教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

三浦 理紗子

ミウラ リサコ

工学研究科 物質エネルギー化学専攻基礎物質化学講座 助教

三浦 理紗子
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2020年08月, 至 現在
      京都大学大学院, 工学研究科 物質エネルギー化学専攻, 助教
    • 自 2020年04月, 至 2020年07月
      京都大学大学院, 工学研究科 物質エネルギー化学専攻, 特定研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      論文

      • Assessment of Surface Glycan Diversity on Extracellular Vesicles by Lectin Microarray and Glycoengineering Strategies for Drug Delivery Applications.
        Asako Shimoda; Risako Miura; Hiroaki Tateno; Naohiro Seo; Hiroshi Shiku; Shin-Ichi Sawada; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        Small methods, 2022年02月, 査読有り
      • Antigen Delivery to Antigen-Presenting Cells for Adaptive Immune Response by Self-Assembled Anionic Polysaccharide Nanogel Vaccines
        Risako Miura; Shin-ichi Sawada; Sada-atsu Mukai; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        Biomacromolecules, 2020年02月10日, 査読有り
      • Synergistic anti-tumor efficacy by combination therapy of a self-assembled nanogel vaccine with an immune checkpoint anti-PD-1 antibody
        Risako Miura; Shin-ichi Sawada; Sada-atsu Mukai; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        RSC Advances, 2020年, 査読有り
      • Engineered collagen-binding serum albumin as a drug conjugate carrier for cancer therapy
        Koichi Sasaki; Jun Ishihara; Ako Ishihara; Risako Miura; Aslan Mansurov; Kazuto Fukunaga; Jeffrey A. Hubbell
        Science Advances, 2019年08月, 査読有り
      • Structural effects and lymphocyte activation properties of self-assembled polysaccharide nanogels for effective antigen delivery
        Risako Miura; Yoshiro Tahara; Shin-ichi Sawada; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        Scientific Reports, 2018年11月, 査読有り
      • 【ナノマテリアルが拓くDDS(ドラッグデリバリーシステム)の新展開】ナノゲルを用いたワクチンのDDS
        三浦 理紗子; 秋吉 一成
        細胞, 2017年10月

      MISC

      • 医療を支える新素材 12 高分子ミセル・ナノゲルで薬を届ける-医療で使えるナノキャリア-
        三浦理紗子; 秋吉一成
        現代化学, 2020年

