Researchers Information System

日本語に切り替えるswitch to english

Kataoka, Tatsuki

Graduate School of Asian and African Area Studies (ASAFAS), Division of Southeast Asian Area Studies Professor

Kataoka, Tatsuki
list
    Last Updated :2024/06/28

    Basic Information

    Academic Degree

    • 修士(地域研究)(筑波大学)
    • 修士(比較社会文化)(九州大学)
    • 博士(比較社会文化)(九州大学)

    Academic Resume (Graduate Schools)

    • 九州大学, 大学院比較社会文化博士課程, 単位修得退学
    • 筑波大学, 大学院修士課程地域研究研究科, 修了
    • 九州大学, 大学院比較社会文化修士課程, 修了

    Academic Resume (Undergraduate School/Majors)

    • 筑波大学, 第三学群国際関係学類, 卒業

    High School

    • High School

      東京都立東大和高等学校

    Language of Instruction

    • English
    • Chinese
    • Thai

    ID,URL

    Website(s) (URL(s))

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/06/28

      Research

      Research Topics, Overview of the research

      • Research Topics

        Thailand, highlanders, Overseas Chinese, religion, folk beliefs
      • Overview of the research

        I have been working on Southeast Asian religions, mainly among the highlanders and overseas Chinese in Thailand as a main field of study. Christianity, Buddhist charismatic monk worship, worship of local guardian spirits, Chinese philanthropic associations, and Mahayana Buddhism are subjects of my study.

