教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

酒井 博幸

サカイ ヒロユキ

医生物学研究所 ウイルス感染研究部門 准教授

酒井 博幸
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 腫瘍ウイルス生物学, 准教授
    • 医学研究科, 医科学専攻 腫瘍ウイルス生物学, 准教授

    所属学協会

    • 日本分子生物学会
    • 日本癌学会
    • 日本エイズ学会
    • 日本ウイルス学会

    学位

    • 薬学修士(京都大学)
    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程病理系専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院薬学研究科修士課程製薬化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 薬学部, 卒業

    経歴

    • 自 1996年04月
      - 京都大学ウイルス研究所 助教授
    • 自 1996年
      ./4- Institute for Virus Research,Kyoto University,
    • Associate Professor

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ヒトパピローマウイルス感染機構の解析
      • 研究概要

        ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染機構と、腫瘍形成機構の解析を行っている。

      研究キーワード

      • ヒト免疫不全症ウイルス
      • がんウイルス
      • パピローマウイルス
      • Human immunodeficiency virus
      • Tumor virus
      • Papillomavirus

      研究分野

      • ライフサイエンス, ウイルス学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • CDK9 Inhibitor FIT-039 Suppresses Viral Oncogenes E6 and E7 and Has a Therapeutic Effect on HPV-Induced Neoplasia.
        Ajiro M; Sakai H; Onogi H; Yamamoto M; Sumi E; Sawada T; Nomura T; Kabashima K; Hosoya T; Hagiwara M
        Clinical cancer research, 2018年04月, 査読有り
      • Retinoid derivative Tp80 exhibits anti‐hepatitis C virus activity through restoration of GI‐GPx expression
        Bao Ngoc Nguyen; Yukiko Okuno; Masahiko Ajiro; Kei Iida; Masatsugu Denawa; Makoto Yamamoto; Naoya Sakamoto; Hiroyuki Kagechika; Masatoshi Hagiwara
        Journal of Medical Virology, 2017年07月
      • Selective inhibition of HIV-1 replication by the CDK9 inhibitor FIT-039.
        Mika Okamoto; Akemi Hidaka; Masaaki Toyama; Takamitsu Hosoya; Makoto Yamamoto; Masatoshi Hagiwara; Masanori Baba
        Antiviral research, 2015年11月
      • Cdk9阻害剤、FIT-039は複数のDNAウイルスの複製を阻害する
        Makoto Yamamoto
        Journal of Clinical Investigation, 2014年08月, 査読有り
      • HPV18 E1(boolean AND)E4 is assembled into aggresome-like compartment and involved in sequestration of viral oncoproteins
        Naoko Kajitani; Ayano Satsuka; Satoshi Yoshida; Hiroyuki Sakai
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2013年08月, 査読有り
      • Productive lifecycle of human papillomaviruses that depends upon squamous epithelial differentiation
        Naoko Kajitani; Ayano Satsuka; Akifumi Kawate; Hiroyuki Sakai
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2012年, 査読有り
      • HPV 18 E1˄E4, a viral gene product encoded by the early gene region of HPV genome, interacts with vimentin intermediate filaments in vitro and in vivo.
        梶谷直子; 佐塚文乃; 川手章史; 酒井博幸
        International Union of Microbiological Societies Congresses 2011, Sapporo, Sep11-16, 2011年, 査読有り
      • Novel human papillomavirus type 18 replicon and its application in screening the antiviral effects of cytokines
        Ayano Satsuka; Satoshi Yoshida; Naoko Kajitani; Hiroyasu Nakamura; Hiroyuki Sakai
        CANCER SCIENCE, 2010年02月, 査読有り
      • Life cycle of HPV governed by the differentiation program of epithelial cell
        A. Satsuka; H. Sakai
        ウイルス, 2008年12月
      • Ras modifies proliferation and invasiveness of cells expressing human papillomavirus oncoproteins
        Satoshi Yoshida; Naoko Kajitani; Ayano Satsuka; Hiroyasu Nakamura; Hiroyuki Sakai
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2008年09月, 査読有り
      • Molecular mechanisms of hyperplasia induction by human papillomavirus E7
        T. Ueno; K. Sasaki; S. Yoshida; N. Kajitani; A. Satsuka; H. Nakamura; H. Sakai
        ONCOGENE, 2006年07月, 査読有り
      • Requirement of E7 oncoprotein for viability of HeLa cells
        A Nishimura; T Nakahara; T Ueno; K Sasaki; S Yoshida; S Kyo; PM Howley; H Sakai
        MICROBES AND INFECTION, 2006年04月, 査読有り
      • Downregulation of CD4 is required for maintenance of viral infectivity of HIV-1
