教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

梅野 健

ウメノ ケン

情報学研究科 数理工学専攻数理物理学講座 教授

梅野 健
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部 工学部

    所属学協会

    • 自 2022年06月, 至 現在
      測位航法学会
    • 自 2022年05月, 至 現在
      応用物理学会
    • The Econometric Society (ES)
    • American Physical Society (APS)
    • The American Finance Association (AFA)
    • The American Geophysical Union (AGU)
    • The Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
    • 日本金融・証券計量・工学学会
    • 地震予知学会
    • 日本地震学会
    • レーザー学会
    • 電子情報通信学会
    • 日本応用数理学会

    学位

    • 修士(理学)(東京大学)
    • 博士(理学)(東京大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東京大学, 大学院理学系研究科物理学専攻修士課程, Department of Physics, 修了
    • 東京大学, 大学院理学系研究科物理学専攻博士課程, Department of Physics, 修了

    出身学校・専攻等

    • 早稲田大学, 理工学部電子通信学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      東海高等学校, とうかいこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2012年04月, 至 現在
      京都大学大学院情報学研究科, 教授
    • 自 2004年04月, 至 2012年03月
      :独立行政法人情報通信研究機構(NICT) 主任研究員
    • 自 2001年, 至 2004年
      :独立行政法人通信総合研究所(CRL) 主任研究員
    • 自 2001年
      : 総務省 通信総合研究所(CRL) 主任研究官
    • 自 1998年, 至 2000年
      :郵政省 通信総合研究所(CRL:現NICT) 研究官
    • 自 2000年
      : 郵政省 通信総合研究所(CRL) 主任研究官
    • 自 1995年, 至 1998年
      :理化学研究所 基礎科学特別研究員
    • 自 2016年04月01日
      東京大学 物性研究所, 客員教授
    • 自 2005年11月01日
      独立行政法人 理化学研究所, チームリーダー
    • 自 2004年04月01日
      独立行政法人 情報通信研究機構, 主任研究員
    • 自 2003年08月26日
      株式会社カオスウェア, 代表取締役
    • 自 2001年04月01日
      独立行政法人 通信総合研究所, 主任研究員
    • 自 2001年01月01日
      総務省 通信総合研究所, 主任研究官
    • 自 2000年08月01日
      科学技術振興事業団 プレベンチャー事業, 研究代表者
    • 自 2000年07月01日
      郵政省 通信総合研究所, 主任研究官
    • 自 1998年10月01日
      郵政省 通信総合研究所, 研究官
    • 自 1998年04月01日
      郵政省 通信総合研究所, 郵政技官
    • 自 1995年04月01日
      理化学研究所, 基礎科学特別研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      研究分野:応用カオス、複雑コミュニケーションサイエンス、エルゴード理論、電離圏異常の解析による地震予測, 6G, カオス理論

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        エルゴード理論、可解カオス、電力X、電磁気学X、応用カオス、統計力学、モンテカルロ計算のSuperefficiency、原始根符号、カオス通信システム、カオス解析、カオス最適化、標準時決定アルゴリズムの研究, 5G, 6G, 地震予知予測(GNSS衛星TEC解析による電離圏異常検知とその物理メカニズム解明), 超一般化中心極限定理, 普遍超一般化中心極限定理、カオス的市場仮説
      • 研究概要

        カオスと計算、カオス性に基づく情報システム、カオス性に基づく計算、べき分布を生成するカオスメカニズム、カオス解析、カオスモンテカルロ計算、カオス暗号、カオス通信システム、市場のカオス仮説の検証、脳におけるカオスの役割、可解カオスの数理、カオス最適化などカオスに関係のある森羅万象を研究対象とする。

      研究キーワード

      • スペクトル分配理論
      • 量子計算
      • カオス
      • 情報通信学
      • 複雑系の科学
      • 数理科学
      • Quantum computation
      • Chaos
      • Information and communication engineering
      • Science of complex system
      • Mathematical science

      研究分野

      • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 通信工学
      • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 電子デバイス、電子機器
      • 自然科学一般, 数理物理、物性基礎
      • 自然科学一般, 応用数学、統計数学
      • 自然科学一般, 数学基礎
      • 情報通信, 情報ネットワーク
      • 情報通信, 計算機システム
      • 情報通信, 情報学基礎論

