physician geographic distribution in Japan : is it improving or worsening when healthcare is adjusted?
        Hara K, Imanaka Y.
        2016 Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers,, 2016年
      • Informal care costs and out-of-pocket payments for dementia care in Japan.
        Nakabe T, Sasaki N, Uematsu H, Kunisawa S, Wimo A, Imanaka Y.
        2016 Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers,, 2016年
      • Economic and clinical burden of antimicrobial-resistant infections in Japanese inpatients.
        Uematsu H, Kazuto Y, Kunisawa S, Fushimi K, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 33rd International Conference,, 2016年
      • The effects of the number of ambulance request calls to hospitals on ambulance transportation times.
        Hanaki N, Yamashita K, Kunisawa S, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 33rd International Conference,, 2016年
      • Physician geographic distribution in Japan: is it improving or worsening when healthcare demand is adjusted?
        Hara K, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 33rd International Conference,, 2016年
      • Measuring regional variations in inpatient care and outcome for acute ischemic stroke: applications of Japan’s national claims database.
        Otsubo T, Kunisawa S, Sasaki N, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 33rd International Conference,, 2016年
      • Hospital information technology infrastructure affects quality of care.
        Sasaki N, Okumura A, Yamaguchi N, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 33rd International Conference,, 2016年
      • Regional variations in tissue Plasminogen Activator utilization for acute ischemic stroke patients and physician density in Japan.
        Otsubo T, Imanaka Y.
        Wennberg International Collaborative Fall Research Meeting,, 2016年
      • Preferences in end of life care substantially differ between the Netherlands and Japan.
        Groenewoud S, Sasaki N, Westert G, Imanaka Y.
        Wennberg International Collaborative Fall Research Meeting,, 2016年
      • Public needs for information disclosure on healthcare performance: comparison between Japan and the Netherlands.
        Sasaki N, Groenewoud S, Kunisawa S, Westert G, Imanaka Y.
        Wennberg International Collaborative Fall Research Meeting,, 2016年
      • Variation of data source used for baseline population and for natural course of alzheimer's disease progression in model-based economic evaluation of treatment of AD.
        Lertjanyakun V, Kunisawa S, Imanaka Y.
        ISPOR 7th Asia-Pacific Conference,, 2016年
      • Designing and Developing Comparative Database of Regional Healthcare Plans in Japan.
        Nakabe T, Imanaka Y.
        Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers,, 2015年
      • Correlates of Perceived Performance of "Community-Based Integrated Care" System.
        Hara K, Kuroki M, Imanaka Y.
        Kyoto Global Conference for Rising Public Health Researchers,, 2015年
      • Hospital Infrastructure of Information Technology and Physician Use of Clinical Practice Guidelines.
        Sasaki N, Imanaka Y. Okumura A, Yamaguchi N.
        The International Society for Quality in Health Care 32nd International Conference,, 2015年
      • Application of Machine Learning in Predicting Risk Factors of Care Needs Level Deterioration among Elderly with Dementia.
        Lin H, Lo C, Otsubo T, Imanaka Y.
        The Fifth National Conference on Web Intelligence and Applications,, 2015年
      • Current Practice of Mechanically Ventilated Patients Treated Outside the ICU in Japan
        Iwashita Y, Yamashita K, Ikai H, Sanui M, Imai H, Imanaka Y.
        44th Critical Care Congress (Society of Critical Care Medicine), Phoenix,, 2015年
      • Healthcare Quality and Economics in Japan:Visualization and Reform.
        Imanaka Y.
        The 5th Korea Healthcare Congress 2014,, 2014年
      • How to balance the health care needs and the regional system & "The Importance of databases".
        Imanaka Y.
        OECD Reviews of Health Care Quality: JAPAN., 2014年
      • Disease-specific evidence of higher quality of care in accredited hospitals: In the case of acute heart failure.
        Imanaka Y. Sasaki N, Ikai H, Yamaguchi N.
        The International Society for Quality in Health Care 31th International Conference,, 2014年
      • Which really impacts the quality of care for acute heart failure? Hospital case volume or cardiologist team size?
        Sasaki N, Ikai H, Fushimi K, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 31th International Conference,, 2014年
      • Variation in Mechanism of Variation in Quality of Care: Towards Evidence-Informed Policy & System Design.
        Imanaka Y.
        Wennberg International Collaborative,, 2014年
      • Association between long-term care service use, dementia, and the deterioration of care-needs levels among the elderly in Japan.
        Lin H, Otsubo T, Imanaka Y.
        The 10th World Congress of the International Health Economics Association,, 2014年
      • Multicenter study of organizational culture and efficiency indicators of hospital management.
        Morishima T, Tanaka M, Ukawa N, Otsubo T, Ikai H, Imanaka Y.
        The 10th World Congress of the International Health Economics Association,, 2014年
      • Case volume or resource volume, which really matters? Looking into mechanisms of variation in quality of health care.
        Imanaka Y. Otsubo T, Park S, Lee J, Sasaki N.
        Wennberg International Collaborative., 2013年
      • Is a quality indicator biased by a cold climate? - In-hospital mortality in acute heart failure patients.
        Imanaka Y. Sugawara H, Kawakita H.
        The International Society for Quality in Health Care 30th International Conference,, 2013年
      • Is a quality indicator biased by a cold climate? - In-hospital mortality in acute heart failure patients.
        Sasaki N, Ikai H, Fushimi K, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 30th International Conference,, 2013年
      • Accreditation 3.0: The journey for “Sustainability Quality.”
        Imanaka Y.
        Healthcare Accreditation Forum for Asian Countries, 2013年
