教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

山﨑 理正

ヤマサキ ミチマサ

農学研究科 森林科学専攻森林環境科学講座 助教

山﨑 理正
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 応用森林学会
    • 日本生態学会
    • 日本応用動物昆虫学会
    • 日本森林学会

    学位

    • 修士(農学)(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程農林生物学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部農林生物学科, 卒業

    経歴

    • 自 1994年, 至 1997年
      京都大学農学部, 付属演習林, 助手
    • 自 1997年
      京都大学農学研究科, 森林科学専攻森林生物学分野, 助手

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        カシノナガキクイムシの寄主木及び穿孔部位選択様式の解明
      • 研究概要

        ブナ科樹木萎凋病(ナラ枯れ)を引き起こすカシノナガキクイムシは、寄主木や穿孔部位をどのように選択しているのか。これらを明らかにすることは、拡大する一方のナラ枯れ被害を最小限に食い止める防除方法の策定に寄与することが期待される。【1】穿孔対象とされる可能性が高い樹木の特性、【2】穿孔されて枯死する可能性に影響する要因、【3】穿孔部位の探索決定様式とその適応的意義、を明らかにするために野外調査等を行っている。

      研究キーワード

      • 寄主選択
      • 森林昆虫学
      • ブナ
      • ミズナラ
      • 植食性昆虫
      • 養菌性キクイムシ
      • ナラ枯れ

