教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

治田 充貴

ハルタ ミツタカ

化学研究所 附属先端ビームナノ科学センター 准教授

治田 充貴
list
    Last Updated :2024/07/09

    基本情報

    協力講座

    • 理学研究科, 化学専攻 物質化学講座, 准教授

    学位

    • 修士(理学)(京都大学)
    • 博士(理学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院理学研究科修士課程化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院理学研究科博士後期課程化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 大阪大学, 基礎工学部電子物理科学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      奈良県立 畝傍高等学校, ならけんりつ うねびこうとうがっこう

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/07/09

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        走査型透過電子顕微鏡と電子エネルギー損失分光法を用いた高空間分解能電子状態解析
      • 研究概要

        材料物性の起源を原子レベルの構造や電子状態から明らかにするために、電子顕微鏡を用いたより高い空間・エネルギー分解能での分析手法開発と材料解析研究を行っている。

      研究分野

      • ナノテク・材料, 薄膜、表面界面物性

      論文

      • Intrinsic Visible Plasmonic Properties of Colloidal PtIn2 Intermetallic Nanoparticles
        Haruka Takekuma; Ryota Sato; Kenji Iida; Tokuhisa Kawawaki; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Katsuyuki Nobusada; Toshiharu Teranishi
        Advanced Science, 2024年03月13日
      • Electron microscopy observations of the diversity of Ryugu organic matter and its relationship to minerals at the micro‐ to nano‐scale
        Rhonda M. Stroud; Jens Barosch; Lydie Bonal; Katherine Burgess; George D. Cody; Bradley T. De Gregorio; Luke Daly; Emmanuel Dartois; Elena Dobrică; Jean Duprat; Cecile Engrand; Dennis Harries; Minako Hashiguchi; Hope Ishii; Yoko Kebukawa; A. David Kilcoyne; Falko Langenhorst; Martin R. Lee; Larry R. Nittler; Eric Quirico; Taiga Okumura; Laurent Remusat; Scott Sandford; Hikaru Yabuta; Masanao Abe; Neyda M. Abreu; Paul A. J. Bagot; Pierre Beck; Laure Bejach; Phil A. Bland; John C. Bridges; Brittany A. Cymes; Alexandre Dazzi; Francisco de la Peña; Ariane Deniset‐Besseau; Satomi Enju; Yuma Enokido; David R. Frank; Jennifer Gray; Mitsutaka Haruta; Satoshi Hata; Leon Hicks; Yohei Igami; Damien Jacob; Kanami Kamide; Mutsumi Komatsu; Sylvain Laforet; Hugues Leroux; Corentin Le Guillou; Zita Martins; Maya Marinova; James Martinez; Jérémie Mathurin; Megumi Matsumoto; Toru Matsumoto; Junya Matsuno; Samuel McFadzean; Tatsuhiro Michikami; Itaru Mitsukawa; Akira Miyake; Masaaki Miyahara; Akiko Miyazaki; Gilles Montagnac; Smail Mostefaoui; Tomoki Nakamura; Aiko Nakato; Hiroshi Naraoka; Yusuke Nakauchi; Satoru Nakazawa; Masahiro Nishimura; Takaaki Noguchi; Kenta Ohtaki; Takuji Ohigashi; Tatsuaki Okada; Shota Okumura; Ryuji Okazaki; Thi H. V. Phan; Rolando Rebois; Kanako Sakamoto; Takanao Saiki; Hikaru Saito; Yusuke Seto; Miho Shigenaka; William Smith; Hiroki Suga; Mingqi Sun; Shogo Tachibana; Yoshio Takahashi; Yasuo Takeichi; Akihisa Takeuchi; Aki Takigawa; Yusuke Tamenori; Satoshi Tanaka; Fuyuto Terui; Michelle S. Thompson; Naotaka Tomioka; Akira Tsuchiyama; Yuichi Tsuda; Kentaro Uesugi; Masayuki Uesugi; Tomohiro Usui; Maximilien Verdier‐Paoletti; Daisuke Wakabayashi; Sei‐ichiro Watanabe; Toru Yada; Shohei Yamashita; Masahiro Yasutake; Kasumi Yogata; Makoto Yoshikawa; Hisayoshi Yurimoto; Pierre‐M. Zanetta; Thomas Zega; Michael E. Zolensky
        Meteoritics & Planetary Science, 2024年01月25日
      • Microstructural and chemical features of impact melts on Ryugu particle surfaces: Records of interplanetary dust hit on asteroid Ryugu
        Megumi Matsumoto; Junya Matsuno; Akira Tsuchiyama; Tomoki Nakamura; Yuma Enokido; Mizuha Kikuiri; Aiko Nakato; Masahiro Yasutake; Kentaro Uesugi; Akihisa Takeuchi; Satomi Enju; Shota Okumura; Itaru Mitsukawa; Mingqi Sun; Akira Miyake; Mitsutaka Haruta; Yohei Igami; Hisayoshi Yurimoto; Takaaki Noguchi; Ryuji Okazaki; Hikaru Yabuta; Hiroshi Naraoka; Kanako Sakamoto; Shogo Tachibana; Michael Zolensky; Toru Yada; Masahiro Nishimura; Akiko Miyazaki; Kasumi Yogata; Masanao Abe; Tatsuaki Okada; Tomohiro Usui; Makoto Yoshikawa; Takanao Saiki; Satoshi Tanaka; Fuyuto Terui; Satoru Nakazawa; Sei-ichiro Watanabe; Yuichi Tsuda
        Science Advances, 2024年01月19日
      • Influx of nitrogen-rich material from the outer Solar System indicated by iron nitride in Ryugu samples
        Toru Matsumoto; Takaaki Noguchi; Akira Miyake; Yohei Igami; Mitsutaka Haruta; Yusuke Seto; Masaaki Miyahara; Naotaka Tomioka; Hikaru Saito; Satoshi Hata; Dennis Harries; Aki Takigawa; Yusuke Nakauchi; Shogo Tachibana; Tomoki Nakamura; Megumi Matsumoto; Hope A. Ishii; John P. Bradley; Kenta Ohtaki; Elena Dobrică; Hugues Leroux; Corentin Le Guillou; Damien Jacob; Francisco de la Peña; Sylvain Laforet; Maya Marinova; Falko Langenhorst; Pierre Beck; Thi H. V. Phan; Rolando Rebois; Neyda M. Abreu; Jennifer Gray; Thomas Zega; Pierre-M. Zanetta; Michelle S. Thompson; Rhonda Stroud; Kate Burgess; Brittany A. Cymes; John C. Bridges; Leon Hicks; Martin R. Lee; Luke Daly; Phil A. Bland; Michael E. Zolensky; David R. Frank; James Martinez; Akira Tsuchiyama; Masahiro Yasutake; Junya Matsuno; Shota Okumura; Itaru Mitsukawa; Kentaro Uesugi; Masayuki Uesugi; Akihisa Takeuchi; Mingqi Sun; Satomi Enju; Tatsuhiro Michikami; Hisayoshi Yurimoto; Ryuji Okazaki; Hikaru Yabuta; Hiroshi Naraoka; Kanako Sakamoto; Toru Yada; Masahiro Nishimura; Aiko Nakato; Akiko Miyazaki; Kasumi Yogata; Masanao Abe; Tatsuaki Okada; Tomohiro Usui; Makoto Yoshikawa; Takanao Saiki; Satoshi Tanaka; Fuyuto Terui; Satoru Nakazawa; Sei-ichiro Watanabe; Yuichi Tsuda
        Nature Astronomy, 2023年11月30日
      • Extraction of Anisotropic Thermal Vibration Factors for Oxygen from the Ti L2,3-Edge in SrTiO3
        I-Ching Lin; Mitsutaka Haruta; Takashi Nemoto; Masato Goto; Yuichi Shimakawa; Hiroki Kurata
        The Journal of Physical Chemistry C, 2023年08月29日, 査読有り, 責任著者
      • Re-distribution of volatiles on the airless surface of the C-type carbonaceous asteroid Ryugu.
        Toru Matsumoto; Takaaki Noguchi; Akira Miyake; Yohei Igami; Mitsutaka Haruta; Yusuke Seto; Masaaki Miyahara; Naotaka Tomioka; Hikaru Saito; Satoshi Hata; Dennis Harries; Aki Takigawa; Yuusuke Nakauchi; Shogo Tachibana; Tomoki Nakamura; Megumi Matsumoto; Hope Ishii; John Bradley; Kenta Ohtaki; Elena Dobrică; Hugues Leroux; Corentin Le Guillou; Damien Jacob; Francisco de la Peña; Sylvain Laforet; Maya Marinova; Falko Langenhorst; Pierre Beck; Thi Phan; Rolando Rebois; Neyda Abreu; Jennifer Gray; Thomas Zega; Pierre-Marie Zanetta; Michelle Thompson; Rhonda Stroud; Katherine Burgess; Brittany Cymes; John Bridges; Leon Hicks; Martin Lee; Luke Daly; Phil Bland; Michael Zolensky; David Frank; James Martinez; Akira Tsuchiyama; Masahiro Yasutake; Junya Matsuno; Shota Okumura; Itaru Mitsukawa; Kentaro Uesugi; Masayuki Uesugi; Akihisa Takeuchi; Mingqi Sun; Satomi Enju; Tatsuhiro Michikami; Hisayoshi Yurimoto; Ryuji Okazaki; Hikaru Yabuta; Hiroshi Naraoka; Kanako Sakamoto; Toru Yada; Masahiro Nishimura; Aiko Nakato; Akiko Miyazaki; Kasumi Yogata; Masanao Abe; Tatsuaki Okada; Tomohiro Usui; Makoto Yoshikawa; Takanao Saiki; Satoshi Tanaka; Fuyuto Terui; Satoru Nakazawa; Sei-ichiro Watanabe; Yuichi Tsuda
        2023年03月16日
      • Nonequilibrium spherulitic magnetite in the Ryugu samples