        M Tanaka; T Ueno; T Nakahara; K Sasaki; A Ishimoto; H Sakai
        VIROLOGY, 2003年07月, 査読有り
      • Modulation of the cell division cycle by human papillomavirus type 18 E4
        T Nakahara; A Nishimura; M Tanaka; T Ueno; A Ishimoto; H Sakai
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2002年11月, 査読有り
      • Regulatory mechanisms of virus infectivity by HIV accessory genes
        H. Sakai
        Virus, 2002年, 査読有り
      • The function of accessory genes of HIV-1
        T. Ueno; H. Sakai
        Nippon rinsho. Japanese journal of clinical medicine, 2002年, 査読有り
      • Analysis of dominant-negative effects of mutant Env proteins of human immunodeficiency virus type 1
        Y Iwatani; K Kawano; T Ueno; M Tanaka; A Ishimoto; M Ito; H Sakai
        VIROLOGY, 2001年07月, 査読有り
      • Modification of virus infectivity by cytoplasmic tail of HIV-1 TM protein
        Y Iwatani; T Ueno; A Nishimura; XY Zhang; T Hattori; A Ishimoto; M Ito; H Sakai
        VIRUS RESEARCH, 2001年04月, 査読有り
      • Resistance to Friend murine leukemia virus infection conferred by the Fv-4 gene is recessive but appears dominant from the effect of the immune system
        FM Zhang; LT Ya; Y Iwatani; K Higo; Y Suzuki; M Tanaka; T Nakahara; T Ono; H Sakai; K Kuribayashi; A Ishimoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2000年07月, 査読有り
      • Mechanisms of human papillomavirus E2-mediated repression of viral oncogene expression and cervical cancer cell growth inhibition
        A Nishimura; T Ono; A Ishimoto; JJ Dowhanick; MA Frizzell; PM Howley; H Sakai
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2000年04月, 査読有り
      • Functional association between the nef gene product and gag-pol region of HIV-1
        T Ono; Y Iwatani; A Nishimura; A Ishimoto; H Sakai
        FEBS LETTERS, 2000年01月, 査読有り
      • Analysis by multiplex PCR of the physical status of human papillomavirus type 16 DNA in cervical cancers
        M Yoshinouchi; A Hongo; K Nakamura; J Kodama; S Itoh; H Sakai; T Kudo
        JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY, 1999年11月, 査読有り
      • Induction of B-cell lymphoma in BALB/c nude mice with an ecotropic, B-tropic helper virus present in the murine AIDS virus stock
        L Tayar; K Higo; Y Kubo; Y Wang; LM Lu; FM Zhang; Y Iwatani; L Wang; T Ono; M Maeda; H Sakai; A Ishimoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1999年02月, 査読有り
      • Phosphorothioate hammerhead ribozymes targeting a conserved sequence in the V3 loop region inhibit HIV-1 entry
        XY Zhang; Y Iwatani; T Shimayama; R Yamada; A Koito; YN Xu; H Sakai; T Uchiyama; T Hattori
        ANTISENSE & NUCLEIC ACID DRUG DEVELOPMENT, 1998年12月, 査読有り
      • Two classes of human papillomavirus type 16 E1 mutants suggest pleiotropic conformational constraints affecting E1 multimerization, E2 interaction, and interaction with cellular proteins
        T Yasugi; M Vidal; H Sakai; PM Howley; JD Benson
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1997年08月, 査読有り
      • Human immunodeficiency virus type 1 Vpu modifies viral cytopathic effect through augmented virus release
        Y Iwatani; SK Song; LQ Wang; J Planas; H Sakai; A Ishimoto; MW Cloyd
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1997年04月, 査読有り
      • Mapping and characterization of the interaction domains of human papillomavirus type 16 E1 and E2 proteins
        T Yasugi; JD Benson; H Sakai; M Vidal; PM Howley
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1997年02月, 査読有り
      • Targeted mutagenesis of the human papillomavirus type 16 E2 transactivation domain reveals separable transcriptional activation and DNA replication functions
        H Sakai; T Yasugi; JD Benson; JJ Dowhanick; PM Howley
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1996年03月, 査読有り
      • Methods for HIV/SIV gene analysis
        Adachi A; Kawamura M; Tokunaga K; Sakai H
