教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

小柳 義夫

コヤナギ ヨシオ

国際高等教育院 特定教授

小柳 義夫
list
    Last Updated :2022/08/09

    基本情報

    協力講座

    • 医学研究科, 医学専攻 感染病態学, 教授
    • 医学研究科, 医科学専攻 感染病態学, 教授
    • 薬学研究科, 薬科学専攻 分子ウイルス学, 教授

    所属学協会

    • 日本免疫学会
    • 日本ウイルス学会
    • 日本エイズ学会
    • 日本癌学会

    学位

    • 博士(医学)(京都大学)

    出身大学院・研究科等

    • 京都大学, 大学院医学研究科博士課程, 修了

    出身学校・専攻等

    • 熊本大学, 医学部医学科, 卒業

    経歴

    • 自 1999年, 至 2001年
      東北大学大学院医学系研究科 教授, Graduate School of Medicine
    • 自 1999年, 至 2001年
      東北大学
    • 自 1994年, 至 1999年
      東京医科歯科大学
    • 自 1994年, 至 1999年
      東京医科歯科大学医学部 助教授, Faculty of Medicine
    • 自 1992年, 至 1994年
      東京医科歯科大学医学部 講師, Faculty of Medicine
    • 自 1992年, 至 1994年
      東京医科歯科大学
    • 自 1990年, 至 1992年
      東京医科歯科大学医学部 助手, Faculty of Medicine
    • 自 1990年, 至 1992年
      東京医科歯科大学
    • 自 1989年, 至 1990年
      山口大学
    • 自 1989年, 至 1990年
      山口大学医学部 助手, School of Medicine

    使用言語

    • 英語

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/08/09

      研究

      研究テーマ・研究概要

      • 研究テーマ

        ヒト病原性ウイルスの解析と治療法の開発
      • 研究概要

        エイズウイルスであるHIV、そして、脳炎やがんの原因となるヘルペスウイルスの分子生物学と治療法の開発を行っている。とくに、われわれ宿主にもともと存在するウイルス抑制因子の作用メカニズムの解明をめざしている。そのためにヒトの血液幹細胞を移植したヒト化マウスをつかっている。

