教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

永尾 雅哉

ナガオ マサヤ

生命科学研究科 統合生命科学専攻応用生物機構学講座 教授

永尾 雅哉
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本神経化学会
    • 日本血液学会
    • 日本動物細胞工学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本生化学会
    • 日本農芸化学会
    • The Japanese Neurochemical Society
    • The Japanese Assosiation for Animal Cell Technology
    • The Japanese Society of Hematology
    • The Molecular Biology Society of Japan
    • The Japanese Biochemical Society
    • The Agricultural Chemical Society of Japan

    学位

    • 農学修士(京都大学)
    • 農学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科博士後期課程食品工学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程食品工学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部食品工学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      兵庫県 六甲高等学校, ろっこうこうとうがっこう

    経歴

    • 自 1999年, 至 2001年
      京都大学大学院生命科学研究科 助教授, Graduate School of Biostudies
    • 自 1997年, 至 2001年
      Kyoto University, Associate Professor
    • 自 2001年
      - 京都大学大学院生命科学研究科 教授
    • 自 2001年
      - Kyoto University, Professor
    • 自 1997年, 至 1999年
      京都大学大学院農学研究科 助教授, Graduate School of Agriculture
    • 自 1991年, 至 1997年
      京都大学農学部 助手, Faculty of Agriculture
    • 自 1991年, 至 1997年
      Kyoto University, Assistant Professor
    • 自 1987年, 至 1990年
      雪印乳業株式会社 研究員
    • 自 1987年, 至 1990年
      Snow Brand Milk Products Co.Ltd. Researcher

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        天然物からの有用な生理活性物質の探索とその作用機構の解明
      • 研究概要

        疾患の予防・治療に繋がる天然由来の成分に興味を持って研究を進めている。

      研究キーワード

      • エリスロポエチン

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学
      • ライフサイエンス, 応用生物化学
      • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学
      • ライフサイエンス, 応用生物化学

