教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

片平 正人

カタヒラ マサト

エネルギー理工学研究所 エネルギー利用過程研究部門 教授

片平 正人
list
    Last Updated :2022/08/16

    基本情報

    協力講座

    • エネルギー科学研究科, エネルギー基礎科学専攻 エネルギー物質科学講座, 教授

    学内兼務

    • 学際融合教育研究推進センター, 非線形・非平衡プラズマ科学研究ユニット

    所属学協会

    • 日本核酸化学会
    • 日本核磁気共鳴学会
    • 日本蛋白質科学会
    • 日本RNA学会
    • 日本生化学会
    • 日本化学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本生物物理学会

    学位

    • 理学修士(東京大学)
    • 理学博士(大阪大学)

    出身大学院・研究科等

    • 大阪大学, 大学院理学研究科博士後期課程無機及び物理化学専攻, 修了
    • 東京大学, 大学院理学系研究科博士前期課程相関理化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 早稲田大学, 理工学部応用物理学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      静岡聖光学院, しずおかせいこうがくいん

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 2023年03月
      京都大学エネルギー理工学研究所, 附属エネルギー複合機構研究センター, センター長
    • 自 2010年02月01日
      京都大学エネルギー理工学研究所, 教授
    • 自 1995年, 至 2005年
      横浜国立大学 助教授
    • 自 1992年, 至 1995年
      横浜国立大学 講師
    • 自 1990年, 至 1992年
      ヒューマンフロンティアサイエンスプログラムのポストドクトラルフェロー(オランダユトレヒトナー)
    • 自 1989年, 至 1990年
      日本学術振興会 特別研究員 (大阪大学)
    • 自 2005年, 至 2010年
      横浜市立大学 大学院国際総合科学研究科 生体超分子科学専攻, 教授

    プロフィール

    • プロフィール

      タンパク質、機能性核酸及びバイオマスに関し、構造生物学的なアプローチを行っています。

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/16

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        病気に関連したタンパク質、病気に関連した機能性核酸、非可食性木質バイオマス、構造生物学、NMR法
      • 研究概要

        NMR法等の構造生物学的な手法によって、病気に関連したタンパク質、病気に関連した機能性核酸、非可食性木質バイオマスに関する研究を行い、創薬とバイオリファイナリーを目指しています。

      研究キーワード

      • 創薬
      • 病気
      • バイオマス
      • タンパク質
      • 核酸
      • 物理系薬学
      • 構造生物学
      • Physical Pharmaceutics
      • Structural Biology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系分析、物理化学
      • ライフサイエンス, 生物物理学

