教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

尾勝 圭

オカツ ケイ

理学研究科 化学専攻相関化学講座 助教

尾勝 圭
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 自 2021年01月, 至 現在
      日本結晶学会
    • 自 2011年08月, 至 現在
      日本分子生物学会
    • 至 現在
      日本生化学会

    学位

    • 修士(医科学)(新潟大学)
    • 博士(生命科学)(東京大学)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      論文

      • 14-3-3 proteins stabilize LGI1-ADAM22 levels to regulate seizure thresholds in mice.
        Norihiko Yokoi; Yuko Fukata; Kei Okatsu; Atsushi Yamagata; Yan Liu; Makoto Sanbo; Yuri Miyazaki; Teppei Goto; Manabu Abe; Hidetoshi Kassai; Kenji Sakimura; Dies Meijer; Masumi Hirabayashi; Shuya Fukai; Masaki Fukata
        Cell reports, 2021年12月14日
      • Structural basis for specific recognition of K6-linked polyubiquitin chains by the TAB2 NZF domain.
        Yanjun Li; Kei Okatsu; Shuya Fukai; Yusuke Sato
        Biophysical journal, 2021年08月17日
      • Structural insights into ubiquitin recognition and Ufd1 interaction of Npl4.
        Yusuke Sato; Hikaru Tsuchiya; Atsushi Yamagata; Kei Okatsu; Keiji Tanaka; Yasushi Saeki; Shuya Fukai
        Nature communications, 2019年12月13日
      • Structural insights into ubiquitin phosphorylation by PINK1.
        Kei Okatsu; Yusuke Sato; Koji Yamano; Noriyuki Matsuda; Lumi Negishi; Akiko Takahashi; Atsushi Yamagata; Sakurako Goto-Ito; Masaki Mishima; Yutaka Ito; Toshihiko Oka; Keiji Tanaka; Shuya Fukai
        Scientific reports, 2018年07月10日
      • Structural basis for specific cleavage of Lys6-linked polyubiquitin chains by USP30.
        Yusuke Sato; Kei Okatsu; Yasushi Saeki; Koji Yamano; Noriyuki Matsuda; Ai Kaiho; Atsushi Yamagata; Sakurako Goto-Ito; Minoru Ishikawa; Yuichi Hashimoto; Keiji Tanaka; Shuya Fukai
        Nature structural & molecular biology, 2017年11月
      • Constitutive Activation of PINK1 Protein Leads to Proteasome-mediated and Non-apoptotic Cell Death Independently of Mitochondrial Autophagy.
        Shiori Akabane; Kohei Matsuzaki; Shun-Ichi Yamashita; Kana Arai; Kei Okatsu; Tomotake Kanki; Noriyuki Matsuda; Toshihiko Oka
        The Journal of biological chemistry, 2016年07月29日
      • Unexpected mitochondrial matrix localization of Parkinson's disease-related DJ-1 mutants but not wild-type DJ-1.
        Waka Kojima; Yuki Kujuro; Kei Okatsu; Queliconi Bruno; Fumika Koyano; Mayumi Kimura; Koji Yamano; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2016年07月
      • Phosphorylated ubiquitin chain is the genuine Parkin receptor.
        Kei Okatsu; Fumika Koyano; Mayumi Kimura; Hidetaka Kosako; Yasushi Saeki; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        The Journal of cell biology, 2015年04月13日
      • Unconventional PINK1 localization to the outer membrane of depolarized mitochondria drives Parkin recruitment.
        Kei Okatsu; Mayumi Kimura; Toshihiko Oka; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        Journal of cell science, 2015年03月01日
      • Ubiquitin is phosphorylated by PINK1 to activate parkin.
        Fumika Koyano; Kei Okatsu; Hidetaka Kosako; Yasushi Tamura; Etsu Go; Mayumi Kimura; Yoko Kimura; Hikaru Tsuchiya; Hidehito Yoshihara; Takatsugu Hirokawa; Toshiya Endo; Edward A Fon; Jean-François Trempe; Yasushi Saeki; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        Nature, 2014年06月05日
      • A dimeric PINK1-containing complex on depolarized mitochondria stimulates Parkin recruitment.
        Kei Okatsu; Midori Uno; Fumika Koyano; Etsu Go; Mayumi Kimura; Toshihiko Oka; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        The Journal of biological chemistry, 2013年12月20日
      • Different dynamic movements of wild-type and pathogenic VCPs and their cofactors to damaged mitochondria in a Parkin-mediated mitochondrial quality control system.
        Yoko Kimura; Junpei Fukushi; Seiji Hori; Noriyuki Matsuda; Kei Okatsu; Yukie Kakiyama; Junko Kawawaki; Akira Kakizuka; Keiji Tanaka
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2013年12月
      • The principal PINK1 and Parkin cellular events triggered in response to dissipation of mitochondrial membrane potential occur in primary neurons.
        Fumika Koyano; Kei Okatsu; Shinsuke Ishigaki; Yusuke Fujioka; Mayumi Kimura; Gen Sobue; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2013年08月
      • Parkin-catalyzed ubiquitin-ester transfer is triggered by PINK1-dependent phosphorylation.
        Masahiro Iguchi; Yuki Kujuro; Kei Okatsu; Fumika Koyano; Hidetaka Kosako; Mayumi Kimura; Norihiro Suzuki; Shinichiro Uchiyama; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        The Journal of biological chemistry, 2013年07月26日
      • Mitochondrial hexokinase HKI is a novel substrate of the Parkin ubiquitin ligase.
        Kei Okatsu; Shun-Ichiro Iemura; Fumika Koyano; Etsu Go; Mayumi Kimura; Tohru Natsume; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        Biochemical and biophysical research communications, 2012年11月09日
      • PINK1 autophosphorylation upon membrane potential dissipation is essential for Parkin recruitment to damaged mitochondria.
        Kei Okatsu; Toshihiko Oka; Masahiro Iguchi; Kenji Imamura; Hidetaka Kosako; Naoki Tani; Mayumi Kimura; Etsu Go; Fumika Koyano; Manabu Funayama; Kahori Shiba-Fukushima; Shigeto Sato; Hideaki Shimizu; Yuko Fukunaga; Hisaaki Taniguchi; Masaaki Komatsu; Nobutaka Hattori; Katsuyoshi Mihara; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        Nature communications, 2012年
      • [Mechanisms underling the cause of Parkinson's disease: the functions of Parkin/PINK1].
        Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda; Kei Okatsu
        Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology, 2010年11月
      • p62/SQSTM1 cooperates with Parkin for perinuclear clustering of depolarized mitochondria.
        Kei Okatsu; Keiko Saisho; Midori Shimanuki; Kazuto Nakada; Hiroshi Shitara; Yu-Shin Sou; Mayumi Kimura; Shigeto Sato; Nobutaka Hattori; Masaaki Komatsu; Keiji Tanaka; Noriyuki Matsuda
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2010年08月
      • PINK1 stabilized by mitochondrial depolarization recruits Parkin to damaged mitochondria and activates latent Parkin for mitophagy.
        Noriyuki Matsuda; Shigeto Sato; Kahori Shiba; Kei Okatsu; Keiko Saisho; Clement A Gautier; Yu-Shin Sou; Shinji Saiki; Sumihiro Kawajiri; Fumiaki Sato; Mayumi Kimura; Masaaki Komatsu; Nobutaka Hattori; Keiji Tanaka
        The Journal of cell biology, 2010年04月19日

