教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

大木 出

オオキ イズル

化学研究所 材料機能化学研究系 特定研究員

大木 出
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    所属学協会

    • 日本植物生理学会
    • 日本蛋白質科学会
    • 日本核磁気共鳴学会
    • 分子生物学会

    学位

    • 修士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)
    • 博士(バイオサイエンス)(奈良先端科学技術大学院大学)

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 2022年03月
      京都大学, 化学研究所(PI: 水落憲和 教授)
    • 自 2014年
      京都大学 工学研究科 分子工学専攻(PI:白川昌宏 教授)
    • 自 2013年
      奈良先端科学技術大学院大学 植物分子遺伝学研究室 助教(PI: 島本功 教授)
    • 自 2008年
      奈良先端科学技術大学院大学 生体高分子構造学講座 助教(PI: 児嶋長次郎 准教授)
    • 自 2006年
      九州大学生体防御医学研究所 博士研究員(PI: 神田大輔 教授), Medical Institute of Bioregulation
    • 自 2002年
      生物分子工学研究所 研究員(PI: 楯真一、森川耿右 博士)
    • 自 2001年
      横浜市大大学院総合理学研究科 博士研究員(PI: 白川昌宏 教授)

    プロフィール

    • プロフィール

      専門は核磁気共鳴(NMR)、X線結晶構造解析を主とした構造生物化学です。多様な疾病の診断や治療法の開発を目指して、原因となっている蛋白質複合体の機能と構造を解析しています。また、ダイヤモンドNV中心を用いた量子計測技術やパラ水素(SABRE)・DNPを使った超偏極NMR/MRI測定技術の開発も行っています。

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • 免疫学
      • 量子生命科学
      • NVセンター
      • 核磁気共鳴
      • 超偏極
      • 構造生物学
      • X線結晶構造解析
      • DNAメチル化
      • 植物生理学
      • エピジェネティクス

      研究分野

      • ナノテク・材料, 応用物性
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • ライフサイエンス, 構造生物化学, Structural Biology

