教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

木野内 忠稔

キノウチ タダトシ

複合原子力科学研究所 放射線生命科学研究部門 講師

木野内 忠稔
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 化学専攻 生物化学講座放射線生命化学分科, 講師

    所属学協会

    • 生命の起原および進化学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本基礎老化学会
    • 日本生化学会

    学位

    • 修士(農学)(東京大学)
    • 博士(農学)(東京大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京大学, 大学院農学系研究科農芸化学専攻修士課程, 修了
    • 東京大学, 大学院農学生命科学研究科博士後期課程応用生命工学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 千葉大学, 園芸学部農芸化学科, 卒業

    経歴

    • 自 1997年, 至 2004年
      自治医科大学医学部 助手・講師, School of Medicine

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        生化学的なアプローチによる放射線の生物影響評価、中性子を用いた植物におけるホウ素の栄養診断法の確立
      • 研究概要

        放射線の生物影響について、分子、細胞、個体の各スケールに分けて研究を行っている。各スケールにおいて得られた成果を横断的に考察し、放射線の生物影響についての理解を深めることを理念としている。また、発電以外の原子力の有効利用として、ホウ素10の中性子捕捉反応を利用した植物におけるホウ素のin situ可視化技術の確立に取り組んでおり、ホウ素の植物生理学的機能の解明に結びつけたいと考えている。

      研究キーワード

      • ホウ素中性子捕捉反応
      • ホウ素
      • バイオレメディエーション
      • 放射性セシウム
      • 生体高分子
      • ストレス
      • 異性化
      • ラセミ化
      • D-アミノ酸
      • 蛋白質の老化・フォールディング異常

      研究分野

      • 環境・農学, 放射線影響, 放射線生化学
      • ライフサイエンス, 機能生物化学
      • ライフサイエンス, 構造生物化学
      • ナノテク・材料, 生物分子化学

