教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

坂崎 貴俊

サカザキ タカトシ

理学研究科 地球惑星科学専攻大気圏物理学講座 准教授

坂崎 貴俊
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 古地震研究会
    • 日本気象予報士会
    • American Geophysical Union
    • 日本地球惑星科学連合
    • 日本気象学会

    学位

    • 修士(環境科学)(北海道大学)
    • 博士(環境科学)(北海道大学)

    出身大学院・研究科等

    • 北海道大学, 大学院環境科学院地球圏科学専攻修士課程, Division of Earth System Science, 修了
    • 北海道大学, 大学院環境科学院地球圏科学専攻博士後期課程, Division of Earth System Science, 修了

    出身学校・専攻等

    • 北海道大学, 理学部地球科学科, Department of Earth Science, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      洛星高等学校, らくせいこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2022年01月, 至 現在
      京都大学 理学研究科, 地球惑星科学専攻, 准教授
    • 自 2018年04月, 至 2022年01月
      京都大学, 理学研究科 地球惑星科学専攻, 助教
    • 自 2016年04月, 至 2018年03月
      ハワイ大学 国際太平洋研究センター, 日本学術振興会海外特別研究員
    • 自 2013年04月, 至 2016年03月
      京都大学 生存圏研究所, Research Institute for Sustainable Humanosphere, 日本学術振興会特別研究員(PD)
    • 自 2010年04月, 至 2013年03月
      北海道大学大学院環境科学院, Graduate School of Environmental Science, 日本学術振興会特別研究員(DC1)
    • 京都大学 理学研究科, 助教

    プロフィール

    • プロフィール

      [資格]

      ・気象予報士

      ・書道(毛筆 特待生)


      [特技]

      ・古文書解読(古地震研究会)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        大気科学,歴史気象学
      • 研究概要

        地球大気は様々な周期で変動していますが,その最も基本とも云える日周期サイクルの現象を対象に研究してきました.地上の日周期サイクル(e.g.,気温は日中に最高,明け方に最低)は良く知られていますが,一方上空ではどうなのか?地上の日周期と上空の日周期はどのように繋がっているのか?そもそも日周期の現象は,地球の気象・気候システムの形成・維持にどのような役割を果たしているのか?このような問いに答えるべく,データ解析・大気力学理論・数値シミュレーションを複合的に用いて研究を行っています.今後は,日周期に拘泥せず,大気システムを包括的に理解すべく研究対象を広げていく所存です.一方で,学際研究にも興味があります.特に歴史学との融合研究に興味があり,古地震研究会に参加して自然災害関連の古文書を読んでいます.過去(近代気象観測以前)に記録された極端気象現象の発生メカニズムや,本邦の気象学(知識)発展の歴史的系譜を知りたいと思っています.最近では大気境界層の観測にも興味を持っています.




