教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

真田 悠生

サナダ ユウ

複合原子力科学研究所 放射線生命科学研究部門 助教

真田 悠生
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 生物科学専攻 細胞情報制御学講座, 助教

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • HIF-1α affects sensitivity of murine squamous cell carcinoma to boron neutron capture therapy with BPA.
        Yu Sanada; Takushi Takata; Hiroki Tanaka; Yoshinori Sakurai; Tsubasa Watanabe; Minoru Suzuki; Shin-Ichiro Masunaga
        International journal of radiation biology, 2021年07月26日
      • Tumor-targeting hyaluronic acid/fluorescent carborane complex for boron neutron capture therapy.
        Keita Yamana; Riku Kawasaki; Yu Sanada; Anri Tabata; Kaori Bando; Kouhei Yoshikawa; Hideki Azuma; Yoshinori Sakurai; Shin-Ichiro Masunaga; Minoru Suzuki; Kouta Sugikawa; Takeshi Nagasaki; Atsushi Ikeda
        Biochemical and biophysical research communications, 2021年05月03日
      • An attempt to improve the therapeutic effect of boron neutron capture therapy using commonly employed 10B-carriers based on analytical studies on the correlation among quiescent tumor cell characteristics, tumor heterogeneity and cancer stemness.
        Shin-Ichiro Masunaga; Yu Sanada; Keizo Tano; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Minoru Suzuki; Koji Ono
        Journal of radiation research, 2020年06月30日, 査読有り
      • Usefulness of combination with both continuous administration of hypoxic cytotoxin and mild temperature hyperthermia in boron neutron capture therapy in terms of local tumor response and lung metastatic potential
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Takata T; Suzuki M; Sanada Y; Tano K; Maruhashi A; Ono K
        Int J Radiat Biol, 2019年12月, 査読有り
      • Effects of p53 status of tumor cells and combined treatment with mild hyperthermia, wortmannin or caffeine on recovery from radiation-induced damage
        Shin-ichiro Masunaga; Keizo Tano; Yu Sanada; Minoru Suzuki; Akihisa Takahashi; Ken Ohnishi; Koji Ono
        the World Journal of Oncology, 2019年06月, 査読有り
      • Effect of a change in reactor power on response of murine solid tumors in vivo, referring to impact on quiescent tumor cell population.
        Shin-Ichiro Masunaga; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Takushi Takata; Minoru Suzuki; Yu Sanada; Keizo Tano; Akira Maruhashi; Koji Ono
        International journal of radiation biology, 2019年05月, 査読有り
      • Design, Synthesis, and Evaluation of Lipopeptide Conjugates of Mercaptoundecahydrododecaborate for Boron Neutron Capture Therapy.
        Aoi Isono; Mieko Tsuji; Yu Sanada; Akari Matsushita; Shinichiro Masunaga; Tasuku Hirayama; Hideko Nagasawa
        ChemMedChem, 2019年04月17日, 査読有り
      • The Effect of p53 Status on Radio-Sensitivity of Quiescent Tumor Cell Population Irradiated With γ-Rays at Various Dose Rates.
        Masunaga SI; Kobayashi J; Tano K; Sanada Y; Suzuki M; Ono K
        Journal of clinical medicine research, 2018年11月, 査読有り
      • Disruption of Hif-1α enhances cytotoxic effects of metformin in murine squamous cell carcinoma.
        Sanada Y; Sasanuma H; Takeda S; Tano K; Masunaga SI
        International journal of radiation biology, 2018年01月, 査読有り
      • Effect of Tirapazamine, Metformin or Mild Hyperthermia on Recovery From Radiation-Induced Damage in Pimonidazole-Unlabeled Quiescent Tumor Cells.
        Masunaga SI; Tano K; Sanada Y; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Watanabe T; Takata T; Maruhashi A; Ono K
        World journal of oncology, 2017年10月, 査読有り
      • Comparison of the pharmacokinetics between L-BPA and L-FBPA using the same administration dose and protocol: a validation study for the theranostic approach using [18F]-L-FBPA positron emission tomography in boron neutron capture therapy.
        Tsubasa Watanabe; Yoshihide Hattori; Youichiro Ohta; Miki Ishimura; Yosuke Nakagawa; Yu Sanada; Hiroki Tanaka; Satoshi Fukutani; Shin-Ichiro Masunaga; Masahiro Hiraoka; Koji Ono; Minoru Suzuki; Mitsunori Kirihata
        BMC cancer, 2016年11月08日, 査読有り
      • Effect of oxygen pressure during incubation with a B-10-carrier on B-10 uptake capacity of cultured p53 wild-type and mutated tumor cells: dependency on p53 status of tumor cells and types of B-10-carriers
        Shin-ichiro Masunaga; Hitoshi Tatebe; Yasumasa Nishimura; Keizo Tano; Yu Sanada; Takahiro Moriwaki; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Akira Maruhashi; Koji Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION BIOLOGY, 2016年04月, 査読有り
      • The Effect of p53 Status of Tumor Cells on Radiosensitivity of Irradiated Tumors With Carbon-Ion Beams Compared With γ-Rays or Reactor Neutron Beams.
        Masunaga SI; Uzawa A; Hirayama R; Matsumoto Y; Sakurai Y; Tanaka H; Tano K; Sanada Y; Suzuki M; Maruhashi A; Ono K
        World journal of oncology, 2015年08月, 査読有り
      • Significance of Fractionated Administration of Thalidomide Combined With γ-Ray Irradiation in Terms of Local Tumor Response and Lung Metastasis
        Shin-ichiro Masunaga; Yu Sanada; Takahiro Moriwaki; Keizo Tano; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Natsuko Kondo; Masaru Narabayashi; Tsubasa Watanabe; Yosuke Nakagawa; Akira Maruhashi; Koji Ono
        World J. Oncol, 2014年08月, 査読有り
      • Oxidation resistance 1 is essential for protection against oxidative stress and participates in the regulation of aging in Caenorhabditis elegans
        Y. Sanada; S. Asai; A. Ikemoto; T. Moriwaki; N. Nakamura; M. Miyaji; Q. -M. Zhang-Akiyama
        FREE RADICAL RESEARCH, 2014年08月, 査読有り
      • An increase of oxidised nucleotides activates DNA damage checkpoint pathway that regulates post-embryonic development in Caenorhabditis elegans
        Yu Sanada; Qiu-Mei Zhang-Akiyama
        MUTAGENESIS, 2014年03月, 査読有り
      • NDX-1 protein hydrolyzes 8-oxo-7, 8-dihydrodeoxyguanosine-5'-diphosphate to sanitize oxidized nucleotides and prevent oxidative stress in Caenorhabditis elegans
        U. Sanada; Shin-Ichiro Yonekura; Masahiro Kikuchi; Kazunari Hashiguchi; Nobuya Nakamura; Shuji Yonei; Qiu-Mei Zhang-Akiyama
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2011年12月, 査読有り
      • CiMutT, an asidian MutT homologue, has a 7, 8-dihydro-8-oxo-dGTP pyrophosphohydrolase activity responsible for sanitization of oxidized nucleotides in Ciona intestinalis
        Shin-Ichiro Yonekura; U. Sanada; Qiu-Mei Zhang-Akiyama
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2010年08月, 査読有り

