教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

宇南山 卓

ウナヤマ タカシ

経済研究所 経済情報解析研究部門 教授

宇南山 卓
list
    Last Updated :2022/06/23

    基本情報

    協力講座

    • 経済学研究科, 経済学専攻 数量産業分析講座, 教授

    学位

    • 修士(経済学)(東京大学)
    • 博士(経済学)(東京大学)

    経歴

    • 自 2020年09月, 至 現在
      京都大学, 経済研究所 経済情報解析研究部門, 教授
    • 自 2019年12月, 至 2020年08月
      一橋大学, 経済研究所 社会科学統計情報研究センター, 教授
    • 自 2015年04月01日, 至 2019年11月30日
      一橋大学, 経済研究所 社会科学統計情報研究センター, 准教授
    • 自 2013年03月01日, 至 2015年03月31日
      財務省, 財務総合政策研究所, 総括主任研究員
    • 自 2012年10月01日, 至 2013年03月31日
      一橋大学, 経済研究所 社会科学統計情報研究センター, 准教授
    • 自 2006年10月01日, 至 2012年09月30日
      神戸大学, 大学院経済学研究科, 准教授
    • 自 2003年04月01日, 至 2006年09月30日
      京都大学, 経済研究所, 講師
    • 自 2002年04月01日, 至 2003年03月31日
      慶応大学, 総合政策学部, 講師

