教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

上髙原 浩

カミタカハラ ヒロシ

農学研究科 森林科学専攻生物材料科学講座 教授

上髙原 浩
list
    Last Updated :2024/02/21

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • アメリカ化学会
    • 日本薬学会
    • 日本糖質学会
    • 高分子学会
    • セルロース学会
    • 日本木材学会
    • 繊維学会

    学位

    • 修士(農学)(京都大学)
    • 博士(農学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院農学研究科博士後期課程林産工学専攻, Division of Wood Science and Technology, 修了
    • 京都大学, 大学院農学研究科修士課程林産工学専攻, Division of Wood Science and Technology, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部林産工学科, Department of Wood Science and Technology, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      聖光学院高等学校, せいこうがくいんこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2018年12月, 至 現在
      京都大学, 大学院農学研究科森林科学専攻複合材料化学分野, 教授
    • 自 2012年10月, 至 2018年11月
      京都大学, 大学院農学研究科 森林科学専攻 生物材料化学分野, 准教授
    • 自 2002年
      フンボルトリサーチフェロー
    • 自 1996年, 至 1997年
      理化学研究所基礎科学特別研究員
    • 自 1996年, 至 1997年
      特定国立研究開発法人理化学研究所, 基礎科学特別研究員
    • 自 1997年
      文部科学教官 助手 京都大学大学院農学研究科
    • 自 1997年
      Assistant Professor at Graduate School of Agriculture,

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/02/21

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        セルロース誘導体の精密合成、その構造-物性相関研究、木質材料・生物材料の高度利用法開発、バイオマスリファイナリー
      • 研究概要

        60℃付近でゲル化するメチルセルロースの構造-物性相関を調べるため、ゲル化架橋点近傍のメチルセルロースの化学構造をオリゴ糖あるいは低分子量セルロースレベルで予想し、化学合成している。その過程で、これまでに新規な糖のみからなる界面活性剤を調製する事が出来た。さらに、最近、2,3,6位がメチル化されたグルコースが一定数以上連なった化学構造がメチルセルロース水溶液のゲル化に必須であることを化学合成的に明らかにした。

      研究キーワード

      • セルロース誘導体
      • ブロックコポリマー
      • 木質材料
      • biorefinery
      • 複合材料化学
      • Biomaterials

