教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

茶竹 俊行

チャタケ トシユキ

複合原子力科学研究所 放射線生命科学研究部門 准教授

茶竹 俊行
list
    Last Updated :2024/04/23

    基本情報

    所属学協会

    • 自 2001年04月, 至 現在
      日本中性子科学会
    • 日本生物物理学会
    • 自 1999年11月, 至 現在
      日本結晶学会

    学位

    • 修士(理学)(東京工業大学)
    • 博士(理学)(東京工業大学)

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学, 複合原子力科学研究所, 准教授
    • 自 2008年04月, 至 2018年03月
      京都大学, 原子炉実験所, 准教授
    • 自 2006年08月, 至 2008年03月
      京都大学, 原子炉実験所, 助教授
    • 自 2004年04月, 至 2006年07月
      千葉科学大学, 薬学部, 助教授
    • 自 2002年04月, 至 2004年03月
      日本原子力研究所, 開放的融合研究推進員
    • 自 1999年04月, 至 2002年03月
      日本原子力研究所, 博士研究員

    使用言語

    • 英語
    • 日本語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/04/23

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        中性子線やX線を用いた生体分子の立体構造の研究
      • 研究概要

        生命体を分子機械の集合体として解釈するために、分子機械のパーツである核酸や蛋白質の構造と機能を決定する研究を進めている。実験手法としては、中性子線やX線等を用いる。

      研究キーワード

      • タンパク質構造
      • 水和
      • 納豆
      • 核酸構造
      • 生物物理学
      • 中性子結晶学

      研究分野

      • 自然科学一般, 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理
      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • エネルギー, 量子ビーム科学, 中性子回折