      • Patient-Oriented Costing by Function Tracing: Theoretical Development and Practical Application.
        Tanaka M, Otsubo T, Park S, Morishima T, Lee J, Hayashida K, Imanaka Y.
        The 9th World Congress of the International Health Economics Association,, 2013年
      • The effects of cardiologist supply on mortality, healthcare spending, and length of stay: Evidence from acute myocardial infarction patients in Japan.
        Park S, Lee J, Ikai H, Otsubo T, Imanaka Y.
        The 9th World Congress of the International Health Economics Association,, 2013年
      • The casemix classification system in Japan: database for quality, costing, planning, and payment.
        Imanaka Y.
        International Symposium of DRG,, 2013年
      • Development of Patient-Oriented Costing System by Function Tracing.
        Tanaka M, Otsubo T, Hayashida K, Lee J, Imanaka Y.
        The 13th Annual Conference of the Asian Academic Accounting Association,, 2012年
      • The effects of weekend and after-hours admissions on mortality in acute myocardial infarction patients in Japan.
        Otsubo T, Lee J, Ikai H, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 29th International Conference,, 2012年
      • Quality and Costs of Health Care for Acute Stroke in Japan.
        Lee J, Otsubo T, Imanaka Y.
        The International Society for Quality in Health Care 29th International Conference,, 2012年
      • Impact and future of healthcare accreditation: fifteen-year achievement of JCQHC (Japan Council For Quality Health Care).
        Imanaka Y. Hashimoto M, Hasegawa T, Kawakita H and Healthcare Accreditation Working Group.
        The International Society for Quality in Health Care 29th International Conference,, 2012年
      • The Importance of Ambulance Utilization in the Administration of Tissue Plasminogen Activator to Acute Ischemic Stroke Patients.
        Kunisawa S, Lee J, Otsubo T, Ikai H, Imanaka Y.
        The 28th Patient Classification Systems International Conference,, 2012年
      • The Association between Quality of Care and Hospital Spending in Patients with Acute Myocardial Infarction: Evidence from Japan.
        Park S, Lee J, Ikai H, Otsubo T, Ukawa N, Imanaka Y.
        The 4th Biennial Conference of the American Society of Health Economists,, 2012年
      • Cost-effectiveness of omalizumab for the treatment of adults with moderate to severe persistent asthma: results from a randomized controlled trial in Japan.
        Morishima T, Ikai H, Imanaka Y.
        The 33rd Annual Meeting of the Society for Medical Decision Making,, 2011年
      • Estimation of the Cost of Hospital-Acquired Infections in Gastrectomy Patients: An Exploration of Methodology.
        Lee J, Imanaka Y.
        The 27th Patient Classification Systems International Conference,, 2011年
      • The Change of Diagnostic and Treatment Patterns of Acute Cholangitis in Japan from 2004 to 2009 -The inspection in using of administrative data for impact of the clinical guideline.
        Okuma K, Sekimoto M, Imanaka Y.
        9th Congress of European Hepato-Pancreato-Biliary Association,, 2011年
      • The validation of a novel method for identifying healthcare-associated infections.
        Lee J, Imanaka Y. Sekimoto M, Nishikawa H, Ikai H, Motohashi T.
        ISPOR 4th Asia-Pacific Conference,, 2010年
      • Physician Staffing Patterns and Costs of Septic Patients in Intensive Care Units.
        Umegaki T, Sekimoto M, Imanaka Y.
        25th PCSI Conference,, 2009年
      • Institutional Structures and Process of Care Associated with The Length of Hospital Stay in Elderly Patients with Hip Fractures.
        Motohashi T, Sekimoto M, Imanaka Y.
        -Analysis of Diagnosis Procedure Combination(DPC) Data-. 25th PCSI Conference,, 2009年
      • Development of a method for assessing operation room management based on Diagnosis Procedure Combination E and F-File data.
        Tanaka M, Sekimoto M, Imanaka Y.
        25th PCSI Conference,, 2009年
      • Determinants of ratio of charge to cost based on a patient classification cost database: the case of percutaneous coronary intervention and gastrectomy.
        Otsubo T, Imanaka Y. Lee J, Hayashida K, Matsuda S.
        25th PCSI Conference,, 2009年
      • Risk-adjusted assessment of blood product use in acute-care hospitals in Japan: an analysis using administrative data.
        Sekimoto M, Imanaka Y. Shirai T, Sasaki H, et al.
        25th PCSI Conference,, 2009年
      • Comparison Among Three Teaching Hospitals In Japan Regarding Incident Reports Including Drug Names.
        Hirose M, Takemura T, Oh EH, Egami K, Shima H, Imanaka Y. Kuroda T, Yoshihara H.
        ISPOR 12th Annual European Congress,, 2009年
      • Economics and Policy on Quality of Care in Japan.
        Imanaka Y.
        Workshop on Public Health: Health Policy,Legal Issues and Trade., 2009年
      • Change in the use of breast conserving surgery before and after guideline publication in Japan.
        Fukuda H, Imanaka Y. Ishizaki T.
        In proceedings of the 13th Annual Meeting on International Society For Pharmacoeconomics & Outcome Research:, 2008年
      • Evaluation of the impact of patient safety activities on the number of voluntary incident reports at teaching hospitals in Japan.
        Fukuda H, Imanaka Y. Hirose M, Hayashida K.
        In proceedings of the 13th Annual Meeting on International Society For Pharmacoeconomics & Outcome Research:, 2008年
      • Refinement of the Diagnosis Procedure Combination Payment System.
        Kuwabara K, Matsuda S, Imanaka Y. Fushimi K, Hashimoto H, Ishikawa K.B, Horiguchi H, Anan M, Hayashida K., Fujimori K., Ikeda S.
        The 23rd Patient Classification Systems International Conference,, 2007年
      • Building a large-scale data warehouse for episode of care analysis.
        Ishikawa KB, Fushimi K, Hashimoto H, Horiguchi H, Kuwabara K, Imanaka Y. Hayashida K, Anan M, Matsuda S.
        The 23rd Patient Classification Systems International Conference,, 2007年
      • Correlating ICD-10 Coding with DPC Coding in Japan.
        Anan M, Kuwabara K, Hisatomi Y, Fushimi K, Hashimoto H, Imanaka Y. Hayashida K, Horiguchi H, Ishikawa KB, Matsuda S, Fujimori K, Ikeda S, Akioka M, Shibata M.
