教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

吉村 成弘

ヨシムラ シゲヒロ

生命科学研究科 統合生命科学専攻環境応答制御学講座 准教授

吉村 成弘
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 総合人間学部 総合人間学部 自然科学系

    所属学協会

    • 日本生化学会
    • American Society for the Cell Biology

    学位

    • 修士(人間・環境学)(京都大学)
    • 博士(人間・環境学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科博士後期課程人間・環境学専攻, 修了
    • 京都大学, 大学院人間・環境学研究科修士課程人間・環境学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 総合人間学部自然環境学科, 卒業

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        細胞質ー核質間の物質輸送メカニズムの解明
        エンドサイトーシスにおける細胞膜形状変化の仕組み解明
        抗ウイルス免疫機構に関する研究
      • 研究概要

        近年のプロテオミクスや構造解析の結果、数多くのタンパク質の構造や相互作用、細胞内での機能が明らかになりました。今後必用とされるのは、結晶中や溶液中ではなく、細胞中でのタンパク質の構造や機能に関する情報であり、そのための新しい技術であると考えています。細胞の中は300 mg/mLの高分子が密集し、局所的な分子集合体や構造体が形成と崩壊を繰り返すダイナミックな環境です。このような中でのタンパク質の構造・機能・相互作用を解析する技術は生命科学分野において重要であり、現在その開発と応用をおこなっています。

      研究キーワード

      • 1分子計測
      • 原子間力顕微鏡
      • ナノバイオロジー
      • Single-molecule measurement
      • Atomic Force Microscopy
      • Nanobiology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • ライフサイエンス, 機能生物化学
      • ライフサイエンス, 構造生物化学

