教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

田中 朋之

タナカ トモユキ

農学研究科 農学専攻作物科学講座 准教授

田中 朋之
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 農学部

    所属学協会

    • 日本農芸化学会
    • 日本作物学会

    学位

    • 博士(農学)(京都大学)

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        イネやソバ種子の品質改善と登熟機構の解明
      • 研究概要

         全世界人口の約半数が主食としている米は、必須アミノ酸であるリジンが不足し栄養性改善が望まれる。また我が国では、加工特性や生理機能性、食味の優れた新形質米の開発が期待される一方で、高温登熟による外観品質低下を防ぐことが課題となっている。そこで、タンパク質など米の主要成分の組成を遺伝的・栽培技術的に改変したり、野生イネや突然変異体などから優れた遺伝資源を探索している。また、穂培養法を用いた種子登熟機構の解析や、新規食味形質の開発を進めている。一方ソバは、やせ地・乾燥地などの不良環境下でも短期間で育ち病害虫・雑草の害を受けにくい上に、優れた嗜好性・栄養性、血圧上昇抑制など様々な生理機能性を有していることから、世界中で注目されている作物である。しかし、時に深刻なアレルギー反応を示す場合があり、その低減化に向け原因物質アレルゲンである貯蔵タンパク質の解析を進めている。

