教育研究活動データベース

日本語に切り替えるswitch to english

木内 泰

キウチ タイ

医学研究科 医学専攻生体制御医学講座神経・細胞薬理学 准教授

木内 泰
list
    Last Updated :2022/05/14

    基本情報

    学部兼担

    • 医学部

    学位

    • 修士(理学)(東北大学)
    • 博士(理学)(東北大学)

    出身大学院・研究科等

    • 東北大学, 大学院理学研究科博士課程前期2年の課程物理学専攻, 修了
    • 東北大学, 大学院理学研究科博士課程後期3年の課程物理学専攻, 修了

    出身学校・専攻等

    • 東北大学, 理学部物理学科, 卒業

    経歴

    • 自 2015年02月, 至 現在
      京都大学大学院医学研究科, 神経・細胞薬理学, 准教授
    • 自 2014年07月, 至 2015年01月
      京都大学大学院医学研究科, 神経・細胞薬理学, 助教
    • 自 2011年04月, 至 2014年06月
      東北大学 大学院生命科学研究科 分子生命科学専攻 遺伝子システム学講座 単分子動態生物学分野, 助教
    • 自 2008年03月, 至 2011年03月
      King's College London, Richard Dimbleby Department of Cancer Research, Randall Division of Cell and Molecular Biophysics, Postdoctoral Research Associate
    • 自 2006年04月, 至 2008年02月
      東北大学大学院医学系研究科(同大学大学院生命科学研究科情報伝達分子解析分野), 21世紀COEプログラム, COEフェロー
    • 自 2004年07月, 至 2006年03月
      東北大学大学院生命科学研究科, 情報伝達分子解析分野, 博士研究員

    ID,URL

    関連Webサイト

    researchmap URL

    list
      Last Updated :2022/05/14

      研究

      研究キーワード

      • 細胞内シグナル伝達
      • ErbB
      • コフィリン
      • アクチン
      • 細胞運動
      • 細胞骨格
      • 超解像顕微鏡法