      論文

      • Observation of morphological abnormalities in silkworm pupae after feeding 137CsCl-supplemented diet to evaluate the effects of low dose-rate exposure
        Sota Tanaka; Tadatoshi Kinouchi; Tsuguru Fujii; Tetsuji Imanaka; Tomoyuki Takahashi; Satoshi Fukutani; Daisuke Maki; Akihiro Nohtomi; Sentaro Takahashi
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り
      • Age-related isomerization of Asp in human immunoglobulin G kappa chain.
        Seongmin Ha; Tadatoshi Kinouchi; Noriko Fujii
        Biochimica et biophysica acta. Proteins and proteomics, 2020年06月, 査読有り
      • Using Experimental Transfer Factors to Estimate the Ratio between the Committed Effective Dose from Ingestion of Radio-tellurium to that of Radio-cesium Released by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident
        T. Takahashi; K. Fujiwara; T. Kinouchi; S. Fukutani; S. Takahashi
        Journal of Health Physics, 2018年, 査読有り
      • Identification of ᴅ-amino acid-containing peptides in human serum
        Seongmin Ha; Ingu Kim; Takumi Takata; Tadatoshi Kinouchi; Masaharu Isoyama; Minoru Suzuki; Noriko Fujii
        PLOS ONE, 2017年12月, 査読有り
      • Transfer Factors of Tellurium and Cesium from Soil to Radish (Raphanus sativus var. sativus) and Komatsuna (Brassica rapa var. perviridis)
        K.Fujiwara; T.Takahashi; T.Kinouchi; S.Fukutani; S.Takahashi; T.Watanabe; S.Funakawa
        Journal of Health Physics, 2017年11月, 査読有り
      • Isomeric Replacement of a Single Aspartic Acid Induces a Marked Change in Protein Function: The Example of Ribonuclease A
        Hiroaki Sakaue; Tadatoshi Kinouchi; Noriko Fujii; Norihiko Fujii; Takumi Takata
        ACS Omega, 2017年01月31日, 査読有り
      • BIOLOGICAL EFFECT OF SOIL STERILIZATION ON THE CESIUM-137-TRANSFER TO PLANTS
        T. KINOUCHI; Y. HATTORI; K. FUJIWARA; T. TAKAHASHI; S. FUKUTANI; S. TAKAHASHI
        Radiological Issues for Fukushima’s Revitalized Future, 2015年12月, 査読有り
      • テルル及びセシウムの栄養溶液からダイコンへの移行及びその分布
        K. Fujiwara; T. Takahashi; T. Kinouchi; S. Fukutani; Y. Hattori; S. Takahashi
        保健物理, 2015年, 査読有り
      • The effect of soil sterilization on the 137Cs transfer from soil to radish (Raphanus sativus var. sativus)
        Y. HATTORI; T. KINOUCHII; S. FUKUTANI; T. TAKAHASHI; K. FUJIWARA; K. IWATA; S. TAKAHASHI
        Journal of Health Physics, 2015年, 査読有り
      • Substrate stereoselectivity of mammalian D-aspartyl endopeptidase
        Tadatoshi Kinouchi; Norihiko Fujii; Noriko Fujii
        JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 2011年11月, 査読有り
      • UV B-irradiation enhances the racemization and isomerizaiton of aspartyl residues and production of Nε-carboxymethyl lysine (CML) in keratin of skin
        Y. Mori; K. Aki; K. Kuge; S. Tajima; N. Yamanaka; Y. Kaji; N. Yamamoto; R. Nagai; H. Yoshii; N. Fujii; M. Watanabe; T. Kinouchi; N. Fujii
        Journal of Chromatography B: Analytical Technologies in the Biomedical and Life Sciences, 2011年11月, 査読有り
      • High Substrate Selectivity of Mammalian D-Aspartyl Endopeptidase
        T. Kinouchi; N. Fujii
        KURRI Progress Report 2010, 2011年, 査読有り
      • Influence of lβ-, dα- and dβ-Asp isomers of the Asp-76 residue on the properties of αa-crystallin 70-88 peptide
        N. Fujii; N. Fujii; M. Kida; T. Kinouchi
        Amino Acids, 2010年11月, 査読有り
      • 3-Dimensional structure observation of mammalian D-aspartyl endopeptidase by high-resolution atomic force microscopy
        T. Kinouchi; N. Fujii
        KURRI Progress Report 2009, 2010年, 査読有り
      • Structural Consideration of Mammalian D-Aspartyl Endopeptidase
        Tadatoshi Kinouchi; Noriko Fujii
        CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2010年, 査読有り
      • Influence of Oxidative Stress on D-Aspartyl Endopeptidase Activity
