教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

山野 隆志

ヤマノ タカシ

生命科学研究科 統合生命科学専攻応用生物機構学講座 准教授

山野 隆志
list
    Last Updated :2022/05/18

    基本情報

    所属学協会

    • 日本農芸化学会
    • 日本光合成学会
    • 日本植物学会
    • 日本植物生理学会
    • 日本植物脂質科学研究会
    • ユーグレナ研究会
    • アメリカ植物生理学会

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 博士(生命科学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院生命科学研究科, 博士後期課程統合生命科学専攻, 研究指導認定退学
    • 京都大学, 大学院生命科学研究科, 博士後期課程統合生命科学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院生命科学研究科, 修士課程統合生命科学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 農学部, 生物機能科学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      茨城県立水戸第一高等学校

    経歴

    • 自 2021年04月, 至 現在
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 准教授
    • 自 2019年04月, 至 2021年03月
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 講師
    • 自 2011年04月, 至 2019年03月
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 助教
    • 自 2009年09月, 至 2011年03月
      東京大学, 大学院医学系研究科, 特任研究員
    • 自 2009年01月, 至 2009年08月
      京都大学, 大学院理学研究科, 研究員(学術研究奨励)
    • 自 2008年04月, 至 2008年12月
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 研究員(科学研究)
    • 自 2008年09月
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 学位(生命科学)取得
    • 自 2005年04月, 至 2007年03月
      日本学術振興会, 特別研究員 (DC2)

    プロフィール

    • プロフィール

      【研究】光合成における炭素固定は,地球生態系の物質循環の出発点であり,無機物から有機物を生み出す転換点でもあります.故に,時々刻々と変動する環境において,その光合成の営みを柔軟かつ堅牢に維持するメカニズムを理解することは極めて重要です.私は,水圏に生息する光合成生物とピレノイドを中心とする相分離オルガネラをモデルとして,分子細胞遺伝学・高解像度リアルタイムイメージング・ゲノム情報解析・マルチオミクス解析などの手法を駆使し,光合成を維持する生命の生存戦略を分子の言葉で理解することを目指しています.得られた基礎研究の成果を活用し,SDGs(持続可能な開発目標)への貢献に寄与する応用研究への展開も視野に入れ,人類が直面している環境破壊や食糧不足などの諸問題を解決する礎となる研究を進めます.


      主な研究テーマ


      1. 過酷に変動する環境で生き抜く光合成生物の生存戦略の分子基盤


      2. ピレノイドをモデルとした相分離オルガネラの創発・消失・継承を制御する分子基盤


      3. 炭素固定能力の限界突破を見据えた相分離オルガネラのエンジニアリング


      【教育】学部教育においては,生物・生命科学の入門となる講義や,生物学の面白さに触れることができる生物実習を担当しています.大学院教育においては,次世代シーケンサーから得られるビッグデータの解析手法について,UNIX, R, Python, Dockerなどをベースに,それらに全く触れたこともない初学者に実践的に叩き込む演習形式の講義や,生命科学のフロンティアを学生と英語で議論するディカッション形式の講義等を主に担当しています.これからの生命科学研究者に必須である,実験駆動及びデータ駆動生命科学を両輪で推進するための大学・大学院教育に携わっています.

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/18

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        1. 光合成生物の環境応答の分子基盤の解明
        2. 相分離オルガネラの発達・消失・継承を制御する分子基盤の解明
        3. 光合成能力の改変を見据えた相分離オルガネラのエンジニアリング
      • 研究概要

        光合成における炭素固定は,地球生態系の物質循環の出発点であり,無機物から有機物を生み出す転換点でもあります.故に,時々刻々と変動する環境において,その光合成の営みを柔軟かつ堅牢に維持するメカニズムを理解することは極めて重要です.私は,光合成生物と相分離オルガネラをモデルとして,分子遺伝学・高解像度リアルタイムイメージング・ゲノム情報解析などの手法を駆使し,光合成を維持する生命の生存戦略を分子の言葉で理解することを目指しています.人類が直面している環境破壊や食糧不足などの諸問題を解決する礎となる研究を進めていきます.

      研究キーワード

      • 環境応答
      • 光合成
      • オルガネラ
      • 葉緑体
      • 炭素固定
      • 液-液相分離
      • 藻類
      • オルガネラダイナミクス
      • レトログレードシグナル
      • クラミドモナス
      • ピレノイド
      • CO2濃縮機構
      • ルビスコ
      • 蛍光顕微鏡
      • 1細胞観察
      • FRAP
      • マイクロ流体デバイス
      • マルチオミクス解析
      • バイオインフォマティクス

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細胞生物学
      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 植物分子、生理科学

