教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

井倉 毅

イクラ ツヨシ

生命科学研究科 高次生命科学専攻ゲノム生物学講座 准教授

井倉 毅
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 クロマチン制御ネットワーク(第一分野), 准教授
    • 医学研究科, 医科学専攻 クロマチン制御ネットワーク(第一分野), 准教授

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程(外科系専攻), 修了

    経歴

    • 京都大学
    • 旧所属 東北大学 大学院医学系研究科 医科学専攻, 講師

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

         ヒストンの動的変化に着目したがん抑制シグナルとしてのクロマチン制御ネットワークの解明
      • 研究概要

        放射線や紫外線などの様々なストレスによってもたらされる不具合を細胞はどのように対処し、生命の秩序を保っているのか?この問題に対して一つ一つの細胞の個性に着目し、複雑で常に変化しているストレス応答蛋白質ネットワークの本質を蛋白質複合体のプロテオミクス解析、バイオイメージング解析、数理統計学的アプローチを駆使して明らかにし、がんや生活習慣病などの病態解明を目指す。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • Protocol for in vitro BCR-mediated plasma cell differentiation and purification of chromatin-associated proteins.
        Kyoko Ochiai; Hiroki Shima; Tsuyoshi Ikura; Marissa C Franke; Evelyn P Sievert; Roger Sciammas; Kazuhiko Igarashi
        STAR protocols, 2021年09月17日
      • Functional impacts of the ubiquitin–proteasome system on DNA damage recognition in global genome nucleotide excision repair
        Wataru Sakai; Mayumi Yuasa-Sunagawa; Masayuki Kusakabe; Aiko Kishimoto; Takeshi Matsui; Yuki Kaneko; Jun-ichi Akagi; Nicolas Huyghe; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Fumio Hanaoka; Masayuki Yokoi; Kaoru Sugasawa
        Scientific Reports, 2020年12月, 査読有り
      • Epigenetic interplays between DNA demethylation and histone methylation for protecting oncogenesis.
        Furuya, K; Ikura, M; Ikura, T
        2019年, 査読有り
      • Cancer-associated mutations of histones H2B, H3.1 and H2A.Z.1 affect the structure and stability of the nucleosome
        Arimura, Yasuhiro; Ikura, Masae; Fujita, Risa; Noda, Mamiko; Kobayashi, Wataru; Horikoshi, Naoki; Sun, Jiying; Shi, Lin; Kusakabe, Masayuki; Harata, Masahiko; Ohkawa, Yasuyuki; Tashiro, Satoshi; Kimura, Hiroshi; Ikura, Tsuyoshi; Kurumizaka, Hitoshi
        Nucleic acids research, 2018年11月, 査読有り
      • Distinct roles of ATM and ATR in the regulation of ARP8 phosphorylation to prevent chromosome translocations.
        Sun J; Shi L; Kinomura A; Fukuto A; Horikoshi Y; Oma Y; Harata M; Ikura M; Ikura T; Kanaar R; Tashiro S
        eLife, 2018年05月, 査読有り
      • SUMO modification system facilitates the exchange of histone variant H2A.Z-2 at DNA damage sites
        Fukuto, Atsuhiko; Ikura, Masae; Ikura, Tsuyoshi; Sun, Jiying; Horikoshi, Yasunori; Shima, Hiroki; Igarashi, Kazuhiko; Kusakabe, Masayuki; Harata, Masahiko; Horikoshi, Naoki; Kurumizaka, Hitoshi; Kiuchi, Yoshiaki; Tashiro, Satoshi
        Nucleus (Austin, Tex.), 2018年01月01日, 査読有り
      • The CDK-PLK1 axis targets the DNA damage checkpoint sensor protein RAD9 to promote cell proliferation and tolerance to genotoxic stress
        Takeshi Wakida; Masae Ikura; Kenji Kuriya; Shinji Ito; Yoshiharu Shiroiwa; Toshiyuki Habu; Takuo Kawamoto; Katsuzumi Okumura; Tsuyoshi Ikura; Kanji Furuya
        ELIFE, 2017年12月, 査読有り
      • 【エピジェネティクスと環境科学】エピジェネティック代謝物の地産地消
        五十嵐 和彦; 井倉 毅
        最新医学, 2017年05月
      • Xeroderma pigmentosum group C protein interacts with histones: regulation by acetylated states of histone H3
        Erina Kakumu; Seiya Nakanishi; Hiromi M. Shiratori; Akari Kato; Wataru Kobayashi; Shinichi Machida; Takeshi Yasuda; Naoko Adachi; Naoaki Saito; Tsuyoshi Ikura; Hitoshi Kurumizaka; Hiroshi Kimura; Masayuki Yokoi; Wataru Sakai; Kaoru Sugasawa
        GENES TO CELLS, 2017年03月, 査読有り
      • Histone H2A T120 Phosphorylation Promotes Oncogenic Transformation via Upregulation of Cyclin D1
        Hitoshi Aihara; Takeya Nakagawa; Hirofumi Mizusaki; Mitsuhiro Yoneda; Masanori Kato; Masamichi Doiguchi; Yuko Imamura; Miki Higashi; Tsuyoshi Ikura; Tomonori Hayashi; Yoshiaki Kodama; Masaya Oki; Toshiyuki Nakayama; Edwin Cheung; Hiroyuki Aburatani; Ken-ichi Takayama; Haruhiko Koseki; Satoshi Inoue; Yukio Takeshima; Takashi Ito
        MOLECULAR CELL, 2016年10月, 査読有り
      • Disruption of DNA Damage-Response by Propyl Gallate and 9-Aminoacridine
        Shun Matsuda; Yoko Matsuda; Shin-Ya Yanagisawa; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Tomonari Matsuda
        TOXICOLOGICAL SCIENCES, 2016年06月, 査読有り
      • Coordinated Regulation of TIP60 and Poly(ADP-Ribose) Polymerase 1 in Damaged-Chromatin Dynamics
        Masae Ikura; Kanji Furuya; Atsuhiko Fukuto; Ryo Matsuda; Jun Adachi; Tomonari Matsuda; Akira Kakizuka; Tsuyoshi Ikura
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2016年05月, 査読有り
      • Histone H4 lysine 20 acetylation is associated with gene repression in human cells
        Jun-Ya Kaimori; Kazumitsu Maehara; Yoko Hayashi-Takanaka; Akihito Harada; Masafumi Fukuda; Satoko Yamamoto; Naotsugu Ichimaru; Takashi Umehara; Shigeyuki Yokoyama; Ryo Matsuda; Tsuyoshi Ikura; Koji Nagao; Chikashi Obuse; Naohito Nozaki; Shiro Takahara; Toshifumi Takao; Yasuyuki Ohkawa; Hiroshi Kimura; Yoshitaka Isaka
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年04月, 査読有り
      • Epigenetic Regulation of the Blimp-1 Gene (Prdm1) in B Cells Involves Bach2 and Histone Deacetylase 3
        Hiromu Tanaka; Akihiko Muto; Hiroki Shima; Yasutake Katoh; Nicolas Sax; Shinya Tajima; Andrey Brydun; Tsuyoshi Ikura; Naoko Yoshizawa; Hisao Masai; Yutaka Hoshikawa; Tetsuo Noda; Masaki Nio; Kyoko Ochiai; Kazuhiko Igarashi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2016年03月, 査読有り
      • SMARCAD1 is an ATP-dependent stimulator of nucleosomal H2A acetylation via CBP, resulting in transcriptional regulation
        Masamichi Doiguchi; Takeya Nakagawa; Yuko Imamura; Mitsuhiro Yoneda; Miki Higashi; Kazuishi Kubota; Satoshi Yamashita; Hiroshi Asahara; Midori Iida; Satoshi Fujii; Tsuyoshi Ikura; Ziying Liu; Tulip Nandu; W. Lee Kraus; Hitoshi Ueda; Takashi Ito
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年02月, 査読有り
      • 核内のピルビン酸キナーゼM2による転写調節機構
        松田知成; 松田俊; 井倉 毅
        実験医学増刊号, 2016年
      • Nuclear pyruvate kinase M2 complex serves as a transcriptional coactivator of arylhydrocarbon receptor
        Shun Matsuda; Jun Adachi; Masaru Ihara; Nobuhiro Tanuma; Hiroshi Shima; Akira Kakizuka; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Tomonari Matsuda
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2016年01月, 査読有り
      • Acetylation of Histone H2AX at Lys 5 by the TIP60 Histone Acetyltransferase Complex Is Essential for the Dynamic Binding of NBS1 to Damaged Chromatin
        Masae Ikura; Kanji Furuya; Shun Matsuda; Ryo Matsuda; Hiroki Shima; Jun Adachi; Tomonari Matsuda; Takuma Shiraki; Tsuyoshi Ikura