      研究分野

      • 環境・農学, 環境動態解析
      • 自然科学一般, 大気水圏科学, 大気科学

      論文

      • Discovery of Quasi‐Stationary Equatorial Waves Trapped in Stratospheric QBO Westerly and Easterly Jets
        Takatoshi Sakazaki; Kevin Hamilton
        Journal of Geophysical Research: Atmospheres, 2022年
      • Tropical Rainfall Variability Accompanying Global Normal Mode Oscillations
        Takatoshi Sakazaki
        Journal of the Atmospheric Sciences, 2021年04月, 査読有り
      • An Array of Ringing Global Free Modes Discovered in Tropical Surface Pressure Data
        Takatoshi Sakazaki; Kevin Hamilton
        Journal of the Atmospheric Sciences, 2020年07月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Potential for the measurement of mesosphere and lower thermosphere (MLT) wind, temperature, density and geomagnetic field with Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder 2 (SMILES-2)
        Baron, Philippe; Ochiai, Satoshi; Dupuy, Eric; Larsson, Richard; Liu, Huixin; Manago, Naohiro; Murtagh, Donal; Oyama, Shin-ichiro; Sagawa, Hideo; Saito, Akinori; Sakazaki, Takatoshi; Shiotani, Masato; Suzuki, Makoto
        ATMOSPHERIC MEASUREMENT TECHNIQUES, 2020年01月, 査読有り
      • A Proposal for Satellite Observation of the Whole Atmosphere - Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder (Smiles-2)
        Masato Shiotani; A. Saito; T. Sakazaki; S. Ochiai; P. Baron; T. Nishibori; M. Suzuki; T. Abe; H. Maezawa; S. Oyama
        IGARSS 2019 - 2019 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, 2019年11月, 査読有り
      • Exploring the “Prehistory” of the equatorial stratosphere with observations following major volcanic eruptions
        Hamilton K; T. Sakazaki
        Weather, 2018年05月01日, 査読有り
      • Representation of solar tides in the stratosphere and lower mesosphere in state-of-the-art reanalyses and in satellite observations
        Takatoshi Sakazaki; Masatomo Fujiwara; Masato Shiotani
        Atmospheric Chemistry and Physics, 2018年02月20日, 査読有り
      • Discovery of a lunar air temperature tide over the ocean: A diagnostic of air-sea coupling
        T. Sakazaki; K. Hamilton
        npj Climate and Atmospheric Science, 2018年, 査読有り
      • Physical Processes Controlling the Tide in the Tropical Lower Atmosphere Investigated Using a Comprehensive Numerical Model
        T. Sakazaki; K. Hamilton
        JOURNAL OF THE ATMOSPHERIC SCIENCES, 2017年08月, 査読有り
      • Notes and Correspondence A note on apparent solar time and the seasonal cycle of atmospheric solar tides
        Kevin Hamilton; Takatoshi Sakazaki
        QUARTERLY JOURNAL OF THE ROYAL METEOROLOGICAL SOCIETY, 2017年07月, 査読有り
      • Is there a stratospheric pacemaker controlling the daily cycle of tropical rainfall?
        T. Sakazaki; K. Hamilton; C. Zhang; Y. Wang
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2017年02月, 査読有り
      • 対流圏・成層圏・中間圏における一日周期潮汐波の力学的研究
        坂崎 貴俊
        天気, 2016年, 査読有り, 招待有り
      • Zonally uniform tidal oscillations in the tropical stratosphere
        Takatoshi Sakazaki; Takuya Sasaki; Masato Shiotani; Yoshihiro Tomikawa; Douglas Kinnison
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2015年11月, 査読有り
      • Three-dimensional structures of tropical nonmigrating tides in a high-vertical-resolution general circulation model
        Takatoshi Sakazaki; Kaoru Sato; Yoshio Kawatani; Shingo Watanabe
        JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES, 2015年03月, 査読有り
      • Sunset-sunrise difference in solar occultation ozone measurements (SAGE II, HALOE, and ACE-FTS) and its relationship to tidal vertical winds
        T. Sakazaki; M. Shiotani; M. Suzuki; D. Kinnison; J. M. Zawodny; M. McHugh; K. A. Walker
        ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS, 2015年, 査読有り
      • 安政江戸台風(1856)の被害と当時の気象場推定
        坂崎 貴俊; 加納 靖之; 大邑 潤三; 服部 健太郎
        生存圏研究, 2015年, 査読有り
      • Diurnal variations of stratospheric ozone measured by ground-based microwave remote sensing at the Mauna Loa NDACC site: measurement validation and GEOSCCM model comparison
        A. Parrish; I. S. Boyd; G. E. Nedoluha; P. K. Bhartia; S. M. Frith; N. A. Kramarova; B. J. Connor; G. E. Bodeker; L. Froidevaux; M. Shiotani; T. Sakazaki
        ATMOSPHERIC CHEMISTRY AND PHYSICS, 2014年, 査読有り
      • Interpretation of the vertical structure and seasonal variation of the diurnal migrating tide from the troposphere to the lower mesosphere
        T. Sakazaki; M. Fujiwara; X. Zhang
        JOURNAL OF ATMOSPHERIC AND SOLAR-TERRESTRIAL PHYSICS, 2013年12月, 査読有り
      • Validation of ozone data from the Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder (SMILES)
        Koji Imai; Naohiro Manago; Chihiro Mitsuda; Yoko Naito; Eriko Nishimoto; Takatoshi Sakazaki; Masatomo Fujiwara; Lucien Froidevaux; Thomas Von Clarmann; Gabriele P. Stiller; Donal P. Murtagh; Ping-Ping Rong; Martin G. Mlynczak; Kaley A. Walker; Douglas E. Kinnison; Hideharu Akiyoshi; Tetsu Nakamura; Takayuki Miyasaka; Toshiyuki Nishibori; Satoko Mizobuchi; Ken-Ichi Kikuchi; Hiroyuki Ozeki; Chikako Takahashi; Hiroo Hayashi; Takuki Sano; Makoto Suzuki; Masahiro Takayanagi; Masato Shiotani
        Journal of Geophysical Research Atmospheres, 2013年06月16日, 査読有り
      • Diurnal ozone variations in the stratosphere revealed in observations from the Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder (SMILES) on board the International Space Station (ISS)
        Takatoshi Sakazaki; Masatomo Fujiwara; Chihiro Mitsuda; Koji Imai; Naohiro Manago; Yoko Naito; Tetsu Nakamura; Hideharu Akiyoshi; Douglas Kinnison; Takuki Sano; Makoto Suzuki; Masato Shiotani
        Journal of Geophysical Research Atmospheres, 2013年04月16日, 査読有り
      • Diurnal tides from the troposphere to the lower mesosphere as deduced from TIMED/SABER satellite data and six global reanalysis data sets
        T. Sakazaki; M. Fujiwara; X. Zhang; M. E. Hagan; J. M. Forbes
        Journal of Geophysical Research Atmospheres, 2012年, 査読有り
      • Diurnal Variations in Lower-Tropospheric Wind over Japan Part I: Observational Results using the Wind Profiler Network and Data Acquisition System (WINDAS)
        Takatoshi Sakazaki; Masatomo Fujiwara
        JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 2010年06月, 査読有り
      • Diurnal Variations in Lower-Tropospheric Wind over Japan Part II: Analysis of Japan Meteorological Agency Mesoscale Analysis Data and Four Global Reanalysis Data Sets
        Takatoshi Sakazaki; Masatomo Fujiwara
        JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 2010年06月, 査読有り
      • Diurnal variations of upper tropospheric and lower stratospheric winds over Japan as revealed with middle and upper atmosphere radar (34.85°N, 136.10°E) and five reanalysis data sets
        T. Sakazaki; M. Fujiwara; H. Hashiguchi
        Journal of Geophysical Research Atmospheres, 2010年, 査読有り
      • Cirrus observations in the tropical tropopause layer over the western Pacific
        M. Fujiwara; S. Iwasaki; A. Shimizu; Y. Inai; M. Shiotani; F. Hasebe; I. Matsui; N. Sugimoto; H. Okamoto; N. Nishi; A. Hamada; T. Sakazaki; K. Yoneyama
        Journal of Geophysical Research Atmospheres, 2009年05月16日, 査読有り
      • Diurnal Variations in Summertime Surface Wind upon Japanese Plains: Hodograph Rotation and Its Dynamics
        Takatoshi Sakazaki; Masatomo Fujiwara
        JOURNAL OF THE METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN, 2008年10月, 査読有り