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/23

      研究

      研究キーワード

      • 家計調査
      • 経済統計
      • 消費者理論
      • 日本経済論

      研究分野

      • 人文・社会, 経済政策
      • 人文・社会, 経済政策
      • 人文・社会, 理論経済学

      論文

      • 家計の把握とRICH プロジェクト
        宇南山 卓
        『経済研究』, 2019年10月, 査読有り
      • Estimating the Impacts of Program Benefits: Using Instrumental Variables with Underreported and Imputed Data (共著)
        Takashi Unayama; Melvin Stephens Jr
        Review of Economics and Statistics, 2019年07月, 査読有り
      • Abenomics, The Housing Market, and Consumption
        HAUSMAN; Joshua K; Takashi UNAYAMA; Johannes F. WIELAND
        『経済分析』(内閣府経済社会総合研究所), 2019年06月
      • 第4次産業革命時代における国民経済計算
        宇南山 卓
        『季刊国民経済計算』, 2018年12月
      • 第4次産業革命と統計調査
        宇南山 卓
        『統計』, 2018年11月
      • 日本の「家計調査」と「国民経済計算(SNA)」における家計貯蓄率の乖離 ―1994 年から 2015 年における日本の家計貯蓄率低下要因― (共著)
        宇南山 卓; 米田 泰隆
        『フィナンシャル・レビュー』, 2018年07月
      • 出生率向上の政策効果―子育てと就業の両立支援策
        宇南山 卓
        福田慎一(編)『検証 アベノミクス「新三本の矢」: 成長戦略による構造改革への期待と課題』東京大学出版, 2018年06月
      • 待機児童解消できるか(上)保育料引き上げが現実策
        宇南山 卓
        日本経済新聞 「経済教室」欄, 2017年06月
      • 少子化と未婚化
        宇南山 卓
        『統計』, 2017年03月
      • 出生率向上に向けて
        宇南山 卓
        『日経研月報』, 2017年01月
      • MEASURING INTERTEMPORAL SUBSTITUTION IN CONSUMPTION: EVIDENCE FROM A VAT INCREASE IN JAPAN
        David Cashin; Takashi Unayama
        REVIEW OF ECONOMICS AND STATISTICS, 2016年05月, 査読有り
      • Measuring Intertemporal Substitution in Consumption: Evidence from a VAT Increase in Japan (共著)
        Takashi Unayama; David Cashin
        The Review of Economics and Statistics, 2016年05月01日, 査読有り
      • The wealthy hand to mouth in Japan (共著)
        Ryota Hara; Takashi Unayama; Justin Weidner
        Economics Letters, 2016年04月, 査読有り
      • 経済センサスー活動調査とSNA
        宇南山 卓
        『統計』, 2016年04月
      • Wealthy Hand to Mouth in Japan (共著)
        Ryota Hara; Takashi Unayama; Justin Weidner
        Economics Letters, 2016年03月, 査読有り
      • 子育てと仕事の非両立が少子化を進めたのか?
        宇南山 卓
        阿部正浩編『少子化は止められるか? - 政策課題と今後のあり方』有斐閣, 2016年03月
      • マイクロ・データを用いた社会保険料の推計とその妥当性の検証 (共著)
        多田隼士; 大野太郎; 宇南山卓
        財務省財務総合政策研究所DP通算291号, 2016年02月
      • 統計ウォッチング : 人口・社会統計 結婚・出産と就業の両立可能性
        宇南山 卓
        『統計』, 2016年01月
      • Child Benefit Payments and Household Wealth Accumulation
        Melvin Stephens; Takashi Unayama
        JAPANESE ECONOMIC REVIEW, 2015年12月, 査読有り
      • 株価の上昇が資産・所得・消費の格差に与えた影響
        宇南山 卓
        『貧困研究』, 2015年12月
      • Child Benefit Payments and Household Wealth Accumulation (共著)
        Melvin Stephens; Takashi Unayama
        Japanese Economic Review, 2015年12月01日, 査読有り
      • 消費関連統計の比較
        宇南山卓
        『フィナンシャル・レビュー』, 2015年03月
      • 『サービス産業の生産性』森川正之
        宇南山 卓
        『RIETI Highlight』, 2014年12月
      • 株価が消費に与える影響:アベノミクス期を用いた資産効果の計測 (共著)
        宇南山卓; 古村典洋
        PRI Discussion Paper Serie, 2014年08月
      • 応急仮設住宅と被災者の支援
        宇南山卓
        『季刊 住宅土地経済』, 2014年04月
      • 災害救助法と応急仮設住宅 : 阪神・淡路大震災の経験から
        宇南山卓
        『国民経済雑誌』, 2013年09月
      • 被災者の支援は、「仮設住宅」より「空き家」活用で
        宇南山 卓
        『日経ビジネスオンライン』, 2012年10月
      • The Impact of Retirement on Household Consumption in Japan (共著)