        The 23rd Patient Classification Systems International Conference,, 2007年
      • Supply-demand balance and diffusion of high-cost medical devices in Japan: an estimation based on casemix classification.
        Otsubo T, Hayashida K, Imanaka Y.
        The 23rd Patient Classification Systems International Conference,, 2007年
      • Assessment of Intensive Care Unit (ICU) functionality by patient acuity in Japan: A pilot study.
        Hayashida K, Imanaka Y.Murakami G, Otsubo T,
        The 23rd Patient Classification Systems International Conference,, 2007年
      • Accreditation Impact on Healthcare Quality:Evidence and Economics.
        Imanaka Y.
        International Hospital Federation 35th World Hopital Congress., 2007年
      • Development and validation of the hospital safety culture questionnaire.
        Kobuse H, Imanaka Y, Murakami G, Ishizaki T, Sekimoto M, Hirose M, Hayashida K.
        The 24th International Conference on International Society for Quality in Health Care,, 2007年
      • Relationship between the system design of incident reporting and the number of reports.
        Fukuda H, Hirose M, Imanaka Y. Hayashida K.
        The 24th International Conference on International Society for Quality in Health Care,, 2007年
      • The annual activity volume and manpower cost for incident reporting systems in eight Japanese acute care teaching hospitals.
        Hayashida K, Imanaka Y. Fukuda H.
        The 24th International Conference on International Society for Quality in Health Care,, 2007年
      • Automatic classification of Incident reports based on Examples of Words in reports: Using Machine Learning Technique of Natural Language Processing.
        Takemura T, Hirose M, Okamoto K, Kuroda T, Imanaka Y. Ishizaki T, Yoshihara H.
        ISQua’s 23rd International Conference,, 2006年
      • Lagtime in incident reporting at a university hospital in Japan.
        Hirose M, Gawande AA, Lipsita S, Takemura T, Yoshihara H, Ishizaki T, Oh EH, Imanaka Y.
        ISQua’s 23rd International Conference,, 2006年
      • Economic effects of financial incentives on the medical safety countermeasure in Japan: In terms of health care expenditure.
        Oh EH, Hirose M, Takemura T, Yoshihara H, Ishizaki T, Imanaka Y.
        ISQua’s 23rd International Conference,, 2006年
      • The number of incident reports and the volume of human resources for patient safety.
        Fukuda H, Imanaka Y. Hayashida K.
        ISQua’s 23rd International Conference,, 2006年
      • How do you answer the question? Does Accreditation improve the Quality of Care?
        Imanaka Y.
        ISQua Accreditation Symposium., 2006年
      • DPC PORTFOLIO SUITE.
        Ishikawa KB, Fushimi K, Hashimoto H, Horiguchi H, Kuwabara K, Imanaka Y. Hayashida K, Anan M, Hisatomi Y, Ueda K, Matsuda S.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • CODING PATTERNS IN THE CASES WITH COEXISTING CONDITIONS UNDER THE JAPANESE CASE MIX SYSTEM.
        Horiguchi H, Hashimoto H, Anan M, Akioka M, Kuwabara K, Fushimi K, Ishikawa KB, Imanaka Y. Hayashida K, Hisatomi Y, Ueda K, Matsuda S.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • JAPAN CASE MIX PROJECT ? A TRIAL OF DPC BASED HOSPITAL MANAGEMENT BY BSC -.
        Matsuda S, Fushimi K, Hashimoto H, Imanaka Y. Kuwabara K, Horiguchi H, Ishikawa KB, Anan M, Hayashida K, Fujimori K.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • ICD10 CODE MODIFICATION CORRESPONDING TO DPC SYSTEM IN JAPAN.
        Anan M, Kuwabara K, Hisatomi Y, Fushimi K, Hashimoto H, Imanaka Y. Hayashida K, Horiguchi H, Ishikawa KB, Akioka M, Ueda K, Matsuda S.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • JAPAN CASE MIX PROJECT ? A TRIAL OF DPC BASED CLINICAL STUDY.
        Matsuda S, Fushimi K, Hashimoto H, Imanaka Y. Kuwabara K, Horiguchi H, Ishikawa KB, Anan M, Hayashida K, Fujimori K.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • Assessment of clinical process variance by DPC administrative data.
        Fushimi K., Ishikawa KB, Hashimoto H., Horiguchi H., Kuwabara K, Imanaka Y. Hayashida K, Anan M, Akioka M, Hisatomi Y, Ueda K, Matsuda S.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • The Japanese casemix classification project: The development and analysis of a cost database.
        Hayashida K, Imanaka Y. Otsubo T, Fukuda T, Kuwabara K, Matsuda S, Fushimi K, Ishikawa KB, Hashimoto H, Horiguchi H, Anan B.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • Cost versus price in the Japanese payment system through hospital patient casemix classification.
        Imanaka Y. Hayashida K. Fukuda H, Otsubo T, Kuwabara K, Matsuda S, Fushimi K, Ishikawa KB, Hashimoto H, Horiguchi H, Anan B.
        The 22nd Patient Classification Systems International Conference,, 2006年
      • Tokyo Guidelines: Reach a global consensus on the management of acute cholangitis and cholecystitis.
        Sekimoto M.
        International Consensus Meeting for the Management of Acute Cholecystitis and Cholangitis., 2006年
      • Impact of hospital accreditation on infection control programs in teaching hospitals in Japan.
        Sekimoto M.
        . ISQua’s 22nd International Conference,, 2005年
      • Manpower costs to maintain the quality system of a hospital: A case of infection control and prevention.
        Fukuda H.
        ISQua’s 22nd International Conference,, 2005年
      • Influence of organisational culture on evidence-based practices in infection control and prevention in Japanese teaching hospitals.
        Kobuse H.
        ISQua’s 22nd International Conference,, 2005年
      • By extracting “Key Words” from incident reports about medication errors by profession at a national university hospital in Japan.
        Hirose M, Takemura T, Adachi Y, Kuwabara Y, Imanaka Y, Kuroda T, and Yoshihara H.
        ISQua’s 22nd International Conference,, 2005年
      • Manpower costs to maintain the quality system of a hospital: A case of infection control and prevention.
        Fukuda H, Imanaka Y, Sekimoto M, Mihara H, Hayashida K.
        In proceedings of the 22nd International Conference on International Society for Quality in Health Care:, 2005年
      • Need of Practice Pattern Information Disclosure for Primary Physicians: In case of Myoma Uteri.