      論文

      • Modulation of actin-binding and -bundling activities of MISP/Caprice by multiple phosphorylation
        Maarof ND; Kumeta M; Yoshimura SH
        Biochem Biophys Res Commun, 2021年, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Redox-Sensitive Cysteines Confer Proximal Control of the Molecular Crowding Barrier in the Nuclear Pore
        Wanzhen Zhang; Ryuji Watanabe; Hide A. Konishi; Takahiro Fujiwara; Shige H. Yoshimura; Masahiro Kumeta
        Cell Reports, 2020年12月, 査読有り
      • Viral RNA recognition by LGP2 and MDA5, and activation of signaling through step-by-step conformational changes
        Ivana Duic; Hisashi Tadakuma; Yoshie Harada; Ryo Yamaue; Katashi Deguchi; Yuki Suzuki; Shige H Yoshimura; Hiroki Kato; Kunio Takeyasu; Takashi Fujita
        Nucleic Acids Research, 2020年11月18日, 査読有り
      • High cell density increases glioblastoma cell viability under glucose deprivation via degradation of the cystine/glutamate transporter xCT (SLC7A11)
        Itsuki Yamaguchi; Shige H. Yoshimura; Hironori Katoh
        Journal of Biological Chemistry, 2020年05月, 査読有り
      • Interactions between non‐structured domains of FG‐ and non‐FG‐nucleoporins coordinate the ordered assembly of the nuclear pore complex in mitosis
        Hide A. Konishi; Shige H. Yoshimura
        The FASEB Journal, 2020年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Quantitative proteomics indicate a strong correlation of mitotic phospho-/dephosphorylation with non-structured regions of substrates
        Hiroya Yamazaki; Hidetaka Kosako; Shige H. Yoshimura
        Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, 2020年01月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Mark1 regulates distal airspace expansion through type I pneumocyte flattening in lung development.
        Katsumi Fumoto; Hisako Takigawa-Imamura; Kenta Sumiyama; Shige H Yoshimura; Natsumi Maehara; Akira Kikuchi
        Journal of cell science, 2019年12月13日, 査読有り
      • Cdk1-mediated DIAPH1 phosphorylation maintains metaphase cortical tension and inactivates the spindle assembly checkpoint at anaphase.
        Koutarou Nishimura; Yoshikazu Johmura; Katashi Deguchi; Zixian Jiang; Kazuhiko S K Uchida; Narumi Suzuki; Midori Shimada; Yoshie Chiba; Toru Hirota; Shige H Yoshimura; Keiko Kono; Makoto Nakanishi
        Nature communications, 2019年02月28日, 査読有り
      • N-terminal dual lipidation-coupled targeting into the primary cilium
        M. Kumeta; Y. Panina; H. Yamazaki; K. Takeyasu; S.H. Yoshimura
        Genes to Cells, 2018年08月, 査読有り, 最終著者
      • Morphological changes of plasma membrane and protein assembly during clathrin-mediated endocytosis.
        Aiko Yoshida; Nobuaki Sakai; Yoshitsugu Uekusa; Yuka Imaoka; Yoshitsuna Itagaki; Yuki Suzuki; Shige H Yoshimura
        PLoS biology, 2018年05月, 査読有り, 最終著者, 責任著者
      • Cell type-specific suppression of mechanosensitive genes by audible sound stimulation
        Masahiro Kumeta; Daiji Takahashi; Kunio Takeyasu; Shige H. Yoshimura
        PLoS ONE, 2018年01月01日, 査読有り
      • Prolines in the α-helix confer the structural flexibility and functional integrity of importin beta
        M. Kumeta; H.A.Konishi; W. Zhang; S. Sakagami; S.H. Yoshimura
        Journal of Cell Science, 2018年01月01日, 査読有り, 最終著者
      • In vivo dynamics of the cortical actin network revealed by fast-scanning atomic force microscopy
        Yanshu Zhang; Aiko Yoshida; Nobuaki Sakai; Yoshitsugu Uekusa; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        MICROSCOPY, 2017年08月, 査読有り, 最終著者
      • In vivo analysis of protein crowding within the nuclear pore complex in interphase and mitosis
        Hide A. Konishi; Suguru Asai; Tomonobu M. Watanabe; Shige H. Yoshimura
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年07月, 査読有り
      • HEAT repeats - versatile arrays of amphiphilic helices working in crowded environments?
        Shige H. Yoshimura; Tatsuya Hirano
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2016年11月, 査読有り
      • Identification of a Nucleoporin358-Specific RNA Aptamer for Use as a Nucleus-Targeting Liposomal Delivery System
        Garima Shrivastava; Mamoru Hyodo; Shige H. Yoshimura; Hidetaka Akita; Hideyoshi Harashima
        NUCLEIC ACID THERAPEUTICS, 2016年10月, 査読有り
      • Dissecting in vivo steady-state dynamics of karyopherin-dependent nuclear transport
        Ogheneochukome Lolodi; Hiroya Yamazaki; Shotaro Otsuka; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年01月, 査読有り, 最終著者
      • Analyses of nuclear proteins and nucleic acid structures using atomic force microscopy.
        Gilmore JL; Yoshida A; Takahashi H; Deguchi K; Kobori T; Louvet E; Kumeta M; Yoshimura SH; Takeyasu K
        Methods in molecular biology (Clifton, N.J.), 2015年, 査読有り
      • Structural Mechanism of Nuclear Transport Mediated by Importin beta and Flexible Amphiphilic Proteins
        Shige H. Yoshimura; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu
        STRUCTURE, 2014年12月, 査読有り
      • Spatial Control of Proton Pump H,K-ATPase Docking at the Apical Membrane by Phosphorylation-coupled Ezrin-Syntaxin 3 Interaction
        Huijuan Yu; Jiajia Zhou; Hirohide Takahashi; William Yao; Yuki Suzuki; Xiao Yuan; Shige H. Yoshimura; Yin Zhang; Ya Liu; Nerimiah Emmett; Vincent Bond; Dongmei Wang; Xia Ding; Kunio Takeyasu; Xuebiao Yao
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2014年11月, 査読有り
      • Effective production of fluorescent nanodiamonds containing negatively-charged nitrogen-vacancy centers by ion irradiation
        Shingo Sotoma; Yohsuke Yoshinari; Ryuji Igarashi; Akiyoshi Yamazaki; Shige H. Yoshimura; Hidehito Tochio; Masahiro Shirakawa; Yoshie Harada
        DIAMOND AND RELATED MATERIALS, 2014年10月, 査読有り
      • Chemical modification of AFM probes and coupling with biomolecules
        Shige H. Yoshimura
        Atomic Force Microscopy in Nanobiology, 2014年04月30日, 査読有り
      • 3P192 核膜孔複合体内部における疎水性分子環境のin vivo 解析(細胞生物的課題,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
        Hide A. Konishi; Suguru Asai; Tomonobu M Watanabe; Shige H. Yoshimura
        生物物理, 2014年
      • Antibody-based analysis reveals "filamentous vs. non-filamentous" and "cytoplasmic vs. nuclear" crosstalk of cytoskeletal proteins
        Masahiro Kumeta; Yuya Hirai; Shige H. Yoshimura; Tsuneyoshi Horigome; Kunio Takeyasu
        EXPERIMENTAL CELL RESEARCH, 2013年12月, 査読有り
      • Intermolecular disulfide bonds between nucleoporins regulate karyopherin-dependent nuclear transport
        Shige H. Yoshimura; Shotaro Otsuka; Masahiro Kumeta; Mariko Taga; Kunio Takeyasu
        Journal of Cell Science, 2013年07月, 査読有り
      • Visualization of structural changes accompanying activation of N-methyl-D-aspartate (NMDA) receptors using fast-scan atomic force microscopy imaging.
        Yuki Suzuki; Tom A Goetze; David Stroebel; Dilshan Balasuriya; Shige H Yoshimura; Robert M Henderson; Pierre Paoletti; Kunio Takeyasu; J Michael Edwardson
        The Journal of biological chemistry, 2013年01月11日, 査読有り
      • Core Histone Charge and Linker Histone H1 Effects on the Chromatin Structure of Schizosaccharomyces pombe
        Eloise Prieto; Kohji Hizume; Toshiro Kobori; S. H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 2012年12月, 査読有り
      • Karyopherin-independent spontaneous transport of amphiphilic proteins through the nuclear pore
        Masahiro Kumeta; Hideki Yamaguchi; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2012年11月, 査読有り
      • Fast microscopical dissection of action scenes played by Escherichia coli RNA polymerase
