教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

成宮 周

ナルミヤ シユウ

医学研究科 先端医療基盤共同研究講座 研究員(非常勤)

成宮 周
list
    Last Updated :2024/04/02

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    所属学協会

    • 日本分子生物学会
    • 日本細胞生物学会
    • 日本癌学会
    • 日本薬理学会
    • 日本生化学会

    学位

    • 医学博士(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 京都大学, 医学部医学科, 卒業

    出身高等学校

    • 出身高等学校

      滋賀県立彦根東高等学校

    ID,URL

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2024/04/02

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        プロスタノイド受容体の研究、
        低分子量G蛋白質Rhoの研究
      • 研究概要

        1. プロスタグランジン受容体の生理と病態での働きの研究
        プロスタグランジンは体内で刺激、とくに、侵害刺激、に応じて合成され、生体機能の調節を行っている活性物質群である。成宮は、これらの作用を介達する全8種の受容体を同定し、プロスタグランジンを介する発熱、痛み伝達、陣痛招来、止血・血栓形成、免疫、アレルギー、骨形成、大腸ガンの進展、ストレス行動の制御メカニズムを明らかにした。
        2. 低分子量G蛋白質Rhoのシグナル伝達と働きの研究
        Rhoは分子量22, 000の蛋白質で、細胞内の分子スイッチとして働いている。成宮は、Rhoの特異的阻害薬を発見し、これを用いて、Rhoが細胞の接着、移動、収縮や細胞質分裂を制御していること、また、この経路が、高血圧の発現、細胞の癌化、癌細胞の転移などに働いていることを明らかにした。

      研究キーワード

      • 生命科学
      • 医化学一般
      • 薬理学一般
      • Life Science
      • Biochemistry
      • Pharmacology

