教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

倉永 健史

クラナガ タケフミ

薬学研究科 創発医薬科学専攻創発医薬科学講座 助教

倉永 健史
list
    Last Updated :2022/09/09

    基本情報

    学部兼担

    • 薬学部

    所属学協会

    • 日本薬学会
    • 日本生薬学会
    • 有機合成化学協会
    • 日本化学会

    学位

    • 修士(理学)(東京大学)
    • 博士(理学)(東京大学)

    経歴

    • 自 2018年05月, 至 現在
      京都大学学際融合教育研究推進センター生理化学研究ユニット 特任講師(兼)
    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学大学院薬学研究科創発医薬科学専攻助教
    • 自 2015年10月, 至 2018年04月
      北海道大学大学院薬学研究院, Faculty of Pharmaceutical Sciences, 講師
    • 自 2015年04月, 至 2015年09月
      ETH Zürich, Postdoctoral Fellow
    • 自 2011年10月, 至 2015年03月
      東京大学, 薬学研究科(研究院), 助教
    • 自 2011年04月, 至 2011年10月
      東京大学大学院薬学系研究科, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, 博士研究員

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/09/09

      研究

      研究キーワード

      • 生合成
      • 有機合成化学
      • 全合成
      • ケミカルバイオロジー
      • ペプチド
      • 天然物化学

      研究分野

      • ライフサイエンス, 薬系化学、創薬科学

      論文

      • P-60 膜タンパク質との相互作用解析を目指した単純化ポリ環状エーテルの収束的合成とその活性評価(ポスター発表の部)
        佐々木 真聡; 倉永 健史; 村田 美紗子; 橘 和夫
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2006年09月15日
      • Identification and Total Synthesis of an Unstable Anticancer Macrolide Presaccharothriolide Z Produced by Saccharothrix sp. A1506
        Takefumi Kuranaga; Miho Tamura; Hiroaki Ikeda; Sakahiro Terada; Yusuke Nakagawa; Hideaki Kakeya
        Organic Letters, 2021年09月17日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Amycolapeptins A and B, Cyclic Nonadepsipeptides Produced by Combined-culture of Amycolatopsis sp. and Tsukamurella pulmonis
        Chengqian Pan; Takefumi Kuranaga; Xun Cao; Takehiro Suzuki; Naoshi Dohmae; Naoya Shinzato; Hiroyasu Onaka; Hideaki Kakeya
        The Journal of Organic Chemistry, 2021年01月15日, 査読有り
      • Application of the highly sensitive labeling reagent to the structural confirmation of readily isomerizable peptides
        Chengqian Pan; Takefumi Kuranaga; Hideaki Kakeya
        Journal of Natural Medicines, 2021年01月02日, 査読有り, 責任著者
      • Longicatenamides A–D, Two Diastereomeric Pairs of Cyclic Hexapeptides Produced by Combined-culture of Streptomyces sp. KUSC_F05 and Tsukamurella pulmonis TP-B0596
        Yulu Jiang; Takumi Matsumoto; Takefumi Kuranaga; Shan Lu; Weicheng Wang; Hiroyasu Onaka; Hideaki Kakeya
        The Journal of Antibiotics, 2021年01月, 査読有り
      • Highly sensitive determination of amino acids by LC-MS under neutral conditions
        Ryota Morimoto; Takumi Matsumoto; Mayuri Minote; Masayuki Yanagisawa; Ryotaro Yamada; Takefumi Kuranaga; Hideaki Kakeya
        Chem. Pharm. Bull., 2021年01月, 査読有り, 責任著者
      • Total Synthesis and Structural Revision of Kasumigamide, and Identification of a New Analogue
        Takefumi Kuranaga; Kenichi Matsuda; Masachika Takaoka; Chisato Tachikawa; Ayae Sano; Kosei Itoh; Ayumu Enomoto; Kei Fujita; Ikuro Abe; Toshiyuki Wakimoto
        ChemBioChem, 2020年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Total synthesis of thioamycolamide A via a biomimetic route
        Chengqian Pan; Takefumi Kuranaga; Hideaki Kakeya
        Org. Biomol. Chem., 2020年10月, 査読有り, 責任著者
      • Highly Sensitive Labeling Reagents for Scarce Natural Products
        Takefumi Kuranaga; Mayuri Minote; Ryota Morimoto; Chengqian Pan; Haruka Ogawa; Hideaki Kakeya
        ACS Chemical Biology, 2020年08月31日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Thioamycolamides A–E, Sulfur-Containing Cycliclipopeptides Produced by the Rare Actinomycete Amycolatopsis sp.
        Chengqian Pan, Takefumi Kuranaga, Chao Liu, Shan Lu, Naoya Shinzato, Hideaki Kakeya
        Org. Lett., 2020年04月17日, 査読有り
      • Precious Microorganisms as Productive Resources: Marine-Derived Microorganisms and Combined-Culture
