教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

吉永 正憲

ヨシナガ マサノリ

医学研究科 医学専攻分子生体統御学講座医化学 助教

吉永 正憲
list
    Last Updated :2024/07/13

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • 日本分子生物学会
    • 日本RNA学会
    • 日本免疫学会

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2020年04月, 至 現在
      京都大学大学院医学研究科 医化学分野, 助教

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/07/13

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 栄養学、健康科学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 医化学

      論文

      • UPF1 plays critical roles in early B cell development.
        Noriki Iwai; Kotaro Akaki; Fabian Hia; Wei Li; Masanori Yoshinaga; Takashi Mino; Osamu Takeuchi
        Nature communications, 2024年07月09日, 査読有り
      • Regulation of inflammatory diseases via the control of mRNA decay.
        Masanori Yoshinaga; Osamu Takeuchi
        Inflammation and regeneration, 2024年03月15日, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • RNA Metabolism Governs Immune Function and Response.
        Masanori Yoshinaga; Osamu Takeuchi
        Advances in experimental medicine and biology, 2024年, 招待有り, 筆頭著者
      • The crossroads of RNA methylation and ferroptosis: Implications for disease pathogenesis
        Masanori Yoshinaga
        Clinical and Translational Discovery, 2023年11月07日, 責任著者
      • The N6-methyladenosine methyltransferase METTL16 enables erythropoiesis through safeguarding genome integrity.
        Masanori Yoshinaga; Kyuho Han; David W Morgens; Takuro Horii; Ryosuke Kobayashi; Tatsuaki Tsuruyama; Fabian Hia; Shota Yasukura; Asako Kajiya; Ting Cai; Pedro H C Cruz; Alexis Vandenbon; Yutaka Suzuki; Yukio Kawahara; Izuho Hatada; Michael C Bassik; Osamu Takeuchi
        Nature communications, 2022年10月28日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Regnase-1 Prevents Pulmonary Arterial Hypertension Through mRNA Degradation of Interleukin-6 and Platelet-Derived Growth Factor in Alveolar Macrophages.
        Ai Yaku; Tadakatsu Inagaki; Ryotaro Asano; Makoto Okazawa; Hiroyoshi Mori; Ayuko Sato; Fabian Hia; Takeshi Masaki; Yusuke Manabe; Tomohiko Ishibashi; Alexis Vandenbon; Yoshinari Nakatsuka; Kotaro Akaki; Masanori Yoshinaga; Takuya Uehata; Takashi Mino; Satoshi Morita; Hatsue Ishibashi-Ueda; Akio Morinobu; Tohru Tsujimura; Takeshi Ogo; Yoshikazu Nakaoka; Osamu Takeuchi
        Circulation, 2022年08月23日, 査読有り
      • Enhancement of Regnase-1 expression with stem loop-targeting antisense oligonucleotides alleviates inflammatory diseases.
        Ka Man Tse; Alexis Vandenbon; Xiaotong Cui; Takashi Mino; Takuya Uehata; Keiko Yasuda; Ayuko Sato; Tohru Tsujimura; Fabian Hia; Masanori Yoshinaga; Makoto Kinoshita; Tatsusada Okuno; Osamu Takeuchi
        Science translational medicine, 2022年05月11日, 査読有り
      • Cyclin J-CDK complexes limit innate immune responses by reducing proinflammatory changes in macrophage metabolism.
        Yee Kien Chong; Sarang Tartey; Yuki Yoshikawa; Koshi Imami; Songling Li; Masanori Yoshinaga; Ai Hirabayashi; Guohao Liu; Alexis Vandenbon; Fabian Hia; Takuya Uehata; Takashi Mino; Yutaka Suzuki; Takeshi Noda; Dominique Ferrandon; Daron M Standley; Yasushi Ishihama; Osamu Takeuchi
        Science signaling, 2022年04月12日, 査読有り
      • TANK prevents IFN-dependent fatal diffuse alveolar hemorrhage by suppressing DNA-cGAS aggregation.
        Atsuko Wakabayashi; Masanori Yoshinaga; Osamu Takeuchi
        Life science alliance, 2022年02月, 査読有り
      • Profibrotic function of pulmonary group 2 innate lymphoid cells is controlled by Regnase-1.
        Yoshinari Nakatsuka; Ai Yaku; Tomohiro Handa; Alexis Vandenbon; Yuki Hikichi; Yasutaka Motomura; Ayuko Sato; Masanori Yoshinaga; Kiminobu Tanizawa; Kizuku Watanabe; Toyohiro Hirai; Kazuo Chin; Yutaka Suzuki; Takuya Uehata; Takashi Mino; Tohru Tsujimura; Kazuyo Moro; Osamu Takeuchi
        The European respiratory journal, 2020年09月25日, 査読有り
      • Codon bias confers stability to human mRNAs.
        Fabian Hia; Sheng Fan Yang; Yuichi Shichino; Masanori Yoshinaga; Yasuhiro Murakawa; Alexis Vandenbon; Akira Fukao; Toshinobu Fujiwara; Markus Landthaler; Tohru Natsume; Shungo Adachi; Shintaro Iwasaki; Osamu Takeuchi
        EMBO reports, 2019年11月05日, 査読有り
      • RNA binding proteins in the control of autoimmune diseases.
        Masanori Yoshinaga; Osamu Takeuchi
        Immunological medicine, 2019年06月, 査読有り, 筆頭著者
      • Post-transcriptional control of immune responses and its potential application.
        Masanori Yoshinaga; Osamu Takeuchi
        Clinical & translational immunology, 2019年, 査読有り, 筆頭著者
      • Pulmonary Regnase-1 orchestrates the interplay of epithelium and adaptive immune systems to protect against pneumonia.
        Yoshinari Nakatsuka; Alexis Vandenbon; Takashi Mino; Masanori Yoshinaga; Takuya Uehata; Xiaotong Cui; Ayuko Sato; Tohru Tsujimura; Yutaka Suzuki; Atsuyasu Sato; Tomohiro Handa; Kazuo Chin; Teiji Sawa; Toyohiro Hirai; Osamu Takeuchi
        Mucosal immunology, 2018年07月, 査読有り
      • Regnase-1 and Roquin Nonredundantly Regulate Th1 Differentiation Causing Cardiac Inflammation and Fibrosis.
        Xiaotong Cui; Takashi Mino; Masanori Yoshinaga; Yoshinari Nakatsuka; Fabian Hia; Daichi Yamasoba; Tohru Tsujimura; Keizo Tomonaga; Yutaka Suzuki; Takuya Uehata; Osamu Takeuchi
        Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950), 2017年12月15日, 査読有り
      • Regnase-1 Maintains Iron Homeostasis via the Degradation of Transferrin Receptor 1 and Prolyl-Hydroxylase-Domain-Containing Protein 3 mRNAs.
        Masanori Yoshinaga; Yoshinari Nakatsuka; Alexis Vandenbon; Daisuke Ori; Takuya Uehata; Tohru Tsujimura; Yutaka Suzuki; Takashi Mino; Osamu Takeuchi
        Cell reports, 2017年05月23日, 査読有り, 筆頭著者
      • Moesin controls clathrin-mediated S1PR1 internalization in T cells.
        Akira Nomachi; Masanori Yoshinaga; Jaron Liu; Pakorn Kanchanawong; Kiyoshi Tohyama; Dean Thumkeo; Takeshi Watanabe; Shuh Narumiya; Takako Hirata
        PloS one, 2013年, 査読有り

