教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

森 由希子

モリ ユキコ

医学部附属病院 医療情報企画部 講師

森 由希子
list
    Last Updated :2022/07/02

    基本情報

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程外科系専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 滋賀医科大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 京都大学

    使用言語

    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/07/02

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        本邦のがん患者の治療実態調査、NDB databaseを利用したリアルワールドデータ研究、食道癌術後患者における食思関連ホルモン変動、抗がん薬アレルギー反応、中心静脈ポートの安全性の評価
      • 研究概要

        現在、NDBの提供をうけ、本邦のがん患者の治療実態調査を行っている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学

      論文

      • Multicenter phase II study of trifluridine/tipiracil for esophageal squamous carcinoma refractory/intolerant to 5-fluorouracil, platinum compounds, and taxanes: the ECTAS study.
        Yukiko Mori; Osamu Kikuchi; Takahiro Horimatsu; Hiroki Hara; Shuichi Hironaka; Takashi Kojima; Ken Kato; Takahiro Tsushima; Ryu Ishihara; Kumi Mukai; Ryuji Uozumi; Harue Tada; Hiroi Kasai; Atsushi Kawaguchi; Manabu Muto
        Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society, 2022年01月20日
      • Kinetic information from dynamic contrast-enhanced MRI enables prediction of residual cancer burden and prognosis in triple-negative breast cancer: a retrospective study.
        Ayane Yamaguchi; Maya Honda; Hiroshi Ishiguro; Masako Kataoka; Tatsuki R Kataoka; Hanako Shimizu; Masae Torii; Yukiko Mori; Nobuko Kawaguchi-Sakita; Kentaro Ueno; Masahiro Kawashima; Masahiro Takada; Eiji Suzuki; Yuji Nakamoto; Kosuke Kawaguchi; Masakazu Toi
        Scientific reports, 2021年05月12日
      • 当院における治療実績から考えるHer2陽性乳がんに対する周術期薬物治療の現状と将来展望
        何 佳曦; 川島 雅央; 高田 正秦; 林 雪; 西村 友美; 西江 万梨子; 松本 純明; 河口 浩介; 森 由希子; 鈴木 栄治; 戸井 雅和
        日本乳癌学会総会プログラム抄録集, 2020年10月
      • A phase 2 basket trial of combination therapy with trastuzumab and pertuzumab in patients with solid cancers harboring human epidermal growth factor receptor 2 amplification (JUPITER trial).
        Kenta Takahashi; Eri Ishibashi; Toshio Kubo; Yohei Harada; Hideyuki Hayashi; Masayuki Kano; Yasushi Shimizu; Hidekazu Shirota; Yukiko Mori; Manabu Muto; Chikashi Ishioka; Hirotoshi Dosaka-Akita; Hisahiro Matsubara; Hiroshi Nishihara; Naoko Sueoka-Aragane; Shinichi Toyooka; Akihiro Hirakawa; Ukihide Tateishi; Satoshi Miyake; Sadakatsu Ikeda
        Medicine, 2020年08月07日
      • A Multicenter Phase 2 Study on the Feasibility and Efficacy of Neoadjuvant Chemotherapy Without Radiotherapy for Locally Advanced Rectal Cancer
        Suguru Hasegawa; Saori Goto; Takuya Matsumoto; Koya Hida; Kenji Kawada; Ryo Matsusue; Takashi Yamaguchi; Ryuta Nishitai; Dai Manaka; Shigeru Kato; Yoshio Kadokawa; Satoshi Yamanokuchi; Junichiro Kawamura; Masazumi Zaima; Takahisa Kyogoku; Akiyoshi Kanazawa; Yukiko Mori; Masashi Kanai; Shigemi Matsumoto; Yoshiharu Sakai
        ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • Severe esophagitis associated with cytomegalovirus during concurrent chemoradiotherapy for esophageal cancer
        Rihito Aizawa; Shigemi Matsumoto; Yu Uneno; Yoshitaka Nishikawa; Yoshinao Ozaki; Yukiko Mori; Masashi Kanai; Yuichi Ishida; Katsuyuki Sakanaka; Masahiro Hiraoka; Manabu Muto
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2017年09月, 査読有り
      • Association between UGT1A1*28*28 genotype and lung cancer in the Japanese population
        Yoshitaka Nishikawa; Masashi Kanai; Maiko Narahara; Akiko Tamon; J. B. Brown; Kei Taneishi; Masahiko Nakatsui; Kazuya Okamoto; Yu Uneno; Daisuke Yamaguchi; Teruko Tomono; Yukiko Mori; Shigemi Matsumoto; Yasushi Okuno; Manabu Muto
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2017年04月, 査読有り
      • A retrospective analysis on the utility and complications of upper arm ports in 433 cases at a single institute
        Yukiko Mori; Satoshi Nagayama; Jun-ichiro Kawamura; Suguru Hasegawa; Eiji Tanaka; Hiroshi Okabe; Megumi Takeuchi; Makoto Sonobe; Shigemi Matsumoto; Masashi Kanai; Manabu Muto; Tsutomu Chiba; Yoshiharu Sakai