      MISC

      • BNCTを含む癌治療の最適化を目指すがんの微小環境解析とその応用(平成30年度~令和2年度プロジェクト研究課題成果報告30P8,31P6,R2P1)
        増永慎一郎; 真田悠生; 永澤秀子; 原田浩; 平山亮一; 笠岡敏; 長崎健; 宇都義浩; 安井博宣; 益谷美都子; 中井啓; 松本孔貴
        KURNS-EKR (Web), 2021年
      • アミノ酸トランスポーターを標的とする新規ホウ素キャリアの開発
        松下明香里; 辻美恵子; 真田悠生; 平山祐; 増永慎一郎; 永澤秀子
        KURNS-EKR (Web), 2021年
      • γ線およびBPA存在下での中性子線照射後のHMGB1遺伝子の転写プロファイル
        TONG Ying; 今道祥二; 今道祥二; 今道祥二; CHEN Lichao; 小野寺貴恵; 佐々木由香; 真田悠生; 鈴木実; 増永慎一郎; 益谷美都子; 益谷美都子; 益谷美都子
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • Hif-1α遺伝子欠損がBNCTの殺細胞効果を増強する
        真田悠生; 高田卓志; 田中浩基; 櫻井良憲; 田野恵三; 増永慎一郎
        KURNS-EKR (Web), 2020年
      • 硼素中性子捕捉療法用10B化合物投与時における低温度温熱処置と連続的低酸素細胞毒投与との同時併用の意義
        増永慎一郎; 真田悠生; 櫻井良憲; 田中浩基; 高田卓志; 鈴木実; 渡邉翼; 丸橋晃; 小野公二
        Thermal Medicine, 2020年
      • 低酸素腫瘍細胞を標的とする新規BPA-チラパザミンハイブリッド型ホウ素中性子捕捉剤の創製
        田中雄也; 篠原侑成; 増永慎一郎; 真田悠生; 山田久嗣; 宇都義浩
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年
      • Disruption of Hif-1α enhances the sensitivity to BNCT in murine squamous cell carcinoma
        Yu Sanada; Takushi Takata; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Keizo Tano; Shin-ichiro Masunaga
        18th ICNCT, 2018年10月
      • 6. 腫瘍内微小環境とがん細胞増感の試み - DNA損傷の観点から
        真田 悠生; 笹沼 博之; 武田 俊一; 田野 恵三; 増永 慎一郎
        日本遺伝学会 大会抄録, 2018年09月
      • グルコピラノシルアスコルビン酸の照射後処理による放射線感受性の変化~正常細胞とがん細胞の比較
        小橋川新子; 小橋川新子; 菓子野元郎; 真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        日本放射線影響学会大会抄録(Web), 2018年
      • Radio-Sensitivity of Pimonidazole -Unlabeled Intratumor Quiescent Cells to γ-Rays, Accelerated Carbon Ion Beams and Boron Neutron Capture Reaction (BNCR)
        Masunaga S; Sakurai Y; Tanaka H; Hirayama R; Matsumoto Y; Uzawa A; Tano K; Sanada Y; Suzuki M; Kondo N; Takata T; Watanabe T; Tamari Y; Maruhashi A; Ono K
        9th Young Researchers' BNCT Meeting, 2017年11月
      • 低栄養条件の腫瘍細胞による放射線抵抗性獲得のメカニズム
        真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        日本放射線影響学会大会抄録, 2017年10月
      • 治療生物学的および放射線腫瘍学的視点から見たホウ素中性子捕捉療法の特性
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 鈴木実; 田中浩基; 田野恵三; 近藤夏子; 渡邉翼; 真田悠生; 高田卓志; 玉利勇樹; 丸橋晃; 小野公二
        第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017年02月
      • 低グルコース環境による腫瘍細胞の放射線抵抗性獲得について
        真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        第19回癌治療増感研究シンポジウム, 2017年02月
      • Maintenance of the nucleotide pool in C. elegans under oxidative stress-Sanitization of oxidized nucleotides to maintain growth, development and survival in C. elegans
        Qiu-Mei Zhang-Akiyama; Yu Sanada; Satoru Ishikawa
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2016年12月
      • Radiosensitivity and Capacity to Recover from Radiation-Induced Damage in Pimonidazole-Unlabeled Oxygenated Intratumor Quiescent Cells Depend on p53 Status of Tumor Cells
        S. I. Masunaga; K. Tano; Y. Sanada; Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; A. Maruhashi; K. Ono
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2016年10月
