Researchers Information System

日本語に切り替えるswitch to english

Yamada, Satoshi

Graduate School of Law Professor

Yamada, Satoshi
list
    Last Updated :2024/02/20

    Basic Information

    Faculty

    • Faculty of Law

    Email Address

    • Email Address

      yamada.satoshi.8vkyoto-u.ac.jp

    Professional Memberships

    • From Jul. 2022, To Present
      情報法制学会
    • From 2016, To Present
      全国憲法研究会
    • From 2013, To Present
      日本公法学会
    • 憲法理論研究会

    Academic Degree

    • 23 Mar. 2009
      京都大学法務博士(専門職)
    • 26 Mar. 2012
      京都大学博士(法学)

    Academic Resume (Graduate Schools)

    • 京都大学, 大学院法学研究科博士後期課程法政理論専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院法学研究科法曹養成専攻, 修了

    Academic Resume (Undergraduate School/Majors)

    • 京都大学, 法学部, 卒業

    Research History

    • From Apr. 2023, To Present
      Kyoto University, The Center for Interdisciplinary Studies of Law and Policy, Professor
    • From Apr. 2022, To Apr. 2023
      Okayama University, 学術研究院社会文化科学学域, 教授
    • From Apr. 2021, To Mar. 2022
      Okayama University, 学術研究院 社会文化科学学域, associate professor
    • From Sep. 2019, To Aug. 2021
      Heidelberg University, Faculty of Law, Visiting Scholar
    • From Apr. 2015, To Mar. 2021
      Okayama University, Graduate School of Humanities and Social Sciences, associate professor
    • From Apr. 2013, To Mar. 2015
      Teikyo University, Faculty of Law, assistant professor
    • From Apr. 2012, To Mar. 2013
      Kyoto University, Graduate School of Law, assistant professor
    • From Apr. 2011, To Mar. 2012
      Japan Society for the Promotion of Science, 特別研究員(DC2)

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/02/20

      Research

      Research Interests

      • legal pluralism
      • constitutional criminal procedure
      • judicial review
      • Globalization

      Research Areas

      • Humanities & social sciences, Public law

      Papers

      • 条約締結承認手続の実態と評価、そして拡大可能性
        山田哲史
        法律時報, 27 Apr. 2023, Invited, Lead author
      • 近時の裁判例における国際人権条約の扱い
        山田哲史
        国際人権, Nov. 2022, Invited, Lead author, Corresponding author
      • Gewaltengliederung in der Pandemiezeit: Ein Überblick über die COVID-19-Pandemiebekämpfung in Deutschland
        Satoshi YAMADA
        Zeitschrift für Verwaltungsrecht, Sep. 2022, Lead author, Corresponding author
      • グローバル化時代における憲法・立憲主義の生存戦略
        山田哲史
        論究ジュリスト, Apr. 2022, Invited, Lead author, Corresponding author
      • G. Teubnerの「抵触法アプローチ」 : 議論の整理を中心に (佐野寛教授 退職記念号)
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Mar. 2021, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 国際協調主義の「50+25」年 (特集 憲法の75年)
        山田 哲史
        論究ジュリスト = Quarterly jurist, 2021, Invited, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 続・権利ドグマーティクの可能性(3・完)ドイツにおける裁判官留保の新展開と限界
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Dec. 2020, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 続・権利ドグマーティクの可能性(2)ドイツにおける裁判官留保
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Aug. 2020, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 法律の留保原則と強制処分法定主義 : 憲法学の観点から (特集 捜査活動に対する法律による規律)
        山田 哲史
        犯罪と刑罰, Mar. 2020, Invited, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 続・権利ドグマーティクの可能性 : 規律密度と比例原則(1)
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Aug. 2019, Lead author, Last author, Corresponding author
      • PKO協力法の成立・自衛隊のカンボジア派遣
        山田哲史
        法学教室 別冊付録平成の法律事件, Apr. 2019, Invited, Lead author
      • Grundrechtseingriffe als Wesentlichkeit ?
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Mar. 2019, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 本質性理論再論 : 法律による捜査活動規制論の準備作業として
        山田 哲史
        行政法研究 = Review of administrative law = Revue de droit administratif = Zeitschrift fur Verwaltungsrecht, Sep. 2018, Invited, Lead author, Last author, Corresponding author
      • グローバルな法形成への国会の関与 (特集 議会制の現状と改革の方向性)
        山田 哲史
        法律時報, May 2018, Invited, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 'Constitution' in the Era of Globalization
        山田 哲史
        神戸法学年報, 2018, Invited, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 小特集 強制・任意・プライヴァシー(続)GPS捜査大法廷判決を読む、そしてその先へ[最高裁平成29.3.15判決]
        笹倉 宏紀; 山本 龍彦; 山田 哲史; 緑 大輔; 稻谷 龍彦
        法律時報, Jan. 2018, Invited, Corresponding author
      • GPS捜査と憲法 (特集 GPS捜査とプライバシー : 最大判2017・3・15を読む)
        山田 哲史
        法学セミナー, Sep. 2017, Invited, Lead author, Last author, Corresponding author
      • Die verfassungskonforme Auslegung in Deutschland
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Mar. 2017, Lead author, Last author, Corresponding author
      • 国内法の国際法適合的解釈の意義 (特集 グローバルな公共空間と法) -- (総論的考察)
        山田 哲史
        論究ジュリスト = Quarterly jurist, 2017, Invited, Lead author, Last author, Corresponding author
      • ドイツ連邦共和国基本法における国際法親和性原則(2・完)
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Dec. 2016, Lead author, Last author, Corresponding author
      • ドイツ連邦共和国基本法における国際法親和性原則(1)
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Aug. 2016
      • How Charming is the Charming Betsy Canon?
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Mar. 2016
      • New Technology and Control of Criminal Investigation(2)
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Dec. 2015
      • New Technology and Control of Criminal Investigation(1)
        山田 哲史
        岡山大学法学会雑誌, Aug. 2015
      • International Dialogue among Courts in Light of Democracy
        YAMADA, Satoshi
        Kangwon Law Review, Jun. 2015, Peer-reviewed, Lead author
      • 「憲法適合的解釈」をめぐる覚書 : 比較法研究のための予備的考察[最高裁平成24.12.7判決]
        山田 哲史
        帝京法学, Mar. 2015
      • 強制処分法定主義の憲法的意義
        山田 哲史
        公法研究 = Public law review, 2015
      • 参議院(選挙区選出)議員定数配分規定の合憲性[広島高裁平成25.11.28判決]
        山田 哲史
        新・判例解説watch : 速報判例解説, Oct. 2014
      • International Legal Norms in Domestic Democracy
        山田 哲史
        帝京法学, Mar. 2014
      • 'Self-Execution' as Constitutional Matter
        山田 哲史
        帝京法学, Mar. 2014
      • グローバル化時代の議会民主政(5・完)ドイツにおける議論を参考にして
        山田 哲史
        法学論叢, Nov. 2013
      • グローバル化時代の議会民主政(4)ドイツにおける議論を参考にして
        山田 哲史
        法学論叢, Oct. 2013
      • グローバル化時代の議会民主政(3)ドイツにおける議論を参考にして
        山田 哲史
        法学論叢, Jul. 2013
      • グローバル化時代の議会民主政(2)ドイツにおける議論を参考にして
        山田 哲史
        法学論叢, Jun. 2013
      • グローバル化時代の議会民主政(1)ドイツにおける議論を参考にして
        山田 哲史
        法学論叢, Nov. 2012
      • 判例研究 国籍法違憲判決
        山田哲史
        法学論叢, Oct. 2010, Peer-reviewed, Lead author