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2016年06月, 査読有り
      • UGT1A1 遺伝子多型と肺癌のリスクに関する研究
        西川佳孝; 金井雅史; 奈良原舞子; 種石慶; 岡本和也; 釆野優; 森由希子; 松本繁巳; 奥野恭史; 武藤学
        医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2016 東京 プログラム・抄録集, 2016年04月, 査読有り
      • Prognostic model for survival based on readily available pretreatment factors in patients with advanced pancreatic cancer receiving palliative chemotherapy
        Tadayuki Kou; Masashi Kanai; Michio Yamamoto; Peng Xue; Yukiko Mori; Yasushi Kudo; Akira Kurita; Norimitsu Uza; Yuzo Kodama; Masanori Asada; Michiya Kawaguchi; Toshihiko Masui; Masaki Mizumoto; Shujiro Yazumi; Shigemi Matsumoto; Kyoichi Takaori; Satoshi Morita; Manabu Muto; Shinji Uemoto; Tsutomu Chiba
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2016年02月, 査読有り
      • Paraneoplastic Limbic Encephalitis in a Human Epidermal Growth Factor Receptor-2-positive Gastric Cancer Patient Treated with Trastuzumab-combined Chemotherapy: A Case Report and Literature Review
        Yu Uneno; Akira Yokoyama; Yoshitaka Nishikawa; Taro Funakoshi; Yoshinao Ozaki; Ikuo Aoyama; Kiichiro Baba; Daisuke Yamaguchi; Shuko Morita; Yukiko Mori; Masashi Kanai; Hisanori Kinoshita; Takeshi Inoue; Nobukatsu Sawamoto; Riki Matsumoto; Shigemi Matsumoto; Manabu Muto
        INTERNAL MEDICINE, 2016年, 査読有り
      • Safety and Antitumor Activity of Anti-PD-1 Antibody, Nivolumab, in Patients With Platinum-Resistant Ovarian Cancer
        Junzo Hamanishi; Masaki Mandai; Takafumi Ikeda; Manabu Minami; Atsushi Kawaguchi; Toshinori Murayama; Masashi Kanai; Yukiko Mori; Shigemi Matsumoto; Shunsuke Chikuma; Noriomi Matsumura; Kaoru Abiko; Tsukasa Baba; Ken Yamaguchi; Akihiko Ueda; Yuko Hosoe; Satoshi Morita; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Tasuku Honjo; Ikuo Konishi
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2015年12月, 査読有り
      • A new approach to collecting biobank and bioinformatics data at Kyoto University Cancer Center
        Muto Manabu; Uneno Yu; Nishikawa Yoshitaka; Mori Yukiko; Kanai Masashi; Mastumoto Shigemi; Kato Genta; Kuroda Tomohiro; Morita Satoshi; Okuno Yasushi
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2015年11月, 査読有り
      • Prognostic model for survival in patients with advanced pancreatic cancer receiving palliative chemotherapy.
        Uneno Yu; Kou Tadayuki; Kanai Masashi; Yamamoto Michio; Xue Peng; Mori Yukiko; Kudo Yasushi; Kurita Akira; Uza Norimitsu; Kodama Yuzo; Asada Masanori; Masui Toshihiko; Yazumi Shujiro; Matsumoto Shigemi; Takaori Kyoichi; Morita Satoshi; Muto Manabu; Chiba Tsutomu
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2015年01月20日, 査読有り
      • 抗PD-1抗体(Nivolumab)を用いた卵巣癌に対する第II相医師主導治験
        濱西 潤三; 万代 昌紀; 池田 隆文; 川口 淳; 金井 雅史; 森 由希子; 松本 繁巳; 松村 謙臣; 安彦 郁; 山口 建; 植田 彰彦; 森田 智視; 清水 章; 本庶 佑; 小西 郁生
        日本癌治療学会誌, 2014年06月, 査読有り
      • Neutrophil-to-lymphocyte ratio for predicting palliative chemotherapy outcomes in advanced pancreatic cancer patients
        Peng Xue; Masashi Kanai; Yukiko Mori; Takafumi Nishimura; Norimitsu Uza; Yuzo Kodama; Yoshiya Kawaguchi; Kyoichi Takaori; Shigemi Matsumoto; Shinji Uemoto; Tsutomu Chiba
        CANCER MEDICINE, 2014年04月, 査読有り
      • Comparative Outcomes Between Initially Unresectable and Recurrent Cases of Advanced Pancreatic Cancer Following Palliative Chemotherapy
        Peng Xue; Masashi Kanai; Yukiko Mori; Takafumi Nishimura; Norimitsu Uza; Yuzo Kodama; Yoshiya Kawaguchi; Kyoichi Takaori; Shigemi Matsumoto; Shinji Uemoto; Tsutomu Chiba
        PANCREAS, 2014年04月, 査読有り
      • Use of glucose solution for the alleviation of gemcitabine-induced vascular pain: A double-blind randomized crossover study
        Hiroki Nagai; Toshiyuki Kitano; Takafumi Nishimura; Hiroyasu Yasuda; Kazumi Nakata; Sachie Takashima; Masashi Kanai; Shigemi Matsumoto; Yukiko Mori; Yuichi Kakudo; Hiroyasu Sato; Takuhiro Yamaguchi; Kaoru Kameno; Young Hak Kim; Michiaki Mishima; Kazuhiro Yanagihara
        Supportive Care in Cancer, 2013年12月, 査読有り
      • A phase i study investigating the safety and pharmacokinetics of highly bioavailable curcumin (Theracurmin®) in cancer patients