      研究キーワード

      • エイズウイルス
      • Virus
      • AIDS

      研究分野

      • ライフサイエンス, 免疫学
      • ライフサイエンス, 分子生物学
      • ライフサイエンス, ウイルス学

      論文

      • エイズウイルス侵入のメカニズム
        小柳 義夫
        日本エイズ学会誌 = The journal of AIDS research, 2001年05月20日
      • 第6回ヒトレトロウイルスと日和見感染症学会-基礎
        小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 1999年
      • HIVの細胞指向性
        小柳 義夫
        ウイルス, 1998年12月01日
      • HIV‐1 tracing method of systemic viremia in vivo using an artificially mutated virus pool
        Andrew Soper; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        Microbiology and Immunology, 2021年01月07日
      • Antithetic effect of interferon-α on cell-free and cell-to-cell HIV-1 infection.
        Ryuichi Kumata; Shoya Iwanami; Katrina B Mar; Yusuke Kakizoe; Naoko Misawa; Shinji Nakaoka; Yoshio Koyanagi; Alan S Perelson; John W Schoggins; Shingo Iwami; Kei Sato
        PLoS computational biology, 2022年04月
      • Correction: HIV-1 competition experiments in humanized mice show that APOBEC3H imposes selective pressure and promotes virus adaptation.
        Yusuke Nakano; Naoko Misawa; Guillermo Juarez-Fernandez; Miyu Moriwaki; Shinji Nakaoka; Takaaki Funo; Eri Yamada; Andrew Soper; Rokusuke Yoshikawa; Diako Ebrahimi; Yuuya Tachiki; Shingo Iwami; Reuben S Harris; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        PLoS pathogens, 2017年09月
      • Comprehensive Investigation on the Interplay between Feline APOBEC3Z3 Proteins and Feline Immunodeficiency Virus Vif Proteins.
        Yusuke Kosugi; Keiya Uriu; Narumi Suzuki; Keisuke Yamamoto; Shumpei Nagaoka; Izumi Kimura; Yoriyuki Konno; Hirofumi Aso; Brian J Willett; Tomoko Kobayashi; Yoshio Koyanagi; Mahoko Takahashi Ueda; Jumpei Ito; Kei Sato
        Journal of virology, 2021年06月10日
      • HIV‐1感染モデル 免疫不全マウスを用いた疾患モデル:―免疫不全マウスを用いた疾患モデル―
        小柳 義夫; 田中 勇悦; 伊藤 守; 上山 義人
        日本疾患モデル学会記録, 1997年
      • CAGE-Seq Reveals that HIV-1 Latent Infection Does Not Trigger Unique Cellular Responses in a Jurkat T Cell Model
        Hiroyuki Matsui; Kotaro Shirakawa; Yoshinobu Konishi; Shigeki Hirabayashi; Anamaria Daniela Sarca; Hirofumi Fukuda; Ryosuke Nomura; Emani Stanford; Yoshihito Horisawa; Yasuhiro Kazuma; Tadahiko Matsumoto; Hiroyuki Yamazaki; Yasuhiro Murakawa; Emilie Battivelli; Eric Verdin; Yoshio Koyanagi; Akifumi Takaori-Kondo
        Journal of Virology, 2021年01月27日
      • Endogenous retroviruses drive KRAB zinc-finger protein family expression for tumor suppression.
        Jumpei Ito; Izumi Kimura; Andrew Soper; Alexandre Coudray; Yoshio Koyanagi; Hirofumi Nakaoka; Ituro Inoue; Priscilla Turelli; Didier Trono; Kei Sato
        Science advances, 2020年10月
      • SARS-CoV-2 ORF3b Is a Potent Interferon Antagonist Whose Activity Is Increased by a Naturally Occurring Elongation Variant.
        Yoriyuki Konno; Izumi Kimura; Keiya Uriu; Masaya Fukushi; Takashi Irie; Yoshio Koyanagi; Daniel Sauter; Robert J Gifford; So Nakagawa; Kei Sato
        Cell reports, 2020年09月22日
      • A role for gorilla APOBEC3G in shaping lentivirus evolution including transmission to humans
        Yusuke Nakano; Keisuke Yamamoto; Mahoko Takahashi Ueda; Andrew Soper; Yoriyuki Konno; Izumi Kimura; Keiya Uriu; Ryuichi Kumata; Hirofumi Aso; Naoko Misawa; Shumpei Nagaoka; Soma Shimizu; Keito Mitsumune; Yusuke Kosugi; Guillermo Juarez-Fernandez; Jumpei Ito; So Nakagawa; Terumasa Ikeda; Yoshio Koyanagi; Reuben S. Harris; Kei Sato
        PLOS Pathogens, 2020年09月10日
      • Quantifying the antiviral effect of APOBEC3 on HIV-1 infection in humanized mouse model
        Tatsuya Kurusu; Kwang Su Kim; Yoshiki Koizumi; Shinji Nakaoka; Keisuke Ejima; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi; Kei Sato; Shingo Iwami
        Journal of Theoretical Biology, 2020年08月, 査読有り
      • Multiomics Investigation Revealing the Characteristics of HIV-1-Infected Cells In Vivo.
        Hirofumi Aso; Shumpei Nagaoka; Eiryo Kawakami; Jumpei Ito; Saiful Islam; Benjy Jek Yang Tan; Shinji Nakaoka; Koichi Ashizaki; Katsuyuki Shiroguchi; Yutaka Suzuki; Yorifumi Satou; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        Cell reports, 2020年07月14日, 査読有り
      • N4BP1 restricts HIV-1 and its inactivation by MALT1 promotes viral reactivation.
        Yamasoba, D; Sato, K; Ichinose, T; Imamura, T; Koepke, L; Joas, S; Reith, E; Hotter, D; Misawa, N; Akaki, K; Uehata, T; Mino, T; Miyamoto, S; Noda, T; Yamashita, A; Standley, D.M; Kirchhoff, F; Sauter, D; Koyanagi, Y; Takeuchi, O
        Nature Microbiology, 2019年05月, 査読有り
      • Comparative Description of the Expression Profile of Interferon-Stimulated Genes in Multiple Cell Lineages Targeted by HIV-1 Infection.
        Hirofumi Aso; Jumpei Ito; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        Frontiers in microbiology, 2019年, 査読有り
      • インターフェロンのインパクト MALT1によるN4BP1の分解は潜伏感染HIV-1の再活性化を促進する
        山岨 大智; 佐藤 佳; 小柳 義夫; 竹内 理
        日本エイズ学会誌, 2018年11月
      • A naturally occurring feline APOBEC3 variant that loses anti-lentiviral activity by lacking two amino acid residues.
        Yoriyuki Konno; Shumpei Nagaoka; Izumi Kimura; Mahoko Takahashi Ueda; Ryuichi Kumata; Jumpei Ito; So Nakagawa; Tomoko Kobayashi; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        The Journal of general virology, 2018年05月, 査読有り
      • Author Correction: Dynamics and mechanisms of clonal expansion of HIV-1-infected cells in a humanized mouse model.
        Yorifumi Satou; Hiroo Katsuya; Asami Fukuda; Naoko Misawa; Jumpei Ito; Yoshikazu Uchiyama; Paola Miyazato; Saiful Islam; Ariberto Fassati; Anat Melamed; Charles R M Bangham; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        Scientific reports, 2018年04月25日, 査読有り
      • New World feline APOBEC3 potently controls inter-genus lentiviral transmission
        Yoriyuki Konno; Shumpei Nagaoka; Izumi Kimura; Keisuke Yamamoto; Yumiko Kagawa; Ryuichi Kumata; Hirofumi Aso; Mahoko Takahashi Ueda; So Nakagawa; Tomoko Kobayashi; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        Retrovirology, 2018年04月10日, 査読有り
      • Experimental adaptive evolution of simian immunodeficiency virus SIVcpz to pandemic human immunodeficiency virus type 1 by using a humanized mouse model
        Kei Sato; Naoko Misawa; Junko S. Takeuchi; Tomoko Kobayashi; Taisuke Izumi; Hirofumi Aso; Shumpei Nagaoka; Keisuke Yamamoto; Izumi Kimura; Yoriyuki Konno; Yusuke Nakano; Yoshio Koyanagi
        Journal of Virology, 2018年02月01日, 査読有り
      • Different effects of two mutations on the infectivity of Ebola virus glycoprotein in nine mammalian species
        Yohei Kurosaki; Mahoko Takahashi Ueda; Yusuke Nakano; Jiro Yasuda; Yoshio Koyanagi; Kei Sato; So Nakagawa
        Journal of General Virology, 2018年02月01日, 査読有り
      • Type I interferon responses by HIV-1 infection: Association with disease progression and control
        Andrew Soper; Izumi Kimura; Shumpei Nagaoka; Yoriyuki Konno; Keisuke Yamamoto; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        Frontiers in Immunology, 2018年01月15日, 査読有り
      • Human-Specific Adaptations in Vpu Conferring Anti-tetherin Activity Are Critical for Efficient Early HIV-1 Replication In Vivo.
        Yamada E; Nakaoka S; Klein L; Reith E; Langer S; Hopfensperger K; Iwami S; Schreiber G; Kirchhoff F; Koyanagi Y; Sauter D; Sato K
        Cell host & microbe, 2018年01月10日, 査読有り
      • Broad-spectrum antiviral agents: secreted phospholipase A(2) targets viral envelope lipid bilayers derived from the endoplasmic reticulum membrane
        Ming Chen; Chie Aoki-Utsubo; Masanori Kameoka; Lin Deng; Yutaka Terada; Wataru Kamitani; Kei Sato; Yoshio Koyanagi; Makoto Hijikata; Keiko Shindo; Takeshi Noda; Michinori Kohara; Hak Hotta
        SCIENTIFIC REPORTS, 2017年11月, 査読有り
      • Dynamics and mechanisms of clonal expansion of HIV-1-infected cells in a humanized mouse model.
        Yorifumi Satou; Hiroo Katsuya; Asami Fukuda; Naoko Misawa; Jumpei Ito; Yoshikazu Uchiyama; Paola Miyazato; Saiful Islam; Ariberto Fassati; Anat Melamed; Charles R M Bangham; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        Scientific reports, 2017年07月31日, 査読有り
      • Feline Immunodeficiency Virus Evolutionarily Acquires Two Proteins, Vif and Protease, Capable of Antagonizing Feline APOBEC3
        Rokusuke Yoshikawa; Junko S. Takeuchi; Eri Yamada; Yusuke Nakano; Naoko Misawa; Yuichi Kimura; Fengrong Ren; Takayuki Miyazawa; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2017年06月, 査読有り
      • A conflict of interest: the evolutionary arms race between mammalian APOBEC3 and lentiviral Vif
        Yusuke Nakano; Hirofumi Aso; Andrew Soper; Eri Yamada; Miyu Moriwaki; Guillermo Juarez-Fernandez; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        RETROVIROLOGY, 2017年05月, 査読有り
      • HIV-1 competition experiments in humanized mice show that APOBEC3H imposes selective pressure and promotes virus adaptation
        Yusuke Nakano; Naoko Misawa; Guillermo Juarez-Fernandez; Miyu Moriwaki; Shinji Nakaoka; Takaaki Funo; Eri Yamada; Andrew Soper; Rokusuke Yoshikawa; Diako Ebrahimi; Yuuya Tachiki; Shingo Iwami; Reuben S. Harris; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        PLOS PATHOGENS, 2017年05月, 査読有り
      • Various plus unique: Viral protein U as a plurifunctional protein for HIV-1 replication
        Andrew Soper; Guillermo Juarez-Fernandez; Hirofumi Aso; Miyu Moriwaki; Eri Yamada; Yusuke Nakano; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        EXPERIMENTAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2017年04月, 査読有り
      • Functional mutations in spike glycoprotein of Zaire ebolavirus associated with an increase in infection efficiency
        Mahoko Takahashi Ueda; Yohei Kurosaki; Taisuke Izumi; Yusuke Nakano; Olamide K. Oloniniyi; Jiro Yasuda; Yoshio Koyanagi; Kei Sato; So Nakagawa
        Genes to Cells, 2017年02月01日, 査読有り
      • APOBEC3 proteins can copackage and comutate HIV-1 genomes
        Belete A. Desimmie; Ryan C. Burdick; Taisuke Izumi; Hibiki Doi; Wei Shao; W. Gregory Alvord; Kei Sato; Yoshio Koyanagi; Sara Jones; Eleanor Wilson; Shawn Hill; Frank Maldarelli; Wei-Shau Hu; Vinay K. Pathak
        NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 2016年09月, 査読有り
      • A naturally occurring bovine APOBEC3 confers resistance to bovine lentiviruses: implication for the co-evolution of bovids and their lentiviruses
        Eri Yamada; Rokusuke Yoshikawa; Yusuke Nakano; Naoko Misawa; Tomoko Kobayashi; Fengrong Ren; Taisuke Izumi; Takayuki Miyazawa; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年09月, 査読有り
      • Association of lymph-node antigens with lower Gag-specific central-memory and higher Env-specific effector-memory CD8(+) T-cell frequencies in a macaque AIDS model
        Hiroshi Ishii; Saori Matsuoka; Takushi Nomura; Midori Nakamura; Teiichiro Shiino; Yuko Sato; Naoko Iwata-Yoshikawa; Hideki Hasegawa; Kazuta Mizuta; Hiromi Sakawaki; Tomoyuki Miura; Yoshio Koyanagi; Taeko K. Naruse; Akinori Kimura; Tetsuro Matano
        SCIENTIFIC REPORTS, 2016年07月, 査読有り
      • Anti-HIV-1 potency of the CRISPR/Cas9 system insufficient to fully inhibit viral replication
        Shuhei Ueda; Hirotaka Ebina; Yuka Kanemura; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2016年07月, 査読有り
      • Small ruminant lentiviral Vif proteins commonly utilize cyclophilin A, an evolutionarily and structurally conserved protein, to degrade ovine and caprine APOBEC3 proteins
        Rokusuke Yoshikawa; Taisuke Izumi; Yusuke Nakano; Eri Yamada; Miyu Moriwaki; Naoko Misawa; Fengrong Ren; Tomoko Kobayashi; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2016年06月, 査読有り
      • Species-specific differences in the ability of feline lentiviral Vif to degrade feline APOBEC3 proteins
        Rokusuke Yoshikawa; Yusuke Nakano; Eri Yamada; Taisuke Izumi; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2016年04月, 査読有り
      • Quantifying the effect of Vpu on the promotion of HIV-1 replication in the humanized mouse model
        Hiroki Ikeda; Shinji Nakaoka; Rob J. de Boer; Satoru Morita; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi; Kazuyuki Aihara; Kei Sato; Shingo Iwami
        RETROVIROLOGY, 2016年04月, 査読有り
      • Characterization of RyDEN (C19orf66) as an Interferon-Stimulated Cellular Inhibitor against Dengue Virus Replication
        Youichi Suzuki; Wei-Xin Chin; Qi'En Han; Koji Ichiyama; Ching Hua Lee; Zhi Wen Eyo; Hirotaka Ebina; Hirotaka Takahashi; Chikako Takahashi; Beng Hui Tan; Takayuki Hishiki; Kenji Ohba; Toshifumi Matsuyama; Yoshio Koyanagi; Yee-Joo Tan; Tatsuya Sawasaki; Justin Jang Hann Chu; Subhash G. Vasudevan; Kouichi Sano; Naoki Yamamoto
        PLOS PATHOGENS, 2016年01月, 査読有り
      • A Naturally Occurring Domestic Cat APOBEC3 Variant Confers Resistance to Feline Immunodeficiency Virus Infection
        Rokusuke Yoshikawa; Taisuke Izumi; Eri Yamada; Yusuke Nakano; Naoko Misawa; Fengrong Ren; Michael A. Carpenter; Terumasa Ikeda; Carsten Muenk; Reuben S. Harris; Takayuki Miyazawa; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2016年01月, 査読有り
      • Perspectives of Genome-Editing Technologies for HIV Therapy
        Hirotaka Ebina; Peter Gee; Yoshio Koyanagi
        CURRENT HIV RESEARCH, 2016年, 査読有り
      • [Interplay between HIV-1 and APOBEC].
        Sato K; Koyanagi Y
        Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society, 2016年, 査読有り
      • Coevolutionary dynamics between tribe Cercopithecini tetherins and their lentiviruses
        Junko S. Takeuchi; Fengrong Ren; Rokusuke Yoshikawa; Eri Yamada; Yusuke Nakano; Tomoko Kobayashi; Kenta Matsuda; Taisuke Izumi; Naoko Misawa; Yuta Shintaku; Katherine S. Wetzel; Ronald G. Collman; Hiroshi Tanaka; Vanessa M. Hirsch; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年11月, 査読有り
      • Cell-to-cell infection by HIV contributes over half of virus infection
        Shingo Iwami; Junko S. Takeuchi; Shinji Nakaoka; Fabrizio Mammano; Francois Clavel; Hisashi Inaba; Tomoko Kobayashi; Naoko Misawa; Kazuyuki Aihara; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        ELIFE, 2015年10月, 査読有り
      • Experimental evaluation of the zoonotic infection potency of simian retrovirus type 4 using humanized mouse model
        Kei Sato; Tomoko Kobayashi; Naoko Misawa; Rokusuke Yoshikawa; Junko S. Takeuchi; Tomoyuki Miura; Munehiro Okamoto; Jun-ichirou Yasunaga; Masao Matsuoka; Mamoru Ito; Takayuki Miyazawa; Yoshio Koyanagi
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年09月, 査読有り
      • Down-modulation of primate lentiviral receptors by Nef proteins of simian immunodeficiency virus (SIV) of chimpanzees (SIVcpz) and related SIVs: implication for the evolutionary event at the emergence of SIVcpz
        Yusuke Nakano; Kenta Matsuda; Rokusuke Yoshikawa; Eri Yamada; Naoko Misawa; Vanessa M. Hirsch; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 2015年09月, 査読有り
      • Pandemic HIV-1 Vpu overcomes intrinsic herd immunity mediated by tetherin
        Shingo Iwami; Kei Sato; Satoru Morita; Hisashi Inaba; Tomoko Kobayashi; Junko S. Takeuchi; Yuichi Kimura; Naoko Misawa; Fengrong Ren; Yoh Iwasa; Kazuyuki Aihara; Yoshio Koyanagi
        SCIENTIFIC REPORTS, 2015年07月, 査読有り
      • Vif determines the requirement for CBF-f3 in APOBEC3 degradation
        Rokusuke Yoshikawa; Junko S. Takeuchi; Eri Yamada; Yusuke Nakano; Fengrong Ren; Hiroshi Tanaka; Carsten Muenk; Reuben S. Harris; Takayuki Miyazawa; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 2015年04月, 査読有り
      • Impacts of Humanized Mouse Models on the Investigation of HIV-1 Infection: Illuminating the Roles of Viral Accessory Proteins in Vivo
        Eri Yamada; Rokusuke Yoshikawa; Yusuke Nakano; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi; Kei Sato
        VIRUSES-BASEL, 2015年03月, 査読有り
      • A High Excision Potential of TALENs for Integrated DNA of HIV-Based Lentiviral Vector
        Hirotaka Ebina; Yuka Kanemura; Naoko Misawa; Tetsushi Sakuma; Tomoko Kobayashi; Takashi Yamamoto; Yoshio Koyanagi
        PLOS ONE, 2015年03月, 査読有り
      • Effect of eclipse phase on quantifying viral dynamics of acute HIV-1 infection in humanized mouse model
        Hiroki Ikeda; Shinji Nakaoka; Kei Sato; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi; Shingo Iwami
        Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, 2015年
      • Phosphorylation of Herpes Simplex Virus 1 dUTPase Regulates Viral Virulence and Genome Integrity by Compensating for Low Cellular dUTPase Activity in the Central Nervous System
        Akihisa Kato; Jun Arii; Yoshio Koyanagi; Yasushi Kawaguchi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2015年01月, 査読有り
      • APOBEC3D and APOBEC3F Potently Promote HIV-1 Diversification and Evolution in Humanized Mouse Model
        Kei Sato; Junko S. Takeuchi; Naoko Misawa; Taisuke Izumi; Tomoko Kobayashi; Yuichi Kimura; Shingo Iwami; Akifumi Takaori-Kondo; Wei-Shau Hu; Kazuyuki Aihara; Mamoru Ito; Dong Sung An; Vinay K. Pathak; Yoshio Koyanagi
        PLOS PATHOGENS, 2014年10月, 査読有り
      • Characterization of red-capped mangabey tetherin: implication for the co-evolution of primates and their lentiviruses
        Tomoko Kobayashi; Junko S. Takeuchi; Fengrong Ren; Kenta Matsuda; Kei Sato; Yuichi Kimura; Naoko Misawa; Rokusuke Yoshikawa; Yusuke Nakano; Eri Yamada; Hiroshi Tanaka; Vanessa M. Hirsch; Yoshio Koyanagi
        SCIENTIFIC REPORTS, 2014年07月, 査読有り
      • Improving the estimation of the death rate of infected cells from time course data during the acute phase of virus infections: application to acute HIV-1 infection in a humanized mouse model
        Hiroki Ikeda; Rob J. de Boer; Kei Sato; Satoru Morita; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi; Kazuyuki Aihara; Shingo Iwami
        THEORETICAL BIOLOGY AND MEDICAL MODELLING, 2014年05月, 査読有り
      • Quantification of Deaminase Activity-Dependent and -Independent Restriction of HIV-1 Replication Mediated by APOBEC3F and APOBEC3G through Experimental-Mathematical Investigation
        Tomoko Kobayashi; Yoshiki Koizumi; Junko S. Takeuchi; Naoko Misawa; Yuichi Kimura; Satoru Morita; Kazuyuki Aihara; Yoshio Koyanagi; Shingo Iwami; Kei Sato
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2014年05月, 査読有り
      • EFdA, a Reverse Transcriptase Inhibitor, Potently Blocks HIV-1 Ex Vivo Infection of Langerhans Cells within Epithelium
