教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

峯 彰

ミネ アキラ

農学研究科 応用生物科学専攻植物保護科学講座 准教授

峯 彰
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本植物生理学会
    • 日本植物病理学会

    学位

    • 博士(農学)(京都大学)
    • 修士(農学)(京都大学)

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      高槻高校, たかつきこうこう

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院農学研究科 応用生物科学専攻, 准教授
    • 自 2017年10月, 至 2021年09月
      JSTさきがけ研究者
    • 自 2018年04月, 至 2021年03月
      立命館大学 生命科学部 生物工学科 助教, Department of Biotechnology, College of Llife Science
    • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
      立命館大学 立命館グローバルイノベーション研究機構 助教
    • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
      名古屋大学遺伝子実験施設/マックスプランク植物育種学研究所 日本学術振興会特別研究員PD
    • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
      マックスプランク植物育種学研究所 日本学術振興会海外特別研究員
    • 自 2012年01月01日, 至 2013年03月31日
      マックスプランク植物育種学研究所 ポストドクトラルフェロー
    • 自 2011年04月01日, 至 2011年12月31日
      京都大学大学院農学研究科応用生物科学専攻植物病理学分野 特定研究員

    プロフィール

    • プロフィール

      地に根を張り動くことのない植物は、日々襲い来る病原体に対処するための驚くほど精緻な免疫システムを備えています。そんな植物に感染し病気を引き起こす病原体は、植物の免疫を乗り越える巧妙な手口を進化させてきたはずです。そして、この植物と病原体の攻防の行方は、温度や湿度などの環境要因によって左右されることが知られています。多様な環境下で植物と病原体がどんなやり取りをしているのか、未だ多くが謎に包まれています。この謎に迫るために、分子遺伝学や生化学などのウェットな手法とRNAシーケンシングをベースとしたドライな手法を融合させた研究を展開しています。

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        多様な環境下における植物と病原体の相互作用を分子レベルで紐解く
      • 研究概要

        地に根を張り動くことのない植物は、日々襲い来る病原体に対処するための驚くほど精緻な免疫システムを備えています。そんな植物に感染し病気を引き起こす病原体は、植物免疫システムを攪乱する巧妙な手口を進化させてきたはずです。そして、この植物と病原体の攻防の行方は、温度や湿度などの環境要因によって左右されることが経験的に知られています。多様な環境下で植物と病原体が一体どんなやり取りをしているのか、未だ多くが謎に包まれています。私はこの問いに迫るために、分子遺伝学や生化学などのウェットな手法とRNAシーケンシングをベースとしたドライな手法を融合させた研究を展開しています。

      研究キーワード

      • 植物病理学、分子細胞生物学、システム生物学、ゲノミクス、植物-病原体相互作用、細菌、ウイルス、植物免疫、植物ホルモン、シグナリング、遺伝子発現制御

      研究分野

      • ライフサイエンス, 応用分子細胞生物学
      • 環境・農学, 植物保護科学
      • 環境・農学, 植物保護科学
      • ライフサイエンス, システムゲノム科学
      • ライフサイエンス, ゲノム生物学