      論文

      • Neutron nucleic acid crystallography
        Chatake, T.
        Methods in Molecular Biology, 2016年
      • Site‐specific relaxation of peptide bond planarity induced by electrically attracted proton/deuteron observed by neutron crystallography
        Kaori Chiba; Takuro Matsui; Toshiyuki Chatake; Takashi Ohhara; Ichiro Tanaka; Katsuhide Yutani; Nobuo Niimura
        Protein Science, 2023年08月25日, 査読有り
      • Characterization of K-binding factor involved in water-soluble complex of menaquinone-7 produced by Bacillus subtilis natto
        Toshiyuki Chatake; Yasuhide Yanagisawa; Risa Murakami; Tadanori Ohsugi; Hiroyuki Sumi; Takumi Takata; Aya Okuda; Ken Morishima; Rintaro Inoue; Masaaki Sugiyama
        The Journal of Biochemistry, 2023年07月07日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • X-ray analyses of d(GCGAAAGC) and d(GXGAAAGCT), where X = 2'-deoxy-5-iodocytidine.
        Sunami, T.; Kondo, J.; Chatake, T.; Hirao, I.; Watanabe, K.; Miura, K.; Tak{\'e}naka, A.
        Nucleic acids research. Supplement (2001), 2001年11月
      • Protonation states of hen egg-white lysozyme observed using D/H contrast neutron crystallography
        Toshiyuki Chatake; Ichiro Tanaka; Katsuhiro Kusaka; Satoru Fujiwara
        Acta Crystallographica Section D Structural Biology, 2022年06月01日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 中性子散乱用真空槽内におけるLANケーブル
        富永大輝; 上田実咲; 川北至信; 茶竹俊行; 齊藤毅; 佐藤信浩
        日本中性子科学会誌 波紋, 2022年05月, 査読有り
      • Recent structural insights into the mechanism of lysozyme hydrolysis
        Ichiro Tanaka; Ryota Nishinomiya; Ryosuke Goto; Shun Shimazaki; Toshiyuki Chatake
        Acta Crystallographica Section D Structural Biology, 2021年03月01日, 査読有り
      • Current status and near future plan of neutron protein crystallography at J-PARC
        Tanaka, I.; Chatake, T.; Fujiwara, S.; Hosoya, T.; Kusaka, K.; Niimura, N.; Yamada, T.; Yano, N.
        Methods in Enzymology, 2020年02月, 招待有り
      • 生物物理学的手法を用いた納豆菌の研究 : 納豆菌が生産する生理活性物質と納豆菌の放射線耐性
        茶竹 俊行; 齊藤 剛; 柳澤 泰任
        放射線生物研究 = Radiation biology research communications : 放射線生物研究会機関誌, 2018年12月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Purification and structural characterization of water-soluble menaquinone-7 produced by Bacillus subtilis natto
        Chatake Toshiyuki; Yanagisawa Yasuhide; Inoue Rintaro; Sugiyama Masaaki; Matsuo Tatsuhito; Fujiwara Satoru; Ohsugi Tadanori; Sumi Hiroyuki
        Journal of food biochemistry, 2018年06月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Cryoprotectant-free high-pressure cooling and dynamic nuclear polarization for more sensitive detection of hydrogen in neutron protein crystallography
        Tanaka, I.; Komatsuzaki, N.; Yue, W.-X.; Chatake, T.; Kusaka, K.; Niimura, N.; Miura, D.; Iwata, T.; Miyachi, Y.; Nukazuka, G.; Matsuda, H.
        Acta Crystallographica Section D: Structural Biology, 2018年01月, 査読有り
      • Ligation-Dependent Picosecond Dynamics in Human Hemoglobin As Revealed by Quasielastic Neutron Scattering
        Satoru Fujiwara; Toshiyuki Chatake; Tatsuhito Matsuo; Fumiaki Kono; Taiki Tominaga; Kaoru Shibata; Ayana Sato-Tomita; Naoya Shibayama
        JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 2017年08月, 査読有り
      • DNA conformational transitions inferred from re-evaluation of m vertical bar F-o vertical bar - D vertical bar F-c vertical bar electron-density maps
        Tomoko Sunami; Toshiyuki Chatake; Hidetoshi Kono
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-STRUCTURAL BIOLOGY, 2017年07月, 査読有り
      • ナットウキナーゼとメナキノン-7の構造研究
        柳澤泰任; 太田さくら; 足立達美; 内藤佐和; 須見洋行; 齊藤剛; 茶竹俊行
        テンペ研究会誌, 2017年
      • Structural Insight Into Protein Binding of Boron Tracedrug UTX-97 Revealed by the Co-Crystal Structure With Lysozyme at 1.26 Å Resolution
        Yukio Morimoto; Hideko Nagasawa; Yoshihiro Uto; Toshiyuki Chatake; Hitoshi Hori
        Journal of Pharmaceutical Sciences, 2016年08月, 査読有り
      • A technique for determining the deuterium/hydrogen contrast map in neutron macromolecular crystallography
        Toshiyuki Chatake; Satoru Fujiwara
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-STRUCTURAL BIOLOGY, 2016年01月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Site specific oxidation of amino acid residues in rat lens γ-crystallin induced by low-dose γ-irradiation
        Ingu Kim; Takeshi Saito; Takeshi Saito; Norihiko Fujii; Takashi Kanamoto; Toshiyuki Chatake; Noriko Fujii; Noriko Fujii
        Biochemical and Biophysical Research Communications, 2015年10月, 査読有り
      • ATP binding and hydration state analyses of DAPK: Step toward neutron protein crystallography studies
        Yamaguchi A; Niimura N; Nakamura S; Kidokoro S; Chatake T; Yokoyama T; Tanaka I
        JPS Conf. Proc., 2015年03月30日, 査読有り
      • Fundamental studies for the proton polarization technique in neutron protein crystallography
        Ichiro Tanaka; Katsuhiro Kusaka; Toshiyuki Chatake; Nobuo Niimura
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2013年11月, 査読有り
      • X-ray structure determination and deuteration of nattokinase
        Yasuhide Yanagisawa; Toshiyuki Chatake; Sawa Naito; Tadanori Ohsugi; Chieko Yatagai; Hiroyuki Sumi; Akio Kawaguchi; Kaori Chiba-Kamosida; Megumi Ogawa; Tatsumi Adachi; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2013年11月, 査読有り, 責任著者
      • Structural fluctuation observed in Z-DNA d(CGCGCG)(2) in the absence of divalent metal cations and polyamines
        Toshiyuki Chatake
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2013年11月, 査読有り, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • Direct interactions between Z-DNA and alkaline earth cations, discovered in the presence of high concentrations of MgCl2 and CaCl2
        Toshiyuki Chatake; Tomoko Sunami
        JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY, 2013年07月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • 生体分子の中性子単結晶回折 (第一回):蛋白質中性子結晶学の基礎
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        波紋, 2013年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • High-resolution X-ray study of the effects of deuteration on crystal growth and the crystal structure of proteinase K
        Toshiyuki Chatake; Takuya Ishikawa; Yasuhide Yanagisawa; Taro Yamada; Ichiro Tanaka; Satoru Fujiwara; Yukio Morimoro
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2011年11月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Proton polarization technique for neutron protein crystallography (NPC)
        N.Niimura; T.Chatake; I.Tanaka; K.Kusaka
        Acta Cryst. A, 2011年08月
      • Purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction experiment of nattokinase from Bacillus subtilis natto
        Yasuhide Yanagisawa; Toshiyuki Chatake; Kaori Chiba-Kamoshida; Sawa Naito; Tadanori Ohsugi; Hiroyuki Sumi; Ichiro Yasuda; Yukio Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2010年12月, 査読有り, 責任著者
      • Protonation states of histidine and other key residues in deoxy normal human adult hemoglobin by neutron protein crystallography
        Andrey Kovalevsky; Toshiyuki Chatake; Naoya Shibayama; Sam-Yong Park; Takuya Ishikawa; Marat Mustyakimov; S. Zoe Fisher; Paul Langan; Yukio Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2010年11月, 査読有り
      • Direct determination of protonation states of histidine residues in a 2 Å neutron structure of deoxy-human normal adult hemoglobin and implications for the bohr effect
        A.Y. Kovalevsky; T. Chatake; N. Shibayama; S.Y. Park; T. Ishikawa; M. Mustyakimov; Z. Fisher; P. Langan; Y. Morimoto
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 2010年04月, 査読有り
      • An Approach to DNA Crystallization Using the Thermal Reversible Process of DNA Duplexes
        Toshiyuki Chatake; Gen Sazaki; Tatsuhiko Kikkou; Satoru Fujiwara; Takuya Ishikawa; Osamu Matsumoto; Yukio Morimoto
        CRYSTAL GROWTH & DESIGN, 2010年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Functional aberration of myofibrils by cardiomyopathy-causing mutations in the coiled-coil region of the troponin-core domain
        Fumiko Matsumoto; Kayo Maeda; Toshiyuki Chatake; Yuichiro Maeda; Satoru Fujiwara
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2009年04月, 査読有り
      • An abnormal pK(a) value of internal histidine of the insulin molecule revealed by neutron crystallographic analysis
        Takuya Ishikawa; Toshiyuki Chatake; Yukio Morimoto; Mitsuru Maeda; Kazuo Kurihara; Ichiro Tanaka; Nobuo Niimura
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2008年11月, 査読有り
      • Hydrogen bonds of DsrD protein revealed by neutron crystallography
        Toshiyuki Chatake; Yoshiki Higuchi; Nobuhiro Mizuno; Ichiro Tanaka; Nobuo Niimura; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2008年05月, 査読有り, 筆頭著者
      • Preliminary time-of-flight neutron diffraction study of human deoxyhemoglobin
        A. Y. Kovalevsky; T. Chatake; N. Shibayama; S. -Y. Park; T. Ishikawa; M. Mustyakimov; S. Z. Fisher; P. Langan; Y. Morimoto
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2008年04月, 査読有り
      • A neutron crystallographic analysis of a cubic porcine insulin at pD 6.6
        Takuya Ishikawa; Toshiyuki Chatake; Yuki Ohnishi; Ichiro Tanaka; Kazuo Kurihara; Ryota Kuroki; Nobuo Niimura
        CHEMICAL PHYSICS, 2008年04月, 査読有り
      • Development of hydrogen and hydration database for biomolecules (HHDB)
        Okazaki Nobuo; Ohhara Takashi; Umino Hisao; Chatake Toshiyuki; Kurihara Kazuo; Cachau Raul E; Blaber Michael; Niimura Nobuo; Kuroki Ryota
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES, 2008年, 査読有り
      • Protonation states of buried histidine residues in human deoxyhemoglobin revealed by neutron crystallography
        Toshiyuki Chatake; Naoya Shibayama; Sam-Yong Park; Kazuo Kurihara; Taro Tamada; Ichiro Tanaka; Nobuo Niimura; Ryota Kuroki; Yukio Morimoto
        JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2007年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Recent results on hydrogen and hydration in biology studied by neutron macromolecular crystallography
        N Niimura; S Arai; K Kurihara; T Chatake; Tanaka, I; R Bau
        CELLULAR AND MOLECULAR LIFE SCIENCES, 2006年02月, 査読有り
      • The hydration structure of a Z-DNA hexameric duplex determined by a neutron diffraction technique
        T Chatake; Tanaka, I; H Umino; S Arai; N Niimura
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2005年08月, 査読有り, 筆頭著者
      • Complicated water orientations in the minor groove of the B-DNA decamer d(CCATTAATGG)(2) observed by neutron diffraction measurements
        S Arai; T Chatake; T Ohhara; K Kurihara; Tanaka, I; N Suzuki; Z Fujimoto; H Mizuno; N Niimura
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2005年, 査読有り
      • Hydrogen and Hydration DataBase for Bio-Macromolecules (HHDB)
        Kuroki Ryota; Chatake Toshiyuki; Kurihara Kazuo; Ohhara Takashi; Umino Hisao; Cachau Raul E; Blaber Michael; Niimura Nobuo
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES, 2005年, 査読有り
      • A neutron crystallographic analysis of a rubredoxin mutant at 1.6 Å resolution
        T Chatake; K Kurihara; Tanaka, I; Tsyba, I; R Bau; FE Jenney; MWW Adams; N Niimura
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2004年08月, 査読有り, 筆頭著者
      • Neutron crystallographic study on rubredoxin from Pyrococcus furiosus by BIX-3, a single-crystal diffractometer for biomacromolecules
        K Kurihara; L Tanaka; T Chatake; MWW Adams; FE Jenney; N Moiseeva; R Bau; N Niimura