      論文

      • CO2-dependent migration and relocation of LCIB, a pyrenoid-peripheral protein in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Chihana Toyokawa; Daisuke Shimamura; Toshiki Matsuoka; Hideya Fukuzawa
        Plant Physiology, 2022年02月04日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The Chlamydomonas bZIP transcription factor BLZ8 confers oxidative stress tolerance by inducing the carbon-concentrating mechanism
        Bae Young Choi; Hanul Kim; Donghwan Shim; Sunghoon Jang; Yasuyo Yamaoka; Seungjun Shin; Takashi Yamano; Masataka Kajikawa; EonSeon Jin; Hideya Fukuzawa; Youngsook Lee
        The Plant Cell, 2022年02月03日, 査読有り
      • Proton-pumping rhodopsins in marine diatoms
        Susumu Yoshizawa; Tomonori Azuma; Keiichi Kojima; Keisuke Inomura; Masumi Hasegawa; Yosuke Nishimura; Masuzu Kikuchi; Gabrielle Armin; Hideaki Miyashita; Kentaro Ifuku; Takashi Yamano; Adrian Marchetti; Hideya Fukuzawa; Yuki Sudo; Ryoma Kamikawa
        bioRxiv, 2022年, 査読有り
      • Hyperosmotic stress-induced microtubule disassembly in Chlamydomonas reinhardtii
        Lee Mei Ng; Shinichiro Komaki; Hideyuki Takahashi; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa; Takashi Hashimoto
        BMC Plant Biology, 2022年01月, 査読有り
      • Characterization of a CO2-Concentrating Mechanism with Low Sodium Dependency in the Centric Diatom Chaetoceros gracilis
        Yoshinori Tsuji; George Kusi-Appiah; Noriko Kozai; Yuri Fukuda; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        Marine Biotechnology, 2021年06月09日, 査読有り
      • Chlamydomonas reinhardtii tubulin-gene disruptants for efficient isolation of strains bearing tubulin mutations
        Takako Kato-Minoura; Yutaro Ogiwara; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa; Ritsu Kamiya
        PLOS ONE, 2020年11月23日, 査読有り
      • Raman image-activated cell sorting.
        Nao Nitta; Takanori Iino; Akihiro Isozaki; Mai Yamagishi; Yasutaka Kitahama; Shinya Sakuma; Yuta Suzuki; Hiroshi Tezuka; Minoru Oikawa; Fumihito Arai; Takuya Asai; Dinghuan Deng; Hideya Fukuzawa; Misa Hase; Tomohisa Hasunuma; Takeshi Hayakawa; Kei Hiraki; Kotaro Hiramatsu; Yu Hoshino; Mary Inaba; Yuki Inoue; Takuro Ito; Masataka Kajikawa; Hiroshi Karakawa; Yusuke Kasai; Yuichi Kato; Hirofumi Kobayashi; Cheng Lei; Satoshi Matsusaka; Hideharu Mikami; Atsuhiro Nakagawa; Keiji Numata; Tadataka Ota; Takeichiro Sekiya; Kiyotaka Shiba; Yoshitaka Shirasaki; Nobutake Suzuki; Shunji Tanaka; Shunnosuke Ueno; Hiroshi Watarai; Takashi Yamano; Masayuki Yazawa; Yusuke Yonamine; Dino Di Carlo; Yoichiroh Hosokawa; Sotaro Uemura; Takeaki Sugimura; Yasuyuki Ozeki; Keisuke Goda
        Nature communications, 2020年07月10日, 査読有り
      • Pyrenoid Starch Sheath Is Required for LCIB Localization and the CO2-Concentrating Mechanism in Green Algae
        Chihana Toyokawa; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        Plant Physiology, 2020年04月, 査読有り
      • CrABCA2 Facilitates Triacylglycerol Accumulation in Chlamydomonas reinhardtii under Nitrogen Starvation.
        Sunghoon Jang; Fantao Kong; Jihyeon Lee; Bae Young Choi; Pengfei Wang; Peng Gao; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa; Byung-Ho Kang; Youngsook Lee
        Molecules and cells, 2020年01月31日, 査読有り
      • Transformation of the Model Microalga Chlamydomonas reinhardtii Without Cell-Wall Removal.
        Yamano T; Fukuzawa H
        Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 2020年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Lipid remodeling regulator 1 (LRL1) is differently involved in the phosphorus-depletion response from PSR1 in Chlamydomonas reinhardtii.
        Nur A Hidayati; Yui Yamada-Oshima; Masako Iwai; Takashi Yamano; Masataka Kajikawa; Nozomu Sakurai; Kunihiro Suda; Kanami Sesoko; Koichi Hori; Takeshi Obayashi; Mie Shimojima; Hideya Fukuzawa; Hiroyuki Ohta
        The Plant journal, 2019年11月, 査読有り
      • A practical guide to intelligent image-activated cell sorting.
        Akihiro Isozaki; Hideharu Mikami; Kotaro Hiramatsu; Shinya Sakuma; Yusuke Kasai; Takanori Iino; Takashi Yamano; Atsushi Yasumoto; Yusuke Oguchi; Nobutake Suzuki; Yoshitaka Shirasaki; Taichiro Endo; Takuro Ito; Kei Hiraki; Makoto Yamada; Satoshi Matsusaka; Takeshi Hayakawa; Hideya Fukuzawa; Yutaka Yatomi; Fumihito Arai; Dino Di Carlo; Atsuhiro Nakagawa; Yu Hoshino; Yoichiroh Hosokawa; Sotaro Uemura; Takeaki Sugimura; Yasuyuki Ozeki; Nao Nitta; Keisuke Goda
        Nature protocols, 2019年08月, 査読有り
      • Algal Protein Kinase, Triacylglycerol Accumulation Regulator 1, Modulates Cell Viability and Gametogenesis in Carbon/Nitrogen-Imbalanced Conditions
        Haruka Shinkawa; Masataka Kajikawa; Yuko Nomura; Mayu Ogura; Yuri Sawaragi; Takashi Yamano; Hirofumi Nakagami; Naoyuki Sugiyama; Yasushi Ishihama; Yu Kanesaki; Hirofumi Yoshikawa; Hideya Fukuzawa
        Plant and Cell Physiology, 2019年04月01日, 査読有り
      • 緑藻クラミドモナスにおける光合成ターボエンジンの駆動と制御
        山野 隆志; 福澤 秀哉
        光合成研究, 2019年04月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Inner lumen proteins stabilize doublet microtubules in cilia and flagella.
        Mikito Owa; Takayuki Uchihashi; Haru-Aki Yanagisawa; Takashi Yamano; Hiro Iguchi; Hideya Fukuzawa; Ken-Ichi Wakabayashi; Toshio Ando; Masahide Kikkawa
        Nature communications, 2019年03月08日, 査読有り
      • The bZIP1 Transcription Factor Regulates Lipid Remodeling and Contributes to ER Stress Management in Chlamydomonas reinhardtii.
        Yamaoka Y; Shin S; Choi BY; Kim H; Jang S; Kajikawa M; Yamano T; Kong F; Legeret B; Fukuzawa H; Li-Beisson Y; Lee Y
        The Plant cell, 2019年03月, 査読有り
      • Intelligent Image-Activated Cell Sorting.
        Nao Nitta; Takeaki Sugimura; Akihiro Isozaki; Hideharu Mikami; Kei Hiraki; Shinya Sakuma; Takanori Iino; Fumihito Arai; Taichiro Endo; Yasuhiro Fujiwaki; Hideya Fukuzawa; Misa Hase; Takeshi Hayakawa; Kotaro Hiramatsu; Yu Hoshino; Mary Inaba; Takuro Ito; Hiroshi Karakawa; Yusuke Kasai; Kenichi Koizumi; SangWook Lee; Cheng Lei; Ming Li; Takanori Maeno; Satoshi Matsusaka; Daichi Murakami; Atsuhiro Nakagawa; Yusuke Oguchi; Minoru Oikawa; Tadataka Ota; Kiyotaka Shiba; Hirofumi Shintaku; Yoshitaka Shirasaki; Kanako Suga; Yuta Suzuki; Nobutake Suzuki; Yo Tanaka; Hiroshi Tezuka; Chihana Toyokawa; Yaxiaer Yalikun; Makoto Yamada; Mai Yamagishi; Takashi Yamano; Atsushi Yasumoto; Yutaka Yatomi; Masayuki Yazawa; Dino Di Carlo; Yoichiroh Hosokawa; Sotaro Uemura; Yasuyuki Ozeki; Keisuke Goda