        Hideaki Kakeya; Takefumi Kuranaga
        Comprehensive Natural Products III, 2020年, 査読有り, 招待有り
      • 化学合成を基盤とする稀少天然物化学研究 稀少天然物に着想を得た高感度ラベル化剤の開発
        倉永健史
        化学と工業, 2020年
      • Introduction of D-Amino Acids in Minimalistic Peptide Substrates by an S-Adenosyl-L-Methionine Radical Epimerase
        Anna L. Vagstad; Takefumi Kuranaga; Salome Püntener; Vijaya R. Pattabiraman; Jeffrey W. Bode; Jörn Piel
        Angewandte Chemie International Edition, 2019年02月18日, 査読有り
      • ペニシリン結合タンパク質によるペプチド環化
        松田研一; 倉永健史; 脇本敏幸
        ファルマシア, 2019年, 査読有り
      • A new cyclase family catalyzing head-to-tail macrolactamization of non-ribosomal peptides
        Kenichi Matsuda; Takefumi Kuranaga; Toshiyuki Wakimoto
        J. Synth. Org. Chem. Jpn., 2019年, 査読有り
      • The Revised Structure of the Cyclic Octapeptide Surugamide A
        Kenichi Matsuda; Takefumi Kuranaga; Ayae Sano; Akihiro Ninomiya; Kentaro Takada; Toshiyuki Wakimoto
        Chem. Pharm. Bull., 2019年, 査読有り, 責任著者
      • Scrobiculosides A and B from the Deep-Sea Sponge Pachastrella scrobiculosa
        Takahiro Jomori; Shuji Shiroyama; Yuji Ise; Hisanori Kohtsuka; Kenichi Matsuda; Takefumi Kuranaga; Toshiyuki Wakimoto
        J. Nat. Med., 2019年, 査読有り
      • SurE is a trans-acting thioesterase cyclizing two distinct non-ribosomal peptides
        Kenichi Matsuda; Masakazu Kobayashi; Takefumi Kuranaga; Kentaro Takada; Shigeki Matsunaga; Haruo Ikeda; Toshiyuki Wakimoto
        Org. Biomol. Chem., 2019年, 査読有り
      • Palmitoyl lactic acid induces adipogenesis and a brown fat-like phenotype in 3T3-L1 preadipocytes.
        Yuka Unno; Hirona Yamamoto; Shuto Takatsuki; Yoshinori Sato; Takefumi Kuranaga; Kazunaga Yazawa; Yasuo Ono; Toshiyuki Wakimoto
        Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids, 2018年07月, 査読有り
      • Total Synthesis of the Non-Ribosomal Peptide Surugamide B and Identification of a New Offloading Cyclase Family
        Takefumi Kuranaga; Kenichi Matsuda; Ayae Sano; Masakazu Kobayashi; Akihiro Ninomiya; Kentaro Takada; Shigeki Matsunaga; Toshiyuki Wakimoto
        Angew. Chem. Int. Ed., 2018年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Diastereoselective total synthesis and structural confirmation of surugamide F
        Takefumi Kuranaga; Atsuki Fukuba; Akihiro Ninomiya; Kentaro Takada; Shigeki Matsunaga; Toshiyuki Wakimoto
        Chemical and Pharmaceutical Bulletin, 2018年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Total Synthesis of Theonellapeptolide Id
        Takefumi Kuranaga; Ayumu Enomoto; Hui Tan; Kazuto Fujita; Toshiyuki Wakirnoto
        ORGANIC LETTERS, 2017年03月, 査読有り, 筆頭著者
      • Design and synthesis of potent substrate-based inhibitors of the Trypanosoma cruzi dihydroorotate dehydrogenase
        Daniel Ken Inaoka; Maiko Lida; Satoshi Hashimoto; Toshiyuki Tabuchi; Takefumi Kuranaga; Emmanuel Oluwadare Balogun; Teruki Honma; Akiko Tanaka; Shigeharu Harada; Takeshi Nara; Kiyoshi Kita; Masayuki Inoue
        BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 2017年02月, 査読有り
      • Corrigendum to: Biosynthetic Gene Cluster for Surugamide A Encompasses an Unrelated Decapeptide, Surugamide F (ChemBioChem, (2016), 17, 18, (1709-1712), 10.1002/cbic.201600350)
        Ninomiya A; Katsuyama Y; Kuranaga T; Miyazaki M; Nogi Y; Okada S; Wakimoto T; Ohnishi Y; Matsunaga S; Takada K
        ChemBioChem, 2017年, 査読有り
      • セリンライゲーションを鍵としたteixobactinの全合成
        倉永健史
        ファルマシア, 2017年, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • The Open Form Inducer Approach for Structure-Based Drug Design
