教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

小林 稔

コバヤシ ミノル

生命科学研究科 高次生命科学専攻ゲノム生物学講座 特定助教

小林 稔
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学位

    • 修士(医学)(北海道大学)
    • 博士(医学)(北海道大学)

    出身大学院・研究科等

    • 北海道大学, 大学院医学研究科医学専攻修士課程, 修了
    • 北海道大学, 大学院医学研究科医学専攻博士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 北海道大学, 理学部生物科学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      智辯学園和歌山, ちべんがくえんわかやま

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        生体の低酸素応答を担う作用機序と生理的機能の解明
      • 研究概要

        生体内の環境は極めて多様で、各細胞は周囲の微小環境に適応しながら形態と機能を維持している。それらの微小環境の中で、低酸素は発生や幹細胞性質の維持、がんの悪性化などに関わることが示唆されている。当研究室では、細胞の低酸素応答マスターレギュレーターとして知られるHIFを中心に細胞の低酸素応答の制御メカニズムやその生理的機能の解明を目指し研究を行っている。

      研究分野

      • ライフサイエンス, 細胞生物学

      論文

      • Tumor microenvironment and radioresistance
        Tatsuya Suwa; Minoru Kobayashi; Jin-Min Nam; Hiroshi Harada
        Experimental & Molecular Medicine, 2021年06月16日
      • 酸素環境検知の基本メカニズムとがん
        小林 稔、原田 浩
        実験医学, 2020年06月, 筆頭著者
      • Space Radiation Biology for “Living in Space”
        Satoshi Furukawa; Aiko Nagamatsu; Mitsuru Nenoi; Akira Fujimori; Shizuko Kakinuma; Takanori Katsube; Bing Wang; Chizuru Tsuruoka; Toshiyuki Shirai; Asako J. Nakamura; Asako Sakaue-Sawano; Atsushi Miyawaki; Hiroshi Harada; Minoru Kobayashi; Junya Kobayashi; Takekazu Kunieda; Tomoo Funayama; Michiyo Suzuki; Tatsuo Miyamoto; Jun Hidema; Yukari Yoshida; Akihisa Takahashi
        BioMed Research International, 2020年04月08日
      • HIF-1-Dependent Reprogramming of Glucose Metabolic Pathway of Cancer Cells and Its Therapeutic Significance.
        Ayako Nagao; Minoru Kobayashi; Sho Koyasu; Christalle C T Chow; Hiroshi Harada
        International journal of molecular sciences, 2019年01月09日, 査読有り
      • Regulatory mechanisms of hypoxia-inducible factor 1 activity: Two decades of knowledge.
        Sho Koyasu; Minoru Kobayashi; Yoko Goto; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        Cancer science, 2018年03月, 査読有り
      • HIF-1 maintains a functional relationship between pancreatic cancer cells and stromal fibroblasts by upregulating expression and secretion of Sonic hedgehog
        Tomohiro Katagiri; Minoru Kobayashi; Michio Yoshimura; Akiyo Morinibu; Satoshi Itasaka; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        Oncotarget, 2018年, 査読有り
      • UCHL1-HIF-1 axis-mediated antioxidant property of cancer cells as a therapeutic target for radiosensitization
        Ryota Nakashima; Yoko Goto; Sho Koyasu; Minoru Kobayashi; Akiyo Morinibu; Michio Yoshimura; Masahiro Hiraoka; Ester M. Hammond; Hiroshi Harada
        Scientific Reports, 2017年12月01日, 査読有り
      • A circadian clock gene, PER2, activates HIF-1 as an effector molecule for recruitment of HIF-1α to promoter regions of its downstream genes.
        Kobayashi M; Morinibu A; Koyasu S; Goto Y; Hiraoka M; Harada H
        The FEBS journal, 2017年11月, 査読有り
      • The emerging roles of the ubiquitination/deubiquitination system in tumor radioresistance regarding DNA damage responses, cell cycle regulation, hypoxic responses, and antioxidant properties: Insight into the development of novel radiosensitizing strategies
        Yoko Goto; Sho Koyasu; Minoru Kobayashi; Hiroshi Harada
        MUTATION RESEARCH-FUNDAMENTAL AND MOLECULAR MECHANISMS OF MUTAGENESIS, 2017年10月, 査読有り
      • UCHL1-HIF-1経路による抗酸化作用は放射線治療効果の増強に資する標的となり得る
        中島 良太; 後藤 容子; 子安 翔; 小林 稔; 吉村 通央; 平岡 眞寛; 原田 浩