      • 治療生物学的および放射線治療医的視点から見た中性子捕捉療法の特性
        増永慎一郎; 鈴木実; 田野恵三; 真田悠生; 小野公二
        日本口腔腫瘍学会誌, 2016年09月15日
      • 酸化ストレスとヌクレオチドの品質管理機構―酸化ヌクレオチドの品質管理は線虫C.elegansの個体成長・生存に重要である―
        秋山秋梅; 真田悠生; 石川悟
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2016年08月
      • 抗腫瘍効果から見た中性子捕捉療法の治療生物学的解釈
        増永慎一郎; 櫻井良憲; 鈴木 実; 田中浩基; 丸橋 晃; 田野恵三; 真田悠生; 近藤夏子; 渡邉 翼; 高田卓志; 小野公二
        第45回放射線による制癌シンポジウム, 2016年07月, 招待有り
      • Hif-1α欠損はマウス腫瘍細胞に対するmetforminの殺細胞効果を増強する
        真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        第54回 日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会, 2016年07月
      • The effect of fractionated administration of thalidomide at γ-ray irradiation on tumor response and lung metastasis
        S. Masunaga; K. Tano; Y. Sanada; Y. Sakurai; H. Tanaka; M. Suzuki; N. Kondo; M. Narabayashi; T. Watanabe; Y. Nakagawa; A. Maruhashi; K. Ono
        the International Conference on Translational Research in Radiation Oncology-Physics for Health in Europe 2016, 2016年02月, 査読有り
      • 腫瘍細胞のメトフォルミン感受性についてHIF-1α欠損がおよぼす効果
        真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        第18回癌治療増感研究シンポジウム, 2016年02月
      • Hif-1α欠損はMetforminのSCC-VIIマウス腫瘍細胞に対する殺細胞効果を増強する
        真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        日本放射線影響学会大会抄録(Web), 2016年
      • 腫瘍内微小環境を標的としたがん細胞増感
        真田悠生
        KURRI-EKR (Web), 2016年01月
      • Effect of Hif-1α knockout on sensitivity to metformin in SCCVII murine carcinoma cells
        Yu Sanada; Keizo Tano; Shin-ichiro Masunaga
        第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月, 査読有り
      • hif1a遺伝子ノックアウトがメトフォルミンによるがん細胞毒性へ及ぼす効果
        真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        日本生化学会大会(Web), 2015年12月
      • Significance of fractionated administrations of thalidomide combined with gamma-ray irradiation from the viewpoint of local tumor response and lung metastasis
        Masunaga S; Sanada Y; Moriwaki T; Tano K; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Narabayashi M; Watanabe T; Ono K
        the 35th National Congress of Radiology, 2015年10月, 査読有り
      • 出芽酵母における新規酸化ストレス応答遺伝子の同定
        山崎晃; 真田悠生; 秋山(張)秋梅
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2015年09月10日
      • 腫瘍内環境とがん細胞増感の試み
        真田悠生; 森脇隆仁; 田野恵三; 増永慎一郎
        放射線生物研究, 2015年06月, 査読有り
      • The Effect of Oxygen Pressure during Incubation with a 10B-carrier on 10B Uptake Capacity of Cultured p53 Wild-type and Mutated Tumor Cells
        Shinichiro Masunaga; Hitoshi Tatebe; Yasumasa Nishimura; Keizo Tano; Yu Sanada; Takahito Moriwaki; Yoshinori Sakurai; Hiroki Tanaka; Minoru Suzuki; Akira Maruhashi; Koji Ono
        15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月
      • Characteristics of the response of intratumor quiescent (Q) cells to irradiation, referring to recruitment from Q to proliferating state
        Masunaga S; Tano K; Sanada Y; Moriwaki T; Ono K
        the 15th International Congress of Radiation Research (ICRR), 2015年05月, 査読有り