      MISC

      • 成層圏対流圏過程とその気候における役割(SPARC)第6回総会報告
        佐藤薫; 塩谷雅人; 余田茂男; 堀之内武; 菅原敏; 藤原正智; 秋吉英治; 渡辺真吾; 冨川喜弘; 河谷芳雄; 小林ちあき; 田口正和; 江口菜穂; 宮崎和幸; 坂崎貴俊; 高麗正史; 木下武也
        天気, 2020年06月, 査読有り
      • テラヘルツによる成層圏,中間圏,下部熱圏観測衛星SMILES-2の検討状況
        落合啓; PHILIPPE Baron; 入交芳久; 川上彰; 西堀俊幸; 鈴木睦; 鵜澤佳徳; 藤井泰範; 前澤裕之; 齊藤昭則; 坂崎貴俊; 塩谷雅人
        日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web), 2020年
      • Satellite observation of the whole atmosphere - Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder (SMILES-2)
        Shiotani, M; A. Saito; T. Sakazaki; K, Ochiai; P. Baron; T. Nishibori; M. Suzuki; T. Abe; H. Maezawa; S. Oyama
        JPGU 2019, Chiba, Japan, 2019年05月
      • 全⼤気圏衛星観測 - 超伝導サブミリ波リム放射サウンダ (SMILES-2)
        塩谷雅人; 齊藤昭則; 坂崎貴俊; 落合啓; 入交芳久; Philippe Baron; 堀俊幸; 鵜澤佳徳; 前澤裕之; 水野亮; 浜智生; 大山伸一郎; 阿部琢美; 鈴木睦
        第19回宇宙科学シンポジウム, 相模原市, 2019年01月
      • HCl observations in the middle atmosphere as revealed by the Superconducting Submillimeter-Wave Limb-Emission Sounder (SMILES)
        Shiotani, M; K. Imai; Y. Naito; T. Sakazaki
        26th IUGG general assembly 2015, Prague, Chechrepublic, 2015年06月
      • 衛星からの新しい中層大気統合観測-SMILES-2に向けて
        塩谷雅人; 鈴木睦; 佐野琢己; 小出孝; 高柳昌弘; 今井弘二; 眞子直弘; 坂崎貴俊; 鵜澤佳徳; 落合啓; 久保田実; 藤井泰範
        日本気象学会2015年度春季大会, つくば市, 2015年05月
      • A plan of an Earth observation satellite for the middle atmosphere dynamics and chemistry
        Shiotani, M; M. Suzuki; T. Sano; T. Koide; M. Takayanagi; K. Imai; N. Manago; T. Sakazaki; Y. Uzawa; S. Ochiai; M. Kubota; Y. Fujii
        日本地球惑星科学連合2015年大会, 千葉市, 2015年05月
      • P427 中緯度下部対流圏に見られる日周期東進渦(ポスター・セッション)
        坂崎 貴俊; 堀之内 武
        大会講演予講集, 2015年
      • 平成26年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書
        作成協力; 執
        2015年, 招待有り
      • Diurnal ozone variations in the stratosphere as revealed by SMILES measurements
        Sakazaki Takatoshi
        Sustainable humanosphere : bulletin of Research Institute for Sustainable Humanosphere Kyoto University, 2014年10月20日
      • シンポジウム 成層圏・対流圏過程とその気候における役割(SPARC)第5回総会報告
        木下 武也; 高麗 正史; 岡本 功太; 西本 絵梨子; 坂崎 貴俊; 関谷 高志; 栗林 康太; 西井 和晃; 田口 正和; 江口 菜穂; 佐藤 薫