        Yuki Suzuki; Minsang Shin; Aiko Yoshida; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        FEBS LETTERS, 2012年09月, 査読有り
      • Site-Specific Attachment of a Protein to a Carbon Nanotube End without Loss of Protein Function
        Shige H. Yoshimura; Shahbaz Khan; Satoshi Ohno; Takashi Yokogawa; Kazuya Nishikawa; Takamitsu Hosoya; Hiroyuki Maruyama; Yoshikazu Nakayama; Kunio Takeyasu
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2012年07月, 査読有り
      • Site-Specific Attachment of a Protein to a Carbon Nanotube End without Loss of Protein Function
        Shige H. Yoshimura; Shahbaz Khan; Satoshi Ohno; Takashi Yokogawa; Kazuya Nishikawa; Takamitsu Hosoya; Hiroyuki Maruyama; Yoshikazu Nakayama; Kunio Takeyasu
        BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 2012年07月, 査読有り
      • Covalent attachment of a specific site of a protein molecule on a carbon nanotube tip
        Hiroyuki Maruyama; Shige H. Yoshimura; Satoshi Ohno; Kazuya Nishikawa; Yoshikazu Nakayama
        JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2012年04月, 査読有り
      • Nuclear transport facilitated by the interaction between nuclear pores and carbohydrates
        Shota Sekiguchi; Kenichi Niikura; Yasutaka Matsuo; Shige H. Yoshimura; Kuniharu Ijiro
        RSC ADVANCES, 2012年, 査読有り
      • Nucleocytoplasmic shuttling of cytoskeletal proteins: Molecular mechanism and biological significance
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; James Hejna; Kunio Takeyasu
        International Journal of Cell Biology, 2012年, 査読有り
      • Opposing role of condensin hinge against replication protein A in mitosis and interphase through promoting DNA annealing
        Yuko Akai; Yumiko Kurokawa; Norihiko Nakazawa; Yuko Tonami-Murakami; Yuki Suzuki; Shige H. Yoshimura; Hiroshi Iwasaki; Yoshiharu Shiroiwa; Takahiro Nakamura; Eri Shibata; Mitsuhiro Yanagida
        OPEN BIOLOGY, 2011年12月, 査読有り
      • Visual Analysis of Concerted Cleavage by Type IIF Restriction Enzyme Sfil in Subsecond Time Region
        Yuki Suzuki; Jamie L. Gilmore; Shige H. Yoshimura; Robert M. Henderson; Yuri L. Lyubchenko; Kunio Takeyasu
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2011年12月, 査読有り
      • Unraveling DNA dynamics using atomic force microscopy
        Yuki Suzuki; Yuko Yoshikawa; Shige H. Yoshimura; Kenichi Yoshikawa; Kunio Takeyasu
        Wiley Interdisciplinary Reviews: Nanomedicine and Nanobiotechnology, 2011年11月
      • Fluorescence Labeling of Carbon Nanotubes and Visualization of a Nanotube-Protein Hybrid under Fluorescence Microscope
        Shige H. Yoshimura; Shahbaz Khan; Hiroyuki Maruyama; Yoshikazu Nakayama; Kunio Takeyasu
        BIOMACROMOLECULES, 2011年04月, 査読有り
      • Histone and TK0471/TrmBL2 form a novel heterogeneous genome architecture in the hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis
        Hugo Maruyama; Minsang Shin; Toshiyuki Oda; Rie Matsumi; Ryosuke L. Ohniwa; Takehiko Itoh; Katsuhiko Shirahige; Tadayuki Imanaka; Haruyuki Atomi; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2011年02月, 査読有り
      • Nup358, a nucleoporin, functions as a key determinant of the nuclear pore complex structure remodeling during skeletal myogenesis
        Munehiro Asally; Yoshinari Yasuda; Masahiro Oka; Shotaro Otsuka; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu; Yoshihiro Yoneda
        FEBS JOURNAL, 2011年02月, 査読有り
      • Synthetic RNA-protein complex shaped like an equilateral triangle
        Hirohisa Ohno; Tetsuhiro Kobayashi; Rinko Kabata; Kei Endo; Takuma Iwasa; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu; Tan Inoue; Hirohide Saito
        NATURE NANOTECHNOLOGY, 2011年02月, 査読有り
      • A novel nucleoid protein of Escherichia coli induced under anaerobiotic growth conditions
        Jun Teramoto; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu; Akira Ishihama
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2010年06月, 査読有り
      • Molecular dynamics of DNA and nucleosomes in solution studied by fast-scanning atomic force microscopy
        Yuki Suzuki; Yuji Higuchi; Kohji Hizume; Masatoshi Yokokawa; Shige H. Yoshimura; Kenichi Yoshikawa; Kunio Takeyasu
        ULTRAMICROSCOPY, 2010年05月, 査読有り
      • Molecular mechanisms underlying nucleocytoplasmic shuttling of actinin-4
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Masahiko Harata; Kunio Takeyasu
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2010年04月, 査読有り
      • Single-molecule anatomy by atomic force microscopy and recognition imaging
        Hirohide Takahashi; Kohji Hizume; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        ARCHIVES OF HISTOLOGY AND CYTOLOGY, 2009年12月, 査読有り
      • Individual binding pockets of importin-  for FG-nucleoporins have different binding properties and different sensitivities to RanGTP
        S. Otsuka; S. Iwasaka; Y. Yoneda; K. Takeyasu; S. H. Yoshimura
        Proceedings of the National Academy of Sciences, 2008年10月21日
      • Mechanical properties of plasma membrane and nuclear envelope measured by scanning probe microscope
        M. Yokokawa; K. Takeyasu; S. H. Yoshimura
        JOURNAL OF MICROSCOPY, 2008年10月, 査読有り
      • Fast degradation of the auxiliary subunit of Na(+)/K(+)-ATPase in the plasma membrane of HeLa cells
        Shige H. Yoshimura; Shizuka Iwasaka; Wolfgang Schwarz; Kunio Takeyasu
        JOURNAL OF CELL SCIENCE, 2008年07月, 査読有り
      • Nuclear architecture and chromatin dynamics revealed by atomic force microscopy in combination with biochemistry and cell biology
        Yasuhiro Hirano; Hirohide Takahashi; Masahiro Kumeta; Kohji Hizume; Yuya Hirai; Shotaro Otsuka; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        PFLUGERS ARCHIV-EUROPEAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY, 2008年04月, 査読有り
      • Following translation by single ribosomes one codon at a time
        Jin-Der Wen; Laura Lancaster; Courtney Hodges; Ana-Carolina Zeri; Shige H. Yoshimura; Harry F. Noller; Carlos Bustamante; Ignacio Tinoco
        NATURE, 2008年04月, 査読有り
      • Dynamic structures of Bacillus subtilis RecNDNA complexes
        Humberto Sanchez; Paula P. Cardenas; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu; Juan C. Alonso
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2008年01月, 査読有り
      • Covalent attachment of protein to the tip of a multiwalled carbon nanotube without sidewall decoration
        Hiroyuki Maruyama; Shige H. Yoshimura; Seiji Akita; Atsuko Nagataki; Yoshikazu Nakayama
        JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 2007年11月, 査読有り
      • Single-molecule detection of phosphorylation-induced plasticity changes during ezrin activation
        Dan Liu; Ling Ge; Fengsong Wang; Hirohide Takahashi; Dongmei Wang; Zhen Guo; Shige H. Yoshimura; Tarsha Ward; Xia Ding; Kunio Takeyasu; Xuebiao Yao
        FEBS LETTERS, 2007年07月, 査読有り
      • Atomic force Microscopy dissects the hierarchy of genome architectures in eukaryote, prokaryote, and chloroplast
        R. L. Ohniwa; K. Morikawa; J. Kim; T. Kobori; K. Hizume; R. Matsumi; H. Atomi; T. Imanaka; T. Ohta; C. Wada; S. H. Yoshimura; K. Takeyasu
        MICROSCOPY AND MICROANALYSIS, 2007年02月, 査読有り
      • Visual biology of nuclear dynamics: From micro- to nano-dynamics of nuclear components
        Shige H. Yoshimura
        Nuclear Dynamics: Molecular Biology and Visualization of the Nucleus, 2007年, 査読有り
      • Structural organization of dynamic chromatin
        Kohji Hizume; Shige H. Yoshimura; Masahiro Kumeta; Kunio Takeyasu
        Sub-Cellular Biochemistry, 2007年, 査読有り
      • Human small G proteins, ObgH1, and ObgH2, participate in the maintenance of mitochondria and nucleolar architectures