        Viral Genome Mothods, chapter 3, 1996年, 査読有り, 招待有り
      • FUNCTION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 VPU PROTEIN IN VARIOUS CELL-TYPES
        H SAKAI; K TOKUNAGA; M KAWAMURA; A ADACHI
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1995年11月, 査読有り
      • EARLY REPLICATION BLOCK OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 IN MONKEY CELLS
        R SHIBATA; H SAKAI; M KAWAMURA; K TOKUNAGA; A ADACHI
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1995年11月, 査読有り
      • GENERATION AND CHARACTERIZATION OF A HOST CELL-DEPENDENT GAG GENE MUTANT OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1
        J SAKURAGI; H SAKAI; M KAWAMURA; K TOKUNAGA; S UEDA; A ADACHI
        VIROLOGY, 1995年09月, 査読有り
      • EFFECTS OF TRANSLATION INITIATION-FACTOR EIF-5A ON THE FUNCTIONING OF HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I REX AND HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS REV INHIBITED TRANS DOMINANTLY BY A REX MUTANT DEFICIENT IN RNA-BINDING
        J KATAHIRA; T ISHIZAKI; H SAKAI; A ADACHI; K YAMAMOTO; H SHIDA
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1995年05月, 査読有り
      • REV-DEPENDENCY OF EXPRESSION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 GAG AND ENV GENES
        H SAKAI; RA FURUTA; K TOKUNAGA; M KAWAMURA; M HATANAKA; A ADACHI
        FEBS LETTERS, 1995年05月, 査読有り
      • Functional analysis of human spuma retrovirus genome
        A Adachi; H Sakai; K Tokunaga; M Kawamura
        VIRUS GENES, 1995年, 査読有り
      • Functionality of chimeric Rev proteins of HIV SIV
        RA Furuta; H Sakai; M Kawamura; K Tokunaga; M Hatanaka; A Adachi
        VIRUS GENES, 1995年, 査読有り
      • HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS VPX IS REQUIRED FOR THE EARLY PHASE OF REPLICATION IN PERIPHERAL-BLOOD MONONUCLEAR-CELLS
        M KAWAMURA; H SAKAI; A ADACHI
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1994年, 査読有り
      • INTEGRATION IS ESSENTIAL FOR EFFICIENT GENE-EXPRESSION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1
        H SAKAI; M KAWAMURA; JI SAKURAGI; S SAKURAGI; R SHIBATA; A ISHIMOTO; N ONO; S UEDA; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1993年03月, 査読有り
      • CELL-DEPENDENT REQUIREMENT OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 VIF PROTEIN FOR MATURATION OF VIRUS-PARTICLES
        H SAKAI; R SHIBATA; J SAKURAGI; S SAKURAGI; M KAWAMURA; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1993年03月, 査読有り
      • COMPATIBILITY OF TAT AND REV TRANSACTIVATORS IN THE PRIMATE LENTIVIRUSES
        H SAKAI; JI SAKURAGI; S SAKURAGI; M KAWAMURA; A ADACHI
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1993年, 査読有り
      • INFECTION OF MACAQUE MONKEYS WITH A CHIMERIC HUMAN AND SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS
        S SAKURAGI; R SHIBATA; R MUKAI; T KOMATSU; M FUKASAWA; H SAKAI; JI SAKURAGI; M KAWAMURA; K IBUKI; M HAYAMI; A ADACHI
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1992年11月, 査読有り
      • SEQUENCES RESPONSIBLE FOR EFFICIENT REPLICATION OF SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS SIV(MND) IN CELLS OF THE MONOCYTE MACROPHAGE LINEAGE
        H SAKAI; S SAKURAGI; JI SAKURAGI; M KAWAMURA; R SHIBATA; A ADACHI
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1992年11月, 査読有り
      • FUNCTIONAL CLASSIFICATION OF SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS ISOLATED FROM A CHIMPANZEE BY TRANSACTIVATORS
        J SAKURAGI; H SAKAI; S SAKURAGI; R SHIBATA; S WAINHOBSON; M HAYAMI; A ADACHI
        VIROLOGY, 1992年07月, 査読有り
      • Genetic characterization of simian immunodeficiency virus isolated from an African mandrill
        H. Sakai; J. I. Sakuragi; S. Sakuragi; R. Shibata; M. Hayami; A. Ishimoto; A. Adachi
        Archives of Virology, 1992年03月, 査読有り
      • Exchangeability of HIV/SIV regulatory genes
        J. Sakuragi; H. Sakai; A. Adachi
