教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

中尾 章人

ナカオ アキト

工学研究科 合成・生物化学専攻生物化学講座 助教

中尾 章人
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    学部兼担

    • 工学部

    所属学協会

    • 日本神経精神薬理学会
    • 日本神経科学学会
    • 日本生理学会
    • 日本生化学会
    • Society for Neuroscience
    • 日本薬理学会

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2018年09月, 至 現在
      京都大学大学院, 工学研究科 合成・生物化学専攻, 助教
    • 自 2015年04月, 至 2018年08月
      藤田保健衛生大学, 総合医科学研究所, 助教
    • 自 2014年10月, 至 2015年03月
      藤田保健衛生大学, 総合医科学研究所, 博士研究員
    • 自 2011年04月, 至 2014年03月
      日本学術振興会特別研究員DC1

    プロフィール

    • プロフィール

      現在の主要な研究テーマは2つあります。1つは、TRPチャネル(2021年ノーベル生理学・医学賞受賞)に関するテーマです。低酸素に対する生理的な反応は、秒~分単位の急性の応答と時間~日単位の緩徐な応答に大きく分類されます。慢性の低酸素応答である造血作用や血管形成などには、hypoxia-inducible factor (HIF:低酸素誘導因子)が中心的な役割を果たすことが知られています(2019年ノーベル生理学・医学賞受賞)。それに対し、急性の酸素センシングには頸動脈小体の発見以降(1938年ノーベル生理学・医学賞受賞)、頸動脈小体による血中酸素濃度感知が重要であるとされていますが、その分子メカニズムに関しては仮説が乱立しており混迷状態にあります。幸運なことに、頸動脈小体研究の第一人者であるJosé López-Barneo先生のラボで研究する機会に恵まれ、頸動脈小体研究の最前線に触れることができました。その経験とTRPチャネルに関するノウハウ及び知見を活かし、急性の酸素センシングの普遍的な分子メカニズムに迫ります。


       もう1つは、電位依存性カルシウムチャネルに関するテーマです。近年、大規模なゲノムワイド関連解析により、電位依存性カルシウムチャネルサブユニットが統合失調症を含む精神疾患と関連することが次々と報告されていますが、発症メカニズム・病態にどのように関与するのかはよくわかっていません。興味深いことに電位依存性カルシウムチャネルサブユニットはイオン透過とは「異なる」機構を介して、様々な役割を有していることが明らかになりつつあります。そのユニークな機能が脳高次機能において果たす役割を明らかにしていきたいと考えています。

