教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

高橋 健

タカハシ ケン

医学部附属病院 消化器内科 助教

高橋 健
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2013年
      京都大学, 医学(系)研究科(研究院), 助教

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        消化器領域疾患における自然免疫研究
      • 研究概要

        消化器領域癌に対する自然免疫を標的としたがん免疫療法の開発を研究テーマとする。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 消化器内科学

      論文

      • A simplified method to quantitatively predict the effect of lenvatinib on hepatocellular carcinoma using contrast-enhanced ultrasound with perfluorobutane microbubbles
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Quantitative Imaging in Medicine and Surgery, 2021年06月
      • A novel technique for mapping biopsy of bile duct cancer
        Hirokazu Okada; Norimitsu Uza; Tomoaki Matsumori; Shimpei Matsumoto; Yuya Muramoto; Sakiko Ota; Takeharu Nakamura; Hiroyuki Yoshida; Tomonori Hirano; Takeshi Kuwada; Saiko Marui; Yuko Sogabe; Toshihiro Morita; Nobuyuki Kakiuchi; Atsushi Mima; Tatsuki Ueda; Yoshihiro Nishikawa; Motoyuki Tsuda; Takahisa Maruno; Masahiro Shiokawa; Ken Takahashi; Kojiro Taura; Sachiko Minamiguchi; Yuzo Kodama; Hiroshi Seno
        Endoscopy, 2021年06月, 査読有り
      • Oncogenic transcriptomic profile is sustained in the liver after the eradication of the hepatitis C virus
        Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Eriko Iguchi; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Ken Kumagai; Yuji Eso; Takahiro Shimizu; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Etsuro Hatano; Hiroko Iijima; Haruyo Aoyagi; Hideki Aizaki; Hiroyuki Marusawa; Takaji Wakita; Hiroshi Seno
        Carcinogenesis, 2021年05月28日
      • Mac‐2 binding protein glycosylation isomer predicts tolerability and clinical outcome of lenvatinib therapy for hepatocellular carcinoma
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Kojiro Taura; Hiroshi Seno
        Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences, 2021年04月17日
      • Lenvatinib治療経過バイオマーカーとしてのMac-2 binding glycosylation isomer
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 肝硬変に伴う皮膚そう痒症に対するナローバンドUVB療法の初期経験
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 有症状肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた穿刺吸引硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • ポリドカノールフォームを用いた超音波ガイド下肝嚢胞硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        超音波医学, 2021年04月
      • 急性膵炎と血球貪食症候群を合併した急性肝不全昏睡型の1例
        萬川 和; 高井 淳; 濱田 健輔; 桑田 威; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • Lenvatinib治療経過バイオマーカーとしてのMac-2 binding glycosylation isomer
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 肝硬変に伴う皮膚そう痒症に対するナローバンドUVB療法の初期経験
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 有症状肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた穿刺吸引硬化療法の長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2021年04月
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2021年03月
      • 肝細胞癌診療の最前線 治療前M2BPGi値によるLenvatinib治療適否予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集, 2021年02月
      • Portal vein thrombosis due to essential thrombocythemia with limited cutaneous systemic sclerosis.
        Kentaro Iwaki; Yoshihide Ueda; Masako Mishima; Syoko Narukami; Masahiro Shiokawa; Kenji Sawada; Junya Kanda; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Clinical journal of gastroenterology, 2021年02月