        M. Kanai; Y. Otsuka; K. Otsuka; M. Sato; T. Nishimura; Y. Mori; M. Kawaguchi; E. Hatano; Y. Kodama; S. Matsumoto; Y. Murakami; A. Imaizumi; T. Chiba; J. Nishihira; H. Shibata
        Cancer Chemotherapy and Pharmacology, 2013年06月, 査読有り
      • Loss at long arm of chromosome 4 as a predictive factor for recurrence of human hepatocellular carcinoma after orthotopic living-donor liver transplantation.
        Nishimura Takafumi; Mori Yukiko; Uemoto Shinji; Nishida Naoshi
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2013年05月20日, 査読有り
      • StageIV症例における外科介入の役割
        松本 卓也; 長谷川 傑; 松末 亮; 大越 香江; 山田 理大; 河田 健二; 川村 純一郎; 森 由希子; 松本 繁巳; 坂井 義治
        日本大腸肛門病学会雑誌, 2012年03月, 査読有り
      • A phase II study of neoadjuvant bevacizumab plus capecitabine and concomitant radiotherapy in patients with locally advanced rectal cancer
        Giampietro Gasparini; Francesco Torino; Takayuki Ueno; Stefano Cascinu; Teresa Troiani; Alberto Ballestrero; Rossana Berardi; Junichi Shishido; Akihiko Yoshizawa; Yukiko Mori; Satoshi Nagayama; Paola Morosini; Masakazu Toi
        ANGIOGENESIS, 2012年03月, 査読有り
      • Temporary blood pressure drop after bevacizumab administration is associated with clinical course of advanced colorectal cancer
        M. Kanai; H. Ishiguro; Y. Mori; T. Kitano; T. Nishimura; S. Matsumoto; K. Yanagihara; T. Chiba; M. Toi
        BRITISH JOURNAL OF CANCER, 2011年11月, 査読有り
      • 進行直腸癌に対する術前化学療法の意義
        松本 卓也; 長谷川 傑; 肥田 侯矢; 大越 香江; 山田 理大; 河田 健二; 川村 純一郎; 森 由希子; 松本 繁巳; 坂井 義治
        日本大腸肛門病学会雑誌, 2011年08月, 査読有り
      • A phase I/II study of gemcitabine-based chemotherapy plus curcumin for patients with gemcitabine-resistant pancreatic cancer
        Masashi Kanai; Kenichi Yoshimura; Masanori Asada; Atsushi Imaizumi; Chihiro Suzuki; Shigemi Matsumoto; Takafumi Nishimura; Yukiko Mori; Toshihiko Masui; Yoshiya Kawaguchi; Kazuhiro Yanagihara; Shujiro Yazumi; Tsutomu Chiba; Sushovan Guha; Bharat B. Aggarwal
        CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 2011年07月, 査読有り
      • A Case of Progressive Digital Ischemia after Early Withdrawal of Gemcitabine and S-1 in a Patient with Systemic Sclerosis
        C. Zaima; M. Kanai; S. Ishikawa; Y. Kawaguchi; T. Masui; Y. Mori; T. Nishimura; S. Matsumoto; K. Yanagihara; T. Chiba; T. Mimori
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2011年06月, 査読有り
      • A multi-institution phase II study of gemcitabine/S-1 combination chemotherapy for patients with advanced biliary tract cancer
        Masashi Kanai; Kenichi Yoshimura; Takehiko Tsumura; Masanori Asada; Chihiro Suzuki; Miyuki Niimi; Shigemi Matsumoto; Takafumi Nishimura; Takashi Nitta; Kentaro Yasuchika; Kojiro Taura; Yukiko Mori; Akihiko Hamada; Naoya Inoue; Shinsuke Tada; Kazuhiro Yanagihara; Shujiro Yazumi; Yukio Osaki; Tsutomu Chiba; Iwao Ikai; Masanori Fukushima; Shinji Uemoto; Etsuro Hatano
        CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 2011年06月, 査読有り
      • 進行直腸癌に対する術前化学療法の意義
        松本 卓也; 長谷川 傑; 肥田 侯矢; 大越 香江; 山田 理大; 河田 健二; 川村 純一郎; 森 由希子; 松本 繁巳; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2011年05月
      • A large cystic gastrointestinal stromal tumor of the rectum in the retrorectal space
        Ryo Takahashi; Satoshi Nagayama; Yukiko Mori; Hiroyoshi Isoda; Akihiko Yoshizawa; Toshiaki Manabe; Yoshiharu Sakai
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2010年12月, 査読有り
      • 外来化学療法の現状と問題点 効率的で患者に優しいがん治療を目指して 本院における外来化学療法の現状と問題点
        柳原 一広; 西村 貴文; 石黒 洋; 松本 繁巳; 北野 俊行; 金井 雅史; 挾間 恵; 森 由希子; 高島 幸恵; 中田 和美; 小谷 昌代; 嶋野 玲子; 小林 政彦; 千葉 勉
        日本癌治療学会誌, 2010年09月, 査読有り
      • TS-1/gemcitabine併用療法中に難治性指尖部潰瘍を認めた強皮症の一例
        財間 千景; 金井 雅史; 石川 聖子; 川口 義弥; 増井 俊彦; 森 由希子; 西村 貴文; 松本 繁巳; 柳原 一広; 千葉 勉; 三森 経世
        日本癌治療学会誌, 2010年09月, 査読有り
      • VEGF Hypersecretion as a Plausible Mechanism for Pseudo-Meigs' Syndrome in Advanced Colorectal Cancer
        Yoshihisa Okuchi; Satoshi Nagayama; Yukiko Mori; Junichiro Kawamura; Shigemi Matsumoto; Takafumi Nishimura; Akihiko Yoshizawa; Yoshiharu Sakai
