教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

髙橋 重成

タカハシ ノブアキ

白眉センター 特定准教授

髙橋 重成
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 修士(工学)(京都大学)
    • 博士(工学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院工学研究科修士課程合成・生物化学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院工学研究科博士後期課程合成・生物化学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 工学部工業化学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      立教新座高等学校, りっきょうにいざこうとうがっこう

    経歴

    • 自 2019年04月, 至 現在
      京都大学, 白眉センター, 特定准教授
    • 自 2015年06月, 至 2019年03月
      ハーバード大学医学大学院, 細胞生物学分野, 専任講師
    • 自 2014年06月, 至 2015年06月
      ハーバード大学医学大学院, 細胞生物学分野, 博士研究員
    • 自 2010年12月, 至 2014年05月
      京都大学, 先端医工学研究ユニット, 助教

    プロフィール

    • プロフィール

      生体がいかにして酸化ストレス、低酸素ストレス、pHストレスなどの「ストレス」を感知し、応答/適応しているのか、がん / 進化 / 発生 の観点から研究を進めております。


       


      代表的論文:


      Takahashi N (Shared Corresponding Author), Cho P, Selfors LM, Kuiken HJ, Kaul R, Fujiwara T, Harris IS, Zhang T, Gygi SP, and Brugge JS (Shared Corresponding Author). "3D Culture Models with CRISPR Screens Reveal Hyperactive NRF2 as a Prerequisite for Spheroid Formation via Regulation of Proliferation and Ferroptosis"
      Molecular Cell  80, 828–844 (2020).


      Takahashi N, Chen HY, Harris IS, Stover DG, Selfors LM, Bronson RT, Deraedt T, Cichowski K, Welm AL, Mori Y, Mills GB, and Brugge JS. "Cancer Cells Co-opt the Neuronal Redox-Sensing Channel TRPA1 to Promote Oxidative Stress Tolerance"
      Cancer Cell 33, 985–1003 (2018).


      Takahashi N, Hamada-Nakahara S, Itoh Y, Takemura K, Shimada A, Ueda Y, Kitamata M, Matsuoka R, Hanawa-Suetsugu K, Senju Y, Mori MX, Kiyonaka S, Kohda D, Kitao A, Mori Y, and Suetsugu S. "TRPV4 channel activity is modulated by direct interaction of the ankyrin domain to PI(4,5)P2"
      Nature Commun. 5, 4994 (2014). 


      Takahashi N, Kuwaki T, Kiyonaka S, Numata T, Kozai D, Mizuno Y, Yamamoto S, Naito S, Knevels E, Carmeliet P, Oga T, Kaneko S, Suga S, Nokami T, Yoshida J, and Mori Y. "TRPA1 underlies a sensing mechanism for O2"
      Nature Chem. Biol. 7, 701–711 (2011). 


       


      学術変革領域研究B「pH応答生物学の創成」:領域代表


      https://www.transformative-research-area.ph-biology.net/ 

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • 発生
      • 進化
      • ストレス応答
      • がん生物学
      • アノイキス
      • レドックス生物学
      • 細胞死
      • カルシウムイオン
      • シグナル伝達
      • 三次元培養
      • カルシウムシグナル
      • TRPチャネル
      • 酸素生物学
      • 化学生物学
      • 低酸素
      • イオンチャネル
      • 活性酸素