      論文

      • 可解カオスの数理と応用(2) ー双対性ー
        梅野 健
        応用数理, 2022年06月25日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Universal Critical Behavior of Transition to Chaos: Intermittency Route
        大久保健一、梅野健
        Progress of Theoretical and Experimental Physics, 2022年06月17日, 査読有り, 最終著者
      • The reference distributions of Maurer’s universal statistical test and its improved tests
        引間泰成; 岩崎淳; 梅野健
        IEEE Transactions on Information Theory, 2021年11月30日, 査読有り, 最終著者
      • Capability of TEC correlation Analysis and Deceleration at Propagation Velocities of Medium-Scale Traveling Ionospheric Disturbances: Preseismic Anomalies before the Large Earthquakes
        梅野健; 中林亮; 岩田卓哉; 高明慧
        Open Journal of Earthquake Research, 2021年11月04日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Elucidation of Chaotic Market Hypothesis Based on Ergodic Theory
        Ken Umeno
        Creative Complex Systems. Creative Economy. Springer, Singapore. Edited by Nishimura K., Murase M., Yoshimura K., 2021年10月27日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Cryptocurrency market efficiency in short- and long-term horizons during COVID-19: An asymmetric multifractal analysis approach
        Shinji Kakinaka; Ken Umeno
        Finance Research Letters, 2021年07月, 査読有り, 最終著者
      • Exploring asymmetric multifractal cross-correlations of price-volatility and asymmetric volatility dynamics in cryptocurrency markets
        Shinji Kakinaka; Ken Umeno
        Physica A: Statistical Mechanics and its Applications, 2021年07月, 査読有り, 最終著者
      • Infinite ergodicity that preserves the Lebesgue measure
        大久保健一; 梅野健
        Chaos, 2021年03月, 査読有り, 最終著者
      • Demonstration of wireless power coloring
        Masataka Motoyama; Ken Umeno
        IEICE Electronics Express, 2021年02月, 査読有り, 最終著者
      • An extension of the entropic chaos degree and its positive effect
        井上啓; 真尾朋行; 奥富秀俊; 梅野健
        Japan J. Indust. Appl. Math., 2021年01月, 査読有り, 最終著者
      • Randomization Approaches for Reducing PAPR with Partial Transmit Sequence and Semidefinite Relaxation
        津田宏史; 梅野健
        IEICE Transactions on Communications, 2020年08月, 査読有り, 最終著者
      • Flexible two-point selection approach for characteristic function-based parameter estimation of stable laws
        Shinji Kakinaka; Ken Umeno
        Chaos: An Interdisciplinary Journal of Nonlinear Science, 2020年07月, 査読有り, 最終著者
      • 一般化Boole変換におけるLyapunov指数の理論値を用いたレーザーカオスのカオス性評価
        大久保健一; 桒島史欣; 梅野健
        レーザー研究, 2020年05月, 査読有り, 最終著者
      • 修正(拡張型)カオス尺度による半導体レーザーカオスの時系列解析
        井上啓; 真尾朋行; 桒島史欣; 堀田大道; 奥富秀俊; 梅野健
        レーザー研究, 2020年05月, 査読有り, 最終著者
      • Almost Periodic Frequency Arrangement (APFA)のカオス性
        中澤勇夫; 梅野健
        レーザー研究, 2020年05月, 査読有り, 最終著者
      • Characteristics of Anomalous Radio Propagation before and after the 2011 Tohoku-Oki Earthquake as Seen by Oblique Ionograms
        五十嵐喜良、土屋俊夫、梅野健
        Open Journal of Earthquake Research, 2020年03月12日, 査読有り, 最終著者
      • Characterizing Cryptocurrency Market with Lévy’s Stable Distributions
        柿中晋治, 梅野健
        JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 2020年02月, 査読有り, 最終著者
      • Chaotic property of almost periodic frequency arrangement (APFA)
        Isao Nakazawa; Ken Umeno
        JSIAM LETTERS, 2020年, 査読有り, 最終著者
      • Pre‐seismic ionospheric anomalies detected before the 2016 Taiwan earthquake
        Shin‐itiro Goto; Ryoma Uchida; Kiyoshi Igarashi; Chia‐Hung Chen; Minghui Kao; Ken Umeno
        Journal of Geophysical Research: Space Physics, 2019年11月, 査読有り
      • Investigation of the difference between Chaos Degree and Lyapunov exponent for asymmetric tent maps
        Tomoyuki Mao; Hidetoshi Okutomi; Ken Umeno
        JSIAM LETTERS, 2019年, 査読有り
      • カオス尺度とリアプノフ指数の差の解釈に基づく修正カオス尺度の提案
        真尾 朋行; 奥富 秀俊; 梅野 健
        日本応用数理学会論文誌, 2019年, 査読有り, 最終著者
      • Universality of the route to chaos: Exact analysis
        Ken-ichi Okubo; Ken Umeno
        PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS, 2018年10月, 査読有り
      • Randomness Test to Solve Discrete Fourier Transform Test Problems
        Atsushi Iwasaki; Ken Umeno
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2018年08月, 査読有り
      • Super Generalized Central Limit Theorem-Limit Distributions for Sums of Non-identical Random Variables with Power Laws-
        Masaru Shintani; Ken Umeno
        JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN, 2018年04月, 査読有り
      • Maps on statistical manifolds exactly reduced from the Perron-Frobenius equations for solvable chaotic maps
        Shin-itiro Goto; Ken Umeno
        JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS, 2018年03月, 査読有り
      • Weyl Spreading Sequence Optimizing CDMA
        Hirofumi Tsuda; Ken Umeno
        IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS, 2018年03月, 査読有り
      • Three theorems on odd degree Chebyshev polynomials and more generalized permutation polynomials over a ring of module 2(w)
        Atsushi Iwasaki; Ken Umeno
        JAPAN JOURNAL OF INDUSTRIAL AND APPLIED MATHEMATICS, 2018年03月, 査読有り
      • Randomization Algorithm for Partial Transmit Sequence with Semidefinite Relaxation
        Hirofumi Tsuda; Ken Umeno
        2018 IEEE 88TH VEHICULAR TECHNOLOGY CONFERENCE (VTC-FALL), 2018年, 査読有り
      • 歩行中の脳波に含まれるワークロード信号のブラインド信号源分離を用いた抽出
        岩瀬 悠哉; 成瀬 康; 横田 悠右; 梅原 広明; 梅野 健
        ヒューマンインタフェース学会論文誌, 2018年, 査読有り, 最終著者
      • Conditional Lyapunov exponent criteria in terms of ergodic theory
        Masaru Shintani; Ken Umeno
        PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS, 2018年01月, 査読有り
      • Non-Linear Programming: Maximize SINR for Designing Spreading Sequence
        Hirofumi Tsuda; Ken Umeno
        IEEE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS, 2018年01月, 査読有り
      • Physical Model of Energy Fluctuation Divergence
        大久保健一; 梅野 健
        J. Condensed Matter Nucl. Sci., 2017年10月, 査読有り
      • Randomness Evaluation With the Discrete Fourier Transform Test Based on Exact Analysis of the Reference Distribution
        Hiroki Okada; Ken Umeno
        IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION FORENSICS AND SECURITY, 2017年05月, 査読有り
      • New Chaos Indicators for Systems with Extremely Small Lyapunov Exponents
        Ken-ichi Okubo; Ken Umeno
        Chaos, Complexity and Transport, 2017年03月, 査読有り
      • Preseismic ionospheric anomalies detected before the 2016 Kumamoto earthquake
        Takuya Iwata; Ken Umeno
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS, 2017年03月, 査読有り
      • Fundamental study on almost periodic frequency arrangements for super-multi-access radio communication systems
        Isao Nakazawa; Ken Umeno
        IEICE COMMUNICATIONS EXPRESS, 2017年, 査読有り
      • Further improving security of Vector Stream Cipher
        Atsushi Iwasaki; Ken Umeno
        IEICE NONLINEAR THEORY AND ITS APPLICATIONS, 2017年, 査読有り
      • One-stroke polynomials over a ring of modulo 2(w)
        Atsushi Iwasaki; Ken Umeno
        JSIAM LETTERS, 2017年, 査読有り
      • Orthogonal basis spreading sequence for optimal CDMA
        津田宏史; 梅野
        JSIAM Letters, 2016年12月, 査読有り
      • Correlation analysis for preseismic total electron content anomalies around the 2011 Tohoku-Oki earthquake
        Takuya Iwata; Ken Umeno
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SPACE PHYSICS, 2016年09月, 査読有り
      • Exact Lyapunov exponents of the generalized Boole transformations
        Ken Umeno; Ken-ichi Okubo
        PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS, 2016年02月, 査読有り
      • Study on Emergency Message Communication System for Ensuring Safety in Antarctica under Extremely Severe Environments
        Kiyoshi Igarashi; Ken Umeno; Masaki Okada; Masayuki Kikuchi
        2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON SMART GREEN TECHNOLOGY IN ELECTRICAL AND INFORMATION SYSTEMS (ICSGTEIS), 2016年, 査読有り
      • Performance Evaluation of Wideband Radio Communication Systems using Almost Periodic Frequency Arrangement
        Isao Nakazawa; Ken Umeno
        2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON SMART GREEN TECHNOLOGY IN ELECTRICAL AND INFORMATION SYSTEMS (ICSGTEIS), 2016年, 査読有り
      • New Expression of SNR Formula for CDMA System
        Hirofumi Tsuda; Ken Umeno
        2016 INTERNATIONAL CONFERENCE ON SMART GREEN TECHNOLOGY IN ELECTRICAL AND INFORMATION SYSTEMS (ICSGTEIS), 2016年, 査読有り
      • Ergodic transformations on R preserving Cauchy laws
        Ken Umeno
        IEICE NONLINEAR THEORY AND ITS APPLICATIONS, 2016年, 査読有り
      • Improving security of Vector Stream Cipher
        Atsushi Iwasaki; Ken Umeno
        IEICE NONLINEAR THEORY AND ITS APPLICATIONS, 2016年, 査読有り
      • Brain Electrical Capacitance Volume Tomography Signals Analysis with Moving Maximum Lyapunov Exponents
        H. OKADA; K. Umeno; D. Handoko; M. Ihsan; R. Maharani; P. Nursetia; H. Rosyad; Warsito
        Advanced Science, Engineering and Medicine, 2015年10月, 査読有り
      • 新たな非線形時系列解析の手法 : 移動最大リアプノフ指数線によるカオス解析 (「複雑系の光」特集号)
        岡田 大樹; 梅野 健
        レーザー研究 = The review of laser engineering : レーザー学会誌, 2015年06月, 査読有り, 最終著者
      • Superefficient Monte Carlo Simulations
        梅野 健
        Simulation Technologies in Networking and Communications Selecting the Best Tool for Test, 2015年03月, 査読有り
      • 弱カオス系のカオス性判定について(理論,<特集>応用カオス)
        大久保 健一; 梅野 健
        日本応用数理学会論文誌, 2015年, 査読有り, 最終著者
      • 巻頭言:学会の三権分立論
        梅野 健
        応用数理, 2014年09月, 招待有り
      • Performance Evaluation of CDMA Using Chaotic Spreading Sequence with Constant Power in Indoor Power Line Fading Channels
        Ryo Takahashi; Ken Umeno
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2014年07月, 査読有り
      • Performance Evaluation of CDMA Using Chaotic Spreading Sequences in Indoor Power Line Channels
        Ryo Takahashi; Ken Umeno
        Proc. 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, 2013年09月, 査読有り
      • 情報の統計力学 (特集 発展する統計力学 : 導き出される新たな世界像)
        梅野 健
        数理科学, 2013年06月
      • Chaotic Method for Generating q-Gaussian Random Variables
        Ken Umeno; Aki-Hiro Sato
        IEEE TRANSACTIONS ON INFORMATION THEORY, 2013年05月, 査読有り
      • Chaos theory as the answer to limited spectrum?
        K. Umeno; M. Kao
        ITU News, 2013年, 査読有り
      • Using Deterministic Chaos for Superefficient Monte Carlo Simulations
        Cheng-An Yang; Kung Yao; Ken Umeno; Ezio Biglieri
        IEEE CIRCUITS AND SYSTEMS MAGAZINE, 2013年, 査読有り
      • Inner Angles Made of Consecutive Three Points on a Circle for Chaotic and Random Series
        Ryo Takahashi; Etsushi Nameda; Ken Umeno
        IUTAM SYMPOSIUM ON 50 YEARS OF CHAOS: APPLIED AND THEORETICAL, 2012年, 査読有り
      • 混合カオス信号の独立成分分析とカオス解析
        梅野 健
        レーザー研究, 2011年07月15日, 査読有り, 筆頭著者
      • Performance Evaluation of Band-Limited Baseband Synchronous CDMA Using Orthogonal ICA Sequences
        Ryo Takahashi; Ken Umeno
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2010年03月, 査読有り
      • Inner angle of triangle on unit circle made of consecutive three points generated by chaotic map
        Takahashi Ryo; Nameda Etsushi; Umeno Ken
        JSIAM Letters, 2010年, 査読有り
      • Performance Analysis of Complex CDMA Using Complex Chaotic Spreading Sequence with Constant Power
        Ryo Takahashi; Ken Umeno
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2009年12月, 査読有り
      • Application of Asynchronous Channels Method to the W-CDMA Systems
        Etsushi Nameda; Hideaki Terai; Minghui Kao; Ken Umeno
        The Open Cybernetics and Systemics Journal Vol. 3, pp.79-84, 2009年09月01日, 査読有り
      • Madelung fluid model for the most likely wave function of a single free particle in a two-dimensional space with a given average energy
        Agung Budiyono; Ken Umeno
        PHYSICAL REVIEW A, 2009年04月, 査読有り
      • Band-limited Synchronous CDMA Using the Chaotic Orthogonal ICA Spreading Sequences
        Ryo Takahashi; Ken Umeno
        Conference Abstracts of 5th International Conference on Nonlinear Science: Dynamics Days Asia Pacific 5, 2008年09月, 査読有り
      • Chaos-based communication systems using on-line ICA algorithm
        Song-Ju Kim; Ken Umeno
        IEICE ELECTRONICS EXPRESS, 2008年07月, 査読有り
      • Performance Comparison of Band-limited Baseband Synchronous CDMA Using between Walsh-Hadamard Sequence and ICA Sequence
        Ryo Takahashi; Ken Umeno
        Proc. International Workshop on Nonlinear Dynamics and Synchronization, 2008年07月, 査読有り
      • Solvable performances of optimization neural networks with chaotic noise and Stochastic noise with negative autocorrelation
        Mikio Hasegawa; Ken Umeno
        NEURAL INFORMATION PROCESSING, PART I, 2008年, 査読有り
      • Independent component analysis of mixed chaos in electronic circuits
        M. Kuraya; A. Uchida; S. Sano; S. Yoshimori; K. Umeno
        ELECTRONICS LETTERS, 2008年01月, 査読有り
      • Blind source separation of chaotic laser signals by independent component analysis
        Masahiko Kuraya; Atsushi Uchida; Shigeru Yoshimori; Ken Umeno
        OPTICS EXPRESS, 2008年01月, 査読有り
      • Employing LSF at transmitter eases MMSE adaptation at receiver in asynchronous CDMA systems
        Masahiro Yukawa; Ken Umeno; Gen Hori
        Eurasip Journal on Wireless Communications and Networking, 2008年, 査読有り
      • FPGA implementation of EASI algorithm
        Song-Ju Kim; Ken Umeno; Ryo Takahashi
        IEICE ELECTRONICS EXPRESS, 2007年11月, 査読有り
      • Performance of the Recovered Pseudo-Noise Binary Sequences by Independent Component Analysis for CDMA
        Ryo Takahashi; Song-Ju Kim; Ken Umeno
        Proc. 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, 2007年09月, 査読有り
      • Recovery of Chaotic Signals Using On-line ICA Algorithm
        Song-Ju Kim; Ken Umeno; Ryo Takahashi
        Proc. 2007 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, 2007年09月, 査読有り
      • Generating Complete Orthogonal Spreading Sequences by Equivariant Adaptive Separation via Independence for CDMA
        Ryo Takahashi; Song-Ju Kim; Ken Umeno
        Proc. 15th IEEE International Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronics Systems, 2007年07月, 査読有り
      • Improvement of CDMA System Using Signal Separation by Independent Component Analysis
        Gen Hori; Ken Umeno; Masahiro Yukawa; Ryo Takahashi; Tomasz Jan Piotrowski
        Proc. 15th IEEE International Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronics Systems, 2007年07月, 査読有り
      • Nonintegrability of nonhomogeneous nonlinear lattices
        K Yoshimura; K Umeno
        JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS, 2004年12月, 査読有り
      • Optical chaos CDMA
        K. Umeno
        Journal of the National Institute of Information and Communications Technology, 2004年, 査読有り, 筆頭著者
      • Construction of optimal chaotic spreading sequence using Lebesgue spectrum filter
        K Umeno; A Yamaguchi
        IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES, 2002年04月, 査読有り
      • Applications of chaotic dynamical systems and ergodic theory to spread spectrum sequences design
        CC Chen; Y Kung; K Umeno; E Biglieri
        MATHEMATICS IN SIGNAL PROCESSING V, 2002年, 査読有り
      • Design of spread-spectrum sequences using chaotic dynamical systems and ergodic theory
        CC Chen; K Yao; K Umeno; E Biglieri
        IEEE TRANSACTIONS ON CIRCUITS AND SYSTEMS I-REGULAR PAPERS, 2001年09月, 査読有り
      • Design of spread-spectrum sequences using chaotic dynamical systems and ergodic theory
        Chi-Chung Chen; Kung Yao; Ken Umeno; Ezio Biglieri
        IEEE Transactions on Circuits and Systems I: Fundamental Theory and Applications, 2001年09月, 査読有り
      • SNR analysis for orthogonal chaotic spreading sequences
        K Umeno
        NONLINEAR ANALYSIS-THEORY METHODS & APPLICATIONS, 2001年08月, 査読有り
      • OPTICAL IMPLEMENTATION OF CHAOTIC MAPS WITH MACH-ZEHNDER INTERFEROMETERS
        KEN UMENO; YOSHINARI AWAJI; KEN-ICHI KITAYAMA
        Proceedings of the 5th Experimental Chaos Conference, 2001年04月, 査読有り
      • Chaotic Monte Carlo computation: A dynamical effect of random-number generations
        K Umeno
        JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS SHORT NOTES & REVIEW PAPERS, 2000年03月, 査読有り
      • Optimal chaotic spread spectrum sequences for uplink CDMA systems
        CC Chen; K Yao; K Umeno; E Biglieri
        IEEE 2000 ADAPTIVE SYSTEMS FOR SIGNAL PROCESSING, COMMUNICATIONS, AND CONTROL SYMPOSIUM - PROCEEDINGS, 2000年, 査読有り
      • Spreading sequences using periodic orbits of chaos for CDMA
        K. Umeno; K. Kitayama
        Electronics Letters, 1999年04月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • Improvement of SNR with chaotic spreading sequences for CDMA
        Ken Umeno; Ken-Ichi Kitayama
        Proceedings of the 1999 IEEE Information Theory and Communications Workshop, 1999年, 査読有り, 筆頭著者
      • Singularity Analysis Towards Nonintegrability of Nonhomogeneous Nonlinear Lattices
        Ken Umeno
        Hamiltonian Systems with Three or More Degrees of Freedom, 1999年, 査読有り, 筆頭著者
      • Superposition of chaotic processes with convergence to Levy's stable law
        K Umeno
        PHYSICAL REVIEW E, 1998年08月, 査読有り
      • Method of constructing exactly solvable chaos
        K Umeno
        PHYSICAL REVIEW E, 1997年05月, 査読有り
      • Variational symmetry in non-integrable hamiltonian systems
        Umeno Ken
        Journal of Nonlinear Mathematical Physics, 1997年, 査読有り, 筆頭著者
      • Integrability and Computability in Simulating Quantum Systems
        K. Umeno
        Quantum Communication, Computing, and Measurement, 1997年, 査読有り, 筆頭著者
      • Non-perturbative non-integrability of non-homogeneous nonlinear lattices induced by non-resonance hypothesis
        K Umeno
        PHYSICA D, 1996年07月, 査読有り
      • NONINTEGRABLE CHARACTER OF HAMILTONIAN-SYSTEMS WITH GLOBAL AND SYMMETRICAL COUPLING
        K UMENO
        PHYSICA D, 1995年04月, 査読有り
      • GALOIS EXTENSIONS IN KOWALEVSKI EXPONENTS AND NONINTEGRABILITY OF NONLINEAR LATTICES
        K UMENO
        PHYSICS LETTERS A, 1994年07月, 査読有り
      • SYMPLETIC AND INTERMITTENT BEHAVIOR OF HAMILTONIAN FLOW
        K UMENO; M SUZUKI
        PHYSICS LETTERS A, 1993年10月, 査読有り
      • A SINGULAR ZETA-FUNCTION AT THE ONSET OF CHAOS
        K UMENO; M SUZUKI
        PHYSICS LETTERS A, 1993年06月, 査読有り
      • Higher-Order Decomposition Theory of Exponential Operators and Its Applications to QMC and Nonlinear Dynamics
        M. Suzuki; K. Umeno
        Springer Proceedings in Physics, 1993年, 査読有り, 最終著者
      • General dynamic pricing algorithms based on universal exponential booking curves
        新谷健; 梅野健
        JSIAM Letters, 2022年04月06日, 査読有り, 最終著者
      • Time-Rescaling regression method for exponential decay time series predictions
        新谷健; 梅野健
        JSIAM Letters, 2022年04月06日, 査読有り, 最終著者
      • 可解カオスの数理と応用(1) ー可解カオス写像ー
        梅野 健
        応用数理, 2022年03月25日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者

