教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

川口 祥正

カワグチ ヨシマサ

化学研究所 生体機能化学研究系 助教

川口 祥正
list
    Last Updated :2022/11/23

    基本情報

    協力講座

    • 薬学研究科, 薬科学専攻 生体機能化学講座, 助教

    所属学協会

    • 日本DDS学会
    • 日本ペプチド学会
    • 日本薬学会

    学位

    • 博士(薬科学)(京都大学)
    • 修士(薬科学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2021年08月, 至 現在
      京都大学化学研究所, 助教
    • 自 2016年04月, 至 2021年07月
      塩野義製薬株式会社, 研究員
    • 自 2014年04月, 至 2016年03月
      日本学術振興会, 特別研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/11/23

      研究

      研究キーワード

      • タンパク質化学
      • 生体機能化学
      • ペプチド化学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学

      論文

      • Hemopexin as a Potential Binding Partner of Arginine-Rich Cell-Penetrating Peptides in Serum
        Kayo Nomura; Kenichi Kawano; Yoshimasa Kawaguchi; Yuki Kawamura; Junya Michibata; Keiko Kuwata; Koji Sugiyama; Kenji Kusumoto; Shiroh Futaki
        ACS Pharmacology & Translational Science, 2022年07月20日
      • Split luciferase-based estimation of cytosolic cargo concentration delivered intracellularly via attenuated cationic amphiphilic lytic peptides
        Syusuke Okano; Yoshimasa Kawaguchi; Kenichi Kawano; Hisaaki Hirose; Miki Imanishi; Shiroh Futaki
        Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 2022年07月
      • Stearylated Macropinocytosis-Inducing Peptides Facilitating the Cellular Uptake of Small Extracellular Vesicles.
        Yuna Nakagawa; Jan Vincent V Arafiles; Yoshimasa Kawaguchi; Ikuhiko Nakase; Hisaaki Hirose; Shiroh Futaki
        Bioconjugate chemistry, 2022年05月04日
      • Grafting Hydrophobic Amino Acids Critical for Inhibition of Protein-Protein Interactions on a Cell-Penetrating Peptide Scaffold.
        Yuki Nagano; Jan Vincent V Arafiles; Keiko Kuwata; Yoshimasa Kawaguchi; Miki Imanishi; Hisaaki Hirose; Shiroh Futaki
        Molecular pharmaceutics, 2021年12月27日
      • Dipicolylamine/Metal Complexes that Promote Direct Cell-Membrane Penetration of Octaarginine.
        Yoshimasa Kawaguchi; Shoko Ise; Yusuke Azuma; Toshihide Takeuchi; Kenichi Kawano; Toan Khanh Le; Junko Ohkanda; Shiroh Futaki
        Bioconjugate chemistry, 2019年02月20日
      • Modular Redesign of a Cationic Lytic Peptide To Promote the Endosomal Escape of Biomacromolecules.
        Yusuke Azuma; Haruka Imai; Yoshimasa Kawaguchi; Ikuhiko Nakase; Hiroshi Kimura; Shiroh Futaki
        Angewandte Chemie (International ed. in English), 2018年09月24日
      • Cytosolic antibody delivery by lipid-sensitive endosomolytic peptide.
        Misao Akishiba; Toshihide Takeuchi; Yoshimasa Kawaguchi; Kentarou Sakamoto; Hao-Hsin Yu; Ikuhiko Nakase; Tomoka Takatani-Nakase; Fatemeh Madani; Astrid Gräslund; Shiroh Futaki
        Nature chemistry, 2017年08月
      • Cholesterol-Lowering Effect of Octaarginine-Appended β-Cyclodextrin in Npc1-Trap-CHO Cells.
        Keiichi Motoyama; Rena Nishiyama; Yuki Maeda; Taishi Higashi; Yoshimasa Kawaguchi; Shiroh Futaki; Yoichi Ishitsuka; Yuki Kondo; Tetsumi Irie; Takumi Era; Hidetoshi Arima
        Biological & pharmaceutical bulletin, 2016年11月01日
      • Syndecan-4 Is a Receptor for Clathrin-Mediated Endocytosis of Arginine-Rich Cell-Penetrating Peptides.
        Yoshimasa Kawaguchi; Toshihide Takeuchi; Keiko Kuwata; Junya Chiba; Yasumaru Hatanaka; Ikuhiko Nakase; Shiroh Futaki
        Bioconjugate chemistry, 2016年04月20日
      • Identification of cellular proteins interacting with octaarginine (R8) cell-penetrating peptide by photo-crosslinking.
        Yoshimasa Kawaguchi; Gen Tanaka; Ikuhiko Nakase; Miki Imanishi; Junya Chiba; Yasumaru Hatanaka; Shiroh Futaki
        Bioorganic & medicinal chemistry letters, 2013年07月01日
      • CXCR4 stimulates macropinocytosis: implications for cellular uptake of arginine-rich cell-penetrating peptides and HIV.
        Gen Tanaka; Ikuhiko Nakase; Yasunori Fukuda; Ryo Masuda; Shinya Oishi; Kazuya Shimura; Yoshimasa Kawaguchi; Tomoka Takatani-Nakase; Ulo Langel; Astrid Gräslund; Katsuya Okawa; Masao Matsuoka; Nobutaka Fujii; Yasumaru Hatanaka; Shiroh Futaki
        Chemistry & biology, 2012年11月21日