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2010年05月, 査読有り
      • Associations between glutathione S-transferase π Ile105Val and glyoxylate aminotransferase Pro11Leu and Ile340Met polymorphisms and early-onset oxaliplatin-induced neuropathy
        M. Kanai; A. Yoshioka; S. Tanaka; S. Nagayama; S. Matsumoto; T. Nishimura; M. Niimi; S. Teramukai; R. Takahashi; Y. Mori; T. Kitano; H. Ishiguro; K. Yanagihara; T. Chiba; M. Fukushima; F. Matsuda
        Cancer Epidemiology, 2010年04月, 査読有り
      • 【抗がん剤の副作用と支持療法】 化学療法における貧血の診断と治療
        森 由希子; 北野 俊行; 石黒 洋
        腫瘍内科, 2010年03月
      • FOLFOXが著効し切除しえた巨大な他臓器浸潤直腸癌の一例
        大越 香江; 長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 森 由希子; 小濱 和貴; 田中 英治; 河田 健二; 細木 久裕; 枡森 宏次; 伊丹 淳; 岡部 寛; 坂井 義治
        日本大腸肛門病学会雑誌, 2010年02月
      • Oxaliplatin-Free Interval as a Risk Factor for Hypersensitivity Reaction among Colorectal Cancer Patients Treated with FOLFOX
        Yukiko Mori; Takafumi Nishimura; Toshiyuki Kitano; Ken-ichi Yoshimura; Shigemi Matsumoto; Masashi Kanai; Megumi Hazama; Hiroshi Ishiguro; Satoshi Nagayama; Kazuhiro Yanagihara; Satoshi Teramukai; Tsutomu Chiba; Yoshiharu Sakai; Masanori Fukushima
        ONCOLOGY, 2010年, 査読有り
      • A Case Report of Pathologically Complete Response of a Huge Rectal Cancer after Systemic Chemotherapy with mFOLFOX6
        Kae Okoshi; Satoshi Nagayama; Moritoshi Furu; Yukiko Mori; Akihiko Yoshizawa; Junya Toguchida; Yoshiharu Sakai
        JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2009年08月, 査読有り
      • A case of ascending colon cancer accompanied by suspected portal vein tumor thrombosis with long-term survival who received systemic chemotherapy followed by resection of primary lesion
        Atsushi Itami; Kouta Iguchi; Satoshi Nagayama; Akinari Nomura; Junichiro Kawamura; Yukiko Mori; Yoshiharu Sakai
        Japanese Journal of Gastroenterological Surgery, 2009年, 査読有り
      • 鏡視下手術の新たなる展開と挑戦 将来の標準化を目指して 消化管 腹腔鏡下IPAA(大腸亜全摘・直腸粘膜抜去・回腸嚢肛門吻合)の標準化を目指して
        川村 純一郎; 長山 聡; 野村 明成; 森 由希子; 河田 健二; 畑 啓昭; 山口 高史; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月
      • Safety and efficacy of modified FOLFOX6 for treatment of metastatic or locally advanced colorectal cancer
        Shigemi Matsumoto; Takafumi Nishimura; Masashi Kanai; Yukiko Mori; Satoshi Nagayama; Jun'ichiro Kawamura; Akinari Nomura; Shin'ichi Miyamoto; Toshiyuki Kitano; Hiroshi Ishiguro; Kazuhiro Yanagihara; Satoshi Teramukai; Yoshiharu Sakai; Tsutomu Chiba; Masanori Fukushima
        CHEMOTHERAPY, 2008年, 査読有り
      • FOLFOX療法におけるアレルギー反応の検討
        森 由希子; 西村 貴文; 松本 繁巳; 金井 雅史; 柳原 一広; 長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 渡辺 剛; 坂井 義治; 福島 雅典
        日本癌治療学会誌, 2007年09月, 査読有り
      • SiRNA treatment for esophageal cancer cells
        Y. Shimada; Y. Hashimoto; T. Ito; T. Okumura; E. Tanaka; Y. Mori; S. Tsunoda; C. Ortiz; S. Nagayama; J. Fujimoto
        XLII CONGRESS OF THE EUROPEAN SOCIETY FOR SURGICAL RESEARCH, 2007年, 査読有り
      • The biological role of the low-affinity p75 neurotrophin receptor in esophageal squamous cell carcinoma
        Tomoyuki Okumura; Shigeru Tsunoda; Yukiko Mori; Tetsuo Ito; Keiji Kikuchi; Timothy Cragin Wang; Shigeru Yasumoto; Yutaka Shimada
        CLINICAL CANCER RESEARCH, 2006年09月, 査読有り
      • Significance of nerve growth factor overexpression and its autocrine loop in oesophageal squamous cell carcinoma
        S. Tsunoda; T. Okumura; T. Ito; Y. Mori; T. Soma; G. Watanabe; J. Kaganoi; A. Itami; Y. Sakai; Y. Shimada
        BRITISH JOURNAL OF CANCER, 2006年08月, 査読有り
      • Gli-1 expression is associated with lymph node metastasis and tumor progression in esophageal squamous cell carcinoma
        Yukiko Mori; Tomoyuki Okumura; Shigeru Tsunoda; Yoshiharu Sakai; Yutaka Shimada
        ONCOLOGY, 2006年, 査読有り
      • Clinical significance of osteopontin in esophageal squamous cell carcinoma: Comparison with common tumor markers
        Y Shimada; G Watanabe; J Kawamura; T Soma; M Okabe; T Ito; H Inoue; M Kondo; Y Mori; E Tanaka; M Imamura
        ONCOLOGY, 2005年, 査読有り