        日本癌学会総会記事, 2017年09月, 査読有り
      • がんの遠隔転移発生率を予測する新規バイオマーカーUCHL1-HIF-1に関する研究
        原田 浩; 吉村 通央; 小林 稔
        大和証券ヘルス財団研究業績集, 2017年03月, 査読有り
      • LY6E: a conductor of malignant tumor growth through modulation of the PTEN/PI3K/Akt/HIF-1 axis
        Chan Joo Yeom; Lihua Zeng; Yoko Goto; Akiyo Morinibu; Yuxi Zhu; Kazumi Shinomiya; Minoru Kobayashi; Satoshi Itasaka; Michio Yoshimura; Cheol-Goo Hur; Hideaki Kakeya; Ester M. Hammond; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        ONCOTARGET, 2016年10月, 査読有り
      • PLK1の阻害はM期集積を介して放射線増感効果を誘導する
        小林 稔; 井上 実; 吉村 通央; 平岡 真寛; 原田 浩
        放射線ワークショップ講演論文集, 2015年10月, 査読有り
      • 時計遺伝子PER2と低酸素誘導因子1(HIF-1)の相互作用メカニズムの解析
        小林 稔; 後藤 容子; 吉村 通央; 平岡 真寛; 原田 浩
        日本癌学会総会記事, 2015年10月, 査読有り
      • UCHL1はHIF-1αの脱ユビキチン化を介してがんの遠隔転移を亢進する
        後藤 容子; 小林 稔; 板坂 聡; 吉村 通央; 平岡 真寛; 原田 浩
        日本癌学会総会記事, 2015年10月, 査読有り
      • HIF-1はSHHの分泌を亢進し、間質細胞豊富な膵臓がん微小環境を形成する
        片桐 幸大; 原田 浩; 吉村 通央; 小林 稔; 平岡 真寛
        日本癌学会総会記事, 2015年10月, 査読有り
      • PLK1 blockade enhances therapeutic effects of radiation by inducing cell cycle arrest at the mitotic phase
        Minoru Inoue; Michio Yoshimura; Minoru Kobayashi; Akiyo Morinibu; Satoshi Itasaka; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年10月, 査読有り
      • Aberrant IDH3α expression promotes malignant tumor growth by inducing HIF-1-mediated metabolic reprogramming and angiogenesis.
        L. Zeng; A. Morinibu; M. Kobayashi; Y. Zhu; X. Wang; Y. Goto; C. J. Yeom; T. Zhao; K. Hirota; K. Shinomiya; S. Itasaka; M. Yoshimura; G. Guo; E. M. Hammond; M. Hiraoka; H. Harada
        Oncogene., 2015年09月, 査読有り
      • UCHL1 provides diagnostic and antimetastatic strategies due to its deubiquitinating effect on HIF-1α.
        Goto Y; Zeng L; Yeom CJ; Zhu Y; Morinibu A; Shinomiya K; Kobayashi M; Hirota K; Itasaka S; Yoshimura M; Tanimoto K; Torii M; Sowa T; Menju T; Sonobe M; Kakeya H; Toi M; Date H; Hammond EM; Hiraoka M; Harada H
        Nature Communications., 2015年01月, 査読有り
      • PLK1阻害剤(TAK-960)が有するmitotic arrest誘導作用による放射線増感(A novel small molecule inhibitor of PLK1, TAK-960, sensitizes therapeutic effect of radiation by inducing mitotic arrest)
        井上 実; 吉村 通央; 小林 稔; 板坂 聡; 本田 弘平; 平岡 真寛; 原田 浩
        日本癌学会総会記事, 2014年09月, 査読有り
      • HIF-1-mediated metabolic reprogramming reduces ROS levels and facilitates the metastatic colonization of cancers in lungs
        Tao Zhao; Yuxi Zhu; Akiyo Morinibu; Minoru Kobayashi; Kazumi Shinomiya; Satoshi Itasaka; Michio Yoshimura; Guozheng Guo; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        SCIENTIFIC REPORTS, 2014年01月, 査読有り
      • 低酸素ストレスとHIF
        小林 稔; 原田 浩
        生化学, 2013年, 査読有り
      • Neuropeptide Signaling Activates Dendritic Cell-Mediated Type 1 Immune Responses through Neurokinin-2 Receptor
        Hidemitsu Kitamura; Minoru Kobayashi; Daiko Wakita; Takashi Nishimura
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2012年05月, 査読有り
      • IFN-gamma elevates airway hyper-responsiveness via up-regulation of neurokinin A/neurokinin-2 receptor signaling in a severe asthma model
        Minoru Kobayashi; Shigeru Ashino; Yasuo Shiohama; Daiko Wakita; Hidemitsu Kitamura; Takashi Nishimura
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2012年02月, 査読有り
      • Th17細胞による気道過敏反応の増強とその機序: Th1/Th2細胞依存的気道炎症との異同
        西村 孝司; 小林 稔; 脇田 大功; 北村; 秀光; 芦野 茂
        臨床免疫・アレルギー科, 2010年, 査読有り