      論文

      • Two Types of PPARγ Ligands Identified in the Extract of Artemisia campestris
        Tokio Hasegawa; Mayo Osaka; Yusaku Miyamae; Katsutoshi Nishino; Hiroko Isoda; Kiyokazu Kawada; Mohamed Neffati; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Chemistry, 2021年05月
      • Analyses of putative anti-cancer potential of three STAT3 signaling inhibitory compounds derived from Salvia officinalis.
        Maho Yanagimichi; Katsutoshi Nishino; Akiho Sakamoto; Ryusei Kurodai; Kenji Kojima; Nozomu Eto; Hiroko Isoda; Riadh Ksouri; Kazuhiro Irie; Taiho Kambe; Seiji Masuda; Toru Akita; Kazuhiro Maejima; Masaya Nagao
        Biochemistry and biophysics reports, 2021年03月
      • Abietane diterpenoids from Salvia officinalis leaves as aryl hydrocarbon receptor ligands
        Katsutoshi Nishino; Kenta Someya; Riadh Ksouri; Toshio Ishikawa; Hiroko Isoda; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Phytochemistry Letters, 2021年02月
      • Stimulation of insulin secretion by acetylenic fatty acids in insulinoma MIN6 cells through FFAR1.
        Katsutoshi Nishino; Haruka Uesugi; Akira Hirasawa; Anna Ohtera; Yusaku Miyamae; Mohamed Neffati; Hiroko Isoda; Taiho Kambe; Seiji Masuda; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Biochemical and biophysical research communications, 2020年01月29日, 査読有り
      • Correction: Depletion of mRNA export regulator DBP5/DDX19, GLE1 or IPPK that is a key enzyme for the production of IP6, resulting in differentially altered cytoplasmic mRNA expression and specific cell defect (PLoS ONE (2018) 13: 5 (e0197165) DOI: 10.1371/journal.pone.0197165)
        Masumi Okamura; Yasutaka Yamanaka; Maki Shigemoto; Yuya Kitadani; Yuhko Kobayashi; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Issei Kobayashi; Katsuzumi Okumura; Seiji Masuda
        PLoS ONE, 2019年07月01日
      • Evaluation of the roles of the cytosolic N-terminus and His-rich loop of ZNT proteins using ZNT2 and ZNT3 chimeric mutants.
        Kazuhisa Fukue; Naoya Itsumura; Natsuko Tsuji; Katsutoshi Nishino; Masaya Nagao; Hiroshi Narita; Taiho Kambe
        Scientific reports, 2018年09月20日, 査読有り
      • Chemo-enzymatic synthesis of the glucagon containing N-linked oligosaccharide and its characterization.
        Takayuki Higashiyama; Midori Umekawa; Masaya Nagao; Toshihiko Katoh; Hisashi Ashida; Kenji Yamamoto
        Carbohydrate research, 2018年01月02日, 査読有り
      • Depletion of mRNA export regulator DBP5/DDX19, GLE1 or IPPK that is a key enzyme for the production of IP6, resulting in differentially altered cytoplasmic mRNA expression and specific cell defect.
        Masumi Okamura; Yasutaka Yamanaka; Maki Shigemoto; Yuya Kitadani; Yuhko Kobayashi; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Issei Kobayashi; Katsuzumi Okumura; Seiji Masuda
        PloS one, 2018年, 査読有り
      • The isoflavone fraction from soybean presents mRNA maturation inhibition activity.
        Masashi Kurata; Yuki Murata; Keiko Momma; Intisar Fouad Ali Mursi; Masakazu Takahashi; Yusaku Miyamae; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Hiroshi Narita; Yasuyuki Shibuya; Seiji Masuda
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2017年03月, 査読有り
      • Dissecting the Process of Activation of Cancer-promoting Zinc-requiring Ectoenzymes by Zinc Metalation Mediated by ZNT Transporters.
        Tokuji Tsuji; Yayoi Kurokawa; Johanna Chiche; Jacques Pouysségur; Hiroshi Sato; Hideya Fukuzawa; Masaya Nagao; Taiho Kambe
        The Journal of biological chemistry, 2017年02月10日, 査読有り
      • Inhibition of mRNA maturation by compounds which have a flavonoid skeleton
        Kurata, M; Morimoto, M; Kawamura, Y; Mursi, A. I. F; Momma, K; Takahashi, M; Miyamae, Y; Kambe, T; Nagao, M; Narita, H; Shibuya, Y; Masuda, S
        Biochemistry and Molecular Biology, 2017年, 査読有り
      • The PP-motif in luminal loop 2 of ZnT transporters plays a pivotal role in TNAP activation.
        Shigeyuki Fujimoto; Tokuji Tsuji; Takashi Fujiwara; Taka-Aki Takeda; Chengfeng Merriman; Ayako Fukunaka; Yukina Nishito; Dax Fu; Eitan Hoch; Israel Sekler; Kazuhisa Fukue; Yusaku Miyamae; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Taiho Kambe
        The Biochemical journal, 2016年09月01日, 査読有り
      • Tetrandrine induces lipid accumulation through blockade of autophagy in a hepatic stellate cell line.
        Yusaku Miyamae; Yukina Nishito; Naomi Nakai; Yoko Nagumo; Takeo Usui; Seiji Masuda; Taiho Kambe; Masaya Nagao
        Biochemical and biophysical research communications, 2016年08月12日, 査読有り
      • Identification of a New Type of Covalent PPARγ Agonist using a Ligand-Linking Strategy.
        Ohtera A; Miyamae Y; Yoshida K; Maejima K; Akita T; Kakizuka A; Irie K; Masuda S; Kambe T; Nagao M
        ACS chemical biology, 2015年12月18日, 査読有り
      • Soybean extracts increase cell surface ZIP4 abundance and cellular zinc levels: a potential novel strategy to enhance zinc absorption by ZIP4 targeting.
        Ayako Hashimoto; Katsuma Ohkura; Masakazu Takahashi; Kumiko Kizu; Hiroshi Narita; Shuichi Enomoto; Yusaku Miyamae; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Kazuhiro Irie; Hajime Ohigashi; Glen K Andrews; Taiho Kambe
        The Biochemical journal, 2015年12月01日, 査読有り
      • EPO gene expression promotes proliferation, migration and invasion via the p38MAPK/AP-1/MMP-9 pathway by p21WAF1 expression in vascular smooth muscle cells.
        Sung Lyea Park; Se Yeon Won; Jun-Hui Song; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Wun-Jae Kim; Sung-Kwon Moon
        Cellular signalling, 2015年03月, 査読有り
      • Identification of 6-Octadecynoic acid from Marrubium vulgare L. as a PPARγ agonist
        Anna,Ohtera; Yusaku,Miyamae; Naomi,Nakai; Atsushi,Kawauchi; Kawata,Kiyokazu; Junkyu,Hann; Hiroko,Isoda; Mohamed,Neffati; Kazuhiro,Maejima; Toru,Akita; Naoki,Mori; Kazuhiro,Irie; Taiho,Kambe; Seiji,Masuda; Masaya,Nagao
        Book of proceedings Tunisian-Japanese Symposium on Society, Science and Technology (TJASSST 2013) Session I: Life Science, Food and Agriculture, 2014年03月
      • Purification and Identification of PPAR γ agonists from Tunisian Plants
        Junkyu,Han; Hiroko,Isoda; Yusaku,Miyamae; Tokio,Hasegawa; Ryoma,Abe; Kawada,Kiyokazu; Atsushi,Kawachi; Mohamed,Neffati; Naoki,Mori; Kazuhiro,Irie; Seiji,Masuda; Taiho,Kambe; Masaya,Nagao
        Book of proceedings Tunisian-Japanese Symposium on Society, Science and Technology (TJASSST 2013) Session VII: SATREPS, 2014年03月
      • Identification of 6-octadecynoic acid from a methanol extract of Marrubium vulgare L. as a peroxisome proliferator-activated receptor γ agonist.
        Anna Ohtera; Yusaku Miyamae; Naomi Nakai; Atsushi Kawachi; Kiyokazu Kawada; Junkyu Han; Hiroko Isoda; Mohamed Neffati; Toru Akita; Kazuhiro Maejima; Seiji Masuda; Taiho Kambe; Naoki Mori; Kazuhiro Irie; Masaya Nagao