        Takamitsu Matsuzawa; Tatsuyoshi Kawamura; Youichi Ogawa; Kenji Maeda; Hirotomo Nakata; Kohji Moriishi; Yoshio Koyanagi; Hiroyuki Gatanaga; Shinji Shimada; Hiroaki Mitsuya
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2014年04月, 査読有り
      • Lack of Association between Intact/Deletion Polymorphisms of the APOBEC3B Gene and HIV-1 Risk
        Mayumi Imahashi; Taisuke Izumi; Dai Watanabe; Junji Imamura; Kazuhiro Matsuoka; Hirotaka Ode; Takashi Masaoka; Kei Sato; Noriyo Kaneko; Seiichi Ichikawa; Yoshio Koyanagi; Akifumi Takaori-Kondo; Makoto Utsumi; Yoshiyuki Yokomaku; Takuma Shirasaka; Wataru Sugiura; Yasumasa Iwatani; Tomoki Naoe
        PLOS ONE, 2014年03月, 査読有り
      • CKIP-1 is an intrinsic negative regulator of T-cell activation through an interaction with CARMA1
        Takashi Sakamoto; Masayuki Kobayashi; Kohei Tada; Masanobu Shinohara; Katsuhiro Io; Kayoko Nagata; Fumie Iwai; Yoko Takiuchi; Yasuyuki Arai; Kouhei Yamashita; Keisuke Shindo; Norimitsu Kadowaki; Yoshio Koyanagi; Akifumi Takaori-Kondo
        PLoS ONE, 2014年01月17日, 査読有り
      • HIV-1のウイルス学
        佐藤佳; 小柳義夫
        HIV感染症とAIDS(最新医学 別冊), 2014年
      • HIV-1 Vpr Accelerates Viral Replication during Acute Infection by Exploitation of Proliferating CD4(+) T Cells In Vivo
        Kei Sato; Naoko Misawa; Shingo Iwami; Yorifumi Satou; Masao Matsuoka; Yukihito Ishizaka; Mamoru Ito; Kazuyuki Aihara; Dong Sung An; Yoshio Koyanagi
        PLOS PATHOGENS, 2013年12月, 査読有り
      • Oral Administration of the CCR5 Inhibitor, Maraviroc, Blocks HIV Ex Vivo Infection of Langerhans Cells within the Epithelium
        Takamitsu Matsuzawa; Tatsuyoshi Kawamura; Youichi Ogawa; Masaaki Takahashi; Rui Aoki; Kohji Moriishi; Yoshio Koyanagi; Hiroyuki Gatanaga; Andrew Blauvelt; Shinji Shimada
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2013年12月, 査読有り
      • Functional antagonism of Rhesus Macaque and Chimpanzee BST-2 by HIV-1 Vpu Is mediated by cytoplasmic domain interactions
        Takeshi Yoshida; Yoshio Koyanagi; Klaus Strebel
        Journal of Virology, 2013年12月, 査読有り
      • Harnessing the CRISPR/Cas9 system to disrupt latent HIV-1 provirus
        Hirotaka Ebina; Naoko Misawa; Yuka Kanemura; Yoshio Koyanagi
        SCIENTIFIC REPORTS, 2013年08月, 査読有り
      • Host Factor SAMHD1 Restricts DNA Viruses in Non-Dividing Myeloid Cells
        Joseph A. Hollenbaugh; Peter Gee; Jonathon Baker; Michele B. Daly; Sarah M. Amie; Jessica Tate; Natsumi Kasai; Yuka Kanemura; Dong-Hyun Kim; Brian M. Ward; Yoshio Koyanagi; Baek Kim
        PLoS Pathogens, 2013年06月, 査読有り
      • A Novel Protective MHC-I Haplotype Not Associated with Dominant Gag-Specific CD8(+) T-Cell Responses in SIVmac239 Infection of Burmese Rhesus Macaques
        Naofumi Takahashi; Takushi Nomura; Yusuke Takahara; Hiroyuki Yamamoto; Teiichiro Shiino; Akiko Takeda; Makoto Inoue; Akihiro Iida; Hiroto Hara; Tsugumine Shu; Mamoru Hasegawa; Hiromi Sakawaki; Tomoyuki Miura; Tatsuhiko Igarashi; Yoshio Koyanagi; Taeko K. Naruse; Akinori Kimura; Tetsuro Matano
        PLOS ONE, 2013年01月, 査読有り
      • Quantification of the Dynamics of Enterovirus 71 Infection by Experimental-Mathematical Investigation
        Mitsuko Fukuhara; Shingo Iwami; Kei Sato; Yorihiro Nishimura; Hiroyuki Shimizu; Kazuyuki Aihara; Yoshio Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2013年01月, 査読有り
      • Antimicrobial Peptide LL-37 Produced by HSV-2-Infected Keratinocytes Enhances HIV Infection of Langerhans Cells
        Youichi Ogawa; Tatsuyoshi Kawamura; Takamitsu Matsuzawa; Rui Aoki; Peter Gee; Atsuya Yamashita; Kohji Moriishi; Kenshi Yamasaki; Yoshio Koyanagi; Andrew Blauvelt; Shinji Shimada
        CELL HOST & MICROBE, 2013年01月, 査読有り
      • The Hematopoietic Cell-Specific Rho GTPase Inhibitor ARHGDIB/D4GDI Limits HIV Type 1 Replication
        Tadashi Watanabe; Emiko Urano; Kosuke Miyauchi; Reiko Ichikawa; Makiko Hamatake; Naoko Misawa; Kei Sato; Hirotaka Ebina; Yoshio Koyanagi; Jun Komano
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2012年08月, 査読有り
      • "Mathematical Model of Disease" Innovation of Human Specific Disease Research Using Humanized Mouse: Complemented Research Between Applied Mathematics and Experimental Medicine
        岩見真吾; 岩見真吾; 佐藤佳; 小柳義夫
        応用数理, 2012年06月, 査読有り
      • Integrase-independent HIV-1 infection is damage and produces a viral reservoir
        Hirotaka Ebina; Yuka Kanemura; Yasutsugu Suzuki; Kozue Urata; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi
        VIROLOGY, 2012年05月, 査読有り
      • Vpu Augments the Initial Burst Phase of HIV-1 Propagation and Downregulates BST2 and CD4 in Humanized Mice
        Kei Sato; Naoko Misawa; Mitsuko Fukuhara; Shingo Iwami; Dong Sung An; Mamoru Ito; Yoshio Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2012年05月, 査読有り
      • Identifying viral parameters from in vitro cell cultures
        Shingo Iwami; Kei Sato; Rob J. De Boer; Kazuyuki Aihara; Tomoyuki Miura; Yoshio Koyanagi
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2012年, 査読有り
      • Vpu and BST2: still not there yet?
        Kei Sato; Peter Gee; Yoshio Koyanagi
        FRONTIERS IN MICROBIOLOGY, 2012年, 査読有り
      • ヒト化マウスの利用 : EBウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症動物モデル (特集 血球貪食症候群の病態と治療update)
        佐藤 佳; 小柳 義夫
        血液内科, 2011年12月, 招待有り
      • HTLV研究30年
        小柳義夫
        ウイルス, 2011年12月, 招待有り
      • APOBEC1-Mediated Editing and Attenuation of Herpes Simplex Virus 1 DNA Indicate That Neurons Have an Antiviral Role during Herpes Simplex Encephalitis
        Peter Gee; Yoshinori Ando; Hiroko Kitayama; Seiji P. Yamamoto; Yuka Kanemura; Hirotaka Ebina; Yasushi Kawaguchi; Yoshio Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2011年10月, 査読有り
      • The mouse is out of the bag: insights and perspectives on HIV-1-infected humanized mouse models
        Kei Sato; Yoshio Koyanagi
        EXPERIMENTAL BIOLOGY AND MEDICINE, 2011年08月, 査読有り
      • A novel animal model of Epstein-Barr virus-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis in humanized mice
        Kei Sato; Naoko Misawa; Chuanyi Nie; Yorifumi Satou; Dai Iwakiri; Masao Matsuoka; Rei Takahashi; Kiyotaka Kuzushima; Mamoru Ito; Kenzo Takada; Yoshio Koyanagi
        BLOOD, 2011年05月, 査読有り
      • Huwel, a novel cellular interactor of Gag-Pol through integrase binding, negatively influences HIV-1 infectivity
        Seiji P. Yamamoto; Katsuya Okawa; Takashi Nakano; Kouichi Sano; Kanako Ogawa; Takao Masuda; Yuko Morikawa; Yoshio Koyanagi; Youichi Suzuki
        MICROBES AND INFECTION, 2011年04月, 査読有り
      • Lineage analysis of newly generated neurons in organotypic culture of rat hippocampus
        Jun Yokose; Toru Ishizuka; Takeshi Yoshida; Jun Aoki; Yoshio Koyanagi; Hiromu Yawo
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2011年03月, 査読有り
      • Identification of Amino Acids in the Human Tetherin Transmembrane Domain Responsible for HIV-1 Vpu Interaction and Susceptibility
        Tomoko Kobayashi; Hirotaka Ode; Takeshi Yoshida; Kei Sato; Peter Gee; Seiji P. Yamamoto; Hirotaka Ebina; Klaus Strebel; Hironori Sato; Yoshio Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2011年01月, 査読有り
      • HIV-1 viral infectivity factor interacts with TP53 to induce G2 cell cycle arrest and positively regulate viral replication
        Taisuke Izumi; Katsuhiro Io; Masashi Matsui; Kotaro Shirakawa; Masanobu Shinohara; Yuya Nagai; Masahiro Kawahara; Masayuki Kobayashi; Hiroshi Kondoh; Naoko Misawa; Yoshio Koyanagi; Takashi Uchiyama; Akifumi Takaori-Kondo
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2010年11月, 査読有り
      • Remarkable Lethal G-to-A Mutations in vif-Proficient HIV-1 Provirus by Individual APOBEC3 Proteins in Humanized Mice
        Kei Sato; Taisuke Izumi; Naoko Misawa; Tomoko Kobayashi; Yoshiki Yamashita; Masahide Ohmichi; Mamoru Ito; Akifumi Takaori-Kondo; Yoshio Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2010年09月, 査読有り
      • Functional Disruption of the Moloney Murine Leukemia Virus Preintegration Complex by Vaccinia-related Kinases
        Yasutsugu Suzuki; Kanako Ogawa; Yoshio Koyanagi; Youichi Suzuki
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2010年07月, 査読有り
      • HIV-1 Vpr induces TLR4/MyD88-mediated IL-6 production and reactivates viral production from latency
        Shigeki Hoshino; Mitsuru Konishi; Masako Mori; Mari Shimura; Chiaki Nishitani; Yoshio Kuroki; Yoshio Koyanagi; Shigeyuki Kano; Hiroyuki Itabe; Yukihito Ishizaka
        JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 2010年06月, 査読有り
      • Dynamics of memory and naive CD8(+) T lymphocytes in humanized NOD/SCID/IL-2R gamma(null) mice infected with CCR5-tropic HIV-1
        Kei Sato; Chuanyi Nie; Naoko Misawa; Yuetsu Tanaka; Mamoru Ito; Yoshio Koyanagi
        VACCINE, 2010年05月, 査読有り
      • T cell-based functional cDNA library screening identified SEC14-like 1a carboxy-terminal domain as a negative regulator of human immunodeficiency virus replication
        Emiko Urano; Reiko Ichikawa; Yuko Morikawa; Takeshi Yoshida; Yoshio Koyanagi; Jun Komano
        VACCINE, 2010年05月, 査読有り
      • Small intestine CD4(+) cell reduction and enteropathy in simian/human immunodeficiency virus KS661-infected rhesus macaques in the presence of low viral load
        Katsuhisa Inaba; Yoshinori Fukazawa; Kenta Matsuda; Ai Himeno; Megumi Matsuyama; Kentaro Ibuki; Yoshiharu Miura; Yoshio Koyanagi; Atsushi Nakajima; Richard S. Blumberg; Hidemi Takahashi; Masanori Hayami; Tatsuhiko Igarashi; Tomoyuki Miura
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 2010年03月, 査読有り
      • 図説 HIV増殖機構と抗HIV薬の作用機序 (特集 HIV/AIDS--最新の治療研究の進歩)
        小柳 義夫; 渡部 匡史
        日本臨床, 2010年03月, 招待有り
      • HIV-1 のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発
        佐藤佳; 小柳義夫
        実験医学, 2010年, 査読有り
      • N-linked glycan-dependent interaction of CD63 with CXCR4 at the Golgi apparatus induces downregulation of CXCR4
        Takeshi Yoshida; Hirotaka Ebina; Yoshio Koyanagi
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2009年11月, 査読有り
      • Selective infection of CD4(+) effector memory T lymphocytes leads to preferential depletion of memory T lymphocytes in R5 HIV-1-infected humanized NOD/SCID/IL-2R gamma(null) mice
        Chuanyi Nie; Kei Sato; Naoko Misawa; Hiroko Kitayama; Hisanori Fujino; Hidefumi Hiramatsu; Toshio Heike; Tatsutoshi Nakahata; Yuetsu Tanaka; Mamoru Ito; Yoshio Koyanagi
        VIROLOGY, 2009年11月, 査読有り
      • Efficient transduction of cytotoxic and anti-HIV-1 genes by a gene-regulatable lentiviral vector
        Yasuhiko Shinoda; Kuniko Hieda; Yoshio Koyanagi; Youichi Suzuki
        VIRUS GENES, 2009年10月, 査読有り
      • Comparative study on the effect of human BST-2/Tetherin on HIV-1 release in cells of various species
        Kei Sato; Seiji P. Yamamoto; Naoko Misawa; Takeshi Yoshida; Takayuki Miyazawa; Yoshio Koyanagi
        RETROVIROLOGY, 2009年06月, 査読有り
      • MDM2 is a novel E3 ligase for HIV-1 Vif
        Taisuke Izumi; Akifumi Takaori-Kondo; Kotaro Shirakawa; Hiroaki Higashitsuji; Katsuhiko Itoh; Katsuhiro Io; Masashi Matsui; Kazuhiro Iwai; Hiroshi Kondoh; Toshihiro Sato; Mitsunori Tomonaga; Satoru Ikeda; Hirofumi Akari; Yoshio Koyanagi; Jun Fujita; Takashi Uchiyama
        RETROVIROLOGY, 2009年01月, 査読有り
      • Development of Human Graafian Follicles Following Transplantation of Human Ovarian Tissue into NOD/SCID/gamma cnull Mice
        Yukihiro Terada; Yumi Terunuma-Sato; Tomoko Kakoi-Yoshimoto; Hisataka Hasegawa; Tomohisa Ugajin; Yoshio Koyanagi; Mamoru Ito; Takashi Murakami; Hironobu Sasano; Nobuo Yaegashi; Kunihiro Okamura
        AMERICAN JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY, 2008年12月, 査読有り
      • Identification of the P-TEFb complex-interacting domain of Brd4 as an inhibitor of HIV-1 replication by functional cDNA library screening in MT-4 cells
        Emiko Urano; Yumi Kariya; Yuko Futahashi; Reiko Ichikawa; Makiko Hamatake; Hidesuke Fukazawa; Yuko Morikawa; Takeshi Yoshida; Yoshio Koyanagi; Naoki Yamamoto; Jun Komano
        FEBS LETTERS, 2008年12月, 査読有り
      • Primary target cells of herpes simplex virus type 1 in the hippocampus
        Yoshinori Ando; Hiroko Kitayama; Yasushi Kawaguchi; Yoshio Koyanagi
        MICROBES AND INFECTION, 2008年11月, 査読有り
      • 神経毒HIV Vpr蛋白
        小柳義夫
        医学のあゆみ, 2008年09月, 招待有り
      • A novel CD4-conjugated ultraviolet light-activated photocatalyst inactivates HIV-1 and SIV efficiently.
        Koushi Yamaguchi; Takahiro Sugiyama; Shinji Kato; Yoichi Kondo; Naohide Ageyama; Masaru Kanekiyo; Misao Iwata; Yoshio Koyanagi; Naoki Yamamoto; Mitsuo Honda
        Journal of medical virology, 2008年08月, 査読有り
      • A CD63 mutant inhibits t-cell tropic human immunodeficiency virus type 1 entry by disrupting CXCR4 trafficking to the plasma membrane
        Takeshi Yoshida; Yuji Kawano; Kei Sato; Yoshinori Ando; Jun Aoki; Yoshiharu Miura; Jun Komano; Yuetsu Tanaka; Yoshio Koyanagi
        TRAFFIC, 2008年04月, 査読有り
      • Significant virus replication in langerhans cells following application of HIV to abraded skin: Relevance to occupational transmission of HIV
        Tatsuyoshi Kawamura; Yoshio Koyanagi; Yuumi Nakamura; Youichi Ogawa; Atsuya Yamashita; Taku Iwamoto; Masahiko Ito; Andrew Blauvelt; Shinji Shimada
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 2008年03月, 査読有り
      • Human immunodeficiency virus type 1 Vpr inhibits axonal outgrowth through induction of mitochondrial dysfunction
        Hiroko Kitayama; Yoshiharu Miura; Yoshinori Ando; Shigeki Hoshino; Yukihito Ishizaka; Yoshio Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2008年03月, 査読有り
      • Human immunodeficiency virus type-1 vulnerates nascent neuronal cells
        Hiroko Kitayama; Yoshiharu Miura; Yoshinori Ando; Yoshio Koyanagi
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2008年02月, 査読有り
      • Modulation of human immunodeficiency virus type 1 infectivity through incorporation of tetraspanin proteins
        Kei Sato; Jun Aoki; Naoko Misawa; Eriko Daikoku; Kouichi Sano; Yuetsu Tanaka; Yoshio Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2008年01月, 査読有り
      • 2008 年ノーベル医学・生理学 ② エイズウイルス発見のおもてうら
        小柳義夫
        細胞工 学, 2008年, 招待有り
      • Humanized mice for human retrovirus infection
        Y. Koyanagi; Y. Tanaka; M. Ito; N. Yamamoto
        HUMANIZED MICE, 2008年
      • HIV の細胞特異性
        小柳 義夫
        細胞, 2008年, 査読有り
      • J. AIDS Res.
        小柳義夫; 森川裕子; 塩田; 高折晃史; 増田 夫; Paul Spearman
        日本 エイズ学会誌, 2008年, 査読有り
      • ウイルスに感染するウイルス
        佐藤佳; 小柳義夫; Sputnik Sweetheart
        ウイルス( 日本ウ イルス学会 ), 2008年, 招待有り
      • エイズウイルス細胞とウイルスのせめぎあい
        鈴木陽一; 小柳義夫
        細胞工学, 2008年, 招待有り
      • インテグレーション阻害剤
        鈴木陽一; 小柳義夫
        KEYWORD 感染症, 2008年, 査読有り
      • [Modulation of HIV replication by cellular factors].
        Suzuki Y; Koyanagi Y
        Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme, 2007年08月, 査読有り
      • ウイルス感染に対する細胞応答・宿主応答とその制御 HIV増殖を制御する宿主因子
        鈴木陽一; 小柳義夫
        蛋白質 核酸 酵素, 2007年08月, 招待有り
      • Separate elements are required for ligand-dependent and -independent internalization of metastatic potentiator CXCR4
        Yuko Futahashi; Jun Komano; Emiko Urano; Toru Aoki; Makiko Hamatake; Kosuke Miyauchi; Takeshi Yoshida; Yoshio Koyanagi; Zene Matsuda; Naoki Yamamoto
        CANCER SCIENCE, 2007年03月, 査読有り
      • Vpr in plasma of HIV type 1-positive patients is correlated with the HIV type 1 RNA titers
        Shigeki Hoshino; Binlian Sun; Mitsuru Konishi; Mari Shimura; Tatsuya Segawa; Yoshiaki Hagiwara; Yoshio Koyanagi; Aikichi Iwamoto; Jun-Ichi Mimaya; Hiroshi Terunuma; Shigeyuki Kano; Yukihito Ishizaka
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2007年03月, 査読有り
      • Autonomous proliferation of HTLV(-)CD4(+) T cell clones derived from human T cell leukemia virus type I (HTLV-1)-associated myelopathy patients
        Naoko Miyano-Kurosaki; Jun-ichi Kira; Jacob Samson Barnor; Naoyoshi Maeda; Naoko Misawa; Yuji Kawano; Yuetsu Tanaka; Naoki Yamamoto; Yoshio Koyanagi
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 2007年, 査読有り
      • De novo human T-cell leukemia virus type 1 infection of human lymphocytes in NOD-SCID, common gamma-chain knockout mice
        Paola Miyazato; Jun-ichirou Yasunaga; Yuko Taniguchi; Yoshio Koyanagi; Hiroaki Mitsuya; Masao Matsuoka
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2006年11月, 査読有り
      • Anti-V3 humanized antibody KD-247 effectively suppresses ex vivo generation of human immunodeficiency virus type 1 and affords sterile protection of monkeys against a heterologous simian/human immunodeficiency virus infection
        Y Eda; T Murakami; Y Ami; T Nakasone; M Takizawa; K Someya; M Kaizu; Y Izumi; N Yoshino; S Matsushita; H Higuchi; H Matsui; K Shinohara; H Takeuchi; Y Koyanagi; N Yamamoto; M Honda
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2006年06月, 査読有り
      • HIV感染を抑制する宿主因子の探索
        小柳義夫; 芳田剛
        化学療法の領域, 2006年06月, 招待有り
      • De novo HTLV-I Infection of Human Lymphocytes in Nonobese Diabetic-SCID, Common γ-Chain Knocked-Out Mice.
        Miyazato P; Yasunaga J; Taniguchi Y; Koyanagi Y; Mitsuya H; Matsuoka M
        J. Virol. 80:10683-10691, 2006., 2006年, 査読有り
      • HIV encephalopathy and neural stem cell virology
        Y. Miura; H. Kitayama; Y. Andou; Y. Koyanagi
        No to shinkei. Brain and nerve., 2006年, 査読有り
      • HiV 感染症とAIDS 発症病理
        佐藤 佳; 小柳 義夫
        Virus Report, 2006年, 招待有り
      • HIV感染増殖とその宿主細胞性因子の概略:細胞への侵入者の軌跡
        Y. Koyanagi
        ウイルス, 2005年12月22日, 査読有り, 招待有り
      • Ku80 autoantigen as a cellular coreceptor for human parvovirus B19 infection
        Y Munakata; T Saito-Ito; K Kumura-Ishii; J Huang; T Kodera; T Ishii; Y Hirabayashi; Y Koyanagi; T Sasaki
        BLOOD, 2005年11月, 査読有り
      • Solution RNA structures of the HIV-1 dimerization initiation site in the kissing-loop and extended-duplex dimers
        S Baba; K Takahashi; S Noguchi; H Takaku; Y Koyanagi; N Yamamoto; G Kawai
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2005年11月, 査読有り
      • ウイルスの感染と疾患発症機構 2.HIV感染を制御する細胞性因子
        小柳義夫
        実験医学, 2005年10月, 招待有り
      • Reproduction of menstrual changes in transplanted human endometrial tissue in immunodeficient mice
        R Matsuura-Sawada; T Murakami; Y Ozawa; H Nabeshima; J Akahira; Y Sato; Y Koyanagi; M Ito; Y Terada; K Okamura
        HUMAN REPRODUCTION, 2005年06月, 査読有り
      • Death ligand-mediated apoptosis in HIV infection
        Y Miura; Y Koyanagi
        REVIEWS IN MEDICAL VIROLOGY, 2005年05月, 査読有り