        Melvin Stephens Jr; Takashi Unayama
        Journal of Japanese and International Economies, 2012年03月, 査読有り
      • ライフサイクル・恒常所得仮説の検証とマクロ経済学の発展
        宇南山卓
        『社会科学研究』, 2011年11月
      • 消費増税、景気に影響軽微
        宇南山 卓
        「経済教室」『日本経済新聞』, 2011年10月
      • The Consumption Response to Seasonal Income: Evidence from Japanese Public Pension Benefits (共著)
        Melvin Stephens; Takashi Unayama
        American Economic Journal: Applied Economics, 2011年10月, 査読有り
      • 本当に有効な子育て支援とは
        宇南山 卓
        『日経ビジネスオンライン』, 2011年09月
      • 家計調査のパネル化について : 世帯照合の方法
        宇南山卓
        『国民経済雑誌』, 2011年09月
      • 結婚・出産と就業の両立可能性と保育所の整備
        宇南山卓
        『日本経済研究』, 2011年07月, 査読有り
      • 家計調査の課題と改善に向けて
        宇南山卓
        『統計と日本経済』, 2011年04月, 査読有り
      • 価格と物価の違い:マネジメント~パソコンがデフレ要因?
        宇南山 卓
        『日経ビジネス』, 2011年03月
      • プロダクト・イノベーションと経済成長:日本の経験 (共著)
        宇南山卓; 安藤浩一; 慶田昌之; 宮川修子; 吉川洋
        吉川洋・藤田昌久編 『少子高齢化の下での経済活力』 日本評論社, 2011年03月
      • 格差の計測:マネジメント~シンデレラに見る格差
        宇南山 卓
        『日経ビジネス』, 2010年10月
      • やさしい経済学―「真」の貯蓄率と統計のクセ
        宇南山 卓
        『日本経済新聞』, 2010年08月
      • 「世代論」で語る消費分析のワナ
        宇南山 卓
        『日経ビジネスオンライン』, 2010年06月
      • 人口基準に保育所整備を
        宇南山 卓
        「経済教室」『日本経済新聞』, 2009年11月
      • 子ども手当を母の手に
        宇南山 卓
        『日経ビジネス』, 2009年10月
      • 新しい家族の経済学:Collectiveモデルとその応用 (共著)
        宇南山卓; 小田原彩子
        『国民経済雑誌』, 2009年10月
      • Measuring the substitution bias in Japan: the demand system approach and a superlative index
        Takashi Unayama
        APPLIED ECONOMICS, 2008年, 査読有り
      • 景気指標としての消費
        宇南山 卓
        JOYO ARC, 2007年09月
      • 消費者物価指数と全国物価統計調査:「地域差指数」の整合性の検証
        宇南山 卓
        『統計』日本統計協会, 2007年09月
      • 『不況のメカニズム』小野善康著
        宇南山 卓
        「日本経済新聞」, 2007年06月
      • 予備的貯蓄とケインズ型消費関数
        宇南山卓
        『社会科学研究』, 2007年03月
      • The Engel curve for alcohol and the rank of demand systems
        Takashi Unayama
        JOURNAL OF APPLIED ECONOMETRICS, 2006年11月, 査読有り
      • 経済活動を測る「ものさし」:消費者物価指数について
        宇南山 卓
        『明日への統計2005』総務省統計局統計調査部, 2005年06月
      • Upward bias in the consumer price index under the zero-inflation economy
        T Unayama
        ECONOMICS LETTERS, 2004年10月, 査読有り
      • 消費者物価指数と真の物価指数
        宇南山卓
        『日経研月報』, 2004年03月
      • 日米の輸出入統計と品質調整
        宇南山卓
        松本和幸編 『国際収支と経済成長』 日本評論社, 2003年09月
      • Product variety and real exchange rates: The Balassa-Samuelson model reconsidered
        T Unayama
        JOURNAL OF ECONOMICS, 2003年05月, 査読有り
      • 消費者物価のクロスセクション比較:全国物価統計調査の指数算式に関するノート
        宇南山卓
        『経済研究』, 2002年10月, 査読有り
      • 『全国物価統計調査』に見るディスカウント店
        宇南山 卓
        『統計』日本統計協会, 2002年09月
      • 顕示選好理論による真の物価指数の計測:ミクロデータの活用
        宇南山卓
        美添泰人・大瀧雅之編 『家計のミクロ統計分析』(財) 統計情報研究開発センター刊, 2002年09月
      • 名目賃金交渉とリスクシェアリング仮説 (共著)
        宇南山卓; 大瀧雅之; 玉井義浩
        『社会科学研究』, 2001年03月
      • 日本の交易条件と均衡為替レート
        宇南山卓
        『日本経済研究』, 2000年09月, 査読有り
      • 連鎖指数と指数の理論
        宇南山卓
        『韓国統計庁発行雑誌』, 2000年06月
      • 合理的労使交渉と有効需要管理政策 (共著)
        宇南山卓; 大瀧雅之; 斉藤孝
        『社会科学研究』, 2000年02月
      • 為替レートの理論と実証:展望 (共著)
        宇南山卓; 本西泰三
        『フィナンシャル・レビュー』, 1999年01月