      MISC

      • Randomness Evaluation and Hardware Implementation of Nonadditive CA-Based Stream Cipher
        Kim Song-Ju; Umeno Ken
        信号処理, 2005年01月
      • Extension of exactly orthogonal code for chaos CDMA (非線形問題)
        Hori Gen; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年12月02日
      • Superefficientカオスモンテカルロ計算の最適化と並列化 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        肖 瑾; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2019年11月14日
      • APFA(新コンセプト)の光通信への適応とカオス性 (レーザーのカオス・ノイズダイナミクスとその応用)
        中澤 勇夫; 梅野 健
        レーザー学会研究会報告 = Reports the on topical meeting of the Laser Society of Japan, 2019年02月28日
      • 古典直交多項式を用いた混合性を持つ時系列の構成とそのカオス性 (レーザーのカオス・ノイズダイナミクスとその応用)
        杉本 哲; 梅野 健
        レーザー学会研究会報告 = Reports the on topical meeting of the Laser Society of Japan, 2019年02月28日
      • 厳密な参照分布に基づく新しいDFT検定法の提案 : 理論と実験 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        岩崎 淳; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2017年03月10日
      • 異なる冪分布の重ね合わせ極限は、安定分布へ収束するのか? (複雑コミュニケーションサイエンス)
        新谷 健; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2016年08月09日
      • 2011年東北沖地震におけるTEC異常の検知のための相関解析 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        岩田 卓也; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2016年08月09日
      • Levyの安定分布のパラメータ推定および株価市場への応用 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        福永 匠; 梅野 健; 新谷 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2016年08月09日
      • Vector Stream Cipherのさらなる安全性向上について (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)
        岩崎 淳; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2016年07月14日
      • Optimal CDMA Systems with Heterogeneous Autocorrelations of Constant Power Spreading Sequence : Theory and its Performance Evaluation (複雑コミュニケーションサイエンス)
        津田 宏史; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年11月09日
      • 概周期周波数配置を用いた衛星通信方式の性能評価 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        中澤 勇夫; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年11月09日
      • 最適なCDMA用Weyl符号の構成と評価
        津田宏史; 梅野健
        日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM), 2015年09月02日
      • 概周期周波数配列によるインパルス通信方式
        中澤勇夫; 梅野健
        日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM), 2015年09月02日
      • コーシー分布に関する新しい法則
        梅野健
        日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM), 2015年09月02日
      • シンプレクティック写像におけるKSエントロピーと時間の矢
        大久保健一; 梅野健
        日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM), 2015年09月02日
      • 2冪剰余環上で一筆書きとなる置換多項式の条件
        岩崎淳; 梅野健
        日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM), 2015年09月02日
      • カオスダイナミクスを用いたSAT解探索アルゴリズムの高速化
        原裕介; 梅野健
        日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM), 2015年09月02日
      • Cauchy分布を持つカオス系に対する共通ノイズ同期現象の解析 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        新谷 健; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年08月06日
      • 概周期周波数配置と衛星通信方式への適用 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        中澤 勇夫; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年08月06日
      • 複数の系列を同時に使用する離散フーリエ変換検定法について (複雑コミュニケーションサイエンス)
        岡田 大樹; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年08月06日
      • 2冪剰余類環上におけるChebyshev多項式の軌道周期と次数に関する周期 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        岩崎 淳; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年06月11日
      • パワー一定カオス拡散符号の衛星通信方式への適用性と諸特性 (複雑コミュニケーションサイエンス)
        中澤 勇夫; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年06月11日
      • 構造変化を伴う大規模建造物における経路探索アルゴリズムについて (システム数理と応用)
        清水 智広; 梅野 健; 岡部 亜梨子; 榎本 敦子; 野中 洋一
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2015年03月05日
      • 21aBL-5 弱いカオスの検出方法FLIの拡張 : アーノルド拡散からチリコフ拡散への転移について
        大久保 健一; 梅野 健
        日本物理学会講演概要集, 2015年
      • 概周期関数符号を用いたSuper Dense Multiple Access(SDMA)通信システムの性能評価 (非線形問題)
        猶原 僚也; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年12月03日
      • 2冪剰余類環上におけるChebyshev多項式の周期的性質 (回路とシステム)
        岩崎 淳; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年10月16日
      • 概周期関数に基づくスペクトル拡散通信について : 概周期とカオスとの違いについて (回路とシステム)
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年10月16日
      • フェージング環境下におけるカオスCDMA通信システムの性能評価 (非線形問題)
        猶原 僚也; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年07月21日
      • カオス的ユニタリ変換を用いた乱数検定 (非線形問題)
        岡田 大樹; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年07月21日
      • 変形Froeschle写像とq-Gaussian分布の関係 (非線形問題)
        大久保 健一; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 2014年07月21日
      • 学会の三権分立論
        梅野 健
        応用数理, 2014年
      • CDMA Systems with Orthogonal Chaotic Spreading Sequences : Performance Evaluation for Fading Channels and its Application to Power Line Communications (非線形問題)
        IWATA Masato; UMENO Ken
        電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 2013年03月14日
      • カオス写像に基づくq-Gauss乱数生成法の提案 (非線形問題)
        梅野 健; 佐藤 彰洋
        電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報, 2013年03月14日
      • 可解な単位円周上二次元カオスの統計的性質
        佐藤彰洋; 梅野健
        応用数理学会2012年度年会, 稚内, 2012年08月31日
      • ESSニュース:「複雑コミュニケーションサイエンス時限研究専門委員会(CCS)」発足
        梅野 健; 岡本 英二; 田中 久陽
        電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review, 2011年
      • 実数値カオス拡散符号による大容量通信方式
        高橋 亮; 梅野 健
        システム/制御/情報, 2011年
      • 応用カオス研究部会(研究部会だより)
        梅野 健
        応用数理, 2011年
      • Performance of Chaotic Monte Carlo Computation and Chaos Codes for Communications: Theory and Experiments
        Ken Umeno
        AIP Conference Proceedings, 2011年, 査読有り, 筆頭著者
      • 複素ルベーグスペクトラムフィルタを適応した符号の評価
        行田 悦資; 高橋 亮; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. RCS, 無線通信システム, 2009年01月15日
      • B21 署名Webサービスの提案 : 暗号便PKIを用いたユビキタス署名の実現(セッションB2(情報サービス・活用),一般発表概要,<特集>第5回情報プロフェッショナルシンポジウム)
        梅野 健; 寺井 秀明; 高 明慧
        情報の科学と技術, 2009年
      • パワー一定の複素カオス拡散符号の性能評価
        高橋 亮; 行田 悦資; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年12月02日
      • 仲上-m分布のパラメータリゼーションと最大エントロピ原理
        ブディヨノ アグン; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年12月02日
      • チャネル非同期化法のWCDMAシステムへの適用
        行田 悦資; 寺井 秀明; 高 明慧; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年12月02日
      • カオスOFDM通信用複素直交符号のCDMA的特性について
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年12月02日
      • カオスCDMAにおける搬送波間位相非同期化による信号対干渉雑音比増幅効果
        高橋 亮; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年07月25日
      • 最適カオス拡散符号の探索と評価
        行田 悦資; 寺井 秀明; 高 明慧; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年07月25日
      • パワー一定かつ厳密に直交するカオスCDMA用複素拡散符号について : OFDMとCDMAとのカオスCDMAによる融合
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2008年07月25日
      • 署名Webサービスの提案::—暗号便PKIを用いたユビキタス署名の実現—
        梅野 健; 寺井 秀明; 高 明慧
        情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集, 2008年
      • 独立成分分析により生成した完全直交符号のCDMA-RFキャリア変調性能評価
        高橋 亮; 湯川 正裕; 堀 玄; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2007年07月30日
      • 受信信号分離を行うカオスCDMA方式のキャリアレベルシミュレーション
        堀 玄; 梅野 健; 湯川 正裕; 高橋 亮; ピオトロウスキ トマス ヤン
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2007年07月30日
      • 低ランク適応フィルタと2次計量射影法 : 上り回線CDMA無線通信における先験情報を考慮したブラインド適応干渉抑圧法
        湯川 正裕; 堀 玄; 梅野 健; 山田 功
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2007年07月30日
      • 長方行列向け特異値分解の浮動小数点コプロセッサによる高速化
        深谷 猛; 山本 有作; 畝山多加志; 堀 玄; 梅野 健
        情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS), 2007年05月15日
      • QPKI : 2次元バーコードを用いたユビキタスPKIの構築
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. IT, 情報理論, 2007年03月09日
      • A-2-14 独立成分分析による混合カオス信号の信号源分離(A-2.非線形問題,一般講演)
        倉屋 昌彦; 佐野 聡; 内田 淳史; 吉森 茂; 梅野 健
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2007年03月07日
      • カオスCDMA型ギャップフィラーシステム
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NS, ネットワークシステム, 2007年03月01日
      • 独立成分分析を通したカオス拡散符号におけるビット誤り率解析
        高橋 亮; 金 成主; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2007年02月26日
      • カオス解析II : 非対称相関揺らぎの中の相反関係
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2007年02月26日
      • オンラインICAアルゴリズムのFPGA実装
        金 成主; 梅野 健; 高橋 亮
        電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理, 2007年02月26日
      • 2次元バーコードを用いたコンテンツ暗号化配信システム::—ユビキタス公開鍵インフラcipheron.netの応用を中心に—
        梅野 健; 行田 悦資; 寺井 秀明; 高 明慧
        情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集, 2007年
      • C14 カメラ付き携帯電話を用いたユビキタス情報共有システム : "フォトサイファーシステム"(セッションC1(情報処理技術),一般発表概要:各セッション報告,<特集>INFOPRO2006)
        梅野 健; 寺井 秀明; 高明 慧; 高薮 学
        情報の科学と技術, 2007年
      • Separation of mixed chaotic signals in microchip lasers by independent component analysis
        Atsushi Uchida; Masahiko Kuraya; Shigeru Yoshimori; Ken Umeno
        Conference on Lasers and Electro-Optics Europe - Technical Digest, 2007年, 査読有り
      • 独立成分分析によるカオスCDMAの信号対干渉雑音比増幅効果
        高橋 亮; 金 成主; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2006年12月07日
      • 独立成分分析によるCDMAキャリア信号の分離 : カオスCDMA方式と従来のCDMA方式の比較
        堀 玄; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2006年12月07日
      • カオス解析 : カオススペクトル解析のカオス通信とカオス時系列解析の応用
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2006年12月07日
      • 2次元可解カオスによるCDMA通信システムとOFDM通信システム
        梅野 健
        理論応用力学講演会 講演論文集, 2006年
      • 自己相関構造が異なるカオス拡散符号を用いた非同期DS_-_CDMA通信方式の性能解析
        山口 明宏; 梅野 健
        理論応用力学講演会 講演論文集, 2006年
      • 非ガウス性カオスマップにおける一貫性(コンシステンシー)
        内田 淳史; 梅野 健
        理論応用力学講演会 講演論文集, 2006年
      • カメラ付き携帯電話を用いたユビキタス情報共有システム::—フォトサイファーシステム—
        梅野 健; 寺井 秀明; 高 明慧; 高薮 学
        情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集, 2006年
      • 通信システムにおけるカオスとコード
        梅野 健
        マルチメディア通信と分散処理 ワークショップ論文集, 2005年11月23日
      • カオスノイズと負の相関ノイズを用いた最適化
        長谷川 幹雄; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2005年03月19日
      • クライアントベースのセキュア情報管理システム
        吉田 裕明; 寺井 秀明; 辻丸 詔; 高 明慧; 梅野 健
        情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集, 2005年
      • パワー一定のカオスCDMA用複素拡散符号について
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2004年03月19日
      • 光カオスCDMA (光COE特集)
        梅野 健
        情報通信研究機構季報, 2004年03月
      • 5-5 光カオスCDMA
        梅野 健
        情報通信研究機構研究報告, 2004年
      • NISTのランダム性評価テストについて
        金 成主; 梅野 健; 長谷川 晃朗
        電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 2003年12月08日
      • 拡張型セルオートマトン暗号のランダム性評価と実装
        金 成主; 梅野 健; 長谷川 晃朗
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2003年06月23日
      • カオス CDMA の無線通信実験
        長谷川 晃朗; 梅野 健; 高 明慧
        電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 2003年06月23日
      • リアルタイム通信システムにおける暗号鍵更新システムの実装
        長谷川 晃朗; 金 成主; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. ITS, 2003年03月20日
      • セルオートマトン暗号のランダム性評価と実装
        金 成主; 長谷川 晃朗; 梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. ITS, 2003年03月20日
      • 31aPS-64 疑似乱数発生器としてのセルオートマトンの性能評価
        金 成主; 梅野 健
        日本物理学会講演概要集, 2003年
      • 30pWB-12 非同次非線形格子の積分不可能性
        吉村 和之; 梅野 健
        日本物理学会講演概要集, 2003年
      • カオス通信と統計力学(第47回物性若手夏の学校(2002年度)サブゼミ)
        梅野 健
        物性研究, 2003年
      • 「力学系理論、可積分系」セッション説明 (近可積分ハミルトン系の数理と応用 研究集会報告集) -- (第3部 力学系理論、可積分系、および、まとめ)
        梅野 健
        数理解析研究所講究録, 2002年09月
      • 決定論的拡散のルベーグスペクトル解析 (近可積分ハミルトン系の数理と応用 研究集会報告集) -- (第3部 力学系理論、可積分系、および、まとめ)
        梅野 健
        数理解析研究所講究録, 2002年09月
      • Evaluation of W-CDMA Systems with LSF(Lebesgue Spectrum Filter) (移動通信ワークショップ)
        梅野 健; 石 聖弘
        電子情報通信学会技術研究報告, 2002年03月06日
      • スキュープロダクト型擬似乱数生成系の乱数性
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 2001年11月01日
      • ベクターストリーム暗号の提案
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ, 2001年11月01日
      • B-12-1 3コアー非線形方向性結合器の解析解
        梅野 健
        電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 2000年09月07日
      • SA-2-2 カオス公開鍵配送方式
        梅野 健
        電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1999年08月16日
      • Exactly Solvable Chaos and Addition Theorems of Elliptic Functions (Applied Mathematics of Discrete Integrable Systems)
        梅野 健
        数理解析研究所講究録, 1999年04月
      • SAB-1-3 カオス符号を用いたCDMAの理論解析 : 最良2値PN系列との比較
        梅野 健; 北山 研一
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999年03月08日
      • SAB-1-3 カオス符号を用いたCDMAの理論解析 : 最良2値PN系列との比較
        梅野 健; 北山 研一
        電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999年03月08日
      • 光カオス写像の構成方法
        梅野 健; 北山 研一
        電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, 1998年09月07日
      • 双対カオス写像を用いた光符号分割多重通信システム
        梅野 健; グスタフソン ケネース; 北山 研一
        電子情報通信学会技術研究報告. PS, 光スイッチング, 1998年07月23日
      • 双対カオス写像を用いた光符号分割多重通信システム
        梅野 健; グスタフソン ケネース; 北山 研一
        電子情報通信学会技術研究報告. OCS, 光通信システム, 1998年07月23日
      • カオス研究の最前線(13)カオスと計算
        梅野 健
        数理科学, 1998年01月
      • 積分不可能系の離散化 : 非平衡統計力学的側面と計算論的側面
        梅野 健
        数理解析研究所講究録, 1997年06月
      • 7p-K-13 カオスと非ガウス的統計 : 非ガウス的カオス
        梅野 健
        日本物理学会講演概要集, 1997年
      • 7p-K-14 カオスによるモンテカルロ計算は有効か? : アルゴリズムと評価
        梅野 健
        日本物理学会講演概要集, 1997年
      • 25)力学系における不変測度の推定について(ヒューマンインフォメーション研究会)
        梅野 健
        テレビジョン学会誌, 1996年10月20日
      • 力学系におけるフレ-ム問題--計算可能性と積分可能性 (複雑系-4-) -- (力学系と計算過程)
        梅野 健
        物性研究, 1996年08月
      • 力学系における不変測度の推定について
        梅野 健
        電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング, 1996年06月21日
      • NONINTEGRABILITY INDUCED BY NON-RESONANCE CHECKING
        梅野 健
        数理解析研究所講究録, 1996年02月
      • 力学系における不変測度の推定について
        梅野 健
        テレビジョン学会技術報告, 1996年
      • 積分不可能性判定条件 (古典力学の輝き--未解決問題と新しい発見<特集>)
        梅野 健
        数理科学, 1995年06月
      • カオス力学系の軌道追跡逆問題における計算論的複雑さと一方向関数 : ハミルトン力学系を例として
        梅野 健; 鈴木 増雄
        人工知能学会全国大会論文集 = Proceedings of the Annual Conference of JSAI, 1994年06月20日
      • 式部マップ-2-Information Flowの再検討 (複雑系-2-物理から生物・進化・ゲ-ムへ)
        梅野 健
        物性研究, 1994年02月
      • 30p-YD-9 非可積分性の証明とガロア理論
        梅野 健
        日本物理学会講演概要集. 年会, 1994年
      • A SINGULAR ZETA-FUNCTION AT THE ONSET OF CHAOS (VOL 177, PG 311, 1993)
        K UMENO; M SUZUKI
        PHYSICS LETTERS A, 1993年09月
      • 1p-F-3 全結合型相互作用ハミルトニアン系の問題
        梅野 健
        日本物理学会講演概要集. 年会, 1993年
      • 14a-Q-11 任意自由度非可積分性の構成的証明
        梅野 健
        日本物理学会講演概要集. 秋の分科会, 1993年
      • 26p-ZA-9 高次元カオスとゼータ関数
        梅野 健; 鈴木 増雄
        秋の分科会予稿集, 1992年
      • 28a-T-13 リペラー↔アトラクター変換と周期軌道展開
        梅野 健; 鈴木 増雄
        年会講演予稿集, 1991年