      研究分野

      • ライフサイエンス, 木質科学

      論文

      • Stone cell formation in the pedicel of pears and apples
        Lumin Zhang; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Takuya Morimoto; Shingo Sakamoto; Nobutaka Mitsuda; Akihiro Itai
        Planta, 2024年, 査読有り
      • Electro-oxidation of lignin model compounds and synthetic lignin with transition-metal complexes (manganese and iron complexes)
        Bing Xie; Yuki Tobimatsu; Kazuo Narita; Satomi Yokohata; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 2022年12月04日, 査読有り
      • Demethylation and tannin-like properties of guaiacyl/syringyl-type and syringyl-type dehydrogenation polymers using iodocyclohexane
        Tokimitsu Kobayashi; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        Journal of Wood Science, 2022年12月
      • Reaction Selectivity in Electro-oxidation of Lignin Dimer Model Compounds and Synthetic Lignin with Different Mediators for the Laccase Mediator System (PZH, NHPI, ABTS)
        Bing Xie; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 2022年05月23日
      • Fabrication of wood-inspired high-performance composites through fermentation routes
        Prodyut Dhar; Kazuki Sugimura; Mariko Yoshioka; Arata Yoshinaga; Hiroshi Kamitakahara
        Cellulose, 2022年03月
      • Aquatic invertebrate’s Carbphydrate-biding module assists environmental cellulase to immobilize in wetland sediments
        Liu, W; Kamitakahara, H; Maegawa, S; Toyohara, H
        Plankton Benthos Res, 2021年08月, 査読有り
      • ヒドロキシプロピルセルロースのアダマントイル誘導体が濃厚水溶液中で形成するコレステリック液晶構造とその光学特性
        安藤, 桃子; 杉村, 和紀; 上高原, 浩
        材料, 2021年07月, 査読有り, 最終著者
      • Synthesis-property-performance relationships of multifunctional bacterial cellulose composites fermented in situ alkali lignin medium
        Prodyut Dhar; Kazuki Sugimura; Mariko Yoshioka; Arata Yoshinaga; Hiroshi Kamitakahara
        Carbohydrate Polymers, 2021年01月15日, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • Handedness Inversion in Chiral Nematic (Ethyl)cellulose Solutions: Effects of Substituents and Temperature
        Nishio, Y; Nada T; Hirata, T; Fujita, S; Sugimura, K; Kamitakahara, H
        Macromolecules, 2021年, 査読有り
      • Synthesis of optically inactive cellulose via cationic ring-opening polymerization
        Waki Ikegami; Hiroshi Kamitakahara; Yoshikuni Teramoto; Toshiyuki Takano
        Cellulose, 2021年
      • Synthesis of an enantiomer of cellulose via cationic ring-opening polymerization
        Takahiro Yagura; Waki Ikegami; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        Cellulose, 2020年11月
      • Effect of exogenous GA4 + 7 and BA + CPPU treatments on fruit lignin and primary metabolites in Japanese pear “Gold Nijisseiki”
        Lumin Zhang; Hiroshi Kamitakahara; Ryosuke Sasaki; Akira Oikawa; Kazuki Saito; Hideki Murayama; Takanori Ohsako; Akihiro Itai
        Scientia Horticulturae, 2020年10月, 査読有り
      • Possible mechanisms for the generation of phenyl glycoside‐type lignin–carbohydrate linkages in lignification with monolignol glucosides
        Yasuyuki Miyagawa; Yuki Tobimatsu; Pui Ying Lam; Takahito Mizukami; Sayaka Sakurai; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        The Plant Journal, 2020年09月, 査読有り
      • セルロースフェニルカルバメート類が形成するコレステリック液晶構造の固定化と液晶呈色フィルムにおけるCaCO3ミネラリゼーション
        杉村 和紀; 西島 歳喜; 上高原 浩; 西尾 嘉之
        材料, 2020年06月, 査読有り
      • Thermally Activated Delayed Fluorescence Benzyl Cellulose Derivatives for Nondoped Organic Light-Emitting Diodes
        Masaya Shibano; Hiroki Ochiai; Katsuaki Suzuki; Hiroshi Kamitakahara; Hironori Kaji; Toshiyuki Takano
        Macromolecules, 2020年04月28日, 査読有り
      • Synthesis of polysaccharide-based block copolymers via olefin cross-metathesis
        Junyi Chen; Hiroshi Kamitakahara; Kevin J. Edgar
        Carbohydrate Polymers, 2020年02月, 査読有り
      • Methylation-triggered fractionation of lignocellulosic biomass to afford cellulose-, hemicellulose-, and lignin-based functional polymers via click chemistry
        Kentaro Miki; Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Yuki Tobimatsu; Toshiyuki Takano
        Green Chemistry, 2020年, 査読有り
      • Analysis of Fruit Lignin Content, Composition, and Linkage Types in Pear Cultivars and Related Species
        Zhang, Lumin; Kamitakahara, Hiroshi; Murayama, Hideki; Ohsako, Takanori; Itai, Akihiro
        2020年, 査読有り
      • Preparation and properties of a coniferin enantiomer
        Maeda; Haruka Tsuyama; Taku Takabe; Keiji Kamitakahara; Hiroshi Takano; Toshiyuki
        Journal of Wood Science, 2019年, 査読有り
      • Preparation and electro-optical properties of triphenylamine-bound chitosan derivative
        Shibano, M; Karakawa, M; Kamitakahara, H; Takano, T
        Int. J. Biol. Macromol., 2019年, 査読有り
      • Basic study for acyl chitosan isothiocyanates synthesis by model experiments using glucosamine derivatives
        Nishida, S; Shibano, M; Kamitakahara, H; Takano, T
        Int. J. Biol. Macromol., 2019年, 査読有り
      • Methylcelluloses end-functionalized with peptides as thermoresponsive supramolecular hydrogelators
        Suhara R; Yamagami M; Kamitakahara H; Yoshinaga A; Tanaka Y; Takano T
        Cellulose, 2019年01月, 査読有り
      • Two-Dimensional NMR Analysis of Angiopteris evecta Rhizome and Improved Extraction Method of Angiopteroside
        Hiroshi Kamitakahara; Tomoki Okayama; Praptiwi; Andria Agusta; Yuki Tobimatsu; Toshiyuki Takano
        Phytochemical Analysis, 2019年01月, 査読有り
      • Expansion of human γδ T cells for adoptive immunotherapy using a bisphosphonate prodrug
        Tanaka, Y; Murata-Hirai, K; Iwasaki, M; Matsumoto, K; Hayashi, K; Kumagai, A; Nada, M. H; Wang, H; Kobayashi, H; Kamitakahara, H; Okamura, H; Sugie, T; Minato, N; Toi, M; Morita, C. T
        Cancer Science, 2018年03月01日, 査読有り
      • Thermo-reversible supramolecular hydrogels of trehalose-type diblock methylcellulose analogues
        Mao Yamagami; Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        Carbohydrate Polymers, 2018年03月01日, 査読有り
      • Preparation of phthalocyanine-bound myristoyl celluloses for photocurrent generation system
        Yasuko Saito; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        CELLULOSE, 2017年09月, 査読有り
      • DPyrene conjugation and spectroscopic analysis of hydroxypropyl methylcellulose compounds successfully demonstrated a local dielectric difference associated with in vivo anti-prion activity
        Kenta Teruya; Ayumi Oguma; Keiko Nishizawa; Hiroshi Kamitakahara; Katsumi Dohura
        PLOS ONE, 2017年09月, 査読有り
      • Lignin Functionalization through Chemical Demethylation: Preparation and Tannin-Like Properties of Demethylated Guaiacyl-Type Synthetic Lignins
        Kaori Sawamura; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING, 2017年06月, 査読有り
      • TEMPO-mediated electro-oxidation reaction of non-phenolic β-O-4 type lignin model compounds
        Yumi Sannami; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        Holzforschung, 2017年02月, 査読有り
      • A Single Subcutaneous Injection of Cellulose Ethers Administered Long before Infection Confers Sustained Protection against Prion Diseases in Rodents
        Kenta Teruya; Ayumi Oguma; Keiko Nishizawa; Maki Kawata; Yuji Sakasegawa; Hiroshi Kamitakahara; Katsumi Doh-ura
        PLOS PATHOGENS, 2016年12月, 査読有り
      • Factors affecting photocurrent generation performances of Langmuir-Blodgett films of tetraphenylporphyrin-bound acyl celluloses
        Yasuhiro Ogawa; Keita Sakakibara; Fumiaki Nakatsubo; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        CELLULOSE, 2016年12月, 査読有り
      • A versatile pathway to end-functionalized cellulose ethers for click chemistry applications
        Hiroshi Kamitakahara; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Ryoko Okanishi; Tomoyuki Asahi; Toshiyuki Takano
        CARBOHYDRATE POLYMERS, 2016年10月, 査読有り
      • Preparation of (ruthenium (II) complex)-bound cellulose derivative for photocurrent generation system
        Yasuko Saito; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2016年06月, 査読有り
      • Distribution of coniferin in differentiating normal and compression woods using MALDI mass spectrometric imaging coupled with osmium tetroxide vapor treatment
        Arata Yoshinaga; Hiroshi Kamitakahara; Keiji Takabe
        TREE PHYSIOLOGY, 2016年05月, 査読有り
      • Preparation of a squaraine-bounded cellulose derivative for photocurrent generation system
        Yasuko Saito; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        CARBOHYDRATE RESEARCH, 2016年02月, 査読有り
      • Preparation of a Near-Infrared Ray Absorption Film from N-Phenylthiocarbamoyl Chitosan Derivative
        Shouko Nishida; Masaya Shibano; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 2015年12月, 査読有り
      • セルロースおよびキシランの誘導体の合成とその機能化
        ロジャース有希子; 上高原 浩; 岩田 忠久
        Cellulose Communications, 2015年, 査読有り
      • Facile synthesis of acyl chitosan isothiocyanates and their application to porphyrin-appended chitosan derivative
        Masaya Shibano; Shouko Nishida; Yasuko Saito; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        CARBOHYDRATE POLYMERS, 2014年11月, 査読有り
      • Synthesis and fundamental HSQC NMR data of monolignol beta-glycosides, dihydromonolignol beta-glycosides and p-hydroxybenzaldehyde derivative beta-glycosides for the analysis of phenyl glycoside type lignin-carbohydrate complexes (LCCs)
        Yasuyuki Miyagawa; Takahito Mizukami; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        HOLZFORSCHUNG, 2014年10月, 査読有り
      • Synthesis and crystallization-induced microphase separation of cellulose triacetate-block-poly(γ-benzyl-L-glutamate)
        上髙原 浩
        Cellulose, 2014年10月, 査読有り
      • Preparation and Evaluation of the Oxidation Ability of Hematin-Appended 6-Amino-6-Deoxycellulose
        Maki Ozawa; Asuka Fukutome; Yumi Sannami; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        JOURNAL OF WOOD CHEMISTRY AND TECHNOLOGY, 2014年10月, 査読有り
      • Preparation of Langmuir-Blodgett monolayer films of (zinc(II) phthalocyanine)-containing cellulose derivative; the use of 2,3-di-O-myristyl cellulose as a scaffold
        Yasuko Saito; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        CELLULOSE, 2014年06月, 査読有り
      • セルロース誘導体の置換位置制御と機能化
        上高原 浩
        木材学会誌、60 (3), 144-168 (2014), 2014年05月, 査読有り
      • Tandem Staudinger/aza-Wittig reaction of 6-azido-6-deoxycellulose derivative
        Masaya Shibano; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        CARBOHYDRATE RESEARCH, 2013年12月, 査読有り
      • セルロース,キシランおよびグルコマンナン誘導体の合成とその材料化 (特集号 持続可能な社会に向けた高分子Ⅰ)
        ロジャース 有希子; 上高原 浩; 高野 俊幸
        高分子論文集 = Japanese journal of polymer science and technology, 2013年10月, 査読有り
      • Comparison of a series of laccase mediators in the electro-oxidation reactions of non-phenolic lignin model compounds
        Takumi Shiraishi; Yumi Sannami; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        ELECTROCHIMICA ACTA, 2013年09月, 査読有り
      • Immunolocalization of 8-5′ and 8-8′ linked structures of lignin in cell walls of Chamaecyparis obtusa using monoclonal antibodies
        S. Kiyoto; A. Yoshinaga; N. Tanaka; M. Wada; H. Kamitakahara; K. Takabe
        Planta, 2013年03月, 査読有り
      • Syntheses and Characterization of Cellulose, Xylan and Glucomannan Derivatives and their Applications
        Yukiko Enomoto-Rogers; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Noreen G. V. Fundador; Tadahisa Iwata
        KOBUNSHI RONBUNSHU, 2013年, 査読有り
      • Fractionation and characterization of lignin-carbohydrate complexes (LCCs) of Eucalyptus globulus in residues left after MWL isolation. Part II: Analyses of xylan-lignin fraction (X-L)
        Yasuyuki Miyagawa; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        HOLZFORSCHUNG, 2013年, 査読有り
      • セルロース誘導体の精密合成 : 合成戦略と機能発現 (第37回糖質科学懇話会)
        上高原 浩
        応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌, 2013年
      • Synthesis of (zinc(II) phthalocyanine)-containing cellulose derivative using phthalocyanine-ring formation reaction
        Yasuko Saito; Toshiyuki Takano; Keita Sakakibara; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        CELLULOSE, 2012年12月, 査読有り
      • 2-O-Methyl- and 3,6-Di-O-methyl-cellulose from Natural Cellulose: Synthesis and Structure Characterization
        Atsushi Nakagawa; Chiyo Ishizu; Velina Sarbova; Andreas Koschella; Toshiyuki Takano; Thomas Heinze; Hiroshi Kamitakahara
        BIOMACROMOLECULES, 2012年09月, 査読有り
      • Thermoresponsive Hydrogel of Diblock Methylcellulose: Formation of Ribbonlike Supramolecular Nanostructures by Self-Assembly
        Atsushi Nakagawa; Frank Steiniger; Walter Richter; Andreas Koschella; Thomas Heinze; Hiroshi Kamitakahara
        LANGMUIR, 2012年08月, 査読有り
      • Synthesis and thermoreversible gelation of diblock methylcellulose analogues via Huisgen 1,3-dipolar cycloaddition
        Atsushi Nakagawa; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        CELLULOSE, 2012年08月, 査読有り
      • Fractionation and characterization of lignin carbohydrate complexes (LCCs) of Eucalyptus globulus in residues left after MWL isolation. Part I: Analyses of hemicellulose-lignin fraction (HC-L)
        Yasuyuki Miyagawa; Ooki Takemoto; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2012年05月, 査読有り
      • Studies on electro-oxidation of lignin and lignin model compounds. Part 2: N-Hydroxyphthalimide (NHPI)-mediated indirect electro-oxidation of non-phenolic lignin model compounds
        Takumi Shiraishi; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2012年03月, 査読有り
      • Studies on electrooxidation of lignin and lignin model compounds. Part 1: Direct electrooxidation of non-phenolic lignin model compounds
        Takumi Shiraishi; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2012年03月, 査読有り
      • Comb-shaped graft copolymers with cellulose side-chains prepared via click chemistry
        Yukiko Enomoto-Rogers; Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        CARBOHYDRATE POLYMERS, 2012年02月, 査読有り
      • Synthesis of blockwise alkylated tetrasaccharide-organic quantum dot complexes and their utilization for live cell labeling with low cytotoxicity
        Hiroshi Kamitakahara; Kaoru Murata-Hirai; Yoshimasa Tanaka
        CELLULOSE, 2012年02月, 査読有り
      • セルロース系ブロックコポリマー・コオリゴマーの精密合成と機能発現
        上高原 浩
        Cellulose Communications, 19 (2), 57-62., 2012年
      • Synthesis of Diblock Methylcellulose Derivatives with Regioselective Functionalization Patterns
        Atsushi Nakagawa; Dominik Fenn; Andreas Koschella; Thomas Heinze; Hiroshi Kamitakahara
        JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 2011年12月, 査読有り
      • Preparation of 6-azafulleroid-6-deoxy-2,3-di-O-myristoylcellulose
        Nobuhiko Ichihara; Toshiyuki Takano; Keita Sakakibara; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        CARBOHYDRATE RESEARCH, 2011年11月, 査読有り
      • Physical Properties of Diblock Methylcellulose Derivatives with Regioselective Functionalization Patterns: First Direct Evidence that a Sequence of 2,3,6-Tri-O-methyl-glucopyranosyl Units Causes Thermoreversible Gelation of Methylcellulose
        Atsushi Nakagawa; Dominik Fenn; Andreas Koschella; Thomas Heinze; Hiroshi Kamitakahara
        JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 2011年11月, 査読有り
      • Synthesis of blockwise alkylated (1→4) linked trisaccharides as surfactants: Influence of configuration of anomeric position on their surface activities
        A. Nakagawa; H. Kamitakahara
        Carbohydrate Research, 2011年09月, 査読有り
      • Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives 4. Self-assembled nanoparticles of amphiphilic cellulose derivatives carrying a single pyrene group at the reducing-end
        Yukiko Enomoto-Rogers; Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        CELLULOSE, 2011年08月, 査読有り
      • Water-soluble low-molecular-weight cellulose chains radially oriented on gold nanoparticles
        Yukiko Enomoto-Rogers; Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        CELLULOSE, 2011年08月, 査読有り
      • Radially oriented cellulose triacetate chains on gold nanoparticles
        Yukiko Enomoto-Rogers; Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        CELLULOSE, 2010年10月
      • Condensed Tannin Composition Analysis in Persimmon (Diospyros kaki Thunb.) Fruit by Acid Catalysis in the Presence of Excess Phloroglucinol
        Takashi Akagi; Yasuhiko Suzuki; Ayako Ikegami; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo; Keizo Yonemori
        JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE, 2010年07月
      • Synthesis and Structure/Property Relationships of Regioselective 2-O-, 3-O- and 6-O-Ethyl Celluloses
        Hiroshi Kamitakahara; Toshihiro Funakoshi; Shinji Nakai; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        MACROMOLECULAR BIOSCIENCE, 2010年06月, 査読有り
      • Reactivity of syringyl quinone methide intermediates in dehydrogenative polymerization I: high-yield production of synthetic lignins (DHPs) in horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of sinapyl alcohol in the presence of nucleophilic reagents
        Yuki Tobimatsu; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2010年06月, 査読有り
      • Reactivity of syringyl quinone methide intermediates in dehydrogenative polymerization. Part 2: pH effect in horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of sinapyl alcohol
        Yuki Tobimatsu; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2010年02月, 査読有り
      • Studies on the dehydrogenative polymerization of monolignol β-glycosides. Part 6: Monitoring of horseradish eroxidase-catalyzed polymerization of monolignol glycosides by GPC-PDA
        Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Holzforschung, 2010年02月, 査読有り
      • ABA- and BAB-triblock cooligomers of tri-O-methylated and unmodified cello-oligosaccharides: syntheses and structure-solubility relationship
        Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        CELLULOSE, 2010年02月, 査読有り
      • Cellular distribution of coniferin in differentiating xylem of Chamaecyparis obtusa as revealed by Raman microscopy
        Yohei Morikawa; Arata Yoshinaga; Hiroshi Kamitakahara; Munehisa Wada; Keiji Takabe
        HOLZFORSCHUNG, 2010年01月, 査読有り
      • Syntheses of 6-O-ethyl/methyl-celluloses via ring-opening copolymerization of 3-O-benzyl-6-O-ethyl/methyl-α-d-glucopyranose 1,2,4-orthopivalates and their structure-property relationships
        H. Kamitakahara; T. Funakoshi; S. Nakai; T. Takano; F. Nakatsubo
        Cellulose, 2009年12月, 査読有り
      • Syntheses of 2,6-O-alkyl celluloses: influence of methyl and ethyl groups regioselectively introduced at O-2 and O-6 positions on their solubility
        Hiroshi Kamitakahara; Toshihiro Funakoshi; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        CELLULOSE, 2009年12月, 査読有り
      • Cellulosic Graft Copolymer: Poly(methyl methacrylate) with Cellulose Side Chains
        Yukiko Enomoto-Rogers; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        BIOMACROMOLECULES, 2009年08月, 査読有り
      • Synthesis and thermal properties of poly(methyl methacrylate)-graft-(cellobiosylamine-C15)
        Yukiko Enomoto-Rogers; Hiroshi Kamitakahara; Kunihiro Nakayama; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        CELLULOSE, 2009年06月, 査読有り
      • カキ果実に含まれる縮合型タンニンの同定とその品種間差異
        鈴木靖彦; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明; 米森敬三
        園芸学研究 別冊, 2009年03月19日, 査読有り
      • Synthesis of methylated cello-oligosaccharides Synthesis strategy for blockwise methylated cello-oligosaccharides
        Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo; Dieter Klemm
        POLYSACCHARIDE MATERIALS: PERFORMANCE BY DESIGN, 2009年, 査読有り
      • New approach to unravel the structure-property relationship of methylcellulose
        Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Hajime Aono; Fumiaki Nakatsubo; Dieter Klemm; Walther Burchard
        CELLULOSE, 2008年12月, 査読有り
      • Studies on the dehydrogenative polymerization of monolignol β-glycosides: Part 5. UV spectroscopic monitoring of horseradish peroxidase-catalyzed polymerization of monolignol glycosides
        Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Holzforschung, 2008年09月, 査読有り
      • Studies on the dehydrogenative polymerizations (DHPs) of monolignol β-glycosides: Part 4. Horseradish peroxidase-catalyzed copolymerization of isoconiferin and isosyringin
        Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Holzforschung, 2008年09月, 査読有り
      • Formaldehyde adsorption by karamatsu (Larix leptolepis) bark
        Toshiyuki Takano; Tomomi Murakami; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2008年08月, 査読有り
      • Mechanism of formaldehyde adsorption of (+)-catechin
        Toshiyuki Takano; Tomomi Murakami; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2008年08月, 査読有り
      • Syntheses and comparison of 2,6-di-O-methyl celluloses from natural and synthetic celluloses
        Hiroshi Kamitakahara; Andreas Koschella; Yuji Mikawa; Fumiaki Nakatsubo; Thomas Heinze; Dieter Klemm
        MACROMOLECULAR BIOSCIENCE, 2008年07月, 査読有り
      • Azide ion as a quinone methide scavenger in the horseradish peroxidasecatalyzed polymerization of sinapyl alcohol
        Yuki Tobimatsu; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2008年01月, 査読有り
      • セルロース系ポリマーのFDP 分野への応用の可能性を探る
        上高原 浩; 中坪 文明
        月刊マテリアルステージ、8 (6), 43-45, 2008年
      • Studies on the dehydrogenative polymerizations of monolignol β-glycosides. Part 3: Horseradish peroxidase-catalyzed polymerizations of triandrin and isosyringin
        Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Journal of Wood Chemistry and Technology, 2008年, 査読有り
      • Alkaline nitrobenzene oxidation of phenolic and non-phenolic dimeric, trimeric and oligomeric β-O-4 lignin model compounds
        R. Katahira; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Cellulose Chemistry and Technology, 2007年11月, 査読有り
      • SURFACE ACETYLATION OF A REGENERATED CELLULOSE FILM
        Sanae Toda; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fukiaki Nakatsubo
        CELLULOSE CHEMISTRY AND TECHNOLOGY, 2007年11月, 査読有り
      • PREPARATION OF HIGHLY REGIOREGULAR O-METHYLCELLULOSES AND THEIR WATER SOLUBILITY
        Makoto Karakawa; Shinji Nakai; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        CELLULOSE CHEMISTRY AND TECHNOLOGY, 2007年11月, 査読有り
      • The application of microwave heating to the synthesis of 6-amino-6-deoxycellulose
        Toshiyuki Takano; Junya Ishikawa; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        CARBOHYDRATE RESEARCH, 2007年11月, 査読有り
      • New class of carbohydrate-based nonionic surfactants: diblock co-oligomers of tri-O-methylated and unmodified cello-oligosaccharides
        Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo; Dieter Klemm
        CELLULOSE, 2007年10月, 査読有り
      • Redox-active cellulose Langmuir-Blodgett films containing β-carotene as a molecular wire
        K. Sakakibara; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo
        Biomacromolecules, 2007年05月, 査読有り
      • Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives. 3. Cellulose derivatives carrying a single pyrene group at the reducing-end and fluorescent studies of their self-assembly systems in aqueous NaOH solutions
        Yukiko Enomoto; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        CELLULOSE, 2006年08月, 査読有り
      • Block co-oligomers of tri-O-methylated and unmodified cello-oligosaccharides as model compounds for methylcellulose and its dissolution/gelation behavior
        Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo; Dieter Klemm
        CELLULOSE, 2006年08月, 査読有り
      • Studies on the dehydrogenative polymerizations of monolignol β-glycosides. Part 2: Horseradish peroxidase-catalyzed dehydrogenative polymerization of isoconiferin
        Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Holzforschung, 2006年08月, 査読有り
      • Langmuir - Blodgett films of a novel cellulose derivative with dihydrophytyl group: The ability to anchor β-carotene molecules
        K. Sakakibara; S. Ifuku; Y. Tsujii; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo
        Biomacromolecules, 2006年06月, 査読有り
      • Synthesis of β-O-4 type oligomeric lignin model compound by the nucleophilic addition of carbanion to the aldehyde group
        R. Katahira; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo
        Journal of Wood Science, 2006年06月, 査読有り
      • Neutral sugar analysis (alditol acetate procedure) of wood assisted by microwave irradiation
        Shuichi Hirosawa; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        CELLULOSE CHEMISTRY AND TECHNOLOGY, 2006年05月, 査読有り
      • Preparation of acetoacetylated wood meal and its properties. Part 2. Copper ion fixation by acetoacetylation
        T Nasuno; T Takano; H Kamitakahara; F Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2006年03月, 査読有り
      • Preparation of acetoacetylated wood meal and its properties. Part 1. Preparation of parameter and preliminary evaluation of the antifungal activity
        T Nasuno; T Takano; T Yoshimura; H Kamitakahara; F Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2006年03月, 査読有り
      • Stability of α-ether substructures in lignins under TIZ reaction conditions
        R. Katahira; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo
        Cellulose Chemistry and Technology, 2006年01月, 査読有り
      • Chemical structure elucidation of total lignins in woods. Part II: Analysis of a fraction of residual wood left after MWL isolation and solubilized in lithium chloride/N,N-dimethylacetamide
        Hiroyuki Furuno; Toshiyuki Takano; Shuichi Hirosawa; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2006年, 査読有り
      • Studies on the dehydrogenative polymerizations of monolignol β-glycosides. Part 1. Syntheses of monolignol β-glycosides, (E)-isoconiferin, (E)-isosyringin, and (E)-triandrin
        T. Takano; Y. Tobimatsu; T. Hosoya; T. Hattori; J. Ohnishi; M. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Journal of Wood Chemistry and Technology, 2006年, 査読有り
      • Preparation and characterization of redox cellulose Langmuir-Blodgett films containing a ferrocene derivative
        S Ifuku; Y Tsujii; H Kamitakahara; T Takano; F Nakatsubo
        JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 2005年11月, 査読有り
      • Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives. 2. Characterization and thermal properties of cellulose triacetate-block-oligoamide-15
        H Kamitakahara; Y Enomoto; C Hasegawa; F Nakatsubo
        CELLULOSE, 2005年10月, 査読有り
      • Preparation of high regioselectively mono-substituted carboxymethylcelluloses
        N Nishio; T Takano; H Kamitakahara; F Nakatsubo
        CELLULOSE CHEMISTRY AND TECHNOLOGY, 2005年09月, 査読有り
      • Preparation and characterization of 6-O-(4-stearyloxytrityl)cellulose acetate Langmuir-Blodgett films
        S Ifuku; H Kamitakahara; T Takano; Y Tsujii; F Nakatsubo
        CELLULOSE, 2005年08月, 査読有り
      • Preparation and characterization of monolayer and multilayer Langmuir-Blodgett films of a series of 6-O-alkylcelluloses
        S Ifuku; S Nakai; H Kamitakahara; T Takano; Y Tsujii; F Nakatsubo
        BIOMACROMOLECULES, 2005年07月, 査読有り
      • Facile synthesis of 6-amino-6-deoxycellulose
        Y Matsui; J Ishikawa; H Kamitakahara; T Takano; F Nakatsubo
        CARBOHYDRATE RESEARCH, 2005年05月, 査読有り
      • Synthesis of diblock copolymers with cellulose derivatives. 1. Model study with azidoalkyl carboxylic acid and cellobiosylamine derivative
        H Kamitakahara; F Nakatsubo
        CELLULOSE, 2005年04月, 査読有り
      • Preparation of 6-O-(4-alkoxytrityl)celluloses and their properties
        S Ifuku; H Kamitakahara; T Takano; F Tanaka; F Nakatsubo
        ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY, 2004年02月, 査読有り
      • 解説・主張 化学合成セルロースの果たす役割
        上高原 浩; 中坪 文明
        Cellulose communications, 2004年
      • Preparation of novel reagents 4-alkoxytrityl chlorides and their reaction with methyl α-D-glucoside
        S. Ifuku; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Journal of Wood Science, 2004年, 査読有り
      • Novel syntheses of β-O-4 type oligomeric lignin model compounds by nucleophilic addition of carbanion to the aldehyde group
        R. Katahira; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo
        Journal of Wood Science, 2003年, 査読有り
      • Preparations of regioselectively methylated cellulose acetates and their H-1 and C-13 NMR spectroscopic analyses
        M Karakawa; Y Mikawa; H Kamitakahara; F Nakatsubo
        JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 2002年12月, 査読有り
      • The utility of a 3-O-allyl group as a protective group for ring-opening polymerization of α-D-glucopyranose 1,2,4-orthopivalate derivatives
        M. Karakawa; H. Kamitakahara; T. Takano; F. Nakatsubo
        Biomacromolecules, 2002年05月, 査読有り
      • Sulfated glycofuranans as inhibitors of melanoma lung metastasis
        H Kamitakahara; F Nishigaki; Y Mikawa; M Hori; S Tsujihata; T Fujii; F Nakatsubo
        JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2002年, 査読有り
      • Vibrational property changes of spruce wood by impregnation with water-soluble extractives of pernambuco (Guilandina echinata Spreng.) II: structural analysis of extractive components
        M Matsunaga; K Sakai; H Kamitakahara; K Minato; F Nakatsubo
        JOURNAL OF WOOD SCIENCE, 2000年, 査読有り
      • A lysoganglioside poly-L-glutamic acid conjugate as a picomolar inhibitor of influenza hemagglutinin
        H Kamitakahara; T Suzuki; N Nishigori; Y Suzuki; O Kanie; CH Wong
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 1998年06月, 査読有り
      • Substituent effects of the orthoester group on ring-opening polymerization of α-D-glucopyranose 1,2,4-orthoester derivatives
        M. Hori; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Macromolecules, 1997年05月, 査読有り
      • Substituent effect on ring-opening polymerization of regioselectively acylated α-D-glucopyranose 1,2,4-orthopivalate derivatives
        H. Kamitakahara; M. Hori; F. Nakatsubo
        Macromolecules, 1996年09月, 査読有り
      • Substituent effect on ring-opening polymerization of regioselectively acylated 1,4-anhydro-α-D-glucopyranose derivatives
        H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        Macromolecules, 1996年02月, 査読有り
      • Cationic ring-opening polymerization of 3,6-di-O-benzyl-α-D-glucose 1,2,4-orthopivalate and the first chemical synthesis of cellulose
        F. Nakatsubo; H. Kamitakahara; M. Hori
        Journal of the American Chemical Society, 1996年02月, 査読有り
      • Ring-opening polymerization of 1,4-anhydro-α-D-glucopyranose derivatives having acyl groups and synthesis of (1→5)-β-D-glucofuranan
        Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo; Koji Murakami
        Macromolecules, 1994年10月, 査読有り
      • SYNTHESES OF 1,4-ANHYDRO-ALPHA-D-GLUCOPYRANOSE DERIVATIVES HAVING ACYL-GROUPS
        H KAMITAKAHARA; F NAKATSUBO; K MURAKAMI
        MOKUZAI GAKKAISHI, 1994年, 査読有り