      研究分野

      • ライフサイエンス, 機能生物化学
      • ライフサイエンス, 医化学

      論文

      • Role of Oxidative Stress and Ca2+ Signaling in Psychiatric Disorders
        Akito Nakao; Yoshihiro Matsunaga; Katsumi Hayashida; Nobuaki Takahashi*
        Front. Cell Dev. Biol., 2021年02月, 査読有り, 招待有り, 最終著者, 責任著者
      • 3D Culture Models with CRISPR Screens Reveal Hyperactive NRF2 as a Prerequisite for Spheroid Formation via Regulation of Proliferation and Ferroptosis.
        Nobuaki Takahashi (Shared Corresponding Author); Patricia Cho; Laura M Selfors; Hendrik J Kuiken; Roma Kaul; Takuro Fujiwara; Isaac S Harris; Tian Zhang; Steven P Gygi; Joan S Brugge
        Molecular cell, 2020年10月26日, 査読有り, 筆頭著者, 責任著者
      • Transient Receptor Potential Ankyrin 1 Mediates Hypoxic Responses in Mice
        Sichong Chen; Nobuaki Takahashi (Co-first); Changping Chen; Jordan L. Pauli; Chiharu Kuroki; Jun Kaminosono; Hideki Kashiwadani; Yuichi Kanmura; Yasuo Mori; Shaowu Ou; Liying Hao; Tomoyuki Kuwaki
        Frontiers in Physiology, 2020年10月22日, 査読有り, 筆頭著者
      • O2-Dependent Protein Internalization Underlies Astrocytic Sensing of Acute Hypoxia by Restricting Multimodal TRPA1 Channel Responses.
        Makoto Uchiyama; Akito Nakao; Yuki Kurita; Isato Fukushi; Kotaro Takeda; Tomohiro Numata; Ha Nam Tran; Seishiro Sawamura; Maximilian Ebert; Tatsuki Kurokawa; Reiko Sakaguchi; Alexander J Stokes; Nobuaki Takahashi; Yasumasa Okada; Yasuo Mori
        Current biology : CB, 2020年09月07日, 査読有り
      • Deubiquitinases Maintain Protein Homeostasis and Survival of Cancer Cells upon Glutathione Depletion.
        Harris IS; Endress JE; Coloff JL; Selfors LM; McBrayer SK; Rosenbluth JM; Takahashi N; Dhakal S; Koduri V; Oser MG; Schauer NJ; Doherty LM; Hong AL; Kang YP; Younger ST; Doench JG; Hahn WC; Buhrlage SJ; DeNicola GM; Kaelin WG Jr; Brugge JS
        Cell metabolism, 2019年05月, 査読有り
      • Cancer Cells Co-opt the Neuronal Redox-Sensing Channel TRPA1 to Promote Oxidative-Stress Tolerance
        Nobuaki Takahashi; Hsing-Yu Chen; Isaac S. Harris; Daniel G. Stover; Laura M. Selfors; Roderick T. Bronson; Thomas Deraedt; Karen Cichowski; Alana L. Welm; Yasuo Mori; Gordon B. Mills; Joan S. Brugge
        Cancer Cell, 2018年06月11日, 査読有り, 筆頭著者
      • Distinct Mechanism of Cysteine Oxidation-Dependent Activation and Cold Sensitization of Human Transient Receptor Potential Ankyrin 1 Channel by High and Low Oxaliplatin
        Takahito Miyake; Saki Nakamura; Zhao Meng; Satoshi Hamano; Keisuke Inoue; Tomohiro Numata; Nobuaki Takahashi; Kazuki Nagayasu; Hisashi Shirakawa; Yasuo Mori; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 2017年11月, 査読有り
      • TRP channels in oxygen physiology: distinctive functional properties and roles of TRPA1 in O-2 sensing
        Yasuo Mori; Nobuaki Takahashi; Tatsuki Kurokawa; Shigeki Kiyonaka
        PROCEEDINGS OF THE JAPAN ACADEMY SERIES B-PHYSICAL AND BIOLOGICAL SCIENCES, 2017年07月, 査読有り
      • Cold sensitivity of TRPA1 is unveiled by the prolyl hydroxylation blockade-induced sensitization to ROS
        Takahito Miyake; Saki Nakamura; Meng Zhao; Kanako So; Keisuke Inoue; Tomohiro Numata; Nobuaki Takahashi; Hisashi Shirakawa; Yasuo Mori; Takayuki Nakagawa; Shuji Kaneko
