教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

成瀬 智恵

ナルセ チエ

医学研究科 附属動物実験施設 准教授

成瀬 智恵
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • 日本分子生物学会
    • 日本実験動物学会
    • 日本実験動物協会
    • 日本エピジェネティクス研究会

    学位

    • 修士(理学)(東京大学)
    • 博士(理学)(東京大学)

    経歴

    • 自 2018年04月, 至 現在
      京都大学大学院医学研究科, 附属動物実験施設, 准教授
    • 自 2015年01月, 至 2018年03月
      京都大学大学院医学研究科, 附属動物実験施設, 助教
    • 自 2003年10月, 至 2014年12月
      金沢大学学際科学実験センター, 実験動物研究分野, 助教
    • 自 2001年, 至 2003年
      : Kanazawa University
    • 自 2003年
      -: Kanazawa University

    プロフィール

    • プロフィール

      私たちの研究室では遺伝子配列だけでは一義的に決まらないタンパク質修飾が,疾患発症にどのように関わるのか,遺伝子改変マウスやラットを用いて解析しています。

      私は,脳神経系や発生過程の複雑な系におけるエピジェネティック制御の役割を解明するために,特に転写抑制性ヒストン修飾に注目しています。これまでに,ヒストンの特定のアミノ酸のメチル基を認識するヘテロクロマチンプロテイン1(HP1)や,特定のアミノ酸のメチル基を除去するJmjd3, Utxの遺伝子改変マウスを作製して,脳神経系や発生過程での解析を行い,生殖細胞の発生,神経幹細胞の維持,前後軸の正常な発生に関わることを見出してきました。

      また,研究室グループの一員として,β4-ガラクトース転移酵素(B4galt)遺伝子群やシアル酸合成酵素の機能解析に携わってきました。我々の研究グループでは,糖鎖合成酵素の変異がIgA腎症やネフローゼ症候群など,腎疾患の原因となること,B4galt1ノックアウトマウスの造血幹細胞がホーミングできないことなどを見出し,疾患モデルとしての研究も進めています。

    使用言語

    • 日本語
    • 英語

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        マウス,ラットを用いた,哺乳類発生におけるエピジェネティクス関連因子および糖鎖修飾の機能に関する研究
      • 研究概要

        マウスやラットを用いて哺乳類発生の分子メカニズムを解明する。具体的には,ゲノム編集技術を用いた遺伝子改変マウスおよびラットを用いて,哺乳類発生に必要と考えられる遺伝子を改変した場合に現れる表現型を,分子生物学的,組織学的,細胞生物学的に解析し,それらの遺伝子の機能を推察,確認する。また,それらの知見を踏まえて,ヒト疾患の治療法開発に貢献するモデルマウスおよびラットを開発する。

      研究キーワード

      • マウス
      • 糖鎖
      • 発生
      • エピジェネティクス
      • 疾患モデル動物

      研究分野

      • ライフサイエンス, 発生生物学
      • ライフサイエンス, 実験動物学
      • ライフサイエンス, 動物生理化学、生理学、行動学
      • ライフサイエンス, 実験動物学