      Research Areas

      • Humanities & social sciences, Cultural anthropology and folklore

      Papers

      • Religious Activities of Chinese Philanthropic Foundations in Thailand:
        Kataoka Tatsuki
        Japanese Journal of Southeast Asian Studies, 2015
      • フィールドワークと民族誌
        片岡樹; シンジルト; 山田仁史
        『ア ジアの人類学』春風社、43-69頁。, 2013, Peer-reviewed
      • )「ブンチュム運動とラフ―その予備的考察―」『東南アジア大陸部 における宗教の越境現象に関する研究』
        片岡樹
        平成22-平成24年度科学研究費補助金 基盤研究(A)研究成果報告書(研究代表者:片岡樹)、187-212頁。, 2013, Peer-reviewed
      • 「功徳と祝福再考―タイ山地民ラフのオボ概念を中心に―」兼重努・ 林行夫編『功徳の観念と積徳行の地域間比較研究』
        片岡樹
        CIAS(京都大学地域研究統合 情報センター)ディスカッションペーパー33、55-63頁。, 2013, Peer-reviewed
      • Indigenous people or illegal migrant laborers? recent debates over the hill tribes and nationhood in Thailand
        K. Tatsuki
        Southeast Asian Studies, 2013, Peer-reviewed
      • Ethnicity and History Reflected in the Spirits of Locality : Punthaokong Worship among the Chinese in Phuket, Southern Thailand
        片岡樹
        『南方文化』39輯: 97-116., 2012, Peer-reviewed
      • 「序論―聖なるもののマッピングに向けて―」片岡樹編『聖なるも ののマッピング―宗教からみた地域像の再構築に向けて―』
        片岡樹
        CIAS(京都大学地域 研究統合情報センター)ディスカッションペーパー26、5-6頁。, 2012, Peer-reviewed
      • The Lahu: a transborder ethnic group
        片岡樹
        China21, 10 Mar. 2011
      • 食人鬼のいる生活―タイ山地民ラフの妖術譚とその周辺―
        片岡樹
        『社 会人類学年報』37:1-25., 2011, Peer-reviewed
      • 仏教、民俗宗教、少数民族」奈良康明、下田正弘編『静と動の仏教』
        片岡樹
        (新アジア仏教史04スリランカ・東南アジア)佼成出版社、383-413頁。, 2011, Peer-reviewed
      • Empowering Communities
        Tatsuki Kataoka
        API Newsletter: 10th Anniversary Commemorative Issue: 20., 2011, Peer-reviewed
      • 從土地神崇拜觀察泰國普吉島的地域性
        片岡樹
        2010海外華人與華僑教 育國際研討會(於國立臺灣師範大學), 2010, Peer-reviewed
      • 妖術からみたタイ山地民の世界観―ラフの例から―
        片岡樹
        鈴木正崇 編『東アジアにおける宗教文化の再構築』風響社、243-272頁。, 2010, Peer-reviewed
      • アジア周縁社会における移住と国家権力―華南・東南アジア山 地民ラフの事例から―」塚田誠之編『中国国境地域の移動と交流―近現代中国の 南と北―
        片岡樹
        有志舎、261-284頁, 2010, Peer-reviewed
      • ラフが代々南に下ってきた話」『アジアの境界を越えて―人間文化研究機構連携展示―
        片岡樹
        国立歴史民俗博物館、174-175頁。, 2010, Peer-reviewed
      • ラフ族のキリスト教への改宗
        片岡樹
        『アジアの境界を越えて―人間文化研究機構連携展示―』国立歴史民俗博物館、171頁, 2010, Peer-reviewed
      • 麻薬
        片岡樹
        日本タイ学会編『タイ事典』めこん、p.369., 2009, Peer-reviewed
      • 南タイ・プーケットのババにみる土地神崇拝
        片岡樹
        『フィールドプラ ス』2: 8., 2009, Peer-reviewed
      • 民族表象のポリティクス―中国南 部における人類学・歴史学的研究―
        片岡樹
        新刊レビュー・塚田誠之編、『月刊みんぱく』125号: 25, 2009, Peer-reviewed
      • 現代ベトナムの少数民族政策の変遷を追う―書評・伊藤正子著『民 族という政治』―
        片岡樹
        『図書新聞』2904号(2009年2月7日): 3., 2009, Peer-reviewed
      • ラフ
        片岡樹
        日本タイ学会編『タイ事典』めこん、pp. 396-397., 2009, Peer-reviewed
      • 南タイ福建人社会のババ文化と土地公祭祀―プーケットの事例よ り―
        片岡樹
        『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』122号: 60., 2008, Peer-reviewed
      • カリスマの文法―タイ山地民ラフにおける宗教運動の振幅と隣接民族―
        片岡樹
        『族』39号: 25-43.(印刷中), 2007, Peer-reviewed
      • 「ラフ・被征服民族の宗教史」綾部恒雄監修『失われる文化、失われるアイデンティティ』
        片岡樹
        (講座世界の先住民族第十巻)明石書店、89-100頁, 2007, Peer-reviewed
      • 19世紀中緬辺疆地域の『ラフの国』について―清朝期雲南のチベ ット・ビルマ語系山地民の政治統合の一例として―
        片岡樹
        『アジア・アフリカ言語文化 研究所通信』118号: 66., 2006, Peer-reviewed
      • 『伝道すべき何か』を当事者はどうみていたか―中緬泰国境山地 のラフ布教の例から考える―」『「布教」と「改宗」の比較宗教学的研究―モダニ ティ・宗教・コロニアリズム―』
        片岡樹
        平成15-平成17年度科学研究費補助金基盤研 究(B)研究成果報告書(研究代表者:関一敏)、95-121頁, 2006, Peer-reviewed
      • コメント
        片岡樹
        『九州人類学会報』(九州人類学研究会)32号: 93-94., 2005, Peer-reviewed
      • 東南アジア大陸山地社会における宗教変動と伝統文化の再編- タイ国のラフ社会におけるキリスト教への改宗例を中心に-
        片岡樹
        九州大学博士論文, 2005, Peer-reviewed
      • フィールドで豊かに悩む-『第四世界の人類学』へのコメント-
        片岡樹
        『九州人類学会報』(九州人類学研究会)31号: 63-64., 2004, Peer-reviewed
      • タイ山地民の健康管理-ラフの例-
        片岡樹
        『ミュージアム九州』(博物館等建設推進九州会議)77号: 3-7., 2004, Peer-reviewed
      • The Formation of Ethnic and National Identity: A Case Study among the Lahu in Thailand \n
        Tatsuki Kataoka
        The Asian Face of Globalisation: Reconstructing Identities, Institutions, and Resources. Kuala Lumpur: The Nippon Foundation, pp.170-177., 2004, Peer-reviewed
      • Territorial state formation underground: Chinese nationalist (KMT) troops and hill tribes in Cold-War Thailand
        K. Tatsuki
        Southeast Asian Studies, 2004, Peer-reviewed
      • 周縁者の宗教実践-自らの不遇を神に問う山地民-
        片岡樹
        綾部恒雄、林行夫編『タイを知るための60章』明石書店:180-185., 2003, Peer-reviewed
      • 神の掟と人の掟-タイ国の山地民キリスト教徒にみる『宗教』と『慣習』-
        片岡樹
        『九州人類学会報』(九州人類学研究会)30号: 63-68, 2003, Peer-reviewed
      • 東南アジア周辺部にみるキリスト教への改宗と宗教・文化概念の 再編成に関する研究-タイ国北部山地におけるラフ社会の事例から-
        片岡樹
        平成12年度研究・活動助成報告集』(財団法人庭野平和財団):63-67., 2002, Peer-reviewed
      • ラフ(ミャンマー、ラオス、タイ)
        片岡樹
        綾部恒雄(監修)『世界民族事典』弘文堂: 738., 2000, Peer-reviewed
      • タイ国の少数民族に見るキリスト教と民族文化-クリスチャン・ラフの事例を中心に-
        片岡樹
        『福岡発・アジア研究報告』(財団法人アジア太平洋センター)Vol.7, No.1: 106-112., 1998, Peer-reviewed
      • 東南アジアにおけるキリスト教受容の理解についての試論的考察
        片岡樹
        『九州人類学会報』(九州人類学研究会)25号: 31-42, 1998, Peer-reviewed
      • 『民話の神学』の文化論序説
        片岡樹
        『台湾原住民研究』(順益台湾原住民研究会)2号: 139-154, 1997, Peer-reviewed
      • 山地民とキリスト教
        片岡樹
        小野澤正喜(編)『アジア読本タイ』河出書房新社: 210-215., 1994, Peer-reviewed