        Virus, 1992年, 査読有り
      • Functional analysis of biologically distinct genetic variants of simian immunodeficiency virus isolated from a mandrill
        Hiroyuki Sakai; Jun-Ichi Sakuragi; Sayuri Sakuragi; Riri Shibata; Akio Adachi
        Virology, 1992年, 査読有り
      • FUNCTIONAL-ANALYSIS OF LONG TERMINAL REPEATS DERIVED FROM 4 STRAINS OF SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS SIVAGM IN RELATION TO OTHER PRIMATE LENTIVIRUSES
        J SAKURAGI; M FUKASAWA; R SHIBATA; H SAKAI; M KAWAMURA; H AKARI; T KIYOMASU; A ISHIMOTO; M HAYAMI; A ADACHI
        VIROLOGY, 1991年11月, 査読有り
      • COMPATIBILITY OF REV GENE ACTIVITY IN THE 4 GROUPS OF PRIMATE LENTIVIRUSES
        H SAKAI; R SHIBATA; J SAKURAGI; T KIYOMASU; M KAWAMURA; M HAYAMI; A ISHIMOTO; A ADACHI
        VIROLOGY, 1991年10月, 査読有り
      • IDENTIFICATION OF FELINE IMMUNODEFICIENCY VIRUS REV GENE ACTIVITY
        T KIYOMASU; T MIYAZAWA; T FURUYA; R SHIBATA; H SAKAI; JI SAKURAGI; M FUKASAWA; N MAKI; A HASEGAWA; T MIKAMI; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1991年08月, 査読有り
      • GENERATION OF A CHIMERIC HUMAN AND SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS INFECTIOUS TO MONKEY PERIPHERAL-BLOOD MONONUCLEAR-CELLS
        R SHIBATA; M KAWAMURA; H SAKAI; M HAYAMI; A ISHIMOTO; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1991年07月, 査読有り
      • GENERATION AND CHARACTERIZATION OF THE HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 MUTANTS
        A ADACHI; N ONO; H SAKAI; K OGAWA; R SHIBATA; T KIYOMASU; H MASUIKE; S UEDA
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1991年, 査読有り
      • FUNCTIONAL COMPARISON OF TRANSACTIVATION BY HUMAN RETROVIRUS REV AND REX GENES
        H SAKAI; H SIOMI; H SHIDA; R SHIBATA; T KIYOMASU; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1990年12月, 査読有り
      • GENERATION AND CHARACTERIZATION OF INFECTIOUS CHIMERIC CLONES BETWEEN HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 AND SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS FROM AN AFRICAN-GREEN MONKEY
        R SHIBATA; H SAKAI; T KIYOMASU; A ISHIMOTO; M HAYAMI; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1990年12月, 査読有り
      • FV-1 RESTRICTION OF ENDOGENOUS FELINE C-TYPE RD114 VIRUS GENOME PHENOTYPICALLY MIXED WITH ECOTROPIC MURINE LEUKEMIA VIRUSES
        K KAKIMI; Y KISHIDA; HIGUCHI, I; T KIYOMASU; H SAKAI; R SHIBATA; S YANAGAWA; A ADACHI; A ISHIMOTO
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1990年08月, 査読有り
      • COMPLEMENTATION OF THE REV GENE MUTATION AMONG HUMAN AND SIMIAN LENTIVIRUSES
        H SAKAI; R SHIBATA; T MIURA; M HAYAMI; K OGAWA; T KIYOMASU; A ISHIMOTO; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1990年05月, 査読有り
      • MUTATIONAL ANALYSIS OF THE HUMAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS TYPE-2 (HIV-2) GENOME IN RELATION TO HIV-1 AND SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS SIVAGM
        R SHIBATA; T MIURA; M HAYAMI; K OGAWA; H SAKAI; T KIYOMASU; A ISHIMOTO; A ADACHI
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1990年02月, 査読有り
      • MUTATIONAL ANALYSIS OF SIMIAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS FROM AFRICAN-GREEN MONKEYS AND HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-2
        R SHIBATA; A ADACHI; H SAKAI; A ISHIMOTO; T MIURA; M HAYAMI
        JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY, 1990年, 査読有り
      • COMPARATIVE-STUDIES ON TAT MUTANTS OF 3 PRIMATE LENTIVIRUSES
        R SHIBATA; H SAKAI; K OGAWA; A ISHIMOTO; A ADACHI
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1990年, 査読有り
      • Construction and characterization of an infectious DNA clone and of mutants of simian immunodeficiency virus isolated from the African green monkey
        Riri Shibata; Tomoyuki Miura; Masanori Hayami; Hiroyuki Sakai; Koji Ogawa; Takahiro Kiyomasu; Akinori Ishimoto; Akio Adachi
        Journal of Virology, 1990年, 査読有り