      論文

      • Room-temperature hyperpolarization of polycrystalline samples with optically polarized triplet electrons: pentacene or nitrogen-vacancy center in diamond?
        K. Miyanishi; T. Segawa; K. Takeda; I. Ohki; S. Onoda; T. Ohshima; H. Abe; H. Takashima; S. Takeuchi; A. Shames; K. Morita; Y. Wang; F. So; D. Terada; R. Igarashi; A. Kagawa; M. Kitagawa; N. Mizuochi; M. Shirakawa; M. Negoro
        Magnetic Resonance, 2021年02月17日, 査読有り
      • Ultra-long coherence times amongst room-temperature solid-state spins
        E. D. Herbschleb; H. Kato; Y. Maruyama; T. Danjo; T. Makino; S. Yamasaki; I. Ohki; K. Hayashi; H. Morishita; M. Fujiwara; N. Mizuochi
        Nature Communications, 2019年12月01日, 査読有り
      • Backbone and side-chain resonance assignments of the methyl-CpG-binding domain of MBD6 from Arabidopsis thaliana.
        Iwakawa N; Mahana Y; Ono A; Ohki I; Walinda E; Morimoto D; Sugase K; Shirakawa M
        Biomol NMR Assign., 2019年, 査読有り
      • Cooperative Domain Formation by Homologous Motifs in HOIL-1L and SHARPIN Plays A Crucial Role in LUBAC Stabilization
        Hiroaki Fujita; Akira Tokunaga; Satoshi Shimizu; Amanda L. Whiting; Francisco Aguilar-Alonso; Kenji Takagi; Erik Walinda; Yoshiteru Sasaki; Taketo Shimokawa; Tsunehiro Mizushima; Izuru Ohki; Mariko Ariyoshi; Hidehito Tochio; Federico Bernal; Masahiro Shirakawa; Kazuhiro Iwai
        Cell Reports, 2018年04月24日, 査読有り
      • TFL1-Like Proteins in Rice Antagonize Rice FT-Like Protein in Inflorescence Development by Competition for Complex Formation with 14-3-3 and FD
        Miho Kaneko-Suzuki; Rie Kurihara-Ishikawa; Chiaki Okushita-Terakawa; Chojiro Kojima; Misa Nagano-Fujiwara; Izuru Ohki; Hiroyuki Tsuji; Ko Shimamoto; Ken-Ichiro Taoka
        Plant and Cell Physiology, 2018年03月01日, 査読有り
      • The Crystal Structure of the Plant Small GTPase OsRac1 Reveals Its Mode of Binding to NADPH Oxidase
        Ken-ichi Kosami; Izuru Ohki; Minoru Nagano; Kyoko Furuita; Toshihiko Sugiki; Yoji Kawano; Tsutomu Kawasaki; Toshimichi Fujiwara; Atsushi Nakagawa; Ko Shimamoto; Chojiro Kojima
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年10月, 査読有り
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of a rice Rac/Rop GTPase, OsRac1
        Ken-Ichi Kosami; Izuru Ohki; Kokoro Hayashi; Ryo Tabata; Sayaka Usugi; Tsutomu Kawasaki; Toshimichi Fujiwara; Atsushi Nakagawa; Ko Shimamoto; Chojiro Kojima
        Acta Crystallographica Section F:Structural Biology Communications, 2014年, 査読有り
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of a rice Rac/Rop GTPase, OsRac1
        Ken-ichi Kosami; Izuru Ohki; Kokoro Hayashi; Ryo Tabata; Sayaka Usugi; Tsutomu Kawasaki; Toshimichi Fujiwara; Atsushi Nakagawa; Ko Shimamoto; Chojiro Kojima
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2014年01月, 査読有り
      • MtnBD Is a Multifunctional Fusion Enzyme in the Methionine Salvage Pathway of Tetrahymena thermophila
        Toshihiro Nakano; Izuru Ohki; Akiho Yokota; Hiroki Ashida
        PLOS ONE, 2013年07月, 査読有り
      • Structure and function of florigen and the receptor complex
        Ken-ichiro Taoka; Izuru Ohki; Hiroyuki Tsuji; Chojiro Kojima; Ko Shimamoto
        TRENDS IN PLANT SCIENCE, 2013年05月, 査読有り
      • Utilization of lysine C-13-methylation NMR for protein-protein interaction studies
        Yoshikazu Hattori; Kyoko Furuita; Izuru Ohki; Takahisa Ikegami; Harumi Fukada; Masahiro Shirakawa; Toshimichi Fujiwara; Chojiro Kojima
        JOURNAL OF BIOMOLECULAR NMR, 2013年01月, 査読有り
      • 14-3-3 proteins act as intracellular receptors for rice Hd3a florigen
        Ken-ichiro Taoka; Izuru Ohki; Hiroyuki Tsuji; Kyoko Furuita; Kokoro Hayashi; Tomoko Yanase; Midori Yamaguchi; Chika Nakashima; Yekti Asih Purwestri; Shojiro Tamaki; Yuka Ogaki; Chihiro Shimada; Atsushi Nakagawa; Chojiro Kojima; Ko Shimamoto