      論文

      • Correction: Significance of a histone-like protein with its native structure for the diagnosis of asymptomatic tuberculosis.
        Yukiko Ohara; Yuriko Ozeki; Yoshitaka Tateishi; Tsukasa Mashima; Fumio Arisaka; Yasuo Tsunaka; Yoshie Fujiwara; Akihito Nishiyama; Yutaka Yoshida; Kengo Kitadokoro; Haruka Kobayashi; Yukihiro Kaneko; Ichiro Nakagawa; Ryoji Maekura; Saburo Yamamoto; Masato Katahira; Sohkichi Matsumoto
        PloS one, 2021年
      • 1L1615 HIV Tatタンパク質に対するRNAアプタマーによる分子捕捉のメカニズム
        松上 明正; 小林 伸一郎; 大橋 粛; 上杉 晴一; 山本 利香; 西川 輸; 多比良 和誠; クマール ペンメチャ; 片平 正人
        生物物理, 2000年
      • Functional and Structural Characterizations of Lytic Polysaccharide Monooxygenase, Which Cooperates Synergistically with Cellulases, from Ceriporiopsis subvermispora
        Huyen Nguyen; Keiko Kondo; Yusei Yagi; Yu Iseki; Nagi Okuoka; Takashi Watanabe; Bunzo Mikami; Takashi Nagata; Masato Katahira
        ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 2022年01月04日, 査読有り
      • Natural Organic Ultraviolet Absorbers from Lignin
        Keigo Mikame; Yasunori Ohashi; Yoshiyuki Naito; Hiroshi Nishimura; Masato Katahira; Satoshi Sugawara; Kenzo Koike; Takashi Watanabe
        ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 2021年12月13日
      • Non-coding RNA suppresses FUS aggregation caused by mechanistic shear stress on pipetting in a sequence-dependent manner
        Nesreen Hamad; Ryoma Yoneda; Masatomo So; Riki Kurokawa; Takashi Nagata; Masato Katahira
        Scientific Reports, 2021年12月
      • Glyme-Lithium Bis(trifluoromethylsulfonyl)amide Super-concentrated Electrolytes: Salt Addition to Solvate Ionic Liquids Lowers Ionicity but Liberates Lithium Ions
        Atsushi Kitada; Yoshiki Koujin; Masahiro Shimizu; Kio Kawata; Chiaki Yoshinaka; Masayuki Saimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Kazuhiro Fukami; Kuniaki Murase
        Journal of The Electrochemical Society, 2021年09月01日
      • Structural determination of the sheath-forming polysaccharide of Sphaerotilus montanus using thiopeptidoglycan lyase which recognizes the 1,4 linkage between α-d-GalN and β-d-GlcA
        Daisuke Kashiwabara; Keiko Kondo; Ryoji Usami; Daisuke Kan; Izuru Kawamura; Yuta Kawasaki; Michio Sato; Tadashi Nittami; Ichiro Suzuki; Masato Katahira; Minoru Takeda
        International Journal of Biological Macromolecules, 2021年07月
      • Investigation of the Interaction of Human Origin Recognition Complex Subunit 1 with G-Quadruplex DNAs of Human c-myc Promoter and Telomere Regions
        Afaf Eladl; Yudai Yamaoki; Shoko Hoshina; Haruka Horinouchi; Keiko Kondo; Shou Waga; Takashi Nagata; Masato Katahira
        International Journal of Molecular Sciences, 2021年03月27日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • An Ammonium Solvate Ionic Liquid
        Kio Kawata; Atsushi Kitada; Kazuhiro Fukami; Masayuki Saimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Kuniaki Murase
        Journal of The Electrochemical Society, 2021年02月01日, 査読有り
      • Ligand Exchange Conduction of Lithium Ion in a Pentaglyme-Lithium Bis(trifluoromethylsulfonyl)amide Super-Concentrated Electrolyte
        Atsushi Kitada; Kio Kawata; Masahiro Shimizu; Masayuki Saimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Kazuhiro Fukami; Kuniaki Murase
        Journal of The Electrochemical Society, 2021年01月15日, 査読有り
      • Detection of parallel and antiparallel DNA triplex structures in living human cells using in-cell NMR
        Tomoki Sakamoto; Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Masato Katahira
        Chemical Communications, 2021年
      • Proton conduction in hydronium solvate ionic liquids affected by ligand shape
        Kio Kawata; Atsushi Kitada; Naoki Tsuchida; Masayuki Saimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Kazuhiro Fukami; Kuniaki Murase
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2021年, 査読有り
      • Improved Anti-Prion Nucleic Acid Aptamers by Incorporation of Chemical Modifications
        Jussara Amato; Tsukasa Mashima; Yuji O. Kamatari; Kazuo Kuwata; Ettore Novellino; Antonio Randazzo; Concetta Giancola; Masato Katahira; Bruno Pagano
        Nucleic Acid Therapeutics, 2020年12月01日, 査読有り
      • Development and structural determination of an anti-PrPC aptamer that blocks pathological conformational conversion of prion protein
        Tsukasa Mashima; Joon-Hwa Lee; Yuji O. Kamatari; Tomohiko Hayashi; Takashi Nagata; Fumiko Nishikawa; Satoshi Nishikawa; Masahiro Kinoshita; Kazuo Kuwata; Masato Katahira
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Structural evaluation and protium-deuterium exchange in 1-ethyl-3-methylimidazolium halide-ethylene glycol mixtures
        Zhengfei Chen; Yuto Tonouchi; Kazuhiko Matsumoto; Seiji Tsuzuki; Takashi Nagata; Masato Katahira; Rika Hagiwara
        Journal of Fluorine Chemistry, 2020年11月, 査読有り
      • NMR Elucidation of Nonproductive Binding Sites of Lignin Models with Carbohydrate-Binding Module of Cellobiohydrolase I
        Yuki Tokunaga; Takashi Nagata; Keiko Kondo; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        Biotech. Biofuels., 2020年09月11日, 査読有り
      • Direct visualization of the conformational change of FUS/TLS upon binding to promoter-associated non-coding RNA
        Hamad, N; Watanabe, H; Uchihashi, T; Kurokawa, R; Nagata, T; Katahira, M
        Chem. Commun., 2020年07月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Fluoride Ion Interactions in Alkali-Metal Fluoride-Diol Complexes
        Tonouchi Y; Matsumoto K; Nagata T; Katahira M; Hagiwara R
        Inorganic Chemistry, 2020年04月22日, 査読有り
      • Recent progress of in-cell NMR of nucleic acids in living human cells
        Yamaoki Y; Nagata T; Sakamoto T; Katahira M
        Biophysical Reviews, in press, 2020年03月, 査読有り, 招待有り
      • The Electrochemical Society Suppression of Fast Proton Conduction by Dilution of a Hydronium Solvate Ionic Liquid: Localization of Ligand Exchange
        Kawata K; Kitada A; Tsuchida N; Saimura M; Nagata T; Katahira M; Fukami K; Murase K
        Journal of The Electrochemical Society, 2020年02月26日, 査読有り
      • RNA sequence and length contribute to RNA-induced conformational change of TLS/FUS
        Hamad N; Mashima T; Yamaoki Y; Kondo K; Yoneda R; Oyoshi T; Kurokawa R; Nagata T; Katahira M
        Scientific Reports, doi: 10.1038/s41598-020-59496-0, 2020年02月14日, 査読有り
      • Observation of nucleic acids inside living human cells by in-cell NMR spectroscopy
        Yamaoki, Y; Nagata, T; Sakamoto, T; Katahira, M
        Biophysics and Physicobiology, 2020年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Complete NMR assignment and analysis of molecular structural changes of -O-4 lignin oligomer model compounds in organic media with different water content
        Tokunaga, Y; Nagata, T; Kondo, K; Katahira, M; Watanabe, T
        Holzforschung, 2020年, 査読有り
      • Aggregability of β(1→4)-linked glucosaminoglucan originating from a sulfur-oxidizing bacterium Thiothrix nivea
        Takeda, M; Kondo, K; Tomonaga, R; Mori, H; Kato, M; Usami, R; Murakami, T; Ueda, K; Suzuki, I; Katahira, M
        Biosci. Biotech. Biochem., 2020年, 査読有り, 最終著者
      • Evaluation of ring-5 structures of guaiacyl lignin in Ginkgo biloba L. using solid- and liquid-state C-13 NMR difference spectroscopy
        Dan Aoki; Kenta Nomura; Masashi Hashiura; Yoshinori Imamura; Sonoka Miyata; Noritsugu Terashima; Yasuyuki Matsushita; Hiroshi Nishimura; Takashi Watanabe; Masato Katahira; Kazuhiko Fukushima
        HOLZFORSCHUNG, 2019年12月, 査読有り
      • How Does the Recently Discovered Peptide MIP Exhibit Much Higher Binding Affinity than an Anticancer Protein p53 for an Oncoprotein MDM2?
        Tatsuya Yamada; Tomohiko Hayashi; Simon Hikiri; Naohiro Kobayashi; Hiroshi Yanagawa; Mitsunori Ikeguchi; Masato Katahira; Takashi Nagata; Masahiro Kinoshita
        Journal of Chemical Information and Modeling, 2019年08月26日, 査読有り
      • An insight into the dependence of the deaminase activity of human APOBEC3F on the length of single-stranded DNA, which is affected by the concentrations of APOBEC3F and single-stranded DNA
        Wan, L; Kamba, K; Nagata, T; Katahira, M
        Biochim. Biophys. Acta, 2019年, 査読有り
      • Identification of key residues for activities of atypical glutathione S-transferase of Ceriporiopsis subvermispora, a selective degrader of lignin in woody biomass, by crystallography and functional mutagenesis
        Wan Osman; W. H; Mikami, B; Saka, N; Kondo, K; Lin, M. I; Nagata, T; Katahira, M
        Int. J. Biol. Macromol., 2019年, 査読有り
      • The anti-prion RNA aptamer R12 disrupts the Alzheimer’s disease-related complex between prion and amyloid β
        Iida, M; Mashima, T; Yamaoki, Y; So, M; Nagata, T; Katahira, M
        FEBS J., 2019年, 査読有り
      • Structure of a serine-type glutathione S-transferase of Ceriporiopsis subvermispora and identification of the enzymatically important non-canonical residues by functional mutagenesis
        Wan Osman; W. H; Mikami, B; Saka, N; Kondo, K; Nagata, T; Katahira, M
        Biochem. Biophys. Res. Commun., 2019年, 査読有り
      • NMR analysis of molecular interaction of lignin with amino acid residues of carbohydrate-binding module from Trichoderma reesei Cel7A
        Tokunaga, Y; Nagata, T; Suetomi, T; Oshiro, S; Kondo, K; Katahira, M; Watanabe, T
        Sci. Rep.Sci. Rep., 2019年, 査読有り
      • Characterization of the glutathione S-transferases that belong to the GSTFuA class in Ceriporiopsis subvermispora: Implications in intracellular detoxification and metabolism of wood-derived compounds
        Wan Hasnidah Wan Osman; Meng-I Lin; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        International Journal of Biological Macromolecules, 2018年07月01日, 査読有り
      • Identification and characterization of the S-layer formed on the sheath of Thiothrix nivea
        Yuta Kawasaki; Kaishi Kurosaki; Daisuke Kan; Isabele Kazahaya Borges; Ayumi Satake Atagui; Michio Sato; Keiko Kondo; Masato Katahira; Ichiro Suzuki; Minoru Takeda
        Archives of Microbiology, 2018年06月22日, 査読有り
      • High yield production of fungal manganese peroxidases by E. coli through soluble expression, and examination of the activities
        Meng-I Lin; Takashi Nagata; Masato Katahira
        Protein Expression and Purification, 2018年05月01日, 査読有り
      • Enzymatic degradation of β-1,4-linked N-acetylglucosaminoglucan prepared from Thiothrix nivea
        Takeda, M; Kondo, K; Sanda, S; Kan, D; Borges, I. K; Suzuki, I; Katahira, M
        Int. J. Biol. Macromol, 2018年04月01日, 査読有り
      • Selective alkylation of T-T mismatched DNA using vinyldiaminotriazine-acridine conjugate
        Kazumitsu Onizuka; Akira Usami; Yudai Yamaoki; Tomohito Kobayashi; Madoka E. Hazemi; Tomoko Chikuni; Norihiro Sato; Kaname Sasaki; Masato Katahira; Fumi Nagatsugi
        Nucleic Acids Research, 2018年02月16日, 査読有り
      • The C-terminal cytidine deaminase domain of APOBEC3G itself undergoes intersegmental transfer for a target search, as revealed by real-time NMR monitoring
        Keisuke Kamba; Takashi Nagata; Masato Katahira
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2018年02月07日, 査読有り
      • The first successful observation of in-cell NMR signals of DNA and RNA in living human cells
        Yudai Yamaoki; Ayaka Kiyoishi; Masayuki Miyake; Fumi Kano; Masayuki Murata; Takashi Nagata; Masato Katahira
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2018年02月07日, 査読有り
      • Influence of the DNA sequence/length and pH on deaminase activity, as well as the roles of the amino acid residues around the catalytic center of APOBEC3F
        Li Wan; Takashi Nagata; Masato Katahira
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2018年02月07日, 査読有り
      • Plastic roles of phenylalanine and tyrosine residues of TLS/FUS in complex formation with the G-quadruplexes of telomeric DNA and TERRA
        Keiko Kondo; Tsukasa Mashima; Takanori Oyoshi; Ryota Yagi; Riki Kurokawa; Naohiro Kobayashi; Takashi Nagata; Masato Katahira
        SCIENTIFIC REPORTS, 2018年02月, 査読有り
      • Significance of a histone-like protein with its native structure for the diagnosis of asymptomatic tuberculosis
        Ohara, Y; Ozeki, Y; Tateishi, Y; Mashima, T; Arisaka, F; Tsunaka, Y; Fujiwara, Y; Nishiyama, A; Yoshida, Y; Kitadokoro, K; Kobayashi, H; Kaneko, Y; Najagawa, I; Maekura, R; Ya; mamoto, S; Katahira, M; Matsumoto, S
        PLoS ONE, 2018年, 査読有り
      • Analysis of interaction between telomeric i-motif DNA and a cyclic tetraoxazole compound
        Masoud, S.S; Yamaoki, Y; Ma, Y; Marchand, A; Winnerdy, F.R; Gabelica, V; Phan, A.T; Katahira, M; Nagasawa, K
        ChemBioChem., 2018年, 査読有り
      • Classification of fungal glucuronoyl esterases (FGEs), and characterization of two new FGEs from Ceriporiopsis subvermispora and Pleurotus eryngii
        Lin, M.I; Hiyama, A; Kondo, K; Nagata, T; Katahira, M
        Appl. Microbiol. Biotech., 2018年, 査読有り
      • A hydronium solvate ionic liquid: Ligand exchange conduction driven by labile solvation
        Atsushi Kitada; Kohei Kintsu; Shun Takeoka; K. Fukami; Masayuki Saimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Kuniaki Murase
        Journal of the Electrochemical Society, 2018年, 査読有り
      • Direct evidence for  ether linkage between lignin and carbohydrates in wood cell walls
        Nishimura, H; Kamiya, A; Nagata, T; Katahira, M; Watanabe, T
        Sci. Rep., 2018年, 査読有り
      • Mechanism of protein-RNA recognition: Analysis based on the statistical mechanics of hydration
        Tomohiko Hayashi; Tomoaki Matsuda; Takashi Nagata; Masato Katahira; Masahiro Kinoshita
        Physical Chemistry Chemical Physics, 2018年, 査読有り
      • A Hydronium Solvate Ionic Liquid: Facile Synthesis of Air-Stable Ionic Liquid with Strong Brønsted Acidity
        Kitada, A; Takeoka, S; Kintsu, K; Fukami, K; Saimura, M; Nagata, T; Katahira, M; Murase, K
        J. Electrochem. Soc., 2018年, 査読有り
      • Characterisation of an aptamer against Runt domain of AML1 (RUNX1) by NMR and mutational analyses
        Takada, K; Amano, R; Nomura, Y; Tanaka, Y; Sugiyama, S; Nagata, T; Katahira, M; Nakamura, Y; Kozu, T; Sakamoto, T
        FEBS Open Bio., 2018年, 査読有り
      • Partially naked fluoride in solvate ionic liquids
        Chen, Z; Tonouchi, Y; Matsumoto, K; Saimura, M; Atkin, R; Nagata, T; Katahira, M; Hagiwara, R
        J. Phys. Chem. Lett.,, 2018年, 査読有り
      • Conjugation of two RNA aptamers improves binding affinity to AML1 Runt domain
        Yusuke Nomura; Kaori Yamazaki; Ryo Amano; Kenta Takada; Takashi Nagata; Naohiro Kobayashi; Yoichiro Tanaka; Junichi Fukunaga; Masato Katahira; Tomoko Kozu; Yoshikazu Nakamura; Yuji Haishima; Hidetaka Torigoe; Taiichi Sakamoto
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2017年12月, 査読有り
      • DNA G-Wire Formation Using an Artificial Peptide is Controlled by Protease Activity
        Kenji Usui; Arisa Okada; Shungo Sakashita; Masayuki Shimooka; Takaaki Tsuruoka; Shu-ichi Nakano; Daisuke Miyoshi; Tsukasa Mashima; Masato Katahira; Yoshio Hamada
        MOLECULES, 2017年11月, 査読有り
      • Observation by Real-Time NMR and Interpretation of Length- and Location-Dependent Deamination Activity of APOBEC3B
        Li Wan; Takashi Nagata; Ryo Morishita; Akifumi Takaori-Kondo; Masato Katahira
        ACS CHEMICAL BIOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • Backbone and side chain assignments of the second RNA-binding domain of Musashi-1 in its free form and in complex with 5-mer RNA
        Ryo Iwaoka; Takashi Nagata; Kengo Tsuda; Takao Imai; Hideyuki Okano; Naohiro Kobayashi; Masato Katahira
        BIOMOLECULAR NMR ASSIGNMENTS, 2017年10月, 査読有り
      • Structural Insight into the Recognition of r(UAG) by Musashi-1 RBD2, and Construction of a Model of Musashi-1 RBD1-2 Bound to the Minimum Target RNA
        Ryo Iwaoka; Takashi Nagata; Kengo Tsuda; Takao Imai; Hideyuki Okano; Naohiro Kobayashi; Masato Katahira
        MOLECULES, 2017年07月, 査読有り
      • Development of an RNA aptamer that acquires binding capacity against HIV-1 Tat protein via G-quadruplex formation in response to potassium ions
        Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Tsukasa Mashima; Masato Katahira
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2017年07月, 査読有り
      • Elongation pattern and fine structure of the sheaths formed by Thiothrix nivea and Thiothrix fructosivorans
        Yuta Kawasaki; Tomoyuki Endo; Atsuo Fujiwara; Keiko Kondo; Masato Katahira; Tadashi Nittami; Michio Sato; Minoru Takeda
        INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES, 2017年02月, 査読有り
      • NMR elucidation of reduced B-Z transition activity of PKZ protein kinase at high NaCl concentration
        Ae-Ree Lee; Yeo-Jin Seo; Seo-Ree Choi; Kyoung-Seok Ryu; Hae-Kap Cheong; Shim Sung Lee; Masato Katahira; Chin-Ju Park; Joon-Hwa Lee
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2017年01月, 査読有り
      • Arid5a regulates naive CD4+ T cell fate through selective stabilization of Stat3 mRNA
        Masuda, K; Ripley, B; Nyati, K; Dubey, P; Zaman, M; Hanieh, H; Hoga, M; Yamashita, K; Standley, D; Mashima, T; Katahira, M; Okamoto, T; Matsuura, Y; Takeuchi, O; Kishimoto, T
        The Journal of experimental medicine, 2016年04月04日, 査読有り
      • Arid5a regulates naïve CD4+ T-cell fate through selective stabilization of Stat3 mRNA
        Masuda, K; Ripley, B; Nyati, K; Dubey, P; Zaman, M; Hanieh, H; Hoga, M; Yamashita, K; Standley, D; Mashima, T; Katahira, M; Okamoto, T; Matsuura, Y; Takeuchi, O; Kishimoto, T
        J. Exp. Med., 2016年04月, 査読有り
      • Characterization of the Deamination Coupled with Sliding along DNA of Anti-HIV Factor APOBEC3G on the Basis of the pH-Dependence of Deamination Revealed by Real-Time NMR Monitoring
        Keisuke Kamba; Takashi Nagata; Masato Katahira
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2016年04月, 査読有り
      • 潜在期結核菌抗原の精製と感染診断への応用
        西田 由貴子; 北所 健悟; 尾関 百合子; 立石 善隆; 井上 学; 仁木 満美子; 金子 幸弘; 松本 壮吉; 有坂 文雄; 森川 耿右; 津中 康央; 藤原 芳江; 片平 正人; 真嶋 司; 前倉 亮治
        日本細菌学雑誌, 2016年02月, 査読有り
      • Accurate and molecular-size-tolerant NMR quantitation of diverse components in solution
        Hideyasu Okamura; Hiroshi Nishimura; Takashi Nagata; Takanori Kigawa; Takashi Watanabe; Masato Katahira
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年02月, 査読有り
      • The binding specificity of Translocated in LipoSarcoma/FUsed in Sarcoma with lncRNA transcribed from the promoter region of cyclin D1
        Ryoma Yoneda; Shiho Suzuki; Tsukasa Mashima; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira; Riki Kurokawa
        CELL AND BIOSCIENCE, 2016年01月, 査読有り
      • Presence of N-L-lactyl-D-perosamine residue in the sheath-forming polysaccharide of Thiothrix fructosivorans
        Yuta Kawasaki; Keiko Kondo; Rie Narizuka; Tomoyuki Endo; Masato Katahira; Izuru Kawamura; Michio Sato; Minoru Takeda
        INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES, 2016年01月, 査読有り
      • K+-responsive off-to-on switching of hammerhead ribozyme through dual G-quadruplex formation requiring no heating and cooling treatment
        Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Tsukasa Mashima; Masato Katahira
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2015年12月, 査読有り
      • Bifacial Base-Pairing Behaviors of 5-Hydroxyuracil DNA Bases through Hydrogen Bonding and Metal Coordination
        Yusuke Takezawa; Kotaro Nishiyama; Tsukasa Mashima; Masato Katahira; Mitsuhiko Shionoya
        CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 2015年10月, 査読有り
      • Crosslinking reactions of 4-amino-6-oxo-2-vinylpyrimidine with guanine derivatives and structural analysis of the adducts
        Shuhei Kusano; Shogo Ishiyama; Sik Lok Lam; Tsukasa Mashima; Masato Katahira; Kengo Miyamoto; Misako Aida; Fumi Nagatsugi
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2015年09月, 査読有り
      • Catalytic Analysis of APOBEC3G Involving Real-Time NMR Spectroscopy Reveals Nucleic Acid Determinants for Deamination
        Keisuke Kamba; Takashi Nagata; Masato Katahira
        PLOS ONE, 2015年04月, 査読有り
      • Structure and interaction with protein of noncoding RNA: A case for an RNA aptamer against prion protein
        Masato Katahira
        Long Noncoding RNAs Structures and Functions, 2015年01月01日, 査読有り
      • Boosting of activity enhancement of K+-responsive quadruplex hammerhead ribozyme
        Yudai Yamaoki; Tsukasa Mashima; Takashi Nagata; Masato Katahira
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2015年, 査読有り
      • Structural Basis for Inhibition of the MDM2:p53 Interaction by an Optimized MDM2-Binding Peptide Selected with mRNA Display
        Takashi Nagata; Kie Shirakawa; Naohiro Kobayashi; Hirokazu Shiheido; Noriko Tabata; Yuko Sakuma-Yonemura; Kenichi Horisawa; Masato Katahira; Nobuhide Doi; Hiroshi Yanagawa
        PLOS ONE, 2014年10月, 査読有り
      • RNA-Directed Amino Acid Coupling as a Model Reaction for Primitive Coded Translation
        Kazuo Harada; Shoko Aoyama; Akimasa Matsugami; Penmetcha K. R. Kumar; Masato Katahira; Nobuo Kato; Junko Ohkanda
        CHEMBIOCHEM, 2014年04月, 査読有り
      • Quantitative analysis of location- and sequence-dependent deamination by APOBEC3G using real-time NMR spectroscopy
        A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; T. Nagata; T. Kodaki; A. Takaori-Kondo; A. Ryo; M. Katahira
        Angewandte Chemie - International Edition, 2014年, 査読有り
      • 3P032 抗HIV 因子APOBEC3G の基質認識及びスライディング機構の実時間NMR 解析(01B. 蛋白質:構造機能相関,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
        Kamba Keisuke; Nagata Takashi; Katahira Masato
        生物物理, 2014年
      • 1P121 新規プリオンアプタマーの探索とその構造研究(05A. 核酸 : 構造・物性,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
        Mashima Tsukasa; Nishikawa Fumiko; Kamatari Yuji O.; Nagata Takashi; Nishikawa Satoshi; Kuwata Kazuo; Katahira Masato
        生物物理, 2014年
      • Binding of an RNA aptamer and a partial peptide of a prion protein: crucial importance of water entropy in molecular recognition
        Tomohiko Hayashi; Hiraku Oshima; Tsukasa Mashima; Takashi Nagata; Masato Katahira; Masahiro Kinoshita
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2014年, 査読有り
      • Multi-steps degradation method for -O-4 linkage in lignins: -TTSA method. Part 3. Degradation of milled wood lignin (MWL) from Eucalyptus Globulus
        Ando, D; Nakatsubo, F; Takano, T; Nishimura, H; Katahira, M; Yano, H
        Holzforschung, 2013年12月, 査読有り
      • Structure of perosamine-containing polysaccharide, a component of the sheath of Thiothrix fructosivorans
        Keiko Kondo; Takuto Umezu; Shoichi Shimura; Rie Narizuka; Jun-ichi Koizurni; Tsukasa Mashima; Masato Katahira; Minoru Takeda
        INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES, 2013年08月, 査読有り
      • Multistep degradation method for beta-O-4 linkage in lignins: gamma-TTSA method. Part 2: reaction of lignin model polymer (DHP)
        Daisuke Ando; Fumiaki Nakatsubo; Toshiyuki Takano; Hiroshi Nishimura; Masato Katahira; Hiroyuki Yano
        HOLZFORSCHUNG, 2013年04月, 査読有り
      • Anti-prion activity of an RNA aptamer and its structural basis.
        Tsukasa Mashima; Fumiko Nishikawa; Yuji O Kamatari; Hiromichi Fujiwara; Masayuki Saimura; Takashi Nagata; Tsutomu Kodaki; Satoshi Nishikawa; Kazuo Kuwata; Masato Katahira
        Nucleic acids research, 2013年01月, 査読有り
      • 2P125 四重鎖形成可能な相補鎖DNAを導入することによる四重鎖リボザイムのカリウムイオン濃度依存的な活性スイッチングの高効率化(05A.核酸:構造・物性,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        Yamaoki Yudai; Mashima Tsukasa; Nagata Takashi; Katahira Masato
        生物物理, 2013年
      • 2P126 抗プリオンアプタマーの構造学的基盤とのその活性(05A.核酸:構造・物性,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        Mashima Tsukasa; Nishikawa Fumiko; Kamatari Yuji O.; Saimura Masayuki; Nagata Takashi; Nishikawa Satoshi; Kuwata Kazuo; Katahira Masato
        生物物理, 2013年
      • 3P114 RNAアプタマーとプリオン蛋白質部分ペプチドの結合の統計熱力学(04.核酸結合蛋白質,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        Hayashi Tomohiko; Oshima Hiraku; Mashima Tsukasa; Nagata Takashi; Katahira Masato; Kinoshita Masahiro
        生物物理, 2013年
      • 3SCA-02 抗プリオン活性を示すアプタマー及びカリウムイオンに感応して活性がスイッチングするインテリジェントリボザイム(3SCA 生命現象の理解と核酸医薬を指向した機能性核酸の研究の最前線,シンポジウム,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        片平 正人; 真嶋 司; 山置 佑大; 永田 崇; 西川 富美子; 西川 諭; 鎌足 雄司; 桑田 一夫
        生物物理, 2013年
      • Conformational analysis of an extracellular polysaccharide produced by Sphaerotilus natans
        Keiko Kondo; Minoru Takeda; Tsukasa Mashima; Masato Katahira; Jun-ichi Koizumi; Kazuyoshi Ueda
        CARBOHYDRATE RESEARCH, 2012年10月, 査読有り
      • NMR study of xenotropic murine leukemia virus-related virus protease in a complex with amprenavir
        Ayako Furukawa; Hideyasu Okamura; Ryo Morishita; Satoko Matsunaga; Naohiro Kobayashi; Takahisa Ikegami; Tsutomu Kodaki; Akifumi Takaori-Kondo; Akihide Ryo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2012年08月, 査読有り
      • Molecular and enzymatic characterization of XMRV protease by a cell-free proteolytic analysis
        Satoko Matsunaga; Tatsuya Sawasaki; Hirotaka Ode; Ryo Morishita; Ayako Furukawa; Ryuta Sakuma; Wataru Sugiura; Hironori Sato; Masato Katahira; Akifumi Takaori-Kondo; Naoki Yamamoto; Akihide Ryo
        JOURNAL OF PROTEOMICS, 2012年08月, 査読有り
      • Conformational dynamics of yeast calmodulin in the Ca2+-bound state probed using NMR relaxation dispersion
        Kenji Ogura; Hideyasu Okamura; Masato Katahira; Etsuko Katoh; Fuyuhiko Inagaki
        FEBS LETTERS, 2012年07月, 査読有り
      • Structure of Musashi1 in a complex with target RNA: the role of aromatic stacking interactions
        Takako Ohyama; Takashi Nagata; Kengo Tsuda; Naohiro Kobayashi; Takao Imai; Hideyuki Okano; Toshio Yamazaki; Masato Katahira
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2012年04月, 査読有り
      • 'Intelligent' ribozyme whose activity is altered in response to K + as a result of quadruplex formation
        Takashi Nagata; Yu Sakurai; Yukari Hara; Tsukasa Mashima; Tsutomu Kodaki; Masato Katahira
        FEBS Journal, 2012年04月, 査読有り
      • Presence of alternating glucosaminoglucan in the sheath of Thiothrix nivea
        Minoru Takeda; Keiko Kondo; Mina Yamada; Manami Sumikawa; Jun-ichi Koizumi; Tsukasa Mashima; Masato Katahira
        INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES, 2012年01月, 査読有り
      • Intelligent ribozyme that switches its activity in response to K+ through quadruplex formation
        Nagata, T; Sakurai, Y; Hara, Y; Mashima, T; Kodaki, T; Katahira, M
        FEBS J., 279, 1456-1463, 2012年, 査読有り
      • 3PT003 NMR法によるAPOBEC3Cデアミネース活性に関する研究(日本生物物理学会第50回年会(2012年度))
        Iwaoka Ryo; Kitamura Shingo; Kanba Keisuke; Furukawa Ayako; Okamura Hideyasu; Sugiura Wataru; Nagata Takashi; Iwatani Yasumasa; Katahira Masato
        生物物理, 2012年
      • Structural Aspects for the Recognition of ATP by Ribonucleopeptide Receptors
        Shun Nakano; Tsukasa Mashima; Akimasa Matsugami; Masafumi Inoue; Masato Katahira; Takashi Morii
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2011年03月, 査読有り
      • Heat Shock Protein 70 Inhibits HIV-1 Vif-mediated Ubiquitination and Degradation of APOBEC3G
        Ryuichi Sugiyama; Hironori Nishitsuji; Ayako Furukawa; Masato Katahira; Yuichiro Habu; Hiroaki Takeuchi; Akihide Ryo; Hiroshi Takaku
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年03月, 査読有り
      • Study of a novel glycoconjugate, thiopeptidoglycan, and a novel polysaccharide lyase, thiopeptidoglycan lyase
        Keiko Kondo; Minoru Takeda; Wataru Ejima; Yuta Kawasaki; Takuto Umezu; Mina Yamada; Jun-ichi Koizumi; Tsukasa Mashima; Masato Katahira
        INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES, 2011年03月, 査読有り
      • Solution structures of the trihelix DNA-binding domains of the wild-type and a phosphomimetic mutant of Arabidopsis GT-1: Mechanism for an increase in DNA-binding affinity through phosphorylation
        Takashi Nagata; Emi Niyada; Natsuki Fujimoto; Yuuya Nagasaki; Kazuaki Noto; Youhei Miyanoiri; Jun Murata; Kazuyuki Hiratsuka; Masato Katahira
        PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND BIOINFORMATICS, 2010年11月, 査読有り
      • Solubilization and structural determination of a glycoconjugate which is assembled into the sheath of Leptothrix cholodnii
        Minoru Takeda; Keiko Kondo; Mina Yamada; Jun-ichi Koizumi; Tsukasa Mashima; Akimasa Matsugami; Masato Katahira
        INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOLOGICAL MACROMOLECULES, 2010年03月, 査読有り
      • The structural characterization of an ATP-binding ribonucleopeptide receptor
        S. Nakano; M. Fukuda; T. Mashima; M. Katahira; T. Morii
        The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii Convention Center, 2010.12.15-20, 2010年, 査読有り
      • Unique quadruplex structure and interaction of an RNA aptamer against bovine prion protein
        Tsukasa Mashima; Akimasa Matsugami; Fumiko Nishikawa; Satoshi Nishikawa; Masato Katahira
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2009年10月, 査読有り
      • Structural Studies of an RNA Aptamer Containing GGA Repeats Under Ionic Conditions Using Microchip Electrophoresis, Circular Dichroism, and 1D-NMR
        Fumiko Nishikawa; Kazuyoshi Murakami; Akimasa Matsugami; Masato Katahira; Satoshi Nishikawa
        OLIGONUCLEOTIDES, 2009年06月, 査読有り
      • The orientation of the ends of G-quadruplex structures investigated using end-extended oligonucleotides
        Yuta Sannohe; Kyosuke Sato; Akimasa Matsugami; Ken-ichi Shinohara; Tomoko Mashimo; Masato Katahira; Hiroshi Sugiyama
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2009年03月, 査読有り
      • Structure, interaction and real-time monitoring of the enzymatic reaction of wild-type APOBEC3G
        Ayako Furukawa; Takashi Nagata; Akimasa Matsugami; Yuichirou Habu; Ryuichi Sugiyama; Fumiaki Hayashi; Naohiro Kobayashi; Shigeyuki Yokoyama; Hiroshi Takaku; Masato Katahira
        EMBO JOURNAL, 2009年02月, 査読有り
      • Elucidation of the mode of interaction in the UP1telomerase RNAtelomeric DNA ternary complex which serves to recruit telomerase to telomeric DNA and to enhance the telomerase activity
        Takashi Nagata; Yusuke Takada; Asami Ono; Kayoko Nagata; Yuki Konishi; Takeshi Nukina; Manami Ono; Akimasa Matsugami; Ayako Furukawa; Natsuki Fujimoto; Hirokazu Fukuda; Hitoshi Nakagama; Masato Katahira
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2008年12月, 査読有り
      • Unexpected A-form formation of 4 '-thioDNA in solution, revealed by NMR, and the implications as to the mechanism of nuclease resistance
        Akimasa Matsugami; Takako Ohyama; Masashi Inada; Naonori Inoue; Noriaki Minakawa; Akira Matsuda; Masato Katahira
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2008年04月, 査読有り
      • 2P-107 Musashi-1が有する二つのRNA結合ドメインによるRNA認識機構の常磁性効果PRE、PCS、RDCを利用した解析(核酸結合蛋白質,第46回日本生物物理学会年会)
        Nagata Takashi; Ohyama Takako; Furukawa Ayako; Sugiyama Takashi; Mashima Tsukasa; Imai Takao; Okano Hideyuki; Yamazaki Toshio; Katahira Masato
        生物物理, 2008年
      • Structural analysis of the fundamental polymer of the sheath constructed by Sphaerotilus natans
        Minoru Takeda; Yohei Miyanoiri; Takeshi Nogami; Kanae Oda; Tatsuya Saito; Katsuya Kato; Jun-ichi Koizumi; Masato Katahira
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2007年12月, 査読有り
      • Structure of a human telomeric DNA sequence stabilized by 8-bromoguanosine substitutions, as determined by NMR in a K+ solution
        Akimasa Matsugami; Yan Xu; Yuuki Noguchi; Hiroshi Sugiyama; Masato Katahira
        FEBS JOURNAL, 2007年07月, 査読有り
      • Molecular mechanisms for maintenance of G-rich short tandem repeats capable of adopting G4 DNA structures
        Hitoshi Nakagama; Kumiko Higuchi; Etsuko Tanaka; Naoto Tsuchiya; Katsuhiko Nakashima; Masato Katahira; Hirokazu Fukuda
        MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 2006年06月, 査読有り
      • Identification of 2-(cysteinyl)amido-2-deoxy-D-galacturonic acid residue from the sheath of Leptothrix cholodnii
        Hiroko Makita; Yuichi Nakahara; Hiroyuki Fukui; Yohei Miyanoiri; Masato Katahira; Hiroko Seki; Minoru Takeda; Jun-ichi Koizumi
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2006年05月, 査読有り
      • NMRによるタンパク質構造解析の展望 – Musashiタンパク質によるRNA の認識機構の解析を例に-
        宮ノ入洋平; 片平正人
        酵素工学ニュース, 2006年04月, 査読有り, 招待有り
      • Unichrom, a novel nuclear matrix protein, binds to the Ars insulator and canonical MARs
        H Tagashira; T Shimotori; N Sakamoto; M Katahira; Y Miyanoiri; T Yamamoto; K Mitsunaga-Nakatsubo; H Shimada; S Kusunoki; K Akasaka
        ZOOLOGICAL SCIENCE, 2006年01月, 査読有り
      • The new models of the human telomere DNA in K+ solution revealed by NMR analysis assisted by the incorporation of 8-bromoguanines
        Matsugami, A; Tsuchibayashi, H; Xu, Y; Noguchi, Y; Sugiyama, H; Katahira, M
        Nucleic Acids Symp. Ser. No. 50, 42-43,, 2006年, 査読有り
      • Structural property of DNA that migrates faster in gel electrophoresis, as deduced by CD spectroscopy
        A Matsugami; K Tani; K Ouhashi; S Uesugi; M Morita; T Ohyama; M Katahira
        NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS, 2006年, 査読有り
      • Unfolding of higher DNA structures formed by the d(CGG) triplet repeat by UP1 protein
        H Fukuda; M Katahira; E Tanaka; Y Enokizono; N Tsuchiya; K Higuchi; M Nagao; H Nakagama
        GENES TO CELLS, 2005年10月, 査読有り
      • Structure of hnRNP D complexed with single-stranded telomere DNA and unfolding of the quadruplex by heterogeneous nuclear ribonucleoprotein D
        Y Enokizono; Y Konishi; K Nagata; K Ouhashi; S Uesugi; F Ishikawa; M Katahira
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2005年05月, 査読有り
      • Human vault-associated non-coding RNAs bind to mitoxantrone, a chemotherapeutic compound
        SCB Gopinath; A Matsugami; M Katahira; PKR Kumar
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2005年, 査読有り
      • DNAの異常構造とそれをときほぐすDNAシャペロンタンパク質
        片平 正人
        生物物理, 2004年01月25日
      • Method for direct discrimination of intra- and intermolecular hydrogen bonds, and characterization of the G(: A): G(: A): G(: A): G heptad, with scalar couplings across hydrogen bonds
        H Sotoya; A Matsugami; T Ikeda; K Ouhashi; S Uesugi; M Katahira
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2004年, 査読有り
      • Origin of higher affinity to RNA of the N-terminal RNA-binding domain than that of the C-terminal one of a mouse neural protein, Musashi1, as revealed by comparison of their structures, modes of interaction, surface electrostatic potentials, and backbone dynamics
        Y Miyanoiri; H Kobayashi; T Imai; M Watanabe; T Nagata; S Uesugi; H Okano; M Katahira
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年10月, 査読有り
      • Intramolecular higher order packing of parallel quadruplexes comprising a G : G : G : G tetrad and a G(: A): G(: A): G(: A): G heptad of GGA triplet repeat DNA
        A Matsugami; T Okuizumi; S Uesugi; M Katahira
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年07月, 査読有り
      • Structural basis of the highly efficient trapping of the HIV Tat protein by an RNA aptamer
        A Matsugami; S Kobayashi; K Ouhashi; S Uesugi; R Yamamoto; K Taira; S Nishikawa; PKR Kumar; M Katahira
        STRUCTURE, 2003年05月, 査読有り
      • GGAトリプレットリピートDNAが形成する特異な4重鎖構造とその生物学的意義
        松上 明正; 大橋 粛; 奥泉 智之; 池田 哲朗; 外谷 英嗣; 上杉 晴一; 片平 正人
        生物物理, 2003年
      • RNA and DNA, which contain two GGAGG segments connected with UUUU or TTTT sequences, form entirely different quadruplex structures.
        S. Uesugi; H. Liu; A. Kugimiya; A. Matsugami; M. Katahira
        Nucleic acids research. Supplement (2001), 2003年, 査読有り
      • Destruction of quadruplex by proteins, and its biological implications in replication and telomere maintenance.
        Y. Enokizono; A. Matsugami; S. Uesugi; H. Fukuda; N. Tsuchiya; T. Sugimura; M. Nagao; H. Nakagama; M. Katahira
        Nucleic acids research. Supplement (2001), 2003年, 査読有り
      • A dimeric RNA quadruplex architecture comprised of two G : G(: A): G : G(: A) hexads, G : G : G : G tetrads and UUUU loops
        H Liu; A Matsugami; M Katahira; S Uesugi
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 2002年10月, 査読有り
      • Cleavage reaction of HDV ribozymes in the presence of Mg2+ is accompanied by a conformational change
        Y Tanaka; M Tagaya; T Hori; T Sakamoto; Y Kurihara; M Katahira; S Uesugi
        GENES TO CELLS, 2002年06月, 査読有り
      • Imino proton NMR analysis of HDV ribozymes: nested double pseudoknot structure and Mg2+ ion-binding site close to the catalytic core in solution
        Y Tanaka; T Hori; M Tagaya; T Sakamoto; Y Kurihara; M Katahira; S Uesugi
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2002年02月, 査読有り
      • Quadruplex structures of RNA 14-mer, r(GGAGGUUUUGGAGG) and DNA 14-mer, d(GGAGGTTTTGGAGG).
        H. Liu; A. Kugimiya; A. Matsugami; M. Katahira; S. Uesugi
        Nucleic Acids Res Suppl, 2002年, 査読有り
      • Unique quadruplex structures of d(GGA)4 (12-mer) and d(GGA)8 (24-mer)--direct evidence of the formation of non-canonical base pairs and structural comparison.
        A. Matsugami; K. Ouhashi; T. Ikeda; T. Okuizumi; H. Sotoya; S. Uesugi; M. Katahira
        Nucleic Acids Res Suppl, 2002年, 査読有り
      • Unusual structure and its biological implications of GGA triplet repeat DNA
        M. Katahira
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2002年, 査読有り
      • A comparison of the properties and the solution structure for RNA and DNA quadruplexes which contain two GGAGG sequences joined with a tetranucleotide linker
        H Liu; A Kugimiya; T Sakurai; M Katahira; S Uesugi
        NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS, 2002年, 査読有り
      • An intramolecular quadruplex of (GGA)(4) triplet repeat DNA with a G : G : G : G tetrad and a G(: A): G(: A): G(: A): G heptad, and its dimeric interaction
        A Matsugami; K Ouhashi; M Kanagawa; H Liu; S Kanagawa; S Uesugi; M Katahira
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 2001年10月, 査読有り
      • Structure of the C-terminal RNA-binding domain of hnRNP D0 (AUF1), its interactions with RNA and DNA, and change in backbone dynamics upon complex formation with DNA
        M Katahira; Y Miyanoiri; Y Enokizono; G Matsuda; T Nagata; F Ishikawa; S Uesugi
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 2001年08月, 査読有り
      • Interaction of the C-terminal domain of the E coli RNA polymerase alpha subunit with the UP element: Recognizing the backbone structure in the minor groove surface
        K Yasuno; T Yamazaki; Y Tanaka; TS Kodama; A Matsugami; M Katahira; A Isihama; Y Kyogoku
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 2001年02月, 査読有り
      • 3P089Musashi1タンパク質のダイナミクスとRNA結合能との相関
        宮ノ入 洋平; 渡辺 道直; 宮下 博之; 池田 哲朗; 岡野 栄之; 上杉 晴一; 片平 正人
        生物物理, 2001年
      • テロメア配列DNA/RNA結合タンパク質hnRNP D0の立体構造と核酸構造遷移能
        片平 正人
        生物物理, 2000年09月25日
      • A novel RNA motif that binds efficiently and specifically to the Tat protein of HIV and inhibits the trans-activation by Tat of transcription in vitro and in vivo
        R Yamamoto; M Katahira; S Nishikawa; T Baba; K Taira; PKR Kumar
        GENES TO CELLS, 2000年05月, 査読有り
      • NMR analysis of tertiary interactions in HDV ribozymes.
        Tanaka Y; Hori T; Tagaya M; Katahira M; Nishikawa F; Sakamoto T; Kurihara Y; Nishikawa S; Uesugi S
        Nucleic acids symposium series, 2000年, 査読有り
      • Intramolecular quadruplex formation of the G-rich strand of the mouse hypervariable minisatellite Pc-1
        M Katahira; H Fukuda; H Kawasumi; T Sugimura; H Nakagama; M Nagao
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1999年10月, 査読有り
      • Structure and interactions with RNA of the N-terminal UUAG-specific RNA-binding domain of hnRNP DO
        Takashi Nagata; Yasuyuki Kurihara; Go Matsuda; Jun-ichi Saeki; Toshiyuki Kohno; Yasuko Yanagida; Fuyuki Ishikawa; Seiichi Uesugi; Masato Katahira
        Journal of Molecular Biology, 1999年03月26日, 査読有り
      • Structure, backbone dynamics and interactions with RNA of the C-terminal RNA-binding domain of a mouse neural RNA-binding protein, Musashi1
        T Nagata; R Kanno; Y Kurihara; S Uesugi; T Imai; S Sakakibara; H Okano; M Katahira
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1999年03月, 査読有り
      • 3PA144 Musashi1タンパク質の2つのRNA結合ドメインにおけるダイナミクスの比較
        渡邊 道直; 小林 央典; 市川 智則; 永田 崇; 菅野 玲介; 岡野 栄之; 上杉 晴一; 片平 正人
        生物物理, 1999年
      • RNA recognition by RNA-binding protein
        M. Katahira
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1999年, 査読有り
      • Two metal-binding sites in a lead ribozyme bound to competitively by Pb2+ and Mg2+ - Induced structural changes as revealed by NMR
        M Katahira; MH Kim; T Sugiyama; Y Nishimura; S Uesugi
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年08月, 査読有り
      • Structural characterization of a DNA duplex modeled on a DNA : RNA hybrid of the polypurine tract recognized by a reverse transcriptase
        M Kanagawa; Y Okada; S Uesugi; H Doi; M Katahira
        NUCLEOSIDES & NUCLEOTIDES, 1998年04月, 査読有り
      • Solution structure of the novel antitumor drug UCH9 complexed with d(TTGGCCAA)(2) as determined by NMR
        R Katahira; M Katahira; Y Yamashita; H Ogawa; Y Kyogoku; M Yoshida
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1998年02月, 査読有り
      • Structural investigation of HDV ribizymes by NMR spectroscopy.
        Y. Tanaka; M. Katahira; F. Nishikawa; T. Sakamoto; Y. Kurihara; S. Nishikawa; S. Uesugi
        Nucleic Acids Symposium Series, 1998年, 査読有り
      • Activation and repression of the activity of a lead ribozyme by the combination of Pb2+ and Mg2+1
        MH Kim; M Katahira; T Sugiyama; S Uesugi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年11月, 査読有り
      • Dimerization and DNA binding facilitate alpha-helix formation of Max in solution
        M Horiuchi; Y Kurihara; M Katahira; T Maeda; T Saito; S Uesugi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年10月, 査読有り
      • Hairpin structure of an RNA 28-mer, which contains a sequence of the enzyme component of a hammerhead ribozyme system: Evidence for tandem G:A pairs that are not of side-by-side type
        T Sakamoto; G Kawai; M Katahira; MH Kim; Y Tanaka; Y Kurihara; T Kohno; S Watanabe; S Yokoyama; K Watanabe; S Uesugi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年09月, 査読有り
      • Properties of hepatitis delta virus ribozyme, which consists of three RNA oligomer strands
        T Sakamoto; Y Tanaka; T Kuwabara; MH Kim; Y Kurihara; M Katahira; S Uesugi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年06月, 査読有り
      • Structural properties and RNA-binding activities of two RNA recognition motifs of a mouse neural RNA-binding protein, mouse-Musashi-1
        Y Kurihara; T Nagata; T Imai; A Hiwatashi; M Horiuchi; S Sakakibara; M Katahira; H Okano; S Uesugi
        GENE, 1997年02月, 査読有り
      • Properties of a hammerhead ribozyme with deletion of stem II
        T Sakamoto; MH Kim; Y Kurihara; N Sasaki; T Noguchi; M Katahira; S Uesugi
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1997年02月, 査読有り
      • Structure-activity correlation for an HDV ribozyme composed of three RNA strands.
        Tanaka Y; Sakamoto T; Sasa K; Kuwabara T; Kim M.H; Kurihara Y; Katahira M; Uesugi S
        Nucleic acids symposium series, 1997年, 査読有り
      • NMR studies of a lead ribozyme and its non-cleavable analogue
        M Katahira; T Sugiyama; M Kanagawa; MH Kim; S Uesugi; T Kohno
        NUCLEOSIDES & NUCLEOTIDES, 1996年, 査読有り
      • Comparative studies of the thermodynamic stabilities between sheared A:G and Watson-Crick A:U(T) base pairs in RNA and DNA
        M Katahira; J Saeki; M Kanagawa; M Nagaoka; S Uesugi
        NUCLEOSIDES & NUCLEOTIDES, 1996年, 査読有り
      • Effects of metal ions on activity and structure of a lead ribozyme.
        M. H. Kim; T. Sugiyama; M. Kanagawa; Y. Yanaka; M. Nagaoka; Y. Nishimura; T. Kohno; Y. Kurihara; M. Katahira; S. Uesugi
        Nucleic Acids Symposium Series, 1996年, 査読有り
      • STRUCTURES OF HEAT-STABLE AND UNSTABLE HOMOLOGS OF THE SWEET PROTEIN MABINLIN - THE DIFFERENCE IN THE HEAT-STABILITY IS DUE TO REPLACEMENT OF A SINGLE AMINO-ACID RESIDUE
        S NIRASAWA; T NISHINO; M KATAHIRA; S UESUGI; Z HU; Y KURIHARA
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1994年08月, 査読有り
      • FORMATION OF SHEARED G-A BASE-PAIRS IN AN RNA DUPLEX MODELED AFTER RIBOZYMES, AS REVEALED BY NMR
        M KATAHIRA; M KANAGAWA; H SATO; S UESUGI; S FUJII; T KOHNO; T MAEDA
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1994年07月, 査読有り
      • DRASTIC DIFFERENCE IN G-A EASE PAIRING BETWEEN 2 CONSECUTIVE G-A MISMATCHES AND A SINGLE G-A MISMATCH IN DNA
        M KATAHIRA; M KANAGAWA; S UESUGI
        NUCLEOSIDES & NUCLEOTIDES, 1994年, 査読有り
      • A RAMAN-SPECTROSCOPIC STUDY ON CONFORMATIONS OF DNA OLIGOMERS - A DOMINANT EFFECT OF AN AA-TT SEQUENCE OVER THOSE OF AT-AT AND TA-TA SEQUENCES ON DETERMINING CONFORMATIONS OF DNA DUPLEXES
        M KATAHIRA; Y NISHIMURA; M TSUBOI; J MATSUZAKI; H HOTODA; M SEKINE; T HATA
        NUCLEOSIDES & NUCLEOTIDES, 1994年, 査読有り
      • NMR-STUDIES OF G-A MISMATCHES IN OLIGODEOXYRIBONUCLEOTIDE DUPLEXES MODELED AFTER RIBOZYMES
        M KATAHIRA; H SATO; K MISHIMA; S UESUGI; S FUJII
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1993年11月, 査読有り
      • NMR-STUDIES OF THE HUMAN RETINOIC ACID RECEPTOR-BETA DNA-BINDING DOMAIN - METAL COORDINATION AND 3-DIMENSIONAL STRUCTURE
        RMA KNEGTEL; R BOELENS; ML GANADU; AVE GEORGE; M KATAHIRA; AMJJ BONVIN; D EIB; PT VANDERSAAG; R KAPTEIN
        ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES, 1993年06月, 査読有り
      • THE SOLUTION STRUCTURE OF THE HUMAN RETINOIC ACID RECEPTOR-BETA DNA-BINDING DOMAIN
        RMA KNEGTEL; M KATAHIRA; JG SCHILTHUIS; AMJJ BONVIN; R BOELENS; D EIB; PT VANDERSAAG; R KAPTEIN
        JOURNAL OF BIOMOLECULAR NMR, 1993年01月, 査読有り
      • NMR-STUDIES OF THE HUMAN RETINOIC ACID RECEPTOR-BETA DNA-BINDING DOMAIN - METAL COORDINATION AND 3-DIMENSIONAL STRUCTURE
        RMA KNEGTEL; R BOELENS; ML GANADU; AVE GEORGE; M KATAHIRA; AMJJ BONVIN; D EIB; PT VANDERSAAG; R KAPTEIN
        ZINC-FINGER PROTEINS IN ONCOGENESIS, 1993年, 査読有り
      • 3-DIMENSIONAL STRUCTURE OF THE HUMAN RETINOIC ACID RECEPTOR-BETA DNA-BINDING DOMAIN - IMPLICATIONS FOR DNA-BINDING
        RMA KNEGTEL; M KATAHIRA; JG SCHILTHUIS; R BOELENS; D EIB; PT VANDERSAAG; R KAPTEIN
        NEW DEVELOPMENTS IN LIPID-PROTEIN INTERACTIONS AND RECEPTOR FUNCTION, 1993年, 査読有り
      • HOMONUCLEAR AND HETERONUCLEAR NMR-STUDIES OF THE HUMAN RETINOIC ACID RECEPTOR BETA DNA-BINDING DOMAIN - SEQUENTIAL ASSIGNMENTS AND IDENTIFICATION OF SECONDARY STRUCTURE ELEMENTS
        M KATAHIRA; RMA KNEGTEL; R BOELENS; D EIB; JG SCHILTHUIS; PT VANDERSAAG; R KAPTEIN
        BIOCHEMISTRY, 1992年07月, 査読有り
      • PHOTOCHEMICALLY INDUCED DYNAMIC NUCLEAR-POLARIZATION STUDIES OF OLIGONUCLEOTIDE DUPLEXES
        M KATAHIRA; R SAKAGUCHIKATAHIRA; F HAYASHI; S UESUGI; Y KYOGOKU
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1991年11月, 査読有り
      • AN NMR-STUDY ON THE CONFORMATION OF A DEOXYOLIGONUCLEOTIDE DUPLEX, D(GGGGCCCC)2, AND ITS COMPLEX WITH CHROMOMYCIN
        R SAKAGUCHI; M KATAHIRA; Y KYOGOKU; S FUJII
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1991年02月, 査読有り
      • DETERMINATION OF THE CONFORMATION OF D(GGAAATTTCC)2 IN SOLUTION BY USE OF H-1-NMR AND RESTRAINED MOLECULAR-DYNAMICS
        M KATAHIRA; H SUGETA; Y KYOGOKU; S FUJII
        BIOCHEMISTRY, 1990年08月, 査読有り
      • RAMAN SPECTRAL STUDIES OF NUCLEIC-ACIDS .36. STRUCTURE IN SOLUTION OF THE RNA.DNA HYBRID (RA)8.(DT)8 DETERMINED BY NMR AND RAMAN-SPECTROSCOPY
        M KATAHIRA; SJ LEE; Y KOBAYASHI; H SUGETA; Y KYOGOKU; S IWAI; E OHTSUKA; JM BENEVIDES; GJ THOMAS
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 1990年05月, 査読有り
      • A NEW MODEL FOR THE BENDING OF DNAS CONTAINING THE OLIGO(DA) TRACTS BASED ON NMR OBSERVATIONS
        M KATAHIRA; H SUGETA; Y KYOGOKU
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1990年02月, 査読有り
      • ONE-DIMENSIONAL AND TWO-DIMENSIONAL NMR-STUDIES ON THE CONFORMATION OF DNA CONTAINING THE OLIGO(DA)OLIGO(DT) TRACT
        M KATAHIRA; H SUGETA; Y KYOGOKU; S FUJII; R FUJISAWA; K TOMITA
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1988年09月, 査読有り
      • Local and overall conformations of DNA double helices with the A·T base pairs
        Masato Katahira; Yoshifumi Nishimura; Masamichi Tsuboi; Tomohiro Sato; Yukio Mitsui; Yoichi Iitaka
        BBA - Gene Structure and Expression, 1986年08月22日, 査読有り
      • THE STRUCTURE OF NUCLEOSOME CORE PARTICLES AS REVEALED BY DIFFERENCE RAMAN-SPECTROSCOPY
        H HAYASHI; Y NISHIMURA; M KATAHIRA; M TSUBOI
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 1986年03月, 査読有り