        Cell, 2018年09月20日, 査読有り
      • High-resolution suborganellar localization of Ca2+-binding protein CAS, a novel regulator of CO2-concentrating mechanism
        Takashi Yamano; Chihana Toyokawa; Hideya Fukuzawa
        Protoplasma, 2018年07月01日, 査読有り, 筆頭著者
      • CSL encodes a leucine-rich-repeat protein implicated in red/violet light signaling to the circadian clock in Chlamydomonas.
        Ayumi Kinoshita; Yoshimi Niwa; Kiyoshi Onai; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa; Masahiro Ishiura; Takuya Matsuo
        PLoS genetics, 2017年03月, 査読有り
      • Chloroplast-mediated regulation of CO2-concentrating mechanism by Ca2+-binding protein CAS in the green alga Chlamydomonas reinhardtii
        Lianyong Wang; Takashi Yamano; Shunsuke Takane; Yuki Niikawa; Chihana Toyokawa; Shin-ichiro Ozawa; Ryutaro Tokutsu; Yuichiro Takahashi; Jun Minagawa; Yu Kanesaki; Hirofumi Yoshikawa; Hideya Fukuzawa
        Proceedings of the National Academy of Sciences, 2016年11月01日, 査読有り
      • Indirect Immunofluorescence Assay in Chlamydomonas reinhardtii.
        Yamano T; Fukuzawa H
        bio-protocol, 2016年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Characterization of cooperative bicarbonate uptake into chloroplast stroma in the green alga Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Emi Sato; Hiro Iguchi; Yuri Fukuda; Hideya Fukuzawa
        Proceedings of the National Academy of Sciences, 2015年06月09日, 査読有り, 筆頭著者
      • Algal Dual-Specificity Tyrosine Phosphorylation-Regulated Kinase, Triacylglycerol Accumulation Regulator1, Regulates Accumulation of Triacylglycerol in Nitrogen or Sulfur Deficiency
        Masataka Kajikawa; Yuri Sawaragi; Haruka Shinkawa; Takashi Yamano; Akira Ando; Misako Kato; Masafumi Hirono; Naoki Sato; Hideya Fukuzawa
        Plant Physiology, 2015年06月, 査読有り
      • Isolation and characterization of novel high-CO2-requiring mutants of Chlamydomonas reinhardtii
        Lianyong Wang; Takashi Yamano; Masataka Kajikawa; Masafumi Hirono; Hideya Fukuzawa
        Photosynthesis Research, 2014年09月, 査読有り
      • Isolation and characterization of mutants defective in the localization of LCIB, an essential factor for the carbon-concentrating mechanism in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Atsuko Asada; Emi Sato; Hideya Fukuzawa
        Photosynthesis Research, 2014年09月, 筆頭著者
      • Rapid transformation of Chlamydomonas reinhardtii without cell-wall removal
        Takashi Yamano; Hiro Iguchi; Hideya Fukuzawa
        Journal of Bioscience and Bioengineering, 2013年06月, 査読有り, 筆頭著者
      • 緑藻クラミドモナスにおける無機炭素濃縮機構と脂質代謝
        福澤秀哉; 山野隆志; 梶川昌孝
        光合成研究, 2012年12月, 査読有り, 招待有り
      • Photosynthetic characteristics of a multicellular green alga Volvox carteri in response to external CO2 levels possibly regulated by CCM1/CIA5 ortholog
        Takashi Yamano; Akimitsu Fujita; Hideya Fukuzawa
        Photosynthesis Research, 2011年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • 位相差顕微鏡法における遊泳細胞の三次元トラッキング
        奥 寛雅; 清川 博貴; 山野 隆志; 吉川 雅英; 石川 正俊
        第17回画像センシングシンポジウム (SSII2011) 講演論文集, 2011年
      • Light and Low-CO2-Dependent LCIB–LCIC Complex Localization in the Chloroplast Supports the Carbon-Concentrating Mechanism in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Tomoki Tsujikawa; Kyoko Hatano; Shin-ichiro Ozawa; Yuichiro Takahashi; Hideya Fukuzawa
        Plant and Cell Physiology, 2010年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • Carbon-concentrating mechanism in a green alga,Chlamydomonas reinhardtii, revealed by transcriptome analyses
        Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        Journal of Basic Microbiology, 2009年02月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Expression Analysis of Genes Associated with the Induction of the Carbon-Concentrating Mechanism in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Kenji Miura; Hideya Fukuzawa
        Plant Physiology, 2008年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Gene organization of the liverwort Y chromosome reveals distinct sex chromosome evolution in a haploid system
        K. T. Yamato; K. Ishizaki; M. Fujisawa; S. Okada; S. Nakayama; M. Fujishita; H. Bando; K. Yodoya; K. Hayashi; T. Bando; A. Hasumi; T. Nishio; R. Sakata; M. Yamamoto; A. Yamaki; M. Kajikawa; T. Yamano; T. Nishide; S.-H. Choi; Y. Shimizu-Ueda; T. Hanajiri; M. Sakaida; K. Kono; M. Takenaka; S. Yamaoka; C. Kuriyama; Y. Kohzu; H. Nishida; A. Brennicke; T. Shin-i; Y. Kohara; T. Kohchi; H. Fukuzawa; K. Ohyama
        Proceedings of the National Academy of Sciences, 2007年04月10日, 査読有り
      • Expression Profiling-Based Identification of CO2-Responsive Genes Regulated by CCM1 Controlling a Carbon-Concentrating Mechanism in Chlamydomonas reinhardtii
        Kenji Miura; Takashi Yamano; Satoshi Yoshioka; Tsutomu Kohinata; Yoshihiro Inoue; Fumiya Taniguchi; Erika Asamizu; Yasukazu Nakamura; Satoshi Tabata; Katsuyuki T. Yamato; Kanji Ohyama; Hideya Fukuzawa
        Plant Physiology, 2004年07月, 査読有り
      • The Novel Myb Transcription Factor LCR1 Regulates the CO2-Responsive Gene Cah1, Encoding a Periplasmic Carbonic Anhydrase in Chlamydomonas reinhardtii [W]
        Satoshi Yoshioka; Fumiya Taniguchi; Kenji Miura; Takeshi Inoue; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The Plant Cell, 2004年06月03日, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • 緑藻クラミドモナスのCO2濃縮機構を制御するCCM1/CBP1複合体の機能解析
        安田 詢子; 嶋村 大亮; 山原 洋佑; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第17回京大植物縦横無尽の会ワークショップ, 2021年11月12日, 京都大学
      • FRAP法を用いた液-液相分離する緑藻ピレノイドの動態解析
        小峠 達大; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第17回京大植物縦横無尽の会ワークショップ, 2021年11月12日, 京都大学
      • ツノケイソウの光合成無機炭素獲得機構とモデル生物化に向けた凍結保存条件の検討
        辻 敬典; Kusi-Appiah George; 香西 紀子; 福田 有里; 山野 隆志; 成瀬 清; 福澤 秀哉
        CRYOPRESERVATION CONFERENCE 2021, 2021年11月11日, 基礎生物学研究所, 招待有り
      • 1細胞高解像度イメージングにより得られた緑藻ピレノイドの細胞分裂時のダイナミクス
        小峠 達大; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本植物学会 第85回大会, 2021年09月16日, 日本植物学会
      • Pyrenoid-localized protein SAGA1 is required for the expression of some CCM-related genes
        Daisuke Shimamura; Yuki Niikawa; Donghui HU; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        19th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas, 2021年08月29日
      • ツノケイソウChaetoceros gracilisはNa+への依存度が低いCO2濃縮機構を有する