      • Branched-chain amino acid to tyrosine ratio is an essential pre-treatment factor for maintaining sufficient treatment intensity of lenvatinib in patients with hepatocellular carcinoma.
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences, 2020年12月
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        超音波医学, 2020年11月
      • 肝癌Lenvatinib治療のDose intensity維持における栄養介入の意義
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年09月
      • 肝癌Lenvatinib治療のDose intensity維持における栄養介入の意義
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年09月
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • Lenvatinib治療効果解析におけるRelative dose intensity(RDI)の問題点と体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • 体表面積補正Dose intensity(BSA-DI)に着目した肝細胞癌に対するLenvatinib導入の最適化
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2020年07月
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井 達基; 高井 淳; 村上 高志; 米田 真知; 松本 慎平; 中西 祐貴; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • B型肝炎ウイルスのゲノム構造異常クローンの長期的観察
        荒澤 壮一; 高井 淳; 中野 重治; 寺村 茉利; 熊谷 健; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • Dose intensity/BSA ratio(DBR)によるLenvatinib治療強度評価とその活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • 1分子ロングリードシーケンサーによる変異解析はC型肝炎ウイルスクローンの動態解析に有用である
        中村 文保; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月
      • IgG4関連自己免疫性肝炎の1例
        平井 達基; 高井 淳; 村上 高志; 米田 真知; 松本 慎平; 中西 祐貴; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • B型肝炎ウイルスのゲノム構造異常クローンの長期的観察
        荒澤 壮一; 高井 淳; 中野 重治; 寺村 茉利; 熊谷 健; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • 1分子ロングリードシーケンサーによる変異解析はC型肝炎ウイルスクローンの動態解析に有用である
        中村 文保; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • 肝癌分子標的治療時代における造影超音波を用いた腫瘍血流定量評価の活用
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年04月, 査読有り
      • Recent Advances in Immunotherapy for Hepatocellular Carcinoma.
        Shigeharu Nakano; Yuji Eso; Hirokazu Okada; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroshi Seno
        Cancers, 2020年03月25日, 査読有り
      • Lenvatinib治療におけるRelative dose intensityの問題点と体表面積補正dose intensity(DI/BSA ratio;DBR)の有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2020年03月
      • Lenvatinib治療におけるRelative dose intensityの問題点と体表面積補正dose intensity(DI/BSA ratio; DBR)の有用性
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝臓, 2020年03月, 査読有り
      • 肝細胞癌に対する分子標的薬LenvatinibのRelative Dose Intensityに着目した栄養管理の重要性
        恵荘 裕嗣; 中村 文保; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2020年01月
      • Dose Intensity/Body Surface Area Ratio is a Novel Marker Useful for Predicting Response to Lenvatinib against Hepatocellular Carcinoma
        Yuji Eso; Shigeharu Nakano; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Fumiyasu Nakamura; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Kojiro Taura; Hiroshi Seno
        Cancers, 2020年01月, 査読有り
      • Hepatitis-associated Aplastic Anemia With Rapid Progression of Liver Fibrosis Due to Repeated Hepatitis.
        Sawada K; Takai A; Yamada T; Araki O; Yamauchi Y; Eso Y; Takahashi K; Shindo T; Sakurai T; Ueda Y; Seno H
        Internal Medicine, 2019年12月, 査読有り
      • 造影超音波による肝細胞癌に対する分子標的薬Lenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2019年11月
      • 肝予備能評価における線維化マーカーM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Dose intensityに着目したLenvatinibの治療効果を引き出すための工夫
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • TACE後の肝予備能悪化リスク予測に基づいた分子標的治療の至適導入時期の検討