      研究分野

      • ライフサイエンス, 医化学
      • ライフサイエンス, 薬理学

      論文

      • LPA Induces Keratinocyte Differentiation and Promotes Skin Barrier Function through the LPAR1/LPAR5-RHO-ROCK-SRF Axis. J Invest Dermatol.
        成宮 周
        J Invest Dermatol., 2019年05月, 査読有り
      • T cell-intrinsic prostaglandin E2-EP2/EP4 signaling is critical in pathogenic TH17 cell-driven inflammation.
        Jinju Lee; Tomohiro Aoki; Dean Thumkeo; Ratklao Siriwach; Chengcan Yao; Shuh Narumiya
        The Journal of allergy and clinical immunology, 2019年02月, 査読有り
      • Prostaglandin-cytokine crosstalk in chronic inflammation.
        成宮 周
        Br J Pharmacol., 2019年02月, 査読有り
      • Crystal structure of the endogenous agonist-bound prostanoid receptor EP3.
        Kazushi Morimoto; Ryoji Suno; Yunhong Hotta; Keitaro Yamashita; Kunio Hirata; Masaki Yamamoto; Shuh Narumiya; So Iwata; Takuya Kobayashi
        Nature chemical biology, 2019年01月, 査読有り
      • Ligand binding to human prostaglandin E receptor EP4 at the lipid-bilayer interface.
        Yosuke Toyoda; Kazushi Morimoto; Ryoji Suno; Shoichiro Horita; Keitaro Yamashita; Kunio Hirata; Yusuke Sekiguchi; Satoshi Yasuda; Mitsunori Shiroishi; Tomoko Shimizu; Yuji Urushibata; Yuta Kajiwara; Tomoaki Inazumi; Yunhon Hotta; Hidetsugu Asada; Takanori Nakane; Yuki Shiimura; Tomoya Nakagita; Kyoshiro Tsuge; Suguru Yoshida; Tomoko Kuribara; Takamitsu Hosoya; Yukihiko Sugimoto; Norimichi Nomura; Miwa Sato; Takatsugu Hirokawa; Masahiro Kinoshita; Takeshi Murata; Kiyoshi Takayama; Masaki Yamamoto; Shuh Narumiya; So Iwata; Takuya Kobayashi
        Nature chemical biology, 2019年01月, 査読有り
      • mDia1/3 generate cortical F-actin meshwork in Sertoli cells that is continuous with contractile F-actin bundles and indispensable for spermatogenesis and male fertility.
        成宮 周
        PLoS Biol., 2018年09月, 査読有り
      • The Innate Immune Receptors TLR2/4 Mediate Repeated Social Defeat Stress-Induced Social Avoidance through Prefrontal Microglial Activation.
        成宮 周
        Neuron, 2018年08月, 査読有り
      • Repeated social defeat stress impairs attentional set shifting irrespective of social avoidance and increases female preference associated with heightened anxiety.
        成宮 周
        Sci Rep, 2018年07月, 査読有り
      • Rho signaling research: history, current status and future directions.
        成宮 周
        FEBS Lett, 2018年, 査読有り
      • Prostanoid Receptors
        Takako Hirata; Shuh Narumiya
        CHEMICAL REVIEWS, 2011年10月, 査読有り
      • 453. Impaired vascular remodeling in the yolk sac of embryos deficient in ROCK-I and ROCK-II.
        Kamijo H; Matsumura Y; Thumkeo D; Koike S; Masu M; Shimizu Y; Ishizaki T; Narumiya S
        455. Genes Cells 16, 1012-1021., 2011年10月, 査読有り
      • International Union of Basic and Clinical Pharmacology. LXXXIII: Classification of Prostanoid Receptors, Updating 15 Years of Progress
        D. F. Woodward; R. L. Jones; S. Narumiya
        PHARMACOLOGICAL REVIEWS, 2011年09月, 査読有り
      • Thromboxane receptor activation enhances striatal dopamine release, leading to suppression of GABAergic transmission and enhanced sugar intake
        Tomoyuki Mitsumori; Tomoyuki Furuyashiki; Toshihiko Momiyama; Akinori Nishi; Takahide Shuto; Takashi Hayakawa; Fumitaka Ushikubi; Shiho Kitaoka; Tomohiro Aoki; Haruhisa Inoue; Toshiyuki Matsuoka; Shuh Narumiya
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2011年08月, 査読有り
      • A GPR40 Agonist GW9508 Suppresses CCL5, CCL17, and CXCL10 Induction in Keratinocytes and Attenuates Cutaneous Immune Inflammation
        Tomoko Fujita; Toshiyuki Matsuoka; Tetsuya Honda; Kenji Kabashima; Takako Hirata; Shuh Narumiya
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2011年08月, 査読有り
      • PGE(2)-EP2 signalling in endothelium is activated by haemodynamic stress and induces cerebral aneurysm through an amplifying loop via NF-kappa B
        T. Aoki; M. Nishimura; T. Matsuoka; K. Yamamoto; T. Furuyashiki; H. Kataoka; S. Kitaoka; R. Ishibashi; A. Ishibazawa; S. Miyamoto; R. Morishita; J. Ando; N. Hashimoto; K. Nozaki; S. Narumiya
        BRITISH JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 2011年07月, 査読有り
      • Prostaglandin E-2-prostoglandin E receptor subtype 4 (EP4) signaling mediates UV irradiation-induced systemic immunosuppression
        Kitipong Soontrapa; Tetsuya Honda; Daiji Sakata; Chengcan Yao; Takako Hirata; Shohei Hori; Toshiyuki Matsuoka; Yoshihiro Kita; Takao Shimizu; Kenji Kabashima; Shuh Narumiya
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2011年04月, 査読有り
      • Fever, inflammation, pain and beyond: prostanoid receptor research during these 25 years
        Shuh Narumiya; Tomoyuki Furuyashiki
        FASEB JOURNAL, 2011年03月, 査読有り
      • Stress responses: the contribution of prostaglandin E-2 and its receptors
        Tomoyuki Furuyashiki; Shuh Narumiya
        NATURE REVIEWS ENDOCRINOLOGY, 2011年03月, 査読有り
      • 444. Deficiency of mDia, an Actin Nucleator, Disrupts Integrity of Neuroepithelium and Causes Periventricular Dysplasia.
        Thumkeo D; Shinohara R; Watanabe K; Takebayashi H; Toyoda Y; Tohyama K; Ishizaki T; Furuyashiki T; Narumiya S
        PLoS One, 6, e25465., 2011年, 査読有り
      • Rotational Movement of the Formin mDia1 Along the Double Helical Strand of an Actin Filament
        Hiroaki Mizuno; Chiharu Higashida; Yunfeng Yuan; Toshimasa Ishizaki; Shuh Narumiya; Naoki Watanabe
        SCIENCE, 2011年01月, 査読有り
      • mDia1 Targets v-Src to the Cell Periphery and Facilitates Cell Transformation, Tumorigenesis, and Invasion
        Masahiro Tanji; Toshimasa Ishizaki; Saman Ebrahimi; Yuko Tsuboguchi; Taiko Sukezane; Tsuyoshi Akagi; Margaret C. Frame; Nobuo Hashimoto; Susumu Miyamoto; Shuh Narumiya
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2010年10月, 査読有り
      • Dual roles of PGE(2)-EP4 signaling in mouse experimental autoimmune encephalomyelitis
        Yoshiyasu Esaki; Youxian Li; Daiji Sakata; Chengcan Yao; Eri Segi-Nishida; Toshiyuki Matsuoka; Kazuhiko Fukuda; Shuh Narumiya
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2010年07月, 査読有り
      • Rho and Anillin-dependent Control of mDia2 Localization and Function in Cytokinesis.
        Watanabe, S; Okawa, K; Miki, T; Sakamoto, S; Morinaga, T; Segawa, K; Arakawa, T; Kinoshita, M; Ishizaki, T; Narumiya, S
        Mol Biol Cell, 21, 3193-3204., 2010年, 査読有り
      • Migration without a clutch
        Shuh Narumiya; Naoki Watanabe
        NATURE CELL BIOLOGY, 2009年12月, 査読有り
      • Prostaglandin E-2-EP4 signaling promotes immune inflammation through T(H)1 cell differentiation and T(H)17 cell expansion
        Chengcan Yao; Daiji Sakata; Yoshiyasu Esaki; Youxian Li; Toshiyuki Matsuoka; Kenji Kuroiwa; Yukihiko Sugimoto; Shuh Narumiya
        NATURE MEDICINE, 2009年06月, 査読有り
      • Rho signaling, ROCK and mDia1, in transformation, metastasis and invasion
        Shuh Narumiya; Masahiro Tanji; Toshimasa Ishizaki
        CANCER AND METASTASIS REVIEWS, 2009年06月, 査読有り
      • Effect of EP4 agonist (ONO-4819CD) for patients with mild to moderate ulcerative colitis refractory to 5-aminosalicylates: A randomized phase II, placebo-controlled trial.
        Nakase, H; Fujiyama, Y; Oshitani, N; Oga, T; Nonomura, K; Matsuoka, T; Esaki, Y; Murayama, T; Teramukai, S; Chiba, T; Narumiya S
        Inflamm. Bowel Dis. 16, 732-734, 2009年, 査読有り
      • Central control of fever and female body temperature by the osteoclast differentiation factors RANKL/RANK.
        Hanada, R; Leibbrandt, A; Hanada, T; Kitaoka, S; Furuyashiki, T; Fujiwara, F; Trichereau, J; Paolino, M; Qadri, F; Plehm, R; Klaere, S; Komnenovic, V; Mimata, H; Yoshimatsu, H; Takahashi, N; von Haeseler, A; Bader, M; Kilic, S. S; Ueta, Y; Pifl, C; Narumiya, S; Penninger, J
        Nature, 462, 505-509., 2009年, 査読有り
      • Prostaglandin F2α-FP signaling facilitates bleomycin-induced pulmonary fibrosis independently of TGF-b.
        Oga, T; Matsuoka, T; Yao, C; Nonomura, K; Kitaoka, S; Sakata, D; Kita, Y; Tanizawa, K; Taguchi, Y; Chin, K; Mishima. M; Shimizu, T; Narumiya, S
        Nat. Med., 15, 1426-1430., 2009年, 査読有り
      • Thromboxane A2 facilitates IL-17A production from Vγ4+ γδ T cells and promotes psoriatic dermatitis in mice.
        成宮 周
        J Allergy Clin Immunol., 査読有り
      • Ulk2 controls cortical excitatory-inhibitory balance via autophagic regulation of p62 and GABAA receptor trafficking in pyramidal neurons.
        成宮 周
        Hum Mol Genet, 査読有り