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 神経科学一般

      論文

      • Hippocampus-related cognitive disorders develop in the absence of epilepsy and ataxia in the heterozygous Cacna1a mutant mice tottering.
        Akito Nakao; Katsumi Hayashida; Hiroo Ogura; Yasuo Mori; Keiji Imoto
        Channels (Austin, Tex.), 2022年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Activation of Astrocytes in the Persistence of Post-hypoxic Respiratory Augmentation.
        Isato Fukushi; Kotaro Takeda; Mieczyslaw Pokorski; Yosuke Kono; Masashi Yoshizawa; Yohei Hasebe; Akito Nakao; Yasuo Mori; Hiroshi Onimaru; Yasumasa Okada
        Frontiers in physiology, 2021年10月, 査読有り
      • Role of Oxidative Stress and Ca2+ Signaling in Psychiatric Disorders
        Akito Nakao; Yoshihiro Matsunaga; Katsumi Hayashida; Nobuaki Takahashi
        Frontiers in Cell and Developmental Biology, 2021年02月11日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Systematic analysis of brain lactate and pH levels in 65 animal models related to neuropsychiatric conditions
        Hideo Hagihara; Hirotaka Shoji; International Brain pH Project Consortium; Tsuyoshi Miyakawa
        bioRxiv, 2021年02月03日
      • Deficiency of the RIβ subunit of protein kinase A causes body tremor and impaired fear conditioning memory in rats.
        Hieu Hoang Trung; Toru Yoshihara; Akito Nakao; Katsumi Hayashida; Yoshiki Hirata; Koumei Shirasuna; Mitsuru Kuwamura; Yuki Nakagawa; Takehito Kaneko; Yasuo Mori; Masahide Asano; Takashi Kuramoto
        Scientific reports, 2021年01月21日, 査読有り
      • O2-Dependent Protein Internalization Underlies Astrocytic Sensing of Acute Hypoxia by Restricting Multimodal TRPA1 Channel Responses
        *Makoto Uchiyama; *Akito Nakao; Yuki Kurita; Isato Fukushi; Kotaro Takeda; Tomohiro Numata; Ha Nam Tran; Seishiro Sawamura; Maximilian Ebert; Tatsuki Kurokawa; Reiko Sakaguchi; Alexander J. Stokes; Nobuaki Takahashi; Yasumasa Okada; Yasuo Mori *共同第一著者
        Current Biology, 2020年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • Multiple types of navigational information are diffusely and independently encoded in the population activities of the dentate gyrus neurons
        Tomoyuki Murano; Ryuichi Nakajima; Akito Nakao; Nao Hirata; Satoko Amemori; Akira Murakami; Yukiyasu Kamitani; Jun Yamamoto; Tsuyoshi Miyakawa
        bioRxiv, 2020年06月09日
      • Decreased Brain pH as a Shared Endophenotype of Psychiatric Disorders.
        Hagihara H; Catts VS; Katayama Y; Shoji H; Takagi T; Huang FL; Nakao A; Mori Y; Huang KP; Ishii S; Graef IA; Nakayama KI; Shannon Weickert C; Miyakawa T
        Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology, 2018年02月, 査読有り
      • Immature morphological properties in subcellular-scale structures in the dentate gyrus of Schnurri-2 knockout mice: a model for schizophrenia and intellectual disability
        Akito Nakao; Naoyuki Miyazaki; Koji Ohira; Hideo Hagihara; Tsuyoshi Takagi; Nobuteru Usuda; Shunsuke Ishii; Kazuyoshi Murata; Tsuyoshi Miyakawa
        Molecular Brain, 2017年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Screening of Transient Receptor Potential Canonical Channel Activators Identifies Novel Neurotrophic Piperazine Compoundss
        Seishiro Sawamura; Masahiko Hatano; Yoshinori Takada; Kyosuke Hino; Tetsuya Kawamura; Jun Tanikawa; Hiroshi Nakagawa; Hideharu Hase; Akito Nakao; Mitsuru Hirano; Rachapun Rotrattanadumrong; Shigeki Kiyonaka; Masayuki X. Mori; Motohiro Nishida; Yaopeng Hu; Ryuji Inoue; Ryu Nagata; Yasuo Mori
        Molecular Pharmacology, 2016年03月01日, 査読有り
      • Comprehensive behavioral analysis of voltage-gated calcium channel beta-anchoring and -regulatory protein knockout mice
        Akito Nakao; Takafumi Miki; Hirotaka Shoji; Miyuki Nishi; Hiroshi Takeshima; Tsuyoshi Miyakawa; Yasuo Mori
        Frontiers in Behavioral Neuroscience, 2015年06月16日, 査読有り, 筆頭著者
      • Compromised maturation of GABAergic inhibition underlies abnormal network activity in the hippocampus of epileptic Ca2+ channel mutant mice, tottering
        Akito Nakao; Takafumi Miki; Ken Shimono; Hiroaki Oka; Tomohiro Numata; Shigeki Kiyonaka; Kaori Matsushita; Hiroo Ogura; Tetsuhiro Niidome; Jeffrey L. Noebels; Minoru Wakamori; Keiji Imoto; Yasuo Mori
        Pflügers Archiv - European Journal of Physiology, 2015年04月, 査読有り, 筆頭著者
      • Molecular architecture of Ca2+ channel complexes organized by CaVβ subunits in presynaptic active zones.
        Nakao A; Hirano M; Takada Y; Kiyonaka S; Mori Y
        Modulation of presynaptic calcium channels, 2013年, 査読有り, 招待有り
      • Calcium channels regulate neuronal function, gene expression, and development.
        Nakao A; Takada Y; Mori Y
        Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo, 2011年07月, 招待有り
      • Receptor Signaling Integration by TRP Channelsomes
        Yasuo Mori; Taketoshi Kajimoto; Akito Nakao; Nobuaki Takahashi; Shigeki Kiyonaka
        Transient Receptor Potential Channels, 2011年, 査読有り
      • Rab3-interacting Molecule gamma Isoforms Lacking the Rab3-binding Domain Induce Long Lasting Currents but Block Neurotransmitter Vesicle Anchoring in Voltage-dependent P/Q-type Ca2+ Channels
        Yoshitsugu Uriu; Shigeki Kiyonaka; Takafumi Miki; Masakuni Yagi; Satoshi Akiyama; Emiko Mori; Akito Nakao; Aaron M. Beedle; Kevin P. Campbell; Minoru Wakamori; Yasuo Mori
        Journal of Biological Chemistry, 2010年07月, 査読有り

