教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

熊田 孝恒

クマダ タカツネ

情報学研究科 知能情報学専攻脳認知科学講座 教授

熊田 孝恒
list
    Last Updated :2022/06/24

    基本情報

    学内兼務

    • 学際融合教育研究推進センター, 心の先端研究ユニット

    学位

    • 教育学修士(筑波大学)
    • 教育学博士(筑波大学)

    経歴

    • 自 2013年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院・情報学研究科, 教授
    • 自 2012年04月, 至 現在
      独立行政法人理化学研究所, 脳科学総合研究センター, 連携ユニットリーダー
    • 自 2007年
      独立行政法人産業技術総合研究所 人間福祉医工学研究部門, 研究グループ長

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/24

      研究

      研究キーワード

      • 言語的加重
      • 注意制御
      • 認知科学
      • 脳損傷
      • 注意・意識
      • 認知機能
      • 脳ネットワーク
      • 線運動錯視
      • 知性
      • パルスニューラルネットワーク
      • 壮年
      • 注意の瞬き
      • 成人の発達障害
      • 脳領域間連関
      • 忘却
      • LOC分析
      • 高次視覚野
      • データベース
      • 前頭前野
      • 学習
      • 頭頂葉
      • 実験データベース
      • 包括脳ネットワーク
      • ヘテロ複雑システム
      • 遂行機能
      • 認知心理学
      • 脳波
      • 前頭葉
      • 脳機能イメージング
      • 実験系心理学
      • 注意

      研究分野

      • 人文・社会, 認知科学
      • 人文・社会, 実験心理学
      • 人文・社会, 教育心理学
      • 人文・社会, 認知科学
      • 人文・社会, 実験心理学