      • Phylogenetic heterogeneity of new HTLV type 1 isolates from southern India in subgroup A
        S Ohkura; M Yamashita; T Ishida; PG Babu; Y Koyanagi; N Yamamoto; T Miura; M Hayami
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2005年04月, 査読有り
      • Potent anti-R5 human immunodeficiency virus type 1 effects of a CCR5 antagonist, AK602/ONO4128/GW873140, in a novel human peripheral blood mononuclear cell nonobese diabetic-SCID, interleukin-2 receptor gamma-chain-knocked-out AIDS mouse model
        H Nakata; K Maeda; T Miyakawa; S Shibayama; M Matsuo; Y Takaoka; M Ito; Y Koyanagi; H Mitsuya
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2005年02月, 査読有り
      • Intrinsic and spontaneous neurogenesis in the postnatal slice culture of rat hippocampus
        M Kamada; RY Li; M Hashimoto; M Kakuda; H Okada; Y Koyanagi; T Ishizuka; H Yawo
        EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE, 2004年11月, 査読有り
      • A lentiviral cDNA library employing lambda recombination used to clone an inhibitor of human immunodeficiency virus type 1-induced cell death
        Y Kawano; T Yoshida; K Hieda; J Aoki; H Miyoshi; Y Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2004年10月, 査読有り
      • Spirodiketopiperazine-based CCR5 inhibitor which preserves CC-Chemokine/CCR5 interactions and exerts potent activity against R5 human immunodeficiency virus type 1 in vitro
        K Maeda; H Nakata; Y Koh; T Miyakawa; H Ogata; Y Takaoka; S Shibayama; K Sagawa; D Fukushima; J Moravek; Y Koyanagi; H Mitsuya
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2004年08月, 査読有り
      • 免疫不全マウスを用いた子宮内膜症実験モデルにおける移植子宮内膜の性ホルモンへの反応
        小澤由佳; 村上節; 沢田類; 鈴木はるか; 藤井調; 鍋島寛志; 寺田幸弘; 小柳義夫; 八重樫伸生; 岡村州博
        エンドメトリオージス研究会会誌, 2004年07月, 査読有り
      • Role of Nup98 in nuclear entry of human immunodeficiency virus type 1 cDNA
        H Ebina; J Aoki; S Hatta; T Yoshida; Y Koyanagi
        MICROBES AND INFECTION, 2004年07月, 査読有り
      • Th1/Th2 balance and HTLV-I proviral load in HAM/TSP patients treated with interferon-alpha
        J Feng; T Misu; K Fujihara; N Misawa; Y Koyanagi; Y Shiga; A Takeda; S Sato; S Takase; T Kohnosu; H Saito; Y Itoyama
        JOURNAL OF NEUROIMMUNOLOGY, 2004年06月, 査読有り
      • Role of the zinc fingers of HIV-1 nucleocapsid protein in maturation of genomic RNA
        S Baba; K Takahashi; Y Koyanagi; N Yamamoto; H Takaku; RJ Gorelick; G Kawai
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2003年11月, 査読有り
      • Quantitative analysis of human immunodeficiency virus type 1 DNA dynamics by real-time PCR: Integration efficiency in stimulated and unstimulated peripheral blood mononuclear cells
        Y Suzuki; N Misawa; C Sato; H Ebina; T Masuda; N Yamamoto; Y Koyanagi
        VIRUS GENES, 2003年10月, 査読有り
      • Induction of protective immune responses against R5 human immunodeficiency virus type I (HIV-1) infection in hu-PBL-SCID mice by intrasplenic immunization with HIV-1-Pulsed dendritic cells: Possible involvement of a novel factor of human CD4(+) T-cell origin
        A Yoshida; R Tanaka; T Murakami; Y Takahashi; Y Koyanagi; M Nakamura; M Ito; N Yamamoto; Y Tanaka
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2003年08月, 査読有り
      • Rapid tumor formation of human T-cell leukemia virus type 1-infected cell lines in novel NOD-SCID/gamma c(null) mice: Suppression by an inhibitor against NF-kappa B
        MZ Dewan; K Terashima; M Taruishi; H Hasegawa; M Ito; Y Tanaka; N Mori; T Sata; Y Koyanagi; M Maeda; Y Kubuki; A Okayama; M Fujii; N Yamamoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2003年05月, 査読有り
      • Immunohistochemical localization of steroidogenic enzymes in human follicle following xenotransplantation of the human ovarian cortex into NOD-SCID mice
        Y Sato; Y Terada; H Utsunomiya; Y Koyanagi; M Ito; Miyoshi, I; T Suzuki; H Sasano; T Murakami; N Yaegashi; K Okamura
        MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT, 2003年05月, 査読有り
      • A duodenally absorbable CXC chemokine receptor 4 antagonist, KRH-1636, exhibits a potent and selective anti-HIV-1 activity
        K Ichiyama; S Yokoyama-Kumakura; Y Tanaka; R Tanaka; K Hirose; K Bannai; T Edamatsu; M Yanaka; Y Niitani; N Miyano-Kurosaki; H Takaku; Y Koyanagi; N Yamamoto
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2003年04月, 査読有り
      • Tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand induces neuronal death in a murine model of HIV central nervous system infection
        Y Miura; N Misawa; Y Kawano; H Okada; Y Inagaki; N Yamamoto; M Ito; H Yagita; K Okumura; H Mizusawa; Y Koyanagi
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2003年03月, 査読有り
      • TNF-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL) induces neuronal apoptosis in HIV-encephalopathy
        Y. Miura; Y. Koyanagi; H. Mizusawa
        Journal of Medical and Dental Sciences, 2003年, 査読有り
      • NOD/SCID/gamma(null)(c) mouse: an excellent recipient mouse model for engraftment of human cells
        M Ito; H Hiramatsu; K Kobayashi; K Suzue; M Kawahata; K Hioki; Y Ueyama; Y Koyanagi; K Sugamura; K Tsuji; T Heike; T Nakahata
        BLOOD, 2002年11月, 査読有り
      • Isolation and characterization of an infectious HIV type 1 molecular clone from a patient with primary infection
        H Takeuchi; Y Suzuki; M Tatsumi; H Hoshino; ES Daar; Y Koyanagi
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2002年10月, 査読有り
      • Temporary restoration of immune response against Toxoplasma gondii in HIV-infected individuals after HAART, as studied in the hu-PBMC-SCID mouse model
        M Alfonzo; D Blanc; C Troadec; M Huerre; M Eliaszewicz; G Gonzalez; Y Koyanagi; D Scott-Algara
        CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY, 2002年09月, 査読有り
      • Role of nucleotide sequences in the V3 region in efficient replication of CCR5-utilizing human immunodeficiency virus type 1 in macrophages
        T Harada; Y Tsunetsugu-Yokota; Y Koyanagi; T Sata; T Kurata; A Kojima
        VIROLOGY, 2002年08月, 査読有り
      • HIV-1増殖機構の分子生物学的解析
        河野祐治; 小柳義夫
        日本臨床, 2002年, 招待有り
      • Erratum: Inhibitory mechanism of the CXCR4 antagonist T22 against human immunodeficiency virus type 1 infection (Journal of Virology (1999) 73:9 (7489-7496))
        T. Murakami; T. Y. Zhang; Y. Koyanagi; Y. Tanaka; J. Kim; Y. Suzuki; S. Minoguchi; H. Tamamura; M. Waki; A. Matsumoto; N. Fujii; H. Shida; J. A. Hoxie; S. C. Peiper; N. Yamamoto
        Journal of Virology, 2002年, 査読有り
      • Genetic analysis of HIV type 2 from Ghana and Guinea-Bissau, West Africa
        K Ishikawa; W Janssens; JS Banor; T Shinno; J Piedade; T Sata; WK Ampofo; JAM Brandful; Y Koyanagi; N Yamamoto; WF Canas-Ferreira; Y Adu-Sarkodie; T Kurata
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2001年11月, 査読有り
      • Two Basic Regions of NCp7 are Sufficient for Conformational Conversion of HIV-1 Dimerization Initiation Site from Kissing-loop Dimer to Extended-duplex Dimer
        Ken-Ichi Takahashi; Seiki Baba; Yoshio Koyanagi; Naoki Yamamoto; Hiroshi Takaku; Gota Kawai
        Journal of Biological Chemistry, 2001年08月17日, 査読有り
      • OX40 stimulation by gp34/OX40 ligand enhances productive human immunodeficiency virus type 1 infection
        Y Takahashi; Y Tanaka; A Yamashita; Y Koyanagi; M Nakamura; N Yamamoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2001年08月, 査読有り
      • Isolation and characterization of a full-length molecular DNA clone of Ghanaian HIV type 1 intersubtype A/G recombinant CRF02_AG, which is replication competent in a restricted host range
        S Kusagawa; Y Takebe; RG Yang; K Motomura; W Ampofo; J Brandful; Y Koyanagi; N Yamamoto; T Sata; K Ishikawa; Y Nagai; M Tatsumi
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2001年05月, 査読有り
      • Critical contribution of tumor necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand (TRAIL) to apoptosis of human CD4(+) T cells in HIV-1-infected hu-PBL-NOD-SCID mice
        Y Miura; N Misawa; N Maeda; Y Inagaki; Y Tanaka; M Ito; N Kayagaki; N Yamamoto; H Yagita; H Mizusawa; Y Koyanagi
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 2001年03月, 査読有り
      • Conformational change of dimerization initiation site of HIV-1 genomic RNA by NCp7 or heat treatment.
        S. Baba; K. Takahashi; Y. Nomura; S. Noguchi; Y. Koyanagi; N. Yamamoto; H. Takaku; G. Kawai
        Nucleic Acids Res Suppl, 2001年, 査読有り
      • HIV感染病態におけるTH1・TH2
        小柳 義夫; 鈴木 陽一
        日本臨床免疫学会会誌, 2000年08月
      • NMR analysis of intra- and inter-molecular stems in the dimerization initiation site of the HIV-1 genome
        K Takahashi; S Baba; Y Hayashi; Y Koyanagi; N Yamamoto; H Takaku; G Kawai
        JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 2000年04月, 査読有り
      • Transcriptional regulation of HIV-1 LTR during antigen-dependent activation of primary T cells by dendritic cells
        Y Tsunetsugu-Yokota; T Kato; S Yasuda; Z Matsuda; Y Suzuki; Y Koyanagi; N Yamamoto; K Akagawa; MW Cho; T Takemori
        JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 2000年03月, 査読有り
      • Pertussis toxin enhances human immunodeficiency virus type 1 replication
        Y Momoi; K Ichiyama; IH Chowdhury; Y Koyanagi; N Yamamoto
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2000年03月, 査読有り
      • Efficient Replication of Human Immunodeficiency Virus Type 1 in Cytokine Induced CD 4+ T Helper 1 (Th 1)-and Th 2-type Conditions
        Yoshio Koyanagi
        Japanese Journal of Clinical Immunology, 2000年, 査読有り
      • Structural requirement for the two-step dimerization of human immunodeficiency virus type 1 genome
        KI Takahashi; S Baba; P Chattopadhyay; Y Koyanagi; N Yamamoto; H Takaku; G Kawai
        RNA-A PUBLICATION OF THE RNA SOCIETY, 2000年01月, 査読有り
      • Acquisition of HIV type 1 resistance by beta-chemokine-producing CD4(+) T cells
        N Maeda; Y Koyanagi; N Misawa; N Miyano-Kurosaki; J Kira; N Yamamoto
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 1999年11月, 査読有り
      • Coxsackievirus B4 myocarditis in an orangutan
        J Miyagi; K Tsuhako; T Kinjo; T Iwamasa; Y Kamada; T Kinju; Y Koyanagi
        VETERINARY PATHOLOGY, 1999年09月, 査読有り
      • Seroreactivity clarification and viral load quantitation in HIV-1 and HIV-2 infections in Ghana
        Kwabena Ampofo William; Koyanagi Yoshio; Brandful Jim; Ishikawa Koichi; Yamamoto Naoki
        Journal of Medical and Dental Sciences, 1999年, 査読有り
      • Inhibitory mechanism of the CXCR4 antagonist T22 against human immunodeficiency virus type 1 infection
        Murakami T; Zhang T; Koyanagi Y; Tanaka Y; Kim J; Suzuki Y; Minoguchi S; Tamamura H; Waki M; Matumoto A; Fujii N; Shida H; Hoxie JA; Peiper SC; Yamamoto N
        Journal of Virology, 1999年, 査読有り
      • Epitope mapping of rat neutralizing monoclonal antibody against human immunodeficiency virus type-1 by a phage peptide library: Comparison with ELISA using synthetic peptides
        K Ichiyama; D Ishikawa; Y Tanaka; T Kashiwa; Y Koyanagi; S Handa; A Yamashita; M Fukushi; N Yamamoto; T Taki
        VIRAL IMMUNOLOGY, 1999年, 査読有り
      • Determinant in human immunodeficiency virus type 1 for efficient replication under cytokine-induced CD4+ T-helper 1 (Th1)- and Th2-type conditions
        Y Suzuki; Y Koyanagi; Y Tanaka; T Murakami; N Misawa; N Maeda; T Kimura; H Shida; JA Hoxie; WA O'Brien; N Yamamoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1999年01月, 査読有り
      • Inhibitory mechanism of the CXCR4 antagonist T22 against human immunodeficiency virus type 1 infection
        Murakami T; Zhang TY; Koyanagi Y; Tanaka Y; Kim J; Suzuki Y; Minoguchi S; Tamamura H; Waki M; Matsumoto A; Fujii N; Shida H; Hoxie JA; Peiper SC; Yamamoto N
        Viral Immunology, 1999年, 査読有り
      • High-level production of alternatively spliced soluble interleukin-6 receptor in serum of patients with adult T-cell leukaemia HTLV-I-associated myelopathy
        S Horiuchi; W Ampofo; Y Koyanagi; A Yamashita; M Waki; A Matsumoto; M Yamamoto; N Yamamoto
        IMMUNOLOGY, 1998年11月, 査読有り
      • 【AIDS研究最前線】CD4+T細胞サブセットとHIV感染
        鈴木 陽一; 小柳 義夫
        最新医学, 1998年09月
      • Replication of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1), simian immunodeficiency virus strain mac (SIVmac) and chimeric HIV-1/SIVmac viruses having env genes derived from macrophage-tropic viruses: an indication of different mechanisms of macrophage-tropism in human and monkey cells
        JL Chen; E Ido; MH Jin; T Kuwata; T Igarashi; A Mizuno; Y Koyanagi; M Hayami
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1998年04月, 査読有り
      • Extensive intra-alveolar haemorrhage caused by disseminated strongyloidiasis
        T Kinjo; K Tsuhako; Nakazato, I; E Ito; Y Sato; Y Koyanagi; T Iwamasa
        INTERNATIONAL JOURNAL FOR PARASITOLOGY, 1998年02月, 査読有り
      • HIV-1 strain dependent preferences in Th1- and Th2-type conditions
        Suzuki Y; Koyanagi Y; Tanaka Y; Murakami T; Kimura T; Hoxie JA; O'Brien WA; Yamamoto N
        12th World AIDS Conference, 1998年
      • Induction of chronic inflammatory arthropathy and mesenchymal tumors in rats infected with HTLV-I
        J Kira; K Yamasaki; Yamamoto, I; H Mizusawa; S Yoshino; S Kusunoki; T Yoshida; Y Koyanagi; Y Tanaka; Y Kawano; M Nakamura; M Tsuneyoshi; N Yamamoto; T Kobayashi
        JOURNAL OF ACQUIRED IMMUNE DEFICIENCY SYNDROMES AND HUMAN RETROVIROLOGY, 1997年12月, 査読有り
      • Mutational analysis of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) accessory genes: Requirement of a site in the nef gene for HIV-1 replication in activated CD4(+) T cells in vitro and in vivo
        Y Kawano; Y Tanaka; N Misawa; R Tanaka; J Kira; T Kimura; M Fukushi; K Sano; T Goto; M Nakai; T Kobayashi; N Yamamoto; Y Koyanagi
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1997年11月, 査読有り
      • A small molecule CXCR4 inhibitor that blocks T cell line-tropic HIV-1 infection
        T Murakami; T Nakajima; N Koyanagi; K Tachibana; N Fujii; H Tamamura; N Yoshida; M Waki; A Matsumoto; O Yoshie; T Kishimoto; N Yamamoto; T Nagasawa
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1997年10月, 査読有り
      • CXCR4/fusin is not a species-specific barrier in murine cells for HIV-1 entry
        K Tachibana; T Nakajima; A Sato; K Igarashi; H Shida; H Iizasa; N Yoshida; O Yoshie; T Kishimoto; T Nagasawa
        JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 1997年05月, 査読有り
      • Altered interleukin-2 receptor alpha-chain is expressed in human T-cell leukaemia virus type-I-infected T-cell lines and human peripheral blood mononuclear cells of adult T-cell leukaemia patients through an alternative splicing mechanism
        S Horiuchi; Y Koyanagi; Y Tanaka; M Waki; A Matsumoto; YW Zhou; M Yamamoto; N Yamamoto
        IMMUNOLOGY, 1997年05月, 査読有り
      • Inhibition of HIV-1 replication by triple-helix-forming phosphorothioate oligonucleotides targeted to the polypurine tract
        S Tsukahara; J Suzuki; T Hiratou; K Takai; Y Koyanagi; N Yamamoto; H Takaku
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1997年04月, 査読有り
      • Long term, high dose interferon-alpha treatment in HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis: A combined clinical, virological and immunological study
        K Yamasaki; J Kira; Y Koyanagi; Y Kawano; N MiyanoKurosaki; M Nakamura; E Baba; J Suzuki; A Yamamoto; N Yamamoto; T Kobayashi
        JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 1997年04月, 査読有り
      • Primary human immunodeficiency virus type 1 viremia and central nervous system invasion in a novel hu-PBL-immunodeficient mouse strain
        Y Koyanagi; Y Tanaka; J Kira; M Ito; K Hioki; N Misawa; Y Kawano; K Yamasaki; R Tanaka; Y Suzuki; Y Ueyama; E Terada; T Tanaka; M Miyasaka; T Kobayashi; Y Kumazawa; N Yamamoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1997年03月, 査読有り
      • High-efficiency transduction of human lymphoid progenitor cells and expression in differentiated T cells
        DS An; Y Koyanagi; JQ Zhao; R Akkina; G Bristol; N Yamamoto; JA Zack; ISY Chen
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1997年02月, 査読有り
      • Mutational analysis of the 5' noncoding region of human immunodeficiency virus type 1 genome
        Masami Hirota
        Leukemia, 1997年, 査読有り
      • High levels of viremia in HU-PBL-NOD-SCID mice with HIV-1 infection
        Y. Koyanagi; Y. Tanaka; R. Tanaka; N. Misawa; Y. Kawano; T. Tanaka; M. Miyasaka; M. Ito; Y. Ueyama; N. Yamamoto
        Leukemia, 1997年, 査読有り
      • Productive and lytic infection of human CD4(+) type 1 helper T cells with macrophage-tropic human immunodeficiency virus type 1
        Y Tanaka; Y Koyanagi; R Tanaka; Y Kumazawa; T Nishimura; N Yamamoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1997年01月, 査読有り
      • Inoculation of human T cell leukemia virus type-I-producing T cell line from a HAM/TSP patient induces autoimmune arthritis and mesenchymal tumors as well as myeloneuropathy associated with autoantibodied against neural antigens in rats.
        吉良潤一; 小柳 義夫
        AIDS Research and human Retroviruses 16, 380-392, 1997年, 査読有り
      • Genetic and phylogenetic analysis of HIV type I env subtypes in Ghana, West Africa
        K Ishikawa; W Janssens; J Brandful; L Heyndrickx; Y Takebe; W Ampofo; T Sata; S Yamazaki; M OseiKwasi; N Yamamoto; Y Koyanagi; G vanderGroen; T Kurata
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 1996年11月, 査読有り
      • Human papillomavirus DNA in squamous cell carcinoma of the lung
        T Hirayasu; T Iwamasa; Y Kamada; Y Koyanagi; H Usuda; K Genka
        JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY, 1996年10月, 査読有り
      • The association of antibodies against human T cell lymphotropic virus type I (HTLV-I) pX gene mutant products with HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis
        J Suzuki; J Kira; E Baba; M Nakamura; Y Koyanagi; T Nakamura; Y Kawano; K Yamasaki; S Shirabe; N Hatano; K Hayashi; N Yamamoto; T Kobayashi
        JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 1996年05月, 査読有り
      • Inhibition of gene expression by oligonucleotides forming triple-helices with the polypurine tract of HIV-1.
        Tsukahara S; Suzuki J; Goto Y; Inagawa T; Takeuchi H; Takai K; Koyanagi Y; Yamamoto N; Takaku H
        Nucleic Acids Symposium Series, 1996年, 査読有り
      • Inhibition of HTLV-I induction and virus-induced syncytia formation by oligodeoxynucleotides
