教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

積山 薫

セキヤマ カオル

総合生存学館 総合生存学専攻 教授

積山 薫
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    所属学協会

    • 日本ヒト脳機能マッピング学会
    • Association for Psychological Science
    • Cognitive Neuroscience Society
    • Society for Neuroscience
    • American Psychological Association
    • The Acoustical Society of America
    • 日本認知心理学会
    • The Japanese Society for Cognitive Psychology
    • 日本赤ちゃん学会
    • Japanese Society of Baby Science
    • 日本認知科学会
    • Japanese Cognitive Science Society
    • 日本音響学会
    • The Acoustical Society of Japan
    • 日本心理学会
    • Japanese Psychological Association

    学位

    • 修士(文学)(大阪市立大学)
    • 博士(文学)(大阪市立大学)

    出身大学院・研究科等

    • 大阪市立大学, 大学院文学研究科前期博士課程心理学専攻, 修了
    • 大阪市立大学, 大学院文学研究科後期博士課程心理学専攻, 単位修得退学

    出身学校・専攻等

    • 早稲田大学, 教育学部教育学科, Educational Psychology, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      東京都 お茶の水女子大学文教育学部附属高等学校, おちゃのみずじょしだいがくぶんきょういくがくぶふぞくこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2017年05月, 至 現在
      京都大学, 大学院総合生存学館, 教授
    • 自 2006年10月, 至 2017年04月
      熊本大学, 文学部, 教授
    • 自 2000年04月, 至 2006年09月
      公立はこだて未来大学, システム情報科学部, 教授
    • 自 1989年05月, 至 2000年03月
      金沢大学, 文学部, 助手

    プロフィール

    • プロフィール

      心理学と認知神経科学(MRIなど)の手法を用いて研究しています。私の研究の一貫した興味は、人間の認知システムの可塑性の問題です。この問いに比較的直接的に答える研究の1つとして、逆さメガネの長期着用実験をかなりおこないました。より長い年月の経験の効果をみるために、マガーク効果(矛盾した口の動きの見えが音声の聞こえを変える現象)への母語の影響について研究してきました。最近では、高齢者の脳のアンチエイジングとライフスタイル要因について研究しています。世界で最も早く超高齢社会に突入した日本や、やがて超高齢社会を迎える世界の大半の国の高齢者を元気にするために、科学的エビデンスを積み上げます。

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        運動や楽器演奏が脳認知機能に与える影響、身体に根差した認知、逆さメガネへの適応、言語環境と音声知覚
      • 研究概要

        経験や年齢を重ねることで認知システムがどのように変わるか(可塑性と発達)、また、身体の運動が認知機能にどのようにかかわるか(認知の身体性)、これらが研究関心の中心です。これまでに、赤ちゃん、幼児、小学生、大学生、中年期の老眼者、高齢者などを対象に、音声知覚(マガーク効果)、手や足のメンタルローテーション、逆さメガネへの適応、読字、実行機能、記憶など、いろいろな現象・機能について可塑性や発達を調べてきました。

      研究キーワード

      • visuomotor correlation
      • body schema
      • auditory-visual integration
      • 実行機能
      • 運動イメージ
      • 視覚運動協応
      • 身体表象
      • 認知加齢
      • マガーク効果
      • プリズム順応
      • 視聴覚音声知覚
      • fMRI
      • 視空間知覚
      • 多感覚統合
      • 変換視
      • 読唇
      • 発達
      • 可塑性

      研究分野

      • 人文・社会, 実験心理学
      • 人文・社会, 認知科学
      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • ライフサイエンス, 神経科学一般
      • 人文・社会, 認知科学
      • 人文・社会, 実験心理学