        Yasuhiro Hirano; Ryosuke L. Ohniwa; Chieko Wada; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        GENES TO CELLS, 2006年11月, 査読有り
      • Fast-scanning atomic force microscopy reveals the ATP/ADP-dependent conformational changes of GroEL
        Masatoshi Yokokawa; Chieko Wada; Toshio Ando; Nobuaki Sakai; Akira Yagi; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        EMBO JOURNAL, 2006年10月, 査読有り
      • Development of glutathione-coupled cantilever for the single-molecule force measurement by scanning force microscopy
        Shige H. Yoshimura; Hirohide Takahashi; Shotaro Otsuka; Kunio Takeyasu
        FEBS LETTERS, 2006年07月, 査読有り
      • Comparative structural biology of the genome: nano-scale imaging of single nucleus from different kingdoms reveals the common physicochemical property of chromatin with a 40 nm structural unit
        Toshiro Kobori; Mami Kodama; Kohji Hizume; Shige H. Yoshimura; Toshio Ohtani; Kunio Takeyasu
        JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY, 2006年01月, 査読有り
      • Linker histone H1 per se can induce three-dimensional folding of chromatin fiber
        K Hizume; SH Yoshimura; K Takeyasu
        BIOCHEMISTRY, 2005年10月, 査読有り
      • Phase transition in reconstituted chromatin
        T Nakai; K Hizume; SH Yoshimura; K Takeyasu; K Yoshikawa
        EUROPHYSICS LETTERS, 2005年03月, 査読有り
      • Fundamental structural units of the Escherichia coli nucleoid revealed by atomic force microscopy
        J Kim; SH Yoshimura; K Hizume; RL Ohniwa; A Ishihama; K Takeyasu
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2004年03月, 査読有り
      • Molecular mechanisms of DNA end-loop formation by TRF2
        SH Yoshimura; H Maruyama; F Ishikawa; R Ohki; K Takeyasu
        GENES TO CELLS, 2004年03月, 査読有り
      • Molecular mechanism of DNA end-loop formation by TRF2
        S.H. Yoshimura
        J. Cell Sci. 126:3141-3150, 2004年, 査読有り
      • Genome architecture studied by nanoscale imaging: analyses among bacterial phyla and their implication to eukaryotic genome folding
        K Takeyasu; J Kim; RL Ohniwa; T Kobori; Y Inose; K Morikawa; T Ohta; A Ishihama; SH Yoshimura
        CYTOGENETIC AND GENOME RESEARCH, 2004年, 査読有り
      • Atomic force microscopy demonstrates a critical role of DNA superhelicity in nucleosome dynamics
        K Hizume; SH Yoshimura; K Takeyasu
        CELL BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 2004年, 査読有り
      • Genome architecture studied by nanoscale imaging: analyses among bacterial phyla and their implication to eukaryotic genome folding
        K. Takeyasu; J. Kim; R.L. Ohniwa; T. Kobori; Y. Inose; K. Morikawa; T. Ohta; A. Ishihama; S.H. Yoshimura
        Cytogenetic and Genome Research, 2004年, 最終著者
      • Channel induction by palytoxin in yeast cells expressing Na+,K+-ATPase or its chimera with sarco/endoplasmic reticulum Ca2+-ATPase.
        Katsuaki Ito; Isao Toyoda; Masato Higashiyama; Daisuke Uemura; Masa H Sato; Shige H Yoshimura; Toshiaki Ishii; Kunio Takeyasu
        FEBS letters, 2003年05月22日, 査読有り
      • Intermolecular interaction between Na+/K+-ATPase alpha subunit and glycogen phosphorylase
        K Takeyasu; T Kawase; SH Yoshimura
        NA,K-ATPASE AND RELATED CATION PUMPS, 2003年, 査読有り
      • Differential degradation of the Na+/K+-ATPase subunits in the plasma membrane
        SH Yoshimura; K Takeyasu
        NA,K-ATPASE AND RELATED CATION PUMPS, 2003年, 査読有り
      • On-substrate lysis treatment combined with scanning probe microscopy revealed chromosome structures in eukaryotes and prokaryotes
        SH Yoshimura; J Kim; K Takeyasu
        JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY, 2003年, 査読有り
      • Chromatin reconstitution: Development of a salt-dialysis method monitored by nano-technology
        K Hizume; SH Yoshimura; H Maruyama; J Kim; H Wada; K Takeyasu
        ARCHIVES OF HISTOLOGY AND CYTOLOGY, 2002年12月, 査読有り
      • Vacuolar membrane dynamics revealed by GFP-AtVam3 fusion protein
        T Uemura; SH Yoshimura; K Takeyasu; MH Sato
        GENES TO CELLS, 2002年07月, 査読有り
      • Condensin architecture and interaction with DNA: Regulatory non-SMC subunits bind to the head of SMC heterodimer
        SH Yoshimura; K Hizume; A Murakami; T Sutani; K Takeyasu; M Yanagida
        CURRENT BIOLOGY, 2002年03月, 査読有り
      • P-type ATPase diversity and evolution: The origins of ouabain sensitivity and subunit assembly
        K Takeyasu; H Okamura; JC Yasuhara; Y Ogita; SH Yoshimura
        CELLULAR AND MOLECULAR BIOLOGY, 2001年03月, 査読有り
      • Histone core slips along DNA and prefers positioning at the chain end
        T. Sakaue; K. Yoshikawa; S.H. Yoshimura; K. Takeyasu
        Physical Review Letters, 2001年, 査読有り
      • DNA phase transition promoted by replication initiator
        SH Yoshimura; RL Ohniwa; MH Sato; F Matsunaga; G Kobayashi; H Uga; C Wada; K Takeyasu
        BIOCHEMISTRY, 2000年08月, 査読有り
      • Microprocess for fabricating carbon-nanotube probes of a scanning probe microscope
        Y Nakayama; H Nishijima; S Akita; KI Hohmura; SH Yoshimura; K Takeyasu
        JOURNAL OF VACUUM SCIENCE & TECHNOLOGY B, 2000年03月, 査読有り
      • Atomic force microscopy with carbon nanotube probe resolves the subunit organization of protein complexes
        KI Hohmura; Y Itokazu; SH Yoshimura; G Mizuguchi; Y Masamura; K Takeyasu; Y Shiomi; T Tsurimoto; H Nishijima; S Akita; Y Nakayama
        JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY, 2000年, 査読有り
      • Atomic force microscopy proposes a 'kiss and pull' mechanism for enhancer function
        SH Yoshimura; C Yoshida; K Igarashi; K Takeyasu
        JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY, 2000年, 査読有り
      • Atomic force microscopy sees nucleosome positioning and histone H1-induced compaction in reconstituted chromatin
        MH Sato; K Ura; KI Hohmura; F Tokumasu; SH Yoshimura; F Hanaoka; K Takeyasu
        FEBS LETTERS, 1999年06月, 査読有り
      • Carbon-nanotube tips for scanning probe microscopy: Preparation by a controlled process and observation of deoxyribonucleic acid
        H Nishijima; S Kamo; S Akita; Y Nakayama; KI Hohmura; SH Yoshimura; K Takeyasu
        APPLIED PHYSICS LETTERS, 1999年06月, 査読有り
      • The Na+,K+-ATPase carrying the carboxy-terminal Ca2+/calmodulin binding domain of the Ca2+pump has 2Na+,2K+stoichiometry and lost charge movement in Na+/Na+exchange
        Shige H Yoshimura; Larisa A Vasilets; Toshiaki Ishii; Kunio Takeyasu; Wolfgang Schwarz
        FEBS Letters, 1998年03月20日, 筆頭著者
      • The Na+,K+-ATPase carrying the carboxy-terminal Ca2+/calmodulin binding domain of the Ca2(+) pump has 2Na(+),2K(+) stoichiometry and lost charge movement in Na+/Na+ exchange
        SH Yoshimura; LA Vasilets; T Ishii; K Takeyasu; W Schwarz
        FEBS LETTERS, 1998年03月, 査読有り
      • The Ca2+/calmodulin binding domain of the Ca2+-ATPase linked to the Na+,K+-ATPase alters transport stoichiometry
        Jianxing Zhao; Larisa A. Vasilets; Shige H. Yoshimura; Quanbao Gu; Toshiaki Ishii; Kunio Takeyasu; Wolfgang Schwarz
        FEBS Letters, 1997年05月26日, 筆頭著者
      • The Ca2+/calmodulin binding domain of the Ca2+-ATPase linked to the Na+,K+-ATPase alters transport stoichiometry
        JX Zhao; LA Vasilets; SH Yoshimura; QB Gu; T Ishii; K Takeyasu; W Schwarz
        FEBS LETTERS, 1997年05月, 査読有り
      • Ion-sensitive domains of the SERCA- and the Na+/K+-ATPases identified by chimeric recombination
        SH Yoshimura; T Ishii; JC Yasuhara; MH Sato; K Takeyasu
        NA/K-ATPASE AND RELATED TRANSPORT ATPASES, 1997年, 査読有り