      論文

      • Overexpression of NDR1 leads to pathogen resistance at elevated temperatures
        Saroopa P. Samaradivakara; Huan Chen; Yi‐Ju Lu; Pai Li; Yongsig Kim; Kenichi Tsuda; Akira Mine; Brad Day
        New Phytologist, 2022年04月30日, 査読有り
      • Conservation and Diversity in Gibberellin-Mediated Transcriptional Responses Among Host Plants Forming Distinct Arbuscular Mycorrhizal Morphotypes
        Takaya Tominaga; Chihiro Miura; Yuuka Sumigawa; Yukine Hirose; Katsushi Yamaguchi; Shuji Shigenobu; Akira Mine; Hironori Kaminaka
        Frontiers in Plant Science, 2021年12月16日
      • A versatile Tn7 transposon-based bioluminescence tagging tool for quantitative and spatial detection of bacteria in plants
        Ayumi Matsumoto; Titus Schlüter; Katharina Melkonian; Atsushi Takeda; Hirofumi Nakagami; Akira Mine
        Plant Communications, 2021年07月, 査読有り
      • Ribosome stalling caused by the Argonaute-microRNA-SGS3 complex regulates the production of secondary siRNAs in plants
        Hiro-oki Iwakawa; Andy Y.W. Lam; Akira Mine; Tomoya Fujita; Kaori Kiyokawa; Manabu Yoshikawa; Atsushi Takeda; Shintaro Iwasaki; Yukihide Tomari
        Cell Reports, 2021年06月
      • Structure and dynamics of the plant immune signaling network in plant–bacteria interactions
        Akira Mine
        Journal of General Plant Pathology, 2020年09月08日, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Variable dependencies of PBL27 and MAPKKK5 in chitin-induced MAPK activation in Arabidopsis: Type of chitin and plant growth conditions matter
        Koji Yamaguchi; Akira Mine; Yoshitake Desaki; Kanako Fujio; Atsushi Takeda; Tsutomu Kawasaki
        The Plant Cell, supplemental comment, 2019年09月, 査読有り
      • シグナリングネットワークによる植物免疫の調節と病原体によるその攪乱
        峯 彰
        日本植物病理学会報, 2019年08月, 査読有り, 招待有り
      • Balancing trade-offs between biotic and abiotic stress responses through leaf age-dependent variation in stress hormone cross-talk.
        Berens ML; Wolinska KW; Spaepen S; Ziegler J; Nobori T; Nair A; Krüler V; Winkelmüller TM; Wang Y; Mine A; Becker D; Garrido-Oter R; Schulze-Lefert P; Tsuda K
        Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2019年01月, 査読有り
      • 植物と病原体のせめぎ合いの分子ネットワーク
        峯 彰
        植物感染生理談話会論文集, 2018年08月, 招待有り
      • Molecular networks in plant–pathogen holobiont
        Tatsuya Nobori; Akira Mine; Kenichi Tsuda
        FEBS Letters, 2018年06月01日, 査読有り
      • The Defense Phytohormone Signaling Network Enables Rapid, High-amplitude Transcriptional Reprogramming During Effector-Triggered Immunity
        Mine A; Seyfferth C; Kracher B; Berens ML; Becker D; Tsuda K
        Plant Cell., 2018年06月, 査読有り
      • A dominant-interfering camta3 mutation compromises primary transcriptional outputs mediated by both cell surface and intracellular immune receptors in Arabidopsis thaliana
        Jacob F; Kracher B; Mine A; Seyfferth C; Blanvillain-Baufumé S; Parker JE; Tsuda K; Schulze-Lefert P; Maekawa T
        New Phytol., 2018年03月, 査読有り
      • Pathogen exploitation of an abscisic acid- and jasmonate-inducible MAPK phosphatase and its interception by Arabidopsis immunity
        Akira Mine; Matthias L. Berens; Tatsuya Nobori; Shajahan Anver; Kaori Fukumoto; Thomas M. Winkelmueller; Atsushi Takeda; Dieter Becker; Kenichi Tsuda
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2017年07月, 査読有り
      • An incoherent feed-forward loop mediates robustness and tunability in a plant immune network
        Akira Mine; Tatsuya Nobori; Maria C. Salazar-Rondon; Thomas M. Winkelmueller; Shajahan Anver; Dieter Becker; Kenichi Tsuda
        EMBO REPORTS, 2017年03月, 査読有り
      • Evolution of Hormone Signaling Networks in Plant Defense
        Matthias L. Berens; Hannah M. Berry; Akira Mine; Cristiana T. Argueso; Kenichi Tsuda
        ANNUAL REVIEW OF PHYTOPATHOLOGY, VOL 55, 2017年, 査読有り
      • The Arabidopsis CERK1-associated kinase PBL27 connects chitin perception to MAPK activation