      MISC

      • Image analysis of peroxidase localization on the cross section prepared from Japanese birch plantlet No.8 infected with Inonotus obliquus IO-U1 strain
        S. Yokota; C. Ri; H. Suzuki; A. Yoshinaga; H. Kamitakahara; F. Ishiguri; K. Iizuka; N. Yoshizawa
        PHYTOPATHOLOGY, 2012年07月
      • セルロース系ポリマーのFPD分野への応用の可能性を探る (オプトロニクス 石油代替・ナノバイオ材料の可能性,「薄く」,「しなやか」な物性が得られる--FPD用部材における「バイオマス資源・タンパク質材料」の応用・採用の技術トレンド)
        上高原 浩; 中坪 文明
        マテリアルステージ, 2008年09月
      • Synthesis of new phenyl glycoside type LCC model compounds for NMR analysis of native LCC
        Sayaka Sakurai; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Yoshikuni Teramoto; Toshiyuki Takano
        1st International Lignin Symposium, 2019年09月
      • Electoro-oxidation of artificial lignin with natural mediators (phenolic compounds)
        Kenichiro Naka; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Yoshikuni Teramoto; Toshiyuki Takano
        Abstract book (1st International Lignin Symposium), 2019年09月, 査読有り
      • Electoro-oxidation of artificial lignin with mediators (promazine hydrochloride, linoleic acid)
        Bing Xie; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Yoshiyuki Teramoto; Toshiyuki Takano
        Abstract book (1st International Lignin Symposium), 2019年09月, 査読有り
      • Lignin functionalization through chemical demethylation: Praparation ant tannin-like propeties of demethylated dehydrogenation polymers
        Tokimitsu Kobayashi; Kaori Sawamura; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        Proceedings of The 20th ISWFPC (International Symposium on Wood, Fiber, and Pulping Chemistry), 2019年09月, 査読有り
      • Synthesis of D/L-cellulose
        Waki Ikegami; Takahiro Yagura; Hiroshi Kamitakahara; Yoshikuni Teramoto; Toshiyuki Takano
        Proceedings of The 20th ISWFPC (International Symposium on Wood, Fiber, and Pulping Chemistry), 2019年09月, 査読有り
      • TADF色素導入セルロース誘導体の調製
        柴野匡哉; 落合弘貴; 上高原浩; 髙野俊幸
        セルロース学会第26回年次大会(福岡), 2019年07月
      • 天然系メディエーターによるリグニン電解酸化の検討(2) –S 核・G 核メディエーターの比較–
        中健一郎; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第86 回紙パルプ研究発表会, 2019年06月
      • セルロースの鏡像異性体の合成
        八倉崇大; 池上和岐; 上高原浩; 髙野俊幸
        第86回紙パルプ研究発表会, 2019年06月
      • 熱応答性ゲルである分子末端機能化メチルセルロースを足場とした炭酸カルシウムマイクロカプセルの形成と応用
        込山活哉; 上高原浩; 髙野俊幸
        第69回日本木材学会大会(函館), 2019年03月
      • メチル化セロビオース-b-ジアルギニン/金属錯体の合成とその性質
        畑本彩; 上高原浩; 田中義正; 髙野俊幸
        第69回日本木材学会大会(函館), 2019年03月
      • ジブロック型メチルセルロースの構造-物性相関
        杉本瑛梨香; 上高原浩; 髙野俊幸
        第69回日本木材学会大会(函館), 2019年03月
      • Theoretical analysis of indirect electrolysis mechanism and reactivity of lignin model compounds
        Yoshitaka Hirano; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        2018 SWST/JWRS International Convention, 2018年11月, 査読有り
      • 天然系メディエーターによるリグニン電解酸化の検討
        中健一郎; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第63回リグニン討論会(東京・小金井), 2018年11月
      • フェニルグリコシド型LCC(リグニン-多糖複合体)解析用モデル化合物の合成
        櫻井沙也佳; 水上貴仁; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第63回リグニン討論会(東京・小金井), 2018年11月
      • カルボイミド基を有するセルロース誘導体の合成
        落合弘貴; 上高原浩; 髙野俊幸
        セルロース学会第25回年次大会(宇治), 2018年07月
      • L-セルロースの合成
        八倉崇大; 上高原浩; 髙野俊幸
        セルロース学会第25回年次大会(宇治), 2018年07月
      • Angiopteris evecta根茎からのAngiopterosideの効率的抽出法
        上高原浩; 岡山智貴; Praptiwi; Andria Agusta; 飛松裕基; 高野俊幸
        第68回日本木材学会大会, 2018年03月
      • 開環重合によるL-セルロースの合成
        八倉崇大; 上高原浩; 髙野俊幸
        第68回日本木材学会大会(京都), 2018年03月
      • トランス-1,4-ポリイソプレンへのセルロース誘導体の導入
        伊賀悠珠; 上高原浩; 髙野俊幸; Agusta Andria; Eiadthong Wichan
        第68回日本木材学会大会(京都), 2018年03月
      • 量子化学計算によるリグニンの間接電解反応機構/反応性の解析
        平野義貴; 上高原浩; 髙野俊幸
        第68回日本木材学会大会(京都), 2018年03月
      • Angiopteris evecta 根茎からのAngiopterosideの効率的な抽出法
        上高原浩; 岡山智貴; Praptiwi; Agusta Andria; 飛松裕基; 髙野俊幸
        第68回日本木材学会大会(京都), 2018年03月
      • 両末端に異なる置換基を有するメチル化セロビオースの合成
        三浦克也; 上高原浩; 髙野俊幸; 田中義正
        第68回日本木材学会大会(京都), 2018年03月
      • Design and synthesis of end-functionalized methylcelluloses for thermoresponsive supramolecular hydrogels with multi-functions
        Hiroshi Kamitakahara; Atushi Nakagawa; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Ryoko Okanishi; Kentaro Miki; Tomoyuki Asahi; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        The 4th International Cellulose Conference (ICC2017), 2017年10月, 査読有り
      • Photosensitizer-bound cellulose derivatives towards photocurrent generation system
        Yasuko Saito; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        The 4th International Cellulose Conference (ICC2017), 2017年10月, 査読有り
      • 光電変換能を有するキトサン誘導体の合成
        柴野匡哉; 西田祥子; 斎藤靖子; 上高原浩; 髙野俊幸
        第31回キチン・キトサン学会, 2017年08月
      • イソチオシアネートキトサン誘導体の合成とその高機能化
        柴野匡哉; 西田祥子; 斎藤靖子; 上高原浩; 髙野俊幸
        セルロース学会第24回年次大会(岐阜), 2017年07月
      • 木質バイオマスを原料とする両親媒性マテリアルの合成
        上高原浩; 三木健太郎; 岡西諒子; 高野俊幸
        平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月
      • 脱メチル化によるリグニンのタンニン様ポリマーへの変換
        小林勅光; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第84回紙パルプ研究発表会, 2017年06月
      • 光増感色素担持型セルロース誘導体の調製とその性質
        斎藤靖子; 上高原浩; 髙野俊幸
        第84回紙パルプ研究発表会, 2017年06月
      • 木質バイオマスのメチル化・分画・クリック反応による機能性材料の開発と評価
        三木健太郎; 上高原浩; 吉永新; 飛松裕基; 髙野俊幸
        第67回日本木材学会大会(福岡), 2017年03月
      • 2段階one-pot電解反応によるリグニンのbeta-O-4結合の開裂
        平野義貴; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第67回日本木材学会大会(福岡), 2017年03月
      • 化学プローブを利用したリグノセルロース形成過程の可視化
        飛松裕基; 有賀哲; 鈴木史朗; Eric Allen; 上高原浩; 梅澤俊明; John Ralph; 高野俊幸
        第13回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム/第6回先進素材開発解析システム(ADAM)シンポジウム, 2017年01月
      • 木質バイオマスの分子構造変換によるブロックコポリマーの調製とナノ粒子化
        三木健太郎; 上高原浩; 飛松裕基; 吉永新; 髙野俊幸
        第61回リグニン討論会(宇治), 2016年10月
      • モノリグノール配糖体の脱水素重合によるフェニルグリコシド型LCC形成の可能性
        宮川泰幸; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第61回リグニン討論会(宇治), 2016年10月
      • S核、G/S核β-O-4型オリゴマーの合成とそのNHPI間接電解酸化
        平野義貴; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第61回リグニン討論会(宇治), 2016年10月
      • 脱メチル化リグニンの調製と機能性評価(その2)
        小林勅三; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第61回リグニン討論会(宇治), 2016年10月
      • 未利用木質バイオマスを原料としたブロックコポリマーの合成とナノ粒子化
        三木健太郎; 上高原浩; 吉永新; 髙野俊幸
        第65回高分子討論会(神奈川), 2016年09月
      • 木質バイオマスの新規分子構造変換法 -誘導体化・分離・クリック反応・ナノ粒子化-
        三木健太郎; 上高原浩; 飛松裕基; 吉永新; 髙野俊幸
        セルロース学会第23回年次大会(つくば), 2016年07月
      • 温度応答性ジブロック型メチルセルロース類縁体のガラス基板への固定化
        朝日智之; 上高原浩; 高野俊幸
        セルロース学会第23回年次大会, 2016年07月
      • 単糖あるいはオリゴ糖を分子末端に有するメチル化多糖の合成とその構造―物性相関
        岡西諒子; 上高原浩; 高野俊幸
        セルロース学会第23回年次大会, 2016年07月
      • 人工リグニン(DHP)の脱メチル化物の調製とその性質
        澤村かおり; 小林勅三; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第83回紙パルプ研究発表会, 2016年06月
      • 未利用バイオマスの新規分子構造変換法 -木質ナノ材料への展開-
        三木健太郎; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第66回日本木材学会大会(名古屋), 2016年03月
      • 合成モノリグノールプローブを活用した細胞壁リグニンの蛍光生体標識
        有賀哲; 飛松裕基; 鈴木史朗; Eric Allen、John Ralph; 上高原浩; 梅澤俊明; 高野俊幸
        第60回リグニン討論会, 2015年09月
      • 分子末端機能化メチルセルロースからなる熱応答性超分子ヒドロゲル:生体模倣ミネラリゼーションの3次元足場として
        上高原 浩; 山上 真緒; 須原 遼; 吉永 新; 高野 俊幸
        セルロース学会第22回年次大会、北海道大学、札幌, 2015年07月
      • リグニンのメディエーターによる電解反応の検討
        三波由実; 成田和央; 横畑里美; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第82回紙パルプ研究発表会, 2015年06月
      • Synthesis and properties of end-functionalized methyl cellulose derivatives: Bridging the gap between oligo- and polysaccharides
        Hiroshi Kamitakahara; Atsushi Nakagawa; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Toshiyuki Takano
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2015年03月
      • Synthetic strategies for cellulosic diblock copolymers
        Hiroshi Kamitakahara
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2015年03月
      • Thermoresponsive supramolecular hydrogels based on diblock methylcellulose derivatives
        Hiroshi Kamitakahara; Atsushi Nakagawa; Toshiyuki Takano
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2015年03月
      • Visualization of cell wall lignins by metabolic labeling and bioorthogonal click chemistry
        Yuki Tobimatsu; Satoshi Aruga; Dorien Van de Wouwer; Allen Eric; Robert Kumpf; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano; Bartel Vanholme; Boerjan Wout; John Ralph
        International Symposium on Wood Science and Technology 2015, 2015年03月
      • リグニンの生体標識を指向したモノリグノールプローブ群の合成
        有賀哲; 飛松裕基; ALLEN Eric; RALPH John; 上高原浩; 高野俊幸
        日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM), 2015年03月
      • 脱メチル化リグニンの調製および機能性評価
        澤村かおり; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第65回日本木材学会大会(東京), 2015年03月
      • 遷移金属錯体を用いたリグニンモデル化合物の電解酸化
        横畑里美; 成田和央; 飛松裕基; 三波由実; 上高原浩; 高野俊幸
        第65回日本木材学会大会(東京), 2015年03月
      • Photosensitizer-bounded cellulose derivatives for photocurrent generation
        Saito Y; Kamitakahara H; Takano T
        IAWPS 2015 (in Tokyo), 2015年03月, 査読有り
      • NMR studies of phenyl-glycoside-type lignin-carbohydrate complexes (LCCs) in wood cell walls
        Miyagawa Y; Tobimatsu T; Kamitakahara H; Takano T
        IAWPS 2015 (in Tokyo), 2015年03月, 査読有り
      • カラマツ鋸屑からの両親媒性ナノ粒子の調製
        三木健太郎; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第65回木材学会・東京, 2015年03月
      • 親水部としてグルコース・マンノースを有する分子末端機能化メチルセルロースの合成とその性質
        岡西諒子; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第65回木材学会・東京, 2015年03月
      • Synthesis of the model compounds for phenyl glycoside type lignin-carbohydrate complexes (LCCs)
        Miyagawa Y; Mizukami T; Tobimatsu Y; Kamitakahara H; Takano T
        ICP2014 (XXVIIth International Conference on Polyphenols), 2014年09月, 査読有り
      • Electro-oxidation of lignin model compounds using several mediators
        Sannami Y; Narita K; Shiraishi T; Kamitakahara H; Takano T
        ICP2014 (XXVIIth International Conference on Polyphenols), 2014年09月, 査読有り
      • 脱メチル化リグニンの構造分析および性質評価
        澤村かおり; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第59回リグニン討論会(福井), 2014年09月
      • alpha-Keto/beta-O-4構造を有するphenyl glycoside型LCCモデル化合物の合成
        水上貴仁; 宮川泰幸; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第59回リグニン討論会(福井), 2014年09月
      • 2次元NMRによる天然試料のフェニルグルコシド型LCCの化学構造解析
        宮川泰幸; 飛松裕基; 水上貴仁; John Ralph; 上高原浩; 高野俊幸
        第59回リグニン討論会(福井), 2014年09月
      • 生体直交型反応を活用したリグニンのメタボリックラベルと蛍光標識
        飛松裕基; Dorein Van de Wouwer; 有賀哲; Eric Allen; Robert Kumpf; Bartel Vanholme; 上高原浩; 高野俊幸; Wout Boerjanm John Ralph
        第59回リグニン討論会(福井), 2014年09月
      • 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその光電変換能評価(3)混合LB法による光電変換薄膜の構築
        齋藤靖子; 上高原浩; 高野俊幸
        セルロース学会第21回年次大会、鹿児島大学、鹿児島, 2014年07月
      • 両親媒性末端機能化セルロース誘導体: ゲル化を誘導する構造因子と超分子ヒドロゲルの性能評価
        上高原浩; 須原遼; 山上真緒; 川野陽子; 吉永新; 田中義正; 高野俊幸
        セルロース学会第21回年次大会、鹿児島大学、鹿児島, 2014年07月
      • Design, synthesis, and self-assembly of end-functionalized polysaccharide derivatives
        Hiroshi Kamitakahara; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Akihiro Baba; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2014年03月
      • 免疫法によるリグニンの標識(10)抗8-O-4′型オリゴマー抗体を用いた分化中木部の標識
        星川慎一郎; 清都晋吾; 和田宗久; 吉永 新; 上高原 浩; 高部圭司
        第64回日本木材学会大会講演要旨集, 2014年03月
      • アカメガシワ引張あて材に存在る内生ペルオキシダーゼを用いた人為的木化
        檜垣綾乃; 吉永 新; 上高原 浩; 高部圭司
        第64回日本木材学会大会講演要旨集, 2014年03月
      • 人工リグニン(DHP)の脱メチル化による機能化
        澤村かおり; 上高原浩; 高野俊幸
        第64回日本木材学会大会(松山), 2014年03月
      • 新規フェニルグリコシド型LCCモデル化合物の合成及びそのNMRデータ収集
        宮川泰幸; 水上貴仁; 上高原浩; 高野俊幸
        第64回日本木材学会大会(松山), 2014年03月
      • 青色色素導入セルロース誘導体の光電変換能評価
        齋藤靖子; 上高原浩; 高野俊幸
        第64回日本木材学会大会、愛媛大学、松山, 2014年03月
      • 分子末端機能化メチルセルロース誘導体の合成と構造-物性-機能相関
        上高原浩; 須原遼; 山上真緒; 川野陽子; 吉永新; 田中義正; 高野俊幸
        第64回日本木材学会大会、愛媛大学、松山, 2014年03月
      • 分子末端機能化メチルセルロース誘導体の合成と構造-物性-機能相関
        上高原浩; 須原遼; 山上真緒; 川野陽子; 吉永新; 田中義正; 高野俊幸
        第64回日本木材学会大会, 2014年03月
      • Regiocontrolled Synthesis of Cellulose Derivatives and Their Functions
        Hiroshi Kamitakahara
        MOKUZAI GAKKAISHI, 2014年
      • TEMPOによるリグニンの電解酸化の検討
        三波由実; 上高原浩; 高野俊幸
        第58回リグニン討論会(高松), 2013年11月
      • beta-O-4構造を有するphenyl glycoside型LCCモデル化合物の合成
        水上貴仁; 宮川泰幸; 上高原浩; 高野俊幸
        第58回リグニン討論会(高松), 2013年11月
      • Eucalyptus globulus MWL抽出残渣中のphenyl glycoside型LCCの構造解析
        宮川泰幸; 水上貴仁; 上高原浩; 高野俊幸
        第58回リグニン討論会(高松), 2013年11月
      • 新しいセルロース誘導体の合成 —精密重合, 連結反応, 位置選択的置換反応-
        上髙原 浩
        第83回高分子材料セミナー(第167回高分子材料部門委員会(公開)), 2013年09月, 招待有り
      • オリゴペプチド鎖を分子末端に有するメチルセルロース誘導体からなるヒドロゲルの調製
        須原 遼; 上高原 浩; 高野 俊幸
        第32回日本糖質学会年会 大阪国際交流センター, 2013年08月
      • 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその光電変換機能評価 (2)
        齋藤靖子; 上高原 浩; 高野俊幸
        セルロース学会第20回年次大会、京都大学宇治キャンパス おうばくプラザ, 2013年07月
      • アミノ基を有するブロック的メチル化セルロース類縁体の合成
        山上 真緒; 上高原 浩; 高野 俊幸
        セルロース学会第20回年次大会、京都大学宇治キャンパス おうばくプラザ, 2013年07月
      • オリゴペプチド鎖を分子末端に有するメチルセルロース誘導体の合成
        須原 遼; 上高原 浩; 高野 俊幸
        セルロース学会第20回年次大会 京都大学宇治キャンパス おうばくプラザ, 2013年07月
      • MALDI/TOF/MS imaging によるモノリグノール配糖体分布の可視化(2)OsO4処理によるコニフェリンとスクロースの識別
        吉永 新; 上高原 浩; 高部圭司
        第63回日本木材学会大会研究発表要旨集,p6, 2013年03月
