教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

宮部 貴子

ミヤベ タカコ

ヒト行動進化研究センター 附属人類進化モデル研究センター 助教

宮部 貴子
list
    Last Updated :2022/06/24

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 霊長類学講座, 助教

    学位

    • M.S(獣医科学)(ウィスコンシン大学)
    • Ph.D(獣医科学)(ウィスコンシン大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/06/24

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        非ヒト霊長類の麻酔、鎮痛
        非ヒト霊長類の自然発症疾患

      研究分野

      • ライフサイエンス, 実験動物学, 動物福祉、麻酔、鎮痛、霊長類、サル

      論文

      • Propofol infusions using a human target controlled infusion (TCI) pump in chimpanzees (Pan troglodytes)
        T. Miyabe-Nishiwaki; A. Kaneko; A. Yamanaka; N. Maeda; J. Suzuki; M. Tomonaga; T. Matsuzawa; K. Muta; R. Nishimura; I. Yajima; D. J. Eleveld; A. R. Absalom; K. Masui
        Scientific Reports, 2021年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Primate veterinarians' knowledge and attitudes regarding pain in macaques.
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Vanessa Nadine Gris; Kanako Muta; Ryohei Nishimura; Daniel Simon Mills
        Journal of medical primatology, 2021年10月
      • Prevalence of antibodies against human respiratory viruses potentially involving anthropozoonoses in wild bonobos
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Chie Hashimoto; Mina Isaji; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        Primates, 2021年08月02日
      • Physiological variation in Japanese macaques (Macaca fuscata) housed in different outdoor cages evaluated using the metabolic profile test.
        Akihisa Kaneko; Masaki Takasu; Takako Miyabe-Nishiwaki; Kotono Nakamura; Munehiro Okamoto
        Primates; journal of primatology, 2021年05月18日, 査読有り, 責任著者
      • Faecal proteomics as a novel method to study mammalian behaviour and physiology.
        Takumi Tsutaya; Meaghan Mackie; Rikai Sawafuji; Takako Miyabe-Nishiwaki; Jesper V Olsen; Enrico Cappellini
        Molecular ecology resources, 2021年03月15日, 査読有り
      • Pharmacokinetics and effects on clinical and physiological parameters following a single bolus dose of propofol in common marmosets (Callithrix jacchus).
        Kanako Muta; Takako Miyabe-Nishiwaki; Kenichi Masui; Isao Yajima; Tomoya Iizuka; Akihisa Kaneko; Ryohei Nishimura
        Journal of veterinary pharmacology and therapeutics, 2021年01月, 査読有り, 責任著者
      • Extending the MaqFACS to measure facial movement in Japanese macaques (Macaca fuscata) reveals a wide repertoire potential.
        Catia Correia-Caeiro; Kathryn Holmes; Takako Miyabe-Nishiwaki
        PloS one, 2021年, 査読有り, 最終著者
      • Evaluation of anaesthetic and cardiorespiratory effects after intramuscular administration of alfaxalone alone, alfaxalone-ketamine and alfaxalone-butorphanol-medetomidine in common marmosets (Callithrix jacchus).
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Miki Miwa; Naho Konoike; Akihisa Kaneko; Akiyo Ishigami; Takayoshi Natsume; Andrew J J MacIntosh; Katsuki Nakamura
        Journal of medical primatology, 2020年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Correction: Minor contributions of the maxillary sinus to the air-conditioning performance in macaque monkeys.
        Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Teruo Matsuzawa; Takeshi Nishimura
        The Journal of experimental biology, 2020年10月09日
      • The profile of lipid metabolites in urine of marmoset wasting syndrome.
        Arisa Yamazaki; Tatsuro Nakamura; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihiro Hirata; Rikako Inoue; Koji Kobayashi; Yusuke Miyazaki; Yuta Hamasaki; Akiyo Ishigami; Nanae Nagata; Akihisa Kaneko; Makoto Koizumi; Hiroki Ohta; Hirotaka James Okano; Takahisa Murata
        PloS one, 2020年, 査読有り
      • Hematological and blood chemistry values in captive Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata).
        Miyabe-Nishiwaki T; MacIntosh AJJ; Kaneko A; Morimoto M; Suzuki J; Akari H; Okamoto M
        Journal of medical primatology, 2019年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • T-cell/Histiocyte-rich Large B-cell Lymphoma of the Larynx in a Juvenile Japanese Macaque (Macaca fuscata)
        A. Hirata; A. Kaneko; H. Sakai; S. Nakamura; T. Yanai; T. Miyabe-Nishiwaki; J. Suzuki
        Journal of Comparative Pathology, 2019年05月, 査読有り
      • Hepatic neuroendocrine carcinoma in a Japanese macaque (Macaca fuscata)
        Akihiro Hirata; Yoko Miyamoto; Akihisa Kaneko; Hiroki Sakai; Kyoko Yoshizaki; Tokuma Yanai; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki
        Journal of Medical Primatology, 2019年04月, 査読有り
      • Evaluating the origin and virulence of a Helicobacter pylori cagA-positive strain isolated from a non-human primate.
        Hashi K; Imai C; Yahara K; Tahmina K; Hayashi T; Azuma T; Miyabe-Nishiwaki T; Sato H; Matsuoka M; Niimi S; Okamoto M; Hatakeyama M
        Scientific reports, 2018年10月, 査読有り
      • Propofol-fentanyl interaction in Beagles - Apnea, response to mechanical ventilation, endotracheal tube, and tetanic stimulation
        T. Iizuka; K. Masui; T. Miyabe-Nishiwaki; H. Kanazawa; R. Nishimura
        RESEARCH IN VETERINARY SCIENCE, 2017年12月, 査読有り
      • Pharmacokinetics and pharmacodynamics of propofol: changes in patients with frontal brain tumours
        M. M. Sahinovic; D. J. Eleveld; T. Miyabe-Nishiwaki; M. M. R. F. Struys; A. R. Absalom
        BRITISH JOURNAL OF ANAESTHESIA, 2017年06月, 査読有り
      • Hepatocellular carcinoma with intracranial metastasis in a Japanese macaque (Macaca fuscata)
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihiro Hirata; Akihisa Kaneko; Akiyo Ishigami; Yoko Miyamoto; Atsushi Yamanaka; Keishi Owaki; Hiroki Sakai; Tokuma Yanai; Juri Suzuki
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2017年06月, 査読有り
      • Developmental trajectory of the corpus callosum from infancy to the juvenile stage: Comparative MRI between chimpanzees and humans
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Juri Suzuki; Takako Miyabe-Nishiwaki; Mie Matsui; Masaki Tomonaga; Yuzuru Hamada; Tetsuro Matsuzawa; Hideyuki Okano; Kenichi Oishi
        PLOS ONE, 2017年06月, 査読有り
      • Association between preoperative characteristics and risk of anaesthesia-related death in dogs in small-animal referral hospitals in Japan