        天気, 2014年07月, 査読有り
      • C210 高分解能GCMデータを用いた太陽非同期潮汐の解析(中層大気,口頭発表)
        坂崎 貴俊; 佐藤 薫; 河合 芳雄; 渡辺 真吾
        大会講演予講集, 2014年
      • SMILESによる中層大気化学と力学についての成果概要 - III
        塩谷雅人; 坂崎貴俊; 光田千紘; 今井弘二; 眞子直弘; 内藤陽子; 秋吉英治; Douglas Kinnison; 佐野琢己; 鈴木睦
        日本気象学会2013年春季大会, 東京都, 2013年05月
      • P367 SMILESで観測されたO3,HClの日変動 : (1)潮汐鉛直風の推定と(2)SAGEIIデータにおけるSunset-sunrise biasの要因(ポスター・セッション)
        坂崎 貴俊; 塩谷 雅人; 鈴木 睦; 秋吉 英治; Kinnison Douglas
        大会講演予講集, 2013年
      • P142 高分解能GCMデータにおけるnon-migrating tides(ポスター・セッション)
        坂崎 貴俊; 佐藤 薫; 河谷 芳雄; 渡辺 真吾
        大会講演予講集, 2013年
      • C102 SMlLESによる中層大気化学と力学についての成果概要-III(中層大気,口頭発表)
        塩谷 雅人; 坂崎 貴俊; 光田 千紘; 今井 弘二; 眞子 直弘; 内藤 陽子; 秋吉 英治; Douglas Kinnison; 佐野 琢己; 鈴木 睦
        大会講演予講集, 2013年
      • 「熱帯対流圏界層に関する日米二国間ワークショップ:研究の現状と観測の未来」に参加して
        稲飯洋一; 小石和成; 坂崎貴俊; 西本絵梨子; 杉立卓治; 櫻井万祐子; 山木望愛; 江口菜穂
        天気, 2013年, 査読有り
      • SMILES による中層大気微量成分の高感度観測とナッジング化学輸送モデル結果との比較
        塩谷雅人; 秋吉英治; D. Kinnison; 坂崎貴俊; 鈴木睦
        日本気象学会2012年秋季大会, 札幌市, 2012年10月
      • Diurnal wind variations in the upper-tropospheric and lower stratospheric wind over Japan as revealed with MU radar and five reanalysis data sets
        T. Sakazaki; M. Fujiwara; H. Hashiguchi
        The 13th Workshop on Technical and Scientific Aspects of MST/ST Radar, 2012年03月19日
      • C155 SMILES観測で明らかになった中層大気オゾンの日変動(中層大気研究の新展開,専門分科会)
        坂崎 貴俊; 藤原 正智; 塩谷 雅人; 鈴木 睦; 秋吉 英治; Kinnison Doug
        大会講演予講集, 2012年
      • D201 SMILESオゾン観測データの他衛星データによる検証について(中層大気,口頭発表)
        今井 弘二; 塩谷 雅人; 佐野 琢己; 鈴木 睦; 眞子 直弘; 光田 千紘; 内藤 陽子; 坂崎 貴俊; 藤原 正智
        大会講演予講集, 2012年
      • 国際オゾンシンポジウム2012報告
        柴崎和夫; 忠鉢繁; 中島英彰; 豊田賢二郎; 鈴木睦; 礒野靖子; 中根英昭; 関谷高志; 塩谷雅人; 入江仁士; 中野辰美; 笠井康子; 長濱智生; 坂崎貴俊; 宮川幸治
        天気, 2012年, 査読有り
      • Diurnal wind variations in the UT/LS region detected in MU-radar and reanalysis data
        Takatoshi Sakazaki; Masatomo Fujiwara; Hiroyuki Hashiguchi
        IGAC/SPARC Joint Meeting, 2009年10月25日
      • MUレーダーを用いた下部成層圏・上部対流圏の風の日変動の解析
        坂崎貴俊; 藤原正智; 橋口浩之
        第23回 大気圏シンポジウム, 2009年02月26日
      • WINDAS・MUレーダーを用いた下層大気の風の日変動の解析
        坂崎貴俊; 藤原正智; 橋口浩之
        日本気象学会2008年度秋期大会, 2008年11月20日