      • Genetic Resources Potentiality for Human Health
        Andria Agusta; Dewi Wulansari; Yuliasri Jamal; Praptiwi; Ahmad Fathoni; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        International Workshop "Forestry and Local People: Toward A Joint Use and Management of Tropical Rainforest, Indonesia", 2013年03月
      • Diversity of sustainable biomaterials in Central Kalimantan
        T. Takano; H. Kamitakahara; Y. Jamal; Praptiwi; A. Fathoni; A. Agusta
        SABH2012 (International symposium on sustainable development and human security in Southeast Asia through biorefinery and low cost house), Uji, Kyoto, Japan, 2012年12月
      • セルロース誘導体の精密合成:合成戦略と機能発現
        上髙原 浩
        第37回糖質科学懇話会, KKR江ノ島ニュー向洋, 2012年11月, 招待有り
      • 細胞表面糖脂質の構造からヒントを得た糖のみからなる界面活性剤の開発
        上高原 浩
        ネイチャー・インダストリー・アワード 〜若手研究者からの発信〜, 2012年11月
      • MWL抽出残渣からのLCC解析用フラクションの探索(2):2次元NMRによる分析
        宮川泰幸; 上高原浩; 高野俊幸
        第57回リグニン討論会(福岡), 2012年10月18日
      • TEMPOをメディエーターに用いたリグニンモデル化合物の電解酸化
        三波由美; 白石匠; 高野俊幸; 上高原浩
        第57回リグニン討論会(福岡), 2012年10月18日
      • MALDI imaging mass spectrometry for peroxidase localization on the cross sections from Japanese birch plantlet No. 8 infected with Inonotus obliquus.
        Rih C; Suzuki H; Yoshinaga A; Kamitakahara H; Ishiguri F; Iizuka K; Yoshizawa N; Yokota S
        Abstracts of the Lignobiotech II Symposium in Fukuoka Japan, October, pp 93, 2012年10月
      • Distribution of coniferin in differentiating softwood xylem using MALDI imaging mass spectrometry.
        Yoshinaga A; Kamitakahara H; Takabe K
        Abstracts of the Lignobiotech II Symposium in Fukuoka Japan, October, pp 86, 2012年10月
      • Synthesis of new cellulose derivatives from 6-azido-6-deoxycellulose
        Takano T; Ichihara N; Shibano T; Kamitakahara H; Nakatsubo F
        ICC2012 (3rd Internatinal Cellulose Conference), 2012年10月, 査読有り
      • Preparation and their photoelectric conversion property of phthalocyanine-containing cellulose derivativers
        Saito Y; Kamitakahara H; Takano T; Nakatsubo F
        ICC2012 (3rd International Cellulose Conference), 2012年10月, 査読有り
      • セルロース系ジブロックコポリマーの合成と機能開拓
        上高原 浩; 須原 遼
        [第10回]積水化学 自然に学ぶものづくりフォーラム, イイノホール&カンファレンスセンター、東京, 2012年10月, 招待有り
      • Design, synthesis, and nanostructure of cellulose triacetate-block-poly(γ-benzyl L-glutamate)
        上髙原 浩
        International Cellulose Conference 2012, 2012年10月
      • Cellulosic diblock copolymers with fascinating properties
        上髙原 浩
        European-Japanese Workshop "Cellulose and Functional Polysaccharides", 2012年10月, 招待有り
      • Design, synthesis, and nanostructure of cellulose triacetate-block-poly(γ-benzyl L-glutamate)
        Hiroshi Kamitakahara; Akihiro Baba; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        International Cellulose Conference 2012, Sapporo, Japan, 2012年10月
      • アミノ酸含有セロビオースエーテル誘導体の合成と水中での会合挙動
        須原 遼; 上高原 浩; 高野俊幸
        セルロース学会第19回年次大会, 名古屋大学 野依記念学術交流館, 2012年07月
      • セルロース誘導体とオリゴペプチド誘導体からなるジブロックコポリマーの合成とその 性質
        馬場啓弘; 上高原 浩; 高野俊幸
        セルロース学会第19回年次大会, 名古屋大学 野依記念学術交流館, 2012年07月
      • 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその光電変換能評価
        上髙原 浩
        セルロース学会第19回年次大会, 名古屋大学 野依記念学術交流館, 2012年07月
      • Fractionation and characterization of lignin carbohydrate complexes (LCCs) of Eucalyptus globulus in residues left after MWL isolation. Part I: Analyses of hemicellulose-lignin fraction (HC-L)
        Yasuyuki Miyagawa; Ooki Takemoto; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        HOLZFORSCHUNG, 2012年05月, 査読有り
      • カバノアナタケIO-U1株に感染したシラカンバ幼植物体No. 8の横断面切片上におけるペルオキシダーゼ分布解析の試み
        宇都宮大農; 李 智慧; 鈴木 拡; 京大院農; 吉永 新; 上高原 浩; 宇都宮大農; 石栗 太; 飯塚和也; 吉澤伸夫; 横田信三
        第62回日本木材学会大会(札幌), 2012年03月
      • MALDI/TOF/MS imagingによるモノリグノール配糖体分布の可視化(1)針葉樹分化中木部におけるコニフェリンの分布
        吉永 新; 上高原 浩; 高部 圭司
        第62回日本木材学会大会(札幌), 2012年03月
      • セロオリゴ糖誘導体とオリゴペプチド誘導体からなるジブロック体の合成
        馬場啓弘; 上高原浩; 高野俊幸
        セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部, 2011年07月
      • 還元性末端にピレンを有する両親媒性セルロースの自己組織化ナノ粒子
        ロジャース有希子; 上高原浩; 吉永 新; 高野俊幸
        セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部, 2011年07月
      • 水分散性のセルロース自己組織化金ナノ粒子
        ロジャース有希子; 上高原浩; 吉永 新; 高野俊幸
        セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部, 2011年07月
      • イソチオシアネート基を持つセルロース誘導体の合成
        柴野匡哉; 上高原浩; 高野俊幸
        セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部, 2011年07月
      • 光増感色素導入セルロース誘導体の合成とその性質
        齋藤靖子; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部, 2011年07月
      • Huisgen 反応によるジブロック型メチルセルロース類縁体の合成とその熱ゲル化能
        中川 篤; 上高原浩; 高野俊幸
        セルロース学会第18回年次大会 信州大学 工学部, 2011年07月
      • Laccase-mediatorを用いたリグニンモデル化合物の間接電解酸化
        白石匠; 高野俊幸; 上高原浩; 中坪文明
        第78回紙パルプ研究発表会, 2011年06月
      • Creation of the Paradigm of Sustainable Use of Tropical Rainforest by the Intensive Forest Management and Advanced Utilization of Forest Resources
        Takano, T; Kamitakahara, H
        Workshop for Indonesia-Japan Joint Project Japan Science and Technology Agency Special Coordination Funds for Promoting Science and Technology (SCF) Program、京都大学稲盛財団記念館, 2011年05月
      • Structure-property relationships of cellulose ethers with regioselective and blockwise substituent patterns.
        Kamitakahara H; Nakagawa A; Yoshinaga A; Ishizu Chiyo; Takano T; Imai T; Sugiyama, J; Hirai K; Tanaka Y; Steiniger F; Sarbova V; Fenn D; Koschella A; Heinze T
        Abstracts of Papers, 241st ACS National Meeting & Exposition, Anaheim, CA, United States,, 2011年03月
      • セルロース系コポリマー・コオリゴマーの精密合成と機能発現
        上髙原 浩
        セルロース学会関西支部主催 セルロース学会第16回ミクロシンポジウム「よくわかる! セルロース誘導体のすべて」, 2011年01月
      • MWL抽出残渣からのLCC解析用フラクションの探索
        上高原 浩
        第61回日本木材学会大会(京都), 2011年
      • フラーレン化セルロース誘導体の調製とその性質
        上高原 浩
        第61回日本木材学会大会(京都), 2011年
      • クリックケミストリーによるセルロースを枝鎖に有するグラフトコポリマーの合成とその超分子構造
        ロジャース有希子; 上高原浩; 吉永新; 高野俊幸
        第61回日本木材学会大会(京都), 2011年
      • Syntheses of Amphiphilic Tetrasaccharides as Drug Carriers for Hydrophobic Compounds
        上髙原 浩
        BIT's 1st Annual World Congress of NanoMedicine 2010, 2010年10月, 招待有り
      • リグニンモデル化合物の間接電解酸化反応(3) – β-O-4モデルオリゴマーのNHPI間接電解 –
        上高原 浩
        第55回リグニン討論会, 2010年10月
      • MWL抽出残渣の分画と分析 (II) –Xylan-Lignin fraction (XL)のキャラクタリゼーション-
        上高原 浩
        第55回リグニン討論会, 2010年10月
      • 思いどおりのものをつくる
        上髙原 浩
        セルロース学会関西支部 せとうちの若手セミナー「セルロース誘導体 長い歴史とそのチカラ」兵庫県赤穂市, 2010年09月, 招待有り
      • 天然セルロースからの2-O-methyl-及び3,6-di-O-methyl-celluloseの合成
        中川篤; 石津智世; 上高原 浩; 高野俊幸; Velina Sarbova; Andreas Koschella; Thomas Heinze
        セルロース学会第17回年次大会 香川さぬき市, 2010年07月
      • 金ナノ粒子上におけるセルローストリアセテート分子鎖の配向制御
        ロジャース有希子; 上高原浩; 吉永新; 高野俊幸
        セルロース学会第17回年次大会 香川さぬき市, 2010年07月
      • フェノール酸化能を有するバイオミメティック触媒の調製
        小澤真紀; 上高原浩; 高野 俊幸; 中坪文明
        第60回日本木材学会大会(宮崎), 2010年03月17日
      • Syntheses of amphiphilic cello-oligosaccharide derivatives with blocky structures and their self-assembled structures in water.
        Kamitakahara H; Yoshinaga A; Imai T; Sugiyama J; Takano T
        Abstracts of Papers, 239th ACS National Meeting, San Francisco, CA, United States,, 2010年03月
      • ブロック的メチル化セロオリゴ糖水溶液の構造—物性相関
        上高原 浩; 吉永 新; 今井 友也; 杉山 淳司; 高野 俊幸
        第60回日本木材学会大会(宮崎), 2010年03月
      • Real-time UV/GPC/NMR study of in vitro dehydrogenative polymerization of monolignol γ-O-glucosides as a model system for lignin polymerization
        Y. Tobimatsu; T. Takano; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo; J. Ralph
        IAWA, IAWS and IUFRO Conference, Madison, WI, Jun. 2010. (Poster Presentation), 2010年
      • Synthesis and Cellular Uptake of Blockwise Alkylated Tetrasaccharide/ Hydrophobic Dye Complexes: Evaluation as Probes for a Novel Drug Delivery System
        Hiroshi Kamitakahara
        25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010), 2010年, 査読有り
      • [60]フラーレン化セルロースミリストイレートの調製
        一原信彦; 榊原圭太; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        セルロース学会年次大会講演要旨集, 2009年06月20日
      • 6‐O‐(フタロシアニン)‐セルロース誘導体の調製とその性質
        斉藤靖子; 榊原圭太; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        セルロース学会年次大会講演要旨集, 2009年06月20日
      • Water-soluble nanocapsules based on blockwise methylated cello-oligosaccharides
        Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2009年03月
      • Horseradish peroxidase-catalyzed dehydrogenative polymerization of monolignol beta-glycosides
        Toshiyuki Takano; Yuki Tobimatsu; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2009年03月
      • リグニンモデル化合物の間接電解酸化反応(2) –mediatorの検討-
        上高原 浩
        第54回リグニン討論会, 2009年
      • β-O-4結合の新規な選択的開裂法: β-PSE法の検討 (1) –開裂条件の最適化–
        上高原 浩
        第54回リグニン討論会, 2009年
      • Novel Sophisticated Diblock Copolymers from Cellulose Derivatives with Regioselective Functionalization Pattern
        Nakagawa A; Koschella A; Fenn D; Heinze Th; Kamitakahara H
        Frontiers in Polymer Science, 2009年
      • 位置特異的かつブロック的メチル化セロビオース誘導体の合成とそのアルカリ分解挙動解析
        石津智世; 上高原 浩; 高野 俊幸; 中坪 文明
        セルロース学会第16回年次大会, 2009年
      • CELL 3-Regioselective functionalization of cellulose with two kinds of alkyl groups and the structure-property relationships
        Hiroshi Kamitakahara; Toshihiro Funakoshi; Shinji Nakai; Toshiyuki Takano; Fumiaki Nakatsubo
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2008年04月
      • 求核試薬存在下におけるシナピルアルコールの脱水素重合
        飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM), 2008年
      • β-O-4結合の新規な選択的開裂法 –β-phenoxy sulfone elimination method (β-PSE)法–
        上高原 浩
        第53回リグニン討論会, 2008年
      • モノリグノール配糖体によるシリンギル型DHPの生成挙動の解析(II) –pHの影響-
        上高原 浩
        第53回リグニン討論会, 2008年
      • ブロック的メチル/エチル化三糖の界面活性能:α/β-グリコシド混合比と表面張力の関係
        中川 篤; 上高原 浩; 高野 俊幸; 中坪 文明
        セルロース学会第15回年次大会, 2008年
      • 光電変換機能セルロースLB膜(2)
        小川泰弘; 榊原圭太; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        セルロース学会年次大会講演要旨集, 2007年07月15日
      • CELL 12-Toward the fabrication of photocurrent generation systems with cellulose matrix by the Langmuir-Blodgett technique
        Keita Sakakibara; Yoshinobu Tsujii; Toshiyuki Takano; Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年03月
      • CELL 25-Synthesis strategy for functional cello-oligosaccharides to develop innovative cellulosic materials
        Hiroshi Kamitakahara; Arata Yoshinaga; Hajime Aono; Fumiaki Nakatsubo; Dieter O. Klemm
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年03月
      • CELL 9-Preparation of regioselectively 6-O-alkylated cellulose derivatives and characterization of their Langmuir-Blodgett films
        Fumiaki Nakatsubo; Shinsuke Ifuku; Yoshinobu Tsujii; Shinji Nakai; Hiroshi Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年03月, 査読有り
      • モノリグノール配糖体のHRP触媒脱水素重合 Part 2.
        飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        リグニン討論会講演集, 2006年10月
      • 6‐O‐ジヒドロフィチルセルロースにより構成された混合Langmuir‐Blodgett膜の調製とキャラクタリゼーション
        榊原圭太; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明; 辻井敬亘
        セルロース学会年次大会講演要旨集, 2006年07月01日
      • Materials and composites from cellulose with well-defined molecular and supramolecular order
        Dieter O. Klemm; Friederike Kramer; Hiroshi Kamitakahara
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年03月
      • Dehydrogenative polymerizations of monolignol β-glycosides
        T. Takano; Y. Tobimatsu; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        The 9th European Workshop on Lignocellulosics and Pulp (EWLP), Vienna, Austria, Aug. 2006. (Oral Presentation), 2006年
      • モノリグノール配糖体のHRP触媒脱水素重合
        飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        リグニン討論会講演集, 2005年10月
      • Structure-property relationships of blockwise derivatized celluloses.
        H Kamitakahara; D Klemm; F Nakatsubo; Enomoto, V; C Hasegawa; T Takano
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2005年03月
      • 研究ニュース セルロース系ブロックコポリマーの調製とその性質
        上高原 浩; 榎本 有希子; 中坪 文明
        Cellulose communications, 2005年
      • Syntheses of monolignoyl γ-O-β-D-glucopyranosides and their dehydrogenative polymerizations
        T. Takano; Y. Tobimatsu; T. Hosoya; H. Kamitakahara; F. Nakatsubo
        International Symposium on Wood Science and Technology, Yokohama, Japan, Nov. 2005. (Oral Presentation), 2005年
      • イソコニフェリン化学合成法の改良とその脱水素重合
        飛松裕基; 細谷隆史; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明
        リグニン討論会講演集, 2004年10月
      • グルコースオルトエステル誘導体のリビングカチオン重合の検討
        榊原圭太; 上高原浩; 高野俊幸; 中坪文明; 北川貴士; 箕田雅彦
        セルロース学会年次大会講演要旨集, 2003年07月01日
      • Substituent effects on the synthesis of stereoregular polysaccharides by a ring-opening polymerization.
        F Nakatsubo; H Kamitakahara; M Karakawa; M Hori
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2001年04月
      • Preparations of highly regioselective methyl celluloses and their applications for the substituent-distribution determination of methyl celluloses.
        F Nakatsubo; Y Mikawa; M Hori; E Kobayashi; H Kamitakahara
        ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2000年03月

