教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

高柳 敦

タカヤナギ アツシ

農学研究科 森林科学専攻森林環境科学講座 准教授

高柳 敦
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 造園学会
    • 日本哺乳類学会
    • 日本林学会

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程林学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部林学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        大型野生動物による森林被害の発生機構とその防除と野生動物保護管理施策の在り方
      • 研究概要

        ニホンカモシカ、ニホンジカ、ツキノワグマなどの大型野生動物による森林被害を科学的に防除、管理するために被害発生のメカニズムを解明するため、被害量の把握、個体数密度の把握、食性の把握などを把握し、効果的な被害防除対策の在り方を探っている。また、野生動物保護管理の社会的位置づけや保護管理施策の在り方に関する社会科学的側面についての研究も行っている。これらの研究を通して、野生動物の総合的管理の実現ならびに野生動物が組み込まれた社会の構築をめざしている被害防除に関する実学的側面、関する社会学的側面に関する研究を行っている。

      研究キーワード

      • 野生動物保全学
      • 野生動物管理学
      • Wildlife Conservation Science
      • Wildlife Management

      研究分野

      • ライフサイエンス, 森林科学

      論文

      • シカの利用強度の違いが 開放地の草本植生に与える影響
        高柳 敦
        日本哺乳類学会2009年度大会, 2009年
      • 日本における野生動物の属地的保護管理の在り方
        高柳 敦
        日本哺乳類学会2008年度大会, 2008年
      • ドイツにおける農家民宿経営 -バーデンーヴュルテンベルク州の事例-
        高柳 敦
        森林応用研究,9/2, 2000年
      • Two management types of form inn in Germany -Case study in Baden -W(]E88DB[)rttemberg state-
        高柳 敦
        Applied Forest Science,9/2, 2000年
      • 生態系保全と大型野生動物保護
        高柳 敦
        琵琶湖研究所所報第15号,/15, 1997年
      • 生態系保全と大型野生動物保護
        高柳 敦
        琵琶湖研究所所報,/15,86-93, 1997年
      • Wildlife Protection and Conservation of Ecosystem
        高柳 敦
        Annual Report of Lake Biwa Research Institute,/15, 1997年
      • Ecosystem Conservation and Wildlife Management
        高柳 敦
        Biwa Lake Research Institute Report,/15,86-93, 1997年
      • 日本の狩猟制度とニホンカモシカ食害問題(ドイツ語)
        高柳 敦
        狩猟学雑誌,40/,48-61, 1994年
      • Japanese Hunting System and Wildlife Damage Problems Caused by Japanese Serow (┣DBCapricornis Crispus(/)-┫DB) (in German)
        高柳 敦
        Journal of Hunting Science (Zeitschrift f(]E88DB[)r Jagdwissenschaft),40/,48-61, 1994年
      • 保護管理から見た野生動物の価値と公共財としての特質
        高柳 敦
        日本林学会関西支部論文集,2,47-50, 1993年
      • The Classification of Wildlife Value and Characteristics of Wildlife as Goods with Reference to Its Management
        高柳 敦
        Transactions of Kansai Branch of The Japanese Forest Society,2,47-50, 1993年
      • クマハギの防除に関する研究((T(]G0005[)))-防除テープ巻き付けの功程-
        高柳 敦
        京都大学農学部附属演習林集報,23, 1992年
      • 日本人の動物に対する態度の特性について
        高柳 敦
        造園雑誌,55/5, 1992年
      • 北海道演習林標茶区におけるエゾシカ目撃記録
        高柳 敦
        京都大学農学部附属演習林集報,23, 1992年
      • The Relationships between Japanese Attitudes toward Animals and Sex, Age, Other Attributes and Activities
        高柳 敦
        Journal of the Japanese Institute of Landscape Architects,55/5, 1992年
      • Studies on the Control of Block Bear Damage to Forest Trees ((T(]G0005[)))Time Study on Protection Tape Winding Work.
        高柳 敦
        The Reports of The Kyoto University Forests,23, 1992年
      • Sighting records of Sika-deer at Shibecha district of Kyoto University Forest in Hokkaido
        高柳 敦
        The Reports of The Kyoto University Forests,23, 1992年
      • 北海道標茶区人工林におけるエゾシカ害の状況とその防護法(]G0003[)
        高柳 敦
        京都大学農学部附属演習林集報,20, 1990年
      • Protection of Deer Damage to Forests in Shibecha Division of Kyoto University in Hokkaido (]G0003[)
        高柳 敦
        The Reports of The Kyoto University Forests,20, 1990年
      • カモシカ・シカの保護管理に関する一試論
        高柳 敦
        京都大学農学部演習林報告,60, 1988年
      • The Effective Use of Deer-Proof Fence on Management of Japanese Serow and Sika Deer
        高柳 敦
        Bulltin of The Kyoto University Forests,60, 1988年
      • 和歌山演習林におけるニホンカモシカおよびニホンジカの生息数の推定
        高柳 敦
        京都大学農学部演習林報告,59, 1987年
      • Estimation of Population Density of Japanese Serow and Sika Deer in Kyoto University Forest in Wakayama
        高柳 敦
        Bulletin of The Kyoto University Forests,59, 1987年
      • 拡大造林地域におけるカモシカ食害対策とその評価
        高柳 敦
        京都大学農学部演習林報告,58, 1986年
      • The Case Study on Fencing System against The Tree Damage by Japanese Serow in An Intensively Afforested Area
        高柳 敦
        Bulletin of The Kyoto University Forests,58, 1986年