        辻 敬典; George Kusi-Appiah; 香西 紀子; 福田 有里; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第21回マリンバイオテクノロジー学会大会, 2021年05月15日, マリンバイオテクノロジー学会
      • 緑藻クラミドモナスのC/Nストレス応答におけるDYRK型キナーゼ、TAR1とDYRKP1の関連性の解明
        木下 あかり; 辻 敬典; 新川 はるか; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本藻類学会第45回大会, 2021年03月15日, 日本藻類学会
      • 緑藻葉緑体におけるCO2に応答した炭酸脱水酵素の局在変化
        山野 隆志; 豊川 知華; 嶋村 大亮; 福澤 秀哉
        第62回日本植物生理学会年会, 2021年03月15日, 日本植物生理学会
      • C/N ストレス条件下で、クロロフィル蓄積量に異常を示すバルデー・ビードル症候群関連タンパク質9(BBS9)変異体の解析
        木下 あかり; 辻 敬典; 新川 はるか; 梶川 昌孝; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第14回クラミドモナス研究会, 2021年03月05日
      • 緑藻における重炭酸イオンチャネルLCIAの発現調節変異株の解析
        渡辺 健太; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第14回クラミドモナス研究会, 2021年03月05日
      • 緑藻のデンプン鞘はCO2濃縮機構に寄与する
        山野 隆志; 豊川 知華; 福澤 秀哉
        日本植物学会第84回大会, 2020年09月19日, 日本植物学会
      • 緑藻クラミドモナスのデンプン鞘はCO2濃縮機構に寄与する
        山野 隆志; 豊川 知華; 福澤 秀哉
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020年03月28日
      • 緑藻クラミドモナスの脂質蓄積の制御(1)タンパク質リン酸化酵素TAR1の機能
        新川 はるか; 太田 羽藍; 梶川 昌孝; 野村 裕子; 小倉 真優; 椹木 裕里; 山野 隆志; 中神 弘史; 杉山直幸; 石濱 泰; 兼崎 友; 吉川 博文; 福澤秀哉
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020年03月28日
      • 緑藻クラミドモナスの脂質蓄積の制御(2)タンパク質脱リン酸化酵素PP2C3の同定
        宮本 明日香; 梶川 昌孝; 新川 はるか; 辻 敬典; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020年03月28日
      • 緑藻クラミドモナスの脂質蓄積の制御(3)脂質蓄積異常株bbs9-1の解析
        木下 あかり; 辻 敬典; 新川 はるか; 梶川 昌孝; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本農芸化学会2020年度大会, 2020年03月28日
      • 緑藻クラミドモナスのSAGA1変異株は異常なピレノイドの形態だけでなく重炭酸イオン取り込み機能の抑制による影響で高CO2要求性の表現型を示す
        嶋村 大亮; 新川 友貴; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第61回日本植物生理学会年会, 2020年03月21日
      • クラミドモナスにおけるデンプン鞘はCO2濃縮機構に必要である
        豊川 知華; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第61回日本植物生理学会年会, 2020年03月21日
      • 藻類のタンパク質リン酸化酵素Triacylglycerol Accumulation Regulator1はC/Nストレス条件下における細胞生存率と配偶子誘導を制御する
        新川 はるか; 梶川 昌孝; 椹木 裕里; 山野 隆志; 兼崎 友; 吉川 博文; 福澤 秀哉
        第61回日本植物生理学会年会, 2020年03月21日
      • 高CO2かつ窒素欠乏条件でTAGを高蓄積する緑藻クラミドモナスの変異体B10株の解析
        長房 すずか; 宮本 あすか; 新川 はるか; 新川 友貴; 山野 隆志; 辻 敬典; 梶川 昌孝; 福澤 秀哉
        第61回日本植物生理学会年会, 2020年03月21日
      • 緑藻クラミドモナスのデンプン鞘はLCIBの局在と無機炭素濃縮機構に必要である
        豊川 知華; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        ユーグレナ研究会 第35回研究集会, 2019年11月09日
      • C/N ストレス条件でTAGを高蓄積する緑藻変異株B10株の解析
        長房 すずか; 宮本 明日香; 新川 はるか; 新川 友貴; 山野 隆志; 辻 敬典; 梶川 昌孝; 福澤秀哉
        第32回植物脂質シンポジウム, 2019年09月18日
      • CO2濃縮に関わるデンプン結合性因子の同定とCRISPR/Cas9による遺伝子破壊
        嶋村 大亮; 新川 友貴; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第37日本植物細胞分子生物学会大会, 2019年09月07日
      • ピレノイド周囲のデンプン鞘はLCIBの局在と無機炭素濃縮機構に必要である
        豊川 知華; 山野 隆志; 松岡 俊樹; 福澤 秀哉
        第13回クラミドモナス研究会, 2019年09月05日
      • インテリジェント画像活性細胞選抜法によるタンパク質局在変化を指標にした藻類細胞の高速変異株スクリーニング
        山野 隆志; 豊川 知華; 新田 尚; 杉村 武昭; 磯崎 瑛宏; 飯野 敬矩; 伊藤 卓朗; 合田 圭介; 福澤 秀哉
        第13回クラミドモナス研究会, 2019年09月05日
      • Running and regulation of photosynthetic turbocharger engine in green alga
        山野 隆志
        ERATO セミナー, 2019年07月19日, 沼田オルガネラ反応クラスタープロジェクト, 招待有り
      • Running and regulation of photosynthetic turbocharger engine in green alga
        Takashi Yamano
        第21回京都大学生命科学研究科シンポジウム Amgen session Frontier in life science II, 2019年07月05日, 京都大学生命科学研究科, 招待有り
      • C/Nストレス条件で葉緑素と脂質を異常蓄積する新奇緑藻変異株ccdc124の解析
        長房 すずか; 宮本 明日香; 新川 はるか; 新川 友貴; 山野 隆志; 梶川 昌孝; 福澤 秀哉
        第43回日本藻類学会大会, 2019年03月15日
      • 緑藻クラミドモナスのCCM必須因子LCIBの局在変化はCO2濃度依存的かつCCM1制御を受ける
        豊川 知華; 松岡 俊樹; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第60回日本植物生理学会年会, 2019年03月13日
      • CO2に依存するタンパク質局在変化を指標にしたインテリジェント画像活性細胞選抜法による藻類細胞の高速変異株スクリーニング
        山野 隆志; 豊川 知華; 松岡 俊樹; 新田 尚; 杉村 武昭; 磯崎 瑛宏; 飯野 敬矩; 伊藤 卓朗; 合田 圭介; 福澤 秀哉
        第60回日本植物生理学会年会, 2019年03月13日
      • 細胞検索エンジンによるタンパク質局在異常を指標とした藻類細胞の高速ミュータントスクリーニ ング
        山野隆志; 豊川知華; 新田尚; 杉村武昭; 磯崎瑛宏; 飯野敬矩; 伊藤卓朗; 合田圭介; 福澤秀哉
        2019年生体運動研究合同班会議, 2019年01月04日
      • High-throughput screening of algal mutants by intelligent image-activated cell sorting
        Takashi Yamano; Chihana Toyokawa; Toshiki Matsuoka; Nao Nitta; Takeaki Sugimura; Akihiro Isozaki; Takanori Iino; Takuro Ito; Keisuke Goda; Hideya Fukuzawa
        International Symposium on Photosynthesis and Chloroplast Biogenesis 2018, 2018年11月07日
      • 細胞検索エンジンによる藻類細胞の超高速ミュータントスクリーニング
        山野隆志; 豊川知華; 新田尚; 杉村武昭; 磯崎瑛宏; 飯野敬矩; 伊藤卓朗; 合田圭介; 福澤秀哉
        京都大学植物縦横無尽の会 第14回ワークショップ, 2018年10月05日
      • 緑藻クラミドモナスのCO2濃縮機構に必須な因子LCIBの局在制御機構
        豊川 知華; 松岡 俊樹; 西村 明洋; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本植物学会第82回大会, 2018年09月14日, 日本植物学会
      • ツノケイソウにおけるトランスクリプトーム解析を用いた無機炭素濃縮機構関連因子の探索
        香西 紀子; 福田 有里; 山野 隆志; 兼崎 友; 吉川 博文; 福澤 秀哉
        日本植物学会第82回大会, 2018年09月14日, 日本植物学会
      • 窒素欠乏環境下で葉緑素と脂質を異常蓄積する緑藻変異株の解析
        長房 すずか; 宮本 明日香; 嶋村 大亮; 本庄 智也; 新川 友貴; 香西 紀子; 梶川 昌孝; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本植物学会第82回大会, 2018年09月14日, 日本植物学会
      • CO2濃縮に必要な因子LCIBがピレノイド周囲に局在する培養条件の再検討
        松岡 俊樹; 豊川 知華; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本植物学会第82回大会, 2018年09月14日, 日本植物学会
      • 緑藻CO2要求性変異株の単離とCO2濃縮機構の制御因子の大規模探索
        嶋村 大亮; 新川 友貴; 胡 東輝; 本庄 智也; 香西 紀子; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        日本植物学会第82回大会, 2018年09月14日, 日本植物学会
      • Characterization of green algal mutants that abnormally accumulates high levels of TAG and chlorophyll under C/N stress
        Suzuka Nagafusa; Asuka Miyamoto; Daisuke Shimamura; Tomoya Honjyo; Yuki Nikawa; Noriko Kozai; Masataka Kajikawa; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The 17th International Joint Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology among Kyoto University, National Taiwan University, the University of Tsukuba, 2018年06月30日, 京都大学
      • Isolation and characterization of novel high-CO2-requiring mutants of Chlamydomonas reinhardtii
        Daisuke Shimamura; Yuki Niikawa; Donghui Hu; Asuka Miyamoto; Tomoya Honjo; Noriko Kozai; Chihana Toyokawa; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The 17th International Joint Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology among Kyoto University, National Taiwan University, the University of Tsukuba, 2018年06月30日, 京都大学
      • Algal Protein Kinase TAR1 Modulates Cellular Viability and Promotes Gametogenesis in High-CO2/Nitrogen-Deficient Conditions
        Haruka Shinkawa; Masataka Kajikawa; Yuri Sawaragi; Takashi Yamano; Yu Kanesaki; Hirofumi Yoshikawa; Hideya Fukuzawa