      論文

      • Selective attention to the mouth of a talker in Japanese-learning infants and toddlers: Its relationship with vocabulary and compensation for noise
        Sekiyama, K; Hisanaga, S; Mugitani, R
        Cortex, 2021年04月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Prefrontal plasticity after a three-month exercise intervention in older adults relates to enhanced cognitive performance
        Soshi, T; Andersson, M; Kawagoe, T; Nishiguchi, S; Yamada, M; Otsuka, Y; Nakai, R; Abe, N; Aslah, A; Igasaki, T; Sekiyama, K
        Cerebral Cortex, 2021年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Musical instrument training program improves verbal memory and neural efficiency in novice older adults
        Xia Guo; Masatoshi Yamashita; Maki Suzuki; Chie Ohsawa; Kohei Asano; Nobuhito Abe; Takahiro Soshi; Kaoru Sekiyama
        Human Brain Mapping, 2021年04月01日, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Influence of language backgrounds on audiovisual speech perception across the lifespan
        Kaoru Sekiyama
        Acoustical and Science Technology, 2020年01月, 査読有り, 招待有り
      • 加齢による認知脳機能の個人差拡大とその背景要因 ―研究方法への省察―
        積山薫; 鈴木麻希
        基礎心理学研究, 2019年09月, 査読有り
      • Word scanning in native and non-native languages: insights into reading with declined accommodation
        Wataru Teramoto; Shinji Kawano; Shuji Mori; Kaoru Sekiyama
        Experimental Brain Research, 2019年09月, 査読有り
      • 高齢者のもつ運動イメージ:質問紙調査法JMIQ-Rとポインティング課題の比較
        小手川耕平; 寺本渉; 積山薫
        認知心理学研究, 2019年08月, 査読有り
      • 長年の楽器訓練経験が高齢期の脳にもたらす影響:脳構造と機能結合解析による横断比較
        山下 雅俊; 大澤 智恵; 鈴木 麻希; 郭 霞; 貞方 マキ子; 大塚 結喜; 浅野 孝平; 阿部 修士; 積山 薫
        日本心理学会大会発表論文集, 2019年
      • 楽器練習介入が高齢者の神経処理効率に及ぼす影響:- fMRIを用いた検討 -
        郭 霞; 山下 雅俊; 鈴木 麻希; 大澤 智恵; 浅野 孝平; 阿部 修士; 積山 薫
        日本心理学会大会発表論文集, 2019年
      • Improved Digit Span in children after a 6-week intervention of playing a musical instrument: An exploratory randomized controlled trial
        Xia Guo; Chie Ohsawa; Akiko Suzuki; Kaoru Sekiyama
        Frontiers in Psychology, 2018年01月08日, 査読有り
      • Neural Correlates of Working Memory Maintenance in Advanced Aging: Evidence From fMRI.
        Maki Suzuki; Toshikazu Kawagoe; Shu Nishiguchi; Nobuhito Abe; Yuki Otsuka; Ryusuke Nakai; Kohei Asano; Minoru Yamada; Sakiko Yoshikawa; Kaoru Sekiyama
        Frontiers in aging neuroscience, 2018年, 査読有り
      • Face-specific memory deficits and changes in eye scanning patterns among patients with amnestic mild cognitive impairment
        Toshikazu Kawagoe; Masateru Matsushita; Mamoru Hashimoto; Manabu Ikeda; Kaoru Sekiyama
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年10月, 査読有り
      • Visuotactile interaction even in far sagittal space in older adults with decreased gait and balance functions
        Wataru Teramoto; Keito Honda; Kento Furuta; Kaoru Sekiyama
        EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 2017年08月, 査読有り
      • Language/Culture Modulates Brain and Gaze Processes in Audiovisual Speech Perception
        Satoko Hisanaga; Kaoru Sekiyama; Tomohiko Igasaki; Nobuki Murayama
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年10月, 査読有り
      • Impact of language on functional connectivity for audiovisual speech integration
        Jun Shinozaki; Nobuo Hiroe; Masa-aki Sato; Takashi Nagamine; Kaoru Sekiyama
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年08月, 査読有り
      • The neural mechanism of biomechanical constraints in the hand laterality judgment task: A near-infrared spectroscopy study
        Shuang Meng; Misato Oi; Kaoru Sekiyama; Hirofumi Saito
        NEUROSCIENCE LETTERS, 2016年08月, 査読有り
      • How do language backgrounds impact audiovisual speech perception across lifespan?
        Kaoru Sekiyama; Satoko Hisanaga; Jun Shinozaki
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Signal source and functional connectivity of neurophysiological correlates of temporal mental orientation during natural language processing
        Takahiro Soshi; Satoko Hisanaga; Kaoru Sekiyama
        IPSJ Transactions on Bioinformatics, 2016年03月01日
      • Effects of Word Width and Word Length on Optimal Character Size for Reading of Horizontally Scrolling Japanese Words