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        The Liver Cancer Journal, 2019年10月31日, 招待有り
      • Intermediate-stage HCCにおけるTACEから分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年10月
      • 腸上皮化生を伴う慢性胃炎粘膜を構成する一腺管あたりの遺伝子異常の解析(Genomic abnormality in single crypts of chronic inflamed gastric mucosa with intestinal metaplasia)
        熊谷 健; 清水 孝洋; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 宮本 心一; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 炎症性肝発癌過程におけるDNAメチル化酵素DNMT3Bの役割(The role of DNA methyltransferase(DNMT) 3B in regulating inflammation-associated hepatocarcinogenesis)
        井口 恵里子; 高井 淳; 熊谷 健; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 結節内結節型肝細胞癌の全ゲノムシーケンス解析(Multiregional whole-genome comprehensive analysis for hepatocellular carcinoma with nodule-in-nodule feature)
        竹田 治彦; 高井 淳; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 藤本 明洋; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 新規TLR9アゴニストK3-SPGを用いたがんワクチン免疫療法の消化器がんへの応用(Preclinical cancer vaccine immunotherapy for gastrointestinal cancers using novel nanoparticulate TLR9 agonist K3-SPG)
        岡田 浩和; 高橋 健; 宇座 徳光; 児玉 裕三; 石井 健; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 【C型肝炎の治療-最終章を迎えて】肝移植例での治療
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        消化器・肝臓内科, 2019年06月28日
      • B型肝炎の新たな展開―進化を続ける基礎と臨床―HBV再活性化 HBV関連肝移植と再活性化対策
        上田佳秀; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝胆膵, 2019年06月28日
      • Utility of ultrasound-guided liver tumor biopsy for next-generation sequencing-based clinical sequencing.
        Yuji Eso; Tadayuki Kou; Hiroki Nagai; Young Hak Kim; Masashi Kanai; Shigemi Matsumoto; Masako Mishima; Soichi Arasawa; Eriko Iguchi; Fumiyasu Nakamura; Haruhiko Takeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Manabu Muto; Hiroshi Seno
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2019年05月, 査読有り
      • がんゲノム医療における肝生検の役割
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年04月
      • Post SVR時代のC型肝炎診療 Special Populationに対するDAA治療 肝移植後症例に対する治療成績
        上田佳秀; 恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        肝胆膵, 2019年04月, 査読有り
      • Combination of Mac-2 Binding Protein Glycosylation Isomer and Up-To-Seven Criteria as a Useful Predictor for Child-Pugh Grade Deterioration after Transarterial Chemoembolization for Hepatocellular Carcinoma.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Kojiro Taura; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Cancers, 2019年03月22日, 査読有り
      • 肝線維化マーカーM2BPGiによる肝細胞癌治療後の肝予備能悪化リスク予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2019年01月
      • Ultrasound-guided microfoam sclerotherapy with polidocanol for symptomatic giant hepatic cyst: Initial experience.
        Yuji Eso; Akihiro Furuta; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 2018年11月, 査読有り
      • The Oncogenic Potential of Regenerative Nodules in Cirrhotic Liver Confirmed By Total Transcriptome Analysis.
        Takeda Haruhiko; Takai Atsushi; Kim Soo-Ki; Eso Yuji; Ohtsuru Shigeru; Takahashi Ken; Ueda Yoshihide; Marusawa Hiroyuki; Seno Hiroshi
        HEPATOLOGY, 2018年10月, 査読有り
      • トランスクリプトーム解析を用いた肝硬変再生結節の発癌ポテンシャルの評価(The oncogenic potential of regenerative nodules in cirrhotic liver confirmed by total transcriptome analysis)