      MISC

      • 抗体薬 セツキシマブ (分子標的治療薬--最新の選び方・使い方) -- (がん分子標的治療薬の使い方)
        森 由希子; 柳原 一広
        がん治療レクチャー, 2011年
      • BRACAnalysisのコンパニオン診断とHER2陰性転移性乳癌に対するオラパリブ治療の臨床研究
        藤野麻琴; 藤野麻琴; 河口浩介; 高田正泰; 川島雅央; 林雪; 西村友美; 西江万梨子; 西江万梨子; 松本純明; 森由希子; 鈴木栄治; 戸井雅和
        日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集, 2020年
      • レセプト情報等オンサイトリサーチセンター(京都)の現状と今後の展望
        大寺祥佑; 加藤源太; 森由希子; 黒田知宏
        医療情報学連合大会プログラム・抄録集, 2019年
      • ECTAS: A phase II study of TAS-102 for advanced/recurrent esophageal cancer refractory/intolerable to standard therapy
        Tsushima T; Kasai H; Kojima T; Hara H; Mori Y; Ishihara R; Kato K; Hironaka S; Tada H; Muto M
        The 15th the Japanese Society of Medical Oncology Annual Meeting, 2017年07月
      • 食道癌に対する化学療法の新しい展望 ECTAS 標準治療不応または不耐の進行再発食道扁平上皮癌に対するTAS-102医師主導第II相試験
        原 浩樹; 笠井 宏委; 小島 隆嗣; 對馬 隆浩; 森 由希子; 石原 立; 加藤 健; 廣中 秀一; 向井 久美; 多田 春江; 魚住 龍史; 武藤 学
        日本食道学会学術集会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • 上皮様、間葉様の食道扁平上皮がんに対するEGFR阻害剤による分化誘導効果
        吉岡 正博; 大橋 真也; 菊池 理; 玉置 将司; 松原 淳一; 森 由希子; 宮本 心一; 武藤 学
        日本癌学会総会記事, 2016年10月
      • Best of Cancer Investigation(Clinical Research)from Japan '15-'16 卵巣がんに対する抗PD-1抗体(ニボルマブ)免疫療法の安全性と有効性(Best of Cancer Investigation (Clinical Research) from Japan '15-'16)
        濱西 潤三; 万代 昌紀; 池田 隆文; 南 学; 川口 淳; 村山 敏典; 金井 雅史; 森 由希子; 松本 繁; 松村 謙臣; 森田 智視; 清水 章; 本庶 佑; 小西 郁生
        日本癌治療学会学術集会抄録集, 2016年10月
      • 原発不明がん患者に対するクリニカルシーケンス(OncoPrime)を用いたprecision medicine
        松本繁巳; 高忠之; 金井雅史; 永井宏樹; 森由希子; 佐久間朋寛; 鎌田真由美; 中津井雅彦; 奥野恭史; 武藤学
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2016年
      • 胃がん患者の治療実態調査のためのレセプトデータ再構築
        岡本 和也; 森 由希子; 加藤 源太; 黒田 知宏; 武藤 学
        医療情報学連合大会論文集, 2015年11月
      • Analysis of clinical practice data for predictive factors of neutrophil counts during weekly paclitaxel chemotherapy
        D. Yamaguchi; K. Taneishi; A. Tamon; M. Hamanaka; J. B. Brown; Y. Mori; M. Kanai; S. Matsumoto; Y. Okuno; M. Muto
        EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 2015年09月
      • 胃癌症例を対象としたレセプト情報解析のためのデータマートの構築
        岡本 和也; 森 由希子; 加藤 源太; 黒田 知宏; 武藤 学
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 当院におけるレゴラフェニブの使用経験
        山口 大介; 森 由希子; 釆野 優; 西川 佳孝; 船越 太郎; 尾崎 由直; 青山 育雄; 堀松 高博; 野崎 明; 金井 雅史; 松本 繁巳; 武藤 学
        日本消化器病学会雑誌, 2015年09月
      • 京大病院がんセンターにおけるがんチーム医療研修の取り組み
        松本 繁巳; 金井 雅史; 森 由希子; 野崎 明; 堀松 高博; 深津 祥央; 池見 泰明; 山際 岳朗; 石橋 直哉; 井沢 知子; 中田 和美; 角 裕子; 浜辺 陽子; 武藤 学; 千葉 勉
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 京大病院におけるバイオバンク、クリニカルシークエンス、ビッグデータ解析の取組
        武藤 学; 金井 雅史; 森 由希子; 松本 繁巳; 佐久間 朋寛; 小柳 智義; 岡本 和也; 加藤 源太; 黒田 知宏; 森田 智視; 小杉 眞司; 多門 啓子; 種石 慶; 奥野 恭史; 高折 晃史
        日本癌治療学会誌, 2015年09月
      • 食道癌に対する化学放射線治療中にCMV食道炎を発症した1例
        釆野 優; 相澤 理人; 青山 育雄; 森 由希子; 山口 大介; 野崎 明; 尾崎 由直; 西川 佳孝; 松本 繁己; 武藤 学
        日本内科学会雑誌, 2015年02月
      • 診断に苦慮したCalcifying Fibrous Tumorの1例
        西川 佳孝; 釆野 優; 尾崎 由直; 山口 大介; 野崎 明; 森 由希子; 金井 雅史; 松本 繁己; 武藤 学
        日本内科学会雑誌, 2015年02月
      • レセプト情報を用いた本邦における胃がん治療の実態調査
        森由希子; 岡本和也; 加藤源太; 杉野剛史; 首藤真義; 黒田知宏; 武藤学
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2015年
      • 京大病院がんセンターにおけるバイオバンクとメディカルバイオインフォマティクスプロジェクト
        武藤学; 釆野優; 西川佳孝; 森由希子; 金井雅史; 松本繁巳; 加藤源太; 黒田知宏; 森田智視; 奥野恭史
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2015年
      • 臨床リアルワールドデータを用いた癌薬物療法に伴う好中球数変動の予測因子解析
        山口大介; 種石慶; 多門啓子; 浜中雅俊; BROWN J.B; 森由希子; 金井雅史; 松本繁巳; 奥野恭史; 武藤学
        日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM), 2015年
      • Efficacy and safety of anti-PD-1 antibody (Nivolumab: BMS-936558, ONO-4538) in patients with platinum-resistant ovarian cancer