        NATURE COMMUNICATIONS, 2016年09月, 査読有り
      • Functional and Structural Divergence in Human TRPV1 Channel Subunits by Oxidative Cysteine Modification
        Nozomi Ogawa; Tatsuki Kurokawa; Kenji Fujiwara; Onur Kerem Polat; Heba Badr; Nobuaki Takahashi; Yasuo Mori
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2016年02月, 査読有り
      • Identification of a prostaglandin D-2 metabolite as a neuritogenesis enhancer targeting the TRPV1 ion channel
        Takahiro Shibata; Katsuhiro Takahashi; Yui Matsubara; Emi Inuzuka; Fumie Nakashima; Nobuaki Takahashi; Daisuke Kozai; Yasuo Mori; Koji Uchida
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年02月, 査読有り
      • Redox-sensitive transient receptor potential channels in oxygen sensing and adaptation
        Yasuo Mori; Nobuaki Takahashi; Onur Kerem Polat; Tatsuki Kurokawa; Norihiko Takeda; Masahiro Inoue
        PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 2016年01月, 査読有り, 招待有り
      • Oxygen physiology: sensors and ion channels
        Yasuo Mori; Nobuaki Takahashi; Nozomi Ogawa; Thomas Gudermann
        PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 2016年01月, 招待有り
      • Inhibitory effects of AG490 on H2O2-induced TRPM2-mediated Ca2+ entry
        Shunichi Shimizu; Ryo Yonezawa; Tamio Hagiwara; Takashi Yoshida; Nobuaki Takahashi; Satoshi Hamano; Takaharu Negoro; Takahiro Toda; Minoru Wakamori; Yasuo Mori; Masakazu Ishii
        EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2014年11月, 査読有り
      • TRPV4 channel activity is modulated by direct interaction of the ankyrin domain to PI(4,5)P₂.
        Takahashi N; Hamada-Nakahara S; Itoh Y; Takemura K; Shimada A; Ueda Y; Kitamata M; Matsuoka R; Hanawa-Suetsugu K; Senju Y; Mori MX; Kiyonaka S; Kohda D; Kitao A; Mori Y; Suetsugu S
        Nature communications, 2014年09月, 査読有り, 筆頭著者
      • The O-2- sensing TRPA1 channel illustrates the significance of vagal nerves in cardio- respiratory adaptation to hypoxia
        N. Takahashi; Y. Mori
        ACTA PHYSIOLOGICA, 2014年04月, 招待有り, 筆頭著者
      • Transnitrosylation Directs TRPA1 Selectivity in N-Nitrosamine Activators
        Daisuke Kozai; Yoji Kabasawa; Maximilian Ebert; Shigeki Kiyonaka; Firman Yuko Otani; Tomohiro Numata; Nobuaki Takahashi; Yasuo Mori; Tomohiko Ohwada
        MOLECULAR PHARMACOLOGY, 2014年01月, 査読有り
      • TRPs as chemosensors (ROS, RNS, RCS, gasotransmitters)
        Shunichi Shimizu; Nobuaki Takahashi; Yasuo Mori
        Handbook of Experimental Pharmacology, 2014年, 査読有り, 招待有り
      • TRPA1 detects environmental chemicals and induces avoidance behavior and arousal from sleep
        Toru Yonemitsu; Chiharu Kuroki; Nobuaki Takahashi; Yasuo Mori; Yuichi Kanmura; Hideki Kashiwadani; Youichirou Ootsuka; Tomoyuki Kuwaki
        SCIENTIFIC REPORTS, 2013年10月, 査読有り
      • TRP channels as sensors of oxygen availability
        Tomohiro Numata; Nozomi Ogawa; Nobuaki Takahashi; Yasuo Mori
        PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 2013年08月, 査読有り, 招待有り
      • TRP channels: sensors and transducers of gasotransmitter signals
        Nobuaki Takahashi; Daisuke Kozai; Yasuo Mori
