教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

山置 佑大

ヤマオキ ユウダイ

エネルギー理工学研究所 エネルギー利用過程研究部門 助教

山置 佑大
list
    Last Updated :2022/08/05

    基本情報

    協力講座

    • エネルギー科学研究科, エネルギー基礎科学専攻 エネルギー物質科学講座, 助教

    所属学協会

    • 日本核酸化学会
    • 日本蛋白質科学会
    • 日本分子生物学会
    • 日本核磁気共鳴学会
    • 日本RNA学会
    • 日本生物物理学会

    学位

    • 修士(理学)(立命館大学)
    • 博士(エネルギー科学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2020年04月, 至 現在
      京都大学, エネルギー理工学研究所, 助教
    • 自 2016年02月, 至 2020年03月
      京都大学, エネルギー理工学研究所, 研究員
    • 自 2013年04月, 至 2015年03月
      日本学術振興会特別研究員

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/05

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        分子混在環境下における生体高分子の構造、ダイナミクス、相互作用の解析とその応用
      • 研究概要

        生体内では、多種多様な生体高分子が非常に高密度に混在しているにも関わらず、多様な反応が混線することなく制御されており、精製過程を経ることなく並行して多段階の反応が可能な高効率な物質合成システムが確立されています。NMR法などを用いることで、実際にこれらの生体高分子が働く生きた細胞内等でその立体構造、ダイナミクス、相互作用や活性などを知り、これらの制御方法を学ぶことで高効率、かつ、低エネルギー消費の物質創出システムの構築を目指しています。

      研究キーワード

      • 構造生物学
      • アミロイド
      • 木質バイオマス
      • RNAアプタマー
      • リグニン
      • 細胞構造生物学
      • 核酸化学
      • 高圧
      • NMR
      • リボザイム
      • i-motif
      • グアニン四重鎖
      • in-cell NMR
      • 核酸構造

      研究分野

      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • ライフサイエンス, 構造生物化学
      • ナノテク・材料, 生体化学
      • ナノテク・材料, 生物分子化学