      MISC

      • Prostaglandin E receptor EP1 controls impulsive behavior under stress
        Y Matsuoka; T Furuyashiki; K Yamada; T Nagai; H Bito; Y Tanaka; S Kitaoka; F Ushikubi; T Nabeshima; S Narumiya
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2005年11月
      • Thromboxane A2 and prostaglandin F2α mediate inflammatory tachycardia.
        K Takayama; K Yuhki; K Ono; T Fujino; A Hara; T Yamada; S Kuriyama; H Karibe; Y Okada; O Takahata; T Taniguchi; T Iijima; H Iwasaki; S Narumiya; F Ushikubi
        Nat Med., 2005年05月
      • Suppression of allergic inflammation by the prostaglandin E receptor subtype EP3
        T Kunikata; H Yamane; E Segi; T Matsuoka; Y Sugimoto; S Tanaka; H Tanaka; H Nagai; A Ichikawa; S Narumiya
        NATURE IMMUNOLOGY, 2005年05月
      • Ect2 and MgcRacGAP regulate the activation and function of Cdc42 in mitosis
        F Oceguera-Yanez; K Kimura; S Yasuda; C Higashida; T Kitamura; Y Hiraoka; T Haraguchi; S Narumiya
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2005年01月
      • Roles of thromboxane A(2) and prostacyclin in the development of atherosclerosis in apoE-deficient mice
        T Kobayashi; Y Tahara; M Matsumoto; M Iguchi; H Sano; T Murayama; H Arai; H Oida; T Yurugi-Kobayashi; JK Yamashita; H Katagiri; M Majima; M Yokode; T Kita; S Narumiya
        JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 2004年09月
      • Cdc42 and mDia3 regulate microtubule attachment to kinetochores
        S Yasuda; F Oceguera-Yanez; T Kato; M Okamoto; S Yonemura; Y Terada; T Ishizaki; S Narumiya
        NATURE, 2004年04月
      • Actin polymerization-driven molecular movement of mDia1 in living cells.
        Science, 2004年
      • Targeted disruption of the mouse rho-associated kinase 2 gene results in intrauterine growth retardation and fetal death
        D Thumkeo; J Keel; T Ishizaki; M Hirose; K Nonomura; H Oshima; M Oshima; MM Taketo; S Narumiya
        MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2003年07月
      • Prostaglandin E-2-EP4 signaling initiates skin immune responses by promoting migration and maturation of Langerhans cells
        K Kabashima; D Sakata; M Nagamachi; Y Miyachi; K Inaba; S Narumiya
        NATURE MEDICINE, 2003年06月
      • Thromboxane A2 modulates dendritic cell-T cell interaction and regulates acquired immunity.
        Nature Immunol., 2003年
      • Control of axon elongation via an SDF-1α/Rho/mDia pathway in cultured cerebellar granule neurons.
        J. Cell Biol., 2003年
      • Prostaglandin E2-EP4 signaling facilitates initiation of skin immune response by regulating Langerhans cell migration and maturation.
        Nature Med., 2003年
      • Thromboxane A2 modulates interaction of dendritic cells and T cells and regulates acquired immunity
        Nature Immunology, 2003年
      • ROCK and mDia1 antagonize in Rho-dependent Rac activation in Swiss 3T3 fibroblasts
        T Tsuji; T Ishizaki; M Okamoto; C Higashida; K Kimura; T Furuyashiki; Y Arakawa; RB Birge; T Nakamoto; H Hirai; S Narumiya
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2002年05月
      • ROCK and mDia1 antagonize in Rho-dependent Rac activation in Swiss 3T3 fibroblasts
        T Tsuji; T Ishizaki; M Okamoto; C Higashida; K Kimura; T Furuyashiki; Y Arakawa; RB Birge; T Nakamoto; H Hirai; S Narumiya
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2002年05月
      • The prostaglandin receptor EP4 suppresses colitis, mucosal damage and CD4 cell activation in the gut.
        J. Clin. Invest., 2002年
      • The prostaglandin receptor EP4 suppresses colitis, mucosal damage and CD4 cell activation in the gut.
        J. Clin. Invest., 2002年
      • Stimulation of bone formation and prevention of bone loss by prostaglandin E EP4 receptor activation.
        Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 2002年
      • Stimulation of Bone formation and prevention of bone loss by prostaglandin E EP4 receptor activation.
        Proceedings of the National Academy of Sciences of U.S.A., 2002年
      • Coordination of microtubules and actin cytoskeleton by a Rho effector, mDia1.
        Nature Cell Biol.., 2001年
      • Coordination of microtubules and actin cytoskeleton by a Rho effector, mDia1.
        Nature Cell Biology, 2001年
      • Prostaglandin D2 as a mediator of allergic asthma
        Toshiyuki Matsuoka; Masakazu Hirata; Hiroyuki Tanaka; Yoshimasa Takahashi; Takahiko Murata; Kenji Kabashima; Yukihiko Sugimoto; Takuya Kobayashi; Fumitaka Ushikubi; Yoshiya Aze; Naomi Eguchi; Yoshihiro Urade; Nobuaki Yoshida; Kazushi Kimura; Akira Mizoguchi; Yoshihito Honda; Hiroichi Nagai; Shuh Narumiya
        Science, 2000年03月17日
      • Prostaglandin D2 as a mediator of allergic asthma.
        Science, 2000年
      • Prostanoid receptors: Structures, properties, and functions
        S Narumiya; Y Sugimoto; F Ushikubi
        PHYSIOLOGICAL REVIEWS, 1999年10月
      • Abortive expansion of the cumulus and impaired fertility in mice lacking the prostaglandin E receptor subtype EP2
        H Hizaki; E Segi; Y Sugimoto; M Hirose; T Saji; F Ushikubi; T Matsuoka; Y Noda; T Tanaka; N Yoshida; S Narumiya; A Ichikawa
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1999年08月
      • Cooperation between mDia1 and ROCK in Rho-induced actin reorganization
        N Watanabe; T Kato; A Fujita; T Ishizaki; S Narumiya
        NATURE CELL BIOLOGY, 1999年07月
      • An essential part for Rho-associated kinase in the transcellular invasion of tumor cells
        K Itoh; K Yoshioka; H Akedo; M Uehata; T Ishizaki; S Narumiya
        NATURE MEDICINE, 1999年02月
      • Signalling form Rho- to the actin cytoskeleton through protein kinases ROCK and LIM-kinase.
        Science, 1999年
      • Cooperation between mDia and ROCK in Rho-induced actin reorganization.
        Nature Cell Biol., 1999年
      • An essential part for Rho-associated kinase in the transcellular invasion of tumor cells.
        Nature Med., 1999年
      • Signalling from Rho to the actin cytoskeleton through protein kinases ROCK and LIM-kinases
        Science, 1999年
      • Transformation mediated by RhoA requires ROCK family kinase activity.
        Current Biology, 1999年
      • Impaired febrile response in mice lacking the prostaglandin E receptor subtype EP3
        F Ushikubi; E Segi; Y Sugimoto; T Murata; T Matsuoka; T Kobayashi; H Hizaki; K Tuboi; M Katsuyama; A Ichikawa; T Tanaka; N Yoshida; S Narumiya
        NATURE, 1998年09月
      • Role of citron kinase as a target of the small GTPase Rho in cytokinesis
        P Madaule; M Eda; N Watanabe; K Fujisawa; T Matsuoka; H Bito; T Ishizaki; S Narumiya
        NATURE, 1998年07月
      • Molecular dissection of the Rho-associated protein kinase (p160ROCK)-regulated neurite remodeling in neuroblastoma N1E-115 cells
        M Hirose; T Ishizaki; N Watanabe; M Uehata; O Kranenburg; WH Moolenaar; F Matsumura; M Maekawa; H Bito; S Narumiya
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1998年06月
      • Role of citron kinase as a target of the small GTPase Rho in cytokinesis.
        Nature, 1998年