        Kenta Yamada; Koji Yamaguchi; Tomomi Shirakawa; Hirofumi Nakagami; Akira Mine; Kazuya Ishikawa; Masayuki Fujiwara; Mari Narusaka; Yoshihiro Narusaka; Kazuya Ichimura; Yuka Kobayashi; Hidenori Matsui; Yuko Nomura; Mika Nomoto; Yasuomi Tada; Yoichiro Fukao; Tamo Fukamizo; Kenichi Tsuda; Ken Shirasu; Naoto Shibuya; Tsutomu Kawasaki
        EMBO JOURNAL, 2016年11月, 査読有り
      • GAPDH-A Recruits a Plant Virus Movement Protein to Cortical Virus Replication Complexes to Facilitate Viral Cell-to-Cell Movement
        Masanori Kaido; Kazutomo Abe; Akira Mine; Kiwamu Hyodo; Takako Taniguchi; Hisaaki Taniguchi; Kazuyuki Mise; Tetsuro Okuno
        PLOS PATHOGENS, 2014年11月, 査読有り
      • Toward a systems understanding of plant-microbe interactions
        Akira Mine; Masanao Sato; Kenichi Tsuda
        FRONTIERS IN PLANT SCIENCE, 2014年08月, 査読有り
      • ADP Ribosylation Factor 1 Plays an Essential Role in the Replication of a Plant RNA Virus
        Kiwamu Hyodo; Akira Mine; Takako Taniguchi; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Hisaaki Taniguchi; Tetsuro Okuno
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2013年01月, 査読有り
      • Dual Regulation of Gene Expression Mediated by Extended MAPK Activation and Salicylic Acid Contributes to Robust Innate Immunity in Arabidopsis thaliana
        Kenichi Tsuda; Akira Mine; Gerit Bethke; Daisuke Igarashi; Christopher J. Botanga; Yayoi Tsuda; Jane Glazebrook; Masanao Sato; Fumiaki Katagiri
        PLoS Genetics, 2013年, 査読有り
      • Composition of plant virus RNA replicase complexes
        Akira Mine; Tetsuro Okuno
        CURRENT OPINION IN VIROLOGY, 2012年12月, 査読有り
      • Identification of domains in p27 auxiliary replicase protein essential for its association with the endoplasmic reticulum membranes in Red clover necrotic mosaic virus
        Kusumawaty Kusumanegara; Akira Mine; Kiwamu Hyodo; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Tetsuro Okuno
        VIROLOGY, 2012年11月, 査読有り
      • Differential Roles of Hsp70 and Hsp90 in the Assembly of the Replicase Complex of a Positive-Strand RNA Plant Virus
        Akira Mine; Kiwamu Hyodo; Yuri Tajima; Kusumawaty Kusumanegara; Takako Taniguchi; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Hisaaki Taniguchi; Tetsuro Okuno
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2012年11月, 査読有り
      • Identification of amino acids in auxiliary replicase protein p27 critical for its RNA-binding activity and the assembly of the replicase complex in Red clover necrotic mosaic virus
        Kiwamu Hyodo; Akira Mine; Hiro-oki Iwakawa; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Tetsuro Okuno
        VIROLOGY, 2011年05月, 査読有り
      • Template Recognition Mechanisms by Replicase Proteins Differ between Bipartite Positive-Strand Genomic RNAs of a Plant Virus
        Hiro-oki Iwakawa; Akira Mine; Kiwamu Hyodo; Mengnan An; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Tetsuro Okuno
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2011年01月, 査読有り
      • Interactions between p27 and p88 replicase proteins of Red clover necrotic mosaic virus play an essential role in viral RNA replication and suppression of RNA silencing via the 480-kDa viral replicase complex assembly
        Akira Mine; Kiwamu Hyodo; Atsushi Takeda; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Tetsuro Okuno
        VIROLOGY, 2010年11月, 査読有り
      • A Y-shaped RNA structure in the 3' untranslated region together with the trans-activator and core promoter of Red clover necrotic mosaic virus RNA2 is required for its negative-strand RNA synthesis
        Mengnan An; Hiro-oki Iwakawa; Akira Mine; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Tetsuro Okuno
        VIROLOGY, 2010年09月, 査読有り
      • Identification and Characterization of the 480-Kilodalton Template-Specific RNA-Dependent RNA Polymerase Complex of Red Clover Necrotic Mosaic Virus
        Akira Mine; Atsushi Takeda; Takako Taniguchi; Hisaaki Taniguchi; Masanori Kaido; Kazuyuki Mise; Tetsuro Okuno
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2010年06月, 査読有り
      • Viruses and RNA silencing
        Mine A; Okuno T
        Uirusu, 2008年06月, 査読有り

