教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中西 祐貴

ナカニシ ユウキ

医学研究科 地域医療システム学講座(寄附) 特定助教

中西 祐貴
list
    Last Updated :2022/07/01

    基本情報

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程医学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 自 2019年11月, 至 現在
      京都大学医学研究科, 地域医療システム学
    • 自 2018年10月, 至 2019年11月
      京都大学消化器内科
    • 自 2014年02月, 至 2018年10月
      Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Institute
    • 自 2013年04月, 至 2014年02月
      京都大学iPS細胞研究所 (CiRA)
    • 自 2009年04月, 至 2013年03月
      京都大学大学院医学研究科 消化器内科学
    • 自 2005年04月, 至 2009年03月
      日本赤十字社和歌山医療センター
    • 自 2004年04月, 至 2005年03月
      京都大学医学部附属病院, Hospital

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/07/01

      研究

      研究キーワード

      • 線維化
      • シグナリングパスウェイ
      • 間質制御
      • 腫瘍免疫
      • 腫瘍微小環境
      • 癌幹細胞
      • 消化器癌

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学
      • ライフサイエンス, 消化器内科学
      • ライフサイエンス, 腫瘍生物学

      論文

      • 自然消失したdMMR大腸癌3例の報告
        平田 理子; 内海 貴裕; 中西 祐貴; 清水 孝洋; 西田 未由; 青山 育雄; 奥野 知子; 吉澤 明彦; 宮本 心一; 河南 智晴; 妹尾 浩
        日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2020年06月
      • Loss of Arid1a and Pten in pancreatic ductal cells induces intraductal tubulopapillary neoplasm via the YAP/TAZ pathway.
        Yuichi Fukunaga; Akihisa Fukuda; Mayuki Omatsu; Mio Namikawa; Makoto Sono; Tomonori Masuda; Osamu Araki; Munemasa Nagao; Takaaki Yoshikawa; Satoshi Ogawa; Yukiko Hiramatsu; Yu Muta; Motoyuki Tsuda; Takahisa Maruno; Yuki Nakanishi; Jorge Ferrer; Tatsuaki Tsuruyama; Toshihiko Masui; Etsuro Hatano; Hiroshi Seno
        Gastroenterology, 2022年04月25日
      • PKCλ/ι inhibition activates an ULK2-mediated interferon response to repress tumorigenesis.
        Juan F Linares; Xiao Zhang; Anxo Martinez-Ordoñez; Angeles Duran; Hiroto Kinoshita; Hiroaki Kasashima; Naoko Nakanishi; Yuki Nakanishi; Ryan Carelli; Luca Cappelli; Esperanza Arias; Masakazu Yashiro; Masaichi Ohira; Sanjay Patel; Giorgio Inghirami; Massimo Loda; Ana Maria Cuervo; Maria T Diaz-Meco; Jorge Moscat
        Molecular cell, 2021年09月18日, 査読有り
      • Brg1 is required to maintain colorectal cancer stem cells.
        Takaaki Yoshikawa; Akihisa Fukuda; Mayuki Omatsu; Mio Namikawa; Makoto Sono; Yuichi Fukunaga; Tomonori Masuda; Osamu Araki; Munemasa Nagao; Satoshi Ogawa; Kenji Masuo; Norihiro Goto; Yukiko Hiramatsu; Yu Muta; Motoyuki Tsuda; Takahisa Maruno; Yuki Nakanishi; Kenji Kawada; Shigeo Takaishi; Hiroshi Seno
        The Journal of pathology, 2021年07月19日, 査読有り
      • Stromal SOX2 Upregulation Promotes Tumorigenesis through the Generation of a SFRP1/2-Expressing Cancer-Associated Fibroblast Population.
        Hiroaki Kasashima; Angeles Duran; Anxo Martinez-Ordoñez; Yuki Nakanishi; Hiroto Kinoshita; Juan F Linares; Miguel Reina-Campos; Yotaro Kudo; Antoine L'Hermitte; Masakazu Yashiro; Masaichi Ohira; Fei Bao; Daniele V F Tauriello; Eduard Batlle; Maria T Diaz-Meco; Jorge Moscat
        Developmental cell, 2021年01月11日, 査読有り
      • Visualization of stem cell activity in pancreatic cancer expansion by direct lineage tracing with live imaging.
        Takahisa Maruno; Akihisa Fukuda; Norihiro Goto; Motoyuki Tsuda; Kozo Ikuta; Yukiko Hiramatsu; Satoshi Ogawa; Yuki Nakanishi; Yuichi Yamaga; Takuto Yoshioka; Kyoichi Takaori; Shinji Uemoto; Dieter Saur; Tsutomu Chiba; Hiroshi Seno
        eLife, 2021年01月04日, 査読有り
      • PKCλ/ι Loss Induces Autophagy, Oxidative Phosphorylation, and NRF2 to Promote Liver Cancer Progression.