      研究キーワード

      • 食品科学
      • 作物学
      • food science
      • crop science

      研究分野

      • ライフサイエンス, 食品科学
      • 環境・農学, 作物生産科学

      論文

      • FLOURY ENDOSPERM11‐2 encodes plastid HSP70‐2 involved with the temperature‐dependent chalkiness of rice ( Oryza sativa L.) grains
        Rehenuma Tabassum; Tokinori Dosaka; Hiroyuki Ichida; Ryouhei Morita; Yifan Ding; Tomoko Abe; Tomoyuki Katsube‐Tanaka
        The Plant Journal, 2020年07月, 査読有り, 責任著者
      • Structure and diversity of 13S globulin zero-repeat subunit, the trypsin-resistant storage protein of common buckwheat (Fagopyrum esculentum M.) seeds
        Fakhrul Islam Monshi; Nadar Khan; Kohtaro Kimura; Seita Suzuki; Yuka Yamamoto; Tomoyuki Katsube-Tanaka
        Breeding Science, 2020年, 査読有り, 責任著者
      • Effect of thinning on cultivar differences of green stem disorder in soybean
        Ryo Yamazaki; Tomoyuki Katsube-Tanaka; Yohei Kawasaki; Katsuyuki Katayama; Tatsuhiko Shiraiwa
        Plant Production Science, 2019年, 査読有り
      • Effect of thinning and shade removal on green stem disorder in soybean
        Ryo Yamazaki; Tomoyuki Katsube-Tanaka; Tatsuhiko Shiraiwa
        Plant Production Science, 2018年, 査読有り
      • Responses of grain filling in spring wheat and temperate-zone rice to temperature: Similarities and differences
        Tohru Kobata; Jairo A. Palta; Tomoyuki Tanaka; Masao Ohnishi; Miki Maeda; Mujde KoC Cedilla; Celaleddin Barutcular
        FIELD CROPS RESEARCH, 2018年01月, 査読有り
      • Possible cleavage sites of glutelin partial degradation confirmed by immunological analysis in globulin-less mutants of rice (Oryza sativa L.)
        Nadar Khan; Satoru Yamaguchi; Tomoyuki Katsube-Tanaka
        ELECTROPHORESIS, 2017年10月, 査読有り
      • Plant Performances and Stability of Soybean Cultivars with Temperate and Tropical Origins under Tropical Environments
        Andy Saryoko; Iskandar Lubis; Jirawat Sanichon; 本間 香貴; 縄田 栄治; Shao-Hui Zheng; 中崎 鉄也; 田中 朋之; 桂 圭佑; 白岩 立彦
        日本作物学会講演会要旨集, 2017年
      • 普通ソバにおける主要アレルゲン2Sアルブミンの多様性
        田中 朋之; Fakhrul Islam Monshi
        日本作物学会講演会要旨集, 2017年
      • Buckwheat Production, Consumption, and Genetic Resources in Japan
        T. Katsube-Tanaka
        Molecular Breeding and Nutritional Aspects of Buckwheat, 2016年06月01日, 査読有り
      • Assembly of the draft genome of buckwheat and its applications in identifying agronomically useful genes
        Yasuo Yasui; Hideki Hirakawa; Mariko Ueno; Katsuhiro Matsui; Tomoyuki Katsube-Tanaka; Soo Jung Yang; Jotaro Aii; Shingo Sato; Masashi Mori
        DNA RESEARCH, 2016年06月, 査読有り
      • Glutelin is partially degraded in globulin-less mutants of rice (Oryza sativa L.)
        Tomoyuki Katsube-Tanaka; Nadar Khan; Satoru Yamaguchi; Takeshi Yamaguchi; Shuichi Iida
        PLANT PRODUCTION SCIENCE, 2016年, 査読有り
      • Diversification of 13S globulins, allergenic seed storage proteins, of common buckwheat
        Madoka Sano; Mariko Nakagawa; Akifumi Oishi; Yasuo Yasui; Tomoyuki Katsube-Tanaka
        FOOD CHEMISTRY, 2014年07月, 査読有り
      • ソバの栽培と特性について
        田中 朋之
        京大農場報告, 2014年, 査読有り
      • “反復配列を持たない13Sグロブリン”を低減化したソバ個体の育成−0回反復サブユニットの遺伝子識別技術の開発−
        田中朋之; 中川真梨子; 佐野まどか; 安井康夫
        作物研究, 2014年
      • Capillary electrophoresis of seed storage proteins: The separation and identification of microheterogeneous rice glutelin subunits
        Tomoyuki Katsube-Tanaka
        Methods in Molecular Biology, 2013年, 査読有り
      • Diversity of 13S globulin genes identified in a genomic DNA library of common buckwheat
        Katsube-Tanaka, T; Sano, M; Nakagawa, M; Yasui, Y
        Proc. the 12th International. Symposium on Buckwheat (Lasko, Slovenia), 2013年, 査読有り
      • Allergenic protein, 13S globulin, of common buckwheat diversified by the insertion of tandem repeat
        Katsube-Tanaka, T
        Proc. the 2013 meeting of Korean Society of Crop Science (Pyeongchang, Korea), 2013年, 査読有り
      • Analysis of the major seed storage protein, 13S globulin, in common buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench)
        Katsube-Tanaka, T; Khan, N; Takahashi, Y; Nakagawa, M
        Proc. the 7th Asian Crop Science Conference, 2013年, 査読有り
      • Tandem repeat inserts in 13S globulin subunits, the major allergenic storage protein of common buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench) seeds
        Nadar Khan; Yusuke Takahashi; Tomoyuki Katsube-Tanaka