      研究分野

      • ライフサイエンス, 森林科学

      論文

      • 小面積皆伐地に植栽した落葉広葉樹3種の初期5年間動態
        伊東 康人; 藤堂 千景; 山瀬 敬太郎; 山崎 理正
        日本森林学会誌, 2022年06月, 査読有り, 最終著者
      • ナラ枯れを引き起こすカシノナガキクイムシの寄主選択過程
        山崎 理正
        比較生理生化学, 2022年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Beetles prefer steeply angled crevices: effects of wood surface structure on the initiation of hole boring by Platypus quercivorus
        Hiroshi Kuma; Yasuto Ito; Hidetoshi Ikeno; Michimasa Yamasaki
        Journal of Forest Research, 2021年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Females invest more energy in flight: flight characteristics of Platypus quercivorus (Murayama) revealed by a flight mill
        Duy Long Pham; Yasuto Ito; Ryuichi Okada; Hidetoshi Ikeno; Michimasa Yamasaki
        Journal of Forest Research, 2021年04月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Platypus quercivorus ambrosia beetles use leaf volatiles in host selection
        Duy Long Pham; Yasuto Ito; Ryuichi Okada; Hidetoshi Ikeno; Haruna Kazama; Naoki Mori; Michimasa Yamasaki
        Entomologia Experimentalis et Applicata, 2020年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Seasonal and annual fluctuations of deer populations estimated by a Bayesian state–space model
        Inoue Mizuki; Hiroki Itô; Michimasa Yamasaki; Shigeru Fukumoto; Yuuki Okamoto; Masaya Katsuki; Keitaro Fukushima; Masaru Sakai; Shota Sakaguchi; Daisuke Fujiki; Hikaru Nakagawa; Masae Iwamoto Ishihara; Atsushi Takayanagi
        PLOS ONE, 2020年06月18日, 査読有り
      • Effects of leaf conditions and flight activity on the behaviour of Platypus quercivorus (Murayama) (Coleoptera: Platypodidae)
        Duy Long Pham; Yasuto Ito; Ryuichi Okada; Hidetoshi Ikeno; Yuji Isagi; Michimasa Yamasaki
        Journal of Applied Entomology, 2019年11月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Maintenance of soil ecotypes of Solidago virgaurea in close parapatry via divergent flowering time and selection against immigrants
        Shota Sakaguchi; Kenji Horie; Naoko Ishikawa; Sae Nishio; James R. P. Worth; Keitaro Fukushima; Michimasa Yamasaki; Motomi Ito
        JOURNAL OF ECOLOGY, 2019年01月, 査読有り
      • Measuring the flight ability of the ambrosia beetle, Platypus Quercivorus (Murayama), using a low-cost, small, and easily constructed flight mill
        Ryuichi Okada; Duy Long Pham; Yasuto Ito; Michimasa Yamasaki; Hidetoshi Ikeno
        Journal of Visualized Experiments, 2018年08月, 査読有り
      • Parallel environmental factors drive variation in insect density and plant resistance in the native and invaded ranges
        Yuzu Sakata; Timothy P. Craig; Joanne K. Itami; Michimasa Yamasaki; Takayuki Ohgushi
        ECOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • Phototactic behavior of the ambrosia beetle Platypus quercivorus (Murayama) (Coleoptera: Platypodidae) before and after flight
        Duy Long Pham; Yasuto Ito; Ryuichi Okada; Hidetoshi Ikeno; Yuji Isagi; Michimasa Yamasaki
        JOURNAL OF INSECT BEHAVIOR, 2017年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Wide-ranging Movement and Foraging Strategy of the Critically Endangered Red-headed Wood Pigeon (Columba janthina nitens): Findings from a Remote Uninhabited Island
        Haruko Ando; Tetsuro Sasaki; Kazuo Horikoshi; Hajime Suzuki; Hayato Chiba; Michimasa Yamasaki; Yuji Isagi
        PACIFIC SCIENCE, 2017年04月, 査読有り
      • Analysis of Oak Tree Mortality to Predict Ambrosia Beetle Platypus quercivorus Movement
        Michimasa Yamasaki; Takayuki Kaneko; Atsushi Takayanagi; Makoto Ando
        FOREST SCIENCE, 2016年08月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Wood-boring beetles (Coleoptera: Scolytidae, Platypodidae) captured in ethanol-baited traps in a natural forest in Japan
        Hiroaki Iidzuka; Hideaki Goto; Michimasa Yamasaki; Naoya Osawa
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2016年08月, 査読有り
      • Mass emergence of a specialist sawfly species on unpalatable herbs under severe feeding pressure by sika deer
        Naoyuki Nakahama; Michimasa Yamasaki; Atsushi Takayanagi
        ENTOMOLOGICAL SCIENCE, 2016年07月, 査読有り
      • Urban landscape and forest vegetation regulate the range expansion of an exotic lace bug Corythucha marmorata (Hemiptera: Tingidae)
        Yuzu Sakata; Michimasa Yamasaki; Takayuki Ohgushi
        ENTOMOLOGICAL SCIENCE, 2016年07月, 査読有り
      • Structure of phyllosphere fungal communities in a tropical dipterocarp plantation: A massively parallel next-generation sequencing analysis
        Ayako Izuno; Akifumi S. Tanabe; Hirokazu Toju; Michimasa Yamasaki; Sapto Indrioko; Yuji Isagi
        MYCOSCIENCE, 2016年05月, 査読有り
      • Seasonal and inter-island variation in the foraging strategy of the critically endangered Red-headed Wood Pigeon Columba janthina nitens in disturbed island habitats derived from high-throughput sequencing
        Haruko Ando; Suzuki Setsuko; Kazuo Horikoshi; Hajime Suzuki; Shoko Umehara; Michimasa Yamasaki; Goro Hanya; Miho Inoue-Murayama; Yuji Isagi
        IBIS, 2016年04月, 査読有り
      • The behavioral role of males of platypus quercivorus murayama in their subsocial colonies
        Hagus Tarno; Hongye Qi; Michimasa Yamasaki; Masahide Kobayashi; Kazuyoshi Futai
        Agrivita, 2016年02月01日, 査読有り
      • Deer overbrowsing on autumn-flowering plants causes bumblebee decline and impairs pollination service
        Yuzu Sakata; Michimasa Yamasaki
        ECOSPHERE, 2015年12月, 査読有り, 最終著者
      • The applicability of DNA barcoding for dietary analysis of sika deer
        Fumiko Nakahara; Haruko Ando; Hideyuki Ito; Asako Murakami; Naoki Morimoto; Michimasa Yamasaki; Atsushi Takayanagi; Yuji Isagi
        DNA Barcodes, 2015年11月, 査読有り
      • An exotic herbivorous insect drives the evolution of resistance in the exotic perennial herb Solidago altissima
        Yuzu Sakata; Michimasa Yamasaki; Yuji Isagi; Takayuki Ohgushi
        ECOLOGY, 2014年09月, 査読有り
      • Does community-level floral abundance affect the pollination success of a rewardless orchid, Calanthe reflexa Maxim
        Yuzu Sakata; Shota Sakaguchi; Michimasa Yamasaki
        PLANT SPECIES BIOLOGY, 2014年05月, 査読有り, 最終著者
      • Ambrosia beetles (Curculionidae: Scolytinae and Platypodinae) on Fagus crenata Blume: community structure, seasonal population trends and resource utilization patterns
        Hiroaki Iidzuka; Hideaki Goto; Michimasa Yamasaki; Naoya Osawa
        ENTOMOLOGICAL SCIENCE, 2014年04月, 査読有り
      • Mass attack by the ambrosia beetle Platypus quercivorus occurs in single trees and in groups of trees
        Michimasa Yamasaki; Yasuto Ito; Makoto Ando
        CANADIAN JOURNAL OF FOREST RESEARCH-REVUE CANADIENNE DE RECHERCHE FORESTIERE, 2014年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The effect of stem density on the probability of attack by the ambrosia beetle Platypus quercivorus varies with spatial scale