        Tadatoshi Kinouchi; Akina Matsuda; Satoru Kawakami; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa; Noriko Fujii
        CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2010年, 査読有り
      • Collapse of Homochirality of Amino Acids in Proteins from Various Tissues during Aging
        Noriko Fujii; Yuichi Kaji; Norihiko Fujii; Tooru Nakamura; Ryota Motoie; Yuhei Mori; Tadatoshi Kinouchi
        CHEMISTRY & BIODIVERSITY, 2010年, 査読有り
      • Localization of d-β-aspartyl residue-containing proteins in various tissues
        R. Motoie; N. Fujii; S. Tsunoda; K. Nagata; S.-O. Tadashi; T. Kinouchi; N. Fujii; T. Saito; K. Ono
        International Journal of Molecular Sciences, 2009年05月, 査読有り
      • Screening system for d-Asp-containing proteins using d-aspartyl endopeptidase and two-dimensional gel electrophoresis
        Kumiko Sakai-Kato; Tadatoshi Kinouchi; Noriko Fujii; Kazuhiro Imai; Naoko Utsunomiya-Tate
        AMINO ACIDS, 2009年01月, 査読有り
      • Screening of D-aspartate?containing proteins using the specific proteolytic enzyme、 D-aspartyl endopeptidase
        T. Kinouchi; N. Fujii
        KURRI Progress Report 2008, 2009年, 査読有り
      • Differential rate constants of racemization of aspartyl and asparaginyl residues in human alpha A-crystallin mutants
        Tooru Nakamura; Miyo Sakai; Yutaka Sadakane; Tatsuya Haga; Yuji Goto; Tadatoshi Kinouchi; Takeshi Saito; Noriko Fujii
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 2008年09月, 査読有り
      • Isolation and characterization of mammalian D-aspartyl endopeptidase
        T. Kinouchi; H. Nishio; Y. Nishiuchi; M. Tsunemi; K. Takada; T. Hamamoto; Y. Kagawa; N. Fujii
        Amino Acids, 2007年01月, 査読有り
      • Age-related changes of alpha-crystallin aggregate in human lens
        N. Fujii; Y. Shimmyo; M. Sakai; Y. Sadakane; T. Nakamura; Y. Morimoto; T. Kinouchi; Y. Goto; K. Lampi
        AMINO ACIDS, 2007年01月, 査読有り
      • 哺乳類におけるD-アミノ酸代謝系
        木野内忠稔
        生物の科学 遺伝, 2007年
      • Purification of a novel mammalian proteinase for D-aspartate-containing protein, D-aspartyl endopeptidase (DAEP)
        T. Kinouchi
        D-Amino Acids: A New Frontier in Amino Acid and Protein Research - Practical Methods and Protocols, 2007年, 査読有り
      • Distribution of CESP-1 protein in the corneal endothelium and other tissues.
        Rieko Kinouchi; Tadatoshi Kinouchi; Toshirou Hamamoto; Takakazu Saito; Adriano Tavares; Tadahiko Tsuru; Satoru Yamagami
        Investigative ophthalmology & visual science, 2006年04月, 査読有り
      • Atomic force microscopy of mammalian repair enzyme for racemized proteins, D-aspartyl endopeptidase
        T. Kinouchi; N. Fujii
        KURRI Progress Report, 2006年, 査読有り
      • 哺乳類におけるD-アミノ酸の代謝系について
        木野内 忠稔
        生命化学研究レター,20: 15-19, 2006年, 査読有り
      • 老化タンパク質中のD-アスパラギン酸の生成機構とその修復
        木野内 忠稔
        ファルマシア, 2005年09月01日, 査読有り
      • 哺乳類におけるD-アミノ酸の動態とその重要性--遊離型D-アミノ酸とD-アミノ酸含有蛋白質の代謝とその制御機構
        木野内 忠稔; 藤井 紀子; 本間 浩
        蛋白質核酸酵素, 2005年05月, 査読有り
      • D‐アスパラギン酸含有タンパク質の生成機構とその分解酵素による抗老化機構について
        木野内忠稔; 藤井紀子; 香川靖雄; 浜本敏郎
        基礎老化研究, 2005年02月23日, 査読有り
      • Isolation and characterization of repair enzyme for racemized proteins.
        T. Kinouchi; N. Fujii
        KURRI Prog. Rep., 2005年
      • Mechanism and Repair of D-aspartate Formation in Proteins from Elderly Donors
        N. Fujii; T. Kinouchi
        Pharmacia, 2005年
      • D-amino acid biosystem in mammals
        T. Kinouchi; N. Fujii; H. Homma
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2005年, 査読有り
      • Mammalian D-aspartyl endopeptidase: a scavenger for noxious racemized proteins in aging
        T Kinouchi; S Ishiura; Y Mabuchi; Y Urakami-Manaka; H Nishio; Y Nishiuchi; M Tsunemi; K Takada; M Watanabe; M Ikeda; H Matsui; S Tomioka; H Kawahara; T Hamamoto; K Suzuki; Y Kagawa
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2004年02月, 査読有り