      論文

      • Small-angle X-ray scattering data of a guanine-rich DNA derived from the promoter region of c-MYC gene in solution
        Kohei Miyauchi; Hiroshi Imamura; Yudai Yamaoki; Minoru Kato
        Data in Brief, 2022年05月, 査読有り
      • Detection of parallel and antiparallel DNA triplex structures in living human cells using in-cell NMR
        Tomoki Sakamoto*; Yudai Yamaoki*; Takashi Nagata; Masato Katahira (*: equally contributed)
        Chemical Communications (Selected as a HOT article), 2021年06月, 査読有り, 筆頭著者
      • Investigation of the interaction of human origin recognition complex subunit 1 with G-quadruplex DNAs of human c-myc promoter and telomere regions
        Afaf Eladl*; Yudai Yamaoki*; Shoko Hoshina; Haruka Horinouchi, Keiko; Kondo; Shou Waga; Takashi Nagata; Masato Katahira (*: equally contributed)
        International Journal of Molecular Sciences, 2021年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • Paper crafting for introduction of an alpha-helix of proteins
        Hiroshi Imamura; Yudai Yamaoki
        Ritsumeikan Higher Educational Studies, 2021年03月, 査読有り
      • Observation of nucleic acids inside living human cells by in-cell NMR spectroscopy
        Yamaoki Y, Nagata T, Sakamoto T, Katahira M.
        Biophys. Physicobiol., 2020年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Recent progress of in-cell NMR of nucleic acids in living human cells
        Yamaoki, Y., Nagata, T., Sakamoto, T., Katahira, M.
        Biophys. Rev., 2020年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • RNA sequence and length contribute to RNA-induced conformational change of TLS/FUS
        Hamad, N, Mashima, T, Yamaoki, Y, Kondo, K, Yoneda, R, Oyoshi, T, Kurokawa, R, Nagata, T, Katahira, M
        Sci. Rep., 2020年, 査読有り
      • The anti-prion RNA aptamer R12 disrupts the Alzheimer’s disease-related complex between prion and amyloid β
        Iida, M; Mashima, T; Yamaoki, Y; So, M; Nagata, T; Katahira, M
        FEBS J., 2019年, 査読有り
      • Versatility of RNA-Binding Proteins in Living Cells
        Riki Kurokawa; Akihide Takeuchi; Nobuyuki Shiina; Masato Katahira; Takefumi Yamashita; Yoko Matsuno; Keisuke Hitachi; Shinsuke Ishigaki; Nesreen Haamad; Ryoma Yoneda; Naomi Ueda; Kei Iida; Motoyasu Hosokawa; Masatoshi Hagiwara; Mamiko Iida; Tsukasa Mashima; Yudai Yamaoki; Masatomo So; Takashi Nagata; Gen Sobue; Keiko Kondo; Hiroki Watanabe; Takayuki Uchihashi
        Biomedical Sciences, 2019年, 査読有り
      • Analysis of Interactions between Telomeric i-Motif DNA and a Cyclic Tetraoxazole Compound
        Sedghi; Masoud S*; Yamaoki, Y*; Ma, Y; Marchand, A; Winnerdy, F. R; Gabelica, V; Phan, A. T; Katahira, M; Nagasawa, K (*: equally contributed)
        ChemBioChem, 2018年11月, 査読有り, 筆頭著者
      • Multiplicity in Long Noncoding RNA in Living Cells
        Kurokawa, R; Komiya, R; Oyoshi, T; Matsuno, Y; Tani, H; Katahira, M; Hitachi, K; Iwashita, Y; Yamashita, T; Kondo, K; Yoneda, R; Yamaoki, Y; Ueda, N; Mashima, T; Kobayashi, N; Nagata, T; Kiyoishi, A; Miyake, M; Kano, F; Murata, M; Hamad, N; Sasaki, K; Shoji, N
        Biomed. Sci., 2018年08月, 査読有り
      • Selective alkylation of T-T mismatched DNA using vinyldiaminotriazine-acridine conjugate