      論文

      • Putative ratios of facial attractiveness in a deep neural network
        Song Tong; Xuefeng Liang; Takatsune Kumada; Sunao Iwaki
        VISION RESEARCH, 2021年01月, 査読有り
      • Influence of levels of automation on the sense of agency during continuous action
        Sayako Ueda; Ryoichi Nakashima; Takatsune Kumada
        SCIENTIFIC REPORTS, 2021年01月, 査読有り
      • 脳腫瘍摘出患者における主要な認知機能の低下と関連する脳部位の解明 VLSMを用いて
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 田村 学; 村垣 善浩; 川俣 貴一
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2020年09月
      • Artificial Optic Flow Guides Visual Attention in a Driving Scene.
        Yoko Higuchi; Satoshi Inoue; Hiroto Hamada; Takatsune Kumada
        Human factors, 2020年06月, 査読有り
      • Deep Unsupervised Activity Visualization using Head and Eye Movements
        Jumpei Yamashita; Yoshiaki Takimoto; Hidetaka Koya; Haruo Oishi; Takatsune Kumada
        PROCEEDINGS OF THE 25TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT USER INTERFACES COMPANION (IUI'20), 2020年
      • Explicit Sense of Agency in an Automatic Control Situation: Effects of Goal-Directed Action and the Gradual Emergence of Outcome.
        Ryoichi Nakashima; Takatsune Kumada
        Frontiers in psychology, 2020年, 査読有り
      • Primary Cognitive Factors Impaired after Glioma Surgery and Associated Brain Regions.
        Chiharu Niki; Takatsune Kumada; Takashi Maruyama; Manabu Tamura; Takakazu Kawamata; Yoshihiro Muragaki
        Behavioural neurology, 2020年, 査読有り
      • A Novel Approach to Sensorimotor Skill Acquisition Utilizing Sensory Substitution: A Driving Simulation Study
        Sayako Ueda; Hiroyuki Sakai; Takatsune Kumada
        SCIENTIFIC REPORTS, 2019年11月, 査読有り
      • Personality Synthesis Using Non-Humanoid Cues
        Sam Lee; Kotaro Funakoshi; Ritsuko Iwai; Takatsune Kumada
        The Eleventh Conference on Social Robotics (ICSR), 2019年11月, 査読有り
      • Eye Movement on Blank Displays: Effects of Difficulty in Preceding Visual Tasks and Mental State
        Ayumi Takemoto; Atsushi Nakazawa; Takatsune Kumada
        PERCEPTION, 2019年09月
      • Annotating a Driving Experience Corpus with Behavior and Subjectivity
        Ritsuko Iwai; Daisuke Kawahara; Takatsune Kumada; Sadao Kurohashi
        自然言語処理, 2019年06月, 査読有り
      • Cerebellar activation associated with model-based estimation of tool-use consequences
        Sayako Ueda; Hiroyuki Sakai; Kenichi Ueno; Kang Cheng; Takatsune Kumada
        BEHAVIORAL AND BRAIN FUNCTIONS, 2019年04月
      • Wide or Narrow? A Visual Attention Inspired Model for View-Type Classification
        Song Tong; Yuen Peng Loh; Xuefeng Liang; Takatsune Kumada
        IEEE ACCESS, 2019年, 査読有り
      • Golden Ratio: The Attributes of Facial Attractiveness Learned By CNN.
        Xuefeng Liang; Song Tong; Takatsune Kumada; Sunao Iwaki
        2019 IEEE International Conference on Image Processing(ICIP), 2019年, 査読有り
      • Role of Frontal Functions in Executing Routine Sequential Tasks.
        Chiharu Niki; Takatsune Kumada; Takashi Maruyama; Manabu Tamura; Yoshihiro Muragaki
        Frontiers in psychology, 2019年, 査読有り
      • Automatic detection of mind wandering in a simulated driving task with behavioral measures
        Yuyu Zhang; Takatsune Kumada
        PLOS ONE, 2018年11月, 査読有り
      • Peripersonal versus extrapersonal visual scene information for egocentric direction and position perception.
        Ryoichi Nakashima; Takatsune Kumada
        Quarterly journal of experimental psychology (2006), 2018年05月, 査読有り
      • Understanding Scenery Quality: A Visual Attention Measure and Its Computational Model
        Yuen Peng Loh; Song Tong; Xuefeng Liang; Takatsune Kumada; Chee Seng Chan
        Proceedings - 2017 IEEE International Conference on Computer Vision Workshops, ICCVW 2017, 2018年01月19日, 査読有り
      • Multiple attentional sets while monitoring rapid serial visual presentations.
        Jun I Kawahara; Takatsune Kumada
        Quarterly journal of experimental psychology (2006), 2017年11月, 査読有り
      • The whereabouts of visual attention: Involuntary attentional bias toward the default gaze direction.
        Ryoichi Nakashima; Takatsune Kumada
        Attention, perception & psychophysics, 2017年08月, 査読有り
      • Relationship between workload and mind-wandering in simulated driving
        Yuyu Zhang; Takatsune Kumada
        PLOS ONE, 2017年05月, 査読有り
      • Learning the Cultural Consistent Facial Aesthetics by Convolutional Neural Network
        Song Tong; Xuefeng Liang; Takatsune Kumada; Sunao Iwaki; Naoko Tosa
        2017 INTERNATIONAL CONFERENCE ON CULTURE AND COMPUTING (CULTURE AND COMPUTING), 2017年, 査読有り
      • VISUAL ATTENTION INSPIRED DISTANT VIEW AND CLOSE-UP VIEW CLASSIFICATION
        Song Tong; Yuen Peng Loh; Xuefeng Liang; Takatsune Kumada
        2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON IMAGE PROCESSING (ICIP), 2016年, 査読有り
      • 二人で同じ花を見るとなぜ美しいか?―「共視」の実験心理学,発達心理学,精神分析学
        熊田 孝恒; 岩井 律子; 横澤 一彦; 明和 政子; 北山 修
        日本心理学会大会発表論文集, 2015年
      • Egocentric Direction and Position Perceptions are Dissociable Based on Only Static Lane Edge Information.
        Ryoichi Nakashima; Ritsuko Iwai; Sayako Ueda; Takatsune Kumada
        Frontiers in psychology, 2015年, 査読有り
      • 認知的加齢と新奇な人工物利用:高齢参加者データベースに基づくユーザビリティテスト・データの分析
        安達悠子; 原田悦子; 須藤智; 熊田孝恒; 藤原健志