      • Construction of human corneal endothelial cDNA library and identification of novel active genes
        R Sakai; T Kinouchi; S Kawamoto; MR Dana; T Hamamoto; T Tsuru; K Okubo; S Yamagami
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2002年06月, 査読有り
      • Isolation of an androgen-inducible novel lipocalin gene, Arg1, from androgen-dependent mouse mammary Shionogi carcinoma cells
        M Kobayashi; T Kinouchi; Y Hakamata; T Kamiakito; K Kuriki; K Suzuki; A Tokue; M Fukayama; A Tanaka
        JOURNAL OF STEROID BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 2001年05月, 査読有り
      • Analysis of metabolic pathways of Alzheimer’s disease amyloid precursor protein
        木野内 忠稔
        Jichi Medical School Journal,23: 47-54, 2001年, 査読有り
      • Proteoliposomes colocalized with endogenous mitochondria in mouse fertilized egg
        Y Inoki; Y Hakamata; T Hamamoto; T Kinouchi; S Yamazaki; Y Kagawa; H Endo
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年11月, 査読有り
      • Ganglioside GD3 and its mimetics induce cytochrome c release from mitochondria
        Y Inoki; T Miura; T Kajimoto; M Kawase; Y Kawase; Y Yoshida; S Tsuji; T Kinouchi; H Endo; Y Kagawa; T Hamamoto
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2000年10月, 査読有り
      • Metabolism of amyloid precursor protein in COS cells transfected with a β-secretase candidate
        H. Koike; Z. Kouchi; T. Kinouchi; T. Maeda; H. Sorimachi; T.C. Saido; K. Maruyama; A. Okuyama; K. Suzuki; S. Ishiura
        Cytotechnology, 2000年07月, 査読有り
      • アミロイド前駆体蛋白質の代謝制御系の解明
        木野内忠稔; 石浦章一; 鈴木紘一; 香川靖雄; 浜本敏郎
        自治医科大学紀要, 2000年, 査読有り
      • Thimet oligopeptidase cleaves the full-length Alzheimer amyloid precursor protein at a β-secretase cleavage site in COS cells
        H. Koike; H. Seki; Z. Kouchi; M. Ito; T. Kinouchi; S. Tomioka; H. Sorimachi; T.C. Saido; K. Maruyama; K. Suzuki; S. Ishiura
        Journal of Biochemistry, 1999年07月, 査読有り
      • The deletion of the C-terminal tail and addition of an endoplasmic reticulum targeting signal to Alzheimer's amyloid precursor protein change its localization, secretion, and intracellular proteolysis
        Z Kouchi; T Kinouchi; H Sorimachi; S Ishiura; K Suzuki
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年12月, 査読有り
      • Deletion of an endosomal/lysosomal targeting signal promotes the secretion of Alzheimer's disease amyloid precursor protein (APP)
        Y Ono; T Kinouchi; H Sorimachi; S Ishiura; K Suzuki
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年03月, 査読有り
      • Conventional protein kinase C (PKC)-α and novel PKCε, but not -δ, increase the secretion of an N-terminal fragment of Alzheimer\\'s disease amyloid precursor protein from PKC cDNA transfected 3Y1 fibroblasts
        T. Kinouchi; H. Sorimachi; K. Maruyama; K. Mizuno; S. Ohno; S. Ishiura; K. Suzuki
        FEBS Letters, 1995年05月, 査読有り
      • ARACHIDONATE METABOLITES AFFECT THE SECRETION OF AN N-TERMINAL FRAGMENT OF ALZHEIMERS-DISEASE AMYLOID PRECURSOR PROTEIN
        T KINOUCHI; Y ONO; H SORIMACHI; S ISHIURA; K SUZUKI
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1995年04月, 査読有り
      • PROCESSING AND SECRETION OF ALZHEIMERS-DISEASE AMYLOID PRECURSOR PROTEIN
        K KINBARA; H KITAGAKI; T KINOUCHI; M OKANO; H SORIMACHI; S ISHIURA; K SUZUKI
        TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1994年11月, 査読有り
      • AMYLOID PRECURSOR PROTEIN IS FOUND IN LYSOSOMES
        K TAGAWA; M YAZAKI; T KINOUCHI; K MARUYAMA; H SORIMACHI; T TSUCHIYA; K SUZUKI; S ISHIURA
        GERONTOLOGY, 1993年, 査読有り
      • Amyloid precursor protein is found in lysosomes
        Kazuhiko Tagawaa; Madoka Yazakia; Tadatoshi Kinouchi; Kei Maruyama; Hiroyuki Sorimachi; Takahide Tsuchiya; Koichi Suzuki; Shoichi Ishiura
        Gerontology, 1987年, 査読有り