      • Identification of Oxidative Stress Response Gene correlated with DNA repair in Saccharomyces cerevisiae
        Akira Yamasaki; Yu Sanada; Qiu-Mei Zhang-Akiyama
        The 15th International Congress of Radiation Research, 2015年05月
      • 局所腫瘍効果と肺転移抑制能から見たγ線照射時における分割サリドマイド投与併用の意義
        増永慎一郎; 真田悠生; 森脇隆宏; 田野恵三; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木 実; 楢林正流; 渡邉 翼; 小野公二
        第74回日本医学放射線学会総会, 2015年04月, 査読有り
      • 低グルコース環境を標的とした腫瘍内休止細胞増感作用向上の試み
        真田悠生; 田野恵三; 増永慎一郎
        第17回癌治療増感研究シンポジウム, 2015年02月
      • Significance of Fractionated Thalidomide Administration Combined with y-Ray Irradiation from the Viewpoint of Local Tumor Response and Lung Metastasis
        Masunaga S; Sanada Y; Moriwaki T; Tano K; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Watanabe T; Nakagawa Y; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2014, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2015年
      • 治療生物学的解析から見た硼素中性子捕捉療法(BNCT)の特性
        増永慎一郎; 田野恵三; 櫻井良憲; 田中浩基; 鈴木実; 近藤夏子; 真田悠生; 森脇隆仁; 楢林正流; 渡邉翼; 仲川洋介; 丸橋晃; 小野公二
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2014年09月17日
      • 酸化ストレス防御タンパク質OXR1の突然変異,神経疾患への関わり
        宮路将弘; 松井亜子; 山崎晃; 真田悠生; ZHANG‐AKIYAMA Qiu‐Mei
        放射線生物研究, 2014年06月, 査読有り
      • Dependency of Compound Biological Effectiveness (CBE) Factors on the Type and Concentration of Administered Neutron Capture Agents in BNCT
        MASUNAGA Shin-ichiroMasunaga S; Tano K; Sanada Y; Moriwaki T; Sakurai Y; Tanaka H; Suzuki M; Kondo N; Narabayashi M; Nakagawa Y; Watanabe T; Maruhashi A; Ono K
        Progress Report 2013, The Research Reactor Institute, Kyoto University, 2014年
      • Caenorhabditis elegans oxidation resistance1 (OXR1) is essential for protection against oxidative stress and participates in the regulation of aging
        Zhang-Akiyama Q-M; Y. Yoshikawa; S. Ishikawa; M. Miyaji; T. Moriwaki; Y. Sanada
        17th Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International (SFRRI), 2014年
      • 細胞の酸化ストレス防御を担うOXR1蛋白質の作用機構と生理的機能の解析
        秋山秋梅; 山崎晃; 池本敦美; 橋口一成; 松井亜子; 真田悠生
        日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年06月03日
      • 線虫C.elegansにおける8‐oxoGに対する防御機構の解析
        石川悟; 森脇隆仁; 真田悠生; 加藤悠一; 宮路将弘; 秋山(張)秋梅
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • 線虫C.elegansにおける酸化損傷応答機構の研究
        真田悠生; 秋山(張)秋梅
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2013年
      • Sanitization of the nucleotide pool and its relationship to other repair pathways in Caenorhabditis elegans
        U. Sanada; Qiu-Mei Zhang-Akiyama
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2012年12月
      • C.elegansのNDXタンパク質欠損に伴う酸化ストレス感受性に関する研究
        真田悠生; 秋山(張)秋梅
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2012年09月04日
      • 線虫における酸化ヌクレオチド分解機構と各DNA修復経路との関連性の研究
        真田悠生; 秋山(張)秋梅
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2012年08月31日
      • A novel Nudix hydrolase for oxidized nucleoside diphosphates encoded by ndx-2 in Caenorhabditis elegans
