教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

粂田 昌宏

クメタ マサヒロ

生命科学研究科 統合生命科学専攻環境応答制御学講座 助教

粂田 昌宏
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院生命科学研究科博士後期課程統合生命科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院生命科学研究科修士課程統合生命科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 総合人間学部自然環境学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      静岡県立掛川西高等学校

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        細胞内難溶性タンパク質群の研究/核膜孔複合体を介した物質輸送機構の研究/音波摂動に対する細胞応答の探索

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細胞生物学

      論文

      • Ultrasonic control of neurite outgrowth direction.
        Haruki Maruyama; Koji Fujiwara; Masahiro Kumeta; Daisuke Koyama
        Scientific reports, 2021年10月11日
      • Modulation of actin-binding and -bundling activities of MISP/Caprice by multiple phosphorylation.
        Nur Diyana Maarof; Masahiro Kumeta; Shige H Yoshimura
        Biochemical and biophysical research communications, 2021年07月05日
      • Redox-Sensitive Cysteines Confer Proximal Control of the Molecular Crowding Barrier in the Nuclear Pore.
        Wanzhen Zhang; Ryuji Watanabe; Hide A Konishi; Takahiro Fujiwara; Shige H Yoshimura; Masahiro Kumeta
        Cell reports, 2020年12月15日
      • N-terminal dual lipidation-coupled molecular targeting into the primary cilium.
        Kumeta M; Panina Y; Yamazaki H; Takeyasu K; Yoshimura SH
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2018年06月, 査読有り
      • Prolines in the α-helix confer the structural flexibility and functional integrity of importin-β.
        Kumeta M; Konishi HA; Zhang W; Sakagami S; Yoshimura SH
        Journal of cell science, 2018年01月01日, 査読有り
      • Cell type-specific suppression of mechanosensitive genes by audible sound stimulation
        Masahiro Kumeta; Daiji Takahashi; Kunio Takeyasu; Shige H. Yoshimura
        PLoS ONE, 2018年01月01日, 査読有り
      • In vivo dynamics of the cortical actin network revealed by fast-scanning atomic force microscopy
        Yanshu Zhang; Aiko Yoshida; Nobuaki Sakai; Yoshitsugu Uekusa; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        MICROSCOPY, 2017年08月, 査読有り
      • Structural Analysis of Long Single-Stranded RNA Molecules with Atomic Force Microscopy Imaging
        Jamie L. Gilmore; Aiko Yoshida; Katashi Deguchi; Suguru Asai; Hideki Aizaki; Masahiro Kumeta; Kiwamu Hyodo; Tetsuro Okuno; Takaji Wakita; Kunio Takeyasu
        3RD INTERNATIONAL MULTIDISCIPLINARY MICROSCOPY AND MICROANALYSIS CONGRESS (INTERM), 2017年, 査読有り
      • Dissecting in vivo steady-state dynamics of karyopherin-dependent nuclear transport
        Ogheneochukome Lolodi; Hiroya Yamazaki; Shotaro Otsuka; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年01月, 査読有り
      • Probing in vivo dynamics of mitochondria and cortical actin networks using high-speed atomic force/fluorescence microscopy
        Aiko Yoshida; Nobuaki Sakai; Yoshitsugu Uekusa; Katashi Deguchi; Jamie L. Gilmore; Masahiro Kumeta; Shuichi Ito; Kunio Takeyasu
        GENES TO CELLS, 2015年02月, 査読有り
      • Analyses of nuclear proteins and nucleic acid structures using atomic force microscopy.
        Gilmore JL; Yoshida A; Takahashi H; Deguchi K; Kobori T; Louvet E; Kumeta M; Yoshimura SH; Takeyasu K
        Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 2015年, 査読有り
      • Structural mechanism of nuclear transport mediated by importin β and flexible amphiphilic proteins.
        Yoshimura SH; Kumeta M; Takeyasu K
        Structure (London, England : 1993), 2014年12月, 査読有り
      • Dynamics of WD-repeat containing proteins in SSU processome components
        Kouko Wada; Manae Sato; Nanase Araki; Masahiro Kumeta; Yuya Hirai; Kunio Takeyasu; Kazuhiro Furukawa; Tsuneyoshi Horigome
        BIOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY-BIOCHIMIE ET BIOLOGIE CELLULAIRE, 2014年06月, 査読有り
      • Probing the stiffness of isolated nucleoli by atomic force microscopy
        Emilie Louvet; Aiko Yoshida; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu
        HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY, 2014年04月, 査読有り
      • Probing the stiffness of isolated nucleoli by atomic force microscopy
        Emilie Louvet; Aiko Yoshida; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu
        HISTOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY, 2014年04月, 査読有り
      • Caprice/MISP is a novel F-actin bundling protein critical for actin-based cytoskeletal reorganizations
        Masahiro Kumeta; Jamie L. Gilmore; Hiroki Umeshima; Masaaki Ishikawa; Shin-ichiro Kitajiri; Tsuneyoshi Horigome; Mineko Kengaku; Kunio Takeyasu
        GENES TO CELLS, 2014年04月, 査読有り
      • Nanoimaging of ssRNA: Genome architecture of the Hepatitis C virus revealed by atomic force microscopy
        Gilmore JL; Aizaki H; Yoshida A; Deguchi K; Kumeta M; Junghof J; Wakita T; Takeyasu K