        Michimasa Yamasaki; Yasuto Ito; Makoto Ando
        AGRICULTURAL AND FOREST ENTOMOLOGY, 2014年02月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Comparison of pollination characteristics between the insular shrub Clerodendrum izuinsulare and its widespread congener C. trichotomum
        Leiko Mizusawa; Gaku Takimoto; Michimasa Yamasaki; Yuji Isagi; Masami Hasegawa
        PLANT SPECIES BIOLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • Among-year variation in deer population density index estimated from road count surveys
        Inoue Mizuki; Shota Sakaguchi; Keitaro Fukushima; Masaru Sakai; Atsushi Takayanagi; Daisuke Fujiki; Michimasa Yamasaki
        Journal of Forest Research, 2013年12月, 査読有り, 最終著者
      • Northern richness and southern poverty: contrasting genetic footprints of glacial refugia in the relictual tree Sciadopitys verticillata (Coniferales: Sciadopityaceae)
        James R. P. Worth; Shota Sakaguchi; Nobuyuki Tanaka; Michimasa Yamasaki; Yuji Isagi
        BIOLOGICAL JOURNAL OF THE LINNEAN SOCIETY, 2013年02月, 査読有り
      • 特集「シカの採食圧による植生被害防除と回復」:シカによる下層植生の過採食が森林の土壌窒素動態に与える影響
        福島 慶太郎; 高柳 敦; 阪口 翔太; 井上 みずき; 藤木 大介; 徳地 直子; 西岡 裕平; 長谷川 敦史; 藤井 弘明; 山崎 理正
        日本緑化工学会誌, 2013年, 査読有り, 最終著者
      • Examining the factors influencing leaf disease intensity of Kalopanax septemlobus (Thunb. ex Murray) Koidzumi (Araliaceae) over multiple spatial scales: from the individual, forest stand, to the regions in the Japanese Archipelago
        Shota Sakaguchi; Michimasa Yamasaki; Chihiro Tanaka; Yuji Isagi
        Journal of Ecology and Field Biology, 2012年12月, 査読有り
      • Host preference of the vector beetle, host resistance, and expanding patterns of Japanese oak wilt in a stand
        Kazuyoshi Futai; Hiroaki Kiku; Hong-ye Qi; Hagus Tarno; Yuko Takeuchi; Michimasa Yamasaki
        Proceedings of the Fourth International Workshop on the Genetics of Host-Parasite Interactions in Forestry: Disease and Insect Resistance in Forest Trees, 2012年10月, 査読有り, 最終著者
      • 日本海側冷温帯性針広混交林におけるニホンジカの植物嗜好性
        阪口翔太; 藤木大介; 井上みずき; 山崎理正; 福島慶太郎; 高柳敦
        森林研究, 2012年09月, 査読有り
      • ニホンジカが多雪地域の樹木個体群の更新過程・種多様性に及ぼす影響
        阪口翔太; 藤木大介; 井上みずき; 山崎理正; 福島慶太郎; 高柳敦
        森林研究, 2012年09月, 査読有り
      • Reproductive success of the ambrosia beetle Platypus quercivorus on Quercus laurifolia planted in Japan
        Michimasa Yamasaki; Hiroaki Iizuka; Kazuyoshi Futai
        森林研究, 2012年09月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Effects of Water Management, Connectivity, and Surrounding Land Use on Habitat Use by Frogs in Rice Paddies in Japan
        Risa Naito; Michimasa Yamasaki; Ayumi Imanishi; Yosihiro Natuhara; Yukihiro Morimoto
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2012年09月, 査読有り
      • Climate oscillation during the Quaternary associated with landscape heterogeneity promoted allopatric lineage divergence of a temperate tree Kalopanax septemlobus (Araliaceae) in East Asia
        Shota Sakaguchi; Ying-Xiong Qiu; Yi-Hui Liu; Xin-Shuai Qi; Sea-Hyun Kim; Jingyu Han; Yayoi Takeuchi; James R. P. Worth; Michimasa Yamasaki; Shogo Sakurai; Yuji Isagi
        MOLECULAR ECOLOGY, 2012年08月, 査読有り
      • Discrimination among host tree species by the ambrosia beetle Platypus quercivorus
        Michimasa Yamasaki; Kazuyoshi Futai
        JOURNAL OF FOREST RESEARCH, 2012年04月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Lineage admixture during postglacial range expansion is responsible for the increased gene diversity of Kalopanax septemlobus in a recently colonised territory
        S. Sakaguchi; Y. Takeuchi; M. Yamasaki; S. Sakurai; Y. Isagi
        HEREDITY, 2011年10月, 査読有り
      • How did the exposed seafloor function in postglacial northward range expansion of Kalopanax septemlobus? Evidence from ecological niche modelling
        Shota Sakaguchi; Shogo Sakurai; Michimasa Yamasaki; Yuji Isagi
        ECOLOGICAL RESEARCH, 2010年11月, 査読有り
      • Negligible impact of deer-induced habitat degradation on the genetic diversity of extant Bombus diversus populations in comparison with museum specimens
        Inoue Mizuki; Michimasa Yamasaki; Takehiko Kakutani; Yuji Isagi
        JOURNAL OF INSECT CONSERVATION, 2010年04月, 査読有り
      • Predicting oak tree mortality caused by the ambrosia beetle Platypus quercivorus in a cool-temperate forest
        M. Yamasaki; M. Sakimoto
        JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY, 2009年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 「ニホンジカの森林生態系へのインパクト -芦生研究林」企画趣旨
        井上みずき; 合田禄; 阪口翔太; 藤木大介; 山崎理正; 高柳敦; 藤崎憲治
        森林研究, 2008年12月, 査読有り
      • Host selection by Platypus quercivorus (Murayama) (Coleoptera : Platypodidae) before and after flying to trees
        Michimasa Yamasaki; Kazuyoshi Futai
        APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY, 2008年05月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • A low Platypus quercivorus hole density does not necessarily indicate a small flying population
        Michimasa Yamasaki; Atsuhiro Iwatake; Kazuyoshi Futai
        JOURNAL OF FOREST RESEARCH, 2007年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Spatial distribution and abundance of bud galls caused by eriophyoid mites among host trees Carpinus tschonoskii
        M. I. Ishihara; M. Yamasaki; J. Yoshikawa
        JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY, 2007年09月, 査読有り
      • What causes spatio-temporal variations in leaf herbivory levels within a canopy of Fagus crenata?
        Michimasa Yamasaki
        Proceedings: IUFRO Kanazawa 2003 "Forest Insect Population Dynamics and Host Influences", 2006年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Effect of fungus inoculation on the number of Bursaphelenchus xylophilus (Nematoda : Aphelenchoididae) carried by Monochamus alternatus (Coleoptera : Cerambycidae)
        N Maehara; K Tsuda; M Yamasaki; S Shirakikawa; K Futai
        NEMATOLOGY, 2006年, 査読有り
      • Temporal and spatial variations in leaf herbivory within a canopy of Fagus crenata
        M Yamasaki; K Kikuzawa
        OECOLOGIA, 2003年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 全国大学演習林における渓流水質
        戸田浩人; 笹賀一郎; 佐藤冬樹; 柴田英昭; 野村睦; 市川一; 藤戸永志; 鷹西俊和; 清和研二; 塚原初男; 飯田俊彰; 谷口憲男; 中田誠; 桑原繁; 内田武次; 春田泰次; 井上淳; 八木久義; 塚越剛史; 蔵治光一郎; 二田美穂; 小野裕; 鈴木道代; 今泉保二; 山口法雄; 竹中千里; 万木豊; 川那辺三郎; 安藤信; 中西麻美; 西村和雄; 山崎理正; 長山泰秀; 土肥奈都子; 片桐成夫; 小藤隆一; 新村義昭; 井上章二; 江崎次夫; 河野修一; 藤久正文; 岩松功; 今安清光; 中村誠司; 塚本次郎; 野上寛五郎; 榎木勉
        日本林学会誌, 2000年08月, 査読有り
      • 環境モニタリングにおける林外雨採取方法の比較検討
        山崎理正; 北川新太郎; 羽谷啓造; 安藤信; 川那辺三郎
        京都大学農学部演習林集報, 1996年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 京都市域の雨のpHとECの分布 簡易雨水採取器を用いた初期降雨の測定例
        安藤信; 金子隆之; 山崎理正; 川那辺三郎
        日本林学会論文集, 1995年10月, 査読有り