        18th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas, 2018年06月17日
      • Properties of Chlamydomonas Mutants That Lack One of the Two Alpha- or Two Beta-Tubulin Genes
        Takako Kato-Minoura; Yutaro Ogiwara; Ryosuke Suzuki; Hideya Fukuzawa; Takashi Yamano; Ritsu Kamiya
        18th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas, 2018年06月17日
      • CO2-dependent relocation of calcium-binding protein CAS and LCIB essential for carbon-concentrating mechanism in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Chihana Toyokawa; Toshiki Matsuoka; Hideya Fukuzawa
        18th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas, 2018年06月17日
      • CO2要求性変異株の単離とCO2濃縮機構の制御因子の大規模探索
        新川 友貴; 胡 東輝; 嶋村 大亮; 本庄 智也; 香西 紀子; 宮本 明日香; 豊川 知華; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第59回日本植物生理学会年会, 2018年03月27日, 日本植物生理学会
      • De novoトランスクリプトームアセンブリを用いたChaetoceros gracilisにおけるCCM関連因子の探索
        香西 紀子; 福田 有里; 山野 隆志; 兼崎 友; 吉川 博文; 福澤 秀哉
        第59回日本植物生理学会年会, 2018年03月27日, 日本植物生理学会
      • 高CO2かつ窒素欠乏環境でTAGとChlorophyllを異常蓄積する緑藻変異株の単離と解析
        宮本 明日香; 新川 友貴; 嶋村 大亮; 本庄 智也; 香西 紀子; 胡 東輝; 豊川 知華; 新川 はるか; 梶川 昌孝; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第59回日本植物生理学会年会, 2018年03月27日, 日本植物生理学会
      • Isolation of green algal mutants accumulating high levels of TAG and chlorophyll under nitrogen deficient conditions
        Asuka Miyamoto; Yuki Niikawa; Daisuke Shimamura; Tomoya Honjo; Noriko Kozai; Donghui Hu; Chihana Toyokawa; Haruka Shinkawa; Masataka Kajikawa; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The 16th International Student Seminar, 2018年02月28日, 京都大学
      • De novo transcriptome assembly for identifying genes associated with CO2-concentrating mechanism in a centric diatom, Chaetoceros gracilis
        Noriko Kozai; Takashi Yamano; Yu Kanesaki; Hirofumi Yoshikawa; Hideya Fukuzawa
        The 16th International Student Seminar, 2018年02月28日, 京都大学
      • α-、β-チューブリン遺伝子を1コピーしかもたないクラミドモナス変異株の性質
        箕浦 高子; 福澤 秀哉; 山野 隆志; 神谷 律
        生体運動研究合同班会議, 2018年01月05日
      • 葉緑体Ca2+結合タンパク質CASによる核のCO2応答性遺伝子発現とCO2濃縮の制御
        山野 隆志; 新川 友貴; 豊川 知華; 王 連勇; 兼崎 友; 吉川 博文; 福澤 秀哉
        日本植物学会第81回大会, 2017年09月08日
      • 光とCO2に応答して葉緑体内を移動する2濃縮因子LCIBの局在変異株
        豊川知華; 西村明洋; 山野隆志; 松岡俊樹; 福澤秀哉
        新光合成&光合成若手の会ジョイント若手ワークショップ, 2017年08月30日
      • A Chlamydomonas bZIP transcription factor important for regulation of the pinolenic acid synthesis under ER stress
        Yasuyo Yamaoka; Seungjun Shin; Bae Young Choi; Sunghoon Jang; Hanul Kim; Takashi Yamano; Won-yong Song; Hideya Fukuzawa; Youngsook Lee
        15th Euro Fed Lipid Congress, 2017年08月27日
      • Chloroplast-mediated regulation of CO2-concentrating mechanism by Ca2+-binding protein CAS
        Takashi Yamano
        第19回京都大学生命科学研究科シンポジウム, 2017年07月06日, 京都大学生命科学研究科, 招待有り
      • 藻類のCO2濃縮とその制御 ー光合成のターボエンジンはいかにして駆動するかー
        山野隆志
        第13回植物縦横無尽の会, 2017年06月09日, 招待有り
      • 葉緑体Ca2+結合タンパク質CASはCa2+シグナルを介してCO2応答性遺伝子を制御し光合成無機炭素親和性を維持する
        新川 友貴; 胡 東輝; 王 連勇; 山野 隆志; 吉川 博文; 兼崎 友; 福澤 秀哉
        第8回日本光合成学会年会およびシンポジウム, 2017年05月27日, 日本光合成学会
      • Calcium, carbon dioxide and light-mediated regulation of bicarbonate transport system in the green alga Chlamydomonas reinhardtii
        Hideya Fukuzawa; Takashi Yamano; Lianyong Wang; Yuki Niikawa; Chihana Toyokawa
        Gordon Research Conference - CO2 Assimilation in Plants from Genome to Biome: Adapting Photosynthesis to Insure Against an Uncertain Future, 2017年04月30日
      • PHS1 tubulin kinase is transiently activated by salt and hyperosmotic stresses in Arabidospis thaliana and Chlamydomonas reinhardtii
        Lee Mei Ng; Hideyuki Takahashi; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa; Takashi Hashimoto
        第58回日本植物生理学会年会, 2017年03月16日, 日本植物生理学会
      • 緑藻クラミドモナスにおいて光とCO2により制御されるカルシウム結合タンパク質CASの細胞内局在
        王 連勇; 山野 隆志; 新川 友貴; 豊川 知華; 福澤 秀哉
        第58回日本植物生理学会年会, 2017年03月16日, 日本植物生理学会
      • CO2と光に応答した葉緑体カルシウム結合タンパク質CASの局在変化
        豊川 知華; 王 連勇; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        ImPACTプログラム会議, 2017年03月13日, 招待有り
      • Trancriptome analysis of nuclear-encoded genes reulated by chloroplast-localized Ca2+-binding protein CAS in Chlamydomonas reinhardtii
        Yuki Niikawa; Lianyong Wang; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The 15th International Student Seminar, 2017年02月23日, 京都大学
      • High-resolution suborganellar localization of Ca2+-binding protein CAS, a novel regulator of CO2-concentrating mechanism in a green alga, Chlamydomonas reinhardtii
        Chihana Toyokawa; Lianyong Wang; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The 15th International Student Seminar, 2017年02月23日, 京都大学
      • Isolation and characterization of high-CO2-requiring insertion mutants, generated by transforming DNA fragment encoding hygromycin-resistant protein coding region without promoter and translation initiation codon, from the green alga, Chlamydomonas reinhardtii
        Donghui Hu; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The 15th International Student Seminar, 2017年02月23日, 京都大学
      • α-、β-チューブリン遺伝子を1コピーしかもたないクラミドモナス変異株の単離
        箕浦 高子; 福澤 秀哉; 山野 隆志; 神谷 律
        2017年生体運動研究合同班会議, 2017年01月06日
      • Identification of nuclear genes regulated by chloroplast calcium-sensing receptor homologue, CAS, under CO2-limiting conditions by transcriptome analyses in Chlamydomonas reinhardtii
        Yuki Niikawa; Lianyong Wang; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        The IXth International Symposium on Inorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms (CCM9), 2016年08月14日
      • Suborganellar localization of chloroplast Ca2+-binding protein CAS, a novel regulator of CO2-concentrating mechanism, in Chlamydomonas reinhardtii
        Chihana Toyokawa; Takashi Yamano; Lianyong Wang; Hideya Fukuzawa
        The IXth International Symposium on Inorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms (CCM9), 2016年08月14日
      • Thylakoid calcium-binding protein CAS and calcium regulate the inorganic carbon uptake in Chlamydomonas reinhardtii
        Lianyong Wang; Takashi Yamano; Shunsuke Takane; Yuki Niikawa; Chihana Toyokawa; Ryutaro Tokutsu; Jun Minagawa; Hideya Fukuzawa
        The IXth International Symposium on Inorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms (CCM9), 2016年08月14日
      • Characterization of cooperative bicarbonate transport uptake into chloroplast stroma in the green alga Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Emi Sato; Hiro Iguchi; Yuri Fukuda; Hideya Fukuzawa