      MISC

      • 細胞が情報物質を取り込む瞬間の撮影に成功ー細胞表層で進行する生命現象の理解と解明への技術革新
        吉田 藍子; 鈴木 勇輝; 吉村 成弘
        化学, 2019年02月, 招待有り
      • 高速AFMによるエンドサイトーシス膜変形過程のライブセルイメージング
        吉田 藍子; 鈴木 勇輝; 吉村 成弘
        B&I バイオサイエンスとインダストリー, 2019年01月, 招待有り
      • 高速原子間力顕微鏡で生きた細胞表面の動態を見る
        吉田 藍子; 鈴木 勇輝; 吉村 成弘
        B&I バイオサイエンスとインダストリー, 2019年01月, 招待有り
      • Involvement of Actin Dynamics in Endocytotic Process Revealed by Fast-Scanning Atomic Force Microscope
        Aiko Yoshida; Nobuaki Sakai; Yoshitsugu Uekusa; Yanshu Zhang; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2017年02月
      • Non-Invasive Imaging of Membrane Dynamics Accompanied with Endocytosis in Living Cells by Atomic Force Microscopy
        Aiko Yoshida; Shuichi Ito; Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2016年02月
      • Prolines in the alpha-helix confer structural flexibility on importin beta necessary for nuclear transport.
        M. Kumeta; H. Konishi; S. Yoshimura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2016年
      • Dissecting in vivo steady-state dynamics of karyopherin-dependent nuclear transport
        O. Lolodi; H. Yamazaki; S. Otsuka; M. Kumeta; S. Yoshimura
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2015年
      • Karyopherin-independent nuclear transport of large cytoskeletal proteins
        M. Kumeta; S. H. Yoshimura; K. Takeyasu
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2011年
      • Phosphorylation of FG nucleoporins by ERK p38 MAP kinases is involved in the regulation of nucleocytoplasmic transport.
        H. Kosako; N. Tani; S. H. Yoshimura; S. Kose; M. Kawano; H. Taniguchi; N. Imamoto
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2011年
      • Fast-scanning AFM analysis of agonist-induced height transition of the NMDA receptor.
        Y. Suzuki; T. A. Goetze; D. Stroebel; S. H. Yoshimura; P. Paoletti; R. M. Henderson; K. Takeyasu; J. M. Edwardson
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2011年
      • Specific interaction studied by single-molecule force measurement using a carbon nanotube probe
        Madoka Yamaguch; Masahiro Nakano; Ryosuke Senga; Hiroyuki Maruyama; Shige H. Yoshimura; Yoshikazu Nakayama
        Proceedings of the 6th IASTED International Conference on Biomechanics, BioMech 2011, 2011年, 査読有り
      • Karyopherin-independent nuclear transport of spectrin superfamily proteins.
        Masahiro Kumeta; Shotaro Otsuka; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        The American Society for Cell Biology - 50th annual meeting, 2010年12月14日
      • Spectrin-repeat proteins in the nucleus: molecular mechanism and biological significance of the nuclear localization
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        Cold Spring Harbor 75th Symposium: Nuclear organization & Function, 2010年06月04日, 査読有り
      • Nucleo-cytoplasmic shuttling of alpha-actinin 4: molecular mechanism and biological significance.
        Masahiro Kumeta; Shige H. Yoshimura; Masahiko Harata; Kunio Takeyasu
        EMBO conference: Nuclear structure & dynamics, 2009年09月30日
      • Anaerobiosis-induced novel nucleoid protein of Escherichia coli: Architectural role in genome DNA compaction
        Jun Teramoto; Kayoko Yamada; Naoki Kobayashi; Ayako Kori; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu; Akira Ishihama
        20th Anniversary MHS 2009 and Micro-Nano Global COE - 2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2009年, 査読有り
      • Structural properties of yeast chromatin fiber examined by AFM and in vitro reconstitution system
        Eloise Prieto; Kohji Hizume; Kunio Takeyasu; Shige H. Yoshimura
        20th Anniversary MHS 2009 and Micro-Nano Global COE - 2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2009年, 査読有り
      • Functional characterization of nuclear alpha-actinin 4.
        Masahiro Kumeta; Yasuhiro Hirano; Ken Hashida; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        The American Society for Cell Biology - 48th annual meeting, 2008年12月13日
      • Mitotic specific translocation of one of the focal adhesion proteins, α-actinin 4, to the nucleolar organizer regions.
        Masahiro Kumeta; Yasuhiro Hirano; Yuya Hirai; Ken Hashida; Shige H. Yoshimura; Kunio Takeyasu
        EMBO workshop: The nucleolus and disease, 2008年06月23日
      • Characterization of the novel structural proteins in the nucleolus
        Kumeta M; Yoshimura SH; Harata M; Takeyasu K
        The 9th AEARU Workshop on Molecular Biology and Biotechnology, 2008年03月25日, 査読有り
      • Nano-scale observation of higher-order genome structure reconstituted from DNA and chromosome proteins
        Kohji Hizume; Araki Sumiko; Kenichi Yoshikawa; Kunio Takeyasu; Shige H. Yoshimura
        2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2008, 2008年, 査読有り
      • Subcellular localization of EBNA1 and oriP that may support the high rate of exogenous gene transfer achieved using the EBV genetic elements
        Hidetsugu Asada; Shige H. Yoshimura; Tsunao Kishida; Jiro Imanishi; Osam Mazda
        2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2008, 2008年, 査読有り
      • Fast-scan atomic force microscopy reveals that the type III restriction enzyme EcoP151 is capable of DNA translocation and looping
        Neal Crampton; Masatoshi Yokokawa; David T. F. Dryden; J. Michael Edwardson; Desirazu N. Rao; Kunio Takeyasu; Shige H. Yoshimura; Robert M. Henderson
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2007年07月, 査読有り
      • Single-molecule structural and functional analyses of nuclear pore complex
        Shotaro Otsuka; Hirohide Takahashi; Kunio Takeyasu; Shige H. Yoshimura
        BIOPHYSICAL JOURNAL, 2007年01月
      • Nano-scale imaging reveals that a scaffold component, Topoisomerase II, promotes chromatin-compaction in a linker-histone H1-dpenedent manner
        Kunio Takeyasu; Kohji Hizume; Sumiko Araki; Kenichi Yoshikawa; Shigehiro Yoshimura
        CHROMOSOME RESEARCH, 2007年
      • Single-molecule imaging, force measurement and fluorescence observation reveal protein and chromosome dynamics around the nuclear envelope
        S. Otsuka; Y. Hirano; H. Takahashi; M. Kumeta; K. Takeyasu; S. H. Yoshimura
        2007 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANO MECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE, VOLS 1 AND 2, 2007年, 査読有り
      • Fast-scanning atomic force microscopy reveals the molecular mechanism of DNA cleavage by ApaI endonuclease
        M. Yokokawa; S. H. Yoshimura; Y. Naito; T. Ando; A. Yagi; N. Sakai; K. Takeyasu
        IEE PROCEEDINGS-NANOBIOTECHNOLOGY, 2006年08月, 査読有り
      • Single-molecule structural and functional analyses of nuclear pore complex
        Shotaro Otsuka; Hirohide Takahashi; Shige H. Yoshimura
        2006 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MICRO-NANOMECHATRONICS AND HUMAN SCIENCE, 2006年, 査読有り
      • Fast-scanning AFM is now applicable to the analyses of single-molecule reactions in nano-biophysics
        M Yokokawa; K Takeyasu; SH Yoshimura
        Proceedings of the 2005 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, 2005年, 査読有り
      • 原子間力顕微鏡によるDNA/タンパク質相互作用の解析
        吉村 成弘; 糸数 裕; 正村 祐介; 水口 学; 竹安 邦夫
        電子顕微鏡, 2000年05月01日