        認知科学, 2014年03月, 査読有り
      • Perseveration found in a human drawing task: six-fingered hands drawn by patients with right anterior insula and operculum damage.
        Chiharu Niki; Takashi Maruyama; Yoshihiro Muragaki; Takatsune Kumada
        Behavioural neurology, 2014年, 査読有り
      • The effect of search mode on dimension weighting.
        Takatsune Kumada
        Frontiers in psychology, 2014年, 査読有り
      • Comparing face processing strategies between typically-developed observers and observers with autism using sub-sampled-pixels presentation in response classification technique.
        Masayoshi Nagai; Patrick J Bennett; M D Rutherford; Carl M Gaspar; Takatsune Kumada; Allison B Sekuler
        Vision research, 2013年03月07日, 査読有り
      • The role of cognitive functions in merging manoeuvres during simulated highway driving(Applied Studies of Psychonomic Science)
        KAWAHARA Jun; SATO Toshihisa; NAGAI Masayoshi; KUMADA Takatsune; SOMA Yuki; NEMOTO Hideaki; NISHIZAKI Yukiko
        基礎心理学研究, 2013年, 査読有り
      • A near-infrared spectroscopy study of differential brain responses to one or two-handed handing actions: An implication for cultural difference in perceived politeness
        Keiko Tagai; Sadaki Takata; Masayoshi Nagai; Katsumi Watanabe; Takatsune Kumada
        Universitas Psychologica, 2013年, 査読有り
      • Differential brain response to one- or two-hand handling action: an fMRI study
        Tagai K; Shimakura H; Takata S; Nagai M; Watanabe K; Niki K; Iwaki S; Kumada T
        Neuroscience and Neuroeconomics, 2013年, 査読有り
      • 加齢による認知機能の変化が高齢者のICT機器を用いた就労への意欲に及ぼす影響
        緒方啓史; 上田一貴; 須藤智; 熊田孝恒; 伊福部達
        情報処理学会論文誌ジャーナル(CD-ROM), 2012年07月15日
      • Spatial working memory load affects counting but not subitizing in enumeration
        Tomonari Shimomura; Takatsune Kumada
        ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 2011年08月, 査読有り
      • [Effects of feature similarity and discrimination category in a flanker task].
        Rika Kaneko; Takatsune Kumada; Yoshiki Fukunaga
        Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology, 2011年06月, 査読有り
      • Visual marking survives graphical change if meaning is retained
        Takayuki Osugi; Takatsune Kumada; Jun Kawahara
        ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 2010年11月, 査読有り
      • Effects of age-related decline of visual attention, working memory and planning functions on use of IT-equipment
        Satoru Suto; Takatsune Kumada
        JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH, 2010年09月, 査読有り
      • A search order lost effect: Ignoring a singleton distractor affects visual search efficiency
        Takatsune Kumada
        VISION RESEARCH, 2010年06月, 査読有り
      • Effective visual cue for guiding people’s attention to important information on a computer display.
        Masakura, Y; Nagai, M; Kumada, T
        Kansei engineering international journal, 2010年06月
      • Attentional capture decreases when distractors remain visible during rapid serial visual presentations
        Tomoe Inukai; Takatsune Kumada; Jun-ichiro Kawahara
        ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 2010年05月, 査読有り
      • Nonspatial interdimensional attentional capture
        Tomoe Inukai; Jun-ichiro Kawahara; Takatsune Kumada
        ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 2010年04月, 査読有り
      • 認知課題による精神性ストレスの計測 : 宇宙ステーションでの利用をめざして
        熊田 孝恒; 河原 純一郎; 武田 裕司; 永井 聖剛; 瀧田 正寿
        JASMA : Journal of the Japan Society of Microgravity Application, 2009年10月19日
      • The spatial distribution of inhibition in preview search
        Takayuki Osugi; Takatsune Kumada; Jun-ichiro Kawahara
        VISION RESEARCH, 2009年05月, 査読有り
      • 系列行為の遂行における左右前頭前野の機能差 NIRSによる脳活動の検討
        仁木 千晴; 熊田 孝恒
        高次脳機能研究, 2009年03月
      • Disinhibition of sequential actions following right frontal lobe damage
        Chiharu Niki; Takashi Maruyama; Yoshihiro Muragaki; Takatsune Kumada
        COGNITIVE NEUROPSYCHOLOGY, 2009年, 査読有り
      • Visual marking survives graphical change without semantic change.
        Osugi, T; Kumada, T; Kawahara, J
        Journal of Vision, 2009年, 査読有り
      • 視覚的手がかりの印象と注意を誘導する効果との関係
        政倉祐子; 永井聖剛; 熊田孝恒
        感性工学研究論文集, 2008年03月
      • The encoding process of nonconfigural information in contextual cuing
        Hirokazu Ogawa; Takatsune Kumada
        PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 2008年02月, 査読有り
      • Classification Imageを用いた顔情報処理における個人差の検討(顔・コミュニケーション関連)
        永井 聖剛; 熊田 孝恒; Bennett Patrick J.; Rutherford M. D.; Sekuler Allison B.
        映像情報メディア学会技術報告, 2008年
      • The spatial distribution of visual marking.
        Osugi, T; Kumada, T; Kawahara, J
        Journal of Vision, 2008年, 査読有り
      • A conjunctive feature similarity effect for visual search
        Yuji Takeda; Steven Phillips; Takatsune Kumada
        QUARTERLY JOURNAL OF EXPERIMENTAL PSYCHOLOGY, 2007年02月, 査読有り
      • Attribute-invariant orientation discrimination at an early stage of processing in the human visual system
        Tetsuko Kasai; Hiromi Morita; Takatsune Kumada
        VISION RESEARCH, 2007年01月, 査読有り
      • Influence of attentional setting and priming on the inter-trial facilitation effect on pop-out
        Mieko Hayashi; Takatsune Kumada
        Shinrigaku Kenkyu, 2007年, 査読有り
      • 注意の瞬きとRSVP知覚