        The IXth International Symposium on Inorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms (CCM9), 2016年08月14日
      • Chloroplast-mediated regulation of CO2-concentrating mechanism by Ca2+-binding protein CAS in the green alga Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Lianyong Wang; Shunsuke Takane; Yuki Niikawa; Chihana Toyokawa; Ryutaro Tokutsu; Jun Minagawa; Hideya Fukuzawa
        Satellite Meeting on Photosynthesis, 2016年07月01日, 招待有り
      • Cooperative bicarbonate uptake into chloroplast stroma by HLA3 and LCIA in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Emi Sato; Hiro Iguchi; Yuri Fukuda; Hideya Fukuzawa
        17th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas, 2016年06月26日
      • Ca2+結合タンパク質CASによる葉緑体を介した重炭酸イオン輸送の制御機構
        山野 隆志; 王 連勇; 高根 俊輔; 新川 友貴; 豊川 知華; 小澤 真一郎; 得津 隆太郎; 高橋 裕一郎; 皆川 純; 兼崎 友; 吉川 博文; 福澤 秀哉
        第7回日本光合成学会年会およびシンポジウム, 2016年05月27日
      • 緑藻ランダム挿入変異体ライブラリーの作成と利用
        山野 隆志; 梶川 昌孝; 井口 ひろ; 水原 初枝; 王 連勇; 新川 はるか; 舟津 尚子; 安部 竜樹; 小川 真梨菜; 津田 高佑; 福田 有里; 豊川 知華; 新川 友貴; 後藤 裕樹; 椹木 裕里; 高根 俊輔; 黄瀬 光稀; 北田 諒平; 坂井 遼太; 木平 成子; 佐藤 江美; 中田 光隆; 古谷 憲一; 北 悠人; 宮崎 葵; 福澤 秀哉
        第12回 クラミドモナス研究会, 2015年09月03日, 招待有り
      • 緑藻クラミドモナスの重炭酸イオン輸送機構
        山野 隆志; 佐藤江美; 井口ひろ; 福田有里; 福澤秀哉
        第12回 クラミドモナス研究会, 2015年09月03日
      • 細胞膜HLA3と葉緑体包膜LCIAは協調的に重炭酸イオンを輸送し緑藻の炭素固定を支える
        山野 隆志; 佐藤 江美; 井口 ひろ; 福田 有里; 福澤秀哉
        第11回京大縦横無尽の会ワークショップ, 2015年07月17日
      • Molecular mechanisms of bicarbonate transport and its regulatuon
        Takashi Yamano
        第17回京都大学生命科学研究科シンポジウム, 2015年07月02日, 招待有り
      • HLA3 and LCIA localized to plasma membrane and chloroplast envelope, respectively, are associated with HCO3- transport in Chlamydomonas mutants.
        Takashi Yamano; Emi Sato; Hiro Iguchi; Yuri Fukuda; Hideya Fukuzawa
        The 14th International Joint Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology between KU-NTU-UT, 2015年06月13日
      • 細胞膜に局在する HLA3 と葉緑体包膜に局在する LCIA は重炭酸イオンを輸送し緑藻の炭酸固定を支える
        山野 隆志; 佐藤 江美; 井口 ひろ; 福田 有里; 福澤 秀哉
        第6回日本光合成学会年会および公開シンポジウム, 2015年05月22日
      • 細胞膜HLA3と葉緑体包膜LCIAは重炭酸輸送に協調的に働き、低CO2環境において光合成を維持する
        山野 隆志; 佐藤 江美; 井口 ひろ; 福田 有里; 福澤 秀哉
        第56回日本植物生理学会年会, 2015年03月16日
      • 葉緑体包膜と細胞膜におけるHCO3-輸送体
        山野 隆志; 佐藤 江美; 井口 ひろ; 福澤 秀哉
        第11回 クラミドモナス研究会, 2014年10月03日
      • HLA3 and LCIA are associated with inorganic carbon transport in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Emi Sato; Hiro Iguchi; Hideya Fukuzawa
        16th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas, 2014年06月08日
      • 細胞膜に局在する HLA3 と葉緑体包膜に局在する LCIA は緑藻クラミドモナスの HCO3-輸送に働く
        山野 隆志; 佐藤 江美; 井口 ひろ; 福田 有里; 福澤 秀哉
        第5回日本光合成学会年会および公開シンポジウム, 2014年05月30日
      • 細胞膜に局在するHLA3と葉緑体包膜に局在するLCIAは緑藻クラミドモナスのHCO3-輸送に働く
        山野 隆志; 佐藤 江美; 井口 ひろ; 福澤 秀哉
        第55回日本植物生理学会年会, 2014年03月18日
      • 細胞膜に局在するHLA3と葉緑体包膜に局在するLCIAはCO2濃縮に協調的に働く
        山野 隆志; 佐藤 江美; 福澤 秀哉
        第10回クラミドモナス研究会 -微細藻類研究のブレイクスルー-, 2013年11月29日, 招待有り
      • 緑藻の無機炭素濃縮機構に必須な因子LCIBの局在異常変異株の単離と解析
        山野 隆志; 浅田 温子; 福澤 秀哉
        日本植物学会第77大会, 2013年09月13日
      • Isolation and characterization of mutants defective for suborganellar localization of LCIB, an essntial factor for CCM in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Atsuko Asada; Hideya Fukuzawa
        The VIIIth International Symposium on Iorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms (CCM8), 2013年05月27日
      • Low-CO2 inducible Ci transport system in a green alga, Chlamydomonas reinhardtii
        山野隆志
        International Workshop on Plant Membrane Biology XVI (IWPMB), 2013年03月26日
      • 細胞壁溶解が不要なクラミドモナス形質転換法を用いた挿入変異株Indexライブラリーの作成
        山野隆志; 井口ひろ; 佐藤江美; 渡辺新太郎; 舟津尚子; 福澤秀哉
        第54回日本植物生理学会年会, 2013年03月21日
      • Genome-wide response to CO2 deficiency in Chlamydomonas reinhardtii revealed by RNA-seq analysis
        山野隆志
        International Symposium on Genome Science “Expanding Frontiers of Genome Science", 2013年01月09日, 招待有り
      • 三次元トラッキング顕微鏡を用いた鞭毛運動の定量解析
        山野 隆志; 清川 博貴; 奥 寛雅; 石川 正俊; 吉川 雅英
        生体運動研究合同班会議, 2011年01月
      • Light and low-CO2 dependent LCIB/LCIC complex localization in the chloroplast supports the carbon-concentrating mechanism in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Tomoki Tsujikawa; Kyoko Hatano; Shin-ichiro Ozawa; Yuichiro Takahashi; Hideya Fukuzawa
        VIIth International Symposium on Inorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms, 2010年08月
      • The essential role of LCIB/LCIC complex for photosynthetic acclimation to CO2-limiting stress
        Takashi Yamano; Tomoki Tsujikawa; Hirobumi Nakano; Kyoko Hatano; Hideya Fukuzawa
        The Gordon Research Conference on CO2 ASSIMILATION IN PLANTS: GENOME TO BIOME, 2008年
      • CCM and CCM1 homologue in a green alga, Volvox carteri: Structual comparison with the CO2-signaling factor CCM1 in Chlamydomonas reinhardtii
        Akimitsu Fujita; Takashi Yamano; Hideya Fukuzawa
        VIth International Symposium on Inorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms, 2007年
      • The role of LCIB protein during acclimation to CO2-limiting stress in a green alga, Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Tomoki Tsujikawa; Hideya Fukuzawa
        VIth International Symposium on Inorganic Carbon Utilization by Aquatic Photosynthetic Organisms, 2007年
      • Comprehensive identification of low-CO2 inducible genes in Chlamydomonas reinhardtii
        Takashi Yamano; Kenji Miura; Hideya Fukuzawa
        The 11th International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas, 2004年
      • 緑藻クラミドモナスのCO2濃縮機構を制御するCCM1の新規機能ドメインとモチーフの探索
        大垣 美萌; 嶋村大亮; 山野隆志; 福澤秀哉
        第63回日本植物生理学会年会, 2022年03月22日, 植物生理学会
      • 緑藻クラミドモナスの硫黄欠乏応答におけるコイルドコイルドメイン含有タンパク質(CCDC)の機能
        辻 敬典; 岡田 祐也; 長房 すずか; 宮本 明日香; 新川 はるか; 新川 友貴; 山野 隆志; 梶川 昌孝; 福澤 秀哉
        第63回日本植物生理学会年会, 2022年03月22日, 植物生理学会
      • 液-液相分離する緑藻ピレノイドのCO2濃度変化における動態解析
        小峠 達大; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第63回日本植物生理学会年会, 2022年03月22日, 植物生理学会
      • 緑藻クラミドモナスが持つピレノイドの形態変化はCO2濃縮機構に関わる遺伝子の発現に影響を与える
        嶋村 大亮; 新川 友貴; 胡 東輝; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第63回日本植物生理学会年会, 2022年03月22日, 植物生理学会
      • 緑藻クラミドモナスのCO2濃縮機構を制御するCCM1/CBP1複合体の機能
        安田 詢子; 嶋村 大亮; 大垣 美萌; 山原 洋佑; 中野 博文; 山野 隆志; 福澤 秀哉
        第63回日本植物生理学会年会, 2022年03月22日, 植物生理学会