      MISC

      • Effects of different frequency of deer foraging on herbaceous communities in open site
        Atsushi Takayanagi
        7th International Deer Biology Congress, 2010年
      • ニホンジカによる被害-評価・モニタリング・防除-
        高柳 敦
        ニホンジカの個体群管理,/,89-93, 1999年
      • Deer damage-estimation, monitoring, prevention-
        高柳 敦
        Population control of sika deer,/,89-93, 1999年
      • ニホンカモシカ、ニホンジカによる林業被害とその防除
        高柳 敦
        野生動物と共存する林業,/,42-52, 1998年
      • Tree damage by Japanese serow and sika deer and protection methods
        高柳 敦
        Forestry Coexistance with Wild Animals,/,42-52, 1998年
      • 環境林施業の展開と里山保全行政(I)-「環境林整備事業」の事例分析から-
        高柳 敦
        第103回日本林学会大会発表論文集,, 1992年
      • 新たに提案された「付属書改正のための基準」(京都基準案)の諸問題
        高柳 敦
        関西自然保護機構会報(14巻特別号31-39頁),, 1992年
      • The Environmental Management by Administrations for Conservation of Forests near Residential Area-Their Actual Actions in the Environmental Forest Projects-
        高柳 敦
        Transactions of the 103rd Annual Meeting of the Japanese Forestry Society.,, 1992年
      • Criticism on "Kyoto Criteria"
        高柳 敦
        Contribution from Kansai Organization for Nature Conservation,, 1992年
      • 「鳥獣保護及狩猟ニ関する法律」の改善について((]G0002[))-狩猟をめぐる状況
        高柳 敦
        第102回日本林学会大会発表論文集,102, 1991年
      • Study on A Improvement of Wildlife Protection and Hunting Low ((]G0002[))-Comparison of Condition for Hunting between Japan and F. R. G.
        高柳 敦
        Transaction of 102nd Meeting Japanese Forestry Society,102, 1991年
      • 滋賀県下での金網を用いたカモシカ・シカ用防護柵の耐久性
        高柳 敦
        第99回日本林学会大会発表論文集,99, 1988年
      • The durability of Deer Proof Fence
        高柳 敦
        Transaction of 99th Meeting Japanese Forestry Society,99, 1988年
      • 野生動物保護区の設定に伴う問題点-カモシカ保護地域設定の現状
        高柳 敦
        第98回日本林学会大会発表論文集,, 1987年
      • The Conditions of Wildlife Reserves -In the Case of Japanese Serow
        高柳 敦
        Transaction of 98th Meeting Japanese Forestry Society,, 1987年
      • カモシカ・シカによる造林木食害の影響
        高柳 敦
        第97回日本林学会大会発表論文集,, 1986年
      • Protection from feeding Injury by the Japanese Serow and Deer
        高柳 敦
        Transactions of 97th Meeting Japanese Forestry Society,, 1986年