        Daniel Ken Inaoka; Maiko Iida; Toshiyuki Tabuchi; Teruki Honma; Nayoung Lee; Satoshi Hashimoto; Shigeru Matsuoka; Takefumi Kuranaga; Kazuhito Sato; Tomoo Shiba; Kimitoshi Sakamoto; Emmanuel Oluwadare Balogun; Shigeo Suzuki; Takeshi Nara; Josmar Rodrigues da Rocha; Carlos Alberto Montanari; Akiko Tanaka; Masayuki Inoue; Kiyoshi Kita; Shigeharu Harada
        PLOS ONE, 2016年11月, 査読有り
      • Biosynthetic Gene Cluster for SurugamideA Encompasses an Unrelated Decapeptide, SurugamideF
        Akihiro Ninomiya; Yohei Katsuyama; Takefumi Kuranaga; Masayuki Miyazaki; Yuichi Nogi; Shigeru Okada; Toshiyuki Wakimoto; Yasuo Ohnishi; Shigeki Matsunaga; Kentaro Takada
        CHEMBIOCHEM, 2016年09月, 査読有り
      • Total Synthesis and Functional Evaluation of Fourteen Stereoisomers of Yaku’amide B. Importance of Stereochemistry for Hydrophobicity and Cytotoxicity
        Hiroyuki Mutoh; Yusuke Sesoko; Takefumi Kuranaga; Hiroaki Itoh; Masayuki Inoue
        Org. Biomol. Chem., 2016年, 査読有り
      • Identification of a Conformational Equilibrium That Determines the Efficacy and Functional Selectivity of the μ-Opioid Receptor
        Junya Okude; Takumi Ueda; Yutaka Kofuku; Motohiko Sato; Naoyuki Nobuyama; Keita Kondo; Yutaro Shiraishi; Takuya Mizumura; Kento Onishi; Mei Natsume; Masahiro Maeda; Hideki Tsujishita; Takefumi Kuranaga; Masayuki Inoue; Ichio Shimada
        Angew. Chem. Int. Ed., 2015年12月, 査読有り
      • Elucidation and Total Synthesis of the Correct Structures of Tridecapeptides Yaku’amides A and B. Synthesis-Driven Stereochemical Reassignment of the Four Amino Acid Residues
        Takefumi Kuranaga; Hiroyuki Mutoh; Yusuke Sesoko; Tomomi Goto; Shigeki Matsunaga; Masayuki Inoue
        J. Am. Chem. Soc., 2015年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • Solid-Phase Total Synthesis of Bogorol A: Stereocontrolled Construction of Thermodynamically Unfavored (E)-2-Amino-2-butenamide
        Tomoya Yamashita; Takefumi Kuranaga; Masayuki Inoue
        ORGANIC LETTERS, 2015年05月, 査読有り
      • Rational Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Lactam-Bridged Gramicidin A Analogues: Discovery of a Low-Hemolytic Antibacterial Peptide
        Ji Mao; Takefumi Kuranaga; Hiroshi Hamamoto; Kazuhisa Sekimizu; Masayuki Inoue
        CHEMMEDCHEM, 2015年03月, 査読有り
      • Lysocin E is a new antibiotic that targets menaquinone in the bacterial membrane
        Hiroshi Hamamoto; Makoto Urai; Kenichi Ishii; Jyunichiro Yasukawa; Atmika Paudel; Motoki Murai; Takuya Kaji; Takefumi Kuranaga; Kenji Hamase; Takashi Katsu; Jie Su; Tatsuo Adachi; Ryuji Uchida; Hiroshi Tomoda; Maki Yamada; Manabu Souma; Hiroki Kurihara; Masayuki Inoue; Kazuhisa Sekimizu
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2015年02月, 査読有り
      • Total Synthesis and Biological Evaluation of the Antibiotic Lysocin E and Its Enantiomeric, Epimeric, and N-Demethylated Analogues
        Motoki Murai; Takuya Kaji; Takefumi Kuranaga; Hiroshi Hamamoto; Kazuhisa Sekimizu; Masayuki Inoue
        ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 2015年01月, 査読有り
      • Total syntheses of nobilamides B and D: application of traceless Staudinger ligation
        Tomoya Yamashita; Hiroaki Matoba; Takefumi Kuranaga; Masayuki Inoue
        TETRAHEDRON, 2014年10月, 査読有り
      • SYNTHESIS AND CYCLIZATION OF A PROPOSED BIOSYNTHETIC EPDXY INTERMEDIATE OF A MRINE MONOCYCLIC ETHER AMIDE, BREVISAMIDE
        Tomohiro Shirai; Yuki Takimoto; Takefumi Kuranaga; Kazuo Tachibana; Masayuki Satake; Daniel G. Baden; Jeffrey L. C. Wright
        HETEROCYCLES, 2014年01月, 査読有り
      • Control of the cytotoxicity of dansylated polytheonamide mimic, an artificial peptide ion channel, by modification of the N-terminal structure
        Hiroaki Itoh; Shoko Matsutaka; Takefumi Kuranaga; Masayuki Inoue