        FRONTIERS IN PHYSIOLOGY, 2012年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • 活性酸素で活性化されるTRPチャネル
        清中 茂樹; 高橋 重成; 森 泰生
        ファルマシア, 2012年
      • TRPA1 underlies a sensing mechanism for O-2
        Nobuaki Takahashi; Tomoyuki Kuwaki; Shigeki Kiyonaka; Tomohiro Numata; Daisuke Kozai; Yusuke Mizuno; Shinichiro Yamamoto; Shinji Naito; Ellen Knevels; Peter Carmeliet; Toru Oga; Shuji Kaneko; Seiji Suga; Toshiki Nokami; Jun-ichi Yoshida; Yasuo Mori
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2011年10月, 査読有り, 筆頭著者
      • Roles of TRPM2 in oxidative stress
        Nobuaki Takahashi; Daisuke Kozai; Ryohei Kobayashi; Maximilian Ebert; Yasuo Mori
        CELL CALCIUM, 2011年09月, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Receptor Signaling Integration by TRP Channelsomes
        Yasuo Mori; Taketoshi Kajimoto; Akito Nakao; Nobuaki Takahashi; Shigeki Kiyonaka
        TRANSIENT RECEPTOR POTENTIAL CHANNELS, 2011年, 招待有り
      • TRP channels as sensors and signal integrators of redox status changes
        Nobuaki Takahashi; Yasuo Mori
        FRONTIERS IN PHARMACOLOGY, 2011年, 査読有り, 招待有り, 筆頭著者
      • Activation of TRP Channels in Mammalian Systems
        Numata T; Kiyonaka S; Kato K; Takahashi N; Mori Y; Zhu MX
        2011年, 査読有り
      • Chemical physiology of oxidative stress-activated TRPM2 and TRPC5 channels
        Shinichiro Yamamoto; Nobuaki Takahashi; Yasuo Mori
        PROGRESS IN BIOPHYSICS & MOLECULAR BIOLOGY, 2010年09月, 査読有り, 招待有り
      • Differential redox regulation of ORAI ion channels: A mechanism to tune cellular Calcium signaling
        Ivan Bogeski; Carsten Kummerow; Dalia Al-Ansary; Eva C. Schwarz; Richard Koehler; Daisuke Kozai; Nobuaki Takahashi; Christine Peinelt; Desiree Griesemer; Monika Bozem; Yasuo Mori; Markus Hoth; Barbara A. Niemeyer
        Science Signaling, 2010年03月30日, 査読有り
      • Differential Redox Regulation of ORAI Ion Channels: A Mechanism to Tune Cellular Calcium Signaling
        Ivan Bogeski; Carsten Kummerow; Dalia Al-Ansary; Eva C. Schwarz; Richard Koehler; Daisuke Kozai; Nobuaki Takahashi; Christine Peinelt; Desiree Griesemer; Monika Bozem; Yasuo Mori; Markus Hoth; Barbara A. Niemeyer
        SCIENCE SIGNALING, 2010年03月, 査読有り
      • TRPM2-mediated Ca(2+) influx induces chemokine production in monocytes that aggravates inflammatory neutrophil infiltration
        Shinichiro Yamamoto; Shunichi Shimizu; Shigeki Kiyonaka; Nobuaki Takahashi; Teruaki Wajima; Yuji Hara; Takaharu Negoro; Toshihito Hiroi; Yuji Kiuchi; Takaharu Okada; Shuji Kaneko; Ingo Lange; Andrea Fleig; Reinhold Penner; Miyuki Nishi; Hiroshi Takeshima; Yasuo Mori
        NATURE MEDICINE, 2008年07月, 査読有り
      • Molecular characterization of TRPA1 channel activation by cysteine-reactive inflammatory mediators
        Nobuaki Takahashi; Yusuke Mizuno; Daisuke Kozai; Shinichiro Yamamoto; Shigeki Kiyonaka; Takahiro Shibata; Koji Uchida; Yasuo Mori
        CHANNELS, 2008年07月, 査読有り, 筆頭著者
      • Nitric oxide activates TRP channels by cysteine S-nitrosylation
        Takashi Yoshida; Ryuji Inoue; Takashi Morii; Nobuaki Takahashi; Shinichiro Yamamoto; Yuji Hara; Makoto Tominaga; Shunichi Shimizu; Yoji Sato; Yasuo Mori
        NATURE CHEMICAL BIOLOGY, 2006年11月, 査読有り

