教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

富谷 進

トミヤ ススム

ヒト行動進化研究センター 附属国際共同先端研究センター 特定助教

富谷 進
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    全学メールアドレス

    • 全学メールアドレス

      tomiya.susumu.8rkyoto-u.ac.jp

    所属学協会

    • Society for the Study of Evolution
    • Society of Vertebrate Paleontology
    • 日本古生物学会

    学位

    • Ph.D(バークレー校)(カリフォルニア大学)

    経歴

    • 自 2019年, 至 現在
      京都大学霊長類研究所, 附属国際共同先端研究センター, 特定助教
    • 自 2020年04月, 至 2020年09月
      中京大学, 教養教育研究院, 非常勤講師, 非常勤講師
    • 自 2017年, 至 2018年
      デモイン大学, 医学部解剖学科, 研究員
    • 自 2013年, 至 2016年
      フィールド自然史博物館, 地質学部門, 研究員
    • 自 2012年, 至 2013年
      カリフォルニア大学バークレー校, 文理学部統合生物学科, 非常勤講師

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        哺乳類の進化と絶滅
      • 研究概要

        哺乳類の進化の歴史を紐解くことで、生物多様性がどのように創出、維持、あるいは損失されるのか、様々な時空間的規模(数百年から数百万年単位、地域レベルから大陸レベルまで)の研究を行っている。

      研究キーワード

      • 進化生物学
      • 生物多様性
      • 古生物学
      • 哺乳類学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 多様性生物学、分類学
      • ライフサイエンス, 進化生物学
      • 自然科学一般, 地球生命科学

      論文

      • Utilizing inquiry-driven science outreach to curate Natural Trap Cave fossils and inspire the pursuit of STEM careers
        Cory M. Redman; Susumu Tomiya; Kathleen Bitterman; Kacia Cain; Julie A. Meachen
        Evolution: Education and Outreach, 2021年08月, 査読有り
      • Why aren't rabbits and hares larger?
        Susumu Tomiya; Lauren K Miller
        Evolution, 2021年03月12日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Carnivorous mammals from the middle Eocene Washakie Formation, Wyoming, USA, and their diversity trajectory in a post-warming world
        Susumu Tomiya; Shawn P. Zack; Michelle Spaulding; John J. Flynn
        Paleontological Society Memoir (Supplement to Journal of Paleontology 95), 2021年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Reidentification of late middle Eocene "Uintacyon" from the Galisteo Formation (New Mexico, U.S.A.) as an early beardog (Mammalia, Carnivora, Amphicyonidae)
        Tomiya, Susumu; Morris, Zachary S.
        Breviora, 2020年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Postcranial diversity and recent ecomorphic impoverishment of North American gray wolves
        Tomiya Susumu; Meachen Julie A
        BIOLOGY LETTERS, 2018年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Whence the beardogs? Reappraisal of the Middle to Late Eocene 'Miacis' from Texas, USA, and the origin of Amphicyonidae (Mammalia, Carnivora)
        Susumu Tomiya; Zhijie Jack Tseng
        ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE, 2016年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Body Size and Extinction Risk in Terrestrial Mammals Above the Species Level
        Susumu Tomiya
        AMERICAN NATURALIST, 2013年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • New carnivoraforms (Mammalia) from the middle Eocene of California, USA, and comments on the taxonomic status of 'Miacis' gracilis
        Tomiya Susumu
        PALAEONTOLOGIA ELECTRONICA, 2013年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A New Basal Caniform (Mammalia: Carnivora) from the Middle Eocene of North America and Remarks on the Phylogeny of Early Carnivorans
        Susumu Tomiya
        PLOS ONE, 2011年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Has the Earth's sixth mass extinction already arrived?
        Anthony D. Barnosky; Nicholas Matzke; Susumu Tomiya; Guinevere O. U. Wogan; Brian Swartz; Tiago B. Quental; Charles Marshall; Jenny L. McGuire; Emily L. Lindsey; Kaitlin C. Maguire; Ben Mersey; Elizabeth A. Ferrer
        NATURE, 2011年03月, 査読有り
      • The educational values of the University of California Museum of Paleontology
        Susumu Tomiya; Brian A. Swartz; Mariska Batavia
        University Museums and Collections Journal, 2011年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A report on late Quaternary vertebrate fossil assemblages from the eastern San Francisco Bay region, California
        Susumu Tomiya; Jenny L. McGuire; Russell W. Dedon; Seth D. Lerner; Rika Setsuda; Ashley N. Lipps; Jeannie F. Bailey; Kelly R. Hale; Alan B. Shabel; Anthony D. Barnosky
        PALEOBIOS, 2011年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者