      Misc.

      • Book Review: Kokusaiho to Kempochitsujo
        YAMADA Satoshi
        Japanese Yearbook of International Law, Feb. 2022, Peer-reviewed, Invited, Lead author
      • 論文紹介 国際約束の多角的把握の必要性
        山田哲史
        アメリカ法, 2020, Invited, Lead author

      Presentations

      • Constitution(alism) in the Pluralized Global Legal Order
        Satoshi Yamada
        全国憲法研究会2023年春季研究集会, 13 May 2023, Invited
      • 社会の危機と公法学:コロナ禍に直面して シンポジウム1「感染症対策と人権保障」
        山田哲史ほか
        日本公法学会第86回総会, 30 Oct. 2022, Invited
      • グローバルな感染症対応:その意義と限界
        山田哲史
        日本公法学会第86回総会, 29 Oct. 2022, Invited
      • 近時の裁判例における国際人権条約の扱い
        山田哲史
        国際人権法学会第33回研究大会, 21 Nov. 2021, Invited
      • COVID-19パンデミック下での議会の役割
        山田哲史
        日独公法学セミナー『新型コロナ対策の日独墺比較』, 23 Oct. 2021, Invited
      • グローバル公法の展望
        山田哲史
        第94回 岡山公法判例研究会, 22 Jun. 2019
      • Constitution in the Era of Globalization
        YAMADA, Satoshi
        Kobe University Graduate School of Law International Workshop, 20 May 2018, Invited
      • GPS 大法廷判決 − 憲法学の観点から
        山田哲史
        第87回岡山公法判例研究会, 17 Jun. 2017
      • 国際法適合的解釈と法の多元化・多層化
        山田哲史
        第2回ERG科研研究会, 21 Jan. 2017, Invited
      • グローバル化時代における国内議会 〜ドイツにおける現状と議論〜
        山田哲史
        国立国会図書館調査及び立法考査局政治議会課意見聴取会, 16 Mar. 2016, Invited
      • 国内法の国際法適合解釈・序説
        山田哲史
        岡山公法判例研究会, 14 Nov. 2015
      • 我が国の憲法訴訟における憲法適合的解釈
        山田哲史
        知的財産法と憲法的価値研究会, 29 Aug. 2015, Invited
      • 携帯電話の『逮捕に伴う無令状捜索(search incident to arrest)』の合憲性
        山田哲史
        アメリカ合衆国最高裁判例研究会, 20 Dec. 2014
      • 強制処分法定主義の憲法的意義
        山田哲史
        日本公法学会公募セッション, 18 Oct. 2014
      • International 'Dialogue' among Courts and Democracy
        YAMADA, Satoshi
        Comparative Constitutional Law Workshop for Young Scholars, 21 Mar. 2014, Invited
      • 憲法問題としての条約の自動執行性・序説
        山田哲史
        関西憲法判例研究会, 08 Dec. 2012
      • 国籍法違憲判決
        山田哲史
        京都大学公法判例研究会, 19 Dec. 2008