      MISC

      • 寄主の樹冠を模したトラップによるカシノナガキクイムシ誘引の試み
        山崎 理正; 伊東 康人
        日本森林学会大会発表データベース, 2022年05月30日
      • Deer overgrazing alters stream water chemistry in forested catchments; importance of understory vegetation in nutrient retention
        FUKUSHIMA Keitaro; SAKAGUCHI Shota; SAKAI Masaru; INOUE Mizuki; FUJIKI Daisuke; NAKAGAWA Hikaru; YAMASAKI Michimasa; ISHIHARA Masae; TAKAYANAGI Atsushi
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2022年
      • カシノナガキクイムシの一次誘引物質は何か
        山崎理正; 辰巳賢史郎; PHAM Duy Long; 伊東康人; 小林徹哉
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2022年
      • カシノナガキクイムシの非寄主木樹幹への着地
        山崎 理正; 隈 廣志; 伊東 康人; 小林 徹哉
        日本森林学会大会発表データベース, 2021年05月24日
      • カシノナガキクイムシの飛翔距離と環境因子との関連
        藤原 聖真; 伊東 康人; Pham Duy Long; 岡田 龍一; 山崎 理正; 池野 英利
        日本森林学会大会発表データベース, 2021年05月24日
      • カシノナガキクイムシにおける嗅覚1次中枢の構造と集合フェロモンの情報処理機構
        岡田龍一; 山崎理正; 伊東康人
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2021年
      • カシノナガキクイムシの飛翔距離決定要因
        山崎理正; PHAM Duy Long; 伊東康人; 岡田龍一; 池野英利
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2021年
      • 芦生冷温帯天然林における集水域単位のシカ防護柵の生態系機能保全効果と実用性の検証 -芦生生物相保全プロジェクト-
        福島慶太郎; 井上みずき; 山崎理正; 阪口翔太; 高柳敦; 境優; 中川光; 平岡真合乃; 吉岡憲成; 池川凛太郎; 石原正恵
        自然保護助成基金助成成果報告書, 2020年09月
      • Wood-boring beetle Platypus quercivorus uses leaf volatiles in host selection
        PHAM DUY Long; ITO Yasuto; OKADA Ryuichi; IKENO Hidetoshi; KAZAMA Haruna; MORI Naoki; YAMASAKI Michimasa
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2020年03月
      • カシノナガキクイムシが穿孔時に好む凹部の角度と飛翔前後の行動変化
        隈廣志; 伊東康人; 池野英利; 山崎理正
        日本森林学会大会学術講演集, 2020年03月
      • 状態空間モデルを用いたシカ個体群の季節変動と年変動
        井上みずき; 伊東宏樹; 山崎理正; 福本繁; 岡本勇貴; 甲木勝也; 福島慶太郎; 境優; 阪口翔太; 藤木大介; 中川光; 中川光; 石原正恵; 高柳敦
        日本森林学会大会学術講演集, 2020年03月
      • カシノナガキクイムシの樹冠上での誘引の試み
        山崎理正; LONG Pham Duy; 伊東康人; 小林徹哉
        日本森林学会大会学術講演集, 2020年03月
      • カシノナガキクイムシの嗅覚1次中枢の構造と集合フェロモンに対する応答
        岡田龍一; 山崎理正; 伊東康人
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2020年03月
      • フライトミルによるカシノナガキクイムシ飛翔行動の活性化要因の解明
        藤原聖真; 山崎理正; 岡田龍一; PHAM Duy Long; 伊東康人; 池野英利
        日本森林学会大会学術講演集, 2020年03月
      • 多様な開花期を示すアキノキリンソウ生態型の時系列トランスクリプトーム解析
        阪口翔太; 永野惇; 石川直子; 堀江健二; 瀬戸口浩彰; 山崎理正; 伊藤元己
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2020年03月
      • 森林の炭素蓄積量推定の落とし穴:冷温帯天然林における生立木の腐朽の影響
        阪部拓海; 石原正恵; 山崎理正; 嵜元道徳; 戸田求; 崎尾均
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2020年03月
      • 冷温帯二次林の39年間の動態
        山崎理正; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2020年03月
      • 林業動静年報 森林保全・環境編 ナラ枯れを媒介する昆虫の生態
        山崎 理正
        山林, 2020年01月
      • ナラ枯れが冷温帯林の長期動態に及ぼす影響
        山崎理正; 金子隆之; 高柳敦; 石原正恵; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2019年03月
      • 立地環境及び競争が植栽木の動態に及ぼす影響
        伊東康人; 藤堂千景; 山瀬敬太郎; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2019年03月
      • 飛来消長と被害木分布から探るカシノナガキクイムシの穿孔対象木決定様式
        山崎理正; 伊東康人
        日本森林学会大会学術講演集, 2019年03月
      • Flight behaviors of the ambrosia beetle Platypus quercivorus revealed by a flight mill
        PHAM DUY Long; ITO Yasuo; OKADA Ryuichi; IKENO Hidetoshi; YAMASAKI Michimasa
        日本森林学会大会学術講演集, 2019年03月
      • 樹幹の凹凸がカシノナガキクイムシの穿孔に及ぼす影響
        隈廣志; PHAM DUY Long; 伊東康人; 山崎理正
        日本森林学会大会学術講演集, 2019年03月
      • Behavioral responses of the ambrosia beetle Platypus quercivorus to chemical volatiles from host leaves
        PHAM DUY Long; YAMASAKI Michimasa; ITO Yasuto; OKADA Ryuichi; IKENO Hidetoshi
        日本森林学会大会学術講演集, 2018年03月
      • カシノナガキクイムシの穿孔被害を受けたミズナラの生残動態
        山崎理正; PHAM DUY Long; 伊東康人
        日本森林学会大会学術講演集, 2018年03月
      • 集合フェロモン濃度変化がカシノナガキクイムシ飛翔特性に及ぼす影響
        石野貴大; 岡田龍一; 伊東康人; PHAM Long Duy; 山崎理正; 池野英利
        日本森林学会大会学術講演集, 2018年03月
      • 大規模防鹿柵は森林性のアリに影響するのか?―設置後10年で見えた変化―
        相場寿秀; 山崎理正; 高柳敦; 藤木大介; 井上みずき; 福島慶太郎; 境優; 阪口翔太
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2018年03月
      • 積雪はシカ目撃個体数の年次変動に影響を与えるのか?
        岡本勇貴; 井上(高橋)みずき; 福本繁; 福島慶太郎; 境優; 阪口翔太; 藤木大介; 高柳敦; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2018年03月
      • 冷温帯落葉広葉樹林の25年間の動態
        山崎理正; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2018年03月
      • Seasonal variations and resource utlization patterns of ambrosia beetles on Fagus crenata
        Iidzuka H; Goto H; Yamasaki M; Osawa N
        Entomology 2017, "Ignite. Inspire. Innovate.", 2017年11月
      • 密集した木は格好の標的―被害木の解析からカシノナガキクイムシの好みを探る―
        山崎理正
        森林防疫, 2017年05月, 査読有り
      • 北海道蛇紋岩地帯におけるアキノキリンソウの生態的種分化
        阪口翔太; 堀江健二; 石川直子; 永野惇; 本庄三恵; 工藤洋; 福島慶太郎; 成田あゆ; 山崎理正; 井鷺裕司; 伊藤元己
        日本植物分類学会大会研究発表要旨集, 2017年03月
      • 早期開花性を獲得した蛇紋岩型アキノキリンソウの集団分化と局所適応