      MISC

      • 放射性セシウムの生態系への影響とカイコを用いた評価系について
        木野内忠稔; 田中草太
        海洋化学研究, 2020年11月, 招待有り, 筆頭著者
      • フェルラ酸のアミロイド前駆体タンパク質分解に対する作用の二相性
        木野内忠稔; 北波利雄; 藤井紀子
        2015年度農芸化学会大会, 2015年03月
      • THE HUNT FOR D-ASPARTYL ENDOPEPTIDASE IN VARIOUS LIVING THINGS: VERTEBRATES, AQUATIC ANIMALS, AND PLANTS.
        T. KINOUCHI; N. FUJII
        The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research (IDAR2014), 2014年09月
      • 中性子捕捉反応を利用した植物組織におけるホウ素のin situ可視化法
        木野内忠稔; 小林優
        2014年03月
      • 植物におけるホウ素の動態研究:ホウ素中性子捕獲反応を利用したαオートラジオグラフィーの応用
        木野内忠稔; 田中浩基; 小野公二; 小林優
        KURRI-KR, 2014年
      • 水生動物由来D-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの性質の比較
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第85回日本生化学会大会, 2012年12月
      • アフリカツメガエルにおけるD-アスパラギン酸エンドペプチダーゼ活性について
        木野内 忠稔
        第84回日本生化学会大会, 2011年09月
      • D-アスパラギン酸含有タンパク質の\n代謝システムについて\nアフリカツメガエル卵におけるD-アスパラギン酸含有タンパク質の代謝システムについて
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第7回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2011年
      • Quality control of damaged mitochondrial proteins by D-aspartyl endopeptidase.
        Kinouchi Tadatoshi; Noriko Fujii
        7th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM) and 10th Conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine (J-mit), 2010年
      • D-アスパラギン酸エンドペプチダーゼ活性の進化的考察
        木野内忠稔; 土屋勇一; 山下茂; 藤井紀
        第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会, 2010年
      • アフリカツメガエル卵における新規D-アスパラギン酸エンドペプチダーゼについて
        木野内忠稔; 土屋勇一; 山下茂; 藤井紀子
        第6回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2010年
      • ホ乳類におけるD-アミノ酸の動態
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第2回タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会\t, 2009年11月13日
      • 宇宙環境下における眼や皮膚組織中の蛋白質の構造変化
        藤井紀子; 森本幸生; 渡邉正己; 杉山正明; 木野内忠稔; 齊藤毅; 三田肇; 加治優一
        Space Utiliz. Res, 2009年
      • Substrate Specificity and Properties of Mammalian D-Aspartyl Endopeptidase.
        Kinouchi T; Saito T; Fujii N
        1st International Conference of D-Amino Acid, 2009年
      • Simultaneous racemization and glycation of amino acid residues in proteins in UVB irradiated skin.
        Yuhei Mori; Kenzo Aki; Tadatoshi Kinouchi; Takehiro Kawaguti; Masashi Kida; Hiroaki Sakaue; Noriko Fujii
        the First International Congress of D-Amino Acid Research, 2009年
      • D-アスパラギン酸タンパク質の網羅的な検索法の開発
        木野内忠稔; 加藤くみ子; 藤井紀子
        第82回日本生化学会大会, 2009年
      • D-アスパラギン酸含有蛋白質のスクリーニング法の開発
        木野内忠稔; 加藤くみ子; 藤井紀子
        第25回日本老年学会総会・第32回日本基礎老化学会大会, 2009年
      • 特異的な分解酵素を用いたD-アスパラギン酸含有蛋白質のスクリーニング法の開発
        木野内忠稔; 加藤くみ子; 藤井紀子
        第9回日本蛋白質科学会年会, 2009年
      • Isolation and characterization of mammalian specific enzyme for racemized proteins, D-aspartyl endopeptidase
        T. Kinouchi; N. Fujii
        FEBS JOURNAL, 2008年06月
      • フォールディング病とD-アミノ酸含有タンパク質代謝機構
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第1回タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会, 2008年
      • Isolation and Characterization of Mammalian Specific Enzyme for Racemized Proteins, D-Aspartyl Endopeptidase.
        Kinouchi T; Fujii N
        33rd FEBS Congres & 11th IUBMB Conference, 2008年
      • 哺乳類由来D-Aspartyl Endopeptidaseの基質特異性と分解能力について
        木野内忠稔; 藤井智彦; 清水健一; 川口剛広; 藤井紀子
        第4回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2008年
      • D-Aspartyl Endopeptidaseを利用したD-アスパラギン酸含有タンパク質の網羅的スクリーニング法の開発
        加藤(酒井)くみ子; 木野内忠稔; 藤井紀子; 今井洋一; 楯直子
        第4回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2008年
      • 蛋白質中のアスパラギン酸残基の異性化とAGEとの関連性
        森雄平; 多島新吾; 加治優一; 永井竜児; 吉居華子; 渡邉正巳; 木野内忠稔; 藤井紀子
        第4回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2008年
      • 哺乳類由来D-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの基質特異性について
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第31回日本基礎老化学会大会, 2008年