        Biochemical and biophysical research communications, 2013年10月18日, 査読有り
      • Cooperative functions of ZnT1, metallothionein and ZnT4 in the cytoplasm are required for full activation of TNAP in the early secretory pathway.
        Shigeyuki Fujimoto; Naoya Itsumura; Tokuji Tsuji; Yasumi Anan; Natsuko Tsuji; Yasumitsu Ogra; Tomoki Kimura; Yusaku Miyamae; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Taiho Kambe
        PloS one, 2013年, 査読有り
      • Tumor cell-specific prodrugs using arsonic acid-presenting iron oxide nanoparticles with high sensitivity.
        Hiroki Minehara; Asako Narita; Kensuke Naka; Kazuo Tanaka; Moeko Chujo; Masaya Nagao; Yoshiki Chujo
        Bioorganic & medicinal chemistry, 2012年08月01日, 査読有り
      • Establishment of a monitoring system to detect inhibition of mRNA processing.
        Ken-ichi Fujita; Masumi Okamura; Sachiko Nishimoto; Tomoya Kurihara; Keiko Momma; Yusaku Miyamae; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Hiroshi Narita; Seiji Masuda
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2012年, 査読有り
      • Reduced Glutathione-Resisting 19F NMR Sensors for Detecting HNO
        H. Minehara; A. Narita; K. Naka; K. Tanaka; Chujo. M; M. Nagao; Y. Chujo
        Bioorganic & Medicinal Chemistry, 2012年, 査読有り
      • Enhancing recombinant protein production in human cell lines with a constitutive transport element and mRNA export proteins.
        Yuki Aihara; Naoko Fujiwara; Tomohiro Yamazaki; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Yutaka Hirose; Seiji Masuda
        Journal of biotechnology, 2011年05月20日, 査読有り
      • Tissue nonspecific alkaline phosphatase is activated via a two-step mechanism by zinc transport complexes in the early secretory pathway.
        Ayako Fukunaka; Yayoi Kurokawa; Fumie Teranishi; Israel Sekler; Kimimitsu Oda; M Leigh Ackland; Victor Faundez; Makoto Hiromura; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Shuichi Enomoto; Taiho Kambe
        The Journal of biological chemistry, 2011年05月06日, 査読有り
      • Tissue nonspecific alkaline phosphatase is activated via a two-step mechanism by zinc transport complexes in the early secretory pathway.
        Fukunaka Ayako; Kurokawa Yayoi; Teranishi Fumie; Sekler Israel; Oda Kimimitsu, Ackla; M Leigh; Faundez Victor; Hiromura Makoto; Masuda Seiji; Nagao Masaya; Enomoto Shuichi; Kambe Taiho
        J Biol Chem, 2011年05月06日
      • The closely related RNA helicases, UAP56 and URH49, preferentially form distinct mRNA export machineries and coordinately regulate mitotic progression.
        Tomohiro Yamazaki; Naoko Fujiwara; Hiroko Yukinaga; Miki Ebisuya; Takuya Shiki; Tomoya Kurihara; Noriyuki Kioka; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Eisuke Nishida; Seiji Masuda
        Molecular biology of the cell, 2010年08月15日, 査読有り
      • A screening method tuned for mRNA processing factors in human cells by evaluation of the luciferase reporter activity and the subcellular distribution of bulk poly(A)+ RNA.
        Naoko Fujiwara; Mayu Yoshikawa; Tomohiro Yamazaki; Taiho Kambe; Masaya Nagao; Seiji Masuda
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2010年, 査読有り
      • Demonstration and characterization of the heterodimerization of ZnT5 and ZnT6 in the early secretory pathway.
        Ayako Fukunaka; Tomoyuki Suzuki; Yayoi Kurokawa; Tomohiro Yamazaki; Naoko Fujiwara; Kaori Ishihara; Hitoshi Migaki; Katsuzumi Okumura; Seiji Masuda; Yuko Yamaguchi-Iwai; Masaya Nagao; Taiho Kambe
        The Journal of biological chemistry, 2009年11月06日, 査読有り
      • SLC39A9 (ZIP9) regulates zinc homeostasis in the secretory pathway: characterization of the ZIP subfamily I protein in vertebrate cells.
        Wataru Matsuura; Tomohiro Yamazaki; Yuko Yamaguchi-Iwai; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Glen K Andrews; Taiho Kambe
        Bioscience, biotechnology, and biochemistry, 2009年05月, 査読有り
      • Preface.
        Atsushi Enomoto; Masaya Nagao; Sanetaka Shirahata
        Cytotechnology, 2009年04月
      • ATP-sensitive K(+) channels in pig urethral smooth muscle cells are heteromultimers of Kir6.1 and Kir6.2
        Noriyoshi Teramoto; Hai-Lei Zhu; Atsushi Shibata; Manami Aishima; Emma J. Walsh; Masaya Nagao; William C. Cole
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-RENAL PHYSIOLOGY, 2009年01月, 査読有り
      • Improving Proton Relaxivity of Dendritic MRI Contrast Agents by Rigid Silsesquioxane Core
        Kazuo Tanaka; Narufumi Kitamura; Kensuke Naka; Masahito Morita; Toshiro Inubushi; Moeko Chujo; Masaya Nagao; Yoshiki Chujo
        POLYMER JOURNAL, 2009年, 査読有り
      • ATP-sensitive K+ channels in pig urethral smooth muscle cells are heteromultimers of Kir6.1 and Kir6.2.
        Noriyoshi Teramoto; Hai-Lei Zhu; Atsushi Shibata; Manami Aishima; Emma J Walsh; Masaya Nagao; William C Cole
        American journal of physiology. Renal physiology, 2009年01月, 査読有り
      • Restraint stress up-regulates expression of zinc transporter Zip14 mRNA in mouse liver.
        Takuya Ohashi; Tohru Matsui; Moeko Chujo; Masaya Nagao
        Cytotechnology, 2008年06月, 査読有り
      • Molecular and biophysical properties of voltage-gated Na+ channels in murine vas deferens.
        Hai-Lei Zhu; Manami Aishima; Hidetaka Morinaga; Richard D Wassall; Atsushi Shibata; Kazuomi Iwasa; Masatoshi Nomura; Masaya Nagao; Katsuo Sueishi; Thomas C Cunnane; Noriyoshi Teramoto
        Biophysical journal, 2008年04月15日, 査読有り
      • Direct interaction of Cucurbitacin E isolated from Alsomitra macrocarpa to actin filament.
        Keiko Momma; Yuko Masuzawa; Naomi Nakai; Moeko Chujo; Akira Murakami; Noriyuki Kioka; Yasunori Kiyama; Toru Akita; Masaya Nagao
        Cytotechnology, 2008年01月, 査読有り
      • The toxic conformation of the 42-residue amyloid beta peptide and its relevance to oxidative stress in Alzheimer's disease
        K. Irie; K. Murakami; Y. Masuda; A. Morimoto; H. Ohigashi; H. Hara; R. Ohashi; K. Takegoshi; H. Fukuda; M. Nagao; T. Shimizu; T. Shirasawa
        MINI-REVIEWS IN MEDICINAL CHEMISTRY, 2007年10月
      • Zinc transport complexes contribute to the homeostatic maintenance of secretory pathway function in vertebrate cells.
        Kaori Ishihara; Tomohiro Yamazaki; Yoko Ishida; Tomoyuki Suzuki; Kimimitsu Oda; Masaya Nagao; Yuko Yamaguchi-Iwai; Taiho Kambe
        The Journal of biological chemistry, 2006年06月30日, 査読有り
      • Sequence similarity and functional relationship among eukaryotic ZIP and CDF transporters.
        Taiho Kambe; Tomoyuki Suzuki; Masaya Nagao; Yuko Yamaguchi-Iwai
        Genomics, proteomics & bioinformatics, 2006年02月
      • Formation and stabilization model of the 42-mer Abeta radical: implications for the long-lasting oxidative stress in Alzheimer's disease.
        Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Hajime Ohigashi; Hideyuki Hara; Masaya Nagao; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa
        Journal of the American Chemical Society, 2005年11月02日, 査読有り
      • Two different zinc transport complexes of cation diffusion facilitator proteins localized in the secretory pathway operate to activate alkaline phosphatases in vertebrate cells.
        Tomoyuki Suzuki; Kaori Ishihara; Hitoshi Migaki; Kengo Ishihara; Masaya Nagao; Yuko Yamaguchi-Iwai; Taiho Kambe
        The Journal of biological chemistry, 2005年09月02日, 査読有り
      • Dysfunction of erythropoietin-producing interstitial cells in the kidneys of ICR-derived glomerulonephritis (ICGN) mice.
        Misuzu Yamaguchi-Yamada; Noboru Manabe; Minako Kiso; Yasufumi Goto; Toshiharu Mori; Chinatsu Sakata; Sayuri Anan; Masaya Nagao; Yoshie Yamamoto; Atsuo Ogura
        The Journal of veterinary medical science, 2005年09月, 査読有り
      • Erythropoietin as a retinal angiogenic factor in proliferative diabetic retinopathy.
        Daisuke Watanabe; Kiyoshi Suzuma; Shigeyuki Matsui; Masafumi Kurimoto; Junichi Kiryu; Mihori Kita; Izumi Suzuma; Hirokazu Ohashi; Tomonari Ojima; Tomoaki Murakami; Toshihiro Kobayashi; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Nagahisa Yoshimura; Hitoshi Takagi
        The New England journal of medicine, 2005年08月25日, 査読有り
      • Structure of beta-amyloid fibrils and its relevance to their neurotoxicity: implications for the pathogenesis of Alzheimer's disease.
        Kazuhiro Irie; Kazuma Murakami; Yuichi Masuda; Akira Morimoto; Hajime Ohigashi; Ryutaro Ohashi; Kiyonori Takegoshi; Masaya Nagao; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa
        Journal of bioscience and bioengineering, 2005年05月, 査読有り
      • Zinc transporters, ZnT5 and ZnT7, are required for the activation of alkaline phosphatases, zinc-requiring enzymes that are glycosylphosphatidylinositol-anchored to the cytoplasmic membrane.
        Tomoyuki Suzuki; Kaori Ishihara; Hitoshi Migaki; Wataru Matsuura; Atsushi Kohda; Katsuzumi Okumura; Masaya Nagao; Yuko Yamaguchi-Iwai; Taiho Kambe
        The Journal of biological chemistry, 2005年01月07日, 査読有り
      • In vivo Neuroprotective Activity of Epopeptide AB Against Ischemic Damage.
        Masaya Nagao; Tong-Chun Wen; Masaya Okamoto; Kazuhiro Irie; Takeshi Takaku; Masahiro Sakanaka
        Cytotechnology, 2005年01月, 査読有り
      • Analysis of the secondary structure of beta-amyloid (Abeta42) fibrils by systematic proline replacement.
        Akira Morimoto; Kazuhiro Irie; Kazuma Murakami; Yuichi Masuda; Hajime Ohigashi; Masaya Nagao; Hiroyuki Fukuda; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa
        The Journal of biological chemistry, 2004年12月10日, 査読有り
      • Improvement of anemia associated with chronic renal failure by recombinant human erythropoietin treatment in ICR-derived glomerulonephritis (ICGN) mice.
        Misuzu Yamaguchi-Yamada; Noboru Manabe; Yasufumi Goto; Sayuri Anan; Keiko Miyamoto; Youhei Miyamoto; Masaya Nagao; Yoshie Yamamoto; Atsuo Ogura
        The Journal of veterinary medical science, 2004年07月, 査読有り
      • Anemia with chronic renal disorder and disrupted metabolism of erythropoietin in ICR-derived glomerulonephritis (ICGN) mice.
        Misuzu Yamaguchi-Yamada; Noboru Manabe; Kozue Uchio-Yamada; Naotsugu Akashi; Yasufumi Goto; Youhei Miyamoto; Masaya Nagao; Yoshie Yamamoto; Atsuo Ogura; Hajime Miyamoto
        The Journal of veterinary medical science, 2004年04月, 査読有り
      • Blockade of erythropoietin signal at the early postimplantation period inhibits the development of decidua and embryo in mice.
        Yoshiko Yasuda; Takuya Matsuo; Masaya Nagao
        Congenital anomalies, 2004年03月, 査読有り
      • Overview of mammalian zinc transporters
        T Kambe; Y Yamaguchi-Iwai; R Sasaki; M Nagao
        CELLULAR AND MOLECULAR LIFE SCIENCES, 2004年01月, 査読有り
      • Neurotoxicity and physicochemical properties of Abeta mutant peptides from cerebral amyloid angiopathy: implication for the pathogenesis of cerebral amyloid angiopathy and Alzheimer's disease.
        Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Akira Morimoto; Hajime Ohigashi; Mayumi Shindo; Masaya Nagao; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa
        The Journal of biological chemistry, 2003年11月14日, 査読有り
      • Progesterone, but not 17beta-estradiol, up-regulates erythropoietin (EPO) production in human amniotic epithelial cells.
        Akiko Ogawa; Satoshi Terada; Norio Sakuragawa; Seiji Masuda; Masaya Nagao; Masao Miki
        Journal of bioscience and bioengineering, 2003年, 査読有り
      • Erythropoietin is involved in growth and angiogenesis in malignant tumours of female reproductive organs.
        Yoshiko Yasuda; Yoshihiko Fujita; Seiji Masuda; Terunaga Musha; Koichi Ueda; Hayahito Tanaka; Hiroyoshi Fujita; Takuya Matsuo; Masaya Nagao; Ryuzo Sasaki; Yukio Nakamura
        Carcinogenesis, 2002年11月, 査読有り
      • Epididymis is a novel site of erythropoietin production in mouse reproductive organs.
        Toshihiro Kobayashi; Haruko Yanase; Toshihiko Iwanaga; Ryuzo Sasaki; Masaya Nagao
        Biochemical and biophysical research communications, 2002年08月09日, 査読有り
      • Aggregation and neurotoxicity of mutant amyloid beta (A beta) peptides with proline replacement: importance of turn formation at positions 22 and 23.
        Akira Morimoto; Kazuhiro Irie; Kazuma Murakami; Hajime Ohigashi; Mayumi Shindo; Masaya Nagao; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa
        Biochemical and biophysical research communications, 2002年07月12日, 査読有り
      • Synthesis, aggregation, neurotoxicity, and secondary structure of various A beta 1-42 mutants of familial Alzheimer's disease at positions 21-23.
        Kazuma Murakami; Kazuhiro Irie; Akira Morimoto; Hajime Ohigashi; Mayumi Shindo; Masaya Nagao; Takahiko Shimizu; Takuji Shirasawa
        Biochemical and biophysical research communications, 2002年05月31日, 査読有り
      • Cloning and characterization of a novel mammalian zinc transporter, zinc transporter 5, abundantly expressed in pancreatic beta cells.
        Taiho Kambe; Hiroshi Narita; Yuko Yamaguchi-Iwai; Junko Hirose; Tatsuaki Amano; Naomi Sugiura; Ryuzo Sasaki; Koshi Mori; Toshihiko Iwanaga; Masaya Nagao
        The Journal of biological chemistry, 2002年05月24日, 査読有り
      • Contribution of bone marrow cells to liver regeneration after partial hepatectomy in mice.
        Hideaki Fujii; Tetsuro Hirose; Shoshiro Oe; Kentaro Yasuchika; Hisaya Azuma; Takahisa Fujikawa; Masaya Nagao; Yoshio Yamaoka
        Journal of hepatology, 2002年05月, 査読有り