        竹田 治彦; 高井 淳; 金 秀基; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • Association of Mac-2-binding protein glycosylation isomer level with nutritional status in chronic liver disease.
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Kojiro Taura; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        Journal of gastroenterology and hepatology, 2018年02月22日, 査読有り
      • Accelerated progression of hepatocellular carcinoma during immunosuppressive therapy with abatacept for rheumatoid arthritis.
        Yoshiji S; Takahashi K; Sawada K; Mishima M; Eso Y; Morita M; Takai A; Marusawa H; UedaY; Mimori T; Seno H
        Internal Medicine, 2018年, 査読有り
      • Activation of TNF-α-AID axis and co-inhibitory signals in coordination with Th1-type immunity in a mouse model recapitulating hepatitis B.
        Matsumoto T; Takahashi K; Inuzuka T; Kim SK; Kurosaki T; Kawakami S; Chiba T; Seno H; Marusawa H
        Antiviral Res., 2017年03月, 査読有り
      • 播種性bacillus Calmette-Guérin(BCG)症に随伴したgranulomatous hepatitisの2例
        恵荘 裕嗣; 三嶋 眞紗子; 荒澤 壮一; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        肝臓, 2017年, 査読有り
      • Hepatitis C Treatment with Sofosbuvir and Ledipasvir Accompanied by Immediate Improvement in Hemoglobin A1c
        Atsuyuki Ikeda; Kaori Ikeda; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Horoshi Seno; Nobuya Inagaki; Hiroyuki Kokuryu
        DIGESTION, 2017年, 査読有り
      • Sonazoid-enhanced ultrasonography guidance improves the quality of pathological diagnosis in the biopsy of focal hepatic lesions
        Yuji Eso; Atsushi Takai; Haruhiko Takeda; Tomonori Matsumoto; Minami Lee; Tadashi Inuzuka; Ken Takahashi; Yoshihide Ueda; Hiroyuki Marusawa; Hiroshi Seno
        EUROPEAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY & HEPATOLOGY, 2016年12月, 査読有り
      • Late-onset acetaminophen-induced allergic hepatitis with progression to chronicity
        Masako Mishima-Iwai; Ken Takahashi; Masataka Yokode; Yoshito Kimura; Yugo Sawai; Yoshihide Ueda; Tsutomu Chiba
        HEPATOLOGY RESEARCH, 2015年07月, 査読有り
      • Slow Progression of Poorly Differentiated Gastric Carcinoma Associated with Epstein-Barr Virus Infection: 12-year Follow-up
        Rina Yoza; Yoshihide Ueda; Yojiro Sakuma; Naoki Minami; Ken Takahashi; Sachiko Minamiguchi; Hironori Haga; Tsutomu Chiba
        INTERNAL MEDICINE, 2015年, 査読有り
      • Mouse models of hepatitis B virus infection comprising host-virus immunologic interactions
        Tadashi Inuzuka; Ken Takahashi; Tsutomu Chiba; Hiroyuki Marusawa
        Pathogens, 2014年04月23日, 査読有り
      • Human Plasmacytoid Dendritic Cells Sense Lymphocytic Choriomeningitis Virus-Infected Cells In Vitro
        S. F. Wieland; K. Takahashi; B. Boyd; C. Whitten-Bauer; N. Ngo; J. -C. de la Torre; F. V. Chisari
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • A Liver Abscess Deprived a Healthy Adult of Eyesight: Endogenous Endophthalmitis Associated with a Pyogenic Liver Abscess Caused by Serotype K1 Klebsiella Pneumonia
        Takahisa Maruno; Yoko Ooiwa; Ken Takahashi; Yuzo Kodama; Shunji Takakura; Satoshi Ichiyama; Tsutomu Chiba
        INTERNAL MEDICINE, 2013年, 査読有り
      • Dynamics of Hepatitis B Virus Quasispecies in Association with Nucleos(t)ide Analogue Treatment Determined by Ultra-Deep Sequencing
        Norihiro Nishijima; Hiroyuki Marusawa; Yoshihide Ueda; Ken Takahashi; Akihiro Nasu; Yukio Osaki; Tadayuki Kou; Shujiro Yazumi; Takeshi Fujiwara; Soken Tsuchiya; Kazuharu Shimizu; Shinji Uemoto; Tsutomu Chiba