        Mihara H, Imanaka Y, Ishizaki T, Sekimoto m.
        World Organization of Family Doctors(WONCA),, 2005年
      • Patient Safety System in Japan and Experience Sharing.
        Hirose M.
        2004 Department of Health Taipei City Government Patient Safety Symposium,, 2004年
      • Profiling hospital performance of laparoscopic cholecystectomy based on administrative data.
        Hirose M, Imanaka Y, Ishizaki T, and Evans E.
        The 20th ISQua International Conference on Quality in Health Care,, 2003年
      • Practice variation in perioperative antibiotic prophylaxis in Japan.
        Sekimoto M, Imanaka Y.
        The 20th ISQua International Conference on Quality in Health Care,, 2003年
      • Gaps in patient safety culture change by professions: observations from the incident reporting system at a national university hospital.
        Hirose M, Adachi Y, Kuwabara Y, Tanaka K, Imanaka Y, Ishizaki T, Evans E.
        The 21th International Conference of the International Society for Quality in Health Care,, 2004年
      • Determinants of the diffusion of CT and MRI.
        Oh E, Imanaka Y.
        2004 HTAi [Health Technology Assessment International] Annual Meeting,, 2004年
      • Macro and micro costing of atherosclerosis-related diseases in the Japanese health care system.
        Imanaka Y.
        The XIIIth International Symposium on Atherosclerosis, 2003年
      • The pharmaceutical market of Japan: A balance of trade.
        Oh E, Imanaka Y and Ishizaki T.
        International Society for Pharmacoeconomics and Outcomes Research 1st Asia-Pacific Conference,, 2003年
      • Impact of payment systems on the diffusion of medical technology.
        Oh E, Imanaka Y, Ishizaki T, Hayashida K.
        The 19th International Meeting of the International Society for Technology Assessment in Health Care. Canmore:, 2003年
      • Validation of a theory-based costing methodology through simulation in a virtual hospital: Towards a standardized model of patient-level costing with two-dimensional components.
        Imanaka Y, Hayashida K, Nakatani I, Kuwabara K.
        The 4th World Congress of International Health Economics Association., 2003年
      • What we have misunderstood of the high rate of out-of-pocket payments in health care systems.
        Oh E, Imanaka Y, Ishizaki T.
        International Society for Pharmacoeconomics and Outcome Research 8th Internationa Meeting,, 2003年
      • Hospital Accreditation System in Japan and how it focuses on the patient safety and patient centered.
        Imanaka Y.
        Taiwan Joint Commission on Accreditation of Hospitals., 2003年
      • Quality Improvement in Health Care in Japan.
        Imanaka Y.
        Taiwan Department of Health., 2003年
      • OECD NEHRT Meeting.
        Imanaka Y.
        OECD NEHRT Meeting., 2003年
      • The association of comorbidity with hospital use among hip fracture patients in Japan.
        Ishizaki T, Imanaka Y, Oh E.
        55th Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America., 2002年
      • Towards effective development of healthcare accreditation standards: Experience of Japan Council for Quality Health Care.
        Imanaka Y.
        ISQua International Conference,, 2002年
      • OECD ARD Final Meeting.
        Imanaka Y.
        OECD ARD Final Meeting., 2002年
      • Global Study on experiences in hospital sector reform in Western Pacific Region.
        Imanaka Y.
        Second consultative meeting of principal investigators. WHO Expert Consultative Meeting,, 2002年
      • Methodology.
        Imanaka Y.
        APEC Conference., 2002年
      • Accreditation in Japan.
        Imanaka Y.
        APEC Conference., 2002年
      • Towards effective development of healthcare accreditation standards: Experience of Japan Council for Quality Health Care.
        Imanaka Y.
        ISQua International Conference,, 2002年
      • Treatment, cost and outcomes of stroke in Japan.
        Imanaka Y.
        Expert conference for OECD study of cross-national differences in the treatment,cost and outcomes of stroke,, 2000年
      • Treatment, cost and outcomes of breast cancer in Japan.
        Imanaka Y.
        Expert conference for OECD study of cross-national differences in the treatment,cost and outcomes of breast cancer,, 2000年
      • Treatment, cost and outcomes of ischaemic heart disease in Japan.
        Imanaka Y.
        Expert conference for OECD study of cross-national differences in the treatment,cost and outcomes of ischaemic heart disease., 2000年
      • Technology in acute myocardial infarction in Japan.
        Imanaka Y. Ishizaki T.
        Technological Change in Healthcare (TECH) Network - 2nd International Conference. Stanford:, 2000年
      • Hospital Learning Process.Workshop for New and Emerging Accreditation Programs,
        Imanaka Y.
        The International Society for Quality In Health Care 18th International Conference,, 2000年
      • Technology and epidemiology of hip fracture in Japan.
        Imanaka Y. Oh E, Ishizaki T.
        Technological Change in Healthcare (TECH) Network - Hip Fracture Project. Hawaii:, 2000年
      • Sources of resource use variation in coronary interventions in Japanese hospitals.
        Imanaka Y, Ishizaki T, Kuwabara K.
        International Society for Quality in Health Care 19th International Conference., 2001年
      • Resource Use Variation in Hospital Care for Breast Cancer in Japan.[presented by Ishizaki T]
        Imanaka Y, Ogawa T, Ishizaki T, Ishikawa KB, Yamaguchi N, Kameda T.
        International Health Economics Association Third International Conference., 2001年
      • Patient safety and healthcare accreditation.
        Imanaka Y.
        Patient Safety Symposium in International Society of Quality of Life Research 1st Pan-Pacific Conference,, 2001年
      • Integration of accreditation, ISO9001 and management quality award frameworks into a medical center: Realization of universal model.
        Imanaka Y.
        International Society for Quality in Health Care 18th International Conference,, 2000年
      • Global Study on experiences in hospital sector reform
        Imanaka Y.
        First consultative meeting of Principal investigators.