      MISC

      • Multifaceted involvement of abscisic acid in plant interactions with pathogenic and mutualistic microbes
        A. Mine
        Advances in Botanical Research, 2019年01月01日
      • ウイルス感染時におけるAGO1-vsiRNAの標的となる植物mRNAの予測
        堀裕和; 岩橋美穂; 白谷公孝; 佐藤昌直; 峯彰; 峯彰; 竹田篤史; 竹田篤史; 竹田篤史
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2018年

      講演・口頭発表等

      • 比較ゲノミクスによるPseudomonas syringae系統間の病原性差異を生み出すエフェクターの探索
        田村孝太郎; 竹田篤史; 峯彰
        令和3年度日本植物病理学会大会
      • 廃菌床由来キチン/セルロースナノファイバーにより誘導される病害抵抗性
        高木桃子; 江草真由美; 李 虎軍; 三谷直史; 吉田早織; 松本晃幸; 峯 彰; 伊福伸介; 上中弘典
        令和3年度日本植物病理学会大会
      • 植物免疫シグナリングにおけるAHL転写因子の二重機能
        駒井俊亮; 竹田篤史; 峯彰
        令和3年度日本植物病理学会大会
      • 新規免疫応答性遺伝子がコードする花粉発生に必要なペプチド
        石田匡輝; 下川心平; 元村一基; 津田賢一; 竹田篤史; 峯彰
        令和3年度日本植物病理学会大会
      • キチンにより全身的に誘導されるシロイヌナズナの病害抵抗性と成長
        山縣陽咲子; 内藤圭吾; 高木桃子; 吉岡麻衣; 江草真由美; 假谷佳祐; 石原亨; 伊福伸介; 峯彰; 上中弘典
        第62回日本植物生理学会年会, 2021年03月15日
      • 異なる形態型を示すアーバスキュラー菌根を形成する植物間の比較解析
        富永貴哉; 澄川柚香; 広瀬幸音; 山口勝司; 重信秀治; 峯彰; 上中弘典
        第62回日本植物生理学会年会, 2021年03月14日
      • Stomatal movements in the assembly of plant-bacteria holobiont
        Akira Mine; Kaori Fukumoto; Ryohei Thomas Nakano; Yoshinori Kanaoka; Atsushi Takeda; Kenichi Tsuda
        第62回日本植物生理学会年会, 松江, 2021年03月14日
      • 免疫受容体を介した花粉発生に必要なlong noncoding RNAの発現制御
        下川心平, 元村一基, 津田賢一, 竹田篤史, 峯彰
        植物RNA研究ネットワークシンポジウム, 2019年11月16日
      • ネットワーキングから生み出される植物免疫ホルモンの多様な機能
        峯 彰
        植物分子生物学特別セミナー, 鳥取大学, 2019年11月15日, 招待有り
      • 気孔開閉の制御に対する病原体からの 選択圧と進化的トレードオフ
        峯 彰
        NAISTセミナー、奈良, 2019年11月07日
      • 免疫活性化に伴って発現誘導される花粉発生に必要なlong noncoding RNA
        下川心平; 元村一基; 津田賢一; 竹田篤史; 峯彰
        日本植物病理学会関西部会, 2019年09月19日
      • Temporal transcriptome profiling reveals distinct gene expression signatures associated with suppression of plant immunity by high temperature and high humidity
        Akira Mine; Ayumi Matsumoto; Atsushi Takeda
        IS-MPMI XVIII congress, 2019年07月16日
      • 生物発光によるグラム陰性細菌の増殖定量を可能にする汎用性プラスミドベクター
        峯彰; 松本歩; 下川心平; 竹田篤史
        平成31年度日本植物病理学会大会, 2019年03月19日
      • ネットワーキングから生み出される植物免疫ホルモンの多様な機能
        京大植物病理 特別セミナー、京都大学, 2018年11月30日, 招待有り
      • ウイルス感染時におけるAGO1-vsiRNAの標的となる植物mRNAの予測
        堀 裕和, 岩橋 美穂, 白谷 公孝, 佐藤 昌直, 峯 彰, 竹田 篤史
        第41回日本分子生物学会年会、横浜, 2018年11月30日
      • カリモウイルス科のウイルス由来Fltプロモーターを利用した同時過剰発現系の構築
        宮﨑 光洋, 竹内 信弘, 峯 彰, 竹田 篤史
        第41回日本分子生物学会年会、横浜, 2018年11月28日
      • 植物と病原体のせめぎ合いの分子ネットワーク
        植物感染生理談話会、高知, 2018年08月22日, 招待有り
      • AGO1-RISCの機能におけるG-U wobble塩基対の影響
        堀裕和; 山下航平; 白谷公孝; 岩橋美穂; 奥野真弥; 江口弘眞; 寺嶋清成; 峯彰; 竹田篤史
        第59回日本植物生理学会年会, 2018年03月
      • AGO2発現誘導に必要なRCNMV因子
        末森彩洋子; 峯彰; 奥野哲郎; 竹田篤史
        平成30年度日本植物病理学会大会, 2018年03月
      • 植物−病原体相互作用のシステム生物学
        滋賀植物病理懇話会、草津, 2018年, 招待有り
      • Balancing trade-offs between biotic and abiotic stresses through leaf age-dependent variation in stress hormone crosstalk
        日本植物生理学会年会、札幌, 2018年
      • Pathogen pressure and evolutionary trade-off in the regulation of plant stomatal aperture
        日本植物生理学会年会、札幌, 2018年
      • 気孔開閉の制御に対する病原体の選択圧と進化的トレードオフ