      講演・口頭発表等

      • Morphological Analysis of clathrin-mediated endocytotic process by fast-scanning atomic force microscope
        Yoshida A; Zhang Y; Itagaki Y; Kumeta M; Suzuki Y; Sakai N; Uekusa Y; Yoshimura SH
        第58回日本植物生理学会年会 (鹿児島, 日本), 2017年03月17日, 招待有り
      • Live-cell analysis of actin dynamics by fast-scanning atomic force microscope
        Yoshimura SH
        Nuclear Actin in the Regulation of Transcription and Nuclear Structure (Wakayama, Japan), 2017年01月26日, 招待有り
      • Non-invasive live-cell imaging of plasma membrane dynamics in endocytotic process by high-speed atomic force microscopy
        吉田 藍子; 吉村 成弘
        日本顕微鏡学会第72回学術講演会 (仙台, 日本), 2016年06月14日, 招待有り
      • Non-invasive imaging of membrane dynamics accompanied with endocytosis in living cells by atomic force microscopy
        Yoshida A; Ito S; Kumeta M; Yoshimura SH
        The 60th Annual Meeting of Biophysical Society (Los Angeles, USA), 2016年02月27日, 招待有り
      • Structural Dynamics of protein complex in macromolecular crowding
        Yoshikmura SH
        PacifiChem2015 (Honolulu, USA), 2015年12月18日, 招待有り
      • Molecular Mechanism of Nucleo-cytoplasmic Transport and Application for Gene/Drug Delivery System
        Yoshimura SH; Kumeta M
        9th International Symposium on Nanomedicine, 2015年12月12日, 招待有り
      • Intracellular structure and function of helical repeat proteins
        YoshimuraSH
        BMB2015 (Kobe, Japan), 2015年12月01日, 招待有り
      • Intracellular structure and function of helical repeat proteins
        S.H.Yoshimura
        第53日本生物物理学会年会 (金沢, 日本), 2015年09月15日, 招待有り
      • 核膜孔複合体の内部構造と輸送タンパク質の構造的特性の解明
        吉村 成弘
        第67回日本細胞生物学会大会 (東京, 日本), 2015年07月01日, 招待有り
      • 細胞質と核とのコミュニケーション:核膜孔を通過する分子の構造特性
        吉村 成弘
        生物物理若手の会 (大阪, 日本), 2014年11月29日, 招待有り
      • 細胞質から細胞核内部への物質輸送機の解明とそれを利用した新規機能性運搬分子のデザイン
        吉村 成弘
        第36回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム (徳島, 日本), 2014年11月20日, 招待有り
      • Importin beta travels through the NPC via flexible amphiphilic structures
        吉村 成弘
        第36日本分子生物学会年会 企画ワークショップ (神戸, 日本), 2013年11月05日, 招待有り
      • 細胞質-核間物質輸送の分子基盤の理解と応用
        吉村 成弘
        第1回感染コンピテンシー若手研究会 (新学術領域研究「ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤」, 湘南, 日本), 2013年09月08日, 招待有り
      • 核-細胞間物質輸送の分子基盤の理解
        吉村 成弘
        第35回日本分子生物学会年会, 2012年07月04日, 招待有り
      • 核-細胞間物質輸送原理の理解とDDSへの応用
        吉村 成弘
        第28回日本DDS学会年会ワークショップ (札幌, 日本), 2012年06月04日, 招待有り
      • How does importin beta/cargo complex overcome the NPC barrier?
        Yoshimura SH
        第34回日本分子生物学会 年会ワークショップ (横浜, 日本), 2011年12月15日, 招待有り
      • 両親媒性タンパク質による核膜孔通過原理の理解と応用
        吉村 成弘
        第84回日本生化学会大会 企画ワークショップ (京都, 日本), 2011年09月22日, 招待有り
      • Nanobiology of cell nucleus
        Yoshimura SH
        SustaiN2010 (Kyoto, Japan), 2010年12月12日, 招待有り
      • Structural flexibility of importin beta facilitates its fast and selective transport through the nuclear pore complex
        吉村 成弘
        OzBio2010, 2010年09月28日, 招待有り