      Media Coverage

      • 有害図書めぐり県と出版社の主張
        NHK鳥取放送局, いろ★ドリ, Sep. 2022, Media report

      External funds: Kakenhi

      • Global Health Law and Global Sports Law as Global Public Law
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Basic Section 05020:Public law-related
        Kyoto University
        山田 哲史
        From 01 Apr. 2023, To 31 Mar. 2028, Granted
        グローバル公法;グローバル保健法;グローバル・スポーツ法;グローバル公法の一般理論
      • 'Vorbehalt des Gesetzes' in the New Era
        Grant-in-Aid for Young Scientists (B)
        Okayama University
        Satoshi Yamada
        From 01 Mar. 2021, To 31 Mar. 2023, Project Closed
        法律の留保;(民主的)正統性;グローバル化;立憲主義;法治主義;統治構造;民主政論;法律;憲法的刑事訴訟法;憲法と行政法;議会と裁判所;グローバル公法;刑事手続と法律による統制;法律の優位;刑事手続の法律による規制;国際法適合的解釈
      • Multi-layered Structure of Global, National and Local Laws and their Coordination
        Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
        Medium-sized Section 5:Law and related fields
        Kyoto University
        原田 大樹
        From 01 Apr. 2019, To 31 Mar. 2024, Granted
        グローバル化;地方自治;多層的法秩序;規制手法;調整法理
      • On effective use of legislative facts in legislatures and courts
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kyoto University
        Masakazu DOI
        From 01 Apr. 2017, To 31 Mar. 2020, Project Closed
        立法事実の活用;amicus curiae;立法過程;憲法訴訟;立法事実の変遷;影響評価;立法事実の変遷論;憲法学;立法事実論;司法審査論;立法過程論
      • Domestic Courts and Democracy in the Era of Globalization
        Grant-in-Aid for Young Scientists (B)
        Okayama University;Teikyo University
        Satoshi Yamada
        From 01 Apr. 2014, To 31 Mar. 2017, Project Closed
        グローバル化と憲法;民主的正統性;国際法;直接適用;国際法親和性;権力分立;法の多元化;グローバル化と裁判所;憲法学;国際法学;国際法適合的解釈;自動執行性;直接適用可能性;グローバル化;裁判所;ドイツ公法学;アメリカ公法学
      • A comparative legal study of constitution-compatible interpretation
        Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
        Kyoto University
        Masakazu DOI
        From 01 Apr. 2014, To 31 Mar. 2017, Project Closed
        憲法適合的解釈;合憲解釈;憲法判断の方法;憲法訴訟;合憲限定解釈;一部違憲;司法審査の民主的正当性;憲法救済法;司法審査の民主主義的正当性
      • Domestic Government System in the Era of Globalization
        Grant-in-Aid for Research Activity Start-up
        Teikyo University;Kyoto University
        Satoshi YAMADA
        From 31 Aug. 2012, To 31 Mar. 2014, Project Closed
        グローバル化;民主的正統性;知見の発信;国際研究者交流;国際情報交換;憲法学
      list
        Last Updated :2024/02/20

        Education

        Teaching subject(s)

        • From 01 Apr. 2023, To 31 Mar. 2024
          Medical Information and Law - Special Seminar
          B320, Year-long, Graduate School of Law, 4
        • From 01 Apr. 2023, To 31 Mar. 2024
          Special Lecture -Information and Law
          1930, Fall, Faculty of Law, 2
        list
          Last Updated :2024/02/20

          Academic, Social Contribution

          Committee Memberships

          • From Apr. 2022, To Mar. 2023
            綱紀委員会委員, 岡山弁護士会
          • From Apr. 2018, To Aug. 2019
            懲戒委員会予備委員, 岡山弁護士会
          • From Jun. 2016, To Aug. 2019
            行政不服・情報公開・個人情報保護審査会委員, 岡山市
          • From Nov. 2016, To Mar. 2019
            (法科大学院)共通到達度確認試験試行試験委員会委員, 文部科学省

          Academic Contribution

          • 全国憲法研究会企画実行委員
            Planning, management, etc.
            全国憲法研究会, From Nov. 2021, To Oct. 2022
          • 全国憲法研究会企画実行委員
            Planning, management, etc.
            全国憲法研究会, From Dec. 2016, To Oct. 2017

          ページ上部へ戻る