      MISC

      • ユビキチンリガーゼUBE3Aは26Sプロテアソームの負の調節因子である
        土屋光; 尾勝圭; 田中啓二; 深井周也; 佐伯泰
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2020年
      • ミトコンドリア外膜への自由な局在化によるPINK1の活性化
        尾勝圭; 松田憲之; 深井周也
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2019年
      • USP30によるLys6結合型ユビキチン鎖特異的切断機構の構造的基盤
        佐藤裕介; 尾勝圭; 佐伯泰; 山野晃史; 松田憲之; 海保愛; 山形敦史; 伊藤桜子; 石川稔; 橋本祐一; 田中啓二; 深井周也
        日本生化学会大会(Web), 2017年
      • PINK1が異常ミトコンドリアの外膜に特異的に局在化する仕組み
        松田憲之; 尾勝圭; 小谷野史香; 田中啓二
        日本細胞生物学会大会要旨集, 2015年
      • 分子から見た新しいシグナリング機構 3.ミトコンドリア分解におけるリン酸化ユビキチンシグナル
        尾勝圭; 松田憲之
        実験医学, 2015年
      • リン酸化ユビキチンがParkinの活性を制御する
        小谷野史香; 尾勝圭; 小迫英尊; 木村まゆみ; 土屋光; 吉原英人; 佐伯泰; 田中啓二; 松田憲之
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • 家族性パーキンソン病原因因子DJ-1のミトコンドリア局在
        小島和華; 山野晃史; 尾勝圭; 久住呂友紀; 木村まゆみ; 田中啓二; 松田憲之
        日本生化学会大会(Web), 2015年
      • ミトコンドリア品質管理に関わるPINK1とParkinの分子機構
        尾勝圭
        日本病態プロテアーゼ学会学術集会プログラム抄録集, 2014年
      • PINK1/Parkinによるカスパーゼ非依存性細胞死の解析
        松崎航平; 荒井伽奈; 尾勝圭; 松田憲之; 岡敏彦
        日本ミトコンドリア学会年会要旨集, 2014年
      • Parkin遺伝子はチオエステル中間体を形成する
        久住呂友紀; 久住呂友紀; 井口正寛; 尾勝圭; 小谷野史香; 木村まゆみ; 鈴木則宏; 田中啓二; 松田憲之
        日本神経学会学術大会プログラム・抄録集, 2013年
      • PINK1の複合体形成とリン酸化によるミトコンドリア品質管理機構の制御
        尾勝圭; 尾勝圭; 宇野碧; 岡敏彦; 呉越; 木村まゆみ; 松田憲之; 田中啓二
        日本生化学会大会(Web), 2013年
      • Basic Neuroscience 3.生化学 1)ミトコンドリア膜電位依存性の品質管理機構:ParkinとPINK1の役割
        田中啓二; 松田憲之; 尾勝圭
        Annual Review 神経, 2012年
      • ユビキチン修飾系の分子機構と疾患 Parkinユビキチンリガーゼとミトコンドリアの品質管理
        尾勝圭; 松田憲之
        医学のあゆみ, 2012年
      • PINK1とParkinによるミトコンドリア品質管理の分子メカニズム
        尾勝圭; 尾勝圭; 岡敏彦; 小迫英尊; 三原勝芳; 松田憲之; 田中啓二
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • PINK1のリン酸化はParkinによるミトコンドリア品質維持を制御する
        尾勝圭; 尾勝圭; 岡敏彦; 井口正寛; 今村健二; 今村健二; 小迫英尊; 谷直紀; 木村まゆみ; 呉越; 小谷野史香; 小谷野史香; 福永裕子; 谷口寿章; 三原勝芳; 松田憲之; 田中啓二
        日本生化学会大会(Web), 2012年
      • マウス初代神経細胞におけるミトコンドリア品質維持とPINK1/Parkin
        小谷野史香; 井口正寛; 尾勝圭; 松田憲之; 田中啓二
        日本生化学会大会(Web), 2012年
      • ミトコンドリア-ストレスからパーキンソン病を解明する
        小谷野史香; 尾勝圭; 松田憲之; 田中啓二
        臨床ストレス応答学会大会抄録集, 2012年