        TETRAHEDRON LETTERS, 2014年01月, 査読有り
      • Cu-mediated enamide formation in the total synthesis of complex peptide natural products
        Takefumi Kuranaga; Yusuke Sesoko; Masayuki Inoue
        NATURAL PRODUCT REPORTS, 2014年, 査読有り, 筆頭著者
      • Total Synthesis and Complete Structural Assignment of Yaku’amide A
        Takefumi Kuranaga; Yusuke Sesoko; Komei Sakata; Naoya Maeda; Atsushi Hayata; Masayuki Inoue
        J. Am. Chem. Soc., 2013年04月, 査読有り, 筆頭著者
      • Ophiobolin O and 6-Epi-ophiobolin O, Two New Cytotoxic Sesterterpenes from the Marine Derived Fungus Aspergillus sp.
        Dahai Zhang; Seketsu Fukuzawa; Masayuki Satake; Xianguo Li; Takafumi Kuranaga; Ai Niitsu; Kentaro Yoshizawa; Kazuo Tachibana
        NATURAL PRODUCT COMMUNICATIONS, 2012年11月, 査読有り
      • Total Synthesis of (–)-Brevisin: A Concise Synthesis of a New Marine Polycyclic Ether
        Takefumi Kuranaga; Naohito Ohtani; Ryosuke Tsutsumi; Daniel G. Baden; Jeffrey L. C. Wright; Masayuki Satake; Kazuo Tachibana
        Org. Lett., 2011年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • Chemoselective deprotection of silyl ethers by DIBALH
        Takefumi Kuranaga; Shuji Ishihara; Naohito Ohtani; Masayuki Satake; Kazuo Tachibana
        TETRAHEDRON LETTERS, 2010年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • 34 海産ポリ環状エーテル天然物の効率的全合成、ブレビシン(口頭発表の部)
        倉永 健史; 大谷 真人; 堤 亮祐; 石原 周二; 佐竹 真幸; Wright Jeffrey L.C.; 橘 和夫
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2010年09月01日
      • Synthesis of the BC/DE ring model of brevisin for confirmation of the structure around the acyclic junction
        Takefumi Kuranaga; Masayuki Satake; Daniel G. Baden; Jeffrey L. C. Wright; Kazuo Tachibana
        TETRAHEDRON LETTERS, 2010年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • An improved synthesis of (−)-brevisamide, a marine monocyclic ether amide of dinoflagellate origin
        Ryosuke Tsutsumi; Takefumi Kuranaga; Jeffrey L. C. Wright; Daniel G. Baden; Emiko Ito; Masayuki Satake; Kazuo Tachibana
        Tetrahedron, 2010年08月, 査読有り
      • Synthesis of a proposed biosynthetic intermediate of a marine cyclic ether brevisamide for study on biosynthesis of marine ladder-frame polyethers
        Tomohiro Shirai; Takefumi Kuranaga; Jeffrey L. C. Wright; Daniel G. Baden; Masayuki Satake; Kazuo Tachibana
        TETRAHEDRON LETTERS, 2010年03月, 査読有り
      • SYNTHESIS OF THE ABC RING FRAGMENT OF BREVISIN, A NEW DINOFLAGELLATE POLYCYCLIC ETHER
        Naohito Ohtani; Ryosuke Tsutsumi; Takefumi Kuranaga; Tomohiro Shirai; Jeffrey L. C. Wright; Daniel G. Baden; Masayuki Satake; Kazuo Tachibanaa
        HETEROCYCLES, 2010年03月, 査読有り
      • P-43 ブレビサミドの全合成およひポリ環状エーテル化合物の生合成研究を目指した推定鎖状前駆体の合成(ポスター発表の部)
        倉永 健史; 白井 智大; 堤 亮祐; 大谷 真人; Wright Jeffrey L.C.; 佐竹 真幸; 橘 和夫
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2009年09月01日
      • Total Synthesis and Structural Confirmation of Brevisamide, a New Marine Cyclic Ether Alkaloid from the Dinoflagellate Karenia brevis
        Takefumi Kuranaga; Tomohiro Shirai; Daniel G. Baden; Jeffrey L. C. Wright; Masayuki Satake; Kazuo Tachibana
        ORGANIC LETTERS, 2009年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Separation and Identification of the DL-forms of Short-Chain Peptides Using a New Chiral Resolution Labeling Reagent
        Makoto Ozaki; Tomomi Kuwayama; Tsunehisa Hirose; Motoshi Shimotsuma; Akira Hashimoto; Takefumi Kuranaga; Hideaki Kakeya
        Anal. Bioanal. Chem., 2022年04月, 査読有り
      • Development and application of highly sensitive labeling reagents for amino acids
        Takefumi Kuranaga; Hideaki Kakeya
        Methods in Enzymol., 2022年03月, 査読有り, 筆頭著者