      講演・口頭発表等

      • 大地震発生前の電磁気学的異常の場の理論 ―データ解析と電磁気学的異常現象の整合的物理モデル―
        梅野健
        日本地震予知学会, 2020年12月24日
      • メガ地震の予知を可能にする「電離層前兆予測」
        梅野健
        台湾科学技術協会, 2020年12月19日, 招待有り
      • 超効率モンテカルロ計算 ~ 何故カオス相関がモンテカルロ計算に効くのか? 量子計算と超効率モンテカルロ計算の類似性 ~
        梅野 健
        電子情報通信学会 CCS(複雑コミュニケーションサイエンス)研究会, 2019年11月14日, 招待有り
      • Beware Back Before -Aware One Hour Before (OHB) Earthquake and a Physicist View on Sendai Framework Vision: Build Back Better
        梅野 健
        World Bosai Forum 2019, 2019年11月12日, 招待有り
      • Randomization Algorithm for Partial Transmit Sequence with Semidefinite Relaxation
        津田宏史; 梅野 健
        VTC2018-Fall (IEEE), 2018年08月
      • Method to Design UF-OFDM Filter and Its Analysis
        津田 宏史; 梅野 健
        EuCNC 2018, 2018年06月
      • Semidefinite Relaxation based Randomization Approach for Partial Transmit Sequence
        津田宏史; 梅野健
        IEEE WCNC 2018, 2018年04月
      • ノイズの中のシグナル検出―スペクトル拡散通信(カオス通信)から大地震直前の電離圏異常の検出へ―
        梅野 健
        日本地震予知学会, 2017年12月26日, 招待有り
      • Super Generalized Central Limit Theorem: Limit distributions for sums of non-identical random variables with power-laws
        新谷健; 梅野健
        FTC 2017, 2017年11月29日
      • Does Precursor Suppress Damages by Earthquake? ーA New GNSS Data Analysis Approach to Short-time Earthquake Prediction for BOSAIー
        梅野 健
        WORLD BOSAI FORUM, 2017年11月27日, 招待有り
      • AIは地震を予測できるか?ーAI versus Chaosの予測可能性で現代に蘇る「ラプラスの悪魔」について―
        梅野 健
        自然知能セミナー, 2017年10月28日, 招待有り
      • Superefficient Chaos
        梅野 健
        International Conference on Smart-Green Technology and Information Systems 2016, 2016年10月07日, 招待有り
      • 超効率的なカオスモンテカルロ計算ー相関の可制御性と、物理計算への応用についてー
        梅野 健
        理論セミナー(東京大学物性研究所), 2016年06月17日, 招待有り
      • Chaos Approach to Ultra High Spectral Efficiency in 5G and Connectivity
        梅野 健
        Kyoto University-MCIT-MIC Symposium on 5G and Connectivity, 2015年09月21日, 招待有り
      • カオスと情報—IoT(Internet of Things)からIoB(Internet of Brains)へ—
        梅野 健
        電子情報通信学会 情報ネットワーク科学時限研究専門委員会, 2015年05月22日
      • Chaos Theory for Security Issues in IoT and 5G
        梅野 健
        International Conference on Chaos Revolution/ID-SIRTII Research Seminar, 2014年11月03日, 招待有り
      • コミュニケーションの基本原理探求から誕生する新しいサイエンスの可能性 II
        梅野 健
        電子情報通信学会 第2回 NetSci/CCS研究会 合同ワークショップ, 2013年08月10日, 招待有り
      • Chaotic Analysis with Primitive Root Codes and its Applications for Communications
        International Conference on Nonlinear Theory and its Applications, 2011年09月06日, IEICE NLP
      • コミュニケーションの基本原理探求から誕生する新しいサイエンスの可能性
        複雑コミュニケーションサイエンス研究会キックオフ会議, 2011年09月05日, 電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ CCS研究会
      • 複雑系としての情報システム
        共立出版, 2007年, 査読無し
      • 視覚情報処理ハンドブック
        朝倉書店, 2000年, 査読無し