        Elena Dobrică; Hope A. Ishii; John P. Bradley; Kenta Ohtaki; Adrian J. Brearley; Takaaki Noguchi; Toru Matsumoto; Akira Miyake; Yohei Igami; Mitsutaka Haruta; Hikaru Saito; Satoshi Hata; Yusuke Seto; Masaaki Miyahara; Naotaka Tomioka; Hugues Leroux; Corentin Le Guillou; Damien Jacob; Francisco de la Peña; Sylvain Laforet; Maya Marinova; Falko Langenhorst; Dennis Harries; Pierre Beck; Thi H.V. Phan; Rolando Rebois; Neyda M. Abreu; Jennifer Gray; Thomas Zega; Pierre-M. Zanetta; Michelle S. Thompson; Rhonda Stroud; Kate Burgess; Brittany A. Cymes; John C. Bridges; Leon Hicks; Martin R. Lee; Luke Daly; Phil A. Bland; Michael E. Zolensky; David R. Frank; James Martinez; Akira Tsuchiyama; Masahiro Yasutake; Junya Matsuno; Shota Okumura; Itaru Mitsukawa; Kentaro Uesugi; Masayuki Uesugi; Akihisa Takeuchi; Mingqi Sun; Satomi Enju; Aki Takigawa; Tatsuhiro Michikami; Tomoki Nakamura; Megumi Matsumoto; Yusuke Nakauchi; Hisayoshi Yurimoto; Ryuji Okazaki; Hikaru Yabuta; Hiroshi Naraoka; Kanako Sakamoto; Shogo Tachibana; Toru Yada; Masahiro Nishimura; Aiko Nakato; Akiko Miyazaki; Kasumi Yogata; Masanao Abe; Tatsuaki Okada; Tomohiro Usui; Makoto Yoshikawa; Takanao Saiki; Satoshi Tanaka; Fuyuto Terui; Satoru Nakazawa; Sei-ichiro Watanabe; Yuichi Tsuda
        Geochimica et Cosmochimica Acta, 2023年04月, 査読有り
      • Effect of the internal pressure of helium bubbles on the morphology and mobility of beryllium
        Yutaka Sugimoto; Kazutomo Hara; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Jae-Hwan Kim; Taehyun Hwang; Masaru Nakamichi; Mitsutaka Miyamoto
        Fusion Engineering and Design, 2023年06月
      • Development of Bronze Phase Titanium Dioxide Nanorods for Use as Fast-Charging Anode Materials in Lithium-Ion Batteries
        Korawith Pimta; Thanapat Autthawong; Waewwow Yodying; Chitsanupong Phromma; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Thapanee Sarakonsri; Yothin Chimupala
        ACS Omega, 2023年04月20日
      • Electron microscopy of carbides in annealed 28 wt% Cr - 1 wt% (Mo/W) cast irons
        Kittikhun Ruangchai; Ruangdaj Tongsri; John T.H. Pearce; Torranin Chairuangsri; Sankum Nusen; Hiroki Kurata; Mitsutaka Haruta; Tsutomu Kiyomura; Atsushi Yamaguchi; Amporn Wiengmoon
        Materials Characterization, 2023年04月
      • A dehydrated space-weathered skin cloaking the hydrated interior of Ryugu
        Takaaki Noguchi; Toru Matsumoto; Akira Miyake; Yohei Igami; Mitsutaka Haruta; Hikaru Saito; Satoshi Hata; Yusuke Seto; Masaaki Miyahara; Naotaka Tomioka; Hope A. Ishii; John P. Bradley; Kenta K. Ohtaki; Elena Dobrică; Hugues Leroux; Corentin Le Guillou; Damien Jacob; Francisco de la Peña; Sylvain Laforet; Maya Marinova; Falko Langenhorst; Dennis Harries; Pierre Beck; Thi H. V. Phan; Rolando Rebois; Neyda M. Abreu; Jennifer Gray; Thomas Zega; Pierre-M. Zanetta; Michelle S. Thompson; Rhonda Stroud; Kate Burgess; Brittany A. Cymes; John C. Bridges; Leon Hicks; Martin R. Lee; Luke Daly; Phil A. Bland; Michael E. Zolensky; David R. Frank; James Martinez; Akira Tsuchiyama; Masahiro Yasutake; Junya Matsuno; Shota Okumura; Itaru Mitsukawa; Kentaro Uesugi; Masayuki Uesugi; Akihisa Takeuchi; Mingqi Sun; Satomi Enju; Aki Takigawa; Tatsuhiro Michikami; Tomoki Nakamura; Megumi Matsumoto; Yusuke Nakauchi; Masanao Abe; Masahiko Arakawa; Atsushi Fujii; Masahiko Hayakawa; Naru Hirata; Naoyuki Hirata; Rie Honda; Chikatoshi Honda; Satoshi Hosoda; Yu-ichi Iijima; Hitoshi Ikeda; Masateru Ishiguro; Yoshiaki Ishihara; Takahiro Iwata; Kousuke Kawahara; Shota Kikuchi; Kohei Kitazato; Koji Matsumoto; Moe Matsuoka; Yuya Mimasu; Akira Miura; Tomokatsu Morota; Satoru Nakazawa; Noriyuki Namiki; Hirotomo Noda; Rina Noguchi; Naoko Ogawa; Kazunori Ogawa; Tatsuaki Okada; Chisato Okamoto; Go Ono; Masanobu Ozaki; Takanao Saiki; Naoya Sakatani; Hirotaka Sawada; Hiroki Senshu; Yuri Shimaki; Kei Shirai; Seiji Sugita; Yuto Takei; Hiroshi Takeuchi; Satoshi Tanaka; Eri Tatsumi; Fuyuto Terui; Ryudo Tsukizaki; Koji Wada; Manabu Yamada; Tetsuya Yamada; Yukio Yamamoto; Hajime Yano; Yasuhiro Yokota; Keisuke Yoshihara; Makoto Yoshikawa; Kent Yoshikawa; Ryohta Fukai; Shizuho Furuya; Kentaro Hatakeda; Tasuku Hayashi; Yuya Hitomi; Kazuya Kumagai; Akiko Miyazaki; Aiko Nakato; Masahiro Nishimura; Hiromichi Soejima; Ayako I. Suzuki; Tomohiro Usui; Toru Yada; Daiki Yamamoto; Kasumi Yogata; Miwa Yoshitake; Harold C. Connolly; Dante S. Lauretta; Hisayoshi Yurimoto; Kazuhide Nagashima; Noriyuki Kawasaki; Naoya Sakamoto; Ryuji Okazaki; Hikaru Yabuta; Hiroshi Naraoka; Kanako Sakamoto; Shogo Tachibana; Sei-ichiro Watanabe; Yuichi Tsuda
        Nature Astronomy, 2022年12月19日
      • Efficient and Stable Carbon-Based Perovskite Solar Cells Enabled by Mixed CuPc:CuSCN Hole Transporting Layer for Indoor Applications
        Piyapond Makming; Saowalak Homnan; Athipong Ngamjarurojana; Sakhorn Rimjaem; Atcharawon Gardchareon; Takashi Sagawa; Mitsutaka Haruta; Pasit Pakawatpanurut; Duangmanee Wongratanaphisan; Pongsakorn Kanjanaboos; Akarin Intaniwet; Pipat Ruankham
        ACS Applied Materials & Interfaces, 2023年03月20日
      • Different atomic contrasts in HAADF images and EELS maps of rutile TiO2
        Chisaki Iwashimizu; Mitsutaka Haruta; Takashi Nemoto; Hiroki Kurata
        Microscopy, 2022年11月28日
      • Inter-element miscibility driven stabilization of ordered pseudo-binary alloy
        Kenshi Matsumoto; Ryota Sato; Yasutomi Tatetsu; Ryo Takahata; Seiji Yamazoe; Miho Yamauchi; Yuji Inagaki; Yoichi Horibe; Masaki Kudo; Takaaki Toriyama; Mitsunari Auchi; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi
        Nature Communications, 2022年12月
      • Comparison of detection limits of direct-counting CMOS and CCD cameras in EELS experiments
        Mitsutaka Haruta; Jun Kikkawa; Koji Kimoto; Hiroki Kurata
        Ultramicroscopy, 2022年10月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Deuterium and helium desorption behavior and microstructure evolution in beryllium during annealing
        Yutaka Sugimoto; Masaru Nakamichi; Jae-Hwan Kim; Hiroki Kurata; Mitsutaka Haruta; Mitsutaka Miyamoto
        Journal of Nuclear Materials, 2021年02月
      • Electron orbital mapping of SrTiO3 using electron energy-loss spectroscopy
        Chisaki Iwashimizu; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata
        Applied Physics Letters, 2021年, 査読有り, 責任著者
      • Sub-picometer sensitivity and effect of anisotropic atomic vibrations on Ti L2,3-edge spectrum of SrTiO3
        Mitsutaka Haruta; Takashi Nemoto; Hiroki Kurata
        Applied Physics Letters, 2021年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • モノクロメーター搭載STEM-EELSによる局所電子状態分析
        治田 充貴; 倉田 博基
        顕微鏡, 2021年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Crystalline to amorphous transformation in solid-solution alloy nanoparticles induced by boron doping
        Keigo Kobayashi; Kohei Kusada; Dongshuang Wu; Naoki Ogiwara; Hirokazu Kobayashi; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Satoshi Hiroi; Okkyun Seo; Chulho Song; Yanna Chen; Jaemyung Kim; Akhil Tayal; Osami Sakata; Koji Ohara; Tetsuo Honma; Hiroshi Kitagawa
        Chemical Communications, 2020年11月04日
      • Extraction of the local coordination and electronic structures of FeO6 octahedra using crystal field multiplet calculations combined with STEM-EELS
        Mitsutaka Haruta; Aoi Nii; Yoshiteru Hosaka; Noriya Ichikawa; Takashi Saito; Yuichi Shimakawa; Hiroki Kurata
        Applied Physics Letters, 2020年09月28日, 筆頭著者, 責任著者
      • Real-Space Mapping of Oxygen Coordination in Phase-Separated Aluminosilicate Glass: Implication for Glass Stability
        Kunyen Liao; Mitsutaka Haruta; Atsunobu Masuno; Hiroyuki Inoue; Hiroki Kurata; Teruyasu Mizoguchi
        ACS Applied Nano Materials, 2020年06月26日, 査読有り
      • Conversion of a Defect Pyrochlore into a Double Perovskite via High-Pressure, High-Temperature Reduction of Te6+
        Fabio Denis Romero; Midori Amano Patino; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; J. Paul Attfield; Yuichi Shimakawa
        Inorganic Chemistry, 2020年01月06日, 査読有り
      • Ultrafast-charging and long cycle-life anode materials of TiO2-bronze/nitrogen-doped graphene nanocomposites for high-performance lithium-ion batteries