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2004年08月, 査読有り
      • More rapid evaluation of biomacromolecular crystals for diffraction experiments
        SD Arai; T Chatake; N Suzuki; H Mizuno; N Niimura
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2004年06月, 査読有り
      • Hydration structures in proteins and neutron diffraction experiment on dissimilatory suľte reductase D (DsrD)
        T Chatake; A Ostermann; K Kurihara; FG Parak; N Mizuno; G Voordouw; Y Higuchi; Tanaka, I; N Niimura
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2004年01月, 査読有り, 筆頭著者
      • Crystallization of a large single crystal of cubic insulin for neutron protein crystallography
        M Maeda; T Chatake; Tanaka, I; A Ostermann; N Niimura
        JOURNAL OF SYNCHROTRON RADIATION, 2004年01月, 査読有り
      • Hydrogen and hydration in proteins
        N Niimura; T Chatake; K Kurihara; M Maeda
        CELL BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2004年, 査読有り
      • Crystallization and preliminary neutron analysis of the dissimilatory sulfite reductase D (DsrD) protein from the sulfate-reducing bacterium Desulfovibrio vulgaris
        T Chatake; N Mizuno; G Voordouw; Y Higuchi; S Arai; Tanaka, I; N Niimura
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2003年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Hydration in proteins observed by high-resolution neutron crystallography
        T Chatake; A Ostermann; K Kurihara; FG Parak; N Niimura
        PROTEINS-STRUCTURE FUNCTION AND GENETICS, 2003年02月, 査読有り, 筆頭著者
      • 構造生物学X線と中性子の相補性
        新村 信雄; 茶竹 俊行
        波紋, 2003年, 査読有り
      • High resolution neutron protein crystallography. Hydrogen and hydration in proteins
        N Niimura; T Chatake; A Ostermann; K Kurihara; Tanaka, I
        ZEITSCHRIFT FUR KRISTALLOGRAPHIE, 2003年, 査読有り
      • A neutron crystallographic analysis of a rubredoxin mutant
        T Chatake; K Kurihara; Tanaka, I; MWW Adams; FE Jenney; Tsyba, I; R Bau; N Niimura
        APPLIED PHYSICS A-MATERIALS SCIENCE & PROCESSING, 2002年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • A high-performance neutron diffractometer for biological crystallography (BIX-3)
        Tanaka, I; K Kurihara; T Chatake; N Niimura
        JOURNAL OF APPLIED CRYSTALLOGRAPHY, 2002年02月, 査読有り
      • Crystallization of a large single crystal of a B-DNA decamer for a neutron diffraction experiment by the phase-diagram technique
        S Arai; T Chatake; Y Minezaki; N Niimura
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 2002年01月, 査読有り
      • 中性子回折計BIX-3が拓く新しい構造の世界
        新村 信雄; 田中 伊知朗; 栗原 和男; 茶竹 俊行; Ostermann Andreas; 大原 高志
        波紋, 2002年
      • Neutron diffraction study of hydrous phase G: Hydrogen in the lower mantle hydrous silicate, phase G
        A Suzuki; E Ohtani; T Kondo; T Kuribayashi; N Niimura; K Kurihara; T Chatake
        GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS, 2001年10月, 査読有り
      • Crystallographic studies on damaged DNAsIV. N-4-methoxycytosine shows a second face for Watson-Crick base-pairing, leading to purine transition mutagenesis
        MT Hossain; T Sunami; M Tsunoda; T Hikima; T Chatake; Y Ueno; A Matsuda; A Takenaka
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2001年10月, 査読有り
      • Crystallographic studies on damaged DNAs: III. N-4-methoxycytosine can form both Watson-Crick type and wobbled base pairs in a B-form duplex
        MT Hossain; T Chatake; T Hikima; M Tsunoda; T Sunami; Y Ueno; A Matsuda; A Takenaka
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2001年07月, 査読有り
      • X-ray analyses of two DNA dodecamers containing N4-methoxy-cytosine paired with adenine or guanine.
        M. T. Hossain; T. Hikima; M. Tsunoda; T. Chatake; Y. Ueno; A. Matsuda; A. Takénaka
        Nucleic acids symposium series, 2000年01月
      • Crystallographic studies on damaged DNAs. II. N-6-methoxyadenine can present two alternate faces for Watson-Crick base-pairing, leading to pyrimidine transition mutagenesis
        T Chatake; T Hikima; A Ono; Y Ueno; A Matsuda; A Takenaka
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1999年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Crystallographic studies on damaged DNAs. I. An N-6-methoxyadenine residue forms a Watson-Crick pair with a cytosine residue in a B-DNA duplex
        T Chatake; A Ono; Y Ueno; A Matsuda; A Takenaka
        JOURNAL OF MOLECULAR BIOLOGY, 1999年12月, 査読有り, 筆頭著者
      • Crystallization and preliminary analysis of a DNA dodecamer of d(CGCGmo(6)AATCCGCG) containing 2 '-deoxy-N-6-methoxyadenosine: change in crystal packing with different humidity
        T Chatake; T Sunami; A Ono; Y Ueno; A Matsuda; A Takenaka
        ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 1999年04月, 査読有り
      • 2'-デオキシ-N[6]-メトキシアデノシンを含むDNA十二量体のX線解析
        茶竹俊行
        1999年03月, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • X-ray analysis of a DNA dodecamer containing 2'-deoxy-N4-methoxycytidine.
        T. Hikima; M. T. Hossain; T. Chatake; Y. Ueno; A. Matsuda; A. Takénaka
        Nucleic acids symposium series, 1999年01月
      • N6-methoxyadenine in damaged DNA has two faces in property of Watson-Crick base pairing.
        T. Chatake; A. Ono; Y. Ueno; A. Matsuda; A. Takénaka
        Nucleic acids symposium series, 1999年01月01日, 筆頭著者
      • X-ray analysis of DNA dodecamer containing 2'-deoxy-N6-methoxyadenosine.
        Chatake, T.; Toyoda, T.; Tsunoda, M.; Sunami, T.; Ono, A.; Ueno, Y.; Matsuda, A.; Takenaka, A.
        Nucleic acids symposium series, 1997年01月01日, 筆頭著者
      • STRUCTURAL COMPOSITION OF HAMMERHEAD RIBOZYMES
        A TAKENAKA; O MATSUMOTO; YX CHEN; S HASEGAWA; T CHATAKE; M TSUNODA; T OHTA; Y KOMATSU; M KOIZUMI; E OHTSUKA
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 1995年04月, 査読有り