        Wataru Teramoto; Takuyuki Nakazaki; Kaoru Sekiyama; Shuji Mori
        FRONTIERS IN PSYCHOLOGY, 2016年02月, 査読有り
      • Brain activation during visual working memory correlates with behavioral mobility performance in older adults
        Toshikazu Kawagoe; Maki Suzuki; Shu Nishiguchi; Nobuhito Abe; Yuki Otsuke; Ryusuke Nakai; Minoru Yamada; Sakiko Yoshikawa; Kaoru Sekiyama
        FRONTIERS IN AGING NEUROSCIENCE, 2015年09月, 査読有り
      • A 12-Week Physical and Cognitive Exercise Program Can Improve Cognitive Function and Neural Efficiency in Community-Dwelling Older Adults: A Randomized Controlled Trial
        Shu Nishiguchi; Minoru Yamada; Takanori Tanigawa; Kaoru Sekiyama; Toshikazu Kawagoe; Maki Suzuki; Sakiko Yoshikawa; Nobuhito Abe; Yuki Otsuka; Ryusuke Nakai; Tomoki Aoyama; Tadao Tsuboyama
        JOURNAL OF THE AMERICAN GERIATRICS SOCIETY, 2015年07月, 査読有り
      • Language specific listening of Japanese geminate consonants: across-linguistic study
        Makiko Sadakata; Mizuki Shingai; Simone Sulpizio; Alex Brandmeyer; Kaoru Sekiyama
        FRONTIERS IN PSYCHOLOGY, 2014年12月, 査読有り
      • Strong biomechanical constraints on young children's mental imagery of hands
        Kaoru Sekiyama; Toshiro Kinoshita; Takahiro Soshi
        ROYAL SOCIETY OPEN SCIENCE, 2014年12月, 査読有り
      • Event-related potentials for better speech perception in noise by cochlear implant users
        Takahiro Soshi; Satoko Hisanaga; Narihiro Kodama; Yori Kanekama; Yasuhiro Samejima; Eiji Yumoto; Kaoru Sekiyama
        HEARING RESEARCH, 2014年10月, 査読有り
      • Visually encoded working memory is closely associated with mobility in older adults
        Toshikazu Kawagoe; Kaoru Sekiyama
        EXPERIMENTAL BRAIN RESEARCH, 2014年06月, 査読有り
      • 脳萎縮と視空間性ワーキングメモリ課題中の脳活動の関連性 fMRIを用いた検討
        西口 周; 山田 実; 谷川 貴則; 積山 薫; 川越 敏和; 吉川 左紀子; 阿部 修士; 大塚 結喜; 中井 隆介; 青山 朋樹; 坪山 直生
        理学療法学, 2014年05月, 査読有り
      • Enhanced audiovidual integration with aging in speech perception: a heightened McGurk effect in older adults
        Kaoru Sekiyama; Takahiro Soshi; Shinichi Sakamoto
        FRONTIERS IN PSYCHOLOGY, 2014年04月, 査読有り
      • Audiotactile interactions beyond the space and body parts around the head
        Wataru Teramoto; Yukiomi Nozoe; Kaoru Sekiyama
        Experimental Brain Research, 2013年, 査読有り
      • Reading performance in middle-aged adults with declines in accommodation
        Wataru Teramoto; Kosuke Tao; Kaoru Sekiyama; Shuji Mori
        ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 2012年11月, 査読有り
      • Visuo-somatosensory reorganization in perceptual adaptation to reversed vision
        Kaoru Sekiyama; Kouki Hashimoto; Yoichi Sugita
        ACTA PSYCHOLOGICA, 2012年10月, 査読有り
      • Enhanced perception of various linguistic features by musicians: A cross-linguistic study
        Makiko Sadakata; Kaoru Sekiyama
        ACTA PSYCHOLOGICA, 2011年09月, 査読有り
      • 視覚と聴覚による音声知覚:言語/文化による差とその発達
        積山薫
        認知科学, 2011年, 査読有り, 招待有り
      • 逆さメガネと身体図式
        積山薫
        Clinical Neuroscience, 2011年, 招待有り
      • Long-term Cochlear Implant Users Have Resistance to Noise,but Short-Term Users Don't
        Kanekama Y; Sekiyama K; Kodama N; Samejima Y; Yamada T; Yumoto E
        The 9th International Conference on Auditory-Visual Speech Processing, 2010年, 査読有り
      • Neural processing of audio-visual integration in speech perception: An MEG study
        Nobuo Hiroe; Jun Shinozaki; Taku Yoshioka; Masa-aki Sato; Kaoru Sekiyama
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2010年, 査読有り
      • Impact of language on audiovisual speech perception examined by fMRI.
        Jun Shinozaki; Kaoru Sekiyama; Nobuo Hiroe; Taku Yoshioka; Masa-aki Sato
        Auditory-Visual Speech Processing, AVSP 2010, Hakone, Kanagawa, Japan, September 30 - October 3, 2010, 2010年, 査読有り
      • Audiovisual speech perception in Japanese and English: Inter-language differences examined by event-related potentials
        Satoko Hisanaga; Kaoru Sekiyama; Tomohiko Igasaki; Nobuki Murayama
        AVSP 2009, 2009年, 査読有り
      • Impact of language on development of auditory-visual speech perception