      • D-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの活性と酸化ストレスの関係について
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会, 2007年
      • ヒトαB-クリスタリン変異体中のAsp36およびAsp62残基のラセミ化反応速度の解析と構造活性相関
        中村徹; 酒井美世; 定金豊; 芳賀達也; 後藤祐児; 木野内忠稔; 齊藤毅; 藤井紀子
        第3回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2007年
      • 老化ストレスによるD-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの活性変動について
        木野内忠稔; 松田瑛奈; 清水孝彦; 白澤卓二; 藤井紀子
        第25回日本老年学会総会・第30回日本基礎老化学会大会, 2007年
      • D-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの活性変動について
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第7回日本蛋白質科学会年会, 2007年
      • 哺乳類におけるD-アスパラギン酸含有タンパク質分解酵素について
        木野内忠稔; 藤井紀子
        生命の起原および進化学会第32回学術講演会, 2007年
      • 哺乳類のD-アスパラギン酸エンドペプチダーゼの同定
        木野内忠稔; 藤井紀子
        第2回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2006年
      • D-β-アスパラギン酸(D-β-Asp)含有蛋白質のマウス組織中での免疫組織化学的検索
        元家亮太; 角田茂; 下岡正志; 永田憲司; 小野公二; 木野内忠稔; 藤井紀子
        第2回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2006年
      • 水晶体alphaA-、 alphaB-クリスタリンに対する紫外線影響の差異
        藤井紀子; 新名芳有; 酒井美世; 後藤祐児; 定金豊; 木野内忠稔; 齊藤 剛
        日本放射線影響学会第48回大会, 2005年
      • Characterization of alpha-crystallin aggregate of lens from elderly donors
        Noriko Fujii; Yoshiari Shimmyo; Miyo Sakai; Yutaka Sadakane; Tooru Nakamura; Tadatoshi Kinouchi; Yuji Goto; Yukio Morimoto; Kirsten Lampi
        第78回日本生化学会大会, 2005年
      • マウスの胃におけるD-beta-Asp含有タンパク質の発見
        元家亮太; 角田茂; 永田憲司; 小野公二; 木野内忠稔; 藤井紀子
        第78回日本生化学会大会, 2005年
      • 老人の水晶体より得たαA-クリスタリン会合体の性質
        藤井紀子; 新名芳有; 酒井美世; 定金豊; 中村徹; 木野内忠稔; 後藤祐児; 森本幸生; カーステン・ランピ
        第78回日本生化学会大会, 2005年
      • ヒトαA-クリスタリンにおけるラセミ化部位の役割
        中村徹; 酒井美世; 定金豊; 芳賀達也; 後藤祐児; 木野内忠稔; 藤井紀子
        第78回日本生化学会大会, 2005年
      • 哺乳類におけるD-アスパラギン酸含有タンパク質の代謝について
        木野内忠稔; 浜本敏郎; 香川靖雄; 藤井紀子
        第1回D-アミノ酸研究会学術講演会, 2005年
      • D-アミノ酸含有蛋白質に起因する疾病の病態解明とその特異的な分解酵素による治療法の開発に関する研究
        香川靖雄; 木野内忠稔
        長寿科学総合研究成果発表会報告書, 2004年
      • D-amino acid-biosystem in mammalian
        Tadatoshi Kinouchi
        3rd INTERNATIONAL BIO EXPO JAPAN\n, 2004年
      • 葉酸および脂質の代謝関連の多型で誘導される痴呆のエピジェネティックな予防
        香川靖雄; 斎藤陽子; 加藤久美子; 百合本真弓; 平井千里; 平岡真実; 木野内忠稔
        第77回日本生化学会大会, 2004年
      • 哺乳類におけるD-アスパラギン酸含有蛋白質に特異的な分解酵素について
        木野内忠稔; 村山繁雄; 齊藤祐子; 香川靖雄; 浜本敏郎
        第77回日本生化学会大会, 2004年
      • Identification of mammalian D-aspartyl endopeptidase by MALDI-TOF MS
        木野内忠稔; 西尾秀喜; 西内祐二; 常見雅彦; 高田克巳; 渡邊正知; 池田雅志; 松井寿夫; 香川靖雄; 浜本敏郎
        第75回日本生化学会大会, 2003年
      • 哺乳類のD-アスパラギン酸含有蛋白質分解酵素とその阻害剤について
        木野内忠稔; 西尾秀喜; 西内祐二; 渡邊正知; 池田雅志; 松井寿夫; 香川靖雄; 浜本敏郎
        第74回日本生化学会大会, 2002年
      • Construction of human corneal endothelial cDNA library and identification of novel and active genes.
        R Sakai; S Yamagam; T Tsuru; T Kinouchi; T Hamamoto; MR Dana; S Kawamoto; K Okubo
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2001年03月
      • D-アスパラギン酸含有蛋白質に特異的な分解酵素と、その阻害剤について
        木野内忠稔; 香川靖雄
        シンポジウム「D-アミノ酸バイオシステムの医化学」, 2001年
      • 脳内D-アスパルチル・エンドペプチダーゼ
        木野内忠稔; 香川靖雄
        シンポジウム「D-アミノ酸研究の最前線」, 2000年
      • Regulation of proteolysis of Alzheimer's disease amyloid precursor protein by intracellular signal transducton pathways. "11th International Conference on Proteolysis and Protein Turnover. ", Turku, FINLAND.
        1996年
      • Protein kinase C α and ε, but not δ, increase the Secretion of an N-terminal Fragment of Alzheimer's Disease Amyloid Precursor Protein. "IVth International Symposium on Proteinase Inhibitors and Biological Control. ", Brdo, Ljubljana, SLOVENIA.
        1995年
      • Processing of Alzheimer's disease amyloid precursor protein in A172 human glioblastoma cells. A workshop on "Expression, Regulation, and Role of Proteinases in Muscle Development and meat Quality. ", Clermont-Ferrand, FRANCE.
        1993年
      • 痴呆・カルシウム・ユビキチン