      書籍等出版物

      • 超高齢社会の未来まちづくり ~持続的に発展する地域とライフサポート~.
        京都大学超高齢社会デザイン価値創造ユニット 編集, 共著
        2021年03月, 査読無し
      • 安心して暮らせるまちづくりに向けて 高齢者と介護をめぐるトラブルとリスク.
        京都大学超高齢社会デザイン価値創造ユニット 編集, 共著
        2021年03月, 査読無し
      • NEW予防医学・公衆衛生学 改訂第4版
        岸玲子監修、小泉昭夫/馬場園明/今中雄一/武林亨編, 編者(編著者)
        南江堂, 2018年, 査読無し
      • ヘルスサービスリサーチ入門 = HEALTH SERVICES RESEARCH : 生活と調和した医療のために.
        今中 雄一, 共著, 医療制度の設計.
        東京大学出版会, 2017年12月, 査読無し
      • Variations in Healthcare Spending and Quality among Institutions.
        Otsubo T; Imanaka Y; Morishima T; Sasaki N; Park S; Lee J
        In Handbook of Health Services Research:. Sobolev B, Eds.; Springer Reference, 2014年, 査読無し
      • シリーズ生命倫理学編集委員会 編. シリーズ生命倫理学 17.
        今中 雄一, 共著, 医療制度・医療政策・医療経済.
        丸善出版, 2013年02月, 査読無し
      • 診療情報による医療評価 DPCデータから見る医療の質.
        今中雄一, 共著, 第3章 医療の質の可視化―評価とマネジメントへの展開.
        財団法人東京大学出版会, 2012年, 査読無し
      • 診療情報による医療評価 DPCデータから見る医療の質.
        今中雄一,松田晋哉,伏見清秀, 共著, 第1章 医療データの標準化―医療の質の向上に向けて.
        財団法人東京大学出版会, 2012年, 査読無し
      • [最新医学別冊新しい診断と治療のABC 71].
        大隈和英、Jason Lee、猪飼宏、大坪徹也、今中雄一, 共著, 胆石症・胆道炎・胆道がん.第2章 胆道炎(胆嚢炎・胆管炎)医療経済学の観点から.
        最新医学社, 2011年, 査読無し
      • 社会保障と経済3 社会サービスと地域.
        今中雄一, 共著, 医療従事者問題と医療制度.
        財団法人東京大学出版会, 2010年, 査読無し
      • 京都府 あんしん医療制度研究会 報告書
        あんしん医療制度研究会; 長; 今中雄一
        京都府国民健康保険団体連合会, 2010年03月, 査読無し
      • 講座 医療経済・政策学 第3巻.
        今中雄一, 共著, 医療の質と原価の評価 ―根拠に基づく医療提供制度の設計・経営・政策に向けて.
        勁草書房, 2006年, 査読無し
      • 医療経営白書2006年度版.
        今中雄一, 共著, 2006年度診療報酬改定の分析と医療経営・医療政策の展望.
        日本医療企画, 2006年, 査読無し
      • NEW予防医学・公衆衛生学 改訂第2版.
        今中雄一, 共著, 医療の質の評価.
        南江堂, 2006年, 査読無し
      • 診療情報の管理第3版.
        今中雄一, 共著, 医療の経済・質と診療情報.
        医学書院, 2005年, 査読無し
      • 診療情報の管理第3版.
        今中雄一,星野佳子, 共著, 用語解説.
        医学書院, 2005年, 査読無し
      • 診療情報の管理第3版.
        今中雄一,星野佳子, 共著, 診療情報の電子化.
        医学書院, 2005年, 査読無し
      • 診療情報の管理第3版.
        今中雄一,星野佳子, 共著, クリティカルパスと診療情報.
        医学書院, 2005年, 査読無し
      • DPCと病院マネジメント.
        桑原一彰,今中雄一,松田晋哉, 共著, DPCとコーディング.
        じほう, 2005年, 査読無し
      • DPCと病院マネジメント.
        今中雄一, 共著, 医療の原価計算と経営・政策.
        じほう, 2005年, 査読無し
      • 薬剤師のための感染制御マニュアル.
        福田治久,今中雄一, 共著, 病院感染対策の経済性.
        薬事日報社, 2005年, 査読無し
      • ホスピス・緩和ケア白書2005
        小伏寛枝,西立野研二,今中雄一, 共著, 医療機能評価とホスピス・緩和ケア病棟.
        2005年, 査読無し
      • 医療白書2005年版.
        村上玄樹,今中雄一, 共著, 医療のIT化と経済性.
        日本医療企画, 2005年, 査読無し
      • 日経病院ランキング.
        今中 雄一, 共著, 私はこうみる自己評価に調査の限界.
        日本経済新聞社, 2004年06月, 査読無し
      • 外科病棟・手術室におけるリスクマネジメント.
        廣瀬昌博; 田中紘一, 外科病棟・手術室におけるリスクマネジメント
        中外医学社, 2004年, 査読無し
      • 電子カルテが医療を変える(第二版).
        今中雄一, 共著, 電子カルテとクリティカルパス.
        2003年, 査読無し
      • 電子カルテが医療を変える(第二版).
        今中雄一, 共著, 医療革新時代の診療報酬、医療評価と電子カルテ.
        日経BP社, 2003年, 査読無し
      • 医業経営用語事典.
        分担著(今中雄一他), 共著, EBM(根拠に基づいた医療).
        日本出版, 2003年, 査読無し
      • 21世紀の医療と診断群分類-DPCの実践とその可能性-.
        今中雄一, 共著, 患者別・診断群分類別原価計算の標準的な方法論の開発.
        じほう, 2003年, 査読無し
      • 21世紀の医療と診断群分類-DPCの実践とその可能性-.
        桑原一彰,今中雄一, 共著, DPCと外科診療.
        じほう, 2003年, 査読無し
      • 社会医学用語事典
        今中雄一, 共著
        朝倉書店, 2002年06月
      • 病院機能評価統合版新評価項目解説集.
        共著(今中雄一他), 共著
        財団法人日本医療機能評価機構, 2002年, 査読無し
      • 変革の時代の医療と病院経営
        今中 雄一, 共著, 医療機能評価と組織経営.
        2001年, 査読無し
      • 医療・病院管理用語事典[改訂版] .
        日本病院管理学会情報・用語委員会編.分担著(今中雄一他), 共著
        エルゼビア・サイエンス・ミクス, 2001年, 査読無し
      • 医療制度・医療政策・医療経済
        今中雄一; 大日康史
        丸善出版, 2013年02月28日, 査読無し
      • DPCデータにみる医療の質の指標化と改善
        今中雄一監修
        南山堂, 2011年, 査読無し
      • 「病院」の教科書 : 知っておきたい組織と機能
        今中雄一, 編者(編著者)
        医学書院, 2010年07月
      • 医療安全のエビデンス : 患者を守る実践方策
        今中, 雄一; 京都大学大学院医学研究科医療経済学教室; United States. Agency for Healthcare Research and Quality
        医学書院, 2005年04月
      • 医療の原価計算―患者別・診断群分類別コスティング・マニュアルと理論
        今中雄一
        社会保険研究所, 2003年
      • データで変える病院経営
        後藤 隆久・原 広司・田中 利樹・黒木 淳・今中 雄一編著
        中央経済社, 2022年04月04日, 査読無し

      産業財産権

      • 特許5076095, 患者別医療原価算出システム及び患者別医療原価算出プログラム
        今中雄一

      受賞

      • 1996年
        International Society for Quality in Health Care 1996 -Special Prize in Academic Presentation
      • 1999年
        16th International Conference of the International Society for Quality in Health Care 1999- Asia Day Leader
      • 1999年
        第一回川井記念賞 (共同 1999) (厚生統計協会)