      論文

      • Digenic inheritance of mutations in EPHA2 and SLC26A4 in Pendred syndrome.
        Mengnan Li; Shin-Ya Nishio; Chie Naruse; Meghan Riddell; Sabrina Sapski; Tatsuya Katsuno; Takao Hikita; Fatemeh Mizapourshafiyi; Fiona M Smith; Leanne T Cooper; Min Goo Lee; Masahide Asano; Thomas Boettger; Marcus Krueger; Astrid Wietelmann; Johannes Graumann; Bryan W Day; Andrew W Boyd; Stefan Offermanns; Shin-Ichiro Kitajiri; Shin-Ichi Usami; Masanori Nakayama
        Nature communications, 2020年03月12日, 査読有り
      • Heterochromatin protein 1γ deficiency decreases histone H3K27 methylation in mouse neurosphere neuronal genes.
        Chie Naruse; Kanae Abe; Toru Yoshihara; Tomoaki Kato; Takumi Nishiuchi; Masahide Asano
        FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology, 2020年03月, 査読有り
      • Galactosyl carbohydrate residues on hematopoietic stem/progenitor cells are essential for homing and engraftment to the bone marrow.
        Soichiro Takagaki; Rieko Yamashita; Noriyoshi Hashimoto; Kazushi Sugihara; Kanako Kanari; Keisuke Tabata; Toshikazu Nishie; Shogo Oka; Masanori Miyanishi; Chie Naruse; Masahide Asano
        Scientific reports, 2019年05月09日, 査読有り
      • Lactosylceramide synthases encoded by B4galt5 and 6 genes are pivotal for neuronal generation and myelin formation in mice.
        Toru Yoshihara; Hiroyuki Satake; Toshikazu Nishie; Nozomu Okino; Toshihisa Hatta; Hiroki Otani; Chie Naruse; Hiroshi Suzuki; Kazushi Sugihara; Eikichi Kamimura; Noriyo Tokuda; Keiko Furukawa; Koichi Fururkawa; Makoto Ito; Masahide Asano
        PLoS genetics, 2018年08月, 査読有り
      • Lactosylceramide synthases encoded by B4galt5 and 6 genes are pivotal for neuronal generation and myelin formation in mice
        Toru Yoshihara; Hiroyuki Satake; Toshikazu Nishie; Nozomu Okino; Toshihisa Hatta; Hiroki Otani; Chie Naruse; Hiroshi Suzuki; Kazushi Sugihara; Eikichi Kamimura; Noriyo Tokuda; Keiko Furukawa; Koichi Fururkawa; Makoto Ito; Masahide Asano
        PLoS Genetics, 2018年08月, 査読有り
      • New insights into the role of Jmjd3 and Utx in axial skeletal formation in mice
        Chie Naruse; Shinwa Shibata; Masaru Tamura; Takayuki Kawaguchi; Kanae Abe; Kazushi Sugihara; Tomoaki Kato; Takumi Nishiuchi; Shigeharu Wakana; Masahito Ikawa; Masahide Asano
        FASEB JOURNAL, 2017年06月, 査読有り
      • Cbx3/HP1γ deficiency confers enhanced tumor-killing capacity on CD8+ T cells.
        Sun M; Ha N; Pham DH; Frederick M; Sharma B; Naruse C; Asano M; Pipkin ME; George RE; Thai TH
        Scientific reports, 2017年02月, 査読有り
      • HP-1γ Controls High-Affinity Antibody Response to T-Dependent Antigens.
        Ha N; Pham DH; Shahsafaei A; Naruse C; Asano M; Thai TH
        Frontiers in immunology, 2014年06月, 査読有り
      • A replication-dependent passive mechanism modulates DNA demethylation in mouse primordial germ cells
        Rika Ohno; Megumi Nakayama; Chie Naruse; Naoki Okashita; Osamu Takano; Makoto Tachibana; Masahide Asano; Mitinori Saitou; Yoshiyuki Seki
        DEVELOPMENT, 2013年07月, 査読有り
      • Evidence that the EphA2 receptor exacerbates ischemic brain injury.
        John Thundyil; Silvia Manzanero; Dale Pavlovski; Tanya R Cully; Ker-Zhing Lok; Alexander Widiapradja; Prasad Chunduri; Dong-Gyu Jo; Chie Naruse; Masahide Asano; Bradley S Launikonis; Christopher G Sobey; Mark G Coulthard; Thiruma V Arumugam
        PloS one, 2013年, 査読有り
      • Loss of Heterochromatin Protein 1 Gamma Reduces the Number of Primordial Germ Cells via Impaired Cell Cycle Progression in Mice
        Kanae Abe; Chie Naruse; Tomoaki Kato; Takumi Nishiuchi; Mitinori Saitou; Masahide Asano
        BIOLOGY OF REPRODUCTION, 2011年11月, 査読有り
      • HP1γ links histone methylation marks to meiotic synapsis in mice.