      • Erythropoietin and erythropoietin-receptor producing cells demonstrated by in situ hybridization in mouse visceral yolk sacs.
        Yoshiko Yasuda; Masaki Okano; Masaya Nagao; Seiji Masuda; Yoshihiko Fujita; Ryuzo Sasaki
        Anatomical science international, 2002年03月, 査読有り
      • Isolation and characterization of mouse homolog of the neutrophil activating peptide-2.
        Masaaki Oda; Hirotaka Haruta; Masaya Nagao; Yuka Nagata
        Biochemical and biophysical research communications, 2002年01月18日, 査読有り
      • Hypoxia-induced production of recombinant erythropoietin using hypoxia-response enhancer.
        S Masuda; SK Moon; T Kambe; M Nagao; R Sasaki
        ANIMAL CELL TECHNOLOGY : BASIC & APPLIED ASPECTS, VOL 12, 2002年, 査読有り
      • Pleiotrophic functions of erythropoietin and tissue-specific regulation of its expression.
        M Nagao; S Masuda; M Chikuma-Esaki; T Kobayashi; R Sasaki
        ANIMAL CELL TECHNOLOGY : BASIC & APPLIED ASPECTS, VOL 12, 2002年, 査読有り
      • Continuous intravenous infusion of deleted form of hepatocyte growth factor attenuates hepatic ischemia-reperfusion injury in rats
        S Oe; T Hirose; H Fujii; K Yasuchika; T Nishio; Y Iimuro; T Morimoto; M Nagao; Y Yamaoka
        JOURNAL OF HEPATOLOGY, 2001年06月, 査読有り
      • Pleiotropic functions and tissue-specific expression of erythropoietin
        R Sasaki; S Masuda; M Nagao
        NEWS IN PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 2001年06月, 査読有り
      • Inhibition of erythropoietin signalling destroys xenografts of ovarian and uterine cancers in nude mice
        Y Yasuda; T Musha; H Tanaka; Y Fujita; H Fujita; H Utsumi; T Matsuo; S Masuda; M Nagao; R Sasaki; Y Nakamura
        BRITISH JOURNAL OF CANCER, 2001年03月, 査読有り
      • Tissue-specific regulation of erythropoietin production in the murine kidney, brain, and uterus
        M Chikuma; S Masuda; T Kobayashi; M Nagao; R Sasaki
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM, 2000年12月, 査読有り
      • Retinoic acid stimulates erythropoietin gene transcription in embryonal carcinoma cells through the direct repeat of a steroid/thyroid hormone receptor response element half-site in the hypoxia-response enhancer
        T Kambe; J Tada-Kambe; Y Kuge; Y Yamaguchi-Iwai; M Nagao; R Sasaki
        BLOOD, 2000年11月, 査読有り
      • Erythropoietin: Multiple physiological functions and regulation of biosynthesis
        R Sasaki; S Masuda; M Nagao
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2000年09月, 査読有り
      • The oviduct produces erythropoietin in an estrogen- and oxygen-dependent manner
        S Masuda; T Kobayashi; M Chikuma; M Nagao; R Sasaki
        AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-ENDOCRINOLOGY AND METABOLISM, 2000年06月, 査読有り
      • A new biological strategy for high productivity of recombinant proteins in animal cells by the use of hypoxia-response enhancer
        S Masuda; SK Moon; T Kambe; M Nagao; R Sasaki
        BIOTECHNOLOGY AND BIOENGINEERING, 2000年01月, 査読有り
      • Erythropoietic, neurotrophic, and angiogenic functions of erythropoietin and regulation of erythropoietin production
        S Masuda; M Nagao; R Sasaki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 1999年07月, 査読有り
      • Unidirectional transport from apical to basolateral compartment of cobalt ion in polarized Madin-Darby canine kidney cells
        M Nagao; E Sugaru; T Kambe; R Sasaki
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1999年04月, 査読有り
      • In vitro neuroprotective action of recombinant rat erythropoietin produced by astrocyte cell lines and comparative studies with erythropoietin produced by Chinese hamster ovary cells
        S Masuda; E Kada; M Nagao; R Sasaki
        CYTOTECHNOLOGY, 1999年, 査読有り
      • Erythropoietin protects neurons from ischemic damage.
        S Masuda; M Nagao; R Sasaki
        ANIMAL CELL TECHNOLOGY: CHALLENGES FOR THE 21ST CENTURY, 1999年, 査読有り
      • In vitro neuroprotective action of recombinant rat erythropoietin produced by astrocyte cell lines and comparative studies with erythropoietin produced by Chinese hamster ovary cells
        S Masuda; E Kada; M Nagao; R Sasaki
        CYTOTECHNOLOGY, 1999年, 査読有り
      • Estrogen-dependent production of erythropoietin in uterus and its implication in uterine angiogenesis
        Y Yasuda; S Masuda; M Chikuma; K Inoue; M Nagao; R Sasaki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年09月, 査読有り
      • In vivo evidence that erythropoietin protects neurons from ischemic damage
        M Sakanaka; TC Wen; S Matsuda; S Masuda; E Morishita; M Nagao; R Sasaki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1998年04月, 査読有り
      • Embryonal carcinoma P19 cells produce erythropoietin constitutively but express lactate dehydrogenase in an oxygen-dependent manner
        T Kambe; J Tada; M Chikuma; S Masuda; M Nagao; T Tsuchiya; PJ Ratcliffe; R Sasaki
        BLOOD, 1998年02月, 査読有り
      • Neuroprotective function of erythropoietin in the central nervous system
        S Masuda; M Chikuma; E Morishita; M Nagao; R Sasaki
        ANIMAL CELL TECHNOLOGY: BASIC & APPLIED ASPECTS, VOL 9, 1998年, 査読有り
      • 転写制御因子の安定性調節というpost-transcriptional regulation : 低酸素発現誘導因子HIF-1(Hypoxia-inducible Factor 1)を例として
        永尾 雅哉
        生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 1997年09月
      • 低酸素による遺伝子発現誘導に関わる転写因子 HIF-1
        永尾 雅哉
        化学と生物, 1997年06月
      • Activation of hypoxia-inducible factor-1; Definition of regulatory domains within the alpha subunit
        CW Pugh; JF ORourke; M Nagao; JM Gleadle; PJ Ratcliffe
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1997年04月, 査読有り
      • Secretory production of erythropoietin and the extracellular domain of the erythropoietin receptor by Bacillus brevis: Affinity purification and characterization
        M Nagao; K Inoue; SK Moon; S Masuda; H Takagi; S Udaka; R Sasaki
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1997年04月, 査読有り
      • Oxygen regulated gene expression: Erythropoietin as a model system
        PJ Ratcliffe; BL Ebert; JD Firth; JM Gleadle; PH Maxwell; M Nagao; JF ORourke; CW Pugh; SM Wood
        KIDNEY INTERNATIONAL, 1997年02月, 査読有り
      • 酸素による遺伝子発現制御現象の解明とその動物細胞工学への応用に関する研究
        永尾雅哉
        日本農芸化学会誌, 1997年
      • Erythropoietin enhancer stimulates production of a recombinant protein by Chinese hamster ovary (CHO) cells under hypoxic condition
        SK Moon; S Takeuchi; T Kambe; T Tsuchiya; S Masuda; M Nagao; R Sasaki
        CYTOTECHNOLOGY, 1997年, 査読有り
      • Effect of hypoxia duration on the oxygen-dependent production of a recombinant protein, beta-galactosidase, by an animal cell line, F6D2, with a hypoxia-inducible enhancer
        Y Shirai; M Inagaki; M Yamaguchi; T Kambe; M Nagao; S Masuda; R Sasaki
        CYTOTECHNOLOGY, 1997年, 査読有り