      書籍等出版物

      • 大学で学ぶ 身近な生物学
        吉村 成弘, 単著
        羊土社, 2015年10月, 査読無し

      受賞

      • 2019年06月20日
        日本顕微鏡学会, 日本顕微鏡学会論文賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • ライブセル観察と機械学習を用いた細胞表層骨格のダイナミクス解析
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分44:細胞レベルから個体レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        吉村 成弘
        自 2019年06月28日, 至 2021年03月31日, 完了
        アクチン;原子間力顕微鏡;表層骨格;シグナル伝達;機械学習;高速原子間力顕微鏡;表層アクチン;細胞骨格;ライブセルイメージング;アクチン骨格
      • ヒト免疫不全ウイルス出芽過程における宿主細胞表層骨格の機能解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        京都大学
        吉村 成弘
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        ヒト免疫不全ウイルス;ライブセルイメージング;細胞骨格;免疫;アクチン;高速原子間力顕微鏡;膜ダイナミクス;細胞表層骨格
      • ライブセルハイブリッドイメージングによる細胞膜微細構造変化の分子機構解明
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分43:分子レベルから細胞レベルの生物学およびその関連分野
        京都大学
        吉村 成弘
        自 2018年10月09日, 至 2022年03月31日, 交付
        高速原子間力顕微鏡;超解像顕微鏡;エンドサイトーシス;膜ダイナミクス;クラスリン;BARドメインタンパク質;膜動態;ライブセルイメージング;細胞膜
      • 細胞表層イメージング技術で解明するエンドサイトーシスのグローバル制御機構
        基盤研究(B)
        小区分44010:細胞生物学関連
        京都大学
        吉村 成弘
        自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日, 交付
        ライブセルイメージング;高速原子間力顕微鏡;エンドサイトーシス;膜ダイナミクス;クラスリン;細胞骨格;カベオラ;カベオリン;ダイナミン;アクチン;原子間力顕微鏡;BARドメインタンパク質;細胞表層骨格;メカノバイオロジー;細胞膜;細胞表層;シグナル伝達;細胞運動;ナノイメージング
      • エンドサイトーシスにおける膜形態変化とタンパク質局在との時空間的同時解析
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        吉村 成弘
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        エンドサイトーシス;シグナル伝達;細胞骨格;アクチン;クラスリン;原子間力顕微鏡;ナノイメージング;endocytosis;clathrin;membrane dynamics;actin;signal transduction;高速原子間力顕微鏡;表層アクチン;細胞膜;細胞膜受容体;メカノバイオロジー;情報伝達
      • 遺伝子発現の少数性生物学-少数分子による情報探索原理の解明-
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        国立遺伝学研究所
        前島 一博
        自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        核酸;ゲノム;生体分子;生物物理;生体生命情報学
      • 少数性生物学ー個と多数の狭間が織りなす生命現象の探求ー
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        大阪大学
        永井 健治
        自 2011年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        少数性;個性;協働性;コヒーレンス;自己組織化;エルゴード性;多階層間相互作用;生物物理;少数分子系;分子個性;共同性;階層間相互作用;協同性
      • 局所蛍光計測プローブによる核膜孔複合体を介した物質輸送・選別機構の1分子解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        吉村 成弘
        完了
        核-細胞質間輸送;核膜孔複合体;インポーティンβ;1分子観察;量子ドット;核一細胞質間輸送
      • ゲノム高次構造の構築メカニズムと細胞内オーガナイゼーション
        基盤研究(A)
        京都大学
        竹安 邦夫
        完了
        ゲノム構築;機能;再編;発現;維持
      • 核膜孔複合体を介した物質輸送機構解明のための1分子解析学的アプローチ
        若手研究(A)
        京都大学
        吉村 成弘
        完了
        核輸送;核膜孔複合体;インポーティン;一分子観察;一分子力測定;原子間力顕微鏡;核内輸送;1分子蛍光観察技術;1分子計測;1分子蛍光
      • ナノパーティクルを用いた高次機能性複合体の細胞内再構成とモデル細胞系への応用
        特定領域研究
        理工系
        京都大学
        吉村 成弘
        完了
        ナノパーティクル;核輸送;量子ドット;クロマチン;核内骨格;染色体タンパク質;疎水性相互作用;試験管内タンパク質合成;レーザトラップ;1分子測定;再構成;核膜;原子間力顕微鏡;レーザートラップ;カンチレバー修飾;レーザーピンセット;中心体;1分子操作
      • 液中高速原子間力顕微鏡による分子シャペロンの1分子反応機構解析
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        吉村 成弘
        完了
        シャペロニン;原子間力顕微鏡;1分子イメージング;反応速度論;原子間力顕微鏡(AFM);分子シャペロン;高速AFM;1分子観察
      • Flashコンテンツを用いた現代生命科学教育用システムの開発と実用
        特定領域研究
        人文・社会系
        京都大学
        吉村 成弘
        完了
        ITコンテンツ;Flash;スーパーサイエンスハイスクール;高大連携;現代生命科学;e-learning;Webコンテンツ;理科系教育;スーパーサイエンスハ
      • 細胞核の高次構造動態:ナノスケールイメージングによる解明
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        竹安 邦夫
        完了
        核内構造タンパク質;核膜孔;核膜再構成;核マトリックス;核小体;マトリックス;クロマチンファイバー;染色体;モノクローナル抗体
      • 染色体の再構成とナノ構造解析による染色体折りたたみ分子機構の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        吉村 成弘
        完了
        染色体;クロマチン;核内マトリクス;原子間力顕微鏡
      • ゲノムの高次構造:真核生物と原核生物とにおける構築メカニズムの普遍性と特異性
        基盤研究(B)
        京都大学
        竹安 邦夫
        完了
        原子間力顕微鏡;ナノスケールイメージング法;ゲノム高次構造;核様体;染色体;Staphylococcus aureus;Clostridium perfringens;バイオインフォーマティクス;ナノテクノロジー;原子間力顕微鏡(AFM);Dps;テロメア;TRF2, Atomic Force Microscopy;Nano-scale imaging;Genome Organization;Nucleoid;Chromosome;Staphylococcus aureus;Clostridium perfringens;Bioinformatics