        Takada Y; Naruse C; Costa Y; Shirakawa T; Tachibana M; Sharif J; Kezuka-Shiotani F; Kakiuchi D; Masumoto H; Shinkai Y; Ohbo K; Peters AH; Turner JM; Asano M; Koseki H
        Development (Cambridge, England), 2011年10月, 査読有り
      • beta 4-Galactosyltransferase-5 is a lactosylceramide synthase essential for mouse extra-embryonic development
        Toshikazu Nishie; Yoko Hikimochi; Kota Zama; Yoshiyasu Fukusumi; Mitutoshi Ito; Haruka Yokoyama; Chie Naruse; Makoto Ito; Masahide Asano
        GLYCOBIOLOGY, 2010年10月, 査読有り
      • Bidirectional Signaling through EphrinA2-EphA2 Enhances Osteoclastogenesis and Suppresses Osteoblastogenesis
        Naoko Irie; Yasunari Takada; Yoshihiko Watanabe; Yumi Matsuzaki; Chie Naruse; Masahide Asano; Yoichiro Iwakura; Toshio Suda; Koichi Matsuo
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2009年05月
      • EphA2 is an essential mediator of UV radiation-induced apoptosis
        Guoqi Zhang; Ching-Ni Njaw; Jong Min Park; Chie Naruse; Masahide Asano; Hensin Tsao
        CANCER RESEARCH, 2008年03月
      • Wtap is required for differentiation of endoderm and mesoderm in the mouse embryo
        Yoshiyasu Fukusumi; Chie Naruse; Masahide Asano
        DEVELOPMENTAL DYNAMICS, 2008年03月
      • A novel beta-myosin heavy chain gene mutation, p.Met531Arg, identified in isolated left ventricular non-compaction in humans, results in left ventricular hypertrophy that progresses to dilation in a mouse model
        Tomoya Kaneda; Chie Naruse; Atsuhiro Kawashima; Noboru Fujino; Toru Oshima; Masanobu Namura; Shinichi Nunoda; Sumio Mori; Tetsuo Konno; Hidekazu Ino; Masakazu Yamagishi; Masahide Asano
        CLINICAL SCIENCE, 2008年03月
      • 学習・記憶の制御における糖鎖の役割
        浅野 雅秀; 吉原 亨; 杉原 一司; 木塚 康彦; 岡 昌吾; 成瀬 智恵; 阿部 可奈恵
        金沢大学十全医学会雑誌, 2007年09月
      • A novel gene trapping for identifying genes expressed under the control of specific transcription factors
        Chie Naruse; Yoshiyasu Fukusumi; Dai Kakiuchi; Masahide Asano
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 2007年09月
      • Development of immunoglobulin A nephropathy-like disease in beta-1,4-galactosyltransferase-I-deficient mice
        Toshikazu Nishie; Osamu Miyaishi; Haruhito Azuma; Akihiko Kameyama; Chile Naruse; Noriyoshi Hashimoto; Hitoshi Yokoyama; Hisashi Narimatsu; Takashi Wada; Masahide Asano
        AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY, 2007年02月
      • Development of immunoglobulin A nephropathy-like disease with high serum IgA levels and increased proportion of polymeric IgA inβ-1,4-galactosyltransferase-I deficient mice.
        Toshikazu Nishie; Osamu Miyaishi; Haruhito Azuma; Akihiko Kameyama; Chie Naruse; Noriyoshi Hashimoto; Hitoshi Yokoyama; Hisashi Narimatsu; Takashi Wada; Masahide Asano
        IGA NEPHROPATHY TODAY, 2007年
      • Development of IgA nephropathy-like disease with high serum IgA levels and increased proportion of polymeric IgA in beta-1,4-galactosyltransferase-deficient mice
        Toshikazu Nishie; Osamu Miyaishi; Haruhito Azuma; Akihiko Kameyama; Chie Naruse; Noriyoshi Hashimoto; Hitoshi Yokoyama; Hisashi Narimatsu; Takashi Wada; Masahide Asano
        IGA NEPHROPATHY TODAY, 2007年, 査読有り
      • IL-1 alpha, but not IL-1 beta, is required for contact-allergen-specific T cell activation during the sensitization phase in contact hypersensitivity
        S Nakae; C Naruse-Nakajima; K Sudo; R Horai; M Asano; Y Iwakura
        INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2001年12月
      • Involvement of EphA2 in the formation of the tail notochord via interaction with ephrinA1
        C Naruse-Nakajima; M Asano; Y Iwakura
        MECHANISMS OF DEVELOPMENT, 2001年04月