      • Erythropoetin receptor is expressed in rat hippocampal and cerebral cortical neurons, and erythropoietin prevents in vitro glutamate-induced neuronal death
        E. Morishita; S. Masuda; M. Nagao; Y. Yasuda; R. Sasaki
        Neuroscience, 1996年12月05日, 査読有り
      • 酸素による遺伝子発現の制御
        永尾雅哉; 増田誠司; 神戸大朋; 佐々木隆造
        蛋白質 核酸 酵素, 1996年12月
      • Erythropoietin in mouse avascular yolk sacs is increased by retinoic acid
        Y Yasuda; M Okano; M Nagao; S Masuda; H Konishi; K Ueda; T Matsuo; K Tsujiguchi; S Tajima; R Sasaki; T Tanimura
        DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 1996年10月, 査読有り
      • Anti-erythropoietin receptor monoclonal antibody: Epitope mapping, quantification of the soluble receptor, and detection of the solubilized transmembrane receptor and the receptor-expressing cells
        E Morishita; H Narita; M Nishida; N Kawashima; K Yamagishi; S Masuda; M Nagao; H Hatta; R Sasaki
        BLOOD, 1996年07月, 査読有り
      • Drosophila melanogaster SL2 cells contain a hypoxically inducible DNA binding complex which recognises mammalian HIF-1 binding sites
        M Nagao; BL Ebert; PJ Ratcliffe; CW Pugh
        FEBS LETTERS, 1996年06月, 査読有り
      • Regulation of gene expression by oxygen
        M. Nagao; S. Masuda; T. Kambe; R. Sasaki
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 1996年, 査読有り
      • N-GLYCOSYLATION-DEFECTIVE RECEPTOR FOR ERYTHROPOIETIN CAN TRANSDUCE THE LIGAND-INDUCED CELL-PROLIFERATION SIGNAL
        M NAGAO; E MORISHITA; Y HANAI; K KOBAYASHI; R SASAKI
        FEBS LETTERS, 1995年10月, 査読有り
      • 神経系に作用するサイトカインとそのレセプター
        増田誠司; 永尾雅哉; 佐々木隆造
        化学と生物, 1995年07月
      • SITE-DIRECTED MUTATION IN CONSERVED ANIONIC REGIONS OF GUINEA-PIG LIVER TRANSGLUTAMINASE
        K IKURA; C YU; M NAGAO; R SASAKI; S FURUYOSHI; N KAWABATA
        ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 1995年04月, 査読有り
      • Erythropoietin processing in erythropoietic system and central nervous system
        M Nagao; S Masuda; M Ueda; R Sasaki
        CYTOTECHNOLOGY, 1995年, 査読有り
      • Characterisation and analysis of human interferon-gamma glycoforms produced in Baculovirus infected Spodoptera frugiperda (Sp9) and Estigena acrea (EA) cell lines
        M Nagao; S Masuda; M Ueda; R Sasaki
        ANIMAL CELL TECHNOLOGY: DEVELOPMENTS TOWARDS THE 21ST CENTURY, 1995年, 査読有り
      • Erythropoietin processing in erythropoietic system and central nervous system
        M Nagao; S Masuda; M Ueda; R Sasaki
        ANIMAL CELL TECHNOLOGY: DEVELOPMENTS TOWARDS THE 21ST CENTURY, 1995年, 査読有り
      • A NOVEL SITE OF ERYTHROPOIETIN PRODUCTION - OXYGEN-DEPENDENT PRODUCTION IN CULTURED RAT ASTROCYTES
        S MASUDA; M OKANO; K YAMAGISHI; M NAGAO; M UEDA; R SASAKI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1994年07月, 査読有り
      • 神経系におけるサイトカインの作用
        永尾 雅哉; 佐々木隆造
        Molecular Medicine 中山書店,31/,106-107, 1994年
      • CHARACTERIZATION OF ERYTHROPOIETIN RECEPTOR ON 2 NEURONAL CELL LINES
        S MASUDA; M NAGAO; R SASAKI
        ANIMAL CELL TECHNOLOGY: BASIC & APPLIED ASPECTS, VOL 6, 1994年, 査読有り
      • LOCALIZATION OF ERYTHROPOIETIN AND ERYTHROPOIETIN-RECEPTOR IN POSTIMPLANTATION MOUSE EMBRYOS
        Y YASUDA; M NAGAO; M OKANO; S MASUDA; R SASAKI; H KONISHI; T TANIMURA
        DEVELOPMENT GROWTH & DIFFERENTIATION, 1993年12月, 査読有り
      • サイトカインとそのレセプター系における糖鎖の機能
        永尾雅哉
        日本農芸化学会誌, 1993年12月
      • CHARACTERIZATION OF ERYTHROPOIETIN ISOLATED FROM RAT SERUM - BIOCHEMICAL-COMPARISON OF RAT AND HUMAN ERYTHROPOIETINS
        M OKANO; H SUGA; S MASUDA; M NAGAO; H NARITA; K IKURA; R SASAKI
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1993年11月, 査読有り
      • FUNCTIONAL ERYTHROPOIETIN RECEPTOR OF THE CELLS WITH NEURAL CHARACTERISTICS - COMPARISON WITH RECEPTOR PROPERTIES OF ERYTHROID-CELLS
        S MASUDA; M NAGAO; K TAKAHATA; Y KONISHI; F GALLYAS; T TABIRA; R SASAKI
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年05月, 査読有り
      • EFFECT OF TUNICAMYCIN TREATMENT ON LIGAND-BINDING TO THE ERYTHROPOIETIN RECEPTOR - CONVERSION FROM 2 CLASSES OF BINDING-SITES TO A SINGLE CLASS
        M NAGAO; S MATSUMOTO; S MASUDA; R SASAKI
        BLOOD, 1993年05月, 査読有り
      • 赤血球造血因子とその可溶型受容体の生産
        佐々木隆造; 永尾雅哉
        化学と生物, 1993年04月
      • Nucleotide sequence of rat erythropoietin
        Masaya Nagao; Haruhiko Suga; Masaki Okano; Seiji Masuda; Hiroshi Narita; Koji Ikura; Ryuzo Sasaki
        BBA - Gene Structure and Expression, 1992年11月15日, 査読有り
      • NUCLEOTIDE-SEQUENCE OF RAT ERYTHROPOIETIN
        M NAGAO; H SUGA; M OKANO; S MASUDA; H NARITA; K IKURA; R SASAKI
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA, 1992年11月, 査読有り
      • PRODUCTION AND LIGAND-BINDING CHARACTERISTICS OF THE SOLUBLE FORM OF MURINE ERYTHROPOIETIN RECEPTOR
        M NAGAO; S MASUDA; S ABE; M UEDA; R SASAKI
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1992年10月, 査読有り
      • TUMOR CYTOTOXIC FACTOR HEPATOCYTE GROWTH-FACTOR FROM HUMAN FIBROBLASTS - CLONING OF ITS CDNA, PURIFICATION AND CHARACTERIZATION OF RECOMBINANT PROTEIN
        N SHIMA; M NAGAO; F OGAKI; E TSUDA; A MURAKAMI; K HIGASHIO
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1991年10月, 査読有り
      • A FIBROBLAST-DERIVED TUMOR CYTOTOXIC FACTOR-F-TCF (HEPATOCYTE GROWTH FACTOR-HGF) HAS MULTIPLE FUNCTIONS INVITRO
        N SHIMA; Y ITAGAKI; M NAGAO; H YASUDA; T MORINAGA; K HIGASHIO
        CELL BIOLOGY INTERNATIONAL REPORTS, 1991年05月, 査読有り
      • IDENTITY OF A TUMOR CYTOTOXIC FACTOR FROM HUMAN FIBROBLASTS AND HEPATOCYTE GROWTH-FACTOR
        K HIGASHIO; N SHIMA; M GOTO; Y ITAGAKI; M NAGAO; H YASUDA; T MORINAGA
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1990年07月, 査読有り
      • Selection of mouse preimplantation embryos carrying exogenous DNA by polymerase chain reaction
        Takashi Ninomiya; Masaki Hoshi; Atsuko Mizuno; Masaya Nagao; Atsushi Yuki
        Molecular Reproduction and Development, 1989年, 査読有り
      • EXPRESSION OF BOVINE ALPHA-S1-CASEIN CDNA IN ESCHERICHIA-COLI
        M NAGAO; Y NAKAGAWA; A ISHII; R SASAKI; H TANAKA; H CHIBA
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1988年01月, 査読有り
      • NUCLEOTIDE-SEQUENCE COMPARISON OF MESSENGER-RNAS CODING FOR MAJOR CALCIUM-SENSITIVE CASEINS BETWEEN COW AND RAT
        M MAKI; C TIBBETTS; M NAGAO; R SASAKI; H CHIBA
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1985年, 査読有り
      • ISOLATION AND SEQUENCE-ANALYSIS OF BOVINE-ALPHA-S1-CASEIN CDNA CLONE
        M NAGAO; M MAKI; R SASAKI; H CHIBA
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1984年, 査読有り
      • CLONING OF CDNA SEQUENCE CODING FOR BOVINE-ALPHA-S1-CASEIN
        M MAKI; M NAGAO; M HIROSE; H CHIBA
        AGRICULTURAL AND BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1983年, 査読有り