        FOOD CHEMISTRY, 2012年07月, 査読有り
      • RNA targeting to a specific ER sub-domain is required for efficient transport and packaging of α-globulins to the protein storage vacuole in developing rice endosperm
        H. Washida; A. Sugino; K.A. Doroshenk; M. Satoh-Cruz; A. Nagamine; T. Katsube-Tanaka; M. Ogawa; T. Kumamaru; H. Satoh; T.W. Okita
        Plant Journal, 2012年05月, 査読有り
      • 美味しいお米・健康に良いお米
        田中 朋之
        鳥取大学産学・地域連携推進機構編 "鳥大発"科学って何!-サイエンス・アカデミーへのいざない-, 2012年
      • Changes in the Subunit Composition of Seed Storage Proteins by Controlling Nitrogen and Sulfur Metabolism: I. Rice plants in sandy soil and hydroponic cultures.
        KATSUBE‐TANAKA Tomoyuki; NAKASHIMA Hiromichi; KHAN Nadar; YAMAGUCHI Takeshi; NAKANO Jyunichi
        作物研究, 2011年07月, 査読有り
      • Capillary electrophoresis for analysis of microheterogeneous glutelin subunits in rice (Oryza sativa L.)
        Tomoyuki Katsube-Tanaka; Shuichi Iida; Takeshi Yamaguchi; Junichi Nakano
        ELECTROPHORESIS, 2010年10月, 査読有り
      • 水収支モデルの“丹波黒”ダイズ栽培農家圃場への適用
        本間香貴; 岡井仁志; 黒瀬義孝; 須藤健一; 尾崎耕二; 白岩立彦; 田中朋之
        作物研究, 2010年09月, 査読有り
      • 種子貯蔵タンパク質の分析と品質改善
        田中朋之
        日本作物学会紀事, 2010年, 査読有り
      • ダイズ単収の日米地域差の拡大要因に関する作物学的調査--米国における視察報告(第1回)
        桂圭佑; 義平大樹; 本間香貴; L.C. Purcell; 田中朋之; 白岩立彦
        作物研究, 2009年, 査読有り
      • The cytoplasmic-localized, cytoskeletal-associated RNA binding protein OsTudor-SN: evidence for an essential role in storage protein RNA transport and localization
        Changlin Wang; Haruhiko Washida; Andrew J. Crofts; Shigeki Hamada; Tomoyuki Katsube-Tanaka; Dongwook Kim; Sang-Bong Choi; Mahendra Modi; Salvinder Singh; Thomas W. Okita
        PLANT JOURNAL, 2008年08月, 査読有り
      • Identification and variation of glutelin α polypeptides in the genus Oryza assessed by two-dimensional electrophoresis and step-by-step immuno detection.
        Khan, N; Katsube-Tanaka, T; Iida, S; Yamaguchi, T; Nakano, J; Tsujimoto, H
        Journal of Agricultural and Food Chemistry, 2008年07月, 査読有り
      • Diversity of rice glutelin polypeptides in wild species assessed by the higher-temperature sodium dodecyl sulfate-polyacrylamide gel electrophoresis and subunit-specific antibodies
        Nadar Khan; Tomoyuki Katsube-Tanaka; Shuichi Iida; Takeshi Yamaguchi; Junichi Nakano; Hisashi Tsujimoto
        ELECTROPHORESIS, 2008年03月, 査読有り
      • The higher temperature SDS-PAGE and assessment for nutritional quality of rice seed storage protein glutelin in wild species
        Katsube-Tanaka, T; Khan, N; Iida, S; Yamaguchi, T; Nakano, J; Tsujimoto, H
        5th ICSC, 2008, Jeju, Korea (Oral Presentation in Symposia 5: Nutritional and Market Quality)., 2008年, 査読有り
      • Nutritional Improvement of Rice Seed Protein Glutelin by Genetic and Agronomic Approaches
        Katsube-Tanaka, T; Nakashima, H; Iida, S; Okita, T.W; Washida, H; Yamaguchi, T; Nakano, J
        Proceedings of BioAsia2007 congress, 2007年, 査読有り
      • Structure-function relationships of soybean proglycinins at subunit levels
        K Prak; K Nakatani; T Katsube-Tanaka; M Adachi; N Maruyama; S Utsumi
        JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 2005年05月, 査読有り
      • Qualitative and Quantitative Analyses of Seed Storage Protein Glutelin for the Food Quality Improvement of Rice
        Katsube-Tanaka, T; S. Iida; T. Yamaguchi; J. Nakano
        Proc. Int. Symp. “The recent status and perspectives of agricultural environment and biotechnology 2005” (Ohmura, H. et al. eds.), 2005年, 査読有り
      • ダイズ茎基部からの出液を用いた過湿による根系機能低下の評価
        馬啓林; 山口武視; 中田昇; 中野貴章; 田中朋之; 中野淳一
        根の研究, 2005年
      • ダイズ幼植物における茎基部からの出液速度に関与する要因
        馬啓林; 山口武視; 中田昇; 田中朋之; 中野淳一
        日作紀, 2004年12月, 査読有り
      • Isolation of soybean plants with stable transgene expression by visual selection based on green fluorescent protein
        HA El-Shemy; M Teraishi; MM Khalafalla; T Katsube-Tanaka; S Utsumi; M Ishimoto
        MOLECULAR BREEDING, 2004年10月, 査読有り
      • The two subfamilies of rice glutelin differ in both primary and higher-order structures
        T Katsube-Tanaka; JBA Duldulao; Y Kimura; S Iida; T Yamaguchi; J Nakano; S Utsumi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 2004年06月, 査読有り
      • Quality assessment of rice seed protein using the capillary electrophoresis method
        Katsube-Tanaka, T; T. Endo; S. Iida; T. Yamaguchi; J. Nakano