      産業財産権

      • 特許US 11,016,206, 特開WO2018-097272, 特願PCT(JP2017-042333), Abnormality Detection Apparatus, Communication Apparatus, Abnormality Detection Method, and Recording Medium
        梅野健; 岩田卓也
      • 特許US 10,924,199, 特開WO2017-073750, 特願PCT(JP2016-082121), Communication Method and Communication Device
        梅野健; 津田宏史
      • 特開2017-121007, 特願2015-257185, 通信方法及び通信機
        梅野健; 津田宏史; 児嶋 一登
      • 特開2017-88512, 特願2015-215003, 通信方法及び通信機
        梅野 健; 津田宏史
      • 特開2017-5682, 特願2016-26869, データ処理装置、データ送信方法、コンピュータプログラム、及びデータサーバ
        梅野 健; 大浦佑次
      • 特開2017-5412, 特願2015-115603, データ処理装置、データ送信方法、コンピュータプログラム、及びデータサーバー
        梅野 健; 大浦佑次
      • 特開2015-114771, 特願2013-255260, データ暗号化装置、データ復元装置、データ暗号化方法、データ復元方法、データ暗号化プログラムおよびデータ復元プログラム
        梅野 健; 大浦 佑次
      • 特許特許第5252539号, 標準時刻配信装置、タイムスタンプ装置、タイムスタンプ利用者用装置、時刻認証システム、時刻認証方法、および時刻認証プログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許第5131550号, 特開2010-028668, 特願2008-190059, 拡散符号計算装置、通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、プログラム
        梅野 健
      • 特許特許第5131550号, 特開2010-028668, 特願2008-190059, 拡散符号計算装置、通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、プログラム
        株式会社カオスウェア
      • 特許US Patent No. 8,285,773, Signal separating device, signal separating method, information recording medium, and program
        独立行政法人理化学研究所
      • 特許US Patent No. 8,265,268, Converter, encryption/decryption system, multi-stage converter, converting method, multi-stage converting method, program, and information recording medium
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許4963050号, 乱数列群生成装置、乱数列群生成方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許4952979号, 信号分離装置、信号分離方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人理化学研究所
      • 特許4918638号, 電子メール処理装置、電子メール処理方法、ならびに、プログラム
        株式会社カオスウェア
      • 特許4836559号, 受信方法および受信装置
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,925,014, Random number generating, encrypting, and decrypting apparatus, method thereof, program thereof, and recording medium thereof
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特開2011-035800, 特願2009-182177, 電子価格提示システム、電子価格提示装置、及び電子価格提示方法
        大浦 佑次; 梅野 健
      • 特許Korean Patent No. KR101010226 B1, DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR RANDOM NUMBER GENERATION, ENCRYPTION, AND DECRYPTION, AND RECORDING MEDIUM
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特開2010-166536, 特願2009-026731, フィルタ装置、送信装置、受信装置、通信システム、フィルタ方法、送信方法、受信方法、ならびに、プログラム
        行田 悦資; 梅野 健
      • 特開2010-130623, 特願2008-306275, 拡散符号生成装置、通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、プログラム
        堀 玄; 梅野 健
      • 特許US Patent No., 7,697,590
        JST; NICT
      • WO2010-007674, JP2008062865, 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体
        梅野 健
      • 特許European Patent No. 1,452,959 B1, Random Number String Output Apparatus
        独立行政法人科学技術振興機構
      • 特許4406401号, 通信装置および通信方法
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許4399602号, 乱数生成、暗号化および復号のための装置、方法、プログラム、並びに記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,577,182, Transmitter apparatus, receiver apparatus, transmission method, reception method and program
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許4327842号, 通信システム、通信方法、ならびに、プログラム
        梅野健
      • 特許4313434号, WO2010-007698, JP2008071251, 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体
        梅野健
      • 特許第4313434号, 特願2008-554559, 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体
        梅野 健
      • 特許4313154号, 通信システム、受信装置、送信装置、受信方法、送信方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人科学技術振興機構
      • 特許第4276294号, 特願2008-554359, 通信システム、送信装置、受信装置、ならびに、情報記録媒体
        梅野 健
      • 特許US Patent No. 7,471,714, Random number sequence sharing system, random number sequence sharing apparatus, codec system, coding apparatus, decoding apparatus, random number sequence sharing method, coding method, decoding method, and program product
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,472,147, Random number string output apparatus, random number string output method, program, and information recording medium
        独立行政法人科学技術振興機構
      • 特許US Patent No. 7,466,780, Pseudo-random number sequence filter, filtering method and data recording medium
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許4219629号, 電子価格表サーバ、システムおよびプログラム
        独立行政法人情報通信研究機構; パテネット株式会社
      • 特許4210717号, 送信装置、受信装置、送信方法、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体
        独立行政法人科学技術振興機構; 株式会社カオスウェア
      • 特許4191915号, 変換装置、暗号化復号化システム、多段変換装置、プログラム、ならびに、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,421,463, Random sequence generating apparatus, encryption/decryption apparatus, random sequence generating method, encryption/decryption method and program
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,411,997, Apparatus and method for filtering a spectrum spread communication
        独立行政法人科学技術振興機構; 株式会社カオスウェア
      • 特許Korean Patent No. 2006000330, DEVICE, METHOD, AND PROGRAM FOR ENCRYPTION AND DECRYPTION AND RECORDING MEDIUM
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,317,763, Pulse generator, pulse generating method, communicating apparatus, and communicating method
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許7,257,608, Apparatus and method for outputting sequence of vectors, data recording medium, and carrier wave signal
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,237,110, Authentication system, authentication apparatus, authentication target apparatus, authentication method, method of being authenticated, program and information recording medium
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,231,048, Key sharing system, public key cryptosystem, signature system, key sharing apparatus, encryption apparatus, decryption apparatus, signature apparatus, authentication apparatus, key sharing method, encryption method, decryption method, signature method, authentication method, and programs
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3952278号, ルーティング方法およびフォトニックルータ
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3876324号, 乱数列共有システム、乱数列共有装置、暗号復号システム、暗号装置、復号装置、乱数列共有方法、暗号方法、復号方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 7,099,366, Pseudo-random number sequence output unit, transmitter, receiver, communication system and filter unit
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3820453号, 送信装置、受信装置、送信方法、およびプログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3806762号, 乱数発生装置、乱数発生方法およびプログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3799355号, 通信システム、送信装置、受信装置、位相拡散符号生成装置、送信方法、受信方法、位相拡散符号生成方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人科学技術振興機構; 山口明宏; 梅野健
      • 特許3749151号, 送信装置および送信方法、受信装置および受信方法、並びに送受信装置および送受信方法
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3740540号, パルス生成器、パルス生成方法、通信装置および通信方法
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3735670号, 乱数列生成装置、暗号化復号化装置、乱数列生成方法、暗号化復号化方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3711270号, 数値積分装置、数値積分方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3700002号, 乱数列生成装置、乱数列生成方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3660985号, 認証システム、認証装置、認証方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3650821号, 送信装置、受信装置、送信方法、受信方法、ならびに、プログラム
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3633886号, 鍵共有システム、鍵共有装置、鍵共有方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許US Patent No. 6,832,233, Apparatus and method for computing multiple integral, and recording medium
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3606835号, 光信号発生装置および方法、送信装置および送信方法、受信装置および受信方法、並びに送受信装置および送受信方法
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3556190号, 拡散変調装置、拡散変調方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体
        独立行政法人科学技術振興機構; 梅野健
      • 特許3531869号, 受信装置、受信方法、プログラム、ならびに、情報記録媒体
        独立行政法人科学技術振興機構; 梅野健
      • 特許3525146号, 乱数列出力装置、乱数列出力方法、プログラムならびに、情報記録媒体
        独立行政法人科学技術振興機構; 梅野健
      • 特許US Patent No. 6,661,831, OUTPUT APPARATUS, TRANSMITTER, RECEIVER, COMMUNICATIONS SYSTEM FOR OUTPUTTING, TRANSMITTING AND RECEIVING A PSEUDORANDOM NOISE SEQUENCE, AND METHODS FOR OUTPUTTING, TRANSMITTING RECEIVING PSEUDORANDOM NOISE SEQUENCES AND DATA RECORDING MEDIUM
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許US Patent No. 6,654,404, System, apparatus, and method for outputting pseudorandom noise sequences, and data recording medium
        梅野健
      • 特許3486133号, 擬似雑音系列の出力システム、出力装置、出力方法、および、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3466980号, 光信号演算回路、および、光信号演算方法
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3455748号, ベクトル列の出力装置、出力方法、および、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3455469号, 確率過程の出力装置、出力方法、および、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3455483号, 公開鍵暗号システム、暗号化装置、復号化装置、暗号化方法、復号化方法、および、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3396883号, 光カオス乱数発生装置
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許US Patent No. 6,477,481, Device and method for outputting stochastic processes, and data recording medium
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3357263号, 統計的シミュレーション方法及びこのプログラムを記録した記憶媒体
        独立行政法人理化学研究所; 株式会社カオスウェア
      • 特許3314181号, 擬似乱数列の出力装置、送信装置、受信装置、通信システム、フィルタ装置、擬似乱数列の出力方法、送信方法、受信方法、フィルタ方法、ならびに、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3234202号, 擬似雑音系列の出力装置、送信装置、受信装置、通信システム、擬似雑音系列の出力方法、送信方法、受信方法、および、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許US Patent No. 6,289,296, Statistical simulation method and corresponding simulation system responsive to a storing medium in which statistical simulation program is recorded
        独立行政法人理化学研究所; 梅野健
      • 特許US Patent No. 6,263,146, Apparatus for optically generating chaotic random numbers
        独立行政法人情報通信研究機構
      • 特許3096703号, 光信号変調装置、および、光信号変調方法
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健
      • 特許3074310号, 光信号増幅器、光信号増幅方法、および、情報記録媒体
        独立行政法人情報通信研究機構; 梅野健

      Works(作品等)

      • ユビキタスPKIプラットホーム「暗号便 http://www.angobin.jp/」ウェブサービスの企画・開発・運営
        自 2006年, 至 現在
      • 携帯電話写真暗号化伝送ソフト「PhotoCipher」の企画・研究開発・製品化
        自 2005年, 至 現在
      • ランダム性評価ソフトウェア「RanSure」の企画・研究開発・製品化
        自 2004年, 至 現在
      • 超軽量・高速暗号化ソフトウェア開発キット「VSC-SDK」の企画・研究開発・製品化
        自 2003年, 至 現在
      • 暗号化ソフトウェア「VSC-P2P」の企画・研究開発・製品化
        自 2003年, 至 現在
      • 暗号化ソフトウェア「CIPHERON」の企画・研究開発・製品化
        自 2003年, 至 現在
      • カオスCDMA通信方式の研究開発・LSIチップ化
        自 1997年, 至 現在

      受賞

      • 2019年12月
        Journal of Geophysical Research-Space Physics (AGU), 最多ダウンロード論文賞 (2018-2019年度)
      • 2003年03月
        電気通信普及財団, 第18回テレコムシステム技術賞
      • 2008年03月
        電気通信普及財団, 第23回テレコムシステム技術賞
      • 2003年06月
        LSI IP デザインアワード運営委員会, 第5回LSI IP アワード IP賞
      • 2000年05月
        応用物理学会, 応用物理学会講演奨励賞
      • 1998年09月
        (社)電気学会, 電気学会論文発表賞
      • 2003年04月
        りそな中小企業振興財団•日刊工業新聞, 第15回中小企業新技術新製品賞(ソフトウェア部門)
      • 2007年07月20日
        オルガテクノ2007, オルガテクノ2007新技術部門賞
      • 2002年04月21日
        科学技術振興事業団, 第6回サイエンス展示・実験ショーアイデアコンテスト・佳作