      研究分野

      • ライフサイエンス, 生物物理学
      • ライフサイエンス, 細胞生物学

      論文

      • Convection-Induced Biased Distribution of Actin Probes in Live Cells
        Yamashiro S; Taniguchi D; Tanaka S; Kiuchi T; Vavylonis D; Watanabe N
        Biophysical Journal, 2019年01月, 査読有り
      • Multitarget super-resolution microscopy with high-density labeling by exchangeable probes
        Tai Kiuchi; Makio Higuchi; Akihiro Takamura; Masahiro Maruoka; Naoki Watanabe
        NATURE METHODS, 2015年08月, 査読有り
      • The ErbB4 CYT2 variant protects EGFR from ligand-induced degradation to enhance cancer cell motility
        Tai Kiuchi; Elena Ortiz-Zapater; James Monypenny; Daniel R. Matthews; Lan K. Nguyen; Jody Barbeau; Oana Coban; Katherine Lawler; Brian Burford; Daniel J. Rolfe; Emanuele de Rinaldis; Dimitra Dafou; Michael A. Simpson; Natalie Woodman; Sarah Pinder; Cheryl E. Gillett; Viviane Devauges; Simon P. Poland; Gilbert Fruhwirth; Pierfrancesco Marra; Ykelien L. Boersma; Andreas Plueckthun; William J. Gullick; Yosef Yarden; George Santis; Martyn Winn; Boris N. Kholodenko; Marisa L. Martin-Fernandez; Peter Parker; Andrew Tutt; Simon M. Ameer-Beg; Tony Ng
        SCIENCE SIGNALING, 2014年08月, 査読有り
      • New single-molecule speckle microscopy reveals modification of the retrograde actin flow by focal adhesions at nanometer scales
        Sawako Yamashiro; Hiroaki Mizuno; Matthew B. Smith; Gillian L. Ryan; Tai Kiuchi; Dimitrios Vavylonis; Naoki Watanabe
        MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2014年04月, 査読有り
      • CaMKIIβ-mediated LIM-kinase activation plays a crucial role in BDNF-induced neuritogenesis.
        Saito A; Miyajima K; Akatsuka J; Kondo H; Mashiko T; Kiuchi T; Ohashi K; Mizuno K
        Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms, 2013年07月, 査読有り
      • Molecular viewing of actin polymerizing actions and beyond: Combination analysis of single-molecule speckle microscopy with modeling, FRAP and s-FDAP (sequential fluorescence decay after photoactivation)
        Naoki Watanabe; Sawako Yamashiro; Dimitrios Vavylonis; Tai Kiuchi
        Development Growth and Differentiation, 2013年05月, 査読有り, 招待有り
      • F-and G-actin homeostasis regulates mechanosensitive actin nucleation by formins
        Chiharu Higashida; Tai Kiuchi; Yushi Akiba; Hiroaki Mizuno; Masahiro Maruoka; Shuh Narumiya; Kensaku Mizuno; Naoki Watanabe
        Nature Cell Biology, 2013年04月, 査読有り
      • Distributed actin turnover in the lamellipodium and FRAP kinetics
        Matthew B. Smith; Tai Kiuchi; Naoki Watanabe; Dimitrios Vavylonis
        Biophysical Journal, 2013年01月08日, 査読有り
      • Visualization of cofilin-actin and Ras-Raf interactions by bimolecular fluorescence complementation assays using a new pair of split Venus fragments
        Kazumasa Ohashi; Tai Kiuchi; Kazuyasu Shoji; Kaori Sampei; Kensaku Mizuno
        BIOTECHNIQUES, 2012年01月, 査読有り
      • LIM Kinase Has a Dual Role in Regulating Lamellipodium Extension by Decelerating the Rate of Actin Retrograde Flow and the Rate of Actin Polymerization
        Kazumasa Ohashi; Sachiko Fujiwara; Takuya Watanabe; Hiroshi Kondo; Tai Kiuchi; Masaaki Sato; Kensaku Mizuno
        JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年10月, 査読有り
      • Live-cell imaging of G-actin dynamics using sequential FDAP.
        Kiuchi T; Nagai T; Ohashi K; Watanabe N; Mizuno K
        Bioarchitecture, 2011年09月, 査読有り, 招待有り
      • Measurements of spatiotemporal changes in G-actin concentration reveal its effect on stimulus-induced actin assembly and lamellipodium extension
        Tai Kiuchi; Tomoaki Nagai; Kazumasa Ohashi; Kensaku Mizuno
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2011年04月, 査読有り
      • LIM-kinase-mediated cofilin phosphorylation decelerates actin retrograde flow in lamellipodia
        K. Ohashi; S. Fujiwara; T. Watanabe; T. Kiuchi; M. Sato; K. Mizuno
        Journal of Biological Chemistry, 2011年, 査読有り
      • The challenges of integrating molecular imaging into the optimization of cancer therapy
        G. S. Patel; T. Kiuchi; K. Lawler; E. Ofo; G. O. Fruhwirth; M. Kelleher; E. Shamil; R. Zhang; P. R. Selvin; G. Santis; J. Spicer; N. Woodman; C. E. Gillett; P. R. Barber; B. Vojnovic; G. Keri; T. Schaeffter; V. Goh; M. J. O'Doherty; P. A. Ellisb; T. Ng
        INTEGRATIVE BIOLOGY, 2011年, 査読有り, 招待有り
      • The SUMO modification pathway is involved in the BRCA1 response to genotoxic stress
        Joanna R. Morris; Chris Boutell; Melanie Keppler; Ruth Densham; Daniel Weekes; Amin Alamshah; Laura Butler; Yaron Galanty; Laurent Pangon; Tai Kiuchi; Tony Ng; Ellen Solomon
        NATURE, 2009年12月, 査読有り
      • An Unbiased Screen Identifies DEP-1 Tumor Suppressor as a Phosphatase Controlling EGFR Endocytosis
        Gabi Tarcic; Shlomit K. Boguslavsky; Jean Wakim; Tai Kiuchi; Angela Liu; Felicia Reinitz; David Nathanson; Takamune Takahashi; Paul S. Mischel; Tony Ng; Yosef Yarden
        CURRENT BIOLOGY, 2009年11月, 査読有り
      • Analysis of the regulation of actin cytoskeleton dynamics using dronpa, a photochromic fluorescent protein
        Kazumasa Ohashi; Tai Kiuchi; Tomoaki Nagai; Kensaku Mizuno
        2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, MHS 2008, 2008年, 査読有り
      • Cofilin promotes stimulus-induced lamellipodium formation by generating an abundant supply of actin monomers
        Tai Kiuchi; Kazumasa Ohashi; Souichi Kurita; Kensaku Mizuno
        JOURNAL OF CELL BIOLOGY, 2007年05月, 査読有り