        Proc. 4th International Crop Science Congress (Fischer, T. et al. eds.), 2004年, 査読有り
      • Analysis of rice seed storage protein glutelin using Escherichia coli expression systems
        Katsube-Tanaka, T; Y. Kimura; N. Hiroyama; S. Iida; T. Yamaguchi; J. Nakano; F. Takaiwa; S. Utsumi
        Proc. Asian Agriculture Congress 2001 (Virmani, S.S. et al. eds.), 2001年, 査読有り
      • Characteristics of grain filling in high yielding rice cultivar Takanari
        Yamaguchi, T; M. Jinbo; T. Katsube-Tanaka; J. Nakano
        Proc. Asian Agriculture Congress 2001 (Virmani, S.S. et al. eds.), 2001年, 査読有り
      • Plant Transformation and Transgenic Crops
        Tomoyuki Katsube-Tanaka; Shigeru Utsumi
        Food Science and Technology Research, 2000年, 査読有り
      • 食品機能を改質したダイズグリシニンを産生する作物に関する研究
        田中朋之
        京都大学博士学位論文, 1999年09月
      • Safety assessment of genetically engineered potatoes with designed soybean glycinin: compositional analyses of the potato tubers and digestibility of the newly expressed protein in transgenic potatoes
        W Hashimoto; K Momma; T Katsube; Y Ohkawa; T Ishige; M Kito; S Utsumi; K Murata
        JOURNAL OF THE SCIENCE OF FOOD AND AGRICULTURE, 1999年09月, 査読有り
      • Accumulation of soybean glycinin and its assembly with the glutelins in rice
        T Katsube; N Kurisaka; M Ogawa; N Maruyama; R Ohtsuka; S Utsumi; F Takaiwa
        PLANT PHYSIOLOGY, 1999年08月, 査読有り
      • Quality and safety evaluation of genetically engineered rice with soybean glycinin: Analyses of the grain composition and digestibility of glycinin in transgenic rice
        K Momma; W Hashimoto; S Ozawa; S Kawai; T Katsube; F Takaiwa; M Kito; S Utsumi; K Murata
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1999年02月, 査読有り
      • The roles of the N-linked glycans and extension regions of soybean beta-conglycinin in folding, assembly and structural features
        N Maruyama; T Katsube; Y Wada; MH Oh; APB De la Rosa; E Okuda; S Nakagawa; S Utsumi
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年12月, 査読有り
      • Identification of major wheat allergens by means of the Escherichia coli expression system
        N Maruyama; K Ichise; T Katsube; T Kishimoto; S Kawase; Y Matsumura; Y Takeuchi; T Sawada; S Utsumi
        EUROPEAN JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1998年08月, 査読有り
      • Crystal structure of recombinant soybean beta-amylase complexed with beta-cyclodextrin
        M Adachi; B Mikami; T Katsube; S Utsumi
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1998年07月, 査読有り
      • マメヒカリの開発と展望-ダイズタンパク質を産生するイネ
        内海成; 勝部朋之; 高岩文雄
        Bio Industry, 1998年
      • N-glycosylation does not affect assembly and targeting of proglycinin in yeast
        T Katsube; IJ Kang; Y Takenaka; M Adachi; N Maruyama; T Morisaki; S Utsumi
        BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1998年01月, 査読有り
      • HIGH-LEVEL ACCUMULATION OF SOYBEAN GLYCININ IN VACUOLE-DERIVED PROTEIN BODIES IN THE ENDOSPERM TISSUE OF TRANSGENIC TOBACCO SEED
        F TAKAIWA; T KATSUBE; S KITAGAWA; T HISAGO; M KITO; S UTSUMI
        PLANT SCIENCE, 1995年10月, 査読有り
      • MODIFICATION TOLERABILITY OF SOYBEAN PROGLYCININ
        AB GIDAMIS; P WRIGHT; ZU HAQUE; T KATSUBE; M KITO; S UTSUMI
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1995年08月, 査読有り
      • Nucleotide sequence of a soybean cDNA encoding epoxide hydrolase (PGR95-077)
        Katsube, T; M. Adachi; N. Maruyama; K. Ichise; Y. Takenaka; S. Utsumi
        Plant Physiol, 1995年, 査読有り
      • MODIFICATION TOLERABILITY OF THE HYPERVARIABLE REGION OF SOYBEAN PROGLYCININ
        T KATSUBE; AB GIDAMIS; J KANAMORI; IJ KANG; S UTSUMI; M KITO
        JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 1994年11月, 査読有り
      • CRYSTALLIZATION AND PRELIMINARY-X-RAY ANALYSIS OF SOYBEAN PROGLYCININS MODIFIED BY PROTEIN ENGINEERING
        AB GIDAMIS; B MIKAMI; T KATSUBE; S UTSUMI; M KITO
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 1994年04月, 査読有り
      • EXPRESSION AND ACCUMULATION OF NORMAL AND MODIFIED SOYBEAN GLYCININS IN POTATO-TUBERS
        S UTSUMI; S KITAGAWA; T KATSUBE; T HIGASA; M KITO; F TAKAIWA; T ISHIGE
        PLANT SCIENCE, 1994年, 査読有り
      • SYNTHESIS, PROCESSING AND ACCUMULATION OF MODIFIED GLYCININS OF SOYBEAN IN THE SEEDS, LEAVES AND STEMS OF TRANSGENIC TOBACCO
        S UTSUMI; S KITAGAWA; T KATSUBE; IJ KANG; AB GIDAMIS; F TAKAIWA; M KITO
        PLANT SCIENCE, 1993年, 査読有り