      MISC

      • "余分な"末端残基削除及びイノシン置換による新規4重鎖構造のNMRによる研究
        金川 真由美; 片平 正人; 佐伯 純一; 小林 伸一郎; 上杉 晴一; 河野 俊之
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • G及びA残基からなる4重鎖核酸の構造と熱安定性
        金川 真由美; 長岡 正司; 森山 和重; 松上 明正; 片平 正人; 上杉 晴一
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年12月01日
      • 3本鎖からなる小型HDVリボザイムの特性
        田中 陽一郎; 坂本 泰一; 金 美希; 桑原 知子; 栗原 靖之; 片平 正人; 上杉 晴一
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • 神経系特異的RNA結合タンパク質マウスMusashi-1の2つのRNPモチーフのRNA結合能と二次構造
        栗原 靖之; 永田 崇; 樋渡 亜土; 今井 貴雄; 榊原 伸一; 岡野 栄之; 片平 正人; 上杉 晴一
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • UUAGGG配列結合蛋白質hnRNP-Dの構造及びRNAとの相互作用のNMRによる研究
        永田 崇; 片平 正人; 佐伯 純一; 栗原 靖之; 上杉 晴一; 梶田 保子; 石川 冬木; 河野 俊之
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年08月01日
      • 神経系特異的RNA結合タンパク質Musashiの構造、運動性及びRNAとの相互作用
        小林 央典; 永田 崇; 菅野 玲介; 佐伯 純一; 栗原 靖之; 今井 貴雄; 榊原 伸一; 岡野 栄之; 上杉 晴一; 片平 正人
        生物物理, 1998年09月07日
      • 神経系特異的RNA結合蛋白質Musashiの構造と安定性の研究
        菅野 玲介; 永田 崇; 佐伯 純一; 小林 央典; 樋渡 亜土; 栗原 靖之; 今井 貴雄; 榊原 伸一; 岡野 栄之; 河野 俊之; 片平 正人; 上杉 晴一
        生物物理, 1997年10月
      • HIV-1VifによるAPOBEC3Gの阻害における荷電アミノ酸残基の影響
        神庭圭佑; WAN Li; WAN Li; 雲財悟; 森下了; 永田崇; 永田崇; 片平正人; 片平正人
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2021年
      • 2D16-1 有鞘細菌Sphaerotilus natansの鞘からのN-グリシルガラクトサミン残基の発見(ペプチド工学・プロテオーム,生合成・天然物化学,一般講演)
        野上 武史; 小田 佳奈恵; 武田 穣; 宮ノ入 洋平; 片平 正人; 小泉 淳一
        日本生物工学会大会講演要旨集, 2005年
      • リグニン・多糖複合体分解に関与する白色腐朽菌由来グルクロノイルエステラーゼの速度論解析および添加剤耐性
        坂井勇太; 林孟宜; 檜山明穂; 米沢柚香; 近藤敬子; 永田崇; 片平正人
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020.3.25-28, 九州大学伊都キャンパス, 2020年03月25日
      • 選択的白色腐朽菌が産する溶解性多糖モノオキシゲナーゼの構造および活性の解析
        近藤 敬子; グエン フエン; ワンサミハルジャ アンドリー; 小瀧 努; 三上 文三; 渡辺 隆司; 永田 崇; 片平 正人
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020.3.25-28, 九州大学伊都キャンパス, 2020年03月25日
      • In-cell NMR法を用いた非標準構造を形成する核酸の構造安定性の解析
        阪本知樹; 山置佑大; 加納ふみ; 村田昌之; 永田崇; 片平正人
        第100回日本化学会年会, 2020.3.22-25, 東京理科大学, 2020年03月22日
      • リグニンオリゴマーモデルとセルラーゼ糖質結合モジュール間の相互作用を原子・分子レベルで可視化するためのNMR解析
        徳永 有希; 永田 崇; 近藤 敬子; 片平 正人; 渡辺 隆司
        第70回日本木材学会大会, 2020.3.16-18, 鳥取大学, 2020年03月16日
      • Oxidative activity of four heterologously expressed fungal ligninolytic enzymes by Pichia pastoris
        Kenneth TSK; Kondo K; Nagata T; Katahira M
        第70回日本木材学会大会, 2020.3.16-18, 鳥取大学, 2020年03月16日
      • STRUCTURAL AND PHYSICAL BASIS FOR THE HIGHER AFFINITY TO ONCOPROTEIN MDM2 OF A PEPTIDE SELECTED WITH MRNA DISPLAY OVER TUMOR SUPPRESSOR P53
        永田崇; 山田達矢; 林智彦; 肥喜里志門; 小林直宏; 池口満徳; 片平正人; 木下正弘; 柳川弘志
        64th Annual Meeting of the Biophysical Society, San Diego, 2020.2.15-19, 2020年02月16日
      • 好冷菌Sclerotinia borealis由来βグルコシダーゼのクローニングおよびキャラクタリゼーション
        堀内正隆; 国永史朗; 齋藤泉; 片平正人; 永田崇
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • HIV Vif5者複合体はAPOBEC3GとAPOBEC3Fの脱アミノ化を阻害する
        神庭圭佑; WAN Li; WAN Li; 雲財悟; 森下了; 永田崇; 永田崇; 片平正人; 片平正人
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2020年
      • 安定同位体標識リグニンオリゴマーモデルを用いたセルラーゼ糖質結合モジュールとの相互作用解析
        徳永 有希; 永田 崇; 近藤 敬子; 片平 正人; 渡辺 隆司
        第402回生存圏シンポジウム 第16回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム−マイクロ波高度利用と先端分析化学−・第9回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム−マイクロ波高度利用生存圏フラッグシップ共同研究−, 2019.12.18, 京都大学宇治キャンパス, 2019年12月18日
      • NADPH再生系を内包するハイブリッド型アゾレダクターゼの開発
        堀内正隆; 永田崇; 片平正人; 小橋川敬博; 鈴木定彦; 落合正則
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • Promoter associated non-coding RNA, pncRNA, can diminish the aggregation of TLS caused by shearing stress
        Hamad NH; Mashima T; Yamaoki Y; Kondo K; Yoneda R; Kurokawa R; Nagata T; Katahira, M
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • HIV Vifによるユビキチン化を介さないヒトAOBEC3G活性の阻害
        神庭圭佑; 万里; 雲財悟; 森下了; 永田崇; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • Vif - CBFβ - CUL5 - ELOB - ELOC 複合体に結合するアプタマーの解析
        熊谷紀志; 鈴木拓也; 関川湧斗; 神庭圭介; 万里; 永田佳代子; 高折晃史; 片平正人; 永田崇; 坂本泰一
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • 選択的白色腐朽菌に由来するLytic polysaccharide monooxygenaseのX線結晶構造および活性の解析
        近藤敬子; Nuyen Nguyen; Andry Wangsamihardja; 小瀧努; 三上文三; 渡辺隆司; 永田崇; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • ヒト生細胞内における核酸の非標準構造および構造安定性のin-cell NMR法を用いた解析
        阪本知樹; 山置雄大; 加納ふみ; 村田昌之; 永田崇; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • In-cell NMR法によるヒト生細胞内の核酸の構造およびダイナミクスの解析
        山置雄大; 永田崇; 阪本知樹; 高見昇平; 加納ふみ; 村田昌之; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • In-cell NMR法によるヒト生細胞内における核酸‐リガンド相互作用の解析
        高見昇平; 山置雄大; 加納ふみ; 村田昌之; 坂本秦一; 原田和雄; 永田崇; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • 非常に高い活性を有する抗プリオンRNAアプタマーの構造機能相関
        永田崇; 真嶋司; Lee Joon-Hwa; 鎌足雄司; 林智彦; 木下正弘; 桑田一夫; 片平正人
        第58回NMR討論会(2019)(NMR討論会・SEST2019連合大会), 川崎市コンベンションホール(川崎)2019.11.7-9, 2019年11月
      • The observation of in-cell NMR signals of nucleic acids in living human cells
        Yamaoki Y; Kiyoishi A; Miyake M; Lin KH; Kano F; Murata M; Nagata T; Katahira M
        7th International Meeting of Quadruplex Nucleic Acids, Changchun, 2019.09.06-09, 2019年09月
      • HIV Vif–ヒトE3ユビキチンリガーゼ複合体によるヒト抗ウイルス因子APOBEC3Gの脱アミノ化阻害の分子メカニズム
        神庭圭佑; 万里; 雲財悟; 森下了; 永田崇; 片平正人
        第57回日本生物物理学会年会, シーガイア(宮崎), 2019.9.24-26, 2019年09月
      • The effect of the distance between the RNA sequences recognized by two RNA-binding domains on the affinity of the MSI1-RNA interaction
        杜溦洵; 神庭 圭佑; 永田 崇; 片平 正人
        第57回日本生物物理学会年会, シーガイア(宮崎), 2019.9.24-26, 2019年09月
      • NMR Analysis for Molecular Insight into the Interaction between Lignin and Carbohydrate Binding Module of Cel7A from Trichoderma reesei
        Tokunaga, Y; Nagata, T; Kondo, K; Katahira, M; Watanabe, T
        The 20th International Symposium on Wood, Fiber and Pulping Chemistry, Univ. Tokyo, 2019.09.09-11, 2019年09月
      • NMR study on Binding Sites of 13C-Lignin Oligomer Models with Carbohydrate Binding Module of Cel7A from Trichoderma reesei
        Tokunaga, Y; Nagata, T; Kondo, K; Katahira, M; Watanabe, T
        1st International Lignin Symposium, Sapporo. 2019.9.13-15, 2019年09月
      • Structural analyses of covalet likages between liginin and hemicellulose in wood cell walls
        Hiroshi Nishimura; Kazuma Nagata; Misato Yamada; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        1st International Lignin Symposium (ILS), 20190914, Hokkaido Univ., 2019年09月
      • Fractionation and analysis of lignin-carbohydrate complex using lignin-degrading enzymes
        Saho Kashima; Hiroshi Nishimura; Shizuka Sakon; Misato Yamada; Yasuhiro Shimane; Yukari Ohta; Keiko Kondo; Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        1st International Lignin Symposium (ILS), 20190914, Hokkaido Univ., 2019年09月
      • Strategy of lignocellulose conversion using catalysts with controlled affinity to lignin
        Takashi Watanabe; Yuki Tokunaga; Satoshi Oshiro; Kaori Saito; Hiroyuki Okano; Hiroshi Nishimura; Takashi Nagata; Keiko Kondo; Masato Katahira; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        1st International Lignin Symposium (ILS), 20190914, Hokkaido Univ. (oral), 2019年09月
      • 非可食バイオマスを原料とする機能性芳香族化合物の酵素・微生物生産
        大田ゆかり; 西村 裕志; 片平正人; 中村正治
        Polymer Preprints, Japan Vol. 68, No. 2 (2019), 福井大学 2019.9.25-27, 2019年09月, 招待有り
      • セルラーゼ糖質結合モジュールに対するリグニンモデル吸着部位の解析
        德永有希; 永田崇; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司
        第33回セルラーゼ研究会, 佐久平プラザ(長野), 2019.8.20-21, 2019年08月
      • Unique quadruplex structure and anti-disease activity of RNA aptamer, and in-cell NMR of nucleic acids
        Katahira, M
        The 21st Conference of International Society of Magnetic Resonance, 2019年08月
      • Disruption of the Alzheimer’s disease-related complex between prion and amyloid β by an anti-prion aptamer
        T. Mashima; Y. M. Iida; Yamaoki; M. So; T. Nagata; M. Katahira
        Commemorative International Symposium of the Japan Society of Nucleic Acids Chemistry (CISNAC) 2019, Konan University, 2019.07.22-24, 2019年07月
      • プリオンタンパク質の構造変換を抑制するRNAアプタマーの開発と構造決定
        真嶋司; Lee Joon-Hwa; 鎌足雄司; 林智彦; 永田崇; 西川富美子; 西川諭; 木下正弘; 桑田一夫; 片平正人
        第21回日本RNA学会年会, 東京大学, 2019.07.17-19, 2019年07月
      • An insight into the target search and HIV Vif-dependent inactivation of APOBEC3F and APOBEC3G elucidated by tracking the deamination events
        Kamba K; Wan, L; Unzai, S; Morishita, R; Nagata, T; Katahira, M
        The 8th Asia-Pacific NMR 2019 Symposium, 2019年07月
      • APOBEC3FとAPOBEC3Gの脱アミノ化速度は、それら及びDNAの濃度、さらにDNAの長さに影響を受ける
        神庭圭佑; 万里; 永田崇; 片平正人
        第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会, 神戸国際会議場, 2019.06.24-26, 2019年06月
      • 白色腐朽菌Pleurotus eryngii由来のリグニン・多糖複合体分解酵素グルクロノイルエステラーゼの発現・精製・活性検証と各種添加剤の活性への影響に関する速度論解析
        坂井勇太; 林孟宜; 檜山明穂; 近藤敬子; 永田崇; 片平正人
        第69回日本木材学会大会, 函館アリーナ(北海道) 2019.3.14-16, 2019年03月
      • 13Cラベル化リグニンオリゴマーモデルを用いたセルラーゼ糖質結合モジュールとの相互作用解析
        徳永有希; 永田崇; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司
        第69回日本木材学会大会, 函館アリーナ(北海道) 2019.3.14-16, 2019年03月
      • 芳香環1位を13C標識したコニフェリンの合成とそれを用いたリグニンの化学構造の解析
        細川雅貴; 松下泰幸; 青木弾; 福島和彦; 西村裕志; 渡邊隆司; 片平正人
        第69回木材学会大会要旨集(口頭、函館、3.14.), 2019年03月
      • NMR化学シフト摂動法を用いたセルラーゼ糖質結合モジュールとリグニン間相互作用の解析
        徳永有希; 永田崇; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司
        第385回生存圏シンポジウム 2018.11.26京都大学(宇治市), 2018年11月
      • Classification of a lignin-carbohydrate complex (LCC) degradation enzymes, fungal glucuronoyl esterases (FGEs), and expression/ characterization of two new FGEs of white rot fungi
        林孟宜; 檜山明穂; 近藤敬子; 坂井勇太; 永田崇; 片平正人
        第63回リグニン討論会, 東京農工大学(東京)2018.11.1-2, 2018年11月
      • NMR法によるリグニン-セルラーゼ糖質結合モジュール間吸着の解析
        徳永有希; 永田崇; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司
        第63回リグニン討論会, 東京農工大学(東京)2018.11.1-2, 2018年11月
      • In-cell NMR法を用いたヒト生細胞内の核酸の解析
        山置 佑大; 永田 崇; 清石 彩華; 三宅雅之; Lin Kuan-Heng; 高見昇平; 加納 ふみ; 村田 昌之; 片平 正人
        第41回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜(横浜)2018.11.28-30, 2018年11月
      • HIV Vif– ヒトE3ユビキチンリガーゼ複合体はAPOBEC3Gの脱アミノ化を直接阻害する
        神庭圭佑; 汪 寧馨; 雲財 悟; 森下 了; 永田崇; 片平正人
        第41回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜(横浜)2018.11.28-30, 2018年11月
      • Vif - CBFβ - CUL5 - ELOB - ELOC 複合体に結合する 2’F 化した aptamer の取得
        関川 湧斗; 水澤 果那; 神庭 圭介; 鈴木 拓也; 万 里; 片平 正人; 永田 崇; 坂本 泰一
        第41回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜(横浜)2018.11.28-30, 2018年11月
      • The interaction analysis of a cyclic tetraoxazole with telomeric i-motif DNA
        Masoud, S. S; Yamaoki, Y; Ma, Y; Marchand, A; Winnerdy, F. R; Gabelica, V; Phan, A. T; Katahira, M; Nagasawa, K
        Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2018年11月
      • Development of RNA Aptamer That Has High Anti-prion Activity and Its Structural Basis
        Mashima, M; Joon-Hwa, L; Kamatari, Y. O; Hayashi, T; Nishikawa, F; Nagata, T; Nishikawa, S; Kinoshita, M; Kuwata, K; Katahira, M
        Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2018年11月
      • In-cell NMR studies on structure and dynamics of DNA and RNA introduced inside the living human cells
        Yamaoki, Y; Nagata, T; Kiyoishi, A; Miyake, M; Kuan-Heng, L; Takami, S; Kano, F; Murata, M; Katahira, M
        Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2018年11月
      • NMR analysis of Non-productive Binding of Carbohydrate Binding Module of Cellobiohydrolase with Lignin
        Tokunaga T; Nagata T; Kondo K; Katahira M; Watanabe T
        The 3rd Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science, National Chung Hsing University (Taiwan) 2018.9.25-27, 2018年09月
      • An RNA aptamer disrupts the interaction of prion protein with Amyloid β
        Iida M; Mashima T; Yamaoki Y; So M; Nagata T; Katahira M
        第56回日本生物物理学会年会、岡山大学 (岡山)、2018.9.15-17, 2018年09月
      • MDM2-p53NTDとMDM2-MIPの結合自由エネルギーに見られる大きな差の物理起源
        Yamada T; Hayashi T; Kobayashi N; Yanagawa H; Katahira M; Nagata T; Kinoshita M
        第56回日本生物物理学会年会、岡山大学(岡山)、2018.9.15-17, 2018年09月
      • 抗プリオン活性を有する四重鎖RNAの構造解析
        真嶋司; Lee Joon-Hwa; 林 智彦; 西川富美子; 鎌足雄司; 永田崇; 西川諭; 桑田一夫; 木下 正弘; 片平正人
        第57回NMR討論会 札幌コンベンションセンター(札幌市), 2018.9.18-20, 2018年09月
      • ホワイトバイオでつなぐ ~リグニンから機能性芳香族モノマーへ~
        大田ゆかり; 西村裕志; 片平正人; 磯崎勝弘; 中村正治
        第67回高分子討論会(札幌、9月14日震災中止), 2018年09月, 招待有り
      • Fractionation and analysis of lignin-carbohydrate complex in wood cell wall
        Saho Kashima; Hiroshi Nishimura; Shizuka Sakon; Misato Yamada; Yukari Ohta; Keiko Kondo; Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        The 3rd Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science, NCHU, Taiwan, 20180926: P19, 2018年09月
      • Heterologous expression and characterization of enzymes of wood rotting fungi to be used for utilization of woody biomass
        Katahira, M
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Disruption of the prion-amyloid complex, whose formation is casually related to Alzheimer's disease, by an anti-prion RNA aptamer that forms a unique quadruplex
        Katahira, M
        International Symposium on Biology of Non-Canonical Nucleic Acids: from Humans to Pathogens, 2018年09月
      • Development of Lignocellulose Degrading Saccharomyces Cerviciae via Cell-Surface Display of lytic Polysaccharide Monooxygenase
        Mohamed, M. O; Kondo, K; Khattab, S; Nagata, T; Abdul-Raouf, U. M; Watanabe, T; Katahira, M
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Real-Time NMR Analysis of the Continuous Degradation Process of Azo Dyes using Azoreductase in Cooperation with the NADPH Regeneration System
        Horiuchi, M; Nagata, T; Katahira, M; Kobashigawa, Y; Suzuki, Y; Ochiai, M
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Development of Functional Peptides that Bind to RNA
        Watanabe, N; Kinase, T; Nomura, Y; Nagata, T; Katahira, M; Harada, K; Sakamoto, T
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Interaction Analysis Between Cellulase Carbohydrate-Binding Module and Lignin by Ultra-High Sensitivity NMR Forbiorefinery
        Watababe, T; Tokunaga, Y; Ohshiro, S; Nishimura, H; Kishimoto, T; Nakamura, M; Kondo, K; Nagata, T; Katahira, M
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Analysis of High-Reactive Structure in Lignin for Advanced Biomass Utilization
        Matsushita, Y; Hosokawa, M; Terashima, N; Aoki, D; Bishimura, H; Watanabe, T; Katahira, M; Fukushima, K
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Importance of O-acetylation in Microtube Formation by an Extracellular Polysaccharide Originated from Sphaerotilus montanus
        Kondo, K; Fujiwara, A; Kan, D; Uehara, D; Usami, R; Katahira, M; Takeda, M
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Hopping Conduction in A Hydronium Solvate Ionic Liqui
        Kitada, A; Fukami, K; Saimura, M; Nagata, T; Katahira, M
        The 9th International Symposium of Advanced Energy Science -Interplay for Zero-Emission Energy-, 2018年09月
      • Approaches for valorization of lignovelluloses using microwave technology and lignin-binding catalysts
        Takashi Watanabe; Chen Qu; Satoshi Oshiro; Hiroshi Nishimura; Keiichiro Kashimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Katsuhiro Isozaki; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        lignobiotech 2018, p21, 5th Symposium of Biotechnology Applied to Lignocelluloses, Helsinki, 2018年08月31日
      • Oxidative Degradation of Lignin and Its Related Compounds Catalyzed by Metalated Amino Acids Bearing ONO-Pincer Ruthenium Complexes
        Takafumi Shanoh; Ryota Yoshida; Tomoya Yokoi; Katsuhiro Isozaki; Hiroshi Nishimura; Satoshi Oshiro; Keiko Kondo; Takashi Watanabe; Masato Katahira; Hikaru Takaya; Masaharu Nakamura
        International Conference on Coordination Chemistry(ICCC) 2018, Sendai, Japan, 2018年08月
      • Observation of imino proton signals of DNA and RNA introduced inside the living human cells by using in-cell NMR spectroscopy
        Yamaoki, Y; Nagata, T; Kiyoishi, A; Miyake, M; Kano, F; Murata, M; Katahira, M
        XXVIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2018年08月
      • Structural and theoretical insights into the RNA-recognition mechanism by Musashi-1
        Nagata, T; Iwaoka, R; Hayashi, T; Tsuda, K; Kobayashi, N; Kinoshita, M; Katahira, M
        XXVIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2018年08月
      • Characteristics of the C-terminal domain of anti-viral factor APOBEC3G: mechanism behind a target search and inhibition by HIV-1 Vif protein
        Kamba, K; Nagata, T; Katahira, M
        XXVIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2018年08月
      • Protein-quadruplex DNA/RNA interactions in telomere regulation and anti-prion activity, and the first successful observation of in-cell NMR signals in human cells
        Katahira, M
        XXVIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2018年08月
      • Fractionation and structural analysis of enzyme-treated lignin-carbohydrate complexes
        Nishimura, H; Sakon, S; Yamada, M; Nagata, K; Nagata, T; Katahira, M; Ohta, Y; Watanabe, T
        Lignobiotech 2018, 2018年08月
      • Trichoderma reesei由来Cel7AのCBM1がリグニンに吸着するメカニズムの解析
        徳永有希; 永田崇; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司
        第32回セルラーゼ研究会, 佐久平プラザ(長野), 2018.7.13-14, 2018年07月, 招待有り
      • 白色腐朽菌Ceriporiopsis subvermispora由来lytic polysaccharide monooxygenase (LPMO) の反応性の解析
        井関優侑; 大城理志; 永田崇; 近藤敬子; 片平正人; 渡辺隆司
        第32回セルラーゼ研究会, 佐久平プラザ(長野), 2018.7.13-14, 2018年07月
      • 抗プリオンアプタマーによるプリオンタンパク質とアミロイドβの相互作用の阻害
        飯田 真美子; 真嶋 司; 山置 佑大; 宗 正智; 永田 崇; 片平正人
        第20回日本RNA学会年会2018.7.9-11ホテルコスモスクエア国際交流センター(大阪), 2018年07月
      • HIV Vif-E3ユビキチンリガーゼ複合体と核酸の相互作用
        神庭圭佑; 永田崇; 片平正人
        第18回日本蛋白質科学会年会2018.06.28-28, 朱鷺メッセ(新潟), 2018年06月
      • Detection of different conformational changes of Translocated in liposarcoma, TLS, upon its binding to various nucleic acids
        Nesreen Hamad; Tsukasa Mashima; Yudai Yamaoki; Hiroki Watanabe; Takayuki Uchihashi; Riki Kurokawa; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第18回日本蛋白質科学会年会2018.06.26-28, 朱鷺メッセ (新潟), 2018年06月
      • セルラーゼ糖質結合モジュールとリグニン間相互作用部位のNMRによる解析
        徳永有希; 大城理志; 永田崇; 近藤敬子; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        第68回日本木材学会, 京都大学(京都), 2018.3.14-16, 2018年03月
      • NADPH再生系を伴ったアゾレダクターゼによるアゾ染料分解反応のNMR解析
        堀内正隆; 永田崇; 片平正人; 小橋川敬博; 鈴木定彦; 落合正則
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2018年
      • The effect of different target nucleic acids on the structural change of TLS
        Nesreen Hamad; Tsukasa Mashima; Hiroki Watanabe; Takayuki Uchihashi; Riki Kurokawa; Takashi Nagata; Masato Katahira
        ConBio2017, 神戸ポートアイランド(神戸)2017.12.6-9, 2017年12月
      • Modeling of the tandem RNA-binding domains of a neural and oncogenic protein, Musashi1, engaging the minimum target RNA
        Ryo Iwaoka; Takashi Nagata; Kengo Tsuda; Takao Imai; Hideyuki Okano; Naohiro Kobayashi; Masato Katahira
        第40回日本分子生物学会年会(2017年度生命科学系学会合同年次大会)神戸ポートアイランド(神戸)2017.12.6-9, 2017年12月
      • RNA結合タンパク質Musashi-1のRBD2:r(GUAGU)複合体溶液構造決定と標的RNA選択メカニズムの解明
        岩岡諒; 永田崇; 津田健吾; 今井貴雄; 岡野栄之; 小林直宏; 片平正人
        第56回NMR討論会 首都大学東京(八王子市), 2017.11.14-16, 2017年11月
      • In-cell NMR法によるヒト細胞内DNAおよびRNAの観測
        山置 佑大; 清石 彩華; 三宅雅之; 加納 ふみ; 村田 昌之; 永田 崇; 片平 正人
        第56回NMR討論会 首都大学東京(八王子市), 2017.11.14-16, 2017年11月
      • Studies on lytic polysaccharide monooxygenase (LPMO) from the selective white rot fungus, Ceriporiposis subvermispora
        Yuu Iseki; Satoshi Oshiro; Takashi Nagata; Keiko Kondo; Hiroshi Nishimura; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        Humanosphere Science School 2017, Salak Tower (Bogor, Indonesia), 2017.11.1-2 poster, 2017年11月
      • 木材リグニンのβO4開裂酵素反応前後の分析
        西村裕志; 山田美紗登; 市川淳子; 黒澤佳奈子; 大田ゆかり; 近藤敬子; 山置祐大; 片平正人; 渡辺隆司
        第356回生存圏シンポジウム、京都大学 poster, 2017年11月
      • Analysis of Adsorption Mechanism between Carbohydrate Binding Module of Cellulase and Lignin by NMR
        Yuki Tokunaga; Satoshi Oshiro; Takashi Nagata; Keiko Kondo; Hiroshi Nishimura; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        HSS2017 and 7th ISSH meeting, Bogor, Indonesia (poster), 2017年11月
      • Binding analysis of tandem dimer of lignin-binding peptide and design of artificial enzyme carrying the peptide for enhanced lignin degradation
        Satoshi Oshiro; Asako Yamaguchi; Hiroshi Nishimura; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        HSS2017 and 7th ISSH meeting, Bogor, Indonesia (oral), 2017年11月
      • Analysis of Lignin-Carbohydrate Complexes in woody biomass by using NMR
        Shizuka Sakon; Hiroshi Nishimura; Misato Yamada; Yukari Ohta; Keiko Kondo; Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        HSS2017 and 7th ISSH meeting, Bogor, Indonesia (poster), 2017年11月
      • Characterization of the cytidine deamination properties of human APOBEC3B by real-time NMR, which are quite different from those of APOBEC3G
        Wan, L; Nagata, T; Morishita, R; Takaori-Kondo, A; Katahira, M
        The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2017年11月
      • Interaction of a cyclic tetraoxazole with i-motif DNA and its effects on this structure
        Masoud, S; Yamaoki, Y; Ma, Y; Katahira, M; Nagasawa, K
        The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2017年11月
      • Interaction between non-coding RNA and TLS/FUS protein, and structural change
        Mashima, T; Nagata, T; Hamad, N; Ozawa, S; Yamaoki, Y; Kondo, K; Watanabe, H; Yoneda, R; Uchihashi, T; Kurokawa, R; Katahira, M
        The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2017年11月
      • Selective alkylation of T-T mismatched bases in DNA
        Onizuka K; Usami, A; Yamaoki, Y; KObayashi, T; Hazemi, M; Chikuni, T; Katahira, M; Nagatsugi, F
        The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2017年11月
      • Kinetic studies of the two fungal glutathione-dependent enzymes and their potential roles in the intracellular detoxification and wood-derived compound metabolism
        Wan Hasnidah; Wan Osman; Meng-I Lin; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第62回リグニン討論会, 名古屋大古屋)2017.10.26-27学(名, 2017年10月
      • Analysis of peroxidase activity, lignin model degradation of heterologous expressed soluble fungal ligninolytic enzymes
        Meng-I Lin; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        2017 Taiwan-Japan Biomedical Symposium on Magnetic Resonance, National Cheng Kung University (Tainan), 2017.10.15-17, 2017年10月
      • Sphingombium sp. YG1由来guaiacylglycerol-β-guaiacyl ether - Cα位酸化酵素の酵素学的解析と利用
        前田亜鈴悠; 宋晶; 西真郎; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 塩谷美夏; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 山田美沙登; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第62回リグニン討論会, 名古屋大学(名古屋)2017.10.26-27, 2017年10月
      • フラグメント分子軌道法を活用したリグニンβ-O-4還元開裂酵素の機能改変
        嶋根康弘; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 前田亜鈴悠; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第62回リグニン討論会, 名古屋大学(名古屋)2017.10.26-27, 2017年10月
      • Sphingombium sp. YG1由来guaiacylglycerol-β-guaiacyl ether - Cα位酸化酵素の酵素学的解析と利用
        前田亜鈴悠; 宋晶; 西真郎; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 塩谷美夏; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 山田美紗登; 西村裕志; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第62回リグニン討論会、名古屋大学, poster, 2017年10月
      • リグニンの資源化を目指したルテニウム結合型ペプチド基盤人工酵素の創製
        高谷 光; 吉田 亮太; 磯﨑 勝弘; 横井 友哉; 社納 貴文; 西村 裕志; 近藤 敬子; 渡辺 隆司; 片平 正人
        高分子討論会, 2017年09月
      • 18-crown-6を用いるヒドロニウム溶媒和イオン液体の基礎物性
        北田敦; 竹岡駿; 近都康平; 深見一弘; 才村正幸; 永田崇; 片平正人; 邑瀬邦明
        2017年電気化学会秋季大会 2017.9.10-11、長崎大学文教地区キャンパス, 2017年09月
      • プリオンアプタマーはアルツハイマー病に関与するプリオン蛋白質とAβオリゴマーの複合体の形成を阻害する
        飯田 真美子; 真嶋 司; 山置 佑大; 永田 崇; 片平正人
        第55回生物物理学会、熊本大学(熊本市)、2017.9.19-21, 2017年09月
      • 基質DNAの長さ、濃度、及び標的配列位置がAPOBEC3Fの脱アミノ活性に及ぼす影響
        万里; 永田崇; 片平正人
        第55回生物物理学会、熊本大学(熊本市)、2017.9.19-21, 2017年09月
      • テロメア長短縮をもたらすTLS/FUS蛋白質とテロメアDNAおよびTERRAのグアニン四重鎖との複合体に関するNMR解析
        近藤 敬子; 真嶋 司; 大吉 崇文; 黒川 理樹; 小林直宏; 永田 崇; 片平 正人
        第55回生物物理学会、熊本大学(熊本市)、2017.9.19-21, 2017年09月
      • リグニンの資源化を目指したRu結合型ペプチド基盤人工酵素の創製
        高谷光; 吉田亮太; 磯_勝弘; 横井友哉; 社納貴文; 西村裕志; 近藤敬子; 渡辺隆司; 片平正人
        第64回有機金属化学討論会, 2017年09月
      • Structure-function relationship of Epstein-Barr Virus EBNA3C NLS and transport receptor
        Matsuda, G; Nagata, T; Katahira, M; Kobashigawa, Y; Imadome, K
        The 8th International Symposium of Advanced Energy Science -Interdisciplinary Approach to Zero-Emission Energy-, 2017年09月
      • Development of the artificial multi-domain enzymes immobilized on the curdlan sheet at low cost
        Horiuchi, M; Nagata, T; Katahira, M; Kobashigawa, Y; Suzuki, Y; Ochiai, M
        The 8th International Symposium of Advanced Energy Science -Interdisciplinary Approach to Zero-Emission Energy-, 2017年09月
      • Development of RNA binding peptides based on tertiary structural information
        Watanabe, N; Kinase, T; Nagata, T; Katahira, M; Harada, K; Sakamoto, T
        The 8th International Symposium of Advanced Energy Science -Interdisciplinary Approach to Zero-Emission Energy-, 2017年09月
      • Structural analysis of lignocellulosic biomass by solution-state NMR for future biorefinery
        Watanabe, T; Nishimura, H; Qu, C; Yamada, M; Sakon, S; Kishimoto, T; Nakamura, M; Kondo, K; Nagata, T; Katahira, M
        The 8th International Symposium of Advanced Energy Science -Interdisciplinary Approach to Zero-Emission Energy-, 2017年09月
      • Analysis of condensed lignin structure for advanced biomass ulilization
        Matsushita, Y; Hashiura, M; Terashima, N; Aoki, D; Nishimura, H; Watanabe, T; Katahira, M; Fukushima, K
        The 8th International Symposium of Advanced Energy Science -Interdisciplinary Approach to Zero-Emission Energy-, 2017年09月
      • A hydronium solvate ionic liquid
        Kitada, A; Fukami, K; Saimura, M; Nagata, T; Katahira, M
        The 8th International Symposium of Advanced Energy Science -Interdisciplinary Approach to Zero-Emission Energy-, 2017年09月
      • Structural analysis of the microtube formed by Sphaerotilus montanus
        Kashiwabara, D; Sanda, S; Kawasaki, Y; Fujiwara, A; Kondo, K; Katahira, M; Takeda, M
        The 8th International Symposium of Advanced Energy Science -Interdisciplinary Approach to Zero-Emission Energy-, 2017年09月
      • TLS/FUSの非コードRNAの認識機構の構造学的研究
        真嶋司; 小澤 駿介; Nesreen Hamad; 米田竜馬; 黒川 理樹; 永田崇; 片平 正人
        第19回日本RNA学会年会2017.7.19-21富山国際会議場(富山), 2017年07月
      • Conformational change detection of translocated in liposarcoma, TLS, upon binding to various RNAs
        Nesreen Hamad; Tsukasa Mashima; Yudai Yamaoki; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第19回日本RNA学会年会2017.7.19-21富山国際会議場(富山), 2017年07月
      • NMR法によるセルラーゼ糖質結合モジュール-リグニン間相互作用の解明
        徳永有希; 大城理志; 永田崇; 近藤敬子; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        第31回セルラーゼ研究会 長野 2017.7.7-8, 2017年07月
      • APOBEC3Gのストランド間移動の実時間NMR法検出
        神庭圭佑; 永田崇; 片平正人
        第17回日本蛋白質科学会年会 2017.6.20-22、仙台国際センター(仙台), 2017年06月
      • High yield production, activity analysis, and homologous modeling of soluble fungal peroxidases expressed in E. coli
        Meng-I Lin; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第17回日本蛋白質科学会年会 2017.6.20-22、仙台国際センター(仙台), 2017年06月
      • TLS/FUSのRNA認識機構と結合に伴うコンフォーメーション変化の研究
        真嶋 司; 小澤 駿介; Nesreen Hamad; 米田 竜馬; 黒川 理樹; 永田 崇; 片平 正人
        第17回日本蛋白質科学会年会 2017.6.20-22、仙台国際センター(仙台), 2017年06月
      • HIV-1 RRE由来のRNA断片と人工ペプチドの相互作用の解析
        渡邊 なつき; 木名瀬智章; 永田崇; 片平正人; 原田和雄; 坂本泰一
        平成29年度日本生化学会関東支部例会, 東京医科歯科(東京), 2017.6.17, 2017年06月
      • Invention of RNA aptamer and ribozyme whose activities switch on in response to K+ via G-quadruples formation
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        6th International Meeting on Quadruplex Nucleic Acids, 2017年05月
      • Heterologous expression of the ligninolytic enzymes from wood rotting fungi and analysis of peroxidase activity, lignin model degradation, and homologous modeling
        Meng-I Lin; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        日本農芸化学会、ウェスティン都ホテル京都(京都市)2017.3.17-20, 2017年03月
      • Characterization of Glutathione-Dependent Enzymes from White Rot Fungi
        Wan Hasnidah; Wan Osman; Meng-I Lin; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        日本農芸化学会、ウェスティン都ホテル京都(京都市)、2017.3.17-20, 2017年03月