        Kaoru Sekiyama; Denis Burnham
        DEVELOPMENTAL SCIENCE, 2008年03月, 査読有り
      • Dynamic spatial cognition: Components, functions, and modifiability of body schema
        Kaoru Sekiyama
        JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH, 2006年09月, 査読有り, 招待有り
      • 反転視野と空間識
        積山 薫
        神経研究の進歩, 2005年, 招待有り
      • Issues in the development of auditory-visual speech perception: Adults, infants, and children
        Kaoru Sekiyama; Denis Burnham
        ICSLP 2004, 2004年01月
      • Adaptation to left-right reversed vision rapidly activates ipsilateral visual cortex in humans
        S Miyauchi; H Egusa; M Amagase; K Sekiyama; T Imaruoka; T Tashiro
        JOURNAL OF PHYSIOLOGY-PARIS, 2004年01月, 査読有り
      • Auditory-visual speech perception examined by fMRl and. PET
        K Sekiyama; Kanno, I; S Miura; Y Sugita
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2003年11月, 査読有り
      • Auditory-Visual Speech Perception Development in Japanese and English Speakers
        Kaoru Sekiyama; Denis Burnham; Helen Tam; Dogu Erdener
        AVSP 2003, 2003年09月, 査読有り
      • Body image as a visuomotor transformation device revealed in adaptation to reversed vision
        K Sekiyama; S Miyauchi; T Imaruoka; H Egusa; T Tashiro
        NATURE, 2000年09月, 査読有り
      • Native-Foreign Langage Effect In The McGurk Effect: A Test with Chinese and Japanese
        Yasuko Hayashi; Kaoru Sekiyama
        AVSP-1998, 1998年12月, 査読有り
      • Cultural and linguistic factors in audiovisual speech processing: The McGurk effect in Chinese subjects
        K Sekiyama
        PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 1997年01月, 査読有り
      • A few factors which effect the degree of incorporating lip-read information into speech perception
        K Sekiyama; Y Tohkura; M Umeda
        ICSLP 96 - FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SPOKEN LANGUAGE PROCESSING, PROCEEDINGS, VOLS 1-4, 1996年
      • Differences in auditory-visual speech perception between Japanese and Americans: McGurk effect as a function of incompatibility
        Kaoru Sekiyama
        Journal of the Acoustical Society of Japan (E), 1994年, 査読有り
      • INTER-LANGUAGE DIFFERENCES IN THE INFLUENCE OF VISUAL CUES IN SPEECH-PERCEPTION
        K SEKIYAMA; YI TOHKURA
        JOURNAL OF PHONETICS, 1993年10月, 査読有り
      • MCGURK EFFECT IN NON-ENGLISH LISTENERS - FEW VISUAL EFFECTS FOR JAPANESE SUBJECTS HEARING JAPANESE SYLLABLES OF HIGH AUDITORY INTELLIGIBILITY
        K SEKIYAMA; Y TOHKURA
        JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF AMERICA, 1991年10月, 査読有り
      • IMPORTANCE OF HEAD AXES IN PERCEPTION OF CUTANEOUS PATTERNS DRAWN ON VERTICAL BODY SURFACES
        K SEKIYAMA
        PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 1991年05月, 査読有り
      • 手のイメージの触運動感覚的操作 -心的回転課題の刺激提示様式からの検討-
        積山薫
        心理学研究, 1987年, 査読有り
      • 「積木問題」における空間表象の操作 脳性マヒ児にみられるつまずきの分析
        積山 薫; 竹村 保子; 福田 香苗; 柿坂 緑; 石本 真佐子
        教育心理学研究, 1984年01月, 査読有り
      • MENTAL AND PHYSICAL MOVEMENTS OF HANDS - KINESTHETIC INFORMATION PRESERVED IN REPRESENTATIONAL SYSTEMS
        K SEKIYAMA
        JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH, 1983年, 査読有り
      • KINESTHETIC ASPECTS OF MENTAL REPRESENTATIONS IN THE IDENTIFICATION OF LEFT AND RIGHT HANDS
        K SEKIYAMA
        PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS, 1982年, 査読有り
      • Neural Advantages of Older Musicians Involve the Cerebellum: Implications for Healthy Aging Through Lifelong Musical Instrument Training.
        Masatoshi Yamashita; Chie Ohsawa; Maki Suzuki; Xia Guo; Makiko Sadakata; Yuki Otsuka; Kohei Asano; Nobuhito Abe; Kaoru Sekiyama
        Frontiers in human neuroscience, 2022年01月, 最終著者, 責任著者
      • Impact of Early-Commenced and Continued Sports Training on the Precuneus in Older Athletes.
        Masatoshi Yamashita; Maki Suzuki; Toshikazu Kawagoe; Kohei Asano; Masatoshi Futada; Ryusuke Nakai; Nobuhito Abe; Kaoru Sekiyama
        Frontiers in human neuroscience, 2021年12月, 最終著者, 責任著者
      • 環境,知識,そしてワーキングメモリ
        齊藤 智; 谷田 勇樹; 湯澤 正通; 上田 祥行; 積山 薫
        日本心理学会大会発表論文集, 2018年