        PLOS ONE, 2012年04月, 査読有り
      • Hepatic Nodules Associated with an Inferior Mesentric Arteriovenous Malformation
        Ken Takahashi; Hiroshi Kashida; Masatoshi Kudo
        INTERNAL MEDICINE, 2012年, 査読有り
      • Regression of Hodgkin Lymphoma in Response to Antiviral Therapy for Hepatitis C Virus Infection
        Ken Takahashi; Naoshi Nishida; Hiroshi Kawabata; Hironori Haga; Tsutomu Chiba
        INTERNAL MEDICINE, 2012年, 査読有り
      • Large-scale identification of effector genes that mediate the type i interferon antiviral response
        Ken Takahashi; Hiroyuki Marusawa; Tsutomu Chiba
        Gastroenterology, 2012年01月, 査読有り
      • Genetic Heterogeneity of Hepatitis C Virus in Association with Antiviral Therapy Determined by Ultra-Deep Sequencing
        Akihiro Nasu; Hiroyuki Marusawa; Yoshihide Ueda; Norihiro Nishijima; Ken Takahashi; Yukio Osaki; Yukitaka Yamashita; Tetsuro Inokuma; Takashi Tamada; Takeshi Fujiwara; Fumiaki Sato; Kazuharu Shimizu; Tsutomu Chiba
        PLOS ONE, 2011年09月, 査読有り
      • NLRC5 Deficiency Does Not Influence Cytokine Induction by Virus and Bacteria Infections
        Himanshu Kumar; Surya Pandey; Jian Zou; Yutaro Kumagai; Ken Takahashi; Shizuo Akira; Taro Kawai
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2011年01月, 査読有り
      • Plasmacytoid dendritic cells sense hepatitis C virus-infected cells, produce interferon, and inhibit infection
        Ken Takahashi; Shinichi Asabe; Stefan Wieland; Urtzi Garaigorta; Pablo Gastaminza; Masanori Isogawa; Francis V. Chisari
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2010年04月, 査読有り
      • Essential role of IPS-1 in innate immune responses against RNA viruses
        Himanshu Kumar; Taro Kawai; Hiroki Kato; Shintaro Sato; Ken Takahashi; Cevayir Coban; Masahiro Yamamoto; Satoshi Uematsu; Ken J. Ishii; Osamu Takeuchi; Shizuo Akira
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2006年07月, 査読有り
      • Cutting edge: Roles of caspase-8 and caspase-10 in innate immune responses to double-stranded RNA
        K Takahashi; T Kawai; H Kumar; S Sato; S Yonehara; S Akira
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2006年04月, 査読有り
      • A Toll-like receptor-independent antiviral response induced by double-stranded B-form DNA
        KJ Ishii; C Coban; H Kato; K Takahashi; Y Torii; F Takeshita; H Ludwig; G Sutter; K Suzuki; H Hemmi; S Sato; M Yamamoto; S Uematsu; T Kawai; O Takeuchi; S Akira
        NATURE IMMUNOLOGY, 2006年01月, 査読有り
      • IPS-1, an adaptor triggering RIG-I- and Mda5-mediated type I interferon induction
        T Kawai; K Takahashi; S Sato; C Coban; H Kumar; H Kato; KJ Ishii; O Takeuchi; S Akira
        NATURE IMMUNOLOGY, 2005年10月, 査読有り
      • Spontaneous rupture of a biliary diverticulum in the distal. common bile duct, with formation of a retroperitoneal biloma
        K Takahashi; Y Okabe; A Orino; Y Imai; S Yazumi; T Chiba
        GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY, 2005年05月, 査読有り
      • Hepatic encephalopathy in primary human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) infection
        H Kobessho; A Matsushita; K Takahashi; M Shimodaira; T Ishihara; T Oita; T Takahashi
        INTERNAL MEDICINE, 2002年11月, 査読有り
      • 保存期慢性腎不全の自然経過および自然経過に影響する諸因子について
        高橋 健
        昭和医学会雑誌, 1984年