      MISC

      • RNA修飾が織りなす免疫制御メカニズム
        吉永正憲
        臨床免疫・アレルギー科, 2023年10月, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 免疫学 RNA分解酵素Regnase-1を標的とした炎症制御法の開発
        吉永 正憲; 竹内 理
        医学のあゆみ, 2023年01月
      • がん免疫療法における免疫チェックポイント機構とマクロファージのはたらき
        吉永正憲; 竹内理
        Trends in Cancer Immunology, 2020年
      • 赤芽球分化を制御する新規転写後調節機構の解明
        吉永正憲; 竹内理
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2021年
      • 鉄代謝を制御する転写後調節機構の解明
        吉永正憲; 三野享史; BASSIK Michael C; 竹内理
        日本RNA学会年会要旨集, 2018年
      • Regnase-1は鉄代謝関連のmRNAを分解することで鉄恒常性を維持する
        吉永正憲; 三野享史; 竹内理
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2018年
      • RNA分解酵素Regnase-1による鉄代謝制御機構
        竹内理; 吉永正憲
        日本鉄バイオサイエンス学会学術集会プログラム・抄録集, 2018年
      • Regnase-1は鉄代謝関連のmRNAを分解することで鉄恒常性を維持する
        吉永正憲; 三野享史; 竹内理
        日本生化学会大会(Web), 2017年
      • Regnase-1は鉄代謝関連のmRNAを分解することで鉄恒常性を維持する
        吉永正憲; 三野享史; 竹内理
        日本RNA学会年会要旨集, 2017年
      • 生理学・医学賞 免疫を抑制する分子"PD-1"とがん免疫療法 (2018年ノーベル賞を読み解く)
        吉永 正憲; 竹内 理
        化学 = Chemistry, 2018年12月
      • 【がんは免疫系をいかに抑制するのか 免疫チェックポイント阻害剤の真の標的を求めて】TAM・MDSCによる免疫抑制機構
        吉永 正憲; 竹内 理
        実験医学, 2018年06月
      • 生化学・分子生物学 RNA分解酵素Regnase-1による鉄代謝制御
        吉永 正憲; 竹内 理
        医学のあゆみ, 2018年04月
      • Pulmonary Regnase-1 functions as a posttranscriptional switch in anti-bacterial immunity
        Yoshinari Nakatsuka; Takashi Mino; Masanori Yoshinaga; Takuya Uehata; Atsuyasu Sato; Tomohiro Handa; Kazuo Chin; Toyohiro Hirai Hirai; Osamu Takeuchi
        CYTOKINE, 2017年12月
      • 【慢性炎症性疾患の新たな展開】慢性炎症のメカニズム 慢性炎症における炎症性サイトカインの新たな制御機構
        吉永 正憲; 竹内 理
        最新医学, 2016年11月
      • 【マクロファージのすべて】基礎 炎症性サイトカインIL-6とその転写後調節
        吉永 正憲; 竹内 理
        医学のあゆみ, 2016年10月
      • 炎症制御の分子機構
        吉永 正憲; 竹内 理
        臨床免疫・アレルギー科, 2015年10月