      MISC

      • イネ突然変異系統 13-45 における白未熟粒発生機構の解析第 2 報:原因候補遺伝子の同定と発現量の比較
        田中 朋之; 道坂 怜生; 増岡 千裕; 津山 睦; 阿部 知子
        日作紀, 2015年
      • 普通ソバ 13S グロブリンの 0 回反復遺伝子の解析
        田中 朋之; カーン ナダル; 山本悠佳
        日作紀, 2015年
      • 13Sグロブリンの多様性に基づくソバアレルゲンの識別方法の改善
        田中 朋之; Nadar Khan
        日作紀, 2014年
      • イネ突然変異系統13-45における白未熟粒発生機構の解析
        道坂 怜生; 増岡 千裕; 津山 睦; 阿部 知子; 田中 朋之
        日作紀, 2014年
      • ソバ13Sグロブリン遺伝子の多様性評価
        佐野 まどか; 中川 真梨子; 安井 康夫; 田中 朋之
        日作紀, 2013年
      • ゲノムライブラリーを用いたソバ13Sグロブリンにおける反復挿入配列の解析
        佐野まどか; 中川真梨子; 安井康夫; 田中朋之
        日本作物学会講演会要旨・資料集, 2012年09月09日
      • 低真空SEMによるイネ白未熟粒のデンプン粒観察
        津山睦; 田中朋之
        日本作物学会講演会要旨・資料集, 2012年03月29日
      • Analysis of the major seed storage protein, 13S globulin, in common buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench)
        T. Katsube-Tanaka; N. Khan; Y. Takahashi; M. Nakagawa
        Proc. the 7th Asian Crop Science Conference, 2012年
      • 普通ソバ種子貯蔵タンパク質のサブユニット組成の変化
        高橋 悠介; カーン ナダル; 松井 勝弘; 田中 朋之
        日本作物學會紀事, 2010年09月03日, 査読有り
      • 簡易土壌水分計を用いた黒大豆安定生産のための水ストレスの把握と潅水時期判断技術
        田中 朋之
        近畿作物・育種研究会 第169回例会, 2010年, 査読有り
      • ダイズの収量および乾物生産性における日米品種間差異 -暖地における比較-
        田中 朋之
        第230回日本作物学会講演会, 2010年, 査読有り
      • 窒素・硫黄代謝制御による種子貯蔵タンパク質組成の変化
        田中 朋之
        近畿作物・育種研究会 第169回例会, 2010年, 査読有り
      • ダイズ単収の日米地域差の拡大要因に関する作物学的調査-米国における圃場・作物管理-
        田中 朋之
        近畿作物・育種研究会 第170回例会, 2010年, 査読有り
      • 高温ストレスによる玄米タンパク質組成の変化と外観品質の関連性
        向井康裕; 田中朋之; 田中朋之; 抜木千尋; 山口武視; 中野淳一
        日本作物学会講演会要旨・資料集, 2009年09月29日, 査読有り
      • 野生イネにおける種子貯蔵タンパク質グルテリンの多様性評価
        田中朋之; 田中朋之; KHAN N; 山口武視; 中野淳一
        日本作物学会講演会要旨・資料集, 2009年03月27日, 査読有り
      • “丹波黒”ダイズ栽培圃場における土壌水分状態予測技術の開発
        田中 朋之
        近畿作物・育種研究会 第167回例会, 2009年, 査読有り
      • 重イオンビーム照射により得られたイネ突然変異体の特性解析
        井関 洸太朗; 田中 朋之; 阿部 知子; 本間 香貴; 白岩 立彦
        日本作物学会講演会要旨集, 2009年, 査読有り
      • “丹波黒”ダイズ栽培圃場における水収支モデルの開発
        田中 朋之
        第226回日本作物学会講演会, 2008年, 査読有り
      • Symposia 5: Nutritional and Market Quality (Oral Session) The higher temperature SDS-PAGE and assessment for nutritional quality of rice seed storage protein glutelin in wild species
        Tomoyuki Katsube-Tanaka
        5th International Crop Science Congress & Exhibition, 2008年, 査読有り
      • 土着根圏細菌の種子塗布でダイズの増収は可能か?
        山口 武視; 佐藤 康匡; 中嶋 寛之; 会見 忠則; 田中 朋之; 中野 淳一
        日本作物学会講演会要旨集, 2007年
      • Molecular design of soybean glycinins with enhanced food qualities and development of crops producing such glycinins
        S. Utsumi; T. Katsube; T. Ishige; F. Takaiwa
        Advances in Experimental Medicine and Biology, 1997年
      • 普通ソバ13Sグロブリンの複数回反復遺伝子の解析
        田中 朋之
        第240回日本作物学会講演会 要旨集