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2015年12月, 査読有り
      • Absolute quantification of acetylation and phosphorylation of the histone variant H2AX upon ionizing radiation reveals distinct cellular responses in two cancer cell lines
        Shun Matsuda; Kanji Furuya; Masae Ikura; Tomonari Matsuda; Tsuyoshi Ikura
        RADIATION AND ENVIRONMENTAL BIOPHYSICS, 2015年11月, 査読有り
      • hCAS/CSE1L regulates RAD51 distribution and focus formation for homologous recombinational repair
        Satoshi Okimoto; Jiying Sun; Atsuhiko Fukuto; Yasunori Horikoshi; Shun Matsuda; Tomonari Matsuda; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Shinichi Machida; Hitoshi Kurumizaka; Yoichi Miyamoto; Masahiro Oka; Yoshihiro Yoneda; Yoshiaki Kiuchi; Satoshi Tashiro
        GENES TO CELLS, 2015年09月, 査読有り
      • Absolute quantification of γH2AX using liquid chromatography-triple quadrupole tandem mass spectrometry.
        Matsuda S; Ikura T; Matsuda T
        Analytical and bioanalytical chemistry, 2015年07月, 査読有り
      • SUMOylation of xeroderma pigmentosum group C protein regulates DNA damage recognition during nucleotide excision repair.
        Masaki Akita; Yon-Soo Tak; Tsutomu Shimura; Syota Matsumoto; Yuki Okuda-Shimizu; Yuichiro Shimizu; Ryotaro Nishi; Hisato Saitoh; Shigenori Iwai; Toshio Mori; Tsuyoshi Ikura; Wataru Sakai; Fumio Hanaoka; Kaoru Sugasawa
        Scientific reports, 2015年06月04日, 査読有り
      • Regulation of homologous recombinational repair by lamin B1 in radiation-induced DNA damage
        Ning-Ang Liu; Jiying Sun; Kazuteru Kono; Yasunori Horikoshi; Tsuyoshi Ikura; Xing Tong; Tokuko Haraguchi; Satoshi Tashiro
        FASEB JOURNAL, 2015年06月, 査読有り
      • Regulation of homologous recombinational repair by lamin B1 in radiation-induced DNA damage.
        Liu Ning-Ang; Sun Jiying; Kono Kazuteru; Horikoshi Yasunori; Ikura Tsuyoshi; Tong Xing; Haraguchi Tokuko; Tashiro Satoshi
        FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 2015年
      • Reorganization of damaged chromatin by the exchange of histone variant H2A.Z-2
        Ikuno Nishibuchi; Hidekazu Suzuki; Aiko Kinomura; Jiying Sun; Ning-Ang Liu; Yasunori Horikoshi; Hiroki Shima; Masayuki Kusakabe; Masahiko Harata; Tatsuo Fukagawa; Tsuyoshi Ikura; Takafumi Ishida; Yasushi Nagata; Satoshi Tashiro
        International Journal of Radiation Oncology Biology Physics, 2014年07月15日
      • Reorganization of Damaged Chromatin by the Exchange of Histone Variant H2A.Z-2
        Ikuno Nishibuchi; Hidekazu Suzuki; Aiko Kinomura; Jiying Sun; Ning-Ang Liu; Yasunori Horikoshi; Hiroki Shima; Masayuki Kusakabe; Masahiko Harata; Tatsuo Fukagawa; Tsuyoshi Ikura; Takafumi Ishida; Yasushi Nagata; Satoshi Tashiro
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2014年07月, 査読有り
      • Nap1 stimulates homologous recombination by RAD51 and RAD54 in higher-ordered chromatin containing histone H1
        Shinichi Machida; Motoki Takaku; Masae Ikura; Jiying Sun; Hidekazu Suzuki; Wataru Kobayashi; Aiko Kinomura; Akihisa Osakabe; Hiroaki Tachiwana; Yasunori Horikoshi; Atsuhiko Fukuto; Ryo Matsuda; Kiyoe Ura; Satoshi Tashiro; Tsuyoshi Ikura; Hitoshi Kurumizaka
        SCIENTIFIC REPORTS, 2014年05月, 査読有り
      • FANCD2 Binds CtIP and Regulates DNA-End Resection during DNA Interstrand Crosslink Repair
        Junya Unno; Akiko Itaya; Masato Taoka; Koichi Sato; Junya Tomida; Wataru Sakai; Kaoru Sugasawa; Masamichi Ishiai; Tsuyoshi Ikura; Toshiaki Isobe; Hitoshi Kurumizaka; Minoru Takata
        CELL REPORTS, 2014年05月, 査読有り
      • Histone chaperone FACT regulates homologous recombination by chromatin remodeling through interaction with RNF20
        Douglas V. Oliveira; Akihiro Kato; Kyosuke Nakamura; Tsuyoshi Ikura; Masahiro Okada; Junya Kobayashi; Hiromi Yanagihara; Yuichiro Saito; Hiroshi Tauchi; Kenshi Komatsu
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2014年02月, 査読有り
      • An easy-to-use genotoxicity assay using EGFP-MDC1-expressing human cells
        Shun Matsuda; Ryo Matsuda; Yoko Matsuda; Shin-Ya Yanagisawa; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Tomonari Matsuda
        Genes and Environment, 2014年, 査読有り
      • Structural basis of a nucleosome containing histone H2A.B/H2A.Bbd that transiently associates with reorganized chromatin
        Yasuhiro Arimura; Hiroshi Kimura; Takashi Oda; Koichi Sato; Akihisa Osakabe; Hiroaki Tachiwana; Yuko Sato; Yasuha Kinugasa; Tsuyoshi Ikura; Masaaki Sugiyama; Mamoru Sato; Hitoshi Kurumizaka
        SCIENTIFIC REPORTS, 2013年12月, 査読有り
      • Involvement of homologous recombination in the synergism between cisplatin and poly (ADP-ribose) polymerase inhibition.
        Kenji Sakogawa; Yoshiro Aoki; Keizo Misumi; Yoichi Hamai; Manabu Emi; Jun Hihara; Lin Shi; Kazuteru Kono; Yasunori Horikoshi; Jiying Sun; Tsuyoshi Ikura; Morihito Okada; Satoshi Tashiro
        Cancer science, 2013年12月, 査読有り
      • Involvement of homologous recombination in the synergism between cisplatin and poly (ADP-ribose) polymerase inhibition
        Kenji Sakogawa; Yoshiro Aoki; Keizo Misumi; Yoichi Hamai; Manabu Emi; Jun Hihara; Lin Shi; Kazuteru Kono; Yasunori Horikoshi; Jiying Sun; Tsuyoshi Ikura; Morihito Okada; Satoshi Tashiro
        CANCER SCIENCE, 2013年12月, 査読有り
      • Activation of the SUMO modification system is required for the accumulation of RAD51 at sites of DNA damage
        Hiroki Shima; Hidekazu Suzuki; Jiying Sun; Kazuteru Kono; Lin Shi; Aiko Kinomura; Yasunori Horikoshi; Tsuyoshi Ikura; Masae Ikura; Roland Kanaar; Kazuhiko Igarashi; Hisato Saitoh; Hitoshi Kurumizaka; Satoshi Tashiro
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2013年11月, 査読有り
      • A novel interplay between the Fanconi anemia core complex and ATR-ATRIP kinase during DNA cross-link repair
        Junya Tomida; Akiko Itaya; Tomoko Shigechi; Junya Unno; Emi Uchida; Masae Ikura; Yuji Masuda; Shun Matsuda; Jun Adachi; Masahiko Kobayashi; Amom Ruhikanta Meetei; Yoshihiko Maehara; Ken-ichi Yamamoto; Kenji Kamiya; Akira Matsuura; Tomonari Matsuda; Tsuyoshi Ikura; Masamichi Ishiai; Minoru Takata
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2013年08月, 査読有り
      • Involvement of ribonucleotide reductase-M1 in 5-fluorouracil‑induced DNA damage in esophageal cancer cell lines.
        Aoki Y; Sakogawa K; Hihara J; Emi M; Hamai Y; Kono K; Shi L; Sun J; Kitao H; Ikura T; Niida H; Nakanishi M; Okada M; Tashiro S
        International journal of oncology, 2013年06月, 査読有り
