教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

樽本 雄介

タルモト ユウスケ

医生物学研究所 生命システム研究部門 助教

樽本 雄介
list
    Last Updated :2022/05/13

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 幹細胞遺伝学, 助教
    • 医学研究科, 医科学専攻 幹細胞遺伝学, 助教

    学部兼担

    • 理学部

    所属学協会

    • 日本分子生物学会

    学位

    • 修士(生命科学)(京都大学)
    • 2013年
      博士(生命科学)(京都大学)

    経歴

    • 自 2019年07月, 至 現在
      京都大学, ウイルス・再生医科学研究所, 助教
    • 自 2015年04月, 至 2019年06月
      Cold Spring Harbor Laboratory, Postdoctoral fellow
    • 自 2009年04月, 至 2015年04月
      京都大学, 大学院生命科学研究科, 助教

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/13

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        多能性幹細胞における未分化性維持のための転写ネットワークの解明

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • KAT7 is a genetic vulnerability of acute myeloid leukemias driven by MLL rearrangements.
        Yan Zi Au; Muxin Gu; Etienne De Braekeleer; Malgorzata Gozdecka; Demetrios Aspris; Yusuke Tarumoto; Jonathan Cooper; Jason Yu; Swee Hoe Ong; Xi Chen; Konstantinos Tzelepis; Brian J P Huntly; George Vassiliou; Kosuke Yusa
        Leukemia, 2021年04月, 査読有り
      • Convergent organization of aberrant MYB complex controls oncogenic gene expression in acute myeloid leukemia.
        Sumiko Takao; Lauren Forbes; Masahiro Uni; Shuyuan Cheng; Jose Mario Bello Pineda; Yusuke Tarumoto; Paolo Cifani; Gerard Minuesa; Celine Chen; Michael G Kharas; Robert K Bradley; Christopher R Vakoc; Richard P Koche; Alex Kentsis
        eLife, 2021年02月02日, 査読有り
      • Salt-inducible kinase inhibition suppresses acute myeloid leukemia progression in vivo.
        Yusuke Tarumoto; Shan Lin; Jinhua Wang; Joseph P Milazzo; Yali Xu; Bin Lu; Zhaolin Yang; Yiliang Wei; Sofya Polyanskaya; Mark Wunderlich; Nathanael S Gray; Kimberly Stegmaier; Christopher R Vakoc
        Blood, 2020年01月02日, 査読有り
      • Tankyrase inhibition sensitizes cells to CDK4 blockade.
        Miguel Foronda; Yusuke Tarumoto; Emma M Schatoff; Benjamin I Leach; Bianca J Diaz; Jill Zimmerman; Sukanya Goswami; Michael Shusterman; Christopher R Vakoc; Lukas E Dow
        PloS one, 2019年12月, 査読有り
      • Telomere-binding proteins Taz1 and Rap1 regulate DSB repair and suppress gross chromosomal rearrangements in fission yeast.
        Hiroyuki Irie; Io Yamamoto; Yusuke Tarumoto; Sanki Tashiro; Kurt W Runge; Fuyuki Ishikawa
        PLoS genetics, 2019年08月, 査読有り
      • A Transcription Factor Addiction in Leukemia Imposed by the MLL Promoter Sequence.
        Bin Lu; Olaf Klingbeil; Yusuke Tarumoto; Tim D D Somerville; Yu-Han Huang; Yiliang Wei; Dorothy C Wai; Jason K K Low; Joseph P Milazzo; Xiaoli S Wu; Zhendong Cao; Xiaomei Yan; Osama E Demerdash; Gang Huang; Joel P Mackay; Justin B Kinney; Junwei Shi; Christopher R Vakoc
        Cancer cell, 2018年12月10日, 査読有り
      • LKB1, Salt-Inducible Kinases, and MEF2C Are Linked Dependencies in Acute Myeloid Leukemia.
        Yusuke Tarumoto; Bin Lu; Tim D D Somerville; Yu-Han Huang; Joseph P Milazzo; Xiaoli S Wu; Olaf Klingbeil; Osama El Demerdash; Junwei Shi; Christopher R Vakoc
        Molecular cell, 2018年03月15日, 査読有り
      • A TFIID-SAGA Perturbation that Targets MYB and Suppresses Acute Myeloid Leukemia.
        Yali Xu; Joseph P Milazzo; Tim D D Somerville; Yusuke Tarumoto; Yu-Han Huang; Elizabeth L Ostrander; John E Wilkinson; Grant A Challen; Christopher R Vakoc
        Cancer cell, 2018年01月08日, 査読有り
      • Fission yeast Stn1 is crucial for semi-conservative replication at telomeres and subtelomeres.
        Masahiro Takikawa; Yusuke Tarumoto; Fuyuki Ishikawa
        Nucleic acids research, 2017年02月17日, 査読有り
      • Receptor for activated C-kinase (RACK1) homolog Cpc2 facilitates the general amino acid control response through Gcn2 kinase in fission yeast.
        Yusuke Tarumoto; Junko Kanoh; Fuyuki Ishikawa
        The Journal of biological chemistry, 2013年06月28日, 査読有り
      • HIRA, a conserved histone chaperone, plays an essential role in low-dose stress response via transcriptional stimulation in fission yeast.
        Moeko Chujo; Yusuke Tarumoto; Koichi Miyatake; Eisuke Nishida; Fuyuki Ishikawa
        The Journal of biological chemistry, 2012年07月06日, 査読有り
      • Tel1(ATM) and Rad3(ATR) phosphorylate the telomere protein Ccq1 to recruit telomerase and elongate telomeres in fission yeast.
        Harutake Yamazaki; Yusuke Tarumoto; Fuyuki Ishikawa
        Genes & development, 2012年02月01日, 査読有り