        Takaharu Itami; Hiroko Aida; Makoto Asakawa; Yoko Fujii; Tomoya Iizuka; Ayako Imai; Toshie Iseri; Tomohito Ishizuka; Kei Kakishima; Masatoshi Kamata; Takako Miyabe-Nishiwaki; Shotaro Nagahama; Kiyokazu Naganobu; Ryohei Nishimura; Shozo Okano; Tadashi Sano; Kazuto Yamashita; Yoshiki Yamaya; Masashi Yanagawa
        Veterinary Anaesthesia and Analgesia, 2017年05月, 査読有り
      • Carbon and nitrogen stable isotopic offsets between diet and hair/feces in captive chimpanzees
        Takumi Tsutaya; Yui Fujimori; Misato Hayashi; Minoru Yoneda; Takako Miyabe-Nishiwaki
        RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY, 2017年01月, 査読有り
      • Complete genome sequence of Streptococcus troglodytae TKU31 isolated from the oral cavity of a chimpanzee (Pan troglodytes)
        Masaaki Okamoto; Mariko Naito; Mayu Miyanohara; Susumu Imai; Yoshiaki Nomura; Wataru Saito; Yasuko Momoi; Kazuko Takada; Takako Miyabe-Nishiwaki; Masaki Tomonaga; Nobuhiro Hanada
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2016年12月, 査読有り
      • Epidemiological Surveillance of Lymphocryptovirus Infection in Wild Bonobos
        Tomoyuki Yoshida; Hiroyuki Takemoto; Tetsuya Sakamaki; Nahoko Tokuyama; John Hart; Terese Hart; Jef Dupain; Amy Cobden; Mbangi Mulavwa; Yoshi Kawamoto; Akihisa Kaneko; Yuki Enomoto; Eiji Sato; Takanori Kooriyama; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Akatsuki Saito; Munehiro Okamoto; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Takeshi Furuichi; Hirofumi Akari
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2016年08月, 査読有り
      • Impaired Air Conditioning within the Nasal Cavity in Flat-Faced Homo
        Takeshi Nishimura; Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Shigeru Ishikawa; Kaouthar Samarat; Takako Miyabe-Nishiwaki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa; Teruo Matsuzawa
        PLOS ONE, 2016年03月, 査読有り
      • Impaired Air Conditioning within the Nasal Cavity in Flat-Faced Homo
        Takeshi Nishimura; Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Shigeru Ishikawa; Kaouthar Samarat; Takako Miyabe-Nishiwaki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Tetsuro Matsuzawa; Teruo Matsuzawa
        PLOS COMPUTATIONAL BIOLOGY, 2016年03月, 査読有り
      • Streptococcus panodentis sp nov from the oral cavities of chimpanzees
        Masaaki Okamoto; Susumu Imai; Mayu Miyanohara; Wataru Saito; Yasuko Momoi; Yoshiaki Nomura; Tomoko Ikawa; Takumi Ogawa; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihisa Kaneko; Akino Watanabe; Shohei Watanabe; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Nobuhiro Hanada
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2015年09月, 査読有り
      • Minor contributions of the maxillary sinus to the air-conditioning performance in macaque monkeys
        Futoshi Mori; Sho Hanida; Kiyoshi Kumahata; Takako Miyabe-Nishiwaki; Juri Suzuki; Teruo Matsuzawa; Takeshi D. Nishimura
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY, 2015年08月, 査読有り
      • Emergence of infectious malignant thrombocytopenia in Japanese macaques (Macaca fuscata) by SRV-4 after transmission to a novel host
        Munehiro Okamoto; Takayuki Miyazawa; Shigeru Morikawa; Fumiko Ono; Shota Nakamura; Eiji Sato; Tomoyuki Yoshida; Rokusuke Yoshikawa; Kouji Sakai; Tetsuya Mizutani; Noriyo Nagata; Jun-ichiro Takano; Sachi Okabayashi; Masataka Hamano; Koji Fujimoto; Takaaki Nakaya; Tetsuya Iida; Toshihiro Horii; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akino Watanabe; Akihisa Kaneko; Akatsuki Saito; Atsushi Matsui; Toshiyuki Hayakawa; Juri Suzuki; Hirofumi Akari; Tetsuro Matsuzawa; Hirohisa Hirai
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年03月, 査読有り
      • Locational Diversity of Alpha Satellite DNA and Intergeneric Hybridization Aspects in the Nomascus and Hylobates Genera of Small Apes
        Sudarath Baicharoen; Takako Miyabe-Nishiwaki; Visit Arsaithamkul; Yuriko Hirai; Kwanruen Duangsa-ard; Boripat Siriaroonrat; Hiroshi Domae; Kornsorn Srikulnath; Akihiko Koga; Hirohisa Hirai
        PLOS ONE, 2014年10月, 査読有り
      • Computed fluid dynamics of the air-conditioning through the nasal passage in humans, chimpanzees, and macaques
        Nishimura Takeshi; Mori Futoshi; Hanida Sho; Kumahata Kiyoshi; Ishikawa Shigeru; Miyabe Takako; Hayashi Misato; Tomonaga Masaki; Suzuki Juri; Matsuzawa Tetsuro; Matsuzawa Teruo
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSICAL ANTHROPOLOGY, 2014年03月, 査読有り
      • Intracranial arachnoid cysts in a chimpanzee (Pan troglodytes)
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Takaaki Kaneko; Tomoko Sakai; Akihisa Kaneko; Akino Watanabe; Shohei Watanabe; Norihiko Maeda; Kiyonori Kumazaki; Juri Suzuki; Reina Fujiwara; Haruyuki Makishima; Takeshi Nishimura; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Akichika Mikami
        Primates, 2014年, 査読有り
      • A case of naturally occurring visual field loss in a chimpanzee with an arachnoid cyst
        Takaaki Kaneko; Tomoko Sakai; Takako Miyabe-Nishiwaki; Masaki Tomonaga
        Neuropsychologia, 2013年11月, 査読有り
      • Evaluation of the predictive performance of a pharmacokinetic model for propofol in Japanese macaques (Macaca fuscata fuscata)
        T. Miyabe-Nishiwaki; K. Masui; A. Kaneko; K. Nishiwaki; T. Nishio; H. Kanazawa
        JOURNAL OF VETERINARY PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS, 2013年04月, 査読有り
      • Epidemiological study of zoonoses derived from humans in captive chimpanzees
        Takanori Kooriyama; Michiko Okamoto; Tomoyuki Yoshida; Toshisada Nishida; Toshio Tsubota; Akatsuki Saito; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Hirofumi Akari; Hidekazu Nishimura; Takako Miyabe-Nishiwaki
        PRIMATES, 2013年01月, 査読有り
      • Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain
        Tomoko Sakai; Mie Matsui; Akichika Mikami; Ludise Malkova; Yuzuru Hamada; Masaki Tomonaga; Juri Suzuki; Masayuki Tanaka; Takako Miyabe-Nishiwaki; Haruyuki Makishima; Masato Nakatsukasa; Tetsuro Matsuzawa
        Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 2013年, 査読有り
      • Streptococcus troglodytae sp. nov., from the chimpanzee oral cavity
        Masaaki Okamoto; Susumu Imai; Mayu Miyanohara; Wataru Saito; Yasuko Momoi; Tomoko Abo; Yoshiaki Nomura; Tomoko Ikawa; Takumi Ogawa; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihisa Kaneko; Akino Watanabe; Shohei Watanabe; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Nobuhiro Hanada