        Yotaro Kudo; Masayuki Sugimoto; Esperanza Arias; Hiroaki Kasashima; Thekla Cordes; Juan F Linares; Angeles Duran; Yuki Nakanishi; Naoko Nakanishi; Antoine L'Hermitte; Alex Campos; Nadia Senni; Tarmo Rooslid; Lewis R Roberts; Ana Maria Cuervo; Christian M Metallo; Michael Karin; Maria T Diaz-Meco; Jorge Moscat
        Cancer cell, 2020年08月10日, 査読有り
      • クロマチンリモデリング因子Brg1は膵がんの増殖・転移に重要である
        荒木 理; 福田 晃久; 津田 喬之; 尾松 万悠紀; 並川 実桜; 薗 誠; 益田 朋典; 福永 裕一; 吉川 貴章; 長尾 宗政; 平松 由紀子; 丸野 貴久; 中西 祐貴; 妹尾 浩
        膵臓, 2020年07月
      • A new mouse model of serrated colorectal cancer with mesenchymal activation and immunosuppressive phenotypes
        Yuki Nakanishi; Maria Diaz-Meco; Jorge Moscat
        CANCER RESEARCH, 2020年06月, 査読有り
      • The BRG1/SOX9 axis is critical for acinar cell-derived pancreatic tumorigenesis
        Motoyuki Tsuda; Akihisa Fukuda; Yuki Nakanishi; Hiroshi Seno
        CANCER RESEARCH, 2020年06月, 査読有り
      • Spontaneous regression of mismatch repair-deficient colorectal cancers: Case series
        Takahiro Utsumi; Shin'ichi Miyamoto; Takahiro Shimizu; Kasumi Yokogawa; Yuki Nakanishi; Mitsuhiro Nikaido; Ayako Hirata; Miyu Nishida; Ikuo Aoyama; Tomoko Okuno; Akihiko Yoshizawa; Akihiro Kaneda; Yoshiharu Sakai; Chiharu Kawanami; Hiroshi Seno
        DIGESTIVE ENDOSCOPY, 2020年06月, 査読有り
      • Intestinal epithelial cell-derived IL-15 determines local maintenance and maturation of intra-epithelial lymphocytes in the intestine.
        Yuanbo Zhu; Guangwei Cui; Eiji Miyauchi; Yuki Nakanishi; Hisa Mukohira; Akihiro Shimba; Shinya Abe; Shizue Tani-Ichi; Takahiro Hara; Hiroshi Nakase; Tsutomu Chiba; Atsuko Sehara-Fujisawa; Hiroshi Seno; Hiroshi Ohno; Koichi Ikuta
        International immunology, 2020年05月08日, 査読有り
      • SETDB1 Inhibits p53-Mediated Apoptosis and is Required for Formation of Pancreatic Ductal Adenocarcinomas in Mice.
        Satoshi Ogawa; Akihisa Fukuda; Yoshihide Matsumoto; Yuta Hanyu; Makoto Sono; Yuichi Fukunaga; Tomonori Masuda; Osamu Araki; Munemasa Nagao; Takaaki Yoshikawa; Norihiro Goto; Yukiko Hiramatsu; Motoyuki Tsuda; Takahisa Maruno; Yuki Nakanishi; Mohammed S Hussein; Tatsuaki Tsuruyama; Kyoichi Takaori; Shinji Uemoto; Hiroshi Seno
        Gastroenterology, 2020年04月28日, 査読有り
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井達基; 高井淳; 村上高志; 米田真知; 松本慎平; 中西祐貴; 惠莊裕嗣; 高橋健; 妹尾浩
        肝臓, 2020年, 査読有り
      • 【胃癌診断を極める】[総論]胃癌の発癌機序 ゲノム異常・DNAメチル化を介した胃癌発癌機序の多様性
        寺村 茉利; 清水 孝洋; 宮本 心一; 二階堂 光洋; 熊谷 健; 内海 貴裕; 中西 祐貴; 妹尾 浩
        消化器内視鏡, 2020年01月
      • Solitary Colorectal Metastasis from a Mucin-rich Ovarian Tumor
        Takahiro Utsumi; Yuki Nakanishi; Sachiko Minamiguchi; Shin'ichi Miyamoto
        INTERNAL MEDICINE, 2020年, 査読有り
      • Setdb1 is required for formation of pancreatic ductal adenocarcinoma by inhibiting apoptosis through regulation of p53 expression
        Satoshi Ogawa; Akihisa Fukuda; Makoto Sono; Yuichi Fukunaga; Tomonori Masuda; Osamu Araki; Munemasa Nagao; Takaaki Yoshikawa; Yukiko Hiramatsu; Motoyuki Tsuda; Takahisa Maruno; Yuki Nakanishi; Hiroshi Seno
        CANCER RESEARCH, 2019年12月, 査読有り
      • Epithelial EP4 plays an essential role in maintaining homeostasis in colon
        Yoshihide Matsumoto; Yuki Nakanishi; Takuto Yoshioka; Yuichi Yamaga; Tomonori Masuda; Yuichi Fukunaga; Makoto Sono; Takaaki Yoshikawa; Munemasa Nagao; Osamu Araki; Satoshi Ogawa; Norihiro Goto; Yukiko Hiramatsu; Richard M. Breyer; Akihisa Fukuda; Hiroshi Seno