        NATURE, 2011年08月, 査読有り
      • Surface plasmon resonance study on functional significance of clustered organization of lectin-like oxidized LDL receptor (LOX-1)
        Izuru Ohki; Hirokazu Amida; Risato Yamada; Mamoru Sugihara; Tomoko Ishigaki; Shin-ichi Tate
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 2011年02月, 査読有り
      • Molecular Basis for E-cadherin Recognition by Killer Cell Lectin-like Receptor G1 (KLRG1)
        Seiko Nakamura; Kimiko Kuroki; Izuru Ohki; Kaori Sasaki; Mizuho Kajikawa; Takuma Maruyama; Masayuki Ito; Yosuke Kameda; Mitsuhiko Ikura; Kazuo Yamamoto; Naoki Matsumoto; Katsumi Maenaka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年10月, 査読有り
      • Molecular Basis for E-cadherin Recognition by Killer Cell Lectin-like Receptor G1 (KLRG1)
        Seiko Nakamura; Kimiko Kuroki; Izuru Ohki; Kaori Sasaki; Mizuho Kajikawa; Takuma Maruyama; Masayuki Ito; Yosuke Kameda; Mitsuhiko Ikura; Kazuo Yamamoto; Naoki Matsumoto; Katsumi Maenaka
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年10月
      • Kinetic and thermodynamic evidence for flipping of a methyl-CpG binding domain on methylated DNA
        Kosuke Inomata; Izuru Ohki; Hidehito Tochio; Kenichiro Fujiwara; Hidekazu Hiroaki; Masahiro Shirakawat
        BIOCHEMISTRY, 2008年03月, 査読有り
      • Kinetic and thermodynamic evidence for flipping of a methyl-CpG binding domain on methylated DNA
        Kosuke Inomata; Izuru Ohki; Hidehito Tochio; Kenichiro Fujiwara; Hidekazu Hiroaki; Masahiro Shirakawat
        BIOCHEMISTRY, 2008年03月
      • Chimeric structural stabilities in the coiled-coil structure of the NECK domain in human lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1 (LOX-1)
        Tomoko Ishigaki; Izuru Ohki; Naoko Utsunomiya-Tate; Shin-icih Tate
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2007年06月, 査読有り
      • Chimeric structural stabilities in the coiled-coil structure of the NECK domain in human lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1 (LOX-1)
        Tomoko Ishigaki; Izuru Ohki; Naoko Utsunomiya-Tate; Shin-icih Tate
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2007年06月
      • Crystal structure of human lectin-like, oxidized low-density lipoprotein receptor 1 ligand binding domain and its ligand recognition mode to OxLDL
        Ohki, I; T Ishigaki; T Oyama; S Matsunaga; QH Xie; M Ohnishi-Kameyama; T Murata; D Tsuchiya; S Machida; K Morikawa; S Tate
        STRUCTURE, 2005年06月, 査読有り
      • Crystal structure of human lectin-like, oxidized low-density lipoprotein receptor 1 ligand binding domain and its ligand recognition mode to OxLDL
        Ohki, I; T Ishigaki; T Oyama; S Matsunaga; QH Xie; M Ohnishi-Kameyama; T Murata; D Tsuchiya; S Machida; K Morikawa; S Tate
        STRUCTURE, 2005年06月
      • Solution structure of the HMG-box domain in the SSRP1 subunit of FACT
        N Kasai; Y Tsunaka; Ohki, I; S Hirose; K Morikawa; S Tate
        JOURNAL OF BIOMOLECULAR NMR, 2005年05月, 査読有り
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray analysis of the ligand-binding domain of human lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1 (LOX-1)
        T Ishigaki; Ohki, I; T Oyama; S Machida; K Morikawa; S Tate
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2005年05月, 査読有り
      • Solution structure of the HMG-box domain in the SSRP1 subunit of FACT
        N Kasai; Y Tsunaka; Ohki, I; S Hirose; K Morikawa; S Tate
        JOURNAL OF BIOMOLECULAR NMR, 2005年05月
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray analysis of the ligand-binding domain of human lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1 (LOX-1)