      講演・口頭発表等

      • M2型マクロファージを標的とする多糖ナノ粒子型光音響造影剤の設計と合成
        三浦 理紗子; 木村 祐; 秋吉 一成; 近藤 輝幸
        第15回日本分子イメージング学会, 2021年05月
      • 抗原提示細胞標的化多糖ナノゲルの設計とがん治療ワクチンへの応用
        三浦 理紗子; 澤田 晋一; 佐々木 善浩; 秋吉 一成
        第27回次世代医工学研究会, 2020年12月
      • がん治療ワクチンのための自己組織化多糖ナノゲルの設計と機能
        三浦理紗子; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第41回日本バイオマテリアル学会大会, 2019年11月
      • 自己組織化ナノゲルを基盤としたがん治療ワクチンの開発
        三浦理紗子; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第68回高分子討論会, 2019年09月
      • 自己組織化ナノゲルのがん治療ワクチンへの応用
        三浦理紗子; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第19回遺伝子・デリバリー研究会夏期セミナー, 2019年09月
      • アニオン性自己組織化ナノゲルによる抗原提示細胞標的化がん治療ワクチンの開発
        三浦理紗子; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第35回日本DDS学会学術集会, 2019年07月
      • Antigen delivery by anionic polysaccharide nanogels and cancer immunotherapy
        Risako Miura; Shin-ichi Sawada; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        第68回高分子年次大会, 2019年05月
      • Self-assembled anionic nanogels for antigen presenting cells delivery in cancer vaccine
        Risako Miura; Shin-ichi Sawada; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        Society for Biomaterials, 2019年04月
      • 自己組織化ナノゲルによる抗原提示細胞標的化抗原デリバリーシステムの開発
        三浦理紗子; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        2018 KIPS若手高分子シンポジウム, 2018年12月
      • 抗原提示細胞を標的とする自己組織化ナノゲルキャリアの設計と機能
        三浦理紗子; 田原義朗; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第67回高分子学会年次大会, 2018年05月
      • 自己組織化ナノゲルによるin vivo抗原デリバリーシステムの開発
        三浦理紗子; 田原義朗; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第66回高分子討論会, 2017年09月
      • がん治療を目指した分岐多糖ナノゲルワクチンの開発
        三浦理紗子; 田原義朗; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第27回 バイオ・高分子シンポジウム, 2017年08月
      • Development of Antigen Delivery System by Self-assembled Branched Dextran Nanogel
        Risako Miura; Yoshiro Tahara; Shin-ichi Sawada; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        KIPS International Conference, 2017年07月
      • 分岐多糖ナノゲルによる新規がんワクチンの開発
        三浦理紗子; 田原義朗; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第33回日本DDS学会学術集会, 2017年07月
      • 分岐多糖ナノゲルを用いたがんワクチンの開発
        三浦理紗子; 田原義朗; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第66回高分子年次大会, 2017年05月
      • Antibody-hybrid Nanoparticles Prepared by Cell-free Protein Synthesis
        Risako Miura; Mitsuru Ando; Shin-ichi Sawada; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        The 11th SPSJ International Polymer Conference, 2016年12月
      • Immunoliposome with Single Chain Transmembrane by Cell-free Protein Synthesis
        Risako Miura; Mitsuru Ando; Shin-ichi Sawada; Yoshihiro Sasaki; Kazunari Akiyoshi
        The 3rd International Conference on Biomaterials Science, 2016年11月
      • 無細胞タンパク質合成系を用いた一本鎖抗体複合ナノ微粒子の開発
        三浦理紗子; 安藤満; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第65回高分子討論会, 2016年09月
      • 無細胞タンパク質発現系を用いた疎水化一本鎖抗体/ナノゲル複合体の設計
        三浦理紗子; 安藤満; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第32回日本DDS学会学術集会, 2016年06月
      • 膜貫通ドメイン融合抗体を組み込んだ新規イムノリポソームの設計と機能
        三浦理紗子; 安藤満; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第65回高分子学会年次大会, 2016年05月
      • 人工細胞法による標的指向性プロテオリポソームの構築と機能
        三浦理紗子; 安藤満; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        日本化学会第96春季大会2016, 2016年03月
      • 人工細胞法による新規イムノリポソームの設計と機能
        三浦理紗子; 安藤満; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第64回高分子討論会, 2015年09月
      • 無細胞膜タンパク質合成による新規イムノリポソームの構築と機能
        三浦理紗子; 安藤満; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        第61回高分子研究発表会 (神戸), 2015年07月
      • 無細胞膜タンパク質発現/リポソーム系を用いた細胞特異性リポソームの構築と機能
        三浦理紗子; 安藤満; 澤田晋一; 佐々木善浩; 秋吉一成
        日本膜学会第37年会, 2015年05月

      受賞

      • 2015年09月
        公益社団法人 高分子学会, 第64回高分子討論会 優秀ポスター賞
      • 2017年07月
        日本DDS学会, 第33回日本DDS学会学術集会 優秀発表賞
      • 2017年09月
        Kyoto Institute of Polymer Science, KIPS2017 International Symposium, Young Scientist Poster Award

      外部資金:科学研究費補助金

      • 腫瘍免疫環境を非侵襲的にイメージングするナノ微粒子の開発
        研究活動スタート支援
        0403:人間医工学およびその関連分野
        京都大学
        三浦 理紗子
        自 2020年09月11日, 至 2022年03月31日, 交付
        ナノ微粒子;多糖;光音響イメージング;免疫療法
      • 腫瘍免疫環境を反映する多糖ナノゲル型セラノスティクス医薬品の開発
        若手研究
        小区分90120:生体材料学関連
        京都大学
        三浦 理紗子
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        多糖;ナノ粒子;セラノスティクス;光音響イメージング
      • 脳動脈瘤病変部位のマクロファージイメージングMRI造影剤の開発
        基盤研究(C)
        小区分37030:ケミカルバイオロジー関連
        京都大学
        近藤 輝幸
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        磁気共鳴イメージング;マクロファージ;未破裂脳動脈瘤;ナノ粒子造影剤;ガドリニウム
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          情報基礎演習[工学部]
          T006, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質エネルギー化学特論第一
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質エネルギー化学特論第二
          前期, 工学研究科

        ページ上部へ戻る