        Scientific Reports, 2019年12月01日, 査読有り
      • Serrated Colorectal Cancer: The Road Less Travelled?
        Yuki Nakanishi; Maria T. Diaz-Meco; Jorge Moscat
        TRENDS IN CANCER, 2019年11月, 査読有り
      • 膵特異的Setdb1欠損マウスではp53依存性アポトーシスにより膵発癌が抑制される
        小川 智; 福田 晃久; 薗 誠; 益田 朋典; 福永 裕一; 荒木 理; 吉川 貴章; 長尾 宗政; 後藤 規弘; 平松 由紀子; 津田 喬之; 丸野 貴久; 中西 祐貴; 眞貝 洋一; 妹尾 浩
        膵臓, 2019年06月
      • Bmi1 marks gastric stem cells located in the isthmus in mice
        Takuto Yoshioka; Akihisa Fukuda; Osamu Araki; Satoshi Ogawa; Yuta Hanyu; Yoshihide Matsumoto; Yuichi Yamaga; Yuki Nakanishi; Kenji Kawada; Yoshiharu Sakai; Tsutomu Chiba; Hiroshi Seno
        Journal of Pathology, 2019年06月, 査読有り
      • SIMULTANEOUS LOSS OF BOTH ATYPICAL PROTEIN KINASE C DRIVES SERRATED INTESTINAL CANCER WITH MESENCHYMAL ACTIVATION AND IMMUNOSUPPRESSION
        Yuki Nakanishi; Angeles Duran; Antoine L'Hermitte; Maria Diaz-Meco; Jorge Moscat
        GASTROENTEROLOGY, 2019年05月, 査読有り
      • SETDB1 IS REQUIRED FOR FORMATION OF PANCREATIC DUCTAL ADENOCARCINOMA BY INHIBITING APOPTOSIS THROUGH REGULATION OF P53 EXPRESSION
        Satoshi Ogawa; Akihisa Fukuda; Motoyuki Tsuda; Yukiko Hiramatsu; Norihiro Goto; Takahisa Maruno; Osamu Araki; Munemasa Nagao; Takaaki Yoshikawa; Makoto Sono; Tomonori Masuda; Yuichi Fukunaga; Yuki Nakanishi; Yoichi Shinkai; Hiroshi Seno
        GASTROENTEROLOGY, 2019年05月, 査読有り
      • Simultaneous Loss of Both Atypical Protein Kinase C Genes in the Intestinal Epithelium Drives Serrated Intestinal Cancer by Impairing Immunosurveillance
        Yuki Nakanishi; Angeles Duran; Antoine L'Hermitte; Phillip M. Shelton; Naoko Nakanishi; Miguel Reina-Campos; Jianfeng Huang; Ferran Soldevila; Bas J.G. Baaten; Daniele V.F. Tauriello; Elias A. Castilla; Munveer S. Bhangoo; Fei Bao; Darren Sigal; Maria T. Diaz-Meco; Jorge Moscat
        Immunity, 2018年12月18日, 査読有り
      • Gene expression profile of Dclk1 + cells in intestinal tumors
        Yuichi Yamaga; Akihisa Fukuda; Yuki Nakanishi; Norihiro Goto; Yoshihide Matsumoto; Takuto Yoshioka; Takahisa Maruno; Tsutomu Chiba; Hiroshi Seno
        Digestive and Liver Disease, 2018年12月, 査読有り
      • Nardilysin controls intestinal tumorigenesis through HDAC1/p53-dependent transcriptional regulation
        Keitaro Kanda; Jiro Sakamoto; Yoshihide Matsumoto; Kozo Ikuta; Norihiro Goto; Yusuke Morita; Mikiko Ohno; Kiyoto Nishi; Koji Eto; Yuto Kimura; Yuki Nakanishi; Kanako Ikegami; Takaaki Yoshikawa; Akihisa Fukuda; Kenji Kawada; Yoshiharu Sakai; Akihiro Ito; Minoru Yoshida; Takeshi Kimura; Tsutomu Chiba; Eiichiro Nishi; Hiroshi Seno
        JCI insight, 2018年04月, 査読有り
      • The Secretion of miR-200s by a PKCζ/ADAR2 Signaling Axis Promotes Liver Metastasis in Colorectal Cancer.
        Shelton PM; Duran A; Nakanishi Y; Reina-Campos M; Kasashima H; Llado V; Ma L; Campos A; García-Olmo D; García-Arranz M; García-Olmo DC; Olmedillas-López S; Caceres JF; Diaz-Meco MT; Moscat J
        Cell reports, 2018年04月, 査読有り
      • The Loss of PKCl/i Leads to the Defect of Paneth Cell Differentiation, Inflammation, and Enhanced Tumorigenesis in the Intestine
        Yuki Nakanishi; Miguel Reina-Campos; Naoko Nakanishi; Victoria Llado; Lisa Elmen; Scott Peterson; Alexandrev Campos; Surya De; Hiroki Ikeuchi; Maurizio Pellecchia; Richard Blumberg; Maria Diaz-Meco; Jorge Moscat
        INFLAMMATORY BOWEL DISEASES, 2017年02月, 査読有り
      • Control of Paneth Cell Fate, Intestinal Inflammation, and Tumorigenesis by PKCλ/ι.