      外部資金:科学研究費補助金

      • 保健医療介護の資源・過程・費用と健康成果における地域システム格差の要因構造の解明
        基盤研究(A)
        中区分58:社会医学、看護学およびその関連分野
        京都大学
        今中 雄一
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        地域の医療の質;地域の介護の質;健康寿命;平均自立期間;健康・医療・介護の地域システム;医療介護資源;医療介護費用;拠点化と連携強化
      • 死別悲嘆の医療福祉負荷とその要因解明:大規模日本追跡調査及び国際比較
        基盤研究(A)
        中区分58:社会医学、看護学およびその関連分野
        京都大学
        BECKER CARL.B
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        死生観;悲嘆;高齢社会;死別;医療;国際比較;医療費;国際;医療委;死別悲嘆;保健福祉;葬儀
      • 超高齢社会の医療介護における地域格差の構造と資源制約下の持続可能なシステム最適化
        基盤研究(A)
        京都大学
        今中 雄一
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        医療介護システムデザイン;医療経済学;医療・介護・保健;情報システム;まちづくり;医療の質;介護の質;地域格差
      • 大規模医療データのための統合的情報解析技術の開発
        基盤研究(B)
        熊本大学
        櫻井 保志
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        医療情報;時系列解析;予測;医療情報解析;時系列データマイニング;ビッグデータ;データマイニング
      • 感染防止対策加算算定病院の感染対策の整備状況および地域連携に関する実態調査
        基盤研究(C)
        島根大学
        西村 信弘
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        感染対策防止加算;ICT;感染制御;地域連携ネットワーク;感染防止対策加算;抗菌薬適正使用;地域連携;感染対策;診療報酬
      • 医療保健介護システムの資源配備と質・アクセス・費用との関係及びその媒介要因
        基盤研究(A)
        京都大学
        今中 雄一
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        医療経済学;医療システム;医療の質;医療資源;医療評価学;医療介護政策;地域包括ケア;ビッグデータ
      • 医療安全文化醸成度の可視的指標の開発と検証に関する研究
        挑戦的萌芽研究
        島根大学
        廣瀬 昌博
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        リスクマネジメント;医療安全文化;医療従事者;醸成度;可視的指標;Lag time;医療従事医者
      • インシデントレポートによるリスクコスト算出の精緻化と自動化に関する研究
        基盤研究(B)
        島根大学
        廣瀬 昌博
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        リスクマネジメント;インシデントレポート;有害事象;リスクコスト;医事データ;診療報酬;病院管理;事象分類法;精緻化と自動化
      • 医療・保健・介護資源の地域システムにおける連携・効果・効率・公正の評価と要因分析
        基盤研究(A)
        京都大学
        今中 雄一
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        医療経済学;医療システム評価学;医療・福祉;情報システム;社会医学;医療の質・安全;医療の効率;医療の公正性;医療の公平性
      • 医療者のマンパワー・労働量・診療体制と診療パフォーマンスの関係
        基盤研究(C)
        東京大学
        関本 美穂
        完了
        ヘルスマンパワー;アウトカム評価;輸血管理;感染管理;抗菌薬;血液製剤;プロセス評価;組織効率;集中治療;在院日数;脳梗塞;リハビリテーション
      • 医療保健介護における地域・施設・個体レベルの時間縦断的なコストとパフォーマンス
        基盤研究(A)
        京都大学
        今中 雄一
        完了
        医療経済学;医療評価;医療の質;医療費;保健医療介護;医療安全;地域格差;医療供給体制
      • 高齢者における医療・介護資源の消費に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        石崎 達郎
        完了
        高齢者;医療費;介護費;ローレンツ曲線;ジニ係数;資源消費の不均等性;医療費分析;介護給付額;介護保険制度;入院医療;施設ケア;在宅ケア;ロレンツ曲線;施設介護;居住介護
      • レセプトデータを活用した薬剤処方クオリティ・インディケータ開発と診療改善への応用
        基盤研究(C)
        京都大学
        関本 美穂
        完了
        診療データベース;診療パターン;血液製剤;脳梗塞;診療ガイドライン, Clinical database;Practice pattern;Blood products;Cerebral infarction;Clinicalpractice guidelines
      • アクシデントによって発生する損失医療費およびエラー指標算出の試みに関する研究
        萌芽研究
        京都大学
        竹村 匡正
        完了
        インシデント・アクシデントレポート;自然言語処理;DPC;診療情報プロセス分析;機械学習;レセプト情報;リスクマネジメント;医療費損失;インデント・アクシデントレポート;TF;IDF;自動分類;病院経営情報
      • 医療のコスト・パフォーマンスの実測・多施設比較と要因分析・改善策
        基盤研究(A)
        京都大学
        今中 雄一
        完了
        医療の質;医療経済;医療の原価;臨床評価指標;医療の効率;医療経営システム;医療の安全;リスク調整・重症度調整;医療の質と安全;品質原価;質保証・質向上;医療経営;診療報酬政策;経営品質, quality of health care;health care economics;costing of health care;clinical performance indicator;efficiency of health care;safety in health care;risk adjustment;cost of health care
      • 活動基準原価計算を活用した時間縦断的・多軸的な患者別原価測定方法の開発研究
        萌芽研究
        京都大学
        廣瀬 昌博
        完了
        インシデントレポート;研修医;臨床研修;安全管理体制;医療事故;インシデント・アクシデント;リスクマネジメ;医療の質;リスクマネジメント
      • 活動基準原価計算を活用した時間縦断的・多軸的な患者別原価測定方法の開発研究-妥当な施設間比較と政策応用に向けて-
        萌芽研究
        京都大学
        今中 雄一
        完了
        医療の質;医療経済;経営品質;医療評価;原価計算;活動基準原価計算;活動基準マネジメント;情報システム;患者満足度
      • 高齢患者における医療資源の消費に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        石崎 達郎
        完了
        高齢者;医療費;疾病構造;医療経済;人口の高齢化;疾病分類;リスク調整;医療経済学;Gini係数;Lorenz曲線;入院医療費;医療費増加要因, older people;health care expenditures;disease distribution;healthcare economics;populartion aging
      • 急性期病院群からの医療事故報告システムの構築と集積データによる原因分析
        基盤研究(B)
        日本大学
        大道 久
        完了
        医療事故;患者安全;情報管理者;匿名性;リスクマネジャー;警鐘的事例;日本医療機能評価機構;患者安全推進ジャーナル;リスクマネージャ, adverse event;patient safety;information administrator;anonymousness;risk management;sentinel event;Japan Council for Quality Health Care;Journal of Patient Safety Promotion
      • 中高年女性における女性ホルモン補充療法の費用・効果比の算出
        萌芽研究
        京都大学
        赤水 尚史
        完了
        女性ホルモン補充療法;骨粗鬆症;大腿骨頚部骨折;脊椎骨折;費用・効果分析
      • 医療提供組織における経営品質の多軸的評価方法の研究開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        今中 雄一
        完了
        医療の質;医療経済;経営品質;医療評価;重症度補正;原価計算;満足度;臨床評価指標;品質マネージメントシステム;医療機能評価;医療経営;費用効果;多軸的評価, quality of care;health care economics;health economics;management quality;costing;severity adjustment;satisfaction;clinical indicators
      • 重症度補正に基づく医療の多軸的アウトカムの妥当な施設間比較方法の開発
        萌芽的研究
        九州大学
        今中 雄一
        完了
        アウトカム;臨床評価指標;重症度評価;重症度補正;危険度;原価;医療費;ケースミックス分類(DRGなど)
      • 病院の組織運営のダイナミズムと経営指標との関係
        基盤研究(B)
        九州大学
        今中 雄一
        完了
        医療の質;質改善活動;経営品質;経営指標;患者満足度;職務満足度;品質管理;妥当性
      • 臨床的効果と医療費の妥当な施設間比較の方法論の開発-急性心筋梗塞治療を例として
        萌芽的研究
        九州大学
        今中 雄一
        完了
        医療経済;費用対効果分析;アウトカム・スタディ;医療の質;医療の効率;医療費の既定要因;DRG
      • 医療提供組織における職務満足度の測定方法の開発とその規定要因の解析
        基盤研究(B)
        九州大学
        信友 浩一
        完了
        医療の質;職務満足度;病院管理;品質管理;信頼性;妥当性;患者満足度;多変量解析, quality of care;job satisfaction;hospital administration;quality management;reliability;validity;patient satisfaction;multivariate analysis
      • 医療に対する患者の満足度-測定方法の標準化と影響要因の解明
        基盤研究(B)
        九州大学
        今中 雄一
        完了
        医療の質;患者満足度;病院管理;品質管理;信頼性;妥当性;消費者;多変量解析, quality of care;patient satisfaction;hospital adminisration;quality management;relliability;validity;consumer;multivariate analysis
      • 臨床現場における医学教育に対する患者の認識と評価
        奨励研究(A)
        日本医科大学
        今中 雄一
        完了
        臨床能力(chnical comperence);医学教育;臨床教育;患者;患者満足度;質問票調査;面接調査;医療の質