      講演・口頭発表等

      • Etherification-triggered fractionation of lignocellulosic biomass to afford cellulose-, hemicellulose-, and lignin-based functional materials
        Hiroshi Kamitakahara
        WCCE11 - The V International Symposium on Lignocellulosic Materials - ISLCM 2023, 2023年06月06日, 招待有り
      • Chemical Analysis of Some Health Related Plant Species Based on Ethnobotanical Knowledge: Special Case in Central Kalimantan
        Hiroshi Kamitakahara
        The International Conference and Workshop in conjunction with the 8th Indonesia Biotechnology Conference (ICW-IBC 2023), 2023年05月17日, 招待有り
      • Influence of the chemical structures of end-functionalized cellobiose derivatives on olefin cross
        ○Sato Y; Sugimura K; Edgar K. J; Kamitakahara H
        ACS spring 2023, 2023年03月27日
      • Functionalization-triggered fractionation of lignocellulosic biomass to afford cellulose-, hemicellulose-, and lignin-based functional materials
        Hiroshi Kamitakahara
        EMSES 2022 15th Eco-Energy and Materials Science and Engineering Symposium, 2022年12月08日, 招待有り
      • 細胞接着因子を導入したジブロック型メチルセルロース誘導体の合成とその温度応答性を活かした細胞シート用基材の設計
        京大院農; 櫻井優佳; 近大農; 増田誠司; 京大院農; 上高原浩
        2022年繊維学会秋季研究発表会, 2022年11月09日
      • 掌性の異なるコレステリック液晶を形成するエチルセルロース成分のブレンド溶液が発現するキロプティカル特性
        佐藤佑樹; 杉村和紀; 上高原浩
        2022年繊維学会秋季研究発表会, 2022年11月09日
      • 木材から1段階の反応で3種類の高分子機能性材料を一挙に分離製造する技術
        上高原 浩
        第12回 CSJ化学フェスタ2022, 2022年10月19日, 招待有り
      • 左旋性コレステリック相と右旋性コレステリック相をブレンドしたエチルセルロース系液晶のキロプティカル特性
        佐藤佑樹; 杉村和紀; 上高原浩
        第71回高分子学会年次大会, 2022年05月27日
      • 脱リグニン木材を基材とする透明かつ高強度な 有機–無機ハイブリッド材料
        プロディユット ダール; 杉村 和紀; 吉岡 まり子; 吉永 新; 上高原 浩
        セルロース学会第29回年次大会, 2022年07月22日
      • 環境調和型プロセスを施したヒドロキシプロピルセルロース/セルロースナノファイバー複合体の作製と機械特性評価
        和気史弥; 吉岡まり子; 上高原浩
        セルロース学会第29回年次大会, 2022年07月22日
      • p-トルエンスルホン酸を触媒とする木質のフェノール液化の最適温度調査および生成物の特性評価
        渡邊健人; 吉岡まり子; 上高原浩
        セルロース学会第29回年次大会, 2022年07月22日
      • クリック反応によるセルロース誘導体へのシラカバ樹皮抽出成分ベツリンの導入とその特性評価
        糸賀汐里; 杉村和紀; 上高原浩
        セルロース学会第29回年次大会, 2022年07月22日
      • 細胞接着因子を導入したジブロック型メチルセルロース誘導体の合成とその温度応答性を活かした細胞シート用基板の設計
        櫻井優佳; 増田誠司; 上高原浩
        セルロース学会第29回年次大会, 2022年07月22日
      • エチルセルロースが形成するコレステリック液晶の選択光反射特性: 導入側鎖種が与える影響
        佐藤佑樹; 杉村和紀; 上高原浩
        日本材料学会関西支部主催 第16回若手シンポジウム, 2021年12月04日
      • 鋸屑のエチル化・分画により得られる微量のリグニンを含むエチルセルロースの優れた熱特性
        宮内優; 杉村和紀; 吉岡まり子; 上高原浩
        繊維学会秋季研究会, 2021年11月18日
      • 平行および逆平行二本鎖セロビオース誘導体の合成
        吉留雄太郎; 上高原浩
        第40回日本糖質学会年会, 2021年10月27日
      • Multifunctional bacterial cellulose composites fermented in situ alkali lignin medium
        Dhar Prodyut; Sugimura Kazuki; Yoshioka Mariko; Yoshinaga Arata; Kamitakahara Hiroshi
        セルロース学会第28回年次大会
      • Revisiting wood chemistry to develop renewable materials
        Hiroshi Kamitakahara
        ACS Spring Meeting 2021, 2021年04月05日, 招待有り
      • 赤エビ由来キチンの精製とキチンブチレートの合成及び評価
        仲西 大輝; 前田 良輔; 杉村 和紀; 上高原 浩; 西尾 嘉之
        第23回化学工学会学生発表会, 2021年03月06日
      • pH応答性を有するキトサン/ポリアクリル酸IPNゲル中での銀ナノ粒子の生成: ゲルの膨潤特性がナノ粒子の生成量とサイズに及ぼす影響
        岡本 華奈; 杉村 和紀; 上高原 浩
        2020年繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日
      • セルロースアセテート/N-ビニルピロリドン含有ビニル共重合体の相溶マップ: セルロースアセテートの置換基分布が相溶性に及ぼす影響
        梅野 聖斗; 杉村 和紀; 上高原 浩
        2020年繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日
      • 置換基分布の異なるセルロースアセテートを用いたN-ビニルピロリドン-ビニルアセテート共重合体との相溶性評価
        梅野 聖斗; 杉村 和紀; 上高原 浩
        第69回高分子学会年次大会, 2020年05月29日
      • Conversion of softwood biomass into thermoreversible supramolecular hydrogel, nanoparticles, and surfactant via methylation-​triggered fractionation followed by click reaction
        Kamitakahara, Hiroshi; Miki, Kentaro; Yoshinaga, Arata; Tobimatsu, Yuki; Takano, Toshiyuki
        259th ACS National Meeting & Exposition, 2020年03月
      • Morphological change in the microphase separation of cellulose diacetate/diblock copolymer blends
        S. Morimoto; ○K. Sugimura; T. Awano; H. Kamitakahara; Y. Nishio
        259th ACS National Meeting & Exposition, 2020年03月24日
      • Thermo-reversible supramolecular hydrogels of end-functionalized methylcelluloses
        上髙原 浩
        Fifth International Symposium on Advances in Sustainable Polymers (ASP-19), 2019年10月16日, 招待有り
      • Thermo-reversible supramolecular hydrogels of end-functionalized methylcelluloses
        上髙原 浩
        International Symposium of Renewable and Sustainable Materials 2019, 2019年08月10日, 招待有り
      • イオン液体中でのセルロースアセテートの合成とその置換基分布がビニルポリマーとの相溶性に及ぼす影響
        梅野 聖斗; 杉村 和紀; 上高原 浩
        セルロース学会第26回年次大会, 2019年07月11日
      • セルロースナノクリスタルの液晶固定化フィルム中でのミネラリゼーション: ポリマーマトリックス組成がヒドロキシアパタイトの結晶化に及ぼす影響
        熊谷 颯也; 杉村 和紀; 上高原 浩; 西尾 嘉之
        セルロース学会第26回年次大会, 2019年07月11日
      • キトサンとポリアクリル酸のコンプレックス形成における脱アセチル化度の影響
        二文字 真一; 前田 良輔; 杉村 和紀; 上高原 浩; 西尾 嘉之
        セルロース学会第26回年次大会, 2019年07月11日
      • 円二色性分光法と量子化学計算によるセルロース銅アンモニア錯体の構造解析
        佐藤 潤一; 金城 知宏; 塩見 祥之; 杉村 和紀; 上高原 浩; 西尾 嘉之
        セルロース学会第26回年次大会, 2019年07月11日
      • キチンプロピオネートとN-ビニルピロリドン含有ビニル共重合体から成るブレンド系の相溶性評価
        辰巳 修平; 杉村 和紀; 上高原 浩; 西尾 嘉之
        セルロース学会第26回年次大会, 2019年07月11日
      • Methylated hemicelluloses as surfactants prepared from sawdust
        Hiroshi Kamitakahara; Kentaro Miki; Toshiyuki Takano
        257th ACS National Meeting & Exposition, 2019年04月
      • メチル化セロビオース-b-ジアルギニン/金属錯体の合成とその性質
        畑本 彩; 上高原 浩; 田中 義正; 高野 俊幸
        第69回日本木材学会大会(函館大会), 2019年03月
      • ジブロック型メチルセルロースの構造-物性相関
        杉本 瑛里香; 上高原 浩; 高野 俊幸
        第69回日本木材学会大会(函館大会), 2019年03月
      • 熱応答性ゲルである分子末端機能化メチルセルロースを足場とした炭酸カルシウムマイクロカプセルの形成とその応用
        込山 活哉; 上高原 浩; 吉永 新; 高野 俊幸
        第69回日本木材学会大会(函館大会), 2019年03月
      • 非天然型コニフェリンの合成と性質
        前田晴香; 津山濯; 髙部圭司; 上高原浩; 高野俊幸
        第63回リグニン討論会(東京・小金井), 2018年11月
      • 天然系メディエーターによるリグニン電解酸化の検討
        中健一郎; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第63回リグニン討論会(東京・小金井), 2018年11月
      • フェニルグリコシド型LCC(リグニン-多糖複合体)解析用モデル化合物の合成
        櫻井沙也佳; 水上貴仁; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第63回リグニン討論会(東京・小金井), 2018年11月
      • Facile synthesis of acyl chitosan isothiocyanates and its application
        Masaya Shibano; Shouko Nishida; Hirosih Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        The 14th International Chitin and Chitosan Conference (14thICC), 2018年08月
      • Preparation of functional chitosan derivatives from acyl chitosan isothiocyanate
        Masaya Shibano; Yasuko Saito; Makoto Karakawa; Hirosih Kamitakahara; Toshiyuki Takano
        The 14th International Chitin and Chitosan Conference (14thICC), 2018年08月
      • L-セルロースの合成
        八倉崇大; 上高原浩; 髙野俊幸
        セルロース学会第25回年次大会(宇治), 2018年08月
      • カルボイミド基を有するセルロース誘導体の合成
        落合弘貴; 上高原浩; 髙野俊幸
        2018年07月
      • 天然系メディエーターによるリグニン電解酸化の検討
        中健一郎; 飛松裕基; 上高原浩; 髙野俊幸
        第85回紙パルプ研究発表会, 2018年06月
      • End-functionalization of polysaccharide in cellulose chemistry
        Hiroshi Kamitakahara; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Ryoko Okanishi; Kentaro Miki; Tomoyuki Asahi; Arata Yoshinaga; Yoshimasa Tanaka; Toshiyuki Takano
        255th ACS National Meeting in New Orleans, 2018年04月, 招待有り
      • 開環重合法によるL-セルロースの合成
        八倉崇大; 上高原浩; 高野俊幸
        第68回木材学会大会(京都), 2018年03月15日
      • トランス-1,4-ポリイソプレンへのセルロース誘導体の導入
        伊賀悠珠; 上高原浩; 高野俊幸; Agusta; Andria,Eiadthong, Wichan
        第68回木材学会大会(京都), 2018年03月15日
      • 両末端に異なる置換基を有するメチル化セロビオースの合成
        三浦克也; 上高原浩; 高野俊幸; 田中義正
        第68回木材学会大会(京都), 2018年03月15日
      • 量子化学計算によるリグニンの間接電解反応機構/反応性の解析
        平野義貴; 上高原浩; 高野俊幸
        第68回木材学会大会(京都), 2018年03月15日
      • Angiopteris evecta根茎からのAngiopterosideの効率的抽出法
        上高原浩; 岡山智貴; Praptiwi; Andria Agusta; 飛松裕基; 高野俊幸
        第68回木材学会大会(京都), 2018年03月05日
      • Design and synthesis of end-functionalized methylcelluloses for thermoresponsive supramolecular hydrogels with multi-functions
        Hiroshi Kamitakahara; Atsushi Nakagawa; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Ryoko Okanishi; Kentaro Miki; Tomoyuki Asahi; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        The 4th International Cellulose Conference (ICC2017), 2017年10月17日
      • 熱応答性超分子ヒドロゲル構造を惹起する新規メチルセルロースの合成と機能
        上高原 浩; 須原 遼; 山上 真緒; 岡西 諒子; 朝日 智之; 吉永 新; 高野 俊幸
        第66回高分子討論会(愛媛), 2017年09月21日, 招待有り
      • Design and synthesis of regioselectively and blocky functionalized cellulose derivatives
        上髙原 浩
        5th EPNOE International Polysaccharide Conference 2017, 2017年09月, 招待有り
      • Polysaccharide chemistry in solution
        KAMITAKAHARA Hiroshi
        Workshop, 5th EPNOE International Polysaccharide Conference 2017, 2017年08月20日, 招待有り
      • 木質バイオマスを原料とした両親媒性マテリアルの合成
        上高原 浩; 三木 健太郎; 岡西 諒子; 高野 俊幸
        平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月
      • Synthesis, properties, and applications of cellulosic diblock copolymers
        KAMITAKAHARA Hiroshi
        The 253rd ACS National Meeting, 2017年04月, 招待有り
      • 木質バイオマスのメチル化・分画・クリック反応による機能性材料の開発と評価
        三木 健太郎; 上高原 浩; 吉永新; 飛松裕基; 高野 俊幸
        第67回日本木材学会大会(九州大学), 2017年03月
      • 未利用木質バイオマスを原料としたブロックコポリマーの合成とナノ粒子化
        三木 健太郎; 上高原 浩; 吉永新; 高野 俊幸
        第65回高分子討論会(横浜), 2016年10月
      • 未利用木質バイオマスから両親媒性マテリアルへの新規化学変換法
        上髙原 浩
        バイオマス利用研究会第89回研究会, 2016年09月16日, 招待有り
      • End-functionalization of cellulose derivatives: design, synthesis, properties, and functions
        Hiroshi Kamitakahara; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Kentaro Miki; Ryoko Okanishi; Tomoyuki Asahi; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        252nd ACS national meeting, 2016年08月21日, American Chemical Society, 招待有り
      • 木質バイオマスの新規分子構造変換法 ―誘導体化・分離・クリック反応・ナノ粒子化―
        三木健太郎; 上高原浩; 飛松裕基; 吉永新; 高野俊幸
        セルロース学会第23回年次大会, 2016年07月
      • Thermoresponsive supramolecular hydrogels of end-functionalized methylcelluloses as three-dimensional scaffolds for bio-inspired mineralization
        Hiroshi Kamitakahara; Mao Yamagami; Ryo Suhara; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        251st ACS national meeting, 2016年03月16日
      • 未利用バイオマスの新規分子構造変換法 -木質ナノ材料への展開-
        三木健太郎; 飛松裕基; 上高原浩; 高野俊幸
        第66回日本木材学会大会(名古屋), 2016年03月
      • Thermo-responsive supramolecular hydrogels of end-functionalized methyl celluloses
        上髙原 浩
        ISWFPC 2015 (18th International Symposium on Wood, Fibre, and Pulping Chemistry), 2015年09月10日
      • 木質バイオマスの限定的分解-分離-再結合反応の開発とその応用
        上髙原 浩
        日本木材学会バイオマス変換研究会夏季講演会, 2015年07月11日, 招待有り
      • Synthetic strategies for cellulosic diblock copolymers
        上髙原 浩
        249th ACS national meeting, Denver, 2015年03月, 招待有り
      • Synthesis and properties of end-functionalized methyl cellulose derivatives; bridging the gap between oligo- and polysaccharides
        上髙原 浩
        249th ACS national meeting, Denver, 2015年03月, 招待有り
      • Thermoresponsive supramolecular hydrogels based on diblock methylcellulose derivatives
        上髙原 浩
        249th ACS national meeting, Denver, 2015年03月, 招待有り
      • Thermoresponsive supramolecular hydrogels based on end-functionalized methylcellulose derivatives
        上髙原 浩
        IAWPW2015, Tokyo, Japan, 2015年03月
      • Design, synthesis, and self-assembly of end-functionalized polysaccharide derivatives based on natural resources
        Hiroshi Kamitakahara; Ryo Suhara; Mao Yamagami; Haruko Kawano; Akihiro Baba; Arata Yoshinaga; Toshiyuki Takano
        247th ACS Spring meeting at Dallas, 2014年03月
      • 新しいセルロース誘導体の合成 -精密重合、連結反応、位置選択的置換反応-
        第83回高分子材料セミナー, 2013年09月20日, 日本材料学会
      • セルロース誘導体の精密合成:合成戦略と機能発現
        第37回糖質科学懇話会, 2012年12月01日, 日本応用糖質学会
      • "Cellulosic diblock copolymers with fascinating properties"
        European-Japanese Workshop "Cellulose and Functional Polysaccharides", 2012年10月03日
      • Structure-property relationships of cellulose ethers with regioselective and blockwise substituent patterns
        241st ACS National Meeting,, 2011年, American Chemical Society
      • 思いどおりのものをつくる
        セルロース学会関西支部 せとうちの若手セミナー「セルロース誘導体 長い歴史とそのチカラ」, 2010年, セルロース学会
      • セルロース系コポリマー・コオリゴマーの精密合成と機能発現
        セルロース学会関西支部主催 セルロース学会第16回ミクロシンポジウム「よくわかる! セルロース誘導体のすべて」, 2010年, セルロース学会
      • Syntheses of amphiphilic cello-oligosaccharide derivatives with blocky structures and their self-assembled structures in water
        239th ACS National Meeting, 2010年, American Chemical Society
      • Syntheses of Amphiphilic Tetrasaccharides as Drug Carriers for Hydrophobic Compounds
        BIT's 1st Annual World Congress of NanoMedicine 2010, 2010年
      • Water-soluble nano capsules based on blockwise methylated cello-oligosaccharides
        237th ACS Natioal Meeting, 2009年, American Chemical Society
      • New synthetic methodology for cellulosic diblock copolymers with regioselective functionalization patterns
        EPNOE 2009 Polysaccharides as a Source of Advanced Materials, 2009年, EPNOE
      • セルロース学会奨励賞受賞講演
        セルロース学会第15回年次大会, 2008年, セルロース学会
      • Regioselective functionalization of cellulose with two kinds of alkyl groups and the structure-property relationships
        235th ACS National Meeting, 2008年, American Chemical Society
      • Self-assembly of blockwise methylated cello-oligosaccharides in aqueous solution
        8th International Symposium “Alternative Cellulose – Manufacturing, Forming and Properties”, 2008年, TITK
      • 高分子材料の事典
        高分子学会; 中條, 善樹; 大山, 俊幸; 古賀, 毅; 佐藤, 尚弘; 原口, 和敏; 和田, 健彦; 青島, 貞人, 分担執筆, 1. 材料編, G. 天然由来材料, 1-51 セルロース誘導体
        朝倉書店, 2022年11月
      • Biomass as Renewable Raw Material to Obtain Bioproducts of High-Tech Value
        上髙原 浩, 分担執筆, Thermoresponsive Supramolecular Hydrogels Comprising Diblock Methylcellulose Derivatives
        Elsevier, 2018年03月, 査読無し
      • セルロースから作る新しいノニオン性界面活性剤
        上高原 浩
        「セルロースのおもしろ科学とびっくり活用」p. 194-195、セルロース学会編、講談社、2012年, 2012年, 査読無し
      • カーク・オスマー化学技術・環境ハンドブック : グリーン・サステイナブルケミストリー
        Kirk, Othmer著; 日本化学会監訳
        2009年7月発行, 2009年, 査読無し
      • Synthesis of methylated cello-oligosaccharides
        Hiroshi Kamitakahara; Fumiaki Nakatsubo; Dieter Klemm
        Chapter 11, pp 199-211, Polysaccharide Materials: Performance by Design ACS Symposium Series 1017, Edited by Kevin Edgar, Thomas Heinze and Charles Buchanan, 2009年, 査読無し
      • セルロースの化学合成と特徴
        上高原 浩
        「セルロース利用技術の最先端」第6章、p 70 – 76、磯貝明監修、シーエムシー出版, 2008年, 査読無し
      • 第11章、11.12 化学的なセルロース合成
        上髙原 浩
        朝倉書店「セルロースの科学」,163-166, 2003年, 査読無し

