教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

竹内 悠

タケウチ ハルカ

工学研究科 附属流域圏総合環境質研究センター 助教

竹内 悠
list
    Last Updated :2022/05/16

    基本情報

    協力講座

    • 工学研究科, 都市環境工学専攻 物質環境工学講座, 助教

    学部兼担

    • 工学部

    所属学協会

    • 水環境学会

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2019年12月, 至 現在
      京都大学, 大学院工学研究科, 助教
    • 自 2019年04月, 至 2019年11月
      東京大学, 水環境工学研究センター, 特任研究員
    • 自 2017年04月, 至 2019年03月
      日本学術振興会 特別研究員(DC2)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/16

      研究

      研究キーワード

      • 消毒副生成物
      • 膜処理
      • 水処理
      • 下水道

      研究分野

      • 環境・農学, 環境負荷低減技術、保全修復技術
      • 環境・農学, 環境動態解析

      論文

      • 被災下水処理場の暫定処理を想定した紫外線消毒による指標微生物の不活化と生態毒性
        朴 耿洙; 朴 仁久; 山下 尚之; 井原 賢; 竹内 悠; 田中 宏明
        下水道協会誌, 2021年, 査読有り
      • 雨天時簡易処理放流発生時の塩素消毒効果に対する実験的研究 (第32回環境システム計測制御学会(EICA)研究発表会)
        張 浩然; 西田 光希; 張 浩; 竹内 悠; 井原 賢; 田中 宏明
        EICA : journal of EICA : 環境システム計測制御学会誌, 2020年
      • 沖縄県糸満市における再生水の工業利用への適用性評価 (第56回下水道研究発表会講演集)
        竹内 悠; 深川 慎亮; 田中 宏明
        下水道研究発表会講演集, 2019年
      • Submerged nanofiltration without pre-treatment for direct advanced drinking water treatment
        Takahiro Fujioka; My Thi Tra Ngo; Ryo Makabe; Tetsuro Ueyama; Haruka Takeuchi; Tran Thi Viet Nga; Xuan-Thanh Bui; Hiroaki Tanaka
        Chemosphere, 2021年02月
      • Water reuse and recycling in Japan — History, current situation, and future perspectives —
        Haruka Takeuchi; Hiroaki Tanaka
        Water Cycle, 2020年, 査読有り
      • A surrogate-based approach for trace organic chemical removal by a high-rejection reverse osmosis membrane
        T. Fujioka; H. Takeuchi; H. Tanaka; H. Kodamatani
        Science Total Environment, 2019年, 査読有り
      • Online monitoring of N-nitrosodimethylamine rejection as a performance indicator of trace organic chemical removal by reverse osmosis
        T. Fujioka; H. Takeuchi; H. Tanaka; H. Kodamatani
        Chemosphere, 2018年, 査読有り
      • Removal characteristics of N-nitrosamines and their precursors by pilot-scale integrated membrane systems for water reuse
        H. Takeuchi; N. Yamashita; N. Nakada; H. Tanaka
        International Journal of Environmental Research and Public Health, 2018年, 査読有り
      • A steric pore-flow model to predict the transport of small and uncharged solutes through a reverse osmosis membrane
        H. Takeuchi; H. Tanaka; L.D. Nghiem; T. Fujioka
        Environmental Science: Water Research and Technology, 2018年, 査読有り
      • Online monitoring of: N -nitrosodimethylamine for the removal assurance of 1,4-dioxane and other trace organic compounds by reverse osmosis
        T. Fujioka; H. Kodamatani; H. Takeuchi; H. Tanaka; L.D. Nghiem
        Environmental Science: Water Research and Technology, 2018年, 査読有り
      • Water Reclamation Using a Ceramic Nanofiltration Membrane and Surface Flushing with Ozonated Water
        T. Fujioka; T. Hoang Anh; T. Okuda; H. Takeuchi; H. Tanaka; L.D. Nghiem
        International Journal of Environmental Research and Public Health, 2018年, 査読有り
      • A rapid and reliable technique for N-nitrosodimethylamine analysis in reclaimed water by HPLC-photochemical reaction-chemiluminescence
        Takahiro Fujioka; Haruka Takeuchi; Hiroaki Tanaka; Long D. Nghiem; Kenneth P. Ishida; Hitoshi Kodamatani
        CHEMOSPHERE, 2016年10月, 査読有り
      • 膜処理技術を導入した下水処理場におけるニトロソアミン類およびその生成能の挙動 (第50回下水道研究発表会講演集)
        竹内 悠; 尹 水鐵; 山下 尚之
        下水道研究発表会講演集, 2013年01月