      MISC

      • 遺伝子トラップ法
        生物工学会誌, 2003年
      • IL-1 alpha but not IL-1 beta, is required for contact-allergen-specific T cell activation during the sensitization phase in contact hypersensitivity
        S Nakae; C Naruse-Nakajima; K Sudo; R Horai; M Asano; Y Iwakura
        JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 2001年

      産業財産権

      • ORC4遺伝子変異非ヒト動物

      外部資金:科学研究費補助金

      • 時期および組織特異的なプロテインノックダウンを可能とするデグロンシステムの開発
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分42:獣医学、畜産学およびその関連分野
        京都大学
        成瀬 智恵
        自 2021年07月09日, 至 2024年03月31日, 交付
        デグロン;マウス;プロテインノックダウン
      • 骨髄ニッチにおいてホーミングと造血幹細胞分化を制御するガラクトース糖鎖の解析
        基盤研究(B)
        小区分42040:実験動物学関連
        京都大学
        浅野 雅秀
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        ガラクトース糖鎖;造血幹細胞;ホーミング;血液細胞分化;骨髄ニッチ
      • 造血幹細胞移植による簡便ながん治療を可能とするデグロンシステムの開発
        基盤研究(B)
        小区分42040:実験動物学関連
        京都大学
        成瀬 智恵
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        デグロン;マウス;PD-1;プロテインノックダウン
      • デグロンシステム導入マウスを用いた新規がん治療システムの構築
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分42:獣医学、畜産学およびその関連分野
        京都大学
        浅野 雅秀
        自 2018年06月29日, 至 2021年03月31日, 完了
        デグロン;PD-1;マウス;がん免疫療法
      • 造血幹細胞の骨髄ホーミングにおける糖鎖の機能解析と糖鎖付与による効率向上の試み
        基盤研究(C)
        京都大学
        成瀬 智恵
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        造血幹細胞;ホーミング;糖鎖;マウス;B4galt1;造血幹細胞分化;β4GalT1;beta4-GalT1;GalT1;応用動物
      • デグロンシステムを利用した全能性幹細胞樹立の試み
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        杉原 一司
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        デグロン;マウス;ゲノム編集;マウス初期胚発生;デグロンシステム;発生;初期胚;発生・分化;動物
      • ヘテロクロマチン因子HP1欠損による精神疾患モデルマウスの確立と原因の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        吉原 亨
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        マウス;精神疾患モデル;行動解析;エピジェネティクス;モデルマウス;精神疾患;不安;うつ;情動性;活動性;行動薬理学的解析;薬理学的解析;発現アレイ解析;モデル動物
      • ガングリオシド欠損による脳神経系障害の解析と糖脂質補充による治療法の研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        浅野 雅秀
        自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日, 完了
        ガングリオシド;LacCer合成酵素;ガラクトース転移酵素;神経細胞;軸索;ミエリン鞘;神経幹細胞;糖鎖;脳神経疾患
      • マウスモデルを用いたIgA腎症発症における腸内細菌叢と腸管免疫の役割の解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        浅野 雅秀
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        IgA腎症;糖鎖;腸内細菌叢;腸内細菌
      • ヒストン修飾によるインプリンティング遺伝子制御の解析と周産期致死疾患モデルの開発
        基盤研究(C)
        京都大学;金沢大学
        成瀬 智恵
