教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

十名 洋介

トナ ヨウスケ

医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教

十名 洋介
list
    Last Updated :2022/08/05

    基本情報

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2020年10月, 至 現在
      京都大学, 大学院医学研究科, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 助教
    • 自 2016年05月, 至 2020年09月
      NIH, NIDCD, Postdoctoral Visiting Fellow
    • 自 2012年04月, 至 2016年03月
      京都大学, 大学院医学研究科, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科, 医学博士 取得
    • 自 2010年04月, 至 2012年03月
      静岡県立総合病院, 頭頸部・耳鼻咽喉科
    • 自 2005年04月, 至 2010年03月
      神戸市立医療センター中央市民病院, 耳鼻咽喉科
    • 自 1999年04月, 至 2005年03月
      京都大学, 医学部, 医学科, 医師免許取得

    使用言語

    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/05

      研究

      研究キーワード

      • 中耳
      • イメージング
      • 極性
      • 有毛細胞
      • 内耳

      研究分野

      • ライフサイエンス, 耳鼻咽喉科学, 内耳、聴覚、平衡

      論文

      • Live imaging of hair bundle polarity acquisition demonstrates a critical timeline for transcription factor EMX2
        Yosuke Tona; Doris K. Wu
        eLife, 2020年09月
      • 3D reconstruction of cochlea using optical coherence tomography
        Tuukka Karvonen; Yuki Uranishi; Tatsunori Sakamoto; Yosuke Tona; Kazuya Okamoto; Hiroshi Tamura; Tomohiro Kuroda
        Proceedings of the Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, EMBS, 2016年10月13日
      • Development of an electrode for the artificial cochlear sensory epithelium
        Yosuke Tona; Takatoshi Inaoka; Juichi Ito; Satoyuki Kawano; Takayuki Nakagawa
        Hearing Research, 2015年12月01日
      • Therapeutic potential of a gamma-secretase inhibitor for hearing restoration in a guinea pig model with noise-induced hearing loss
        Yosuke Tona; Kiyomi Hamaguchi; Masaaki Ishikawa; Takushi Miyoshi; Norio Yamamoto; Kohei Yamahara; Juichi Ito; Takayuki Nakagawa
        BMC Neuroscience, 2014年05月22日
      • In vivo imaging of mouse cochlea by optical coherence tomography
        Yosuke Tona; Tatsunori Sakamoto; Takayuki Nakagawa; Tsunemichi Adachi; Mirei Taniguchi; Hiroko Torii; Kiyomi Hamaguchi; Shin Ichiro Kitajiri; Juichi Ito
        Otology and Neurotology, 2014年02月
      • Otolith
        Yosuke Tona; Akiko Taura
        Regenerative Medicine for the Inner Ear, 2014年
      • Tectorial membrane
        Yosuke Tona; Tatsunori Sakamoto
        Regenerative Medicine for the Inner Ear, 2014年
      • Suture granuloma showing false-positive finding on PET/CT after head and neck cancer surgery
        Masahiro Kikuchi; Yuji Nakamoto; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Yuji Kanazawa; Risa Kurihara; Yukihiro Imai; Yasushi Naito
        Auris Nasus Larynx, 2012年02月
      • 18F-fluoromisonidazole positron emission tomography before treatment is a predictor of radiotherapy outcome and survival prognosis in patients with head and neck squamous cell carcinoma
        Masahiro Kikuchi; Tomohiko Yamane; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Shin Ya Hori; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Yasushi Naito; Michio Senda
        Annals of Nuclear Medicine, 2011年11月
      • Sequential FDG-PET/CT after neoadjuvant chemotherapy is a predictor of histopathologic response in patients with head and neck squamous cell carcinoma
        Masahiro Kikuchi; Shogo Shinohara; Yuji Nakamoto; Yu Usami; Keizo Fujiwara; Tsunemichi Adachi; Shin Ya Hori; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Yukihiro Imai; Yasushi Naito
        Molecular Imaging and Biology, 2011年04月
      • A case of relapsing polychondritis with respiratory symptom manifestation alone
        Yuji Kanazawa; Masahiro Kikuchi; Yasushi Naito; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Risa Kurihara
        Journal of Otolaryngology of Japan, 2011年01月
      • Disequilibrium in the emergency room
        Yosuke Tona; Yasushi Naito; Shinichi Sato; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Masahiro Kikuchi; Hiroshi Yamazaki; Yuji Kanazawa; Risa Kurihara
        Equilibrium Research, 2011年
      • Two cases of intractable malignant external otitis with skull base osteomyelitis alleviated by intraarterial antibiotic administration
        Hiroshi Yamazaki; Yasushi Naito; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Masahiro Kikuchi; Yosuke Tona; Yuji Kanazawa; Risa Kurihara
        Journal of Otolaryngology of Japan, 2010年11月
      • Cystic parotid gland lesion evaluation
        Masahiro Kikuchi; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Shin Ya Hon; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Risa Kurihara; Yuji Kanazawa; Yasushi Naito
        Journal of Otolaryngology of Japan, 2010年05月
      • Successful treatment of locally advanced anaplastic thyroid carcinoma by chemotherapy and hyperfractionated radiotherapy
        Shogo Shinohara; Masahiro Kikuchi; Yasushi Naito; Keizo Fujiwara; Shinya Hori; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Hiromasa Kobayashi; Takashi Ishihara
        Auris Nasus Larynx, 2009年12月
      • Cochlear reimplantation due to electrode problems
        Shinya Hori; Tatsuaki Sato; Kenji Fukutsuji; Takayuki Imai; Tsutomu Ueda; Yasushi Naito; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Masahiro Kikuchi; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Shizuoka General Hospital
        Practica Oto-Rhino-Laryngologica, 2009年10月
      • The effect of intraoperative treatment preventing frey's syndrome following parotidectomy
        Shogo Shinohara; Masahiro Kikuchi; Yasushi Naito; Keizo Fujiwara; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki; Hiroshi Yamazaki; Risa Kurihara; Yuji Kanazawa
        Toukeibu Gan, 2009年
      • The usefulness of 131I radioiodine to thyroid papillary carcinoma with extra thyroidal extension
        Shogo Shinohara; Masahiro Kikuchi; Yasushi Naito; Keizo Fujiwara; Shinya Hori; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki
        Toukeibu Gan, 2009年
      • Cortical activation during optokinetic stimulation an fMRI study
        Masahiro Kikuchi; Yasushi Naito; Michio Senda; Tomohisa Okada; Shogo Shinohara; Keizo Fujiwara; Shin Ya Hori; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki
        Acta Oto-Laryngologica, 2009年
      • Brain metabolism of children with profound deafness: A visual language activation study by 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography
        Keizo Fujiwara; Yasushi Naito; Michio Senda; Toshiko Mori; Tomoko Manabe; Shogo Shinohara; Masahiro Kikuchi; Shin Ya Hori; Yosuke Tona; Hiroshi Yamazaki
        Acta Oto-Laryngologica, 2008年