      MISC

      • CRISPR/Cas9による遺伝学的スクリーニングシステムの開発
        樽本雄介; 遊佐宏介
        生体の科学, 2020年
      • SIK3抑制による急性骨髄性白血病の制御
        樽本雄介
        月刊血液内科, 2020年
      • 機能的なタンパク質ドメインに対するCRISPRスクリーニングによるがんの治療標的の探索
        樽本雄介; WANG Jinhua; WANG Jinhua; GRAY Nathanael S; GRAY Nathanael S; SHI Junwei; VAKOC Christopher R
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2018年
      • 哺乳類細胞の低容量ストレス応答におけるヒストンシャペロンHIRAの機能解析(Roles of histone chaperone HIRA in low-dose stress responses in mammalian cells)
        長垣 良和; 中條 萌絵子; 樽本 雄介; 八尾 良司; 石川 冬木
        日本癌学会総会記事, 2014年09月
      • 分裂酵母Stn1の染色体構造維持における役割
        滝川雅大; 樽本雄介; 石川冬木
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2014年
      • 低容量ストレスに対する細胞応答
        樽本 雄介; 石川冬木
        領域融合レビュー, 2014年, 査読有り
      • 分裂酵母テロメア結合タンパク質による大規模染色体再編の制御(Increased rates of gross chromosomal rearrangements in fission yeast cells defective for telomere-binding proteins)
        入江 裕之; 樽本 雄介; 石川 冬木
        日本癌学会総会記事, 2013年10月
      • 分裂酵母Cpc2はストレス応答性MAPキナーゼを介したストレス応答を促進する
        樽本雄介; 加納純子; 加納純子; 上野敏秀; 間野博行; 間野博行; 石川冬木
        日本生化学会大会(Web), 2013年
      • 分裂酵母テロメア結合タンパク質による大規模染色体再編の制御
        入江裕之; 樽本雄介; 石川冬木
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • 分裂酵母Cpc2はストレス応答性MAPキナーゼを介したストレス応答を促進する
        樽本雄介; 加納純子; 加納純子; 上野敏秀; 間野博行; 間野博行; 石川冬木
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2012年
      • 分裂酵母におけるチェックポイント活性化延長に対する細胞応答(Cellular responses to prolonged checkpoint activation in fission yeast)
        二宮 源紀; 三河 拓己; 樽本 雄介; 石川 冬木
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月
      • Cpc2/RACK1は環境からのストレスに対する交差耐性に機能する
        樽本雄介; 加納純子; 加納純子; 石川冬木
        生化学, 2009年
      • Cpc2/RACK1は環境からのストレスに対する交差耐性に機能する
        樽本雄介; 加納純子; 石川冬木
        日本RNA学会年会要旨集, 2009年
      • 分裂酵母Cpc2はeIF2αキナーゼによるストレス応答に関与する
        樽本雄介; 加納純子; 石川冬木
        生化学, 2007年