      • Impaired febrile response in mice lacking the prostaglandin E receptor subtype EP3.
        Nature, 1998年
      • Calcium sensitization of smooth muscle mediated by a Rho-associated protein kinase in hypertension
        M Uehata; T Ishizaki; H Satoh; T Ono; T Kawahara; T Morishita; H Tamakawa; K Yamagami; J Inui; M Maekawa; S Narumiya
        NATURE, 1997年10月
      • Calcium sensitization of smooth muscle mediated by a Rho-associated protein kinase in hypertension.
        Nature, 1997年
      • p140 mDia, a mammalian homolog of Drosophila diaphanous, is a target protein for Rho small GTPase and is a ligand for profilin.
        EMBO J., 1997年
      • Failure of parturition in mice lacking the prostaglandin F receptor.
        Science, 1997年
      • Altered pain perception and inflammatory responses in mice lacking prostacyclin receptor.
        Nature, 1997年
      • Sugimoto Y. , et al. Failure of parturition in mice lacking the prostaglandin Freceptor.
        Science., 1997年
      • Murata, T. , et al. Altered pain perception and inflammatory responses in mice lacking prostacyclin receptor.
        Nature., 1997年
      • Ishizaki, t. , et al. p160 ROCK, a Rho-associated coiled-coil forming protein kinase, works downstream of Rho and induces focal adhesions.
        FEBS Lett., 1997年
      • Watanabe, N. , et al. p140 mDia, a mammalian homolog of Drosophilla diaphanous, is a target protein for Rho small GTPase and is a ligand for profilin.
        EMBO J., 1997年
      • The small GTP-binding protein Rho binds to and activates a 160 kDa Ser/Thr protein kinase homologous to myotonic dystrophy kinase
        T Ishizaki; M Maekawa; K Fujisawa; K Okawa; A Iwamatsu; A Fujita; N Watanabe; Y Saito; A Kakizuka; N Morii; S Narumiya
        EMBO JOURNAL, 1996年04月
      • Protein kinase N (PKN) and PKN-related protein rhophilin as targets of small GTPase Rho
        G Watanabe; Y Saito; P Madaule; T Ishizaki; K Fujisawa; N Morii; H Mukai; Y Ono; A Kakizuka; S Narumiya
        SCIENCE, 1996年02月
      • The small GTP-binding protein Rho binds to and activates a 160 kDa Ser/Thr protein kinase homologous to myotonic dystrophy kinase.
        EMBO J., 1996年
      • Protein kinase N (PKN) and PKN-related protein rhophilin as targets of small GTPase Rho.
        Science, 1996年
      • ARG(60) TO LEU MUTATION OF THE HUMAN THROMBOXANE A(2) RECEPTOR IN A DOMINANTLY INHERITED BLEEDING DISORDER
        T HIRATA; A KAKIZUKA; F USHIKUBI; FUSE, I; M OKUMA; S NARUMIYA
        JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 1994年10月
      • INHIBITION OF LYSOPHOSPHATIDATE-INDUCED AND THROMBIN-INDUCED NEURITE RETRACTION AND NEURONAL CELL ROUNDING BY ADP-RIBOSYLATION OF THE SMALL GTP-BINDING PROTEIN-RHO
        K JALINK; EJ VANCORVEN; T HENGEVELD; N MORII; S NARUMIYA; WH MOOLENAAR
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 1994年08月
      • INTERNATIONAL UNION OF PHARMACOLOGY CLASSIFICATION OF PROSTANOID RECEPTORS - PROPERTIES, DISTRIBUTION, AND STRUCTURE OF THE RECEPTORS AND THEIR SUBTYPES
        RA COLEMAN; WL SMITH; S NARUMIYA
        PHARMACOLOGICAL REVIEWS, 1994年06月
      • cDNA Cloning of a Mouse Prostacyclin Receptor.
        The Journal of Biological Chemistry., 1994年
      • A rho-like protein is involved in the organisation of the contractile ring in dividing sand dollar eggs
        Issei Mabuchi; Yukihisa Hamaguchi; Hirotaka Fujimoto; Narito Morii; Masanori Mishima; Shuh Narumiya
        ZYGOTE, 1993年11月
      • ADP-RIBOSYLATION OF RHO P21 INHIBITS LYSOPHOSPHATIDIC ACID-INDUCED PROTEIN-TYROSINE PHOSPHORYLATION AND PHOSPHATIDYLINOSITOL 3-KINASE ACTIVATION IN CULTURED SWISS 3T3 CELLS
        N KUMAGAI; N MORII; K FUJISAWA; Y NEMOTO; S NARUMIYA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年11月
      • CHARACTERIZATION AND CHROMOSOMAL MAPPING OF THE HUMAN THROMBOXANE-A(2) RECEPTOR GENE
        RM NUSING; M HIRATA; A KAKIZUKA; T EKI; K OZAWA; S NARUMIYA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年11月
      • LYSOPHOSPHATIDIC ACID INDUCES TYROSINE PHOSPHORYLATION AND ACTIVATION OF MAP-KINASE AND FOCAL ADHESION KINASE IN CULTURED SWISS 3T3 CELLS
        N KUMAGAI; N MORII; K FUJISAWA; T YOSHIMASA; K NAKAO; S NARUMIYA
        FEBS LETTERS, 1993年08月
      • CLONING AND EXPRESSION OF A CDNA FOR MOUSE PROSTAGLANDIN-E RECEPTOR EP2 SUBTYPE
        A HONDA; Y SUGIMOTO; T NAMBA; A WATABE; A IRIE; M NEGISHI; S NARUMIYA; A ICHIKAWA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1993年04月
      • Alternative splicing of C-terminal tail of prostaglandin E receptor subtype EP3 determines G-protein specificity.
        Nature, 1993年
      • Thromboxane A2 receptor is highly expressed in mouse immature Thymocytes and Mediates DNA fragmentation and spoptosis.
        Jounal of Experimental Medicine., 1993年
      • Alternative splicing of C-terminal tail of prostaglandins E receptor subtype EP3 determines G-protein specificity
        Nature., 1993年
      • Two Isoforms of Prostaglandin E Receptor EP3 Subtype.
        The Journal of Biological Chemistry, 1993年
      • A RHO GENE-PRODUCT IN HUMAN BLOOD-PLATELETS .2. EFFECTS OF THE ADP-RIBOSYLATION BY BOTULINUM C3 ADP-RIBOSYLTRANSFERASE ON PLATELET-AGGREGATION
        N MORII; T TERUUCHI; T TOMINAGA; N KUMAGAI; S KOZAKI; F USHIKUBI; S NARUMIYA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1992年10月
      • Cloning and expression of cDNA for a human thromboxane A2 receptor.
        Nature, 1991年
      • Cloning and expression of cDNA for a human thromboxane A2 receptor
        Masakazu Hirata; Yasunori Hayashi; Fumitaka Ushikubi; Yoshifumi Yokota; Ryoichiro Kageyama; Shigetada Nakanishi; Shuh Narumiya
        Nature, 1991年
      • ASPARAGINE RESIDUE IN THE RHO GENE-PRODUCT IS THE MODIFICATION SITE FOR BOTULINUM ADP-RIBOSYLTRANSFERASE
        A SEKINE; M FUJIWARA; S NARUMIYA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1989年05月
      • Asparagine residue in the rho gene product is the modification site for botulinum ADP-ribosyltransferase.
        J. Biol. Chem., 1989年
      • Purification of the thromboxane A2/prostaglandin H2 receptor from human blood platelets.
        J. Biol. Chem., 1989年
      • INDUCTION OF 68,000-DALTON HEAT-SHOCK PROTEINS BY CYCLOPENTENONE PROSTAGLANDINS - ITS ASSOCIATION WITH PROSTAGLANDIN-INDUCED G1 BLOCK IN CELL-CYCLE PROGRESSION
        K OHNO; M FUKUSHIMA; M FUJIWARA; S NARUMIYA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1988年12月
      • SUBSTRATE FOR BOTULINUM ADP-RIBOSYLTRANSFERASE, GB, HAS AN AMINO-ACID SEQUENCE HOMOLOGOUS TO A PUTATIVE RHO-GENE PRODUCT
        S NARUMIYA; A SEKINE; M FUJIWARA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1988年11月
      • Cholesteryl ester accumulation in macrophages with low density lipoprotein pretreated with cigarette smoke extract.
        Proceedings of the National Academy of Sciences U. S. A., 1988年
      • Site and mechanism of growth inhibition by prostaglandins. I. Active transport and intracellular accumulation of cyclopentenone prostaglandins, a reaction leading to growth inhibition.
        Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 1986年