      講演・口頭発表等

      • 熱帯地上気圧データで同定されたグローバル大気の共鳴振動モード
        坂崎貴俊
        大槌シンポジウム, 2020年12月14日
      • An Array of Ringing Global Free Modes Discovered in Tropical Surface Pressure Data
        Takatoshi Sakazaki
        CEDAR Virtual Meeting 2020, 2020年06月22日
      • ERA5地上気圧データで同定された高周波自由振動モード
        T. Sakazaki; K. Hamilton
        日本気象学会2020年度春季大会 【予稿集のみ】, 2020年05月21日
      • ERA5地上気圧データで同定された高周波自由振動モード
        T. Sakazaki; K. Hamilton
        2019年度PANSY研究集会, 2020年03月12日
      • Laplace’s atmosphere: An Array of Ringing Modes Discovered in Global Data
        T. Sakazaki; K. Hamilton
        WCRP/SPARC SATIO-TCS joint workshop on Stratosphere-Troposphere Dynamical Coupling in the Tropics, 2020年02月24日
      • Daily Cycle of the Earth’s Atmosphere: Local and Global
        Sakazaki Takatoshi
        3rd UK-Japan FoS Symposium, 2019年11月09日, 招待有り
      • ドローンを用いた大気境界層の時間発展の観測
        坂崎 貴俊
        日本気象学会2019年度秋季大会, 2019年10月30日
      • 熱帯海洋上大気の 気温太陰潮汐シグナルの検出
        坂崎 貴俊
        2019年度大槌シンポジウム, 2019年07月24日
      • Tropospheric response to downward propagating tide from the stratosphere
        坂崎 貴俊
        National Taiwan University–Kyoto University workshop on tropical meteorology, 2018年12月12日
      • Tropospheric response to downward propagating tide from the stratosphere
        坂崎 貴俊
        The SPARC 6th General Assembly, 2018年10月04日, 招待有り
      • 古記録から読み解く過去の台風、大気の流れ
        坂崎 貴俊
        歴史史料の多分野連携利用, 2018年08月29日, 招待有り
      • Discovery of a lunar air temperature tide over the ocean: A diagnostic of air-sea coupling
        坂崎 貴俊
        AOGS 15th annual meeting, 2018年06月07日
      • Is there a stratospheric pacemaker controlling the daily cycle of tropical rainfall?
        坂崎 貴俊
        AOGS 15th annual meeting, 2018年06月04日
      • 熱帯海洋域における地上気温の太陰潮汐シグナルの検出
        坂崎 貴俊
        日本気象学会2018年春季大会, 2018年05月19日
      • Intercomparison of atmospheric tides in the stratosphere and lower mesosphere
        坂崎 貴俊
        SPARC Reanalysis Intercomparison Project (S-RIP) 2016 workshop, 2016年10月20日
      • Atmospheric solar tides in the tropical middle atmosphere
        坂崎 貴俊
        The First International Workshop on Extreme Weather in Changing Climate in the Maritime Continent, 2016年01月07日, 招待有り
      • Zonally uniform tidal oscillations in the tropical middle atmosphere
        坂崎 貴俊
        AGU 2015 fall meeting, 2015年12月
      • 対流圏・成層圏・中間圏における一日周期潮汐波の力学的研究 -2015年度山本賞受賞記念講演-
        坂崎 貴俊
        日本気象学会2015年度秋季大会, 2015年10月29日, 招待有り
      • 対流圏~中間圏における大気潮汐の全球構造
        坂崎 貴俊
        平成27年度MTI研究集会, 2015年08月31日, 招待有り
      • Sunset-Sunrise Difference in Solar Occultation Ozone Measurements (HALOE, SAGE II, and ACE-FTS) and its Relationship to Tidal Vertical Winds
        坂崎 貴俊
        AMS 18th Middle Atmosphere Conference, 2015年01月
      • Three-dimensional structures of tropical nonmigrating tides in a high-vertical-resolution global circulation model
        坂崎 貴俊
        AMS 18th Middle Atmosphere Conference, 2015年01月
      • 地球大気の日変動 ~地上風からオゾンまで~
        坂崎 貴俊
        第26回日本気象学会夏期特別セミナー, 2014年08月24日, 招待有り
      • 高分解能GCMに見られる熱帯Nonmigrating tides
        坂崎貴俊; 佐藤薫; 河谷芳雄; 渡辺真吾
        日本地球惑星連合大会2014年度大会, 2014年04月30日
      • Non-migrating tides appearing in a high resolution GCM
        Sakazaki, T; K. Sato; Y. Kawatani; S. Watanabe
        SPARC 5th General Assembly, 2014年01月12日
      • Atmospheric tides and diurnal ozone variations in the stratosphere
        坂崎 貴俊
        WCRP regional workshop on SPARC, 2013年04月01日, 招待有り
      • SMILESで観測された成層圏オゾンの日変化
        坂崎 貴俊; ほか
        大気圏シンポジウム, 2013年02月28日, 招待有り