      MISC

      • 経口線溶療法 : ウロキナーゼからナットウキナーゼへ—Oral Fibrinolytic Therapy : Nattokinase in Health and Disease Prevention
        須見 洋行; 柳澤 泰任; 茶竹 俊行; 満尾 正; 井上 浩義; 島谷 和弘; 内藤 佐和; 矢田貝 智恵子
        New food industry = ニューフードインダストリー, 2024年01月
      • 蛋白質の水和構造の研究
        茶竹俊行; 角南智子; 藤原悟; 田中伊知朗; 日下勝弘
        京都大学複合原子力科学研究所学術講演会報文集, 2024年02月
      • 納豆菌由来水溶性ビタミン K2の研究
        茶竹俊行; 柳澤泰任; 髙田匠; 奥田綾; 守島健; 井上倫太郎; 杉山正明
        京都大学複合原子力科学研究所学術講演会報文集, 2024年01月, 筆頭著者, 責任著者
      • 納豆菌が生産する水溶性メナキノン-7の構造研究
        CHATAKE Toshiyuki; YANAGISAWA Yasuhide; MURAKAMI Risa; OHSUGI Tadanori; SUMI Hiroyuki; OKUDA Aya; MORISHIMA Ken; INOUE Rintaro; SUGIYAMA Masaaki
        生物物理(Web), 2021年
      • Analysis of water-soluble vitamin K complex from Bacillus subtilis natto
        T. Chatake; A. Okuda; K. Morishima; R. Inoue; M. Sugiyama; T. Takata; Y. Yanagisawa
        KURNS Progress Report 2022, 2023年07月, 筆頭著者, 責任著者
      • Measurement of the resistance of the spores of Bacillus subtilis natto
        T. Chatake; T. Saito; Y. Yanagisawa
        KURNS Progress Report 2022, 2023年07月, 筆頭著者, 責任著者
      • 中性子結晶解析による蛋白質水和構造の検討
        茶竹俊行; 田中伊知朗; 日下勝弘; 角南智子; 藤原悟
        京都大学複合原子力科学研究所学術講演会報文集, 2023年02月, 筆頭著者, 責任著者
      • 納豆菌由来水溶性ビタミンK2の構造解析
        茶竹俊行; 柳澤泰任; 奥田綾; 守島健; 井上倫太郎; 杉山正明
        京都大学複合原子力科学研究所学術講演会報文集, 2022年02月, 筆頭著者, 責任著者
      • Evaluation of LAN cable sheath degradation by;gamma irradiation
        Taiki Tominaga; Toshiyuki Chatake; Takeshi Saito; Nobuhiro Sato; Rintaro Inoue; Masaaki Sugiyama
        KURNS Progress Report 2020, 2021年07月
      • Bacillus subtilis nattoにより産生されるメナキノン-7の構造組成の予備的解析【JST・京大機械翻訳】
        CHATAKE T.; YANAGISWA Y.; OKUDA A.; MORISHIMA K.; INOUE R.; SUGIYAMA M.
        KURNS Progress Report (Web), 2020年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • ナットウキナーゼによる血栓溶解ならびに疾病予防 (特集 つまらない、もれない血管力)
        須見 洋行; 矢田貝 智恵子; 茶竹 俊行; 森本 幸生; 柳澤 泰任; 満尾 正; 井上 浩義; 丸山 眞杉
        Food style 21, 2018年11月
      • Biophysical studies of Bacillus subtilis natto
        Y. Yanagisawa; T. Chatake; T. Saito; K. Morishima, R; Inoue; M. Sugiyama
        KURRI PROGRESS REPORT 2017, 2018年06月
      • サイズ排除クロマトグラフィー小角X線散乱(SEC-SAX)
        井上倫太郎; 茶竹俊行; 佐藤信浩; 守島健; 杉山正明
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2018年01月
      • 対数増殖期における納豆菌のガンマ線耐性
        茶竹俊行; 齋藤剛; 柳澤泰任
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2018年01月, 筆頭著者
      • Purification, crystallization, and x-ray diffraction study of lysozyme in D2O and H2O solution
        T. Chatake; S. Fujiwara; I. Tanaka
        KURRI PROGRESS REPORT 2016, 2017年07月, 筆頭著者, 責任著者
      • Preliminary study of radiation resistivity of Bacillus subtilis natto
        Y. Yanagisawa; T. Chatake; T. Saito; T. Ohsugi; H. Sumi
        KURRI PROGRESS REPORT 2016, 2017年07月
      • 納豆菌由来MK-7の構造特性および納豆菌のガンマ線耐性の研究
        柳澤泰任; 高根光沙; 足立達美; 茶竹俊行; 齋藤剛; 井上倫太郎; 杉山正明; 松尾龍人; 藤原悟; 大杉忠則; 須見洋行
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2017年01月
      • 蛋白質の水和構造解明に向けたD/Hコントラスト法の利用
        茶竹俊行; 藤原悟
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2017年01月, 筆頭著者, 責任著者
      • Development of Experimental Techniques for Neutron Biology
        T. Chatake; S. Fujiwara; Y. Yanagisawa; I. Tanaka
        KURRI PROGRESS REPORT 2015, 2016年07月, 筆頭著者, 責任著者
      • D/Hコントラスト法と中性子結晶解析
        茶竹俊行; 藤原悟
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2016年01月, 筆頭著者, 責任著者
      • 重水素化タンパク質を基軸とした溶液散乱構造解析
        井上倫太郎; 茶竹俊行; 柳澤泰任; 茶谷絵里; 星野大; 藤井紀子
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2016年01月
      • DNA分光器における生体関連物質の非弾性・準弾性散乱研究の現状と今後の計画
        柴田薫; 川北至信; 高橋伸明; 藤原悟; 松尾龍人; 河野史明; 茶竹俊行; 中川洋; 富永大輝
        日本中性子科学会年会講演概要集, 2016年
      • Development of improved techniques for neutron biology
        T. Chatake; S. Fujiwara; I. Tanaka; Y. Yanagisawa
        KURRI PROGRESS REPORT 2014, 2015年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • 蛋白質分子内のプロトン•プロトン化の直接観察
        森本幸生; 山口宏; 細川桂一; 村上琢人; 喜田昭子; 海野昌喜; 久留一郎; 茶竹俊行; 柳澤泰任; 藤原悟; 田中伊智朗; 日高雄二; 島本茂; 中西健
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2015年01月
      • DNAの特異な構造
        茶竹俊行
        日本の結晶学(II), 2014年07月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Preparation of nattokinase and menaquinone-7 for neutron experiment
        Y. Yanagisawa; M. Sakanushi; M. ishiyama; S. Onuma; S. Fujiwara; T. Chatake; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2013, 2014年06月
      • Crystallographic study of hydration and metal interactions of DNA
        T. Chatake; S. Fujiwara; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2013, 2014年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • 納豆由来水溶性ビタミンK2の研究
        茶竹俊行; 柳澤泰任; 松尾龍人; 藤原悟; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2014年01月, 筆頭著者
      • Production of deuterated nattokinase from D2O resistance strain of Bacillus subtilis natto
        T. Chatake; Y. Yanagisawa; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2012, 2013年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • Time of flight neutron experiment of Z-DNA hexamer d(CGCGCG)
        T. Chatake; S. Fujiwara; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2012, 2013年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • 3P286 タンパク質中性子結晶構造解析におけるプロトン偏極法のための基礎的な試み(26.計測,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
        Ichiro Tanaka; Katsuhiro Kusaka; Toshiyuki Chatake; Nobuo Niimura
        Seibutsu Butsuri, 2013年
      • 生体高分子の機能発現に重要な役割をもつ水分子およびプロトン化状態の直接観測
        樋口芳樹; 茶竹俊行; 横山武司; 山田太郎
        2012年第2回水和ナノ構造研究会, 2013年
      • Measurements of neutron transmissions of biomacromolecular solutions using 4CND
        T. Chatake; S. Fujiwara; A. Kawaguchi; T. Matsuo; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2011, 2012年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • Cultivation of Bacillus subtilis natto in deuterated medium
        T. Chatake; Y. Morimoto; M. Ogawa; Y. Yanagisawa
        KURRI PROGRESS REPORT 2011, 2012年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • 生体試料解析のための重水素化手法の確立 : KURDshop構築にむけて (京都大学原子炉実験所第46回学術講演会報文集)
        森本 幸生; 杉山 正明; 茶竹 俊行