        日本植物病理学会大会、神戸, 2018年
      • 植物免疫ホルモンシグナリングネットワークの機能性と病原体によるその操作
        峯 彰
        高知大学, 2017年12月22日, 招待有り
      • Hormone balance in plant defense and disease
        峯 彰
        高知大学, 2017年12月21日, 招待有り
      • ウイルスRNAサイレンシングサプレッサーの機能解析に向けた新規RNAサイレンシング活性定量系の確立
        後藤尚隆; 竹内信弘; 峯彰; 竹田篤史
        第7回植物RNA研究ネットワークシンポジウム, 2017年12月
      • ウイルス感染時に認められるAGO2 mRNAの発現誘導に関する研究
        末森彩洋子; 奥野哲郎; 峯彰; 竹田篤史
        第7回植物RNA研究ネットワークシンポジウム, 2017年12月
      • Abscisic acid and the jasmonate-mimicking bacterial phytotoxin coronatine inactivate MAP kinases through distinct and common members of the clade A protein phosphatases 2C
        日本植物生理学会年会、鹿児島, 2017年
      • “The bacterial virulence factor coronatine exploits jasmonate-mediated abscisic acid degradation in the guard cells for stomatal invasion in Arabidopsis thaliana
        日本植物生理学会年会、鹿児島, 2017年
      • Profiling Plant and Bacterial Transcriptome during Interaction
        日本植物生理学会年会、鹿児島, 2017年
      • コロナチンは双子葉植物に広く保存されたアブシジン酸の分解機構を利用して気孔の開口を誘導する
        日本植物病理学会大会、岡山, 2016年
      • MAPKKK5 regulates activation of MAP kinases after perception of fungal chitin in Arabidopsis
        日本植物生理学会年会、岩手, 2016年
      • Time-resolved transcriptome analysis with genetic perturbations links robust and early establishment of transcriptional reprogramming to pathogen resistance
        The Cold Spring Harbor Asia conference on Latest Advances in Plant Development & Environmental Responses, 2016年
      • PBL27 directly connects between the chitin receptor, CERK1 and MAPK cascade in chitin-triggered immunity
        XVII international Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions, Portland, Oregon, USA, 2016年
      • The MAPK signaling network as the molecular battlefield between Arabidopsis and the bacterial pathogen Pseudomonas syringae
        日本植物病理学会大会100周年記念大会、東京, 2015年
      • Robustness and tunability: design principles of plant immune signaling networks
        日本植物生理学会年会、東京, 2015年
      • MAMP誘導型免疫におけるサリチル酸合成活性化シグナリングの分子基盤
        日本植物病理学会大会、札幌, 2014年
      • Mechanisms underlying robustness in the salicylic acid signaling network
        XVI international Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions, Rhodes, Greece, 2014年
      • Effector-triggered immunity counteracts Pseudomonas syringae virulence by releasing abscisic acid-mediated negative regulation of MAP kinase activation in Arabidopsis thaliana
        XVI international Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions, Rhodes, Greece, 2014年
      • The duration of MAPK activation modulates the network robustness in plant immunity
        日本植物生理学会年会、岡山, 2013年
      • Red clover necrotic mosaic virus感染のRNAサイレンシング関連遺伝子mRNA蓄積に及ぼす影響
        日本植物病理学会関西部会、鳥取, 2012年
      • 植物プラスセンスRNAウイルスのゲノム複製における宿主small GTPase ADP-ribosylation factor 1の機能解析
        日本植物病理学会大会、福岡, 2012年
      • Identification of domains in Red clover necrotic mosaic virus p27 auxiliary replicase protein essential for its association with the endoplasmic reticulum membranes
        日本植物病理学会大会、福岡, 2012年
      • Compensatory Functions of Salicylic Acid and MAPK Signaling in Effector-Triggered Immunity