        阪口翔太; 堀江健二; 石川直子; 永野惇; 永野惇; 本庄三恵; 工藤洋; 福島慶太郎; 成田あゆ; 山崎理正; 井鷺裕司; 伊藤元己
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2017年03月
      • 冷温帯二次林におけるクリの衰退
        山崎理正; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2017年03月
      • 集合フェロモンによってカシノナガキクイムシの飛翔特性に違いが生じるか?
        奥田直人; 岡田龍一; PHAM Long Duy; 伊東康人; 山崎理正; 池野英利
        日本森林学会大会学術講演集, 2017年03月
      • シカによる森林下層植生の衰退と窒素流出の関係:降雨時の応答に着目して
        福島慶太郎; 境優; 橋本智之; 阪口翔太; 井上みずき; 藤木大介; 徳地直子; 西岡裕平; 長谷川敦史; 林大輔; 山崎理正; 高柳敦
        日本森林学会大会学術講演集, 2017年03月
      • 羽化脱出直後のカシノナガキクイムシの飛翔生態
        山崎理正; DUY Long Pham; 伊東康人
        日本森林学会大会学術講演集, 2017年03月
      • 特殊土壌への適応が促した森林植物の系統分化
        阪口翔太; 堀江健二; 石川直子; 永野惇; 永野惇; 本庄三恵; 工藤洋; 福島慶太郎; 成田あゆ; 山崎理正; 井鷺裕司; 伊藤元己
        日本森林学会大会学術講演集, 2017年03月
      • Phototaxis behavior of ambrosia beetle Platypus quercivorus before and after flight
        LONG Pham Duy; YAMASAKI Michimasa; ITO Yasuto; OKADA Ryuichi; IKENO Hidetoshi
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2016年03月
      • 二次林ではなぜカシノナガキクイムシに穿孔されても生き残る木が多いのか
        山崎理正; LONG Pham Duy; 伊東康人; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2016年03月
      • 外来植物セイタカアワダチソウの抵抗性の進化の時間的な動態
        坂田ゆず; CRAIG Timothy; ITAMI Joanne; 山崎理正; 大串隆之
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2016年03月
      • ナラ枯れ被害量の推移と分布拡大様式は森林の広域的な分布パターンで説明できるか
        伊東康人; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2016年03月
      • カシノナガキクイムシの飛翔能力は何によって決まるのか
        深谷智史; 奥田直人; 岡田龍一; 伊東康人; 池野英利; 山崎理正
        日本森林学会大会学術講演集, 2016年03月
      • ミズナラの局所的密度がナラ枯れ被害の発生に及ぼす影響
        山崎理正; PHAM DUY Long; 伊東康人; 安藤信
        日本森林学会大会学術講演集, 2016年03月
      • Composition of insect species damaging acacia plantation in Vietnam
        Pham Duy L; Pham Quang T; Le Van B; Yamasaki M
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年03月
      • 外来昆虫アワダチソウグンバイの分布拡大に周囲の植生が与える影響
        坂田ゆず; 山崎理正; 大串隆之
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2016年03月
      • シカによる森林の下層植生の衰退がマルハナバチ訪花植物の繁殖成功に与える影響
        坂田ゆず; 山崎理正
        日本生態学会近畿地区会2015年度第2回例会, 2015年12月
      • How did the interaction of Solidago altissima and lacebugs change between the native and introduced range?
        Sakata Y; Craig T; Itami J; Yamasaki M; Isagi Y; Ohgushi T
        The 2015 ESA Annual Meeting, "Ecological Science at the Frontier: Celebrating ESA’s Centennial", 2015年08月
      • カシノナガキクイムシの穿孔被害を受けて生き残った木の行く末
        伊東康人; 藤堂千景; 田下直人; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2015年03月
      • カシノナガキクイムシに対するエタノールの誘引性
        田下直人; 伊東康人; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2015年03月
      • 下層植生衰退下におけるニホンジカの食性―DNAバーコーディングによる糞分析―
        中原文子; 池川凜太郎; 安藤温子; 山崎理正; 高柳敦; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2015年03月
      • 直近には飛ばないカシノナガキクイムシの移動分散様式
        山崎理正; 金子隆之; 高柳敦; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2015年03月
      • 外来昆虫アワダチソウグンバイは,なぜ侵入地において高密度で見られるか?
        坂田ゆず; CRAIG Timothy; ITAMI Joanne; 山崎理正; 大串隆之
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2015年03月
      • ナラ枯れ被害の進行に伴うブナ科樹木の局所的密度の変化
        山崎理正; 伊東康人; 安藤信
        日本森林学会大会学術講演集, 2015年03月
      • シカの食性解析におけるDNAバーコーディングの有用性
        中原文子; 安藤温子; 村上麻子; 森本直樹; 伊藤英之; 山崎理正; 高柳敦; 井鷺裕司
        日本哺乳類学会大会プログラム・講演要旨集, 2014年09月
      • 外来植物セイタカアワダチソウと外来昆虫アワダチソウグンバイの原産地と侵入地における形質比較
        坂田ゆず; CRAIG Timothy; ITAMI Joanne; 山崎理正; 大串隆之
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2014年03月
      • 冷温帯林におけるブナの衰退と立地環境
        山崎理正; 鮫島悠甫; 金子隆之; 高柳敦; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2014年03月
      • 里山林管理がカシノナガキクイムシの寄主木選択に及ぼす影響
        伊東康人; 藤堂千景; 山瀬敬太郎; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨(Web), 2014年03月
      • カシノナガキクイムシの時空間分布が繁殖成功度に及ぼす影響
        光川侑輝; 山崎理正; 二井一禎; 竹内祐子
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2014年03月
      • 捕獲方法によるキクイムシ類群集構造の違いについて
        飯塚弘明; 後藤秀章; 山崎理正; 大澤直哉
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2014年03月
      • 被害木分布の変遷から探るカシノナガキクイムシの移動分散様式
        山崎理正; 伊東康人; 安藤信
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2014年03月
      • 小笠原諸島に生育するテンノウメ属固有分類群の集団ゲノミクス解析
        海野大和; 加藤英寿; 山崎理正; 井鷺裕司
        日本植物学会大会研究発表記録, 2013年08月
      • Foliar fungi diversity in the tropical rainforest uncovered by metagenomic analysis
        Izuno A; Tanabe AS; Toju H; Yamasaki M; Indrioko S; Kanzaki M; Isagi Y
        The 11th INTECOL Congress, "Ecology: Into the next 100 years", 2013年08月
      • Exotic herbivorous insects as selective agents for an exotic perennial herb, Solidago altissima
        Sakata Y; Ohgushi T; Yamasaki M
        The Ecological Socety of America 98th Annual Meeting, "Sustainable Pathways: Learning From the Past and Shaping the Future", 2013年08月