      MISC

      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いたfoam sclerotherapyの長期成績
        恵荘裕嗣; 中野重治; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        日本消化器病学会雑誌(Web), 2021年
      • 体表面積補正Dose intensity(DBR;DI/BSA ratio)に着目した肝細胞癌に対するレンバチニブ導入の最適化
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 妹尾浩
        Pharma Medica, 2021年
      • IN SITU VACCINE IMMUNOTHERAPY FOR GASTROINTESTINAL CANCERS USING NOVEL NANOPARTICULATE TLR9 AGONIST K3-SPG
        Hirokazu Okada; Ken Takahashi; Kouji Kobiyama; Yoshihiro Nishikawa; Masahiro Shiokawa; Norimitsu Uza; Yuzo Kodama; Hiroshi Seno; Ken J. Ishii
        GASTROENTEROLOGY, 2020年05月
      • 結節内結節型肝癌の全ゲノムシーケンス解析を用いた新規標的分子同定の試み
        竹田治彦; 高井淳; 藤本明洋; 藤本明洋; 恵荘裕嗣; 高橋健; 上田佳秀; 上田佳秀; 田浦康二朗; 上本伸二; 喜多竜一; 大崎往夫; 大崎往夫; 丸澤宏之; 丸澤宏之; 妹尾浩
        Pharma Medica, 2020年
      • 肝予備能評価における線維化マーカーM2BPGiの有用性
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • 造影超音波による腫瘍血流定量評価を用いたLenvatinibの早期治療効果予測
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Dose intensityに着目したLenvatinibの治療効果を引き出すための工夫
        恵荘 裕嗣; 中野 重治; 荒澤 壮一; 井口 恵理子; 中村 文保; 竹田 治彦; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年11月
      • Intermediate-stage HCCにおけるTACEから分子標的薬への至適切り替え時期の検討
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        肝臓, 2019年10月
      • 新規TLR9アゴニストK3-SPGを用いたがんワクチン免疫療法の消化器がんへの応用(Preclinical cancer vaccine immunotherapy for gastrointestinal cancers using novel nanoparticulate TLR9 agonist K3-SPG)
        岡田 浩和; 高橋 健; 宇座 徳光; 児玉 裕三; 石井 健; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 腸上皮化生を伴う慢性胃炎粘膜を構成する一腺管あたりの遺伝子異常の解析(Genomic abnormality in single crypts of chronic inflamed gastric mucosa with intestinal metaplasia)
        熊谷 健; 清水 孝洋; 高井 淳; 荒澤 壮一; 井口 恵里子; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 高橋 健; 宮本 心一; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 炎症性肝発癌過程におけるDNAメチル化酵素DNMT3Bの役割(The role of DNA methyltransferase(DNMT) 3B in regulating inflammation-associated hepatocarcinogenesis)
        井口 恵里子; 高井 淳; 熊谷 健; 荒澤 壮一; 竹田 治彦; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2019年09月
      • 【B型肝炎の新たな展開-進化を続ける基礎と臨床-】HBV再活性化 HBV関連肝移植と再活性化対策
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        肝・胆・膵, 2019年06月, 査読有り
      • 【C型肝炎の治療-最終章を迎えて】肝移植例での治療
        上田 佳秀; 恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 妹尾 浩
        消化器・肝臓内科, 2019年06月, 査読有り
      • がんゲノム医療における肝生検の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        肝臓, 2019年04月20日
      • Sonazoid造影超音波による肝細胞癌に対するLenvatinibの早期治療効果予測の試み
        恵荘裕嗣; 三嶋眞紗子; 荒澤壮一; 井口恵里子; 中村文保; 竹田治彦; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        超音波医学, 2019年04月15日
      • がんゲノム医療における肝腫瘍生検の意義
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 妹尾浩
        日本内科学会雑誌, 2019年02月28日
      • 膵管内腫瘍Intraductal tubulopapillary neoplasm(ITPN)の一例
        益田朋典; 松森友昭; 吉田裕幸; 清水孝洋; 高橋健; 宇座徳光; 妹尾浩; 秦浩一郎; 羽賀博典
        日本消化器画像診断研究会プログラム・抄録集, 2019年
      • 肝線維化マーカーM2BPGiによる肝細胞癌治療後の肝予備能悪化リスク予測
        恵荘 裕嗣; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 妹尾 浩
        日本病態栄養学会誌, 2019年01月
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣; 古田 昭寛; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2018年10月
      • 巨大肝・脾嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘 裕嗣; 古田 昭寛; 高井 淳; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本消化器病学会雑誌, 2018年10月