        International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 2013年, 査読有り
      • Urological Screening of a Wild Group of Japanese Macaques (Macaca fuscata yakui): Investigating Trends in Nutrition and Health
        Andrew J. J. MacIntosh; Michael A. Huffman; Koki Nishiwaki; Takako Miyabe-Nishiwaki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PRIMATOLOGY, 2012年04月, 査読有り
      • Sakai T, Mikami A, Tomonaga M, Matsui M, Suzuki J, Hamada Y, Tanaka M, Miyabe-Nishiwaki T, Makishita H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T
        Sakai T; Mikami A; Tomonaga M; Matsui M; Suzuki J; Hamada Y; Tanaka M; Miyabe-Nishiwaki T; Makishita H; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        Erratum in: Curr Biol. 2012 Jan 24;22(2):171, 2012年, 査読有り
      • Epidemiological study of zoonotic pathogens by screening of IgA antibodies in wild great apes in Africa.
        Yoshida T; Takemoto H; Sato E; Sakamaki T; Miyabe-Nishiwaki T; Ikoma T; Watanabe A; Kaneko A; Watanabe S; Hayakawa T; Suzuki J; Okamoto M; Matsuzawa T; Akari H; Furuichi T
        International Primatological Society XXIV Congress (2012/08, Cancun, Mexico)., 2012年, 査読有り
      • Differential Prefrontal White Matter Development in Chimpanzees and Humans (vol 21, pg 1397, 2011)
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Masaki Tomonaga; Mie Matsui; Juri Suzuki; Yuzuru Hamada; Masayuki Tanaka; Takako Miyabe-Nishiwaki; Haruyuki Makishima; Masato Nakatsukasa; Tetsuro Matsuzawa
        CURRENT BIOLOGY, 2012年01月, 査読有り
      • Differential Prefrontal White Matter Development in Chimpanzees and Humans
        Tomoko Sakai; Akichika Mikami; Masaki Tomonaga; Mie Matsui; Juni Suzuki; Yuzuru Hamada; Masayuki Tanaka; Takako Miyabe-Nishiwaki; Haruyuki Makishima; Masato Nakatsukasa; Tetsuro Matsuzawa
        CURRENT BIOLOGY, 2011年08月, 査読有り
      • Hypnotic effects and pharmacokinetics of a single bolus dose of propofol in Japanese macaques (Macaca fsucata fsucata)
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Kenichi Masui; Akihisa Kaneko; Koki Nishiwaki; Etsuko Shimbo; Hideko Kanazawa
        VETERINARY ANAESTHESIA AND ANALGESIA, 2010年11月, 査読有り
      • Tetraparesis resembling acute transverse myelitis in a captive chimpanzee (Pan troglodytes): long-term care and recovery
        T. Miyabe-Nishiwaki; A. Kaneko; K. Nishiwaki; A. Watanabe; S. Watanabe; N. Maeda; K. Kumazaki; M. Morimoto; R. Hirokawa; J. Suzuki; Y. Ito; M. Hayashi; M. Tanaka; M. Tomonaga; T. Matsuzawa
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 2010年10月, 査読有り
      • Longitudinal development of volu,etric cerebral asymmetries of chimpanzees
        Makishima H; Sakai T; Mikami A; Hirai D; Nishimura T; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe T; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        XXIII Congress of the International Promatological Society (2010/09/12-18, Kyoto)., 2010年, 査読有り
      • Prolonged maturation of prefrontal white matter in chimpanzees.
        Sakai T; Hirai D; Mikami A; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe-Nishiwaki T; Makishima H; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        Nature Precedings 4411:1., 2010年, 査読有り
      • Early Changes in Homer1 Proteins in the Spinal Dorsal Horn Are Associated with Loose Ligation of the Rat Sciatic Nerve
        Gordana Miletic; Ashley M. Driver; Takako Miyabe-Nishiwaki; Vjekoslav Miletic
        ANESTHESIA AND ANALGESIA, 2009年12月, 査読有り
      • Aqueous chromatographic system for the quantification of propofol in biological fluids using a temperature-responsive polymer modified stationary phase
        Tadashi Nishio; Rie Suzuki; Yuko Tsukada; Hideko Kanazawa; Teruo Okano; Takako Miyabe-Nishiwaki
        JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 2009年10月, 査読有り
      • コモンマーモセット「えむお」の人工保育
        森本真弓; 葉栗和枝; 梅田せつ子; 西脇弘樹; 兼子明久; 釜中慶朗; 宮部貴子; 鈴木樹理
        平成20年度京都大学総合技術研究会 (2009/03, 京都)., 2009年, 査読有り
      • Design of a novel HIV-1 fusion inhibitor that displays a minimal interface for binding affinity
        Shinya Oishi; Saori Ito; Hiroki Nishikawa; Kentaro Watanabe; Michinori Tanaka; Hiroaki Ohno; Kazuki Izumi; Yasuko Sakagami; Eiichi Kodama; Masao Matsuoka; Nobutaka Fujii
        JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 2008年02月, 査読有り
      • 寝たきりになったチンパンジー, レオ
        宮部貴子; 兼子明久; 渡邉祥平; 林美里
        「科学」78 : 34-35, 2008年
      • Mapping of prefrontal development during infancy and childhood in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Miyabe T
        The 85th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan (2008/03, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • チンパンジーの介護
        林美里; 渡邉祥平; 宮部貴子
        「科学」77: 1332-1333, 2007年
      • Loose ligation of the sciatic nerve in rats elicits transient up-regulation of Homer1a gene expression in the spinal dorsal horn
        Takako Miyabe; Gordana Miletic; Vjekoslav Miletic
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2006年05月, 査読有り
      • Increased levels of Horner1b/c and Shank1a in the post-synaptic density of spinal dorsal horn neurons are associated with neuropathic pain in rats
        G Miletic; T Miyabe; KJ Gebhardt; Miletic, V
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2005年10月, 査読有り
      • Multiple kinase pathways mediate the early sciatic ligation-associated activation of CREB in the rat spinal dorsal horn
        T Miyabe; Miletic, V
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2005年06月, 査読有り
      • Early activation of cyclic AMP response element binding protein (CREB) following loose ligation of the sciatic nerve in rats.
        Miyabe, T; G. Miletic; V. Miletic
        Thalamus and related systems 3(1): 19-23, 2005年, 査読有り
      • Determination of midazolam and its metabolite as a probe for cytochrome P450 3A4 phenotype by liquid chromatography-mass spectrometry
        H Kanazawa; A Okada; E Igarashi; M Higaki; T Miyabe; T Sano; R Nishimura
        JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A, 2004年03月, 査読有り
      • Chemical restraint by medetomidine and medetomidine–midazolam and its reversal by atipamezole in Japanese macaques (Macaca fuscata)
        Takako Miyabe; Ryohei Nishimura; Manabu Mochizuki; Nobuo Sasaki; Kiyoaki Mastubayashi
        Veterinary Anaesthesia and Analgesia, 2001年, 査読有り