        Nakanishi Y; Reina-Campos M; Nakanishi N; Llado V; Elmen L; Peterson S; Campos A; De SK; Leitges M; Ikeuchi H; Pellecchia M; Blumberg RS; Diaz-Meco MT; Moscat J
        Cell reports, 2016年09月20日, 査読有り
      • EP4 Receptor-Associated Protein in Macrophages Ameliorates Colitis and Colitis-Associated Tumorigenesis
        Masato Nakatsuji; Manabu Minami; Hiroshi Seno; Mika Yasui; Hideyuki Komekado; Sei Higuchi; Risako Fujikawa; Yuki Nakanishi; Akihisa Fukuda; Kenji Kawada; Yoshiharu Sakai; Toru Kita; Peter Libby; Hiroki Ikeuchi; Masayuki Yokode; Tsutomu Chiba
        PLoS Genetics, 2015年10月, 査読有り
      • 【がん幹細胞-新しい医療を求めて-】臨床研究動向 細胞系譜解析による大腸腫瘍幹細胞特異的な因子の同定
        妹尾 浩; 山賀 雄一; 中西 祐貴; 千葉 勉
        日本臨床, 2015年05月
      • Repression of Intestinal Stem Cell Function and Tumorigenesis through Direct Phosphorylation of β-Catenin and Yap by PKCζ
        Llado V; Nakanishi Y; Duran A; Reina-Campos M; Shelton PM; Linares JF; Yajima T; Campos A; Aza-Blanc P; Leitges M; Diaz-Meco MT; Moscat J
        Cell reports, 2015年02月10日, 査読有り
      • 細胞系譜解析を用いた消化器腫瘍幹細胞の検討
        妹尾浩; 丸野貴久; 山賀雄一; 中西祐貴; 福田晃久; 千葉勉
        再生医療, 2015年02月01日
      • EP4 Receptor–Associated Protein in Macrophages Ameliorates Colitis and Colitis-Associated Tumorigenesis
        Masato Nakatsuji; Manabu Minami; Hiroshi Seno; Mika Yasui; Hideyuki Komekado; Sei Higuchi; Risako Fujikawa; Yuki Nakanishi; Akihisa Fukuda; Kenji Kawada; Yoshiharu Sakai; Toru Kita; Peter Libby; Hiroki Ikeuchi; Masayuki Yokode; Tsutomu Chiba
        PLoS Genetics, 2015年, 査読有り
      • 【がん幹細胞の研究と治療への応用】大腸がん幹細胞に特異的な因子がもつ可能性
        妹尾 浩; 上尾 太郎; 中西 祐貴; 千葉 勉
        がん分子標的治療, 2014年09月
      • Deletion of nardilysin prevents the development of steatohepatitis and liver fibrotic changes
        Shoko Ishizu-Higashi; Hiroshi Seno; Eiichiro Nishi; Yoshihide Matsumoto; Kozo Ikuta; Motoyuki Tsuda; Yoshito Kimura; Yutaka Takada; Yuto Kimura; Yuki Nakanishi; Keitaro Kanda; Hideyuki Komekado; Tsutomu Chiba
        PLoS ONE, 2014年05月21日, 査読有り
      • 【胃炎に除菌の適応拡大が通ったあとの胃癌撲滅計画】大腸癌幹細胞研究の最先端
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        The GI Forefront, 2014年01月
      • Inhibitory role of Gas6 in intestinal tumorigenesis
        Reiko Akitake-Kawano; Hiroshi Seno; Masato Nakatsuji; Yuto Kimura; Yuki Nakanishi; Takuto Yoshioka; Keitaro Kanda; Mayumi Kawada; Kenji Kawada; Yoshiharu Sakai; Tsutomu Chiba
        Carcinogenesis, 2013年07月, 査読有り
      • Anti-tumor phenotype of tumor-associated macrophages are induced by COX-2 inhibition via the up-regulation of IFN-gamma.
        Yuki Nakanishi; Masato Nakatsuji; Hiroshi Seno; Tsutomu Chiba
        CANCER RESEARCH, 2013年04月, 査読有り
      • Intestinal tumors are continuously renewed by Dclk1-positive tumor stem cells
        Yuki Nakanishi; Hiroshi Seno; Tam Ueo; Tsutomu Chiba
        CANCER RESEARCH, 2013年04月, 査読有り
      • The role of CXCR3 and CXCR4 in colorectal cancer metastasis
        Teppei Murakami; Kenji Kawada; Masayoshi Iwamoto; Masatoshi Akagami; Koya Hida; Yuki Nakanishi; Keitaro Kanda; Mayumi Kawada; Hiroshi Seno; Makoto Mark Taketo; Yoshiharu Sakai
        International Journal of Cancer, 2013年01月15日, 査読有り
      • Dclk1 distinguishes between tumor and normal stem cells in the intestine
        Yuki Nakanishi; Hiroshi Seno; Ayumi Fukuoka; Taro Ueo; Yuichi Yamaga; Takahisa Maruno; Naoko Nakanishi; Keitaro Kanda; Hideyuki Komekado; Mayumi Kawada; Akihiro Isomura; Kenji Kawada; Yoshiharu Sakai; Motoko Yanagita; Ryoichiro Kageyama; Yoshiya Kawaguchi; Makoto M. Taketo; Shin Yonehara; Tsutomu Chiba