      Works(作品等)

      • ROCKキナーゼの研究
        自 2004年
      • プロスタノイド受容体の研究
        自 2004年

      受賞

      • 2008年05月
        ダブリン大学, ユリシーズ・メダル
      • 2009年07月09日
        国際炎症学会連合, 炎症研究生涯貢献賞                            
      • 2011年09月06日
        成人血管病研究振興財団, 岡本国際賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • プロスタグランジンによる腫瘍免疫抑制:標的細胞とメカニズムの解明
        基盤研究(A)
        中区分48:生体の構造と機能およびその関連分野
        京都大学
        成宮 周
        自 2020年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        腫瘍微小環境;プロスタグランジン;T/NK 細胞;プロスタグランジンE2;EP4受容体;scRNAseq;CD8+ T cells;myeloid cells;regulatory T cells;dendritic cells;プロスタグランジンE受容体EP2;プロスタグランジンE受容体EP4;免疫細胞;炎症;NFkB;免疫抑制;制御性T細胞;プロスタグランジンE受容体;腫瘍免疫回避;単一細胞RNA解析;mregDC;がん免疫回避;EP2/EP4受容体;マウス担癌モデル
      • 皮膚バリアー制御メカニズムの分子薬理学的研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        成宮 周
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        皮膚バリアー;アトピー性皮膚炎;角化細胞;フィラグリン;lysophosphatidic acid;Rhoシグナル;アリルハイドロカーボン受容体;創傷治癒;LPA;Aryl Hydorcarbon受容体;single cell RNA sequencing;核内受容体;転写因子ネットワーク;アトピー;Aryl Hydrocarbon受容体;炎症;免疫;皮膚バリアー機能;NHEK細胞;リゾフォスファチジン酸(LPA);Rho;ROCK;SRF
      • mDiaが紡ぐアクチン細胞骨格の個体生理での役割と分子メカニズムの解析
        基盤研究(A)
        京都大学
        成宮 周
        自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日, 中途終了
        アクチン細胞骨格;mDia;細胞悪性化;神経可塑性;T細胞シグナリング
      • mDiaが紡ぐアクチン細胞骨格の個体生理での役割と分子メカニズムの解析
        基盤研究(S)
        京都大学
        成宮 周
        自 2014年05月30日, 至 2017年03月31日, 完了
        アクチン;Rho;mDia;シナプス;T細胞;精子形成;皮膚腫瘍;神経可塑性;T 細胞;皮膚がん化;TCRシグナリング;腫瘍形成;アクチン細胞骨格;細胞悪性化
      • 個体での組織構築・恒常性におけるRho-mDia経路の役割
        基盤研究(A)
        京都大学
        成宮 周
        自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日, 完了
        アクチン;細胞骨格;Rho;mDia
      • 個体での組織構築・恒常性におけるRho-mDia経路の役割
        基盤研究(S)
        京都大学
        成宮 周
        自 2011年05月31日, 至 2014年03月31日, 完了
        mDia;actin;Liprin;neuroepithelial polarity;neuronal migration;axon guidance;cytokinesis;tissue architecture;Rho;アクチン細胞骨格;軸索ガイダンス;細胞質分裂;シナプス可塑性;T細胞シグナリング;精子形成;組織恒常性;組織構築;恒常性;組織発生;細胞移動;細胞内情報伝達
      • Rho GTPasesを介する細胞機能の時空間特異的制御と個体での役割
        基盤研究(A)
        京都大学
        成宮 周
        自 2006年04月01日, 至 2007年03月31日, 完了
      • Rho GTPasesを介する細胞機能の時空間特異的制御と個体での役割
        特別推進研究
        生物系
        京都大学
        成宮 周
        自 2006年04月01日, 至 2011年03月31日, 完了
        Rho;アクチン;微小管;細胞周期;細胞質分裂;mDia;ROCK;個体発生;癌化;神経細胞;細胞運動;細胞骨格;Rho GTPase;癌;細胞分裂;Rho GTPases;ROCk;細胞移動;細胞接着;免疫;がん;神経;遺伝子欠損マウス;収縮環;核輸送;がん化
      • プロスタノイド受容体の病態的意義と創薬科学的研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        成宮 周
        自 2001年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
      • 低分子量G蛋白質Rhoの情報伝達と生理的意義の研究
        基盤研究(A)
        京都大学
        成宮 周
        自 2001年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
      • 低分子量G蛋白質Rhoの情報伝達と生理的意義の研究
        特別推進研究
        生物系
        京都大学
        成宮 周
        自 2001年04月01日, 至 2006年03月31日, 完了
        Rho;アクチン;微小管;細胞運動;細胞周期;Cdc42;mDia;ROCK;ミオシン;細胞分裂;KOマウス;ROCK(Rho kinase);神経突起形成;ROCK-II欠損マウス;染色体分離;Rac;神経突起;細胞接着;アクチン細胞骨格;citron-kinase;細胞移動;細胞質分裂, Rho;Actin;microtubules;Cell motility;Cell cycle
      • プロスタイド受容体欠損マウスの骨の解析
        基盤研究(B)
        京都大学
        松下 睦
        自 2000年04月01日, 至 2002年03月31日, 完了
        プロスタグランジン;受容体;ノックアウトマウス;アゴンスト;骨形成;runt-related gene 2(runx2);core-binding factor α1(cbfal);骨形態計測;選択的アゴニスト;core binding factorα1 (cbfal);Bone morphogenetic protein (BMP);マイクロレイ;Core binding factor α1(Cbta1);Bone morphogenetic protein(BMP);マイクロアレイ, prostaglandin;receptor;knockout mouse;agonist;bone formation;runt-related gene 2(runx2);core-binding factor α1;histomorphometry
      • リバース薬理学の展開
        基盤研究(C)
        東京大学
        三品 昌美
        自 1999年04月01日, 至 2000年03月31日, 完了
        創薬;薬理学;リバース薬理学;ゲノム;遺伝子;遺伝情報;機能解析;生命科学
      • 低分子量GTP結合蛋白質Rhoとその標的蛋白質の細胞内機能の研究
        特別推進研究
        生物系
        京都大学
        成宮 周
        自 1996年04月01日, 至 2001年03月31日, 完了
        低分子量G蛋白質Rho;細胞接着;細胞移動;細胞質分裂;ROCKキナーゼ;mDia;アクチン;微小管;Rho;アクチン細胞骨格;ECT-2;アクリン突起;Pho;ストレス・ファイバー;LIMキナーゼ;コフィリン;精子;citronキナーゼ;神経突起;がん浸潤;がん化;シナプス;低分子量GTP結合蛋白質Rho;p160ROCK;ROCK阻害薬;Na-H交換体;蛋白質リン酸化酵素;低分子量G蛋白質 Rho;細胞接着斑;ストレス ファイバー;アクチン重合;p140mDia;インテグリン, Small GTPase Rho;cell adhesion;cell motility;cytokinesis;ROCK kinase;mDia;actin;microtubules
      • プロスタノイド受容体遺伝子欠損マウスの作成と応用
        基盤研究(A)
        京都大学
        牛首 文隆;成宮 周
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        プロスタノイド;プロスタグランジン;トロンボキサン;プロスタノイド受容体;ノックアウトマウス;受容体;遺伝子ノックアウトマウス;ES細胞;C57BL;6;プロスタグラジン;トロンボキサンA_2, prostanoid;prostaglandin;thromboxane;prostanoid receptor;knockout mouse
      • インテグリンを介するシグナル伝達機能と細胞増殖・分化の制御
        基盤研究(A)
        大阪府立母子保健総合医療センター・研究所
        関口 清俊
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        インテグリン;細胞外マトリックス;細胞接着;パキシリン;カドヘリン;平滑筋細胞;ラミニン;膜結合型増殖因子;シグナル伝達;細胞内骨格系;Rho;HB-EGF, Integrin;Extracellular Matrix;Cell Adhesion;PAxillin;Cadherin;Smooth Moscle Cells;Laminin;Membrane-bound Cell Growth Factor
      • 可塑性情報機構
        重点領域研究
        東京大学
        清水 孝雄
        自 1995年04月01日, 至 1999年03月31日, 完了
        脂質メディエーター;プロテインキナーゼC;ホスホリパーゼ;血小板活性化因子;プロスタグランジン;ノックアウトマウス;低分子量Gタンパク;無脳回症;シグナル伝達;開口放出;ホスホリパーゼA_2;Miller-Dieker;グリア細胞;プロスタノイド;神経可塑性;低分子量Gタンパク質, lipid mediators;protein kinase C;phospholipases