      書籍等出版物

      • 相分離生物学の全貌(現代化学増刊46) (現代化学増刊 46)
        白木, 賢太郎, 共著, ピレノイド:光合成におけるCO2濃縮装置
        東京化学同人, 2020年11月16日, 査読無し
      • 微細藻類によるエネルギー生産と事業展望 (地球環境シリーズ)
        竹山, 春子, 共著, 第4章「微細藻類のCO2濃縮機構–モデル緑藻におけるゲノム発現情報の利用–」
        シーエムシー出版, 2019年01月01日
      • 京大発! フロンティア生命科学 (KS生命科学専門書)
        京都大学大学院生命科学研究科; 講談社サイエンティフィク, 共著, 18章「体の設計図を読む(ゲノム情報と進化)」
        講談社, 2018年03月25日, 査読無し
      • 微細藻の光合成を支える重炭酸イオン輸送–細胞膜と葉緑体包膜に局在する重炭酸イオン輸送体の発見–
        山野隆志; 福澤秀哉, 共著
        化学と生物 日本農芸化学会, 2016年, 査読無し
      • 藻類ハンドブック
        井上勲; 渡邉信, 共著, 第2章第1節-11「藻類の核酸(DNAとRNA)–遺伝子の特徴と解析法」
        エヌ・ティー・エス, 2012年07月01日
      • 緑藻クラミドモナスのゲノムから植物と動物の機能を探る
        福澤秀哉; 久保雄昭; 山野隆志, 共著
        蛋白質核酸酵素 共立出版, 2008年07月, 査読無し
      • 比較ゲノム学から読み解く生命システム―基本概念から最新ゲノム情報まで (細胞工学 別冊)
        藤山, 秋佐夫, 共著, 12章「植物の比較ゲノム:緑藻のゲノムからみた光合成生物の進化と多様性」
        学研メディカル秀潤社, 2007年09月01日
      • 二酸化炭素による転写調節機構 –緑藻クラミドモナスのCO2濃縮機構
        福澤秀哉; 山野隆志, 共著
        蛋白質核酸酵素 共立出版, 2005年07月, 査読無し

      産業財産権

      • 特許第5721191号, 3段階方式矩形波多重パルスを利用した藻類細胞への遺伝子導入法
        福澤 秀哉; 山野 隆志; 伊福 健太郎; 早川 靖彦
      • 特許US9255276 B2, Method of transferring gene into algal cell involving utilizing multiple square-wave pulses in three steps
        Hideya Fukuzawa; Takashi Yamano; Kentaro Ifuku; Yasuhiko Hayakawa

      メディア報道

      • 藻類に光合成の能力保つ仕組み 京大解明
        日経産業新聞, 2022年01月19日, 新聞・雑誌
      • Takashi Yamano, first author of “CO2-dependent migration and relocation of LCIB, a pyrenoid-peripheral protein in Chlamydomonas reinhadtii“
        アメリカ植物生理学会, 2021年12月08日, インターネットメディア
      • 藻類のでんぷん、光合成の効率維持にも貢献 京大が発見
        サイエンスポータル, 2020年06月03日, インターネットメディア
      • Smarter cell sorting
        Nature methods, 2018年10月30日, 新聞・雑誌
      • A ‘smart’ system could upend a decades-old method of cell analysis
        Nature Research Highlights, 2018年08月30日, 新聞・雑誌
      • 細胞の高速選別装置開発=AI応用、効率化
        時事ドットコムニュース, 2018年08月28日, インターネットメディア
      • AI活用の細胞分取装置を開発 手作業半年分が40分に
        日刊工業新聞, 2018年08月28日, 新聞・雑誌
      • Massive effort yields image-based cell sorting technology
        EurekAlert!, 2018年08月27日, インターネットメディア
      • Phase in space
        Protoplasma Editorial, 2018年07月04日, 新聞・雑誌
      • 時刻合わせの分子メカニズム解明
        科学新聞, 2017年04月02日, 新聞・雑誌
      • 京都大など、藻類のCO2濃縮機構の調節メカニズムを解明
        国立環境研究所ニュースサイト・環境展望台, 2016年10月28日, インターネットメディア
      • 藻がCO2取り込む重要経路・機能解明
        サイエンスポータル, 2015年06月03日, インターネットメディア
      • 京都大、藻類の光合成を支えるCO2濃縮システムを解明
        国立環境研究所ニュースサイト・環境展望台, 2015年05月27日, インターネットメディア
      • 水中のCO2取り込むタンパク質発見 京大、光合成に必要
        京都新聞Web版, 2015年05月26日, インターネットメディア
      • 水中からCO2吸収の謎解明
        京都新聞夕刊, 2015年05月26日, 新聞・雑誌