        U. Sanada
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2011年12月
      • 線虫C.elegansにおける酸化ヌクレオチド分解機構
        真田悠生
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2011年11月01日
      • 線虫C.elegansにおける新規酸化ヌクレオチド分解酵素の同定と機能の解析
        真田悠生
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2011年08月31日
      • Caenorhabditis elegans NDX-1has an 8-oxo-7, 8-dihydrodeoxyguanosine 5'-diphosphate pyrophosphatase activity that contributes to prevent against oxidative stress
        Sanada U; Q-M. Zhang-Akiyama
        The 18th International C. elegans Meeting, 2011年
      • 線虫C. elegansにおける酸化ヌクレオチド分解酵素(NDX‐1とNDX‐2)のゲノム安定性維持機構
        真田悠生; ZHANG‐AKIYAMA Qiumei
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2011年
      • 線虫における酸化ヌクレオチド分解機構の研究
        真田悠生; 西川陽貴; 橋口一成; ZHANG‐AKIYAMA Qiu‐mei
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2010年10月01日
      • 真核生物における酸化ストレス防御遺伝子(OXR1)の突然変異抑制機構
        ZHANG‐AKIYAMA Qiu‐mei; 橋口一成; 浅井翔太; 中村允耶; 真田悠生
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2010年10月01日
      • 線虫C.elegansにおける酸化DNAの修復
        真田悠生; 加藤悠一; 森脇隆仁; 橋口一成; 秋山(張)秋梅
        放射線生物研究, 2010年09月30日
      • Study for the mechanism of elimination of the oxidized nucleotides in Cenorhabditis elegans
        Sanada U; H. Nishikawa; K. Hashiguchi; Q-M. Zhang-Akiyama
        The 4th international Synposium of Biodiversity Global COE Project, 2010年
      • 線虫C.elegansにおける酸化ストレス防御遺伝子(CeOXR‐1)によるゲノム安定性維持機構
        AKIYAMA‐ZHANG Qiu‐Mei; 浅井翔太; 橋口一成; 中村允耶; 真田悠生; 石井直明
        生化学, 2010年
      • Base excision repair enzymes and the roles in maintenance of the genome stability in the nematode Caenorhabditis elegans
        Qin-Mei Zhang-Akiyama; Nobuya Nakamura; Hironobu Morinaga; Shota Asai; U. Sanada; Yuichi Kato; Takahito Moriwaki
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2009年12月
      • NDX-1 hydrolyzes 8-oxo-dGDP in the nucleotide pool in Caenorhabditis elegans
        U. Sanada; Shin-Ichiro Yonekura; Masahiro Kikuchi; Qiu-Mei Zhang-Akiyama
        GENES & GENETIC SYSTEMS, 2009年12月
      • 線虫C.elegansの塩基除去修復酵素が老化・細胞死の制御に果たす役割
        秋山(張)秋梅; 加藤悠一; 真田悠生; 浅井翔太; 森永浩伸; 中村允耶; 橋口一成
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2009年11月01日
      • 線虫における酸化ヌクレオチド分解酵素の同定と機能の解析
        真田悠生; 米倉慎一郎; 菊地政弘; 秋山(張)秋梅
        日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2009年11月01日
      • 線虫における酸化ヌクレオチド分解酵素の同定と機能の解析
        真田悠生; 米倉慎一郎; 菊地政弘; 秋山(張)秋梅
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2009年08月28日
      • 線虫の塩基除去修復とゲノム安定性
        秋山(張)秋梅; 中村允耶; 森永浩伸; 浅井翔太; 真田悠生; 加藤悠一; 森脇隆仁
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2009年08月28日
      • Study for the MutT functional homolog in C. elegans
        Yu Sanada; Q-M. Zhang-Akiyama
        The 3rd international Synposium of Biodiversity Global COE Project, 2009年
      • C.elegansの酸化DNA修復酵素とストレス応答タンパク質のゲノム安定性への関与
        AKIYAMA‐ZHANG Qui‐Mei; 真田悠生; 浅井翔太; 加藤悠一; 森脇隆仁; 橋口一成; 森永浩伸; 中村允耶
        日本分子生物学会年会講演要旨集, 2009年