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2012年01月
      • 高塩状態で誘導されるDNA会合の研究
        茶竹俊行
        タンパク質の異常凝集とその防御?修復機構に関する研究会, 2012年
      • 生体試料解析のための重水素化手法の確立
        森本幸生; 杉山正明; 茶竹俊行; 藤井紀子; 斎藤毅; 藤原悟; 日高雄二
        京都大学原子炉実験所第46回学術講演会, 2012年
      • Time of Flight Neutron Crystallographic analysis of Human Carbonmonoxyhemoglobin
        Chatake, T; Shibayama, N; Park, S.Y; Tomoyori, K; Hosoya, T; Ohara, T; Kusaka, K; Kurihara, K; Tanaka, I; Niimura, N; Morimoto, Y
        1st Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering, 2011年11月23日
      • High-resolution X-ray crystallographic investigation of the effect of deuteration of crystallization solution
        T. Chatake; S. Fujiwara; T. Ishikawa; Y. Yanagisawa; T. Yamada; I. Tanaka; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2010, 2011年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • Structure determination of nattokinase from Bacillus subtilis natto
        Y. Yanagisawa; T. Chatake; K. Chiba-Kamosida; S. Naito; T. Ohsugi; H. Sumi; I. Yasuda; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2010, 2011年06月
      • 新刊紹介
        茶竹 俊行
        日本結晶学会誌, 2011年
      • 納豆菌由来ナットウキナーゼの結晶構造解析 (京都大学原子炉実験所第45回学術講演会報文集)
        柳澤 泰任; 茶竹 俊行; 千葉 かおり
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2011年01月
      • DNAの水和構造における水分子と金属イオン
        茶竹俊行
        第一回バイオ単分子?水和ナノ構造合同研究会, 2011年
      • 新刊紹介「Neutron Protein Crystallography」
        茶竹俊行
        日本結晶学会誌, 2011年
      • Crystallization of ribonuclease A and H/D exchange for neutron diffraction experiment
        T. Chatake; S. Fujiwara; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2009, 2010年06月, 筆頭著者, 責任著者
      • Large scale preparation of bio-macromolecules with Jar-fermentor system to deuterium treatments
        T. Chatake; T. Saito; N. Fujii; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2009, 2010年06月, 筆頭著者
      • Purification and crystallization of nattokinase from Bacillus subtilis natto
        Y. Yanagisawa; T. Chatake; T. Ishikawa; Y. Morimoto; I. Yasuda; T. Ohsugi; H. Sumi
        KURRI PROGRESS REPORT 2009, 2010年06月
      • Study of effect of deuteration on crystal structure of proteinase K by high resolution X-ray diffraction technique
        T. Ishikawa; T. Chatake; A. Kawaguchi; Y. Yanagisawa; S. Fujiwata; Y. Morimoto
        KURRI PROGRESS REPORT 2009, 2010年06月
      • 中性子捕捉療法におけるカルボラン薬剤・生体分子複合体の細胞内挙動と分子生物学的研究
        茶竹 俊行
        医科学応用研究財団研究報告, 2010年
      • 1SH1015 構造生物学における中性子結晶解析(1SH Neutrons in Biologyの新たな夜明け~大強度陽子加速器による中性子生物物理学の新展開~,第48回日本生物物理学会年会)
        茶竹 俊行
        生物物理, 2010年
      • 納豆菌由来メナキノン-7(MK-7)の結晶化
        柳澤泰任; 中里祐; 内田麻友; 染谷智恵; 足立達美; 安田一郎; 大杉忠則; 須見洋行; 茶竹俊行; 森本幸生
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2009年
      • 納豆菌培養液由来ナットウキナーゼの精製と結晶化
        柳澤泰任; 茶竹俊行; 大杉忠則; 千葉かおり; 安田一郎; 森本幸生; 須見洋行
        日本結晶学会年会講演要旨集, 2009年
      • 3SA4-03 デオキシヘモグロビンの中性子結晶構造解析(3SA4 ヘモグロビンはいま,第47回日本生物物理学会年会)
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        生物物理, 2009年
      • Neutron crystallographic analysis of human deoxyhemoglobin
        Toshiyuki Chatake; Yukio Morimoto
        日本生物物理学会2009年会マイクロシンポジウム, 2009年, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者
      • 温度制御によるDNAの結晶化とその応用
        茶竹俊行
        結晶成長ワークショップ, 2009年
      • Preliminary expriment for neutron diffraction study of proteinase K
        T. Chatake; T. Ishikawa; A. Kawaguchi; Y. Morimoto; Y. Yanagisawa; I. Tanaka
        KURRI Progress Report 2007, 2008年
      • パルス中性子源を用いたヒト由来デオキシヘモグロビンの中性子実験 (京都大学原子炉実験所第42回学術講演会報文集)
        茶竹 俊行; 石川 卓哉; Kovalevskyi Andrii Y.
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2008年01月
      • The Effect of Deuterium Oxide on Hydration Structure of Proteinase K
        T. Ishikawa; T. Chatake; Y. Morimoto
        XXI Congress of the Int. Union of Crystallography, 2008年
      • Crystal Structure of Z-DNA d(CGCGCG) Complexed with Ca2+ Ion 、 and Mg2+ Ion
        T. Chatake; T. Ishikawa; Y. Morimoto
        XXI Congress of the Int. Union of Crystallography, 2008年
      • Time-of-Flight Neutron Diffraction Study of Human Deoxyhemoglobin
        A. Y. Kovalevsky; T. Chatake; T. Ishikawa; N. Shibayama; S.-Y. Park; M. Mustyakimov; P. Langan; Y. Morimoto
        ACA 2008 (Meeting of the American Crystallographic Association), 2008年
      • タンパク質の中性子解析における精密化手順
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        波紋, 2007年
      • Neutron Structural Biology of Nucleic Acids and Proteins
        T. Chatake
        169th Commitee on Structural Biology using Diffraction Techniques、24th meeting、 Oct 25th, 2007年
      • 生体分子の水素・水和構造と中性子結晶解析 (第41回京都大学原子炉実験所学術講演会 報文集)
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2007年01月
      • 中性子解析による蛋白質の水素・水和構造の精密化 (第41回京都大学原子炉実験所学術講演会 報文集)
        茶竹 俊行; 森本 幸生
        京都大学原子炉実験所学術講演会報文集, 2007年01月
      • Crystallization of Proteinase K in the Deuterated Solution for Neutron Analysis
        T. Chatake; K. Kurihara; R. Kuroki; Y. Morimoto
        International Symposium on Diffraction Structural Biology, 2007年
      • Crystallization of DNA oligomers by a simple temperature-control technique
        T. Chatake; O. Matsumoto; T. Kikkou
        Joint conference of the Asian Crystallographic Association and the Crystallographic Society of Japan\n, 2006年11月21日
      • 中性子結晶解析によって観測されたB型DNAの水和水の配向
        新井 栄揮; 茶竹 俊行; 新村 信雄
        日本結晶学会誌, 2006年04月28日
      • Z-DNA6量体の中性子結晶解析
        茶竹俊行; 田中伊知朗; 海野久雄; 新井栄揮; 新村信雄
        日本中性子科学会年会講演概要集, 2006年
      • 異なる水素イオン濃度における立方晶インスリンの中性子構造解析
        石川卓哉; 田中伊知朗; 茶竹俊行; 栗原和男; 大西裕季; 日下勝弘; 玉田太郎; 黒木良太; 新村信雄
        日本中性子科学会年会講演概要集, 2006年
      • DNAの水素と水和構造
        茶竹 俊行; 新井 栄揮; 新村 信雄
        現代化学, 2005年10月, 招待有り
      • Hydrogen and Hydration in Proteins and Nucleic Acids. Neutron Diffraction from Bio-macromolecules at JAERI
        Nobuo Niimura; Shigeki Arai; Kazuo Kurihara; Toshiyuki Chatake; Ichiro Tanaka; Robert Bau
        Hydrogen- and Hydration-Sensitive Structural Biology, 2005年07月, 招待有り
      • X線および中性子線結晶学によるDNAの水素および水和の構造生物学的研究
        茶竹 俊行