      • 酵素反応親和性リグニンフラクションによるフェニルプロパノン化合物のワンポット酵素生産
        山田美紗登; 辻 祥子; 市川淳子; 黒澤佳奈子; 大田ゆかり; 片平正人; 渡辺隆司; 西村裕志
        日本木材学会大会(福岡大会)Poster, 2017年03月
      • リグノセルロースの糖-リグニン複合体とその酵素反応の解析
        西村裕志; 左近静香; Arnling Baath Jenny; Ristinmaa Amanda; Nilsson Johanna; Westman Gunnar; Olsson Lisbeth; 永田一真; 永田 崇; 片平正人; 渡辺隆司
        日本木材学会大会(福岡大会)Poster, 2017年03月
      • 安定同位体標識法を用いたセルラーゼ糖質結合モジュールとリグニン間相互作用のNMRによる解析
        徳永有希; 大城理志; 永田 崇; 近藤敬子; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        日本木材学会大会(福岡大会)Poster, 2017年03月
      • Analysis of Interaction Between Carbohydrate Binding Module of Cellulase and Lignin
        Yuki Tokunaga; Satoshi Oshiro; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Hiroshi Nishimura; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science (The 338th Symposium on Sustainable Humanosphere), poster, 2017年02月
      • Sliding and intersegmental transfer along DNA enhance the enzymatic activity of APOBEC3G as revealed by real-time NMR monitoring methods
        Kamba, K; Nagata, T; Katahira, M
        The 7th Asia-Pacific NMR Symposium, 2017年02月
      • Characterization of the deamination activity of APOBEC3B by real-time NMR, which is distinct from that of APOBEC3G
        Wan, L; Nagata, T; Morishita, R; Takaori-Kondo, A; Katahira, M
        The 7th Asia-Pacific NMR Symposium, 2017年02月
      • ルテニウム錯体結合リグニン親和性ペプチドを触媒とする酸化的リグニン分解
        吉田亮太; 磯崎勝弘; 横井友哉; 渡邊隆司; 西村裕志; 大城理志; 片平正人; 近藤敬子; 高谷光; 中村正治
        日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2017年
      • リアルタイムNMRモニタリング法による酵素反応の定量解析及びヒト抗ウイルス因子APOBEC3Gの脱アミノ化機構の解明
        神庭圭佑; 永田崇; 片平正人
        定量生物学の会年会、岡崎コンファレンスセンター(岡崎)、2017.1.8-1.9, 2017年01月
      • 温和なリグニン抽出法と海洋微生物由来酵素による物質生産
        山田美紗登; 辻祥子; 渡辺隆司; 市川淳子; 黒澤佳奈子; 片平正人; 大田ゆかり; 西村裕志
        第330回生存圏シンポジウム 第13回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム—マイクロ波高度利用と先端分析化学—, poster, 2017.1.10, 2017年01月
      • 木質バイオマス中の糖-リグニン複合体の解析と酵素による分解
        左近静香; 西村裕志; Arnling Baath Jenny; Ristinmaa Amanda; Nilsson Johanna; Westman Gunnar; Olsson Lisbeth; 永田一真; 永田 崇; 片平正人; 渡辺隆司
        第330回生存圏シンポジウム 第13回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム—マイクロ波高度利用と先端分析化学—, poster, 2017.1.10, 2017年01月
      • Development of K+-responsive RNA aptamer and ribozyme, and in-cell NMR of nucleic acids in human cells
        Yamaoki, Y; Kiyoishi, A; Mashima, T; Kano, F; Murata, M; Nagata, T; Katahira, M
        International Symposium for NMR of Nucleic Acids, 2017年01月
      • NMR study for the recognition of non-coding RNA and DNA by TLS/FUS, a key regulator of the transcriptional repression by cyclin D1 and telomere shortening
        Kondo, K; Mashima, T; Oyoshi, T; Yoneda, R; Kurokawa, R; Nagata, T; Katahira, M
        International Symposium for NMR of Nucleic Acids, 2017年01月
      • 電磁波応答性触媒反応を介した植物からのリグニン系機能性ポリマーの創成
        渡辺隆司; 篠原真毅; 高谷 光; 片平正人; 平岡俊治; 林 利夫; 鳥津 誠二
        成28年度CREST/さきがけ合同領域会議, 2016年12月
      • Cyclin D1遺伝子転写制御やテロメア長制御に関わるTLS/FUSタンパク質と非コード核酸間の相互作用のNMR法による解析
        近藤 敬子; 真嶋 司; 大吉 崇文; 米田 竜馬; 黒川 理樹; 永田 崇; 片平 正人
        第55回NMR討論会 広島国際会議場, 広島国際会議(広島市),2016.11.16-18, 2016年11月
      • 非コードRNAと結合してcyclin D1転写を抑制するTLS/FUSのRNA認識機構の構造学的基盤
        真嶋司; 小澤 駿介; 近藤 敬子; Nesreen Hamad; 米田竜馬; 黒川 理樹; 永田崇; 片平 正人
        第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜(横浜市)、2016.11.30-12.2, 2016年11月
      • スライディングとストランド間移動を用いたヒト抗ウイルス因子APOBEC3Gの高効率なDNA配列探索:実時間NMRによる新知見
        神庭 圭佑; 永田 崇; 片平 正人
        第54回日本生物物理学会年会、つくば国際会議場(つくば市)、2016.11.25-27, 2016年11月
      • 木質バイオマスにおける超分子構造とステレオ選択的な酵素反応及び核酸のin-cell NMR
        山置佑大; 永田一真; 清石彩華; 西村裕志; 加納ふみ; 村田昌之; 大田ゆかり; 渡辺隆司; 永田崇; 片平正人
        第55回NMR討論会, 広島国際会議場, Oral, 2016年11月
      • Invention of K+-responsive Tat-binding RNA aptamer and hammerhead ribozyme, and in-cell NMR of nucleic acids
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        The 43rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2016年11月
      • Non-coding RNA/DNA recognition by TLS/FUS that causes repression of cyclin D1 transcription and telomere elongation
        Kondo, K; Mashima, T; Oyoshi, T; Yoneda, R; Kurokawa, R; Nagata, T; Katahira, M
        The 43rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2016年11月
      • ルテニウム錯体結合型アミノ酸触媒を用いるリグニンおよびモデル化合物の酸化的分解
        吉田亮太; 吉田亮太; 磯崎勝弘; 磯崎勝弘; 横井友哉; 横井友哉; 渡辺隆司; 渡辺隆司; 西村裕志; 西村裕志; 片平正人; 片平正人; 近藤敬子; 近藤敬子; 高谷光; 高谷光; 高谷光; 中村正治; 中村正治
        リグニン討論会講演集, 2016年10月14日
      • Heterologous expression and structure-activity relationship analysis of the oxidative enzymes from wood rotting fungi that are involved in lignocellulose degradation
        Meng-I Lin; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第61回リグニン討論会、京都大学(宇治市)、2016.10.27-28, 2016年10月
      • 海洋性細菌に由来するリグニンβ-O-4還元開裂酵素GST4の解析
        嶋根康弘; 前田亜鈴悠; 塩谷美夏; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第61回リグニン討論会、京都大学(宇治市)、2016.10.27-28, 2016年10月
      • 13C標識法を用いた細胞壁リグニンの構造解析
        松下泰幸; 寺島典二; 今村良教; 野村健太; 青木弾; 西村裕志; 渡辺隆司; 片平正人; 福島和彦
        第 21 回高分子分析討論会、名古屋国際会議場, 2016年10月
      • リグノセルロースバイオリファイナリーのためのリグニン・ペプチド間相互作用解析
        山口亜佐子; 末富高志; 大城理志; 徳永有希; 西村裕志; 永田崇; 真嶋司; 片平正人; 磯崎勝弘; 高谷光; 中村正治; 渡辺隆司
        第61回リグニン討論会, oral, 2016年10月
      • カリウムイオン応答性Tat結合RNAアプタマーおよびハンマーヘッドリボザイムの創製およびin-cell NMR法による細胞内核酸の観測
        山置 佑大; 清石 彩華; 真嶋 司; 加納 ふみ; 村田 昌之; 永田 崇; 片平 正人
        第10回バイオ関連化学シンポジウム、第31回生体機能関連化学シンポジウム、第19回バイオテクノロジー部会シンポジウム、石川県立音楽堂(金沢市)、2016.9.7-9.9, 2016年09月
      • Integrating strategy for production of bioethanol and lignin derivatives from rice straw
        Khattab, S; Kondo, K; Lin, M. I; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Structural analysis of lignin and lignin-carbohydrate by ultra-high sensitivity NMR for biorefinery
        Watanabe, T; Nishimura, H; Qu, C; Kishimoto, T; Nakamura, M; Kose, Y; Katahira, M
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Low-cost degradation of azo dyes using the GRP-tagged azoreductase combined with NADPH regeneration enzymes immobilized on the curdlan sheet
        Horiuchi, M; Suzuki, Y; Ochiai, M; Nagata, T; Katahira, M
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Development of artificial RNA and artificial peptide to control gene expression by using NMR
        Takeda, Y; Nagata, T; Amano, R; Nomura, Y; Harada, K; Smith, C. A; Katahira, M; Sakamoto, T
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Structural analysis of lignin by a selective 13C-enrichment techinique combined with solid-state 13C NMR
        Matsushita, Y; Nomura, K; Terashima, N; Aoki, D; Nishimura, H; Watanabe, T; Katahira, M; Fukushima, K
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Microbial transformation and dissolution processes of fine particulate organic matter (FROM) in lake Biwa"
        Hashimoto, H; Yamagata, S; Shin, S; Kusakabe, T; Shimizu, Y; Katahira, M
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Molecular dynamics simulation and NMR spectroscopic study of glucosaminoglucan
        Yabe, M; Kondo, K; Sonobe, C; Ueda, K; Katahira, M; Takeda M
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Supramolecular structure and stereoselective enzymatic reaction of wood biomass toward biorefinery
        Katahira, M
        The 7th International Symposium of Advanced Energy Science -Frontier of Zero Emission Energy-, 2016年09月
      • Accurate and molecular-size-tolerant NMR quantitation of diverse compounds, and real-time monitoring of enzymatic reaction
        Okamura, H; Kamba, K; Nishimura, H; Kigawa, T; Watanabe, T; Nagata, T; Katahira, M
        The XXVIIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, Kyoto International Conference Center、2016.21-26, 2016年08月
      • Deamination mechanism coupled with sliding along single-stranded DNA of anti-HIV factor APOBEC3G as investigated by real-time NMR spectroscopy
        Kamba, K; Nagata, T; Katahira M
        The XXVIIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2016年08月
      • K+-responsive activation of ribozyme system via structural transition from duplex to dual-quadruplex requiting no heating and cooling treatment
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        The XXVIIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2016年08月
      • NMR studies of non-coding RNA and DNA recognition by TLS/FUS which induces transcriptional repression of cyclin D1 and telomere shortenin
        Kondo, K; Mashima, T; Oyoshi, T; Yoneda, R; Kurokawa, R; Nagata, T; Katahira, M
        The XXVIIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2016年08月
      • プリオン蛋白質とそれを標的とする RNA 分子の A β線維化への影響
        飯田 真美子; 真嶋 司; 山置 佑大; 永田 崇; 片平正人
        第16回日本蛋白質科学会年会、福岡国際会議場(福岡市)、2016.6.7-6.9, 2016年06月
      • ヒト抗HIV因子APOBEC3Gの標的探索及び脱アミノ化には静電相互作用が支配的である
        神庭 圭佑; 永田 崇; 片平正人
        新学術領域「柔らかな分子系」第 16 回 ワークショップ, 2016年06月
      • カリウムイオンを認識して活性をオフからオンへと切り替えるTat結合RNAアプタマーおよびハンマーヘッドリボザイムの開発
        山置佑大; 永田崇; 真嶋司; 片平正人
        新学術領域「柔らかな分子系」第 16 回 ワークショップ, 2016年06月
      • Binding properties of high-affinity RNA aptamers against AML1 Runt domain
        Amano, R; Takada, K; Tanaka, Y; Nagata, T; Katahira, M; Nakamura, Y; Kozu, T; Sakamoto, T
        The 21st Annual Meeting of the RNA Society, 2016年06月
      • NMR analysis of the recognition of non-coding RNA and DNA by TLS/FUS which causes transcriptional repression of cyclin D1 and telomere shortening
        Mashima. T; Kondo, K; Oyoshi, T; Yoneda, R; Kurokawa, R; Nagata, T; Katahira, M
        The 21st Annual Meeting of the RNA Society, 2016年06月
      • "K+-responsive activation of dual-quadruplex forming ribozyme system requiring no heating and cooling treatment
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        The 21st Annual Meeting of the RNA Society, 2016年06月
      • Analysis of molecular interaction of peptides with lignin for lignocellulosic biorefinery
        Watanabe, T; Yamaguchi, A; Oshiro, S; Suetomi, T; Nishimura, H; Nagata, T; Mashima, T; Katahira, M; Isozaki, K; Takaya, H; Nakamura, M
        Lignobiotech IV, 2016年06月
      • NMR study of RNA aptamer that binds to the transcription factor AML1 Runt domain
        T. Sakamoto; R. Amano; Y. Nomura; T. Nagata; M. Katahira; J. Fukunaga; Y. Tanaka; Y. Nakamura; T. Kozu
        Aptamer 2016, 2016年04月
      • Tandem GGA repeat G-quadruplex as an anti-prion protein aptamer and a K+-responsive structural/functional switching device
        T. Nagata; T. Mashima; Y. Yamaoki; F. Nishikawa; Y.O. Kamatari; S. Nishikawa; K. Kuwata; M. Katahira
        Aptamer 2016, 2016年04月
      • 転写因子AML1のDNA結合部位を標的とする高親和性RNAアプタマーの開発と解析
        天野亮; 高田健多; 田中陽一郎; 永田崇; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        第5回日本生物物理学会関東支部会、桐生, 2016年03月
      • ルテニウム錯体結合型ノルバリンを触媒とするリグニン類の酸化的分解
        吉田亮太; 磯﨑勝弘; 横井友哉; 渡邊隆司; 西村裕志; 片平正人; 高谷光; 中村正治
        日本化学会 第96春季年会, 同志社大, 3.24, oral, 2016年03月
      • バイオマスの高度利用に向けたリグニン超分子構造の13C標識を利用したNMR解析
        野村健太; 寺島典二; 松下泰幸; 青木 弾; 西村裕志; 渡辺隆司; 片平正人; 福島和彦
        京都大学エネルギー理工学研究所 ゼロエミッションエネルギー研究拠点共同利用・共同研究 成果報告書(平成27年度), 2016年03月
      • バイオリファイナリーのための超高感度NMRによるリグニンの構造解析
        西村裕志; 永田一真; 岸本崇生; 中村正治; Qu Chen; 片平正人; 渡辺隆司
        京都大学エネルギー理工学研究所 ゼロエミッションエネルギー研究拠点共同利用・共同研究 成果報告書(平成27年度), 2016年03月
      • 木質中のリグニン糖複合体とその酵素分解反応の解析
        西村裕志; Baath Jenny Arnling; 永田 一真; Klaubauf Sylvia; Olsson Lisbeth; Nylander Filip; Westman Gunnar; 片平 正人; 渡辺 隆司
        日本農芸化学会2016, 札幌, 3.28-30, 2016年03月
      • NMR法を用いた木質バイオマスにおけるリグニン-糖結合の解析
        永田一真; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        第66回日本木材学会大会(名古屋) 3.27 oral, 2016年03月
      • 13C標識モノリグノール類を用いたリグニンの構造解析
        野村健太; 寺島典二; 松下泰幸; 青木 弾; 西村裕志; 渡辺隆司; 片平正人; 福島和彦
        第66回日本木材学会大会(名古屋) 3.27 oral, 2016年03月
      • Real-time monitoring of enzymatic reaction by NMR, switching of ribozyme activity through sensing of K+, and a new NMR method for wood biomass quantitation
        Katahira, M
        The international Symposium Organized by Institute for Chemical Research, 2016年03月
      • Binding properties of RNA aptamer that binds to the transcription factor AML1 Runt domain
        R. Amano; K. Takada; Y. Tanaka; T. Nagata; M. Katahira; Y. Nakamura; T. Kozu; T. Sakamoto
        The 8th Takeda Science Foundation Symposium on Pharma Sciences, 2016年01月
      • NMR study of RNA aptamer that binds to the transcription factor AML1 Runt domain
        T. Sakamoto; R. Amano; Y. Nomura; T. Nagata; M. Katahira; J. Fukunaga; Y. Tanaka; Y. Nakamura; T. Kozu
        The 8th Takeda Science Foundation Symposium on Pharma Sciences, 2016年01月
      • Heterologous expression and struature-activity relationship analysis of the oxidative enzymes involved in lignosellulose degradatioin from wood rotting fungi
        Mengi Lin; Takashi Nagata; Bunzo Mikami; Masato Katahira
        第38回日本分子生物学会年会、神戸, 2015年12月
      • Analysis of the biocharacteristics of APOBEC3F by real-time NMR
        Li Wan; Keisuke Kamba; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第38回日本分子生物学会年会、神戸, 2015年12月
      • 転写因子AML1 Runt domainを標的とした高親和性RNAアプタマーの特徴
        高田健多; 天野亮; 田中陽一郎; 永田崇; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        第38回日本分子生物学会年会、神戸, 2015年12月
      • NMRによる実時間酵素活性アッセイにより抗ウィルス因子APOBEC3Gの脱アミノ化機構を明らかにする
        神庭圭佑; 永田崇; 片平正人
        第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月
      • Characterization of lignin-carbohydrate complex linkages using nuclear magnetic resonance spectroscopy
        西村 裕志; 神谷 明宏; 片平正人; 渡辺隆司
        Pacifichem2015, 2015年12月
      • Construction of metallo-DNA duplexes using 5-hydroxyuracil nucleobases as metal coordination site
        Nishiyama, K; Takezawa, Y; Mashima, T; Katahira, M; Shionoya, M
        Pacifichem 2015, 2015年12月
      • AML1 (RUNX1)タンパク質のRuntドメインとRNAアプタマーの相互作用のNMR解析
        天野亮; 高田健多; 田中陽一郎; 永田崇; 片平正人; 野村祐介; 福永淳一; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        日本核酸医薬学会第1回年会、京都, 2015年11月
      • 転写因子AML1 Runt domainに結合する高親和性RNAアプタマーのNMR解析
        高田健太; 天野亮; 田中陽一郎; 永田崇; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        第54回NMR討論会、千葉, 2015年11月
      • リアルタイムNMR法の新たな展開ー抗HIVタンパク質APOBECG3Gの認識ヌクレチド、DNA上のスライディング及びエピジェネクスとの関連に関する新知見ー
        神庭圭佑; 永田崇; 片平正人
        第54回NMR討論会、千葉, 2015年11月
      • 木質バイオマスの特性を決めるリグニン-多糖結合様式の決定
        神谷明宏; 西村 裕志; 永田 一真; 永田 崇; 渡辺 隆司; 片平 正人
        第54回 NMR討論会, 千葉工業大学, 11.8, 2015年11月
      • 海洋性Novosphingobium属細菌に由来するリグニンモデル2量体β-O-4結合開裂酵素群の酵素学的解析
        大田ゆかり; 黒澤佳奈子; 永田崇; 片平正人; 西村裕志; 渡辺隆司; 長谷川良一; 秦田勇二
        第60回 リグニン討論会要旨集, 筑波大学, 2015.11.6. poster P-16, 2015年11月
      • NMR study of the recognition of non-coding RNA and DNA by TLS/FUS, a key regulator of cyclin D1
        Kondo, K; Mashima, T; Oyoshi, T; Kurokawa, R; Nagata, T; Katahira, M
        The 42nd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2015年11月
      • Development of the selective crosslinking reactions to 8-oxoguanine
        Nagatsugi, F; Kusano, S; Ishiyama, S; Lam, S. L; Mashima, T; Katahira, M
        The 42nd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2015年11月
      • Nucleic acid determinants of deamination by human anti-HIV factor, APOBEC3G, as revealed by real-time NMR method
        Kamba, K; Nagata, T; Katahira, M
        The 42nd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2015年11月
      • カリウムイオンを認識して活性がスイッテングするTat結合RNAアプタマーおよびハンマーヘッドリボザイムの創製
        山置佑大; 真嶋司; 永田崇; 片平正人
        第9回バイオ関連化学シンポジウム、熊本, 2015年10月
      • 異常型プリオン蛋白質の産生を抑制する四重鎖核酸の構造解析
        真嶋司; 西川富美子; 鎌足雄司; 永田崇; 西川諭; 桑田一夫; 片平正人
        第9回バイオ関連化学シンポジウム、熊本, 2015年10月
      • 効率よくウイルスDNAに変異を導入するAPOBEC3Gの脱アミノ化機構
        神庭 圭佑; 永田 崇; 片平 正人
        第53回日本生物物理学会年会.金沢, 2015年09月
      • Structural and biochemical studies on eIF1 with eIF3c and eIF5; rearrangement of subunit interaction for accurate recognition of AUC start codon
        Obayashi, E; Urano, T; Asano, K; Katahira, M; Nagata, T
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science -Towards the Realization of Zero-Emission Energy-, 2015年09月
      • NMR analyses of RNA-peptide complexes for the development of biomolecules which regulate gene expression
        R. Amano; Y. Nomura; T. Nagata; N. Kobayashi; Y. Mori; J. Fukunaga; Y. Tanaka; M. Katahira; Y. Nakamura; T. Kozu; T. Sakamoto
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science -Towards the Realization of Zero-Emission Energy-, 2015年09月
      • Influence of gamma-radiation on the chemical property of natural organic matter
        Goto, R; Sasaki, T; Kobayashi, T; Saito, T; Saimura, M; Katahira, M
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science -Towards the Realization of Zero-Emission Energy-, 2015年09月
      • Structural analysis of lignin by ultra-high sensitivity NMR for biorefinery
        Watanabe, T; Nishimura, H; Kishimoto, T; Nakamura, M; Qu, C; Nagata, K; Nagata, T; Katahira, M
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science -Towards the Realization of Zero-Emission Energy-,, 2015年09月
      • Effects of interactions between Algae and Bacteria on material cycling in lake Biwa
        Shen, S; Kusakabe, T; Shimizu, Y; Katahira, M
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science -Towards the Realization of Zero-Emission Energy-, 2015年09月
      • New method to divide xylem into compound middle lamella rich fraction and secondary wall rich fraction
        Nomura, K; Terashima, N; Matsuhita, Y; Aoki, D; Nishimura, H; Watanabe, T; Katahira, M; Fukushima, K
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science -Towards the Realization of Zero-Emission Energy-, 2015年09月
      • High value-added biomass originated from a bacterium often found in activated sludge
        Kawasaki, Y; Kondo, K; Endo, T; Katahira, M; Takeda, M
        The 6th International Symposium of Advanced Energy Science -Towards the Realization of Zero-Emission Energy-, 2015年09月
      • Real-time NMR method reveals deamination mechanism of human antiviral factor APOBEC3G
        Kamba, K; Nagata, T; Katahira, M
        The 6th Asia-Pacific NMR Symposium, 2015年08月
      • 転写抑制やテロメア短縮を引き起こすTLS/FUSと長鎖非コードRNAおよびDNA間結合の構造基盤
        近藤 敬子; 真嶋 司; 大吉 崇文; 黒川 理樹; 永田 崇; 片平 正人
        RNA meeting 2015.札幌, 2015年07月
      • AML1タンパク質のDNA結合ドメインに対するRNAアプタマーの特性
        高田 健多; 天野 亮; 田中 陽一郎; 永田 崇; 片平 正人; 中村 義一; 神津 知子; 坂本泰一
        RNA meeting 2015.札幌, 2015年07月
      • 木質バイオマスのエーテル型リグニン−糖結合構造の解析
        西村 裕志; 神谷 明宏; 片平正人; 渡辺隆司
        日本農芸化学会2015年度大会, 岡山, 2015年03月27日
      • Structural studies on the chemical linkage between lignin and polysaccharide
        Nishimura, H; Kamiya, A; Katahira, M; Watanabe, T
        International Symposium on Wood Science and Technology 2015, 2015年03月
      • 高酸化活性マンガンポルフィリン錯体によるバイオマス分解の解析
        井口亮; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        第65回日本木材学会大会, 東京, 2015.3.16-18, 2015年03月
      • リグニン糖複合体の分析と酵素分解
        西村裕志; F. Nylander; H. Sunner; G. Westman; L. Olsson; 片平正人; 渡辺隆司
        第65回日本木材学会大会, 東京, 2015.3.16-18, 2015年03月
      • リグニンモデル化合物の生分解過程における挙動
        酒井洋尚; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        第65回日本木材学会大会, 東京, 2015.3.16-18, 2015年03月
      • p-ヒドロキシフェニル核の存在とリグニン分子構造との関係
        野村健太; 寺島典二; 松下泰幸; 青木弾; 西村裕志; 渡辺隆司; 片平正人; 福島和彦
        第65回日本木材学会大会, 東京, 2015.3.16-18, 2015年03月
      • 国際共同研究による構造選択的なリグノセルロース分解酵素反応の設計
        西村裕志; 渡辺隆司; 片平正人; Gunnar Westman; Lisbeth Olsson; Filip Nylander; Hampus Sunner
        第275回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム, 宇治, 2015年02月16日
      • 海洋微生物由来酵素群による森林バイオマス成分リグニンの分解反応解析
        太田ゆかり; 西村裕志; 渡邊崇人; 曲?; 齋藤香織; 岡田ひとみ; 片平正人; 黒澤佳奈子; 秦田勇二; 渡辺隆司
        第275回生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム, 宇治, 2015年02月16日
      • Switching the activity of functional RNA in response to K+ and quantitative NMR
        KATAHIRA Masato
        The 11th Japan-Korea Bilateral Symposium on Biological NMR, 2014年12月, 招待有り
      • Development of new methods to compensate distortion of quantitation caused by difference in molecular weight (transverse relaxation time)
        Okamura, H; Nishimura, H; Nagata, T; Kigawa, T; Watanabe, T; Katahira, M
        53rd Ann. Meeting NMR Soc. Japan, 2014年11月05日, 査読有り
      • Deamination mechanism of an anti-HIV APOBEC3G coupled with sliding on single-stranded DNA as analyzed by real-time NMR monitoring method
        Kanba, K; Furukawa, A; Sugase, K; Nagata, T; Katahira, M
        The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2014年11月
      • Creation of novel Tat-binding aptamer and ribozyme whose activities switch on in response to K+ via quadruplex formation
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2014年11月
      • Detection of the prion by the peroxidase activity of hemin-quadruplex RNA complex
        Hashizume, Y; Katahira, M; Torigoe, H
        The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2014年11月
      • Characterization of RNA aptamer targeting the DNA binding domain of AML1 protein
        Takada, K; Amano, R; Tanaka, Y; Nagata, T; Katahira, M; Nakamura, Y; Kozu, T; Sakamoto, T
        The 41st International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2014年11月
      • AML1 Runt domainとRNAアプタマーの相互作用のNMR解析
        高田健多; 天野亮; 永田崇; 片平正人; 野村祐介; 田中陽一郎; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        第37回日本分子生物学会年会, 横浜, 2014.11.25-27, 2014年11月
      • 実時間NMR法による抗HIV因子APOBEC3Gのスライディングにカップルした脱アミノ化機構の解析
        神庭圭佑; 永田崇; 片平正人
        第37回日本分子生物学会年会, 横浜, 2014.11.25-27, 2014年11月
      • 神経系幹細胞の未分化状態維持と発癌に関わるMusashi1タンパク質RBD2の構造機能解析
        岩岡諒; 小林直宏; 津田健吾; 今井貴雄; 岡野栄之; 永田崇; 片平正人
        第37回日本分子生物学会年会2014.11.25-27, 2014年11月
      • CCND1転写抑制とテロメア短縮をもたらすTLS/FUSによる非コードRNAとDNA認識機構のNMR法による解明
        近藤敬子; 真嶋司; 山置佑大; 大吉崇文; 黒川理樹; 永田崇; 片平正人
        第37回日本分子生物学会年会, 横浜, 2014.11.25-27, 2014年11月
      • 神経系幹細胞の未分化状態維持と発癌に関わるMusashi1タンパク質の構造基盤
        岩岡諒; 小林直宏; 津田健吾; 今井貴雄; 岡野栄之; 永田崇; 片平正人
        第53回NMR討論会, 大阪, 2014.11.4-6, 2014年11月
      • 分子量(横緩和時間)の差に由来する物質定量のゆがみを克服する新しい測定法の開発
        岡村英保; 西村裕志; 永田崇; 木川隆則; 渡辺隆司; 片平正人
        第53回NMR討論会, 大阪, 2014.11.4-6, 2014年11月
      • Development of new NMR methods for correct quantitation of biomass components
        Katahira, M
        The 5th International Symposium of Advanced Energy Science -Contribution to Zero-Emission Energy-, 2014年10月
      • High value-added biomass originated from a bacterium often found in activated sludge
        Kondo, K; Kawasaki, Y; Narizuka, R; Sahabi, D.M; Katahira, M; Takeda, M
        The 5th International Symposium of Advanced Energy Science -Contribution to Zero-Emission Energy-, 2014年10月
      • NMR analysis of the interaction between an artificial RNA and a transcription factor
        Takada, K; Amano, R; Nagata, T; Katahira, M; Nomura, Y; Tanaka, Y; Nakamura, Y; Kozu, T; Sakamoto, T
        The 5th International Symposium of Advanced Energy Science -Contribution to Zero-Emission Energy-, 2014年10月
      • Investigation of the relationship between supramolecular structure of lignin and presence of p-hydroxyphenyl unit
        Nomura, K; Terashima, N; Matsushita, Y; Aoki, D; Nishimura, H; Watanabe, T; Katahira, M; Fukushima, K
        The 5th International Symposium of Advanced Energy Science -Contribution to Zero-Emission Energy, 2014年10月
      • Structural analyses of lignin using ultra-high sensitivity NMR for biorefinery
        Watanabe, T; Nishimura, H; Okamura, H; Sakai, H; Nakamura, Y; Nakamura, M; Takaya, H; Katahira, M
        The 5th International Symposium of Advanced Energy Science -Contribution to Zero-Emission Energy-, 2014年10月
      • 木材腐朽菌によるリグニン分解過程の解析
        西村裕志; 酒井洋尚; 片平正人; 渡辺隆司
        第59回リグニン討論会, 福井, 2014年09月12日
      • Development of natural UV-absorbing agent from decomposed lignin
        Qu C; Nishimura H; Katahira M; Sugawara S; Koike K; WatanabeT
        Polyphenols Communications 2014, 2014年09月03日, 査読有り
      • NMR study of lignin-carbohydrate linkage in milled wood
        H. Nishimura; A. Kamiya; M. Katahira; T. Watanabe
        The XXVIIth International Conference on Polyphenols & The 8th Tannin Conference, 2014年09月
      • Real-time NMR monitoring of enzymatic reaction of anti-HIV protein, structure of anti-prion RNA aptamer and wood biomass analysis
        Kanba, K; Mashima, T; Okamura, H; Furukawa, A; Sugase, K; Nishimura, H; Watanabe, T; Nagata, T; Katahira, M
        The 5th Japan-Taiwan NMR symposium, 2014年09月, 招待有り
      • NMR study of the Interaction between MDM2 and a Peptide Selected by mRNA Display
        Nagata, T; Shirakawa, K; Kobayashi, N; Shiheido, H; Tabata, N; Yonemura, Y; Horisawa, K; Katahira, M; Doi, N; Yanagawa, H
        Biophysical Society Thematic Meeting Disordered Motifs and Domains in Cell Control, 2014年09月
      • Properties of RNA Aptamer Binding to AML1 Runt Domain
        Amano, R; Nomura, Y; Nagata, T; Kobayashi, N; Mori, Y; Takada, K; Fukunaga, J; Tanaka, Y; Katahira, M; Nakamura, Y; Kozu, T; Sakamoto, T
        XXI ROUND TABLE ON NUCLEOSIDES, NUCLEOTIDES AND NUCLEIC ACIDS: CHEMICAL BIOLOGY OF NUCLEIC ACIDS, 2014年09月
      • Substrate Recognition and Sliding Properities of an Anti-HIV Factor APOBEC3G analyzed by Real-time NMR Monitoring Strategy
        K. Kamba; T. Nagata; M. Katahira
        第52回日本生物物理学会年会, 札幌, 2014.9.25-27, 2014年09月
      • Screening for novel aptamer against prion protein and its structural study
        T. Mashima; F. Nishikawa; Y.O. Kamatari; T. Nagata; S. Nishikawa; K. Kuwata; M. Katahira
        第52回日本生物物理学会年会, 札幌, 2014.9.25-27, 2014年09月
      • Development of Tat-binding aptamer and ribozyme which switch their activities in response to K+
        Y. Yamaoki; T. Mashima; T. Nagata; M. Katahira
        第52回日本生物物理学会年会, 札幌, 2014.9.25-27, 2014年09月
      • Functional mechanism of an anti-HIV protein, APOBEC3G, as revealed by real-time NMR monitoring of its enzymatic reaction
        Kanba, K; Furukawa, A; Sugase, K; Morishita, R; Nagata, T; Katahira, M
        XXVIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2014年08月
      • Functional mechanism of anti-HIV protein, APOBEC3G, elucidated by real-time monitoring of enzymatic reaction, and anti-prion activity of an RNA aptamer with its structural basis
        K. Kanba; A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; T. Nagata; M. Katahira
        The 45th Annual Meeting of Korean Magnetic Resonance Society, 2014年07月, 招待有り
      • Structural and functional analysis of Musashi, a neural and oncogenic RNA-binding protein
        R. Iwaoka; T. Nagata; T. Imai; H; Okano; M. Katahira
        第16回日本RNA学会年会, 名古屋, 2014.7-23-25, 2014年07月
      • カリウムイオンを感知して自らの活性をスイッチングするTat捕捉アプタマーおよびリボザイムの創製
        山置佑大; 真嶋司; 永田崇; 片平正人
        第16回日本RNA学会年会, 名古屋, 2014.7-23-25, 2014年07月
      • AML1タンパク質のRuntドメインに結合するRNAアプタマーの取得と解析
        高田健多; 天野亮; 永田崇; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        日本生化学会関東支部定例会.水戸, 2014年06月
      • Statistical thermodynamics for binding of an RNA aptamer and a partial peptide of a prion protein
        Hayashi, T; Oshima, H; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M; Kinoshita, M
        58th Annual Meeting of Biophysical Society, 2014年06月
      • CCND1転写抑制とテロメア短縮に関与する天然変性蛋白質TLS/FUSによる非コードRNAとDNAの認識機構のNMR法による解明
        近藤敬子; 真嶋司; 大吉崇文; 黒川理樹; 永田崇; 片平正人
        第14回日本蛋白質科学会年会, 横浜, 2014.6.25-27, 2014年06月
      • The structural and energetic basis for the high-potency inhibition of MDM2-p53 interaction by MDM2-binding peptide obtained with IVV method
        T. Nagata; K. Shirakawa; B.R. Sahoo; H. Shiheido; K. Horisawa; M. Katahira; N. Kobayashi; N. Doi; H. Yanagawa
        第14回日本蛋白質科学会年会, 横浜, 2014.6.25-27, 2014年06月
      • NMRによるAML1 Runtドメインと RNAアプタマーの相互作用の解析
        天野亮; 野村祐介; 永田崇; 小林直宏; 高田健太; 福永淳一; 田中陽一郎; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        平成26年度 日本分光学会年次講演会、和光、2014.5, 2014年05月
      • Assessment of copper oxide decomposed lignin as a natural UV-absorbing agent
        Chen Qu; Keigo Mikame; Hiroshi Nishimura; Masato Katahira; Satoshi Sugawara; Kenzo Koike; Takashi Watanabe
        第64回日本木材学会大会, 松山, 2014年03月14日, 査読有り
      • 遠隔相関二次元NMR法によるリグニン-多糖結合構造の解析
        神谷明宏; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        第64回日本木材学会大会, 松山, 2014年03月14日
      • バイオマス高度利用のための新規リグニン・糖間結合分解酵素に関する国際共同研究
        渡辺隆司; 西村裕志; 片平正人; 井口亮; Gunnar Westman; Lisbeth Olsson; Hampus Sunner; Filip Nylander
        第248回 生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム, 2014年03月