      MISC

      • Human papillomavirus(HPV)E1 E4はaggresomeを形成する
        梶谷直子; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年10月29日
      • HPV 18E ^E4 の新規機能の探索
        梶谷直子; 川手章史; 酒井博幸
        第60 回日本ウイルス学会学術集会 大阪、2012 年11月13日-15日, 2012年, 査読有り
      • HPV 18E1^E4 の新規機能の探索: ビメンチンとの相互作用
        梶谷直子; 川手章史; 酒井博幸
        第71 回日本癌学会学術総会、札幌、2012 年9 月19日-21 日, 2012年, 査読有り
      • Identification of a function of Human papillomavirus 18 E1A˄E4.
        梶谷直子; 佐塚文乃; 川手章史; 酒井博幸
        第70回日本癌学会学術総会, 名古屋, 2011年10月3日-5日, 2011年, 査読有り
      • HPV ゲノムの複製メカニズムの解析
        佐塚文乃; 梶谷直子; 川手章史; 酒井博幸
        第70 回日本癌学会学術総会、名古屋、2011 年10 月3 日-5 日, 2011年, 査読有り
      • HPV18E4の新規機能の探索
        梶谷直子; 佐塚文乃; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2010年10月15日
      • エストロジェン刺激によるHPV陽性細胞の増殖制御
        佐塚文乃; 梶谷直子; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2010年10月15日
      • HPVトピックス HPVのライフサイクル
        佐塚文乃; 酒井博幸
        Vis Dermatol, 2010年02月25日
      • エストロジェン刺激によるHPV 陽性細胞の増殖制御
        佐塚文乃; 梶谷直子; 酒井博幸
        第 58 回日本ウイルス学会学術集会、徳島、2010 年11 月7 日-9 日, 2010年, 査読有り
      • HPV16における各種調節遺伝子のウイルスゲノムメンテナンスへの影響
        佐塚文乃; 梶谷直子; 中村博保; 吉田智志; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2009年10月01日
      • HPV16 における各種調節遺伝子のウイルスゲノムメンテナンスヘの影響
        佐塚文乃; 梶谷直子; 中村博保; 吉田智志; 酒井博幸
        第57 回日本ウイルス学会学術集会, 東京, 2009 年10 月25 ― 27 日, 2009年, 査読有り
      • 3次元皮膚モデル培養系を利用したHPV感染機構の解析
        佐塚文乃; 吉田智志; 梶谷直子; 中村博保; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2008年10月01日
      • Rasたんぱく質によるHPVがん遺伝子産物発現細胞の増殖能と浸潤能の亢進
        吉田智志; 梶谷直子; 佐塚文乃; 中村博保; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2008年10月01日
      • Modulation of HPV-infected cell proliferation and invasion by Ras protein.
        Yoshida S; Kajitani N; Satsuka A; Nakamura H; Sakai H
        Molecular Biology of DNA Tumor Virus Conference. Jul. 17-22, Wisconsin, USA, 2008, 2008年, 査読有り
      • HIV‐1感染細胞による非感染細胞へのアポトーシス誘導機構の検討
        中村博保; 吉田智志; 梶谷直子; 佐塚文乃; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2007年10月01日
      • HPVライフサイクルの解析
        佐塚文乃; 吉田智志; 梶谷直子; 中村博保; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2007年10月01日
      • HIV-1 感染細胞による非感染細胞へのアポトーシス誘導機構の検討
        中村博保; 吉田智志; 梶谷直子; 佐塚文乃; 酒井博幸
        第55 回日本ウイルス学会学術集会,札幌,2007, 2007年, 査読有り
      • HPV E1^E4 転写産物の機能解析
        梶谷直子; 吉田智志; 佐塚文乃; 中村博保; 酒井博幸
        第55 回日本ウイルス学会学術集会,札幌,2007, 2007年, 査読有り
      • HPV遺伝子産物のTNFαシグナル経路への影響