        日本結晶学会誌, 2005年06月30日, 招待有り, 筆頭著者, 責任著者
      • クリスタリット
        後藤 俊治; 茶竹 俊行; 水島 恒裕; 西堀 英治; 田中 信忠; 池田 卓史
        日本結晶学会誌, 2005年
      • Neutron Diffraction Experiment of DsrD protein
        T. Chatake; N. Mizuno; G. Voordouw; Y. Higuchi; I. Tanaka; N. Niimura
        JAERI-Review, 2004年
      • 3P035 ヒトリゾチームの中性子結晶構造解析により観測された局在水素及び水和水による部位特異的ペプチド結合の歪み(蛋白質 C) 物性 : 安定性、折れたたみなど)
        千葉 かおり; 松井 拓郎; 茶竹 俊行; 大原 高志; Ostermann Andreas; 田中 伊知朗; 油谷 克英; 新村 信雄
        生物物理, 2004年
      • ”Complicated Water Network in the Minor Groove of B-DNA Decamer\nd(CCATTAATGG)2 observed by Neutron Diffraction Measurements”
        S. Arai; T. Chatake; T. Ohhara; K. Kurihara; I. Tanaka; N. Suzuki; Z. Fujimoto; H. Mizuno; N. Niimura
        The 5th International Conference on Biological Physics\n, 2004年
      • タンパク質の水素・水和構造
        新村信雄; 茶竹俊行; 栗原和男
        酵素工学ニュース\n, 2003年
      • B型DNA+量体d(CCATTAATGG)の中性子結晶構造解析
        新井 栄揮; 茶竹 俊行; 栗原 和男; 田中 伊知朗; 大原 高志; 新村 信雄
        生物物理, 2003年
      • DsrD蛋白質の中性子結晶構造解析
        茶竹 俊行; 水野 伸宏; 樋口 芳樹; Voordouw Gerrit; 田中 伊知郎; 新村 信雄
        生物物理, 2003年
      • インスリンの中性子構造解析
        前田 満; 茶竹 俊行; 田中 伊知朗; 栗原 和男; 新村 信雄
        生物物理, 2003年
      • ”Crystallization Process of HEWL and Rational Crystallization Design of aLarge Single Crystal for Neutron Protein Crystallography\n \n ”
        N.Niimura M.Ataka; S.Arai; M.Maeda; T.Chatake
        The 9th International Conference. on the Crystallization of Biological Macromolecules\n, 2002年
      • 中性子結晶学による生体分子の水素・水和構造の解析
        茶竹俊行
        結晶化学研究会第52回講演会, 2002年
      • タンパク質中性子回折結果実例紹介
        茶竹俊行
        第219回CBI学会研究講演会, 2002年
      • Two Alternate Faces of Methoxylated Cytosine Residues for Pairing with G and A in the Watson-Crick Geometry、 Leading to Purine transition Mutagenesis”
        M. T. Hossain; T. Hikima; T. Chatake; M. Tsunoda; Y. Ueno; A. Matsuda; A. Takenaka
        The 4th Asian Crystallographic Association Meeting.\n, 2001年11月18日
      • 中性子構造生物学の現状
        新村信雄; 田中伊知朗; 栗原和男; 茶竹俊行; Andreas Ostermann
        構造生物\n, 2001年
      • 中性子回折計BIX-3によるこの1年の成果
        田中伊知朗; 栗原和男; 茶竹俊行; 新井栄樹; OSTERMANN A; 大原高志; 千葉薫; 新村信雄
        日本中性子科学会年会講演概要集, 2001年
      • Neutron Diffractometer for Biological Crystallography (BIX-3)
        I.Tanaka; K.Kurihara; T.Chatake; N.Niimura
        J. Phys. Soc. Jpn., 2001年
      • 2P244チトクロームc'の結晶成長機構に関する研究
        渡邊 博義; 高妻 孝光; 中村 裕彦; 依田 真一; 山中 亜利; Ostermann Andreas; 栗原 和男; 茶竹 俊行; 田中 伊知郎; 新村 信雄
        生物物理, 2001年
      • A new single crystal diffractometer for neutron protein crystallography (BIX-3M)
        K.Kurihara; I.Tanaka; T.Chatake; A.Ostermann; N.Niimura
        The International Conference on Neutron Scattering 2001\n, 2001年
      • Neutron diffraction studies on thermostability of rubredoxin.
        R. Bau; N. Moiseva; I.Tsyba; N.Niimura; T.Chatake; K.Kurihara; MWW. Adams; FE. Jenney
        The International Conference on Neutron Scattering 2001\n, 2001年
      • Crystal structures of DNAs damaged by methoxylation、 and pyrimidine- and purine-transitionmutagenesis
        A. Takenaka; M. T. Hossain; T. Chatake; T. Hikima; A. Ono; Y. Ueno; A. Matsuda
        The 4th International Chemical Congress of Pacific Basin Societies\n, 2000年12月12日
      • DNA中性子結晶解析遺伝情報に関わる水和ネットワーク解明を目指して
        茶竹 俊行
        日本結晶学会誌, 2000年
      • 2M1530 DNA十量体結晶化の相図及び結晶大型化への応用
        新井 栄揮; 茶竹 俊行; 峯崎 義章; 新村 信雄
        生物物理, 2000年
      • Crystal structures of DNAs damaged by methoxylation reveal the reason why pyrimidine transition and purine transition occur during replication
        A. Takenaka; T. Chatake; T. Hikima; M. T. Hossain; A. Ono; Y. Ueno; A. Matsuda
        The 19th European Crystallographic Meeting\n, 2000年
      • 若手研究者が語る結晶学の夢.生体高分子セッション3
        茶竹俊行
        日本結晶学会創設50周年記念シンポジウム, 2000年
      • 中性子イメージングプレートを用いたphase Gの構造解析
        鈴木昭夫; 大谷栄治; 新村信雄; 栗原和男; 茶竹俊行; 近藤忠; 栗林貴弘
        日本岩石鉱物鉱床学会学術講演会講演要旨集, 1999年09月
      • Dynamic reaction mechanism of hammerhead ribozyme
        T. Chatake; M. Tsunoda; T. Hossain; T. Sunami; T. Hikima
        Photon Factory Activity Report Part B, 1999年
      • 安定なヘアピン構造を含むデオキシオリゴヌクレオチドのX線解析
        角南 智子; 茶竹 俊行; 平尾 一郎; 横山 茂之; 渡辺 公綱; 三浦 謹一郎; 竹中 章郎
        日本結晶学会誌, 1998年
      • X-ray analysis of DNA dodecamer containing N6-methoxyadenine
        T. Chatake; T. Toyoda; D. Tsuchiya; Y. Iga; M. Tsunoda; T. Sekiguchi; A. Ono; Y. Ueno; A. Matsuda; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1997年, 筆頭著者
      • X-ray analysis of eucaryotic yeast lioamide dehydrogenase
        T. Toyoda; D. Tsuchiya; Y. Iga; T. Chatake; M. Tsunoda; T. Sekiguchi; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1997年
      • 2'-デオキシ-N6-メトキシアデノシンを含むDNA12量体結晶のパッキング変化
        茶竹 俊行; 角南 智子; 角田 大; 豊田 友彦; 小野 晶; 上野 義仁; 松田 彰; 竹中 章郎
        日本結晶学会誌, 1997年
      • X-ray analysis of 3-isopropylmalate dehydrogenase from the moderate, facultative thermophile Bacillus Coagulans
        D. Tsuchiya; M. Tsunoda; T. Chatake; Y. Iga; T. Toyoda; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1996年
      • X-ray structure of eukaryotic E4, lipoamide dehydrogenase, from yeast
        T. Toyoda; D. Tsuchiya; Y. Iga; T. Chatake; M. Tsunoda; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1996年
      • X-ray analysis of 3-isopropylmalate dehydrogenase from facultative thermaophile, Bacillus Coagulans
        D. Tsuchiya; T. Chatake; Y. Iga; Y. Chen; T. Toyoda; O. Matsumoto; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1995年
      • Crystallographic analysis of yeast lipoamide dehydrogenase
        T. Toyoda; D. Tsuchiya; T. Chatake; Y. Iga; O. Matsumoto; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1995年
      • Structural studies for time resolved reaction mechanism on ribonuclease
        Y. Iga; T. Chatake; M. Tsunoda; Y. Chen; D. Tsuchiya; T. Toyoda; O. Matsumoto; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1995年
      • Structural studies on hammer head ribozymes
        T. Chatake; M. Tsunoda; Y. Iga; Y. Chen; O. Matsumoto; D. Tsuchiya; T. Toyoda; A. Takenaka
        Photon Factory Activity Report Part B, 1995年, 筆頭著者