      • Activation of the SUMO modification system is required for the accumulation of RAD51 at sites of DNA damage.
        Shima Hiroki; Suzuki Hidekazu; Sun Jiying; Kono Kazuteru; Shi Lin; Kinomura Aiko; Horikoshi Yasunori; Ikura Tsuyoshi; Ikura Masae; Kanaar Roland; Igarashi Kazuhiko; Saitoh Hisato; Kurumizaka Hitoshi; Tashiro Satoshi
        Journal of cell science, 2013年
      • Involvement of ribonucleotide reductase-M1 in 5-fluorouracil‑induced DNA damage in esophageal cancer cell lines.
        Aoki Yoshiro; Sakogawa Kenji; Hihara Jun; Emi Manabu; Hamai Yoichi; Kono Kazuteru; Shi Lin; Sun Jiying; Kitao Hiroyuki; Ikura Tsuyoshi; Niida Hiroyuki; Nakanishi Makoto; Okada Morihito; Tashiro Satoshi
        International journal of oncology, 2013年
      • Heterocomplex formation by Arp4 and β-actin is involved in the integrity of the Brg1 chromatin remodeling complex.
        Nishimoto N; Watanabe M; Watanabe S; Sugimoto N; Yugawa T; Ikura T; Koiwai O; Kiyono T; Fujita M
        Journal of cell science, 2012年08月, 査読有り
      • A Modified System for Analyzing Ionizing Radiation-Induced Chromosome Abnormalities
        Lin Shi; Kurumi Fujioka; Jiying Sun; Aiko Kinomura; Toshiya Inaba; Tsuyoshi Ikura; Megu Ohtaki; Mitsuaki Yoshida; Yoshiaki Kodama; Gordon K. Livingston; Kenji Kamiya; Satoshi Tashiro
        RADIATION RESEARCH, 2012年05月, 査読有り
      • Bach1-mediated suppression of p53 is inhibited by p19ARF independently of MDM2
        Hironari Nishizawa; Kazushige Ota; Yoshihiro Dohi; Tsuyoshi Ikura; Kazuhiko Igarashi
        CANCER SCIENCE, 2012年05月, 査読有り
      • Purification of the human SMN-GEMIN2 complex and assessment of its stimulation of RAD51-mediated DNA recombination reactions
        Motoki Takaku; Takashi Tsujita; Naoki Horikoshi; Yoshimasa Takizawa; Yong Qing; Kouji Hirota; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Shunichi Takeda; Hitoshi Kurumizaka
        Biochemistry, 2011年08月16日, 査読有り
      • Purification of the Human SMN-GEMIN2 Complex and Assessment of Its Stimulation of RAD51-Mediated DNA Recombination Reactions
        Motoki Takaku; Takashi Tsujita; Naoki Horikoshi; Yoshimasa Takizawa; Yong Qing; Kouji Hirota; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Shunichi Takeda; Hitoshi Kurumizaka
        BIOCHEMISTRY, 2011年08月, 査読有り
      • Methionine Adenosyltransferase II Serves as a Transcriptional Corepressor of Maf Oncoprotein
        Yasutake Katoh; Tsuyoshi Ikura; Yutaka Hoshikawa; Satoshi Tashiro; Takashi Ito; Mineto Ohta; Yohei Kera; Tetsuo Noda; Kazuhiko Igarashi
        MOLECULAR CELL, 2011年03月, 査読有り
      • ATM Modulates the Loading of Recombination Proteins onto a Chromosomal Translocation Breakpoint Hotspot
        Jiying Sun; Yukako Oma; Masahiko Harata; Kazuteru Kono; Hiroki Shima; Aiko Kinomura; Tsuyoshi Ikura; Hidekazu Suzuki; Shuki Mizutani; Roland Kanaar; Satoshi Tashiro
        PLOS ONE, 2010年10月, 査読有り
      • Essential role of Tip60-dependent recruitment of ribonucleotide reductase at DNA damage sites in DNA repair during G1 phase
        Hiroyuki Niida; Yuko Katsuno; Misuzu Sengoku; Midori Shimada; Megumi Yukawa; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Kazuteru Kohno; Hiroki Shima; Hidekazu Suzuki; Satoshi Tashiro; Makoto Nakanishi
        GENES & DEVELOPMENT, 2010年02月, 査読有り
      • Checkpoint activation regulated by DNA damage-induced H2AX eviction.
        Tsuyoshi Ikura
        56th Annual Meeting Radiation Research Society. September 2010 Hawaii., 2010年, 査読有り
      • ユビキチン化とDNA修復
        井倉正枝; 井倉 毅
        2010年, 査読有り
      • Proline cis/trans-Isomerase Pin1 Regulates Peroxisome Proliferator-activated Receptor gamma Activity through the Direct Binding to the Activation Function-1 Domain
        Yoshito Fujimoto; Takuma Shiraki; Yuji Horiuchi; Tsuyoshi Waku; Akira Shigenaga; Akira Otaka; Tsuyoshi Ikura; Kazuhiko Igarashi; Saburo Aimoto; Shin-ichi Tate; Kosuke Morikawa
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年01月, 査読有り
      • [Role of histone modification in DNA damage response].
        Ikura T
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2009年03月, 査読有り
      • ヒストンH2AX のアセチル化とユビキチン化によって制御される放射線誘発DNA 損傷初期応答 シグナルの解明
        井倉 毅
        放影協ニュース、No. 61、2009、12-14, 2009年, 査読有り
      • ゲノムストレス応答と核内蛋白質の高次構造体構築
        田代聡; 井倉 毅
        実験医学増刊号, Vol.27-Nol7, 2009年, 査読有り
      • The human actin-related protein hArp5: Nucleo-cytoplasmic shuttling and involvement in DNA repair
        Kumiko Kitayama; Mariko Kamo; Yukako Oma; Ryo Matsuda; Takafumi Uchida; Tsuyoshi Ikura; Satoshi Tashiro; Takashi Ohyama; Barbara Winsor; Masahiko Harata
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2009年01月, 査読有り
      • プロテオミクス法によるDNA損傷応答および老化シグナルの解析
        井倉 毅
        東北医学会雑誌, 2009年
      • 放射線応答とクロマチンダイナミクス
        井倉 毅
        放射線生物研究, 2009年, 査読有り
      • ゲノムストレス応答と核内タンパク質の高次構造体構築
        田代 聡; 井倉 毅
        実験医学増刊号, 2009年, 査読有り
      • DNA損傷応答とヒストン修飾
        井倉 毅
        蛋白質核酸酵素増刊号, 2009年, 招待有り
      • Bach1 inhibits oxidative stress-induced cellular senescence by impeding p53 function on chromatin
        Yoshihiro Dohi; Tsuyoshi Ikura; Yutaka Hoshikawa; Yasutake Katoh; Kazushige Ota; Ayako Nakanome; Akihiko Muto; Shinji Omura; Tsutomu Ohta; Akihiro Ito; Minoru Yoshida; Tetsuo Noda; Kazuhiko Igarashi
        Nature Structural and Molecular Biology, 2008年12月, 査読有り
      • Bach1 inhibits oxidative stress-induced cellular senescence by impeding p53 function on chromatin
        Yoshihiro Dohi; Tsuyoshi Ikura; Yutaka Hoshikawa; Yasutake Katoh; Kazushige Ota; Ayako Nakanome; Akihiko Muto; Shinji Omura; Tsutomu Ohta; Akihiro Ito; Minoru Yoshida; Tetsuo Noda; Kazuhiko Igarashi
        NATURE STRUCTURAL & MOLECULAR BIOLOGY, 2008年12月, 査読有り
      • ヒストンコード仮説と生命現象 現状と将来 DNA損傷応答におけるヒストンコードの解明
        井倉 毅; 茂野 裕子; 井倉 正枝; 田代 聡; 五十嵐 和彦
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2008年11月
      • 転写シグナリングと複合体ダイナミクスの新展開 クロマチンにおける転写抑制とメチオニン代謝のカップリング(Coupling of transcription repression and methionine metabolism on chromatin)
        加藤 恭丈; 太田 嶺人; 井倉 毅; 五十嵐 和彦
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2008年11月
      • Absence of Ku70 gene obliterates X-ray-induced lacZ mutagenesis of small deletions in mouse tissues
        Yoshihiko Uehara; Hironobu Ikehata; Jun-ichro Komura; Ari Ito; Masaki Ogata; Tsunetoshi Itoh; Ryoichi Hirayama; Yoshiya Furusawa; Koichi Ando; Tatjana Paunesku; Gayle E. Woloschak; Kenshi Komatsu; Shinya Matsuura; Tsuyoshi Ikura; Kenji Kamiya; Tetsuya Ono