        Nature Genetics, 2013年01月, 査読有り
      • Chitinase 3-like 1 promotes macrophage recruitment and angiogenesis in colorectal cancer
        M. Kawada; H. Seno; K. Kanda; Y. Nakanishi; R. Akitake; H. Komekado; K. Kawada; Y. Sakai; E. Mizoguchi; T. Chiba
        Oncogene, 2012年06月28日, 査読有り
      • Nardilysin and ADAM proteases promote gastric cancer cell growth by activating intrinsic cytokine signalling via enhanced ectodomain shedding of TNF-α.
        Kanda K; Komekado H; Sawabu T; Ishizu S; Nakanishi Y; Nakatsuji M; Akitake-Kawano R; Ohno M; Hiraoka Y; Kawada M; Kawada K; Sakai Y; Matsumoto K; Kunichika M; Kimura T; Seno H; Nishi E; Chiba T
        EMBO molecular medicine, 2012年05月, 査読有り
      • 疾患モデル動物を用いた消化器病研究の最前線 腸腫瘍幹細胞特異的マーカーDcamkl1の同定
        中西 祐貴; 上尾 太郎; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2012年03月
      • An unusual cause of dysphagia after endoscopic resection of an early esophageal cancer
        Y. Nakanishi; S. Miyamoto; S. Ishizu; H. Seno; M. Muto; T. Chiba
        Endoscopy, 2011年
      • COX-2 inhibition alters the phenotype of tumor-associated macrophages from M2 to M1 in ApcMin/+ mouse polyps
        Yuki Nakanishi; Masato Nakatsuji; Hiroshi Seno; Shoko Ishizu; Reiko Akitake-Kawano; Keitaro Kanda; Taro Ueo; Hideyuki Komekado; Mayumi Kawada; Manabu Minami; Tsutomu Chiba
        Carcinogenesis, 2011年, 査読有り
      • Hepatobiliary and Pancreatic: Multiple sexually transmitted infections
        Y. Nakanishi; H. Seno; T. Chiba; Y. Yamashita
        Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia), 2010年04月, 査読有り
      • Metastatic gastrointestinal stromal tumors mimicking gastrointestinal polyposis.
        Y. Nakanishi; K. Kanda; R. Akitake; H. Seno; T. Chiba; K. Ono; T. Kayahara; Y. Yamashita
        Endoscopy, 2010年, 査読有り
      • C型慢性肝炎患者における二重濾過血漿交換法(DFPP)併用PEG‐IFN+Ribavirin療法の有効性に関する検討
        中谷泰樹; 山下幸孝; 萱原隆久; 上野山義人; 浦井俊二; 吉岡毅; 瀬田剛史; 田中敦俊; 清水孝洋; 幡丸景一; 中西祐貴; 井上夏子; 谷口洋平; 中村文保; 奥野真理
        日本消化器病学会雑誌, 2009年09月15日
      • カンジダによる感染性肝嚢胞破裂の1例
        中西 祐貴; 萱原 隆久; 山下 幸孝; 奥野 真理; 中村 文保; 谷口 洋平; 井上 夏子; 中谷 泰樹; 幡丸 景一; 清水 孝洋; 田中 敦俊; 吉岡 毅; 瀬田 剛史; 浦井 俊二; 上野山 義人
        日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 2009年07月05日
      • Gastric Hyperplastic Polyps Can Shrink After Discontinuation of Proton Pump Inhibitors: A Case Series Compared With Continuation of Proton Pump Inhibitors.
        Mitsuhiro Nikaido; Shin'ichi Miyamoto; Takahiro Utsumi; Takahiro Shimizu; Yuki Nakanishi; Ken Kumagai; Mari Teramura; Takeshi Setoyama; Hiroshi Seno
        Journal of clinical gastroenterology, 2022年03月01日
      • Concurrent activation of Kras and canonical Wnt signaling induces premalignant lesions that progress to extrahepatic biliary cancer in mice.
        Munemasa Nagao; Akihisa Fukuda; Mayuki Omatsu; Mio Namikawa; Makoto Sono; Yuichi Fukunaga; Tomonori Masuda; Osamu Araki; Takaaki Yoshikawa; Satoshi Ogawa; Kenji Masuo; Norihiro Goto; Yukiko Hiramatsu; Yu Muta; Motoyuki Tsuda; Takahisa Maruno; Yuki Nakanishi; Makoto Mark Taketo; Jorge Ferrer; Tatsuaki Tsuruyama; Yasuni Nakanuma; Kojiro Taura; Shinji Uemoto; Hiroshi Seno
        Cancer research, 2022年03月01日
      • Unusual case of severe diarrhoea.
        Genki Inoue; Shuji Yamamoto; Nobuo Koh; Takeshi Kuwada; Yuki Nakanishi; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Gut, 2021年10月26日