      • トランスクリプトーム解析を用いた肝硬変再生結節の発癌ポテンシャルの評価(The oncogenic potential of regenerative nodules in cirrhotic liver confirmed by total transcriptome analysis)
        竹田 治彦; 高井 淳; 金 秀基; 井口 恵里子; 荒澤 壮一; 熊谷 健; 恵荘 裕嗣; 清水 孝洋; 高橋 健; 上田 佳秀; 丸澤 宏之; 妹尾 浩
        日本癌学会総会記事, 2018年09月
      • 肝腫瘍生検によるクリニカルシーケンス検査(Oncoprime)の現況とSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2018年09月
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールを用いた泡状硬化療法(foam sclerotherapy)
        恵荘裕嗣; 古田昭寛; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2018年04月20日
      • 肝腫瘍生検による癌関連遺伝子変異解析におけるSonazoid造影の役割
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        超音波医学, 2018年04月15日
      • 糖鎖マーカーMac‐2‐binding protein glycosylation isomer(M2BPGi)による肝疾患患者の低栄養リスク評価
        恵荘裕嗣; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        日本内科学会雑誌, 2018年02月20日
      • 播種性bacillus Calmette‐Guerin(BCG)症に随伴したgranulomatous hepatitisの2例
        三嶋眞紗子; 恵荘裕嗣; 荒澤壮一; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年11月05日
      • 巨大肝嚢胞に対するポリドカノールフォームを用いた泡状硬化療法
        恵荘裕嗣; 古田昭寛; 澤田賢治; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年11月05日
      • 急速な腫瘍の顕在化と進行にT細胞共刺激阻害薬アバタセプトの関与が推察された肝細胞癌の1例
        高橋健; 上田佳秀; 恵荘裕嗣; 李宗南; 盛田真弘; 児玉裕三; 丸澤宏之; 三森経世; 妹尾浩
        日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集, 2017年06月
      • 肝生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘裕嗣; 荒澤壮一; 中村文保; 竹田治彦; 松本知訓; 李宗南; 犬塚義; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        肝臓, 2017年04月20日
      • 肝腫瘤生検におけるソナゾイド造影の積極的併用は診断精度の向上に寄与する
        恵荘裕嗣; 竹田治彦; 松本知訓; LEE Minami; 船越真木子; 高井淳; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之; 妹尾浩
        超音波医学, 2017年04月15日
      • Low Abundant Pre-Existing Drug Resistant Variants in Genotype 1b HCV Patients Treated With Daclatasvir and Asunaprevir Dual Therapy
        Haruhiko Takeda; Yoshihide Ueda; Tadashi Inuzuka; Atsushi Takai; Ken Takahashi; Hiroyuki Marusawa
        GASTROENTEROLOGY, 2016年04月
      • RNA-Seq Analysis of Innate Immune Response in Hepatitis B
        Ken Takahashi; Kaho Fujii; Kei Iida; Hiroyuki Marusawa
        GASTROENTEROLOGY, 2016年04月
      • ソナゾイド造影超音波検査で悪性腫瘍との鑑別困難であった肝炎症性偽腫の一例
        村田充子; 金秀基; 上畠和仁; 鈴木加奈子; 福山宏樹; 元田博子; 清水孝洋; 高橋健; 上田佳秀; 丸澤宏之
        超音波医学, 2014年03月15日
      • B型肝炎ウイルスの再活性化の現状と対策 B型肝炎再活性化におけるHBs抗体の意義
        高橋健; 上田佳秀
        月刊消化器内科, 2013年11月28日
      • B型肝炎再活性化におけるHBs抗体の意義と活性化ウイルスのゲノム解析
        高橋健; 上田佳秀
        日本消化器病学会雑誌, 2013年02月20日
      • PREEXISTING RESISTANT MUTANTS AND DYNAMICS OF RESISTANT POPULATIONS OF HBV TO NUCLEOSIDE ANALOGUES DETERMINED BY MASSIVELY-PARALLEL ULTRA-DEEP SEQUENCING
        Norihiro Nishijima; Hiroyuki Marusawa; Yoshihide Ueda; Akihiro Nasu; Ken Takahashi; Yukio Osaki; Shinji Uemoto; Tsutomu Chiba
        HEPATOLOGY, 2011年10月
      • A Toll-like receptor-independent antiviral response induced by double-stranded B-form DNA (vol 7, pg 40, 2005)
        KJ Ishii; C Coban; H Kato; K Takahashi; Y Torii; F Takeshita; H Ludwig; G Sutter; K Suzuki; H Hemmi; S Sato; M Yamamoto; S Uematsu; T Kawai; O Takeuchi; S Akira
        NATURE IMMUNOLOGY, 2006年04月
      • Nucleic acid recognition pathways in innate immune cells. (Vol 6, pg 981, 2005)
        T Kawai; K Takahashi; S Sato; C Coban; H Kumar; H Kato; KJ Ishii; O Takeuchi; S Akira
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2006年02月
      • グラフト肝における血管内皮chimerismの免疫組織学的検討 ABO血液型物質を用いて
        田中 裕一; 山内 淳一; 梅田 誠; 高橋 健; 高 忠行; 松本 裕子; 岩井 晃男; 櫻井 俊治; 児玉 裕三; 丸澤 宏之; 千葉 勉
        日本消化器病学会雑誌, 2004年09月