        J. Nanomed. Nanotechol., 2014年, 査読有り
      • Antibody-based analysis reveals "filamentous vs. non-filamentous" and "cytoplasmic vs. nuclear" crosstalk of cytoskeletal proteins
        Masahiro Kumeta; Yuya Hirai; Shige H. Yoshimura; Tsuneyoshi Horigome; Kunio Takeyasu
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2013年12月, 査読有り
      • Interaction, mobility, and phosphorylation of human orthologues of WD repeat-containing components of the yeast SSU processome t-UTP sub-complex
        Manae Sato; Nanase Araki; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu; Yusuke Taguchi; Takahiro Asai; Kazuhiro Furukawa; Tsuneyoshi Horigome
        Biochemistry and Cell Biology, 2013年12月, 査読有り
      • Interaction, mobility, and phosphorylation of human orthologues of WD repeat-containing components of the yeast SSU processome t-UTP sub-complex
        Manae Sato; Nanase Araki; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu; Yusuke Taguchi; Takahiro Asai; Kazuhiro Furukawa; Tsuneyoshi Horigome
        Biochemistry and Cell Biology, 2013年12月, 査読有り
      • Antibody-based analysis reveals "filamentous vs. non-filamentous" and "cytoplasmic vs. nuclear" crosstalk of cytoskeletal proteins
        Masahiro Kumeta; Yuya Hirai; Shige H. Yoshimura; Tsuneyoshi Horigome; Kunio Takeyasu
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2013年12月, 査読有り
      • Nucleolar scaffold protein, WDR46, determines the granular compartmental localization of nucleolin and DDX21
        Yuya Hirai; Emilie Louvet; Toshiyuki Oda; Masahiro Kumeta; Yuzo Watanabe; Tsuneyoshi Horigome; Kunio Takeyasu
        GENES TO CELLS, 2013年09月, 査読有り
      • Intermolecular disulfide bonds between nucleoporins regulate karyopherin-dependent nuclear transport
        Shige H. Yoshimura; Shotaro Otsuka; Masahiro Kumeta; Mariko Taga; Kunio Takeyasu
        Journal of Cell Science, 2013年07月, 査読有り
      • Intermolecular disulfide bonds between nucleoporins regulate karyopherin-dependent nuclear transport
        Shige H. Yoshimura; Shotaro Otsuka; Masahiro Kumeta; Mariko Taga; Kunio Takeyasu
        Journal of Cell Science, 2013年07月, 査読有り
      • AFM investigation of the organization of actin bundles formed by actin-binding proteins.
        Gilmore J; Kumeta M; Takeyasu K
        Journal of Surface Engineered Materials and Advanced Technology, 2013年, 査読有り
      • Karyopherin-independent spontaneous transport of amphiphilic proteins through the nuclear pore
        Masahiro Kumeta; Hideki Yamaguchi; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2012年11月, 査読有り
      • Nucleocytoplasmic shuttling of cytoskeletal proteins: Molecular mechanism and biological significance
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; James Hejna; Kunio Takeyasu
        International Journal of Cell Biology, 2012年, 査読有り
      • Evolutionary dynamics of spliceosomal intron revealed by in silico analyses of the P-Type ATPase superfamily genes
        Toshiyuki Oda; Ryosuke L. Ohniwa; Yuki Suzuki; Masatsugu Denawa; Masahiro Kumeta; Hideyuki Okamura; Kunio Takeyasu
        MOLECULAR BIOLOGY REPORTS, 2011年04月, 査読有り
      • Molecular mechanisms underlying nucleocytoplasmic shuttling of actinin-4
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Masahiko Harata; Kunio Takeyasu
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2010年04月, 査読有り
      • Single-molecule anatomy by atomic force microscopy and recognition imaging
        Hirohide Takahashi; Kohji Hizume; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        ARCHIVES OF HISTOLOGY AND CYTOLOGY, 2009年12月, 査読有り
      • Cell Cycle-Dependent Phosphorylation of MAN1
        Yasuhiro Hirano; Yuka Iwase; Kohei Ishii; Masahiro Kumeta; Tsuneyoshi Horigome; Kunio Takeyasu
        BIOCHEMISTRY, 2009年02月, 査読有り
      • Proteomic and targeted analytical identification of BXDC1 and EBNA1BP2 as dynamic scaffold proteins in the nucleolus
        Yasuhiro Hirano; Kohei Ishii; Masahiro Kumeta; Kazuhiro Furukawa; Kunio Takeyasu; Tsuneyoshi Horigome
        GENES TO CELLS, 2009年02月, 査読有り
      • Nuclear matrix contains novel WD-repeat and disordered-region-rich proteins
        Kohei Ishii; Yasuhiro Hirano; Nanase Araki; Toshiyuki Oda; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu; Kazuhiro Furukawa; Tsuneyoshi Horigome
        FEBS LETTERS, 2008年10月, 査読有り
      • Nuclear architecture and chromatin dynamics revealed by atomic force microscopy in combination with biochemistry and cell biology
        Yasuhiro Hirano; Hirohide Takahashi; Masahiro Kumeta; Kohji Hizume; Yuya Hirai; Shotaro Otsuka; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • Structural organization of dynamic chromatin
        Kohji Hizume; Shige H. Yoshimura; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu
        Sub-Cellular Biochemistry, 2007年, 査読有り