        N MiyanoKurosaki; Y Koyanagi; M Mizuguchi; S Ohki; K Makino; N Yamamoto
        VIRUS GENES, 1996年, 査読有り
      • INDUCTION OF ANTIBODY-RESPONSES THAT NEUTRALIZE HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I INFECTION IN-VITRO AND IN-VIVO BY PEPTIDE IMMUNIZATION
        Y TANAKA; R TANAKA; E TERADA; Y KOYANAGI; N MIYANOKUROSAKI; N YAMAMOTO; E BABA; M NAKAMURA; H SHIDA
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1994年10月, 査読有り
      • CELL-TYPE-SPECIFIC HETEROGENEITY OF THE HIV-1 V3 LOOP IN INFECTED INDIVIDUALS - SELECTION OF VIRUS IN MACROPHAGES AND PLASMA
        A YAMASHITA; N YAMAMOTO; J MATSUDA; Y KOYANAGI
        VIROLOGY, 1994年10月, 査読有り
      • PERTUSSIS TOXIN INHIBITS INDUCTION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 IN INFECTED MONOCYTES
        IH CHOWDHURY; Y KOYANAGI; O HAZEKI; M UI; N YAMAMOTO
        VIROLOGY, 1994年09月, 査読有り
      • SEQUENCE HETEROGENEITY OF HTLV-I PROVIRAL DNA IN THE CENTRAL-NERVOUS-SYSTEM OF PATIENTS WITH HTLV-I-ASSOCIATED MYELOPATHY
        J KIRA; Y KOYANAGI; T YAMADA; Y ITOYAMA; J TATEISHI; S AKIZUKI; M KISHIKAWA; E BABA; M NAKAMURA; J SUZUKI; T NAKAMURA; N NAKAMURA; N YAMAMOTO; GOTO, I
        ANNALS OF NEUROLOGY, 1994年08月, 査読有り
      • SOLUBLE INTERLEUKIN-6 RECEPTORS RELEASED FROM T-CELL OR GRANULOCYTE/MACROPHAGE CELL-LINES AND HUMAN PERIPHERAL-BLOOD MONONUCLEAR-CELLS ARE GENERATED THROUGH AN ALTERNATIVE SPLICING MECHANISM
        S HORIUCHI; Y KOYANAGI; YW ZHOU; H MIYAMOTO; Y TANAKA; M WAKI; A MATSUMOTO; M YAMAMOTO; N YAMAMOTO
        EUROPEAN JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1994年08月, 査読有り
      • INTERVENTION OF THE HIV REPLICATION IN THE INITIAL STEP OF INFECTION
        N YAMAMOTO; Y OSHIRO; T MURAKAMI; T MIZUOCHI; T OHWADA; S FUJITA; A YAMASHITA; Y KOYANAGI; H SHIDA; N FUJII
        JAPANESE JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE & BIOLOGY, 1994年04月, 査読有り
      • MYCOPLASMA STIMULATES HIV-1 EXPRESSION FROM ACUTELY-INFECTED AND DORMANTLY-INFECTED PROMONOCYTE MONOBLASTOID CELL-LINES
        MIH CHOWDHURY; T MUNAKATA; Y KOYANAGI; S ARAI; N YAMAMOTO
        ARCHIVES OF VIROLOGY, 1994年, 査読有り
      • IN-VIVO INFECTION OF HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I IN NON-T-CELLS
        Y KOYANAGI; Y ITOYAMA; N NAKAMURA; K TAKAMATSU; JI KIRA; T IWAMASA; GOTO, I; N YAMAMOTO
        VIROLOGY, 1993年09月, 査読有り
      • CAMP STIMULATES HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS (HIV-1) FROM LATENTLY INFECTED-CELLS OF MONOCYTE-MACROPHAGE LINEAGE - SYNERGISM WITH TNF-ALPHA
        MIH CHOWDHURY; Y KOYANAGI; S HORIUCHI; O HAZEKI; M UI; K KITANO; DW GOLDE; K TAKADA; N YAMAMOTO
        VIROLOGY, 1993年05月, 査読有り
      • DUAL INFECTION OF HIV-1 AND HTLV-I IN SOUTH-INDIA - A STUDY ON A PATIENT WITH AIDS-RELATED COMPLEX
        Y KOYANAGI; T YOSHIDA; M SUZUKI; A UMA; L ANANTHASUBRAMANIAM; S RAMAJAYAM; N YAMAMOTO
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1993年, 査読有り
      • A NOVEL ANTI-HIV SYNTHETIC PEPTIDE, T-22 ([TYR5,12,LYS7]-POLYPHEMUSIN-II)
        M MASUDA; H NAKASHIMA; T UEDA; H NABA; R IKOMA; A OTAKA; Y TERAKAWA; H TAMAMURA; T IBUKA; T MURAKAMI; Y KOYANAGI; M WAKI; A MATSUMOTO; N YAMAMOTO; S FUNAKOSHI; N FUJII
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1992年12月, 査読有り
      • STRUCTURE-ACTIVITY-RELATIONSHIPS OF TACHYPLESIN ANALOGS AS ANTI-HIV AGENT
        M MASUDA; H NAKASHIMA; T UEDA; H NABA; R IKOMA; S FUNAKOSHI; T MURAKAMI; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO; N FUJII
        JOURNAL OF PHARMACOBIO-DYNAMICS, 1992年07月, 査読有り
      • ANTI-HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS ACTIVITY OF A NOVEL SYNTHETIC PEPTIDE, T22 ([TYR-5,12, LYS-7]POLYPHEMUSIN II) - A POSSIBLE INHIBITOR OF VIRUS-CELL FUSION
        H NAKASHIMA; M MASUDA; T MURAKAMI; Y KOYANAGI; A MATSUMOTO; N FUJII; N YAMAMOTO
        ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY, 1992年06月, 査読有り
      • HEPATITIS-C VIRUS PROPAGATES IN SALIVARY-GLANDS
        K TAKAMATSU; OKAYASU, I; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO
        JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES, 1992年05月, 査読有り
      • INDUCTION OF INTERLEUKIN-1 AND TUMOR-NECROSIS-FACTOR-ALPHA IN BRAIN CULTURES BY HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1
        JE MERRILL; Y KOYANAGI; J ZACK; L THOMAS; F MARTIN; ISY CHEN
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1992年04月, 査読有り
      • DEVELOPMENT OF A SUPERSENSITIVE POLYMERASE CHAIN-REACTION METHOD FOR HUMAN T-LYMPHOTROPIC VIRUS TYPE-II (HTLV-II) AND DETECTION OF HTLV-II PROVIRAL DNA FROM BLOOD-DONORS IN JAPAN
        T HAMAKADO; T MATSUMOTO; Y KOYANAGI; K HAYASHI; K FUKADA; T KOUCHIYAMA; T YOSHIDA; N YAMAMOTO
        VIRUS GENES, 1992年04月, 査読有り
      • PRESENCE OF HTLV-I PROVIRAL DNA IN CENTRAL-NERVOUS-SYSTEM OF PATIENTS WITH HTLV-I-ASSOCIATED MYELOPATHY
        J KIRA; Y ITOYAMA; Y KOYANAGI; J TATEISHI; M KISHIKAWA; S AKIZUKI; KOBAYASHI, I; N TOKI; K SUEISHI; H SATO; Y SAKAKI; N YAMAMOTO; GOTO, I
        ANNALS OF NEUROLOGY, 1992年01月, 査読有り
      • INCREASED PRODUCTION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS (HIV) IN HIV-INDUCED SYNCYTIA FORMATION - AN EFFICIENT INFECTION PROCESS
        MIH CHOWDHURY; Y KOYANAGI; M SUZUKI; S KOBAYASHI; K YAMAGUCHI; N YAMAMOTO
        VIRUS GENES, 1992年01月, 査読有り
      • ANTIBODY-TITERS TO HTLV-I-P40TAX PROTEIN AND GAG-ENV HYBRID PROTEIN IN HTLV-I-ASSOCIATED MYELOPATHY TROPICAL SPASTIC PARAPARESIS - CORRELATION WITH INCREASED HTLV-I PROVIRAL DNA LOAD
        J KIRA; M NAKAMURA; T SAWADA; Y KOYANAGI; N OHORI; Y ITOYAMA; N YAMAMOTO; Y SAKAKI; GOTO, I
        JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES, 1992年01月, 査読有り
      • IMMUNOGENICITY OF HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I (HTLV-I) ANTIGENS FOR CYTOTOXIC LYMPHOCYTES-T IN THE RAT SYSTEM
        Y TANAKA; A ISOBE; M MASUDA; H TOZAWA; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO; H SHIDA
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1991年11月, 査読有り
      • HTLV-II in patients with HTLV-I-associated myelopathy
        Jun-Ichi Kira; Yoshio Koyanagi; Toshinari Hamakado; Yasuto Itoyama; Naoki Yamamoto; Ikuo Goto
        The Lancet, 1991年07月06日, 査読有り
      • INCREASED HTLV-I PROVIRAL DNA IN HTLV-I-ASSOCIATED MYELOPATHY - A QUANTITATIVE POLYMERASE CHAIN-REACTION STUDY
        J KIRA; Y KOYANAGI; T YAMADA; Y ITOYAMA; GOTO, I; N YAMAMOTO; H SASAKI; Y SAKAKI
        ANNALS OF NEUROLOGY, 1991年02月, 査読有り
      • LATENT HSV-I INFECTION IN RAT VESTIBULAR GANGLIA
        H SHIMOGORI; T SEKITANI; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO
        ACTA OTO-LARYNGOLOGICA, 1991年, 査読有り
      • EVALUATION OF ANTI-HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS EFFECT OF RECOMBINANT CD4-IMMUNOGLOBULIN INVITRO - A GOOD CANDIDATE FOR AIDS TREATMENT
        IH CHOWDHURY; Y KOYANAGI; K TAKAMATSU; O YOSHIDA; S KOBAYASHI; N YAMAMOTO
        MEDICAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1991年, 査読有り
      • HEPATITIS-C VIRUS-RNA IN SALIVA
        K TAKAMATSU; Y KOYANAGI; K OKITA; N YAMAMOTO
        LANCET, 1990年12月, 査読有り
      • HIV-1 TROPISM FOR MONONUCLEAR PHAGOCYTES CAN BE DETERMINED BY REGIONS OF GP120 OUTSIDE THE CD4-BINDING DOMAIN
        WA OBRIEN; Y KOYANAGI; A NAMAZIE; JQ ZHAO; A DIAGNE; K IDLER; JA ZACK; ISY CHEN
        NATURE, 1990年11月, 査読有り
      • HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS TYPE-1 T-CELL TROPISM IS DETERMINED BY EVENTS PRIOR TO PROVIRUS FORMATION
        AJ CANN; JA ZACK; AS GO; SJ ARRIGO; Y KOYANAGI; PL GREEN; Y KOYANAGI; S PANG; ISY CHEN
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1990年10月, 査読有り
      • MYCOPLASMA CAN ENHANCE HIV REPLICATION INVITRO - A POSSIBLE COFACTOR RESPONSIBLE FOR THE PROGRESSION OF AIDS
        MIH CHOWDHURY; T MUNAKATA; Y KOYANAGI; S KOBAYASHI; S ARAI; N YAMAMOTO
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1990年08月, 査読有り
      • MYCOPLASMA AND AIDS
        MIH CHOWDHURY; Y KOYANAGI; S KOBAYASHI; N YAMAMOTO; T MUNAKATA; S ARAI
        LANCET, 1990年07月, 査読有り
      • RECOGNITION OF HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-I (HTLV-I) GAG AND PX GENE-PRODUCTS BY MHC-RESTRICTED CYTOTOXIC LYMPHOCYTES-T INDUCED IN RATS AGAINST SYNGENEIC HTLV-I-INFECTED CELLS
        Y TANAKA; H TOZAWA; Y KOYANAGI; H SHIDA
        JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1990年06月, 査読有り
      • HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS CAUSES MONONUCLEAR PHAGOCYTE DYSFUNCTION
        GC BALDWIN; J FLEISCHMANN; YG CHUNG; Y KOYANAGI; ISY CHEN; DW GOLDE
        PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 1990年05月, 査読有り
      • THE PHORBOL ESTER TPA STRONGLY INHIBITS HIV-1-INDUCED SYNCYTIA FORMATION BUT ENHANCES VIRUS PRODUCTION - POSSIBLE INVOLVEMENT OF PROTEIN KINASE-C PATHWAY
        MIH CHOWDHURY; Y KOYANAGI; S KOBAYASHI; Y HAMAMOTO; H YOSHIYAMA; T YOSHIDA; N YAMAMOTO
        VIROLOGY, 1990年05月, 査読有り
      • HIGH-LEVELS OF UNINTEGRATED HIV-1 DNA IN BRAIN-TISSUE OF AIDS DEMENTIA PATIENTS
        S PANG; Y KOYANAGI; S MILES; C WILEY; HV VINTERS; ISY CHEN
        NATURE, 1990年01月, 査読有り
      • EFFECT OF INTERLEUKIN-1 ON THE AUGMENTATION OF HUMAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS GENE-EXPRESSION
        N KOBAYASHI; Y HAMAMOTO; Y KOYANAGI; ISY CHEN; N YAMAMOTO
        BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 1989年12月, 査読有り
      • INTERLEUKIN-1 AND TUMOR NECROSIS FACTOR-ALPHA CAN BE INDUCED FROM MONONUCLEAR PHAGOCYTES BY HUMAN IMMUNODEFICIENCY VIRUS TYPE-1 BINDING TO THE CD4 RECEPTOR
        JE MERRILL; Y KOYANAGI; ISY CHEN
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1989年10月, 査読有り
      • CYTOKINES ALTER PRODUCTION OF HIV-1 FROM PRIMARY MONONUCLEAR PHAGOCYTES
        Y KOYANAGI; WA OBRIEN; JQ ZHAO; DW GOLDE; JC GASSON; ISY CHEN
        SCIENCE, 1988年09月, 査読有り
      • HIGH-EFFICIENCY TRANSFECTION OF PRIMARY HUMAN-LYMPHOCYTES AND STUDIES OF GENE-EXPRESSION
        AJ CANN; Y KOYANAGI; ISY CHEN
        ONCOGENE, 1988年07月, 査読有り
      • EXPERIMENTAL APPROACHES TO STUDIES OF PRIMARY CLINICAL ISOLATES OF HIV
        AJ CANN; Y KOYANAGI; ISY CHEN
        CONTROL OF HUMAN RETROVIRUS GENE EXPRESSION, 1988年, 査読有り
      • CLONAL SELECTION OF HUMAN-IMMUNODEFICIENCY-VIRUS (HIV) - SEROLOGICAL DIFFERENCES IN THE ENVELOPE ANTIGENS OF THE CLONED VIRUSES AND HIV PROTOTYPES (HTLV-III-B, LAV, AND ARV)
        S HARADA; N KOBAYASHI; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO
        VIROLOGY, 1987年06月, 査読有り
      • DUAL INFECTION OF THE CENTRAL-NERVOUS-SYSTEM BY AIDS VIRUSES WITH DISTINCT CELLULAR TROPISMS
        Y KOYANAGI; S MILES; RT MITSUYASU; JE MERRILL; HV VINTERS; ISY CHEN
        SCIENCE, 1987年05月, 査読有り
      • Magnetostriction of Amorphous GdFeCo Films
        S. Yoshino; M. Masuda
        IEEE Translation Journal on Magnetics in Japan, 1987年, 査読有り
      • RELATIONSHIP OF HUMAN CORD BLOOD MONONUCLEAR CELL-LINES, ESTABLISHED BY THE HTLV-I INTEGRATION, TO EXPRESSION OF T-CELL PHENOTYPES AND THE T-CELL RECEPTOR GENE REARRANGEMENT
        H MIWA; T UCHIDA; T KOBAYASHI; K KITA; S SHIRAKAWA; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO; A SHIMIZU; T HONJO; M HATANAKA
        JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR IMMUNOLOGY, 1987年, 査読有り
      • TUMOR PROMOTER, TPA, ENHANCES REPLICATION OF HTLV-III LAV
        S HARADA; Y KOYANAGI; H NAKASHIMA; N KOBAYASHI; N YAMAMOTO
        VIROLOGY, 1986年10月, 査読有り
      • QUANTITATIVE EVALUATIONS OF THE EFFECT OF UV IRRADIATION ON THE INFECTIVITY OF HTLV-III (AIDS VIRUS) WITH HTLV-I-CARRYING CELL-LINE, MT-4
        H NAKASHIMA; Y KOYANAGI; S HARADA; N YAMAMOTO
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 1986年08月, 査読有り
      • DIFFERENTIAL SUSCEPTIBILITY TO THE ACQUIRED-IMMUNODEFICIENCY-SYNDROME RETROVIRUS IN CLONED CELLS OF HUMAN-LEUKEMIC T-CELL LINE MOLT-4
        R KIKUKAWA; Y KOYANAGI; S HARADA; N KOBAYASHI; M HATANAKA; N YAMAMOTO
        JOURNAL OF VIROLOGY, 1986年03月, 査読有り
      • ESTABLISHMENT OF A HIGH PRODUCTION SYSTEM FOR AIDS RETROVIRUSES WITH A HUMAN T-LEUKEMIC CELL-LINE MOLT-4
        Y KOYANAGI; S HARADA; N YAMAMOTO
        CANCER LETTERS, 1986年03月, 査読有り
      • Infection of HTLV-III/LAV IN HTLV-I-Carrying Cell Lines : Virological, Immunological and Cytological Aspects
        Yamamoto Naoki; Koyanagi Yoshio; Harada Shinji
        熱帯医学 Tropical medicine, 1986年, 査読有り
      • DETECTION AND ISOLATION OF AN ACQUIRED-IMMUNE-DEFICIENCY-SYNDROME (AIDS)-RELATED VIRUS (HTLV-III/LAV) FROM A JAPANESE BOY WITH AIDS-RELATED COMPLEX
        H YOSHIYAMA; Y KOYANAGI; H NAKASHIMA; T ISHIHARA; F UCHINO; S HARADA; F OKINO; T KAJII; N YAMAMOTO
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1986年01月, 査読有り
      • SENSITIVE ASSAY FOR NEUTRALIZING ANTIBODIES AGAINST AIDS-RELATED VIRUSES (HTLV-III/LAV)
        S HARADA; DT PURTILO; Y KOYANAGI; J SONNABEND; N YAMAMOTO
        JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS, 1986年, 査読有り
      • SEROLOGICAL DIFFERENCES BETWEEN HUMAN T-LYMPHOTROPIC VIRUS TYPE-I (HTLV-I) AND HTLV-III LAV
        S HARADA; DT PURTILO; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1986年, 査読有り
      • EFFECT OF HTLV-III ON THE MACROMOLECULAR-SYNTHESIS IN HTLV-I CARRYING CELL-LINE, MT-4
        H NAKASHIMA; Y KOYANAGI; S HARADA; N YAMAMOTO
        MEDICAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1986年, 査読有り
      • INFECTION OF HTLV-III/LAV IN HTLV-I-CARRYING CELLS MT-2 AND MT-4 AND APPLICATION IN A PLAQUE-ASSAY
        S HARADA; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO
        SCIENCE, 1985年, 査読有り
      • EFFECT OF HUMAN-SERUM ANTI-HTLV ANTIBODIES ON VIRAL-ANTIGEN INDUCTION IN INVITRO CULTURED PERIPHERAL LYMPHOCYTES FROM ADULT T-CELL LEUKEMIA PATIENTS AND HEALTHY VIRUS CARRIERS
        T TOCHIKURA; M IWAHASHI; T MATSUMOTO; Y KOYANAGI; Y HINUMA; N YAMAMOTO
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1985年, 査読有り
      • INFECTION OF HUMAN T-LYMPHOTROPIC VIRUS TYPE-I (HTLV-I)-BEARING MT-4 CELLS WITH HTLV-III (AIDS VIRUS) - CHRONOLOGICAL STUDIES OF EARLY EVENTS
        S HARADA; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO
        VIROLOGY, 1985年, 査読有り
      • CORRELATION BETWEEN HIGH SUSCEPTIBILITY TO AIDS VIRUS AND SURFACE EXPRESSION OF OKT-4 ANTIGEN IN HTLV-I-POSITIVE CELL-LINES
        Y KOYANAGI; S HARADA; N YAMAMOTO
        JAPANESE JOURNAL OF CANCER RESEARCH, 1985年, 査読有り
      • SELECTIVE CYTO-TOXICITY OF AIDS VIRUS-INFECTION TOWARDS HTLV-I-TRANSFORMED CELL-LINES
        Y KOYANAGI; S HARADA; M TAKAHASHI; F UCHINO; N YAMAMOTO
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1985年, 査読有り
      • NATURE OF ADULT T-CELL LEUKEMIA-ASSOCIATED MEMBRANE ANTIGEN ON THE SURFACE OF ADULT T-CELL LEUKEMIA VIRUS-CARRYING CELLS AS REVEALED BY MEMBRANE IMMUNOFLUORESCENCE
        T CHOSA; N YAMAMOTO; Y KOYANAGI; M KOHNO; K NAGATA; Y HINUMA
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1984年, 査読有り
      • INVITRO INFECTION OF HUMAN LYMPHOCYTES-B WITH ADULT T-CELL LEUKEMIA-VIRUS
        M OKADA; Y KOYANAGI; N KOBAYASHI; Y TANAKA; M NAKAI; K SANO; K TAKEUCHI; Y HINUMA; M HATANAKA; N YAMAMOTO
        CANCER LETTERS, 1984年, 査読有り
      • EXPRESSION OF HTLV-SPECIFIC POLYPEPTIDES IN VARIOUS HUMAN T-CELL LINES
        Y KOYANAGI; Y HINUMA; J SCHNEIDER; T CHOSA; G HUNSMANN; N KOBAYASHI; M HATANAKA; N YAMAMOTO
        MEDICAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1984年, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF HUMAN B-CELL LINES HARBORING BOTH ADULT T-CELL LEUKEMIA (ATL) VIRUS AND EPSTEIN-BARR VIRUS DERIVED FROM ATL PATIENTS
        Y KOYANAGI; N YAMAMOTO; N KOBAYASHI; K HIRAI; H KONISHI; K TAKEUCHI; Y TANAKA; M HATANAKA; Y HINUMA
        JOURNAL OF GENERAL VIROLOGY, 1984年, 査読有り
      • A NEW MONOCLONAL-ANTIBODY RECOGNIZING AN ANTIGEN OF HUMAN-LYMPHOCYTES SIMILAR OR IDENTICAL TO TAC ANTIGEN
        Y TANAKA; H TOZAWA; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO; Y HINUMA
        MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY, 1984年, 査読有り
      • 28,000-DALTON POLYPEPTIDE (P-28) OF ADULT T-CELL LEUKEMIA-ASSOCIATED ANTIGEN ENCODED BY 24 S MESSENGER-RNA OF HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS HAS AN ASSOCIATED PROTEIN-KINASE ACTIVITY
        N KOBAYASHI; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO; Y HINUMA; H SATO; K OKOCHI; M HATANAKA
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 1984年, 査読有り
      • BINDING OF ADULT T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TO VARIOUS HEMATOPOIETIC-CELLS
        N YAMAMOTO; T CHOSA; Y KOYANAGI; T TOCHIKURA; J SCHNEIDER; Y HINUMA
        CANCER LETTERS, 1984年, 査読有り
      • TRANSLATION OF HTLV (HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS) RNA IN A NUCLEASE-TREATED RABBIT RETICULOCYTE SYSTEM
        N KOBAYASHI; N YAMAMOTO; Y KOYANAGI; J SCHNEIDER; G HUNSMANN; M HATANAKA
        EMBO JOURNAL, 1984年, 査読有り
      • CHARACTERIZATION OF AFRICAN-GREEN MONKEY B-CELL LINES RELEASING AN ADULT T-CELL LEUKEMIA-VIRUS-RELATED AGENT
        N YAMAMOTO; N KOBAYASHI; K TAKEUCHI; Y KOYANAGI; M HATANAKA; Y HINUMA; T CHOSA; J SCHNEIDER; G HUNSMANN
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1984年, 査読有り
      • Detection of antibodies to human T-lymphotropic viruses type I and III in Japanese hemophiliacs
        Y. Koyanagi; S. Kobayashi; S. Harada; R. Kikukawa; N. Yamamoto; K. Watanabe; F. Okino; T. Kajii
        AIDS Research, 1983年, 査読有り
      • MONOCLONAL-ANTIBODY REACTIVE WITH BOTH P-28 AND P19 OF ADULT T-CELL LEUKEMIA VIRUS-SPECIFIC POLYPEPTIDES
        Y TANAKA; Y KOYANAGI; T CHOSA; N YAMAMOTO; Y HINUMA
        GANN, 1983年, 査読有り
      • ADULT T-CELL LEUKEMIA (ATL) VIRUS-SPECIFIC ANTIBODIES IN ATL PATIENTS AND HEALTHY VIRUS CARRIERS
        N YAMAMOTO; J SCHNEIDER; Y KOYANAGI; Y HINUMA; G HUNSMANN
        INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER, 1983年, 査読有り
      • INFECTIVITY DISSOCIATED FROM TRANSFORMING ACTIVITY IN A HUMAN RETROVIRUS, ADULT T-CELL LEUKEMIA-VIRUS
        T CHOSA; N YAMAMOTO; Y TANAKA; Y KOYANAGI; Y HINUMA
        GANN, 1982年, 査読有り
      • UNIQUE CELL-LINES HARBORING BOTH EPSTEIN-BARR VIRUS AND ADULT T-CELL LEUKEMIA-VIRUS, ESTABLISHED FROM LEUKEMIA PATIENTS
        N YAMAMOTO; T MATSUMOTO; Y KOYANAGI; Y TANAKA; Y HINUMA
        NATURE, 1982年, 査読有り
      • TRANSFORMATION OF HUMAN-LEUKOCYTES BY CO-CULTIVATION WITH AN ADULT T-CELL LEUKEMIA-VIRUS PRODUCER CELL-LINE
        N YAMAMOTO; M OKADA; Y KOYANAGI; M KANNAGI; Y HINUMA
        SCIENCE, 1982年, 査読有り