      MISC

      • 長年の楽器訓練経験と高齢者の海馬と小脳灰白質容積の関連
        山下雅俊; 大澤智恵; 鈴木麻希; 郭霞; 貞方マキ子; 大塚結喜; 浅野孝平; 阿部修士; 積山薫
        日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集, 2019年
      • 楽器訓練参加による高齢者の脳の情報処理効率化-fMRIを用いた検討-
        郭霞; 山下雅俊; 鈴木麻希; 大澤智恵; 浅野孝平; 阿部修士; 積山薫
        日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集, 2019年
      • Effects of advanced aging on motor imagery
        Maki Suzuki; Kaoru Sekiyama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月
      • Stimulus characteristics in Mental Rotation of feet
        Yasunori Tanaka; Kaoru Sekiyama
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月
      • Effects of aging and lifestyle on cognitive and brain functions
        Maki Suzuki; Kaoru Sekiyama; Naftali Raz
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月
      • Lifespan neuroscience of human cognition: Principles of healthy and pathological aging
        Kaoru Sekiyama; Takashi Tsukiura
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月
      • Learning to hear a silence?: Behavioural and neurophysiological studies of Japanese specific speech listening
        Makiko Sadakata; Sekiyama Kaoru
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2016年07月
      • Lifespan neuroscience of human cognition: Principles of healthy and pathological aging 31st International Congress of Psychology
        Sekiyama K; Nishiguchi S; Kawagoe T; Yamada M; Suzuki M; Abe N; Otsuka Y; Nakai R; Yoshikawa S
        ICP2016 Invited Symposium, 2016年
      • MULTIMODAL EXERCISE IMPROVES COGNITIVE FUNCTION AND BRAIN ACTIVATION EFFICIENCY IN OLDER ADULTS
        S. Nishiguchi; M. Yamada; K. Sekiyama; T. Kawagoe; N. Abe; Y. Otsuka; T. Aoyama; T. Tsuboyama
        GERONTOLOGIST, 2015年11月
      • 教室型運動介入と日々の身体活動量介入の複合型運動プログラムによる認知機能、脳活動改善効果 無作為化比較対照試験
        西口 周; 山田 実; 谷川 貴則; 積山 薫; 川越 敏和; 鈴木 麻希; 吉川 左紀子; 阿部 修士; 大塚 結喜; 中井 隆介; 青山 朋樹; 坪山 直生
        理学療法学, 2015年04月
      • 教室型運動介入及び歩数計を用いた身体活動量介入による高齢者の認知機能、脳活動改善効果 無作為化比較対照試験による検証
        西口 周; 山田 実; 積山 薫; 川越 敏和; 鈴木 麻希; 青山 朋樹; 坪山 直生; 日本学術振興会
        健康支援, 2015年02月
      • Nueral correlates of working memory in advanced aging: an fMRI study
        Suzuki M; Kawagoe T; Nishiguchi S; Abe N; Otsuka Y; Nakai R; Yamada M; Yoshikawa S; Sekiyama K
        2015 ageing summit, 2015年
      • A deficit-compensation brain activation pattern common to working memory and functional mobility in older adults.
        Kawagoe T; Suzuki M; Nishiguchi S; Abe N; Otsuka Y; Nakai R; Yamada M; Yoshikawa S; Sekiyama K
        Society for Neuroscience 2015, 2015年
      • Neural correlates of working memory for face and location in advanced aging
        Suzuki M; Kawagoe T; Nishiguchi S; Abe N; Otsuka Y; Nakai R; Yamada M; Yoshikawa S; Sekiyama K
        Society for Neuroscience 2015, 2015年
      • ワーキングメモリとTimed-Up & Go testの関連について 脳画像研究に伴う行動データ解析による副次的検討
        川越 敏和; 積山 薫; 山田 実; 西口 周
        日本心理学会大会発表論文集, 2014年08月
      • 自閉症スペクトラム者の身体図式に関する研究 : 手の心的回転における姿勢の影響について
        日田 勝子; 積山 薫
        熊本大学社会文化研究, 2013年03月25日
      • RELATIONSHIP BETWEEN COGNITIVE AND MOTOR FUNCTIONS IN OLDER ADULTS
        Toshikazu Kawagoe; Kaoru Sekiyama
        JOURNAL OF COGNITIVE NEUROSCIENCE, 2013年
      • ERPと視線にみられる日英間の視聴覚音声知覚の差異
        久永 聡子; 積山 薫; 伊賀崎 伴彦
        聴覚研究会資料 = Proceedings of the auditory research meeting, 2012年10月13日
      • 日本語と英語の読みにおける老視者の読字特性
        田中 辰彦; 川野 晋慈; 積山 薫; 廣瀬 信之; 森 周司
        電子情報通信学会技術研究報告, 2012年05月
      • Speech perception by face and voice in speakers of Japanese and Enlgish
        Kaoru Sekiyama; Akihiro Tanaka
        INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY, 2012年
      • ヒト脳の視聴覚情報処理における口の動き情報の上側頭溝への入力:脳領域間結合の日英母語者間の違い
        篠崎淳; 積山薫; 廣江総雄; 吉岡琢; 佐藤雅昭
        日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集, 2012年
      • Study on impairment of reading letters at near distance.
        Tao, K; Nakazaki, T; Sekiyama, K; Hirose, N; Mori, S
        Proceedings of the 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 2010年10月
      • Optimal letter size for reading horizontally scrolling Japanese words.
        Nakazaki, T; Tao, K; Sekiyama, K; Hirose, N; Mori, S
        Proceedings of the 6th Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 2010年10月
      • 視聴覚統合における脳内神経機構の解明(Neural processing of audio-visual integration in speech perception: an MEG study)
        廣江 総雄; 篠崎 淳; 吉岡 琢; 佐藤 雅昭; 積山 薫
        神経化学, 2010年08月
      • fMRIを用いた日本語母語者と英語母語者における視聴覚統合脳内基盤の解明
        篠崎淳; 廣江総雄; 吉岡琢; 佐藤雅昭; 積山薫; 積山薫
        臨床神経生理学, 2009年10月01日
      • 多種感覚の統合と運動
        乾 敏郎; 行場 次朗; 積山 薫; 開 一夫; 明和 政子; 岩村 吉晃
        日本心理学会大会発表論文集, 2006年
      • Brain activation during auditory-visual speech perception
        K Sekiyama; Y Sugita
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2000年
      • Hand representations and their plasticity examined by reversal of visual input: Behavioral and fMRI data
        K Sekiyama; S Miyauchi; T Tashiro; T Imaruoka; T Hayakawa; M Kato
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1999年03月
      • Adaptation to reversing prisms activates the ipsilateral visual cortex in humans: an fMRI study
        S Miyauchi; K Sekiyama; H Tanabe; T Imaruoka; N Fujimaki; T Tashiro
        INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE, 1999年03月
      • 日本人と中国人のマガーク効果 -外国語効果をめぐって-
        林 康子; 積山 薫
        日本音響学会研究発表会講演論文集, 1998年09月01日