        Thanapat Autthawong; Yothin Chimupala; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Tsutomu Kiyomura; Ai-shui Yu; Torranin Chairuangsri; Thapanee Sarakonsri
        RSC Advances, 2020年
      • Improved electrochemical performance of anode materials for high energy density lithium-ion batteries through Sn(SnO2)–SiO2/graphene-based nanocomposites prepared by a facile and low-cost approach
        Orapim Namsar; Thanaphat Autthawong; Viratchara Laokawee; Ruttapol Boonprachai; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Aishui Yu; Torranin Chairuangsri; Thapanee Sarakonsri
        Sustainable Energy & Fuels, 2020年, 査読有り
      • Phase segregated Cu2−xSe/Ni3Se4 bimetallic selenide nanocrystals formed through the cation exchange reaction for active water oxidation precatalysts
        Sungwon Kim; Hiroki Mizuno; Masaki Saruyama; Masanori Sakamoto; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Taro Yamada; Kazunari Domen; Toshiharu Teranishi
        Chemical Science, 2020年, 査読有り
      • Fabrication of Ferrimagnetic Co/Gd/Pt Multilayers with Structural Inversion Symmetry Breaking
        T. Nishimura; M. Haruta; D.-H. Kim; Y. Shiota; H. Iwaki; D. Kan; T. Moriyama; H. Kurata; T. Ono
        Journal of the Magnetics Society of Japan, 2020年01月, 査読有り
      • Publisher's Note: Dynamic behavior of helium bubbles at high temperature in Si studied by in situ TEM, STEM-EELS, and TDS (Journal of Applied Physics (2019) 126 (135104) DOI: 10.1063/1.5118684)
        K. Ono; M. Miyamoto; H. Kurata; M. Haruta; A. Yatomi
        Journal of Applied Physics, 2019年11月21日
      • Dynamic behavior of helium bubbles at high temperature in Si studied by in-situ TEM, STEM-EELS and TDS
        K. Ono; M. Miyamoto; H. Kurata; M. Haruta; A. Yatomi
        J. Appl. Phys., 2019年09月, 査読有り
      • Extremely low count detection for EELS spectrum imaging by reducing CCD read-out noise
        Mitsutaka Haruta; Yoshifumi Fujiyoshi; Takashi Nemoto; Akimotsu Ishizuka; Kazuo Ishizuka; Hiroki Kurata
        Ultramicroscopy, 2019年08月, 査読有り
      • Anomalous Photoinduced Hole Transport in Type I Core/Mesoporous-Shell Nanocrystals for Efficient Photocatalytic H-2 Evolution
        Zichao Lian; Masanori Sakamoto; Yoichi Kobayashi; Naoto Tamai; Jun Ma; Tsuneaki Sakurai; Shu Seki; Tatsuo Nakagawa; Ming-Wei Lai; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi
        ACS NANO, 2019年07月23日, 査読有り
      • Formation of strong L10-FePd/α-Fe nanocomposite magnets by visualizing efficient exchange coupling
        K. Matsumoto; R. Sato; T. T. Trinh; N. Sakuma; T. Shoji; M. Haruta; H. Kurata; T. Teranishi
        Nanoscale Advances, 2019年, 査読有り
      • Bulk Dzyaloshinskii–Moriya interaction in amorphous ferrimagnetic alloys
        Duck-Ho Kim; Mitsutaka Haruta; Hye-Won Ko; Gyungchoon Go; Hyeon-Jong Park; Tomoe Nishimura; Dae-Yun Kim; Takaya Okuno; Yuushou Hirata; Yasuhiro Futakawa; Hiroki Yoshikawa; Wooseung Ham; Sanghoon Kim; Hiroki Kurata; Arata Tsukamoto; Yoichi Shiota; Takahiro Moriyama; Sug-Bong Choe; Kyung-Jin Lee; Teruo Ono
        Nature Materials, 2019年, 査読有り
      • STEM-EELSによる局所元素・電子構造解析
        治田 充貴; 倉田博基
        日本結晶学会誌, 2019年, 査読有り, 招待有り
      • 電子エネルギー損失分光法による高空間分解能元素・電子状態測定
        治田 充貴; 倉田博基
        セラミックス, 2019年, 査読有り, 招待有り
      • Local quantification of coordination number for perovskite-related oxides using atomic resolution EELS maps
        M. Haruta; H. Higuchi; T. Nemoto; H. Kurata
        Appl. Phys. Lett, 2018年08月, 査読有り
      • Probing directionality of local electronic structure by momentum-selected STEM-EELS
        A. Yamaguchi; M. Haruta; T. Nemoto; H. Kurata
        Appl. Phys. Lett., 2018年07月, 査読有り
      • Atomic-resolution two-dimensional mapping of holes in the cuprate superconductor La2−xSrxCuO4±δ
        Mitsutaka Haruta; Yoshifumi Fujiyoshi; Takashi Nemoto; Akimitsu Ishizuka; Kazuo Ishizuka; Hiroki Kurata
        Physical Review B, 2018年05月29日, 査読有り
      • Durian-Shaped CdS@ZnSe Core@Mesoporous-Shell Nanoparticles for Enhanced and Sustainable Photocatalytic Hydrogen Evolution
        Zichao Lian; Masanori Sakamoto; Yoichi Kobayashi; Naoto Tamai; Jun Ma; Tsuneaki Sakurai; Shu Seki; Tatsuo Nakagawa; Mingwei Lai; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi
        Journal of Physical Chemistry Letters, 2018年05月03日, 査読有り
      • Water-Assisted Hole Trapping at the Highly Curved Surface of Nano-TiO2 Photocatalyst
        Kenji Shirai; Gianluca Fazio; Toshiki Sugimoto; Daniele Selli; Lorenzo Ferraro; Kazuya Watanabe; Mitsutaka Haruta; Bunsho Ohtani; Hiroki Kurata; Cristiana Di Valentin; Yoshiyasu Matsumoto
        Journal of the American Chemical Society, 2018年01月31日, 査読有り
      • Phase-segregated NiPx@FePyOz core@shell nanoparticles: Ready-to-use nanocatalysts for electro- and photo-catalytic water oxidation through in situ activation by structural transformation and spontaneous ligand removal
        Masaki Saruyama; Sunwon Kim; Toshio Nishino; Masanori Sakamoto; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Seiji Akiyama; Taro Yamada; Kazunari Domen; Toshiharu Teranishi
        Chemical Science, 2018年, 査読有り
      • Near infrared light induced plasmonic hot hole transfer at a nano-heterointerface
        Z. Lian; M. Sakamoto; H. Matsunaga; J. J; M. Vequizo; A. Yamakata; M. Haruta; H. Kurata; T. Teranishi
        Nature Commun, 2018年, 査読有り
      • Melting of Oxygen Vacancy Order at Oxide-Heterostructure Interface
        Kei Hirai; Ryotaro Aso; Yusuke Ozaki; Daisuke Kan; Mitsutaka Haruta; Noriya Ichikawa; Hiroki Kurata; Yuichi Shimakawa
        ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2017年09月, 査読有り
      • Monodisperse and size-tunable PbS colloidal quantum dots via heterogeneous precursors
        Samuel Chan; Maning Liu; Kay Latham; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi; Yasuhiro Tachibana
        JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C, 2017年02月, 査読有り
      • Tin Ion Directed Morphology Evolution of Copper Sulfide Nanoparticles and Tuning of Their Plasmonic Properties via Phase Conversion
        Lihui Chen; Masanori Sakamoto; Mitsutaka Haruta; Takashi Nemoto; Ryota Sato; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi
        Langmuir, 2016年08月02日, 査読有り
      • Determination of Elemental Ratio in an Atomic Column by Electron Energy Loss Spectroscopy
        Mitsutaka Haruta; Yoshiteru Hosaka; Noriya Ichikawa; Takashi Saito; Yuichi Shimakawa; Hiroki Kurata
        ACS Nano, 2016年07月, 査読有り
      • Formation of pseudomorphic nanocages from Cu2O nanocrystals through anion exchange reactions
        Hsin-Lun Wu; Ryota Sato; Atsushi Yamaguchi; Masato Kimura; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi
        SCIENCE, 2016年03月, 査読有り
      • Effect of Water Adsorption on Carrier Trapping Dynamics at the Surface of Anatase TiO2 Nanoparticles
        Kenji Shirai; Toshiki Sugimoto; Kazuya Watanabe; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Yoshiyasu Matsumoto
        NANO LETTERS, 2016年02月, 査読有り
      • Tuning magnetic anisotropy by interfacially engineering the oxygen coordination environment in a transition metal oxide
        Daisuke Kan; Ryotaro Aso; Riko Sato; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Yuichi Shimakawa
        Nature Materials, 2016年01月, 査読有り
      • Effect of Ag Templates on the Formation of Au-Ag Hollow/Core-Shell Nanostructures
        Chi-Hang Tsai; Shih-Yun Chen; Jenn-Ming Song; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata
        NANOSCALE RESEARCH LETTERS, 2015年11月, 査読有り