      メディア報道

      • ワカラン! 定価がなくなる時代 お得な知恵は?
        テレビ大阪, https://www.youtube.com/watch?v=XZ2k3TUCy50, 2021年05月27日
      • 京大など、無線電力カラーリングの実証成功 複数周波数を識別
        日刊工業新聞Web, https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00588817?gnr_footer=0057749, 2021年02月19日
      • 世界初の無線電力カラーリングに成功 ―周波数による無線電力の識別に成功―
        日本の研究.COM, https://research-er.jp/articles/view/96599, 2021年02月16日
      • 京写-一時急騰 京大梅野教授らが世界初の無線による電力識別実証に成功で思惑
        トレーダーズ・ウェブ(株式情報、FX情報), https://www.traders.co.jp/news/news_top.asp?type=1&newscode=1612435, 2021年02月16日
      • 世界初の無線電力カラーリングに成功 ―周波数による無線電力の識別に成功―
        京都大学プレスリリース, https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2021-02-16, 2021年02月16日
      • 【みんな電力】京都大学との共同研究で世界初の「無線電力カラーリング」に成功
        PRTIMES, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000050516.html, 2021年02月15日
      • 京都大学との共同研究で世界初の「無線電力カラーリング」に成功
        みんな電力プレスリリース, https://minden.co.jp/personal/news/2021/02/15/3591, 2021年02月15日
      • 人生100年時代の歩き方 動物の行動や空の変化 大地震予測する宏観異常現象って?
        日刊ゲンダイ Digial, https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/275527, 2020年07月04日
      • コロナ禍を襲う「メガ地震」に備えよ! 予知を可能にする「電離層前兆予測]
        週間新潮, (7月2日号) p.33-p.35, 2020年06月25日
      • 深層断面/ダイナミックプライシング、「コロナ後」発展の道探る
        日刊工業新聞, https://www.nikkan.co.jp/articles/view/560310, 2020年06月08日
      • 京大と共同研究の成果、ホテル収益を最大化する「変動価格」システム
        ニュースイッチ, https://newswitch.jp/p/21155, 2020年02月18日
      • 暗号通貨のビッグデータが持つ普遍的な統計則を発見 -「安定分布」と「キュービック則」による統一的な特徴付けに成功-
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/200124_1.html, 2020年01月24日
      • 京都大学(梅野教授・情報学研究科)との共同研究における台湾南部地震(2016年2月発生)直前の電離圏異常の発見に関する論文および成果発表についてのお知らせ『大規模地震発生前における地震先行現象検出技術の確立に向けた共同研究を実施中』
        オプテージお知らせ, https://optage.co.jp/announce/191105/, 2019年11月05日
      • 電子の異常が地震の前兆
        読売テレビ, ニュース, 2019年10月18日
      • 地震直前に上空の電子数が変化大
        NHK, 京都府のニュース, 2019年10月17日
      • 2016年2月の台湾南部地震直前の電離圏異常を発見 -電離圏データ解析が大地震の減災・防災に資する可能性-
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/191015_1.html, 2019年10月17日
      • Cuộc đua trong công nghệ phát điện wifi
        giaoduc thoidai online (Vietnam), https://giaoducthoidai.vn/khoa-hoc/cuoc-dua-trong-cong-nghe-phat-dien-wifi-3997794-b.html, 2019年04月24日
      • New technology might realize wireless power supply from solar plants
        Japan Today, https://japantoday.com/category/tech/new-technology-might-realize-wireless-power-supply-from-solar-plants, 2019年04月17日
      • New Technology Might Realize Wireless Power Supply From Solar Plants
        Nikkei Technology, https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atclen/news_en/15mk/041502800/?ST=msbe&P=2, 2019年04月15日
      • みんな電力、再エネ電源から無線給電 京大と共同研究
        日本経済新聞(電子版), https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43655130S9A410C1000000/, 2019年04月12日
      • 再エネ電源から無線で給電サービスも、新電力と京大が共同研究
        日経XTECH(電子版), https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/news/16/041112125/, 2019年04月11日
      • ワイヤレス給電、混信・ハッキング防止へ みんな電力と京大が研究
        日刊工業新聞(電子版), https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00511335, 2019年03月28日
      • 町の美容院も…導入ブームの「価格変動制」が抱える重要課題
        ニューススイッチ, https://newswitch.jp/p/16578, 2019年02月22日
      • ゲキ論「今後広がる!?変動価格制」
        ABC-TV, キャスト, 2019年01月28日
      • USJ 安い日に行く? 料金変動制スタート
        讀賣新聞, 8面(朝刊), 2019年01月11日
      • レジャー価格 需給で変動 情報検索システムのフォルシア
        日経産業新聞, 4面, 2018年10月04日
      • サービスは変動価格が当たり前に? フォルシアと京都大学が共同研究
        ITMedia, http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/03/news043.html, 2018年10月03日
      • 「ダイナミック値付け」共同研究 フォルシア・京大
        日本経済新聞 電子版(18/10/1), https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35947710R01C18A0XY0000/, 2018年10月01日
      • フォルシアと京大がダイナミックプライシングの共同研究、公正な値付け目指す
        日経BP, https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/02829/, 2018年09月28日
      • 需給バランス不整合の解消に向け、最適価格設定を研究--フォルシアと京都大学
        CNET Japan, https://japan.cnet.com/article/35126288/, 2018年09月28日
      • べき則が現れる世界を紐解く!新しい統計手法「超一般化中心極限定理」とは?
        Lab-On!, https://lab-on.jp/academia/science-news/1409/, 2018年08月17日
      • 乱数検定の長年の懸案、離散フーリエ検定テストを完全修正 京都大学
        大学ジャーナル ONLINE, http://univ-journal.jp/22116/, 2018年08月10日
      • 京大、標準暗号(AES)選定に用いられた離散フーリエ検定テストを完全修正
        日経(Web), https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP487083_T00C18A8000000/, 2018年08月03日
      • 標準暗号(AES)選定に用いられた離散フーリエ検定テストを完全修正 -15年間乱数検定の最大の懸案であった参照分布の問題を完全解決-
        日本の研究.com, https://research-er.jp/articles/view/72941, 2018年08月03日
      • 標準暗号(AES)選定に用いられた離散フーリエ検定テストを完全修正 -15年間乱数検定の最大の懸案であった参照分布の問題を完全解決-
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180801_1.html, 2018年08月03日
      • 京都大学がビッグデータの新統計法則を発見、「べき則」の普遍性を解明
        大学ジャーナル, http://univ-journal.jp/20174/, 2018年04月08日
      • ビッグデータの新法則の発見
        BP-Affairs, https://bp-affairs.com/news/2018/04/20180405-6990.html, 2018年04月05日
      • Saat Dr Warsito Paparkan Tomografi dan Kapasitas Penginderaan di Universitas Kyoto
        ISLAMPOS, https://www.islampos.com/saat-dr-warsito-paparkan-tomografi-dan-kapasitas-penginderaan-di-universitas-kyoto-79990/, 2018年04月04日
      • なぜ世界は「べき則」であらわされるのか -ビッグデータの新しい統計法則の発見-
        日本の研究.com, https://research-er.jp/articles/view/69418, 2018年04月02日
      • 京大、金融市場の確率統計分布やビックデータなどに現れる「べき則」の普遍性を説明する新統計法則を発見
        日経プレスリリース, https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP476094_S8A400C1000000/, 2018年04月02日
      • なぜ世界は「べき則」であらわされるのか ービッグデータの新しい統計法則の発見ー
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/research/research_results/2017/180402_1.html, 2018年04月02日
      • 大地震の発生を事前に
        電気新聞, (2面), 2018年01月30日
      • 巨大地震 ~あなたは、その瞬間に備えていますか~
        eo光チャネル, http://eonet.jp/eohikari-ch/megaquake/, 2018年01月17日
      • 京大,100万ch以上多重化可能な5G方式を提案
        OPTRONICS ONLINE, http://www.optronics-media.com/news/20180109/49693/, 2018年01月09日
      • 京大、IoT時代を目指した100万チャネル以上の5G通信方式を提案
        マイナビニュース, https://news.mynavi.jp/article/20180109-564285/, 2018年01月09日
      • 100万個のデバイスをつなげる5G通信方式を世界へ
        bp-Affairs, https://bp-affairs.com/news/2017/12/20171228-6355.html, 2017年12月28日
      • 京大、IoT時代に向け100万チャネル以上の超多重化を可能とする通信方式を提案
        fabcross, http://engineer.fabcross.jp/archeive/171228_kyoto-u.html, 2017年12月28日
      • 京大、IoT時代を目指した100万チャネル以上の超多重化を可能とする通信方式を提案
        日経プレスリリース, https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP467371_X21C17A2000000/, 2017年12月27日
      • 100万チャネル以上を繋ぐ5G通信方式を提案
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/171227_1.html, 2017年12月27日
      • 【技術・仕組】京都大学と富士防災警備 巨大地震予測システムの共同研究を開始
        TEAM防災ジャパン-内閣府政策統括官(防災担当)運営-, https://bosaijapan.jp/news/【技術・仕組】京都大学と富士防災警備-巨大地震/, 2017年12月04日
      • 京都大学と富士防災警備 巨大地震予測システムの共同研究を開始
        大学ジャーナル, http://univ-journal.jp/17115/, 2017年12月01日
      • 富士防災警備、京都大学と産学連携による共同研究を開始 ~巨大地震予測システム「S-CAST」の更なる精度向上を目指す~
        INFOSEEK NEWS, https://news.infoseek.co.jp/article/atpress_143651/?p=2, 2017年11月29日
      • 富士防災警備、京都大学と産学連携による共同研究を開始 ~巨大地震予測システム「S-CAST」の更なる精度向上を目指す~
        @Press, https://www.atpress.ne.jp/news/143651, 2017年11月29日
      • Aplikasi Mobile Komputerisasi Kegempaan, STT NF Kerjasama Riset dengan Universitas Kyoto
        MNCTRIJAYAFM, http://www.mnctrijayafm.com/news/detail/16770/aplikasi-mobile-komputerisasi-kegempaan-stt-nf-kerjasama-riset-dengan-universitas, 2017年09月25日
      • STT Nurul Fikri Teken Kerja Sama dengan Kyoto University
        republika.co.id, http://www.republika.co.id/berita/pendidikan/dunia-kampus/17/09/25/owuaow374-stt-nurul-fikri-teken-kerja-sama-dengan-kyoto-university, 2017年09月25日
      • STT NF-Universitas Kyoto Kerja Sama Riset Aplikasi Kegempaan
        ANTRA NEWS, https://megapolitan.antaranews.com/berita/32841/stt-nf-universitas-kyoto-kerja-sama-riset-aplikasi-kegempaan, 2017年09月25日
      • 地震の予兆 衛星が捉える
        日経産業新聞, 10面, 2017年08月30日
      • M7以上の大地震が1時間前に予知可能!?
        朝日放送, キャスト, 2017年08月24日
      • PRZESYŁ DANYCH SZYFROWANYCH Z UWZGLĘDNIENIEM TEORII CHAOSU?
        Katalog GSM (Poland), https://kataloggsm.pl/przesyl-danych-szyfrowanych-z-uwzglednieniem-teorii-chaosu/, 2017年07月31日
      • Chaos Theory Strengthens Digital Locks
        AsianScientist, https://www.asianscientist.com/2017/07/tech/vector-stream-cipher-cybersecurity/, 2017年07月25日
      • Shh! Proven security for your secrets
        Kyoto University Press Release (English), http://www.kyoto-u.ac.jp/en/research/research_results/2017/170701_1.html, 2017年07月24日
      • Researchers prove the security of the Vector Stream Cipher
        Phys.Org, https://phys.org/news/2017-07-vector-stream-cipher.html, 2017年07月17日
      • Shh! Proven security for your secrets -Kyoto University demonstrates the strength of its new cipher-
        EurekaAlert! (by AAAS), https://www.eurekalert.org/pub_releases/2017-07/ku-sps071417.php, 2017年07月14日
      • Shh! Proven security for your secrets
        Science Daily, https://www.sciencedaily.com/releases/2017/07/170714093814.htm, 2017年07月14日
      • Shh! Proven Security For Your Secrets
        SCIEMMAG, https://scienmag.com/shh-proven-security-for-your-secrets/, 2017年07月14日
      • GPSデータの解析で地震予知に挑む京大教授
        週刊新潮, p.140 (7月20日文月増大号) タウンTEMPO, 2017年07月12日
      • 地震の予兆検知へ共同研究
        NHK (TV, Web), http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170705/4822411.html, 2017年07月05日
      • 「電離層」の電子数分析で地震予知−ケイ・オプティコムと京大、実用化へ共同研究
        日刊工業新聞(Web), https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00434380, 2017年07月04日
      • 京大、暗号安全性評価テストの欠陥を克服し証明可能な安全性を持つカオス暗号を提案
        日本経済新聞(Web版), http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP450112_U7A700C1000000/, 2017年07月04日
      • 暗号安全性評価テストの欠陥を克服し、証明可能な安全性を持つカオス暗号を提案 -今後の暗号安全性や乱数性評価に貢献-
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170701_1.html, 2017年07月04日
      • 「電離層」の電子数分析で地震予知−ケイ・オプティコムと京大、実用化へ共同研究
        日刊工業新聞, 9面, 2017年07月04日
      • ケイ•オプ、大地震予測 京大と研究
        産経新聞, 10面(経済), 2017年07月04日
      • 地震前兆の現象検知 京大と共同研究へ ケイ•オプティコム
        読売新聞, 8面(経済), 2017年07月04日
      • 地震の予兆検出 京大と共同研究 ケイ•オプティコム
        日本経済新聞, 35面(関西経済•京滋), 2017年07月04日
      • 電子数増減で地震予測研究 関電子会社など
        毎日新聞, 7面(経済), 2017年07月04日
      • 電子数増減で大規模地震予測 ケイ・オプティコムと京大が研究
        産経West, http://www.sankei.com/west/news/170703/wst1707030095-n1.html, 2017年07月03日
      • ケイ・オプティコム、大規模地震の検知技術確立で京大と共同研究
        時事ドットコムニュース, http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070300979&g=eco, 2017年07月03日
      • 電子数で大規模地震を予測 関電子会社と京大が研究
        共同通信, https://this.kiji.is/254538851500852733?c=110564226228225532, 2017年07月03日
      • 電子数で大規模地震を予測 関電子会社と京大が研究
        京都新聞, http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20170703000123, 2017年07月03日
      • 地震先行現象検出技術の確立に向け、株式会社ケイ・オプティコムとの共同研究を開始しました。
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/jyohogaku/news/2017/170601_1.html, 2017年07月03日
      • 地震予知は本当に不可能なのか?
        BS-TBS(TV放送), 諸説あり!(再放送), 2017年06月24日
      • 地震予知は本当に不可能なのか?
        BS-TBS (TV放送), 諸説あり!, 2017年05月06日
      • 京写は安値圏モミ合いから上放れて戻り試す、17年3月期大幅営業増益予想
        財経新聞, http://www.zaikei.co.jp/article/20170310/356934.html, 2017年03月10日
      • 京大が発表・巨大地震前に上空に異変
        テレビ朝日, <明快!まとめるパネル> 【グッド!モーニング】, 2017年03月10日
      • 大災有徵兆?研究發現熊本地震前上空電離層異常
        中央網路報, http://www.cdnews.com.tw/cdnews_site/docDetail.jsp?coluid=115&docid=104066367, 2017年03月06日
      • 上空の電子数 熊本地震前にも乱れ「内陸直下型では初」京都大
        ハザードラボ, http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19271.html, 2017年03月02日
      • 熊本地震直前に上空で異常 京大、地震予測目指す
        中日新聞, 5面, 2017年03月01日
      • 大灾征兆? 研究发现熊本地震前上空电离层异常
        中国新闻网, http://news.xinhuanet.com/world/2017-03/01/c_129498843.htm, 2017年03月01日
      • 大災有徵兆?研究發現熊本地震前上空電離層異常
        北京新浪網, http://news.sina.com.tw/article/20170301/20866156.html, 2017年03月01日
      • 強震前的預兆?熊本地震前1小時 上空300公里電子數異常增減
        ETtoday新聞雲, http://www.ettoday.net/news/20170301/875376.htm, 2017年03月01日
      • Ionospheric Anomalies Detected Before 2016 Kumamoto Quakes
        nippon.com, http://www.nippon.com/en/behind/l10170/, 2017年03月01日
      • 熊本地震発生直前にも電離圏異常が起きていたことを発見
        京都大学プレスリリース, http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/170224_3.html, 2017年03月01日
      • 熊本地震直前電離圏に異常 京大教授ら、上空で検出
        京都新聞, 25面(社会3), 2017年03月01日
      • M7超の内陸直下型地震、電離圏異常から予測−京大
        日刊工業新聞, https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00419149 25面(紙面), 2017年03月01日
      • 日, 구마모토 지진 직전 “상공서 이상 현상 발생”…지진 예측에 “응용 기대”
        Kyodo News Korean, http://www.47news.jp/korean/medical_science/2017/02/155063.html, 2017年02月28日
      • 熊本地震直前に上空電離圏で異常 京大、地震予測目指す
        産経新聞, http://www.sankei.com/west/news/170228/wst1702280092-n1.html, 2017年02月28日
      • 巨大地震発生の前兆か“大気に異変”
        毎日放送 MBSニュース, http://www.mbs.jp/news/kansai/20170228/00000065.shtml, 2017年02月28日
      • 京写は17年3月期第3四半期累計営業増益、通期大幅営業増益予想
        財経新聞, http://www.zaikei.co.jp/article/20170209/351776.html, 2017年02月09日
      • 京写はLED照明市場拡大が追い風で新規取引も拡大
        財経新聞, http://www.zaikei.co.jp/article/20170118/347779.html, 2017年01月18日
      • ”知る”から始める防災?関西に迫る大地震?
        関西テレビ, みんなのニュース ワンダー SP, 2017年01月09日
      • 京写は下値固め完了して基調転換、LED照明市場拡大で17年3月期営業増益予想
        財経新聞, http://www.zaikei.co.jp/article/20161216/342782.html, 2016年12月16日
      • M7地震を1時間前に予知 京大教授が開発 実用化への壁
        サンデー毎日, 11月13日号 p.147, 2016年11月01日
      • 巨大地震を事前察知
        テレビ朝日, スーパーJ チャネル(土曜日 16:30-18:00), 2016年10月29日
      • 京写は下値固め完了して基調転換の動き、LED照明市場拡大が追い風
        財経新聞, http://www.zaikei.co.jp/article/20161021/333120.html, 2016年10月21日
      • 地震前の電離圏異常を検出 ー京大が手法開発ー
        日刊工業新聞, 科学技術・大学News(全国版・電子版) https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00403726, 2016年10月20日
      • 或可提前20分钟以上预测大地震
        新華網, http://news.xinhuanet.com/local/2016-10/12/c_129318474.htm, 2016年10月12日
      • これは驚き…実はメッチャ進歩してた日本の「地震予知」
        NAVER まとめ, http://matome.naver.jp/odai/2147668613236466501, 2016年10月07日
      • Scientists announce possible breakthrough in earthquake prediction
        Taipei Times, http://www.taipeitimes.com/News/lang/archives/2016/10/06/2003656576 Bilingual Page, 2016年10月06日
      • 大地震の発生前20~60分前に予兆を観測する新手法
        スラド(slashdot), http://science.srad.jp/story/16/10/04/0653214/, 2016年10月05日
      • 日新研究称或可提前20分钟以上预测大地震
        新蓝网(TV, 中国), http://n.cztv.com/news/12245248.html, 2016年10月04日
      • 京都大学、地震を予測できる可能性がある手法を開発 中国でも高い関心
        livedoor News, http://news.livedoor.com/article/detail/12102880/, 2016年10月04日
      • 京大、公開データのみを用いて大地震発生直前の電離圏異常の検出に成功
        マイナビニュース, http://news.mynavi.jp/news/2016/10/04/215/ テクノロジー>サイエンス, 2016年10月04日
      • 電離圏の電子数の変化で巨大地震を1時間前に検知 ~京大が手法を開発
        やじうまPC Watch, http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1023174.html, 2016年10月04日
      • 日新研究稱或可提前20分鐘以上預測大地震
        國際日報(International Daily News), http://www.chinesetoday.com/big/article/1140371, 2016年10月03日
      • 日學者測出強震前電離圈異常 或有助地震預警
        明報新聞網, http://news.mingpao.com/ins/instantnews/web_tc/article/20161003/s00005/1475460401744, 2016年10月03日
      • 地震可預測? 京都大學發現震前20分電子異常
        中時電子報, http://www.chinatimes.com/realtimenews/20161003001787-260412, 2016年10月03日
      • 京都大學發現大地震1小時前空中有異常
        大紀元(EPOCH TIMES), http://www.epochtimes.com/b5/16/10/3/n8361521.htm / 科学新聞, 2016年10月03日
      • 大地震発生直前の電離圏異常を検出 -マグニチュード7以上の大地震の直前予測の可能性-
        京都大学プレスリリース, 研究成果 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/160930_1.html, 2016年10月03日
      • 동일본대지진 직전 진원지 상공에 전자 수 급변현상
        서비스 안내, http://www.yonhapnews.co.kr/international/2016/10/02/0601010000AKR20161002041100073.HTML, 2016年10月02日
      • 동일본대지진 직전 진원지 상공에 전자 수 급변현상
        KBS NEWS, http://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=3354401, 2016年10月02日
      • 地震可預測?日研究:電離層濃度有變化
        台視新聞台, http://www.ttv.com.tw/videocity/video_play.asp?id=236299, 2016年10月02日
      • 地震預測近了?京都大學發現震前1小時電子異常
        自由時報電子版, 生活 http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1843369, 2016年10月02日
      • M7直前上空に電子 東日本大震災1時間前電離圏で 京大チーム分析 予測に期待
        毎日新聞, 夕刊, 2016年10月01日
      • 京都大學發現地震前電子異象
        台湾日報電子版, http://www.taiwandaily.net/gp2.aspx?_p=kSF1c9zU9HRb3hyG9HaUIUQgtBbGMuZO, 2016年10月01日
      • 東日本大震災直前 震源地の上空の電子数が大幅変化
        NHK, おはよう日本、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161001/k10010713691000.html, 2016年10月01日
      • M7地震 電離圏異常で予測
        産経新聞, 夕刊/1面, 2016年09月30日
      • 地震前 上空の電子数変化
        NHK, NHK関西NEWS (夕方), 2016年09月30日
      • 京都大学の研究グループ 空の兆候で地震予知へ
        関西テレビ放送, 関西のニュース http://www.ktv.jp/news/date/20160930.html#0545676, 2016年09月30日
      • 日本京都大學團隊發佈新發現 或可用於震前預測
        北京新浪網, http://news.sina.com.tw/article/20160930/18854548.html, 2016年09月30日
      • M7以上も上空電子異常=震災直前の予測可能性期待-京大
        時々ドットコムニュース, http://www.jiji.com/jc/article?k=2016093000890&g=soc, 2016年09月30日
      • 日本京都大学团队发布新发现 或可用于震前预测
        新华网, http://japan.xinhuanet.com/2016-09/30/c_135725740.htm, 2016年09月30日
      • 震災前、上空の電離圏に異常 京大が検出、地震予測に道
        共同通信 (47News) Web版, http://this.kiji.is/154441412968318456, 2016年09月30日
      • 震災前に上空「電離圏」で異常 京大分析、地震予測に光
        中日新聞, 夕刊 1面, 2016年09月30日
      • M7地震、1時間前に予知可能? 京大教授ら電離圏異常検知で
        京都新聞, 夕刊, 2016年09月30日
      • 京写は下値固め完了して割安感を見直し、LED照明市場拡大が収益に追い風
        財経新聞, http://www.zaikei.co.jp/article/20160926/328726.html, 2016年09月26日
      • Pemerintah Dukung Teori Chaos Untuk Keamanan Nasional
        ANTRA NEWS(Indonesia), Bali Bureau, 2016年09月23日
      • 京大、大容量データの高速暗号化技術ー高い乱数性で安全性確保
        日刊工業新聞, 科学技術・大学, 2016年09月16日
      • Jaring para hacker muda, CodeBali gelar lomba
        ANTRA News (Indonesia), Web News (Edited by Hendra Gunawan), 2015年09月22日
      • Indonesia-Jepang Sharing Riset Teknologi 5G
        INDRA DISHUB (Indonesia), Web Media, 2015年09月22日
      • Ilmuwan Indonesia Ramai-ramai Ingin Jadi Penentu Teknologi 5G
        LIPUTAN6(Indonesia), Web News (>Tekno>Telko), 2015年09月21日
      • 次世代無線 車や機械に 京写と京大実用研究 有線接続並み安定・安全性
        日経産業新聞, 全国版, 2015年07月31日
      • Mahasiswa Jepang di C-Tech Labs Temukan Tingkat "Chaos" Otak Manusia
        Berita Satu, http://www.beritasatu.com/pendidikan/247638-mahasiswa-jepang-di-ctech-labs-temukan-tingkat-chaos-otak-manusia.html, 2015年02月09日
      • C-Tech Labs Indonesia Penelitian Bersama Jepang
        Beritasore, http://beritasore.com/2015/02/09/c-tech-labs-indonesia-penelitian-bersama-jepang/, 2015年02月09日
      • Banten scientists probe brain-to-brain communication
        Jakarta Post, Sci-Tech, 2014年05月21日
      • Universitas Kyoto akan lakukan riset aktivitas otak di Tangerang
        Banten News, http://m.banten-news.com/universitas-kyoto-akan-lakukan-riset-aktivitas-otak-di-tangerang.html, 2014年03月27日
      • Dimungkinkan, Komunikasi Antara Otak Dengan Internet
        Tribune News, http://m.tribunnews.com/iptek/2014/03/27/dimungkinkan-komunikasi-antara-otak-dengan-internet, 2014年03月27日
      • Joint Statement Riset dan Peningkatan Kapasitas SDM
        MCIT, Indonesia, https://balitbang.kominfo.go.id/ppi/?p=346, 2013年08月30日
      • 独創研究集団・理研の最前線(58)独自の電波処理技術で次世代携帯の混戦解消
        日刊工業新聞, https://www.nikkan.co.jp/articles/view/3912?isReadConfirmed=true, 2008年01月29日
      • 理研、カオス理論に基づく通信方式を第4世代携帯向けに推進
        スラド, http://srad.jp/story/06/12/13/010202/, 2006年12月13日
      • 携帯、通信速度50倍 理研開発 電波「聞き分け」
        読売新聞, 2面, 2006年12月13日
      • 脳の仕組みを応用して携帯電話の混合電波を高精度で分離- カオス理論に基づく電波干渉を起こさない通信方式を確立 -
        理研, プレスリリース, 2006年12月12日
      • NICT 新開発の暗号化ソフト 凸版印刷に技術移転
        電波タイムズ, 1面, 2006年11月24日
      • 情報復元時に広告表示
        日刊工業新聞, 27面, 2006年11月17日
      • 暗号化ソフトとネット広告連動
        日本経済新聞, 15面, 2006年11月17日
      • 暗号ソフトにネット広告
        日経産業新聞, 9面, 2006年11月17日
      • 凸版印刷、広告付きファイル暗号化ソフトを無償配布
        ASCII.jp, デジタル Web News, 2006年11月17日
      • 広告付きファイル暗号化ソフトを無償配布--凸版印刷とNICTが共同開発
        ZDNet Japan, ビジネスアプリケーション Web News, 2006年11月17日
      • 凸版とNICT、広告付き「無償暗号化ソフト」を配布
        Security NEXT, Web News, 2006年11月16日
      • 凸版印刷と NICT、広告付きファイル暗号化ソフトを共同開発
        japan.internet.com, Marketing, 2006年11月16日
      • 类星体信号 开辟天文加密新技术
        大紀元, 科技新聞 Web news, 2006年04月06日
      • 天体観測で暗号鍵共有
        Slashdot.jp, 2006年04月01日
      • Los mensajes pueden encriptarse en las ondas de radio que emiten los quasares
        TENDENCIAS TECNOLÓGICAS, http://www.tendencias21.net/Los-mensajes-pueden-encriptarse-en-las-ondas-de-radio-que-emiten-los-quasares_a937.html, 2006年03月30日
      • Totally Random One Time Pads
        Slashdot, 2006年03月30日
      • Your secrets are safe with quasar encryption
        NewScientist, TECH, 2006年03月29日
      • 宇宙の電波で情報を暗号化
        日本経済新聞 全国版, 科学欄 (21面), 2006年03月27日
      • 携帯の情報量100倍に 脳の働き応用し信号処理
        日本経済新聞(全国版), 科学欄(19面), 2006年03月06日
      • カオスCDMAとセキュリティ技術の研究
        サイエンスチャネル(JST), Message from Scientists, 2005年03月31日
      • SBTとカオスウェア, VSC暗号アプリ開発用キットを開発
        ITmedia, セキュリティ, 2004年07月12日
      • SBT、暗号化技術「VSC」の評価・実用化でカオスウェアと提携
        ITmedia, セキュリティ, 2004年04月06日
      • 日本-インドネシア間でカオス暗号を用いた長距離衛星通信実験に成功
        NICT, プレスリリース Web News, 2003年11月27日
      • JIT② ー官庁回りと暗号ロジックー
        日刊工業新聞, 勝つ, 2003年11月19日
      • 所内支援制度でVB第1号発足
        日本経済新聞(全国紙), テクノロジー欄(17面), 2003年08月29日
      • デジタルハイビジョン映像、暗号化通信にCRLが成功
        知財情報局, IT, 2003年05月23日
      • 通総研, カオス理論によるデジタルハイビジョン暗号化通信に成功
        マイナビニュース, マーケティング>ネットニュース, 2003年04月17日
      • CRL、カオス暗号でHDTV映像のリアルタイム暗号化通信に成功
        ITmedia, ニュース速報, 2003年04月15日
      • 確率過程の変動を模擬 カオス使い高度な計算
        日経産業新聞, 21面, 2000年03月09日
      list
        Last Updated :2022/11/23