      外部資金:科学研究費補助金

      • 休止期腫瘍細胞特性と腫瘍不均一性及び癌幹細胞性との相互関連性解析と癌治療への応用
        基盤研究(C)
        小区分52040:放射線科学関連
        京都大学
        増永 慎一郎
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        休止期腫瘍細胞;腫瘍不均一性;癌幹細胞性;ホウ素中性子捕捉療法;低温度温熱処置;低酸素細胞毒;p53 status;放射線損傷からの回復現象;腫瘍内微小環境;中性子捕捉療法
      • 二重特異性抗体を用いたBNCTホウ素デリバリーシステムの開発
        基盤研究(B)
        小区分90120:生体材料学関連
        大阪市立大学
        長崎 健
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        ホウ素中性子捕捉療法;抗体;ドラッグデリバリー;二重特異性抗体;腫瘍集積;EGFR;インビボイメージング;担がんマウス;デンドリマー
      • 腫瘍内微小環境特性の解析成果を応用した局所腫瘍制御と遠隔転移抑制の同時達成の試み
        基盤研究(B)
        京都大学
        増永 慎一郎
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        休止期腫瘍細胞;腫瘍内微小環境;中性子捕捉療法;転移;ゲノム改変操作;放射線治療生物学;硼素中性子捕捉療法;CBE値;線量率効果;がん微小環境;局所腫瘍制御;転移能抑制;ゲノム編集技術;HIF-1α;メトフォルミン;低グルコース環境;ティラパザミン;ピモニダゾール;急性低酸素領域;遠隔転移抑制能

      外部資金:その他

      • ホウ素中性子捕捉療法における腫瘍内環境応答因子の機能解析
        公益財団法人大阪難病研究財団
        自 2021年04月01日
        真田 悠生
      • ポストコロナ時代を支える超低侵襲治療を可能にするホウ素中性子捕捉療法用オールインワン型革新的ホウ素薬剤の開発
        A-STEP トライアウト
        自 2021年04月01日
        河崎 陸
      • 腫瘍内休止期細胞の新規解析法の研究
        公益財団法人京都大学教育研究振興財団
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        真田 悠生
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学演習A
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学演習B
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞情報制御学特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学演習A
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学演習B
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞情報制御学特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学演習A
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学演習B
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞情報制御学特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学演習A
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学演習B
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞情報制御学特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物科学専攻インターラボ
          前期集中, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学演習A
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学演習B
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞情報制御学特論IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学ゼミナールA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学ゼミナールB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学ゼミナールC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学ゼミナールD
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学演習A
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学演習B
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学特論IA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学特論IB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学特論IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞情報制御学特論IIB
          後期, 理学研究科

        ページ上部へ戻る