        佐々木健太; 吉田智志; 中村保博; 梶谷直子; 佐塚文乃; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2006年11月01日
      • HPV感染細胞における浸潤能獲得メカニズムの解析
        吉田智志; 佐々木健太; 梶谷直子; 佐塚文乃; 中村博保; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2006年11月01日
      • HPV感染細胞における活性化Rasによる浸潤能獲得のメカニズム
        吉田智志; 佐々木健太; 梶谷直子; 佐塚文乃; 中村博保; 酒井博幸
        日本癌学会学術総会記事, 2006年08月28日
      • HPV 感染細胞における過 形成誘導および浸潤能獲得のメカニズムの解析
        吉田智志; 佐々木健太; 梶谷直子; 佐塚文乃; 中村博保; 酒井博幸
        第54 回日本ウイルス学会学術集会,名古屋,2006., 2006年, 査読有り
      • HPV 感染による多段階発 がんモデルの検証
        吉田智志; 佐々木健太; 梶谷直子; 佐塚文乃; 中村博保; 酒井博幸
        第65 回日本がん学会学術総会,横浜,2006, 2006年, 査読有り
      • HPV 遺伝子産物のTNF αシグナル経路への影響
        佐々木健太; 吉田智志; 中村博保; 梶谷直子; 佐塚文乃; 酒井博幸
        第54 回日本ウイルス学会学術集会,名古屋,2006., 2006年, 査読有り
      • HPV感染細胞における過形成誘導及び浸潤能獲得のメカニズムの解析
        吉田智志; 佐々木健太; 上野孝治; 梶谷直子; 佐塚文乃; 中村博保; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2005年11月01日
      • HPV制御遺伝子のTNFαシグナル経路への影響に関する解析
        佐々木健太; 吉田智志; 中村博保; 梶谷直子; 佐塚文乃; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2005年11月01日
      • HPV感染による多段階発がんモデルの検証
        吉田智志; 佐々木健太; 上野孝治; 酒井博幸
        日本癌学会学術総会記事, 2005年08月15日
      • HPV感染による多段階発がんモデルの検証
        吉田智志; 佐々木健太; 上野孝治; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2004年11月01日
      • HPV複製解析系の構築とその応用
        佐々木健太; 吉田智志; 上野孝治; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2004年11月01日
      • HPV制御遺伝子による上皮過形成誘導機構の解析
        上野孝治; 佐々木健太; 吉田智志; 酒井博幸
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2004年11月01日
      • ヒトパピローマウイルス制御遺伝子のTNFαシグナル経路への影響に関する解析
        佐々木健太; 上野孝治; 吉田智志; 酒井博幸
        日本癌学会総会記事, 2004年08月25日
      • 上皮系細胞におけるヒトパピローマウイルス制御遺伝子の機能解析
        酒井博幸
        がん研究に係わる特定領域研究研究報告集録 平成15年度(CD-ROM), 2004年
      • HIV (3) HIV調節遺伝子による感染性の制御機構
        酒井博幸
        ウイルス, 2002年06月01日
      • HIV/AIDS研究の進歩 基礎研究の進歩 アクセサリー遺伝子の機能
        上野孝治; 酒井博幸
        日本臨床, 2002年04月01日
      • HIV‐1vpr遺伝子産物の機能発現メカニズムに関する研究
        上野孝治; 田中正和; 酒井博幸
        日本エイズ学会誌, 2001年11月20日
      • HPV E4遺伝子産物による細胞周期制御異常に関する研究
        酒井博幸; 西村聡子; 石本秋稔
        日本癌学会総会記事, 2001年09月26日
      • ヒトウイルスと発癌 基礎と臨床 基礎 ヒトパピローマウイルスの複製と細胞分化
        西村聡子; 中原知美; 酒井博幸
        現代医療, 2000年12月10日
      • HIV‐1 vpr遺伝子産物の機能発現メカニズムに関する研究
        上野孝治; 田中正和; 川野久美; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本エイズ学会誌, 2000年11月20日
      • VpuおよびNefによるCD4 down‐regulationのウイルス感染初期過程における意義について
        田中正和; 上野孝治; 川野久美; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本エイズ学会誌, 2000年11月20日