      産業財産権

      • 特願2019-035735, ジブロック型オリゴ糖及びそれを含む界面活性剤
        上高原浩; 杉本瑛里香
      • 特許4749339, 特開WO2006/067883, 特願JP369005, セロオリゴ糖誘導体及びその製造方法
        上高原 浩; 中坪 文明; クレム ディーター
      • 特開平11-147951, 特願平9-247937, 糖結合スフィンゴシンを含有するポリマー化合物
        蟹江 治; チーウエイ ウオング; 上高原 浩
      • 特願JP8092274-A, (1,5)-β-グルコフラナン誘導体,およびその製造方法
        上高原浩; 中坪文明; 村上浩二

      Works(作品等)

      • 熱帯産の稀少有用林産資源の探索とその利用
        自 1999年, 至 2002年
      • Survey and utilization of tropical valuable forest resources
        自 1999年, 至 2002年
      • 高位置選択的置換セルロース誘導体-調製、構造と機能、展望-
        自 1999年, 至 2001年
      • High-Regioselectively Substituted Cellalose Derivatives-Preparation, Stracture and Function, Future Prospects-
        自 1999年, 至 2001年

      受賞

      • 2023年07月15日
        セルロース学会, セルロース学会賞
        構造を精密制御したメチルセルロース類の合成とその応用, 日本国, 国際学会・会議・シンポジウム等の賞
        上高原 浩
      • 1997年
        井上科学振興財団, 第14回井上研究奨励賞
      • 2002年
        国際ALCERU賞 カテゴリー"若手研究者" 2002
      • 2008年
        セルロース学会, 平成20年度セルロース学会奨励賞
      • 2004年10月
        積水化学, 『積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム』奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 細胞壁成分分布の網羅的解析から迫る樹木の姿勢制御機構
        基盤研究(B)
        小区分40020:木質科学関連
        京都大学
        吉永 新
        自 2021年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        圧縮あて材;引張あて材;リグニン;モノクローナル抗体;木化;ヘミセルロース;ペクチン;G層
      • 細胞壁構成全成分の分子特性に関する統合的研究 -バイオマスの高機能化のために-
        基盤研究(A)
        中区分40:森林圏科学、水圏応用科学およびその関連分野
        京都大学
        上高原 浩
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        バイオマス;セルロース;ヘミセルロース;リグニン;植物細胞壁;ジブロックコポリマー;ブロックコポリマー
      • オレフィンメタセシスを鍵反応とした多糖系ブロックコポリマーの合成と物性評価
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分40:森林圏科学、水圏応用科学およびその関連分野
        京都大学
        上高原 浩
        自 2019年10月07日, 至 2024年03月31日, 交付
        セルロース;ブロックコポリマー;多糖;オレフィンメタセシス;セルロースエステル;セルロースエーテル;デキストラン
      • 逆平行鎖セルロース分子集合体の合成 -マーセル化を深く理解するために-
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分40:森林圏科学、水圏応用科学およびその関連分野
        京都大学
        上高原 浩
        自 2019年06月28日, 至 2022年03月31日, 完了
        セルロース;マーセル化
      • 天然木質バイオマス成分の鏡像異性体の調製とその性質
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分40:森林圏科学、水圏応用科学およびその関連分野
        京都大学
        高野 俊幸
        自 2018年06月29日, 至 2021年03月31日, 完了
        セルロース;L-セルロース;L-多糖;コニフェリン;鏡像異性体;ホモキラリティー;D,L-セルロース;光学不活性セルロース;キラリティ;タンニン;リグニン;ラセミ体;L型コニフェリン;L-グルコース;加水分解型タンニン
      • 末端機能化法に基づく刺激応答性セルロースナノクリスタルの開発とその生物医学的応用
        特別研究員奨励費
        京都大学
        自 2018年10月12日, 至 2021年03月31日, 完了
        Cellulose nanocrystals;Transparent Wood;Microfluidics;Biomedical;Nanomotors
      • 癌腫病菌に感染したシラカンバ植物体に生成するタンパク質の3次元画像網羅解析
        基盤研究(C)
        宇都宮大学
        横田 信三
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        MALDIイメージング;シラカンバ;カバノアナタケ;プロテオーム解析;菌感染特異的タンパク質;ゲノム解析;縮合型タンニン;RNA-Seq;プロテオーム;タンパク質;樹木病理
      • 酵素分解反応を模倣するリグニンの電解システム反応の開発と応用
        基盤研究(B)
        京都大学
        高野 俊幸
        自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        リグニン;電解反応;生体模倣反応;メディエーター;微生物分解;ラッカーゼ;電解酸化;リグニン分解物;メデイエーター
      • リチウムイオン電池の安全性向上に寄与する温度応答性バイオマスオルガノゲルの創成
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        上高原 浩
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        セルロース誘導体;ゲル化;メチルセルロース;バイオマス;セルロース
      • 非天然型セルロースの合成とその性質
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        高野 俊幸
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        セルロース;L-セルロース;鏡像異性体;キラル性;開環重合;セロオリゴ糖
      • 樹木細胞壁の木化に及ぼす非セルロース性多糖類の影響
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        吉永 新
        自 2016年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        引張あて材;G層;師部繊維;ペルオキシダーゼ;木化;キシラン;ペクチン;アラビノガラクタンプロテイン;リグニン;ヘミセルロース;人為的木化
      • バイオマスの限定的分解-分離-再結合反応を基盤とした高付加価値医療材料の開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        上高原 浩
        自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        バイオマス;メチルセルロース;ヒドロゲル
      • 細胞壁マトリックス成分の合成・梱包・輸送と堆積のダイナミクス
        基盤研究(A)
        京都大学
        高部 圭司
        自 2015年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        ヘミセルロース;リグニン;コニフェリン;p-グルコクマリルアルコール;ゴルジ装置;ミクロソーム;V-ATPase;細胞壁;分化中木部;ミクロフィブリル;キシラン;ミクロソーム膜;輸送;モノリグノール;微小管;セルロースミクロフィブリル;アセチル化度;高分解能走査電子顕微鏡;広葉樹;ゴルジ小胞;ヒノキ;圧縮あて材;グルコマンナン;ガラクタン;密度勾配遠心法;高圧凍結法;生合成;超遠心法;免疫標識;組織構造
      • メタボリックラベル法を活用した細胞壁リグニンの新生体イメージング法の開発と応用
        研究活動スタート支援
        京都大学
        飛松 裕基
        自 2014年08月29日, 至 2016年03月31日, 完了
        リグニン;植物細胞壁;バイオマス;生体イメージング;蛍光プローブ;クリックケミストリー;蛍光イメージング;モノリグノール
      • セルロース系単層カーボンナノチューブ分散材料の開発と透明薄膜トランジスタ応用
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        上高原 浩
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        セルロース誘導体;単層カーボンナノチューブ;ピレン;電界効果トランジスタ;セルロース;セルロースアセテート;低炭素社会;カーボンナノチューブ
      • カバノアナタケ菌に感染したシラカンバ幼植物体に生成する特異的タンパク質の画像解析
        基盤研究(C)
        宇都宮大学
        横田 信三
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        シラカンバ;カバノアナタケ;菌感染特異的タンパク質;MALDI/TOF/MSイメージング;樹病;ペルオキシダーゼ
      • 超分子構造を惹起するバイオマスハイブリッド材料の開発と新規機能開拓
        基盤研究(B)
        京都大学
        上高原 浩
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        バイオマス;メチルセルロース;セルロース;ブロックコポリマー;超分子
      • 樹木細胞におけるリグニン前駆物質の分布
        基盤研究(C)
        京都大学
        吉永 新
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        リグニン;前駆物質;コニフェリン;スクロース;木質化;細胞壁;MALDI-TOF MS;イメージング;MALDI TOF MS;樹木細胞;顕微ラマン分光;シリンジン;ヒノキ
      • セルロース系ブロックコポリマーの精密合成と超分子構造に基づく機能発現
        基盤研究(C)
        京都大学
        上高原 浩
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        セルロース;セルロースアセテート;メチルセルロース;グラフトコポリマー;ブロックコポリマー;オリゴ糖
      • 湿地帯におけるメイオベントスの生態学的機能に関する分子生化学的研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        豊原 治彦
        自 2009年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        セルラーゼ;セルロース;メイオベントス;底泥;湿地帯;マングローブ;ベントス;干潟;河川;河川(底泥
      • フェノール類のバイオミメティック重合
        基盤研究(C)
        京都大学
        高野 俊幸
        自 2008年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        バイオマス;環境技術;バイオミメティック触媒;セルロース誘導体;キトサン誘導体;バイオミメティク触媒;リグニン;脱水素重合;光電変換機能;フェノール類;高分子合成
      • セロオリゴ糖からなる外部環境応答性ナノ粒子の構築と動的機能制御
        若手研究(A)
        京都大学
        上高原 浩
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        セルロース;メチルセルロース;セロオリゴ糖;ナノ粒子;両親媒性
      • γ位置換モノリグノール誘導体による新機能性DHPの調製
        基盤研究(C)
        京都大学
        高野 俊幸
        自 2006年04月01日, 至 2008年03月31日, 完了
        リグニン;DHP;脱水素重合;酵素重合;2次元重合;モノリグノール;シナピルアルコール;キノメタイド;自己組織化, Lignin;Monolignol;Sinapyl alcohol;Toll-like receptor-ligand;Ferulic acid;Two dimensional polymerization
      • セルロース系光応答性電子輸送超分子材料の分子設計とその利用開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        中坪 文明
        自 2005年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        セルロース;光電変換;太陽電池;人工光合成;LB膜;超薄膜;バルクヘテロ;P型半導体;N型半導体;フタロシアニン;フラーレン;ポルフィリン;光電変換機能有機超分子材料;A-S-D積層膜;dihydrophytyl celllulose;β-carotene;分子ワイヤー;励起S基自己消光阻止;高い量子収率;光電流発生;超分子セルロース誘導体;Bio-EL素子;Electoro-luminessence;6-0-dihydroxyphytyl cellulose;DHPC;β-carotene混合膜;天然色素をアンカーとするマトリックス;クロロフィル
      • 開環重合法とグリコシル化法を組み合わせたブロックタイプセロオリゴ糖の精密合成
        若手研究(B)
        京都大学
        上高原 浩
        自 2003年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        メチルセルロース;グリコシル化;界面活性能;オリゴ糖;開環重合法;ブロックポリマー;セロオリゴ糖
      • アミノ基を有するセルロース誘導体の調製と機能化に関する検討
        基盤研究(C)
        京都大学
        高野 俊幸
        自 2002年04月01日, 至 2004年03月31日, 完了
        セルロース;キトサン;金属吸着性;近赤外線吸収性;グルコースオルトエステル誘導体;位置選択的置換;グルコースオルトエステル, Cellulose;metal adsorption;Near infrared ray;glucose orthoester
      • セルロース系有機-無機複合ナノコンポジットの分子設計と利用開発
        基盤研究(A)
        京都大学
        中坪 文明
        自 2002年04月01日, 至 2005年03月31日, 完了
        セルロース誘導体;高位置選択的置換セルロース誘導体;有機・無機複合ナノコンポジット;LB膜;Z型LB膜;単分子膜;フェロセン誘導体;有機EL素子;セルロース系有機-無機複合ナノコンポジット;自己組織性と金属(無機)複合体形成能;セルロースの役割分担型機能化;フェロセノイルセルロース誘導体;サイクリックボルタンメトリー;電気デバイス;電子特性制御LB膜;6位モノ置換体;25層(膜厚:47.5nm);膜特性評価;高位置選択的メチル化セルロース;トリチル誘導体化試薬;長鎖アルキル置換セルロース誘導体;6-O-(4-O-C_<18>H_<37>-trityl) cellulose;金属作体LB膜, Cellulose derivative;regie-selective substituted cellulose derivative;nanocomposite;Langmuir-Blodget film;monolayer film;multilayer film;ferrocene;electroluminescence
      • オルトゴナルグリコシル化法を用いたブロックタイプセロオリゴ糖誘導体の精密合成
        若手研究(B)
        京都大学
        上高原 浩
        自 2001年04月01日, 至 2003年03月31日, 完了
        オルトゴナルグリコシル化法;セロオリゴ糖;ブロックポリマー;メチルセルロース;セルロース;セロオリゴ糖誘導体;オルトゴナルグリコシル化
      • 疎水認識によるセルロース誘導体の高機能化
        奨励研究(A)
        京都大学
        上高原 浩
        自 1999年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        セルロース;セロビオース;還元性末端
      • 熱帯産の稀少有用林産資源の探索とその利用
        基盤研究(A)
        京都大学
        中坪 文明
        自 1999年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        タイ国;稀少有用林産物資源;32科95種;抗マラリア;抗Helicobacter pylori活性;樹皮タンニン;熱帯産レジン;恒久的熱帯林;稀少価値有用熱帯林産物;中央タイ、ミヤンマー国境付近;Morinda属;Dalbergia属;Acacia属;Terminalia属;Ventilago属;Picrasma属;稀少有用林産資源;ラオス・カンボジア国境付近;南タイ;抗Hericobactor pylori活性;抗真菌活性;熱帯植物タンニン;タイ国産樹種;効用;生理活性;Terminalia;Aquilaria;Calophyllum;Lagerstroemia;Dipterocarpus, Thailand;valuable tropical forest resources;95 plant species;anti-malaria;anti-Helicobacter pylori activity;Bark tannins;wood resin;sustainable tropical forest
      • ハイブリッド機能セルロース誘導体の分子設計と利用開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        中坪 文明
        自 1999年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        ハイブリット機能セルロース誘導体;4-alkyloxytrityl chloride;溶媒溶解性;液晶性;開環重合法;3位のアリル基;位置特異的置換メチル誘導体;磁性体と電気伝導体;ハイブリッド機能セルロース誘導体;多機能性;熱溶融性;重合モノマーの合成収率の向上;長鎖アルキル置換セルロース誘導体;セルロース;ハイブリドセルロース誘導体;p-n-aklyloxytrityl chloride;p-n-aklyloxytrityl cellulose誘導体;6-deoxycellulose;長鎖アルキル基;嵩高いジフェニルアルキルメチル基;DMAc;LiCl溶液;p-アセトキシトリチル基;p-メトキシトリチル基, hybrid-functional cellulose derivatives;4-alkyloxytrityl chiorides;solubility;liquid crystalline property;ring-opening polymerization;3-O-Allyl group;regioselectively-methylated celluloses;magnetism or electro-conductivity
      • リン酸化および硫酸化多糖類およびポリフェノール類の調製と生理活性
        基盤研究(B)
        京都大学
        中坪 文明
        自 1997年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        硫酸化;多糖;ポリフェノール;生理活性;ヘパリンバインデングアッセイ;抗凝固活性;肺癌転移, Sulfation;Polysaccharides;Polyphenols;Physiological activities;Heparin binding assay;Anticoagulant activity;Lung metastases
      • 位置特異的置換セルロース誘導体の化学合成-セルロース化学の基礎的問題の解決-
        基盤研究(B)
        京都大学
        中坪 文明
        自 1997年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        セルロースの化学合成;位置特異的置換誘導体;スペクトルデータ;置換基分布決定法;カルボキシメチル化;メチル化;水酸基の化学反応性;分子内および分子間水素結合;セルロース;位置特異的置換セルロース;3-O-benzyl cellulose;3,6-di-O-benzyl cellulose;水素結合;セルロース溶剤;位置特異的メチル化セルロース;開環重合;化学合成;分子内水素結合;メチルセルロース;立体障害;カルボキシメチルセルロース;置換基分布の決定;位置特異的置換セルロース誘導体, Chemical synthesis of cellulose;regiospecifically methylated cellulose;spectroscopic data;substituent distribution;carboxymethylation;methylation;reactivity of three hydroxyl groups;inter-and intramolecule hydrogen bondings
      • 貝殻と高等植物細胞壁の構造複合化 -地球環境負荷低減への挑戦-
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分40:森林圏科学、水圏応用科学およびその関連分野
        京都大学
        上高原 浩
        自 2022年06月30日, 至 2025年03月31日, 交付
        セルロース;木材;炭酸カルシウム;貝殻