      • Statistical Thermodynamics for The Molecular Recognition Accompanied by a Global Structural Change of a Molecule
        T. Hayashi; H. Oshima; T. Mashima; T. Nagata; M. Katahira; M. Kinoshita
        Nagoya Symposium on Deplection Forces: Celebrating the 60th Anniversary of the Asakura-Oosawa Theory, 2014年03月
      • Structural analysis of lignin-carbohydrate complex
        Nishimura, H; Kamiya, A; Katahira, M; Watanabe, T
        3rd Symposium on Biotechnology Applied to Lignocelluloses, 2014年03月
      • NMRを用いたバイオマス生分解過程の追跡および解析法の開発
        西村裕志; 田頭英朗; 岡村英保; 片平正人; 渡辺隆司
        第9回バイオマス科学会議,2014年1月16日、高知市, 2014年01月16日
      • 緑藻類バイオマス由来の多糖の化学構造解析
        椿俊太郎; 平岡雅規; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        第9回バイオマス科学会議,2014年1月16日、高知市 poster, 2014年01月15日
      • 転写因子AML1に対して複数の結合部位を持つ高親和性RNAアプタマーの解析
        天野亮; 野村祐介; 永田崇; 森瑶子; 福永淳一; 田中陽一郎; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        第36回日本分子生物学会年会, 神戸, 2013.12.3-6, 2013年12月
      • mRNA ディスプレイ法により選択された高親和性MDM2結合ペプチドMIPに基づくMDM2-p53相互作用阻害剤の開発
        白川貴恵; 永田崇; 小林直弘; 始平堂弘和; 新倉啓介; 片平正人; 堀澤健一; 土居信英; 柳川弘志
        第36回日本分子生物学会年会, 神戸, 2013.12.3-6, 2013年12月
      • ヒト抗ウィルス因子 APOBEC3G の基質認識機構及び Vif による APOBEC3G 阻害機構の解明に向けて
        神庭圭佑; 永田崇; 片平正人
        第36回日本分子生物学会年会, 神戸, 2013.12.3-6, 2013年12月
      • 四重鎖構造を形成する核酸の抗プリオン活性
        真嶋司; 西川富美子; 鎌足雄司; 才村正幸; 永田崇; 西川諭; 桑田一夫; 片平正人
        第36回日本分子生物学会年会, 神戸, 2013.12.3-6, 2013年12月
      • Development of quadruplex hammerhead ribozyme which switches on its ribozyme activity: introduction of quadruplex-forming complementary DNA to repress a basal activity
        Y. Yamaoki; T. Mashima; T. Nagata; M. Katahira
        第36回日本分子生物学会年会, 神戸, 2013.12.3-6, 2013年12月
      • 神経系幹細胞の未分化状態維持に関わる Musashi1 タンパク質の機能発現の分子メカニズム
        岩岡諒; 櫻井悠子; 鍵矢悦久; 今井貴雄; 岡野栄之; 永田崇; 片平正人
        第36回日本分子生物学会年会, 神戸, 2013.12.3-6, 2013年12月
      • 13C標識法を用いたイネリグニンの構造解析
        田村涼馬; 今村良教; 西村裕志; 寺島典二; 松下泰幸; 北野英己; 青木弾; 片平正人; 福島和彦
        第58回リグニン討論会講演集:18-21, 高松, 2013年11月12日
      • リグニンβ-O-4結合新規選択的開裂法(γ-TTSA法)(6) 粗MWL分解物の分画および構造解析-
        安藤大将; 西村裕志; 片平正人; 高野俊幸; 矢野浩之; 中坪文明
        第58回リグニン討論会講演集:30-33, 高松, 2013年11月12日
      • Multi-site binding of high affinity aptamers against AML1 Runt domain
        R. Amano; Y. Nomura; T. Nagata; N. Kobayashi; Y. Mori; J. Fukunaga; Y. Tanaka; M. Katahira; Y. Nakamura; T. Kozu; T. Sakamoto
        The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2013, 2013年11月
      • Origin of the anti-prion activity of quadruplex
        Mashima, T; Nishikawa, F; Kamatari, Y; Fujiwara, H; Saimura, M; Nagata, T; Kodaki, T; Nishikawa, S; Kuwata, K; Katahira, M
        The 40th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2013年11月
      • Dual-quadruplex forming ribozyme distinctly switches on its activity in response to K+
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        The 40th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2013年11月
      • Structural basis for the inhibition of MDM2:p53 interaction by highly selective MDM2-binding peptide obtained with IVV method
        T. Nagata; K. Shirakawa; N. Kobayashi; H. Shiheido; M. Katahira; K. Horisawa; N. Doi; H. Yanagawa
        第52回日本核磁気共鳴学会, 金沢, 2013.11.12-14, 2013年11月
      • Aptamer that exerts anti-prion activity and intelligent ribozyme whose activity awitches in reponse to K+
        M. Katahira; T. Mashima; Y. Yamaoki; T. Nagata; F. Nishikawa; S. Nishikawa; Y. Kamatari; K. Kuwata
        日本生物物理学会第51回年会.京都, 2013年10月
      • Structural description for the strong binding of the peptide selected by mRNA display to MDM2
        Nagata, T; Shirakawa, K; Kobayashi, N; Shiheido, H; Katahira, M; Horisawa, K; Doi, N; Yanagawa, H
        5th Asia-Pacific NMR symposium, 2013年10月
      • Development and application of the methodology to investigate wood biomass
        Katahira, M
        The 4th International Symposium of Advanced Energy Science, 2013年10月
      • Statistical Thermodynamics for Binding of an RNA Aptamer and a Partial Peptide of a Prion Protein
        T. Hayashi; H. Oshima; T. Mashima; T. Nagata; M. Katahira; M. Kinoshita
        日本生物物理学会第51回年会, 京都, 2013.10.28-30, 2013年10月
      • Structure analysis of lignin by ultra-high sensitivity NMR for biorefinery
        T. Watanab; H. Nishimura; A. Kamiya; H. Tagashira; Y. Nakamura; M. Nakamura; H. Takaya; M. Katahira
        The 4th International Symposium of Advanced Energy Science, 2013年09月
      • NMR analysis of Lignin using a Specific 13C-Enrichment Technique
        Y. Matsushita; Y. Imamura; H. Nishimura; N. Terashima; D. Aoki; T. Watanabe; M. Katahira; K. Hukushima
        The 4th International Symposium of Advanced Energy Science, 2013年09月
      • Structual determination of self-organizing glycocomjugates for denelopment of high vaiue-added biomass
        K. Kondo; S. Shimura; R.Narizuka; T. Mashima; M. Katahira; M. Takeda
        The 4th International Symposium of Advanced Energy Science, 2013年09月
      • Mechanism of high affinity and anti-prion activity of anti-prion aptamer
        T. Mashima; F. Nishikawa; Y.O. Kamatari; H. Fujiwara; M. Saimura; T. Nagata; T. Kodaki; S. Nishikawa; K. Kuwata; M. Katahira
        The 10th Korea-Japan Bilateral Symposium on Biological NMR.Seoul, 2013年07月
      • カリウムイオンによって活性がスイッチングする四重鎖リボザイムの創製:四重鎖形成相補鎖によるスイッチング性能の向上
        山置佑大; 真嶋司; 永田崇; 片平正人
        第15回日本RNA学会年会, 松山, 2013.7.24-26, 2013年07月
      • プリオン蛋白質を標的とするRNAアプタマーの認識メカニズムとその抗プリオン活性
        真嶋司; 西川富美子; 鎌足雄司; 藤原弘道; 遠藤美紗; 永田崇; 小瀧努; 西川諭; 桑田一夫; 片平正人
        第13回 日本蛋白質科学会年会.鳥取, 2013年06月
      • 転写因子AML1を標的としたRNAアプタマーによるDNAの擬態
        天野亮; 野村祐介; 永田崇; 森瑶子; 福永淳一; 田中陽一郎; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        第8回日本ケミカルバイオロジー学会, 東京, 2013.6.19-21, 2013年06月
      • NMR実時間計測法により抗ウィルス因子APOBEC3Gのシチジン脱アミノ化反応の配列依存性を評価する
        神庭圭佑; 小瀧努; 永田崇; 片平正人
        第13回日本蛋白質科学学会年会, 鳥取, 2013.6.12-14, 2013年06月
      • リグニンβ-O-4結合新規選択的開裂法(γ-TTSA法)の検討(5) 粗MWLへの適用-
        安藤大将; 西村裕志; 片平正人; 高野俊幸; 矢野浩之; 中坪文明
        第63回日本木材学会大会, 盛岡, 2013年03月27日
      • NMR法によるリグノセルロースの微生物分解の解析
        西村裕志; 田頭英明; 岡村英保; 小澤佑; 片平正人; 渡辺隆司
        日本農芸化学会, 仙台, 2013.3.24-28, 2013年03月
      • リグニンβ-O-04結合新規開裂法(γ-TTSA法)の検討(5)粗MWLへの適用
        安藤大将; 西村裕志; 片平正人; 高野俊幸; 矢野浩之; 中坪文明
        第63回日本木材学会大会,盛岡,2013.3.27-3.29, 2013年03月, 査読有り
      • 糸状性硫黄化細胞の鞘からのグルコサミノグルカンと4-アミノー4、6-ジデオキシ-マンノース(ペロサミン)の同定
        成塚理恵; 近藤敬子; 志村庄一; 梅津卓人; 武田譲; 真嶋司; 片平正人
        日本農芸化学会,仙台,2013.3.24-28, 2013年03月, 査読有り
      • Anti-prion activity of an RNA aptamer and its structural basis.
        Tsukasa Mashima; Fumiko Nishikawa; Yuji O Kamatari; Hiromichi Fujiwara; Masayuki Saimura; Takashi Nagata; Tsutomu Kodaki; Satoshi Nishikawa; Kazuo Kuwata; Masato Katahira
        Nucleic acids research, 2013年01月, 招待有り
      • Creation of Novl Ribozyme whose Activity Switches on in Response to K+ via Quadruples Formation
        Y. Yamaoki; T. Mashima; Y. Sakurai; Y. Hara; T. Kodaki; T. Nagata; M. Katahira
        第35回日本分子生物学会年会, 福岡, 2012.12.11-14, 2012年12月, 査読有り
      • NMR Real-time Monitoring of the Deamination Reaction of Human Antiviral Factor APOBEC3G
        K. Kamba; A. Furukawa; T. Kodaki; T. Nagata; M. Katahira
        第35回日本分子生物学会年会, 福岡, 2012.12.11-14, 2012年12月, 査読有り
      • Interaction of RNA Aptamer with Prion Protein and Monitoring of Biodegradation of Wood Biomass
        Tsukasa Mashima; Hiroshi Nishimura; Hideyasu Okamura; Fumiko Nishikawa; Yuji O. Kamatari; Takashi Nagata; Satoshi Nishikawa; Kazuo Kuwata; Takashi Watanabe; Masato Katahira
        The 51st Annual Meeting of NMR Society of Japan, Nagoya, 2012年11月09日, 査読有り
      • プリオンタンパク質とRNAアプタマーの相互作用及び木質バイオマスの生分解のモニタリング
        真嶋司; 西村裕志; 岡村英保; 西川富美子; 鎌足雄司; 永田崇; 西村諭; 桑田一夫; 渡辺隆司; 片平正人
        第51回NMR討論会, 2012年11月
      • Development of intelligent ribozyme whose activity switches on in response to K+ via quadruplex formation
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Sakurai, Y; Hara, Y; Nagata, T; Katahira, M
        The 39th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2012年11月
      • Structural analysis of RNA aptamer in complex with prion protein, and its anti-prion activity
        Mashima, T; Nishikawa, F; Kamatari, Y; Fujiwara, H; Nagata, T; Kodaki, T; Nishikawa, S; Kuwata, K; Katahira, M
        The 39th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2012年11月
      • Strctural analysis of RNA aptamer in complex with prion protein, and its anti-prion activity
        T. Mashima; F, Nishikawa; Y. Kamatari; H. Fujiwara; T. Nagata; T. Kodaki; S. Nishikawa; K. Kuwata; M. Katahira
        The 39th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry,名古屋,2012.11.15-17, 2012年11月
      • Natural organic ultraviolet absorbers from lignin deriatives
        KATAHIRA Masato
        LignobiotechⅡSymposium, 2012年10月
      • Multi-Step degradation method forβ-O-4 in lignins:
        KATAHIRA Masato
        LignobiotechⅡSymposium, 2012年10月
      • Natural organic ultraviolet absorbers from lignin derivatives
        Mikame, K; Ohashi, Y; Nishimura, H; Katahira, R; Kozawa, Y; Katahira, M; Sugawara, S; Koike, K; Watanabe, T
        Lignobiotech II Symposium, 2012年10月
      • Multi-step degradation method for -O-4 linkage in lignins
        Ando, D; Nishimura, H; Katahira, M; Takano, T; Yano, H; Nakatsubo, F
        Lignobiotech II Symposium, 2012年10月
      • Wood biorefinery by microwave processing and ethanologenic bacteria
        Watanabe, T; Mitani, T; Shinohara, N; Kikame, K; Ohashi, Y; Yoshioka, K; Kurosaki, Y; Katahira, M; Daidai, M; Matsushita, H; Koike, K; Yanase, H
        Lignobiotech II Symposium, 2012年10月
      • Analysis of wood cell wall structures and secondary metabolites during biodegradation of white-rot fungi using solution NMR
        Nishimura, H; Katahira, M; Watanabe, T
        Lignobiotech II Symposium, 2012年10月
      • The analysis of whole components of intact wood biomass at atomic resolution with cryogenic NMR
        Katahira, M
        The 3rd International Symposium of Advanced Energy Science, 2012年10月
      • リグニンβ-O-4結合新規選択的開裂法(γ-TTSA法)の検討(4)-天然リグニンへの適用-
        安藤大将; 西村裕志; 片平正人; 高野俊幸; 矢野浩之; 中坪文明
        第57回リグニン討論会, 福岡, 2012.10.17-18, 2012年10月
      • 13C標識法と高分解能NMRを組み合わせたリグニンの構造解析
        今村良教; 西村裕志; 寺島典二; 松下泰幸; 青木禅; 片平正人; 福島和彦
        第57回リグニン討論会, 福岡, 2012.10.17-18, 2012年10月
      • Analysis of wood cell wall structures and secondary metabolites during the biodegrandation of white-rot fungi using solution NMR
        H. Nishimura; M. Katahira; T. Watanabe
        LignobiotechⅡSymposium,2012, 2012年10月
      • Analysis of Whole Components of Intact Wood Biomass at Atomic Resolution with Cryogenic NMR
        M. Katahira
        3rd International Symposium of Advanced Energy Science,2012, 2012年10月
      • カリウムイオン依存的な四重鎖構造形成によって活性がオンになるインテリジェントリボザイムの創製
        Y. Yamaoki; T. Mashima; Y. Sakurai; Y. Hara; T. Nagata; M. Katahira
        日本生物物理学会第50回年会, 名古屋, 2012.9.22-24, 2012年09月
      • NMR法によるAPOBEC3Gデアミネース活性に関する研究
        R. Iwaoka; S. Kitamura; K. Kanba; A. Furukawa; H. Okamura; W. Sugiura; T. Nagata; Y. Iwatani; M. Katahira
        日本生物物理学会第50回年会, 名古屋, 2012.9.22-24, 2012年09月, 査読有り
      • 抗HIV宿主因子 APOBEC3Gの位置依存的デアミネーション反応機構の解明
        A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; T. Nagata; A. Takaori; A. Ryo; M. Katahira
        日本生物物理学会第50回年会, 名古屋, 2012.9.22-24, 2012年09月, 査読有り
      • NMR analysis of the interaction between AML1 Runt domain and RNA aptamer
        Amano, R; Nomura, Y; Nagata, T; Fukunaga, J; Tanaka, Y; Katahira, M; Nakamura, Y; Kozu, T; Sakamoto, T
        XXV International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2012年08月
      • Sequence-specific RNA-recognition mechanism of Musashi1, neural and oncogenic RNA-binding protein
        Ohyama, T; Nagata, T; Tsuda, K; Kobayashi, N; Imai, T; Okano, H; Yamazaki, T; Katahira, M
        XXV International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2012年08月
      • Elucidation of the location-dependent deamination reaction mechanism of an anti-HIV factor, APOBEC3G
        A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; A. Ryo; A. akaori; T. Nagata; M. Katahira
        XXV international Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems,2012, 2012年08月
      • Anti-prion activity and it strucural basis of RNAaptamer, and sliding-direction-dependent deaminase activity of anti-HIV enzyme
        T. Mashima; A. Furukawa; K. Sugase; H. Fujiwara; F. Nishikawa; R. Morishita; A. Ryo; Y. Kamatari; T. Nagata; S. Nishikawa; K. Kuwata; M. Katahira
        XXV international Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems,2012, 2012年08月
      • Anti-prion activity of RNA aptamer and the structural basis of its high affinity to prion protein
        Mashima, T; Nishikawa, F; Kamatari, Y; Fujiwara, H; Nagata, T; Kodaki, T; Nishikawa, S; Kuwata, K; Katahira, M
        Asia Pacific Prion Symposium, 2012年07月
      • カリウムイオン濃度を感知して活性がオンになるインテリジェントリボザイムの創製
        山置雄大; 真嶋司; 櫻井佑; 原ゆかり; 永田崇; 片平正人
        第14回日本RNA学会年会, 仙台, 2012.7.18-20, 2012年07月
      • RNAアプタマーの抗プリオン活性とその構造的基礎
        真嶋司; 西川富美子; 鎌足雄司; 藤原弘道; 永田崇; 小瀧努; 西川諭; 桑田一夫; 片平正人
        第14回日本RNA学会年会, 仙台, 2012.7.18-20, 2012年07月
      • RNAアプタマーとAML1 Runt domainの相互作用解析
        天野亮; 野村祐介; 永田崇; 福永淳一; 田中陽一郎; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        第14回日本RNA学会年会,仙台,2012.7.18-20, 2012年07月, 査読有り
      • RNAアプタマーによるプリオンタンパク質の認識
        真嶋司; 西川富美子; 鎌足雄司; 藤原弘道; 西川諭; 桑田一夫; 片平正人
        日本蛋白質科学会年会, 名古屋, 2012.6.20-22, 2012年06月
      • 抗HIV宿主因子APOBE3Gの位置依存的デアミネーション反応機構の解明
        古川亜矢子; 菅瀬謙治; 森下了; 粱明秀; 高折晃史; 永田崇; 片平正人
        日本蛋白質科学会年会, 名古屋, 2012.6.20-22, 2012年06月
      • Thiothrix nivea由来のb-1,4グルコサミノグルカンの高次構造
        近藤敬子; 武田 穣; 小泉淳一; 真嶋 司; 松上明正; 片平正人
        日本農芸化学会大会2012年度大会, 2012年03月
      • 超高感度溶液NMR法による木質バイオマスの丸ごと、高分解能、リアルタイム計測法の開発と応用
        片平正人; 渡辺隆司; 小瀧努; 西村裕志; 吉岡康一
        第197回 生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム, 2012年03月
      • The recognition of prion protein by the RNA aptamer
        Mashima, T; Fujiwara, H; Nishikawa, F; Kamatari, Y; Kuwata, K; Imamura, M; Yokoyama, T; Nishikawa, S; Katahira, M
        The 9th Korea-Japan Bilateral NMR Symposium, 2012年03月
      • Towards evaluation of wood cell wall structures and those biodegradation using solution NMR
        Nishimura, H; Kozawa, Y; Okamura, H; Watanabe, T; Katahira, M
        Korea-Japan Bilateral NMR Symposium, 2012年03月
      • Sliding-direction-dependent activity of anti-HIV enzyme, and structural basis of anti-prion activity of RNA aptamer
        Furukawa, A; Mashima, T; Sugase, K; Fujiwara, H; Nagata, T; Morishita, R; Ryo, A; Nishikawa, F; Nishikawa, S; Kamatari, Y; Kuwata, K; Katahira, M
        Korea-Japan Bilateral NMR Symposium, 2012年03月, 招待有り
      • 溶液NMR法による木質バイオマスの定量と精密構造解析
        西村裕志; 岡村英保; 小澤佑; 渡辺隆司; 片平正人
        日本農芸化学会, 京都, 2012.3.22-26, 2012年03月
      • 木材腐朽菌による木質バイオマス分解過程のNMR法を用いた解析
        小澤佑; 西村裕志; 片平正人; 渡辺隆司
        日本農芸化学会, 京都, 2012.3.22-26, 2012年03月
      • リグニン誘導体を用いた天然型紫外線吸収剤の開発
        三亀啓吾; 大橋康典; 西村裕志; 片平律子; 小澤佑; 片平正人; 渡辺崇人; 本田与一; 菅原智; 小池謙造; 渡辺隆司
        第62回日本木材学会大会, 札幌, 2012.3.15-17, 2012年03月
      • 溶液NMR法による木材細胞壁成分の精密評価と生分解モニタリング
        西村裕志; 小澤佑; 岡村英保; 渡辺隆司; 片平正人
        第62回日本木材学会大会, 札幌, 2012.3.15-17, 2012年03月
      • Recognition of prion protein by the RNA aptamer
        T. Mashima; H. Fujiwara; F. Nishikawa; M. Saimura; Y. Kamatari; K. Kuwata; M. Imamura; T. Yokoyama; S. Nishikawa; M. Katahira
        Korea-Japan Bilateral NMR Symposium,2012, 2012年03月, 招待有り
      • リグニンβ-O-4結合新規選択的開裂法の検討(3) -MWLへの適用-
        安藤大将; 西村裕志; 片平正人; 高野俊幸; 中坪文明; 矢野浩之
        第62回日本木材学会大会,札幌,2012.3.15-17, 2012年03月, 査読有り
      • 大型装置の連携利用による有用バイオマス生分解の実時間モニタリングとメカニズムの解明
        西村裕志; 小澤佑; 永田崇; 小瀧努; 渡辺隆司; 片平正人
        京都大学生存基盤科学研究ユニット研究成果報告書, 2012年02月
      • Structural analysis of lignin by a specific 13C-enrichment technique combined with 2D NMR of whole wall of ginkgo tracheid
        Y. Imamura; H. Nishimura; Y. Matsushita; M. Katahira; K.Fukushima; N. Terashima
        The 12th International Symposium on Biomimetic Materials Processing, 2012年01月
      • プリオンタンパク質のN末ドメインとRNAアプタマーの相互作用の解析
        藤原弘道; 真嶋司; 西川富美子; 才村正幸; 遠藤美紗; 今村守一; 横山隆; 西川諭; 片平正人
        第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011.12.13-16, 2011年12月
      • Real-time monitoring the cytidine deamination along single-stranded DNA by an anti-HIV factor, APOBEC3G
        A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; T. Nagata; A. Ryo; A. Takaori; M. Katahira
        第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011.12.13-16, 2011年12月
      • Structural basis for the sequence-specific RNA-recognition mechanism of Musashi 1
        T. Ohyama; T. Nagata; K. Tsuda; N. Kobayashi; T. Imai; H. Okano; T. Yamazaki; M. Katahira
        第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011.12.13-16, 2011年12月
      • “r(GGA)4 chimeric ribozyme switches its activity in response to K+ via quadruplex formation
        Nagata, T; Sakurai, Y; Mashima, T; Katahira, M
        The 38th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2011年11月
      • The base-deamination rate dependent on the direction of sliding of an enzyme along DNA as revealed by numerical analysis of NMR data, and wood biomass studied by solution NMR
        Nishimura, H; Furukawa, A; Okamura, H; Kozawa, Y; Morishita, R; Ryo, A; Sugase, K; Watanabe, T; Katahira, M
        The International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011, 2011年11月
      • Real-time monitoring of the cytidine deamination along single-stranded DNA by an anti-HIV factor, APOBEC3G
        Furukawa, A; Sugase, K; Morishita, R; Nagata, T; Ryo, A; Takaori, A; Katahira, M
        The International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011, 2011年11月
      • Real-time monitoring of the cytidine deamination along single-stranded DNA by an anti-HIV factor
        A. Furukawa; K. Sugase; R. Morishita; T. Nagata; A. Ryo; A. Takaori; M. Katahira
        The International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011, 2011年11月, 査読有り
      • Base-deamination rate dependent on the direction of sliding of an enzyme along DNA as revealed by numericalanalysis of NMR data, and wood biomass studied by solution NMR
        H. Nishimura; A. Furukawa; H. Okamura; Y. Kozawa; R. Morishita; A. Ryo; K. Sugase; T. Watanabe; M. Katahira
        The International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011,横浜,2011.11.15-18, 2011年11月, 査読有り
      • Identification of alternating b-1,4 glucosaminoglucan as a common constituent of the sheaths of the genus Thiothrix
        Kondo, K; Takeda, M; Umezu, T; Narizuka, R; Mashima, T; Koizumi, J; Katahira, M
        15th International Biotechnology Symposium and Exhibition, 2011年09月
      • NMR study of XMRV protease in complex with an inhibitor
        Okamura, H; Matsunaga, T; Furukawa, A; Sato, Y; Iwaoka, R; Nagata, T; Kobayashi, N; Takaori, A; Morishita, R; Ryo, A; Katahira, M
        第49回日本生物物理学会年会.姫路, 2011年09月
      • リアルタイムモニタリングによって示されたAPBEC3GによるDNA上の極性を有したスライディングとカップルしたシトシン脱アミノ基反応
        M. Katahira; A. Furukawa; T. Nagata; H. Takaku; R. Morishita; A. Takaori; A. Ryo
        日本生物物理学会第49回年会, 姫路, 2011.9.16-18, 2011年09月
      • リグニンのβ-O-4結合新規選択的開裂法(γ-TTSA法)の検証(2)-DHPへの適用-
        安藤大将; 西村裕志; 片平正人; 高野俊幸; 中坪文明; 矢野浩之
        第56回リグニン討論会, 鶴岡, 2011.9.15-16, 2011年09月
      • 木質バイオマスの定量・微細構造解析のためのHSQC/HMBC NMR法の開発
        西村裕志; 小澤佑; 岡村英保; 佐々木碧; 片平正人; 渡辺隆司
        第56回リグニン討論会, 鶴岡, 2011.9.15-16, 2011年09月
      • RNAアプタマーがプリオンタンパク質を捕捉するメカニズム
        T. Mashima; H. Fujiwara; M. Endo; M. Saimura; M. Imamura; T. Yokoyama; F. Nishikawa; S. Nisikawa; M. Katahira
        日本生物物理学会第49回年会,姫路,2011.9.16-18, 2011年09月, 査読有り
      • NMRによるXMRVプロテアーゼとその阻害剤との複合体の構造生物学的研究
        H. Okamura; T. Matsunaga; A. Furukawa; Y. Sato; R. Iwaoka; T. Nagata; N. Kobayashi; A. Takaori; R. Morishita; A. Ryo; M. Katahira
        日本生物物理学会第49回年会, 姫路, 2011.9.16-18, 2011年09月, 査読有り
      • リグニン誘導体を用いた天然型有機系紫外線吸収剤
        三亀啓吾; 大橋康典; 片平律子; 小澤佑; 片平正人; 渡邊崇人; 本田与一; 菅原智; 小池謙造; 渡辺隆司
        第56回リグニン討論会,鶴岡,2011.9.16-18, 2011年09月, 査読有り
      • Elucidation of functions on APOBEC3DE and APOBEC3F Based on Structure-Oriented Analysis
        R. Iwaoka; A. Furukawa; H. Okamura; M. Katahira
        3rd G-COE International Symposium (Specially Jointed with BK21 Program at Ajou University) Zero Carbon Energy 2011.,18-19 August 2011, Ajou University, Suwon, Korea,2011, 2011年08月, 査読有り
      • MagRO-Assign: a tool for automated sequence specific assignment of chemical shifts for NMR signals of protein backbone
        片平 正人
        EUROMAR 2011,2011, 2011年07月
      • The elucidation of functions on APOBEC3DE and APOBEC3F based on structure-oriented analysis
        片平 正人
        3rd G-COE International Symposium –Zero Carbon Energy 2011-, 2011年07月
      • コムギ無細胞タンパク質合成系を用いたXenotropicmurine leukemia virus-related virus (XMRV)プロテアーゼの解析
        松永智子; 澤崎達也; 小島良績; 森下了; 佐藤裕徳; 大出裕高; 古川亜矢子; 片平正人; 杉浦亙; 梁明秀
        日本プロテオーム学会2011年大会,新潟,2011.7.28-29, 2011年07月, 査読有り
      • 超高感度二次元NMRによるバイオマス全成分解析法の開発
        片平正人; 渡辺隆司; 小瀧努; 西村裕志; 吉岡康一
        第175回 生存圏シンポジウム 生存圏ミッションシンポジウム, 2011年06月
      • Structural basis of the high affinity of the RNA aptamer against prion protein
        T. Mashima; H. Fujiwara; T. Koshida; M. Saimura; M. Imamura; T.Yokoyama; F. Nishikawa; S. Nisikawa; M. Katahira
        RNA2011 SIXTEEN ANNUAL MEETING OF THE RNA SOCIETY, 2011年06月
      • XMRV プロテアーゼのNMR による構造解析
        古川亜矢子; 松永智子; 岩岡諒; 永田崇; 小林直宏; 高折晃史; 森下了; 梁明秀; 片平正人
        第11回日本蛋白質科学会年会, 2011年06月, 査読有り
      • An in vitro cleavage assay system for XMRV protease by wheat-germ cell free protein production
        片平 正人
        IUMS 2011,2011, 2011年05月
      • Structural basis of the high affinity of the RNA aptamer against prion protein
        片平 正人
        The 16th annual meeting of the RNA society, 2011年05月
      • Structural basis of the high affinity of the RNA aptamer against prion protein
        片平 正人
        The 16th annual meeting of the RNA society, 2011年05月
      • 木材担子菌による木質分解過程のNMR法を用いた包括解析
        小澤佑; 西村裕志; 吉岡康一; 佐々木碧; 渡辺隆司; 片平正人
        日本農芸化学会2011年度大会, 2011年03月, 査読有り
      • バイオリファイナリーのための広葉樹リグニンの精密分子構造解析
        吉岡康一; 高田理江; 大代正和; 久保雅継; 片平正人; 渡邊崇人; 本田与一; 渡辺隆司
        日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM), 2011年03月, 査読有り
      • 1SD-06 アルタイムモニタリングによって示されたAPOBEC3GによるDNA上の極性を有したスライディングとカップルしたシトシン脱アミノ基反応(1SD タンパク質立体構造の揺らぎと生物機能の関連にNMR法は何処まで迫れるか?,日本生物物理学会第49回年会(2011年度))
        片平 正人; Furukawa Ayako; Nagata Takashi; Takaku Hiroshi; Morishita Ryo; Takaori Akifumi; Ryo Akihide
        生物物理, 2011年
      • 抗HIV活性をもつAPOBEC3GとAPOBEC3Fの構造機能解析
        岩岡諒; 古川亜矢子; 高折晃史; 森下了; 梁明秀; 片平正人
        生化学, 2010年12月
      • Musashi1蛋白質-標的RNA複合体に含まれる新たな核酸塩基認識機構
        大山 貴子; 永田 崇; 今井 貴雄; 岡野 栄之; 山崎俊夫; 片平 正人
        第49回NMR討論会、東京, 2010年12月
      • Structural and functional analysis of the translational repression complex that plays a key role in differentiation regulation
        Ohyama, T; Nagata, T; Tanaka, S; Iikura, H; Imai, T; Okano, H; Yamazaki, T; Katahira, M
        第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会合同大会.神戸, 2010年12月
      • 抗HIV活性をもつAPOBE3GとAPOBEC3Fの構造機能解析
        岩岡諒; 古川亜矢子; 高折晃史; 森下了; 梁明秀; 片平正人
        第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月, 査読有り
      • 植物転写因子GT-1がリン酸化によりDNA結合能を上昇させる分子構造解明
        藤本なつき; 長崎祐也; 能登和明; 村田純; 平塚和之; 永田崇; 片平正人
        第33回日本分子生物学会年会, 2010年12月, 査読有り
      • Linkage analysis of lignin for lignocellulosic biorefinery
        Yoshioka, K; Daidai, M; Katahira, M; Watanabe, T
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,, 2010年12月
      • APOBEC3Gが抗HIV活性を発揮する酵素反応のリアルタイムモニタリング
        古川 亜矢子; 永田 崇; 森下 了; 梁 昭秀; 高折 晃史; 片平 正人
        平成22年度日本分光学会.京都, 2010年11月
      • 抗HIV因子APOBE3Gによる酵素反応のリアルタイムモニタリング
        古川亜矢子; 永田崇; 森下了; 梁明秀; 高折晃史; 片平正人
        平成22年度 日本分光学会年次講演会, 2010年11月, 査読有り
      • マウスMusashi1による標的RNAの認識
        大山貴子; 永田崇; 今井貴雄; 岡野栄之; 山崎俊夫; 片平正人
        第49回NMR討論会, 2010年11月, 査読有り
      • RNAアプタマー:プリオンタンパク質部分ペプチド複合体の構造及びA3Gタンパク質のDNA上のスライディングの解析
        古川亜矢子; 真嶋司; 岩岡諒; 越田高史; 永田崇; 森下了; 梁明秀; 高折晃史; 西川富美子; 西川諭; 片平正人
        Abstr Annu Meet NMR Soc Jpn, 2010年11月, 査読有り
      • Structure and interaction of RNA aptamer against prion protein in complex with the partial binding peptide
        Mashima, T; Koshida, T; Saimura, M; Nishikawa, F; Nisikawa, S; Katahira, M
        The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2010年11月
      • A mechanism for an increase in DNA-binding affinity of the trihelix DNA-binding domain via its phosphorylation
        Nagata, T; Niyada, E; Fujimoto, N; Nagasaki, Y; Noto, K; Miyanoiri, Y; Murata, J; Hiratsuka, K; Katahira, M
        The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2010年11月
      • Structural aspects of the fluorescence intensity changes of the ATP-binding ribonucleopeptide sensor
        Nakano, S; Mashima, T; Tainaka, K; Katahira, M; Morii, T
        The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010,, 2010年11月
      • NMRシグナルを用いた抗ウイルス因子活性のリアルタイムモニタリング
        古川亜矢子; 永田崇; 森下了; 高折晃史; 梁明秀; 片平正人
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2010年10月, 査読有り
      • The real-time monitoring of the enzymatic reaction of an anti-HIV factor APOBEC3G
        Nagata, T; Mashima, T; Iwaoka, R; Sugiyama, R; Takaku, H; Takaori, A; Ryo, A; Katahira, M
        第48回生物物理学会年会, 2010年09月, 査読有り
      • Heat shock protein 70 inhibits HIV-1 Vif-mediated ubiquitination and degradation of Apobec3G
        Ryuichi Sugiyama; Hironori Nishitsuji; Yuichiro Habu; Haruki Naganuma; Hiroshi Koseki; Ayako Furukawa; Takashi Nagata; Masato Katahira; Hiroshi Takaku
        EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL RESEARCH, 2010年08月
      • Structures of telomere DNA in K+ solution, Musashi in complex with RNA, and wild and mutant (phosphorylation-mimicking) DNA-binding proteins, GT-1
        Ohyama, T; Tsuchibayashi, H; Matsugami, A; Miyanoiri, Y; Niyada, E; Nagata, T; Katahira, M
        XXII International Conference on Magnetic Resonance in Biological System.Cairns,2010.8.22-27, 2010年08月
      • Real-time monitoring of the enzymatic reaction of APOBEC3G possessing anti-HIV activity, and the structure and interaction of the RNA aptamer against prion protein
        片平 正人
        XXIV International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2010年08月, 招待有り
      • プリオンタンパク質に対するRNAアプタマーと結合部分ペクチドの複合体の構造及び相互作用研究
        真嶋司; 西川富美子; 西川諭; 片平正人
        第12回日本RNA学会年会, 2010年07月, 査読有り
      • 分化制御の鍵をにぎる翻訳制御複合体のNMR構造機能解析
        大山貴子; 永田崇; 田中志穂; 飯倉裕之; 河原裕憲; 今井貴雄; 岡野栄之; 山崎俊夫; 片平正人
        第12回日本RNA学会年会, 2010年07月, 査読有り
      • HIV遺伝子上でのAPOBEC3Gによるシチジンデアミネーション反応の動作機序
        古川亜矢子; 永田崇; 森下了; 杉山隆一; 高久洋; 高折晃史; 梁明秀; 片平正人
        第10回日本蛋白質科学会年会, 2010年06月, 査読有り
      • 植物転写因子GT-1のDNA結合活性がリン酸化により増強する分子機構
        永田崇; 二矢田絵美; 藤本なつき; 長崎裕也; 能登和明; 宮ノ入洋平; 村田純; 平塚和之; 片平正人
        第10回日本蛋白質科学会年会, 2010年06月, 査読有り
      • 有鞘細菌Sphaerotilus natans由来の形態形成複合糖質の可溶化とNMR分析
        近藤敬子; 武田 穣; 小泉淳一; 真嶋 司; 松上明正; 片平正人
        日本農芸化学会大会2010年度大会, 2010年03月
      • 1P122 1D1255 The real-time monitoring of the enzymatic reaction of an anti-HIV factor APOBEC3G(Nucleic acid binding proteins,Oral Presentations,The 48th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan)
        Furukawa Ayako; Nagata Takashi; Morishita Ryo; Iwaoka Ryo; Sugiyama Ryuichi; Takaku Hiroshi; Takaori Akifumi; Ryo Akihide; Katahira Masato
        生物物理, 2010年
      • Structural aspects for substrate binding and fluorescence of the ATP-binding ribonucleopeptide receptors and sensors
        S. Nakano; M. Fukuda; T. Mashima; M. Katahira; T. Morii
        5th International Peptide Symposium in conjunction with 47th Japanese Peptide Symposium, Kyoto, 2010.12.4-9, 2010年
      • The analysis of the mechanism of an enzyme reaction toward the development of new energy systems
        Iwaoka, R; Furukawa, A; Katahira, M
        The 2nd International Symposium of Kyoto University Global COE Program –Zero Carbon Energy Kyoto 2010-,, 2010年
      • 抗HIV活性を有する天然型APOBEC3Gタンパク質の構造、1本鎖DNAとの相互作用及び酵素反応のリアルタイムモニタリング
        古川 亜矢子; 永田 崇; 杉山 隆一; 高久 洋; 片平 正人
        第32回分子生物学会年会.横浜, 2009年12月
      • 抗HIV活性を保持するタンパク質APOBEC3Gの酵素反応のリアルタイムモニタリング
        古川 亜矢子; 中居 佑介; 永田 崇; 杉山 隆一; 高久 洋; 片平 正人
        第32回分子生物学会年会.横浜, 2009年12月
      • 翻訳制御に関わるMusashi1とPABP1の相互作用と立体構造の解析
        飯倉 裕之; 田中 志穂; 樋口 敬介; 河原 裕憲; 今井 貴雄; 岡野 栄之; 永田 崇; 片平 正人