      MISC

      • Segmentation of Cochlear Structure in Optical Coherence Tomography Images
        Karvonen Tuukka; Uranishi Yuki; Sakamoto Tatsunori; Tona Yosuke; Okamoto Kazuya; Tamura Hiroshi; Kuroda Tomohiro
        日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集, 2015年, 査読有り
      • 18F-FMISO-PET/CTによる進行頭頸部癌の低酸素状態の評価と化学療法反応性の比較検討
        菊池 正弘; 篠原 尚吾; 内藤 泰; 藤原 敬三; 十名 洋介; 山崎 博司; 金沢 佑治; 栗原 理沙; 堀 真也; 宇佐美 悠; 山根 登茂彦; 千田 道雄
        神戸市立病院紀要, 2010年03月
      • 18F-FMISO-PET/CTによる進行頭頸部癌の低酸素状態の評価と化学療法反応性の比較検討(第2報)
        菊地 正弘; 篠原 尚吾; 内藤 泰; 藤原 敬三; 十名 洋介; 山崎 博司; 金沢 佑治; 栗原 理紗; 堀 真也; 山根 登茂彦; 千田 道雄
        神戸市立病院紀要, 2009年03月
      • 18F-FMISO-PET/CTによる進行頭頸部癌の低酸素状態の評価と化学療法反応性の比較検討(第1報)
        菊地 正弘; 篠原 尚吾; 内藤 泰; 藤原 敬三; 十名 洋介; 山崎 博司; 堀 真也; 宇佐美 悠; 山根 登茂彦; 千田 道雄
        神戸市立病院紀要, 2009年03月

      外部資金:科学研究費補助金

      • 感音難聴克服のためのイメージング質量分析による蝸牛発生機構と内耳障害病態の解明
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分56:生体機能および感覚に関する外科学およびその関連分野
        京都大学
        山本 典生
        自 2021年07月09日, 至 2024年03月31日, 交付
        内耳;発生;感音難聴;イメージング質量分析
      • 蝸牛有毛細胞における極性形成のメカニズム
        若手研究
        小区分56050:耳鼻咽喉科学関連
        京都大学
        十名 洋介
        自 2021年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        centriole;有毛細胞;極性;蝸牛
      • 蝸牛組織マクロファージ表現型の多様性と蝸牛発生段階による変化
        基盤研究(C)
        小区分56050:耳鼻咽喉科学関連
        京都大学
        岡野 高之
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        マクロファージ;感音難聴;発生学
      • 内耳発生メカニズムのオミックスによる解明
        基盤研究(B)
        小区分56050:耳鼻咽喉科学関連
        京都大学
        山本 典生
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        内耳発生;網羅的発現解析;遺伝子;タンパク質;エピジェネティクス
      list
        Last Updated :2022/08/05

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          臨床疾病論B
          3224, 後期前半, 医学部, 1
        list
          Last Updated :2022/08/05

          学術・社会貢献

          社会貢献活動

          • 日本耳科学会 耳科手術ハンズオンセミナー
            講師
            自 2021年10月28日

          ページ上部へ戻る