        RADIATION RESEARCH, 2008年08月, 査読有り
      • がん抑制蛋白質p19ARFのBach1を介した新機能
        西澤 弘成; 土肥 由裕; 井倉 毅; 五十嵐 和彦
        生化学, 2008年06月
      • ユビキチン化を介した損傷クロマチンのダイナミクスとその意義
        井倉 毅; 田代 聡; 井倉 正枝; 島 弘季; 五十嵐 和彦
        生化学, 2008年06月
      • Deubiquitylation of histone H2A activates transcriptional initiation via trans-histone cross-talk with H3K4 di- and trimethylation
        Takeya Nakagawa; Takuya Kajitani; Shinji Togo; Norio Masuko; Hideki Ohdan; Yoshitaka Hishikawa; Takehiko Koji; Toshifumi Matsuyama; Tsuyoshi Ikura; Masami Muramatsu; Takashi Ito
        GENES & DEVELOPMENT, 2008年01月, 査読有り
      • クロマチン動態制御と発癌
        井倉正枝; 加藤恭丈; 井倉 毅
        呼吸, 2008年
      • Bach1複合体はp53依存性細胞老化を阻害する(The Bach1 complex impedes p53-dependent cellular senescence)
        土肥 由裕; 井倉 毅; 五十嵐 和彦
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2007年11月
      • DNA damage-dependent acetylation and ubiquitination of H2AX enhances chromatin dynamics
        Tsuyoshi Ikura; Satoshi Tashiro; Akemi Kakino; Hiroki Shima; Naduparambil Jacob; Ravindra Amunugarna; Kristine Yoder; Shunsuke Izumi; Isao Kuraoka; Kiyoji Tanaka; Hiroshi Kimura; Masae Tkura; Shuichi Nishikubo; Takashi Ito; Akihiko Muto; Kiyoshi Miyagawa; Shunichi Takeda; Richard Fishel; Kazuhiko Igarashi; Kenji Kamiya
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2007年10月, 査読有り
      • Heme induces ubiquitination and degradation of the transcription factor bach1
        Yukari Zenke-Kawasaki; Yoshihiro Dohi; Yasutake Katoh; Tsuyoshi Ikura; Masae Ikura; Toshimasa Asahara; Furninori Tokunaga; Kazuhiro Iwai; Kazuhiko Igarashi
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2007年10月, 査読有り
      • DNA損傷応答におけるTIP60ヒストンアセチル化酵素の役割
        井倉 正枝; 井倉 毅; 田代 聡; 五十嵐 和彦
        生化学, 2007年07月
      • A critical role for the ubiquitin-conjugating enzyme Ubc13 in initiating homologous recombination
        Guang Yu Zhao; Eiichiro Sonoda; Louise J. Barber; Hayato Oka; Yasuhiro Murakawa; Kouichi Yamada; Tsuyoshi Ikura; Xin Wang; Masahiko Kobayashi; Kenichi Yamamoto; Simon J. Boulton; Shunichi Takeda
        MOLECULAR CELL, 2007年03月, 査読有り
      • ヒストン修飾やリモデリング因子によるクロマチン動態制御
        井倉正枝; 井倉 毅
        分子呼吸器病, 2007年
      • ヒストン修飾とDNA損傷応答
        井倉 毅
        実験医学増刊号, 2007年
      • Plasmacytic transcription factor Blimp-1 is repressed by Bach2 in B cells
        Kyoko Ochiai; Yasutake Katoh; Tsuyoshi Ikura; Yutaka Hoshikawa; Tetsuo Noda; Hajime Karasuyama; Satoshi Tashiro; Akihiko Muto; Kazuhiko Igarashi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年12月, 査読有り
      • [Role of histone variant in DNA metabolism].
        Ikura T
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2006年11月, 査読有り
      • Zinc finger protein Wiz links G9a/GLP histone methyltransferases to the co-repressor molecule CtBP
        Jun Ueda; Makoto Tachibana; Tsuyoshi Ikura; Yoichi Shinkai
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2006年07月, 査読有り
      • [Dynamic organization of chromatin in DNA repair].
        Ikura T; Tashiro S
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2006年04月, 査読有り
      • DNA修復とクロマチン構造変換
        井倉 毅; 田代 聡
        蛋白質核酸酵素増刊号, 2006年
      • HAT活性測定法
        垣野明美; 井倉 毅
        実験医学別冊, 2006年
      • 哺乳類培養細胞からのTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体の精製法
        垣野明美; 井倉 毅
        タンパク質実験マニュアル, 2006年
      • ヒストンバリアントとDNA代謝
        井倉 毅
        蛋白質核酸酵素増刊号, 2006年
      • Dynamic interaction of p220(NPAT) and CBP/p300 promotes S-phase entry
        A Wang; T Ikura; K Eto; MS Ota
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2004年12月, 査読有り
      • DNA損傷におけるヒストンアセチル化酵素複合体のダイナミクス
        井倉 毅; 白石貴博; 神谷研二
        広島医学, 2004年
      • Chromatin dynamics and DNA repair.
        Ikura T; Ogryzko VV
        Frontiers in bioscience : a journal and virtual library, 2003年01月, 査読有り
      • ヒストンのアセチル化と転写制御機構
        井倉 毅; 神谷研二
        実験医学増刊号, 2003年
      • Genetic analysis of radiation-induced mouse hepatomas
        K Kamiya; M Sumii; Y Masuda; T Ikura; N Koike; M Takahashi; J Teishima
        RADIATION AND HOMEOSTASIS, PROCEEDINGS, 2002年, 査読有り
      • 細胞内の機能的蛋白質複合体の精製と機能解析法
        井倉 毅; 神谷研二
        分子呼吸器病, 2002年
      • DNA修復とアポトーシスにおけるTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体の役割
        井倉 毅; 神谷研二; 中谷喜洋
        広島医学, 2002年
      • 放射線誘発DNA損傷修復およびアポトーシスにおけるTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体の役割
        井倉 毅; 神谷研二
        放射線生物研究, 2002年
      • The p400 complex is an essential E1A transformation target
        M Fuchs; J Gerber; R Drapkin; S Sif; T Ikura; Ogryzko, V; WS Lane; Y Nakatani; DM Livingston
        CELL, 2001年08月, 査読有り
      • DNA修復とアポトーシスにおけるTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体の役割
        井倉 毅; 中谷喜洋
        実験医学, 2001年
      • Involvement of the TIP60 histone acetylase complex in DNA repair and apoptosis
        T Ikura; VV Ogryzko; M Grigoriev; R Groisman; J Wang; M Horikoshi; R Scully; J Qin; Y Nakatani
        CELL, 2000年08月, 査読有り
      • Convergence of BMP and EGF signaling on Smad1 in regulation of chondrogenesis.
        Nonaka, K; Shum, L; Takahashi, I; Takahashi, K; Ikura, T; Dashner, R; Nuckolls, G.H; Slavkin, H
        Int J Dev Biol, 1999年, 査読有り
      • Human endothelin converting enzyme gene (ECE1) mapped to chromosomal region 1p36.1
        R Matsuoka; T Sawamura; K Yamada; M Yoshida; Y Furutani; T Ikura; T Shiraki; H Hoshikawa; K Shimada; K Tanzawa; T Masaki
        CYTOGENETICS AND CELL GENETICS, 1996年, 査読有り
      • Human endothelin converting enzyme gene (ECE1) mapped to chromosomal region 1p36.1
        R. Matsuoka; T. Sawamura; K. Yamada; M. Yoshida; Y. Furutani; T. Ikura; T. Shiraki; H. Hoshikawa; K. Shimada; K. Tanzawa; T. Masaki
        Cytogenetic and Genome Research, 1996年, 査読有り
      • CDNA CLONING AND EXPRESSION OF BOVINE ENDOTHELIN-CONVERTING ENZYME
        T IKURA; T SAWAMURA; T SHIRAKI; H HOSOKAWA; T KIDO; H HOSHIKAWA; K SHIMADA; K TANZAWA; S KOBAYASHI; S MIWA; T MASAKI
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1994年09月, 査読有り
      • GENETIC TRANSFER OF ENDOTHELIN-CONVERTING ENZYME-ACTIVITY TO CHO-K1 CELLS - DETECTION OF POSITIVE CELLS BY REVERSE HEMOLYTIC PLAQUE-ASSAY
        T SHIRAKI; T SAWAMURA; T IKURA; S KOBAYASHI; S MIWA; T MASAKI
        FEBS LETTERS, 1994年09月, 査読有り
      • GENETIC TRANSFER OF ENDOTHELIN-CONVERTING ENZYME-ACTIVITY TO CHO-K1 CELLS - DETECTION OF POSITIVE CELLS BY REVERSE HEMOLYTIC PLAQUE-ASSAY
        T SHIRAKI; T SAWAMURA; T IKURA; S KOBAYASHI; S MIWA; T MASAKI
        FEBS LETTERS, 1994年09月, 査読有り