      • メタゲノム解析による熱帯多雨林の葉圏菌類多様性の解明
        伊津野彩子; 山崎理正; 田辺晶史; 東樹宏和; INDRIOKO Sapto; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨集, 2013年03月
      • 冷温帯林におけるブナの衰退―20年間の毎木調査の結果から―
        山崎理正; 金子隆之; 高柳敦; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨集, 2013年03月
      • 天敵との再会に対する多年生の外来植物の適応~Qst‐Fst法を用いて~
        坂田ゆず; 大串隆之; 安東義乃; 山崎理正; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨集, 2013年03月
      • 蛍光標識を用いたカシノナガキクイムシの飛翔距離推定
        本田美里; 山崎理正; 伊東康人
        日本生態学会大会講演要旨集, 2013年03月
      • 周辺の穿孔木密度がカシノナガキクイムシ穿孔木の枯死率に及ぼす影響
        山崎理正; 伊東康人
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2013年03月
      • アシウスギーブナ混交林におけるエタノールに誘引されたキクイムシ類
        飯塚弘明; 後藤秀章; 山崎理正; 大澤直哉
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2013年03月
      • カシノナガキクイムシの穿孔部位選択様式
        田下直人; 山崎理正; 伊東康人
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2013年03月
      • カシノナガキクイムシが排出するフラスのタイプと宿主樹木の好適性
        山崎理正; ハグスタルノ; 二井一禎
        森林防疫, 2012年05月, 査読有り
      • Shorea leprosula (フタバガキ科) の虫菌害程度に見られる家系間変異とその要因
        伊津野彩子; 山崎理正; 津村義彦; Sapto Indrioko; Widiyatno; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨集, 2012年03月
      • ナラガシワとブナ科3樹種が優占する二次林におけるナラ類集団枯損
        伊東康人; 藤堂千景; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2012年03月
      • ブナ科樹木の樹冠密度がカシノナガキクイムシの寄主木選択に及ぼす影響
        山崎理正; 伊東康人
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2012年03月
      • Phylogeography and conservation genetics of the Japanese endemic conifer Sciadopitys verticillata (Sciadopityaceae) utilizing organellular and nuclear genetic markers
        Worth J; Sakaguchi S; Yamasaki M; Isagi Y
        Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and The 5th EAFES International Congress, "Ecosystem Services and Biodiversity under the Changing World", 2012年03月
      • Historical fragmentation and reconnection of East Asian temperate forests, inferred from range-wide phylogeography of a key canopy tree species, Kalopanax septemlobus
        Sakaguchi S; Qiu Y-X; Liu Y-H; Qi X-S; Kim S-H; Han J; Takeuchi, Y; Worth, JRP; Yamasaki M; Sakurai S; Isagi Y
        Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and The 5th EAFES International Congress, "Ecosystem Services and Biodiversity under the Changing World", 2012年03月
      • Spatiotemporal variation in reproductive success of the ambrosia beetle Platypus quercivorus
        Yamasaki M
        Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ and The 5th EAFES International Congress, "Ecosystem Services and Biodiversity under the Changing World", 2012年03月
      • 兵庫県における過去19年のナラ枯れ被害拡大様式
        伊東康人; 山瀬敬太郎; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 鳥散布液果ミズキの種子散布パターン―結実量と散布者の時空間的変化の影響―
        山崎良啓; 直江将司; 藤津亜季子; 兼子伸吾; 山崎理正; 正木隆; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 報酬のないラン科ナツエビネの送粉生態
        坂田ゆず; 阪口翔太; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • カシノナガキクイムシ穿孔木の枯死確率は空間的に不均一
        山崎理正; 小田崇; 伊東康人; 安藤信
        日本生態学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • シカ過採食圧の放置と排除は埋土種子相にどのように影響するのか―土の中から探る植生回復可能性の評価―
        本田美里; 阪口翔太; 山崎理正; 高柳敦
        日本生態学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • カシノナガキクイムシの穿孔部位による繁殖成功度のばらつき
        小田崇; 山崎理正; 伊東康人
        日本生態学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 伊豆諸島におけるクサギ属植物の花形態進化
        水澤玲子; 山崎理正; 長谷川雅美; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨集, 2011年03月
      • 天然林におけるカシノナガキクイムシの移動分散
        山崎理正
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2011年03月
      • シカ採食圧の放置と排除は植物多様性・群集構造にどのように影響するのか
        阪口 翔太; 藤木 大介; 井上 みずき; 福島 慶太郎; 山崎 理正; 高柳 敦
        日本森林学会大会発表データベース, 2011年
      • 集水域ディフェンスが植物多様性に及ぼす効果
        阪口 翔太; 藤木 大介; 井上 みずき; 福島 慶太郎; 山崎 理正; 高柳 敦
        日本森林学会大会発表データベース, 2011年
      • 東アジアスケールでのハリギリの系統地理 −系統解析とニッチモデリングからのアプローチ−
        阪口翔太; 竹内やよい; 山崎理正; 櫻井聖悟; Ying-Xiong Qiu; Yihui Liu; Xin-shuai Qi; Sea-Hyun Kim; Jingyu Han; 井鷺裕司
        第42回種生物学シンポジウム「系統地理学は何をする」, 2010年12月
      • Host selection by Platypus quercivorus in primary and secondary forests of Japan
        Yamasaki M
        XXIII IUFRO World Congress, "Forests for the Future: Sustaining Society and the Environment", 2010年08月
      • 京都大学芦生研究林におけるナラ枯れを含む枯死拡大の経年変化と地形条件の解析
        今西純一; 矢野裕美子; 山崎理正; 今西亜友美; 夏原由博; 森本幸裕
        日本景観生態学会第20回鳥取大会, 2010年07月
      • The Role of Male and Female of Ambrosia Beetle, Platypus quercivorus-in Its Subsocial System-
        Tarno H; Qi H; Yamasaki M; Kobayashi M; Futai K
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2010年04月
      • ブナを利用するキクイムシ類の群集生態学的研究