      書籍等出版物

      • 実践する総合生存学
        池田, 裕一; 京都大学総合生存学研究会, 分担執筆, 生涯にわたる心の可塑性:学びと交流の楽しさを通して Pp.233-270
        京都大学学術出版会, 2021年01月
      • 身体と空間の表象 : 行動への統合
        横澤, 一彦; 積山, 薫; 西村, 聡生
        勁草書房, 2020年04月
      • こころが育つ環境をつくる : 発達心理学からの提言
        子安 増生; 仲 真紀子, 分担執筆, 超高齢社会の基盤を強くする教育アプローチ
        新曜社, 2014年, 査読無し
      • 視聴覚融合の科学
        岩宮 眞一郎; 北川 智利; 積山 薫; 金 基弘; 高木 創; 笠松 広司, 共著
        コロナ社, 2014年, 査読無し
      • アクティブ・マインド : 人間は動きのなかで考える
        佐伯 胖; 佐々木 正人, 分担執筆, 視覚・運動表象による見えの成立—逆さめがね実験
        東京大学出版会, 2013年, 査読無し
      • Audiovisual Speech Processing
        G. Bailly; P. Perrier; E. Vatikiotis-Bateson, 分担執筆, Investigating auditory-visual speech perception development
        Cambridge University Press, 2012年, 査読無し
      • 認知心理学の新展開 : 言語と記憶
        川崎 惠里子, 分担執筆, 音声知覚における多感覚情報の統合
        ナカニシヤ出版, 2012年, 査読無し
      • よくわかる認知科学
        乾 敏郎; 吉川 左紀子; 川口 潤, 分担執筆, 身体図式
        ミネルヴァ書房, 2010年, 査読無し
      • 脳の高次機能
        丹治順; 吉澤修治, 分担執筆, 認知メカニズムの非侵襲計測
        朝倉書店, 2001年, 査読無し
      • 知覚の可塑性と行動適応
        牧野 達郎, 分担執筆, 身体表象と感覚間調和・行動適応
        ブレーン出版, 1998年, 査読無し
      • 身体表象と空間認知
        積山 薫, 単著
        ナカニシヤ出版, 1997年05月, 査読無し
      • 認知心理学の視点 : 理論と測定法
        長縄 久生; 椎名 乾平; 川崎 惠里子, 分担執筆, 異種モダリティ情報の統合
        ナカニシヤ出版, 1997年, 査読無し
      • 知覚と運動
        乾 敏郎, 分担執筆, 空間視とその発達・障害
        東京大学出版会, 1995年, 査読無し
      • 左右反転眼鏡の世界 : ボディ・イメージからの接近
        積山 薫, 単著
        ユニオンプレス ; 1987.4, 1987年04月01日, 査読無し
      • 上下反転眼鏡実験―基礎資料集
        太城 敬良; 大倉 正暉; 吉村 浩一; 雨宮 俊彦; 積山 薫; 江草 浩幸; 筑田 昌一; 野津 直樹, 共著
        ユニオンプレス, 1984年03月, 査読無し