        Junzo Hamanishi; Masaki Mandai; Takafumi Ikeda; Manabu Minami; Atsushi Kawaguchi; Masashi Kanai; Yukiko Mori; Shigemi Matsumoto; Toshinori Murayama; Shunsuke Chikuma; Noriomi Matsumura; Kaoru Abiko; Tsukasa Baba; Ken Yamaguchi; Akihiko Ueda; Satoshi Morita; Masayuki Yokode; Akira Shimizu; Tasuku Honjo; Ikuo Konishi
        American Society of Clinical Oncology, 2014年05月
      • 当院における頭頚部がんに対するセツキシマブ併用化学放射線治療時の疼痛コントロールの現状
        森由希子; 角裕子; 祝千佳子; 津田真弘; 井沢知子; 大浦邦康; 小林正行; 林晶子; 武藤学
        日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 2014年
      • 大腸癌Stage IV症例における治療経過の検討
        松本 卓也; 長谷川 傑; 森 由希子; 堀松 高博; 松末 亮; 大越 香江; 山田 理大; 河田 健二; 松本 繁巳; 坂井 義治
        日本消化器外科学会総会, 2012年07月
      • NF-κB抑制作用を有するクルクミンを用いた新規膵癌治療の開発
        金井 雅史; 吉村 健一; 浅田 全範; 今泉 厚; 鈴木 千尋; 松本 繁巳; 西村 貴文; 森 由希子; 増井 俊彦; 川口 義弥; 柳原 一広; 八隅 秀二郎; 千葉 勉
        臨床薬理の進歩, 2012年06月
      • 胆嚢癌フロントライン 薬物治療 GEM/S‐1併用療法による切除不能胆道癌の治療成績
        金井雅史; 波多野悦朗; 児玉裕三; 田浦康二朗; 石井隆道; 宇座徳光; 森由希子; 西村貴文; 松本繁巳; 千葉勉; 上本伸二
        肝胆膵, 2012年04月28日
      • Association of temporary blood pressure drop after bevacizumab administration with clinical course of advanced colorectal cancer.
        Masashi Kanai; Hiroshi Ishiguro; Yukiko Mori; Toshiyuki Kitano; Takafumi Nishimura; Shigemi Matsumoto; Kazuhiro Yanagihara; Tsutomu Chiba
        JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2012年02月
      • ゲムシタビンに抵抗性となった膵癌・胆道癌患者に対するナノ化クルクミン療法の第I相臨床試験
        金井雅史; 森由希子; 西村貴文; 松本繁巳; 柳原一弘; 千葉勉; 千葉勉; 波多野悦朗; 川口義弥; 児玉裕三; 西平順; 大塚和令; 柴田浩行
        日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集, 2012年
      • PS-127-1 進行直腸癌に対する術前化学療法の意義(PS-127 ポスターセッション(127)大腸:集学的治療-1,第111回日本外科学会定期学術集会)
        松本 卓也; 長谷川 傑; 肥田 侯矢; 大越 香江; 山田 理大; 河田 健二; 川村 純一郎; 森 由希子; 松本 繁巳; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2011年05月25日
      • 【外科医が知っておきたい外来化学療法】外来化学療法の実際 消化器癌(食道癌、胃癌、大腸癌)の外来化学療法
        細木 久裕; 岡部 寛; 田中 英治; 小濱 和貴; 長谷川 傑; 川村 純一郎; 河田 健二; 肥田 候矢; 江副 康正; 武藤 学; 森 由希子; 松本 繁巳; 坂井 義治
        外科治療, 2011年04月
      • NECESSITY OF PREPARATION FOR TERMINAL CARE IN OUTPATIENTS WITH LUNG CANCER RECEIVING CHEMOTHERAPY AT UNIVERSITY HOSPITAL
        Kazuhiro Yanagihara; Takafumi Nishimura; Hiroshi Ishiguro; Shigemi Matsumoto; Toshiyuki Kitano; Masashi Kanai; Megumi Hazama; Yukiko Mori; Hiroki Nagai; Masahiro Takada; Tsutomu Chiba
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年11月
      • PHASE II STUDY OF GEMCITABINE/S-1 COMBINATION THERAPY IN PATIENTS WITH ADVANCED BILIARY TRACT CANCER
        Masashi Kanai; Etsuro Hatano; Takehiko Tsumura; Masanori Asada; Shigemi Matsumoto; Takafumi Nishimura; Akihiko Hamada; Naoya Inoue; Yukiko Mori; Kenichi Yoshimura; Shinsuke Tada; Kazuhiro Yanagihara; Shujiro Yazumi; Yukio Osaki; Tsutomu Chiba
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年11月
      • FDP-D DIMER IS A USEFUL MARKER IN THE DIAGNOSIS OF THROMBOSIS FORMATION ASSOCIATED WITH BEVACIZUMAB TREATMENT
        Yukiko Mori; Shigemi Matsumoto; Takafumi Nishimura; Masashi Kanai; Megumi Hazama; Toshiyuki Kitano; Hiroshi Ishiguro; Kazuhiro Yanagihara; Tsutomu Chiba
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年11月
      • PREPARATION OF TERMINAL CARE FOR OUTPATIENTS WITH LUNG CANCER RECEIVING CHEMOTHERAPY
        K. Yanagihara; T. Nishimura; S. Matsumoto; T. Kitano; H. Ishiguro; M. Kanai; M. Hazama; Y. Mori
        ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年10月
      • Stage II大腸癌治癒切除後の再発症例の臨床病理学的検討
        高橋 亮; 長山 聡; 森 由希子; 野村 明成; 河田 健二; 川村 純一郎; 小濱 和貴; 岡部 寛; 伊丹 淳; 坂井 義治
        日本大腸肛門病学会雑誌, 2010年05月
      • 急激な経過をたどった食道癌術後心筋転移の1例
        高木秀和; 田中英治; 伊丹淳; 大越香江; 細木久裕; 森由希子; 肥田侯矢; 姜貴嗣; 河田健二; 小濱和貴; 野村明成; 長山聡; 岡部寛; 坂井義治
        日本臨床外科学会雑誌, 2009年10月20日
      • 偶発性低体温症に合併した非閉塞性腸管虚血の一症例
        太田 好紀; 松田 直之; 長山 聡; 森 由希子; 鈴木 崇生; 堀口 真仁; 山畑 佳篤; 大鶴 繁; 西山 慶; 坂井 義治; 小池 薫