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        マウス;脱メチル化酵素;ホメオティック変異;ヒストン脱メチル化;HP1;神経幹細胞;エピジェネティクス;発生;神経;Hox遺伝子
      • ヒストン修飾を介した脳神経機能制御の解析と精神疾患モデルの開発
        基盤研究(B)
        京都大学;金沢大学
        浅野 雅秀
        自 2013年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        エピジェネティクス;脳神経疾患;行動学;遺伝子改変マウス;脳・神経;遺伝子組換えマウス
      • 生殖細胞の発生・分化においてヒストン修飾因子が果たす制御機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        金沢大学
        浅野 雅秀
        自 2011年04月01日, 至 2013年03月31日, 完了
        発生・分化;生殖細胞;始原生殖細胞;ヒストン修飾;遺伝子改変動物
      • ヒストン修飾因子変異マウスが不妊症を呈するメカニズムの解析
        若手研究(B)
        金沢大学
        成瀬 智恵
        完了
        発生・分化;生殖細胞;マウス;ヒストン修飾;遺伝子改変動物;始原生殖細胞
      • 始原生殖細胞の初期分化におけるHP1γとヒストン修飾の機能解析
        特定領域研究
        生物系
        金沢大学
        浅野 雅秀
        完了
        発生・分化;生殖細胞;始原生殖細胞;ヒストン修飾;遺伝子改変動物;始源生殖細胞;エピジェネティクス;細胞周期
      • ヘテロクロマチンプロテイン1γ変異マウスが不妊症を呈する分子メカニズムの解析
        若手研究(B)
        金沢大学
        成瀬 智恵
        完了
        HP1;マウス;生殖細胞;ヒストン修飾;エピジェネティクス;減数分裂
      • EphA2/EphA4変異マウスを用いた腎嚢胞性疾患発症の分子メカニズムの解明
        若手研究(B)
        金沢大学
        成瀬 智恵
        完了
        EphA2;EphA4;ephrinA;MAPK;腎嚢胞性疾患;破骨細胞;腎臓形成;尿管芽形成
      • 生殖細胞のインプリンティングおよび減数分裂におけるHP1γの機能解明
        特定領域研究
        生物系
        金沢大学
        浅野 雅秀
        完了
        生殖細胞;エピジェネティックス;インプリンティング;遺伝子改変マウス;不妊
      • β4-ガラクトース転移酵素-I欠損によるIga腎症発症機構の解析
        特定領域研究
        生物系
        金沢大学
        浅野 雅秀
        完了
        IgA腎症;ガラクトース転移酵素;高IgA血症;遺伝子ノックアウトマウス
      • ORC4変異マウスを用いた個体レベルでの細胞周期研究
        萌芽研究
        金沢大学
        浅野 雅秀
        完了
        複製開始点認識複合体;Orc4;トランスジェニックマウス;胚性幹細胞;DNA複製;細胞周期;遺伝子トラップ
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞組織検査学
          前期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          実験動物学
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          実験動物学
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          実験動物学
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          部局運営(役職等)

          • 自 2015年04月01日, 至 2018年09月30日
            動物実験委員会
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            医学図書館図書連絡委員会
          • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
            動物実験施設運営委員会
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            動物実験委員会委員
          list
            Last Updated :2022/05/14

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2020年07月, 至 現在
              評議員, 日本実験動物学会
            • 自 2018年04月, 至 現在
              Experimental Animals編集委員, 日本実験動物学会

            ページ上部へ戻る