      MISC

      • 消費の決定理論 : ライフサイクル仮説とその日暮らし (特集 変容する消費の実態を探る)
        宇南山 卓
        統計, 2017年06月

      講演・口頭発表等

      • Can Population Aging Explain Saving Rate in Japan?
        Takashi Unayama
        93rd Annual Conference - Western Economic Association International, 2017年06月
      • 少子化の原因と保育所整備
        宇南山 卓
        日本応用経済学会春季大会, 2015年06月14日, 招待有り
      • Child Care and Female Labor Participation in Japan
        Takashi Unayama
        KIHASA-Oxford Conference, 2014年12月09日, 招待有り

      書籍等出版物

      外部資金:科学研究費補助金

      • 資産価格バブルと金融規制: 繰り返しバブルと期待の役割
        基盤研究(B)
        小区分07040:経済政策関連
        一橋大学
        陣内 了
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        資産価格バブル;金融規制;経済成長;景気循環
      • 家計簿からみた生活水準の推移と社会経済の変容
        基盤研究(A)
        中区分7:経済学、経営学およびその関連分野
        立正大学;一橋大学
        北村 行伸
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        経済史;農業経済研究;日本の家計;パネルデータ;家計調査;農業経済調査
      • 家計簿アプリを活用した家計データの構築と分析
        基盤研究(A)
        中区分7:経済学、経営学およびその関連分野
        京都大学;一橋大学
        宇南山 卓
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        家計簿アプリ;家計行動;消費
      • ビッグデータによる家計行動の分析(国際共同研究強化)
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
        京都大学;一橋大学
        宇南山 卓
        完了
        家計簿アプリ;家計収支;社会調査;家計;消費;家計行動;ビッグデータ
      • 戦前・戦中・戦後にわたる長期の家計行動のダイナミックスとその制度分析
        基盤研究(A)
        一橋大学
        北村 行伸
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        農家経済調査;家計;パネルデータ;家計簿;社会科学;経済学;経済史;家計消費
      • 家計行動の多面的分析
        基盤研究(B)
        一橋大学
        宇南山 卓
        自 2015年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        家計行動;統計調査;家計収支;家計;消費;住宅ローン;家計簿アプリ;家計消費;ミクロデータ;家計調査;ライフサイクル仮説;家計資産
      • 経済統計・政府統計の理論と応用からの提言
        基盤研究(A)
        一橋大学;一般財団法人統計研究会
        山本 拓
        自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        経済統計;政府統計;標本調査;データの匿名化;人口統計;季節調整;パネルデータ;小地域統計;パネル・データ;匿名化;SNA;地域統計;統計の秘匿;人口予測;標本調査票;家計調査の改善と応用;国際情報交流
      • 阪神・淡路大震災と東日本大震災の被害と復興及び長期的影響に関する経済分析
        基盤研究(B)
        神戸大学
        萩原 泰治
        自 2013年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        阪神・淡路大震災;東日本大震災;復興政策;阪神淡路大震災;経済復興
      • 人口減少・高齢化の下での日本の経常収支のダイナミクス
        基盤研究(A)
        一橋大学
        祝迫 得夫
        自 2013年10月21日, 至 2017年03月31日, 完了
        経常収支;為替レート;貯蓄投資バランス;少子高齢化;ベクトル自己回帰モデル;石油価格;ISバランス;家計の金融行動;企業の金融行動;家計調査;実現ボラティリティ;経済政策;日本経済論
      • 2008SNAの検討――生産の境界・資本の境界・市場の境界
        基盤研究(C)
        専修大学
        作間 逸雄
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        国民経済計算;2008SNA;暖簾;無償労働;サテライト勘定;SEEA;SEEA-WATER;CGEモデル;貴重品;2008SNA;SEEAセントラルフレームワーク;PPP;08SNA;研究開発;SAM;SEEA-Water;本社;持株会社
      • 経済統計・政府統計の数理的基礎と応用
        基盤研究(A)
        日本大学
        山本 拓
        自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        政府統計;経済統計;数理統計学;マクロ時系列データ;ミクロ統計データ;季節調節法;小地域統計;ベンチマーク問題;標本調査;ベンチマーク法;季節調整法;人口統計;GDP統計;マクロ時系列;政府公表系列;ミクロ経済データ
      • 家計に対する補助金政策の消費喚起効果の計測
        若手研究(B)
        一橋大学;神戸大学
        宇南山 卓
        自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        消費;ライフサイクル仮説;家計行動;ミクロデータ;補助金政策;定額給付金;児童手当;家計調査
      • 定年退職と消費行動に関する分析
        若手研究(B)
        神戸大学
        宇南山 卓
        完了
        定年退職;消費;家計調査;退職;恒常所得仮説
      • 日本の家計の消費行動についての実証的研究
        若手研究(B)
        京都大学
        宇南山 卓
        完了
        家計消費;物価指数;予備的貯蓄;Demand System
      • 世帯データの統計的分析基盤の整備と応用
        萌芽研究
        青山学院大学
        美添 泰人
        完了
        官庁統計;ミクロデータ;デーダベース;家計調査;家計消費状況調査;世帯属性;データアーカイブ;データベース
      list
        Last Updated :2022/06/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          上級マクロ経済学
          A402, 後期, 経済学研究科, 4
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          上級マクロ経済学
          後期, 経済学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用データ分析
          前期, 経済学研究科

        博士学位審査

        • グローバル化と中小製造業の選択 ミクロデータから「境界線の企業」を見る
          伊藤 公二, 経済学研究科, 副査
          2022年03月23日
        list
          Last Updated :2022/06/23

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            人事委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            評価委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            編集・研究会委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            編集委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究科会議調整委員会(教科委員)委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            公的統計オンサイト利用施設運営室 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            公的統計オンサイト利用施設運営室 副室長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            オンサイト施設運営委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            オンサイト施設運営委員会 副委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            経済情報解析研究部門担当者

          ページ上部へ戻る