      MISC

      • Evaluation of a novel activity monitor for captive Japanese macaques (Macaca fuscata).
        Gris VN; Sawada Y; Kaneko A; Suzuki J; Yamamoto M; Miyabe-Nishiwaki T
        the 15th International Symposium on Primatology and Wildlife Science (online), 2021年03月
      • CalliFACS: A new muscle-based coding system to measure common marmosets' facial movements, oral and poster presentation
        Correia-Caeiro C; Burrows A; Muta K; Hata J; Nishimura R; Okano HJ; Miyabe-Nishiwaki T
        10th Japan Society for Marmoset Research Meeting, 2021年01月
      • Geometric morphometrics for the study of facial expressions of pain in common marmosets
        Duncan A. Wilson; Takako Miyabe-Nishiwaki; Kanako Muta; Erika Sasaki; Yoko Kurotaki; Takashi Inoue; Terumi Yurimoto; Hannah M. Buchanan-Smith; Daniel S. Mills
        10th Japan Society for Marmoset Research Meeting, 2021年01月
      • Recognition of Pain in Japanese Macaques by Neural Networks -Preliminary Analysis.
        Gris VN; Crespo TR; Broche N; Kaneko A; Okamoto M; Miyabe-Nishiwaki T; Mills DS; Teramae J; Suzuki J
        the 14th International Symposium on Primatology and Wildlife Science (online), 2020年10月
      • ニホンザルにみられた心筋症2症例
        白仲玉; 揚山直英; 中山駿矢; 棟居佳子; 金山喜一; 澤田悠斗; 宮部貴子; 兼子明久; 鯉江洋
        2020年09月
      • ニホンザルおよびアカゲザルにおける胸部単純X線撮影の体位による心胸郭比への影響
        澤田悠斗; 兼子明久; 森本真弓; 宮部貴子; 鈴木樹理; 白仲玉; 中山駿矢; 揚山直英; 鯉江洋
        第163回日本獣医学会学術集会, 2020年09月
      • CalliFACS: A new muscle-based coding system to measure common marmosets' facial movements, oral and poster presentation
        Correia-Caeiro C; Burrows A; Muta K; Hata J; Nishimura R; Okano HJ; Miyabe-Nishiwaki T
        International Society for Applied Ethology (ISAE) 2020 Global Virtual Meeting, 2020年
      • Boundaries between humans and captive chimpanzees: Two cases of intensive care in Japan
        Vanessa Nadine Gris; Gabriela Bezerra de Melo Daly; Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihisa Kaneko; Atsushi Yamanaka; Juri Suzuki; Misato Hayashi; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa
        18th Brazilian Congress of Primatology, 2019年11月, 査読有り
      • ニホンザル糞のプロテオミクス分析による乳由来タンパク質の検出
        蔦谷匠; Mackie ME; 宮部貴子; Cappellini E
        第35回日本霊長類学会大会 (熊本), 2019年07月
      • Facial Expressions of Acute Pain in Japanese Macaques: development of an assessment tool
        Vanessa Gris; Takako Miyabe-Nishiwaki; Kanako Muta; Nelson Broshe Jr; Lauren Finka; Akihisa Kaneko; Munehiro Okamoto; Michael A. Huffman; Juri Suzuki; Ryohei Nishimura; Daniel Mills
        The 14th International Conference on Environmental Enrichment (Kyoto), 2019年06月
      • マーモセット消耗症候群における尿中脂質代謝産物の産生プロファイル
        山崎愛理沙; 中村達朗; 宮部貴子; 平田暁大; 井上理香子; 小林幸司; 宮崎悠介; 石上暁代; 兼子明久; 小泉誠; 太田裕貴; 岡野ジェイムス洋尚; 村田幸久
        第66回日本実験動物学会総会 (福岡), 2019年05月
      • チンパンジーにおけるプロポフォール静脈麻酔法の検討-ヒト薬物動態モデルでチンパンジーの血中濃度を予測できるか?
        宮部貴子; 兼子明久; 山中淳史; 石上暁代; 前田典彦; 鈴木樹理; 友永雅己; 松沢哲郎; 牟田佳那子; 西村亮平; 矢島功; Douglas Eleveld; Anthony Absalom; 増井健一
        SAGA21 (熊本), 2018年11月
      • Evaluation of the predictive performance of human pharmacokinetic models of propofol in chimpanzees
        Takako Miyabe-Nishiwaki; Akihisa Kaneko; Atsushi Yamanaka; Akiyo Ishigami; Norihiko Maeda; Juri Suzuki; Masaki Tomonaga; Tetsuro Matsuzawa; Kanako Muta; Ryohei Nishimura; Douglas Eleveld; Anthony Absalom; Isao Yajima; Kenichi Masui
        13th World Congress of Veterinary Anaesthesiology (Italy), 2018年09月
      • ニホンザルにおける口腔扁平上皮癌の1例
        宮部貴子; 平田曉大; 兼子明久; 宮本陽子; 石上暁代; 山中淳史; 酒井洋樹; 柳井徳麿; 鈴木樹理
        第27回サル疾病ワークショップ, 2018年07月
      • ニホンザルの肝臓に発生した神経内分泌腫瘍の1例
        宮本陽子; 兼子明久; 平田曉大; 石上暁代; 宮部貴子; 酒井洋樹; 柳井徳麿; 中村克樹; 鈴木樹理
        第27回サル疾病ワークショップ, 2018年07月
      • チンパンジーのくも膜下出血の1例
        兼子明久; 平田曉大; 宮部貴子; 石上暁代; 山中淳史; 林美里; 友永雅己; 酒井洋樹; 柳井徳麿; 鈴木樹理
        第27回サル疾病ワークショップ, 2018年07月
      • ニホンザルにおける口腔扁平上皮癌の一例
        宮部 貴子; 平田 暁大; 兼子 明久; 宮本 陽子; 石上 暁代; 山中 淳史; 酒井 洋樹; 柳井 徳磨; 鈴木 樹理
        サル類の疾病と病理のための研究会 (犬山), 2018年07月
      • ニホンザル糞のプロテオミクス分析による乳由来タンパク質の検出
        蔦谷 匠; Meaghan E. MACKIE; Jesper V. OLSEN; 宮部 貴子; Enrico CAPPELLINI
        第34回日本霊長類学会 (東京), 2018年07月
      • 京都大学霊長類研究所で飼育されているニホンザルに発症したムコ多糖症
        大石高生; 兼子明久; 宮部貴子; 今井啓雄; 平崎鋭矢; 郷康広; 今村公紀; 木下こづえ; 釜中慶朗; 橋本直子; 森本真弓; 高田昌彦
        第95回日本生理学会大会(高松市、2018/3/28), 2018年03月
      • Development of an assessment method of acute pain in common marmosets.
        牟田佳那子; 宮部貴子; 太田裕貴; 岡野ジェイムス洋尚; Lauren Finka; Daniel Mills; 西村亮平
        第7回日本マーモセット研究会, 2018年01月
      • 京都大学霊長類研究所のチンパンジー11個体の口腔健康状態について
        桃井保子; 齋藤渉; 兼子明久; 宮部貴子; 友永雅己
        SAGA20, 2017年11月