        XV international Congress on Molecular Plant-Microbe Interactions. Kyoto, Japan, 2012年
      • Functional analysis of host small GTPase ADP-ribosylation factor 1 in a positive-strand plant RNA virus
        American Society for Virology, 31st Annual Meeting. Madison, Wisconsin, USA, 2012年
      • Heat shock protein 70はRed clover necrotic mosaic virusのRNA複製酵素複合体の形成を制御している
        日本植物病理学会大会、東京, 2011年
      • Host heat shock protein 70 regulates proper assembly of the replicase complex of a positive-strand RNA plant virus
        International Congress of Virology, Sapporo, Japan, 2011年
      • ADP-ribosylation factor 1 plays an important role in RNA replication of Red clover necrotic mosaic virus
        International Congress of Virology, Sapporo, Japan, 2011年
      • Heat shock protein 70はRed clover necrotic mosaic virusのRNA複製酵素複合体の形成に必要である
        高知大学植物基礎医学シンポジウム、高知, 2010年
      • Auxiliary replicase protein p27 of Red clover necrotic mosaic virus plays multiple roles in an early replication process
        日本分子生物学会年会、神戸, 2010年
      • Red clover necrotic mosaic virus RNA複製酵素成分タンパク質p27はウイルスRNAの初期複製段階において様々な役割を担っている
        日本ウイルス学会学術集会、徳島, 2010年
      • Red clover necrotic mosaic virus RNA複製酵素成分タンパク質p27のRNA結合活性はウイルスゲノムRNA2の複製初期段階に重要である
        日本植物病理学会大会、京都, 2010年
      • RNA binding activity of Red clover necrotic mosaic virus Replication protein p27 plays important roles in the early replication steps of viral genomic RNA2
        American Society for Virology, 29th Annual Meeting. Bozeman, Montana, USA, 2010年
      • Red clover necrotic mosaic virusのRNA複製酵素複合体の同定と性状解析
        日本ウイルス学会学術集会、東京, 2009年
      • Red clover necrotic mosaic virus複製酵素タンパク質が形成する複合体の性状解析
        日本植物病理学会大会、山形, 2009年
      • Strepto Tag法を用いたRed clover necrotic mosaic virus RNA2に存在する複製酵素リクルート因子の同定
        日本植物病理学会大会、山形, 2009年
      • Identification of the recruiter of viral replication protein complexes in Red clover necrotic mosaic virus RNA2 using streptomycin-binding RNA aptamer
        American Society for Virology, 28th Annual Meeting, Vancouver, Canada, 2009年
      • Novel cis-acting RNA elements required for negative-strand RNA synthesis of Red clover necrotic mosaic virus RNA2
        American Society for Virology, 28th Annual Meeting, Vancouver, Canada, 2009年
      • 複製酵素タンパク質による膜画分へのRNAリクルートメントにおけるRed clover necrotic mosaic virusゲノムRNA2 3’UTRの役割
        日本ウイルス学会学術集会、岡山, 2008年
      • Red clover necrotic mosaic virus非構造タンパク質p27およびp88の相互作用はウイルス複製酵素複合体形成、RNA複製およびRNAサイレンシング抑制に必要である
        日本植物病理学会大会、松江, 2008年
      • Interactions between p27 and p88 proteins of Red clover necrotic mosaic virus are required for viral RNA replication and RNA silencing suppression
        International Congress of Virology, Istanbul, Turkey, 2008年
      • Red clover necrotic mosaic virusの複製酵素成分間結合が複製とRNAサイレンシング抑制に与える影響
        日本ウイルス学会学術集会、札幌, 2007年
      • 共免疫沈降法を用いたRed clover necrotic mosaic virusの複製酵素成分タンパク質間の相互作用の解析
        日本植物病理学会大会、宇都宮, 2007年
      • Red clover necrotic mosaic virus (RCNMV)のRNA複製複合体に含まれる宿主植物因子の探索
        日本植物病理学会大会、札幌, 2006年