        Kazumitsu Onizuka; Akira Usami; Yudai Yamaoki; Tomohito Kobayashi; Madoka E. Hazemi; Tomoko Chikuni; Norihiro Sato; Kaname Sasaki; Masato Katahira; Fumi Nagatsugi
        Nucleic Acids Research, 2018年02月16日, 査読有り
      • The first successful observation of in-cell NMR signals of DNA and RNA in living human cells
        Yudai Yamaoki; Ayaka Kiyoishi; Masayuki Miyake; Fumi Kano; Masayuki Murata; Takashi Nagata; Masato Katahira
        Physical Chemistry Chemical Physics (Selected as a HOT article), 2018年02月07日, 査読有り, 筆頭著者
      • Development of an RNA aptamer that acquires binding capacity against HIV-1 Tat protein via G-quadruplex formation in response to potassium ions
        Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Tsukasa Mashima; Masato Katahira
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2017年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • K+-responsive off-to-on switching of hammerhead ribozyme through dual G-quadruplex formation requiring no heating and cooling treatment
        Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Tsukasa Mashima; Masato Katahira
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2015年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Boosting of activity enhancement of K+-responsive quadruplex hammerhead ribozyme
        Yudai Yamaoki; Tsukasa Mashima; Takashi Nagata; Masato Katahira
        CHEMICAL COMMUNICATIONS, 2015年, 査読有り, 筆頭著者
      • An FT-IR study on packing defects in mixed β-aggregates of poly(L-glutamic acid) and poly(D-glutamic acid): a high-pressure rescue from a kinetic trap
        Yamaoki, Y; Imamura, H; Fulara, A; Wójcik, S; Bożycki, Ł; Kato, M; Keiderling, T. A; Dzwolak, W
        J. Phys. Chem. B, 2012年05月, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • In-cell NMR法を用いた非標準構造を形成する核酸の構造安定性の解析
        阪本知樹; 山置佑大; 加納ふみ; 村田昌之; 永田崇; 片平正人
        第100回日本化学会年会, 2020.3.22-25, 東京理科大学, 2020年03月22日
      • Promoter associated non-coding RNA, pncRNA, can diminish the aggregation of TLS caused by shearing stress
        Hamad NH; Mashima T; Yamaoki Y; Kondo K; Yoneda R; Kurokawa R; Nagata T; Katahira, M
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • ヒト生細胞内における核酸の非標準構造および構造安定性のin-cell NMR法を用いた解析
        阪本知樹; 山置佑大; 加納ふみ; 村田昌之; 永田崇; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • In-cell NMR法によるヒト生細胞内の核酸の構造およびダイナミクスの解析
        山置佑大; 永田崇; 阪本知樹; 高見昇平; 加納ふみ; 村田昌之; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • In-cell NMR法によるヒト生細胞内における核酸‐リガンド相互作用の解析
        高見昇平; 山置佑大; 加納ふみ; 村田昌之; 坂本秦一; 原田和雄; 永田崇; 片平正人
        第42回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場(福岡)2019.12.3-6, 2019年12月
      • The observation of in-cell NMR signals of nucleic acids in living human cells
        Yamaoki Y; Kiyoishi A; Miyake M; Lin KH; Kano F; Murata M; Nagata T; Katahira M
        7th International Meeting of Quadruplex Nucleic Acids, Changchun, 2019.09.06-09, 2019年09月
      • Fractionation and analysis of lignin-carbohydrate complex using lignin-degrading enzymes
        Saho Kashima; Hiroshi Nishimura; Shizuka Sakon; Misato Yamada; Yasuhiro Shimane; Yukari Ohta; Keiko Kondo; Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        1st International Lignin Symposium (ILS), 20190914, Hokkaido Univ., 2019年09月