        河原 純一郎; 中谷 智恵; 熊田 孝恒; 横澤 一彦; 齋木 潤
        日本心理学会大会発表論文集, 2007年
      • NIRSによる触覚的物体認知にかかわる脳内過程の検討
        熊田 孝恒; 永井 聖剛; 遠藤 信貴; 横澤 一彦
        日本認知心理学会発表論文集, 2007年
      • Probing attentional modulation of contextual cueing
        Ogawa, H; Takeda, Y; Kumada, T
        Visual Cognition, 2007年, 査読有り
      • An inter-item similarity model unifying feature and conjunction search
        Steven Phillips; Yuji Takeda; Takatsune Kumada
        VISION RESEARCH, 2006年10月, 査読有り
      • The attentional blink is governed by a temporary loss of control
        Jun-Ichiro Kawahara; Takatsune Kumada; Vincent Di Lollo
        PSYCHONOMIC BULLETIN & REVIEW, 2006年10月, 査読有り
      • Attentional prioritization to contextually new objects
        Hirokazu Ogawa; Takatsune Kumada
        PSYCHONOMIC BULLETIN & REVIEW, 2006年06月, 査読有り
      • Deficits in feature-based control of attention in a patient with a right fronto-temporal lesion
        Takatsune Kumada; Mieko Hayashi
        Cognitive Neuropsychology, 2006年05月, 査読有り
      • Deficits in feature-based control of attention in a patient with a right fronto-temporal lesion
        Takatsune Kumada; Mieko Hayashi
        Geomicrobiology Journal, 2006年05月, 査読有り
      • Dimensional weighting and task switching following frontal lobe damage: Fractionating the task switching deficit
        Takatsune Kumada; Glyn W. Humphreys
        Geomicrobiology Journal, 2006年05月, 査読有り
      • Dimensional weighting and task switching following frontal lobe damage: Fractionating the task switching deficit
        T Kumada; GW Humphreys
        COGNITIVE NEUROPSYCHOLOGY, 2006年05月, 査読有り
      • 脳損傷に伴う自己身体図式における右手イメージの変容
        仁木 千晴; 熊田 孝恒
        日本心理学会大会発表論文集, 2005年09月
      • 右前頭葉損傷後にAction Disorganization Syndromeを呈した症例
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 村垣 義浩
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2005年08月
      • Visual search and memory search engage extensive overlapping cerebral cortices: an fMRI study
        Y Makino; K Yokosawa; Y Takeda; T Kumada
        NEUROIMAGE, 2004年10月, 査読有り
      • Age differences in dimension weighting on visual feature search
        Takatsune Kumada; Yuko Hibi
        Visual Cognition, 2004年08月, 査読有り
      • Attentional Shift Within- and Between-Object in 3D space
        Kasai, T; Kumada, T
        CogSci 2004 Proceedings, 2004年08月, 査読有り
      • 視覚的選択の脳内機構―ERPデータを中心に―
        河西哲子; 熊田孝恒
        心理学評論, 2004年01月, 査読有り
      • Spatiotemporal properties of contextual cueing
        Ogawa, H; Takeda, Y; Kumada, T
        基礎心理学研究, 2004年, 査読有り
      • Effects of pictorially-defined surfaces on visual search
        H Morita; T Kumada
        VISION RESEARCH, 2003年08月, 査読有り
      • Attending to a location in three-dimensional space modulates early ERPs
        T Kasai; T Morotomi; J Katayama; T Kumada
        COGNITIVE BRAIN RESEARCH, 2003年07月, 査読有り
      • Voluntary aspects of attentional control setting for detecting a feature-defined target
        K Yokosawa; T Kumada
        JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH, 2003年03月, 査読有り
      • Integration process of contours defined by different attributes
        H Morita; M Morita; T Kumada
        COGNITIVE BRAIN RESEARCH, 2003年02月, 査読有り
      • 近・遠空間におけるオブジェクトベースの注意効果
        河西哲子; 熊田孝恒
        Technical Report on Attention and Cognition, 2003年02月
      • Selection of orientation defined by within- and between- feature dimensions: An ERP study.
        Kasai, T; Morita, H; Kumada, T
        Technical Report on Attention and Cognition, 2002年09月
      • 視覚認知への比較認知科学的アプローチの可能性
        友永雅己; 熊田孝恒; 吉川左紀子
        動物心理学研究, 2002年06月25日, 査読有り
      • Cross-dimensional interference and cross-trial inhibition
        T Kumada; GW Humphreys
        PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 2002年04月, 査読有り
      • Early selection induced by perceptual load in a patient with frontal lobe damage: External vs. internal modulation of processing control
        T Kumada; GW Humphreys
        COGNITIVE NEUROPSYCHOLOGY, 2002年02月, 査読有り
      • 位置、特徴、オブジェクトヘのトップダウン的注意とその脳活動
        横澤 一彦; 武田 裕司; 熊田 孝恒
        認知神経科学, 2002年
      • Effects of occlusion on within-object shift of attention
        Tetsuko Kasai; Takatsune Kumada
        Journal of Vision, 2002年, 査読有り
      • Lexical recovery from extinction: Interactions between visual form and stored knowledge modulate visual selection
        T Kumada; GW Humphreys
        COGNITIVE NEUROPSYCHOLOGY, 2001年07月, 査読有り
      • Feature-based control of attention: Evidence for two forms of dimension weighting
        Takatsune Kumada
        Perception and Psychophysics, 2001年, 査読有り
      • Limitations in attending to a feature value for overriding stimulus-driven interference
        Takatsune Kumada
        Perception and Psychophysics, 1999年, 査読有り
      • 視覚探索 : 現象とプロセス
        横澤 一彦; 熊田 孝恒
        認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society, 1996年11月30日
      • 視覚における特徴統合機能の加齢による変化 : 茨城県里美村における高齢者特性調査・計測報告
        森田 ひろみ; 熊田 孝恒; 口ノ町 康夫
        日本人間工学会大会講演集, 1996年04月10日
      • Distribution of spatial attention in position recognition
        Takatsune Kumada; Tadashi Kikuchi
        Shinrigaku Kenkyu, 1988年, 査読有り
      • Microcomputer control of a LED stimulus display device
        Susumu Ohmoto; Tadashi Kikuchi; Takatsune Kumada
        Shinrigaku Kenkyu, 1987年, 査読有り