      • Electron Microscopy investigation of Sb2-xBixTe3 hexagonal crystal structure growth prepared from sol-gel method
        Suparat Tongpeng; Thapanee Sarakonsri; Seiji Isoda; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Chanchana Thanachayanont
        MATERIALS CHEMISTRY AND PHYSICS, 2015年11月, 査読有り
      • Optical and transport properties of transparent conducting La-doped SrSnO3 thin films
        Erina Baba; Daisuke Kan; Yasuhiro Yamada; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Yoshihiko Kanemitsu; Yuichi Shimakawa
        JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS, 2015年11月, 査読有り
      • Ca2FeMnO6: A Layered Double Perovskite with Unusual High-Valence Fe4+ in a Layered Arrangement
        Yoshiteru Hosaka; Noriya Ichikawa; Takashi Saito; Mitsutaka Haruta; Koji Kimoto; Hiroki Kurata; Yuichi Shimakawa
        BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 2015年05月, 査読有り
      • 電子顕微鏡の進化とレーザー加速電子を用いた超高速電子線回折法
        阪部 周二; 倉田 博基; 橋田 昌樹; 時田 茂樹; 井上 峻介; 根本 隆; 治田 充貴; 渡邉 浩太
        レーザー研究, 2015年03月, 査読有り
      • Visible to near-infrared plasmon-enhanced catalytic activity of Pd hexagonal nanoplates for the Suzuki coupling reaction
        T. Thuy Trinh; Ryota Sato; Masanori Sakamoto; Yoshifumi Fujiyoshi; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi
        NANOSCALE, 2015年, 査読有り
      • STEM-EELSによる高分解能電子状態解析
        治田 充貴
        顕微鏡, 2014年09月, 査読有り, 招待有り
      • Direct observation of atomic columns in a Bi-2223 polycrystal by aberration-corrected STEM using a low accelerating voltage
        Takuro Nagai; Mitsutaka Haruta; Masashi Kikuchi; Weizhu Zhang; Masaki Takeguchi; Koji Kimoto
        PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS, 2014年05月, 査読有り
      • Understanding Li-K edge structure and interband transitions in LixCoO2 by electron energy-loss spectroscopy
        Jun Kikkawa; Shohei Terada; Akira Gunji; Mitsutaka Haruta; Takuro Nagai; Keiji Kurashima; Koji Kimoto
        APPLIED PHYSICS LETTERS, 2014年03月, 査読有り
      • Strongest pi-metal orbital coupling in a porphyrin/gold cluster system
        Daisuke Tanaka; Yoko Inuta; Masanori Sakamoto; Akihiro Furube; Mitsutaka Haruta; Yeong-Gi So; Koji Kimoto; Ikutaro Hamada; Toshiharu Teranishi
        CHEMICAL SCIENCE, 2014年, 査読有り
      • Detecting the direction of oxygen bonding in SrTiO3
        M. J. Neish; N. R. Lugg; S. D. Findlay; M. Haruta; K. Kimoto; L. J. Allen
        Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics, 2013年09月11日, 査読有り
      • Atomic resolution chemical bond analysis of oxygen in La2CuO4
        M. Haruta; T. Nagai; N. R. Lugg; M. J. Neish; M. Nagao; K. Kurashima; L. J. Allen; T. Mizoguchi; K. Kimoto
        JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2013年08月, 査読有り
      • Removing the effects of elastic and thermal scattering from electron energy-loss spectroscopic data
        N. R. Lugg; M. Haruta; M. J. Neish; S. D. Findlay; T. Mizoguchi; K. Kimoto; L. J. Allen
        APPLIED PHYSICS LETTERS, 2012年10月, 査読有り
      • Visualization of hybridization states with atomic resolution using electron energy loss spectroscopy mapping
        M. Haruta; K. Kurashima; T. Nagai; H. Komatsu; Y. Shimakawa; H. Kurata; K. Kimoto
        Applied Physics Letters, 2012年04月16日, 査読有り
      • Visualization of hybridization states with atomic resolution using electron energy loss spectroscopy mapping
        M. Haruta; K. Kurashima; T. Nagai; H. Komatsu; Y. Shimakawa; H. Kurata; K. Kimoto
        APPLIED PHYSICS LETTERS, 2012年04月, 査読有り
      • サイト分解STEM-EELS法による局所電子構造解析
        治田充貴; 磯田正二; 倉田博基
        顕微鏡 = Microscopy, 2012年03月30日, 査読有り
      • Direct observation of crystal defects in an organic molecular crystals of copper hexachlorophthalocyanine by STEM-EELS
        Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata
        SCIENTIFIC REPORTS, 2012年02月, 査読有り
      • Visualization of Hybridization States with Atomic Resolution Using STEM-EELS
        M. Haruta; K. Kurashima; T. Nagai; H. Kurata; K. Kimoto
        Microscopy and Microanalysis, 2012年, 査読有り
      • Local electronic structure analysis for brownmillerite Ca(Sr)FeO2.5 using site-resolved energy-loss near-edge structures
        M. Haruta; H. Kurata; K. Matsumoto; S. Inoue; Y. Shimakawa; S. Isoda
        JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2011年08月, 査読有り
      • Selective reduction of layers at low temperature in artificial superlattice thin films
        Kazuya Matsumoto; Mitsutaka Haruta; Masanori Kawai; Aya Sakaiguchi; Noriya Ichikawa; Hiroki Kurata; Yuichi Shimakawa
        SCIENTIFIC REPORTS, 2011年06月, 査読有り
      • Photoinduced Charge Carrier Dynamics of Zn-Porphyrin-TiO2 Electrodes: The Key Role of Charge Recombination for Solar Cell Performance
        Hiroshi Imahori; Soonchul Kang; Hironobu Hayashi; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Seiji Isoda; Sophie E. Canton; Yingyot Infahsaeng; Arunkumar Kathiravan; Torbjorn Pascher; Pavel Chabera; Arkady P. Yartsev; Villy Sundstrom
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A, 2011年04月, 査読有り
      • Topotactic Changes in Thin Films of Brownmillerite SrFeO2.5 Grown on SrTiO3 Substrates to Infinite-Layer Structure SrFeO2
        Yuichi Shimakawa; Satoru Inoue; Mitsutaka Haruta; Masanori Kawai; Kazuya Matsumoto; Aya Sakaiguchi; Noriya Ichikawa; Seiji Isoda; Hiroki Kurata
        CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 2010年11月, 査読有り
      • HRTEM and ADF-STEM of precipitates at peak-ageing in cast A356 aluminium alloy
        N. Chomsaeng; M. Haruta; T. Chairuangsri; H. Kurata; S. Isoda; M. Shiojiri
        JOURNAL OF ALLOYS AND COMPOUNDS, 2010年04月, 査読有り
      • Artificial Superlattice Thin Film of Infinite-Layer Structure [CaFeO2]/[SrFeO2]
        Kazuya Matsumoto; Mitsutaka Haruta; Masanori Kawai; Aya Sakaiguchi; Noriya Ichikawa; Hiroki Kurata; Yuichi Shimakawa
        APPLIED PHYSICS EXPRESS, 2010年, 査読有り
      • サイト分解ELNESによるヤーン・テラー歪の検出
        治田充貴; 倉田博基; 小松寛; 島川祐一; 磯田正二
        まてりあ : 日本金属学会会報, 2009年12月01日, 査読有り
      • HAADF-STEM analysis of layered double perovskite La2CuSnO6 grown epitaxially
        M. Haruta; H. Komatsu; H. Kurata; Y. Shimakawa; S. Isoda
        JOURNAL OF MICROSCOPY, 2009年11月, 査読有り
      • Site-resolved oxygen K-edge ELNES of the layered double perovskite La2CuSnO6
        M. Haruta; H. Kurata; H. Komatsu; Y. Shimakawa; S. Isoda
        PHYSICAL REVIEW B, 2009年10月, 査読有り
      • Effects of Electron channeling in HAADF-STEM intensity in La2CuSnO6
        M. Haruta; H. Kurata; H. Komatsu; Y. Shimakawa; S. Isoda
        ULTRAMICROSCOPY, 2009年03月, 査読有り
      • 層状ダブルペロブスカイトLa2CuSnO6薄膜の構造、及び誘電特性
        小松寛; 治田充貴; 菅大介; 倉田博基; 磯田正二; 島川祐一
        粉体及び粉末冶金, 2008年08月, 査読有り
      • Atomic resolution ADF-STEM imaging of organic molecular crystal of halogenated copper phthalocyanine
        Mitsutaka Haruta; Kaname Yoshida; Hiroki Kurata; Seiji Isoda
        ULTRAMICROSCOPY, 2008年05月, 査読有り
      • High Resolution ADF-STEM Imaging Application for Organic Crystals
        Mitsutaka Haruta; Kaname Yoshida; Hiroki Kurata; Seiji Isoda
        MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 2008年, 査読有り
      • Direct observation of C-60 and iodine-doped C-60 crystals by annular dark-field scanning transmission electron microscopy
        Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Seiji Isoda
        FULLERENES NANOTUBES AND CARBON NANOSTRUCTURES, 2008年, 査読有り
      • Epitaxial growth and B-site cation ordering in layered double perovskite La2CuSnO6 thin films
        A. Masuno; M. Haruta; M. Azuma; H. Kurata; S. Isoda; M. Takano; Y. Shimakawa
        APPLIED PHYSICS LETTERS, 2006年11月, 査読有り