      • The interaction analysis of a cyclic tetraoxazole with telomeric i-motif DNA
        Masoud, S. S; Yamaoki, Y; Ma, Y; Marchand, A; Winnerdy, F. R; Gabelica, V; Phan, A. T; Katahira, M; Nagasawa, K
        Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2018年11月
      • In-cell NMR法を用いたヒト生細胞内の核酸の解析
        山置 佑大; 永田 崇; 清石 彩華; 三宅雅之; Lin Kuan-Heng; 高見昇平; 加納 ふみ; 村田 昌之; 片平 正人
        第41回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜(横浜)2018.11.28-30, 2018年11月
      • An RNA aptamer disrupts the interaction of prion protein with Amyloid β
        Iida M; Mashima T; Yamaoki Y; So M; Nagata T; Katahira M
        第56回日本生物物理学会年会、岡山大学 (岡山)、2018.9.15-17, 2018年09月
      • In-cell NMR法を用いたヒト生細胞内のDNAおよびRNAの構造とダイナミクスの解析
        山置 佑大; 永田 崇; 清石 彩華; 三宅雅之; 加納 ふみ; 村田 昌之; 片平 正人
        第57回NMR討論会 札幌コンベンションセンター(札幌市), 2018.9.18-20, 2018年09月
      • Fractionation and analysis of lignin-carbohydrate complex in wood cell wall
        Saho Kashima; Hiroshi Nishimura; Shizuka Sakon; Misato Yamada; Yukari Ohta; Keiko Kondo; Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        The 3rd Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science, NCHU, Taiwan, 20180926: P19, 2018年09月
      • Observation of imino proton signals of DNA and RNA introduced inside the living human cells by using in-cell NMR spectroscopy
        Yamaoki Y; Nagata T; Kiyoishi Y; Miyake M; Kano F; Murata M; Katahira M
        XXVIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems, Univ Col Dublin (Ireland), 2018.8.19-24, 2018年08月
      • 抗プリオンアプタマーによるプリオンタンパク質とアミロイドβの相互作用の阻害
        飯田 真美子; 真嶋 司; 山置 佑大; 宗 正智; 永田 崇; 片平正人
        第20回日本RNA学会年会2018.7.9-11ホテルコスモスクエア国際交流センター(大阪), 2018年07月
      • Detection of different conformational changes of Translocated in liposarcoma, TLS, upon its binding to various nucleic acids
        Nesreen Hamad; Tsukasa Mashima; Yudai Yamaoki; Hiroki Watanabe; Takayuki Uchihashi; Riki Kurokawa; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第18回日本蛋白質科学会年会2018.06.26-28, 朱鷺メッセ (新潟), 2018年06月
      • Interaction of a cyclic tetraoxazole with i-motif DNA and its effects on this structure
        Masoud, S; Yamaoki, Y; Ma, Y; Katahira, M; Nagasawa, K
        The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2017年11月
      • Interaction between non-coding RNA and TLS/FUS protein, and structural change
        Mashima, T; Nagata, T; Hamad, N; Ozawa, S; Yamaoki, Y; Kondo, K; Watanabe, H; Yoneda, R; Uchihashi, T; Kurokawa, R; Katahira, M
        The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2017年11月
      • Selective alkylation of T-T mismatched bases in DNA
        Onizuka K; Usami, A; Yamaoki, Y; KObayashi, T; Hazemi, M; Chikuni, T; Katahira, M; Nagatsugi, F
        The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2017年11月
      • Analysis of Lignin-Carbohydrate Complexes in woody biomass by using NMR
        Shizuka Sakon; Hiroshi Nishimura; Misato Yamada; Yukari Ohta; Keiko Kondo; Yudai Yamaoki; Takashi Nagata; Masato Katahira; Takashi Watanabe
        HSS2017 and 7th ISSH meeting, Bogor, Indonesia (poster), 2017年11月