      MISC

      • Setdb1を欠損するとp53依存性アポトーシスが誘導されて膵臓癌形成が阻害される
        小川智; 福田晃久; 荒木理; 長尾宗政; 吉川貴章; 平松由紀子; 津田喬之; 丸野貴久; 中西祐貴; 妹尾浩
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • KrasおよびWntシグナルは幽門腺型胆嚢腺腫の形成に重要である
        長尾宗政; 福田晃久; 尾松万悠紀; 並川実桜; 薗誠; 福永裕一; 益田朋典; 荒木理; 吉川貴章; 小川智; 平松由紀子; 津田喬之; 丸野貴久; 中西祐貴; 妹尾浩
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • 腸腫瘍幹細胞特異的なBrg1のノックアウトによりアポトーシスが誘導され,腸腫瘍が退縮する
        吉川貴章; 福田晃久; 荒木理; 長尾宗政; 小川智; 平松由紀子; 津田喬之; 丸野貴久; 中西祐貴; 妹尾浩
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • SWI/SNF複合体のサブユニットであるBrg1はマウス膵癌の増殖・転移に重要である
        荒木理; 福田晃久; 津田喬之; 薗誠; 長尾宗政; 吉川貴章; 小川智; 平松由紀子; 丸野貴久; 中西祐貴; 妹尾浩
        日本癌学会学術総会抄録集(Web), 2020年
      • クロマチンリモデリング因子Brg1は膵がんの増殖・転移に重要である
        荒木理; 福田晃久; 津田喬之; 尾松万悠紀; 並川実桜; 薗誠; 益田朋典; 福永裕一; 吉川貴章; 長尾宗政; 平松由紀子; 丸野貴久; 中西祐貴; 妹尾浩
        膵臓(Web), 2020年
      • 外科的・内科的両面からのアプローチを必要とした上腸間膜動脈症候群の一例
        米田真知; 中西祐貴; 中山大輔; 村上高志; 平井達基; 松本慎平; 高井淳; 妹尾浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2020年
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井達基; 高井淳; 村上高志; 米田真知; 松本慎平; 中西祐貴; 本澤有介; 宇座徳光; 妹尾浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2020年
      • 生検を機に自然消退したと考えられたミスマッチ修復機能欠損大腸癌の1例
        横川 香澄; 清水 孝洋; 黄 莉媛; 吉田 裕幸; 高橋 健; 内海 貴裕; 中西 祐貴; 宮本 心一; 本澤 有介; 宇座 徳光; 妹尾 浩; 山田 敦
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2019年10月
      • 複合的がん免疫療法 高悪性度鋸歯状大腸癌における免疫抑制と間質反応を標的とした癌免疫療法(Combination strategy with immunotherapy A combination immunotherapy targeting immunosuppression and stromal phenotypes of aggressive serrated intestinal cancer)
        中西 祐貴; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 新たなシグナル検出法・アプローチに基づくリン酸化シグナル研究の新展開 atypical PKCによる大腸癌抑制機構の分子的解明
        中西 祐貴
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月
      • 複合的がん免疫療法 高悪性度鋸歯状大腸癌における免疫抑制と間質反応を標的とした癌免疫療法(Combination strategy with immunotherapy A combination immunotherapy targeting immunosuppression and stromal phenotypes of aggressive serrated intestinal cancer)
        中西 祐貴; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 【大腸癌 予後改善をめざした大腸癌の総合実地診療】トピックス 実地医家が知っておくべき診断と治療の最前線 癌幹細胞を標的とした大腸癌治療
        妹尾 浩; 中西 祐貴
        Medical Practice, 2015年11月
      • 【がん幹細胞-新しい医療を求めて-】臨床研究動向 細胞系譜解析による大腸腫瘍幹細胞特異的な因子の同定
        妹尾 浩; 山賀 雄一; 中西 祐貴; 千葉 勉
        日本臨床, 2015年05月
      • 腫瘍幹細胞マーカーDclk1を用いた大腸癌治療法の開発
        中西 祐貴
        日本応用酵素協会誌, 2015年03月
      • がんにおける初期化と分化転換の意義 消化器腫瘍におけるDclk1陽性細胞の役割(Reprogramming and transdifferentiation in cancer Role of Dclk1-expressing cells in digestive organ tumors)
        妹尾 浩; 丸野 貴久; 山賀 雄一; 吉岡 拓人; 中西 祐貴; 千葉 勉
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • Dclk1は腸管の腫瘍幹細胞を特異的にマークする
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 2014年04月
      • 腫瘍幹細胞マーカーDclk1を用いた大腸癌治療法の開発
        中西 祐貴
        日本応用酵素協会誌, 2014年03月
      • State of the Art Lecture 大腸癌幹細胞研究の最先端 (特集 胃炎に除菌の適応拡大が通ったあとの胃癌撲滅計画 : 第18回JAPANGAST Study Groupハイライト)
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        The GI forefront, 2014年01月
      • 大腸癌の分子生物学 Dclk1は腫瘍幹細胞マーカーとなりうるか
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        大腸癌Frontier, 2013年12月
      • 腸腫瘍幹細胞特異的マーカーDclk1の同定(Identification of Dclk1 as a specific tumor stem cell marker in the intestine)
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 上尾 太郎; 千葉 勉
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • Dclk1は腸管の腫瘍幹細胞を特異的にマークする
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録, 2013年09月
      • 【がん幹細胞の基礎と臨床】細胞系譜解析を用いた消化管の腫瘍幹細胞の同定
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        Medical Science Digest, 2013年08月