      講演・口頭発表等

      • 生体物質単結晶回折
        茶竹俊行
        中性子ビーム利用基礎講習会, 2009年12月08日, 招待有り
      • 生体分子の水和:蛋白質とDNA
        茶竹俊行
        中性子構造研究会, 2010年01月27日
      • 温度制御によるDNAの結晶化とその応用
        茶竹俊行
        蛋白質結晶成長研究会, 2009年03月06日, 招待有り
      • 中性子による蛋白質の水和水 -溶液と結晶-
        茶竹俊行; 田中伊知朗; 日下勝弘; 角南智子; 藤原悟
        第14回 タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会, 2023年03月10日
      • D/H contrast technique for neutron crystallography
        T. Chatake; I. Tanaka; K. Kusaka; S. Fujiwara
        The 6th International Symposium of Quantum Beam Science at Ibaraki University, 2022年02月22日
      • 実空間 D/H コントラスト法による中性子蛋白質結晶解析
        茶竹俊行; 藤原悟
        2017年度中性子科学会年会, 2017年12月03日
      • 新たな解析法による中性子結晶解析からの水和構造へのアプローチ
        茶竹 俊行; 藤原悟
        第3回Neutron in Biology 研究会, 2015年03月
      • 核酸科学を中心とした中性子結晶構造解析
        第1回Neutron in Biology研究会, 2013年03月14日, Neutron in Biology研究会
      • Neutron Crystallography in Structural Biology
        日本生物物理学会2010年会マイクロシンポジウム, 2010年09月20日, 日本生物物理学会
      • 中性子結晶解析による生体高分子の機能性プロトンの研究
        日本中性子科学会2010年会
      • 高塩濃度下で形成されるDNA と二価金属の直接的相互作用
        日本結晶学会2010年会
      • 生体プロトン解析用中性子回折計の計画
        日本中性子科学会2009年会
      • 納豆菌培養液由来ナットウキナーゼの精製と結晶化
        日本結晶学会2009年会
      • 温度制御によるDNAの結晶化
        日本結晶成長学会2009年会
      • 核酸・蛋白質の中性子構造生物学による展開
        回折構造生物第169委員会 第24回研究会
      • マクロシーディング法による大型結晶作成
        平成18年度 第2回 新薬創生研究会
      • Hydration in proteins and DNA
        「新薬創生研究会」国際フォーラム
      • X線及び中性子線結晶学によるDNAの水素および水和の構造生物学的研究.
        日本結晶学会平成16年度年会
      • Neutron protein crystallography. Hydrogen and hydration in proteins.
        The 3rd Japan- Korea meeting on neutron science
      • 日本の結晶学(Ⅱ)-その輝かしい発展-
        茶竹俊行, 分担執筆, 第4章 構造化学・材料化学, 1. 構造化学, DNAの特異な構造, pp.218-219
        日本結晶学会, 2014年07月
      • 生体高分子結晶のX線構造解析 : 実践手法と基礎理論
        竹中, 章郎; 熊坂, 崇; 近藤, 次郎; 角南, 智子; 茶竹, 俊行; 森下, えら, 分担執筆, 5,6,7章を茶竹と竹中の共著 (pp.90-173)
        丸善出版, 2022年02月
      • Neutron nucleic acid crystallography in Methods Molecular biology 1320, 283, 300
        茶竹 俊行, 分担執筆, Neutron nucleic acid crystallography pp. 283-300
        Springer, 2015年08月, 査読無し
      • 「製剤への物理化学 第2版」(第三章を松本治、亀甲龍彦と担当)
        斎藤博幸; 田中秀治
        廣川書店, 2012年04月, 査読無し
      • 「入門 構造生物学」 (pp.33-34 中性子でDNAを見るを担当)
        高エネルギー加速器研究機構構造生物学研究センター編
        共立出版, 2010年04月24日, 査読無し
      • 製剤への物理化学 第3章 69-90頁
        Toshiyuki Chatake; Tatsuhiko Kikkou; Osamu Matsumoto
        廣川書店, 2006年, 査読無し

      産業財産権

      • 特開2005-003489, 特願2003-166553, 高分子の結晶品質を評価する方法
        新村 信雄; 新井 栄揮; 茶竹 俊行
      • 特開2004-026528, 特願2002-181988, 生体高分子の結晶育成装置
        新村 信雄; 大西 裕季; 新井 栄揮; 茶竹 俊行; 前田 満; 栗原 和男
      • 特開2003-034600, 特願2001-218424, DNAオリゴマー大型単結晶育成法
        新村 信雄; 新井 栄揮; 茶竹 俊行

      受賞

      • 2004年11月27日
        日本結晶学会, 日本結晶学会進歩賞
      • 1996年08月27日
        日本生化学会, 第4 回JB 論文賞(連名)

      外部資金:科学研究費補助金

      • 生体分子の水素水和研究に向けた、中性子結晶解析用D/Hコントラスト法の開発
        基盤研究(C)
        京都大学
        茶竹 俊行
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        中性子;水素;水和;結晶学;生体分子;D/Hコントラスト;D/Hコントラスト法;水和構造
      • 中性子結晶解析による構造揺らぎを含めたDNAの水和構造の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        茶竹 俊行
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        水和構造;揺らぎ;DNA;中性子
      • 温度制御による結晶化を利用したDNA薬剤に関するX線結晶解析
        若手研究(B)
        京都大学
        茶竹 俊行
        自 2006年04月01日, 至 2009年03月31日, 完了
        物理化学;核酸;薬剤;放射線・X線・粒子線;結晶化;薬学;結晶成長;金属と生体分子;水和構造;放射線・X点・粒子線
      • 中性子線を用いたタンパク質の動的な水和水の解析
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        茶竹 俊行
        自 2022年06月30日, 至 2025年03月31日, 交付
        水和;中性子;構造解析;蛋白質;D/Hコントラスト;タンパク質

      外部資金:その他

      • 中性子補足療法におけるカルボラン薬剤・生体分子複合体の細胞内挙動と分子生物学的研究
        財団法人医科学応用研究財団調査研究助成金
        自 2009年, 至 2010年
        茶竹俊行
      list
        Last Updated :2024/04/23

        教育

        担当科目

        • 自 2023年04月01日, 至 2024年03月31日
          応用中性子工学
          C082, 後期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用中性子工学
          C082, 後期, 工学研究科, 2
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          応用中性子工学
          後期, 大学院工学研究科
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          人類と放射線
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          応用中性子工学
          後期, 工学研究科
        list
          Last Updated :2024/04/23

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2009年04月13日
            組換えDNA実験等委員会委員
          • 自 2007年04月01日
            動物実験委員会委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日
            地域広報委員会委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
            所員会議委員

          ページ上部へ戻る