      外部資金:科学研究費補助金

      • 植物の非膜オルガネラを消失させる因子の大規模探索
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分40:森林圏科学、水圏応用科学およびその関連分野
        京都大学
        山野 隆志
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        相分離;ピレノイド;CO2濃縮機構;クラミドモナス;葉緑体
      • 不均一CO2環境における水圏光合成の制御機構
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        山野 隆志
        自 2021年09月10日, 至 2023年03月31日, 採択
      • 藻類のCO2濃縮オルガネラを液-液相分離の視点で捉え直す
        基盤研究(B)
        小区分40040:水圏生命科学関連
        京都大学
        山野 隆志
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        相分離;CO2濃縮機構;ピレノイド;葉緑体;クラミドモナス
      • 藻類の重炭酸イオン輸送におけるCa2+とCO2のクロストーク制御
        基盤研究(C)
        京都大学
        山野 隆志
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        CO2濃縮機構;クラミドモナス;ピレノイド;重炭酸イオン輸送;光合成;デンプン鞘;重炭酸イオン輸送体;CO2シグナル伝達;Ca2+シグナル伝達;無機炭素濃縮機構
      • CCM1複合体によるCO2感知の分子機構
        若手研究(B)
        京都大学
        山野 隆志
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        CO2シグナル伝達;光合成;無機炭素濃縮機構;クラミドモナス;CO2感知
      • 三次元トラッキング顕微鏡を用いた鞭毛運動の定量解析
        若手研究(B)
        京都大学
        山野 隆志
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        運動・輸送;クラミドモナス;三次元トラッキング顕微鏡;トラッキング顕微鏡
      • デジタル遺伝子発現解析による微細藻類 CO2 濃縮・水素発生関連遺伝子の同定と利用
        基盤研究(B)
        京都大学
        福澤 秀哉
        自 2010年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        二酸化炭素;緑藻;エネルギー;光合成;トランスクリプトーム;微細藻類;緑藻クラミドモナス;バイオ燃料;炭酸固定;代謝工学;形質転換;クラミドモナス;水素発生;RNA-seq;二酸化炭素費;水素燃料;無機炭素濃縮機構

      外部資金:その他

      • 細胞検索エンジンが暴くオルガネラ分子マシナリと代謝のダイナミクス
        京都大学リサーチ・ディベロップメントプログラム【いしずえ】
        自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
        山野隆志
      • モデル緑藻クラミドモナスを用いた脂質蓄積制御に関わる遺伝子リソースの収集
        内閣府ImPACT事業「セレンディピティの計画的創出」
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日
        山野隆志
      • 光合成の維持を担う重炭酸イオン輸送体の輸送・制御機構の解明
        京都大学研究費支援事業(ステップアップ研究費)
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        山野隆志
      list
        Last Updated :2022/05/18

        教育

        担当科目

        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微細藻類の光合成とバイオテクノロジー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微細藻類の光合成とバイオテクノロジー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微細藻類の光合成とバイオテクノロジー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ILASセミナー
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ILASセミナー:微細藻類のバイオテクノロジーと分子細胞 …
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          植物生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Global Frontier in Life Science A
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Global Frontier in Life Science B
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ILASセミナー:バイオテクノロジーと分子細胞生物学(光 …
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (微生物細胞機構学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          植物生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          ゲノム生命科学特論
          通年集中, 生命科学研究科

        指導学生の業績:受賞

        • Outstanding poster presentation award
          佐藤 江美, The 12th International Student Seminar, 2014年02月20日
        • 優秀ポスター賞
          福田 有里, 第6回日本光合成学会年会および公開シンポジウム, 2015年05月23日
        • 優秀ポスター賞
          豊川 知華, ImPACTプログラム全体会議, 2016年08月05日
        • 学生優秀発表賞
          豊川 知華, クラミドモナス研究会, 2019年09月05日
        • 若手優秀発表賞
          豊川 知華, ユーグレナ研究会, 2019年11月09日
        list
          Last Updated :2022/05/18

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2018年04月01日, 至 2019年07月31日
            RI委員会委員
          • 自 2019年08月01日
            放射線障害防止委員会5号(農生棟) 委員(放射線管理責任者)
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            放射線管理責任者
          • 自 2021年04月01日
            化学物質管理小委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/05/18

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2021年10月, 至 現在
              次期教育用コンピュータシステム検討ワーキンググループ
            • 自 2021年10月, 至 現在
              ユーグレナ研究会 幹事
            • 自 2021年09月, 至 現在
              第86回大会実行委員会, 日本植物学会
            • 自 2018年01月, 至 2019年03月
              広報委員, 日本植物学会
            • 自 2016年06月, 至 2016年07月
              第17回国際クラミドモナス細胞分子生物学会議 準備委員会
            • 自 2022年03月, 至 現在
              広報幹事, 日本植物生理学会

            学術貢献活動

            • 第14回クラミドモナス研究会
              企画立案・運営等
              オンライン開催, 自 2021年03月05日
            • 京都大学植物縦横無尽の会 第14回ワークショップ
              企画立案・運営等
              京都大学理学部セミナーハウス, 自 2018年10月05日
            • 京都大学植物縦横無尽の会 第8回ワークショップ
              企画立案・運営等
              京都大学理学部セミナーハウス, 自 2013年01月18日
            • 京都大学植物縦横無尽の会 第7回ワークショップ
              企画立案・運営等
              京都大学理学部セミナーハウス, 自 2012年04月20日
            • 第15回クラミドモナス研究会
              企画立案・運営等
              オンライン開催, 自 2022年03月05日
            • 第17回国際クラミドモナス細胞分子生物学会議
              企画立案・運営等
              国立京都国際会館, 自 2016年06月26日, 至 2016年07月01日

            社会貢献活動

            • 葉緑体タンパク質が働く場所を変化させ光合成の能力を柔軟に維持する仕組みを発見
              その他
              京都大学プレスリリース, 自 2021年12月23日
            • 光合成により生じたデンプンの新たな機能を発見
              その他
              京都大学プレスリリース, 自 2020年05月13日
            • 藻類のオイル生産を制御する因子を同定 -有用脂質生産の自在制御に向け大きな一歩-
              その他
              京都大学プレスリリース, 自 2019年08月05日
            • 世界初のIntelligent Image-Activated Cell Sorterを開発 -細胞画像の深層学習により高速細胞選抜を実現-
              その他
              京都大学プレスリリース, 自 2018年09月05日
            • 緑藻の体内時計:赤や紫の光情報を体内時計に伝える因子を発見
              その他
              京都大学プレスリリース, 自 2017年03月24日
            • 「光合成のターボエンジン」CO2濃縮機構が葉緑体を介して制御される仕組みを新たに発見
              その他
              京都大学プレスリリース, 自 2016年10月28日
            • 「バイオテクノロジーの最前線~細胞研究から未来を考える~」
              講師
              茨城県私立水城高等学校, 自 2016年02月06日, 至 2016年02月06日
            • 藻類の光合成を支える二酸化炭素濃縮システムを解明
              その他
              京都大学プレスリリース, 自 2015年07月01日

            ページ上部へ戻る