      MISC

      • 天然プロドラッグ型抗がん剤リード化合物サッカロスリオリドBの合成研究
        田村美帆; 中川雄介; 倉永健史; 掛谷秀昭
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2020年
      • フラン脂肪酸の合成と抗炎症作用解析
        高槻修人; 海野雄加; 戸田直希; 倉永健史; 斧康雄; 脇本敏幸
        食品薬学シンポジウム講演要旨集, 2017年10月
      • クリルオイル中の脂肪細胞分化促進成分の探索
        山本宙奈; 高槻修人; 海野雄加; 倉永健史; 斧康雄; 脇本敏幸
        第64回北海道薬学大会, 2017年05月
      • μ‐オピオイド受容体のシグナル選択性制御機構の解明
        奥出順也; 上田卓見; 上田卓見; 上田卓見; 幸福裕; 佐藤元彦; 延山尚幸; 近藤啓太; 白石勇太郎; 水村拓也; 大西健人; 夏目芽依; 前田正洋; 辻下英樹; 倉永健史; 井上将行; 嶋田一夫
        Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan, 2016年11月16日
      • フラン脂肪酸の定量分析と生物活性評価
        高槻修人; 山本宙奈; 江上蓉子; 倉永健史; 脇本敏幸; 海野雄加; 斧康雄
        第63回北海道薬学大会, 2016年05月
      • δオピオイド受容体(δOR)の活性制御機構の解明
        佐藤元彦; 奥出順也; 延山尚幸; 上田卓見; 上田卓見; 幸福裕; 倉永健史; 井上将行; 嶋田一夫
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2016年03月
      • 抗菌ペプチド天然物カイコシン類の全合成および構造機能相関
        加治 拓哉; 村井 元紀; 倉永 健史; 浜本 洋; 関水 和久; 井上 将行
        天然有機化合物討論会講演要旨集, 2014年
      • 生薬・薬用植物研究の最新動向 化学合成を駆使した稀少天然物化学研究
        倉永健史, 化学合成を駆使した稀少天然物化学研究
        シーエムシー出版, 2017年, 査読無し