      MISC

      • 規則合金ナノ粒子の表面プラズモン特性
        竹熊晴香; 佐藤良太; 飯田健二; 川脇徳久; 治田充貴; 倉田博基; 信定克幸; 寺西利治
        プラズモニクスシンポジウム(CD-ROM), 2023年
      • C1-PtIn2プラズモニックナノ粒子の合成と光学特性
        TAKEKUMA Haruka; SATO Ryota; IIDA Kenji; KAWAWAKI Tokuhisa; HARUTA Mitsutaka; KURATA Hiroki; TERANISHI Toshiharu
        日本化学会春季年会講演予稿集(Web), 2021年
      • 擬貨幣金属規則合金ナノ粒子の合成とプラズモン特性
        竹熊晴香; 佐藤良太; 飯田健二; 川脇徳久; 治田充貴; 倉田博基; 治田充貴; 倉田博基; 信定克幸; 寺西利治; 寺西利治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2022年
      • 球状C1-PtIn2規則合金ナノ粒子の可視領域における表面プラズモン特性
        竹熊晴香; 佐藤良太; 飯田健二; 川脇徳久; 治田充貴; 倉田博基; 信定克幸; 寺西利治
        応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 2022年
      • C1-PtIn2規則合金ナノ粒子の合成とプラズモン特性
        竹熊晴香; 佐藤良太; 佐藤良太; 飯田健二; 川脇徳久; 治田充貴; 治田充貴; 倉田博基; 倉田博基; 信定克幸; 寺西利治; 寺西利治
        プラズモニクスシンポジウム(CD-ROM), 2022年
      • C1-PtIn2規則合金ナノ粒子の合成とプラズモン特性
        竹熊晴香; 佐藤良太; 飯田健二; 川脇徳久; 治田充貴; 倉田博基; 寺西利治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2021年
      • 擬貨幣金属合金ナノ粒子の合成とプラズモン特性
        竹熊晴香; 佐藤良太; 飯田健二; 川脇徳久; 治田充貴; 倉田博基; 寺西利治
        ナノ学会大会講演予稿集, 2020年
      • 複合イオン照射したプラズマ対向材料中の水素・ヘリウム挙動の高精度測定
        宮本光貴; 杉本有隆; 原一智; 治田充貴; 岩切宏友; 倉田博基
        日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 2020年
      • EELS mapping of chemical information
        Mitsutaka Haruta; Hiroki Higuchi; Takashi Nemoto; Hiroki Kurata
        12th Japanese-Polish Joint Seminar on Micro and Nano Analysis, 2018年08月, 招待有り
      • High resolution quantitative analysis of elemental ratio using STEM-EELS
        Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata
        International conference on Microscopy & XXXIX Annual Meeting of Electron Microscope Society of India (EMSI2018), 2018年07月, 招待有り
      • Distribution of electron hole in La2-xSrxCuO4
        M. Haruta; Y. Fujiyoshi; T. Nemoto; A. Ishizuka; K. Ishizuka; H. Kurata
        8th International Workshop on Electron Energy Loss Spectroscopy and Related Techniques (EDGE 2017), 2017年05月
      • Monodisperse and size-tunable PbS colloidal quantum dots via heterogeneous precursors
        Samuel Chan; Maning Liu; Kay Latham; Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata; Toshiharu Teranishi; Yasuhiro Tachibana
        Journal of Materials Chemistry C, 2017年
      • High energy resolution EELS of copper phthalocyanine crystals
        Hiroki Kurata; Yoshifumi Fujiyoshi; Yuriko Tomisaki; Takashi Nemoto; Mitsutaka Haruta
        The 16th European Microscopy Congress, Lyon, 2016年08月
      • Determination of elemental ratio in an atomic column by STEM-EELS
        Mitsutaka Haruta; Yoshiteru Hosaka; Noriya Ichikawa; Takashi Saito; Yuichi Shimakawa; Hiroki Kurata
        The 16th European Microscopy Congress, 2016年08月
      • Probing the directionality of local electronic states in SrTiO3 by momentum-selected STEM-EELS
        Atsushi Yamaguchi; Mitsutaka Haruta; Takashi Nemoto; Hiroki Kurata
        The 16th European Microscopy Congress, 2016年08月
      • 高い移動度をもつ透明導電性酸化物(Sr,La)SnO3の作製
        馬場枝里奈; 菅大介; 山田泰裕; 治田充貴; 倉田博基; 金光義彦; 島川祐一
        粉体粉末冶金協会講演概要集, 2015年
      • Local electronic structure Analysis for brownmillerite CaFeMnO2.5
        Mitsutaka Haruta; Yoshiteru Hosaka; Noriya Ichikawa; Takashi Saito; Yuichi Shimakawa; Hiroki Kurata
        The 2nd East-Asia Microscopy Conference, Himeji, 2015年
      • High-resolution EELS study of organic crystals
        H. Kurata; Y. Fijiyoshi; Y. Tomisaki; T. Nemoto; M. Haruta
        The 2nd East-Asia Microscopy Conference, Himeji, 2015年
      • Atomic Resolution Electronic State Mapping of Oxygen using STEM-EELS
        M. Haruta; T. Nagai; K. Kurashima; H. Kurata; K. Kimoto
        The First East-Asia Microscopy Conference (EAMC-1), Chongqing, 2013年
      • Atomic-resolution characterization of oxides using electron microscopy
        K. Kimoto; M. Haruta; K. Kurashima; T. Nagai; H. Kurata
        IUMRS-International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM 2012), Yokohama, 2012年
      • Local Electronic Structure Analysis for Ca(Sr)FeO2.5 by Site-resolved Energy-loss Near-edge Structures
        M. Haruta; H. Kurata; S. Isoda
        10th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC 10), Perth, 2012年
      • ADF-STEM Imaging of Block Copolymers without Staining
        Ryotaro Aso; Mitsutaka Haruta; Takeshi Namikoshi; Tamotsu Hashimoto; Hiroki Kurata; Seiji Isoda
        The International Union of Materials Research Societies - International Conference in Asia (IUMRS-ICA), Taipei, 2011年
      • Local state analysis by scanning transmission electron microscope combined with electron
        H. Kurata; M. Haruta; Y. Shimakawa; S. Isoda
        Proc. 1st Chiang Mai-Kyoto Symposium on Materials Science and Technology, 2010年
      • Local analysis by transmission electron microscope
        H. Kurata; M. Haruta; Y. Shimakawa; S. Isoda
        Proc. Japan-Taiwan Symposium on Innovative Synthesis for New Materials Chemistry, 2010年
      • Direct imaging of microphase-separated structure of poly(tricyclodecyl vinyl ether)-block-
        R. Aso; M. Haruta; T. Namikoshi; T. Hashimoto; H. Kurata; S. Isoda
        Proc. 17th International Microscopy Congress, Rio de Janeiro, 2010年
      • Interface structure of b-FeSi2 on Si (100) substrate
        Hiroki Kurata; Azumi Umeda; Mitsutaka Haruta; Takashi Nemoto; Masato Sasase; Seiji Isoda
        Proc. 8th Japanese-Polish Joint Seminar on Micro and Nano Analysis, 2010年
      • Local state analysis by electron energy-loss spectroscopy in a scanning transmission electron
        H. Kurata; M. Haruta; Y. Shimakawa; S. Isoda
        Proc. NSYSU-KU Bilateral Symposium on Materials Chemistry, Kaohsiung, 2009年
      • O K-edge and Fe L2,3-edge ELNES of FeO6 octahedra and FeO4 tetrahedra in the brownmillerite
        M. Haruta; H. Kurata; S. Inoue; S. Shimakawa; S. Isoda
        Proc. FEMMS 2009, Nagasaki, 2009年
      • Atomic resolution HAADF-STEM analysis of epitaxially grown layered double perovskites
        M. Haruta; H. Komatsu; H. Kurata; M. Azuma; Y. Shimakawa; S. Isoda
        Proc. 9th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC9), Jeju, 2008年
      • Electron microscopy for organic molecules
        S. Iosda; M. Haruta; H. Kurata
        Proc. 7th Polish-Japanese Joint Seminar on Micro and Nano Analysis, Warsaw, 2008年
      • Structural analysis of layered double perovskites La2CuSnO6 by HAADF-STEM
        M. Haruta; H. Komatsu; H. Kurata; M. Azuma; Y. Shimakawa; S. Isoda
        Proc. 7th Polish-Japanese Joint Seminar on Micro and Nano Analysis, Warsaw, 2008年
      • Effects of electron channeling in HAADF intensity
        M. Haruta; H. Komatsu; H. Kurata; M. Azuma; Y. Shimakawa; S. Isoda
        Proc. 14th European Microscopy Congress 2008, Aachen, 2008年
      • Direct observation of iodine-doped C60 crystal by scanning transmission electron microscope
        M. Haruta; H. Kurata; K. Yoshida; S. Isoda
        8th International Workshop Fullerenes and Atomic Clusters 2007, St Petersuburg, 2007年
      • High Resolution ADF-STEM Analysis of Organic Molecular Crystals
        M. Haruta; K. Yoshida; H. Kurata; S. Isoda
        16th International Microscopy Congress (IMC16), Sapporo, 2006年
      • Atomic Resolution ADF-STEM Imaging of Organic Molecular Crystal of Hexadecachloro
        M. Haruta; K. Yoshida; H. Kurata; S. Isoda
        16th International Microscopy Congress (IMC16), Sapporo, 2006年
      • Atomic Resolution HAADF-STEM Analysis of Layered Double Perovskites La2CuSnO6
        M.Haruta; A.Masuno; D.Kan; M.Azuma; S.Isojima; H.Kurata; M.Takano; Y.Shimakawa
        16th International Microscopy Congress (IMC16), Sapporo, 2006年