        T Ishigaki; Ohki, I; T Oyama; S Machida; K Morikawa; S Tate
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2005年05月
      • Structure of the ubiquitin-interacting motif of S5a bound to the ubiquitin-like domain of HR23B.
        Kenichiro Fujiwara; Takeshi Tenno; Kaoru Sugasawa; Jun-Goo Jee; Izuru Ohki; Chojiro Kojima; Hidehito Tochio; Hidekazu Hiroaki; Fumio Hanaoka; Masahiro Shirakawa
        The Journal of biological chemistry, 2004年02月06日, 査読有り
      • Structure of the ubiquitin-interacting motif of S5a bound to the ubiquitin-like domain of HR23B.
        Kenichiro Fujiwara; Takeshi Tenno; Kaoru Sugasawa; Jun-Goo Jee; Izuru Ohki; Chojiro Kojima; Hidehito Tochio; Hidekazu Hiroaki; Fumio Hanaoka; Masahiro Shirakawa
        The Journal of biological chemistry, 2004年02月06日
      • The structure and binding mode of interleukin-18
        Z Kato; J Jee; H Shikano; M Mishima; Ohki, I; H Ohnishi; AL Li; K Hashimoto; E Matsukuma; K Omoya; Y Yamamoto; T Yoneda; T Hara; N Kondo; M Shirakawa
        NATURE STRUCTURAL BIOLOGY, 2003年11月, 査読有り
      • The structure and binding mode of interleukin-18
        Z Kato; J Jee; H Shikano; M Mishima; Ohki, I; H Ohnishi; AL Li; K Hashimoto; E Matsukuma; K Omoya; Y Yamamoto; T Yoneda; T Hara; N Kondo; M Shirakawa
        NATURE STRUCTURAL BIOLOGY, 2003年11月
      • Methylated DNA-binding domain 1 and methyipurine-DNA glycosylase link transcriptional repression and DNA repair in chromatin
        S Watanabe; T Ichimura; N Fujita; S Tsuruzoe; L Ohki; M Shirakawa; M Kawasuji; M Nakao
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2003年10月, 査読有り
      • Methylated DNA-binding domain 1 and methyipurine-DNA glycosylase link transcriptional repression and DNA repair in chromatin
        S Watanabe; T Ichimura; N Fujita; S Tsuruzoe; L Ohki; M Shirakawa; M Kawasuji; M Nakao
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2003年10月
      • Recognition of methylated DNA.
        Shirakawa M; Ohki I
        蛋白質核酸酵素, 2002年
      • Solution structure of the methyl-CpG binding domain of human MBD1 in complex with methylated DNA (vol 105, pg 487, 2001)
        M Nakao
        CELL, 2001年06月
      • Solution structure of the methyl-CpG binding domain of human MBD1 in complex with methylated DNA
        Ohki, I; N Shimotake; N Fujita; JG Jee; T Ikegami; M Nakao; M Shirakawa
        CELL, 2001年05月, 査読有り
      • Solution structure and dynamic character of the histidine-containing phosphotransfer domain of anaerobic sensor kinase ArcB from Escherichia coli
        T Ikegami; T Okada; Ohki, I; J Hirayama; T Mizuno; M Shirakawa
        BIOCHEMISTRY, 2001年01月, 査読有り
      • Solution structure and dynamic character of the histidine-containing phosphotransfer domain of anaerobic sensor kinase ArcB from Escherichia coli
        T Ikegami; T Okada; Ohki, I; J Hirayama; T Mizuno; M Shirakawa
        BIOCHEMISTRY, 2001年01月
      • Mechanism of transcriptional regulation by methyl-CpG binding protein MBD1
        N Fujita; N Shimotake; Ohki, I; T Chiba; H Saya; M Shirakawa; M Nakao
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2000年07月, 査読有り
      • Mechanism of transcriptional regulation by methyl-CpG binding protein MBD1
        N Fujita; N Shimotake; Ohki, I; T Chiba; H Saya; M Shirakawa; M Nakao
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2000年07月
      • Solution structure of the methyl-CpG-binding domain of the methylation-dependent transcriptional repressor MBD1
        Ohki, I; N Shimotake; N Fujita; M Nakao; M Shirakawa
        EMBO JOURNAL, 1999年12月, 査読有り
      • Solution structure of the methyl-CpG-binding domain of the methylation-dependent transcriptional repressor MBD1
        Ohki, I; N Shimotake; N Fujita; M Nakao; M Shirakawa
        EMBO JOURNAL, 1999年12月