      MISC

      • 知覚の時間構造: 認知心理学・神経生理学・計算論の視点から
        島崎秀昭; 小川正; 熊田孝恒
        日本神経回路学会誌, 2019年09月
      • Applying Machine Translation to Psychology: Automatic Translation of Personality Adjectives
        Ritsuko Iwai; Daisuke Kawahara; Takatsune Kumada; Sadao Kurohashi
        In Proceedings of the 17th Machine Translation Summit (MT Summit XVII), 2019年08月, 査読有り
      • 課題非関連のオプティックフローが視覚的注意を誘導する
        樋口 洋子; 井上 聡; 遠藤 照昌; 熊田 孝恒
        Technical Report on Attention and Cognition, 2019年07月
      • 系列行為課題における2種類のディストラクターエラーと関連する前頭葉機能障害の検討
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 田村 学; 村垣 善浩
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2018年06月
      • 手動開始行動が自動制御物体の停止操作に対する主体感に与える影響
        中島亮一; 熊田孝恒
        日本認知心理学会発表論文集, 2018年
      • 前頭葉脳腫瘍摘出後にみられた系列行為課題遂行の質的変化の検討
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 田村 学; 村垣 善浩
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2017年09月
      • Task-irrelevant optic flow guides overt attention during visual search
        Yoko Higuchi; Terumasa Endo; Satoshi Inoue; Takatsune Kumada
        Journal of Vision, 2017年
      • Where should we look in the road? The effect of gaze position on egocentric direction and position perceptions
        Ryoichi Nakashima; Sayako Ueda; Ritsuko Iwai; Kyoko Hine; Takatsune Kumada
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月
      • The sense of agency for braking a moving object during the manual and automatic control
        Ryoichi Nakashima; Takatsune Kumada
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月
      • Attention, awareness, and the sense of agency in driving and rehabilitation (Symposium sponsored by Riken BSI-Toyota Collaboration Center)
        Takatsune Kumada; Keiichi Kitajo; Ryoichi Nakashima
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Big Five similarity between dyadic members with voluntary working linkage
        Ritsuko Iwai; Ryuta Iseki; Takatsune Kumada
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • The relationship between workload and mind wandering in driving
        Yuyu Zhang; Takatsune Kumada
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • パーソナリティ表現の自動翻訳の試み
        植田晋平; 河原大輔; 黒橋禎夫; 岩井律子; 井関龍太; 熊田孝恒
        言語処理学会 第22回年次大会, 2016年03月
      • 注意 : 基礎メカニズム,最近の動向,および応用への展望 (視覚における注意のしくみとその産業応用)
        熊田 孝恒
        光学 = Japanese journal of optics : publication of the Optical Society of Japan, 2016年01月
      • 目標の有無と効果の現れ方が自動制御物体の操作主体感に与える影響
        中島 亮一; 上田 彩子; 日根 恭子; 岩井 律子; 熊田 孝恒
        日本認知心理学会発表論文集, 2016年
      • 右半球脳腫瘍摘出後にみられたリスク認知の学習障害
        仁木千晴; 熊田孝恒; 丸山隆志; 田村学; 佐藤由紀子; 川俣貴一; 村垣善浩
        日本意識障害学会プログラム・抄録集, 2016年
      • Age Related Differences in Episodic Memory Recollections: Applying Latent Dirichlet Allocation to Free-Writings on Driving Incidents by Older and Young Drivers.
        Ritsuko Iwai; Takatsune Kumada; Daisuke Kawahara; Sadao Kurohashi
        Proceedings of the 38th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, Recogbizing and Representing Events, CogSci 2016, Philadelphia, PA, USA, August 10-13, 2016, 2016年, 査読有り
      • マインドワンダリングがトップダウンの期待に及ぼす効果
        井関 龍太; 中島 亮一; 上田 彩子; 岩井 律子; 熊田 孝恒
        日本認知心理学会発表論文集, 2015年
      • 道路形状情報に基づく自己方向・自己位置知覚
        中島 亮一; 岩井 律子; 上田 彩子; 井関 龍太; 熊田 孝恒
        日本認知心理学会発表論文集, 2015年
      • 視覚運動トラッキング課題において,ターゲットとエフェクターの大きさが運動に与える影響
        上田 彩子; 中島 亮一; 井関 龍太; 岩井 律子; 熊田 孝恒
        日本認知心理学会発表論文集, 2015年
      • 指の描画に出現した保続反応 身体表象への注意障害か?
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 村垣 善浩; 田村 学; 伊関 洋
        神経心理学, 2013年12月
      • 長時間運転での疲労蓄積への影響要因の分析とドライバーの疲労蓄積タイプの分類
        佐藤 稔久; 河原 純一郎; 熊田 孝恒
        自動車技術会論文集, 2013年11月
      • 指の描画に出現した保続反応 身体表象への注意障害か?
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 村垣 善浩; 田村 学; 伊関 洋
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2013年08月
      • 足踏みの自動的同期とコミュニケーションスキル
        永井聖剛; 本間元康; 熊田孝恒; 長田佳久
        信学技報, 2013年
      • 長時間運転疲労チェックシートの開発とドライバーの疲労タイプの分類
        佐藤稔久; 河原純一郎; 熊田孝恒; 赤松幹之
        自動車技術会学術講演会前刷集, 2012年10月03日
      • 急性ストレスが選択的注意に及ぼす影響
        竹中一平; 河原純一郎; 熊田孝恒
        基礎心理学研究, 2012年09月30日
      • 加齢による認知機能の変化が高齢者のICT機器を用いた就労への意欲に及ぼす影響
        緒方 啓史; 上田 一貴; 須藤智; 熊田 孝恒; 伊福部 達
        情報処理学会論文誌, 2012年07月15日
      • 足踏みの自発的同期と自閉性傾向
        永井聖剛; 本間元康; 熊田孝恒; 長田佳久
        日本認知心理学会大会発表論文集, 2012年06月01日
      • 視覚探索課題を用いた発達障害児の注意機能に関する実験的検討
        日比優子; 熊田孝恒; 山口真美; 金沢創
        発達研究, 2012年05月20日
      • サビタイジングと注意の空間的分布・知覚的負荷の関係
        下村智斉; 熊田孝恒
        基礎心理学研究, 2012年03月31日
      • 注意欠陥多動性障害の自覚症状を訴える成人の視覚探索の特性
        日比優子; 熊田孝恒; 山下雅子
        基礎心理学研究, 2012年03月31日
      • 自閉傾向のある健常学生の表情認知・表情表出パターン比較研究
        宇佐見恵; 簑下成子; 熊田孝恒; 村垣善浩; 丸山隆志
        日本社会精神医学会プログラム・抄録集, 2012年02月10日
      • Effect of Age-related Decline of Task Switching on the Task Sequences that Simulate Real Job.
        Keiji Ogata; Satoru Suto; Kazutaka Ueda; Takatsune Kumada; Tohru Ifukube
        Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012, 2012年, 査読有り