      MISC

      • 相同組換え修復時の相同的対合は特徴的な核内区画で起こる
        堀越保則; 島弘季; 島弘季; 孫継英; 小林航; 松田俊; 木野村愛子; 落合博; 落合博; 時林; 福戸敦彦; 松田知成; 胡桃坂仁志; 井倉毅; 楯真一; 五十嵐和彦; 五十嵐和彦; 田代聡
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2018年
      • DNA損傷応答の可視化と絶対定量によるDNA損傷評価
        松田 俊; 井倉 毅; 松田 知成
        放射線生物研究, 2017年03月
      • 【遺伝子制御の新たな主役 栄養シグナル 糖、脂質、アミノ酸による転写調節・生体恒常性機構と疾患をつなぐニュートリゲノミクス】(第1章)新たに見えてきた、栄養・代謝物シグナルによる遺伝子制御メカニズム 核内のピルビン酸キナーゼM2による転写調節機構
        松田 知成; 松田 俊; 井倉 毅
        実験医学, 2016年09月
      • RAD51による相同組換え修復の制御機構
        堀越保則; 堀越保則; 島弘季; 島弘季; 河野一輝; 鈴木秀和; 松田俊; SCHMID Volker J; 福戸敦彦; 木野村愛子; 孫継英; 松田知成; 井倉毅; 楯真一; 楯真一; 五十嵐和彦; 五十嵐和彦; CREMER Marion; CREMER Thomas; 田代聡; 田代聡
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2016年
      • クロマチン制御から見たDNA 損傷応答研究の現状と今後の展望
        井倉 毅
        東北大学加齢医学研究所, 2016年01月, 招待有り
      • ピルビン酸キナーゼとピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体によるアセチルCoAの地産地消モデル
        松田 俊; 足立 淳; 井原 賢; 田沼 延公; 島 礼; 垣塚 彰; 井倉 正枝; 井倉 毅; 松田 知成
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • DNA損傷応答における動的クロマチン平衡とその意義
        井倉 毅; 古谷寛治; 松田 俊; 松田知成; 松田 涼; 田代 聡; 井倉正枝
        ワークショップ ゲノムストレス応答における普遍性と多様性の相互転換 第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会合同大会, 2015年12月, 招待有り
      • ヒストン化学修飾から見たDNA修復研究の展望
        井倉 毅
        モノクローナル抗体研究所、ランチョンセミナー 第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学学会合同大会, 2015年12月, 招待有り
      • LC/MS/MSを用いたDNA修復・損傷応答タンパク質及びヒストン修飾の絶対定量
        松田俊; 井倉正枝; 古谷寛治; 井倉毅; 松田知成
        日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集, 2015年11月24日
      • アセチル化を介した損傷クロマチンダイナミクス
        井倉 毅
        横浜市立大学生命医科学研究科, 2015年11月, 招待有り
      • Structural basis of a nucleosome containing histone H(2)A.B/H(2)A.Bbd that transiently associates with reorganized chromatin (vol 3, 3510, 2013)
        Yasuhiro Arimura; Hiroshi Kimura; Takashi Oda; Koichi Sato; Akihisa Osakabe; Hiroaki Tachiwana; Yuko Sato; Yasuha Kinugasa; Tsuyoshi Ikura; Masaaki Sugiyama; Mamoru Sato; Hitoshi Kurumizaka
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年07月
      • Acetylation-dependent positive feedback loop regulation in dynamic chromatin equilibrium
        大阪大学蛋白研セミナー、Institute for Protein Research (IPR) Seminar, 2015年05月, 招待有り
      • The Role of Histone H2AX Dynamics in DNA Damage Response
        第15回国際放射線研究会議(ICRR2015), 2015年05月
      • Chromatin dynamics in DNA damage response
        IKURA Tsuyoshi
        First DSV/CEA-RBC joint workshop, 2015年04月, 招待有り
      • The coupling of epigenetic regulation with metabolism in cancer
        Ikura, T; Matsuda, S; Ikura, M; Matsuda, T
        The 30th RBC-NIRS International Symposium “Frontier Radiation Biology, Now and In the future”, 2015年02月, 招待有り
      • 絶対定量によるヒストンH2AXのリン酸化およびアセチル化の多様性及びダイナミクス解析
        松田俊; 古谷寛治; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本プロテオーム学会大会プログラム・抄録集, 2015年
      • The role of the pyruvate kinase M2 (PKM2) in the Arylhydrocarbon Receptor-mediated Transcription
        Ikura, T; Matsuda, S; Ikura, M; Matsuda, T
        5th meeting of the Asian Forum for chromatin and chromosome Biology, 2015年01月, 招待有り
      • EGFP‐MDC1発現細胞を用いたDNA損傷応答阻害の検出
        松田俊; 柳澤信也; 井倉毅; 松田知成
        日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集, 2014年11月07日
      • DNA損傷応答におけるポジティブフィードバック制御を介した高次クロマチン構造の役割
        井倉 毅
        神戸大学セミナー, 2014年06月, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AX化学修飾の時空間的制御
        井倉 毅; 松田 涼; 井倉正枝
        第87回日本生化学会大会, 2014年, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンアセチル化を介したクロマチン動的制御とその意義
        井倉 毅
        平成26年度遺伝研研究会「クロマチンにおけるゲノムDNAの機能発現メカニズム, 2014年, 招待有り
      • The role of chromatin dynamics in DNA damage response
        第36回日本分子生物学会年会 ワークショップ、蛋白質翻訳後修飾を介した超分子複合体形成とゲノム機能制御, 2013年12月
      • eGFP‐MDC1発現細胞を用いた簡便な変異原性試験法の開発
        松田俊; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集, 2013年10月30日
      • SUMO E3-Ligase Regulates DNA Damage-Dependent Exchange of the Histone Variant H2A.Z-2
        I. Nishibuchi; S. Tashiro; H. Suzuki; A. Kinomura; J. Sun; M. Harata; T. Fukagawa; T. Ikura; Y. Nagata
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2013年10月
      • DNA損傷応答におけるクロマチン動的変化とその意義
        井倉正枝; 松田涼; 田代聡; 井倉 毅
        第56回日本放射線影響学会シンポジウム, 2013年10月, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AXのアセチル化とリン酸化のクロストーク
        井倉正枝; 松田涼; 田代聡; 井倉 毅
        第86回日本生化学会シンポジウム, 2013年09月
      • ゲノムストレスにおけるクロマチンの動的変化とその意義
        井倉 毅
        広島大学理学部セミナー, 2013年06月, 招待有り
      • クロマチンの動的変化を介したDNA損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御機構
        井倉 毅
        文部科学省第五回生物学・化学・情報科学融合のための戦略的先進理工学研究基盤の形成支援事業シンポジウム, 2013年03月, 招待有り
      • 「DNA損傷応答におけるヒストンH2AXのダイナミクス」
        井倉 毅
        第一回ヒストンヴァリアント研究会 九州大学医学部 2013年3月8日, 2013年03月, 招待有り
      • 放射線誘発核内フォーカス形成制御の分子機構
        田代聡; 孫継英; 河野一輝; 鈴木秀和; 井倉毅
        第35 回分子生物学会年会 2012 年12 月12 日, 2012年12月
      • クロマチン高次構造上における相同組換え反応の解析
        町田晋一; 高久誉大; 小林航; 越阪部晃永; 立和名博昭; 鈴木秀和; 浦聖恵; 井倉正枝; 井倉毅; 田代聡; 胡 桃坂仁志
        第35 回分子生物学会年会 2012 年12 月12 日, 2012年12月
      • Reorganization of Damaged Chromatin by the Exchange of Histone Variant H2A.Z-2
        I. Nishibuchi; S. Tashiro; H. Suzuki; A. Kinomura; J. Sun; M. Harata; T. Fukagawa; T. Ikura; Y. Nagata
        INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS, 2012年11月
      • ピルビン酸キナーゼM2はダイオキシン受容体の活性化補助因子である
        松田俊; 足立淳; 井原賢; 田沼延公; 島礼; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集, 2012年10月29日
      • DNA損傷応答シグナル活性化におけるクロマチンの動的変化とプロテアソーム蛋白質分解系とのクロストーク
        井倉 毅
        第80回NM-GCOEセミナー、東北大学医学部, 2012年08月, 招待有り
      • ピルビン酸キナーゼM2はダイオキシン受容体の活性化補助因子である
        松田俊; 足立淳; 井原賢; 田沼延公; 島礼; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • クロマチンの動的変化を介したDNA損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御機構
        井倉 毅
        第10回口腔医科学フロンティア, 2012年01月, 招待有り
      • 「ゲノム損傷におけるクロマチンダイナミクスとエピジェネティクス制御機構」
        井倉 毅
        早稲田大学 2012年6月15日, 2012年
      • 「DNA損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御機構の解明と展望」
        井倉 毅
        早稲田大学 2012年6月28日, 2012年
      • The role of chromatin dynamics in DNA damage-induced checkpoint activation
        Masae Ikura; Satoshi Tashiro; Hiroki Shima; Kazuhiko Igarashi; Tsuyoshi Ikura
        広島大学原爆放射線医科学研究所創立50 周年記念 国際シンポジウム 2012 年2 月20-21 日, 2012年, 査読有り
      • Discovery of early-response kinases in DNA-damagesignaling using \nphosphoproteome analysis
        Jun Adachi; Taakahisa Kuga; Takashi Shiromizu; Hideaki Kume; Satoshi Murakami; Keiichi Nakayama; Tsuyoshi Ikura; Minora Talcata; Takeshi Tomonaga
        第71 回日本癌学会学術総会 2012 年9 月 札幌, 2012年, 査読有り
      • 「クロマチンの動的変化を介したDNA 損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御」
        井倉 毅
        第29 回染色体ワークショップ、2012 年1 月26-27 日 仙台, 2012年
      • “DNA 鎖間架橋応答におけるファンコニ貧血経路によるCtIPの調節”
        海野純也; 板谷(内田; 亜希子; 冨田純也; 井倉毅; 田岡万悟; 佐藤浩一; 胡桃坂仁志; 礒辺俊明; 高田穣
        第35 回日本分子生物学会年会 ポスターよりワークショップへ採択 2012 年12 月, 2012年
      • 「ゲノム損傷におけるクロマチンの動的制御変化とエピジェネティクス制御機構」
        井倉 毅
        京都大学循環器内科セミナー 2012 年7 月11 日, 2012年, 招待有り
      • 「放射線の攻撃からゲノムを守る-我々のゲノムを守る蛋白質の巧妙かつダイナミックな防衛戦略-」
        井倉 毅
        品川セミナー 2012 年2 月1 日, 2012年, 招待有り
      • ピルビン酸キナーゼPKM2とダイオキシン受容体AhRの相互作用の機能解明
        松田俊; 足立淳; 井原賢; 田沼延公; 島礼; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本内分泌かく乱化学物質学会研究発表会要旨集, 2011年12月01日
      • BN/SDS‐PAGEを用いたMLH1複合体の解析
        竹内智規; 松田俊; 足立淳; 服部友美; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集, 2011年10月20日