      MISC

      • Involvement of Actin Dynamics in Endocytotic Process Revealed by Fast-Scanning Atomic Force Microscope
        Aiko Yoshida; Nobuaki Sakai; Yoshitsugu Uekusa; Yanshu Zhang; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2017年02月
      • Non-Invasive Imaging of Membrane Dynamics Accompanied with Endocytosis in Living Cells by Atomic Force Microscopy
        Aiko Yoshida; Shuichi Ito; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2016年02月
      • Prolines in the alpha-helix confer structural flexibility on importin beta necessary for nuclear transport.
        M. Kumeta; H. Konishi; S. Yoshimura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年
      • Dissecting in vivo steady-state dynamics of karyopherin-dependent nuclear transport
        O. Lolodi; H. Yamazaki; S. Otsuka; M. Kumeta; S. Yoshimura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2015年
      • Probing in vivo dynamics of mitochondria and cortical actin networks using highspeed atomic foce/fluorescence microscopy.
        K. Takeyasu; A. Yoshida; N. Sakai; Y. Uekusa; K. Deguchi; J. L. Gilmore; M. Kumeta; S. Ito
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2014年12月
      • Caprice is a novel F-actin bundling protein critical for actin-based cytoskeletal reorganizations
        M. Kumeta; J. L. Gilmore; H. Umeshima; M. Ishikawa; S-I. Kitajiri; T. Horigome; M. Kengaku; K. Takeyasu
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2013年
      • Karyopherin-independent nuclear transport of large cytoskeletal proteins
        M. Kumeta; S. H. Yoshimura; K. Takeyasu
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2011年
      • Karyopherin-independent nuclear transport of spectrin superfamily proteins.
        Masahiro Kumeta; Shotaro Otsuka; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        The American Society for Cell Biology - 50th annual meeting, 2010年12月14日
      • Spectrin-repeat proteins in the nucleus: molecular mechanism and biological significance of the nuclear localization
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        Cold Spring Harbor 75th Symposium: Nuclear organization & Function, 2010年06月04日, 査読有り
      • Nucleo-cytoplasmic shuttling of alpha-actinin 4: molecular mechanism and biological significance.
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Masahiko Harata; Kunio Takeyasu
        EMBO conference: Nuclear structure & dynamics, 2009年09月30日
      • Functional characterization of nuclear alpha-actinin 4.
        Masahiro Kumeta; Yasuhiro Hirano; Ken Hashida; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        The American Society for Cell Biology - 48th annual meeting, 2008年12月13日
      • Mitotic specific translocation of one of the focal adhesion proteins, α-actinin 4, to the nucleolar organizer regions.
        Masahiro Kumeta; Yasuhiro Hirano; Yuya Hirai; Ken Hashida; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        EMBO workshop: The nucleolus and disease, 2008年06月23日
      • Characterization of the novel structural proteins in the nucleolus
        Kumeta M; Yoshimura SH; Harata M; Takeyasu K
        The 9th AEARU Workshop on Molecular Biology and Biotechnology, 2008年03月25日, 査読有り
      • Single-molecule imaging, force measurement and fluorescence observation reveal protein and chromosome dynamics around the nuclear envelope
        S. Otsuka; Y. Hirano; H. Takahashi; M. Kumeta; K. Takeyasu; S. H. Yoshimura
        2007 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANO MECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE, VOLS 1 AND 2, 2007年, 査読有り
      • Three major groups of antigens in nucleolus revealed by an antibody gallery
        M Kumeta; Y Hirano; M Denawa; SH Yoshimura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2004年11月