      講演・口頭発表等

      • Effects of Thermal Vibration Factors in Core-Loss Fine Structure
        Mitsutaka Haruta; I-Ching Lin; Takashi Nemoto; Hiroki Kurata
        The 40th international conference of the microscopy society of Thailand, 2023年04月03日, 招待有り
      • Detection limits of direct-counting CMOS and CCD cameras in EELS experiments
        Mitsutaka Haruta; Jun Kikkawa; Koji Kimoto; Hiroki Kurata
        MC2023, 2023年02月26日
      • EELSの基礎
        治田 充貴
        第37回分析電子顕微鏡討論会, 2022年12月08日, 招待有り
      • 初学者のためのEELSの基礎
        治田充貴
        2022年夏の電子顕微鏡解析技術フォーラム, 2022年08月25日, 招待有り
      • EELS計測における CCDと電子直接検出CMOSカメラの 検出限界の比較
        治田 充貴; 吉川 純; 木本 浩司; 倉田 博基
        日本顕微鏡学会第78回学術講演会, 2022年05月11日
      • Sub-picometer sensitivity and effect of atomic vibration on Ti L2,3-edge spectrum
        Mitsutaka Haruta; Takashi Nemoto; Hiroki Kurata
        The 39th International Conference of the Microscopy Society of Thailand, 2022年03月29日, 招待有り
      • STEM-EELS法によるマッピング -元素・状態・軌道-
        治田 充貴
        第36回分析電子顕微鏡討論会, 2021年12月09日, 招待有り
      • High spatial resolution electronic state analysis of transition metal oxides using STEM-EELS
        Mitsutaka HARUTA
        2021 年度 ナノ構造・物性-ナノ機能・応用部会 合同シンポジウム, 2021年12月01日, 招待有り
      • 内殻励起スペクトルにおける 異方性原子振動の効果
        治田 充貴; 根本 隆; 倉田 博基
        日本顕微鏡学会第77回学術講演会, 2021年06月15日
      • High spatial resolution electronic structure analysis by scanning transmission electron microscopy and electron energy loss spectroscopy
        Mitsutaka Haruta
        日本地球惑星科学連合 2021年度 大会, 2021年06月03日, 招待有り
      • EELSの基礎と応用
        治田充貴
        日本顕微鏡学会 第63回シンポジウム, 2020年11月20日, 招待有り
      • STEM-EELS法による高分解能電子状態解析
        治田充貴
        日本セラミックス協会 第33回秋季シンポジウム, 2020年09月02日, 招待有り
      • Extraction of Local Coordination Structure and Crystal Field Splitting Using Crystal Field Multiplet Calculation
        Mitsutaka Haruta
        12th Asia-Pacific Microscopy Conference (APMC-2020), 2020年02月04日, 招待有り
      • STEM-EELSによる局所電子構造解析・電子状態マッピング
        治田充貴
        日本顕微鏡学会第62回シンポジウム, 2019年11月30日, 招待有り
      • 内殻励起スペクトルの基礎と応用
        治田充貴
        第35回分析電子顕微鏡討論会, 2019年09月03日, 招待有り
      • 結晶場多重項計算を用いた局所配位構造の導出
        治田 充貴; 新居 あおい; 倉田 博基
        日本顕微鏡学会第75回学術講演会, 2019年06月18日
      • CCDノイズ低減によるEELSスペクトルのSN比の改善
        治田 充貴; 藤吉 好史; 根本 隆; 石塚 顕在; 石塚 和夫; 倉田 博基
        日本顕微鏡学会第75回学術講演会, 2019年06月18日
      • High Spatial Resolution Electronic State Analysis of Transition Metal Oxides
        M. Haruta; H. Kurata
        International Conference of the Microscopy Society of Thailand (MST36), 2019年03月27日, 招待有り
      • High resolution quantitative analysis of elemental ratio using STEM-EELS
        Mitsutaka Haruta; Hiroki Kurata
        International conference on Microscopy & XXXIX Annual Meeting of Electron Microscope Society of India (EMSI2018), 2018年07月18日, 招待有り
      • High resolution quantitative analysis of elemental ratio using STEM-EELS
        Mitsutaka Haruta
        pre-conference of International conference on Microscopy & XXXIX Annual Meeting of Electron Microscope Society of India, 2018年07月16日, 招待有り
      • ペロブスカイト関連酸化物における配位数の高分解能評価に関する研究
        樋口弘樹; 治田充貴; 根本隆; 倉田博基
        日本顕微鏡学会第74回学術講演会, 2018年05月31日
      • La2-xSrxCuO4におけるホール分布
        治田 充貴
        微細構造解析プラットフォーム地域セミナー, 2018年02月09日, 招待有り
      • EELSマッピングと分析 – 現状、限界、将来のニーズ
        治田 充貴
        Thermo Fisher Scientific / マテリアルサイエンス分析技術セミナー‐最新の顕微鏡技術, 2017年09月13日, 招待有り
      • ADF-STEM像コントラストの検出角依存性
        治田充貴; 富崎友理子; 根本隆; 倉田博基
        第73回日本顕微鏡学会学術講演会, 2017年05月31日
      • La2-xSrxCuO4におけるホール分布
        治田充貴; 藤吉好史; 根本隆; 石塚顕在; 石塚和夫; 倉田博基
        第73回日本顕微鏡学会学術講演会, 2017年05月30日
      • Distribution of electron hole in La2-xSrxCuO4
        M. Haruta; Y. Fujiyoshi; T. Nemoto; A. Ishizuka; K. Ishizuka; H. Kurata
        8th International Workshop on Electron Energy Loss Spectroscopy and Related Techniques, 2017年05月15日
      • EELSの基礎と応用
        治田 充貴
        JEOLユーザーズミーティング, 2016年12月02日, 招待有り
      • Accuracy of elemental ratio with atomic resolution in experimental STEM-EELS
        治田 充貴
        The 11th Polish-Japanese Joint Seminar on Micro and Nano Analysis, 2016年09月11日
      • EELSの基礎
        治田 充貴
        第32回 分析電子顕微鏡討論会, 2016年09月06日, 招待有り
      • Determination of elemental ratio in an atomic column by STEM-EELS
        Mitsutaka Haruta; Yoshiteru Hosaka; Noriya Ichikawa; Takashi Saito; Yuichi Shimakawa; Hiroki Kurata
        The 16th European Microscopy Congress, 2016年09月02日
      • Atomic Resolution Quantification of Elemental Ratio
        治田 充貴
        The 11th Asia-Pacific Microscopy Conference, 2016年05月26日, 招待有り
      • EELSの基礎
        治田 充貴
        第31回 分析電子顕微鏡討論会, 2015年09月01日, 招待有り
      • ブラウンミレライト型構造Ca2FeMnO5におけ る局所電子構造の研究
        治田 充貴; 保坂 祥輝; 市川 能也; 斉藤 貴志; 島 川 祐一; 倉田 博基
        日本顕微鏡学会 第71回学術講演会, 2015年05月14日
      • STEM-EELSによる原子分解能定量評価
        治田 充貴
        日本顕微鏡学会 第71回学術講演会, 2015年05月14日
      • 有機結晶のSTEM観察
        治田 充貴
        2014年度 超高分解能顕微鏡法分科会, 2015年02月20日, 招待有り
      • Local Electronic Structure Analysis Using Scanning Transmission Electron Microscopy
        治田 充貴
        京都大学―台湾国立大学シンポジウム, 2014年09月02日, 招待有り