      受賞

      • 2013年06月29日
        日本認知心理学会, 日本認知心理学会独創賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • ウェルビーイングによる認知機能リスクの改善とその脳内機序の解明
        基盤研究(A)
        中区分10:心理学およびその関連分野
        京都大学
        積山 薫
        自 2021年04月05日, 至 2024年03月31日, 交付
        オキシトシン;ウェルビーイング;認知機能;軽度認知障害;早期逆境
      • 高齢者の身体モデルとその神経基盤の解明
        基盤研究(A)
        中区分10:心理学およびその関連分野
        熊本大学
        寺本 渉
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        実験心理学;身体モデル;加齢;ベイズ理論;バーチャル・リアリティ;心理実験;異種感覚統合;身体知覚;身体表象
      • ライフスタイルと脳の働き -超高齢社会を生き抜くための心理科学-
        基盤研究(S)
        京都大学
        積山 薫
        自 2016年05月31日, 至 2021年03月31日, 交付
        可塑性;認知機能;加齢;MRI;行動;脳
      • 「っ」は無音じゃないの?―書記システムと音声知覚をめぐる発達・言語間比較研究
        挑戦的萌芽研究
        熊本大学
        積山 薫
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        音声知覚;母語の影響;書記システム;促音;言語間比較;発達
      • 身体に根ざした認知の生涯発達と神経可塑性
        基盤研究(A)
        熊本大学
        積山 薫
        自 2013年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        高齢者;認知と運動;視触覚間干渉課題;視覚ワーキングメモリ;運動介入;加齢認知神経科学;運動イメージ
      • 時間、空間、音声の知覚に共通するチャンネル間処理の解明
        基盤研究(A)
        九州大学
        森 周司
        自 2013年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        聴覚;時間知覚;音声知覚;空間知覚;心理物理学
      • 実世界空間における多様な情報表示のためのデザインシステムの構築
        基盤研究(C)
        公立はこだて未来大学
        柳 英克
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        マルチモーダル;インタフェース;メディアデザイン;情報表現;インタラクション;身体性
      • 老視での読字を規定する要因:日本語と英語の読み
        挑戦的萌芽研究
        熊本大学
        積山 薫
        完了
        読字速度;文字認知;視覚探索;高速逐次提示法;文字サイズ;コントラスト;老視;非母語;高速逐次呈示法;スクロール文字
      • 複雑な実環境で形成される知覚-行動系の実験的研究
        基盤研究(B)
        九州大学
        森 周司
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        知覚-行動系;実環境;スポーツ;歩行;第二言語;知覚-行動系;知覚心理学;左右差;音楽;言語
      • コミュニケーション基盤の発達と脳機能の特殊化・可塑性
        基盤研究(A)
        熊本大学
        積山 薫
        自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        視聴覚音声知覚;言語特殊性;人工内耳;共感;社交不安;発達;脳機能画像;事象関連電位;言語特異性;人口内耳;ERP;fMRI
      • 言語と行為をつなぐ動的統合過程
        基盤研究(B)
        名古屋大学
        斎藤 洋典;齋藤 洋典
        完了
        コミュニケーション;ジェスチャー;意味;意図;理解;身体運動;言語;行為;模倣;学習
      • 顔と声による音声知覚の生涯発達
        基盤研究(C)
        熊本大学
        積山 薫
        完了
        音声知覚;発達;加齢;視聴覚統合;聴力;読唇;視聴覚, Speech Perception;Development;Aging;Auditory-Vsiaul Integration;Hearing Level;Lipreading
      • 視覚運動協応と視空間知覚の可塑性
        基盤研究(B)
        公立はこだて未来大学
        積山 薫
        完了
        視覚運動協応;視空間知覚;プリズム順応;fMRI;発達;可塑性;ヒト;サル;プリズム適応;視野の動揺;空間定位;第1次視覚野, VISUOMOTR COORDINATION;SPATIAL VISION;PRISMATIC ADAPTATION;fMRI;DEVELOPMENT;PLASTICITY
      • 心理物理学における不確定性と多次元性のモデルの開発とその実験的検討
        基盤研究(C)
        富山県立大学
        森 周司
        完了
        心理物理学;不確定性;多次元性;聴覚;視覚, psychophysics;uncertainty;multi-dimensionality;audition;vision
      • マルチモーダル音声コミュニケーションの発達
        基盤研究(C)
        金沢大学
        積山 薫
        完了
        異種感覚統合;マルチモーダル知覚;発達;マガーク効果;音声知覚;読唇;視聴覚統合, auditory-visual;audiovisual speech perception;audiovisual integration;McGurk effect;development
      • 音声知覚における読唇情報利用度と外国語習熟度の関係
        基盤研究(C)
        金沢大学
        積山 薫
        完了
        視聴覚音声知覚;視聴覚統合;マガ-ク効果;言語間比較;第2言語習得;読唇, audiovisual speech perception;audiovisual integration;McGurk effect;inter-language differences;second language acquisition;lipreading
      • 知覚的空間枠組の構造化と再構造化
        基盤研究(A)
        中京大学
        森 孝行
        完了
        空間知覚;知覚的空間枠組;変換視;身体表象;仮想現実感, spatial perception;perceptual frame-work;inverted vision;body image;virtual reality
      • 3つの極変換視(左右反転視・上下反転視・逆転視)状況への知覚順応過程の比較
        一般研究(C)
        金沢大学
        吉村 浩一
        完了
        変換視;知覚順応;感覚ー運動協応;空間の異方性
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          サービスラーニングA
          通年, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          サービスラーニングB
          通年, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          心理学I
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          心理測定論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          心理測定論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          熟議A
          前期, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          熟議B
          後期, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別研究Ⅰ(含国内インターンシップ)
          通年, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          産官連携特別セミナー(熟議)Ⅱ
          通年, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          総合生存学概論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          認知神経科学特論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          認知神経科学特論
          後期, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          サービスラーニングA
          通年, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          サービスラーニングB
          通年, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学概論
          前期, 教育学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学概論
          前期, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理学概論
          前期, 文学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理測定論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          心理測定論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          教育心理学特論
          前期, 教育学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          教育心理学特論
          前期, 教育学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          熟議A
          前期, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          熟議B
          後期, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          産官連携特別セミナー(熟議)Ⅱ