      MISC

      • 時計遺伝子PER2と低酸素応答機構の相互作用メカニズムの解析
        小林 稔; 平岡; 真寛; 原田 浩
        2014年
      • IDH3はHIF-1alphaを安定化して腫瘍増殖を亢進する
        小林 稔; 曽 麗華; 後藤 容子; 井上 実; 板坂 聡; 吉村 通央; 原田 浩; 平岡 真寛
        2013年
      • Method for establishment of cancer stem-like cells by introduction of oncogenes into mesenchymal stem cells
        小林 稔; 脇田 大功; 岩淵 禎弘; 佐藤 崇之; 北村; 秀光; 西村 孝司
        2013年
      • Establishment of airway smooth muscle cell line useful for evaluating neuro-immuno cross-talk in Th1-mediated airway inflammation.
        KOBAYASHI Minoru; ASHINO Shigeru; SUZUKI Ikurou; KITAMURA Hidemitsu; YASUDA Kenji; NISHIMURA Takashi
        2011年
      • The pivotal role of IFN-gamma in Th1- and Th17-mediated steroid-resistant airway hyperresponsiveness.
        Minoru Kobayashi; Shigeru Ashino; Hidemitsu Kitamura; Takashi Nishimura
        2010年
      • 新規Survivinヘルパーペプチドの同定と免疫不全マウスを用いたSurvivin特異的Th1細胞による抗腫瘍効果の検討(Identification of novel helper epitopes of Survivin and antitumor effects of human Th1 cells in immunodeficient mice)
        大栗 敬幸; 野口 大輔; 小林 稔; 増子 和尚; 大竹 淳矢; 脇田 大功; 茶本 健司; 富樫 裕二; 北村 秀光; 西村 孝司
        日本癌学会総会記事, 2009年08月
      • Identification of novel helper epitopes of MAGE-A4 and Survivin tumor antigen: Useful tool for the propagation of Th1 cells
        Takayuki Ohkuri; Daiko Wakita; Daisuke Noguchi; Minoru Kobayashi; Kazutaka Masuko; Junya Ohtake; Kenji Chamoto; Yuji Togashi; Hidemitsu Kitamura; Takashi Nishimura
        CANCER RESEARCH, 2009年05月