      • Sphingombium sp. YG1由来guaiacylglycerol-β-guaiacyl ether - Cα位酸化酵素の酵素学的解析と利用
        前田亜鈴悠; 宋晶; 西真郎; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 塩谷美夏; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 山田美沙登; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第62回リグニン討論会, 名古屋大学(名古屋)2017.10.26-27, 2017年10月
      • フラグメント分子軌道法を活用したリグニンβ-O-4還元開裂酵素の機能改変
        嶋根康弘; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 前田亜鈴悠; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第62回リグニン討論会, 名古屋大学(名古屋)2017.10.26-27, 2017年10月
      • Sphingombium sp. YG1由来guaiacylglycerol-β-guaiacyl ether - Cα位酸化酵素の酵素学的解析と利用
        前田亜鈴悠; 宋晶; 西真郎; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 塩谷美夏; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 山田美紗登; 西村裕志; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第62回リグニン討論会、名古屋大学, poster, 2017年10月
      • プリオンアプタマーはアルツハイマー病に関与するプリオン蛋白質とAβオリゴマーの複合体の形成を阻害する
        飯田 真美子; 真嶋 司; 山置 佑大; 永田 崇; 片平正人
        第55回生物物理学会、熊本大学(熊本市)、2017.9.19-21, 2017年09月
      • Conformational change detection of translocated in liposarcoma, TLS, upon binding to various RNAs
        Nesreen Hamad; Tsukasa Mashima; Yudai Yamaoki; Keiko Kondo; Takashi Nagata; Masato Katahira
        第19回日本RNA学会年会2017.7.19-21富山国際会議場(富山), 2017年07月
      • Invention of RNA aptamer and ribozyme whose activities switch on in response to K+ via G-quadruples formation
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Nagata, T; Katahira, M
        6th International Meeting on Quadruplex Nucleic Acids, 2017年05月
      • Development of K+-responsive RNA aptamer and ribozyme, and in-cell NMR of nucleic acids in human cells
        Y. Yamaoki; A. Kiyoishi; T. Mashima; F. Kano; M. Murata; T. Nagata; M. Katahira
        International Symposium for NMR of Nucleic Acids,Gyeongsang National Univ. (Korea),2017.1.17, 2017年01月
      • 木質バイオマスにおける超分子構造とステレオ選択的な酵素反応及び核酸のin-cell NMR
        山置佑大; 永田一真; 清石彩華; 西村裕志; 加納ふみ; 村田昌之; 大田ゆかり; 渡辺隆司; 永田崇; 片平正人
        第55回NMR討論会, 広島国際会議場, Oral, 2016年11月
      • 海洋性細菌に由来するリグニンβ-O-4還元開裂酵素GST4の解析
        嶋根康弘; 前田亜鈴悠; 塩谷美夏; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 渡辺隆司; 大田ゆかり
        第61回リグニン討論会、京都大学(宇治市)、2016.10.27-28, 2016年10月
      • カリウムイオン応答性Tat結合RNAアプタマーおよびハンマーヘッドリボザイムの創製およびin-cell NMR法による細胞内核酸の観測
        山置 佑大; 清石 彩華; 真嶋 司; 加納 ふみ; 村田 昌之; 永田 崇; 片平 正人
        第10回バイオ関連化学シンポジウム、第31回生体機能関連化学シンポジウム、第19回バイオテクノロジー部会シンポジウム、石川県立音楽堂(金沢市)、2016.9.7-9.9, 2016年09月
      • Invention of K+-responsive Tat-binding RNA aptamer and hammerhead ribozyme, and in-cell NMR of nucleic acids
        Yudai Yamaoki; Ayaka Kiyoishi; Tsukasa Mashima; Fumi Kano; Masayuki Murata; Takashi Nagata; Masato Katahira
        The 43rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 熊本大学(熊本市), 2016.9.27-29, 2016年09月
      • プリオン蛋白質とそれを標的とする RNA 分子の A β線維化への影響
        飯田 真美子; 真嶋 司; 山置 佑大; 永田 崇; 片平正人
        第16回日本蛋白質科学会年会、福岡国際会議場(福岡市)、2016.6.7-6.9, 2016年06月
      • K+-responsive activation of dual-quadruplex forming ribozyme system requiring no heating and cooling treatment
        Yudai Yamaoki; Tsukasa Mashima; Takashi Nagata; Masato Katahira
        The RNA Society of Japan 18th Annual Meeting AND The 21st Annual Meeting of the RNA Society 国立京都国際会館(京都市),2016.6.28-7.2, 2016年06月