          通年, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          総合生存学概論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          認知心理学特論VII(神経・生理心理学)
          後期, 教育学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          認知心理学特論VII(神経・生理心理学)
          後期, 教育学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          認知神経科学特論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          認知神経科学特論
          後期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          サービスラーニングA
          通年, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          サービスラーニングB
          通年, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          心理学概論
          前期, 教育学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          心理学概論
          前期, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          心理学概論
          前期, 文学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          心理測定論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          心理測定論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          教育心理学特論
          前期, 教育学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          教育心理学特論
          前期, 教育学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          熟議A
          前期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          熟議B
          後期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          産官連携特別セミナー(熟議)Ⅱ
          通年, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          総合生存学概論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          認知心理学特論VII(神経・生理心理学)
          後期, 教育学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          認知心理学特論VII(神経・生理心理学)
          後期, 教育学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          認知神経科学特論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          認知神経科学特論
          後期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          サービスラーニングA
          通年, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          サービスラーニングB
          通年, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          心理学概論
          前期, 教育学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          心理学概論
          前期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          心理学概論
          前期, 文学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          心理測定論
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          心理測定論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          教育心理学特論
          前期, 教育学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          教育心理学特論
          前期, 教育学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          熟議A
          前期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          熟議B
          後期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          総合生存学概論
          前期, 総合生存学館
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知心理学特論VII(神経・生理心理学)
          後期, 教育学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知心理学特論VII(神経・生理心理学)
          後期, 教育学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知機能デザイン論
          前期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知神経科学特論
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          認知神経科学特論
          後期, 総合生存学館
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            京都大学教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            京都大学教務事務電算管理運営委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            教育制度委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            教職教育委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            教育制度委員会教育質保証専門委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 大学院共通・横断教育協議会 協議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            京都大学情報環境整備委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            総合生存学館 学館長
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            大学院横断教育プログラム推進センター運営委員会 委員
          • 自 2021年04月01日
            大学院横断教育プログラム推進センター運営委員会 協議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            スーパーグローバルコース企画運営幹事会 協議員
          • 自 2021年04月01日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            部局長会議
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究科長部会

          部局運営(役職等)

          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            総合生存学館専攻長
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館将来計画委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館財務委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館企画委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館入試委員会委員
          • 自 2017年10月01日, 至 2019年03月31日
            総合生存学館教務委員会委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            総合生存学館教務委員会委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            総合生存学館情報セキュリティ委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            総合生存学館安全衛生委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館安全衛生委員会委員長
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            総合生存学館学館人権委員会委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日
            総合生存学館思修館プログラム委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館自己点検・評価委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館教務委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館情報セキュリティ委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館危機管理委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館学館人権委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館ソーシャルイノベーションセンター運営委員会委員長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            総合生存学館思修館プログラム委員会委員長

          ページ上部へ戻る