      MISC

      • 膜技術を導入した下水再生処理における 微量化学物質の除去性評価
        竹内悠; 山下尚之; 中田典秀; 田中宏明
        SATテクノロジー・ショーケース2017, 2017年
      • Removal characteristics of small and uncharged chemicals by reverse osmosis membranes
        H. Takeuchi; S. Lee; N. Yamashita; N. Nakada; H. Tanaka
        The 25th KAIST-KU-NTU-NUS (KKNN) Symposium on Environmental Engineering, 2016年
      • Factors affecting N-nitrosamines rejection by reverse osmosis membrane treatment
        H. Takeuchi; S. Lee; N. Yamashita; N. Nakada; H. Tanaka
        2nd Asian Symposium on Water Reuse, 2016年
      • Impact of membrane fouling on rejection of N-nitrosamines and pharmaceuticals by reverse osmosis membrane treatment in a pilot-scale water reclamation plant
        Haruka Takeuchi; Suntae Lee; Naoyuki Yamashita; Norihide Nakada; Hiroaki Tanaka
        The 10th Conference of Aseanian Membrane Society, 2016年
      • Direct membrane filtration of municipal wastewater with ultrafiltration and reverse osmosis membranes
        H. Takeuchi; N. Iwao; N. Yamashita; N. Nakada; H. Tanaka
        IWA World Water Congress,Brisbane, Australia, 2016年
      • UF膜とRO膜を用いた再生水処理システム による病原微生物および化学物質の除去特性
        山下尚之; 李善太; 黒瀬由花子; 竹内悠; 田中宏明; 小林憲太郎; 菅原祐一; 高畠寛生; 田中祐之
        第3回21世紀型都市水循環系の構築のための水再生技術の開発と評価に関するシンポジウム, 2015年
      • Fate of nitrosamines and their precursors during microfiltration-reverse osmosis membrane treatment
        Haruka Takeuchi; Suchul Yoon; Norihide Nakada; Naoyuki Yamashita; Hiroaki Tanaka
        IWA World Water Congress,Lisbon, Porogal, 2014年09月, 査読有り
      • "Fate of N-nitrosamines and their formation potentials in a water reclamation plant
        Haruka Takeuchi; Yoon Suchul; Norihide Nakada; Naoyuki Yamashita; Hiroaki Tanaka
        The 23nd Joint KAIST-KU-NTU-NUS Symposium on Environmental Engineering, 2014年07月
      • 膜処理技術を導入した下水処理システムにおけるニトロソアミン類の挙動
        竹内悠; ユンスチョル; 山下尚之; 田中宏明
        水再生利用とそのシステムに関するCREST合同シンポジウム, 2013年

      外部資金:科学研究費補助金

      • 河川流域での水循環利用における未規制汚染物質の管理手法の開発
        基盤研究(A)
        中区分64:環境保全対策およびその関連分野
        東京大学
        栗栖 太
        自 2021年04月05日, 至 2025年03月31日, 交付
        ノンターゲット分析;精密質量分析計;高分解能質量分析計;未規制汚染物質;未知スクリーニング分析
      • 下水中医薬品の連続観測による流域内発熱性疾患の流行検知手法の開発
        基盤研究(A)
        中区分63:環境解析評価およびその関連分野
        京都大学
        中田 典秀
        自 2021年04月05日, 至 2024年03月31日, 交付
        環境鑑識学;下水疫学;流行検知;発熱性疾患;医薬品
      • 薬剤耐性バイオリスク削減を目指したオゾン添加活性汚泥システムの開発
        基盤研究(B)
        小区分22060:土木環境システム関連
        京都大学
        西村 文武
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        オゾン添加活性汚泥法;薬剤耐性微生物;薬剤耐性遺伝子;バイオリスク;抗生物質
      • ロバスト炭素膜の下水再生処理への応用
        若手研究
        小区分64020:環境負荷低減技術および保全修復技術関連
        京都大学
        竹内 悠
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        下水再利用;新素材膜;微量化学物質;微量化学物質除去;下水再生処理
      • 膜処理とUV/光触媒処理におけるウイルス・微量化学物質の除去特性の解明
        若手研究
        小区分64020:環境負荷低減技術および保全修復技術関連
        京都大学
        竹内 悠
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 採択
      list
        Last Updated :2022/05/16

        教育

        担当科目

        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          下水道工学
          後期, 工学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          水環境工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          下水道工学
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          水環境工学
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          環境工学実験1
          前期, 工学部

        ページ上部へ戻る