      書籍等出版物

      • 哺乳類
        高柳 敦
        “滋賀の田園の生き物”(所収),サンライズ出版,154-161, 2001年, 査読無し
      • Mammal
        高柳 敦
        In "Flora and Fauna of Rural Biotopes in Shiga", Sanraizushuppan,154-161, 2001年, 査読無し
      • 現代山村における猟区と狩猟管理
        高柳 敦
        "森林・林業と中山間地域問題"(所収)、日本林業調査会,/,63-79, 1995年, 査読無し
      • Hunting Districts and Hunting Management in Modern Village
        高柳 敦
        In "Forests and Forestry Relating to Problems in Mountainous Area", Nihon Ringyo Chosa Kai,/,63-79, 1995年, 査読無し
      • 野生動物資源の持続的利用と生態系保護
        高柳 敦
        "国際化時代の森林資源問題"(所収)日本林業調査会,304-315, 1993年, 査読無し
      • The Role of Sustainable Use of Wildlife in Conservation of Ecosystem.
        高柳 敦
        In "Forest Resource Management in International Era. "Nihon Ringyo Chosa Kai,304-315, 1993年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 自動撮影カメラとラジコンヘリによるニホンジカの革新的な密度推定手法の開発
        基盤研究(C)
        日本大学
        中島 啓裕
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        密度推定;自動撮影カメラ;ドローン;野生動物;密度;個体群サイズ;ニホンジカ
      • シカの食害環境下にあるナラ枯れ被害林分の植生回復の可能性:京都三山における予測
        基盤研究(C)
        京都府立大学
        長島 啓子
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        シカの食害;ナラ枯れ被害林分;植生回復;防鹿柵;森林再生;小面積皆伐;衛星リモートセンシング
      • 冷温帯林におけるブナ科樹木の衰退とその要因
        基盤研究(C)
        京都大学
        安藤 信
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ブナ;ミズナラ;クリ;毎木調査;胸高断面積合計;ナラ枯れ;天然林;二次林;直径成長量
      • シカによる農林業被害に対する生息環境整備と防護柵の被害防止効果に関する研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        高柳 敦
        完了
        ニホンジカ;農林業被害;野生動物保護管理;総合的管理;GIS;利用可能食物量;利用密度指標;利用密度推定;被害防除
      • 植物生態学の新しい統合に関する研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        菊沢 喜八郎;菊澤 喜八郎
        完了
        競争密度効果;収量密度効果;自己間引き;3;2乗則;一方向競争;非対称競争;MNY法則;個体サイズ;密度バイオマスの関係;積算本数・積算サイズとの関係;1方向競争の仮定;個体生長式;密度-バイオマスの関係;積算本数-積算サイズとの関係;バイオマスと本数の変化;自己間引き線, competition-density effect;yield-density effect;self thinning;3;2th power law;one sided competiton;asymmetric competition;MNY method;individual size
      • ヨーロッパ・グリーンツーリズムの発展構造の経済学的分析
        基盤研究(A)
        京都大学
        岩井 吉彌
        完了
        ヨーロッパ;グリーンツーリズム;農家民宿;中・下流階級;長期滞在;集客努力;自給部分;有機農産物;オーストリア;ドイツ;農村観光;農業;森林管理;観光マーケティング;農林業;地域経済, Europe;green tourism;farmer's inn;middle and lower classes;long stay;attract the tourists;self-support;organic crops
      • 現代日本における猟区制度展開の可能性
        奨励研究(A)
        京都大学
        高柳 敦
        完了
        猟区;狩猟;ハンター;滋賀県;アンケート調査;野性動物保護管理
      • 京都市域における酸性降下物の拡散と都市林の遷移機構に関する研究
        一般研究(C)
        京都大学
        安藤 信
        完了
        雨水;酸性降下物;拡散;pH;導電率;京都市域;都市林;遷移;PH, rainfall;acid fallout;diffusion;pH;EC;Kyoto City;urban forest;succession

      外部資金:その他

      • ニホンカモシカ・ニホンジカによる食害問題の解析
      • 猟区を中心とした野生動物保護管理制度に関する研究
      • ツキノワグマの生態と被害防除に関する研究
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          野生動物保全学
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          研究林実習II
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林生物学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林生物学専攻演習
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林生物学特論Ⅱ
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          研究林実習II
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          野生動物保全学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          野生動物保全学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          研究林実習II
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林生物学特論 II
          後期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物保全学
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          研究林実習II
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          野生動物問題の現場を知る
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林生物学特論 II
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          研究林実習II
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物保全学
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          野生動物問題の現場を知る
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          研究林実習II
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          研究林実習I
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          野生動物保全学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林動物学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学専攻演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林生物学特論2
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          研究林実習II
          後期集中, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          研究林実習I
          後期集中, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林動物学
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林基礎科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林生物学特論2
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          研究林実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          研究林実習I
          前期集中, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林動物学
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林基礎科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林生物学特論2
          後期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林フィールド系実習及び実習法
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          研究林実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          研究林実習I
          前期集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林初修生物学
          後期集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林動物学
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林基礎科学実習I
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林生物学特論2
          後期, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林フィールド系実習及び実習法
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          研究林実習II
          通年集中, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          研究林実習I
          通年集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Forest Science 1
          通年集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用生態学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林初修生物学
          後期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林動物学
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林基礎科学実習I
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林生物学特論2
          後期, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林フィールド系実習及び実習法
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          研究林実習II
          前期集中, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          研究林実習I
          前期集中, 農学部
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            図書委員会 委員

          ページ上部へ戻る