      MISC

      • An early nimravid (Carnivoramorpha) from the Eocene of California reveals a rapid dispersal of the hypercarnivorous guild
        Ashley Poust; Susumu Tomiya
        Meeting Program and Abstracts, 80th Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology, 2020年10月, 査読有り
      • Carnivorous mammals from the middle Eocene Washakie Formation, Wyoming, U.S.A., and their diversity trajectory in a post-warming world
        Susumu Tomiya; Shawn P. Zack; Michelle Spaulding; John J. Flynn
        Meeting Program and Abstracts, 79th Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology, 2019年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Postcranial diversity and recent ecomorphic impoverishment of North American gray wolves (vol 14, 20170613, 2018)
        Tomiya Susumu; Meachen Julie A
        BIOLOGY LETTERS, 2019年02月, 査読有り
      • 北米における第四紀後期のタイリクオオカミ体肢骨の形態的変異
        富谷 進; Julie Meachen
        日本古生物学会第 168 回例会予稿集, 2019年
      • Research experience in paleontology changes attitudes, improves science communication, and inspires high school students to pursue STEM careers
        Kathleen Bitterman; Susumu Tomiya; Cory M. Redman; Kacia Cain; Julie A. Meachen
        Meeting Program and Abstracts, 78th Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology, 2018年, 査読有り
      • Diversity and turnover of carnivorous mammals from the middle Eocene Washakie Formation, Wyoming, U.S.A.
        Susumu Tomiya; Shawn P. Zack; Michelle Spaulding
        Programs and Abstracts, 76th Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology, 2016年, 査読有り
      • Evolution of maximum body size in North American lagomorphs
        Susumu Tomiya; Lauren K. Miller
        Programs and Abstracts, 74th Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology, 2014年
      • Concordance and discordance of diversity dynamics across mammalian trophic groups in the middle Eocene of coastal southern California
        富谷 進
        Programs and Abstracts, 73rd Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology, 2013年, 査読有り
      • GENERIC DURATIONS OF TERRESTRIAL MAMMALS IN THE OLIGO-HOLOCENE OF NORTH AMERICA AND IMPLICATIONS FOR THE UTILITY OF BODY SIZE AS A PREDICTOR OF SUPRASPECIFIC EXTINCTION RISK
        Susumu Tomiya
        JOURNAL OF VERTEBRATE PALEONTOLOGY, 2012年, 査読有り
      • QUANTITATIVE INFERENCES ON MICROVERTEBRATE DEATH ASSEMBLAGES BASED ON RIGHT-LEFT DISPARITY OF SKELETAL PRESERVATION
        Susumu Tomiya
        JOURNAL OF VERTEBRATE PALEONTOLOGY, 2011年, 査読有り
      • BODY MASS AS A CORRELATE OF EXTINCTION RISK IN MAMMALS: A PHYLOGENETIC COMPARATIVE APPROACH TO THE FOSSIL RECORD
        Susumu Tomiya
        JOURNAL OF VERTEBRATE PALEONTOLOGY, 2009年, 査読有り
      • SUCCESSION OF MIDDLE EOCENE CARNIVOROUS MAMMALS IN SOUTHERN CALIFORNIA
        Susumu Tomiya
        JOURNAL OF VERTEBRATE PALEONTOLOGY, 2008年09月, 査読有り
      • QUANTIFYING THE EXTENT OF TIME-AVERAGING INTRODUCED BY RODENT BIOTURBATION IN MAMMAL-BEARING CENOZOIC SEDIMENTS
        Jenny Mcguire; Jessica Blois; Susumu Tomiya; Brian Sherrod; Anthony Barnosky
        JOURNAL OF VERTEBRATE PALEONTOLOGY, 2008年09月, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Carnivorous mammals from the middle Eocene Washakie Formation, Wyoming, U.S.A., and their diversity trajectory in a post-warming world
        Tomiya, S; S.P. Zack; M. Spaulding; J. J. Flynn
        79th Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology, 2019年10月
      • 北米における第四紀後期のタイリクオオカミ体肢骨の形態的変異
        富谷 進; Julie Meachen
        日本古生物学会第168 回例会, 2019年01月26日
      • Morphological integration of deciduous and permanent dentitions in carnivorans
        Susumu Tomiya; Dana M. Reuter; R. Ben Sulser
        11th International Congress on Vertebrate Morphology, 2016年, 招待有り

      書籍等出版物

      • Foundations of paleoecology : classic papers with commentaries
        Lyons, S. Kathleen; Behrensmeyer, Anna K; Wagner; Peter J, 分担執筆, Commentary on An Approach to the Paleoecology of Mammals (Shotwell, 1955)
        The University of Chicago Press, 2019年
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          国際霊長類学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          国際霊長類学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          国際霊長類学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          国際霊長類学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          比較動物行動学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          国際霊長類学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          国際霊長類学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          国際霊長類学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          国際霊長類学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          比較動物行動学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          国際霊長類学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          比較動物行動学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          霊長類進化系統学基礎論
          前期集中, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          学術・社会貢献

          学術貢献活動

          • 79th Annual Meeting of the Society of Vertebrate Paleontology
            パネル司会・セッションチェア等
            Society of Vertebrate Paleontology, 自 2019年10月

          社会貢献活動

          • 6度目の大量絶滅
            講師
            日本モンキーセンター, 第63回京大モンキー日曜サロン, 自 2020年11月01日

          ページ上部へ戻る