      Misc.

      • Fictitious Literacy : On the Knowledge of Chinese Sutras in Contemporary Thailand
        片岡 樹
        華僑華人研究, 2016
      • Book Reviews : TSUDA Koji, The Ethnography of "Chineseness" Fieldwork in a Local Town in Indonesia in the Era of Changing Order
        片岡 樹
        華僑華人研究, 2011
      • Theodicy of Inter-ethnic Relations: Christianity among the Lahu along the Yunnan-Southeast Asian Peripheries
        Tatsuki Kataoka
        Paper Presented at the 2013 Annual Conference of the Association for Asian Studies (at Manchester Grand Hyatt, San Diego), 2013, Peer-reviewed
      • Command on the Forests: International Relations of Southeast Asia as Viewed from the Highlands.” in Trans-national Southeast Asia: Paradigms, Histories, Vectors
        Tatsuki Kataoka
        Proceedings of the Kyoto-Cornell Joint International Workshop, Jan. 11-12, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University, 2013, Peer-reviewed
      • The Concept of Exchange and Reciprocity in the Discourse of Religion among the Lahu in Northern Thailand
        Tatsuki Kataoka
        International Symposium on "Ethnic Interaction in the Context of Globalization in Southwest China and Its Relationship with Southeast Asia", 19 Jun. 2011
      • Religion as Non-religion: The Place of Chinese Temples in Phuket, Southern Thailand
        Tatsuki Kataoka
        Joint Coference of the Association for Asian Studies and International Convention of Asian Scholars, 02 Apr. 2011
      • 東南アジア大陸辺疆山地からみた国家―『山地民研究』によって見えてくるもの、見えなくなるもの―
        片岡樹
        東南アジア学会第86回研究大会(於東海大学), 2011, Peer-reviewed
      • China Factor in Dynamics of Southeast Asian Periphery: Some Views from Yunnan-Southeast Asian Hills.”
        Kataoka Tatsuki
        in Proceedings of the International Workshop “Plural Coexistence: East Asian Experiences in Comparative and Interdisciplinary Perspectives”, Dec. 17-18, 2011, Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University., 2011, Peer-reviewed
      • 北タイ山地民の視点から
        片岡樹
        2010年度アジア政経学会西日本大会, Jun. 2010
      • 非宗教という宗教-南タイ・プーケットにおける中国系廟にみる制度宗教外の宗教実践-
        片岡樹
        東南アジア学会第83回研究大会, Jun. 2010, Peer-reviewed
      • 神学論争と人類学
        片岡樹
        日本文化人類学会第44回研究大会, Jun. 2010, Peer-reviewed
      • 謎を愉しむ-タイ山地民のフィールドで出会った変な話-
        片岡樹
        日本文化人類学会第43回研究大会, May 2009, Peer-reviewed
      • タイ山地民ラフとキリスト教
        片岡樹
        桜美林大学公開シンポジウム「キ リスト教と人類学―文化をまたぐ―」(於桜美林大学), 2009, Peer-reviewed
      • 国家のはざまを生きる―タイ山地少数民族からみた現代アジア―
        片岡樹
        日本財団APIフェローシップ公開シンポジウム「分断のアジア、融和のアジア ―ゆるやかな『共同性』を求めて―」(於浜離宮朝日ホール), 2008, Peer-reviewed
      • Should Witches be Eliminated?:Discussions on Withcraft of the Lahu of Thailand
        Kataoka Tatsuki
        Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology, 2008, Peer-reviewed
      • アジア周縁社会における移住と国家権力―華南・東南アジアの山 地民ラフの事例から―
        片岡樹
        人間文化研究機構連携研究シンポジウム「ユーラシアと 日本―境界の形成と認識―, 国立歴史民俗博物館, 2007, Peer-reviewed
      • アジア周縁社会における移住と国家権力―華南・東南アジアに おけるラフの事例から―」『ユーラシアと日本-境界の形成と認識―』
        片岡樹
        シンポジウム「ユーラシアと日本:境界の形成と認識―移動という視点―」報告書、pp.41-50., 2007, Peer-reviewed
      • 東南アジア山地民キリスト教徒に見る救済モチーフと民族主義-タイ国のラフの事例から-
        片岡樹
        日本民族学会第37回研究大会(於京都文教大学), 2003, Peer-reviewed
      • 『ラフであること』の条件と『慣習』
        片岡樹
        日本民族学会第36回研究大会(於金沢大学), 2002, Peer-reviewed
      • 山地少数民族から見た国家・宗教・民族-ラフ社会における仏教とキリスト教-
        片岡樹
        日本タイ学会第3回研究大会(於熱海), 2001, Peer-reviewed
      • 大陸東南アジアのプロテスタント山地民にみる『外来』と『土着』の相克-タイ国のキリスト教徒ラフ村落の事例から-
        片岡樹
        日本民族学会第35回研究大会(於神戸大学), 2001, Peer-reviewed
      • クリスチャン・ラフ(ビルマ、タイ)にみる民族意識の形成-初期集団改宗運動とその後日談をめぐって
        片岡樹
        東南アジア史学会第60回研究大会(於桃山学院大学), 1998, Peer-reviewed
      • 教会史文献にみる初期ラフ布教とキリスト教への集団改宗-『失われた本』伝承との関連から-
        片岡樹
        日本民族学会第32回研究大会(於西南学院大学), 1998, Peer-reviewed