      MISC

      • カワラケツメイからのカテプシンK阻害物質の単離・同定
        佐藤峻; 西野勝俊; 入江一浩; 大塚隆尚; 永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2021年
      • セージ(Salvia officinalis)からのapoA-Iを介するコレステロール搬出促進化合物の単離・同定
        平島知代子; 染谷健太; 西野勝俊; KSOURI Riadh; 松尾道憲; 礒田博子; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2021年
      • 地中海沿岸原産植物からのAhRリガンドの単離・同定
        染谷健太; 西野勝俊; KSOURI Riadh; 石川敏夫; 礒田博子; 礒田博子; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会関西支部講演会講演要旨集, 2020年
      • 味噌による免疫系の活性化を介したがん予防
        永尾 雅哉
        中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 2018年03月
      • 大豆ペプチドによる自然免疫系活性化機構の解明 (第19回研究報告会記録)
        永尾 雅哉
        大豆たん白質研究, 2017年06月
      • 味噌による自然免疫系活性化を介したがん予防
        永尾 雅哉
        中央味噌研究所研究報告 = Report of Central Miso Research Institute, 2017年03月
      • 核内受容体PPARγのユニークな特性と新奇リガンド開発への新展開
        宮前 友策; 永尾 雅哉
        化学と生物, 2016年
      • オートファジー阻害剤テトランドリンの新規作用機序
        宮前友策; 西藤有希奈; 仲井奈緒美; 増田誠司; 神戸大朋; 永尾雅哉
        第57回天然有機化合物討論会, 2015年09月, 査読有り
      • リガンド結合ポケットの特性を利用した新規共有結合性PPARγアゴニストの創製
        宮前友策; 大寺杏奈; 吉田光多郎; 前嶋一宏; 秋田徹; 垣塚彰; 入江一浩; 増田誠司; 神戸大朋; 永尾雅哉
        日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会, 2015年06月, 査読有り
      • リガンド結合ポケットの特性に基づく新規共有結合性PPARγアゴニストの創製
        宮前友策; 大寺杏奈; 吉田光多郎; 秋田徹; 前嶋一宏; 垣塚彰; 入江一浩; 増田誠司; 神戸大朋; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2015年度大会, 2015年03月
      • Cooperative activation of PPARγ by combination of irreversible antagonist and partial agonists: implication for novel activation mechanism based on covalent modification
        Yusaku Miyamae; Anna Ohtera; Kotaro Yoshida; Tohru Akita; Kazuhiro Maejima; Akira Kakizuka; Kazuhiro Irie; Seiji Masuda; Taiho Kambe; Masaya Nagao
        International Chemical Biology Society 3rd annual meeting, 2014年11月, 査読有り
      • 共有結合性リガンドの開発を目指した新規PPARγ活性化機構の解明
        宮前友策; 大寺杏奈; 吉田光多郎; 秋田徹; 前嶋一宏; 垣塚彰; 増田誠司; 神戸大朋; 永尾雅哉
        第56回天然有機化合物討論会, 2014年10月, 査読有り
      • 抗線維化物質テトランドリンによるオートファジー経路制御機構の解析
        西藤有希奈; 宮前友策; 仲井奈緒美; Han Junkyu; 礒田博子; 増田誠司; 神戸大朋; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, 2014年06月, 査読有り
      • PPARγアンタゴニスト変換活性物質による脂肪蓄積抑制機構の解析
        大寺杏奈; 宮前友策; 大泉宏; 垣塚彰; 増田誠司; 神戸大朋; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月
      • バンウコンからのPPARγアンタゴニスト変換活性物質の単離と推定結合様式の解析
        宮前友策; 大寺杏奈; 吉田光多郎; 仲井奈緒美; 王健一; 秋田徹; 前嶋一宏; 増田誠司; 神戸大朋; 森直樹; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2014年度大会, 2014年03月
      • 抗線維化物質テトランドリンによるマクロリポファジー制御
        宮前 友策; 西藤 有希奈; 仲井 奈緒美; 翁長 彰子; 韓 畯奎; 礒田 博子; 芦田 久; 神戸 大朋; 増田 誠司; 入江 一浩; 永尾 雅哉
        第3回植物生理科学シンポジウム, 2013年07月
      • ニガハッカ由来不飽和脂肪酸のPPARγ及びGPR40に対するデュアルアゴニスト活性
        大寺杏奈; 宮前友策; 仲井奈緒美; 荒川武明; 平澤明; 河内敦; 川田清和; 韓畯奎; 礒田博子; Mohamed Neffati; 前嶋一宏; 秋田徹; 森直樹; 入江一浩; 神戸大朋; 増田誠司; 永尾雅哉
        新規素材探索研究会, 2013年06月
      • ニガハッカからのPPARγアゴニスト活性物質の探索
        大寺杏奈; 宮前友策; 仲井奈緒美; 荒川武明; 平澤明; 河内敦; 川田清和; 韓畯奎; 礒田博子; Mohamed Neffati; 前嶋一宏; 秋田徹; 森直樹; 入江一浩; 神戸大朋; 増田誠司; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2013年度大会, 2013年03月
      • 抗線維化物質テトランドリンの肝星細胞におけるマクロリポファジー制御
        宮前友策; 仲井奈緒美; 翁長彰子; 韓畯奎; 礒田博子; 芦田久; 神戸大朋; 増田誠司; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年06月, 査読有り
      • バンウコンからのPPARγアンタゴニスト変換活性物質の探索
        宮前友策; 吉田光多郎; 大寺杏奈; 仲井奈緒美; 王健一; 秋田徹; 前嶋一宏; 森直樹; 入江一浩; 神戸大朋; 増田誠司; 永尾雅哉
        新規素材探索研究会, 2012年06月
      • 抗線維化物質テトランドリンによる肝星細胞でのマクロリポファジー制御
        宮前友策; 仲井奈緒美; 翁長彰子; 韓畯奎; 礒田博子; 芦田久; 神戸大朋; 入江一浩; 永尾雅哉
        日本農芸化学会2012年度大会, 2012年03月
      • Preface.
        Hiroko Isoda; Masaya Nagao; Sanetaka Shirahata
        Cytotechnology, 2011年03月
      • ‘Malignant’ conformation of Alzheimer’s β peptides (Aβ42) through radical formation.
        Murakami, K; Irie, K; Ohigashi, H; Hara, H; Nagao, M; Shimizu, T; Shirasawa, T
        International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium, Yokohama, Japan, 2006年11月, 査読有り
      • Formation and stabilization mechanism of the β-amyloid radical.
        Murakami, K; Irie, K; Ohigashi, H; Hara, H; Nagao, M; Shimizu, T; Shirasawa, T
        ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, 2006年07月, 査読有り
      • Alzheimer’s 42-mer β peptide-specific mechanism of neurotoxicity through radical formation.
        Murakami, K; Irie, K; Ohigashi, H; Hara, H; Nagao, M; Shimizu, T; Shirasawa, T
        35th Annual Meeting of Society for Neuroscience, Washington DC, USA, 2005年11月, 査読有り
      • β アミロイドの新しい凝集モデルに基づく神経細胞毒性発現機構.
        村上一馬; 入江一浩; 森本 晃; 増田裕一; 大東 肇; 永尾雅哉; 清水孝彦; 白澤卓二
        第 47回天然有機化合物討論会, 徳島, 2005年10月, 査読有り
      • New aggregation model of amyloid β by the systematic proline replacement.
        Murakami, K; Irie, K; Morimoto, A; Masuda, Y; Ohigashi, H; Nagao, M; Fukuda, H; Shimizu, T; Shirasawa, T
        1st Asia-Pacific International Peptide Symposium, 41st Japanese Peptide Symposium, Fukuoka, Japan, 2004年11月, 査読有り
      • Erythropoietin regulates ischemia-induced retinal neovascularization
        D Watanabe; H Takagi; K Suzuma; Suzuma, I; H Ohashi; T Ojima; T Kobayashi; M Nagao; Y Hinda
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 2004年04月
      • 虚血性網膜血管新生におけるエリスロポエチンの発現制御
        渡部 大介; 鈴間 潔; 鈴間 泉; 大橋 裕一; 尾島 知成; 栗本 雅史; 村上 智昭; 木村 徹志; 山下 哲次; 小林 利寛; 永尾 雅哉; 高木 均
        日本眼科学会雑誌, 2004年03月
      • 増殖糖尿病網膜症の血管新生におけるエリスロポエチンの重要性
        高木均; 渡部大介; 鈴間潔; 鈴間泉; 大橋啓一; 尾島智成; 栗本雅文; 村上智昭; 木村徹志; 小林利寛; 永尾雅哉; 吉村長久
        第58回日本臨床眼科学会総会 2004年, 2004年, 査読有り
      • 虚血性網膜血管新生におけるエリスロポエチン1の抑制作用
        渡部大介; 鈴間潔; 鈴間泉; 大橋啓一; 尾島智成; 栗本雅文; 村上智昭; 木村徹志; 山下哲次; 小林利寛; 永尾雅哉; 高木均
        第108回日本眼科学会総会 2004年, 2004年, 査読有り
      • Hypoxia inducible factor-1 (HIF-1) transcriptional activity in human hepatoma cell lines and its relation to cellular metabolism and proliferation under hypoxic condition.
        H Fujii; T Hirose; M Nagao; T Kambe; S Masuda; S Oe; T Nishio; N Shinkura; Y Iimuro; T Morimoto; R Sasaki
        HEPATOLOGY, 1999年10月
      • In vivo evidence that erythropoietin protects neurons from ischemic damage
        M Sakanaka; TC Wen; S Matsuda; S Masuda; E Morishita; M Nagao; R Sasaki
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1998年04月, 査読有り
      • A NOVEL FUNCTION OF ERYTHROPOIETIN IN BRAIN
        R SASAKI; S MASUDA; M NAGAO
        JOURNAL OF NEUROCHEMISTRY, 1995年

      書籍等出版物

      • EPO(エリスロポイエチン)受容体
        永尾 雅哉
        廣川書店 廣川タンパク質化学 第2巻 受容体タンパク質I,201-209, 1993年, 査読無し