        飯塚弘明; 山崎理正; 大澤直哉
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2010年04月
      • ミズナラとクリが優占する二次林におけるカシノナガキクイムシ穿孔木の分布様式
        山崎理正; 伊東康人; 安藤信
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2010年04月
      • Quercus laurifolia,Q.roburにおいて繁殖したカシノナガキクイムシの性比
        山崎理正; 飯塚弘明; 伊東康人
        日本生態学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • 東アジアにおけるハリギリの分断分布はどのように形成されたのか
        阪口翔太; 竹内やよい; 山崎理正; QIU Ying‐Xiong; LIU Yihui; QI Xin‐shuai; KIM Sea‐Hyun; HAN Jingyu; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • 日本に自生しないブナ科2種(Quercus laurifolia,Q.robur)におけるカシノナガキクイムシの繁殖成功度
        伊東康人; 飯塚弘明; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2010年03月
      • 陸化した大陸棚がつなぐ樹木の氷期古分布:東アジアにおけるハリギリの系統地理
        阪口 翔太; 竹内 やよい; 山崎 理正; Qiu Ying-Xiong; Liu Yihui; Qi Xin-shuai; Kim Sea-Hyun; Han Jingyu; 井鷺 裕司
        日本森林学会大会発表データベース, 2010年
      • 気候変動はハリギリの分布・遺伝的多様性にどのように影響するか‐最終氷期・現在・地球温暖化後‐
        阪口翔太; 櫻井聖悟; 竹内やよい; 山崎理正; 井鷺裕司
        日本生態学会大会講演要旨集, 2009年03月
      • モデルで読み解くカシノナガキクイムシの寄主木選択過程
        山崎理正
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2009年03月
      • 集水域スケールでの植物分布確率に及ぼすシカ採食圧と環境要因の影響
        阪口 翔太; 櫻井 聖悟; 藤木 大介; 井上 みずき; 山崎 理正; 高柳 敦
        日本森林学会大会発表データベース, 2009年
      • カシノナガキクイムシのブナへの穿孔パターン
        飯塚弘明; 遠藤力也; 二井一禎; 山崎理正
        日本森林学会大会学術講演集(CD-ROM), 2007年04月
      • 冷温帯天然林におけるミズナラ集団枯死被害の拡大様式
        山崎理正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2007年03月
      • ナラ枯れが雑食性のアリに与える影響―ミズナラを利用するアリの種構成と生息密度―
        寺尾明紀; 山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2007年03月
      • ブナ科4樹種へのカシノナガキクイムシの飛来穿孔パターン
        山崎理正
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年03月
      • ソロメフクレダニによるゴールの植物個体間分布とその要因
        石原正恵; 山崎理正; 吉川純平
        日本応用動物昆虫学会大会講演要旨, 2006年03月
      • Deciduous oak dieback: what causes differences in susceptibility among tree species?
        Yamasaki M
        The Second Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies (EAFES2), "Global Environmental Change and Ecosystems in East Asia", 2006年03月
      • Spatial distribution of bud galls caused by eriophyoid mites on Carpinus tschonoskii
        Ishihara MI; Yamasaki M; Yoshikawa J
        The Second Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies (EAFES2), "Global Environmental Change and Ecosystems in East Asia", 2006年03月
      • Infestation patterns of Platypus quercivorus on four species of Fagaceae
        Yamasaki M
        The Ecological Socety of America 90th Annual Meeting, "Ecology at Multiple Scales", 2005年08月
      • ブナハマゲタマフシの樹冠内分布
        山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2005年03月
      • Seasonal changes in causal factors for spatial variations of leaf herbivory level within a canopy of Fagus crenata
        Yamasaki M
        The First EAFES International Congress, "Ecological Research and Monitoring in Environmental Changes", 2004年10月
      • ブナ樹冠内にみられる被食レベルの変異の要因 -葉位と光環境-
        山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2004年08月
      • 芦生モンドリ谷集水域天然林16haの10年間の動態‐スギが混交する冷温帯下部天然林の地形による変化‐
        安藤信; 金子隆之; 山崎理正; 高柳敦; 山中典和; 長谷川尚史; 酒井徹朗; 金子有子; 大畠誠一
        日本林学会大会学術講演集, 2004年03月
      • 拮抗菌を用いた“ナラ枯れ”防除の試み
        二井一禎; 竹本周平; 神崎菜摘; 小林正秀; 野崎愛; 山崎理正
        日本林学会大会学術講演集, 2004年03月
      • ナラ枯れ宿主木の生理学的研究
        竹内友二; 竹本周平; 山崎理正; 二井一禎
        日本林学会大会学術講演集, 2004年03月
      • カシノナガキクイムシの穿孔様式と辺材成分の変化
        岩竹淳裕; 二井一禎; 山崎理正
        日本林学会大会学術講演集, 2004年03月
      • ブナ樹冠内における被食レベルの空間的及び時間的変異
        山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2003年03月
      • ブナの葉の被食レベルにみられる個体内変異
        山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2002年03月
      • ブナの被食フェノロジー
        山崎理正
        日本生態学会大会講演要旨集, 2001年03月
      • 人工酸性雨処理がクロマツ苗に与える影響 マツカレハ幼虫に及ぼされる間接的な影響
        山崎理正; 藤野徹; 見市貴司
        日本林学会大会学術講演集, 1999年04月
      • 京都市市街地におけるモンクロシャチホコの発生 -ソメイヨシノに見られた狂い咲き-
        山崎理正
        日本林学会関西支部第49回大会講演要旨集, 1998年10月
      • 簡易雨水採取器による初期降雨の採取 -京都大学の3演習林・4試験地における測定結果-
        山崎理正; 安藤信; 川那辺三郎
        第108回日本林学会大会講演要旨集, 1997年04月
      • 人工飼料によるマツカレハ飼育の試み
        山崎理正; 二井一禎
        第107回日本林学会大会講演要旨集, 1996年04月
      • クロマツ苗及びテーダマツ苗の摘葉試験 −摘葉に対する反応の樹種間比較-
        山崎理正; 二井一禎
        第106回日本林学会大会講演要旨集, 1995年04月
      • 京都市域の雨のpHとECの分布 -簡易雨水採取器を用いた初期降雨の測定例-
        安藤信; 金子隆之; 山崎理正; 川那辺三郎
        第106回日本林学会大会講演要旨集, 1995年04月
      • マツカレハによる食害を想定した摘葉に対するクロマツ苗の反応 -針葉のタンニン・窒素の変化-
        山崎理正; 二井一禎
        第105回日本林学会大会講演要旨集, 1994年04月
      • 針葉伸長期に摘葉されたクロマツ苗の針葉のタンニン・窒素の変化 -食葉性昆虫に対する針葉樹の防御反応-
        山崎理正; 二井一禎
        第104回日本林学会大会講演要旨集, 1993年04月
      • 材線虫病によるアカマツの萎凋過程における炭素と窒素の流れ
        山崎理正; 二井一禎
        第103回日本林学会大会講演要旨集, 1992年04月