      Presentations

      • タイ山地民ラフとキリスト教
        桜美林大学公開シンポジウム「キリスト教と人類学-文化をまたぐ-」, Jan. 2009, 桜美林大学
      • 国家のはざまを生きる-タイ山地少数民族から見た現代アジア-
        公開シンポジウム「分断のアジア、融和のアジア-ゆるやかな『共同性』を求めて-」, 04 Oct. 2008, 日本財団アジア・フェローシップ・プログラム
      • アジアの人類学
        片岡樹; シンジルト; 山田仁史, Joint editor
        春風社, 01 Apr. 2013, Not refereed
      • 東南アジアがわかる教科書Vol.1
        片岡樹; 永田貴聖, Joint work
        イー・アイ・シー, 2013, Not refereed
      • 聖なるもののマッピング―宗教からみた地域像の再構築に向けて ―
        片岡樹, Editor
        CIAS(京都大学地域研究統合情報センター)ディスカッションペーパー26, 2012, Not refereed
      • 静と動の仏教(新アジア仏教史04 スリランカ・東南アジア)(第8章を担当)
        奈良康明; 下田正弘編
        佼成出版社, 30 Jan. 2011, Not refereed
      • 東アジアにおける宗教文化の再構築(243-272頁「妖術からみたタイ山地民の世界観-ラフの例から-」を担当)
        鈴木正祟編
        風響社, 15 Dec. 2010, Not refereed
      • 中国国境地域の移動と交流-近現代中国の南と北-(第三部第一章「アジア周縁社会における移住と国家権力-華南・東南アジア山地民ラフの事例から-」を担当)
        塚田誠之編
        有志舎, 30 Mar. 2010, Not refereed
      • ラフ族の昔話―ビルマ山地少数民族の神話・伝説―
        片岡樹, Single translation
        チャレ著、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所, 2008, Not refereed
      • タイ山地一神教徒の民族誌―キリスト教徒ラフの国家・民族・文 化―
        片岡樹, Single work
        風響社, 2007, Not refereed
      list
        Last Updated :2024/06/28

        Education

        Teaching subject(s)

        • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
          Introduction to Area Studies
          H820, Spring, Institute for Liberal Arts and Sciences, 2
        • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
          Religion and Society
          1206, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 2
        • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
          Research Seminar on Society and Development IV
          1254, Fall, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
          Research Seminar on Society and Development III
          1253, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
          Research Seminar on Society and Development II
          1252, Fall, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
          Research Seminar on Society and Development I
          1251, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2023, To 31 Mar. 2024
          Research Seminar on Society and Development IV
          1254, Fall, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2023, To 31 Mar. 2024
          Research Seminar on Society and Development III
          1253, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2023, To 31 Mar. 2024
          Research Seminar on Society and Development II
          1252, Fall, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2023, To 31 Mar. 2024
          Research Seminar on Society and Development I
          1251, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2022, To 31 Mar. 2023
          Religion and Society
          1206, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 2
        • From 01 Apr. 2022, To 31 Mar. 2023
          Research Seminar on Society and Development I
          1251, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2022, To 31 Mar. 2023
          Research Seminar on Society and Development II
          1252, Fall, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2022, To 31 Mar. 2023
          Research Seminar on Society and Development IV
          1254, Fall, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From 01 Apr. 2022, To 31 Mar. 2023
          Research Seminar on Society and Development III
          1253, Spring, Graduate School of Asian and African Area Studies, 3
        • From Apr. 2011, To Mar. 2012
          宗教社会論
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2012, To Mar. 2013
          Religion and Society
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2013, To Mar. 2014
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Religion and Society
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2014, To Mar. 2015
          Seminar on Asian Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Seminar on Asian Area Studies
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2015, To Mar. 2016
          Religion and Society
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          ILAS Seminar
          Spring, 全学共通科目
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2016, To Mar. 2017
          Religion and Society
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2017, To Mar. 2018
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2018, To Mar. 2019
          Religion and Society
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2019, To Mar. 2020
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2019, To Mar. 2020
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2019, To Mar. 2020
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2019, To Mar. 2020
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2019, To Mar. 2020
          Religion and Society
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2020, To Mar. 2021
          Religion and Society
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Research Seminar on Society and Development III
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Research Seminar on Society and Development II
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Research Seminar on Society and Development IV
          Fall, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Research Seminar on Society and Development I
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科
        • From Apr. 2021, To Mar. 2022
          Religion and Society
          Spring, アジア・アフリカ地域研究研究科

        Participation in PhD Defense

        • Politics of “Cohabitation” in a Multi-religious and Multi-ethnic Society: Everyday Life, Elite Rule and Peace Process in the Southern Philippines
          YOSHIZAWA ASUNA, Graduate School of Asian and African Area Studies, Sub-chief Examiner
          24 Nov. 2023
        • From OVOP to OTOP and Beyond:Ethnography of the One-Product Policy
          Valentin NOBLE, Graduate School of Asian and African Area Studies, Sub-chief Examiner
          23 Mar. 2023
        • Emerging Middle-Class Aspirations through Labour Migration: An Ethnography of Thai Technical Intern Trainees in Japan
          Jessadakorn Kalapong, Graduate School of Asian and African Area Studies, Chief Examiner
          23 Mar. 2023
        • A Study on the Survival and Use of Wild Tea after the Cessation of Swidden Farming in Shiiba, the Kyushu Mountains
          NAITO MAKI, Graduate School of Asian and African Area Studies, Sub-chief Examiner
          23 Mar. 2023
        • Sick Kingdom: The Role and Politics of Thai Health Care in the Domination of Bhumibol's Narrative
          Kritdikorn Wongswangpanich, Graduate School of Asian and African Area Studies, Sub-chief Examiner
          23 Mar. 2022
        • An Ethnographic Study of Gambling in the Philippines: A Construction of Actuality through Immersion in Uncertain Events
          MOROTA FUMIKO, Graduate School of Asian and African Area Studies, Chief Examiner
          23 Mar. 2022

        Student achievements: Papers

        • Malay Boundaries Reconsidered: Perspectives of Indian Muslim Citizens on the Borderline
          Sakine Nakajima
          31 Mar. 2024, single authorship, Asian and African Area Studies, 23, 2, 260, 276

        Student achievements: Presentations

        • 北タイ カトリック・カレンの信徒共同体をめぐる⽂化的動 態から「コミュニティ」を眺める
          Nanase Kido
          日本タイ学会2023年度研究大会, 09 Jul. 2023, From 08 Jul. 2023, To 09 Jul. 2023, Japanese, Oral presentation

        Part-time lecturer

        • From 01 Oct. 2023, To 31 Mar. 2024
          東南アジア研究B
          後期, Ritsumeikan University, 国際関係学部
        • From 01 Oct. 2023, To 30 Nov. 2023
          アジア地域研究1
          第3クオータ, Kyoto Seika University, 国際文化学部
        list
          Last Updated :2024/06/28

          Administration

          School management (title, position)

          • From 01 Apr. 2022, To 31 Mar. 2023
            ASEAN拠点ネットワーク会議 メンバー
          • From 01 Apr. 2015, To 31 Mar. 2016
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員

          Faculty management (title, position)

          • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
            人権問題相談窓口
          • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
            図書委員会委員長
          • From 01 Apr. 2024, To 31 Mar. 2025
            施設整備安全委員会委員長
          • From 01 Apr. 2015, To 31 Mar. 2016
            学務委員会委員長

          ページ上部へ戻る