      MISC

      • 溶液NMRにおける生体高分子の核超偏極技術の開発
        大木出; 藤咲貴大; 池上貴久; 白川昌宏; 水落憲和
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2018年09月03日
      • 生体系の溶液NMRにおける超偏極技術の新たな展開
        大木出; 藤咲貴大; 池上貴久; 白川昌宏
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2017年11月14日
      • 溶液NMRにおける超偏極技術の新たな展開と生体系への応用
        大木出
        日本分光学会 NMR分光部会講習会, 2017年10月
      • タンパク質の化学修飾を用いた安定同位体標識および常磁性金属標識によるNMR解析
        服部良一; 服部良一; 大木出; 大木出; 山口拓実; 山口拓実; 山口拓実; ZHANG Ying; ZHANG Ying; 古板恭子; 池上貴久; 池上貴久; 小林直宏; 深田はるみ; 白川昌宏; 加藤晃一; 加藤晃二; 亀田倫史; 田中好幸; 藤原敏道; 児嶋長次郎; 児嶋長次郎
        生体分子科学討論会講演要旨集, 2016年06月24日
      • メチル化リジンの化学シフトと塩橋との相関に関する理論的・実験的研究
        服部良一; SEBERA Jakub; SYCHROVSKY Vladimir; 古板恭子; 大木出; 池上貴久; 藤原敏道; 児嶋長次郎
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2013年11月12日
      • 膜透過ペプチドを利用したイネフロリゲンタンパク質直接導入による人為的開花制御
        鷲田治彦; 辻寛之; 大木出; 田岡健一郎; 島本功
        育種学研究, 2013年10月12日
      • イネTFL1ホモログRCNによる花成抑制の分子機構の解析
        田岡健一郎; 寺川千晶; 大木出; 辻寛之; 児嶋長次郎; 島本功
        日本植物生理学会年会要旨集, 2013年03月14日
      • 植物が花を咲かせる分子メカニズムの解明を目指して―NMR分光学から構造生命科学へ―
        田岡健一郎; 大木出; 辻寛之; 島本功; 児嶋長次郎
        日本分光学会テラヘルツ分光部会シンポジウム講演要旨集, 2013年
      • リジン13Cメチル化法のタンパク質・タンパク質相互作用解析への適用
        服部良一; 古板恭子; 大木出; 池上貴久; 深田はるみ; 白川昌宏; 藤原敏道; 児嶋長次郎
        Abstr Annu Meet NMR Soc Jpn, 2012年10月22日
      • 花成ホルモンーフロリゲンーとその受容体の構造解析からみえてきたフロリゲン構能の分子基盤
        田岡 健一郎; 大木 出; 辻 寛之; 児嶋 長次郎; 島本 功
        化学と生物, 2012年09月01日
      • 花成ホルモン・フロリゲンの受容と機能のメカニズム
        辻寛之; 中島千佳; 田岡健一郎; 大木出; 児嶋長次郎; 稲田のりこ; 島本功
        日本遺伝学会大会プログラム・予稿集, 2012年08月31日
      • イネのHd3a,14‐3‐3およびOsFD1から成るフロリゲン転写活性化複合体(FAC)のin vivoイメージング
        辻寛之; 中島千佳; 田岡健一郎; 大木出; 児嶋長次郎; 稲田のりこ; 島本功
        日本植物生理学会年会要旨集, 2012年03月09日
      • フロリゲン活性化複合体FACの活性調節機構の解析
        田岡健一郎; 大木出; 辻寛之; 児嶋長次郎; 島本功
        日本植物生理学会年会要旨集, 2012年03月09日
      • リジンの13Cメチル化標識法を使ったNMRによる蛋白質間相互作用解析の有効性
        大木出; 服部良一; 古板恭子; 池上貴久; 深田はるみ; 白川昌宏; 藤原敏道; 児嶋長次郎
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • 花成ホルモン・フロリゲンの受容と機能のメカニズム
        辻寛之; 田岡健一郎; 大木出; 玉置祥二郎; 中島千佳; 中村洋之; 稲田のりこ; 児嶋長次郎; 島本功
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • 植物花成ホルモン(フロリゲン)受容体による花成制御機構の分子基盤
        大木出; 古板恭子; 林こころ; 田岡健一郎; 辻寛之; 中川敦史; 島本功; 児嶋長次郎
        日本生化学会大会(Web), 2012年
      • フロリゲンによる花成の分子機構と花成以外の形態形成制御
        島本功; 田岡健一郎; 辻寛之; 大木出; 児嶋長次郎
        日本生化学会大会(Web), 2012年
      • Hd3a‐14‐3‐3‐OsFD1からなる複合体Florigen Activation Complexの機能解析
        辻寛之; 田岡健一郎; 大木出; 中島千佳; 児嶋長次郎; 島本功
        育種学研究, 2011年09月23日
      • 14-3-3タンパク質はフロリゲンの細胞内における受容体としてはたらく
        田岡健一郎; 大木出; 辻寛之; 児嶋長次郎; 島本功
        ライフサイエンス新着論文レビュー(http://first.lifesciencedb.jp/), 2011年09月
      • リジン側鎖を介した塩橋のNMR検出
        服部良一; 大木出; 古板恭子; 池上貴久; 深田はるみ; 白川昌宏; 藤原敏道; 児嶋長次郎
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2011年05月27日
      • 植物花成ホルモンフロリゲンによる花成誘導メカニズムの分子基盤