      • 京都大学霊長類研究所のチンパンジー1個体に生じた外傷歯に対する歯科処置と術後6年の経過
        齋藤渉; 兼子明久; 宮部貴子; 友永雅己; 桃井保子
        SAGA20, 2017年11月
      • チンパンジーの口腔微生物叢の解析
        岡本公彰; 宮之原真由; 今井奨; 野村義; 齋藤渉; 桃井保子; 兼子明久; 宮部貴子; 友永雅己; 花田信弘
        SAGA20, 2017年11月
      • 京都大学霊長類研究所におけるチンパンジーの健康診断
        兼子明久; 山中淳史; 石上暁代; 前田典彦; 宮部貴子; 林美里; 友永雅己; 鈴木樹理
        SAGA20, 2017年11月
      • 京都大学霊長類研究所における50年間のマカク死因調査と今後の展望
        兼子明久; 石上暁代; 山中淳史; 宮部貴子; 鈴木樹理
        第26回サル疾病ワークショップ, 2017年07月
      • 霊長類研究所における遺伝病疑い家系に関する報告
        大石高生; 兼子明久; 宮部貴子; 今井啓雄; 平崎鋭矢; 郷康広; 今村公紀; 木下こづえ; 釜中慶朗; 橋本直子; 森本真弓; 平井啓久; 高田昌彦
        第6回生理研–霊長研–脳研合同シンポジウム(2017/3/9, 新潟), 2017年03月
      • コモンマーモセットにおけるプロポフォールの薬物動態解析
        牟田佳奈子; 宮部貴子; 増井健一; 矢島功; 飯塚智也; 兼子明久; 西村亮平
        第6回日本マーモセット研究会, 2016年12月
      • レオとともに歩んだ10年.
        兼子明久; 林美里; 櫻庭陽子; 宮部貴子; 前田典彦; 山中淳史; ゴドジャリ静; 木下こづえ; 友永雅己
        第19回SAGAシンポジウム、2016年11月19-20日、宇部市立ときわ動物園, 2016年11月
      • 頭蓋内転移を伴った肝細胞癌を発症したニホンザルの1症例
        兼子 明久; 宮部 貴子; 平田 暁大; 石上 暁代; 山中 淳史; 宮本 陽子; 酒井 洋樹; 柳井 徳磨; 鈴木 樹理; 京都大学霊長類研究所; 岐阜大学生命科学総合研究支援センター
        第22回日本野生動物医学会大会, 2016年09月
      • チンパンジーにおける静脈麻酔薬プロポフォール投与法の検討
        宮部 貴子; 兼子 明久; 山中 淳史; 石上 暁代; 前田 典彦; 鈴木樹理; 松沢 哲郎; 矢島 功; 増井 健一; 霊長類研究所; 防衛医科大学校
        第22回日本野生動物医学会大会, 2016年09月
      • Evaluation of anesthetic and cardiorespiratory effects after intramuscular administration of alfaxalone alone, alfaxalone-ketamine or alfaxalone- butorphanol -medetomidine in common marmosets (Callithrix jacchus).
        T. Miyabe-Nishiwaki; M. Miwa; N. Konoike; A. Kaneko; A. Ishigami; T. Natsume; K. Nakamura
        International Primatological Society, 2016年08月
      • マーモセットにおけるアルファキサロン―ケタミン、アルファキサロン―メデトミジンーブトルファノールの麻酔効果
        宮部貴子; 三輪美樹; 鴻池菜保; 兼子明久; 石上暁代; 夏目尊好; 中村克樹
        第5回日本マーモセット研究会大会 (2016/1/27-28 東京), 2016年01月
      • Hypnotic effects and pharmacokinetics of a single bolus dose of alfaxalone in Japanese macaques (Macaca fuscata)
        宮部 貴子
        World Congress of Veterinary Anaesthesiology (2015/9/1-4 Kyoto), 2015年09月
      • ヒト,チンパンジー,コモンマーモセットにおける脳梁発達の比較研究:ヒト特異的な脳構造の発達機構の解明に向けて
        酒井朋子; 三上章允; 小牧裕司; 小牧裕司; 畑純一; 畑純一; 畑純一; 松井三枝; 岡原純子; 岡原純子; 岡原則夫; 岡原則夫; 井上貴司; 井上貴司; 佐々木えりか; 佐々木えりか; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子; 松沢哲郎; 岡野栄之; 岡野栄之
        霊長類研究, 2015年06月20日
      • マーモセットにおけるアルファキサロンの麻酔効果
        宮部貴子; 三輪美樹; 鴻池菜保; 兼子明久; 石上暁代; 夏目尊好; 中村克樹
        第4回日本マーモセット研究会大会 (2015/1/22-23 犬山), 2015年01月
      • Few contributions of the maxillary sinus to air-conditioning in macaques.
        Nishimura TD; Mori F; Hanida S; Kumahata K; Miyabe-Nishiwaki T; Suzuki J; Matsuzawa T
        The 25th Congress of the International Primatological Society. (2014/8, Melia Hotel, Hanoi)., 2014年08月
      • ヒトとサル類における鼻腔の生理学的機能に関する数値流体力学的シミュレーション
        西村剛; 森太志; 埴田翔; 熊畑清; 石川滋; 宮部貴子; 鈴木樹理; 林美里; 友永雅己; 松沢哲郎; 松澤照男
        霊長類研究, 2013年09月06日
      • Hypnotic effects and pharmacokinetics of a single bolus dose of propofol in Japanese macaques (Macaca fsucata fsucata) (vol 37, pg 501, 2010)
        T. Miyabe-Nishiwaki; K. Masui; A. Kaneko; K. Nishiwaki; E. Shimbo; H. Kanazawa
        VETERINARY ANAESTHESIA AND ANALGESIA, 2012年07月
      • 伴侶動物の心肺脳蘇生指針(案)
        佐野忠士; 間弘子; 浅川誠; 井芹俊恵; 今井彩子; 岡野昇三; 永延清和; 長濱正太郎; 西村亮平; 根津欣典; 藤井洋子; 宮部貴子; 山下和人; 山谷吉樹
        獣医麻酔外科学雑誌, 2012年06月01日
      • チンパンジー口腔内から分離されたStreptococcus mutans様菌株について
        岡本 公彰; 今井 奬; 花田 信弘; 阿保 備子; 宮之原 真由; 齋藤 渉; 山口 貴央; 井川 知子; 小川 匠; 野村 義明; 桃井 保子; 西村 剛; 宮部 貴子; 藤澤 道子; 友永 雅己
        日本細菌学雑誌, 2012年02月
      • A novel mutans Streptococci isolated from chimpanzee oral cavity.
        Okamoto M; Imai S; Miyanohara M; Saito W; Momoi Y; Abo T; Nomura Y; Ikawa T; Ogawa T; Miyabe-Nishiwaki T; Kaneko A; Watanabe A; Watanabe S; Hayashi M; Tomonaga M; Hanada M
        The sixth International Association for Dental Research Pan-European Region Meeting (IADR/PER) (2012/09/12-15, Helsinki, Finland)., 2012年, 査読有り
      • チンパンジーにおける鼻腔の生理学的機能に関する数値流体力学的研究
        西村剛; 森太志; 埴田翔; 熊畑清; 石川滋; 鈴木樹理; 宮部貴子; 林美里; 友永雅己; 松沢哲郎; 松澤照男
        第15 回SAGA シンポジウム (2012/11/17-18, 札幌市立大学, 札幌円山動物園), 2012年, 査読有り
      • 慢性化膿性硬化症骨髄炎のニホンザルの1例
        渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 藤原玲奈; 磯和弘一
        第18回日本野生動物医学会大会 (2012/8/24 十和田), 2012年
      • 大型類人猿における糞便サンプルを用いた人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹本博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 斎藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第28回日本霊長類学会 (2012/7 名古屋), 2012年
      • アフリカ野生大型類人猿におけるIgA抗体スクリーニングによる人獣共通感染症の実態調査
        吉田友教; 竹本博幸; 佐藤英次; 坂巻哲也; 宮部貴子; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 明里宏文; 古市剛史