      • rho p21の情報伝達経路とその転移、浸潤における役割の解明
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1995年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        rho p21;細胞内情報伝達系;セリン スレオニン キナーゼ;低分子量GTP結合蛋白質;細胞骨格;細胞運動
      • 細胞質分裂におけるrho遺伝子産物の機能
        重点領域研究
        京都大学
        斉藤 雄二
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        rho p21;細胞内情報伝達系;セリン スレオニン キナーゼ;低分子量GTP結合蛋白質;細胞骨格;細胞運動
      • 神経発生、可塑性と低分子量GTP結合蛋白質rhop21
        国際学術研究
        京都大学
        垣塚 彰;成宮 周
        自 1995年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        rhop21;p160ROCK;細胞接着斑;インテグリン;p140mDia;アクチン重合;神経可塑性;細胞接着;rho p21;ボツリヌスC_3酵素;PKN;P160^;細胞形態変化;SH_3, rho p21;p160ROCK;focal adhesion;intergrin;p140mDia;actin polymerization;Neural plasticity;cell adhesion
      • プロスタサイクリン受容体探索子の設計
        基盤研究(A)
        岐阜大学
        鈴木 正昭
        自 1994年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        プロスタサイクリン;イソカルバサイクリン;受容体;15R-TIC;受容体探索子;APNIC;受容体タンパク質;クローニング, Prostacyclin;Isocarbacyclin;Receptor;15R-TIC
      • rho遺伝子産物の細胞内機能とがん細胞形質発現における役割
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        ras類似蛋白質;GTP結合蛋白質;rho遺伝子産物;チロシンリン酸化;蛋白質キナーゼ;細胞接着;細胞運動
      • 細胞質分裂におけるrho遺伝子産物の機能
        重点領域研究
        京都大学
        森井 成人
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        rho遺伝子産物;低分子量GTP結合蛋白質;蛋白質キナーゼ;チロシンリン酸化;細胞質分裂;収縮環
      • 中枢シナプスにおけるプロスタグランジンE受容体サブタイプの構造と機能の解析
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1994年04月01日, 至 1995年03月31日, 完了
        プロスタグランジン;受容体;脳;痛み伝達;睡眠;カチオン・チャネル;プロスタグランジンE;プロスタグランジンD
      • アメリカ大陸を中心としたがん研究先進グループとの研究交流
        国際学術研究
        東京大学
        山本 雅
        自 1994年04月01日, 至 1997年03月31日, 完了
        国際学術;海外派遣;癌;細胞社会学;シグナル伝達;細胞周期;薬品設計;遺伝子治療;ウイルス発癌;細胞接着;癌治療;化学発癌;情報交換;ドラッグデザイン;癌遺伝子治療;癌化学療法;細胞増殖, International Scientific Research;Cancer;Information Exchange;Signal Transduction;Cell Cycle;Cell Adhesion;Drug Design;Gene Therapy
      • プロスタノイド受容体の構造と機能の研究
        一般研究(A)
        京都大学
        成宮 周
        自 1993年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        プロスタグランジン受容体;トロンボキサン受容体;受容体リガンド結合;細胞内情報伝達;受容体アイソフォーム;受容体遺伝子;体内分布;トロンボキサン受容体異常症;プロスタノイド受容体分子進化;プロスタサイクリン受容体体内分布;トロンボキサン受容体アイソフォーム;ラット脳EP_3受容体;プロスタグランジン受容体遺伝子;プロスタグランジン;トロンボキサン;受容体;G蛋白質;情報伝達;血小板異常症;脳内分布;遺伝子;アポプトーシス;胸腺, prostaglandin;thromboxane receptor;ligand binding;signal transduction;receptor isoform;gene receptor;receptor distribution;receptor abnormality
      • 生理活性脂質の生合成酵素と受容体の遺伝子発現に関する研究
        総合研究(A)
        京都大学
        市川 厚
        自 1993年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        PAFアセチルハイドロラーゼ;P450(11β, aldo);シクロオキシゲナーゼ;アルドステロン合成酵素;PGE2受容体サブタイプ;1α,25-(OH)2ビタミンD-24水酸化酵素;ミッドカイン;PAF受容体;P450(11β,aldo);シクロオキシゲナーゼ-2(COX-2);コルチコステロン合成酵素;PGE_2受容体サブタイプ;1α,25-(OH)_2ビタミンD-24水酸化酵素;PAF受容体遺伝子;アラキドン酸;プロスタグランジン;PAF;ステロイド産生;レチノイン酸;ホスホリパーゼA_2;リポキシゲナーゼ, PAF acetylhydrolase;P450 (11beta, aldo);cyclooxygenase;aldosterone synthetase;PGE2 receptor subtypes;1alpha, 25-dihydroxyvitamin D3-24-hydroxylase;midkine;PAF receptor
      • 低分子量GTP結合蛋白質の作用機構と役割
        重点領域研究
        岐阜大学
        野澤 義則;野沢 義則
        自 1993年04月01日, 至 1996年03月31日, 完了
        低分子量GTP結合蛋白質;細胞内小胞輸送;ADPリボシル化;リン酸化;情報伝達;酵母, Small GTP-binding protein;Vesicle transport;ADP-ribosylation;Phosphorylation;Signal transduction
      • 中枢シナプスにおけるプロスタグランジンE受容体EP_3サブタイプの分布と機能の解析
        重点領域研究
        京都大学
        籾山 俊彦
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        PGE受容体;EP_3サブタイプ;クローン化;パッチクランブ;背側縫線核;in situハイブリダイゼーション法
      • rhoがん遺伝子産物の機能とこれを介する情報伝達経路の研究
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1993年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        低分子量GTP結合蛋白質;rho遺伝子産物;リゾホスファチジン酸;チロシンリン酸化;PI3キナーゼ;rho-GAP;細胞質分裂;ウニ卵;rho蛋白質;GTP結合蛋白質;細胞骨格;細胞接着;ボツリヌスC3酵素;ADPリボシル化;インテグリン
      • プロスタグランジン受容体の分子構造と機能の研究
        一般研究(B)
        京都大学
        成宮 周
        自 1992年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        プロスタグランジン;EP_2受容体;EP_3受容体;トロンボキサン受容体遺伝子
      • 血管内皮及び平滑筋プロスタグランジン受容体とこれを介する収縮弛緩機構の研究
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1992年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        プロスタグランジン受容体;G蛋白質;rho遺伝子産物;サイクリックAMP;細胞接着;インテグリン;アクチン;プロスタグランジンE
      • 一次求心性C線維の神経回路と機能的意義
        重点領域研究
        名古屋大学
        熊澤 孝朗
        自 1991年04月01日, 至 1994年03月31日, 完了
        一次求心性C線維;痛覚;受容体クローニング;ブラジキニン;ブロスタグランジン;オピオイド;神経伝達物質;細胞内シグナル伝達;受容体クロ-ニング;プロスタグランジン
      • プロスタグランジン受容体の分子構造と機能の研究
        一般研究(B)
        京都大学
        成宮 周
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        プロスタグランジン;受容体;cDNAクロ-ニング;遺伝子;GTP結合蛋白質;トロンボキサン
      • 低分子量GTP結合蛋白質(ras蛋白質以外)の構造と機能に関する研究
        総合研究(A)
        岐阜大学
        野沢 義則
        自 1991年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        低分子量;GTP結分蛋白質;ボツリヌス毒素;酵母;哺乳類;分泌;ADPリボシル化;GTP結合蛋白質, Low molecular weight;GTP-binding protein;Botulinum toxin;Yeast;Mammalian;Secretion;ADP-ribosylation
      • 血管内皮及び平滑筋プロスタグランジン受容体とこれを介する収縮弛緩機構の研究
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        プロスタグランジンE受容体;トロンボキサン受容体;アラキドン酸代謝物;cDNAクロ-ニング;PCR;ロドプシン型受容体