      講演・口頭発表等

      • DNA double strand breaksのインビボ定量評価に向けたEGFP-53BP1ノックインマウスの樹立
        Minoru Kobayashi; Hiroshi Harada
        第62回 日本放射線影響学会, 2019年
      • A Circadian Clock Gene, PER2, Activates HIF-1 as an Effector Molecule for Recruitment of HIF-1α to Promoter Regions of Its Downstream Genes
        Minoru Kobayashi; Akiyo Morinibu; Sho Koyasu; Yoko Goto; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        第34回放生研国際シンポジウム, 2018年
      • HIF-1 maintains a functional relationship between pancreatic cancer cells and stromal fibroblasts by upregulating Shh.
        Minoru Kobayashi; Tomohiro Katagiri; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        第77回 日本癌学会学術総会, 2018年
      • A circadian clock gene, PER2, activates HIF-1 as an effector molecule for recruitment of HIF-1α to promoter regions of Its downstream genes
        Minoru Kobayashi; Akiyo Morinibu; Sho Koyasu; Yoko Goto; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        The 17th International Joint Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology, 2018年
      • A circadian clock gene, PER2, activates HIF-1 as an effector molecule for recruitment of HIF-1α to promoter regions of Its downstream genes
        Minoru Kobayashi; Akiyo Morinibu; Sho Koyasu; Yoko Goto; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        Keystone symposia Therapeutic Targeting of Hypoxia-Sensitive Pathways (V1), 2018年
      • A Circadian Clock Gene, PER2, Activates HIF-1 as an Effector Molecule for Recruitment of HIF-1α to Promoter Regions of Its Downstream Genes
        Minoru KOBAYASHI; Akiyo MORINIBU; Sho KOYASU; Yoko GOTO; Masahiro HIRAOKA; Hiroshi Harada
        第33回放生研国際シンポジウム, 2017年
      • A circadian clock gene, PER2, activates HIF-1 as an effector molecule for recruitment of HIF-1α to promoter regions of its downstream genes.
        小林 稔; 森鳰 章代; 子安 翔; 後藤 容子; 平岡 真寛; 原田 浩
        第15回 がんとハイポキシア研究会, 2017年
      • Molecular mechanisms underlying the crosstalk between period circadian clock 2 (PER2) and hypoxia-inducible factor 1 (HIF-1)
        Minoru Kobayashi; Syo Koyasu; Yoko Goto; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        第76回 日本癌学会学術総会, 2017年
      • Period circadian clock 2 activates hypoxia-inducible factor 1 by promoting recruitment of HIF-1α to its downstream promoter
        Minoru Kobayashi; Akiyo Morinibu; Sho Koyasu; Yoko Goto; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        keystone symposium Adaptations to Hypoxia in Physiology and Disease (X4), 2017年
      • Molecular mechanisms underlying the crosstalk between period circadian clock 2 (PER2) and hypoxia-inducible factor 1 (HIF-1)
        小林 稔; 森鳰 章代; 子安 翔; 後藤 容子; 平岡 真寛; 原田 浩
        第14回 がんとハイポキシア研究会, 2016年
      • Molecular mechanisms underlying the crosstalk between circadian clock gene, PER2, and hypoxia-inducible factor 1 (HIF-1)
        Minoru Kobayashi; Yoko Goto; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        第75回 日本癌学会学術総会, 2016年
      • Molecular mechanisms underlying the crosstalk between circadian clock gene, PER2, and hypoxia-inducible factor 1 (HIF-1).
        Minoru Kobayashi; Yoko Goto; Michio Yoshimura; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        第32回放生研国際シンポジウム, 2016年
      • IDH3-HIF-1経路によるがん細胞の糖代謝リプログラミング
        小林 稔; 曽 麗華; 後藤 容子; 広田 喜一; 平岡 真寛; 原田 浩
        Biochemistry and Molecular Biology, 2015年, 招待有り
      • Molecular mechanisms underlying the crosstalk between circadian clock gene, PRE2, and hypoxia-inducible factor 1 (HIF-1).
        Minoru Kobayashi; Yoko Goto; Michio, Yoshimura; Masahiro Hiraoka; Hiroshi Harada
        第74回 日本癌学会学術総会, 2015年
      • 時計遺伝子PER2と低酸素応答機構の相互作用メカニズムの解析
        小林 稔; 後藤 容子; 平岡 真寛; 原田 浩
        第13回 がんとハイポキシア研究会, 2015年
      • Cancer cells that survive radiation therapy acquire HIF-1 activity and translocate towards tumour blood vessels.
        Minoru Kobayashi; Hiraoka Masahiro; Harada Hiroshi
        15th International Congress of Radiation Research., 2015年
      • 時計遺伝子PER2と低酸素応答機構の相互作用メカニズムの解析
        小林 稔; 平岡 真寛; 原田 浩
        第12回 がんとハイポキシア研究会, 2014年
      • Cancer cells that survive radiation therapy acquire HIF-1 activity and translocate towards tumour blood vessels.
        Minoru KOBAYASHI; Masahiro HIRAOKA; Hiroshi HARADA
        Radiation Research Society 60th Annual Meeting, 2014年
      • Method for establishment of cancer stem-like cells by introduction of oncogenes into mesenchymal stem cells
        小林 稔; 脇田 大功; 岩淵 禎弘; 佐藤 崇之; 北村; 秀光; 西村 孝司
        第70回 日本癌学会学術総会, 2011年
      • The pivotal role of IFN-γ in Th1- and Th17-mediated steroid-resistant airway hyperresponsiveness
        Minoru Kobayashi; Shigeru Ashino; Hidemitsu Kitamura; Takashi Nishimura
        第14回国際免疫学会議, 2010年
      • Establishment of airway smooth muscle cell line useful for evaluating neuro-immuno cross-talk in Th1-mediated airway inflammation
        KOBAYASHI Minoru; ASHINO Shigeru; SUZUKI Ikurou; KITAMURA Hidemitsu; YASUDA Kenji; NISHIMURA Takashi
        第38回 日本免疫学会総会・学術集会, 2008年