      • 異所局在的なPINK1を用いたParkinの局在化の解析
        WU Yue; 尾勝圭; 木村まゆみ; 松田憲之; 田中啓二
        日本生化学会大会(Web), 2012年
      • 細胞内分解がかかわるバイオロジートピックス 8.パーキンソン病を制御するタンパク質分解
        松田憲之; 尾勝圭; 田中啓二
        実験医学, 2011年
      • ミトコンドリア異常を伝えるPINK1シグナル
        松田憲之; 尾勝圭; 田中啓二
        生化学, 2011年
      • パーキンソン病原因遺伝子PINK1の制御によるミトコンドリア品質維持機構
        尾勝圭; 尾勝圭; 岡敏彦; 井口正寛; 今村健二; 今村健二; 木村まゆみ; 柴佳保里; 福永裕子; 佐藤栄人; 小松雅明; 服部信孝; 三原勝芳; 田中啓二; 田中啓二; 松田憲之
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2011年
      • 若年性パーキンソン病は膜電位を失ったミトコンドリアの品質管理不全病である(膜電位依存的なPINK1の分解とParkinの活性化が鍵だった)
        松田憲之; 尾勝圭; 田中啓二
        生化学, 2010年
      • パーキンソン病の分子病態機序:Parkin/PINK1の機能
        田中啓二; 松田憲之; 尾勝圭
        日本神経学会総会プログラム・抄録集, 2010年
      • マウス胚性線維芽細胞において,p62はParkinによる異常ミトコンドリアの集合に必須である。
        尾勝圭; 税所慶子; 島貫碧; 中田和人; 設楽浩志; SOU Yu-shin; 木村まゆみ; 佐藤栄人; 服部信孝; 小松雅明; 田中啓二; 松田憲之
        生化学, 2010年
      • パーキンソン病の原因遺伝子産物Parkinのユビキチン連結酵素(E3)活性はミトコンドリアへの移行によって制御される.
        尾勝圭; 税所慶子; 佐藤栄人; 柴佳保里; 木村まゆみ; 服部信孝; 田中啓二; 松田憲之
        生化学, 2009年
      • サイトカインシグナル抑制因子SOCS-7の新規機能の解析:TRIAD3はSOCS-7の新たな相互作用因子である
        尾勝圭; 小島裕久; 舛廣善和; 舛廣善和; 花澤重正; 花澤重正
        日本農芸化学会大会講演要旨集, 2009年

      外部資金:科学研究費補助金

      • 炎症抑制ユビキチンリガーゼTriad3によるユビキチン認識と作動機構の解明
        若手研究
        小区分44010:細胞生物学関連
        京都大学
        尾勝 圭
        自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        ユビキチン;炎症;細胞内情報伝達経路
      • ユビキチンリガーゼParkinによる触媒機構の構造基盤
        若手研究
        小区分43030:機能生物化学関連
        京都大学;東京大学
        尾勝 圭
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ユビキチン化;リン酸化;パーキンソン病;ミトコンドリア;オートファジー;構造解析;ユビキチン
      • パーキンソン病原因遺伝子産物PINK1とParkinの構造基盤の確立
        特別研究員奨励費
        東京大学
        自 2015年04月24日, 至 2018年03月31日, 完了
        パーキンソン病;ミトコンドリア;リン酸化;マイトファジー;Parkin;PINK1;ユビキチン;キナーゼ
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学実験B
          後期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学課題研究2
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学IV
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          相関化学演習IID
          後期, 理学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科放射線委員会委員

          ページ上部へ戻る