      • HPV遺伝子産物による細胞増殖及びテロメレース活性制御機構
        西村聡子; 石本秋稔; 酒井博幸
        Japanese Journal of Cancer Research, 2000年09月01日
      • HIV‐1遺伝子による細胞形態変化の解析
        小野岳史; 田中正和; 西村聡子; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1999年11月22日
      • HIV‐1 gp41 CTの欠失によるEnv多量体形成とその機能に対する影響
        岩谷靖雅; 石本秋稔; 酒井博幸; 伊藤正彦
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1999年11月22日
      • 細胞の分化・増殖におけるHPV遺伝子機能の解析
        西村聡子; 小野岳史; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1999年11月22日
      • HPV遺伝子産物によるテロメレース活性制御機構
        西村聡子; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本癌学会総会記事, 1999年08月30日
      • エイズの病態と制御に関する基礎研究 平成9年度 HIVのTM蛋白質サイトプラスミック・ドメインの細胞特異的機能に関する研究 (文部省S)
        酒井博幸
        エイズの病態と制御に関する基礎研究 平成7-9年度 No.07277101, 1999年
      • エイズの病態と制御に関する基礎研究 平成8年度 エイズの遺伝子治療に有効な導入遺伝子開発の基礎的研究 (文部省S)
        石本秋稔; 酒井博幸; 柳川伸一
        エイズの病態と制御に関する基礎研究 平成7-9年度 No.07277101, 1999年
      • 細胞増殖制御におけるHPV E2およびE6/E7の機能
        西村聡子; 小野岳史; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年11月
      • HIV‐1 Nefによるウイルス増殖促進効果
        小野岳史; 岩谷靖雅; 西村聡子; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1998年11月
      • HPV16E2タンパクの子宮頚癌細胞増殖阻害の分子機構解明とその応用に向けての研究 (文部省S)
        酒井博幸
        文部省科学研究費補助金によるがん重点研究報告集録 平成9年度 がん研究に係る重点領域研究(がん重点), 1998年
      • HIV‐1 gp41・cytoplasmic domainの感染における機能解析
        岩谷靖雅; 小野岳史; 石本秋稔; 酒井博幸
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1997年12月
      • ヒトパピローマウイルスE2遺伝子産物による遺伝子発現調節機構の解析
        酒井博幸; 石本秋稔; HOWLEY P M
        日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集, 1996年07月
      • HIV感染症・AIDS 1993 I. HIV ウイルス学の進歩 HIV遺伝子の構造と機能
        川村名子; 酒井博幸; 足立昭夫
        日本臨床, 1993年09月
      • 感染症の分子遺伝学入門 3 AIDSウイルス―その増殖機構をめぐって
        川村名子; 酒井博幸; 足立昭夫
        感染症, 1993年07月
      • Q&AによるAIDS/HIV感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の生物学
        酒井博幸; 川村名子; 桜木小百合; 岩谷靖雅; 足立昭夫
        治療, 1993年06月
      • HIV‐1の増殖機構
        酒井博幸; 川村名子; 桜木小百合; 桜木淳一; 足立昭夫
        Minophagen Med Rev, 1993年05月
      • 特集: AIDS―最新の動向 HIVの起源
        足立昭夫; 酒井博幸; 川村名子
        Mebio, 1993年03月
      • 特集 ウイルスへの挑戦 レトロウイルス
        酒井博幸; 川村名子; 足立昭夫
        化学工業, 1993年02月
      • HIVの制御遺伝子と遺伝子治療. エイズー基礎から臨床へ
        川村名子; 酒井博幸; 足立昭夫
        臨床医のための実験医学シリーズ12, 1993年
      • HIV/SIVの相互関係
        酒井博幸; 足立昭夫
        Med Immunol, 1992年03月
      • 特集/分子免疫診断’89 II 臨床諸領域での分子医学の進歩 感染症 1 HIVの起源
        柴田りり; 酒井博幸; 足立昭夫
        Med Immunol, 1989年10月