      • ピルビン酸キナーゼPKM2とダイオキシン受容体AhRの相互作用の機能解明
        松田俊; 足立淳; 井原賢; 田沼延公; 島礼; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集, 2011年10月20日
      • 「ゲノム疾患研究の現状と未来」
        井倉 毅
        神戸大学バイオシグナル研究センター特別講義 2011年6月10日, 2011年
      • Facilitates Chromatin Transcription complex, FACT, on DNA repair.
        Oliveira DV; Nakamura K; Kato A; Kobayashi J; Ikura T; Komatsu K
        第54 回日本放射線影響学会, 2011 年11 月, 神戸, 2011年, 査読有り
      • FACT-dependent recruitment of RNF20 during DNA damage repair.
        Douglas Oliveira; Ikura T; Nakamura K; Kato A; Kobayashi J; Komatsu K
        EMBO Workshop, Chromosome Structure, Damage & Repair, September, 2011, Cape Sounio, Greece., 2011年, 査読有り
      • 「DNA損傷初期応答におけるヒストンシグナルネットワークの解明」
        井倉 毅
        新学術領域 ゲノム普遍的制御 第2 回領域班会議 2011 年5 月30 日-6 月1 日, 2011年, 査読有り
      • 「DNA 損傷応答シグナルにおけるTIP60 ヒストンアセチル化酵素複合体のダイナミクス」
        井倉 毅
        構造エピゲノム研究会 2011年7月27日第4 回ワークショップ, 2011年, 査読有り
      • 「ゲノム損傷におけるクロマチンの動的変化とエピジェネティクス制御」
        井倉 毅
        第3 回エピジェネティクス療法研究会2011 年11 月3 日 東京, 2011年, 査読有り
      • 「The role of histone H2AX eviction in DNA damage-induced checkpoint activation」
        井倉正枝; 松浦嘉奈子; 田代 聡; 島 弘季; 松田 涼; 五十嵐和彦; 井倉 毅
        第34 回日本分子生物学会年会 ワークショップ 2011 年12 月15 日 横浜, 2011年, 査読有り
      • 「ファンコニ貧血蛋白質FAN CD2/FANCI 結合タンパク質のプロテオーム解析」
        海野純也; 板谷(内田; 亜希子; 冨田純也; 井倉毅; 高田穣
        第70回日本癌学会学術総会 2011年10月 名古屋, 2011年, 査読有り
      • 「DNA 損傷応答シグナルにおけるヒストン H2AX のダイナミクス」
        井倉毅; 松浦嘉奈子; 島弘季; 田代聡; 五十嵐和彦; 井倉正枝
        第7 回宮崎サイエンスキャンプ 平成23 年2 月, 2011年, 査読有り
      • 芳香族炭化水素受容体(AhR)複合体のプロテオーム解析
        松田俊; 足立淳; 井原賢; 井倉正枝; 井倉毅; 松田知成
        日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集, 2010年10月29日
      • 損傷クロマチンの動的変化がもたらすDNA 損傷応答シグナルの活性化メカニズム
        井倉正枝; 島弘季; 田代聡; 五十嵐和彦; 井倉 毅
        文部科学省科学研究費補助金、特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワー ク」最終領域会議、2010年3月、鹿児島県霧島市, 2010年, 査読有り
      • Proteomic analysis for arylhydrocarbon receptor(AhR)complex
        Shun Matsuda; Jun Adachi; Masaru Ihara; Masae Ikura; Tsuyoshi Ikura; Tomonari Matsuda
        日本環境変異原学会 第39 回大会 2010 年11 月 つくば市, 2010年, 査読有り
      • FANCI phosphorylation by ATR kinase proceeds in a Rad17/TopBP 1 -independent manner.
        Junya Tomida; Akiko Itaya; Emi Uchida; Tomoko shigechi; Masahiko kobayashi; ken-ichi Yamamoto; Masae Ikura; Tsuyoshi ikura; Agata Smogorzewska; Masamichi Ishiai; Minoru Takata
        第33 回日本分子生物学会年会第83 回 日本生化学会大会合同大 会 2010 年12 月 神戸市, 2010年, 査読有り
      • The role of chromatin dynamics in DNA damage-induced checkpoint activation.
        Tsuyoshi Ikura
        日本環境変異原学会 第39 回大会、2010 年11 月、つくば市, 2010年, 査読有り
      • RNF20 and FACT chromatin remodeling factors activity upon DNA damage
        Oliveira Douglas; Ikura Tsuyoshi; Kobayashi Junya; Komatsu Kenshi
        Global COE International Symposium / Retreat 2010 、2010 年11 月、淡路夢舞台会議場, 2010年, 査読有り
      • 「DNA 損傷応答におけるヒストンH2AZ ダイナミクスのin vivo 解析」
        西淵いくの; 島弘季; 井倉正枝; 井倉毅; 田代聡
        日本放射線影響学会第53 回大会 2010 年10 月, 2010年, 査読有り
      • 「電離放射線によるDNA 損傷応答におけるブロモドメイン蛋白質 BRDX の機能解析」
        井倉正枝; 松浦嘉奈子; 田代聡; 井倉毅
        日本放射線影響学会第53 回大会 2010 年10 月, 2010年, 査読有り
      • 「DNA 損傷応答ネットワークにおけるリン酸化・ユビキチン化修飾ダイナミクスのプロテオーム解析」
        足立淳; 鳴海良平; 佐野聖三; 久家貴寿; 白水崇; 松本雅記; 中山敬一; 茂木章; 井倉毅; 高田穣; 朝長毅
        第33 回日本分子生物学会年会第83 回「」本生化学会大会合同大会 2010 年12 月, 2010年, 査読有り
      • 「DNA 損傷応答におけるヒストン化学修飾のダイナミ クス」
        井倉正枝; 松浦嘉奈子; 田代聡; 五十嵐和彦; 井倉毅
        第33 回日本分子生物学会年会第83 回目本生化学会大会合同大会 2010 年12 月, 2010年, 査読有り
      • 「GI 期DNA 修復においてダメージ部位へのTip60 依存的ribonucleotide reductase 集積 は必須である」
        丹伊田浩行; 勝野裕子; 仙石実鈴; 湯川愛; 島田緑; 井倉正枝; 井倉毅; 河野一輝; 島弘季; 鈴木秀和; 田代 聡; 北川雅敏; 中西真
        日本放射線影響学会第53 回大会 2010 年10 月, 2010年, 査読有り
      • 「DNA損傷応答におけるファンコニ貧血経路の活性化メカニズム」
        冨田純也; 板谷亜希子; 内田恵美; 茂地智子; 井倉正枝; 胡桃坂仁志; 井倉毅; 石合正道; 高田穣
        日本放射線影響学会第53 回大会 2010年10月, 2010年, 査読有り
      • 「DNA 損傷初期シグナルにおけるヒストンシグナルネットワークの解明」
        井倉毅
        第33 回日本分子生物学 会年会第83 回日本生化学会大会合同大会 2010 年12 月, 2010年, 招待有り
      • The role of histone modification in DNA damage response
        Tsuyoshi Ikura
        日本放射線影響学会 第52 回大会 2009 年11 月 広島市, 2009年, 査読有り
      • DNA 損傷応答におけるクロマチン構造変換の分子機構 とその役割
        井倉 毅; 井倉正枝; 島弘季; 田代聡; 五十嵐和彦
        文部科学省科学研究費補助金、特定領域研究「染色体サイクルの制御ネットワーク」第5 回領域 会議、2009 年6 月 静岡市, 2009年, 招待有り
      • DNA 損傷応答におけるヒストン化学修飾の役割
        井倉 毅
        第32 回日本分子生物学会年会 2009 年12 月 横浜市, 2009年, 査読有り
      • マウス組織におけるX 線によるH2AX リン酸化の特性
        小野哲也; 上原芳彦; 松浦伸也; 小松賢志; 井倉毅,E. WOLOSCHAK Gayle; PUNESKU Tatjana
        日本放射線影響学会第49 回大会、北海道、2006 年9 月, 2006年, 査読有り
      • p600, a unique protein required for membrane morphogenesis and cell survival (vol 102, pg 15093, 2005)
        Y Nakatani; H Konishi; A Vassilev; H Kurooka; K Ishiguro; J Sawada; T Ikura; SJ Korsmeyer; J Qin; AM Herlitz
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2005年12月
      • p600, a unique protein required for membrane morphogenesis and cell survival
        Y Nakatani; H Konishi; A Vassilev; H Kurooka; K Ishiguro; J Sawada; T Ikura; SJ Korsmeyer; J Qin; AM Herlitz
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2005年10月, 査読有り
      • ヒストンメチル化酵素G9a, GLP 両方共に結合する 新規転写抑制因子Wiz の機能解析
        上田潤; 立花誠; 井倉毅; 眞貝洋一
        第28回日本分子生物学会年会、福岡、2005., 2005年, 査読有り
      • Erratum: p600, a unique protein required for membrane morphogenesis and cell survival (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (October 18, 2005) 102, 42 (15093-15098) DOI(10.1073/pnas. 0507458102))
        Y. Nakatani; H. Konishi; A. Vassilev; H. Kurooka; K.-I. Ishiguro; J.-I. Sawada; T. Ikura; S.J. Korsmeyer; J. Qin; A.M. Herlitz
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2005年, 査読有り
      • SMN-GEMIN2 comple χ stimulates the RAD51-mediated recombination reactions
        Takaku M; Tsujita T; Horikoshi N; Takizawa Y; Qing Y; Hirota K; Ikura M; Ikura T; Takeda S; Kurumizaka, H
        第34 回日本分子生物学会年会 12 月15 日横浜, 査読有り
      • A new system for analyzing ionizing radiation-induced chromosome abnormalities
        Shi L; Fujioka K; Sun J; Kinomura A; Inaba T; Ikura・ T; Ohtaki M; Yoshida M; Kodama Y; Livingston G.K; Kamiya K; Tashiro S
        第34 回日本分子生物学会年会 12 月15日 横浜, 査読有り
      • 「リン酸化プロテオミクスを用いた新規DNA 損傷初期応答キナーゼの探索」
        足立淳; 鳴海良平; 佐野聖三; 久家貴寿; 白水 崇; 松本雅記; 中山敬一; 井倉正枝; 井倉 毅; 高田 穣; 朝長毅
        第34 回日本分子生物学会年会, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • ヒストンセンシング:老化研究の新たな視点
        井倉 毅
        第8回東北大学スマート・エイジング学際重点研究センター シンポジウム「健康長寿の実現に挑む生命科学研究」, 2020年12月23日, 招待有り
      • NAD代謝変動から見たゲノムストレス応答ダイナミクス
        井倉 毅
        第93回日本生化学会大会, 2020年09月14日, 招待有り
      • "生物らしさ”に視点を置いたストレス応答研究の新たな挑戦
        井倉 毅
        筑波大学生存ダイナミクス研究センター 特別講演, 2019年11月28日, 招待有り
      • 細胞の生き残り戦略:ゲノムストレス応答蛋白質間相互作用の揺らぎ
        井倉 毅
        第92回日本生化学会大会, 2019年09月20日, 招待有り
      • ロジスティックモデルの更新:老化研究における新たな視点
        井倉 毅
        日本遺伝学会第91回大会, 2019年09月13日, 招待有り
      • ゲノムストレス応答研究における知の創成
        井倉 毅
        第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月30日, 招待有り
      • ヒストンアセチル化を介した損傷クロマチンダイナミクス
        井倉 毅
        日本放射線影響学会 第61回大会, 2018年11月08日, 招待有り
      • “生物らしさ“に視点を置いた環境ストレス応答研究の将来展望
        井倉 毅
        日本環境変異原学会第47回大会, 2018年11月02日, 招待有り
      • ゲノムストレス応答における機能的タンパク質複合体のゆらぎに着目した生化学研究の新たな展望
        井倉 毅
        第91回日本生化学会大会, 2018年09月26日, 招待有り
      • ゲノムストレス応答における機能的蛋白質複合体フラクチュエーション
        井倉 毅
        生命科学系学会合同年次大会 ConBio 2017, 2017年12月7日 神戸市ワークショップ:必然から偶然に向かう生物学の新潮流, 2017年12月07日, 招待有り