      講演・口頭発表等

      • 森里を脅かす虫たち~病虫害と森林の管理~
        山崎理正
        森里文化セミナー2020「丹波高原の森の魅力とその現代的危機」, 2021年02月05日, 招待有り
      • 冷温帯林におけるナラ枯れと長期森林動態
        山崎理正
        日本環境動物昆虫学会創立30周年記念大会公開講演会「近年の森林環境の変化と生物多様性保全の課題」, 2018年11月18日, 招待有り
      • 森林病虫害の分布データから被害発生を予測する
        山崎理正
        京大テックフォーラム「フィールドデータを活用した次世代型一次産業」, 2018年03月09日, 招待有り
      • 里山の利用とナラ枯れ
        山崎理正
        平成24年度京都大学森林科学公開講座「里山のいま」, 2012年10月27日, 招待有り
      • ナラ枯れ被害とその防除
        山崎理正
        平成22年度中・四国、近畿地区大学附属演習林等技術職員研修, 2010年10月28日, 招待有り
      • ナラ枯れとカシノナガキクイムシ
        山崎理正
        京都大学フィールド科学教育研究センター公開講座2008「森のしくみとその役割 −変わりゆく芦生の森と生き物たち−」, 2008年07月25日, 招待有り
      • 虫の目から森を観ると
        山崎理正
        平成18年度京都大学森林科学公開講座「森を観るミクロな目・マクロな目」, 2006年10月28日, 招待有り
      • 森の昆虫 切っても切れない木との縁
        山崎理正
        JTBカルチャーサロン「昆虫に学ぶ未来 II」, 2006年05月10日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 森林学の百科事典
        日本森林学会編, 分担執筆, 「植物・動物の防御機構と防衛戦略」
        丸善出版, 2021年01月30日
      • 微生物生態学への招待 -森をめぐるミクロな世界
        二井一禎; 竹内祐子; 山崎理正編, 分担執筆, 「ナラ枯れ~病気を森にまき散らす昆虫」「探索は闇雲じゃなく精確に -微小な昆虫による宿主木の探し方」「親子二世代の連係プレー -木屑が語る坑道の中の社会的な生活」
        京都大学学術出版会, 2012年04月01日, 査読無し
      • 昆虫科学が拓く未来
        藤崎憲治; 西田律夫; 佐久間正幸編, 分担執筆, 「環境変化がもたらす森の衰退」「フィールド教育の実践」
        京都大学学術出版会, 2009年04月01日, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • カシノナガキクイムシの寄主選択におけるエラー回避機構の解明と防除への応用
        基盤研究(B)
        小区分40010:森林科学関連
        京都大学
        山崎 理正
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        ナラ枯れ;カシノナガキクイムシ;触角電気応答;飛翔高度;森林動態;飛翔生態;揮発性物質;樹幹表面構造
      • カシノナガキクイムシの一次誘引物質の特定とナラ枯れ防除への応用
        基盤研究(B)
        小区分40010:森林科学関連
        京都大学
        山崎 理正
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ナラ枯れ;カシノナガキクイムシ;寄主選択;飛翔生態;穿孔行動;森林動態;ブナ科樹木;揮発性物質;フライトミル;穿孔;被害発生予測
      • カシノナガキクイムシの飛翔行動と寄主への反応
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        山崎 理正
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        カシノナガキクイムシ;飛翔行動;フライトミル;フェロモン;オルファクトメーター;揮発性物質;ミズナラ;コナラ;走光性
      • 冷温帯林におけるブナ科樹木の衰退とその要因
        基盤研究(C)
        京都大学
        安藤 信
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ブナ;ミズナラ;クリ;毎木調査;胸高断面積合計;ナラ枯れ;天然林;二次林;直径成長量
      • カシノナガキクイムシの寄主木及び穿孔部位選択様式の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        山崎 理正
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        森林生態;保護;保全;ナラ枯れ;ミズナラ;クリ;カシノナガキクイムシ;寄主選択;繁殖成功;フラス;密度効果;繁殖成功度;うすめの効果;樹冠密度;生息地間競争;アリー効果
      • 森林流行病"ナラ枯れ"の制御因子としての菌類の探索とその利用
        基盤研究(B)
        京都大学
        二井 一禎
        完了
        "ナラ枯れ";ナラ菌;カシノナガキクイ;拮抗菌;ミズナラ;コナラ;誘導抵抗性;防除法;森林流行病;Raffaelea quercivora;共生酵母類;エラグ酸;カフェー酸;没色子酸;Beauveriabassiana;Trichoderma sp.;Lentinuraedodis;酵母類;ナラ枯れ, Japanese Oak Wilt;Raffaelea quercivora;Platypus quercivorus;antagonistic fungi;Quercus crispula;Q. serrata;induced resistance;control methods
      • 植物生態学の新しい統合に関する研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        菊沢 喜八郎;菊澤 喜八郎
        完了
        競争密度効果;収量密度効果;自己間引き;3;2乗則;一方向競争;非対称競争;MNY法則;個体サイズ;密度バイオマスの関係;積算本数・積算サイズとの関係;1方向競争の仮定;個体生長式;密度-バイオマスの関係;積算本数-積算サイズとの関係;バイオマスと本数の変化;自己間引き線, competition-density effect;yield-density effect;self thinning;3;2th power law;one sided competiton;asymmetric competition;MNY method;individual size
      • 京都市域における酸性降下物の拡散と都市林の遷移機構に関する研究
        一般研究(C)
        京都大学
        安藤 信
        完了
        雨水;酸性降下物;拡散;pH;導電率;京都市域;都市林;遷移;PH, rainfall;acid fallout;diffusion;pH;EC;Kyoto City;urban forest;succession
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林生物学専攻演習1
          BB26, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林科学のためのPC利用実習
          6951, 前期集中, 農学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林基礎科学実習I
          6907, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林生物学専攻演習2
          BB27, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林フィールド系実習及び実習法
          6937, 前期, 農学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基礎生態学実験及び実験法
          6842, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          研究林実習I
          6872, 前期集中, 農学部, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林生物学専攻実験1
          BC26, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林生物学専攻実験2
          BC27, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          Forest Science 1
          BA69, 前期集中, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用生態学実験及び実験法
          6818, 後期, 農学部, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林生物学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林生物学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          研究林実習I
          後期集中, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          研究林実習I
          前期集中, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林科学のためのPC利用実習
          前期集中, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林フィールド系実習及び実習法
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          研究林実習I
          前期集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林基礎科学実習I
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林科学のためのPC利用実習
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林フィールド系実習及び実習法
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          研究林実習I
          通年集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Forest Science 1
          通年集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林基礎科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林科学のためのPC利用実習
          前期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林フィールド系実習及び実習法
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          研究林実習I
          前期集中, 農学部
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/08/06

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2018年06月01日, 至 2022年05月31日
              表彰主事, 日本森林学会
            • 自 2014年04月01日, 至 2020年03月31日
              編集委員, 日本森林学会
            • 自 2013年04月01日, 至 2018年03月31日
              プログラム編成委員, 日本森林学会
            • 自 2011年10月01日, 至 2013年09月30日
              編集委員, 応用森林学会
            • 自 2011年10月01日, 至 2013年09月30日
              総務, 応用森林学会

            学術貢献活動

            • 第16回森林昆虫談話会「シカが森林昆虫に及ぼす影響はマイナス?プラス?」
              企画立案・運営等
              第120回日本森林学会大会, 自 2009年03月28日, 至 2009年03月28日
            • 第15回森林昆虫談話会「カバノキ科樹木と植食性昆虫の相互作用系」
              企画立案・運営等
              第119回日本森林学会大会, 自 2008年03月29日, 至 2008年03月29日

            ページ上部へ戻る