      講演・口頭発表等

      • 新規ナノ粒子TLR9リガンドK3-SPGを用いた消化器癌へのin situワクチンの開発
        Hirokazu Okada; Ken Takahashi; Kouji Kobiyama; Yoshihiro Nishikawa; Masahiro Shiokawa; Norimitsu Uza; Yuzo Kodama; Hiroshi Seno; Ken J Ishii
        DDW2020, 2020年05月02日
      • Plasmacytoid dendritic cells sense hepatitis C virus-infected cells, produce interferon, and inhibit infection
        高橋 健K.Takahashi; FV.Chisari
        16th International Symposium on Hepatitis C Virus and Related Viruses 2009, NICE, France, 2009年10月04日

      書籍等出版物

      • PD-1/PD-L1
        高橋健, 単著
        先端医学社, 2020年06月
      • Evolving Immunotherapy Approaches for Hepatocellular Carcinoma. Takahashi K, Marusawa H. Molecular Diagnosis and Targeting for Thoracic and Gastrointestinal Malignancy
        Takahashi K; Marusawa H, 共著
        Springer, Singapore, 2018年, 査読無し
      • B型肝炎再活性化におけるHBs抗体の意義
        高橋 健, 分担執筆, 主原稿執筆
        科学評論社, 2013年11月, 査読無し
      • 海外ラボ紹介 Chisariラボ
        高橋 健, 単著, 主原稿執筆
        先端医学社, 2013年06月, 査読無し
      • 感染症の起源および伝播の新たな機構に関する発見
        高橋 健, 分担執筆, 主原稿執筆
        メディカルレビュー社, 2013年06月, 査読無し
      • 病原体認識とToll様受容体
        高橋 健, 分担執筆, 主原稿執筆
        日本臨床, 2007年04月, 査読無し

      外部資金:科学研究費補助金

      • 膵癌局所の免疫賦活を最大化するナノ粒子TLR9リガンド併用光免疫療法の開発
        基盤研究(C)
        小区分53010:消化器内科学関連
        京都大学
        高橋 健
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        がん免疫;自然免疫;ワクチン;膵癌;消化器がん
      • TLR9とRIG-Iを標的とした肝がんに対するin situワクチン療法の開発
        基盤研究(C)
        京都大学
        高橋 健
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        がん免疫;自然免疫;消化器癌;ワクチン;消化器がん;肝がん;肝細胞癌
      • 新規B型肝炎自然発症モデルマウスを用いた宿主免疫応答の網羅的解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        高橋 健
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        ウイルス肝炎;免疫学;肝臓病学;肝炎ウイルス
      • C 型肝炎ウイルス感染細胞による形質細胞様樹状細胞活性化機序の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        高橋 健
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        ウイルス;感染症;免疫学;肝臓病学;免疫

      外部資金:その他

      • 新規自然免疫賦活アジュバントを光免疫療法と併用する消化器癌を対象とした in situ ワクチンの開発
        2021 年度 橋渡し研究戦略的推進プログラム(シーズ A)
        自 2021年04月01日, 至 2021年03月31日
        高橋健
      • HBV cccDNAの制御と排除を目指す新規免疫治療薬の開発
        厚生労働科学研究費補助金(B型肝炎創薬実用化等研究事業
        自 2012年, 至 2016年
        金子 周一
      • C型肝炎ウイルス感染細胞による 形質細胞様樹状細胞活性化とその分子機序の解明
        Liver Forum in Kyoto研究奨励
        自 2011年, 至 2012年
        高橋 健
      • 形質細胞様樹状細胞によるC型肝炎ウイルス排除におけるインターフェロンλの役割の解明
        ウイルス肝炎財団研究助成
        自 2012年, 至 2013年
        高橋 健
      • 超音波デジタル画像のナショナルデータベース構築と人工知能支援型超音波診断システム開発に関する研究
        国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
        工藤正俊

      ページ上部へ戻る