      MISC

      • オキサリプラチン誘発急性末梢神経におけるTRPA1の関与
        三宅崇仁; 中村彩希; 趙萌; 浜野智; 井上圭亮; 沼田朋大; 高橋重成; 白川久志; 森泰生; 中川貴之; 中川貴之; 金子周司
        日本薬学会年会要旨集(CD-ROM), 2015年
      • TRPチャネルの構造と多様な機能
        沼田 朋大; 香西 大輔; 高橋 重成; 加藤 賢太; 瓜生 幸嗣; 山本 伸一郎; 金子 雄; 眞本 達生; 森 泰生
        生化學, 2009年11月25日

      書籍等出版物

      • 内因性のストレスを積極的に活用するイオンチャネル機構
        高橋重成, 森 泰生
        実験医学, 2020年06月
      • 新規Ca²⁺チャネルTRPA1はがん細胞の酸化ストレス耐性を担う
        高橋 重成
        がん分子標的治療, 2019年12月, 査読無し
      • がん細胞はワサビ受容体を発現することで酸化ストレス耐性を亢進させている
        高橋 重成
        実験医学, 2018年10月, 査読無し
      • がん細胞は感覚受容の分子機構をハイジャックすることで酸化ストレス耐性機能を亢進させている
        高橋重成; 森泰生; Joan; S. Brugge
        新着論文レビュー, 2018年06月, 査読無し
      • TRPV4イオンチャネルのアンキリンリピート ドメインとPI(4,5)P2の相互作用による新たな制御機構
        末次志郎; 高橋重成; 伊藤弓弦; 竹村和浩; 嶋田 睦; 北尾彰朗; 森 泰生
        生物物理, 2015年07月, 査読無し
      • TRPA1チャネルを介した酸素・活性酸素種センシング
        植田誉志史; 高橋重成; 森泰生
        実験医学, 2012年10月, 査読無し
      • TRP チャネルを介する新しい酸素センシング機構
        高橋重成; 植田誉志史; 森泰生
        実験医学, 2012年05月, 査読無し
      • TRPA1チャネルによる酸素感受性
        高橋 重成
        医学のあゆみ, 2012年04月, 査読無し
      • 活性酸素で活性化されるTRPチャネル
        清中茂樹; 高橋重成; 森泰生
        ファルマシア, 2012年, 査読無し
      • 新たな酸素センサー/チャネルによる低酸素応答制御
        植田誉志史; 高橋重成; 森泰生
        血管医学, 2012年, 査読無し
      • 酸素を検知する生体内ケモセンサーイオンチャネル
        森泰生; 高橋重成
        化学マスター講座 一般化学(丸善), 2012年, 査読無し
      • TRPA1チャネルが担う生体における新しいO2センサー機構
        高橋 重成; 森 泰生
        新着論文レビュー, 2011年09月, 査読無し
      • イオンチャネル
        森泰生; 高橋重成
        トランスポートソームの世界, 2011年, 査読無し
      • 生体内センサーとしてのイオンチャネル 総論
        森泰生; 沼田朋大; 高橋重成
        トランスポートソームの世界, 2011年, 査読無し
      • TRP チャネルの構造と多様な機能
        沼田朋大; 香西大輔; 高橋重成; 加藤賢太; 瓜生幸嗣; 山本伸一郎; 金子雄; 眞本達生; 森泰生
        生化学, 2009年11月, 査読無し
      • TRPチャネル
        高橋 重成
        Medical Tribuneことばのカルテ, 2009年11月, 査読無し
      • 酸化ストレス作動性TRP チャネルの化学生理
        高橋重成; 山本伸一郎; 森泰生
        実験医学, 2009年09月, 査読無し
      • 活性化学種感応のチャネル機構の探求
        山本伸一郎; 高橋重成; 清中茂樹; 森泰生
        蛋白質核酸酵素, 2009年, 査読無し
      • 化学物質の感覚分子生物学―TRPチャネルはどのように物質を感知し脳へ伝えるか―
        清中茂樹; 高橋重成; 香西大輔; 森泰生
        化学, 2009年, 査読無し
      • TRPCチャネルによる血管トーヌスの調節
        高橋重成; 秋山智志; 水野雄介; 井上隆司; 森泰生
        医学のあゆみ, 2007年12月, 査読無し
      • カルシウムシグナル制御チャネルの作用化合物と創薬
        清中茂樹; 加藤賢太; 高橋重成; 正木隆男; 森泰生
        医学のあゆみ, 2007年, 査読無し

      受賞

      • 2020年04月07日
        文部科学省, 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
      • 2011年09月11日
        日本生化学会, 鈴木紘一メモリアル賞
      • 2008年01月27日
        特定領域研究「G蛋白質シグナル」&「膜輸送複合体」合同若手ワークショップ2008, 優秀発表賞
      • 2012年12月16日
        日本生化学会, 鈴木紘一メモリアル賞
      • 2013年03月28日
        日本生理学会, 佐川喜一賞
      • 2014年02月04日
        井上科学振興財団, 井上研究奨励賞
      • 2011年08月11日
        The Society for Neuroscience, "Hot topic" Research

      外部資金:科学研究費補助金

      • pHストレス適応を司るpH誘導型転写因子の実体解明
        学術変革領域研究(B)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        高橋 重成
        自 2020年10月02日, 至 2023年03月31日, 交付
        pHストレス適応;転写因子;がん;pH適応;ストレス感知;TRPチャネル
      • pH応答生物学の創成
        学術変革領域研究(B)
        学術変革領域研究区分(Ⅲ)
        京都大学
        高橋 重成
        自 2020年10月02日, 至 2023年03月31日, 交付
        pH適応;転写因子;がん;発生;海洋酸性化;pHストレス適応;シグナル伝達
      • pH応答生物学の創成
        学術変革領域研究(B)
        自 2020年10月02日, 至 2023年03月31日
      • レドックス感受性イオンチャネルの生理的意義
        研究活動スタート支援
        京都大学
        高橋 重成
        自 2011年08月24日, 至 2013年03月31日, 完了
        TRPチャネル;酸素;低酸素;高酸素;レドックス;呼吸;TRPA1;迷走神経;イオンチャネル
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子生物化学
          前期集中, 工学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物化学工学
          後期, 工学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生物化学工学
          後期, 工学部
        list
          Last Updated :2022/05/14

          学術・社会貢献

          学術貢献活動

          • 極限環境の生命について竹内 洋岳 氏 (プロ登山家)との公開討論
            パネル司会・セッションチェア等
            京都大学地球環境学堂, 自 2013年11月
          • 酸素がもたらす生物の進化
            京都大学地球環境学堂, 自 2013年11月

          ページ上部へ戻る