      • Atomic resolution electronic state analysis in La2CuO4
        M. Haruta; T. Nagai; N. R. Lugg; M. J. Neish; M. Nagao; K. Kurashima; L. J. Allen; T. Mizoguchi; K. Kimoto
        18th International Microscopy Congress, 2014年09月
      • STEM-EELS法を用いた原子分解能での電子状態解析
        日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会, 2014年05月12日, 日本顕微鏡学会, 招待有り
      • 金属酸化物における酸素の電子状態マッピング
        治田 充貴
        第61回応用物理学会春季学術講演会, 2014年03月17日, 招待有り
      • 有機薄膜の高分解能 STEM
        日本顕微鏡学会・超高分解能顕微鏡法分科会, 2014年02月24日, 日本顕微鏡学会, 招待有り
      • 遷移金属酸化物における酸素原子の電子状態マッピング
        治田充貴
        日本顕微鏡学会・関西支部「若手の会」設立記念講演会, 2013年12月07日, 日本顕微鏡学会, 招待有り
      • Atomic Resolution Electronic State Mapping of Oxygen using STEM-EELS
        M. Haruta; T. Nagai; K. Kurashima; H. Kurata; K. Kimoto
        The First East-Asia Microscopy Conference, 2013年10月16日
      • 金属酸化物における酸素の電子状態マッピング
        治田充貴; 長井拓郎; 倉嶋敬次; 島川祐一; 倉田博基; 木本浩司
        第 74 回応用物理学会秋季学術講演会, 2013年09月16日
      • 遷移金属酸化物における酸素原子の 原子分解能電子状態解析
        治田 充貴; 長井 拓郎; N. R. Lugg; M. Neish; L. J. Allen; 倉嶋 敬次; 長尾 全寛; 溝口 照康; 木本浩司
        第29回分析電子顕微鏡討論会, 2013年09月04日
      • Site-dependent core-hole effects of O K-ELNES in La2CuO4
        M. Haruta; N. R. Lugg; T. Nagai; M. J. Neish; S. D. Findlay; M. Nagao; K. Kurashima; T. Mizoguchi; L. J. Allen; K. Kimoto
        International Electron Energy Loss Spectroscopy Meeting 2013, France, 2013年05月27日
      • O K-ELNES におけるコアホール効果のサイト依 存性
        治田充貴; Nathan. R. Lugg; Melissa Neish; Scott Findlay; 長井拓郎; 長尾全寛; 倉嶋敬次; Les. J. Allen; 溝口照康; 木本浩司
        日本顕微鏡学会第69回学術講演会 ,大阪, 2013年05月22日
      • La2CuO4の原子分解能O K-ELNES 分析
        治田充貴; Nathan. R. Lugg; Melissa Neish; Scott Findlay; 長井拓郎; 長尾全寛; 倉嶋敬次; Les. J. Allen; 溝口照康; 木本浩司
        日本顕微鏡学会第69回学術講演会 ,大阪, 2013年05月21日
      • Visualization of Hybridization states with atomic resolution using STEM-EELS
        M. Haruta; K. Kurashima; T. Nagai; H. Kurata; K. Kimoto
        Microscopy and Microanalysis 2012 ,Arizona, USA, 2012年08月01日
      • 混成軌道を区別した原子分解能酸素マッピング
        治田充貴; 倉嶋敬次; 長井拓郎; 小松寛; 島川祐一; 倉田博基; 木本浩司
        日本顕微鏡学会第68回学術講演会 ,つくば, 2012年05月14日
      • Atomic resolution oxygen mapping discriminated by the hybridization state using STEM-EELS
        M. Haruta; K. Kurashima; T. Nagai; K. Kimoto
        The 10th Asia-Pacific Microscopy Conference ,Perth, Australia, 2012年02月07日
      • 球面収差補正STEM-EELSによる有機分子結晶の欠陥構造研究
        治田充貴; 倉田博基
        日本顕微鏡学会第67回学術講演会 ,福岡, 2011年05月18日
      • O K-edge and Fe L2,3-edge ELNES of FeO6 octahedra and FeO4 tetrahedra in the brownmillerite Ca(Sr)FeO2.5 by using site-resolved STEM-EELS
        M. Haruta; H. Kurata; K. Matsumoto; S. Inoue; Y. Shimakawa; S. Isoda
        The 17th International Microscopy Congress ,Rio de Janeiro, Brazil, 2010年09月22日
      • サイト分解STEM-EELS法を用いたSr(Ca)FeO2.5の局所電子状態の違い
        治田充貴; 倉田博基; 井上暁; 松本和也; 島川祐一; 磯田正二
        日本顕微鏡学会第66回学術講演会 ,名古屋, 2010年05月25日
      • O K-edge and Fe L2,3-edge ELNES of FeO6 octahedra and FeO4 tetrahedra in the brownmillerite Sr2Fe2O5 by using site-resolved STEM-EELS
        M. Haruta
        Japan-Taiwan Joint Symposium on New Functional Materials and Their Nano-Scale Analysis, 2009年11月25日
      • サイト分解ELNESによる遷移金属酸化物八面体歪の検出
        治田充貴; 倉田博基; 小松寛; 島川祐一; 磯田正二
        第25回分析電子顕微鏡討論会 ,幕張, 2009年09月02日
      • O K-edge and Fe L2,3-edge ELNES of FeO6 octahedra and FeO4 tetrahedra in the brownmillerite Sr2Fe2O5 by using site-resolved STEM-EELS
        M. Haruta; H. Kurata; S. Inoue; Y. Shimakawa; S. Isoda
        The Twelfth Frontier of Electron Microscopy in Materials Science, 2009年09月
      • 層状La2CuSnO6薄膜のサイト分解能O-K 殻ELNESの解析
        治田充貴; 倉田博基; 小松寛; 島川祐一; 磯田正二
        日本顕微鏡学会第65回学術講演会 ,仙台, 2009年05月28日
      • Site resolved Oxygen K-edge ELNES of layered double perovskites La2CuSnO6
        M. Haruta; H. Kurata; H. Komatsu; Y. Shimakawa; S. Isoda
        International EELS workshop 2009, 2009年05月
      • Atomic resolution HAADF-STEM analysis of epitaxially grown layered double perovskites La2CuSnO6
        M. Haruta; H. Komatsu; H. Kurata; M. Azuma; Y. Shimakawa; S. Isoda
        The 9th Asia-Pacific Microscopy Conference, 2008年11月
      • Effects of electron channeling in HAADF intensity
        M. Haruta; H. Komatsu; H. Kurata; M. Azuma; Y. Shimakawa; S. Isoda
        14th European Microscopy Congress, 2008年10月04日
      • STRUCTURAL ANALYSIS OF LAYERED DOUBLE PEROVSKITES La2CuSnO6 BY HAADF-STEM
        M. Haruta; H. Komatsu; H. Kurata; M. Azuma; Y. Shimakawa; S. Isoda
        The 7th Polish-Japanese Joint Seminar on Micro and Nano Analysis ,Warsaw, Poland, 2008年09月09日
      • HAADF−STEMによる層状La2CuSnO6薄膜の構造解析
        治田充貴; 小松寛; 倉田博基; 東正樹; 島川祐一; 磯田正二
        日本顕微鏡学会第64回学術講演会 ,京都, 2008年05月23日
      • HIGH RESOLUTION ADF-STEM ANALYSIS OF ORGANIC MOLECULAR CRYSTALS
        M. Haruta; K. Yoshida; H. Kurata; S. Isoda
        Korea-Japan Joint Forum, 2007年09月
      • Atomic Resolution HAADF-STEM Analysis of Layered Double Perovskites La2CuSnO6
        M. Haruta; A. Masuno; D. Kan; M. Azuma; S. Isojima; H. Kurata; M. Takano; Y. Simakawa; S. Isoda
        The 16th International Microscopy Congress, 2006年09月