      • Relationship between age-related decline of cognitive functions and willingness to work using a computer
        Keiji Ogata; Kazutaka Ueda; Satoru Suto; Takatsune Kumada; Tohru Ifukube
        CONFERENCE ON SYSTEMS ENGINEERING RESEARCH, 2012年, 査読有り
      • コミュニケーションスキルと足踏みの自発的同期
        永井聖剛; 本間元康; 熊田孝恒; 長田佳久
        日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM), 2012年
      • 知覚アプローチの現実場面への適用
        渡邊克巳; 本吉勇; 熊田孝恒
        日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM), 2012年
      • 日本認知科学会のさらなる発展を期して
        熊田 孝恒
        認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society, 2011年09月01日
      • Interface Design of a Central Monitoring Device Taking Cognitive Aging into Account
        Keiji Ogata; Takatsune Kumada; Satoru Suto; Katsumi Watanabe; Toru Ifukube
        2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, MAN, AND CYBERNETICS (SMC), 2011年, 査読有り
      • 非優位半球損傷患者において観察された物品を用いた行為課題におけるアクションスキーマの意図的・無意図的なコントロール障害
        仁木 千晴; 丸山 隆志; 村垣 善浩; 熊田 孝恒
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2010年08月
      • 脳腫瘍摘出にともなう視覚的注意のトップダウン・コントロールの障害
        熊田 孝恒; 仁木 千晴; 丸山 隆志; 村垣 善浩
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2010年08月
      • ストレスは注意資源を消費するのか?(日本基礎心理学会第28回大会,大会発表要旨)
        竹中 一平; 佐藤 広英; 河原 純一郎; 熊田 孝恒
        基礎心理学研究, 2010年03月31日
      • 発達障害児におけるサイモン効果の検討
        日比優子; 熊田孝恒; 金沢創; 山口真美; 小西薫
        基礎心理学研究, 2010年03月31日
      • 視覚的印付けへの意味変化の影響(日本基礎心理学会第27回東北大会,大会発表要旨)
        大杉 尚之; 熊田 孝恒; 河原 純一郎
        基礎心理学研究, 2009年03月31日
      • Feature-based control of attention for visual search in normal and damaged brains
        Takatsune Kumada
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2008年06月
      • Does face stimulus capture both young and older Japanese adults' attention?
        Yoko Sakara; So Kamei; Takatsune Kumada
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2008年06月
      • 視覚的印付けに伴う抑制の空間的分布(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨)
        大杉 尚之; 河原 純一郎; 熊田 孝恒
        基礎心理学研究, 2008年03月31日
      • 妨害刺激が消失すると注意捕捉は増大する(日本基礎心理学会第26回大会,大会発表要旨)
        犬飼 朋恵; 熊田 孝恒; 河原 純一郎
        基礎心理学研究, 2008年03月31日
      • 右前頭葉損傷患者はボトムアップに活性化されるアクションスキーマに対して意図的なコントロールが可能か?
        仁木 千晴; 村垣 善浩; 丸山 隆志; 熊田 孝恒
        高次脳機能研究, 2008年03月
      • 身体図式の全体性と左右頭頂葉との関連について
        仁木 千晴; 村垣 善浩; 丸山 隆志; 熊田 孝恒
        高次脳機能研究, 2007年03月
      • 自閉症者と健常者の顔情報処理方略の比較: classification image法を用いて
        永井聖剛; 熊田孝恒; Bennett JP; 本間元康; Rutherford DM; Gaspar MC; Sekuler BA
        信学技報, 2007年
      • Measuring brain activities related to understanding using near-infrared spectroscopy (NIRS)
        Masayoshi Nagai; Nobutaka Endo; Takatstme Kumada
        HUMAN INTERFACE AND THE MANAGEMENT OF INFORMATION: METHODS, TECHNIQUES AND TOOLS IN INFORMATION DESIGN, PT 1, PROCEEDINGS, 2007年, 査読有り
      • 視空間 反応マップの生成における手の視覚表象の影響
        仁木 千晴; 村垣 善浩; 丸山 隆志; 熊田 孝恒
        神経心理学, 2006年12月
      • 頭頂葉損傷患者における課題に対する構えの切り替えの障害
        熊田 孝恒; 仁木 千晴; 丸山 隆志; 村垣 善浩
        神経心理学, 2006年12月
      • 視空間-反応マップの生成における手の視覚表象の影響
        仁木 千晴; 村垣 善浩; 丸山 隆志; 熊田 孝恒
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2006年08月
      • 頭頂葉損傷患者における課題に対する構えの切り替えの障害
        熊田 孝恒; 仁木 千晴; 丸山 隆志; 村垣 善浩
        日本神経心理学会総会プログラム・予稿集, 2006年08月
      • 手の左右判断課題における自己身体受容感覚の影響
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 村垣 善浩
        高次脳機能研究, 2006年03月
      • 右前頭葉損傷後にAction Disorganization Syndromeを呈した症例
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 丸山 隆志; 村垣 善浩
        神経心理学, 2005年12月
      • 9-11 視聴覚情報処理における時間的限界区間(第9部門 ヒューマンインフォメーション)
        阿部 真也; 川嶋 弘尚; 熊田 孝恒
        映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集, 2005年11月14日
      • 手の心的回転課題における手の表象および運動イメージ
        仁木 千晴; 熊田 孝恒; 村垣 善浩; 丸山 隆志
        高次脳機能研究, 2005年03月
      • 注意のオブジェクト内利得とオブジェクト間損失
        河西哲子; 熊田孝恒
        日本心理学会第67回大会発表論文集, 2003年09月
      • 視覚的補完による単一オブジェクト内の注意移動
        河西哲子; 熊田孝恒
        日本心理学会第66回大会発表論文集, 2002年09月
      • 位置、特徴、オブジェクトへのトップダウン的注意とその脳活動
        横澤 一彦; 武田 裕司; 熊田 孝恒
        認知神経科学, 2002年03月
      • Interattribute integration of contours
        H Morita; T Kumada
        PERCEPTION, 2002年
      • Emergent pattern representations disrupt visual marking
        Y Takeda; T Kumada
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2000年06月
      • Switching attention between feature dimensions.
        T Kumada; Y Takeda
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2000年06月
      • Cross-dimensional interference and cross-trial inhibition in visual feature search
        T Kumada; GW Humphreys
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1999年03月
      • 前・後期高齢者の視野探索特性の比較
        久場 康良; 熊田 孝恒; 口ノ町 康夫
        日本人間工学会大会講演集, 1996年04月10日
      • 加算作業にともなうメンタルワークロードの生理指標による測定
        小早川達; 口ノ町康夫; 熊田孝恒
        日本人間工学会関東支部大会講演集, 1994年12月
      • 視覚探索-13完-視覚探索研究の展望
        横沢 一彦; 熊田 孝恒
        数理科学, 1993年02月
      • 視覚的注意に関する最近の研究動向
        熊田孝恒
        日本認知科学会P&P研究分科会発表資料, 1991年