      • カリウムイオンを認識して活性をオフからオンへと切り替えるTat結合RNAアプタマーおよびハンマーヘッドリボザイムの開発
        山置佑大; 永田崇; 真嶋司; 片平正人
        新学術領域「柔らかな分子系」第 16 回 ワークショップ, 2016年06月
      • Tandem GGA repeat G-quadruplex as an anti-prion protein aptamer and a K+-responsive structural/functional switching device
        T. Nagata; T. Mashima; Y. Yamaoki; F. Nishikawa; Y.O. Kamatari; S. Nishikawa; K. Kuwata; M. Katahira
        Aptamer 2016, St Hilda's College, Oxford, UK, 2016.4.4-5, 2016年04月
      • カリウムイオンを認識して活性がスイッテングするTat結合RNAアプタマーおよびハンマーヘッドリボザイムの創製
        山置佑大; 真嶋司; 永田崇; 片平正人
        第9回バイオ関連化学シンポジウム、熊本, 2015年10月
      • CCND1転写抑制とテロメア短縮をもたらすTLS/FUSによる非コードRNAとDNA認識機構のNMR法による解明
        近藤敬子; 真嶋司; 山置佑大; 大吉崇文; 黒川理樹; 永田崇; 片平正人
        第37回日本分子生物学会年会.横浜, 2014年11月
      • Development of Tat-binding aptamer and ribozyme which switch their activities in response to K+
        Y. Yamaoki; T. Mashima; T. Nagata; M. Katahira
        第52回日本生物物理学会年会.札幌,2014.9.25-27, 2014年09月
      • カリウムイオンを感知して自らの活性をスイッチングするTat捕捉アプタマーおよびリボザイムの創製
        山置佑大; 真嶋司; 永田崇; 片平正人
        第16回日本RNA学会年会.名古屋, 2014年07月
      • Development of quadruplex hammerhead ribozyme which switches on its ribozyme activity: introduction of quadruplex-forming complementary DNA to repress a basal activity
        Y. Yamaoki; T. Mashima; T. Nagata; M. Katahira
        第36回日本分子生物学会年会.神戸, 2013年12月
      • Dual-quadruplex forming ribozyme distinctly switches on its activity in response to K+
        Y. Yamaoki; T. Mashima; T. Nagata; M. Katahira
        The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2013.Yokohama, 2013年11月
      • Aptamer that exerts anti-prion activity and intelligent ribozyme whose activity awitches in reponse to K+
        M. Katahira; T. Mashima; Y. Yamaoki; T. Nagata; F. Nishikawa; S. Nishikawa; Y. Kamatari; K. Kuwata
        日本生物物理学会第51回年会.京都, 2013年10月
      • カリウムイオンによって活性がスイッチングする四重鎖リボザイムの創製:四重鎖形成相補鎖によるスイッチング性能の向上
        山置佑大; 真嶋司; 永田崇; 片平正人
        第15回日本RNA学会年会.松山, 2013年07月
      • Creation of Novl Ribozyme whose Activity Switches on in Response to K+ via Quadruples Formation
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Sakurai, Y; Hara, Y; Kodaki, T; Nagata, T; Katahira, M
        第35回日本分子生物学会年会.福岡, 2012年12月
      • カリウムイオン依存的な四重鎖構造形成によって活性がオンになるインテリジェントリボザイムの創製
        Yamaoki, Y; Mashima, T; Sakurai, Y; Hara, Y; Nagata, T; Katahira, M
        日本生物物理学会第50回年会.名古屋, 2012年09月
      • Development of intelligent ribozyme whose activity switches on in response to K+via quadruplex formation
        Y. Yamaoki; T. Mashima; Y. Sakurai; Y. Hara; T. Nagata; M. Katahira
        The 39th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry,2012, 2012年, 査読有り
      • 2P125 四重鎖形成可能な相補鎖DNAを導入することによる四重鎖リボザイムのカリウムイオン濃度依存的な活性スイッチングの高効率化(05A.核酸:構造・物性,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        Yamaoki Yudai; Mashima Tsukasa; Nagata Takashi; Katahira Masato
        生物物理, 2013年
      • 3SCA-02 抗プリオン活性を示すアプタマー及びカリウムイオンに感応して活性がスイッチングするインテリジェントリボザイム(3SCA 生命現象の理解と核酸医薬を指向した機能性核酸の研究の最前線,シンポジウム,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        片平 正人; 真嶋 司; 山置 佑大; 永田 崇; 西川 富美子; 西川 諭; 鎌足 雄司; 桑田 一夫
        生物物理, 2013年