      外部資金:その他

      • 染色体高次折たたみの分子機構の解明
        JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
        自 1997年
        竹安邦夫
      • カーボンナノチューブを用いた単一生体分子ダイナミクスの計測
        JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)
        自 2006年10月01日, 至 2012年03月31日
        中山喜萬
      • Translation by single ribosomes one codon at a time
        Human Frontier Science Project
        自 2008年09月01日, 至 2012年08月31日
        I. Tinoco
      • 両親媒性ペプチドを用いた革新的細胞核内物質導入技術の開発
        最先端・次世代研究開発支援プログラム
        自 2010年, 至 2013年
        吉村 成弘
      • 低侵襲細胞表層イメージングによる細胞の内因性力発生・維持システムの動作原理解明
        国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
        自 2016年10月01日, 至 2020年03月31日
        吉村成弘
      • ウイルス蛋白質の非構造領域による液相制御の解明と治療への応用
        国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日
        吉村成弘
      • フラビウイルスの生活環に特異的な抗フラビウイルス薬の創出
        国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
        自 2020年04月01日, 至 2023年03月31日
        岡本 徹
      list
        Last Updated :2022/05/14

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          自然科学特別ゼミナールA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          自然科学特別ゼミナールB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          バイオテクノロジー入門2
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生化学入門200
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          食卓から学ぶ生命科学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学演習
          後期, 総合人間学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞生物学特論
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          細胞生物学A
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          細胞生物学B
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          英語講義:ライフ・サイエンスI
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          バイオテクノロジー入門2
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          生化学入門200
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          細胞生物学A
          前期, 総合人間学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          自然科学特別ゼミナールA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          自然科学特別ゼミナールB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          英語講義:ライフ・サイエンスI
          後期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          食卓から学ぶ生命科学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          細胞生物学A
          前期, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          自然科学特別ゼミナールA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          自然科学特別ゼミナールB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子細胞生物学演習
          通年, 総合人間学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Advanced Moleculer and Cell Biology II
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          染色体生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          生化学入門200
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          先端生命科学を支える技術II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          英語講義:ライフ・サイエンスI
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          食卓から学ぶ生命科学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          自然科学特別ゼミナールA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          自然科学特別ゼミナールB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Advanced Molecular and Cell Biology I
          前期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Advanced Moleculer and Cell Biology II
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第1
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第2
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          特別実験及び演習第2
          後期前期, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          統合生命科学特別演習
          通年, 生命科学研究科
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学入門101
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学入門102
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          生化学入門200
          前期集中, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          食卓から学ぶ生命科学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          統合生命科学特別演習
          後期前期, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          染色体生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学入門101
          前期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生化学入門102
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生命科学概論II
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          自然科学特別ゼミナールA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          自然科学特別ゼミナールB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          食卓から学ぶ生命科学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学501(英語講義)
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学502(英語講義)
          後期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          染色体生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞と分子の基礎生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          自然科学特別ゼミナールA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          自然科学特別ゼミナールB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学
          後期, 総合生存学館
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞と分子の基礎生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          自然科学特別ゼミナールA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          自然科学特別ゼミナールB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞と分子の基礎生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          自然科学特別ゼミナールIIA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          自然科学特別ゼミナールIIB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          自然科学特別ゼミナールI
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          染色体生命科学特論
          後期集中, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞と分子の基礎生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          自然科学特別ゼミナールIIA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          自然科学特別ゼミナールIIB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          自然科学特別ゼミナールI
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          (分子情報解析学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          生物・生命科学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞と分子の基礎生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          自然科学特別ゼミナールIIA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          自然科学特別ゼミナールIIB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          自然科学特別ゼミナールI
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          Cancer Biology
          後期, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習A
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習B
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習C
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習D
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習A
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習B
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習C
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)特別実験及び演習D
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)統合生命科学特別演習
          前期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          (分子情報解析学)統合生命科学特別演習
          後期不定, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学演習
          通年集中, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          分子細胞生物学特論
          通年, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          染色体生命科学特論
          前期集中, 生命科学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          生化学入門
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞と分子の基礎生物学
          前期, 全学共通科目
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          細胞生物学B
          後期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          自然科学特別ゼミナールIIA
          前期集中, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          自然科学特別ゼミナールIIB
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          自然科学特別ゼミナールI
          後期集中, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          自然科学系入門A
          前期, 総合人間学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          課題演習:生物学
          通年, 総合人間学部

        非常勤講師

        • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
          九州大学, 先導物質化学研究所
        list
          Last Updated :2022/05/14

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2014年05月01日, 至 2016年03月31日
            京都大学国際交流推進機構協議会 協議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2012年05月01日, 至 2015年03月31日
            京都大学情報環境機構オープンコースウェア運用委員会委員
          • 京都大学全学情報セキュリティー幹事会構成員
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            教職教育委員会教職科目連絡小委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            国際教育委員会留学生受入専門委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            国際教育委員会留学生受入専門委員会 委員
          • 自 2017年04月01日
            国際教育委員会企画運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2019年03月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            国際教育委員会企画運営委員会 委員
          • 自 2019年01月01日, 至 2019年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2020年01月01日, 至 2020年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際教育委員会企画運営委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2021年12月31日
            国際教育委員会国際学生交流委員会アムジェン・スカラーズ・プログラム小委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2004年04月01日
            図書委員会 委員
          • 自 2007年04月01日
            施設・設備委員会 委員
          • 自 2009年07月01日, 至 2018年03月31日
            中期目標・中期計画検討委員会 委員
          • 自 2007年04月01日
            情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2013年10月01日
            情報発信・ホームページ委員会 委員
          • 自 2015年10月01日
            データ保全委員会
          • 自 2017年04月01日
            国際教育委員会委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            高等教育研究開発推進センター教育コンテンツ活用推進委員会委員

          ページ上部へ戻る