      講演・口頭発表等

      • Cellular responses to audible sound stimulations
        粂田 昌宏
        SPIRITS International Symposium 2018, 2018年02月28日, 招待有り
      • Beyond the size barrier of the nuclear pore: molecular mechanisms underlying nucleocytoplasmic shuttling of amphiphilic proteins
        The 10th NTU-Japan International mini-Symposium on Molecular and Cell Biology, 2012年01月08日, National Taiwan University, 招待有り
      • Dynamic regulation of nuclear functions by subcellular scaffolding proteins
        Translational Science – Animal Biotechnology Symposium, 2010年06月19日, National Taiwan University, 招待有り

      書籍等出版物

      • 核マトリックスタンパク質
        堀米恒好; 古川和広; 粂田昌宏; 平井悠哉; 竹安邦夫
        生体の科学(医学書院)62 巻 5 号:402-403, 2011年, 査読無し
      • 核小体の単離・精製とその構造
        Emilie Louvet; 粂田昌宏; 竹安邦夫
        生体の科学(医学書院)62 巻 5 号:424-425, 2011年, 査読無し
      • 核内における細胞骨格関連タンパク質
        粂田昌宏; 竹安邦夫
        生体の科学(医学書院)62 巻 5号:408-409, 2011年, 査読無し
      • Structural organization of dynamic chromatin.
        Kohji Hizume; Shige H. Yoshimura; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu
        Subcellular Biochemistry, 2007年, 査読無し

      受賞

      • 2016年11月01日
        第4回京都大学学際研究着想コンテスト, 優秀賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 個人ごとに異なる口腔微生物叢を安全にコントロールする方法の開発
        基盤研究(C)
        小区分57080:社会系歯学関連
        大阪歯科大学
        円山 由郷
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        口腔微生物叢;マイクロバイオーム;音波
      • ソノジェネティクスの実用化に向けた生命科学・音響科学融合アプローチ
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        粂田 昌宏
        自 2020年07月30日, 至 2023年03月31日, 交付
        遺伝子工学;細胞工学;音波;音響細胞生物学
      • ライブセルハイブリッドイメージングによる細胞膜微細構造変化の分子機構解明
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        吉村 成弘
        自 2018年10月09日, 至 2022年03月31日, 交付
        高速原子間力顕微鏡;超解像顕微鏡;エンドサイトーシス;膜ダイナミクス;クラスリン;BARドメインタンパク質;膜動態;ライブセルイメージング;細胞膜
      • 音波摂動を用いた遺伝子操作技術「ソノジェネティクス」の創出
        挑戦的研究(萌芽)
        京都大学
        粂田 昌宏
        自 2017年06月30日, 至 2020年03月31日, 完了
        音波;ソノジェネティクス;遺伝子;遺伝子操作;遺伝子工学;細胞分化;メカノバイオロジー;音響細胞生物学;細胞;音響
      • 難溶性アクチン結合タンパク質カプリースによる細胞骨格制御機構の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        粂田 昌宏
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        細胞骨格;生化学;細胞生物学;アクチン;分子生物学;天然変性領域
      • 核-細胞質間の物質輸送を制御する核膜孔複合体内の分子動態の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        粂田 昌宏
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        核膜孔複合体;核輸送;輸送タンパク質;分子個性;インポーチン
      • 細胞骨格主導の核機能の制御機構の解明
        研究活動スタート支援
        京都大学
        粂田 昌宏
        完了
        細胞・組織;分子細胞生物学;核膜孔複合体;細胞骨格;核輸送;アクチニン;スペクトリン

      外部資金:その他

      • 新規アクチン結合タンパク質C19orf21の神経発生過程における機能
        物質細胞統合システム拠点(iCeMS)学際融合研究推進プロジェクト
        自 2011年04月, 至 2012年03月
        代表
      • 一分子蛍光測定による核膜孔複合体の機能的バリエーションの解析
        物質細胞統合システム拠点(iCeMS)学際融合研究推進プロジェクト
        自 2014年07月, 至 2015年03月
        代表
      • 京都大学融合チーム研究プロジェクトSPIRITS
        自 2014年07月, 至 2016年03月
        代表
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          バイオテクノロジー入門1
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          バイオテクノロジー入門2
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生化学入門101
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生化学入門102
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          バイオテクノロジー入門1
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          バイオテクノロジー入門2
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生化学入門101
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生化学入門102
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Advanced Moleculer and Cell Biology II
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学入門101
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学入門102
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端生命科学を支える技術I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端生命科学を支える技術II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          英語講義:ライフ・サイエンスI
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Advanced Moleculer and Cell Biology II
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学入門101
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学入門102
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Advanced Moleculer and Cell Biology II
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学入門101
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学入門102
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Advanced Moleculer and Cell Biology II
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2013年07月24日, 至 2016年03月31日
            国際教育委員会

          ページ上部へ戻る