      外部資金:科学研究費補助金

      • 自己の行為の誤りに気づかない現象が生じるメカニズムとその加齢変化に関する研究
        基盤研究(C)
        小区分90030:認知科学関連
        滋慶医療科学大学院大学
        石松 一真
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        認知的制御;メタ認知;認知的加齢
      • パーソナリティと実行系注意機能の関係の解明:認知構成論的アプローチの試み
        基盤研究(B)
        小区分90030:認知科学関連
        京都大学
        熊田 孝恒
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        パーソナリティ;実行計注意機能;インタフェース;実行系注意機能;前頭葉機能;眼球運動;ロボット;実行機能
      • 認知課題訓練効果の汎化と自動車運転能力向上の脳活動データにもとづく予測
        基盤研究(B)
        国立研究開発法人産業技術総合研究所
        岩木 直
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        非侵襲脳機能計測;視空間処理;訓練効果;汎化;空間的イメージ操作;認知課題トレーニング;fMRI;背側視覚系;腹側視覚系;前頭前野;訓練;安静時機能結合
      • 実行系注意機能における個人差とパーソナリティに共通の心理・神経基盤の解明
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        熊田 孝恒
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        パーソナリティ;実行機能;注意機能;個人差;前頭葉;流動性知能;脳機能;注意;脳活動
      • 実用性知能の脳内基盤に関する研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        熊田 孝恒
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        認知機能;前頭葉;知能;実用性知能;脳損傷;認知課題;脳ネットワーク
      • 動的脳活動の非侵襲計測データ統合解析に基づく高次視覚認知のデコーディング技術
        基盤研究(B)
        独立行政法人産業技術総合研究所
        岩木 直
        自 2011年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        三次元視覚処理;脳領域間連関;非侵襲脳機能解析;マルチモーダル・ニューロイメージング;非侵襲脳機能計測;三次元オブジェクト知覚;心的視覚情報処理;ガンマ帯域脳活動;腹側視覚系;背側視覚系;MEG;fMRI;3次元物体知覚;3次元物体;心的操作;頭頂葉;側頭葉;高次視覚野;統合解析;因果モデリング;三次元物体知覚;脳活動ダイナミクス
      • 発達障害様の記憶障害を呈す成人への認知心理学実験的アプローチの方法論の検討
        基盤研究(C)
        東京有明医療大学
        山下 雅子
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        成人の発達障害;ADHD;認知心理学;WAIS;虚記憶;連想;忘却;壮年;記憶障害
      • 前頭葉からのトップダウン・コントロールに関わる脳内ネットワーク機能の解明
        基盤研究(B)
        京都大学;独立行政法人理化学研究所;独立行政法人産業技術総合研究所
        熊田 孝恒
        自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        前頭葉機能;実行機能;知能;脳機能;前頭葉;認知科学;注意;脳損傷;脳;脳ネットワーク;認知機能;遂行機能
      • 乳児における能動的な知覚認知機能の解明
        基盤研究(A)
        中央大学
        山口 真美
        自 2009年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        感覚・知覚;知覚発達;注意;アクティブな知覚;アクティブな注意
      • 未知環境下における意義情報の抽出と知識の確立過程
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        小川 正
        完了
        注意;前頭前野;サル;知性;学習;眼球運動;適応;ニューロン活動;前頭連合野;ヒト;サッカード
      • 第3の注意駆動原理の提案:言語的加重による知覚システムの直接制御
        萌芽研究
        独立行政法人産業技術総合研究所
        熊田 孝恒
        完了
        実験系心理学;注意・意識;言語的加重;注意制御;認知心理学
      • 左前頭葉における非言語的遂行機能の解明:脳外科的技術による認知科学へのアプローチ
        基盤研究(B)
        独立行政法人産業技術総合研究所
        熊田 孝恒
        完了
        前頭葉;注意;遂行機能;脳波;脳機能イメージング
      • 高次視覚における統合実験環境とシミュレーション・モデルの構築に関する研究
        基盤研究(B)
        東京大学
        横澤 一彦
        完了
        高次視覚;シミュレーション・モデル;線運動錯視;パルスニューラルネットワーク;注意の瞬き;LOC分析;データベース;実験データベース, High-level Vision;Simulation Model;Illusory Line Motion;Palsed Neural Network;Attentional Blink;LOC Analysis;Database
      • 視覚系における注意のメカニズムと機能の解明
        奨励研究(特別研究員)
        筑波大学
        熊田 孝恒
        完了
      list
        Last Updated :2022/06/24