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理統計学セミナー
          3455, 通年, 情報学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理統計学
          9094, 前期, 工学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用数理工学特論A
          3433, 通年集中, 情報学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物理統計学特論
          3428, 前期, 情報学研究科, 2
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          物理統計学
          前期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          非線形系の力学
          前期, 工学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          物理統計学特論
          後期, 情報学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          数理工学特別研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          数理工学特別研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用数理工学特論A
          通年集中, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          数理工学特別研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          数理工学特別研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          数理工学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          数理物理学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用数理工学特論A
          前期集中, 情報学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          解析力学
          後期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          数理工学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          数理工学特別研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          数理工学特別研究1
          前期集中, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          数理工学特別研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          数理物理学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理学基礎論A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理統計学
          前期, 工学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          数理工学概論
          前期, 工学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          数理工学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          数理工学特別研究2
          後期集中, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          数理工学特別研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          数理工学特別研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          数理物理学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          数理工学概論
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          数理工学特別セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          数理工学特別研究2
          後期集中, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          数理工学特別研究2
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          数理工学特別研究1
          通年, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          数理物理学特別セミナー
          前期, 情報学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理学基礎論A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理統計学
          前期, 工学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          数理工学概論
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理学基礎論B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理統計学
          前期, 工学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          数理工学概論
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理学基礎論B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理統計学セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理統計学
          前期, 工学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          数理工学概論
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理学基礎論B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理統計学セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理統計学(数理)
          前期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          宇宙総合学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          工学倫理
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用数理工学特論A
          通年集中, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          数理工学概論
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理学基礎論B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理統計学セミナー
          通年, 情報学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理統計学(数理)
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物理統計学特論
          前期, 情報学研究科