      外部資金:その他

      • 地域医療基盤開発推進研究事業 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働行政推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • 地域医療基盤開発推進研究 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      • 認知症政策 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      • 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • 地域医療基盤開発推進研究 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働行政推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働行政推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • 政策科学総合研究 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働行政推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • (平成29年度分)
        地域情報の収集・分析支援事業補助金
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        今中 雄一
      • (平成28年度分)
        地域情報の収集・分析支援事業補助金
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        今中 雄一
      • 認知症の地域ケア体制におけるケア内容、居住形態、費用とその関連要因 (平成28年度分)
        認知症対策総合研究推進事業(国際共同研究事業)
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        今中 雄一
      • (平成27年度分)
        京都府 地域情報の収集・分析支援事業補助金
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        今中 雄一
      • 認知症の地域ケア体制におけるケア内容と費用の関連要因と代替性 (平成27年度分)
        厚生労働科学研究推進事業認知症対策総合研究推進事業(国際共同研究事業)
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        今中 雄一
      • (平成26年度分)
        京都府
        自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
        今中 雄一
      • 京都市 京都発革新的医療技術研究開発助成事業
        自 2013年, 至 2013年
        今中 雄一
      • 自治体・保険者の保健医療・介護福祉施策における継続的検証と計画のための統合的データ基盤構築とその活用に関する研究
        H20-21年度厚生労働科学研究費補助金、(H19~21)
        代表
      • 包括払い方式が医療経済及び医療提供体制に及ぼす影響に関する研究
        H20-21年度厚生労働科学研究費補助金、(H19~21)
        分担
      • 地域・市民の視点からみた医療の質・安全・機能の充実度と必要資源の評価・向上に関する研究開発(
        H20-21年度厚生労働科学研究費補助金、(H19~21)
        代表
      • がん対策における管理評価指標群の策定とその計測システムの確立に関する研究
        H20年度厚生労働科学研究費補助金、(H18~20)
        分担
      • 医療の質に関わる臨床指標の日常的測定システムの開発と展開―指標公表の影響評価と方策の研究―
        H22年度厚生労働科学研究費補助金(H22~23)
        代表
      • 医療・介護政策と地域の資源・連携・受療行動が平均在院日数と費用に影響を及ぼす要因の分析
        H22年度厚生労働科学研究費補助金(H22~24)
        代表
      • 各種禁煙対策の経済影響に関する研究―医療費分析と費用効果分析―
        H22年度厚生労働科学研究費補助金、(H22~24)
        分担
      • 診断群分類の精緻化とそれを用いた医療評価の方法論開発に関する研究(
        H22年度厚生労働科学研究費補助金、H22~23)
        分担
      • (平成27年度分)
        地域医療基盤開発推進研究事業
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        代表
      • (平成28年度分)
        地域医療基盤開発推進研究事業
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        代表
      • (平成29年度分)
        地域医療基盤開発推進研究事業
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        代表
      • (2019年度分)
        地域医療基盤開発推進研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        分担
      • (2020度分)
        地域医療基盤開発推進研究事業
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        分担
      • (平成30年度分)
        地域医療基盤開発推進研究事業
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
        分担
      • (平成30年度分)
        振興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業
        自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
        分担
      • (2019年度分)
        政策科学推進研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        分担
      • (平成27年度分)
        新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        代表
      • (平成28年度分)
        新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        代表
      • (2019年度分)
        新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        分担
      • (2020度分)
        新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業
        自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
        分担
      • (平成29年度分)
        難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        分担
      • (平成29年度分)
        難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        分担
      • (平成29年度分)
        難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
        自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2022/06/24