      • Current knowledge on histone dynamics in DNA damage response
        井倉 毅
        平成29年度 医学・生命科学セミナー (熊本大学), 2017年08月23日, 招待有り
      • ヒストンH2AXの交換反応を介した損傷クロマチンダイナミクス
        井倉 毅
        新学術領域「クロマチン動構造」第5回班会議, 2017年07月13日
      • タンパク質複合体解析の現状と今後への挑戦
        井倉 毅
        岡崎フラグメント50周年シンポジウム「DNA複製の過去、現在、未来-ゲノム複製からエピゲノム複製へ」, 2016年12月22日, 招待有り
      • ゲノムストレス応答の多様性を数理的アプローチで理解する
        井倉 毅
        第39回 日本分子生物学会年会 シンポジウム「ちいさな数理の見つけ方」, 2016年12月02日, 招待有り
      • がん研究におけるクロマチン生物学
        井倉 毅
        第75回日本癌学会学術総会がん研究入門コース1, 2016年10月08日, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AX複合体モジュールのダイナミクス
        井倉 毅
        第89回 日本生化学会大会 シンポジウム「細胞のロバストネスを規定する蛋白質複合体のダイナミクス」, 2016年09月29日, 招待有り
      • クロマチンの動的変化に着目したゲノム損傷応答の多様性の理解
        井倉 毅
        変位機構研究会・第29回 夏の学校, 2016年09月10日, 招待有り
      • クロマチン制御から見たDNA 損傷応答研究の現状と今後の展望
        井倉 毅
        東北大学加齢医学研究所セミナー, 2016年01月15日, 招待有り
      • ヒストン化学修飾から見たDNA修復研究の展望
        井倉 毅
        モノクローナル抗体研究所、ランチョンセミナー 第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学学会合同大会, 2015年12月01日, 招待有り
      • DNA損傷応答における動的クロマチン平衡とその意義
        井倉 毅
        第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会合同大会ワークショップ, 2015年12月01日, 招待有り
      • アセチル化を介した損傷クロマチンダイナミクス
        井倉 毅
        横浜市立大学生命医科学研究科セミナー, 2015年11月17日, 招待有り
      • The Role of Histone H2AX Dynamics in DNA Damage Response
        Ikura, T
        ICRR2015, 2015年05月25日, 招待有り
      • Acetylation-dependent positive feedback loop regulation in dynamic chromatin equilibrium
        Ikura, T
        Institute for Protein Research (IPR) Seminar, 2015年05月18日, 招待有り
      • Chromatin dynamics in DNA damage response
        Ikura, T
        First DSV/CEA-RBC joint workshop, 2015年04月08日, 招待有り
      • The coupling of epigenetic regulation with metabolism in cancer
        Ikura, T
        The 30th RBC-NIRS International Symposium “Frontier Radiation Biology, Now and In the future, 2015年02月20日, 招待有り
      • The role of the pyruvate kinase M2 (PKM2) in the Arylhydrocarbon Receptor-mediated Transcription
        Ikura, T
        5th meeting of the Asian Forum for chromatin and chromosome Biology, 2015年01月13日, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AX化学修飾の時空間的制御
        井倉 毅
        第87回日本生化学会大会, 2014年10月15日, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンアセチル化を介したクロマチン動的制御とその意義
        井倉 毅
        平成26年度遺伝研研究会「クロマチンにおけるゲノムDNAの機能発現メカニズム」, 2014年10月10日, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるポジティブフィードバック制御を介した高次クロマチン構造の役割
        井倉 毅
        神戸大学セミナー, 2014年06月04日
      • The role of chromatin dynamics in DNA damage response
        井倉 毅
        第36回日本分子生物学会年会 ワークショップ、蛋白質翻訳後修飾を介した超分子複合体形成とゲノム機能制御, 2013年12月03日
      • DNA損傷応答におけるクロマチン動的変化とその意義
        井倉 毅
        第56回日本放射線影響学会シンポジウム, 2013年09月11日, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AXのアセチル化とリン酸化のクロストーク
        井倉 毅
        第86回日本生化学会シンポジウム, 2013年09月11日, 招待有り
      • ゲノムストレスにおけるクロマチンの動的変化とその意義
        井倉 毅
        広島大学理学部セミナー, 2013年06月28日, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AXのダイナミクスとその意義
        井倉 毅
        第1回ヒストンヴァリアント研究会 九州大学医学部, 2013年03月08日, 招待有り
      • クロマチンの動的変化を介したDNA損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御機構
        井倉 毅
        文部科学省第五回生物学・化学・情報科学融合のための戦略的先進理工学研究基盤の形成支援事業シンポジウム, 2013年03月06日, 招待有り
      • 放射線の攻撃からゲノムを守る-我々のゲノムを守る蛋白質の巧妙かつダイナミックな防衛戦略-
        井倉 毅
        品川セミナー, 2013年02月01日, 招待有り
      • DNA損傷応答シグナル活性化におけるクロマチンの動的変化とプロテアソーム蛋白質分解系とのクロストーク
        井倉 毅
        第80回NM-GCOEセミナー、東北大学医学部, 2012年08月24日, 招待有り
      • ゲノム損傷におけるクロマチンの動的制御変化とエピジェネティクス制御機構
        井倉 毅
        京都大学循環器内科セミナー, 2012年07月11日, 招待有り
      • DNA損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御機構の解明と展望
        井倉 毅
        早稲田大学セミナー, 2012年06月28日, 招待有り
      • ゲノム損傷におけるクロマチンダイナミクスとエピジェネティクス制御機構
        井倉 毅
        早稲田大学セミナー, 2012年06月15日, 招待有り
      • クロマチンの動的変化を介したDNA損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御
        井倉 毅
        第10回口腔医科学フロンティア, 2012年03月03日, 招待有り
      • クロマチンの動的変化を介したDNA損傷応答シグナルのエピジェネティクス制御
        井倉 毅
        第3次対がん10か年総合戦略 平成16年-25年度・文部科学省がん支援活動、合同公開シンポジウム, 2012年01月30日, 招待有り
      • The role of histone H2AX eviction in DNA damage-induced checkpoint activation
        井倉 毅
        第34回日本分子生物学会年会 ワークショップ, 2011年12月15日, 招待有り
      • ゲノム損傷におけるクロマチンの動的変化とエピジェネティクス制御
        井倉 毅
        第3回エピジェネティクス療法研究会, 2011年11月03日, 招待有り
      • DNA損傷応答シグナルにおけるTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体のダイナミクス
        井倉 毅
        構造エピゲノム研究会第4回ワークショップ, 2011年07月27日, 招待有り
      • ゲノム疾患研究の現状と未来
        井倉 毅
        神戸大学バイオシグナル研究センター 特別講義, 2011年06月10日, 招待有り
      • DNA損傷初期シグナルにおけるヒストンシグナルネットワークの解明
        井倉 毅
        第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月07日, 招待有り
      • The role of chromatin dynamics in DNA damage-induced checkpoint activation
        井倉 毅
        日本環境変異原学会第39回大会, 2010年11月17日, 招待有り
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AXのダイナミクスとその意義
        2010年10月, 招待有り
      • Checkpoint activation regulated by DNA damage-induced H2AX eviction
        Ikura, T
        The 56th Annual Meeting Radiation Research Society, 2010年09月29日, 招待有り
      • H2AX dynamics in DNA damage response
        Ikura, T
        The international symposium of 21st Century COE program-Cellular response to genome damage and chromatin dynamics, 2007年11月16日
      • ユビキチン化によって制御されるヒストンH2AXのタイナミクス
        井倉 毅
        第22回広島大学COE公開セミナー, 2007年10月01日, 招待有り
      • DNA 損傷応答におけるクロマチンタイナミクス
        井倉 毅
        第59回日本細胞生物学会, 2007年05月28日, 招待有り
      • Dynamics of H2AX in DNA damage response
        Ikura, T; Kakino, A; Tashiro, S; Kamiya, K
        The 48th Annual Meeting of The Japan radiation Reseach society, The 1st Asian Congress of Radiation research, 2005年11月15日, 招待有り
      • Dynamics of histone H2AX in DNA repair
        Ikura,T; Tashiro S; Kakino A; Kamiya, K
        International Symposium on Replication Recombination Repair. Awaji Yumebutai International Conference Center., 2005年11月13日, 招待有り
      • DNA 損傷におけるクロマチンタイナミクス
        井倉 毅
        第7回日本進化学会, 2005年08月26日, 招待有り
      • Dynamics of histone H2AX complex in DNA damage response
        井倉 毅
        文部科学省特定領域研究 遺伝情報発現におけるDECODEシステムの解明, 2005年02月28日
      • DNA修復におけるヒストンH2AXとTIP60ヒストンアセチル化複合体のダイナミクス
        井倉 毅
        日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月25日, 招待有り
      • DNA損傷修復におけるTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体のダイナミクス
        井倉 毅
        大阪大学蛋白質研究所セミナー−ヒストンの修飾とその機能, 2004年06月23日, 招待有り
      • The role of TIP60 histone acetylase complex in DNA damaged repair
        Ikura, T; Tashiro, S; Taooka, Y; Nakatani, Y; Kamiya, K
        The first international symposium of 21st Century COE program-Cellular response to genome damage and chromatin dynamics, 2004年02月13日, 招待有り
      • TIP60ヒストンアセチル化酵素複合体のダイナミクス
        井倉 毅; 田代聡; 白石貴博; 垰岡康幸; 中谷喜洋; 神谷研二
        第26回日本分子生物学会年会, 2003年12月10日, 招待有り
      • DNA修復とアポトーシスにおけるTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体の役割
        井倉 毅
        日本分子生物学会第2回春季シンポジウム, 2002年05月13日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 京大発!フロンティア生命科学
        京都大学生命科学研究科, 共著, 遺伝情報の担い手ーDNA
        講談社, 2018年03月, 査読無し
      • 遺伝情報の発現制御 -転写機構からエピジェネティクスまで-
        松田 俊; 井倉正枝; 井倉 毅, 共訳
        著David S. Latchman (メディカル・サイエンス・インターナショナル) (第3 章翻訳、松田 俊、井倉正枝、井倉 毅), 査読無し