      MISC

      • 多重染色・高密度標識で従来法の壁を越えるIRIS超解像蛍光顕微鏡法
        渡邊 直樹; 木内 泰
        生体の科学, 2017年10月, 招待有り
      • 細胞生物学とイメージング技術の共鳴誘導 高密度・多重染色超解像顕微鏡法IRISの3次元イメージングへの発展
        木内 泰; 渡邊 直樹
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2017年05月
      • 分子から個体まで神経系を見る 分子の窓を通して覗いた細胞の構造としくみ
        渡邊 直樹; 木内 泰; 山城 佐和子
        バイオイメージング, 2016年08月
      • 超解像顕微鏡法IRISの開発による無制限多重染色と高精細な画質の実現
        木内 泰; 渡邊 直樹
        感染・炎症・免疫, 2016年07月, 招待有り
      • 高密度・多重染色超解像蛍光顕微鏡法IRISの原理と実践
        木内 泰; 渡邊 直樹
        生体の科学, 2016年06月, 招待有り
      • 細胞生物学に役に立つ最新技術の展開 多重高密度標識超解像顕微鏡IRISとその応用
        渡邊 直樹; 三好 拓志; 三宅 崇文; 佐々木 瞭; 木内 泰
        日本細胞生物学会大会講演要旨集, 2016年05月
      • Multitarget super-resolution microscopy with high-density labeling by exchangeable probes (vol 12, pg 743, 2015)
        Tai Kiuchi; Makio Higuchi; Akihiro Takamura; Masahiro Maruoka; Naoki Watanabe
        NATURE METHODS, 2015年09月
      • 蛍光単分子可視化と他の分子動態解析法の融合による細胞内アクチン重合機構の解明
        渡邊 直樹; 木内 泰
        顕微鏡, 2013年06月, 招待有り
      • Dronpaを用いたアクチン動態のライブイメージング
        木内 泰; 水野健作
        実験医学増刊, 2008年10月, 招待有り
      • Slingshot regulates primary dendrite formation in rat hippocampal neurons
        Junichi Akatsuka; Tai Kiuchi; Mitsuharu Endo; Kazumasa Ohashi; Kensaku Mizuno
        NEUROSCIENCE RESEARCH, 2007年

      産業財産権

      • 特許US 10,858,688 B2, OBSERVATION METHOD USING BINDING AND DISSOCIATION PROBE
        KIUCHI Tai; Watanabe Naoki
      • 特許6422172, 結合解離プローブを用いた観察方法
        木内 泰; 渡邊 直樹; 三好 拓志; 佐々木 瞭
      • OBSERVATION METHOD USING BOND DISSOCIATION PROBE
        KIUCHI Tai; Watanabe Naoki; MIYOSHI Takushi; SASAKI Ryo

      受賞

      • 2016年02月26日
        中谷医工計測技術振興財団, 中谷賞奨励賞

      外部資金:科学研究費補助金

      • エンドサイトーシスを引き起こす内在性分子群の多色超解像マップの作成
        基盤研究(C)
        小区分44010:細胞生物学関連
        京都大学
        木内 泰
        自 2021年04月01日, 至 2024年03月31日, 交付
        超解像イメージング;エンドサイトーシス;EGF受容体
      • 多重染色超解像顕微鏡法による細胞内シグナル伝達の空間マップの作成
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        木内 泰
        自 2019年04月01日, 至 2021年03月31日, 完了
        細胞内シグナル伝達;超解像イメージング;細胞骨格;EGF受容体;超解像顕微鏡法
      • がん浸潤時における細胞骨格パターン形成機構の3次元多重染色超解像顕微鏡による解析
        基盤研究(C)
        京都大学
        木内 泰
        自 2017年04月01日, 至 2020年03月31日, 完了
        超解像顕微鏡法;アクチン;細胞骨格;3次元イメージング;がん浸潤;アクチン骨格;細胞移動
      • 細胞内でのタンパク質複合体の多重染色超解像イメージング
        新学術領域研究(研究領域提案型)
        複合領域
        京都大学
        木内 泰
        自 2015年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        超解像顕微鏡;タンパク質複合体;超解像顕微鏡法;細胞骨格;接着斑
      • 多重染色超解像顕微鏡による細胞骨格と接着斑のパターン形成機構の解明
        基盤研究(C)
        京都大学
        木内 泰
        自 2014年04月01日, 至 2017年03月31日, 完了
        細胞骨格;超解像顕微鏡;超解像顕微鏡法;接着斑;超解像イメージング;アクチン;微小管;中間径フィラメント
      • アクチン自己組織化によるアクチン細胞骨格の極性化機構の解明
        若手研究(B)
        東北大学
        木内 泰
        自 2012年04月01日, 至 2014年03月31日, 完了
        バイオイメージング;アクチン細胞骨格;アクチンダイナミクス;アクチン

      外部資金:その他

      • 高密度・多重染色超解像顕微鏡法IRISに用いる結合解離プローブの開発
        GAPファンドプログラム
        自 2016年12月01日, 至 2017年11月30日
        代表
      list
        Last Updated :2022/05/14

        大学運営

        部局運営(役職等)

        • 自 2015年04月01日, 至 2019年03月31日
          動物実験施設運営委員会
        • 自 2017年09月01日, 至 2019年03月31日
          医学研究科等安全衛生委員会
        • 自 2021年04月01日, 至 2023年03月31日
          安全衛生委員会委員

        ページ上部へ戻る