      MISC

      • 技術講座 SCID-hu Thy/Livマウス
        三浦 義治; 小柳 義夫
        細胞, 2000年10月
      • 文化勲章受章について-日沼頼夫先生
        小柳 義夫
        ウイルス, 2010年06月01日
      • 免疫不全マウスを用いたウイルス感染モデル
        小柳 義夫
        ウイルス, 1999年06月01日
      • Determinant in human immunodeficiency virus type 1 for′ efficient replication under cytokine-induced CD4+ T-helper 1′ (Th1)- and Th2-type conditions.
        Suzuki Y.; Koyanagi Y.; Tanaka Y.; Murakami T.; Misawa ′ N.; Maeda N.; Kimura T.; Shida H.; Hoxie J.A.; O'Brien ′ W.A.; Yamamoto N.
        Collected papers from Institute for Genetic Medicine Hokkaido University, 1999年
      • HIV治癒へのオミクス解析
        佐藤佳; 佐藤佳; 佐藤佳; 三沢尚子; 長岡俊平; 麻生啓文; 川上英良; 中岡慎治; 城口克之; 佐藤賢文; 小柳義夫
        日本エイズ学会誌, 2018年
      • ヒト化マウスを用いたヒト特異的疾患研究のイノベーション : 応用数学と実験医学の融合
        岩見 真吾; 佐藤 佳; 小柳 義夫
        応用数理, 2012年06月26日
      • E-26 HIV-1 適応進化過程の解明
        小柳 義夫; 小林 朋子; 佐藤 佳; 柴田 潤子; 福原 充子; 三沢 尚子
        霊長類研究所年報, 2013年11月13日
      • 公共データベースを活用したエボラウイルスGP遺伝子の感染効率に関与する塩基突然変異の同定
        中川草; 上田真保子; 中野雄介; 安田二朗; 小柳義夫; 佐藤佳; 佐藤佳; 黒崎陽平
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2018年08月
      • 新規RNA分解酵素によるHIV-1感染制御機構の解明
        山岨大智; 佐藤佳; 佐藤佳; 小柳義夫; 竹内理
        日本生体防御学会学術総会講演抄録集, 2018年
      • MALT1によるN4BP1の分解は潜伏感染HIV-1の再活性化を促進する
        山岨大智; 佐藤佳; 小柳義夫; 竹内理
        日本エイズ学会誌, 2018年
      • 【ウイルスの増殖・病態発現機構に関する最新の知見】 AIDSウイルスとヒトの進化的軍拡競争 ウイルス蛋白質とヒト蛋白質の相互作用からみえてくる進化的せめぎあい
        佐藤 佳; 小柳 義夫
        医学のあゆみ, 2017年02月
      • 【DNA/RNA編集研究の新たな眺望】 HIV-1とAPOBECのせめぎ合い
        佐藤 佳; 小柳 義夫
        生化学, 2016年10月
      • エボラウイルス糖蛋白質の82番目と544番目のアミノ酸変異は感染効率に関与する
        上田真保子; 黒崎陽平; 泉泰輔; 中野雄介; オロニニ オラミデ; 安田二朗; 小柳義夫; 佐藤佳; 中川草; 中川草
        日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web), 2016年
      • RGN発現レンチウイルスベクターによるHIV-1複製抑制
        上田 修平; 蝦名 博貴; 三沢 尚子; 金村 優香; 小柳 義夫
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • ゲノム編集で細胞・生物をカスタマイズする HIVの研究におけるゲノム編集技術(Genome-editing technologies in HIV research)
        蝦名 博貴; 上田 修平; 金村 優香; 三沢 尚子; 小柳 義夫
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • ウシ族の進化過程におけるAPOBEC3Z2蛋白質の発現レベル多様性の出現
        中野 雄介; 山田 英里; 吉川 禄助; 泉 泰輔; 小林 朋子; 三沢 尚子; 任 鳳蓉; 佐藤 佳; 小柳 義夫
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2015年12月
      • 自然発生Vif変異によるレンチウイルスの弱毒化
        吉川 禄助; 竹内 潤子; 田; 山田 英里; 中野 雄介; 木村 雄一; 橋本 暁; 宮沢 孝幸; 佐藤 佳; 小柳 義夫
        日本獣医学会学術集会講演要旨集, 2015年08月
      • 【HIV制御のための宿主防御因子研究の展開】 HIV感染における宿主因子SAMHD1の役割
        金村 優香; 小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 2015年02月
      • 【ゲノム編集-基礎から応用へ】 ゲノム編集とAIDS治療
        蝦名 博貴; 小柳 義夫
        医学のあゆみ, 2015年01月
      • 抗HIV薬投与下の治療ワクチン接種により誘導されるCD8陽性T細胞のSIV複製抑制能の解析
        中村 碧; 高原 悠佑; 松岡 佐織; 團塚 愛; 三浦 智行; 小柳 義夫; 成瀬 妙子; 木村 彰方; 俣野 哲朗
        日本エイズ学会誌, 2014年11月
      • HIV感染の予防とウイルスの除去を目指した戦略を考える ゲノム編集法を用いたエイズ治療戦略の展望
        蝦名 博貴; 三沢 尚子; 金村 優香; 小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 2014年11月
      • 霊長類レンチウイルスのNefタンパク質の機能的進化とその意義
        中野 雄介; 吉川 禄助; 山田 英里; 小林 朋子; 竹内 潤子; 田; 三沢 尚子; 小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 2014年11月
      • Anti‐CCR4抗体はTregと感染細胞を同時に標的にする事で,STLV‐1自然感染ニホンザルでのウイルス特異的免疫反応を活性化させる
        菅田謙治; 安永純一朗; 三浦未知; 明里宏文; 小柳義夫; 小原道法; 松岡雅雄
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2014年10月31日
      • SIVの持続感染・伝播における変異蓄積に関する研究
        関紗由里; 野村拓志; 西澤雅子; 横山勝; 佐藤裕徳; 團塚愛; 三浦智行; 小柳義夫; 俣野哲朗
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2014年10月31日
      • 【ウイルス感染と免疫】 単純ヘルペスウイルスの感染防御にかかわる細胞性因子APOBEC1とSAMHD1
        小柳 義夫
        臨床免疫・アレルギー科, 2014年09月
      • インターフェロン誘導性新規抗デングウイルス因子(RyDEN)の同定とその抑制機構の解明
        鈴木陽一; 鈴木陽一; HAN Qi’En; CHIN Wei Xin; LEE Ching Hua; WEN Eyo Zhi; 蝦名博貴; 市山浩二; TAN Beng Hui; 日紫喜隆行; 大庭賢二; HANN Chu Jang; TAN Yee Joo; 小柳義夫; VASUDEVAN Subhash; 山本直樹
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2014年
      • HIV-1感染ヒト化マウスモデルを用いたAPOBEC3G/Fの機能解析
        竹内 潤子; 柴田; 佐藤 佳; 三沢 尚子; 泉 泰輔; 小林 朋子; 木村 雄一; 岩見 真吾; 高折 晃史; Hu Wei-Shau; 合原 一幸; 伊藤 守; An Dong Sung; Pathak Vinay K; 小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 2013年11月
      • 基礎 感染機構、複製 ゲノム編集技術による潜伏HIVプロウイルスの制御と除去
        蝦名 博貴; 三沢 尚子; 金村 優香; 小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 2013年11月
      • 組換えウイルスを用いた抗HTLV‐1ワクチンの作製とMacaque属での応用
        菅田謙治; 安永純一朗; 三浦未知; 明里宏文; 小柳義夫; 小原道法; 松岡雅雄
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年10月29日
      • サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種によるSIV増殖抑制能の増強効果の解析
        中村碧; 高原悠佑; 松岡佐織; 三浦智行; 小柳義夫; 成瀬妙子; 木村彰方; 俣野哲朗
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2013年10月29日
      • 【HIV感染症2013〜現状と展望〜】 抗HIV-1宿主因子研究の最前線 Tetherin & SAMHD1
        小林 朋子; 小柳 義夫
        血液フロンティア, 2013年05月
      • 生体内HIV-1複製におけるVpu の機能解析
        佐藤佳; 三沢尚子; 福原充子; 岩見真吾; Dong Sung An; 伊藤守; 小柳義夫
        第26 回日本エイズ学会学術集会、日吉. 2012 年11 月24 日, 2012年11月, 査読有り
      • サルエイズモデルにおける抗HIV薬投与下のCTL誘導治療ワクチン接種効果の解析
        中村 碧; 高原 悠佑; 松岡 佐織; 阪脇 廣美; 三浦 智行; 五十嵐 樹彦; 小柳 義夫; 成瀬 妙子; 木村 彰方; 俣野 哲朗
        日本エイズ学会誌, 2012年11月
      • Vprの制御性T細胞特異的な消耗促進作用による生体内HIV‐1増殖亢進
        佐藤佳; 三沢尚子; 佐藤賢文; 松岡雅雄; 伊藤守; 小柳義夫
        日本ウイルス学会学術集会プログラム・抄録集, 2012年10月31日
      • 【ナノバイオ技術と最新創薬応用研究】 (第3章)ウイルス、免疫とナノバイオ創薬 細胞性HIV抑制因子とその創薬展開
        小柳 義夫
        遺伝子医学MOOK, 2012年01月
      • Induction of immune activation by the depletion of regulatory CD4 十T cell during acute HIV-1 infection in \nhumanized mouse model.
        Sato K; Misawa N; Satou Y; Matsuoka M; Ito M; Koyanagi Y
        19th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections (CROI) 、poster ,Seattle ,2012 年3 月5 日, 2012年, 査読有り
      • 生細胞におけるHIV cDNA の可視化とイメージング
        蝦名博貴; 金村優香; 小柳義夫
        第35回日本分子生物学会年会、福岡.2012 年12 月11 日, 2012年, 査読有り
      • 細胞特異的な耗促進作用による生体内HIV-1増殖亢進
        佐藤挂; 三沢尚子; 佐藤賢文; 松岡雅雄; 伊藤守; 小柳義夫
        第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月14 日 \n, 2012年, 査読有り
      • HIV cDNA の可視化とライブイメージングの確立
        蝦名博貴; 金村優香; 小柳義夫
        第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012年11 月13 日, 2012年, 査読有り
      • ウイルス性膜タンパク質Vpu による生体内HIV-1 増殖促進作用
        佐藤佳; 三沢尚子; 福原充子; 岩見真吾; 伊藤守; 小柳義夫
        第35 回日本分子生物学会、福岡. 2012 年12 月 12 日, 2012年, 査読有り
      • 数理モデルを用いたエンテロウイルス71複製ダイナミクスの解析
        福原充子; 岩見真吾; 佐藤佳; 小柳義夫
        第35 回日本分子生物学会、福岡.2012年12月11 日, 2012年, 査読有り
      • ベータレトロウイルスの新規抗BST2活性
        福原充子; 佐藤佳; 吉川禄助; 宮沢孝幸; 小柳義夫
        第60 回日本ウイルス学会学術集会、大阪. 2012 年11 月15 日, 2012年, 査読有り
      • 培養細胞実験の数理モデリングを用いたウイルスダイナミクスにおけるVpr 機能の解明
        岩見真吾; 佐藤佳; 小柳義夫
        第25 回日本エイズ学会, 東京,2011 年12 月2 日, 2011年11月, 査読有り
      • 感染機構とその制御 急性感染期のHIV-1増殖における制御性T細胞とVprの寄与
        佐藤 佳; 三沢 尚子; 佐藤 賢文; 松岡 雅雄; 伊藤 守; 小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 2011年11月
      • A novel animal model of Epstein-Barr virus-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis in humanized mice
        Kei Sato; Naoko Misawa; Chuanyi Nie; Yorifumi Satou; Dai Iwakiri; Masao Matsuoka; Rei Takahashi; Kiyotaka Kuzushima; Mamoru Ito; Kenzo Takada; Yoshio Koyanagi
        BLOOD, 2011年05月, 査読有り
      • HIV-1 Vpr protein accelerates HIV-1 replication during acute phase in vivo
        Sato K; Misawa N; I to M; Koyanagi Y
        3rd International Workshop on Humanized mice, Pittsburgh, USA, 2011年10月29日, 2011年, 査読有り
      • Mutagenesis and Molecular Modeling Studies Reveal Structural Insights into Human Tetherin Recognition by HIV-1 Vpu.
        Kobayashi T; Ode H; Yoshida T; Sato K; Gee P; Yamamoto S.P; Ebina H; Strebel K; Sato H; Koyanagi Y
        18th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections (CROI), poster, Boston, 2011年2月28日, 2011年, 査読有り
      • P202 binds to retrovirus preintegration complex and attenuates retrovirus infection when fused with an inflammasome pyrin binding domain.
        Gee P; Koyanagi Y
        18th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections (CROI), poster, Boston, 2011年2月28日, 2011年, 査読有り
      • Humanized mouse models for HIV-1 and EBV infection.
        Koyanagi Y
        2011 International Symposium on Infectious Disease and Signal Transduction, 台南, 台湾 2011年11月19日, 2011年, 査読有り
      • Biochemical characterization of the HIV-1 restriction factor SAMHD1.
        Gee P; Okamoto S; Fukuhara M; Kanemura Y; Ebina H; Koyanagi Y
        12th Kumamoto AIDS Seminar-GCOE Joint International Symposium, 熊本, 2011年10月21 日, 2011年, 査読有り
      • 急性感染期のHIV-1 増殖における制御性T 細胞とVpr の寄与
        佐藤佳; 三沢尚子; 佐藤賢文; 松岡雅雄; 伊藤守; 小柳義夫
        第25 回日本エイズ学会, WS1-006, 東京, 2011 年12 月2 日, 2011年, 査読有り
      • APOBEC1 によるHSV-1 DNA のediting と抗ウイルス効果
        小柳義夫; Peter Gee; 川口寧; 北山裕子; 安藤良徳
        第18 回ヘルペス感染症フォーラム(JHIF) 札幌 2011 年8 月19 日, 2011年, 査読有り
      • Mathematical modeling of wild type and Vpr -deleted HIV-1 infection in vitro
        Iwami S; Sato K; Koyanagi Y
        CBI/JSBi (情報計算化学生物学会/日本バイオインフォマティクス学会合同大会) 2011, 神戸, 2011 年11月8日, 2011年, 査読有り
      • Integrase independent retroviral cDNA integration, which is indefensible with integrase inhibitor.
        Ebina H; Kanemura Y; Suzuki Y; Urata K; Koyanagi Y
        第6回研究所ネットワーク国際シンポジウム, 東京, 2011年6月9日, 2011年, 査読有り
      • Intracellular anti-HIV factor
        Koyanagi Y
        International Symposium. Virus, host and diseases. Kyoto 2011年3月11日, 2011年, 査読有り
      • DNA labeling system by peripheral blood of humanized mouse.
        Iwami S; Sato K; Misawa N; Kobayashi T; De Boer R; Koyanagi Y
        1st International Symposium on Innovative Mathematical Modeling, P-215, Tokyo, 2011年3月1日, 2011年, 査読有り
      • ヒト化マウスモデルを用いたHIV-1 感染病態の解析
        佐藤佳; 三沢尚子; 小柳義夫
        第25 回近畿エイズ研究会, 京都,2011 年6 月18 日, 2011年, 査読有り
      • Construction of labeling method for nucleosome-formed viral DNA.
        Ebina H; Urata K; Kanemura Y; Koyanagi Y
        第34 回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011年12月13日, 2011年, 査読有り
      • APOBEC1 -mediated editing and attenution of HSV-1 DNA implicates an antiviral role in neurons during encephalitis.
        Gee P; Ando Y; Kitayama H; Yammaoto S.P; Kanemura Y; Ebina H; Kawaguchi Y; Koyanagi Y
        第40回日本免疫学会, WS15-7, 幕張, 2011年11月27日, 2011年, 査読有り
      • Depletion of regulatory T cells in acute phase may enforce HIV systemic infection.
        Koyanagi Y; Sato K
        12th Kumamoto AIDS Seminar-GCOE Joint International Symposium, 熊本, 2011年10月19日, 2011年, 査読有り
      • 小さなウイルスがなぜ病気を起こすのか
        小柳義夫
        第10回みちのくウイルス塾, 仙台 2011 年7 月16 日, 2011年, 査読有り
      • 細胞性HIV 抑制因子
        小柳義夫
        第2 回ナノバイオ創薬研究シンポジウム, 京都, 2011 年3 月5 日, 2011年, 査読有り
      • HIV-1 Vpu相互作用および感受性に関与するヒトtetherin膜貫通領域のアミノ酸の同定(Identification of amino acids in the human tetherin transmembrane domain responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility)
        小林 朋子; 芳田 剛; 佐藤 佳; Gee Peter; 山元 誠司; 蝦名 博貴; 小柳 義夫
        日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月
      • 細胞内DNA 修復システムによるレトロウイルスcDNA 組込み機能の代償
        蝦名博貴; 鈴木康嗣; 金村優香; 津村斐子; 小柳義夫
        第33 回日本分子生物学会年会, 神戸,2010 年 12 月7 日- 10日, 2010年12月, 査読有り
      • 【ウイルス病原性の実態-その時、宿主で何が起きているのか】 HIV-1のウイルス-宿主相互作用と新規治療薬の開発
        佐藤 佳; 小柳 義夫
        実験医学, 2010年11月
      • ヒトtetherin膜貫通ドメインはHIV-1 Vpu相互作用と感受性の責任部位である(Human tetherin transmembrane domain is responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility)
        小林 朋子; 大出 裕高; 佐藤 佳; Gee Peter; 山元 誠司; 蝦名 博貴; 佐藤 裕徳; 小柳 義夫
        日本エイズ学会誌, 2010年11月
      • HIV Vpuの抗テザリン活性
        Kobayashi T; Ode H; Sato H; Koyanagi Y
        The 16th East Asia Joint Conference on Biomedical Research, Taipei, Taiwan, 2010 年7 月1 日-2 日, 2010年10月, 査読有り
      • G-to-A mutations in HIV-1 provirus by AP0BEC3 proteins contribute to abrogation of virus replication in humanized mice
        Sato K; Izumi T; Misawa N; Kobayashi T; Ito M; Takaori-Kondo A; Koyanagi Y
        第10 回あわじしま感染症・免疫フォーラム, 淡路島, 2010 年9 月7 日-10 日, 2010年, 査読有り
      • DNA labeling system by peripheral blood of humanized mouse
        Iwami S; Sato K; Misawa N; Kobayashi T; de Boer RJ; Koyanagi Y
        the 2nd Synthetic Immunology Workshop, Kyoto, Japan, 2010 年12 月8 日, 2010年, 査読有り
      • HIV 増殖制御宿主因子:BST-2 の機能と構造
        小柳義夫
        第12 回白馬シンポジウム, 徳島, 2010 年5 月14 日- 15 日, 2010年, 査読有り
      • T cell and cytokine responses determine the fate of humanized mice with active Epstein-Barr virus infection
        Sato K; Misawa N; Nie C; Takahashi R; Ito M; Kuzushima K; Takada K; Koyanagi Y
        第7 回EBV 研究会, 札幌, 2010 年7 月9 日, 2010年, 査読有り
      • A novel HIV-1 infection model using humanized mice
        Sato K; Koyanagi Y
        1st International Young Investigator Symposium, Kumamoto, Japan, 2010 年3 月4 日-5 日, 2010年, 査読有り
      • Live cell-based mutagenesis studies reveals the st↓n ctural insights丘 )r human tetherin recognition by HIV-1 Vpu.
        Kobayashi T; Yoshida T; Sato K; Gee P. Ebina H; Koyanagi Y
        1 1th Kumamoto AIDS Seminar Global COE Joint International Symposium, Kumamoto, Japan, 2010 年10 月6 日-8 日, 2010年, 査読有り
      • HIV-1 Vpu 相互作用に必須なtetherin/Bst-2 膜貫通領域アミノ酸の同定
        小林朋子; 芳田剛; 佐藤佳; Peter Gee; 山元誠司; 蝦名博貴; 小柳義夫
        第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日, 2010年, 査読有り
      • ヒト化マウスを用いたEBV 関連血球貪食性リンパ組織球症モデルマウスの確立
        佐藤佳; 三沢尚子; Chuanyi Nie; 佐藤賢文; 松岡雅雄; 高橋玲; 伊藤守; 高田賢蔵; 小柳 義夫
        第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島, 2010 年11 月7 日-9 日, 2010年, 査読有り
      • HIV のアクセサリー蛋白質Vpu とその阻害蛋白テザリン
        小柳義夫; 小林朋子
        第58 回 日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日, 2010年, 査読有り
      • Human tetherin transmembrane domain is responsible for HIV-1 Vpu interaction and susceptibility
        小林朋子; 大出裕高; 佐藤佳; Gee Peter; 山元誠司; 蝦名博貴; 佐藤裕徳; 小柳義夫
        第24 回日本エイズ学会学術集会, 東京, 2010 年11 月24 日-26 日, 2010年, 査読有り
      • ヒト化マウス末梢血によるDNA ラペリング系の確立-動物実験-
        佐藤佳; 岩見真吾; 三沢尚子; 伊藤守; 小柳義夫
        第20 回日本数理生物学会大会, 札幌, 2010 年9 月13 日-16 日, 2010年, 査読有り
      • HIV cDNA のインテグラーゼ非依存性組込みとウイルス複製
        蝦名博貴; 鈴木康嗣; 金村優香; 津村斐子; 小柳義夫
        第58 回日本ウイルス学会学術集会, 徳島,2010 年11 月7 日-9 日, 2010年, 査読有り
      • テトラスパニンの生化学 その機能と疾患との関わりにおける新展開 HIV感染におけるテトラスパニンの意義
        小柳 義夫; 佐藤 佳
        日本生化学会大会プログラム・講演要旨集, 2009年09月
      • Mitochondria and membrane trafficking implication for HIV infection and pathogenesis
        Yoshio Koyanagi; Hiroko Kitayama; Kei Sato; Yukihito Ishizaka
        EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL RESEARCH, 2009年08月, 査読有り
      • Epstein-Barr virus is productively replicated in humanized NOD/S CID/IL2gnull mice simulating severe complications observed in patients with fatal EBV infection
        Kei Sato; Naoko Misawa; Chuanyi Nie; Rei Takahashi; Mamoru Ito; Kiyotaka Kuzushima; Kenzo Takada; Yoshio Koyanagi
        第39 回日本免疫学会総会・学術集会、3-K-W63-7-0/P, 大阪、2009 年 12月2-4 日, 2009年, 査読有り
      • レトロウイルスゲノムの組み込み機能を阻害する細胞性キナーゼの同定とその作用機序の解析
        鈴木康嗣; 小川加那子; 小柳義夫; 鈴木陽一
        第57 回日本ウイルス学会学術 集会、東京、2009 年10 月25-27 日, 2009年, 査読有り
      • DNA 損傷部位へのインテグラーゼ非依存レトロウイルスDNA の遺伝子組込み機構
        蝦名博貴; 小柳義夫
        第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年25-27 日, 2009年, 査読有り
      • レトロウイルスインテグラーゼ結合腫因子Huwe1の同定とHIV-1感染における役割
        山元誠司; 大川克也; 増田貴夫; 森川裕子; 小柳義夫; 鈴木陽一
        第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日, 2009年, 査読有り
      • HIV-1 放出抑制分子BST-2 の解明
        小柳 義夫
        第50 回日本熱帯医学会大会、シンポジウム、 沖縄、2009 年10 月23-24 日, 2009年, 査読有り
      • Characterization of HIV-1 pathogenesis and the infected cells in humanized mice
        Kei Sato; Chuanyi Nie; Naoko Misawa; Yuetsu Tanaka; Mamoru Ito; Yoshio Koyanagi
        16th Conference on Rctroviri ↓ses and Opportunistic Infections, D-179, Montreal, Canada, 2009 年 2 月8-11 日, 2009年, 査読有り
      • シンポジウム「ヒト血液幹細胞移植マウスのウイルス病原性解析への利用」
        小柳義夫; 佐藤佳; 伊藤守
        第56 回日本実験動物学会, 大宮,2009 年5 月14- 16 日, 2009年, 査読有り
      • HIV-1 インテグレース 相互作用因子Huwe1によるHIV-1 の感染抑制
        山元誠司; 大川克也; 増田貴夫; 森山裕子; 小柳義夫; 鈴木陽一
        第23 回日本エイズ学会学術集会・総会、名古屋、2009 年11 月26-28 日, 2009年, 査読有り
      • テトラスパニンによるレトロウイルス感染制御
        小柳義夫; 佐藤佳
        第32 回日本分子生物学会年会、シンポジウム、横浜、2009 年12 月9-12 日, 2009年, 査読有り
      • HIV 感染におけるテトラスパニンの意義
        小柳義夫; 佐藤佳
        第82 回日本生化学会大会, シンポジウム, 神戸,2009 年10 月21-24 日, 2009年, 査読有り
      • Bst-2 とHIV-1 Vpu の相互作用メカニズムの解析
        小林朋子; 芳田剛; 佐藤佳; Peter Gee; 蝦名博貴; 小柳義夫
        第57回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25 -27 日, 2009年, 査読有り
      • HIV and EBV infection model using humanized
        Koyanagi Y
        Workshop Taiwan-Japan“Host-Pathogen Interaction", Kyoto ,2009 年 11 月 26日, 2009年, 査読有り
      • Rho GTPase family によるHIV-1 複製抑制
        渡部匡史; 鈴木陽一; 宮澤正顯; 小柳義夫
        第57 回日本ウイルス学会学術集会、東京、2009 年10 月25-27 日, 2009年, 査読有り
      • 異種動物細胞株を用いたヒトBST-2/Tetherin の 機能比較研究
        佐藤佳; 山元誠司; 三沢尚子; 小柳義夫
        第23 回日本エイズ学会学術集会、062-335 、名古屋、2009 年11 月26 -28 日, 2009年, 査読有り
      • 致死性EBV 感染症モデルマウスの作製と病態解析
        佐藤佳; 三沢尚子; Chuanyi Nie; 高橋玲; 伊藤守; 葛島清隆; 高田賢藏; 小柳義夫
        第57 回日本ウイルス学会学術集会、 3WSA5 、東京、2009 年10 月25-27 日, 2009年, 査読有り
      • Small GTPase Rac2 によるHIV-1 産生抑制
        渡部匡史; 鈴木陽一; 宮澤正顯; 小柳義夫
        第22 回日本エイズ学会学術集会総会、大阪、11月26-28 日,2008, 2008年11月26日, 査読有り
      • HIV病原性
        Koyanagi Y
        第11 回京都大学国際シンポジウム, 上海, 2008., 2008年09月, 招待有り
      • HIV and AIDS
        Koyanagi, Y
        日中数理生物学コロキュームシンポジウム, 岡山, 2008, 2008年08月, 査読有り
      • Characterization of pathogenesis and productive infection of HIV-1 in humanized mice.
        Sato K; Nie C; Misawa N; Tanaka Y; Ito M; Koyanagi Y
        The 8th Awaji Symposium, Awaji, 2008., 2008年, 査読有り
      • TAP-MS 法によるインチグレース結合因子Huwel の同定とその析
        山元 司; 大川克也; 小川加 子; 増田 夫; 森川裕子; 小柳義夫; 木 一
        第22 回日本エイズ学会、2008, 2008年, 査読有り
      • HIV-1 複製制御におけるSmall GTPase Rac2 の機能析
        渡 匡史; 木 一; 宮澤正; 小柳義夫
        第22 回日本エイズ学会、2008, 2008年, 査読有り
      • レンチウイルスベクターを用いた抗HIV 因 子のスクリーニングとその析
        小林朋子; 芳田剛, 淳; 小柳義夫
        第22 回日本エイズ学会、2008, 2008年, 査読有り
      • ウイルスに対する海組織の脆弱性にする研究
        安藤良徳; 北山裕子; 小柳義夫
        第 22 回日本エイズ学会、2008, 2008年, 査読有り
      • Small GTPase Rac2 によるHIV-1 増殖制御
        渡 匡史; 木 一; 宮澤正; 小柳義夫
        第56回日本ウイルス学会, 岡山, 2008, 2008年, 査読有り
      • EBV 感染モデルマウスの確 立と活性化CD8 +細胞の導
        佐藤佳; 三沢尚子; Chuanyi Nie; 橋玲; 伊藤守; 小柳義夫
        第38 回日本免疫学会総会、2008, 2008年, 査読有り
      • インターフェロンオメガ1によるHIV-1感染抑制機構の析
        篠田康彦; 木 一; 田中勇悦; 小柳義夫
        第22 回日本エイズ学会、2008, 2008年, 査読有り
      • ヒト化マウスにおける HIV-1 感染指向性と持続感染細胞の同定
        佐藤佳; Chuanyi Nie; 三沢尚子; 田中勇悦; 伊藤守; 小柳義夫
        第22 回日本エイズ学会、2008, 2008年, 査読有り
      • VRK induces dysfunction of the MoMLV PIC through phosphorylation of BAF.
        Suzuki Y; Ogawa K; Koyanagi Y; Suzuki Y
        3rd International Conference on Retroviral Integrase, Woods Hole, USA. September 14-18, 2008, 2008年, 査読有り
      • 細胞性キナーゼVRK1 によるレトロウイ ルスインテグレーション機能の害とその分子メカニズム
        木康嗣; 小川加 子; 小柳義夫; 木 一
        第56 回日本ウイルス学会、岡山、2008, 2008年, 査読有り
      • In vivo model for primary HTLV-I infection of human lymphocytes
        Paola Miyazato; Jun-ichirou Yasunaga; Yuko Taniguchi; Yoshio Koyanagi; Hiroaki Mitsuya; Masao Matsuoka
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2007年04月
      • Foundation and Recent Progresses in Rctrovirus Research
        Koyanagi Y
        Awaji symposium, Awaji, 2007., 2007年, 査読有り
      • Tetraspanin on HIV-1 virions inhibits its infection.
        Sato K; Aoki J; Daikoku E; Sano K; Tanaka Y; Koyanagi Y
        14th Conference on Rctroviruses and Opportunistic Infections, Los Angeles, 2007., 2007年, 査読有り
      • Non-stimulated PBMC において増殖するHIV-1の分離と その性状の解析
        鈴木陽一; 武内寛明; 小柳義夫
        第21回日本エイズ学会学術集会・総会, 広島, 2007 年11 月28-30 日, 2007年, 査読有り
      • HIV-1 の粒子産生過程におけるRal GTPase の機能解析
        佐藤佳; 山元誠司; 小柳義夫
        第 30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007, 2007年, 査読有り
      • 受容体分子の表面発現を輸送小胞レベルで調節する機構;HIV のコレセプター分子の細胞質膜発現を調節する
        芳田剛; 河野祐治; 安藤良徳; 佐藤佳; 駒野淳; 三浦義治; 田中勇悦; 小柳 義夫
        第30 回日本分子生物学会年会・第80 回日本生化学会大会合同大会、横浜、2007, 2007年, 査読有り
      • HSV-1 感染による中枢神経組織障害 の経時的解析
        安藤良徳; 北山裕子; 三浦義治; 川口寧; 小柳義夫
        第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007, 2007年, 査読有り
      • HIV-1 感染ヒト造血細胞移植マウス内に維持される長期高ウイルス血症
        小柳義夫; 三沢尚子; 北山裕子; 佐藤佳; 渡部匡史; Johnny Chuanyi Nie; 伊藤守
        第55 回日本ウイル ス学会、札幌、2007, 2007年, 査読有り
      • CXCR4 トラフィキング過程の可視化と遺伝子導入による HIV-1 感染阻害
        芳田剛; 安藤良徳; 小柳義夫
        第55 回日本ウイルス学会、札幌、2007, 2007年, 査読有り
      • VPRによる軸索形成阻害
        Koyanagi Y
        14th East Asia symposium, Tokyo, 2007., 2007年, 査読有り
      • HIV 感染による認知障 害機構:Vpr によるミトコンドリア機能障害による神経前駆細胞分化抑制
        北山裕子; 安藤良徳; 三浦義治; 星野重樹; 石坂幸入; 小柳義夫
        第21 回日 本エイズ学会、広島、2007., 2007年, 査読有り
      • インターフェロンオメガ1による HIV-1感染抑制
        篠田康彦; 田中勇悦; 鈴木陽一; 三浦義治; 小柳義夫
        第55 回日本ウイルス学会, 札幌, 2007 年10月21-23 日, 2007年, 査読有り
      • HIV-1 Vpr 誘導性ミトコンドリア機能障害による神経細胞軸索伸長の阻害
        北山裕子; 安藤良徳; 三浦義治; 星野重樹; 石坂幸入; 小柳義夫
        第55 回日本ウイルス学会、札幌、 2007., 2007年, 査読有り
      • Tandem affinity purification 法によるレトロウイル スキャプシド結合腫因子の探索
        山元誠司; 小川加那子; 小柳義夫; 鈴木陽二
        分子生物学フォーラム. 名古屋. 2006., 2006年, 査読有り
      • fflV-1 感染マクロファージに よる神経細胞の軸索伸張障害メカニズムの解析
        北山裕子; 三浦義治; 安藤良徳; 星野重樹; 石坂幸人; 小柳義夫
        第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006., 2006年, 査読有り
      • 抗HSV 作用を有する脳内宿主因子の解 析一潜伏感染への関与
        北山裕子; 三浦義治; 安藤良徳; 川口寧; 小柳義夫
        第21 回ヘルペス研究会, 白川郷, 2006 年, 2006年, 査読有り
      • HIV感染による神経細胞軸索形成障害
        Kitayama H; Miura Y; Ando Y; Hoshino S; Ishizaka Y; Koyanagi Y
        13th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, Seoul, 2006., 2006年, 査読有り
      • エイズ脳症における神経細 胞の軸索伸張障害メカニズムの解析
        北山裕子; 三浦義治; 安藤良徳; 星野重樹; 石坂幸入; 小柳義夫
        近畿エイズ研究会, 大阪, 2006., 2006年, 査読有り
      • HSV-1 に感染したラット脳海馬 スライス培養系における神経系細胞の解析
        安藤良徳; 三浦義治; 北山裕子; 岡田広司; 川口寧; 小柳義夫
        第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006., 2006年, 査読有り
      • HIV-1 Vpr のウイルス再活性における役割
        星野重樹; 孫賓蓮; 古西満; 小柳義夫; 石坂幸入
        第 54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006, 2006年, 査読有り
      • HIV-1 感染抑制因子の単離.
        芳田剛; 小柳義夫
        第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都, 2006年, 査読有り
      • 宿主因子の過剰発現によるHIV-1 Env タンパク質のビリオンヘの取り込み抑制
        佐藤佳; 青木淳; 大黒恵理子; 佐野浩一; 田中勇悦; 小柳義夫
        近畿エイズ研究会, 大阪, 2006., 2006年, 査読有り
      • 新規HIV 感染小動物モデルの開発: ヒト造血細胞移植 SCID マウス
        小柳義夫; 三沢尚子; 佐藤佳; 伊藤守
        第20 回日本エイズ学会、東京、2006, 2006年, 査読有り
      • テトラスパニン分子の過剰発現 によるHIV-1 の感染価抑制.
        佐藤佳; 青木淳; 大黒恵理子; 佐野浩二田中勇悦; 小柳義夫
        第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006., 2006年, 査読有り
      • HIV 感染モデル動物としてのヒト造血細胞移植SCID マ ウスの開発
        小柳義夫; 三沢尚子; 佐藤佳; 伊藤守
        第54 回日本ウイルス学会、名古屋、2006, 2006年, 査読有り
      • CCR5 指向性HIV-1 感染防御因子(CD4 因子) 産生細胞株に特異的な発現遺伝子の探索
        篠田康彦; 田中勇悦; 三浦義治; 鈴木陽一; 小柳義夫
        第54 回日本ウイルス学会, 名古屋, 2006., 2006年, 査読有り
      • HIV と宿主の相制: 感染モデルからの解析
        小柳義夫
        第9 回白馬シンポジュウム2006 in 京都, 2006年, 査読有り
      • Stem cell neurovirology:comparative analyses of neural stem cells in HIV-1 and HSV-1 infection.
        Miura Y; Andou Y; Kitayama H; Koyanagi Y
        第29 回日本神経科学大会, 京都., 2006年, 査読有り
      • 融合蛋白質標識法を用いた細胞膜受容体分子CXCR4 の細胞内ト ラフィッキング解析
        安藤良徳; 芳田剛; 小柳義夫
        分子生物学フォーラム、名古屋、2006, 2006年, 査読有り
      • CXCR4 の細胞質膜移 行を制御する分子
        芳田剛; 河野祐治; 佐藤佳; 安藤良徳; 三浦義治; 田中勇悦; 小柳義夫
        分子生物学フォーラム、名古屋. 2006., 2006年, 査読有り
      • 原発性感染細胞を持つNOGマウスにおけるHTLV-I感染における初期事象の研究(Study of early events in HTLV-I infection in NOG mice with primarily infected-cells)
        Miyazato Paola; 安永 純一朗; 谷口 裕子; 小柳 義夫; 満屋 裕明; 松岡 雅雄
        日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 2005年09月
      • 免疫不全マウスを用いたHTLV-I初期感染モデルの確立(An in vivo model for primary infection with HTLV-I)
        パオラ・ミヤザト; 安永 純一朗; 小柳 義夫; 満屋 裕明; 松岡 雅雄
        日本癌学会総会記事, 2005年09月
      • テトラスパニン分子によるHIV-1 粒 子の感染性抑制
        青木淳; 佐藤佳; 大黒恵理子; 佐野浩一; 小柳義夫
        第19 回日本エイズ学会、熊本、2005, 2005年, 査読有り
      • 中枢神経系組織内において抗HSV 効果を発揮 する宿主因子の網羅的解析
        北山裕子; 三浦義治; 川口寧; 小柳義夫
        第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005, 2005年, 査読有り
      • HIV 感染マクロファージによる中枢神経系未分化細胞群の障害
        三浦義治; 北山裕子; 小柳義夫
        第10回日本感染症学会、東京、2005, 2005年, 査読有り
      • HIV 脳症における中枢神経系未分化細胞群関与の検討
        三浦義治; 北山裕子; 小柳義夫
        第19 回日本エイズ学会、熊本、2005, 2005年, 査読有り
      • 免疫不全マウスを用いた HTLV-I 初期感染モデルの確立
        Miyazato Paola; 安永純一朗; 小柳義夫; 満屋裕明; 松岡雅雄
        第64 回日本癌学会学術総会、札幌、2005 年9 月14-16 日, 2005年, 査読有り
      • 薬剤誘導性発現レンチウイルスベクターの開発
        篠田康彦; 稗田訓子; 小柳義夫
        第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005, 2005年, 査読有り
      • 特定の細胞膜表面分子に対 する細胞膜移行阻止因子の単離:CXCR4 発現阻止因子
        芳田剛; 河野祐治; 青木淳; 三浦義治; 田中勇悦; 小柳義夫
        第28 回日本分子生物学会、 福岡、2005, 2005年, 査読有り
      • 中枢神経組織内における抗HSV 因子の探索
        北山裕子; 三浦義治; 川口寧; 小柳義夫
        第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005, 2005年, 査読有り
      • 神経幹細胞は単純ヘルペスウイルス1型感染細胞として重要である
        三浦義治; 青木淳; 北山裕子; 佐野浩一; 川口寧; 小柳義夫
        第10回日本感染症学会、東京、2005, 2005年, 査読有り
      • がん細胞転移抑制性レンチウイルスベクターの開 発
        佐藤佳; 青木淳; 北山裕子; 小柳義夫
        第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005, 2005年, 査読有り
      • 生細胞における CXCR4 分子のイメージング解析
        安藤良徳; 芳田剛; 小柳義夫
        第53 回 日本ウイルス学会、横浜、2005, 2005年, 査読有り
      • 抗HIV 因子の単離
        芳田剛; 河野祐治; 青木淳; 三浦義治; 田中勇悦; 小柳義夫
        CXCR4 細胞膜移行阻害分子の同定.第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005, 2005年, 査読有り
      • CD63 過剰発現によるHIV-1 粒子の感染性抑制
        青木淳; 佐藤佳; 佐野浩一; 大黒恵理子; 小柳義夫
        第53 回日本ウイルス学会、横浜、2005, 2005年, 査読有り
      • CXCR4 を標的としたsiRNA 発現レンチウイルスベクターを用いた悪 性腫瘍の遺伝子治療
        青木淳; 小柳義夫
        第64 回日本癌学会、札幌、2005, 2005年, 査読有り
      • HIV-1 潜伏感染細胞からのウイルス 再産生におけるVprの機能
        星野重樹; 志村まり; 田口崇; 小柳義夫; 石坂幸人
        第28 回日本分子生物学会、福岡、2005, 2005年, 査読有り
      • 神経幹細胞における単純ヘ ルペスウイルス感染動態の解析
        三浦義治; 青木淳; 北山裕子; 佐野浩一; 川口寧; 小柳義夫
        第20回ヘルペスウイルス研究会、名古屋、2005, 2005年, 査読有り
      • 実験小動物を用いたエイ ズ脳症の研究
        三浦義治; 北山裕子; 三沢尚子; 岡田広司; 青木淳; 小柳義夫
        第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都, 2005年, 査読有り
      • HIV encephalopathy
        三浦義治; 小柳義夫
        第46回日本神経学会総会、鹿児島、2005, 2005年, 査読有り
      • A new murine model of HIV-associated encephalopathy
        Yoshiharu Miura; Yoshio Koyanagi; Hidehiro Mizusawa
        Brain and Nerve, 2004年04月
      • Virus replication begins in Langerhans cells and not in dermal dendritic cells during transmission of HIV from skin emigrants to T cells
        T Kawamura; T Iwamoto; Y Koyanagi; M Ito; A Blauvelt; S Shimada
        JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY, 2004年03月
      • NOG(NOD/Shi-scid,γcnu11)マウス ヒト細胞高生着性を利用したHIV-1,HTLV-1感染症モデル
        伊藤 守; 小柳 義夫; 寺嶋 一夫; 山本 直樹; 中畑 龍俊; 上山 義人; 玉置 憲一; 野村 達次
        日本疾患モデル学会記録, 2003年07月
      • 卵巣移植の免疫 (産婦人科治療)
        寺田幸弘; 佐藤由美; 宇都宮裕貴; 村上節; 八重樫伸生; 岡村州博; 小柳義夫
        産婦人科治療, 2002年12月
      • NOG(NOD/Shi-scid,γcnull)マウスでのヒト細胞高生着性を用いたヒト疾患モデルへの応用
        伊藤 守; 小柳 義夫; 寺島 一夫; 山本 直樹; 中畑 龍俊; 上山 義人; 玉置 憲一; 野村 達次
        日本疾患モデル学会記録, 2002年10月
      • Immunological and virological effects of interferon-alpha therapy in HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis
        J Feng; T Misu; K Fujihara; N Misawa; Y Koyanagi; Y Shiga; S Sato; S Takase; T Konosu; H Saito; Y Itoyama
        ANNALS OF NEUROLOGY, 2002年09月
      • Trail mediates neuronal apoptosis in a murine model of HIV encephalopathy.
        Y Miura; N Yamamoto; H Yagita; Y Koyanagi; H Mizusawa
        JOURNAL OF NEUROPATHOLOGY AND EXPERIMENTAL NEUROLOGY, 2002年05月
      • Inhibitory mechanism of the CXCR4 antagonist T22 against human immunodeficiency virus type 1 infection (vol 73, pg 7489, 1999)
        T Murakami; TY Zhang; Y Koyanagi; Y Tanaka; J Kim; Y Suzuki; S Minoguchi; H Tamamura; M Waki; A Matsumoto; N Fujii; H Shida; JA Hoxie; SC Peiper; N Yamamoto
        JOURNAL OF VIROLOGY, 2002年01月
      • 新たに開発したNOD/Shi-scid,γc nullマウスの移入ヒト細胞の高生着性とその免疫学的特性について
        伊藤 守; 小林 喜美男; 川幡 まりこ; 日置 恭司; 鈴江 一友; 小柳 義夫; 菅村 和夫; 平松 英文; 平家 俊男; 中畑 龍俊
        日本免疫学会総会・学術集会記録, 2001年12月
      • 感染と増殖 エイズ脳症モデルマウスの確立と神経細胞死のシグナルの解明
        小柳 義夫; 三浦 義治; 山本 直樹; 水澤 英一; 八木田 秀雄
        日本エイズ学会誌, 2001年11月
      • 新たに育成されたNOD/Shi‐scid,IL‐2RγKOマウスが示す移入ヒト細胞に対する高生着生
        川幡まりこ; 小林喜美男; 日置恭司; 小柳義夫; 中畑龍俊; 伊藤守
        日本実験動物学会総会講演要旨集, 2001年
      • ダンベルオリゴヌクレオチドによるHIV‐1プロウイルスDNA転写阻害効果
        武内寛明; 細谷武士; 山川秀史; 高井和幸; 小柳義夫; 山本直樹; 高久洋
        アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 1998年11月
      • HIV‐1 gag領域に対する28merアンチセンスオリゴヌクレオチドの抗HIV‐1活性
        黒崎直子; 武内寛明; 小柳義夫; 三沢尚子; 高井和幸; 山本直樹; 高久洋
        アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 1998年11月
      • HIVの病態生化学と新しい分子治療 ホールドバック型三重鎖核酸の抗HIV活性
        平藤 隆士; 塚原 智; 高井 和幸; 小柳 義夫; 山本 直樹; 高久 洋
        生化学, 1998年08月
      • tRNA発現系を用いたハンマーヘッド型リボザイムによるHIVの発現抑制効果
        黒崎直子; 小柳義夫; 鈴木陽一; 武内寛明; 神原賢治; 羽生勇一郎; 高井和幸; 高久洋; 山本直樹
        アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 1997年11月
      • HIV‐1遺伝子のポリプリン領域を標的とした三重鎖核酸による遺伝子発現制御
        塚原智; 鈴木淳司; 後藤祐多; 稲川卓文; 武内寛明; 高井和幸; 小柳義夫; 山本直樹; 高久洋
        アンチセンスシンポジウム講演要旨集, 1996年
      • SEQUENCE HETEROGENEITY OF HUMAN T-LYMPHOTROPIC VIRUS TYPE I(HTLV-I) PROVIRAL DNA IN THE CENTRAL-NERVOUS-SYSTEM OF PATIENTS WITH HTLV-I-ASSOCIATED MYELOPATHY AND THE POSSIBLE EXPRESSION OF THE MUTANT PX GENE-PRODUCTS IN-VIVO
        J KIRA; J SUZUKI; E BABA; Y KOYANAGI; N YAMAMOTO; T KOBAYASHI
        ANNALS OF NEUROLOGY, 1995年08月
      • REGULATION OF HIV EXPRESSION IN PRIMARY MONONUCLEAR PHAGOCYTES
        ISY CHEN; WA OBRIEN; Y KOYANAGI; M YIP
        AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 1990年01月
      • 単純ヘルペスウイルス1 型に感染したneurosphere 形成培養系の解析
        三浦義治; 安藤良徳; 北山裕子; 佐野浩一; 川口寧; 小柳義夫
        第21 回ヘルペス研究会, 白川郷, 査読有り
      • ラット脳海馬スライス培養系を用いたエイズ脳症の病態解析
        北山裕子; 三浦義治; 小柳義夫
        第19回近畿エイズ研究会学術集会、京都、2005, 査読有り
      • HIV-1 感染ヒト造血マウス
        小柳義夫
        第31 回阿蘇シンポジウム、熊本, 査読有り