      講演・口頭発表等

      • In-cell NMR法によるヒト生細胞内環境下の 核酸の構造およびダイナミクスの解析
        山置佑大
        第21回若手NMR研究会, 2021年09月22日, 招待有り
      • In-cell NMR法を用いたヒト生細胞内核酸の構造およびダイナミクスの評価
        山置 佑大
        第57回 日本生物物理学会年会, 2019年09月24日, 招待有り
      • In-cell NMR法によるヒト細胞内DNAおよびRNAの観測
        山置 佑大
        第19回若手NMR研究会, 2018年08月, 招待有り
      • Evaluation of the structural stability and dynamics of nucleic acids inside the living cells by using in-cell NMR spectroscopy
        Nagata T; Yamaoki Y; Katahira M
        The 18th Annual Meeting of the Protein Society of Japan, 2018年06月28日, 招待有り
      • Development of K+-responsive Tat-binding RNA aptamer and hammerhead ribozyme
        Yamaoki, Y
        FIBER FUTURE COLLEGE 35, 2017年01月, 招待有り
      • Development of K+-responsive RNA aptamer and ribozyme, and in-cell NMR of nucleic acids in human cells
        Yamaoki, Y
        International Symposium for NMR of Nucleic Acids, 2017年01月, 招待有り

      書籍等出版物

      • 生命金属ダイナミクス ~生体内における金属の挙動と制御~
        山置佑大; 永田崇; 片平正人, 分担執筆, pp. 198-204 "金属原子によるRNA立体構造形成とその生理活性のスイッチングへの応用"
        NTS, 2021年01月
      • ヒト生細胞中における核酸NMRシグナルの初計測
        山置佑大; 永田崇; 片平正人, 共著
        生物物理誌, 2019年02月, 査読無し
      • ヒト生細胞中のDNAおよびRNAのNMRシグナル観測に初めて成功
        山置佑大; 永田崇; 片平正人
        新学術領域「柔らかな分子系」ニュースレター第54号(平成30年2月号), 2018年02月, 査読無し
      • カリウムイオンを感知して自律的に自らの活性をスイッチングするRNA アプタマーの開発
        山置佑大; 永田崇; 真嶋司; 片平正人
        新学術領域「柔らかな分子系」ニュースレター第48号(平成29年8月号), 2017年08月, 査読無し

      受賞

      • 2019年09月25日
        日本生物物理学会, 日本生物物理学会 若手招待講演賞
      • 2016年09月28日
        第43回 国際核酸化学シンポジウム運営委員会, 第43回 国際核酸化学シンポジウム 優秀ポスター賞
      • 2016年08月21日
        The Organizing Committee of International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems (ICMRBS), 第27回 ICMRBS若手研究者賞
      • 2015年03月01日
        京都大学エネルギー理工学研究所, 平成26年度京都大学エネルギー理工学研究所表彰
      • 2014年08月
        日本RNA学会年会, 第16回日本RNA学会年会 優秀賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • In-cell NMR法を用いたヒト生細胞内核酸の構造安定性および相互作用の評価
        若手研究
        小区分43020:構造生物化学関連
        京都大学
        山置 佑大
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 交付
        in-cell NMR;四重鎖核酸;ヒト細胞
      • 細胞内外で活性をスイッチする機能性核酸のIn-cell NMR法等を用いた創製
        若手研究(B)
        京都大学
        山置 佑大
        自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        in-cell NMR;四重鎖核酸;リボザイム;アプタマー;カリウムイオン
      • 細胞の外と内とで蛋白質捕捉活性がオフからオンに切り替わる機能性RNAの創製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        片平 正人
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        RNAアプタマー;Tat蛋白質;スイッチング;NMR;4重鎖;カリウムイオン;Tat蛋白質;NMR;4重鎖;機能性核酸;構造変化;FRET;構造遷移;機能性RNA
      • 環境に応じて酵素活性・アプター活性がスイッチングする自律的な機能性核酸の創製
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        片平 正人
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        RNA酵素;カリウムイオン;In cell NMR;立体構造;4重鎖;RNAアプタマー;Tatタンパク質;In cell NMR;リボザイム;4重鎖;アプタマー
      • 細胞内環境下におけるエピゲノム修飾を含む核酸の構造ダイナミクス解析
        基盤研究(C)
        小区分37010:生体関連化学
        京都大学
        山置 佑大
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        核酸;in-cell NMR法;構造ダイナミクス;エピゲノム修飾
      list
        Last Updated :2022/08/05

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2022年01月01日, 至 2022年12月31日
          エネルギー理工学研究所講演企画委員会委員
        • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
          エネルギー理工学研究所研究支援部広報室
        • 自 2020年04月01日
          エネルギー理工学研究所安全衛生委員会委員
        • 自 2021年04月01日
          エネルギー理工学研究所共同利用・共同研究推進室
        • 自 2020年04月01日
          エネルギー理工学研究所将来構想検討委員会委員
        list
          Last Updated :2022/08/05

          学術・社会貢献

          委員歴

          • 自 2022年09月
            第22回若手NMR研究会 世話人
          • 自 2013年06月
            第14回若手NMR研究会 世話人

          ページ上部へ戻る