      外部資金:その他

      • セルロース誘導体の自己組織化による配向制御と天然セルロース分子配向の証明
        京都大学学術研究奨励金
        自 1997年
        上高原 浩
      • 高位置選択的置換セルロース誘導体-調製、構造と機能、展望-
        日本学術振興会二国間交流事業
        自 1999年, 至 2001年
        中坪文明
      • 樹木の防御機構に学ぶ樹皮成分固定化セルロース系ブロックコポリマー薄膜の創出
        積水化学 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム
        自 2004年10月01日, 至 2005年09月30日
        上高原 浩
      • 位置特異的かつブロック的置換セルロース誘導体の新規調製法の開発とその構造-物性相関
        日本学術振興会 二国間交流事業 共同研究
        自 2007年10月01日, 至 2009年09月30日
        上高原 浩
      • 第241回アメリカ化学会年次大会
        日本学術振興会国際学会等派遣事業
        自 2010年
        上高原 浩
      • プリオン病予防の実用化に関する研究
        厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日
        堂浦克美
      • 熱帯多雨林における集約的森林管理と森林資源の高度利用における持続的利用パラダイムの創出
        文部科学省科学技術戦略推進費
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日
        神崎護
      • バイオマス資源由来多糖のみからなる低毒性界面活性剤の開発
        松籟科学技術振興財団
        自 2011年
        上高原 浩
      • プリオン病の予防治療薬開発促進研究
        厚生労働科学研究委託費
        自 2014年06月01日
        堂浦 克美
      list
        Last Updated :2024/02/21

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          ILASセミナー(海外)
          Z003, 前期集中, 国際高等教育院, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          複合材料化学特論1
          BA96, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          複合材料化学専攻実験2
          BC41, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          複合材料化学専攻実験1
          BC40, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          バイオマス化学実験及び実験法
          6943, 後期, 農学部, 4
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          複合材料化学演習2
          BB41, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          複合材料化学演習1
          BB40, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          森林基礎科学C
          6889, 前期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          森林科学概論A
          6882, 前期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          森林高分子科学I
          6931, 後期, 農学部, 2
        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          機器分析概論
          BD01, 後期, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          複合材料化学専攻実験2
          BC41, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林基礎科学C
          6889, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          インターンシップ
          BZ01, 通年, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          複合材料化学特論1
          BA96, 前期集中, 農学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          バイオマス化学実験及び実験法
          6943, 後期, 農学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          複合材料化学演習1
          BB40, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林高分子科学I
          6931, 後期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          複合材料化学専攻実験1
          BC40, 通年, 農学研究科, 5
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          機器分析概論
          BD01, 後期, 農学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          森林科学概論A
          6882, 前期, 農学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          複合材料化学演習2
          BB41, 通年, 農学研究科, 4
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林科学実習II
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          バイオマス化学実験及び実験法I
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          北海道東部の厳冬期の自然環境
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          木本植物を分析しよう!
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          森林基礎化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          研究林実習IV
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物材料化学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生物材料化学演習
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          科学英語演習
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          バイオマス化学実験及び実験法I
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          北海道東部の厳冬期の自然環境
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林基礎化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          森林科学実習II
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          研究林実習IV
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          リグニン化学
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林科学実習II
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          森林基礎化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          バイオマス化学実験及び実験法I
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          研究林実習IV
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          科学英語演習
          前期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物材料化学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生物材料化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          北海道東部の厳冬期の自然環境
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          リグニン化学
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林科学実習II
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          森林基礎化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          バイオマス化学実験及び実験法I
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          研究林実習 IV
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物材料化学 II
          後期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          科学英語演習
          前期, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物材料化学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物材料化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          北海道東部の厳冬期の自然環境
          後期集中, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          リグニン化学
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          バイオマス化学実験及び実験法I
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林基礎化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          森林科学実習II
          前期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物材料化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物材料化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物材料化学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物材料化学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          研究林実習 IV
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          科学英語演習
          前期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          リグニン化学
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          バイオマス化学実験及び実験法I
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林基礎化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          森林科学実習II
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物材料化学 II
          後期, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物材料化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物材料化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物材料化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物材料化学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物材料化学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物材料化学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          研究林実習 IV
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          科学英語演習
          前期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          リグニン化学
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          バイオマス化学実験及び実験法I
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          森林基礎化学実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物材料化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物材料化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物材料化学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物材料化学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物材料化学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物材料化学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物材料化学特論2
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          研究林実習IV
          後期集中, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          科学英語演習
          前期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          リグニン化学
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          バイオマス化学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林基礎科学実習II
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          森林高分子科学I
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物材料化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物材料化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物材料化学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物材料化学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物材料化学特論2
          後期, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          科学英語演習
          前期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          バイオマス化学実験及び実験法
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林基礎科学C
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林基礎科学実習II
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林マテリアル系実験及び実験法
          前期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          森林高分子科学I
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          科学英語演習
          前期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          複合材料化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          複合材料化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          複合材料化学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          複合材料化学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          複合材料化学特論1
          前期, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          インターンシップ
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基礎有機化学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林基礎科学C
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林科学概論A
          前期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          森林高分子科学I
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          複合材料化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          複合材料化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          複合材料化学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          複合材料化学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          複合材料化学特論1
          通年集中, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          インターンシップ
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林基礎科学C
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林科学概論A
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          森林高分子科学I
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          機器分析概論
          後期, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          複合材料化学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          複合材料化学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          複合材料化学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          複合材料化学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          複合材料化学特論1
          前期集中, 農学研究科

        博士学位審査

        • Hydrogenation of aqueous acetic acid to bioethanol over TiO2-supported Ru-Sn and Ni-Sn catalysts(TiO2担持Ru-Sn及びNi-Sn触媒による酢酸水溶液のバイオエタノールへの接触水素化分解)
          趙 媛媛, 副査
          2021年03月23日

        学外学位論文審査

        • Synthesis and Evaluation of Polysaccharide-Based Chiral Stationary Phases for Enantiomer Resolution
          Cuong Viet BUI, Universität für Bodenkultur Wien, オーストリア, 副査
          2023年01月31日
        • Synthesis and structure-property relationship of regioselectively substituted curdlan hetero esters (位置選択的に置換基を有するカードランヘテロエステル の合成および構造と物性の相関解明)
          錢 致瑩, 東京大学, 日本, 副査
          2019年01月30日

        指導学生の業績:受賞

        • ICC2022+1 Poster Award
          LIU, Zhiyan, ICC2022+1, Hiroshima, The 5th International Cellulose Conference, 2023年09月28日
        • 第17回(令和5年)繊維学会年次大会優秀ポスター発表賞
          上野敬紀, 繊維学会
        • セルロース学会第16回年次大会ポスター賞
          石津 智世, セルロース学会, 2009年07月03日
        • Poster Award for The Japanese-European Workshop in Cellulose and Functional Polysaccharides
          榎本 有希子, The Japanese-European Workshop in Cellulose and Functional Polysaccharides, 2005年09月14日
        • 第65回日本木材学会年次大会優秀ポスター賞
          三木健太郎, 日本木材学会, 2015年03月18日
        • 第66回日本木材学会年次大会優秀ポスター賞
          三木 健太郎, 日本木材学会, 2016年03月29日
        • 第68回日本木材学会大会 優秀ポスター賞
          平野義貴, 日本木材学会, 2018年03月16日
        • 第69回日本木材学会年次大会優秀ポスター賞
          杉本 瑛里香, 日本木材学会, 2019年03月16日
        • セルロース学会第29回年次大会優秀ポスター賞
          櫻井 優佳, セルロース学会, 2022年07月22日
        • 日本材料学会関西支部主催 第16回若手シンポジウム優秀発表支部長賞
          佐藤 佑樹, 日本材料学会関西支部, 2021年12月04日
        list
          Last Updated :2024/02/21

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            ASEAN拠点ネットワーク会議 メンバー
          • 自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日
            低温物質科学研究センター寒剤供給管理運営委員会 委員
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            低温物質科学研究センター寒剤供給管理運営委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員
          • 自 2016年07月01日, 至 2018年03月31日
            環境安全保健機構低温物質管理部門寒剤供給専門小委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            環境管理専門委員会有機廃液情報管理小委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            低温物質科学研究センター寒剤供給専門委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            学際融合教育研究推進センターナノテクノロジーハブ拠点運営委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            学生総合支援センター管理運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            環境安全保健機構低温物質管理部門寒剤供給専門小委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            環境安全保健機構低温物質管理部門寒剤供給専門小委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            環境管理専門委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日
            将来構想検討委員会 委員
          • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
            国際戦略本部人権委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            学部教務委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2021年03月31日
            人権問題対策委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            制度・組織等検討委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            森林科学専攻長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            評価委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            防火・防災委員会 委員

          ページ上部へ戻る