      講演・口頭発表等

      • 光環境の改変によるダイズの青立ち発生促進と光合成の増加との対応の検証
        山崎 諒; 田中 朋之; 小木曽 映里; 川崎 洋平; 浜口 秀生; 白岩 立彦
        日本作物学会, 2019年03月
      • 普通ソバ2Sアルブミン遺伝子g13とg28におけるヌル対立遺伝子候補の同定
        Fakhrul Islam Monshi; 田中 朋之
        日本作物学会, 2019年03月
      • イネ突然変異系統13-45における白未熟粒発生機構の解析 第5報:原因候補遺伝子産物の機能解析
        田中 朋之; Tabassum Rehenuma; 道坂 怜生; 阿部 知子
        日本作物学会, 2018年09月
      • 栽植密度変更処理によるダイズの青立ち程度の品種間差の検出
        山崎 諒; 川崎 洋平; 片山 勝之; 田中 朋之; 白岩 立彦
        日本作物学会, 2018年03月
      • イネ突然変異系統13-45における白未熟粒発生機構の解析 第4報:温度応答性の品種間比較
        Tabassum Rehenuma; 田中 朋之; 阿部 知子
        日本作物学会, 2018年03月
      • Crop Performance of Divergent Soybean Cultivars in Indonesia
        Andy Saryoko; Iskandar Lubis; Jirawat Sanitchon; Koki Homma; Eiji Nawata; Shan-Hui Zheng; Tetsuya Nakazaki; Tomoyuki Tanaka; Keisuke Katsura; Tatsuhiko Shiraiwa
        日本作物学会, 2018年03月
      • Plant Performances and Stability of Soybean Cultivars with Temperate and Tropical Origins under Tropical Environments
        Andy Saryoko; Iskandar Lubis; Jirawat Sanichon; 本間 香貴; 縄田 栄治; Shao-Hui Zheng; 中崎 鉄也; 田中 朋之; 桂 圭佑; 白岩 立彦
        日本作物学会, 2017年09月
      • 普通ソバにおける主要アレルゲン2Sアルブミンの多様性
        田中 朋之; Fakhrul Islam Monshi
        日本作物学会, 2017年09月
      • 栽植密度変更処理によるダイズの青立ち程度の品種間差の明瞭化
        山崎 諒; 川崎 洋平; 片山 勝之; 田中 朋之; 白岩 立彦
        日本作物学会, 2017年03月
      • イネ突然変異系統13-45における白未熟粒発生機構の解析 第3報:温度応答性の定量的比較
        田中 朋之; Tabassum Rehenuma; 阿部 知子
        日本作物学会, 2017年03月
      • 畑条件によりイネのバイオマス並び収量が低下する要因の探索
        Zaochang Liu; L. Zhou; D. Kong; 田中 佑; 田中 朋之; 白岩 立彦
        日本作物学会, 2017年03月
      • Multiple-repeat genes of 13S globulin are consecutively located to form a cluster in a common buckwheat (Fagopyrum esculentum) genome
        T. Katsube-Tanaka; K. Tanaka; K. Niwa; M. Sano; Y. Yasui
        13th Int. Symposium on Buckwheat (Bongpyoung, Korea), 2016年09月09日
      • Diversity and identification of 13S globulin genes, major allergen of common buckwheat (Fagopyrum esculentum M.) seeds
        T. Katsube-Tanaka; N.Khan
        7th ICSC. (Beijing, China), 2016年08月17日
      • ソバ13Sグロブリンにおける0回反復サブユニットGlbNCの解析
        向西直登; 田中朋之
        日本作物学会(茨城大学,水戸), 2016年03月29日
      • パキスタン在来普通ソバにおける13Sグロブリン0回反復遺伝子の多様性
        田中朋之; Nadar Khan; 鈴木晴大; 向西直登
        日本作物学会(茨城大学,水戸), 2016年03月29日
      • Seed Storage Proteins and Breadmaking Quality of Rice
        田中 朋之
        the Int. Academic Conference of Japonica Rice Quality Improvement, 2015年
      • ソバアレルゲンとゲノム解析
        田中 朋之
        平成27年度 九州沖縄農業試験研究推進会議畑作推進部会 九州ソバ研究会, 2015年