      • 腫瘍幹細胞による腫瘍組織構築機構の検討
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        日本臨床分子医学会学術総会プログラム・抄録集, 2013年04月
      • 消化器領域における幹細胞研究の進歩 正常腸管および腸腫瘍におけるDclk1/Lgr5陽性細胞の役割
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 上尾 太郎
        日本消化器病学会雑誌, 2013年02月
      • 腸腫瘍幹細胞に特異的なマーカーDclk1の同定
        妹尾浩; 中西祐貴; 千葉勉
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • Cox-2阻害はIFN-γ依存性に腫瘍関連マクロファージの極性を変化させる(Cox-2 inhibition induces anti-tumor polarization of tumor-associated macrophages in an IFN-gamma-dependent manner)
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 千葉 勉
        日本癌学会総会記事, 2012年08月
      • 消化器疾患と遺伝子異常のかかわりを探る ポリポーシス症候群の遺伝子異常はどこまで解明されたか
        妹尾浩; 中西祐貴; 秋武玲子; 千葉勉
        分子消化器病, 2009年09月01日
      • カンジダによる感染性肝嚢胞破裂の1例
        中西 祐貴; 萱原 隆久; 山下 幸孝; 奥野 真理; 中村 文保; 谷口 洋平; 井上 夏子; 中谷 泰樹; 幡丸 景一; 清水 孝洋; 田中 敦俊; 吉岡 毅; 瀬田 剛史; 浦井 俊二; 上野山 義人
        日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology, 2009年07月05日
      • 消化管ステントの緩和医療への貢献と集学的医療への展望
        萱原隆久; 菊山正隆; 山下幸孝; 上野山義人; 浦井俊二; 吉岡毅; 瀬田剛史; 田中敦俊; 清水孝洋; 幡丸景一; 中西祐貴; 中谷泰樹; 笹田雄三
        日本消化器病学会雑誌, 2009年03月20日
      • 当院での上部消化管出血性良性潰瘍に対する止血術の概要
        瀬田剛史; 奥野真理; 中村文保; 谷口洋平; 井上夏子; 中谷泰樹; 中西祐貴; 幡丸景一; 清水孝洋; 田中敦俊; 吉岡毅; 浦井俊二; 上野山義人; 萱原隆久; 山下幸孝
        和歌山医学, 2008年12月31日
      • 当院でのERCP後急性膵炎の頻度および対策について
        吉岡毅; 山下幸孝; 萱原隆久; 上野山義人; 浦井俊二; 瀬田剛史; 田中敦俊; 清水孝洋; 幡丸景一; 中谷泰樹; 中西祐貴; 井上夏子; 谷口洋平
        Gastroenterol Endosc, 2008年04月15日
      • 当科における胃静脈瘤破裂症例の検討
        清水孝洋; 中谷泰樹; 中西祐貴; 幡丸景一; 堀貴美子; 田中敦俊; 神田啓太郎; 瀬田剛史; 吉岡毅; 浦井俊二; 上野山義人; 萱原隆久; 山下幸孝
        Gastroenterol Endosc, 2007年09月15日
      • 内視鏡的に治療した十二指腸膜様狭窄症の1例
        赤松 拓司; 浦井 俊二; 吉岡 毅; 萱原 隆久; 沖永 聡; 山下 幸孝; 中西 祐貴; 幡丸 景一; 清水 孝洋; 堀 貴美子; 田中 敦俊; 神田 啓太郎; 瀬田 剛史
        日本消化器内視鏡学会雑誌, 2007年
      • 膵管ガイドワイヤ留置下内視鏡的乳頭切除術の経験
        赤松拓司; 萱原隆久; 山下幸孝; 中谷泰樹; 幡丸景一; 中西祐貴; 清水孝洋; 堀貴美子; 田中敦俊; 神田啓太郎; 瀬田剛史; 吉岡毅; 浦井俊二; 上野山義人; 沖永聡
        日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌, 2006年12月25日
      • 膵管ガイドワイヤ留置下に内視鏡的乳頭切除術を施行した乳頭部腫瘍の2例
        赤松拓司; 萱原隆久; 菊山正隆; 幡丸景一; 中西祐貴; 清水孝洋; 堀貴美子; 田中敦俊; 神田啓太郎; 瀬田剛史; 吉岡毅; 浦井俊二; 沖永聡; 山下幸孝
        胆とすい, 2006年09月15日
      • コンピュータ診断支援システムが見逃しを防いだ大腸ポリープの検討
        山添 紗希; 中西 祐貴; 内海 貴裕; 我妻 信和; 樋口 浩和; 黄 宣輔; 奥野 岳; 水越 健太; 山川 剛; 夜久 大晃; 熊谷 健; 平松 由紀子; 二階堂 光洋; 清水 孝洋; 横山 顕礼; 妹尾 浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2022年02月
      • COVID-19肺炎発症後に重症腸炎を来した1例
        黄 宣輔; 山本 修司; 井上 元気; 伊藤 卓彦; 桑田 威; 中西 祐貴; 高橋 健; 清水 孝洋; 本澤 有介; 妹尾 浩
        日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2021年12月
      • オルガノイドが駆動するがん研究 PKCζ欠失により誘導されるSOX2-SFRP1/2陽性癌関連線維芽細胞集団の同定と機能解析
        笠島 裕明; Moscat Jorge; Diazmeco Maria T.; 中西 祐貴; 工藤 洋太郎; 八代 正和; 大平 雅一
        日本癌学会総会記事, 2021年09月
      • Bmi1はPI3K/AKT pathwayの活性化とacinar genesの発現制御を介して膵癌形成に重要である
        薗 誠; 福田 晃久; 益田 朋典; 福永 裕一; 吉川 貴章; 荒木 理; 長尾 宗政; 平松 由紀子; 小川 智; 津田 喬之; 丸野 貴久; 中西 祐貴; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2021年09月
      • 【炎症性腸疾患診療の新たな展開】炎症性腸疾患と発癌リスク
        濱田 健輔; 尾松 万悠紀; 北本 博規; 岡部 誠; 垣内 伸之; 中西 祐貴; 本澤 有介; 山本 修司; 妹尾 浩
        臨牀と研究, 2021年05月
      • Atypical PKCによる大腸癌発生抑制機構の分子的解明と治療への応用
        中西 祐貴
        日本応用酵素協会誌, 2021年03月
      • 消化器領域における再生医療:基礎的研究の最前線 大腸の恒常性維持におけるEP4の役割と再生医療への応用について
        松本 善秀; 中西 祐貴; 福田 晃久
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • 巨大な有茎性ポリープを呈し、内視鏡的に切除し得た胃平滑筋肉腫の一例
        緒方 梨沙; 清水 孝洋; 中西 祐貴; 塩川 雅広; 二階堂 光洋; 本澤 有介; 妹尾 浩
        日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2020年12月
      • 新たなシグナル検出法・アプローチに基づくリン酸化シグナル研究の新展開 atypical PKCによる大腸癌抑制機構の分子的解明
        中西 祐貴
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月

