教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

松浦 顕教

マツウラ ケンキョウ

医生物学研究所 生命システム研究部門 助教

松浦 顕教
list
    Last Updated :2022/08/06

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医科学専攻 がん・幹細胞シグナル, 助教
    • 医学研究科, 医学専攻 がん・幹細胞シグナル, 助教
    • 薬学研究科, 薬科学専攻 がん・幹細胞シグナル学, 助教

    学位

    • 修士(薬学)(金沢大学)
    • 博士(薬学)(金沢大学)

    出身大学院・研究科等

    • 金沢大学, 大学院自然科学研究科生命薬学専攻博士前期課程, 修了
    • 金沢大学, 大学院自然科学研究科生命科学専攻博士後期課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 金沢大学, 薬学部製薬化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      石川県立 金沢二水高等学校

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/06

      研究

      研究分野

      • ライフサイエンス, 分子生物学

      論文

      • The CD44/COL17A1 pathway promotes the formation of multilayered, transformed epithelia.
        Kei Kozawa; Miho Sekai; Kenji Ohba; Shoko Ito; Hiroaki Sako; Takeshi Maruyama; Mai Kakeno; Takanobu Shirai; Keisuke Kuromiya; Tomoko Kamasaki; Koki Kohashi; Shinya Tanaka; Susumu Ishikawa; Nanami Sato; Shota Asano; Hironori Suzuki; Nobuyuki Tanimura; Yohei Mukai; Noriko Gotoh; Mishie Tanino; Shinya Tanaka; Ken Natsuga; Tomoyoshi Soga; Tomonori Nakamura; Yukihiro Yabuta; Mitinori Saitou; Takahiro Ito; Kenkyo Matsuura; Makoto Tsunoda; Toyone Kikumori; Tadashi Iida; Yasuyuki Mizutani; Yuki Miyai; Kozo Kaibuchi; Atsushi Enomoto; Yasuyuki Fujita
        Current biology : CB, 2021年07月26日
      • Spironolactone‐induced XPB degradation depends on CDK7 kinase and SCF FBXL18 E3 ligase
        Ueda M; Matsuura K; Kawai H; Wakasugi M; Matsunaga T
        Genes to Cells, 2019年04月, 査読有り
      • Dimer‐specific immunoprecipitation of active caspase‐2 identifies TRAF proteins as novel activators
        Robeson AC; Lindblom KR; Wojton J; Kornbluth S; Matsuura K
        The EMBO Journal, 2018年07月, 査読有り
      • Activation of disulfide bond cleavage triggered by hydrophobization and lipophilization of functionalized dihydroasparagusic acid
        Fuyuhiko Inagaki; Miyuki Momose; Naoya Maruyama; Kenkyo Matsuura; Tsukasa Matsunaga; Chisato Mukai
        Organic and Biomolecular Chemistry, 2018年, 査読有り
      • Downregulation of the proapoptotic protein MOAP-1 by the UBR5 ubiquitin ligase and its role in ovarian cancer resistance to cisplatin
        K. Matsuura; N-J Huang; K. Cocce; L. Zhang; S. Kornbluth
        ONCOGENE, 2017年03月, 査読有り
      • Fatty acid synthase inhibition engages a novel caspase-2 regulatory mechanism to induce ovarian cancer cell death
        C-S Yang; K. Matsuura; N-J Huang; A. C. Robeson; B. Huang; L. Zhang; S. Kornbluth
        ONCOGENE, 2015年06月, 査読有り
      • A Network of Substrates of the E3 Ubiquitin Ligases MDM2 and HUWE1 Control Apoptosis Independently of p53
        Manabu Kurokawa; Jiyeon Kim; Joseph Geradts; Kenkyo Matsuura; Liu Liu; Xu Ran; Wenle Xia; Thomas J. Ribar; Ricardo Henao; Mark W. Dewhirst; Wun-Jae Kim; Joseph E. Lucas; Shaomeng Wang; Neil L. Spector; Sally Kornbluth
        SCIENCE SIGNALING, 2013年05月, 査読有り
      • Rsk-mediated phosphorylation and 14-3-3ɛ binding of Apaf-1 suppresses cytochrome c-induced apoptosis.
        Kim J; Parrish AB; Kurokawa M; Matsuura K; Freel CD; Andersen JL; Johnson CE; Kornbluth S
        The EMBO Journal, 2012年03月, 査読有り
      • Cleavage-mediated activation of Chk1 during apoptosis
        Kenkyo Matsuura; Mitsuo Wakasugi; Katsumi Yamashita; Tsukasa Matsunaga
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2008年09月, 査読有り
      • DDB1 gene disruption causes a severe growth defect and apoptosis in chicken DT40 cells
        Mitsuo Wakasugi; Kenkyo Matsuura; Atsushi Nagasawa; DongTao Fu; Hiroko Shimizu; Ken-ichi Yamamoto; Shunichi Takeda; Tsukasa Matsunaga
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年12月, 査読有り

      MISC

      • タンパク質翻訳後修飾とがん幹細胞制御 -ヒストンアシル化による遺伝子発現制御
        松浦 顕教
        医学のあゆみ, 2020年05月, 招待有り, 筆頭著者
      • ユビキチンリガーゼUBR5を介したがん細胞の薬剤抵抗性獲得機構
        松浦 顕教; Sally Kornbluth
        生化学, 2018年06月, 招待有り
      • Metabolic Regulation of Apoptosis in Cancer
        K. Matsuura; K. Canfield; W. Feng; M. Kurokawa
        INTERNATIONAL REVIEW OF CELL AND MOLECULAR BIOLOGY, VOL 327, 2016年, 招待有り

      外部資金:科学研究費補助金

      • タンパク質翻訳後修飾体のライブイメージングと選択的単離を実現する新規解析法の開発
        基盤研究(C)
        小区分37010:生体関連化学
        京都大学
        松浦 顕教
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        BiFC;GFP nanobody;複合体精製;タンパク質翻訳後修飾;ユビキチン
      • ヌクレオチド除去修復機構解明に向けたケミカルアプローチ
        基盤研究(B)
        小区分63020:放射線影響関連
        金沢大学
        松永 司
        自 2019年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ヌクレオチド除去修復;ケミカルバイオロジー;阻害剤;DNA損傷プローブ
      • 細胞内アミノ酸ダイナミクスのリアルタイム可視化によるがん幹細胞維持シグナルの解明
        基盤研究(C)
        小区分50010:腫瘍生物学関連
        京都大学
        松浦 顕教
        自 2022年04月01日, 至 2025年03月31日, 交付
        アミノ酸;代謝;がん幹細胞;FRETバイオセンサー
      list
        Last Updated :2022/08/06

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          研究計画作文演習A
          8402, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習IV
          C906, 後期, 薬学部, 3
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学実験コーチング演習A
          8301, 通年不定, 薬学研究科, 1
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          薬学専門実習4
          A906, 後期, 薬学部, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          創発医薬科学研究A
          8406, 通年不定, 薬学研究科, 4
        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          科学論文解読演習A
          8404, 通年不定, 薬学研究科, 2
        list
          Last Updated :2022/08/06

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2019年10月01日
            化学物質管理委員会
          • 自 2020年04月, 至 2022年04月
            安全衛生委員会

          ページ上部へ戻る