      講演・口頭発表等

      • RNAメチル化修飾を介した細胞機能の調節
        吉永正憲
        The 3rd Kansai RNA Club, 2024年03月25日, 招待有り
      • Unraveling metabolic reprogramming of macrophages through the lens of evolutionary and forward genetics
        Masanori Yoshinaga
        International Symposium on Emerging RNA Viruses, 2023年12月07日, 招待有り
      • Regulation of hematopoietic cell differentiation and functions by RNA methylation
        Masanori Yoshinaga
        第101回日本生理学会大会, 2024年03月30日, 招待有り
      • 転写後調節を介した造血・代謝制御機構
        吉永正憲
        群馬大学生体調節研究所 内分泌・代謝学共同研究拠点成果報告会・ワークショップ, 2023年12月15日, 招待有り
      • mRNAの制御破綻による自己指向性免疫応答の解明
        吉永正憲
        学術変革領域研究(A)自己指向性免疫学 第28回オンラインJournal Club, 2023年09月13日, 招待有り
      • 転写後調節を介した赤血球造血制御機構の解明
        吉永正憲
        第18回血液学若手研究者勉強会(麒麟塾), 2023年07月01日, 招待有り
      • RNAメチル化修飾破綻による自己指向性免疫応答の解明
        吉永正憲
        学術変革領域研究(A)自己指向性免疫学 令和 5 年度領域会議, 2023年05月09日, 招待有り
      • Identification of post-transcriptional regulators in iron metabolism and erythropoiesis
        Masanori Yoshinaga
        The 2nd Course Meeting of Immunology, Allergy, and Infection Course 2020, 2020年06月10日, 招待有り
      • Identification of posttranscriptional regulators in iron metabolism
        Masanori Yoshinaga
        第20回日本RNA学会年会, 2018年07月09日, 招待有り
      • The ribonuclease Regnase-1 maintains iron homeostasis by regulating duodenal iron uptake
        Masanori Yoshinaga
        The 9th Course Meeting of Immunology, Allergy, and Infection Course 2016, 2017年02月08日, 招待有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • RNA修飾を介した赤芽球分化制御機構の解明
        若手研究
        小区分49010:病態医化学関連
        京都大学
        吉永 正憲
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        RNA修飾;赤芽球分化
      • 鉄代謝におけるRNA修飾を介した転写後調節機構の解明
        研究活動スタート支援
        0802:生体の構造と機能およびその関連分野
        京都大学
        吉永 正憲
        自 2020年09月11日, 至 2022年03月31日, 完了
        RNA修飾;鉄代謝;赤芽球分化;CRISPRスクリーニング
      • RNAメチル化修飾破綻による自己指向性免疫応答の解明
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        吉永 正憲
        自 2023年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        RNA修飾;炎症制御
      • アミノ酸代謝が司る代謝リプログラミング機構の解明
        若手研究
        小区分59040:栄養学および健康科学関連
        京都大学
        吉永 正憲
        自 2024年04月01日, 至 2026年03月31日, 交付
        炎症制御;代謝制御;マクロファージ

      ページ上部へ戻る