      講演・口頭発表等

      • がん細胞の転写ネットワーク依存性とその制御
        樽本 雄介
        京都大学ウイルス・再生医科学研究所 第4回個体の中の細胞社会学セミナー, 2019年05月23日
      • 機能ドメインを標的としたCRISPRスクリーニングによるがんの新たな治療標的の探索
        樽本 雄介
        東京大学医科学研究所 学友会セミナー, 2018年12月05日
      • 機能ドメインを標的としたCRISPRスクリーニングによるがんの新たな治療標的の探索
        樽本 雄介
        金沢大学がん進展制御研究所セミナー, 2018年12月03日
      • 機能的なタンパク質ドメインに対するCRISPRスクリーニングによるがんの治療標的の探索
        樽本 雄介; Jinhua Wang; Nathanael S Gray; Junwei Shi; Christopher R Vakoc
        第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28日
      • Targeting transcriptional vulnerability by linked dependency in acute myeloid leukemia
        樽本 雄介
        京都大学 生命科学セミナー, 2018年09月14日
      • Chemical inhibition of SIK3 as a therapeutic strategy in MEF2C-addicted acute myeloid leukemia
        樽本雄介
        CSHL Mechanisms & Models of Cancer, 2018年08月15日
      • Cpc2 facilitates stress-activated MAP kinase-mediated stress response
        樽本雄介
        EMBO Conference on Fission Yeast: pombe 2013, 2013年06月27日
      • Fission yeast Cpc2 facilitates stress-induced transcriptional and translational responses
        樽本雄介
        The Sixth International Fission Yeast Meeting, 2011年06月28日, 招待有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • 転写抑制補因子による多能性幹細胞の未分化制御機構
        若手研究
        小区分43010:分子生物学関連
        京都大学
        樽本 雄介
        自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        多能性幹細胞;転写因子;転写抑制補因子;未分化性;CRISPRスクリーニング
      • ストレス交差耐性におけるクロマチン構造変化と遺伝子発現制御
        若手研究(B)
        京都大学
        樽本 雄介
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ストレス応答;シグナル伝達;遺伝子発現制御;クロマチン;分子生物学
      • 分裂酵母を用いた条件的ヘテロクロマチン制御の解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        石川 冬木
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        遺伝学;ゲノム;発現制御;発生・分化;エピジェネティックス
      • 発がんにおけるテロメア機能
        基盤研究(S)
        京都大学
        石川 冬木
        自 2010年05月31日, 至 2015年03月31日, 完了
        ゲノム不安定性;テロメア;皮膚発がん;次世代シーケンサー;グアニン4重鎖構造;CST複合体;塩基除去修復
      • ヒト多能性幹細胞の未分化性制御機構の解析
        基盤研究(C)
        小区分44020:発生生物学関連
        京都大学
        樽本 雄介
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 採択

      外部資金:その他

      • Targeting Linked Dependency Between Kinase and Transcription Factor
        Lauri Strauss Leukemia Foundation Grant
        自 2018年, 至 2018年
        樽本雄介
      • Identification of Genetic Dependencies and Therapeutic Targets in AML
        Lauri Strauss Leukemia Foundation Grant
        自 2016年, 至 2017年
        樽本雄介
      • Investigation of mechanism of epigenetic inhibitor-induced therapeutic activity
        Lauri Strauss Leukemia Foundation Grant
        自 2015年, 至 2016年
        樽本雄介
      • 低容量ストレス応答の分子機構の解析
        京都大学若手研究者スタートアップ研究費
        自 2009年, 至 2010年
        樽本雄介
      list
        Last Updated :2022/05/13

        教育

        担当科目

        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物学実習A
          前期, 理学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生物科学課題研究21
          通年, 理学部
        list
          Last Updated :2022/05/13

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2019年10月01日
            化学物質管理委員会

          ページ上部へ戻る