      外部資金:科学研究費補助金

      • 悪性固形腫瘍内低酸素がん細胞に対する血中マーカーのゲノムワイドスクリーニング
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分52:内科学一般およびその関連分野
        京都大学
        原田 浩
        自 2021年07月09日, 至 2023年03月31日, 交付
        がん;低酸素;マーカー
      • 新規リアルタイムDNA損傷修復応答検出システムの構築と腫瘍内DNA損傷応答の解析
        基盤研究(C)
        小区分52040:放射線科学関連
        京都大学
        小林 稔
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        DNA損傷修復;In vivo imaging
      • 腫瘍内微小環境依存的な浸潤を通じて放射線治療後のがん再発を起こす責任遺伝子の探索
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分52:内科学一般およびその関連分野
        京都大学
        原田 浩
        自 2019年06月28日, 至 2021年03月31日, 完了
        がん;低酸素;浸潤・転移関連遺伝子;放射線治療;放射線抵抗性;HIF-1;再発;浸潤;抵抗性
      • がん細胞の放射線抵抗性と浸潤を制御する新規遺伝子の作用機序と機能の解析
        国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
        中区分52:内科学一般およびその関連分野
        京都大学
        原田 浩
        自 2018年10月09日, 至 2021年03月31日, 完了
        がん;低酸素;浸潤・転移関連遺伝子;治療抵抗性;がん抑制遺伝子;HIF-1;p53;浸潤;Sima;放射線
      • 腫瘍内低酸素がん細胞ダイナミクスとHIF-1をターゲットとした新規治療法作製
        若手研究
        小区分52040:放射線科学関連
        京都大学
        小林 稔
        自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        低酸素;腫瘍内微小環境;放射線抵抗性
      • がん細胞の低酸素応答と放射線抵抗性を担う新規遺伝子の探索; 放射線増感を見据えて
        基盤研究(C)
        京都大学
        森鳰 章代
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        がん;放射線;低酸素;放射線抵抗性;放射線治療;放射線抵抗壊死;新規責任遺伝子
      • がん細胞における低酸素応答機構と抗酸化機構の相互作用: 放射線抵抗性の理解と克服
        基盤研究(B)
        京都大学
        原田 浩
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        がん;低酸素応答;抗酸化能;放射線抵抗性;血中マーカー
      • レンチウィルスライブラリーを用いた放射線抵抗性に関わる因子の探索
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        小林 稔
        自 2016年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        放射線抵抗性;遺伝子スクリーニング
      • 腫瘍内低酸素がん細胞の動的平衡の時空間解析と放射線分割療法最適化への展開
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        原田 浩
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        がん;放射線治療;分割照射;腫瘍内低酸素;HIF-1;放射線治療抵抗性;低酸素;細胞動態
      • 悪性がん特異的な酸素ホメオスタシス制御機構の解明と放射線治療効果増強への展開
        基盤研究(B)
        京都大学
        原田 浩
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        放射線治療;がん;治療抵抗性;酸素恒常性;エネルギー代謝;HIF-1;低酸素;微小環境;放射線治療抵抗性;低酸素応答
      • 低酸素・概日周期・代謝制御の相互作用による腫瘍の悪性化と放射線抵抗性機構 の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        小林 稔
        自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        低酸素;概日リズム;放射線抵抗性
      list
        Last Updated :2022/05/14

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2021年04月01日
          安全・環境保全委員会 委員
        • 自 2021年04月01日
          衛生管理者

        ページ上部へ戻る