        第59回日本実験動物学会総会 (2012/5/24-26 別府), 2012年
      • 大型類人猿における人獣共通感染症の抗体スクリーニング方法の開発
        吉田友教; 宮部貴子; 郡山尚紀; 竹本博幸; 生駒智子; 渡邉朗野; 兼子明久; 渡邉祥平; 斎藤暁; 早川敏之; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 松沢哲郎; 古市剛史; 明里宏文
        第59回日本実験動物学会総会 (2012/5/24-26 別府), 2012年
      • 動物の周術期における疼痛管理指針(案)麻酔・疼痛管理専門部会からの提案
        間弘子; 浅川誠; 井芹俊恵; 今井彩子; 岡野昇三; 佐野忠士; 永延清和; 長濱正太郎; 西村亮平; 根津欣典; 藤井洋子; 宮部貴子; 山下和人; 山谷吉樹
        動物臨床医学会年次大会プロシーディング, 2011年11月18日
      • 幼若マカクサル外側前頭前野への皮質―皮質入力
        宮地重弘; 平田快洋; 桧垣小百合; 黒田呈子; 宮部貴子; 高田昌彦; 大石高生
        第34回日本神経科学大会 2011年9月 横浜市, 2011年09月, 査読有り
      • チンパンジー口腔由来のミュータンスレンサ球菌様細菌に関する研究
        阿保 備子; 宮之原 真由; 今井 奬; 岡本 公彰; 斉藤 渉; 山口 貴央; 井川 知子; 小川 匠; 野村 義明; 宮部 貴子; 桃井 保子; 花田 信弘
        鶴見歯学, 2011年09月
      • 動物の周術期における疼痛管理指針(案)麻酔・疼痛管理専門部会からの提案
        間弘子; 浅川誠; 井芹俊恵; 今井彩子; 岡野昇三; 佐野忠士; 永延清和; 長濱正太郎; 西村亮平; 根津欣典; 藤井洋子; 宮部貴子; 山下和人; 山谷吉樹
        獣医麻酔外科学雑誌, 2011年06月01日
      • チンパンジー歯垢より単離したレンサ球菌の性状に関する研究
        宮之原 真由; 今井 奬; 齋藤 渉; 山口 貴央; 小川 匠; 井川 知子; 岡本 公彰; 阿保 備子; 野村 義明; 西村 剛; 宮部 貴子; 藤澤 道子; 友永 雅己; 桃井 保子; 花田 信弘
        鶴見歯学, 2011年05月
      • チンパンジーの口腔内および顎顔面領域の定期健診ならびに歯科処置について
        小川 匠; 井川 知子; 齋藤 渉; 今井 奬; 野村 義明; 岡本 公彰; 桃井 保子; 花田 信弘; 兼子 明久; 渡辺 朗野; 渡辺 祥平; 宮部 貴子; 友永 雅己
        鶴見歯学, 2011年05月
      • Corticocortical projections to the lateral prefrontal cortex of infant monkeys
        Shigehiro Miyachi; Yoshihiro Hirata; Sayuri Higaki; Teiko Kuroda; Takako Miyabe-Nishiwaki; Masahiko Takada; Takao Oishi
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年
      • 「腎臓に多数の嚢胞が認められた慢性腎不全のアカゲザルの1例について,A case of chronic renal failure with multiple cysts in a rhesus macaque」
        渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 西脇弘樹; 鈴木樹理; 磯和弘一
        第27回日本霊長類学会大会 (2011/07/16-18, 犬山市), 2011年, 査読有り
      • チンパンジーとヒトにおける大脳の発達過程:ヒトの脳の進化的基盤の理解に向けて
        酒井朋子; 松井三枝; 中務真人; 友永雅己; 三上章允; 鈴木樹理; 濱田穣; 田中正之; 宮部貴子; 巻島美幸; 松沢哲郎
        日本赤ちゃん学会第11回学術集会 (2011/05/07-08, 中部学院大学), 2011年, 査読有り
      • チンパンジーの大脳組織の発達過程はヒトの脳進化を理解する上での新たな洞察を与える
        酒井朋子; 松井三枝; Malkova L; 三上章允; 中務真人; 友永雅己; 鈴木樹理; 濱田穣; 田中正之; 宮部貴子; 巻島美幸; 松沢哲郎
        第65回日本人類学会大会 (2011/11/04-06, 那覇市), 2011年, 査読有り
      • 腎臓に多数の嚢胞が認められた慢性腎不全のアカゲザルの1例について
        渡邉 朗野; 兼子 明久; 西脇 弘樹; 宮部貴子; 鈴木 樹理; 磯和 弘一
        第17回日本野生動物医学会 (2011/9/29-10/2 東京), 2011年
      • ニホンザル血小板減少症の発生に関する経過概要
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第152回日本獣医学会大会 (2011/10 大阪), 2011年
      • 京大霊長研で見られたニホンザル血小板減少症(1):概要報告
        明里宏文; 鈴木樹理; 岡本宗裕; 宮部貴子; 渡邉朗野; 兼子明久; 熊崎清則; 阿部政光; 釜中慶朗; 前田典彦; 森本真弓; 渡邉祥平; 須田直子; 平井啓久; 松沢哲郎
        第58回日本実験動物学会(2011/5 東京), 2011年
      • Simian retrovirus-4-associated infectious thrombocytopenia in Japanese mcaques
        Yoshida T; Okamoto M; Akari H; Suzuki J; Miyabe-Nishiwaki T; Hayakawa T; Imai H; Matsui A; Watanabe W; Kaneko A; Hirai H
        International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, (2011/9/11-16 Sapporo, Japan), 2011年
      • 京大霊長研に見られたニホンザル血小板減少症(4):疫学調査
        吉田友教; 岡本宗裕; 明里宏文; 今井啓雄; 松井淳; 早川敏之; 生駒智子; 伯川美穂; 齊藤波子; 渡邉朗野; 兼子明久; 宮部貴子; 鈴木樹理; 平井啓久
        第58回日本実験動物学会 (2011/5 東京), 2011年
      • Inter-institutional transfer of captive chimpanzees: a case study of relationships among behavior, personality, and "Quality of life"
        Konno A; Morimura N; Tanaka M; Ushida K; Kusuda S; Udono T; Okahashi K; Yamamoto Y; Matsunaga M; Ito F; Inoue-Murayama M; Hasegawa T; Tomonaga M
        International Primatological Society XXIII Congress, 2010年
      • ニホンザルの子宮頚部平滑筋肉腫の一例
        渡邉 朗野; 兼子 明久; 宮部貴子; 鈴木 樹理; 磯和 弘一
        第19j回サル疾病ワークショップ (2010/7/3 相模原), 2010年
      • SEROLOGICAL SURVEY OF HUMAN PATHOGENS IN CAPTIVE CHIMPANZEES AT THE JAPANESE PRIMATE RESEARCH CENTER
        Kooriyama T; Okamoto M; Nishida T; Nishimura H; Miyabe T
        International Primatological Society XXIII (2010/9 Kyoto), 2010年
      • 温度応答性ポリマーを用いた水系クロマトグラフィーによる麻酔薬プロポフォールの血中濃度測定
        西尾 忠; 鈴木理恵; 金澤秀子; 岡野光夫; 西脇; 貴子
        第20回生物試料分析科学会年次学術集会 (2010/03/13-14 東京), 2010年
      • Brain development in chimpanzees: A longitudinal MRI study.
        Sakai T; Mikami A; Hirai D; Nishimura T; Suzuki J; Hamada Y; Tomonaga M; Tanaka M; Miyabe T; Nakatsukasa M; Matsuzawa T
        5th International Inuyama Comparative Social Cognition Symposium (2009/12, 犬山, 京都大学霊長類研究所)., 2009年, 査読有り
      • チンパンジーにおける脳の発達過程
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 平井大地; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子; 友永雅己; 田中正之; 松沢哲郎
        第25回日本霊長類学会大会 (2009/07, 各務原)., 2009年, 査読有り
      • 精神神経疾患の解明のための霊長類モデル開発に関する研究
        中村克樹; 山海直; 平井啓久; 和田圭司; 内野茂夫; 石橋英俊; 泉明宏; 中原潔; 神代真里; 横山修; 内田信也; 宮部貴子; 羽鳥真功; ソルタナ フォージア
        厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成20年度 (2年度班・初年度班), 2009年
      • Anesthetic effects and pharmacokinetics of a bolus dose of propofol in Japanese macaques (Macaca fsucata fsucata)
        Miyabe-Nishiwaki T; Masui K; Kaneko A; Nishiwaki K; Shimbo E; Kanazawa H
        10th World Congress of Veterinary Anaesthesiology, (2009/9/1-4 Glasgow, UK), 2009年, 査読有り
      • 飼育下チンパンジーにおける上部気道感染細菌の検索
        郡山尚紀; 宮部貴子; 西田利貞; 坪田敏男
        第15回野生動物医学会 (2009/9 富山), 2009年
      • ニホンザルにおける肝細胞癌の一例
        渡邉 朗野; 兼子 明久; 西脇 弘樹; 宮部貴子; 鈴木 樹理; 磯和 弘一
        第18回 サル疾病ワークショップ (2009/7/4 相模原), 2009年
      • ボトリオミセス症を発症したサルの2例
        兼子明久; 渡辺朗野; 西脇弘樹; 宮部貴子; 鈴木樹理; 磯和弘一
        第18回 サル疾病ワークショップ (2009/7/4 相模原), 2009年
      • ニホンザルにおけるプロポフォールTCI導入についての検討
        宮部 貴子; 兼子 明久; 西脇 弘樹; 神保 江津子; 増井 健一; 金澤 秀子
        獣医麻酔外科学雑誌, 2008年06月
      • Maturation of the amygdala in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Matsuzawa T; Tomonaga M; Tanaka M; Hamada Y; Suzuki J; Miyabe T
        The 2nd International Symposium of the Global COE Project (2008/11, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • Development of brain and temporalis in chimpanzees First step: Development of brain in chimpanzees.
        Sakai T; Mikami A; Nishimura T; Toyoda H; Miwa T; Matsui M; Tanaka M; Tomonaga M; Matsuzawa T; Suzuki J; Kato A; Matsubayashi K; Goto S; Miyabe T
        (2008)The 1st International Symposium of the Global COE Project “from Genome to Ecosystem” (2008/03, Kyoto)., 2008年, 査読有り
      • チンパンジー乳幼児の扁桃体の発達
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 豊田浩士; 松沢哲郎; 友永雅己; 田中正之; 濱田穣; 鈴木樹理; 宮部貴子
        第62回日本人類学会大会 (2008/11, 名古屋)., 2008年, 査読有り
      • Immobilization with a combination of Ketamine and Medetomidine in wild Japanese monkeys (Macaca fuscata fuscata)
        Miyabe T; Morimoto M; Kamanaka Y; Watanabe A; Kaneko A; Nishiwaki K; Suzuki J; Muroyama Y; Suzumura T; Kanchi F; Tanaka H; Hayakawa S; Hamada Y
        the 3rd International Meeting on Asian Zoo/ Wildlife Medicine and Concervation (2008/8/19-21 Bogor Indonesia), 2008年
      • 脊髄炎を発症したチンパンジーの褥瘡治癒にいたるまで
        伊藤康代; 宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹; 渡邉朗野; 渡邉祥平; 前田典彦; 熊崎清則; 森本真弓; 鈴木樹理
        SAGA11 (2008/11/15-17 東京都多摩動物公園), 2008年
      • 温度応答性クロマトグラフィーによる麻酔薬の動態解析
        鈴木 理恵; 宮部 貴子; 金澤 秀子; 岡野 光夫
        第52回日本薬学会関東支部大会 (2008/10/4 東京理科大学薬学部), 2008年
      • マイク ロサテライト解析からみたスマトラ産フクロテナガザル Symphalangus syndactylus の遺伝的組成
        早野あづさ; Dyah Perwitasari-Farajallah; Hery Wjayanto; 宮部貴子; Alan Mootnick; Diah Iskandariati; Joko Pamungkas; 平井啓久
        2008年度日本哺乳類学会大 会(2008/9、山口), 2008年
      • チンパンジーの前頭前野の発達過程; 核磁気共鳴断層画像法(MRI)を用いて
        酒井朋子; 三上章允; 西村剛; 豊田浩士; 田中正之; 友永雅己; 松沢哲郎; 鈴木樹理; 渡邊朗野; 松林清明; 後藤俊二; 宮部貴子
        第23回日本霊長類学会大会 (2007/07, 彦根), 2007年, 査読有り
      • Immobilization with a combination of Ketamine Hydrochloride and Medetomidine in wild Japanese monkeys (Macaca fuscata fuscata)
        Miyabe T; Morimoto M; Suzuki J; Muroyama Y; Suzumura T; Kanchi F; Tanaka H; Hayakawa S; Hamada Y
        AMERICAN COLLEGE OF VETERINARY ANESTHESIOLOGISTS (ACVA) (2007/9/27 New Orleans USA), 2007年
      • ニホンザルにおけるプロポフォールの静脈内単回投与の効果
        宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹
        第75回獣医麻酔外科学会 (2007/12/8-9 仙台), 2007年
      • 幸島のニホンザルにおける血清生化学検査
        宮部貴子; 森本真弓; 鈴木樹理; 京都大; 霊長研; 室山泰之; 鈴村崇文; 冠地 富士男; 田中洋之; 早川清治; 濱田譲; 京都; 長研
        第23回日本霊長類学会大会 (2007/7/14-16 彦根), 2007年
      • 四肢不全麻痺で寝たきりになったチンパンジー、レオの長期療養
        宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹; 渡邉朗野; 渡邉祥平; 前田典彦; 熊崎清則; 森本真弓; 廣川類; 鈴木樹理; 林美里
        SAGA10 (2007/11/17-19 SAGA10 上野動物園), 2007年
      • 非アルコール性脂肪性肝炎(Non-Alcoholic SteatoHepatitis; NASH)と類似した病理所見を呈した肥満ニホンザルの一例
        宮部貴子; 兼子明久; 西脇弘樹; 渡邉朗野; 鈴木樹理; 磯和 弘一
        第16回サル疾病国際ワークショップ (2007/12/7 つくば), 2007年
      • 京都大学霊長類研究所における ケタミン麻薬指定に対する取り組み
        宮部貴子; 兼子明久; 渡邉朗野; 鈴木樹理; 松林清明
        第2回霊長類医科学フォーラム(2006年12月, 茨城)., 2006年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 動物の表情を用いた疼痛評価
        宮部 貴子
        筑波実験動物研究会第58回講演会, 2019年11月29日, 招待有り
      • Facial expression as a tool for assessment of pain in animals
        宮部 貴子
        The 14th International Conference on Environmental Enrichment, 2019年06月25日
      • 動物福祉ーサルたちの幸せを考えるー
        宮部 貴子
        全国女性教育者連盟愛知支部総会, 2017年05月06日, 招待有り
      • 薬物動態を臨床(研究)に生かす
        宮部 貴子
        第87回獣医麻酔外科学会, 2014年01月11日
      • サル類の麻酔の実際
        宮部 貴子
        マーモセット研究会, 2013年12月12日
      • 霊長類の麻酔・周術管理
        宮部 貴子
        動物実験施設協議会 第15回高度技術研修会, 2009年10月28日