      書籍等出版物

      • Multifaceted involvement of abscisic acid in plant interactions with pathogenic and mutualistic microbes
        Akira Mine, 共著
        Academic Press, an imprint of Elsevier, 2019年01月

      受賞

      • 2020年03月19日
        日本植物病理学会, 日本植物病理学会 学術奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • 葉圏細菌との超個体化による植物の気孔動態制御と環境適応
        学術変革領域研究(B)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        立命館大学
        峯 彰
        自 2021年08月23日, 至 2024年03月31日, 採択
      • 植物免疫の有効性を決める転写リプログラミングの制御機構の解明
        基盤研究(B)
        小区分39040:植物保護科学関連
        京都大学;立命館大学
        峯 彰
        自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日, 交付
        植物免疫;遺伝子発現制御;Long non-coding RNA;シグナル伝達;細胞間コミュニケーション
      • 気孔の開閉をめぐる植物-病原菌共進化の分子基盤の解明
        若手研究(B)
        立命館大学
        峯 彰
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        気孔;コロナチン;ジャスモン酸;病原細菌;共進化;Pseudomonas syringae;Brassicaceae

      外部資金:その他

      • 植物−病原体−環境ネットワークの解明による気候変動対応型病害抵抗性の分子設計
        さきがけ
        自 2017年10月01日, 至 2021年09月31日
        峯 彰
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物病理学II
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物病理学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物病理学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物病理学専攻演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物病理学専攻演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物病理学特論 II
          前期, 農学研究科
        list
          Last Updated :2022/05/14

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2019年01月, 至 現在
            Reviewing Editor, Frontiers in Microbiology
          • 自 2019年01月, 至 現在
            Reviewing Editor, Frontiers in Plant Science

          ページ上部へ戻る