      講演・口頭発表等

      • Molecular dissection of HIV infection event
        小柳 義夫; 佐藤 佳
        2 nd JSPS Core to Core International Symposium, subtitled (Infection Immunity) x Evolution,, 2019年03月06日, 招待有り
      • HIV-1 pathogenesis study using humanized mice
        小柳 義夫; 佐藤 佳
        30th International Workshop on Retroviral Pathogenesis, 2018年10月09日, 招待有り
      • エイズウイルス研究の始まりと現在, HIVカンファレンス
        小柳 義夫
        HIVカンファレンス, 2017年12月08日, 招待有り
      • Regional prevalence of HIV-1 adjustment to APOBEC3H variants revealed from wet/dry investigations
        小柳 義夫; 佐藤 佳
        第18回熊本エイズセミナー, 2017年10月30日, 招待有り
      • エイズウイルスの過去と現在
        小柳 義夫
        第12回ウイルス・再生医科学研究所公開講演会, 2017年07月15日
      • レトロウイルスと宿主の相克
        小柳 義夫
        大阪大学微研アドバンストセミナー, 2017年04月14日, 招待有り
      • HIVと宿主制御因子の相互作用解析に基づくウイルス感染拡大様式の解明
        小柳 義夫
        北海道大学遺伝子病制御研究所「感染、免疫、がん、炎症」研究集会, 2017年03月14日, 招待有り

      書籍等出版物

      • Humanized Mice for HIV Research
        Larisa Y. Poluektova; J. Victor; Garcia-Martinez; Yoshio Koyanagi; Markus G. Manz; Andrew M. Tager, 共編者(共編著者)
        Springer, 2015年02月, 査読無し

      Works(作品等)

      • 新しいキメラマウスモデルにおけるエイズの発症機序とその制御に関する研究
        自 1996年, 至 2000年

      受賞

      • 2017年11月25日
        日本エイズ学会, 第14回日本エイズ学会学会賞(シミック賞)