      MISC

      • CELL PENETRATION OF DIPICOLYLAMINE-MODIFIED R8 FACILITATED BY METAL COMPLEX FORMATION
        S. Ise; Y. Kawaguchi; T. Takeuchi; K. Kawano; S. Futaki
        JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, 2016年09月
      • An Approach to Explore Proteins Involved in the Internalization of Arginine-Rich Peptides Using Photocrosslinking
        KAWAGUCHI Yoshimasa; TANAKA Gen; FUKUDA Yasunori; NAKASE Ikuhiko; HATANAKA Yasumaru; FUTAKI Shiroh
        Peptide science : proceedings of the ... Japanese Peptide Symposium, 2012年03月01日
      • DEVELOPMENT OF PEPTIDE TOOLS FOR INTRACELLULAR DELIVERY OF ANTIBODIES
        M. Akishiba; T. Takeuchi; Y. Kawaguchi; K. Sakamoto; I. Nakase; S. Futaki
        JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, 2016年09月
      • PHOTOCROSSLINKING APPROACHES TO IDENTIFY CELLULAR-UPTAKE RECEPTORS OF ARGININE-RICH CELL-PENETRATING PEPTIDES
        S. Futaki; Y. Kawaguchi; T. Takeuchi; K. Kuwata
        JOURNAL OF PEPTIDE SCIENCE, 2016年09月
      • ポストゲノム時代の創薬を目指して〜タンパク質にできること・タンパク質ならできること〜 エンドソーム不安定化ペプチドを用いた細胞内への機能性タンパク質の導入
        秋柴 美沙穂; 武内 敏秀; 川口 祥正; 坂本 健太郎; 中瀬 生彦; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2018年03月
      • ニーマンピック病C型治療薬としての新規膜透過性シクロデキストリンの可能性評価
        西山 怜奈; 本山 敬一; 前田 有紀; 東 大志; 川口 祥正; 二木 史朗; 石塚 洋一; 近藤 悠希; 入江 徹美; 江良 択実; 有馬 英俊
        日本薬学会年会要旨集, 2017年03月
      • エンドソーム膜を不安定化する新規ペプチドの開発と抗体の細胞内送達
        秋柴 美沙穂; 武内 敏秀; 川口 祥正; 坂本 健太郎; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2017年03月
      • オクタアルギニンを介した細胞内タンパク質送達法の細胞質輸送効率を評価するためのMALDI-TOF型質量分析計を用いた分析法(A MALDI-TOF mass spectroscopy-based approach to evaluate the cytosolic translocation efficiency of octaarginine-mediated intracellular protein delivery)
        Arafiles Jan Vincent; 川口 祥正; Cherine Bechara; Erancoise Illien; 河野 健一; Fabienne Burlina; Sandrine Sagan; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2017年03月
      • オクタアルギニンと血清タンパク質の相互作用
        野村 佳世; 河野 健一; 川口 祥正; 桑田 啓子; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2017年03月
      • ニーマンピック病C型様細胞の細胞内コレステロール量に及ぼすオクタアルギニン修飾シクロデキストリンの影響
        西山 怜奈; 本山 敬一; 東 大志; 石塚 洋一; 近藤 悠希; 入江 徹美; 江良 択実; 川口 祥正; 二木 史朗; 有馬 英俊
        日本DDS学会学術集会プログラム予稿集, 2016年06月
      • ジピコリルアミン修飾オクタアルギニンと金属の錯体形成による膜透過促進
        伊勢 祥子; 川口 祥正; 武内 敏秀; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2016年03月
      • グルタミン酸を導入した毒素ペプチド変異体による抗体の細胞内送達
        秋柴 美沙穂; 川口 祥正; 武内 敏秀; 二木 史朗
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • Cellular Uptake of Arginine-Rich Cell-Penetrating Peptides and the Contribution of Membrane-Associated Proteoglycans
        Ikuhiko Nakase; Yoshimasa Kawaguchi; Motoyoshi Nomizu; Shiroh Futaki
        TRENDS IN GLYCOSCIENCE AND GLYCOTECHNOLOGY, 2015年05月
      • オクタアルギニン-ユビキチンコンジュゲートを利用したR8の細胞内在化量の定量
        川口 祥正; Bechara Cherine; Yu Hao-Hsin; 中瀬 生彦; 今西 未来; 武内 敏秀; Burlina Fabienne; Sagan Sandrine; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2015年03月
      • 天然由来の膜傷害ペプチドを用いた高分子生理活性物質の細胞内送達法の開発
        秋柴 美沙穂; 武内 敏秀; 川口 祥正; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2015年03月
      • 光架橋法によるオクタアルギニンペプチドの細胞内移行関連タンパク質の同定
        川口 祥正; 田中 弦; 中瀬 生彦; 武内 敏秀; 畑中 保丸; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2014年03月
      • CXCR4によるマクロピノサイトーシスの誘導とHIV-1感染
        川口 祥正; 田中 弦; 中瀬 生彦; 大石 真也; 藤井 信孝; 志村 和也; 松岡 雅雄; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2013年03月
      • フォトクロスリンカーを用いたアルギニンペプチドの取り込みに関与する細胞表面蛋白質の探索
        川口 祥正; 田中 弦; 福田 保則; 中瀬 生彦; 畑中 保丸; 二木 史朗
        日本薬学会年会要旨集, 2012年03月

      産業財産権

      • 特許第6617930号, WO2016-052442, 特願2016-552026, 細胞質送達ペプチド
        二木 史朗; 秋柴 美沙穂; 川口 祥正; 武内 敏秀
      list
        Last Updated :2022/11/23

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          化学研究所広報委員会委員

        ページ上部へ戻る