        第32回分子生物学会年会.横浜, 2009年12月
      • 植物遺伝子の光制御に関連したGT-1タンパク質の構造と相互作用の研究
        藤本 なつき; 長崎 裕也; 能登 和明; 二矢田 絵美; 村田 純; 平塚 和之; 永田 崇; 片平 正人
        第32回分子生物学会年会.横浜, 2009年12月
      • 酵素反応のリアルタイムモニタリングとアプタマーによるプリオンタンパク質の捕捉機構
        古川亜矢子; 真嶋司; 永田崇; 杉山隆一; 高久洋; 西川富美子; 西川諭; 片平正人
        第48回NMR討論会.九州大学, 2009年11月
      • Unique quadruplex structure and interaction of an RNA aptamer against bovine prion protein
        Tsukasa Mashima; Akimasa Matsugami; Fumiko Nishikawa; Satoshi Nishikawa; Masato Katahira
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2009年10月, 査読有り
      • Musashi1,PABP,mRNAが構成する翻訳抑制複合体のNMR構造機能解析
        永田崇; 大山貴子; 杉山孝司; 飯倉裕之; 樋口敬介; 河原裕憲; 今井貴雄; 岡野栄之; 山崎俊夫; 片平正人
        日本RNA学会年会、2009.新潟, 2009年07月
      • Anti-HIV-1 Activity of A3G is Enhanced by HSP70
        Ryuichi Sugiyama; Yuichiro Habu; Haruki Naganuma; Hiroshi Koseki; Ayako Furukawa; Takashi Nagata; Masato Katahira; Hiroshi Takaku
        ANTIVIRAL RESEARCH, 2009年05月
      • Molecular Mechanism for the reinforcement of DNA-binding activity of GT-1 via phosphorylation
        永田 崇; 長崎 祐也; 藤本 なつき; 能登 和明; 二矢田 絵美; 宮ノ入 洋平; 村田 純; 平塚 和之; 片平 正人
        第9回日本蛋白質科学会年会.熊本, 2009年05月
      • HIVの複製を阻害するタンパク質APOBEC3Gの構造、相互作用及び酵素反応のリアルタイムモニタリング
        古川 亜矢子; 永田 崇; 羽生 勇一郎; 杉山 隆一; 林 文晶; 横山 茂之; 高久 洋; 片平 正人
        第9回日本蛋白質科学会年会.熊本, 2009年05月
      • ATP結合性リボヌクレオペプチドリセプターの機能と構造
        仲野瞬; 福田将虎; 真嶋司; 片平正人; 森井孝
        第24回生体機能関連化学シンポジウム・第12回バイオテクノロジー部会シンポジウム,九州大学医系キャンパス,2009.9.13-15, 2009年, 査読有り
      • Structural analysis of ribonucleopeptide aptamer against ATP
        Mashima, T; Matsugami, A; Nakano, S; Inoue, M; Fukuda, M; Morii, T; Katahira, M
        The 6th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2009年, 査読有り
      • Structure, interaction and real-time monitoring of the enzymatic reaction of APOBEC3G which possesses anti-HIV activity
        Furukawa, A; Nagata, T; Sugiyama, R; Takaku, H; Katahira, M
        The 3rd Asia-Pacific NMR Symposium, 2009年, 査読有り
      • Structural aspects for the function of ATP-binding ribonucleopeptide receptors.
        S. Nakano; M. Fukuda; T. Mashima; M. Katahira; T. Morii
        Nucleic acids symposium series (2004), 2009年, 査読有り
      • Structure and real-time monitoring of the enzymatic reaction of APOBEC3G which is involved in anti-HIV activity.
        A. Furukawa; T. Nagata; A. Matsugami; Y. Habu; R. Sugiyama; F. Hayashi; N. Kobayashi; S. Yokoyama; H. Takaku; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2009年, 査読有り
      • Structural analysis of ribonucleopeptide aptamer against ATP.
        T. Mashima; A. Matsugami; S. Nakano; M. Inoue; M. Fukuda; T. Morii; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2009年, 査読有り
      • A simultaneous RNA-binding mode of two RNA-binding domains of Musashi-1 analyzed by paramagnetic effects, PRE, PCS, and RDC
        Takashi Nagata; Takako Ohyama; Ayako Furukawa; Takashi Sugiyama; Tsukasa Mashima; Takao Imai; Hideyuki Okano; Toshio Yamazaki; Masato Katahira
        第46回日本生物物理学会.福岡, 2008年12月
      • HIVの複製を阻害するタンパク質APOBEC3Gの構造と相互作用の解析
        古川 亜矢子; 永田 崇; 羽生 勇一郎; 杉山 隆一; 林 文晶; 横山 茂之; 高久 洋; 片平 正人
        第31回日本分子生物学会年会・第82回日本生化学会大会.神戸, 2008年12月
      • Musashiタンパク質とPABPの相互作用の解析
        樋口 敬介; 永田 崇; 河原 裕憲; 今井 貴雄; 岡野 栄之; 片平 正人
        第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会.神戸, 2008年12月
      • テロメレースのリクルート及び活性の増強をもたらすUP1-テロメアDNA-テロメアRNAの三者複合体の相互作用の解明
        藤本 なつき; 永田 崇; 高田 祐輔; 前田 忠計; 福田 博政; 中釜 斉; 片平 正人
        第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会.神戸, 2008年12月
      • RDC、PRE及びPCSに基づいたMusashi-RNA複合体とプリオンタンパク質に対するRNAアプタマーの構造とダイナミクス
        大山貴子; 松上明正; 古川亜矢子; 真嶋司; 杉山孝司; 今井貴雄; 岡野栄之; 西川富美子; 西川諭; 山崎俊夫; 永田崇; 片平正人
        第47回NMR討論会.筑波大学, 2008年11月
      • Hsp70のHIV-1感染抑制
        杉山 隆一; 羽生 勇一郎; 長沼 晴樹; 小関 寛; 永田 崇; 古川 亜矢子; 片平 正人; 高久 洋
        第56回ウィルス学会.岡山, 2008年10月
      • Structures and interactions of 4’-thioDNA and RNA/DNA-binding proteins
        Ohyama, T; Matsugami, A; Furukawa, A; Mashima, T; Sugiyama, T; Yamazaki, T; Nagata, T; Katahira, M
        23rd International Conference of Magnetic Resonance in Biological Systems. San Diego,2008.8.24, 2008年08月24日
      • Molecular Basis for the reinforcement of the affinity of GT-1 to DNA through phosphorylation
        Takashi Nagata; Kazuaki Noto; Emi Niyada; Youhei Miyanoiri; Jun Murata; Kazuyuki Hiratsuka; Masato Katahira
        第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会.横浜, 2008年07月
      • hnRNP A1タンパク質のアンフォールド効果及びリクルート効果とテロメア長維持との関連
        永田崇; 高田祐輔; 大柄晶太; 小野朝美; 小野愛美; 福田博政; 中釜斉; 石川冬木; 片平正人
        第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会.横浜, 2008年07月
      • HIV感染の防御に関与するAPOBEC3Gの構造機能解析
        古川亜矢子; 水内祐基; 河合文隆; 羽生勇一郎; 杉山隆一; 高久洋; 永田崇; 片平正人
        第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会.横浜, 2008年07月
      • ロングレンジの構造情報を利用したMusashiタンパク質と標的RNAとの複合体の構造解析
        大山貴子; 大柄晶太; 宮ノ入洋平; 古川亜矢子; 今井貴雄; 岡野栄之; 永田崇; 片平正人
        第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会.横浜, 2008年07月
      • Structural analysis of Musashi-RNA complex with paramagnetic effects
        Ohyama, T; Nagata, T; Furukawa, A; Sugiyama, T; Mashima, T; Yamazaki, T; Katahira, M
        XXIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2008年, 査読有り
      • NMR assignments and the identification of the secondary structure of the anti-retroviral cytidine deaminase
        Furukawa, A; Nagata, T; Habu, Y; Sugiyama, R; Hayashi, F; Yokoyama, S; Takaku, H; Katahira, M
        Joint Symposium of "18th International Roundtable on Nucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids" and "35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry", 2008年, 査読有り
      • Structural analysis of Musashi-RNA complex on the basis of long-range structural information
        Ohyama, T; Furukawa, A; Mashima, T; Sugiyama, T; Ohgara, S; Yamazaki, T; Imai, T; Okano, H; Nagata, T; Katahira, M
        Joint Symposium of "18th International Roundtable on Nucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids" and "35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry", 2008年, 査読有り
      • Structural analysis of r(GGA)4 found in RNA aptamer for prion protein
        Matsugami, A; Mashima, T; Nishikawa, F; Murakami, K; Nishikawa, S; Noda K; Yokoyama, T; Katahira M
        Joint Symposium of "18th International Roundtable on Nucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids" and "35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry", “, 2008年, 査読有り
      • Interactions between antitumor drugs and vault RNA
        Mashima, T; Kudo, M; Takada, Y; Matsugami, A; Gopinath; S. C. B; Kumar; P. K. R; Katahira, M
        Joint Symposium of "18th International Roundtable on Nucleoside, Nucleotides and Nucleic Acids" and "35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry", 2008年, 査読有り
      • Attempt to construct the ion channel composed of nucleic acids
        Miyoshi, T; Matsugami, A; Nomura, S; Akiyoshi, K; Katahira M
        International Conference on Membrane Interface, 2008年, 査読有り
      • NMR assignments and the identification of the secondary structure of the anti-retroviral cytidine deaminase.
        A. Furukawa; T. Nagata; Y. Habu; R. Sugiyama; F. Hayashi; S. Yokoyama; H. Takaku; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • Structural analysis of Musashi-RNA complex on the basis of long-range structural information.
        T. Ohyama; A. Furukawa; T. Mashima; T. Sugiyama; S. Ohgara; T. Yamazaki; T. Imai; H. Okano; T. Nagata; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • Structural analysis of r(GGA)4 found in RNA aptamer for bovine prion protein.
        A. Matsugami; T. Mashima; F. Nishikawa; K. Murakami; S. Nishikawa; K. Noda; T. Yokoyama; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • Interactions between antitumor drugs and vault RNA.
        T. Mashima; M. Kudo; Y. Takada; A. Matsugami; S.C. Gopinath; P.K. Kumar; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • Orientation of ends of G-quadruplex structure investigated with end-extended oligonucleotides.
        Y. Sannohe; K. Sato; A. Matsugami; K. Shinohara; T. Mashimo; M. Katahira; H. Sugiyama
        Nucleic acids symposium series (2004), 2008年, 査読有り
      • Mechanisms underlying biological activities of RNA/DNA-binding proteins, examined on the basis of the combination of structure and relaxation analyses
        Takako Ohyama; Ayako Furukawa; Tatsuya Miyoshi; Yusuke Takada; Shota Ogara; Kazuyuki Hiratsuka; Takao Imai; Hideyuki Okano; Hitoshi Nakagama; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第46回NMR討論会.北海道, 2007年09月
      • RNP型RNA/DNA結合ドメインを有するタンパク質、hnRNP A1/DおよびMusashi-1に関するNMRを用いた構造研究
        大山 貴子; 永田 崇; 高田 祐輔; 大柄 晶太; 宮ノ入 洋平; 今井 貴雄; 岡野 栄之; 石川 冬木; 中釜 斉; 片平 正人
        第9回日本RNA学会年会.名古屋, 2007年07月
      • The structure of human telomeric DNA and the interactions of hnRNP A1/hnRNP D proteins with telomeric DNA
        片平 正人
        nternational Workshop on Perspectives on Stable Isotope Aided NMR Methods for Protein Structural Analysis, 2007年
      • Structural studies on transcriptional and post-transcriptional gene regulation by NMR
        Nagata, T; Ohyama, T; Noto, K; Niyada, E; Miyanoiri, Y; Imai, T; Okano, H; Hiratsuka, K; Katahira, M
        International Workshop on Perspectives on Stable Isotope Aided NMR Methods for Protein Structural Analysis, 2007年, 査読有り
      • Structure of 4\\'-thioDNA which exhibits endonuclease resistance.
        A. Matsugami; T. Ohyama; M. Inada; N. Inoue; N. Minakawa; A. Matsuda; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2007年, 査読有り
      • Interactions with RNA/DNA of proteins involved in the regulation of transcription, translation and telomere elongation.
        T. Ohyama; A. Furukawa; T. Miyoshi; Y. Takada; S. Ohgara; K. Hiratsuka; T. Imai; H. Okano; H. Nakagama; T. Nagata; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2007年, 査読有り
      • 植物遺伝子の光応答に関連したGT-1タンパク質のリン酸化による機能制御の構造基盤
        能登和明; 二矢田絵美; 永田崇; 宮ノ入洋平; 上杉晴一; 村田純; 平塚和之; 片平正人
        分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月
      • hnRNP A1タンパク質のテロメラーゼリクルート効果の構造学的研究
        小野朝美; 大西秀典; 大柄晶太; 永田崇; 上杉晴一; 中釜斉; 福田博政; 片平正人
        分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月
      • ラフト中のコレステロール結合タンパク質Perfringolysin Oの構造解析
        中谷圭一郎; 河合文隆; 永田崇; 上杉晴一; 嶋田由紀子; 岩下淑子; 石井毅; 若松馨; 片平正人
        分子生物学会2006フォーラム, 2006年12月
      • Structural Biology of Functional RNA and DNA
        MATSUGAMI Akimasa; KOIZUMI Daisuke; OHYAMA Takako; INADA Masashi; TSUCHIBAYASHI Hiroaki; NAGATA Takashi; XU Yan; NOGUCHI Yuuki; SUGIYAMA Hiroshi; UMEHARA Takuya; NISHIKAWA Fumiko; NISHIKAWA Satoshi; KATAHIRA Masato; KATAHIRA Masato; KATAHIRA Masato
        Abstr Annu Meet NMR Soc Jpn, 2006年11月
      • Structural analysis of Musashi protein complexed with the target RNA
        Ohyama,T; Miyanoiri,Y; Nagata,T; Okano,H; Katahira,M
        第45回NMR討論会.京都, 2006年11月
      • Musashiタンパク質と標的RNAの複合体の構造解析
        大山貴子; 宮ノ入洋平; 永田崇; 栃尾豪人; 岡野栄之; 片平正人
        第8回日本RNA学会年会.淡路島, 2006年07月
      • 翻訳を抑制するタンパク質及びRNAに関する構造解析
        松上明正; 小泉大輔; 菊池邦夫; 楳原琢也; 西川冨美子; 西川諭; 大山貴子; 宮ノ入洋平; 永田崇; 栃尾豪人; 岡野栄之; 片平正人
        第8回日本RNA学会年会.淡路島, 2006年07月
      • 転写因子GT-1タンパク質のリン酸化によるDNA結合能上昇の構造学的基盤-リン酸化をミミックする変異型と天然型の構造比較-
        二矢田絵美; 能登和明; 宮ノ入洋平; 栃尾豪人; 永田崇; 平塚和之; 片平正人
        第6回日本蛋白質科学会年会.京都, 2006年04月
      • Structural studies on the neural RNA-binding protein Musashi1 in complex with its cognate RNA by NMR
        Ohyama, T; Nagata, T; Miyanoiri, Y; Imai, T; Okano, H; Katahira, M
        RNA 2006 Izu -Functional RNAs and Regulatory Machinery -, 2006年, 査読有り
      • Structures of telomere DNA in K+ solution, Musashi in complex with RNA, and wild and mutant (phosphorylation-mimicking) DNA-binding proteins, GT-1
        Ohyama, T; Tsuchibayashi, H; Matsugami, A; Miyanoiri, Y; Niyada, E; Nagata, T; Katahira, M
        XXII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2006年, 査読有り
      • Structural analysis of DNA containing (6-4) photoproduct in complex with distamycin A by NMR.
        H. Tsuchibayashi; T. Ohyama; A. Matsugami; T. Nanjo; S. Iwai; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2006年, 査読有り
      • Structure of RNA aptamer complexed with an RNA-binding peptide of Tat with aid of residue-specific 13C, 15N labeling.
        A. Matsugami; H. Tochio; E. Niyada; Y. Tamura; M. Kudo; T.S. Misono; P. Kumar; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2005年, 査読有り
      • Structure, stability and application to functional DNA/RNA of unique quadruplex.
        E. Niyada; H. Sotoya; A. Matsugami; K. Ouhashi; S. Uesugi; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2004年, 査読有り
      • Structure of RNA aptamer for HIV Tat complexed with Tat-derived peptide.
        A. Matsugami; Y. Tamura; M. Kudo; S. Uesugi; R. Yamamoto; P. Kumar; M. Katahira
        Nucleic acids symposium series (2004), 2004年, 査読有り
      • Unfolding of quadruplex structure in the G-rich strand of the minisatellite repeat by the binding protein UP1
        H Fukuda; M Katahira; N Tsuchiya; Y Enokizono; T Sugimura; M Nagao; H Nakagama
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2002年10月, 査読有り
      • NMR study of a novel RNA quadruplex structure.
        H. Liu; M. Kanagawa; A. Matsugami; Y. Tanaka; M. Katahira; S. Uesugi
        Nucleic acids symposium series, 2000年, 査読有り
      • Structural study of an RNA aptamer for a Tat protein complexed with ligands.
        M. Katahira; S. Kobayashi; A. Matsugami; K. Ouhashi; S. Uesugi; R. Yamamoto; K. Taira; S. Nishikawa; P. Kumar
        Nucleic acids symposium series, 1999年, 査読有り
      • Design and NMR analysis of HDV ribozymes for structural investigation.
        Y. Tanaka; T. Hori; M. Katahira; F. Nishikawa; T. Sakamoto; Y. Fukunaga; Y. Kurihara; S. Nishikawa; S. Uesugi
        Nucleic acids symposium series, 1999年, 査読有り
      • Structure, backbone dynamics and interactions with RNA of RNA-binding domains of hnRNP D0 and Musashi1
        永田 崇Nagata, T; Matsuda, G; Kanno, R; Kobayashi, H; Saeki, J; Kurihara, Y; Kohno, T; Yanagida, Y; Ishikawa, F; Imai, T; Sakakibara, S; Okano, H; Uesugi, S; Katahira, M
        XVIIIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems,1998, 1998年
      • The structures of nucleic acids composed exclusively of non-standard base pairs.
        S. Kobayashi; R. Kamisato; M. Kanagawa; M. Katahira; S. Uesugi
        Nucleic acids symposium series, 1997年, 査読有り
      • Structure of UUAGGG-specific RNA binding protein hnRNP-D and it’s interaction with RNA
        Nagata, T; Kurihara, Y; Kohno, T; Kajira, Y; Ishikawa, F; Katahira, M; Uesugi, S
        The 11th Rinshoken International conference,1996, 1996年
      • Mechanism of mutagenesis induced by cytosine analogs bearing N(4)-substitutions.
        K. Negishi; D.M. Williams; Y. Inoue; T. Iimura; M. Katahira; H. Kanazawa; S. Uesugi; H. Hayatsu; M.D. Brown
        Nucleic acids symposium series, 1995年, 査読有り
      • Characterization of an HDV ribozyme which consists of three RNA oligomer strands.
        T. Sakamoto; T. Kuwabara; Y. Tanaka; Y. Kurihara; M. Katahira; S. Uesugi
        Nucleic acids symposium series, 1995年, 査読有り
      • Structure of translation initiation region of c-myc mRNA and thermostability of the c-myc mRNA/antisense ODN complex.
        T. Tanaka; Y. Kurihara; T. Sakamoto; M. Furusawa; A. Kobayashi; M. Katahira; K. Takeuchi; N. Sugimoto; S. Uesugi
        Nucleic acids symposium series, 1995年, 査読有り
      • RNA quadruplex containing G and A.
        M. Katahira; K. Moriyama; M. Kanagawa; J. Saeki; M.H. Kim; M. Nagaoka; M. Ide; S. Uesugi; T. Kono
        Nucleic acids symposium series, 1995年, 査読有り
      • c-Myc関連タンパク質と核酸の相互作用-I; Madタンパク質
        栗原靖之; 堀内正隆; 浮田さやか; 片平正人; 上杉晴一
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1994年
      • c-Myc関連タンパク質と核酸の相互作用-II: Mxi1タンパク質
        浮田さやか; 栗原靖之; 堀内正隆; 片平正人; 上杉晴一
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1994年
      • Maxタンパク質-DNA複合体の温度依存性
        堀内正隆; 栗原靖之; 浮田さやか; 片平正人; 上杉晴一
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1994年
      • Maxタンパク質の機能に及ぼす構造の研究
        堀内正隆; 栗原靖之; 浮田さやか; 片平正人; 上杉晴一
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1993年
      • c-Myc関連タンパク質の二量体形成能とDNA結合
        栗原靖之; 堀内正隆; 浮田さやか; 片平正人; 上杉晴
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1993年
      • DNA binding properties of c-Myc-related bHLH/LZ oncoproteins.
        Y. Kurihara; M. Horiuchi; S. Ukita; M. Katahira; S. Uesugi
        Nucleic acids symposium series, 1993年, 査読有り
      • Structural studies of DNA and RNA containing AG base pairs by NMR.
        M. Katahira; H. Sato; T. Sugiyama; M. Kanagawa; K. Mishima; S. Uesugi
        Nucleic acids symposium series, 1993年, 査読有り
      • The structure of the human retinoic acid receptor-beta DNA-binding domain determined by NMR.
        M. Katahira; R. Knegtel; J. Schilthius; R. Boelens; D. Eib; P. van; der Saag; R. Kaptein
        Nucleic acids symposium series, 1992年, 査読有り
      • AN NMR-STUDY ON THE CONFORMATION OF THE CHROMOMYCIN-D(GGGGCCCC)2 COMPLEX
        R SAKAGUCHI; M KATAHIRA; Y KYOGOKU; S FUJII
        SYMPOSIUM ON NUCLEIC ACIDS TECHNOLOGY, 1990年, 査読有り
      • A NEW MODEL FOR DNA BENDING ON THE BASIS OF GRADUAL COMPRESSION OF THE MINOR GROOVE FROM 5' TO 3' ALONG THE OLIGO(DA) TRACT
        M KATAHIRA; H SUGETA; Y KYOGOKU
        SIXTEENTH SYMPOSIUM ON NUCLEIC ACIDS CHEMISTRY, 1989年, 査読有り
      • A Raman spectroscopic study on the sequence dependent conformations of DNA oligomers.
        Y. Nishimura; C. Torigoe; M. Katahira; S. Tate; K. Tanaka; M. Tsuboi; J. Matsuzaki; H. Hotoda; M. Sekine; T. Hata
        Nucleic acids symposium series, 1986年, 査読有り
      • Sequence-dependant polymorphism of DNA duplex in solutions.
        Y. Nishimura; C. Torigoe; M. Katahira; M. Tsuboi
        Nucleic acids symposium series, 1984年, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Unique quadruplex structure and anti-disease activity of RNA aptamer, and in-cell NMR of nucleic acids
        Katahira, M
        The 8th Asia-Pacific NMR 2019 Symposium, 2019年07月05日
      • Therapeutic potential of RNA quadruplex against prion and Alzheimer's diseases
        KATAHIRA Masato
        The 6th International Symposium on Drug Discovery and Design by NMR, 2018年11月14日, 招待有り
      • Structural basis of transcriptional regulation by TLS/FUS and non-coding RNA
        KATAHIRA Masato
        Symposium on eukaryotic regulatory biology, 2018年09月08日, 招待有り
      • CO2排出量削減研究と創薬研究の交差点 -木質バイオマス研究と疾病関連蛋白質/RNA研究は、思うほど異質ではない-
        片平 正人
        京都大学丸の内セミナー, 2018年08月03日
      • Structure and dynamics of DNA and RNA in living human cells
        片平 正人
        甲南大学FIBER講演会, 2018年08月02日
      • ライフサイエンスとグリーンサイエンスの構造生命科学
        片平 正人
        東京工業大学集中講義, 2018年07月25日
      • TLS/FUSタンパク質と非コードRNAに認識機構の解明と結合に伴うTLS/FUSの大きな構造変化の検出
        片平 正人
        生命科学系学会合同年次大会ワークショップ, 2017年12月, 招待有り
      • ノンコーディングRNAとの相互作用を介したTLS/FUSタンパク質の機能発現機構に関する構造学的基盤
        片平 正人
        バイオインダストリー協会講演会 -未来のバイオ技術-, 2017年11月, 招待有り
      • Structural change of protein caused by non-coding RNA, and distinct difference in enzymatic behavior among APOBEC3 proteins as revealed by real-time NMR method
        Katahira, M
        The 6th Japan-Taiwan NMR Symposium, 2017年10月, 招待有り
      • Interactions between non-coding RNA and TLS/FUS, and distinct difference in enzymatic behavior among APOBEC3 proteins as revealed by real-time NMR monitoring
        Katahira, M
        The 7th Asia-Pacific NMR Symposium, 2017年02月, 招待有り
      • Closed-to-open structural change of protein caused by non-coding RNA, and characterization of behavior of enzymes along DNA by real-time NMR
        Katahira, M
        International Symposium for NMR of Nucleic Acids, 2017年01月, 招待有り
      • Structural analysis of the interaction of TLS/FUS with non-coding RNA
        片平 正人
        The workshop of the 39th annual meeting of molecular biology society of Japan, 2016年11月, 招待有り
      • ライフイノベーションとグリーンイノベーションの交差点-博士号取得・大学教員への道筋と研究室における日々の活動の紹介と共に-
        片平 正人
        京都大学エネルギー理工学研究所第21回公開講演会, 2016年10月, 招待有り
      • Real-time monitoring of APOBEC3G activity by NMR
        Katahira, M
        The 2nd International Symposium on Molecular Basis of Virus-Host Interactions, 2016年10月, 招待有り
      • Accurate and molecular-size-tolerant NMR quantitation of diverse compounds, and real-time monitoring of enzymatic reaction
        Okamura, H; Kamba, K; Nishimura, H; Kigawa, T; Watanabe, T; Nagata, T; Katahira, M
        The XXVIIth International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2016年08月, 招待有り
      • Biomass Studies of Institute of Advanced Energy
        片平 正人
        京大・ブータン王立大学ワークショップ, 2016年06月, 招待有り
      • NMR法を用いた酵素活性のリアルタイムモニタリングによる抗HIVタンパク質の動作機構の解明
        片平 正人
        よこはまNMR研究会, 2016年03月, 招待有り
      • ウイルスとヒトのせめぎあい-APOBEC3Gに関する基礎研究と創薬
        片平 正人
        富士宮医師会学術講演会, 2016年03月, 招待有り
      • 転写抑制とテロメア長の制御に関与するTLS/FUSタンパク質と非コードRNA/DNAとの相互作用の解析
        片平 正人
        第38回日本分子生物学会年会ワークショップ, 2015年12月, 招待有り
      • Real-time monitoring of enzymatic reaction and switching of ribozyme/aptamer activities through sensing of K+
        Katahira, M
        The 6th Asia-Pacific NMR Symposium, 2015年10月, 招待有り
      • Development of intelligent ribozyme/aptamer that sense K+ and switch on their activities
        片平 正人
        第53回日本生物物理学会年会シンポジウム, 2015年09月, 招待有り
      • Real-time monitoring of enzymatic reaction and switching of ribozyme/aptamer activities through sensing of K+
        Katahira, M
        The 6th Asia-Pacific NMR Symposium, 2015年08月
      • ヘテロな多成分系である木質バイオマスの解析におけるNMRの活躍
        片平 正人
        日本分光学会NMR分光部会 集中講義, 2015年07月, 招待有り
      • Mechanism of bifunction of RNA, trapping of protein and switching of enzymatic activity
        片平 正人
        The 3rd Symposium on Studying the Function of Soft Molecular Systems by the Concerted Use of Theory and Experiment, 2015年07月
      • The real-time monitoring of enzymatic reaction on anti-HIV protein by NMR
        片平 正人
        The 2nd Kyoto-Bordeaux Symposium, 2015年05月, 招待有り
      • インテリジェントリボザイム・アプタマーの創製
        片平 正人
        大阪大学蛋白質研究所セミナー, 2015年04月, 招待有り
      • 糸状性硫黄酸化細菌が形成するマイクロチューブの微細構造
        河崎雄太; 佐藤道夫; 遠藤智友樹; 近藤敬子; 片平正人; 武田穣
        日本顕微鏡学会第39回関東支部講演会, 2015年02月
      • Real-time monitoring and switching of enzyme/aptamer activities
        片平 正人
        The 4th International Symposium on Drug Discovery and Design by NMR, 2015年02月, 招待有り
      • ウイルスと宿主の蛋白質間相互作用による抗ウイルス効果の抑制と再活性化の構造基盤
        片平 正人
        新学術領域研究「感染コンピ」班会議, 2015年01月31日, 招待有り
      • Switching of the activity of functional RNA in response to K+ and quantitative NMR
        片平 正人
        The 11th Japan-Korea Bilateral Symposium on Biological NMR, 2014年12月, 招待有り
      • 蛋白質の捕捉と酵素活性のスイッチングの二面性を有するRNAの動作原理の解明と活用
        片平 正人
        新学術領域研究「柔らかな分子系」公開シンポジウム, 2014年11月
      • 疾病関連研究とバイオマス研究の接点を探る―大学教授・大学院生への道筋とその日々の生活の紹介と共に―
        片平 正人
        京都大学大学院 エネルギー科学研究科 公開講座, 2014年11月, 招待有り
      • 超高感度溶液NMR法によるライフイノベーション・グリーン・イノベーション研究
        片平 正人
        生存圏研究所第186回定例オープンセミナー, 2014年10月
      • The real-time NMR monitoring of enzymatic reaction of anti-HIV protein, structure of anti-prion RNA aptamer and wood biomass analysis
        片平 正人
        The 5th Japan-Taiwan NMR symposium, 2014年09月, 招待有り
      • TLSと非コードRNAの相互作用
        片平 正人
        長鎖非コードRNA研究会, 2014年07月
      • The functional mechanism of anti-HIV protein, APOBEC3G, elucidated by real-time monitoring of enzymatic reaction, and anti-prion activity of an RNA aptamer with its structural basis
        片平 正人
        The 45th Annual Meeting of Korean Magnetic Resonance Society, 2014年07月, 招待有り
      • 蛋白質の捕捉と酵素活性のスイッチングの二面性を有するRNAの動作原理の解明と活用
        片平 正人
        新学術領域研究「柔らかな分子系」班会議, 2014年06月03日, 招待有り
      • AML1タンパク質のRuntドメインに結合するRNAアプタマーの取得と解析
        高田健多; 天野亮; 永田崇; 片平正人; 中村義一; 神津知子; 坂本泰一
        日本生化学会関東支部定例会, 2014年06月, 招待有り
      • The switching the activity of functional RNA in response to K+ and quantitative NMR
        片平 正人
        The 11th Japan-Korea Bilateral Symposium on Biological NMR, 2014年, 招待有り
      • The deamination of APOBEC3G as controlled by the sliding-direction-dependent catalytic activity, and anti-prion activity of an RNA aptamer and its structural basis
        片平 正人
        The 10th Korea-Japan Bilateral Symposium, 2013年07月, 招待有り
      • 京大・エネルギー理工学研究所のNMR共用施設
        片平 正人
        平成24年度先端研究施設共用促進事業報告会, 2013年03月, 招待有り
      • Mechanism of high affinity and anti-prion activity of anti-prion aptamer
        片平 正人
        The 10th Korea-Japan Bilateral Symposium, 2013年, 招待有り
      • Structure,interaction and activity of RNA aptamer against prion protein
        片平 正人
        JST・先端計測サイトビジット会議, 2012年08月29日, 招待有り
      • Anti-prion activity and its structural basis of RNA aptamer, and sliding-direction-dependent deaminase activity of anti-HIV enzyme
        片平 正人
        XXV International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2012年08月, 招待有り
      • 超高感度NMR法を活用したライフサイエンス・グリーンイノベーション研究
        片平 正人
        第5回京都大学宇治キャンパス産学交流会, 2012年06月22日, 招待有り
      • 脳の機能を妨害する天然変性蛋白質とそれを標的とするアプタマーの分子認識機構の解明
        永田崇
        新学術領域研究「天然変性タンパク質の分子認識機構と機能発現」平成24年度 第1回 領域会議, 2012年05月30日, 招待有り
      • DNA上のスライディングの方向による塩基変換の酵素反応速度の違いとそのメカニズム
        片平 正人
        新学術領域研究班会議, 2012年05月17日, 招待有り
      • The sliding-direction-dependent activity of anti-HIV enzyme, and structural basis of anti-prion activity of RNA aptamer
        片平 正人
        Korea-Japan Bilateral NMR Symposium, 2012年03月, 招待有り
      • 超高感度溶液NMR法による木質バイオマスの丸ごと、高分解能、リアルタイム計測法の開発と応用
        片平正人; 渡辺隆司; 小瀧努; 吉岡康一; 西村裕志
        生存圏ミッションシンポジウム, 2012年03月01日, 招待有り
      • 大型装置の連携利用による有用バイオマス生分解の実時間モニタリングとメカニズムの解明
        西村裕志; 小澤佑; 永田崇; 小瀧努; 渡辺隆司; 片平正人
        生存科学基盤研究ユニット成果報告会, 2012年02月28日, 招待有り
      • 酵素活性の実時間追跡と構造解析による抗HIV治療薬の開発型研究
        永田崇
        第7回先端医科学研究センタープロジェクト報告会, 2012年01月10日, 招待有り
      • プリオンタンパク質に対するRNAアプタマーの構造と相互作用様式
        片平 正人
        第2回 神経科学と構造生物学の融合 プログラム, 2011年11月21日, 招待有り
      • アプタマーとプリオンタンパク質の複合体の構造解析及びインテリジェントリボザイムの創薬
        片平 正人
        第7会分子複合医薬研究会, 2011年08月31日, 招待有り
      • ラベル不要の高機能性バイオセンサシステムの開発
        片平 正人
        JST・先端計測サイトビジット会議, 2011年07月13日, 招待有り
      • ゲル化したバイオマス試薬の溶液NMRスペクトル及びプリオンタンパク質とRNAアプタマーの複合体の構造決定
        片平 正人
        第12回若手NMR研究会, 2011年06月23日, 招待有り
      • 疾患関連タンパク質とアプタマーに関する構造・機能相関の研究
        片平 正人
        新学術領域班会議, 2011年05月17日, 招待有り
      • Real-time monitoring of the enzymatic reaction of an anti-HIV factor APOBEC3G
        Korea-Japan Bilateral NMR Symposium, 2010年, 招待有り
      • Structure and interaction of an RNA aptamer with potential therapeutic use
        The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, 2010年, 招待有り
      • Real-time monitoring of the enzymatic reaction of APOBEC3G possessing anti-HIV activity, and the structure of the RNA aptamer against prion protein
        International Symposium of Korean Society of Biochemistry and Molecular Biology -Structural Biology and Drug Discovery-, 2010年, 招待有り
      • Real-time monitoring of the enzymatic reaction of APOPBEC3G possessing anti-HIV activity, and the structure of the RNA aptamer against prion
        The 3rd Asia-Pacific NMR Symposium, 2009年, 招待有り
      • Structural analyses of proteins and nucleic acids related to telomere elongation, neural differentiation, prion, and anti-retroviral process
        Yokohama NMR International Symposium -Drug Discovery and Design by NMR-, 2008年, 招待有り
      • Structures and interactions of 4’-thioDNA and RNA/DNA-binding proteins
        XXIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, 2008年
      • Structure determination of a multi-domain protein by the use of PRE and RDC, and the unexpected A-form structure of 4’-thioDNA exhibiting nuclease-resistance
        Korea-Japan Symposium on Biological NMR, 2008年
      • Investigations of functional RNA/DNA and RNA/DNA-binding proteins
        4th Japan-Taiwan NMR Symposium, 2006年, 招待有り
      • Structures of Musashi in Complex with RNA, Wild and Mutant (Phosphorylation-Mimicking) DNA-Binding Proteins, GT-1, and Telomere DNA in K+ Solution
        The Switzerland-Japan Symposium on Structural Biology 2006, 2006年
      • Wild and mutant (phosphorylation-mimicking) GT-1 structures, hnRNP D-telomere DNA complex structure, and Musashi structure complexed with RNA
        Korea-Japan Bilateral Symposium on Biological NMR, 2006年, 招待有り