      書籍等出版物

      • HPVのライフサイクル
        佐塚文乃; 酒井博幸
        Visual Dermatology 9(3), 267-271, 2010年, 査読無し
      • 皮膚分化とヒトパピローマウイルス
        佐塚文乃; 酒井博幸
        日本ウィルス学会, 2008年, 査読無し
      • ヒトパピローマウイルスを用いた遺伝子発現とDNA複製の機能相関についての研究
        酒井 博幸
        [酒井博幸], 1999年, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 新規抗ウイルス剤開発を目指したHPV過形成誘導機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        酒井 博幸
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        HPV;腫瘍形成;抗ウイルス剤;子宮頸癌;パピローマウイルス;ウイルス発がん;human papillomavirus;重層上皮形成
      • 上皮系細胞におけるヒトパピローマウイルス制御遺伝子の機能解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        酒井 博幸
        完了
        HPV;がんウイルス;ウイルス複製;ウイルス発がん;過形成;パピローマウイルス;がん遺伝子;上皮組織;細胞分化;癌抑制遺伝子;テロメレース;細胞周期, HPV;tumor virus;virus replication;viral oncology;hyperplasia
      • 皮膚三次元培養モデルにおけるヒトパピローマウイルス複製機構の解析
        特定領域研究(C)
        生物系
        京都大学
        酒井 博幸
        完了
        パピローマウイルス;ウイルス発がん;テロメラーゼ;細胞周期
      • 免疫不全マウスを利用したレトロウイルスによる日和見発癌の基礎研究
        基盤研究(C)
        京都大学
        石本 秋稔
        完了
        日和見発癌;日和見感染;マウス白血病ウイルス;マウス免疫不全ウイルス, opportunistic cancer;Retrovirus;Murine Leukemia Virus;Murine AIDS virus
      • 皮膚モデル培養系を用いたヒトパピローマウイルス遺伝子機能の解析
        特定領域研究(A)
        京都大学
        酒井 博幸
        完了
        HPV;ケラチノサイト;細胞分化;皮膚モデル培養系;転写;DNA複製, HPV;keratinocyte;differentation;organotypic culture;transcription;DNA replication
      • ヒトパピローマウイルスを用いた遺伝子発現とDNA複製の機能相関についての研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        酒井 博幸
        完了
        パピローマウイルス;ウイルス発がん;子宮頸癌;ウイルス複製;子宮頚癌;HPV;テロメレース;転写因子, papillomavirus;tumor virus;cervical cancer;viral replication
      • ケラチノサイト三次元培養系を用いたヒトパピローマウイルス遺伝子機能の解析
        特定領域研究(A)
        京都大学
        酒井 博幸
        完了
        子宮頚癌;HPV;テロメレース;転写因子
      • マウスレトロウイルス感染に抵抗性遺伝子Fv-4の作用機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        石本 秋稔
        完了
        マウスレトロウイルス;白血病ウイルス;フレンドウイルス;Fv-4;抵抗性遺伝子;Fr-4;マウス白血病ウイルス;ヌードマウス, Fv-4;Retroviurs;Murine Retrovirus;Resistant gene;FK506
      • HIVのTM蛋白質サイトプラスミック・ドメインの細胞特異的機能に関する研究
        重点領域研究
        京都大学
        酒井 博幸
        完了
        エイズ;HIV-1;env;蛋白質機能;TM
      • HPV16E2蛋白の子宮頸癌細胞増殖阻害の分子機構の解明とその応用に向けての研究
        重点領域研究
        京都大学
        酒井 博幸
        完了
        HPV;子宮頚癌;E2;転写因子
      • マウス免疫不全症ウイルスの病原性に関与する遺伝子とその発症機構の解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        石本 秋稔
        完了
        MAIDS;マウス白血病ウイルス;レトロウイルス;マウス免疫不全ウイルス
      • エイズの遺伝子治療に有効な導入遺伝子開発の基礎的研究
        重点領域研究
        京都大学
        石本 秋稔
        完了
        Fv‐4;マウス白血病ウイルス;レトロウイルス;抵抗性遺伝子;遺伝子治療
      • レトロウイルス感染に抵抗性遺伝子Fv‐4の作用機構の解析
        重点領域研究
        京都大学
        石本 秋稔
        完了
        Fv‐4;マウス白血病ウイルス;レトロウイルス;抵抗性遺伝子;遺伝子治療

      外部資金:その他

      • ウイルスを標的とする発がん予防の研究
        厚生労働科学研究費補助金
        自 2007年04月01日, 至 2010年03月31日
        分担
      • ヒトパピローマウイルスを標的とする発がん予防の研究
        厚生労働科学研究費補助金
        自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
        分担
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:ウイルス学と免疫学の最前線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:ウイルス学と免疫学の最前線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          統合科学:生命と社会(生命科学の進歩と人の生活)
          後期, 全学共通科目
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 放射線障害予防小委員会
          • 放射線取扱副主任者
          • 放射性取扱主任者・測定者(分子棟)
          • 特別管理産業廃棄物管理責任者

          部局運営(役職等)

          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            図書委員会 委員
          • 防火対策委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            放射線障害防止委員会 委員
          • 自 2015年04月01日
            共同利用機器等委員会 委員
          • 自 2015年04月01日
            人権委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            防災対策委員会 委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2019年09月
            放射線障害防止委員会 委員
          • 自 2016年10月01日
            教育委員会 委員
          • 自 2019年04月01日
            (旧ウイルス研)予算委員会
          • 自 2020年04月
            化学物質管理委員会
          • 自 2020年04月
            放射線管理委員会
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            iPS細胞研究所 放射線取扱主任者

          ページ上部へ戻る