      Works(作品等)

      • DNA損傷応答におけるクロマチン構造変換機構の解析
        自 2006年, 至 2006年
      • Chromatin dynamics in DNA damage response
        自 2006年, 至 2006年
      • DNA損傷応答におけるクロマチン構造変換機構の解析
        自 2005年, 至 2005年

      受賞

      • 2008年05月
        日本生化学会, 日本生化学会東北支部奨励賞受賞
      • 2009年01月
        東北大学医学部, 東北大学医学部奨学賞、金賞
      • 2018年11月
        日本環境変異原学会, 日本環境変異原学会第47回大会 特別講演賞
      • 1996年04月01日
        JSPS, 日本学術振興会特別研究員
      • 1999年03月01日
        JSPS, The Fellowship of Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) for Japanese Biomedical and Behavioral Researchers at NIH
      • 2008年05月
        日本生化学会, 日本生化学会東北支部奨励賞受賞
      • 2009年01月
        東北大学医学部, 東北大学医学部奨学賞、金賞
      • 2018年11月
        日本環境変異原学会, 日本環境変異原学会第47回大会 特別講演賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 革新的抗がん抗体開発スキームの確立
        挑戦的研究(開拓)
        中区分50:腫瘍学およびその関連分野
        京都大学
        松田 知成
        自 2020年07月30日, 至 2023年03月31日, 交付
        抗がん抗体;抗体配列進化
      • 放射線障害応答の多様性を規定する動的クロマチン制御を介したNAD代謝ネットワーク
        基盤研究(B)
        小区分63020:放射線影響関連
        京都大学
        井倉 毅
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        NAD代謝;クロマチン;線量率;TIP60ヒストンアセチル化酵素;ヒストンH2AX
      • 損傷クロマチンを制御するアセチル化を介したNAD代謝ネットワークの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        井倉 毅
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        TIP60;NAD代謝;H2AX;アセチル化;TIP60ヒストンアセチル化酵素;ヒストンH2AX;クロマチン;放射線感受性
      • ヒストンH2AXの交換反応を介した損傷クロマチンダイナミクス
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        井倉 毅
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ヒストンH2AX;クロマチンダイナミクス;TIP60;ヒストンシャペロン
      • DNA損傷における細胞ロバストネスのエピジェネティクス解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        井倉 毅
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        放射線障害;エピジェネティクス;TIP60;アセチル化;細胞ロバストネス
      • 損傷クロマチンダイナミクスとTIP60複合体のアセチル化ネットワークの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        井倉 毅
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        アセチル化;ヒストンH2AX;TIP60;リン酸化;DNA損傷応答;TIP60ヒストンアセチル化酵素複合体;H2AX
      • 海洋微生物の共生-進化系理解のための日-欧連携フィールドワーク
        基盤研究(B)
        早稲田大学
        中尾 洋一
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        海洋天然物化学;共生微生物;エピジェネティクス;海綿;生理活性物質;メタボローム解析;メタゲノム解析;国際研究者交流
      • DNA損傷応答シグナルネットワークにおけるTIP60複合体のダイナミクス
        基盤研究(C)
        京都大学
        井倉 毅
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        TIP60複合体;ヒストンアセチル化;ブロモドメイン蛋白質;ヒストンH2AX;アセチル化;TIP60ヒストンアセチル化酵素複合体;DNA損傷応答
      • 遺伝毒性試験の新機軸-DNA損傷、突然変異、染色体-
        基盤研究(S)
        京都大学
        松田 知成
        自 2011年05月31日, 至 2016年03月31日, 完了
        突然変異;DNA損傷;染色体異常;遺伝毒性試験;1分子リアルタイムDNAシーケンサー;SMRTシーケンサー;小核試験;DNA損傷応答;クロマチン;プロテオーム;ヒストン修飾;変異原試験;ヒストンH2AX;DNAアダクトーム;タンパク質複合体解析;次世代DNAシーケンサー
      • DNA損傷初期応答のヒストンシグナルネットワークの解明
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        井倉 毅
        自 2010年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        TIP60ヒストンアセチル化酵素;ヒストンアセチル化;ヒストン交換反応;ヒストンH2AX;クロマチンダイナミクス;DNA損傷応答;TIP60ヒストンアセチル化酵素複合体;アセチル化;高次クロマチン構造変換;H2AX交換反応;ヒストンシャペロン;クロマチン構造変換因子;ADP-リボシル化;NBS1;MDC1;H2AX eviction;プロテアソーム蛋白質分解系;TIP60複合体;ヒストンeviction;DNA損傷応答シグナル
      • ゲノム複製・修復・転写のカップリングと普遍的なクロマチン構造変換機構
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        学習院大学
        花岡 文雄
        自 2010年06月23日, 至 2015年03月31日, 完了
        ゲノム;DNA複製;DNA修復;転写;ヒストン修飾;クロマチンリモデリング;領域運営;国際発信;発がん;ゲノム再編;DNA修復;複製
      • DNA損傷応答におけるTIP60ヒストンアセチル化酵素複合体のダイナミクス
        基盤研究(C)
        京都大学
        井倉 毅
        完了
        DNA損傷応答;TIP60ヒストンアセチル化酵素;ヒストンH2AX;アセチル化;ユビキチン化;ブロモドメイン;機能的蛋白質複合体;TIP60ヒストンアセチル化酵素複合体;ユビキチン結合酵素UBC13;DNA損傷応答シグナル;ヒストンのアセチル化;ブロモドメイン蛋白質;ヒストンシャペロン;放射線感受性;MS解析;蛋白質複合体
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AXダイナミクスのプロテオミクス解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学;東北大学
        井倉 毅
        完了
        TIP60ヒストンアセチル化酵素;ヒストンH2AX;UBC13ユビキチン化酵素;ヒストンシャペロン;クロマチン構造変換;DNA損傷応答;蛋白質複合体;プロテオミクス;ピストンH2AX;UBCI3ユビキチンヒ酵素;ヒストンシペロン;クロマチン構造亦;DNA有応答
      • DNA損傷応答におけるヒストンH2AXダイナミクスのプロテオミクス解析
        特定領域研究
        生物系
        東北大学
        井倉 毅
        完了
        DNA損傷応答;ヒストンH2AX;プロテオミクス解析;ユビキチン化;TIP60ヒストンアセチル化酵素;クロマチン構造変換;マス・スペクトロメトリー解析;UBC13ユビキチン結合因子;蛋白質複合体;ポリユビキチン化;アセチル化;ヒストン放出
      • ヘム結合性転写因子Bachlによる細胞増殖分化の制御機構
        基盤研究(B)
        東北大学
        五十嵐 和彦
        完了
        転写因子;細胞老化;酸化ストレス;Bach1;ヘム;ユビキチン;プロテアソーム;遺伝子;ストレス;蛋白質;発現制御;免疫学, transcription factor;cellular senescence;oxidative stress;Bach1;heme;ubiquitin;proteasome
      • ヒストンH2AX複合体のプロテオミクス解析による放射線ゲノム損傷の修復機構の解明
        萌芽研究
        広島大学
        神谷 研二
        完了
        ヒストンH2AX;ゲノム損傷応答;ゲノム障害;放射線;機能的蛋白質複合体;クロマチン;プロテオミクス;修復蛋白質;修復機構;MS;MS解析
      • DNA損傷修復におけるhEPC1ポリコーム蛋白質複合体のプロテオミクス解析
        基盤研究(B)
        広島大学
        井倉 毅
        完了
        Enhancer of polycomb (hEPC1);TIP60複合体;ヒストンH2AX;hEPC1複合体;MS解析;アセチル化;ヒストンアセチル化酵素;複合体のダイナミクス;Enhancer of polycomb(hEPC1);複合体ダイナミクス;hEPC複合体;複合体のダィナミクス;TIP60, Enhancer of polycomb;TIP60 complex;Histone H2AX;hEPC1 complex;MS analysis;Acetylation;histone acetylase enzyme;Dynamics of protein complex
      • 低線量放射線の線量推定のための分子バイオドシメトリー法の開発と発がんリスク評価
        基盤研究(B)
        広島大学
        神谷 研二
        完了
        Rev1;ゲノム障害;DNA修復;損傷乗り越えDNA合成;二重鎖切断;放射線;ヒストンH2AX;バイオドシメトリー;ゲノム修復;損傷乗り越えDNA複製;モニターマウス;遺伝子損傷;損傷乗越え修復;2重鎖切断, Rev1;genome damage;DNA repair;translesion DNA synthesis;Double strand break;Radiation;Histone H2AX;Bio-dosimetry
      • プロテオミクス法によるDNA損傷誘発ヒストンH2AXタンパク質複合体の機能解析
        特定領域研究
        生物系
        広島大学
        井倉 毅
        完了
        DNA二重鎖切断;ヒストンH2AX;Tip60ヒストンアセチル化酵素;DNA修復;クロマチン;タンパク質複合体;MS解析
      • トリチウム水の被曝線量推定のための分子バイオドシメトリー法とモニターマウスの開発
        基盤研究(B)
        広島大学
        神谷 研二
        完了
        Rev1;トリチウム;損傷乗越え修復;DNA修復;H2AX;バイオドシメトリー;放射線;二重鎖切断;Revl;遺伝子損傷;2重鎖切断;自然突発異変;誤りがちなDNA合成;translesion;トリチウム水;突然変異;トランスジェニックマウス;損傷乗り越えDNA複製, Rev1;tritium;translesion DNA repair;DNA repair;H2AX;bio-dosimetry;radiation;DNA double strand break
      • 放射線発がんの分子機構解析と低線量放射線の発がんリスク評価
        基盤研究(C)
        広島大学
        神谷 研二
        完了
        CRAD;REV1;Sdf211;肝癌;誤りがちなDNA修復;突然変異;androgen;小胞体ストレス;放射線;遺伝子損傷;遺伝子発現;translesion DNA合成;放射線発がん;SDF2L1;小胞体蛋白;ストレス蛋白;DNA修復;損傷乗り越えDNA複製;マウス肝癌;放射線誘発肝癌;肝癌細胞株;CRAD1;CRAD2;CRAD3, CRAD;REV1;Sdf211;hepatoma;error-prone DNA repair;mutation;androgen;endreticulum stress
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (クロマチン動態制御学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)高次生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (クロマチン動態制御学)高次生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2013年04月01日
            放射線生物研究センター共同利用・共同研究専門委員会
          • 至 2018年03月31日
            放射線生物研究センター協議員会

          ページ上部へ戻る