      書籍等出版物

      • 生命金属ダイナミクス : 生体内における金属の挙動と制御
        山置佑大; 永田崇; 片平正人, 分担執筆, 第4章 維持 ―分子―"金属原子によるRNA立体構造形成とその生理活性のスイッチングへの応用"
        エヌ・ティー・エス, 2021年01月
      • 核酸科学ハンドブック
        片平正人; 日本核酸化学会; 講談社サイエンティフィク, 分担執筆, 第1部 核酸科学の基盤概念・理論・手法 第1章 物理化学 1.3 "NMR"
        講談社, 2020年12月
      • 海洋微生物酵素群によるリグニン分解高度化と人工漆材料への展開
        大田ゆかり; 西村裕志; 片平正人; 磯崎勝弘; 中村正治, リグニン利活用のための最新技術動向 (第4章 リグニンの応用展開11)
        CMC出版, 2020年03月
      • ヒト生細胞中における核酸NMRシグナルの初観測
        山置佑大; 永田崇; 片平正人, 分担執筆
        生物物理、59巻1号, 2019年, 査読無し
      • Multiplicity in long noncoding RNA in living cells
        Kurokawa, R; Katahira, M, 共著
        Biomedical Sciences, 4, 18-23, 2018年, 査読無し
      • Encyclopedia of Biophysics 2nd Edition -Introduction to Nucleic Acids NMR-
        Katahira, M; Mashima, T, 共著
        Springer, 2018年, 査読無し
      • NMR分光法
        片平 正人, 分担執筆, 多次元NMRの基礎
        講談社サイエンティフィック, 2016年, 査読無し
      • Behavior of a Guard against HIV (AIDS)
        Katahira, M, 単著
        Kyoto University Research Activities, 2015年, 査読無し
      • タンパク質立体構造散歩: APOBEC3G
        片平 正人, 共著, タンパク質立体構造散歩: APOBEC3G
        生物物理誌, 2015年, 査読無し
      • Long Noncoding RNAs, Structures and Functions, Chapter 3: Structure and interaction with protein of noncoding RNA -A case for an RNA aptamer against prion protein-
        KATAHIRA Masato, 共著
        Springer, 2015年, 査読無し
      • 溶液NMR法による木質バイオマスの丸ごと解析
        片平 正人, 共著, 溶液NMR法による木質バイオマスの丸ごと解析
        秀潤社, 2014年, 査読無し
      • Encyclopedia of Biophysics: Introduction to Nucleic Acids NMR
        Katahira, M; Mashima, T
        Springer, 2013年, 査読無し
      • リボスイッチ及び抗プリオン活性を示すRNAアプタマーの動作メカニズム
        片平 正人, 共著, リボスイッチ及び抗プリオン活性を示すRNAアプタマーの動作メカニズム
        羊土社, 2013年, 査読無し
      • 論文にみる最重要概念と革新実験データ
        片平正人
        日本化学会編・CSJカレントレビュー“核酸化学のニュートレンド-DNA・RNAの新たな可能性を開く”(分担) 、化学同人、Vol. 6、 pp. 36-40, 2011年, 査読無し
      • 分子細胞生物学辞典(分担.)
        片平正人
        東京化学同人, 2008年, 査読無し
      • テロメアDNAと4’チオDNAの溶液中構造とその生物学的意義”
        松上明正; 片平正人
        日本化学会・情報化学部会誌(CICSJ Buletin), Vol. 26, No. 3, pp. 69-72, 2008年, 査読無し
      • 紫外吸収スペクトル
        大山貴子; 松上明正; 片平正人
        生命科学のための機器分析実験ハンドブック(分担)、羊土社、pp. 24-26,, 2007年, 査読無し
      • 生物物理学ハンドブック(分担)
        片平 正人, 分担執筆, RNA
        朝倉書店, 2007年, 査読無し
      • N M Rによるタンパク質構造解析の展望-Musashiタンパク質によるRNAの認識機構の解析を例に-”
        宮ノ入洋平; 片平正人
        酵素工学ニュース、Vol. 55, 29-34, 2006年, 査読無し
      • NMRの応用・生体高分子
        片平正人
        第5版 実験化学講座 8 NMR・ESR(分担)、丸善、pp. 305-328,, 2006年, 査読無し