        大木出; 古板恭子; 林こころ; 田岡健一郎; 辻寛之; 中川敦史; 島本功; 児嶋長次郎
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2011年05月27日
      • イネフロリゲンHd3aタンパク質複合体の機能解析
        田岡健一郎; 島田千尋; 柳瀬朋子; 大木出; 辻寛之; 児嶋長次郎; 島本功
        日本植物生理学会年会要旨集, 2011年03月11日
      • 植物花成ホルモン(フロリゲン)受容体による新たな花成誘導機構の分子基盤
        大木出; 古板恭子; 林こころ; 田岡健一郎; 辻寛之; 中川敦史; 島本功; 児嶋長次郎
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2011年
      • 13Cメチル基をプローブとして用いるリジン側鎖を介した塩橋の解析法の開発
        服部良一; 大木出; 古板恭子; 池上貴久; 深田はるみ; 白川昌宏; 藤原敏道; 児嶋長次郎
        Abstr Annu Meet NMR Soc Jpn, 2010年11月15日
      • イネのフロリゲンHd3aと相互作用する転写因子OsFD1の機能解析
        辻寛之; 田岡健一郎; 大木出; 山口緑; 大垣友香; PURWESTRI Yekti Asif; 児嶋長次郎; 島本功
        育種学研究, 2010年09月24日
      • リジン選択的13Cメチルラベル法を用いた蛋白質間相互作用の解析
        服部良一; 大木出; 古板恭子; 池上貴久; 深田はるみ; 白川昌宏; 藤原敏道; 児嶋長次郎
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2010年05月15日
      • イネフロリゲンタンパク質Hd3aの花成制御機構の構造基盤
        大木出; 古板恭子; 田岡健一郎; 林こころ; 深田はるみ; 辻寛之; 中川敦史; 島本功; 児嶋長次郎
        日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集, 2010年05月15日
      • イネフロリゲンHd3aタンパク質の分子機能の構造的基盤
        大木出; 林こころ; 古板恭子; 深田はるみ; 田岡健一郎; 辻寛之; 島本功; 児嶋長次郎
        日本植物生理学会年会要旨集, 2010年03月12日
      • イネフロリゲンHd3aタンパク質と相互作用する転写因子OsFD1の機能解析
        辻寛之; 田岡健一郎; 大木出; 山口緑; 大垣友香; 児嶋長次郎; 島本功
        日本植物生理学会年会要旨集, 2010年03月12日
      • イネフロリゲンHd3aタンパク質の機能ドメイン解析
        田岡健一郎; 島田千尋; 柳瀬朋子; 大木出; 辻寛之; 児嶋長次郎; 島本功
        日本植物生理学会年会要旨集, 2010年03月12日
      • NMRを用いた蛋白質リジンを介する静電的相互作用の解析
        服部良一; 大木出; 古板恭子; 池上貴久; 深田はるみ; 白川昌宏; 藤原敏道; 児嶋長次郎
        日本分光学会年次講演会, 2010年
      • メチル化DNA結合ドメイン‐DNA複合体の立体構造と分子認識機構
        大木出; 下竹敦哉; 藤田直之; JEE J‐G; 池上貴久; 中尾光善; 白川昌宏
        NMR討論会講演要旨集, 2001年11月01日
      • メチル化DNA特異的リプレッサーhMBD1のメチル化DNA結合ドメインの立体構造と相互作用
        大木出; 下竹敦哉; 藤田直之; JEE J‐G; 池上貴久; 中尾光善; 白川昌宏
        NMR討論会講演要旨集, 2000年11月08日
      • 塩基修飾を受けたDNAを認識する蛋白質の立体構造解析
        三島正規; 伊藤紀幸; 大木出; 池上貴久; 秋山昌広; 真木寿治; 中別府雄作; 白川昌宏
        NMR討論会講演要旨集, 1999年09月30日
      • hDLG PDZ2‐APC C末ペプチド複合体の構造解析
        大木出; 池上貴久; 秋山徹; 白川昌宏
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年11月
      • hDLG PDZ2ドメイン‐APC C末ペプチド複合体の構造解析
        大木出; 池上貴久; 秋山徹; 白川昌宏
        NMR討論会講演要旨集, 1998年10月
      • hDLG PDZ2ドメイン‐APC C末ペプチド複合体のNMRによる立体構造解析
        大木出; 池上貴久; 秋山徹; 白川昌宏
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1997年12月
      • hDLG PDZ2ドメイン‐APC C末ペプチド複合体のNMRによる立体構造解析
        大木出; 池上貴久; 秋山徹; 白川昌宏
        NMR討論会講演要旨集, 1997年10月
      • hDLG‐PDZ2ドメイン‐APC C末ペプチド複合体の構造解析
        大木出; 池上貴久; 秋山徹; 白川昌宏
        日本生物物理学会年会講演予稿集, 1997年09月
      • NMRを用いた高分子量蛋白質解析のための「リジン残基の13Cメチル化プロトコル」を公開しました
      • Structure of florigen activation complex
        Ohki I; Shimamoto K; Kojima C
        SPring-8 Research Frontiers 2011
      • プレスリリース「花咲かホルモン(フロリゲン)の受容体を世界で初めて発見−自在に時期を変えて花を咲かせる技術の開発、穀類の増収やバイオ燃料の増産に期待」
        奈良先端科学技