      産業財産権

      • 特願2019-081766, 新規フルオロジニトロフェニル化合物及びその用途
        小川はるか; 倉永健史; 掛谷秀昭
      • 特願2018-89287, ペプチド類の大環状化酵素
        脇本敏幸; 倉永健史; 松田研一
      • 特願2013-098834, 固相レジンを用いた環状ペプチド化合物の製造方法
        関水和久; 井上将行; 倉永健史

      外部資金:科学研究費補助金

      • 生物合成系を模倣したペプチド化学合成法の開発と応用
        若手研究
        小区分38040:生物有機化学関連
        京都大学
        倉永 健史
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        ペプチド;生合成;有機合成;全合成;天然物化学
      • 海綿共生細菌Entotheonella属による多様な生物活性物質生産機構の解明
        基盤研究(B)
        北海道大学
        脇本 敏幸
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        海綿動物;生合成遺伝子;生物活性物質;生合成;共生微生物;海綿共生微生物;二次代謝産物;ペプチド;海綿;Entotheonella
      • 収束的合成戦略の革新による巨大複雑天然物全合成の高度一般化
        基盤研究(A)
        東京大学
        井上 将行
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        合成化学;全合成;生物活性分子の設計;生理活性;収束的合成;ラジカル反応
      • 抗腫瘍活性天然物ヤクアミドAおよび構造簡略化体の全合成研究
        若手研究(B)
        東京大学
        倉永 健史
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        ケミカルバイオロジー;ペプチド;全合成;ヤクアミド
      • 縮合剤を用いないアミド化反応の開発とそのペプチド合成への応用
        基盤研究(C)
        小区分33020:有機合成化学関連
        京都大学
        倉永 健史
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        有機合成化学;ペプチド;天然物化学;生合成
      list
        Last Updated :2022/09/09

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          基礎化学実験
          N308, 後期, 国際高等教育院, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学演習
          C018, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創発医薬科学研究A
          8406, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          リード化合物探索スキル
          5102, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          研究計画作文演習A
          8402, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験コーチング演習A
          8301, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創薬有機化学エクササイズ2
          A018, 前期, 薬学部, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習2
          A902, 前期, 薬学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習II
          C902, 前期, 薬学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          科学論文解読演習A
          8404, 通年不定, 薬学研究科, 2
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬有機化学エクササイズ2
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬有機化学演習
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          リード化合物探索スキル
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          薬学専門実習2
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬有機化学エクササイズ2
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬有機化学演習【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          リード化合物探索スキル
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習II 【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学専門実習2
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学エクササイズ2
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬有機化学演習【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          リード化合物探索スキル
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習II 【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学専門実習2
          前期, 薬学部
        list
          Last Updated :2022/09/09

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            情報システム委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2023年03月31日
            NMR運営管理委員会 委員
          list
            Last Updated :2022/09/09

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2017年04月, 至 2021年06月
              天然物化学談話会世話人
            • 自 2017年04月, 至 2018年03月
              日本生薬学会北海道支部役員
            • 自 2012年04月, 至 2014年03月
              有機合成化学協会誌編集委員

            ページ上部へ戻る