        博士学位審査

        • Studies on Discrete Integrable Systems with Positivity and Their Applications (正値性を持つ離散可積分系とその応用について)
          小林 克樹, 情報学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Nonintegrability and Related Dynamics of Ordinary Differential Equations (常微分方程式の非可積分性および関連するダイナミクス)
          本永 翔也, 情報学研究科, 副査
          2021年11月24日
        • Dynamical Analysis and Decentralized Control of Power Packet Network(電力パケットネットワークのダイナミクス解析と分散制御)
          BAEK, SEONG CHEOL, 副査
          2021年03月23日
        • Exact Analysis of Universal Critical Behavior and Ergodic Properties of Chaos(カオスにおける普遍的な臨界現象のExact性を用いた解析とエルゴード特性)
          大久保 健一, 主査
          2020年03月23日
        • Almost Periodic Frequency Arrangement and Its Applications to Communications(概周期周波数配置とその通信への応用)
          中澤 勇夫, 主査
          2020年03月23日
        • Nonintegrability of Dynamical Systems near Equilibria and Heteroclinic Orbits(平衡点およびヘテロクリニック軌道の近傍における力学系の非可積分性)
          山中 祥五, 副査
          2020年03月23日
        • Cooperative Vehicular Communications for High Throughput Applications(大容量車載アプリケーションに向けた車車間協調通信)
          田谷 昭仁, 副査
          2019年09月24日
        • Study on Communication System From the Perspective of Improving Signal-to-Noise Ratio(通信システムにおけるSN比の改善に関する研究)
          津田 宏史, 主査
          2019年03月25日
        • Field Measurement and Analysis of Next-Generation Optical Access Network with Optical Amplifiers(光アンプを適用した次世代光アクセスネットワークのフィールド測定及び解析)
          堤 卓也, 副査
          2018年03月26日
        • Advanced Signal Processing for Fiber-Optic Communication Systems Scaling Capacity Beyond 100 Tb/s(光ファイバ通信システムの100 Tb/s容量限界の克服へ向けた信号処理技術)
          芝原 光樹, 副査
          2017年09月25日
        • Study on permutation polynomials over a ring of modulo 2w and their applications to cryptography(2冪剰余環上置換多項式とその暗号技術への応用に関する研究)
          岩崎 淳, 主査
          2017年03月23日
        • Design of Electrical Energy Network Based on Power Packetization(電力のパケット化による電気エネルギーネットワークの設計)
          縄田 信哉, 副査
          2017年03月23日
        • Sum Rate Analysis and Dynamic Clustering for Multi-user MIMO Distributed Antenna Systems(マルチユーザMIMO分散アンテナシステムにおける総和レート及びダイナミッククラスタリングに関する研究)
          趙 欧, 副査
          2016年09月23日
        • Spatial Signal Processing on Distributed MIMO Systems(分散MIMOシステムにおける空間信号処理)
          福園 隼人, 副査
          2016年09月23日
        • Studies on Parallel Solvers Based on Bisection and Inverse Iterationfor Subsets of Eigenpairs and Singular Triplets(2分法と逆反復法を基礎とした部分固有対および部分特異対のための並列ソルバについての研究)
          石上 裕之, 副査
          2016年03月23日
        • Efficient Access Control Techniques for Distributed Wireless Communication Networks(分散型無線通信ネットワークのための高効率アクセス制御技術)
          井上 保彦, 副査
          2015年03月23日
        • Cooperative Resource Sharing in Mobile Cloud Computing(モバイルクラウドコンピューティングにおける協調的資源共有)
          LIU WEI, 副査
          2015年03月23日
        • Quality-of-Service Control Scheme for Wireless Local Area Networks(無線ローカルエリアネットワークにおける通信品質制御方式の研究)
          布 房夫, 副査
          2014年09月24日
        • Radio Resource Allocation Optimization for Cellular Wireless Networks(セルラワイヤレスネットワークにおける無線資源割当最適化)
          KIBRIA MIRZA GOLAM, 副査
          2014年07月23日
        • An Algebraic Analysis Approach to Trajectory Tracking Control(軌道追従制御への代数解析アプローチ)
          佐藤 一宏, 副査
          2014年03月24日
        • Theory of Discrete and Ultradiscrete Integrable Finite Lattices Associated with Orthogonal Polynomials and Its Applications(直交多項式に付随する離散・超離散可積分有限格子の理論とその応用)
          前田 一貴, 副査
          2014年03月24日
        • Study on non-equilibrium quasi-stationary states for Hamiltonian systems with long-range interaction(長距離相互作用を有するハミルトン系の非平衡準定常状態に関する研究)
          小川 駿, 主査
          2013年09月24日
        • Construction of D-optimal Designs for Linear Regression with Prior Information Using Discrete Integrable Systems(事前情報付き線形回帰モデルにおけるD-optimal designの離散可積分系を用いた構成)
          關戸 啓人, 副査
          2012年11月26日

        指導学生の業績:受賞

        • 上田睆亮賞
          真尾朋行, 日本応用数理学会応用カオス研究部会, 2022年09月10日
        • 測位航法学会 全国大会2022 学生優秀研究発表賞
          中林 亮, 測位航法学会, 2022年06月
        • レーザーカオス大坪賞
          中澤勇夫, レーザー学会技術専門委員会「レーザーのカオス・ノイズダイナミクスとその応用」, 2020年02月28日
        • レーザーカオス大坪賞
          杉本晢, レーザー学会技術専門委員会「レーザーのカオス・ノイズダイナミクスとその応用」, 2020年02月28日
        • 2018年度日本応用数理学会年会若手優秀講演賞
          津田宏史, 日本応用数理学会, 2019年06月28日
        • IEEE VTS Tokyo Chapter Student Paper Award
          津田宏史, IEEE VTS Tokyo Chapter, 2018年08月28日
        • 平成27年度CCS(複雑コミュニケーションサイエンス研究会)奨励賞
          岡田大樹, 電子情報通信学会, 2016年06月12日
        • 若手優秀講演賞
          岩崎淳, 日本応用数理学会, 2016年06月
        • The best single person team
          岩崎淳 岡田大樹 津田宏史, CodeBali CTF, 2015年09月21日
        • NLP奨励賞
          猶原僚也, 電子情報通信学会NOLTAソサイエティ, 2015年06月13日
        list
          Last Updated :2022/11/23

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2013年07月22日, 至 2016年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 物理学部会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            工学研究科・工学部広報委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            企画委員会委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日
            制規委員会委員
          • 自 2012年04月01日, 至 2017年03月31日
            連携推進WG委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            専攻長会議
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            情報セキュリティ委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            連携推進WG
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            人を対象とする研究倫理小委員会
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            連携推進WG委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            専攻長
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            制規委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            情報セキュリティ委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            人を対象とする研究倫理小委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            連携推進WG委員
          list
            Last Updated :2022/11/23

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2022年06月, 至 現在
              理事, 日本地震予知学会
            • 自 2008年, 至 現在
              : 日本応用数理学会論文誌「JSIAM Letters」編集委員
            • 自 2006年, 至 現在
              :日本応用数理学会 応用カオス研究部会 主査(代表)
            • 自 2007年, 至 2012年03月
              : 総務省WINDS利用実験実施協議会委員
            • 自 2004年, 至 2012年03月
              :株式会社カオスウェア 代表取締役社長
            • 自 2008年, 至 2010年03月
              : 総務省SCOPE次世代光相関技術を用いた超高速画像情報検索
            • 自 2005年, 至 2010年
              :独立行政法人理化学研究所知的財産戦略センター
            • 自 2005年, 至 2006年
              :総務省「アジア・太平洋地域における衛星
            • 自 2003年, 至 2004年
              :株式会社カオスウェア設立(NICT発ベンチャー第一号)、
            • 自 2000年, 至 2003年
              :科学技術振興事業団カオスCDMAチップチーム チームリーダー
            • 自 2002年
              : 京都大学数理解析研究所 長期研究員
            • 応用カオス研究部会 主査, 日本応用数理学会
            • 同取締役副社長兼CTO
            • アプリケーション基盤技術調査研究会」委員
            • 次世代移動体通信研究チーム チームリーダー
            • 産業界との融合的連携研究プログラム
            • エンジン標準化委員会委員
            • 自 2015年09月21日, 至 2015年09月23日
              オーガナイザー, CodeBali
            • 自 2013年05月24日, 至 2015年06月19日
              理事, 日本応用数理学会
            • 自 2013年04月01日
              Editor, 日本応用数理学会
            • 自 2012年04月01日
              顧問, 電子情報通信学会
            • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
              委員長, 電子情報通信学会
            • 自 2006年04月01日
              主査, 日本応用数理学会

            学術貢献活動

            • Chaos Revolution in Science, Technology, and Society -From Discovery of Chaos to Innovation
              企画立案・運営等
              ICR2008, 自 2008年09月16日, 至 2008年09月16日
            • 主査(応用カオス研究部会)
              その他
              日本応用数理学会, 自 2006年04月01日

            社会貢献活動

            • SSH事業における課題研究や発表会での指導助言
              その他
              姫路西高校 兵庫県, 自 2021年06月10日, 至 2021年06月10日
            • Beyond 5Gシステムのビジョン策定及び寄書提案についての調査報告
              その他
              第179回電波利用懇話会ーワイヤレス利用分野における国際標準化動向調査報告, 自 2021年03月26日, 至 2021年03月26日
            • 多対多の無線電力伝送を個別認証する「電力5G」が開く未来
              その他
              マイクロ波無線送電技術ビジネス化研究会, 自 2020年10月26日, 至 2020年10月26日
            • 地震は予測できるか? ー南海トラフ地震に対する備えは万全か?ー
              その他
              業際研究会(みずほ総合研究所主催), 自 2019年05月22日, 至 2019年05月22日
            • 関西サイエンスフォーラム
              その他
              -, 自 2018年04月01日
            • AC・Net 運営委員会
              その他
              NICT(総務省), 自 2018年04月01日
            • 高度無線通信研究委員会
              その他
              一般社団法人電波産業会, 自 2017年11月08日
            • 物性研究所 客員所員
              その他
              東京大学, 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
            • IoT推進コンソーシアム
              その他
              -, 自 2016年06月01日
            • IoTのセキュリティ?カオスでしょ!
              その他
              京都大学新技術説明会(JST), 自 2016年05月24日, 至 2016年05月24日
            • Chaos Approach to Ultra High Spectrum Efficiency for 5G and Connectivity
              その他
              Kyoto University-MCIT-MIC Symposium on 5G and Connectivity, CodeBali 2015, 自 2015年09月21日, 至 2015年09月21日
            • ICT分野の研究開発とその国際標準化ー日本と台湾の役割について
              その他
              台湾科学技術協会, 自 2015年06月07日, 至 2015年06月07日
            • 第5世代モバイル推進フォーラム
              その他
              -, 自 2014年11月01日
            • けいはんな情報通信オープンラボ研究推進協議会
              その他
              -, 自 2014年10月01日
            • 次世代安心・安全ICTフォーラム
              その他
              -, 自 2014年04月01日
            • Chaos Revolution in Science, Technology, and Society -From Discovery of Chaos to Innovation
              その他
              -, 自 2008年09月16日, 至 2008年09月16日
            • 先端科学技術と企業戦略-研究開発・知的財産・事業展開の総合的戦略の構築に向けて-
              その他
              日本知財学会 第4回年次学術研究発表会, 自 2006年06月17日, 至 2006年06月17日
            • 「保有新技術と適合するBeyond 5Gシステムのビジョン策定」の調査報告
              報告書執筆
              電波産業会, 第187回電波利用懇話会, 自 2022年03月23日, 至 2022年03月23日

            ページ上部へ戻る