      書籍等出版物

      • Buckwheat Production, Consumption, and Genetic Resources in Japan
        田中 朋之, 分担執筆, chapter 5
        Elsevier, 2016年, 査読無し
      • ソバアレルゲンとなる13Sグロブリンサブユニットの解析
        田中 朋之, 単著
        平成23年度~平成25年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書.pp. 1-5., 2014年, 査読無し
      • Capillary Electrophoresis of Seed Storage Proteins: The Separation and Identification of Microheterogeneous Rice Glutelin Subunits.
        T. Katsube-Tanaka
        In N. Volpi and F. Maccari (Eds.) Methods in Molecular Biology, Vol. 984: Capillary Electrophoresis of Biomolecules. Humana Press (Springer), New York, 2013年, 査読無し
      • ソバアレルゲン低減化のための種子貯蔵タンパク質組成の変動解析
        田中朋之
        平成20年度~平成22年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書.p. 1-6., 2011年, 査読無し
      • 長期穂培養法による乳白米発生機構の解明.
        田中朋之
        平成18年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書.p. 1-58., 2008年, 査読無し
      • Food protein engineering of soybean proteins and development of soy-rice
        Katsube, T; N. Maruyama; F. Takaiwa; S. Utsumi, 共著, pp.65-76
        In “Engineering crop plants for industrial uses 1st edition” (Shewry, P.R. et al. eds.). Portland Press, London, 1998年, 査読無し
      • Molecular design of soybean glycinins with enhanced food qualities and development of crops producing such glycinins
        Utsumi, S; T. Katsube; T. Ishige; F. Takaiwa, 共著, pp.1-15
        In “Food proteins and lipids 1st edition” (Damodaran, S. and A. Paraf eds.). Plenum Press, New York, 1997年, 査読無し

      産業財産権

      • 特許6045132, モチ米の加熱調理方法
        田中朋之
      • 低グルテリン米の判定・定量法
        飯田修一; 春原嘉弘; 前田英郎; 松下景; 田中朋之; 山口武視; 中野淳一; 西村実; 草場信; 小山洋一; 佐々木ミチ; 中島敏夫; 木下憲明
      • ダイズグリシニンを発現するトランスジェニック植物
        高岩文雄; 内海成; 勝部朋之

      受賞

      • 2007年09月
        日本作物学会, 日本作物学会第224回講演会ベストポスター賞
      • 2016年09月11日
        The Symposium Organizing Committee of 13th Int. Symposium on Buckwheat , Best Oral Award