      産業財産権

      • 新規のリフォールディング方法およびその方法によって得られたタンパク質
        大木出; 町田幸子; 楯真一
      • フロリゲン活性化複合体
        大木出; 田岡健一郎; 辻寛之; 児嶋長次郎; 島本功
      • 酸化LDL受容体LOX-1の酸化LDL認識ドメインの結晶およびその立体構造ならびにその利用
        大木出; 石垣智子; 大山拓次; 森川耿右; 楯真一

      Works(作品等)

      • DNA脱メチル化の分子機構
        キーワード; Tet, Dnmt; RdDM; 植物MBD, hmC; DNA修復
        自 2013年, 至 現在
      • 蛋白質の超偏極による高感度NMR測定法の開発と生体系への応用
        キーワード:DNP; パラ水素; NVC, PHIP; SABRE; Spin singlet; 長寿命化; Triplet-DNP
        自 2010年, 至 現在
      • 植物花成シグナル伝達の構造生物学
        キーワード:Plant hormone, Flowering; Florigen; Hd3a, FT
        自 2008年, 至 現在
      • リジンのメチル化修飾を用いた高分子量蛋白質解析のためのNMR技術開発
        自 2007年, 至 現在
      • 動脈硬化、炎症に関わるシグナル伝達系の構造生物学
        キーワード:LOX; SR-B1, IL; Scavenger receptor; Oxidized LDL
        自 2002年
      • クロマチン構造変化による転写制御の構造生物学
        キーワード:MBD; MeCP; MLL1, PRC; Rett syndrome, JmjC; CXXC, MBD
        自 1998年