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ポストコロナ社会のイノベーション:展望と自由提言
          M411, 通年, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          行政医学・産業医学
          H142, 前期集中, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療経営ケーススタディ
          H053, 通年集中, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          社会健康医学・臨床疫学研究(修士実習)
          E067, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          社会健康医学と健康政策
          H127, 前期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          H083, 後期集中, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          保健・医療の経済評価
          H126, 前期前半, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療技術の経済評価
          K030, 前期前半, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          社会健康医学・臨床疫学研究(実習)
          P034, 通年不定, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ポストコロナ社会のイノベーション:展望と自由提言
          H165, 通年, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          世界における医療制度・政策
          H128, 前期前半, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療制度・政策
          H125, 前期後半, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          行動経済学と健康医療介護
          H150, 前期後半, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床研究計画法 I
          K026, 前期, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          社会健康医学・臨床疫学研究(演習)
          P033, 通年不定, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療の質評価
          H129, 前期後半, 医学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          社会健康医学・臨床疫学研究(修士演習)
          E066, 通年不定, 医学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          H082, 前期集中, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床研究計画法 II
          K027, 後期, 医学研究科, 1
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          臨床医学概論
          後期, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          社会健康医学課外実習
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期不定, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療政策
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療評価・経済評価
          前期, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療マネジメント
          前期後半, 医学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療の質と経済・制度(A群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          医療の質と経済・制度(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療政策・マネジメント
          前期前半, 公共政策教育部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療政策・マネジメントI
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療政策・マネジメントII
          前期後半, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期不定, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療評価・経済評価
          前期, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          医療の質と経済・制度(B群)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          G 社会・環境・予防医学
          前期, 医学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期不定, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療評価・経済評価
          前期, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療政策・マネジメントI
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療政策・マネジメントII
          前期後半, 医学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療政策・マネジメント
          前期前半, 公共政策教育部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          医療の質と経済・制度
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          G 社会・環境・予防医学
          前期, 医学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          社会医学 (G 社会・環境・予防医学)
          前期不定, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療評価・経済評価
          前期, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療政策・マネジメントI
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療政策・マネジメントII
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          医療の質と経済・制度
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療倫理実習
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療政策・マネジメントII
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療政策・マネジメントI
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療評価・経済評価
          前期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          医療の質と経済・制度
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法演習 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          臨床研究計画法演習 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          超高齢社会の地域課題・政策
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          博士課程セミナー(医療経済学)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          世界における医療制度・政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          保健・医療の経済評価
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療制度・政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療技術の経済評価
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          医療の質評価
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法演習 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          臨床研究計画法演習 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          世界における医療制度・政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          保健・医療の経済評価
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療制度・政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療技術の経済評価
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          医療の質評価
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          世界における医療制度・政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          保健・医療の経済評価
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療制度・政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療技術の経済評価
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          医療の質評価
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          行政医学・産業医学
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          世界における医療制度・政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          保健・医療の経済評価
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療制度・政策
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療技術の経済評価
          前期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          医療の質評価
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          社会健康医学(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          社会健康医学(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          社会健康医学と健康政策
          前期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          社会健康医学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          社会健康医学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          行政医学・産業医学
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          世界における医療制度・政策  【領域4】
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          保健・医療の経済評価 【領域4】
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療制度・政策 【領域4】
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療技術の経済評価(MCR限定)
          前期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          医療の質評価
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          社会健康医学(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          社会健康医学(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          社会健康医学と健康政策 【領域4】
          前期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          社会健康医学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          社会健康医学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          行動経済学と健康医療介護
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          行政医学・産業医学
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          世界における医療制度・政策  【領域4】
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          保健・医療の経済評価 【領域4】
          前期前半, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療制度・政策 【領域4】
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療技術の経済評価(MCR限定)
          前期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療経営ケーススタディ
          通年集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅱ
          後期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療経営特別カリキュラム Ⅰ
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療の質評価
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          社会健康医学(修士実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          社会健康医学(修士演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          社会健康医学と健康政策 【領域4】
          前期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          社会健康医学(実習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          社会健康医学(演習)
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床研究計画法 II
          後期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          臨床研究計画法 I
          前期, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          行動経済学と健康医療介護
          前期集中, 医学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          行政医学・産業医学
          前期集中, 医学研究科

        博士学位審査

        • Medical costs according to the stages of colorectal cancer: an analysis of health insurance claims in Hachioji, Japan (大腸がんの進行度別医療費: 八王子市レセプトデータ解析)
          内海 貴裕, 医学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Clinical Characteristics and Outcomes of Heart Failure Patients With Long-Term Care Insurance -Insights From the Kitakawachi Clinical Background and Outcome of Heart Failure Registry- (介護保険と心不全患者の臨床的特徴と予後 ‐北河内心不全レジストリより‐)
          髙林 健介, 医学研究科, 主査
          2021年07月26日
        list
          Last Updated :2022/06/24

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 博物館協議会委員、保健委員会委員
          • 自 2014年01月31日, 至 2018年01月30日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2017年04月01日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            環境安全保健機構保健専門委員会
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            スーパーグローバルコース企画運営幹事会 委員
          • 自 2020年04月01日
            スーパーグローバルコース企画運営幹事会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            京都大学医学・生命科学総合研究棟管理運営委員会委員
          • 自 2021年06月01日, 至 2022年05月31日
            医学研究科・医学部将来計画検討委員会委員
          • 自 2021年06月01日, 至 2022年05月31日
            社会健康医学系専攻アドバイザリーボード委員
          • 自 2021年06月01日, 至 2022年05月31日
            医学研究科・医学部人権委員会委員
          • 自 2021年06月01日, 至 2022年05月31日
            医学研究科教員人事活性化委員会委員
          • 自 2021年10月01日, 至 2022年09月30日
            医学研究科・医学部財務委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            学務委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日
            京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構 先制医療・生活習慣病研究センター評価委員会委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            部局業績評価委員会委員
          • 教務委員長(社会健康医学系専攻)
          • 至 2010年05月31日
            副専攻長(社会健康医学系専攻)
          • 知財コース運営委員会委員長
          • MCR委員会委員
          • 将来計画委員(社会健康医学系専攻)
          • 外部評価委員
          • 自 2013年01月01日, 至 2015年12月31日
            医学部教育研究支援基金(KMS―FUND)委員会
          • 自 2014年10月01日, 至 2018年09月30日
            間接経費使途検討委員会
          • 自 2002年04月16日
            医学部附属病院将来計画検討委員会特別委員会
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            京都大学地域研究統合情報センター協議員
          • 自 2016年12月01日
            超高齢社会デザイン価値創造ユニット ユニット長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            学務委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            大倉辰三像郎・喜美奨学金選考小委員会
          • 自 2003年05月16日
            医学部附属病院チーム医療検討部会
          • 自 2018年01月01日, 至 2020年12月31日
            医学部附属病院 先制医療・生活習慣病研究 センター評価委員会
          • 医学研究科・医学部財務委員会
          • 自 2018年11月01日, 至 2020年10月31日
            教授選考方針検討委員会(社会医学系)
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            大倉辰三郎・喜美奨学金選考小委員会委員

          ページ上部へ戻る