        日本救急医学会雑誌, 2009年08月
      • VS-2-8 より安全で確実な腹腔鏡下右側結腸癌D3郭清を目指して(ビデオシンポジウム2 右側進行結腸癌におけるD3郭清,第64回日本消化器外科学会総会)
        長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 森 由希子; 河田 健二; 升森 宏次; 田中 英治; 伊丹 淳; 岡部 寛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2009年07月01日
      • VS-3-5 教育と普及を念頭においた腹腔鏡下結腸癌手術手技の定型化(ビデオシンポジウム3 内視鏡外科手術の標準化を目指して(結腸),第64回日本消化器外科学会総会)
        野村 明成; 長山 聡; 川村 純一郎; 河田 健二; 森 由希子; 小濱 和貴; 田中 英治; 伊丹 淳; 岡部 寛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2009年07月01日
      • Tailgut cystとの鑑別が困難であった直腸原発GISTの1例
        高橋 亮; 長山 聡; 森 由希子; 川村 純一郎; 河田 健二; 田中 英治; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2009年07月
      • O-2-80 当院における大腸中分化型腺癌40年の変遷と特徴(企画関連口演33 大腸中分化型腺癌2,第64回日本消化器外科学会総会)
        肥田 侯矢; 森 由希子; 河田 健二; 野村 明成; 川村 純一郎; 長山 聡; 升森 宏次; 岡部 寛; 伊丹 淳; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2009年07月01日
      • P-1-240 大腸mp癌における遠隔転移・再発例の検討(大腸癌転移再発2,一般演題(ポスター),第64回日本消化器外科学会総会)
        河田 健二; 長山 聡; 野村 明成; 川村 純一郎; 森 由希子; 肥田 侯矢; 伊丹 淳; 岡部 寛; 久保 肇; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2009年07月01日
      • VS-019-2 安全で確実なD3郭清を伴う右側結腸癌手術の定型化をめざして(大腸5,ビデオセッション,第109回日本外科学会定期学術集会)
        升森 宏次; 長山 聡; 野村 明成; 川村 純一郎; 森 由希子; 細木 久裕; 田中 栄治; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 渡邉 剛; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2009年02月25日
      • SF-027-1 高度進行胃癌に対する導入化学療法としてのS-1+CDDP併用療法の意義(胃癌(集学的治療1),サージカルフォーラム,第109回日本外科学会定期学術集会)
        細木 久裕; 岡部 寛; 小濱 和貴; 前川 久継; 森 由希子; 升森 宏次; 田中 英治; 野村 明成; 川村 純一郎; 長山 聡; 伊丹 淳; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2009年02月25日
      • HP-104-3 当院における大腸癌肝転移全身化学療法施行症例の検討 : 肝切除への影響と治療成績(大腸(肝転移1),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)
        森由 希子; 松本 繁巳; 長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 升森 宏次; 西村 貴文; 金井 雅史; 細木 久裕; 田中 英治; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 渡辺 剛; 波多野 悦郎; 上本 伸二; 福島 雅典; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2009年02月25日
      • VW-4-4 安全かつ確実な腹腔鏡下直腸癌手術(TME)の確立をめざして : Denonvilliers筋膜を道標とする直腸前方の剥離操作(ここがポイント!安全にできる腹腔鏡下手術-大腸癌,ビデオワークショップ,第109回日本外科学会定期学術集会)
        野村 明成; 長山 聡; 川村 純一郎; 升森 宏次; 河田 健二; 森 由希子; 細木 久裕; 田中 英治; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2009年02月25日
      • HP-029-3 大腸SM癌のリンパ節転移・遠隔転移・再発例の検討(大腸(SM大腸癌治療2),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)
        河田 健二; 長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 森 由希子; 肥田 侯矢; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 久保 肇; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2009年02月25日
      • VS-4-2-6 腹腔鏡下IPAA(大腸亜全摘・直腸粘膜抜去・回腸嚢肛門吻合)の標準化を目指して(ビデオシンポジウム4-2 鏡視下手術の新たなる展開と挑戦 : 将来の標準化を目指して 消化管,第63回日本消化器外科学会総会)
        川村 純一郎; 長山 聡; 野村 明成; 森 由希子; 河田 健二; 畑 啓昭; 山口 高史; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月01日
      • PD-5-8 腹腔鏡下直腸癌手術 : 神経血管束・Denonvilliers筋膜の同定と剥離を中心に(パネルディスカッション5 解剖学に則った直腸癌手術の在り方,第63回日本消化器外科学会総会)
        野村 明成; 長山 聡; 川村 純一郎; 河田 健二; 森 由希子; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月01日
      • O-1-259 大腸癌肝転移に対する治療戦略 : 全身化学療法後肝切除症例の検討(大腸 転移・再発5,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会)
        森 由希子; 松本 繁巳; 長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 尾池 文隆; 波多野 悦朗; 猪飼 伊和夫; 上本 伸二; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月01日
      • O-2-29 再発腫瘍の外科的治療法と集学的治療方針 :直腸癌局所再発に対する治療戦略(大腸 転移・再発7,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会)
        長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 森 由希子; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 久保 肇; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月01日
      • V-1-48 S-D junction(SDJ)結腸癌に対する下腸間膜動脈温存D3郭清の腹腔鏡下結腸切除術の検討(大腸3,一般演題(ビデオ),第63回日本消化器外科学会総会)