      産業財産権

      • 特許US Patent No. 7910721, Nucleic Acid-Enzyme Complex
        国立大学法人横浜国立大学長; 飯田嘉宏
      • 特願2009-072932, Hsp70を有効成分として含有するHIV-1感染症治療剤
        高久洋
      • 特願2004-141327、PCT/JP2005/7378, 核酸酵素複合体
        国立大学法人横浜国立大学長; 飯田嘉宏

      Works(作品等)

      • 神経分化を制御するMusashi蛋白質の構造生物学
        自 1999年
      • エイズウィルスの悪性蛋白質に対するRNAアプタマーの作用機序
        自 1999年
      • テロメア結合蛋白質hnRNP D0の構造生物学
        自 1999年
      • Structural biology on Musashi regulating neural cell fate
        自 1999年
      • Structural biology on RNA aptamer for HIV Tat
        自 1999年
      • Structural biology on telomere-binding hnRNP D0
        自 1999年
      • エイズウィルス逆転写酵素のモデルDNAの研究
        自 1996年
      • Study on DNA modelled after HIV reverse transcriptase
        自 1996年

      メディア報道

      • 狂牛病を引き起こすプリオン蛋白質の異常化を抑制するRNA分子の開発-アルツハイマー病の治療への応用の可能性も-
        日経バイオテク, 2020年03月23日, 新聞・雑誌
      • セルラーゼ リグニンとの結合解析 京大、分子レベルで成功
        化学工業日報, 2019年02月25日
      • 植物細胞壁中のリグニン・多糖間結合を解明
        日本経済新聞, 2018年05月07日
      • 木質バイオマス 成分量を正確に決定 -原料工程の効率化期待-
        化学工業日報, 2016年02月24日
      • 木質バイオマス中の各成分の物質量を正確に決定する手法の開発に成功-効率的なバイオエネルギー・製品原料の獲得にはずみ
        日経バイオテク, 2016年02月19日
      • NMR法を用いた実時間追跡で抗エイズウイルス酵素反応の定量解析に成功
        マイナビニュース、日本の研究.com, 2014年03月
      • 高頻度変異のメカ 立体構造から考察
        科学新聞, 2000年12月08日

      外部資金:科学研究費補助金

      • ヒト生細胞中における核酸の構造と相互作用を解析するインセルNMR法の開発と応用
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅱ)
        京都大学
        片平 正人
        自 2021年09月10日, 至 2023年03月31日, 交付
        インセルNMR;核酸;タンパク質;薬剤;相互作用
      • Aβ受容体であるプリオン蛋白質をRNAで阻害する事による抗アルツハイマー病効果
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分47:薬学およびその関連分野
        京都大学
        片平 正人
        自 2020年07月30日, 至 2022年03月31日, 交付
        RNAアプタマー;アルツハイマー病;Aβ;プリオンタンパク質
      • 神経変性疾患に関連した反復配列RNA分子の反復回数に依存した液液相分離の構造基盤
        基盤研究(B)
        小区分43020:構造生物化学関連
        京都大学
        片平 正人
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        核酸構造;NMR;反復配列;液液相分離;反復配列RNA;RNA;神経変性疾患
      • 同一RNA分子によるプリオン蛋白質とAβ蛋白質の無毒化及び三者間のクロストーク
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分47:薬学およびその関連分野
        京都大学
        片平 正人
        自 2018年06月29日, 至 2020年03月31日, 完了
        プリオンタンパク質;アミロイドβタンパク質;RNAアプタマー;立体構造;NMR;相互作用;アミロイドβ;アプタマー;プリオン;構造―機能相関
      • ヒト生細胞の分子夾雑環境における核酸の構造と相互作用の解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        京都大学
        片平 正人
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        インセルNMR;4重鎖;分子夾雑;テロメア;安定性;核酸構造;交換速度;in-cell NMR;4重鎖構造;分子混雑;細胞内夾雑;バイオリアクター;分子間相互作用;ヒト生細胞
      • 細胞の外と内とで蛋白質捕捉活性がオフからオンに切り替わる機能性RNAの創製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        片平 正人
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        RNAアプタマー;Tat蛋白質;スイッチング;NMR;4重鎖;カリウムイオン;Tat蛋白質;NMR;4重鎖;機能性核酸;構造変化;FRET;構造遷移;機能性RNA
      • リグニン認識機能を賦与した人工酵素触媒の合成によるバイオマス分解新戦略
        基盤研究(A)
        京都大学
        渡邊 隆司
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        リグニン;バイオマス;バイオリファイナリー;リグニン分解酵素;糖質結合モジュール;セルラーゼ;金属ナノ粒子;酸化触媒;触媒;酵素;白色腐朽菌;酵素糖化;ペプチド;ナノ触媒;NMR;タンパク質
      • RNAアプタマー・スイッチング素子・蛋白質のスライディングの動作原理の解明と活用
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        片平 正人
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        リアルタイムNMR;APOBEC蛋白質;TLS蛋白質;in-cell NMR;デアミネーション;DNA;アプタマー;スライディング;APOBEC3蛋白質;構造解析;NMR;4重鎖;プリオン;Tat;RNAアプタマー;スイッチング素子;立体構造;NMR
      • ヒトORCのグアニン四重鎖結合活性の複製開始点形成における役割の解明
        基盤研究(C)
        日本女子大学
        和賀 祥
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        DNA複製;ORC;グアニン四重鎖;複製開始点
      • 選択標識による宿主とウイルスの蛋白質間相互作用の構造基盤の解明とその阻害剤の探索
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        片平 正人
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        Vif;APOBEC3;リアルタイムNMR;CBFβ;APOBEC3G;Vif;NMR;相互作用;HIV;HIV;脱アミノ化;リアルタイムモニタリング;NMR;スライディング
      • 環境に応じて酵素活性・アプター活性がスイッチングする自律的な機能性核酸の創製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        片平 正人
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        RNA酵素;カリウムイオン;In cell NMR;立体構造;4重鎖;RNAアプタマー;Tatタンパク質;In cell NMR;リボザイム;4重鎖;アプタマー
      • 蛋白質の捕捉と酵素活性のスイッチングの二面性を有するRNAの動作原理の解明と活用
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        理工系
        京都大学
        片平 正人
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        RNAアプタマー;スイッチング素子;4重鎖;プリオン;NMR;立体構造;分子間相互作用;RNAアプタマー;スイッチング
      • プリオンの異常化とアミロイドβとの相互作用のRNAアプタマーによる阻害の構造基盤
        基盤研究(B)
        京都大学
        片平 正人
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        Ab蛋白質;プリオン蛋白質;RNAアプタマー;機能性核酸;NMR;アミロイドβ;プリオン;機能性RNA;アルツハイマー病;線維化;分子間相互作用;アミロイドβタンパク質;抗プリオン活性;分子認識;プリオンタンパク質;RNAアプタマー;NMR;相互作用;プリオン病
      • ウィルスと宿主の蛋白質間相互作用による抗ウィルス効果の抑制と再活性化の構造基盤
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        片平 正人
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        APOBEC3G;HIV;宿主因子;Vif;HIV;抗HIV活性;リアルタイムモニタリング;NMR
      • DNA上のスライディングの方向による塩基変換の酵素反応速度の違いとそのメカニズム
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        片平 正人
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        メチルシトシン;Tatタンパク質;アプタマー;リボザイム;NMR;APOBEC3G;分子認識;タンパク質;酵素;ウィルス;NMR;HIV
      • 核酸で構成された人工イオンチャネルの創製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        片平 正人
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        核酸;イオンチャネル;アプタマー;4重鎖;プリオン;リボザイム;4重鎖;リポソーム;生物物理;コレステロール
      • バイオリファイナリーのための植物細胞壁全可溶化・バイオミメティック分解系の構築
        基盤研究(B)
        京都大学
        渡邊 隆司
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        バイオマス;バイオリファイナリー;リグニン;バイオファイナリー;木材;バイオミメティック反応
      • DNA上の極性を有したスライディングとカップルした塩基変換酵素反応の解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        片平 正人
        完了
        生物物理;タンパク質;分子認識;酵素反応;APOBEC3G;HIV;デアミネーション;NMR;抗HIV;リアルタイムモニタリング;DNA;立体構造
      • A1蛋白質-テロメア-テロメレース3者複合体の構造解析とテロメレース阻害法の開発
        基盤研究(B)
        京都大学;横浜市立大学
        片平 正人
        完了
        テロメア;テロメラーゼ;A1タンパク質;癌;デコイ;生物物理;タンパク質;NMR;分子認識;立体構造;RNA;複合体;テロメレース;DNA
      • 分化制御の鍵をにぎる翻訳抑制複合体の構築原理
        基盤研究(C)
        横浜市立大学
        永田 崇
        完了
        Musashi;翻訳抑制;幹細胞;分化制御;RNA結合タンパク質;NMR;RBD;溶液構造;神経幹細胞
      • 核酸4重鎖構造をベースにした核酸性イオンチャネルの創製
        萌芽研究
        横浜市立大学
        片平 正人
        完了
        4重鎖;核酸;イオンチャネル;リポソーム;蛍光顕微鏡;立体構造
      • ラフトタンパク質PFOの構造・相互作用解析と核酸性イオンチャネルの創製
        特定領域研究
        生物系
        横浜市立大学
        片平 正人
        完了
        PFOタンパク質;NMP;4重鎖;常磁性緩和促進;残余双極子結合;APOBEC3G;HIV;デアミネーション;PFO;膜タンパク質;コレステロール;イオンチャネル;リボソーム;NMR
      • 疾病の治療への応用が期待される機能性RNAの構造-機能相関
        基盤研究(B)
        横浜市立大学
        片平 正人
        完了
        多剤耐性;抗癌剤;アプタマー;Rev;4'チオDNA;Vault;C型肝炎;構造;IRES;薬剤耐性;NMR;RNA, multi-drug resistance;anti-cancer dru;aptamer;Rev;4'-thioDNA;Vault
      • 結合蛋白質によるテロメア長制御の構造基盤の解明と癌治療に向けたデコイ法の試み
        特定領域研究
        生物系
        横浜市立大学
        片平 正人
        完了
        hnRNP A1;テロメア;テロメレース;複合体;NMR;立体構造;癌;hnRNP;リクルート;構造;デコイ
      • ラフトのコレステロールに結合するPFOタンパク質の構造遷移と相互作用様式の解明
        特定領域研究
        生物系
        横浜市立大学
        片平 正人
        完了
        ラフト;PFOタンパク質;コレステロール;NMR;構造;リポソーム;イオンチャネル;核酸;生体分子;生物物理;蛋白質;立体構造;膜
      • hnRNP A1/D、Musashi及びアプタマーによる遺伝情報制御の分子基盤
        特定領域研究
        生物系
        横浜市立大学
        片平 正人
        完了
        hnRNP;Musashi;RNAアプタマー;NMR;構造;テロメア;テロメラーゼ;RNAi;生体分子;生物物理;蛋白質;脳・神経;エイズ
      • 機能性脂質ドメイン(ラフト)におけるコレステロールとタンパク質の相互作用の解析
        特定領域研究
        生物系
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        ラフト;コレステロール;毒素;Perfringolysin 0;生体膜;立体構造;NMR;タンパク質
      • hnRNP D、FMRP及びアプタマーによる遺伝情報発現制御の分子基盤
        特定領域研究
        生物系
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        hnRNP;テロメア;テロメラーゼ;4重鎖;癌化;立体構造;NMR;アプタマー;DNAシャペロン;hnRNP D;Tat;RNAアプタマー;Musashi;RNA結合タンパク質
      • アプタマー、Musashi及びhnRNP Dによる遺伝情報発現制御の分子基盤
        特定領域研究
        生物系
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        HIV;アプタマー;神経分化;テロメア;テロメラーゼ;老化;RNA結合タンパク質;NMR
      • HIV-TatとRNAアプタマーの複合体の立体構造決定に基づくドラッグデザイン
        基盤研究(B)
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        HIV;アプタマー;Tatタンパク質;NMR;立体構造;RNA結合タンパク質;RNA;ドラッグデザイン;トリプレットリピート;リボザイム;ダナミクス;テロメア;4重鎖;安定同位体標識;水素結合;Tat蛋白質;蛋白質-RNA相互作用, HIV;aptamer;Tat protein;NMR;three-dimensional structure;RNA-binding protein;RNA;drug design
      • カリウムイオンが誘起するDNA4重鎖構造とテロメア配列結合性蛋白質によるその破壊
        特定領域研究(A)
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        金属イオン;DNA;4重鎖;テロメア結合蛋白質;NMR;HIV;構造生物学;立体構造
      • 核内シグナル伝達における蛋白質間相互作用の役割
        特定領域研究(A)
        生物系
        横浜市立大学;奈良先端科学技術大学院大学
        白川 昌宏
        完了
        DNA結合蛋白質;転写因子;蛋白質構造;核磁気共鳴法;DNAメチル化;X線結晶構造解析;転写;蛋白質;立体構造;遺伝子修復;NMR;基本転写因子;クロマチン;DNA結;G蛋白質共役受容体;水素結合;X線;蛋白質-蛋白質相互作用;蛋白質の立体構造, transcription;protein structure;chromatin;NMR;X-ray crystallography
      • カリウムイオンによるDNAの構造遷移を利用したリボザイム活性のスイッチング
        特定領域研究(A)
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        リボザイム;DNA;金属イオン;NMR;立体構造;RNA;蛋白質
      • 新たに見つかった核酸の2重鎖-4重鎖スイッチングの分子的基盤の解明とその利用
        基盤研究(C)
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        DNA;RNA;NMR;4重鎖;2重鎖;テロメア;抗ガン剤;タンパク質;金属イオン;ドラッグ;リボザイム, DNA;RNA;NMR;quadruplex;duplex;telomere;protein;antitumor drug
      • カリウムが誘導する核酸の新規2重鎖-4重鎖転移及びリボザイムの構造化学的研究
        重点領域研究
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        リボザイム;千重鎖;DNA;RNA;NMR;金属イオン;ドラッグ
      • アデニン-カルテットを含む新規核酸4重鎖構造の研究
        基盤研究(C)
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        4重鎖;DNA;RNA;HIV;NMR;立体構造
      • 亜鉛フィンガー蛋白質EIAと鉛リボザイムの生理機能発現機構の構造化学的研究
        重点領域研究
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        リボザイム;NMR;RNA;立体構造;蛋白質;神経細胞
      • 新しいNMR技術を用いた鉛リボザイムの切断活性具現機構の構造的基盤の解明
        一般研究(C)
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        リボザイム;RNA;NMR;DNA;立体構造;4重鎖
      • 蛋白質高次構造の蛋白質シグナル認識における役割
        重点領域研究
        (財)東京都臨床医学総合研究所
        稲垣 冬彦
        完了
        Grb2;Shc;Sos;SH3;SH2;デストリン;ミッドカイン;Link;Ash;立体構造;N-WASP;フィロポディア;二成分系;リン酸基転移反応;嫌気センサー;GRB2;神経突起伸長;NMR;ArcB;Tob;リン酸化チロシン;プロリンに富むペプチド;溶液構造;Ras;ポリプロリンヘリックス;Solution Structure, three dimensional structure of protein;NMR;X-ray crystallography;Grb2;SH2;SH3;destrin;midkine
      • 蛋白質の高次構造に基づくシグナル認識機構の解明
        重点領域研究
        横浜市立大学
        西村 善文
        完了
        蛋白質;高次構造;構造生物学;NMR;X線結晶;転写因子;シグナル伝達;分子認識, Structural Biology;X-ray Crystallography;NMR;Signal Transduction;Transcription;DNA-binding Proteins;RNA-binding Proteins;Molecular Biology
      • 新型リボザイムにおける構造-活性相関及び非標準型塩基対形成能のNMRによる研究
        奨励研究(A)
        横浜国立大学
        片平 正人
        完了
        リボザイム;NMR;構造;塩基対;活性;DNA;ラマン
      • 生体高分子用レーザー増感NMR装置の製作
        試験研究(B)
        横浜市立大学
        西村 義文;西村 善文
        完了
        レーザー;NMR;円偏光;蛋白質;光CIDNP;プローブ;生体高分子;CIDNA;DNA;レーザー増感NMR;偏光
      • 蛋白質の高次構造に基づくシグナル認識機構の解明
        横浜市立大学
        西村 善文
        完了
        蛋白質;NMR;X線;高次構造;DNA;転写因子;シグナル伝達;相互作用
      • 耐熱性甘味タンパク質マビンリンの構造と機能
        国際学術研究
        横浜国立大学
        栗原 良枝
        完了
        マビンリン;耐熱性タンパク質;甘味タンパク質, Sweet protein;heat-stable protein;mabinlin;cDNA cloning
      • 長鎖ノンコーディングRNAのメチル化による天然変性蛋白質の凝集抑制の分子機構
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        片平 正人
        自 2022年06月16日, 至 2024年03月31日, 交付
        ノンコーディングRNA;FUS;凝集

      外部資金:その他

      • ラベル不要の高機能バイオセンサシステムの開発
        JST先端計測
        自 2009年09月01日, 至 2013年03月31日
        P. K. R. Kumar
      • NMRによる植物包括精密構造分析法の開発
        JST・CREST
        自 2011年04月01日, 至 2017年03月31日
        渡辺隆司
      • 芳香族モノマーGHP/SHP生産用高活性酵素の開発:NMRを用いた構造生物学的手法による酵素の高度化
        JST・ALCA
        自 2015年11月01日, 至 2020年03月31日
        大田ゆかり
      • 分子触媒システムによって変換される木質バイオマスのNMR法による構造解析
        NEDO・新産業創造新技術先導プログラム
        自 2018年06月06日, 至 2019年06月30日
        北山健司
      • HIV複製と創薬研究を推進する革新的な構造生物学研究基盤の創成
        AMED・感染症実用化研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日
        小谷治
      • Integrated biorefinery of sugarcane trash
        JST・e-ASIA
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日
        渡辺隆司
      list
        Last Updated :2022/08/16

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          先進エネルギー概論
          Y402, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基礎物理化学要論
          N359, 前期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー構造生命科学
          3289, 前期, エネルギー科学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー基礎科学通論
          3211, 前期, エネルギー科学研究科, 2
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体エネルギー論
          後期, エネルギー科学研究科
        • 自 2011年06月22日, 至 2011年06月29日
          エネルギー基礎科学通論
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          先進エネルギー概論(B群)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生体エネルギー論
          後期, エネルギー科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体エネルギー論
          後期, エネルギー科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          基礎物理化学A
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体エネルギー論
          後期, エネルギー科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          基礎物理化学(熱力学)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基礎物理化学(熱力学)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          エネルギー構造生命科学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基礎物理化学要論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          エネルギー構造生命科学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎物理化学要論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          エネルギー構造生命科学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基礎物理化学要論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          エネルギー構造生命科学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基礎物理化学要論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          エネルギー構造生命科学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:エネルギー科学最前線 -プラズマと生命科…
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎物理化学要論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー基礎科学通論
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          エネルギー構造生命科学
          前期, エネルギー科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          先進エネルギー概論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基礎物理化学要論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          エネルギー構造生命科学
          前期, エネルギー科学研究科

        博士学位審査

        • A facile screening strategy to construct auto-fluorescent protein-based biosensors (蛍光タンパク質を利用したバイオセンサーの効率的な構築法に関する研究)
          田嶋 竣介, エネルギー科学研究科, 副査
          2022年03月23日
        • Enzyme cascade reactions on 3D DNA scaffold with dynamic shape transformation (動的形状変換を伴う 3D DNA足場での酵素カスケード反応)
          LIN PENG, エネルギー科学研究科, 副査
          2021年07月26日

        指導学生の業績:受賞

        • 第14回日本RNA学会年会優秀発表賞
          真嶋司, 日本RNA学会, 2012年07月20日
        • ISNAC Outstanding Poster Award in 2013
          真嶋司, The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2013年11月15日
        • エネルギー理工学研究所表彰 学生賞
          真嶋司, エネルギー理工学研究所, 2013年03月01日
        • 第16回日本RNA学会優秀発表賞
          山置佑大, 日本RNA学会, 2014年08月06日
        • エネルギー理工学研究所表彰 学生賞
          山置佑大, 京都大学エネルギー理工学研究所, 2015年03月06日
        • 第54回日本核磁気共鳴学会ポスター賞及び太陽日酸賞
          神庭圭佑, 日本核磁気共鳴学会, 2015年11月16日
        • エネルギー理工学研究所表彰 学生賞
          神庭圭佑, 京都大学エネルギー理工学研究所, 2016年03月06日
        • Best Persentation Award
          林 孟宜, Ajyo-Kyoto Joint Symposiun on Energy Science, 2016年01月28日
        • 第54回日本生物物理学会年会学生発表賞
          万 里, 日本生物物理学会, 2016年11月27日
        • Outstanding Poster Award
          山置佑大, The 43rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2016年09月28日
        • The best student oral/poster award
          万 里, The 7th Asia-Pacific NMR Symposium, 2017年02月17日
        • エネルギー理工学研究所表彰 学生賞
          万 里, 京都大学エネルギー理工学研究所, 2018年03月02日
        • エネルギー理工学研究所表彰 学生賞
          林孟宜, 京都大学エネルギー理工学研究所, 2019年03月01日
        • 日本生物物理学会若手招待講演賞
          山置佑大, 日本生物物理学会, 2019年09月
        list
          Last Updated :2022/08/16

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー複合機構研究センター センター長
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            組換えDNA実験安全委員会 1号委員
          • 自 2014年05月01日, 至 2015年03月31日
            図書館協議会協議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            附属図書館宇治分館運営委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            宇治おうばくプラザ運営委員会委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            宇治地区設備サポート拠点運営委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            宇治地区設備サポート拠点運営委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所人権委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター運営協議会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            エネルギー理工学研究所補佐会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            エネルギー理工学研究所エネルギー産業利用推進室
          • 自 2021年04月01日
            エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター研究計画委員会・予算委員会委員
          • 自 2021年01月01日, 至 2021年12月31日
            京都大学宇治キャンパス公開2021実行委員会
          • 自 2021年01月01日, 至 2021年12月31日
            エネルギー理工学研究所講演企画委員会委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所補佐会
          • 自 2019年09月01日
            エネルギー理工学研究所設備サポート拠点検討委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            エネルギー理工学研究所補佐会
          • 自 2018年04月01日, 至 現在
            グルーバル生存基盤展開ユニット運営ディレクター会議運営ディレクター
          • 自 2018年04月01日, 至 現在
            グルーバル生存基盤展開ユニット連携推進委員会委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            学術情報メディアセンター全国共同利用運営委員会
          • 自 2016年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所共同利用・共同研究推進室
          • 自 2016年04月01日, 至 2021年03月31日
            エネルギー理工学研究所共同利用運営委員会委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            エネルギー理工学研究所図書・出版委員会委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日
            エネルギー理工学研究所ADMIRE計画運営委員会委員
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所安全衛生委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日
            エネルギー理工学研究所共同利用・共同研究計画委員会委員
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所自己点検・評価委員会WG委員
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所自己点検・評価委員会委員
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所将来構想検討委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター運営協議会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            エネルギー理工学研究所附属エネルギー複合機構研究センター研究計画委員会委員
          • 自 2013年04月01日
            エネルギー理工学研究所面積利用検討委員会委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            宇治キャンパス危機管理委員会
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            京都大学宇治事業場衛生委員会
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            宇治地区総合環境安全管理センター運営委員会
          • 自 2011年01月01日, 至 2011年12月31日
            京都大学宇治キャンパス公開2011実行委員会
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            宇治事業所省エネルギー推進委員会
          list
            Last Updated :2022/08/16

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2022年04月, 至 2024年03月
              理事, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2022年01月, 至 2022年12月
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
              監事, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2021年, 至 2022年
              評議員, 日本核酸化学会
            • 自 2021年01月01日, 至 2021年12月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2017年11月14日, 至 2021年11月30日
              世話人, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2017年10月01日, 至 2021年08月31日
              組織委員会委員, AP-NMR
            • 自 2017年10月01日, 至 2021年08月31日
              組織委員会委員、プログラム委員会委員長, ISMAR
            • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
              監事, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2020年01月01日, 至 2020年12月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
              理事, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
              評議員, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
              評議員, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2014年11月01日, 至 2016年08月31日
              組織委員会委員, ICMRBS
            • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
              評議員, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2012年12月01日, 至 2013年09月30日
              年会実行委員, 日本生物物理学会
            • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
              分野別専門委員・欧文誌アドバイザリーボード, 日本生物物理学会
            • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
              評議員, 日本核磁気共鳴学会
            • 自 2009年12月01日, 至 2010年11月30日
              組織委員会委員, 核酸化学の国際会議
            • 自 2005年04月01日, 至 2007年03月31日
              編集委員, 日本生物物理学会
            • 自 2022年04月, 至 2024年03月
              評議員, 日本核磁気共鳴学会
            • 生物物理誌編集委員、分野別専門委員、Biophysicsアドバイザリーボード, 日本生物物理学会

            学術貢献活動

            • 第42回日本分子生物学会年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本分子生物学会, 自 2019年12月04日, 至 2019年12月04日
            • 第41回日本分子生物学会年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本分子生物学会, 自 2018年11月28日, 至 2018年11月28日
            • 生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会)
              パネル司会・セッションチェア等
              日本分子生物学会, 自 2017年12月06日, 至 2017年12月06日
            • 第55回日本生物物理学会年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本生物物理学会, 自 2017年09月19日, 至 2017年09月19日
            • 第39回日本分子生物学会年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本分子生物学会, 自 2016年11月30日, 至 2016年11月30日
            • 第55回NMR討論会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本核磁気共鳴学会, 自 2016年11月17日, 至 2016年11月17日
            • 第38回日本分子生物学会年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本分子生物学会, 自 2015年12月01日, 至 2015年12月01日
            • 第54回NMR討論会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本核磁気共鳴学会, 自 2015年11月07日, 至 2015年11月07日
            • 第37回日本分子生物学会年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本分子生物学会, 自 2014年11月26日, 至 2014年11月26日
            • 第16回RNAミーティング
              パネル司会・セッションチェア等
              日本RNA学会, 自 2014年07月25日, 至 2014年07月25日
            • 第40回核酸化学の国際会議
              パネル司会・セッションチェア等
              核酸化学の国際会議, 自 2013年11月15日, 至 2013年11月15日
            • 第52回NMR討論会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本核磁気共鳴学会, 自 2013年11月14日, 至 2013年11月14日
            • 日本生物物理学会第51回年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本生物物理学会, 自 2013年10月29日, 至 2013年10月29日
            • 日本生物物理学会第49回年会
              パネル司会・セッションチェア等
              日本生物物理学会, 自 2011年09月18日, 至 2011年09月18日

            社会貢献活動

            • 静岡聖光学院中・高等学校の「学問研究」の担当
              その他
              静岡聖光学院中・高等学校 静岡県, 自 2019年11月11日, 至 2019年11月11日
            • 抗プリオン・抗アルツハイマー性RNAアプタマーの構造/機能解析及び核酸のin-cell NMR
              その他
              第20回若手NMR研究会, 自 2019年08月02日, 至 2019年08月02日
            • Biomass Energy
              その他
              Winter Seminar on Human Security Development and Energy Science, ASEAN University Network, 自 2019年01月21日, 至 2019年01月21日
            • 静岡聖光学院中・高等学校の「学問研究」の担当
              その他
              静岡聖光学院中・高等学校 静岡県, 自 2018年11月12日, 至 2018年11月12日
            • CO2排出量削減研究と創薬研究の交差点 -木質バイオマス研究と疾病関連蛋白質/RNA研究は思うほど異質ではない-
              その他
              京都大学丸の内セミナー, 自 2018年08月03日, 至 2018年08月03日
            • Biomass Energy
              その他
              Winter Seminar on Human Security Development and Energy Science, ASEAN University Network, 自 2018年01月17日, 至 2018年01月17日
            • 韓国・国立昌原大学科学英才教育院の中学生の海外研修の担当
              その他
              韓国・国立昌原大学科学英才教育院 韓国, 自 2018年01月09日, 至 2018年01月09日
            • 静岡聖光学院中・高等学校の「学問研究」の担当
              その他
              静岡聖光学院中・高等学校 静岡県, 自 2017年11月13日, 至 2017年11月13日
            • 大阪開明高等学校の学外研修の担当
              その他
              大阪開明高等学校 大阪府, 自 2017年10月18日, 至 2017年10月18日
            • 三重県立上野高等学校の学外研修の担当
              その他
              三重県立上野高等学校 三重県, 自 2016年11月15日, 至 2016年11月15日
            • 静岡聖光学院中・高等学校の「学問研究」の担当
              その他
              静岡聖光学院中・高等学校 静岡県, 自 2016年11月14日, 至 2016年11月14日
            • ライフイノベーションとグリーンイノベーションの交差点
              その他
              京都大学エネルギー理工学研究所第21回公開講演会, 自 2016年10月23日, 至 2016年10月23日
            • 大阪開明高等学校の学外研修の担当
              その他
              大阪開明高等学校 大阪府, 自 2016年10月19日, 至 2016年10月19日
            • 静岡聖光学院中・高等学校の「学問研究」の担当
              その他
              静岡聖光学院中・高等学校 静岡県, 自 2015年11月18日, 至 2015年11月18日
            • 三重県立上野高等学校の学外研修の担当
              その他
              三重県立上野高等学校 三重県, 自 2015年11月17日, 至 2015年11月17日
            • 久留米高等専門学校の学外研修の担当
              その他
              久留米高等専門学校 福岡県, 自 2015年09月28日, 至 2015年09月28日
            • 疾病関連研究とバイオマス研究の接点を探る―大学教授・大学院生への道筋とその日々の生活の紹介と共に―
              その他
              京都大学大学院エネルギー科学研究科公開講座, 自 2014年11月15日, 至 2014年11月15日
            • ライフイノベーションとグリーンイノベーションにおけるNMRの活躍
              その他
              第14回若手NMR研究会, 自 2013年06月28日, 至 2013年06月28日
            • 超高感度NMR法を活用したライフサイエンス・グリーンイノベーション研究
              その他
              第5回京都大学宇治キャンパス産学交流会, 自 2012年06月22日, 至 2012年06月22日
            • ゲル化したバイオマス試薬の溶液NMRスペクトル及びプリオンタンパク質とRNAアプタマーの複合体の構造決定
              その他
              第12回若手NMR研究会, 自 2011年06月24日, 至 2011年06月24日
            • 抗HIVタンパク質の動作原理
              その他
              日本生物物理学会若手夏の学校, 自 2010年07月, 至 2010年07月

            ページ上部へ戻る