      外部資金:科学研究費補助金

      • ダイヤモンドNV中心の量子状態高度制御による量子センシング顕微鏡計測研究
        基盤研究(A)
        中区分29:応用物理物性およびその関連分野
        京都大学
        水落 憲和
        自 2021年04月05日, 至 2024年03月31日, 交付
        量子センシング;ダイヤモンド;NV中心;NMR;バイオ計測
      • in-cell 磁気共鳴法による細胞内液滴の機能発現メカニズムの解明
        基盤研究(A)
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        白川 昌宏
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        磁気共鳴法;液-液相分離;一分子測定;量子センサー
      • 植物開花ホルモンによる花成促進・抑制の構造学的基盤
        基盤研究(C)
        小区分43020:構造生物化学関連
        京都大学
        大木 出
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        立体構造解析;植物ホルモン;花成;フロリゲン;構造生物学;育種
      • フロリゲンによる植物開花メカニズムの全貌解明と応用にむけた分子基盤
        基盤研究(C)
        京都大学
        大木 出
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        立体構造解析;植物ホルモン;花成;フロリゲン;構造生物学;育種;ホルモン受容体
      • フロリゲンを利用した食糧増産のための遺伝子組換えによらない作物改良技術
        基盤研究(C)
        京都大学
        大木 出
        自 2014年07月18日, 至 2017年03月31日, 完了
        X線結晶解析;植物;植物ホルモン;花成;フロリゲン;立体構造解析;植物花成;育種;構造生物学
      • 高分子量蛋白質の新規NMR構造解析法の開発とフロリゲン受容体への応用
        挑戦的萌芽研究
        大阪大学
        児嶋 長次郎
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        NMR;構造生物学;フロリゲン
      • 結晶構造解析と新規NMR法を組み合わせた植物ホルモン複合体の相互作用解析
        基盤研究(C)
        京都大学;奈良先端科学技術大学院大学
        大木 出
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        X線結晶解析;NMR;植物;植物ホルモン;構造生物学;花成;フロリゲン;核磁気共鳴
      • フロリゲン(花成ホルモン)の分子機能解明と植物改良への展開
        特別推進研究
        生物系
        奈良先端科学技術大学院大学
        島本 功
        自 2012年05月29日, 至 2017年03月31日, 中途終了
        花成;フロリゲン;イネ;相転換;FT;Hd3a;植物;発生・分化
      • NMRを用いた膜蛋白質構造ライブイメージング技術
        基盤研究(B)
        大阪大学
        児嶋 長次郎
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        NMR;構造生物学;膜蛋白質
      • 立体構造に基づくヒストンメチル化因子間のあらたな調節機構の解明
        若手研究(B)
        奈良先端科学技術大学院大学
        大木 出
        完了
        クロマチン構造;ヒストン修飾;タンパク質;立体構造解析;ヒストン;メチル化;立体構造;蛋白質
      • スプライソソーム非依存型スプライシングの構造的基盤
        基盤研究(B)
        大阪大学
        児嶋 長次郎
        完了
        構造生物学;NMR;RNA;タンパク質;分子認識
      • 短日植物イネの開花統御機構
        特定領域研究
        生物系
        奈良先端科学技術大学院大学
        島本 功
        自 2007年07月25日, 至 2013年03月31日, 完了
        植物;シグナル伝達;蛋白質;生理学;イネ;フロリゲン;花成;14-3-3タンパク質;多様性
      • ヒストンメチル化による転写制御メカニズムの構造の基盤
        若手研究(B)
        奈良先端科学技術大学院大学;九州大学
        大木 出
        完了
        転写;ヒストンメチル化;立体構造解析
      list
        Last Updated :2022/05/14

        学術・社会貢献

        委員歴

        • 蛋白質科学会アーカイブ 編集委員, 日本蛋白質科学会

        ページ上部へ戻る