      講演・口頭発表等

      • 放射性セシウムの生態系への影響とカイコを用いた評価系について
        木野内忠稔
        京都化学者クラブ, 2019年12月07日, 招待有り
      • Age-related isomerization of immunoglobulin g from human serum
        Seongmin HA; Tadatoshi KINOUCHI; Noriko FUJII
        The 4th International Conference of D-Amino Acid Research (​IDAR2019), 2019年09月11日
      • カイコをモデルとした内部被ばくの経世代影響
        田中草太; 木野内忠稔; 高橋知之; 牧大介; 納富昭弘; 高橋千太郎
        日本放射線影響学会第61回大会, 2018年11月08日
      • 原発事故後の昆虫類への放射線影響:カイコを用いた137Csの内部被ばくモデル実験
        田中草太; 木野内忠稔; 高橋知之; 牧大介; 納冨昭弘; 高橋千太郎
        第62回日本応用動物昆虫学会大会, 2018年03月27日
      • 放射線の環境影響評価を目的としたカイコに対する内部・外部被ばく実験
        田中草太; 木野内忠稔; 高橋知之; 牧大介; 田中浩基; 納富昭宏; 高橋千太郎
        日本放射線影響学会第60回大会, 2017年10月26日
      • D-Aspartyl Endopeptidase in Aquatic Animals: The Frog, Sea Urchin and Ascidian
        Tadatoshi KINOUCHI; Noriko FUJII
        The 3rd International Conference of D-amino Acid Research, 2017年07月11日
      • 環境中の被ばく形態に対応した放射線影響評価:カイコを利用した放射線の内部被ばく及び外部被ばくに対する影響評価手法の探索
        田中草太; 木野内忠稔; 足達太郎; 高橋知之; 高橋千太郎
        第61回日本応用動物昆虫学会大会, 2017年03月28日
      • 滅菌処理が放射性セシウムの経根吸収に与える影響について
        木野内忠稔; 服部友紀; 藤原慶子; 福谷哲; 高橋知之; 高橋千太郎
        日本土壌肥料学会2015年度京都大会, 2015年09月11日
      • Biological effect of soil sterilization on the 137Cs-transfer to plants
        Y. HATTORI; T. KINOUCHI; K. FUJIWARA; T. TAKAHASHI; S. FUKUTANI; S. TAKAHASHI
        International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, 2015年05月30日
      • Development of screening system for D-Asp?containing proteins.
        HPLC2008
      • The effects of gamma irradiation on human alpha A- and B-crystallins
        20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress

      書籍等出版物

      • 医学大辞典(第二版)
        木野内忠稔; 伊藤正男; 井村裕夫; 高久史麿
        医学書院, 2009年, 査読無し
      • Purification of a novel mammalian proteinase for D-aspartate-containing protein、 D-spartyl endopeptidase (DAEP)、 in “D-amino acids: a new frontier in amino acid and protein research-practical methods and protocols”
        Kinouchi T
        Nova Science Publishers、 Inc., 2007年, 査読無し
      • Regulation of proteolysis of Alzheimer's disease amyloid precursor protein by intracellular signal transducton pathways. in "11th International Conference on Proteolysis and Protein Turnover. "
        IOS Press, 1997年, 査読無し
      • 脳神経疾患、行動、記憶を解明する遺伝子ターゲティング。in矢崎義雄(編):ジーンターゲティングと疾患解明。
        羊土社, 1995年, 査読無し

      産業財産権

      • 特許4076732, D-アスパラギン酸含有蛋白質分解酵素の阻害剤
        木野内忠稔

      Works(作品等)