      受賞

      • 2015年10月
        日本気象学会, 山本賞
      • 2014年01月
        成層圏・対流圏過程とその気候における役割, ベストポスター賞
      • 2013年03月
        日本学術振興会, 育志賞
      • 2011年05月
        日本気象学会, 気象集誌論文賞
      • 2010年03月
        北海道大学環境科学院, 松野記念修士論文賞
      • 2008年03月
        北海道大学, クラーク賞
      • 2007年
        北海道大学, レーン賞
      • 2006年
        北海道大学, クラーク記念財団派遣奨学金
      • 2005年
        北海道大学, 新渡戸奨学金
      • 2021年01月
        Committee on Space Research (COSPAR) and the Russian Academy of Sciences, ZELDOVICH Medal for COSPAR Scientific Commission A

      外部資金:科学研究費補助金

      • 大気自由振動モード群の生成・維持・減衰機構の解明
        基盤研究(C)
        小区分17020:大気水圏科学関連
        京都大学
        坂崎 貴俊
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        自由振動;大気波動;再解析データ;気候モデル
      • 地球大気の日周期変動が気象・気候システムに果たす役割の解明
        若手研究
        小区分17020:大気水圏科学関連
        京都大学
        坂崎 貴俊
        自 2018年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        大気自由振動;スペクトル;地上気圧;大気再解析;熱帯降水;スペクトル解析;日周期;数値シミュレーション;短周期;日周期変動;大気潮汐;気候モデル;大気波動
      • 衛星観測・大気再解析データの相互比較による堅牢な成層圏大気像の描出
        若手研究(B)
        京都大学
        坂崎 貴俊
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        大気潮汐;衛星観測;大気再解析;成層圏;国際共同研究;S-RIP;再解析;日周期;中間圏;再解析データ;中層大気;日変動

      外部資金:その他

      • 宇宙圏からのエネルギー流入に対する下層大気の大気潮汐の応答
        2019年度名古屋大学宇宙地球環境研究所共同利用
        自 2019年04月01日, 至 2019年03月31日
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球惑星科学課題演習DB
          前期, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          地球惑星科学課題研究T2
          通年, 理学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          情報基礎演習[理学部]
          後期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          観測地球物理学演習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球惑星科学課題演習DB
          前期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球惑星科学課題演習DD
          後期, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球惑星科学課題研究T2
          通年, 理学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          地球科学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          多階層地球変動科学実習Ⅰ
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          大気圏物理学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          情報基礎演習[理学部]
          後期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          観測地球物理学演習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星科学課題演習DB
          前期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星科学課題演習 DD
          後期, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球惑星科学課題研究T2
          通年, 理学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          地球科学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          大気圏物理学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          観測地球物理学演習A
          前期集中, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星科学課題演習DB
          前期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星科学課題演習 DD
          後期, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球惑星科学課題研究T2
          通年, 理学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          地球科学実験
          後期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          多階層地球変動科学実習Ⅰ
          通年不定, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIA
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIB
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールIIC
          前期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          大気圏物理学ゼミナールIID
          後期, 理学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          観測地球物理学演習A
          前期集中, 理学部
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            理学研究科SACRA広報・社会連携部門委員会 広報小委員会委員
          list
            Last Updated :2022/05/13

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2021年01月, 至 現在
              Co-lead, WCRP SPARC SATIO-TCS
            • 自 2020年06月, 至 現在
              編集委員, 日本気象学会気象集誌
            • 自 2019年11月, 至 2019年11月
              参加研究者, 日英先端科学(FoS)シンポジウム

            ページ上部へ戻る