      • rhoがん遺伝子産物の機能とこれを介する情報伝達経路の研究
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1991年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        rhoがん遺伝子;低分子量GTP結合蛋白質;ADPリボシル化;ボツリヌスC_3酵素;ras類似蛋白質;細胞骨格;細胞接着;細胞増殖
      • rhoがん遺伝子産物の機能とこれを介する情報伝達経路の研究
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1990年04月01日, 至 1991年03月31日, 完了
        ___ーがん遺伝子;rasがん遺伝子;低分子量GTP結合蛋白質;ボツリヌス酵素;遺伝子クロ-ニング;細胞増殖;細胞表現型;GTPase活性化蛋白(GAP)
      • 脳の老化やアルツハイマ-病変における低分子量GTP結合蛋白質Gbの役割
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1990年04月01日, 至 1991年03月31日, 完了
        低分子量GTP結合蛋白質;rho蛋白質(Gb);ADPリボシル化;神経分化;GTPase活性化蛋白質(GAP);情報伝達
      • ボツリヌス菌由来のADPリボシル化酵素による神経突起誘導の分子機構の解析
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1990年04月01日, 至 1991年03月31日, 完了
        神経細胞;神経突起;低分子量GTP結合蛋白質;rho蛋白質;ボツリヌス酵素;ADPリボシル化;脊髄神経節;GTPase活性化蛋白(GAP)
      • 粥状動脈硬化発症機構に関する研究
        国際学術研究
        京都大学
        北 徹
        自 1990年04月01日, 至 1993年03月31日, 完了
        マクロファージ;酸化LDL;酸化LDL受容体;リゾフォスファチジルコリン;ICAM-1;MCP-1;アポAーI;HDL;酸化HDL;動脈硬化;マクロファ-ジ;モノクロナ-ル抗体;平滑筋細胞;粥状動脈硬化;家族性高コレステロ-ル血症, Macrophage;Oxidized LDL;Oxidized LDL receptor;Lyso-phosphatidyl-choline;ICAM-1;MCP-1
      • 脳の老化やアルツハイマ-病変における低分子量GTP結合蛋白質Gbの役割
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1989年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        脳;神経細胞;ADPリボシル化;GTP結合蛋白質;rasがん遺伝子;rho遺伝子;ボツリヌス;分化
      • ボツリヌス神経毒素による新しいGTP結合蛋白の発見とその生理機能の解析
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1989年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        GTP結合蛋白質;ボツリヌス毒素;ADPリボシル化
      • ボツリヌス毒素によりADPリボシル化される新しいGTP結合蛋白質,Gbの研究
        一般研究(B)
        京都大学
        成宮 周
        自 1989年04月01日, 至 1991年03月31日, 完了
        ボツリヌス菌体外酵素;ADPリボシル化;GTP結合蛋白質;rho遺伝子産物;細胞骨格;細胞接着;アクチンフィラメント;ras遺伝子;ボツリヌスC_3酵素;Gb;GTPase活性化蛋白質(GAP);情報伝達;ボツリヌス毒素;rho遺伝子;培養細胞, botulinum exoenzyme;ADP-ribosylation;GTP binding protein;rho.gene product;cytoskeleton;cell adhesion;actin filament;ras gene
      • 低酸素環境下における血管系の神経情報変換・伝達機構
        一般研究(B)
        京都大学
        藤原 元始
        自 1989年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        低酸素;交感神経;クロマフィン細胞;カテコ-ルアミン;カルシウムイオン;ニコチン受容体;カルシウムチャンネル
      • 粥状動脈硬化症の伐因に関する基礎的研究
        総合研究(A)
        京都大学
        北 徹
        自 1989年04月01日, 至 1992年03月31日, 完了
        WHHLウサギ;動脈硬化;平滑筋細胞;マクロファ-ジ;LDL;HDL;酸化LDL;リポタンパクリパ-ゼ;血管内皮細胞;泡沫細胞, WHHL rabbit;Atherosclerosis;Smooth muscle cell;Macrophages;LDL;HDL;Oxidized LDL
      • 薬への応用を目差したアラキドン酸代謝制御とそれによる細胞情報伝達の生化学的解明
        総合研究(A)
        京都大学
        市川 厚
        自 1989年04月01日, 至 1991年03月31日, 完了
        アラキドン酸代謝;プロスタグランジン;リポキシゲナ-ゼ;レセプタ-;αリノレン酸;細胞情報伝達;ロイコトリエン;αーリノレン酸;α-リノレン酸, arachidonic acid metabolism;prostaglandin;lipoxygenase;receptor;alpha-linolenate;signal transduction;leukotriens
      • 動脈硬化発生に関与するLDLの修飾過程の解明とその予防並びに治療法の開発
        試験研究
        京都大学
        北 徹
        自 1988年04月01日, 至 1990年03月31日, 完了
        酸化LDL;動脈硬化;酸化LDL受容性;抗酸化剤;泡沫細胞;酸化LDL受容体;泡洙細胞;マクロファージ;修飾LDL;受容体;スーパーオキサイド, Oxidized LDL;Antioxidant;Atherosclerosis;Foam cell;Oxidized LDL receptor
      • ボツリヌス神経毒素による新しいGTP結合蛋白の発見とその生理機能の解析
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1988年04月01日, 至 1989年03月31日, 完了
        ボツリヌス毒素;ADPリボシル化反応;GTP結合蛋白質;rho遺伝子産物;ras発癌遺伝子;細胞内情報伝達;神経系;部分アミノ酸配列
      • 神経終末に存在するボツリヌス神経毒素標的蛋白の検出とシナプス機能に於ける役割の解明
        重点領域研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1988年04月01日, 至 1989年03月31日, 完了
        ボツリヌス毒素;脳神経系;ADPリボシル化;GTP結合蛋白;rho遺伝子;神経細胞機能;アメフラシ神経節
      • プロスタグランジンの細胞内取り込みと作用発現機構の研究
        一般研究(C)
        京都大学
        成宮 周
        自 1987年04月01日, 至 1988年03月31日, 完了
        プロスタグランジン;細胞周期;G_1期停止;培養細胞;蛋白合成;蛋白合成阻害剤;熱ショック蛋白
      • 血管スパスムにおけるCaイオン動態と役割:受容体作動性Caイオンチャンネル
        特定研究
        京都大学
        藤原 元始
        自 1987年04月01日, 至 1988年03月31日, 完了
        脈動脈;受容体作動性Caチャンネル
      • ヒト脳よりのプロスタグランジンE合成酵素の精製とそれに対する抗体の作製
        一般研究(C)
        京都大学
        成宮 周
        自 1986年04月01日, 至 1987年03月31日, 完了
        プロスタグラジンE合成酵素;グルタチオントランスフェラーゼ;ヒト脳;神経細胞;アストログリア細胞;抗酵素抗体;免疫組織化学
      • 動脈硬化の発症機構に関する研究
        一般研究(B)
        京都大学
        北 徹
        自 1986年04月01日, 至 1988年03月31日, 完了
        動脈硬化;家族性高コレステロール血症;プロスタグランディン;リポタンパク;コレステロール, Atherosclerosis;Familial Hypercholesterolemia;Prostaglandin,Lipoprotein
      • ヒト脳血管スパスムにおけるCaイオンの動態と役割
        特定研究
        京都大学
        藤原 元始
        自 1986年04月01日, 至 1987年03月31日, 完了
        脳血管スパスム;内皮細依存性収縮;内皮細胞由来TX【A_2】様物質;VOC;ROC
      • ヒト脳血管〓縮物質の同定及び拮抗物質の探索
        試験研究
        京都大学
        藤原 元始
        自 1985年04月01日, 至 1988年03月31日, 完了
        脳血管〓縮物質;内皮細胞由来血管収縮物質;TXA2-様物質;脳血管攣縮;クモ膜下出血;内皮細胞依存性収縮因子;TX【A_2】様物質;脳脊髄液;脳血管;内皮細胞, Subarachnoid hemorrhage;Cerebrospinal fluid;Endothelium-dependent contraction
      • 興奮性細胞膜でのプロスタグランジン作用の発現メカニズムの研究
        特定研究
        京都大学
        成宮 周
        自 1985年04月01日, 至 1986年03月31日, 完了
        プロスタグランジン;増殖阻害作用;細胞内取り込み;能動輸送系;トロンボキサン;受容体;血小板;作用機構
      • AhRの新規内因性リガンドの同定による新しい生物学の創生
        挑戦的研究(萌芽)
        中区分48:生体の構造と機能およびその関連分野
        京都大学
        成宮 周
        自 2022年06月30日, 至 2024年03月31日, 交付
        芳香族炭化水素受容体 (AhR);keratinocytes;CYP1A1;fillagrin;tryptophan;NHEK細胞;HPLC;AhR;皮膚角化細胞;トリプトファン代謝;フィラグリン