        河田 健二; 野村 明成; 川村 純一郎; 長山 聡; 森 由希子; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月01日
      • P-1-494 直腸癌pseudo-Meigs症候群の1例 : 病態にVEGFの関与が示唆される症例(小腸・大腸 症例2,一般演題(ポスター),第63回日本消化器外科学会総会)
        奥知 慶久; 長山 聡; 川村 純一郎; 森 由希子; 野村 明成; 小濱 和貴; 伊丹 淳; 岡部 寛; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月01日
      • O-2-188 当院での潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の実際とその適応(炎症性腸疾患1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会)
        肥田 侯矢; 川村 純一郎; 長山 聡; 野村 明成; 森 由希子; 河田 健二; 畑 啓昭; 山口 高史; 坂井 義治
        日本消化器外科学会雑誌, 2008年07月01日
      • SF-016-4 当院における潰瘍性大腸炎に対する手術の現状(第108回日本外科学会定期学術集会)
        川村 純一郎; 長山 聡; 野村 明成; 田中 英治; 森 由希子; 中右 雅之; 伊丹 淳; 岡部 寛; 渡辺 剛; 畑 啓昭; 山口 高史; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2008年04月25日
      • SF-101-4 FOLFOX時代の転移性肝癌に対する治療戦略(第108回日本外科学会定期学術集会)
        長山 聡; 川村 純一郎; 野村 明成; 伊丹 淳; 岡部 寛; 久保 肇; 渡辺 剛; 森 由希子; 田中 英治; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2008年04月25日
      • DP-102-2 腹腔鏡下直腸癌手術普及のための問題点と解決法(第108回日本外科学会定期学術集会)
        野村 明成; 長山 聡; 川村 純一郎; 河田 健二; 森 由希子; 乾 秀和; 田中 英治; 中右 雅之; 伊丹 淳; 岡部 寛; 佐藤 誠二; 渡辺 剛; 坂井 義治
        日本外科学会雑誌, 2008年04月25日
      • A case of familial adenomatous polyposis (FAP) presenting with dyspnea and abdominal distention
        NAGAYAMA Satoshi; KAWAMURA Junichiro; NOMURA Akinari; NAKAU Masayuki; MORI Yukiko; ITAM Atsushi; OKABE Hiroshi; SATOH Seiji; WATANABE Go; SAKAI Yoshiharu
        日本癌学会学術総会記事, 2007年08月25日
      • The biological role of low affinity neurotrophin receptor (p75NTR) in esophageal squamous cell carcinoma
        Tomoyuki Okumura; Shigeru Tsunoda; Yukiko Mori; Tetsuo Ito; Keiji Kikuchi; Timothy C. Wang; Shigent Yasumoto; Yutaka Shimada
        GASTROENTEROLOGY, 2006年04月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 医療・介護ビッグデータの有益な利活用を可能とするデータ解析法の開発研究
        基盤研究(C)
        小区分60080:データベース関連
        京都大学
        森 由希子
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        リアルワールドデータ;NDB;実態調査;医療費;消化器がん;希少がん;医療ビッグデータ;データ連携
      • タキサン系薬剤治療中の乳がん患者が体験する全身性浮腫のマネジメント指標の探索
        基盤研究(C)
        小区分58060:臨床看護学関連
        京都大学
        井沢 知子
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        浮腫;乳がん患者;症状マネジメント;がん看護;乳癌
      • NDBレセプトデータの利活用に向けたデータ解析法の開発研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        森 由希子
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日, 中途終了
        レセプトデータ解析;データベース研究;バイオインフォマティクス;医学;医療情報システム;レセプトデータ;アルゴリズム
      • 食道亜全摘手術後の食思関連ホルモンの動向:グレリン高値のパラドックスの解析
        若手研究(B)
        京都大学
        森 由希子
        完了
        食道外科学;食指関連ホルモン;食道癌;食思関連ホルモン;グレリン;ホルモン

      外部資金:その他

      • 京都発革新的医療技術研究開発助成事業 (2021年度分)
        京都市, 京都発革新的医療技術研究開発助成事業
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      • 政策科学総合研究 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働行政推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        分担
      • 政策科学総合研究 (2021年度分)
        厚生労働省, 厚生労働行政推進事業費補助金
        自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
        代表
      list
        Last Updated :2022/07/02

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療情報法制学
          M050, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療情報学
          M317, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療データ分析学
          M049, 前期集中, 医学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          医療情報学実習
          M051, 後期, 医学研究科, 2
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療データ分析学
          前期集中, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療情報学実習
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          医療情報法制学
          後期, 医学研究科(人間健康科学系専攻)
        list
          Last Updated :2022/07/02

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • ICT

          ページ上部へ戻る