      • D-アミノ酸含有蛋白質に起因する疾病の病態解明とその特異的分解酵素による治療法に関する研究
        自 2000年, 至 2002年

      受賞

      • 2004年06月18日
        日本基礎老化学会, 日本基礎老化学会奨励賞
      • 2004年
        日本基礎老化学会, 平成16年度日本基礎老化学会奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 土壌滅菌処理が土壌から植物への放射性セシウムの移行に及ぼす影響の研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        木野内 忠稔
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        放射性セシウム;ファイトレメディエーション;土壌汚染;藻類;除染;土壌滅菌
      • 植物細胞壁におけるホウ素の生理機能解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        小林 優
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        植物;ホウ素;細胞壁;ストレス;ペクチン;細胞死;ラムノガラクツロナンII;KDO;中性子捕捉反応
      • 加齢性疾患にみられる蛋白質異常凝集の機構解明とその修復
        基盤研究(B)
        京都大学
        藤井 紀子
        自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        老化;D-アミノ酸;蛋白質異常凝集;白内障;アミノ酸の異性化反応;D-アスパラギン酸;LC-MS/MS;蛋白質;異常凝集;加齢性疾患;翻訳後修飾;解離;質量分析
      • D-アスパラギン酸含有蛋白質に特異的な分解酵素とその基質の起源、機能進化の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        木野内 忠稔
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        D-アミノ酸;タンパク質分解酵素;酸化ストレス;ミトコンドリア;機能進化;D-アスパラギン酸;ラセミ化;品質管理;プロテアーゼ;アフリカツメガエル;ウニ;ハツカダイコン;マイクロトム;発生;受精
      • 酸化ストレスによって生じるD-アスパラギン酸含有蛋白質の動態とその代謝機構の研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        木野内 忠稔
        完了
        D-アミノ酸;フォールディング病;タンパク質分解酵素;酸化ストレス;ミトコンドリア;老化;ラセミ化;フォールデング病;アフリカツメガエル;エンドペプチダーゼ;古細菌;アミロイド
      • 蛋白質異常凝集過程の解明とその修復機構
        基盤研究(B)
        京都大学
        藤井 紀子
        自 2008年04月08日, 至 2013年03月31日, 完了
        蛋白質の異常凝集;D-アミノ酸;白内障;老化;ラセミ化;紫外線;加齢性疾患;皮膚の光老化;蛋白質異常凝集;光学異性体分析;紫外線影響;プロテオミクス
      • ミトコンドリアにおける異性化アミノ酸含有蛋白質の代謝機構の解明
        萌芽研究
        京都大学;自治医科大学
        木野内 忠稔
        完了
        D-アミノ酸;D-アスパラギン酸;活性酸素;ミトコンドリア;老化;酸化ストレス;プロテアーゼ;フォールディング病;アルツハイマー病;活性酵素
      • ヒト角膜内皮細胞における発現遺伝子の分子生物学的機能解析
        萌芽研究
        自治医科大学
        水流 忠彦
        完了
        cDNAライブラリー;DDB2;紫外線;角膜内皮細胞;DNA修復;スプライシングバリアント;DDB1;角膜;内皮細胞;cDNA;遺伝子;派生体
      • D-アスパラギン酸含有蛋白質に特異的な新規分解酵素の同定
        奨励研究(A)
        自治医科大学
        木野内 忠稔
        完了
        D-アミノ酸含有蛋白質;D-アミノ酸;D-アスパラギン酸;ミトコンドリア;アポトーシス;阻害剤;プロテアーゼ;老化;アルツハイマー病
      • GRP'78/BiPのD-アスパラギン酸エンドペプチダーゼ活性とアルツハイマー病〜アミロイドβ蛋白質の分解におけるその役割について〜
        特定領域研究(A)
        自治医科大学
        木野内 忠稔
        完了
        アルツハイマー病;D-アスパラギン酸;アミロイド;アミロイド前駆体蛋白質;シャペロン;GRP78;BiP
      • 脊椎動物モデルを用いた行動制御遺伝子の同定と高効率スクリーニング法の確立
        奨励研究(A)
        自治医科大学
        木野内 忠稔
        完了
        アルツハイマー病;D-アスパラギン酸;アミロイド;アミロイド前駆体蛋白質;シャペロン;GRP78;BiP;ゼブラフィッシュ;アミロイド前駆体タンパク質

      外部資金:その他

      • D−アミノ酸含有蛋白質に起因する疾病の病態解明とその特異的分解酵素による治療法に関する研究
        厚生労働省・厚生労働科学研究費・長寿科学総合研究事業
        自 2000年04月01日, 至 2003年03月31日
        香川靖雄
      • αオートラジオグラフィーを利用した植物におけるホウ素診断法の開発
        関西原子力懇談会学術振興奨学金
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日
        木野内忠稔
      • カイコを用いた低線量・低線量率放射線の生物影響の評価系について
        関西原子力懇談会学術振興奨学金
        自 2019年41月, 至 2022年33月
        木野内忠稔
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          放射線生化学II
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          放射線生化学II
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          放射線生化学II
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          放射線生化学II
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          放射線生化学II
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          放射線生化学II
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          放射線生化学II
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          放射線生化学I
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習IC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          粒子線化学演習ID
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            所員会議委員
          • 自 2014年04月01日
            地域広報委員会委員

          ページ上部へ戻る