      外部資金:科学研究費補助金

      • プラスチド型熱ストレスタンパク質に着目したイネ白未熟粒の発生機構と適応技術
        基盤研究(B)
        小区分39020:作物生産科学関連
        京都大学
        田中 朋之; 勝部朋之
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        イネ;白未熟粒;突然変異体;高温登熟
      • イネ突然変異系統13-45における白未熟粒発生機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        田中 朋之; 勝部朋之
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        イネ;白未熟粒;高温ストレス;熱ストレスタンパク質;突然変異体;突然変異
      • 熱帯地域におけるダイズの潜在生産力の評価と適応性遺伝子源の探索
        基盤研究(A)
        京都大学
        白岩 立彦
        自 2013年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        ダイズ;収量;適応性;高温環境;熱帯;遺伝的変異;高温;乾物生産;日長;遺伝資源;遺伝子源;高温適応性
      • ソバアレルゲンとなる13Sグロブリンサブユニットの解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        田中 朋之;勝部 朋之;田中 朋之(勝部朋之)
        自 2011年04月28日, 至 2014年03月31日, 完了
        ソバ;13Sグロブリン;反復配列
      • 転換畑ダイズ作安定化のための水環境適応・制御支援モデルの開発
        基盤研究(B)
        京都大学
        白岩 立彦
        自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        ダイズ;生育モデル;転換畑;土壌水分;収量;窒素固定
      • ソバアレルゲン低減化のための種子貯蔵タンパク質組成の変動解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        田中 朋之;勝部 朋之
        完了
        ソバ;アレルゲン;貯蔵タンパク質
      • ダイズ単収の日米地域差の拡大要因に関する作物学的調査
        基盤研究(B)
        京都大学
        白岩 立彦
        完了
        ダイズ;収量;気象;多収性;栽培技術
      • 長期穂培養法による乳白米発生機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        田中 朋之
        完了
        イネ;穂培養;乳白米, Rice;Detached ear culture;Chalky grain
      • 蛍光分光技術を用いたコメ貯蔵タンパク質の蓄積パターンの解析
        若手研究(B)
        鳥取大学
        田中 朋之;勝部 朋之
        完了
        コメタンパク質;グルテリン;サブファミリー;蛍光分光技術
      • イネとコムギの高温登熟機能の品種及び属間差解明による耐性遺伝資源評価
        基盤研究(B)
        島根大学
        小葉田 亨
        完了
        高温;登熟;イネ;コムギ;酵素;同化産物;温暖化;水稲;地中海性気候;モデル;品質;オーストラリア, grain filling;rice;wheat;climate change;Enzime
      • 蛍光分光技術を用いたコメ貯蔵タンパク質の蓄積パターンの解析
        若手研究(B)
        鳥取大学
        田中 朋之;勝部 朋之
        完了
      • 形質転換技術を利用したイネの穂培養法の確立と登熟過程解析への応用
        若手研究(B)
        鳥取大学
        田中 朋之;勝部 朋之
        完了
        イネ;登熟;穂培養;糖代謝;形質転換
      • 改造ダイズタンパク質遺伝子の導入によるジャガイモの改質
        奨励研究(A)
        島根県立島根女子短期大学
        勝部 朋之
        完了
        遺伝子工学的改質;グリシニン;ジャガイモ
      • 遺伝子光学的に改質した大豆グリシニンの迅速評価システムの構築
        奨励研究(A)
        島根県立島根女子短期大学
        勝部 朋之
        完了
        大豆グリシニン;遺伝子光学的改質;一過性発現;エレクトロポレーション

      外部資金:その他

      • 安全・安心なソバの生産と流通のためのアレルゲン評価法の検証
        サッポロ生物科学振興財団
        自 2015年, 至 2015年
        田中朋之
      • 国産小麦の製パン特性の分子タンパク質工学的改良
        飯島記念食品科学振興財団
        自 1997年, 至 1997年
        田中朋之
      • 遺伝子工学的に改造したダイズグリシニンを産生する高付加価値ジャガイモの開発
        日本科学協会
        自 1995年, 至 1995年
        田中朋之
      • 米の高付加価値化に関する遺伝子工学的研究
        飯島記念食品科学振興財団
        自 1994年, 至 1994年
        田中朋之
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          作物学専攻実験
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          作物学演習
          農学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          作物環境生理論
          農学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生態学
          前期, 農学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生態学から持続的社会へ
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          作物環境生理論
          後期, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          作物学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          作物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          作物学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          作物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          作物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          作物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          作物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          作物学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          作物環境生理論
          後期, 農学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          資源生物科学専門外書講義I
          前期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          ILASセミナー
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生態学
          前期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物学専攻実験
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物学演習
          通年, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物環境生理論
          後期, 農学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          作物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          作物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          作物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          作物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作物環境生理論
          後期, 農学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          資源生物科学専門外書講義II
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          作物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          作物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          作物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          作物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生態学
          前期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          作物学II
          後期, 農学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          作物学専攻実験1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          作物学専攻実験2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          作物学演習1
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          作物学演習2
          通年, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          作物環境生理論
          後期, 農学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          作物科学演習
          通年, 農学部

        非常勤講師

        • 自 2009年, 至 2009年
          集中講義, 岐阜大学
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            北部構内実験排水系管理委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日
            環境・安全・衛生委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            情報セキュリティ・システム委員会 委員

          ページ上部へ戻る