      外部資金:科学研究費補助金

      • 脳活動MRIによる麻酔薬理ネットワークの解明
        基盤研究(B)
        小区分52040:放射線科学関連
        東京慈恵会医科大学
        畑 純一
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        安静時fMRI;麻酔;脳ネットワーク;超高磁場MRI;コモンマーモセットマーモセット;マーモセット
      • コモンマーモセットにおける表情を用いた新規の疼痛評価法
        特別研究員奨励費
        小区分42040:実験動物学関連
        京都大学
        自 2020年07月29日, 至 2022年03月31日, 採択後辞退
      • ヒト科における閉経の進化:野生類人猿の老齢メスの性ホルモン動態と繁殖戦略の研究
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分45:個体レベルから集団レベルの生物学と人類学およびその関連分野
        京都大学
        橋本 千絵
        自 2018年10月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        チンパンジー;ボノボ;閉経;おばあさん仮説;老齢メス;繁殖成功度;性ホルモン動態
      • 非ヒト霊長類の痛みに関する多面的研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        宮部 貴子
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        痛み;非ヒト霊長類;行動;表情;疼痛管理;疼痛評価;サル;FACS;マーモセット;fMRI;チンパンジー
      • ニホンザル血小板減少症の発症・非発症機序の解明とマカク類のリスク評価法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ニホンザル;血小板減少症;SRV-4;SRV-5;感染実験;発症機序;カニクイザル;診断法;サリレトロウイルス;サルレトロウイルス
      • レトロウイルス関連ニホンザル血小板減少症の発症機序と感染持続メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        岡本 宗裕
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ニホンザル;血小板減少症;SRV-4;発症機序;感染実験;SRV-5;感染持続
      • アジア霊長類と病原体の宿主寄生体関係史の探索
        基盤研究(A)
        京都大学
        平井 啓久
        自 2012年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        アジア霊長類;病原体;サルレトロウイルス;ヘリコバクター;マラリア;DNA;遺伝子;染色体;国際研究者交流;宿主寄生体関係;寄生病原体;マレーシア;タイ;ベトナム
      • ゲノム不毛地帯(RCRO)の進化と意義
        基盤研究(A)
        京都大学
        平井 啓久
        自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        RCRO;RCRO;末端ヘテロクロマチン領域;サブターミナルサテライト;ブーケステージ;チンパンジー;テナガザル;ゲノム不毛地帯;subterminal satellite;染色体;染色体顕微切断法;ゲノムデータベース解析;連鎖不平衡;アフリカ類人猿;霊長類
      • テナガザル類の多様性と系統生物地理学
        基盤研究(B)
        京都大学
        平井 啓久
        完了
        東南アジア;テナガザル;染色体;ゲノム;ヘテロクロマチン;音声;形態;シアマン;シロマユテナガザル;ホオジロテナガザル;アルファサテライトDNA;レトロトランスポゾン;テナガザル類;東南アジア霊長類;染色体分化;分子進化;音声・音響解析;ヘリコバクター;形態進化;生物地理学;分子系統;音声発達;音声音響解析;属間雑種;バングラデシュ;タイ;音声・音響解近;シャーマン;マイクロサテライト;コミュニケーション
      • サル類における全静脈麻酔法に関する研究
        若手研究(B)
        京都大学
        宮部 貴子
        完了
        実験動物技術;麻酔;サル;プロポフォール;脳神経科学;動物福祉;薬物動態;霊長類
      • 霊長類の採食戦略に適応した胃内消化酵素ペプシンの分子機能とゲノム進化
        基盤研究(B)
        京都大学
        景山 節
        完了
        霊長類;採食戦略;ペプシン;胃;消化酵素
      list
        Last Updated :2022/06/24

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          保全・獣医学特論
          9653, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          実験動物科学実習
          9636, 前期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          9690, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学基礎論
          9637, 前期集中, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          9692, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          9691, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          9693, 後期, 理学研究科, 2
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学基礎論
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          実験動物科学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          霊長類実験動物科学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          霊長類学総合ゼミナール
          後期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:霊長類の獣医学・動物福祉学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:霊長類の獣医学・動物福祉学入門
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          保全・獣医学特論
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実験動物科学実習
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類保全・獣医学基礎論
          前期集中, 理学研究科

        ページ上部へ戻る