      Works(作品等)

      • 雌性生殖器官によるエリスロポエチン産生
        自 1997年, 至 2002年
      • Production of erythropoietin in the female reproductive organs
        自 1997年, 至 2002年

      受賞

      • 1997年
        日本農芸化学会, 農芸化学奨励賞(1996年度)The Japan Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry Society Award for the encouragement of young scientists
      • 1997年
        日本農芸化学会, 農芸化学奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 植物アルカロイド生合成系の分子進化の解明と代謝工学
        基盤研究(S)
        京都大学
        佐藤 文彦
        自 2014年05月30日, 至 2018年03月31日, 完了
        植物アルカロイド生合成系;生合成系の分子進化;代謝工学と代謝再構築;有用二次代謝産物生産;生理機能評価
      • 珍奇三重結合含有脂肪酸に着目したバイオロジーの新展開
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        永尾 雅哉
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        脂肪酸;インスリン;脂肪蓄積;糖尿病;小胞体ストレス;脂肪酸受容体
      • 血中因子(エリスロポエチン)の神経栄養因子としての機能
        基盤研究(B)
        滋賀県立大学;京都大学
        佐々木 隆造
        完了
        エリスロポエチン;赤血球造血;神経細胞死;虚血;脳;腎臓;遺伝子発現;ハイポキシア;脳虚血;低酸素;神経保護;アストログリア;転写;mRNA安定化, Erythropoietin;Eryghropoiesis;Neuron death;Ischemia;Brain;Kidney;Gene expression;Hypoxia
      • 赤血球造血因子エリスロポエチンの子宮特異的な生合成制御機構とその生理的意義の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        永尾 雅哉;増田 誠司
        完了
        エリスロポエチン;エストロゲン;子宮;低酸素;卵管;精巣上体;血管新生;雌性生殖器官, erythropoietin;estrogen;uterus;hypoxia;oviduct;epididymis;angiogenesis
      • 酸素による遺伝子発現調節機構を利用した腫瘍細胞死の誘発
        萌芽的研究
        京都大学
        佐々木 隆造
        完了
        低酸素エンハンサー;乳酸脱水素酵素;多剤耐性;腫瘍細胞;細胞死;アンチセンスRNA
      • 酸素センサーの解明とその細胞工学への応用
        基盤研究(C)
        京都大学
        永尾 雅哉
        完了
        酸素センサー;低酸素;エリスロポエチン;転写調節;細胞工学;酵素センサー;低酵素, oxygen sensor;hypoxia;erythropoietin;transcription;cell technology
      • 赤血球造血因子(エリスロポエチン)の新しい生理作用に関する応用細胞生物学的研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        佐々木 隆造
        完了
        エリスロポエチン;脳;子宮;卵管;神経細胞死;血管形成;細胞工学;酸素;腎臓;エストロゲン;神経細胞;虚血;神経栄養因子;低酸素;血管新生;中枢神経系;虚血性神経細胞因子, erithropoietin;brain;uterus;oriduct;neuron death;angiogenesis;cell technology;oxygen
      • 脳神経細胞に対するエリスロポエチンの栄養因子的作用
        重点領域研究
        京都大学
        永尾 雅哉
        完了
        エリスロポエチン;神経;栄養因子;アストロサイト;受容体;低酸素誘導
      • 可溶性エリスロポエチン受容体を用いた食品等からの造血因子の探索
        奨励研究(A)
        京都大学
        永尾 雅哉
        完了
        エリスロポエチン;エリスロポエチン受容体;神経系;ファージライブラリー;モノクローナル抗体
      • 赤血球造血因子の多面的生理作用と生合成の制御に関する研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        佐々木 隆造
        完了
        エリスロポエチン;エリスロポエチン受容体;アストログリア;神経細胞;神経栄養因子;子宮組織;エストラジオール;子宮毛細血管;中枢神経系;ニューロン;グルタミン酸毒性;脳虚血;海馬;大脳皮質;神経系;シアル酸;アストロサイト;酸素分圧;神経細胞死;グルタミン酸, Erythropoietin;Erythropoietin receptor;Astrocyte;Neuron;Neurotrophic factor;Uterus;Estradiol;Uterine capillary

      外部資金:その他

      • 大豆ペプチドによる自然免疫系活性化機構
        公益財団法人不二たん白質研究振興財団
        自 2015年04月01日, 至 2015年03月31日
        永尾雅哉
      • 味噌による自然免疫系活性化を介したがん予防
        一般社団法人中央味噌研究所
        自 2015年04月01日, 至 2015年03月31日
        永尾雅哉
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生体情報応答学
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学概論B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生体情報応答学
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学概論B
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生体情報応答学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生体情報応答学
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第1
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第2
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          統合生命科学特別演習
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生体情報応答学
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食品生物科学演習
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          食品分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          食品分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          食品分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          食品分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (生体情報応答学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          食品分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Life Science:From Basics to Applications
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (生体情報応答学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品分子生物学II
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          食品生物科学概論
          前期, 農学部

        非常勤講師

        • 自 2016年10月01日, 至 2017年03月31日
          福井県立大学
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2009年04月01日, 至 2011年03月31日
            学生部委員会 委員
          • 自 2013年08月01日, 至 2017年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員
          • 自 2005年04月20日, 至 2016年03月31日
            留学生担当教員連絡会構成員
          • 自 1999年04月01日
            京都大学補導委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            農学研究科建築委員会委員(オブザーバー)
          • 自 2012年06月01日, 至 2022年03月31日
            放射性同位元素総合センター共同利用検討委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年04月30日
            企画評価専門委員会分野別部会委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2013年07月10日, 至 2015年04月30日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 生物学部会 委員
          • 自 2017年04月01日
            百二十五年史編集委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            統合生命科学専攻副専攻長

          部局運営(役職等)

          • 自 2004年04月01日, 至 2017年03月31日
            中期目標・中期計画検討委員会 委員
          • 自 2001年04月01日, 至 2011年03月31日
            教務委員会 委員
          • 自 2004年04月01日, 至 2016年03月31日
            安全・環境保全委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            制度・財政委員会 委員
          • 自 2011年04月01日
            化学物質管理小委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2014年03月31日
            統合生命科学専攻長
          • 自 2004年04月01日
            生命科学研究科衛生管理者
          • 自 2014年10月01日, 至 2015年09月30日
            奨学金免除返還候補者審査委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年07月31日
            RI委員会 委員
          • 自 2006年04月01日, 至 2007年03月31日
            統合生命科学副専攻長
          • 自 2007年04月01日, 至 2008年03月31日
            統合生命科学専攻長
          • 自 2012年04月01日, 至 2013年03月31日
            統合生命科学副専攻長
          • 自 2018年04月01日
            人権委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日
            改善委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            男女共同参画推進アクションプラン推進委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            生命科学研究科同窓会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            統合生命科学専攻専攻長
          • 自 2016年04月01日
            安全・環境保全委員会 委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            放射線障害防止委員会4号
          list
            Last Updated :2022/05/13

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2001年
              評議員, 日本生化学会
            • 自 2001年
              評議員, 日本農芸化学会
            • 自 2001年
              Trustee(The Agricultural Chemical Society of Japan), Trustee(The Japanese Biochemical Society), Trustee(The Japanese Assosiation for Animal Cell Technology), The Agricultural Chemical Society of Japan The Japanese Biochemical Society The Molecular Biology Society of Japan The Japanese Society of Hematology The Japanese Assosiation for Animal Cell Technology The Japanese Neurochemical Society
            • 自 1999年
              編集幹事,評議員, 日本動物細胞工学会

            ページ上部へ戻る