      外部資金:その他

      • 次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点
        文部科学省 イノベーションシステム整備事業
        自 2007年, 至 2016年
        成宮 周
      • みずほ情報総研株式会社 企業等の実証・評価設備等の整備
        自 2013年, 至 2013年
        成宮 周
      • 次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点 (平成26年度分)
        文部科学省 イノベーションシステム整備事業
        自 2014年04月01日, 至 2015年03月31日
        成宮 周
      • 次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点 (平成27年度分)
        文部科学省 地域産学官連携科学技術振興事業費補助金
        自 2015年04月01日, 至 2016年03月31日
        成宮 周
      • 次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点 (平成28年度分)
        地域産学官連携科学技術振興事業費補助金
        自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
        成宮 周
      • プロスタグランジンを引き金とする炎症慢性化機構の解明とがん・代謝・精神疾患で の役割解明
        科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)
        自 2011年, 至 2015年
        代表
      • NSAIDs過敏気道疾患の原因、発症機序解明とガイド ライン作成に関する研究
        厚生労働省科研費補助金
        自 2011年, 至 2013年
        分担
      list
        Last Updated :2024/04/02

        教育

        担当科目

        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          分子細胞薬理学セミナー
          通年不定, 医学研究科
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          分子細胞薬理学セミナー
          通年不定, 医学研究科
        list
          Last Updated :2024/04/02

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 副研究科長
          • Globa COE 拠点リーダー
          • 科学技術振興調整費 「次世代免疫制御を目指す創薬医薬融合拠点」(拠点執行責任者)
          • メディカルイノベーションセンター長

          部局運営(役職等)

          • 副研究科長
          • 将来計画検討委員
          • 教員・職員の待遇改善WG
          • iPS細胞研究所協議委員
          • 先端医療センター設置検討小委員会委員
          • 至 2015年09月30日
            「次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点」機構運営委員会
          • 至 2015年09月30日
            「次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点」研究推進委員会
          • 至 2015年09月30日
            「次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点」開発推進委員会
          • 京都大学「医学領域」産学連携推進機構会議
          list
            Last Updated :2024/04/02

            学術・社会貢献

            委員歴

            • 自 2005年
              会長, 日本生化学会
            • 評議員, 日本細胞生物学会
            • 評議員, 日本癌学会
            • 理事, 日本薬理学会

            ページ上部へ戻る