      受賞

      • 2008年12月05日
        京都大学 化学研究所, 京大化研学生研究賞
      • 2009年05月21日
        International EELS-Workshop, International EELS-Workshop Best Poster Award
      • 2012年08月01日
        Microscopy Society of America, Microscopy Society of America Presidential Post-Doctoral Award
      • 2014年03月17日
        応用物理学会, 第35回応用物理学会講演奨励賞
      • 2015年05月14日
        日本顕微鏡学会 , 第16回奨励賞受賞
      • 2016年12月02日
        化学研究所, 第21回京大化研奨励賞
      • 2017年05月31日
        日本顕微鏡学会, 第73回日本顕微鏡学会学術講演会ポスター賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 核融合プラズマ対向材料中の水素・ヘリウム挙動の高精度その場測定の実現
        基盤研究(C)
        小区分14020:核融合学関連
        島根大学
        宮本 光貴
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 完了
        核融合プラズマ対向材料;水素;ヘリウム;高機能電子顕微鏡;STEM-EELS
      • 電子線を用いた水素の高圧その場観察:地球深部の水循環の解明
        基盤研究(A)
        中区分17:地球惑星科学およびその関連分野
        京都大学
        三宅 亮
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        電子顕微鏡;高圧その場観察
      • 高空間・高エネルギー分解能電子状態マッピング
        基盤研究(B)
        小区分29020:薄膜および表面界面物性関連
        京都大学
        治田 充貴
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 完了
        電子状態;電子軌道;STEM;EELS;電子軌道マッピング;電子顕微鏡;電子エネルギー損失分光法;電子状態マッピング;状態マッピング
      • 可視プラズモニクスの新展開:第2世代材料の学理構築
        基盤研究(B)
        小区分32020:機能物性化学関連
        京都大学
        佐藤 良太
        自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日, 完了
        可視プラズモニクス;局在表面プラズモン共鳴;無機ナノ粒子;金属間化合物;規則合金;結晶構造;貨幣金属フリー;錬金術;局在表面プラズモン共鳴(LSPR);金属間化合物(規則合金)
      • 高精度位置分解EELS法の開発と界面電子状態の解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        倉田 博基
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        電子エネルギー損失分光法;電子顕微鏡;状態分析;マッピング;走査型透過電子顕微鏡;電子構造;界面状態分析
      • 酸素を利用した電子状態マッピングに関する研究
        若手研究(A)
        京都大学
        治田 充貴
        自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        EELS;STEM;電子状態マッピング;電子顕微鏡;電子エネルギー損失分光法;状態分析;局所状態解析
      • 走査型透過電子顕微鏡による原子分解能有機分子結晶観察の為の基礎的研究
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        治田 充貴
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        高分解能電子顕微鏡法;STEM;有機結晶;走査型透過電子顕微鏡;有機分子結晶;電子顕微鏡
      • 原子分解能での電子軌道分離状態解析法の研究
        研究活動スタート支援
        京都大学
        治田 充貴
        自 2013年08月30日, 至 2015年03月31日, 採択後辞退
        電子顕微鏡;電子エネルギー損失分光法;局所状態解析
      • 透過電子顕微鏡による電子軌道の可視化
        基盤研究(B)
        小区分29020:薄膜および表面界面物性関連
        京都大学
        治田 充貴
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        電子軌道;EELS;STEM;電子状態
      • 高密度プラズマ照射したタングステンの表面変質とガス吸蔵特性の高精度評価
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分14:プラズマ学およびその関連分野
        島根大学
        宮本 光貴
        自 2022年10月07日, 至 2026年03月31日, 交付
        核融合プラズマ対向材料;水素;ヘリウム;微細組織;ガス保持特性
      • プラズモニック規則合金の学理構築
        基盤研究(B)
        小区分32020:機能物性化学関連
        京都大学
        佐藤 良太
        自 2023年04月01日, 至 2027年03月31日, 交付
        プラズモニクス;局在表面プラズモン共鳴;無機ナノ粒子;規則合金;結晶構造
      • 透過電子顕微鏡による電子軌道の可視化
        基盤研究(B)
        小区分29020:薄膜および表面界面物性関連
        京都大学
        治田 充貴
        自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        電子軌道;EELS;STEM;内殻電子励起スペクトル
      • フッ化グラファイトの再充電現象を基軸としたレアメタルフリー正極の創出
        基盤研究(B)
        小区分36020:エネルギー関連化学
        京都大学
        宮崎 晃平
        自 2024年04月01日, 至 2027年03月31日, 交付
        リチウムイオン電池;フッ化グラファイト;フッ素化
      • プラズモニック規則合金の学理構築
        基盤研究(B)
        小区分32020:機能物性化学関連
        京都大学
        佐藤 良太
        自 2024年04月01日, 至 2027年03月31日, 交付
        プラズモニクス;局在表面プラズモン共鳴;無機ナノ粒子;規則合金(金属間化合物);結晶構造
      list
        Last Updated :2024/07/09

        教育

        担当科目

        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          化学のフロンティアII
          N358, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学演習IIA
          7212, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学ゼミナールIID
          7111, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学ゼミナールIIC
          7110, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学演習IID
          7215, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学演習IIC
          7214, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学演習IIB
          7213, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学ゼミナールIIB
          7109, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物質化学ゼミナールIIA
          7108, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          無機・物性化学演習
          3627, 後期, 理学部, 2
        • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
          物性化学II
          4605, 後期, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          化学のフロンティアII
          N358, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学演習IID
          7215, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学ゼミナールIID
          7111, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学ゼミナールIIC
          7110, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学ゼミナールIIB
          7109, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学演習IIC
          7214, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学演習IIB
          7213, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学演習IIA
          7212, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物質化学ゼミナールIIA
          7108, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          結晶構造化学
          7272, 前期, 理学研究科, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          物性化学II
          4605, 後期, 理学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          無機・物性化学演習
          3627, 後期, 理学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学のフロンティアII
          N358, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学演習IIA
          7212, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学ゼミナールIIC
          7110, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学演習IIC
          7214, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学ゼミナールIIB
          7109, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学ゼミナールIID
          7111, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学演習IID
          7215, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学ゼミナールIIA
          7108, 前期, 理学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          物質化学演習IIB
          7213, 後期, 理学研究科, 1
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基礎化学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          化学のフロンティアII
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          物質化学演習IID
          後期, 理学研究科

        非常勤講師

        • 自 2024年10月01日, 至 2025年03月31日
          物性化学Ⅱ
          期間内6時間 , 京都大学, 理学部
        • 自 2024年10月01日, 至 2025年03月31日
          無機・物性化学演習
          期間内2時間 , 京都大学, 理学部
        • 自 2023年10月01日, 至 2024年03月31日
          物性化学Ⅱ
          期間内6時間, 京都大学, 理学部
        • 自 2023年10月01日, 至 2024年03月31日
          無機・物性化学演習
          期間内2時間, 京都大学, 理学部
        • 自 2023年05月01日, 至 2024年03月31日
          応用物理学特論
          期間中15時間, 名古屋大学, 大学院工学研究科
        list
          Last Updated :2024/07/09

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2024年04月01日, 至 2025年03月31日
            化学研究所放射線障害防止委員会委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            化学研究所講演委員会
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            化学研究所放射線障害防止委員会
          • 自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            化学研究所講演委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            化学研究所総務・教務委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            化学研究所広報委員会委員

          ページ上部へ戻る