      MISC

      • 酸素センシングにおけるRedox感受性TRPチャネル
        内山誠; 中尾章人
        医学のあゆみ, 2019年, 招待有り
      • Population coding of multiple types of information in dentate gyrus
        Nakajima R; Murano T; Nakao A; Hirata N; Amemori S; Murakami A; Kamitani Y; Yamamoto J; Miyakawa T
        IBRO Reports, 2019年, 査読有り
      • Three-dimensional analysis of morphological changes in dendritic spines and mitochondria in dentate gyrus granule cells in Schnurri-2 knockout mice, an animal model for schizophrenia
        Nakao A
        Int. J. Neuropsychopharmacol., 2016年, 査読有り
      • トランスポートソーム:トランスポーター・チャネル群の相互作用に基づく神経系の機能構築 神経伝達物質放出を支えるCa2+チャネルとシナプス小胞を繋ぐ動的複合体
        平野満; 中尾章人; 森誠之; 森泰生
        脳21, 2013年, 招待有り
      • 電位依存性チャネル
        若森実; 三木崇史; 中尾章人; 高田宜則; 森泰生
        脳神経科学イラストレイテッド 改訂第3版, 2013年, 招待有り
      • 電位依存性カルシウムチャネル
        澤村晴志朗; 中尾章人; 森泰生
        脳科学辞典(担当編集委員:林康紀), 2013年, 査読有り, 招待有り
      • Cholinergic induced oscillation in hippocampus of tottering Ca2+ channel mutant mice
        Akito Nakao; Takafumi Miki; Ken Shimono; Yasuo Mori
        Journal of Pharmacological Sciences, 2010年, 査読有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 体性感覚認知における脳内酸素濃度変動及びその制御機構の生理的意義
        若手研究
        小区分46030:神経機能学関連
        京都大学
        中尾 章人
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        酸素;生体イメージング;イオンチャネル;神経系;低酸素環境
      • アストロサイトによる脳内酸素環境の恒常性維持機構
        学術変革領域研究(A)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        中尾 章人
        自 2021年09月10日, 至 2023年03月31日, 交付
        アストロサイト;酸素;酸素センシング;イオンチャネル;低酸素環境
      • 時期特異的カルシニューリン活性制御による統合失調症様表現型の探索
        若手研究(B)
        藤田保健衛生大学
        中尾 章人
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        精神疾患;モデルマウス;行動解析
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          分析化学II(先端化学)
          7431, 前期, 工学部, 2
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分析化学II(工業基礎化学)
          前期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分析化学II(先端化学)
          前期, 工学部

        ページ上部へ戻る