      講演・口頭発表等

      • 複合的がん免疫療法 高悪性度鋸歯状大腸癌における免疫抑制と間質反応を標的とした癌免疫療法(Combination strategy with immunotherapy A combination immunotherapy targeting immunosuppression and stromal phenotypes of aggressive serrated intestinal cancer)
        中西 祐貴; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月, 日本癌学会
      • 新たなシグナル検出法・アプローチに基づくリン酸化シグナル研究の新展開 atypical PKCによる大腸癌抑制機構の分子的解明
        中西 祐貴
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2019年09月, (公社)日本生化学会, 招待有り
      • 腸腫瘍幹細胞特異的マーカーDclk1の同定(Identification of Dclk1 as a specific tumor stem cell marker in the intestine)
        中西 祐貴; 妹尾 浩; 上尾 太郎; 千葉 勉
        日本癌学会総会記事, 2013年10月, 日本癌学会, 招待有り
      • 腸腫瘍幹細胞に特異的なマーカーDclk1の同定
        妹尾浩; 中西祐貴; 千葉勉
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年, 招待有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • ハイブリッド療法による大腸がん治療抵抗性メカニズムの克服
        基盤研究(B)
        小区分53010:消化器内科学関連
        京都大学
        中西 祐貴
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        大腸癌
      • 分化の揺らぎを克服する新規大腸がん治療戦略の構築
        基盤研究(B)
        小区分53010:消化器内科学関連
        京都大学
        妹尾 浩
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        大腸がん
      • 癌幹細胞の腫瘍抗原性調節による大腸癌免疫療法の検討
        若手研究
        小区分50010:腫瘍生物学関連
        京都大学
        中西 祐貴
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        大腸癌;癌幹細胞;癌免疫療法;転移

      ページ上部へ戻る