      外部資金:科学研究費補助金

      • HIV-1産生の不均一性を規定する原理の解明
        基盤研究(B)
        小区分49060:ウイルス学関連
        京都大学
        小柳 義夫
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 採択後辞退
        HIV;ヒト化マウス;CD4+ T細胞
      • エイズウイルス適応進化過程の実証とその原理の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        佐藤 佳
        自 2015年04月01日, 至 2018年03月31日, 完了
        システムウイルス学;HIV-1;チンパンジー;ヒト化マウス;適応進化;HIV;SIV;進化ウイルス学;エイズ
      • ゲノム編集法の応用によるヒト血液幹細胞遺伝子治療モデルの開発
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        小柳 義夫
        自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日, 完了
        ゲノム編集;遺伝子治療;CRISPR;TALEN;血液幹細胞;CRISPR法;TALEN法
      • ヒト化マウス解析法によるヒト血液病原性ウイルスの増殖と宿主応答メカニズムの解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        小柳 義夫
        自 2012年04月01日, 至 2015年03月31日, 完了
        ヒト化マウス;ウイルス制御因子;HIV;tetherin;APOBEC3;アクセサリ蛋白質;Vif;シチジン脱アミノ酵素;Vpr;制御性T細胞;Treg;HTLV
      • ウイルスー宿主攻防の数理科学解析
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        総合研究大学院大学
        佐々木 顕
        自 2012年06月28日, 至 2017年03月31日, 完了
        ウイルスと宿主の共進化;ヒト化マウス;APOBEC;Vif;cell-to-cell感染;マルチトロピズム;ネットワーク理論;時系列解析;A3H多型;Vif多型;感染実験;R0中心性;感染部位ネットワーク;トロピズム;HIV;宿主内感染ダイナミクス;ウイルス増殖;進化;数理モデル;免疫不全ウイルス;APOBEC3G;共進化;エラー・カタストロフ;hyper-mutation;ワード分布;擬種動態;基本再生産数;ウイルス;免疫;感染過程;APOBECK3G;エラーカタストロフ;抗原連続変異
      • ウイルス感染現象における宿主細胞コンピテンシーの分子基盤
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        生物系
        筑波大学
        永田 恭介
        自 2012年06月28日, 至 2017年03月31日, 完了
        ウイルス;宿主因子;コンピテンシー;自然免疫;構造解析;数理科学解析;オミックス解析;感染コンピテンシー;病原性発現;宿主特異性;許容性;共同研究インターンシップ;感染防御;感染症;数理科学;プロテオミクス;ポストゲノム
      • 抗HIV新規restriction factorの探索
        挑戦的萌芽研究
        京都大学
        小柳 義夫
        自 2011年04月28日, 至 2013年03月31日, 完了
        AIDS;HIV;restriction factor;SAMHD1;Vpx;マクロファージ;HSV;nucleotidase;単球
      • APOBEC3の生体内における機能とHIV-1感染病態に及ぼす影響の解明
        基盤研究(B)
        京都大学
        高折 晃史
        自 2011年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        個体;遺伝子;ウイルス;進化;宿主因子;内在性免疫;変異;ゲノム;感染症;免疫;感染防御
      • 時間遅れを含む微分方程式系の大域的安定性とその医学への応用
        基盤研究(C)
        青山学院大学;静岡大学
        竹内 康博
        自 2010年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        数理医学モデル;時間遅れ;大域的安定性;数理モデル;応用数学;解析学;関数方程式論;生態学;安定性
      • ヒト化NOGマウスを基盤とした個別医療に対応するヒト型実験システムの開発
        基盤研究(S)
        公益財団法人実験動物中央研究所
        伊藤 守
        自 2010年05月31日, 至 2015年03月31日, 完了
        ヒト化マウス;免疫不全マウス;実験動物学;個別医療;実験動物;個別化医療;免疫不全動物;ヒト化モデル;個別衣料
      • ウイルスエンベロープ形成とウイルス伝播を制御する細胞性分子の機能解析研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        小柳 義夫
        完了
        BST2;HIV;エンベロープ;テザリン;宿主因子;BiFC;アクセサリー蛋白質;膜蛋白質;BST-2;Vpu;Bst-2
      • 高分子複合体によるレトロウイルスの宿主細胞ゲノムへの同化機構の解明
        若手研究(B)
        京都大学
        鈴木 陽一
        完了
        レトロウイルス;高分子複合体;インテグレーション;ラミナ関連蛋白質;ゲノム組み込み;細胞性因子;BAF;LAP2α;抑制機構;高分子複合体形成;VRK1;Huwe1
      • レトロウイルス(HIV、その他)の増殖・生活環および病原性発現機構の研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        小柳 義夫
        完了
        HIV;動物モデル;テトラスパニン;テザリン;中和抗体;SIV;CTL;宿主制御因子;ヒト化マウス;エイズワクチン;宿主因子;CD4陽性ヘルパーT細胞;CXCR4;ヒト化マウ;MHC;エイズ;ウイルス抑制;CD63;ワクチン
      • 研究技術および研究資材の支援
        特定領域研究
        生物系
        財団法人微生物化学研究会;(財)微生物化学研究会
        野本 明男
        完了
        感染症;ウイルス;細菌;寄生虫;免疫学;微生物;免疫
      • 感染現象のマトリックス
        特定領域研究
        生物系
        公益財団法人微生物化学研究会;財団法人微生物化学研究会
        野本 明男
        完了
        感染症;ウイルス;細菌;寄生虫;免疫;微生物;免疫学
      • レンチウイルスベクターによる新規癌転移遺伝子の網羅的探索とその抑制法の開発研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        小柳 義夫
        完了
        乳がん細胞;レンチウイルスベクター;がん転移;HIV;CXCR4;CD63
      • ウイルス性脳炎における組織破壊誘導シグナル分子の研究
        基盤研究(B)
        京都大学
        小柳 義夫
        完了
        HIV;HSV;Encephalitis;Brain;hippocampal slice culture;Neuronal differentiation;Macrophage;Microaray;脳症;神経細胞破壊シグナル;マクロファージ;グリア細胞;海馬スライス培養;HIV脳症;単純ヘルペス脳炎, HIV;HSV;Encephalitis;Brain;hippocampal slice culture;Neuronal differentiation;Macrophage;Microaray
      • HIV抑制因子の遺伝子導入による新たな治療法の開発
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        小柳 義夫
        完了
        HIV;レンチウイルスベクター;CXCR4;CD63;Env蛋白質;tetrasanin;ウイルスベクター;CD14;cDNAライブラリ
      • エフェクター前駆細胞へのHIV抑制因子の遺伝子導入による新たな治療法の開発
        特定領域研究
        生物系
        東北大学
        小柳 義夫
        完了
        HIV;レンチウイルスベクター;エイズ;cDNAライブラリ;siRNA;CPE;CXCR4;CD14
      • エイズ制御のための基礎研究
        特定領域研究
        生物系
        京都大学
        内山 卓
        完了
        HIV-1;宿主因子;病態;免疫;制御;ケモカイン;ケモカイン受容体;エイズ;HIV複製;コレセプター;抗HIV免疫;抗HIV剤;薬剤耐性, HIV-1;Host Factors;Pathophysiology;Immune response;AIDS Control;Chemokine;Chemokine Receptor
      • ヒト細胞高生着・分化・増殖NOD-scid,γKOマウスの実用化に関する研究
        基盤研究(B)
        (財)実験動物中央研究所
        伊藤 守
        完了
        実験動物;NOD-scid, γKOマウス;免疫不全;異種移植;CD34+細胞;HIV-1;HTLV-1;NOD-scid,γKOマウス, experimental animals;NOD-scid. γc null mice;Immunodeficiency;Xenotransplantation;CD34+ stem cells;HIV-1;HTLV-1
      • マウス個体内におけるヒトリンパ組織の再現系の確立と応用
        基盤研究(C)
        東北大学
        小柳 義夫
        完了
        SCIDマウス;リンパ臓器;CD4陽性T細胞;アポトーシス;HIV;TRAIL;FasL;ケモカイン;NOD-SCIDマウス;移植マウス;CD4陽性T細胞破壊;脾臓;リンパ節構造, SCID mouse;lymphoid organ;CD4+ T cell;Apoptosis;HIV;TRAIL;FasL;chemokine
      • ヒト細胞導入モデルとしてのリンパ球完全欠損マウスの利用
        基盤研究(B)
        東京医科歯科大学
        中村 正孝
        完了
        免疫不全;疾患モデル;コモンγ鎖;RAG1・RAG2;ノックアウトマウス;ヒト癌細胞;NK細胞, immunodeficiency;animal model;common γchain;RAG1・RAG2;knock-out mouse;human cancer
      • 組み換え型分子クローンを用いた自然感染による慢性脊髄炎動物モデル
        基盤研究(B)
        九州大学
        吉良 潤一
        完了
        HTLV-I;HAM;脊髄症;関節炎;動物モデル;MT2;感染性cDNAクローン;キメラ;HTLV-1;感染症cDNAクローン;ラット;クローン;サイトカイン;Th1;Th2バランス;中枢神経;末梢神経, HTLV-I;HAM;Myelopathy;Arthritis;animal models;MT-2;infectious cDNA clone
      • エイズ制御のための基礎研究 柱2.HIV感染症の病態と免疫
        特定領域研究(A)
        生物系
        京都大学
        内山 卓
        完了
        HIV-1;AIDS;CCR5;CXCR4;SDF-1;CTL;mucosal immunity;dendritic cells;mucosol immunity;HIV;gp120;粘膜免疫;V3ループ;エイズワクチン, HIV-1;AIDS;Pathophysiology;Immune response;AIDS Control;Chemokine;Chemokine Receptor
      • エイズ制御のための基礎研究 柱1.HIVの複製における宿主因子
        特定領域研究(A)
        生物系
        東北大学;東京大学
        小柳 義夫;永井 美之
        完了
        HIV;エイズ;CD4陽性T細胞;NF-κB;ケモカインレセプター;レトロウイルス;インテグレーション;核外移行;ゲノム;TAT;インテグレース;REV;核内因子;HIV-1;gp41;Nef;阻害剤;RANTES;サル細胞;SIV;SDFA;CD26;糖鎖;逆転写;アクセサリー蛋白;サブタイプEゲノム, HIV-1;AIDS;CD4(+) T cell;NF-kappaB;Chemokine receptor;Retrovirus;Integration;Nuclear export
      • エイズの基礎研究の動向調査と将来展望
        基盤研究(C)
        京都大学
        内山 卓
        完了
        エイズ;HIV;ケモカイン;CTL;抗HIV剤;HIV複製;宿主因子
      • SCIDマウスを用いた成人T細胞白血病(ATL)の癌化機構の解明
        一般研究(B)
        東京医科歯科大学
        小柳 義夫
        完了
        SCIDマウス;ATL;HTLV-I;Tリンパ腫, SCID mouse;ATL;HTLV-I;T cell lymphoma
      • SCIDマウスによるHIV病原性の解析
        重点領域研究
        東京医科歯科大学
        小柳 義夫
        完了
        SCIDマウス;HIV;エイズモデル動物;ヒトリンパ球構築;リンパ節;胸腺
      • 神経親和性ヒトレトロウイルスによる神経障害機構の分子遺伝学的及び細胞生物学的解析
        一般研究(C)
        九州大学
        吉良 潤一
        完了
        HTLV-I;HTLV-I-associated myelopathy;multiple sclerosis;polymerase chain reaction;central nervous system;tax protein;rex protein;HTLVーI;HTLVーII;HTLVーIーassociated myelopathy;retrovirus

      外部資金:その他

      • HIV感染病態に関わる宿主因子および免疫応答の解明
        厚生労働省エイズ対策費
        自 2009年, 至 2011年
        横田泰子
      • エンテロウイルス感染症制御のための診断・予防治療に関する国際連携研究
        厚生労働省新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業
        自 2010年, 至 2011年
        清水博之
      • ヒト免疫機構を構築した新規「ヒト化マウス」を用いたエイズワクチン・治療薬評価系の開発
        創薬基盤推進研究事業
        自 2008年, 至 2010年
        田中勇悦
      list
        Last Updated :2022/08/09

        教育

        担当科目

        • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
          研究倫理・研究公正(生命系)
          G103, 前期集中, 国際高等教育院, 0.5
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          微生物学
          通年, 医学部
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学研究の第一線に立つII
          前期, 全学共通科目
        • 自 2011年04月, 至 2012年03月
          生命科学研究の第一線に立つI
          前期, 全学共通科目
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          微生物学
          通年, 医学部
        • 自 2012年04月, 至 2013年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          微生物学2(ウイルス学)
          後期, 薬学部
        • 自 2013年04月, 至 2014年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微生物学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          微生物学2(ウイルス学)
          後期, 薬学部
        • 自 2014年04月, 至 2015年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          基盤生物化学特論I
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          微生物学2(ウイルス学)
          後期, 薬学部
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          ウイルスと生命科学
          後期, 全学共通科目
        • 自 2015年04月, 至 2016年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          基盤生物化学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          微生物学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2016年04月, 至 2017年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          微生物学
          通年, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2017年04月, 至 2018年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          感染症学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2018年04月, 至 2019年03月
          生物学のフロンティア
          前期, 全学共通科目
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          基盤生物化学実験技術
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染症学II
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染症学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学II(免疫学・ウイルス学)
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2019年04月, 至 2020年03月
          感染防御学I(微生物・ウイルス学)
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染症学II
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染症学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学II(免疫・ウイルス学)【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          感染防御学I(微生物・ウイルス学)【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2020年04月, 至 2021年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          創薬生命科学概論
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体分子薬学実習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体分子薬学実験
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生体分子薬学演習
          通年不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術
          前期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          基盤生物化学実験技術(秋入学用)
          後期不定, 薬学研究科
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染症学II
          前期前半, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染症学I
          後期, 医学部(人間健康科学科)
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学I【H30以降入学者用】
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学II【H30以降入学者用】
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学1
          前期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          感染防御学2
          後期, 薬学部
        • 自 2021年04月, 至 2022年03月
          薬学実験技術(連絡用)
          前期不定, 薬学研究科

        博士学位審査

        • The Borna disease virus (BoDV) 2 nucleoprotein is a conspecific protein that enhances BoDV-1 RNA-dependent RNA polymerase activity (ボルナ病ウイルス2型のヌクレオプロテインはボルナ病ウイルス1型のRNA依存性RNAポリメラーゼ活性を高める同種のタンパク質である)
          神田 雄大, 医学研究科, 主査
          2022年03月23日
        • Generation of macrophages with altered viral sensitivity from genome-edited rhesus macaque iPSCs to model human disease (非ヒト霊長類疾病モデル作成を目的としたゲノム編集アカゲザルiPSCからのウイルス感受性を変化させたマクロファージの再生)
          岩本 芳浩, 医学研究科, 副査
          2021年07月26日
        • Prolonged high-intensity exercise induces fluctuating immune responses to herpes simplex virus infection via glucocorticoids (長時間高強度の運動はグルココルチコイドを介して単純ヘルペスウイルス感染症に対して変動性免疫応答を誘導する)
          足立 晃正, 医学研究科, 副査
          2021年09月24日

        非常勤講師

        • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
          大阪医科大学
        • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
          島根大学, 医学部
        • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
          微生物学
          大阪医科大学
        • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
          大阪医科大学
        list
          Last Updated :2022/08/09

          大学運営

          全学運営(役職等)

          • 自 2021年10月01日, 至 2022年03月31日
            大学院教育支援機構 大学院共通・横断教育企画評価専門委員会 研究科横断教育特別部会 委員
          • 自 2021年10月01日, 至 2022年09月30日
            大学院教育支援機構 大学院共通・横断教育企画評価専門委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2024年03月31日
            京都大学動物実験委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            国際高等教育院 教養・共通教育協議会 協議員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            大学院教育支援機構 大学院共通・横断教育企画評価専門委員会 研究科横断教育特別部会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 生物学部会 部会長
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 教養・共通教育協議会 協議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2021年09月30日
            国際高等教育院 大学院共通・横断教育協議会 協議員
          • 自 2021年04月01日, 至 2021年09月30日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 企画評価専門委員会 化学部会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2021年09月30日
            国際高等教育院 基盤企画評価専門委員会 研究科横断教育特別部会 委員
          • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2020年10月01日, 至 2022年09月30日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2022年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2020年04月01日, 至 2021年03月31日
            人事審査委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2019年04月01日, 至 2020年03月31日
            人事審査委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年09月30日
            基金運営委員会 委員
          • 自 2018年10月01日, 至 2020年03月31日
            基金運営委員会 委員
          • 自 2018年04月01日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2018年09月30日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2018年04月01日, 至 2018年09月30日
            施設整備委員会 3号委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            部局長会議
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            人事制度検討会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            ウイルス・再生医科学研究所 所長
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            ウイルス・再生医科学系長
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            人事審査委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            医学研究科先端研究基盤共用促進事業検討WG
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年03月31日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2019年03月31日
            人事審査委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2020年09月30日
            総合技術部委員会 委員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            ウイルス・再生医科学研究所 所長
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            ウイルス・再生医科学系 学系長
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2018年04月01日, 至 2022年03月31日
            部局長会議
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2018年03月31日
            研究連携基盤長
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            情報環境整備委員会 委員
          • 自 2017年04月01日, 至 2019年03月31日
            病原体等アドバイザー
          • 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
            ウイルス学系長
          • 自 2016年04月01日, 至 2017年03月31日
            研究倫理・安全推進委員会 委員
          • 自 2016年04月01日, 至 2016年09月30日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2015年04月01日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2015年03月01日
            京都大学研究公正委員会 委員
          • 自 2015年03月01日, 至 2016年09月30日
            研究公正委員会 委員
          • 自 2014年10月01日, 至 2016年09月30日
            財務委員会 委員
          • 自 2014年09月01日, 至 2016年08月31日
            京都大学医学研究利益相反マネジメント委員会 2号委員
          • 自 2014年09月01日, 至 2016年08月31日
            京都大学医学研究利益相反マネジメント委員会 2号委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2014年09月30日
            人事審査委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            全学情報セキュリティ委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            吉田寮整備委員会委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            大学評価委員会 委員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年09月30日
            ウイルス研究所 所長
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年03月31日
            部局長会議
          • 自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2018年03月31日
            部局長会議
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年09月30日
            教育研究評議会 評議員
          • 自 2014年04月01日, 至 2016年09月30日
            部局長会議
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            大学評価委員会 点検・評価実行委員会 委員

          部局運営(役職等)

          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 動物実験委員会 委員長
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            大学院教育支援機構 国際連携キャリア形成支援部 グローバル展開オフィス 副室長
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            大学院教育支援機構 国際連携キャリア形成支援部 副部長
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            大学院教育支援機構 大学院共通教育部 副部長
          • 自 2022年04月01日, 至 2022年09月30日
            国際高等教育院 副教育院長
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 日本語・日本文化教育センター運営委員会 委員
          • 自 2022年04月01日, 至 2023年03月31日
            国際高等教育院 国際学術言語教育センター運営委員会 委員
          • 自 2021年06月01日, 至 2022年03月31日
            国際高等教育院 動物実験委員会 委員
          • 自 2020年04月
            放射線管理委員会 委員長
          • 自 2016年10月01日
            病原体安全管理委員会 委員長
          • 自 2016年10月01日
            施設整備委員会 委員
          • 自 2016年10月01日, 至 2018年03月
            安全衛生委員会 委員
          • 自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            情報セキュリティ委員会 委員長
          • 自 2014年04月01日
            安全衛生委員会 委員
          • 自 2014年04月01日
            防災対策委員会 委員長
          • 自 2013年04月01日, 至 2015年03月31日
            人権委員会 委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            ウイルス研究所副所長
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            職員等配置検討委員会 委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            自己点検・評価委員会 委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            人権委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年03月31日
            放射線障害防止委員会 委員長
          • 自 2011年04月01日, 至 2017年03月31日
            部屋割検討委員会 委員
          • 自 2011年04月01日, 至 2012年23月31日
            安全衛生委員会 委員
          • 自 2010年14月01日, 至 2012年03月31日
            兼業審査委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            ウイルス研究所附属ヒトレトロウイルス研究施設長
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            ウイルス研究所附属新興ウイルス研究センター長
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            ヒトレトロウイルス研究施設業務管理委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            動物実験委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            霊長類小委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            図書委員会 委員
          • 自 2010年04月01日, 至 2012年03月31日
            共同利用委員会 委員
          • 自 2009年04月01日, 至 2013年03月31日
            教育委員会 委員
          • 自 2008年04月01日, 至 2010年03月31日
            ウイルス研究所附属エイズ研究施設長
          • 自 2008年04月01日, 至 2012年03月31日
            病原体安全管理委員会 委員
          • 自 2006年04月01日, 至 2010年03月31日
            ウイルス研究所附属新興ウイルス感染症研究センター長
          • 防火対策委員会 委員

          ページ上部へ戻る