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー IV
          3196, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          ILASセミナー
          Z001, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー II
          3192, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー I
          3190, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST IV
          3197, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          心理学(講義)
          7102, 通年, 文学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST III
          3195, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          計算論的認知神経科学
          3163, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          心理学概論
          1504, 前期, 総合人間学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST II
          3193, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          知能情報学セミナー III
          3194, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          心理学(特殊講義)
          M341, 前期, 文学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          生命情報学
          9119, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知心理学特論VI
          7227, 前期, 教育学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知科学演習
          7424, 後期, 教育学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          心理学概論
          7172, 前期, 文学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知科学演習
          3161, 後期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          心理学概論
          5016, 前期, 教育学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Seminar on IST I
          3191, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          認知科学基礎論
          3151, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命情報学
          後期, 工学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          認知科学演習
          後期, 教育学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          知能情報学特殊研究 I
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          知能情報学特殊研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          知能情報学特殊研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          認知科学演習
          後期, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          知能情報学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体・認知情報学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          心理学IA
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命情報学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Advanced Study in IST I
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Advanced Study in IST II
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Advanced Study in IST I
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Advanced Study in IST II
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体情報学の基礎ゼミ
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体・認知情報学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命情報学
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          知能情報学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          知能情報学特殊研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          知能情報学特殊研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          知能情報学特殊研究 I
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          計算論的認知神経科学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          認知科学演習
          後期, 教育学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          認知科学演習
          後期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Advanced Study in IST I
          後期集中, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Advanced Study in IST I
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Advanced Study in IST II
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          心理学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          心理学(講義)
          通年, 文学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生体・認知情報学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生命情報学
          後期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          知能情報学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          知能情報学特殊研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          知能情報学特殊研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          知能情報学特殊研究 I
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          計算論的認知神経科学
          前期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          認知科学演習
          後期, 教育学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          認知科学演習
          後期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Advanced Study in IST I
          前期集中, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Advanced Study in IST I
          後期集中, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Advanced Study in IST I
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Advanced Study in IST II
          後期集中, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Advanced Study in IST II
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          心理学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          心理学(講義)
          通年, 文学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生体・認知情報学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生命情報学
          後期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          知能情報学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          知能情報学特殊研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          知能情報学特殊研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          計算論的認知神経科学
          前期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          認知科学演習
          後期, 教育学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          認知科学演習
          後期, 情報学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          心理学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          心理学(講義)
          通年, 文学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生命情報学
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          計算論的認知神経科学
          前期, 情報学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学概論
          前期, 教育学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学概論
          前期, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学概論
          前期, 文学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学(講義)
          通年, 文学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生命情報学
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          計算論的認知神経科学
          前期, 情報学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:生体情報処理入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生命情報学
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          系共通科目(心理学)(講義I)
          通年, 文学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          計算論的認知神経科学
          前期, 情報学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:生体情報処理入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST III
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST II
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST I
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Seminar on IST IV
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          心理学(特殊講義)
          前期, 文学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生命情報学
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー III
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー II
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー I
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          知能情報学セミナー IV
          後期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          系共通科目(心理学)(講義I)
          通年, 文学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          計算論的認知神経科学
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知心理学特論VI
          前期, 教育学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知科学基礎論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知科学演習
          後期, 教育学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知科学演習
          後期, 情報学研究科

        博士学位審査

        • Informatics Approaches for Understanding Human Facial Attractiveness Perception and Visual Attention  (人間の顔の魅力知覚と視覚的注意の情報学的アプローチによる解明)
          童 松, 情報学研究科, 主査
          2021年05月24日
        list
          Last Updated :2022/06/24

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            図書館協議会 協議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            広報委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            広報委員会 紅萠編集専門部会

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            基盤整備委員会副委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            図書WG委員長
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            教務委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            制規委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            情報セキュリティ委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            専攻長会議
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            財務委員会委員長
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            財務委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            評価・広報委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            基盤整備委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            人を対象とする研究倫理小委員会委員長

          ページ上部へ戻る